« テレ朝朝番でも、「HISの美人東大生ツアー取り止め問題」等を言っていたが・・・。 | トップページ | 先の記事を記したら・・・。 »

未だに、劣悪者たちは電磁波工作を続けているが・・・。

『「劣悪者たちは、本日は、東北側、ほぼ水平~若干斜め上程度、等々から、リビングで腰かけている筆者の顔に向かって当て続ける電磁波工作に熱心」だ。

「もちろん、東北側も、それなりに対策がしてある」が、

「強化され続けている工作電磁波に対応する為には、対策の強化が必要」だが、

「対策の費用も手間もかかる」ので、

「とりあえずは、工作電磁波が来る場所と筆者の間に、防御板を置いている」』。

『「何故か?

本日は、

工作電磁波発生場所が、

防御板を避ける様に、

移動し続けている」。

「その、防御板を避ける状態と、レスポンスの早さ」から、

「覗きと、指令に基づく人為、もしくは、多数の電磁波工作器の設置等」が

「強く推定出来る」』。

『「多数の電磁波工作器の設置等は、実質的には困難だろう」から、

「恐らくは、本日は、該当方向に、工作員が居る」のだろう。

「覗き担当は、何時もの如く、上方向」と「強く推定出来る」。

「もちろん、本日も、上方向からも、覗きだけでは無く、工作電磁波を当て続けようとし続けている」。

「少なくとも、筆者が在宅事には、上方向には、常に工作員が居る様」だ』。

『「東南方向からの工作電磁波と合わせて、

少なくとも3方向から、

昨今では、筆者の顔への電磁波を集中させる事によって、

何としてでも実効を出そうとしている様相」だが、

「直ぐに気付き、対策が必要なレベルなら、対策している」ので、

「無駄」だ』。

『「夜間の下方向からの電磁波も未だある」。

「南西方向からの電磁波も未だある」。

「未だに、電磁波工作を行っている劣悪者たち」は、

「摘発されるまで止めないつもり・・・かも知れない」が、

「工作電磁波の存在に気付いている者の一人である筆者は、

実効が出ない様に対策し続ける」ので、

「恥じの上塗りは止めておいた方が身の為である事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「街中の工作電磁波状態も記しておこう」。

「昨日の昼間は、商店街通りの不動産等管理会社等の建物から、

間にある建物を通り抜けて(もしくは、間にある建物からの工作電磁も+して)、

駅ホームや駅前交差点方向に向かって、

広く工作電磁波が当てられていた」が、

「本日の昼ごろは、その工作電磁波は無くなっていた」。

「警察等では、とっくに特定済みだろう」が、

「該当建物内の工作員の有無や、その自由度等が影響しているのかも知れない」』。

『「不動産等管理会社の中にも、工作員と強く推定出来る者が居る様相」は、

「以前にも記した」。

「現状では、空き室である筆者の部屋の東北~東~東南側の部屋」や、

「東南側の建物の空き室」等への

「出入りや仕込みや実工作」等も、

「管理会社の者が鍵を持っていれば簡単に出来る事」が、

「強く推定出来る」』。

|

« テレ朝朝番でも、「HISの美人東大生ツアー取り止め問題」等を言っていたが・・・。 | トップページ | 先の記事を記したら・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事