« 沖縄、{軍属}一般市民、女性死体遺棄事件問題・・・。 | トップページ | 名古屋で「七か国ダケで決めるな!」等と何処かの手先が騒いでいる様だが・・・。 »

本日は、所用で電車移動だったが・・・。

『「昨今の記事」が「余程、痛い」のだろう。「本日は、電車移動中にも、何人かの電磁波工作連中」が、「今回は、筆者のミゾオチに工作電磁波を集中させようとして来ていた」』。

『「もちろん、筆者は、外出中には、身体や服に、最低限の対策を施し、防御板も保持している」ので、

「実効は全く無い」ばかりか、

「工作電磁波が来る方向に向かって防御板(もちろん、見かけ上は、普通の荷物等にしか見えない)を向ける」と、

「工作員たちが、苦渋の顔を露呈する」ので、

「工作員等の焙り出し等にも、結構、役立っている」』。

『「スマホ等で連絡を取って入れ替わり立ち代わり、

その時、その場で、電磁波工作が出来る別の者を当てている様相も良く判る」し、

「筆者の周りにいる、電磁波工作等を行っている者たちの人数と、

そうでは無い普通の人々の人数の比等」から、

「日本国内に、どの程度の人数がいる集団が行っている工作等か?」も

「良く判る」』。

『「連絡を取りながら、筆者等、工作ターゲットとされている人々の周囲」に、

「対策が無いなら、実効が出るくらい」の

「電磁波工作を行い続ける事が出来る人数」とは、

「大雑把に言って、筆者の居る関東圏で、数万~セイゼイ数十万の規模」になる』。

『「該当しそうな人脈」は、

「新興宗教団体系」か、

「血統民族団体系」だろうと「強く推定出来る」』。

『「電磁波工作等を行っている」という「実態が露呈している事」は、

「言論では、勝ち目も無いばかりか、正当性も持てないので、

終極的には、人々の共感等を得られ無い事を実現したがっている事」だ。

「例えば、

日本の乗っ取り支配等や、

日本国内に居る人々の血統や思想信条等を特定のモノの下で統一支配する事等」なら、

「上記の様な実態と整合性が有る事になる」』。

『「戦後の日本国内」には、

「普通の多くの一般市民等の共感等を得られ無い事」でも、

「無理強いしたがっている者たちが、実際に少なからず居ると言う事」だ』。

『「つまり、

一般日本国民(もちろん、筆者も一般日本国民)との共存等は考えず、

一般日本国民の支配や、早死に化等」を

「画策している集団」が、

「戦後の日本国内には、実在している事」が「露呈している」。

「その対策が無いままで良い訳が無い」』。

『「日本全国各地から、多数の日本人の拉致が出来てしまった事実」が「何を露呈しているのか?」等は、

「多くの日本国民が真剣に考えるべき事」だ。

「言うまでも無く、ホンの数人の北朝鮮等の工作員ダケで、その様な大規模な拉致工作等が実現出来る訳も無い」。

「拉致の裏」には、

「北朝鮮から渡来した工作員以外」に、

「日本国内に居る工作員や協力者が在る事」は、

「誰もが容易に推定出来る事」だ』。

『「拉致工作に協力等した者たち」が、

「その後、北朝鮮等悪権力者等の意向を聞き入れない状態」で、

「安穏と暮らせる訳も無い」』。

『「逆から、考えれば、誰でも分かる事」だ。

「北朝鮮等悪権力者等の立場」なら、

「拉致工作に係わった日本国内の工作員や協力者たちに、拉致以外の工作等も行わせる」のが、

「普通」だろう』。

『「そして、戦後の日本国内」では、

「ターゲットの人権を大きく損ない続けて居る、

飲食物工作や侵入工作や電磁波工作等々」が、

「未だ、旺盛」だ。

「こんな状態が放置されたままで良い訳は無い」』。

『「しかし、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や政財界も、

この問題には、沈黙状態」だ。

「もちろん、

それは、

戦後日本国内で行われ続けて来ている

情報・教育工作等の悪の成果に他ならない」』。

『「日本社会の健常化」は「急務」だ。

「先ずは、情報・教育等の健常化」だ。

「そして、本来の民意を取り戻した一般日本国民の数が増えれば増える程、

政財界の是正や、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の是正や、

学校教育の是正等々」が、

「容易になる」』。

|

« 沖縄、{軍属}一般市民、女性死体遺棄事件問題・・・。 | トップページ | 名古屋で「七か国ダケで決めるな!」等と何処かの手先が騒いでいる様だが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事