« BSアサヒでは、オバマ米国大統領の広島訪問を受けて「謝罪論」とか「民意による核廃絶論」とかやっていたが・・・。 | トップページ | 「(中・韓を利さない)アベノミクスが失敗だ!」等と内閣不信任案を出す野党四党・・・。 »

相変わらず、劣悪者たちは電磁波工作に熱心だが・・・。

『「本日」は「東北斜め上方向」から「工作電磁波」が「リビングで腰かけている筆者の顔や頭の部分にめがけて当てられて来た」。

「もちろん、防御板を置いた」から「実効は出ない」』。

『「一定量以上を当て続ける事で、何とかして害を出そうとしている様相」だが、

「工作電磁波の存在に気付いている筆者の場合」は、

「直ぐに対策を施す」。

「すると、電磁波が強化される」。

「つまり、相応に電力消費も高められている事になる」から、

「電力消費量が上がっている事」が「工作強化実態を露呈させる事に繋がっている」』。

『「もちろん、防御板には、減衰作用と共に、ある程度の反射作用も有る」から、

「強化された電磁波の反射波を、工作員たちは、浴び続けている事になる」。

「現状の様な事を続けている」なら、

「筆者の身体や脳等に実害が出るずっと前」に、

「工作員たちの身体や脳等の方に実害が出る事になる可能性が高い」』。

『「工作指令者等にとっては、それでも良い」のだろう。

「工作電磁波の効果が実証出来れば、一応は、言い訳も立つ」のだろう。

「哀れなのは、使い捨ての現場工作員たち」だ』。

『「司法取引」等を利用して、

「電磁波工作の実態・実体を全て告発する」なら、

「哀れな、使い捨ての現場工作員たち」でも、

「一気に、悪を告発したヒーローになれる」。

「電磁波工作自体を告発してしまえば、電磁波工作による粛清反撃等の手段も非常に使い辛くなる」から、

「日本国内に居る限り、飲食物等や周囲の人々等に用心するダケ」で、

「結構、安全で快適な生活を送れる事になる」』。

『「一生使い捨ての現場工作員として過ごしながら、最後は、自らがターゲットに当て続けてているつもりの工作電磁波により、身体や脳等を壊す」のと、

「悪を告発するヒーローとなり、その後は、日本国内で、それなりに、安全で快適な生活を送れる様になる」のと、

「・・・そのどちらを選ぶ」のも、

「それぞれの自己責任の自主判断」になる』。

『「もっとも、自主性を壊されている操り人形状態の者」だと、

「既に、人間として壊されている様なモノ」だ。

「よって、先ず、其処から治さなければならなくなる」。

「健常状態へのリカバリーのハードルもかなり高くなってしまう」。

「操り人形状態の者たちの場合」は、

「健常リカバリーすら諦め、

早期崩壊への道を転がり落ちてしまうダケの場合」が多いかも知れないけど・・・』。

『「何れにしても、現場工作員たち」は「哀れ」だ』。

『「工作指令者やその後ろに居る大量消費自慰生物たちの道具としての人生」に、

「在るモノ」とは、

「操り人形化の呪文等である、血統主義や民族・集団等優位主義等」の、

「実体離れ・現実離れした虚像」でしか無い。

「もちろん、言うまでも無く、丸ごと一人の死後の世界など存在し得ない」し、

「人類が存続する」なら、

「特定極一部の者たちによる他の者・物・事支配の世界は在り得ず、

人類誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける世界になる」から、

「工作員に仮に子孫が居ても、

その子孫は、

工作員が行った悪の工作を否定しない限り、

冷遇~衰退~消滅して行く事になる」』。

『「人類誰もが、

自分で自分を健康にコントロールし続ける文化を保有する事が当たり前になる」と

「共」に、

「他の者・物・事支配に邁進する劣悪な文化」は、

「消滅」し、

「二度と復活する事がゆるされない世界になる」』。

『「人類が存続する」なら、

「消滅の必然がある事を一生懸命行うのは、おバカか、悪」に他ならない』。

『「出来る限り多くの人々」が、

「悪を告発するヒーローになると良いのだが」』。

|

« BSアサヒでは、オバマ米国大統領の広島訪問を受けて「謝罪論」とか「民意による核廃絶論」とかやっていたが・・・。 | トップページ | 「(中・韓を利さない)アベノミクスが失敗だ!」等と内閣不信任案を出す野党四党・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事