« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

もはや、文春は「反日野党等ご用達メディア」状態だ・・・。

『「昨今の記事内実(上辺では無く)を検証するなら、文春が利している者・物・事等も明らか」で、「現状の文春の実権者や実働者たちの実態・実体も良く判る」』。

『「親韓・親北朝・親中共人脈の者たち」は、

「普通の状態の日本国内なら、肩身が狭くなり易い」』。

『「だからと言って、

意図的に、

日本の為になる事を行っている、

突込みどころ化出来るところが在る人々」を

「偏向・偏重突込み等で、貶める事等」により、

「相対的に反日人脈の肩身を広げる情報工作活動等を行う」のは、

「断じて、健常なやり方では無い」』。

『「不健常な元気モノ状態である文春の信者たち」は、

「いい加減に、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

|

テレ朝朝番では、都知事選で立候補した「テレビ上がり、細川(日本新党)や小沢(自由党・新進党)の下で政治家として育った」小池氏を大応援状態だったが・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等や民進党や生活の党等々人脈(親韓・親北朝・親中共の臭いが濃厚)にとって、都知事選で、小池氏が立候補した事」は、「かなり好都合の様相」だ』。

『「小池氏の過去の経歴人脈等から考えても、

今回の小池氏の

同朋である筈の自民党都連等に相談等無き

突然の都知事立候補」は、

「小池氏と小池氏の自民党入党前人脈等による戦略」である「可能性大」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「もはや、その実体が多くの日本国民にバレ、

原寸大化して行く少数勢力と化している、

野党共闘系(親韓・親北朝・親中共の臭いが濃厚)の者たち」は、

「自民党内の隠し玉」の

「使い時は今だ!」とでも、

「思い」、

「小池氏に崖から飛び降りるつもりの選択をさせた」のかも知れない』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等で大宣伝」で、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られている人々等には、大人気」の

「蓮舫氏」が、

「早々に都知事選に立候補しない事を公言した後」、

「そのスジの人脈による、

そのスジの人脈の意志や思惑等を、

東京都知事を通じて、

日本社会に大きく反映させる為」の

「駒」が、

「小池氏」という、

「実態・実体」が、

「浮かび上がって来ている様相」だ』。

『「東京都では、教職員組合の勢力図からも良く判る様に、

他の地域に比べて、強さが目立つ、共産党」系の

「候補」である、

「宇都宮氏も、立候補に前向き」というが、

「旧社会党系の実権もかなり強い野党共闘候補として、

共産党系候補で、

統一出来るのか?」は、

「大いに疑問」だ』。

『「例えて言う」なら、

「韓国(北朝鮮も含む)系」と

「旧ソ連という根っ子を失った中国共産党系」の

「共闘みたいなモノ」だから、

「どちらが主導権を握るのか?問題」では、

「中国共産党と近づくのが大好きな韓国(北朝鮮も含む)系の様相の小沢氏等」が、

「どんなに集合~共闘工作等を行って」も、

「数の多い方(日本の中では、韓国・北朝鮮側)」が「譲る訳も無い」』。

『「元々が、テレビ上がり、日本新党・新進党・自由党・保守党の小池氏」なら、

「数の多い方の納得等も得られ易くなる」とでも、

「考えている可能性大」だ』。

『「小池氏の立候補」でも、

「野党共闘同様、裏で主導しているのは、韓(北朝も含む)流テレビ人脈や小沢氏等だったりして」・・・』。

『「与党側が、

他に候補者を擁立出来ず、

小池氏の応援に回る様な事態となってしまう」と、

「力関係上、小池氏>与党側のベースが出来てしまう」。

「都知事が持つ絶大なる権限から考えても、

万一、その様な状態で、

小池都知事誕生となれば、

その後が、

大いに危惧される事になる」』。

『「野党側は、テレビご用達の片山氏等を擁立しようとしている様」だが、

「片山氏で無くても、野党側が担いだ候補が例え、当選したところで」、

「都議会では、マイナー野党」だ。

「都知事と都議会で、ねじれ状態となる」から、

「野党側の意向を都政に反映させる事も困難になる」。

「ましてや、民進党等野党国会議員等から候補者を上げれば、

例え、万一、当選出来たとしても、

その傾向が、より、強くなる」』。

『「しかし、自民党に担がせた小池氏が当選」となり、

「力関係上、小池氏>自民党のベースを持たせる事が出来る」なら、

「小池氏を通じて、その裏に居る人々等の意向を都政に反映させる事」も、

「行い易くなる」』。

『「大元の実権者等の意向に基づく」、

「自民党の中の小池氏以外の野党人脈(親韓・親北朝鮮・親中共の臭いが濃厚)の隠し玉の者たち(もはや、バレている場合も多いが・・・)」による、

「ホーム・グローンテロ的な臭い」が、

「充満している」のが、

「今回の小池氏都知事立候補問題」だ』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」による

「小池氏が行おうとする

内実野党側にとって都合の良い政策・政治等に対して」の、

「情報工作・大衆誘導等応援の援護射撃まで付ければ」、

「結構な事が、実現可能」等とでも

「考えている可能性大」だ』。

『「テレ朝朝番等の常連出演者の多く」が、

「小池氏の立候補で、大喜び&大応援状態の様相」なのだから、

「都民有権者の多く」は、

「上記の様な可能性まで考えた上」で、

「慎重に、

自虐とならない投票をするべき」だ』。

『「誰かに担ぎ出される候補より、

自ら退路を断って立候補する候補が良い」旨とは、

「常連出演者の弁」だが、

「自ら退路を断って立候補する者の実態」が、

「裏で、テレビ・ラジオ・マスコミ等や野党系人脈に担ぎ出されて・・・」では、

「お話しにならない」。

「有権者は、その辺りまで、検証して判断するべき」だろう』。

『「そもそも、誰かに担ぎ出されるとか、自ら積極的にとか」は、

「上辺のスタイルに過ぎ無い」。

「そんなモノを判断基準にさせようとしている辺り」にも、

「常連出演者等の劣悪ぶりが露呈している」』。

『「都知事選択基準のとして、重要な事」は、

「多くの都民にとって、より良い都政を行うか?」や、

「多くの都民にとって、自虐となる都政を行わないか?」等だ。

「まともなコメンテーター等」なら、

「その辺りを言わない訳も無い」』。

『「上辺」の

「立候補状態」や、

「上辺に表している政治資金の使い方のクリーン度」等に、

「傾注させ」、

「本質を考えさせなくする情報工作等」には、

「くれぐれもご用心!」』

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

都知事選、野党側人脈が一番困るのは「桜井パパ」かも・・・。

『「桜井翔パパ」の「擁立」に「怒っている」のは「ファン」と言うより「野党側の者たち」だ』。

『「何しろ、力量的には、文句無し」。

「身体検査をしても、先ず、何も出て来ない」だろうから、

「反与党人脈やそのお仲間のテレビ・ラジオ・マスコミ等による、

政治と金ネタの

引き摺り降ろし工作も使えない」と

「強く推定出来る」』。

『「桜井都知事誕生」となれば、

「野党側が、都知事降ろし等で、取り得る手段」は、

「野党系人脈と近しい芸能界故に、人質的立場にある事になる桜井翔を元」に、

「脅しや懐柔工作等を仕掛ける事くらい」だろう』。

『「桜井翔のファンが怒る」なら、

「その様な政争の具等として桜井翔が使われた場合」で、

「断じて、有能な桜井パパに都知事候補の話しが来た時では無い」』。

『「野党側人脈、悪工作派等による情報工作」は、

「既に、裸の王様の域」だ』。

|

昨晩、何処かのニュースでは、「保育事業者が保育士{奴隷}が足りないから事業拡張出来ないと嘆いていた事」等を取り上げていたが・・・。

『「タイトルの事態」から「多くの人々が理解・把握すべき」は「現状経済システムの酷い実態」や、

「現状経済システムをそのまま」に、

「現状維持出来ない事等」を「平然と訴えている者たち」の「愚かさ」だ』。

『「保育事業を例に、現状経済システムの実態を再認識する」なら、

「以下の通り」になる』。

『「現状日本社会では、保育需要がつくり出されている人間社会状態」だ。

「保育事業を行えば、ほぼ、間違い無く、商売が成り立つ」等と、

「資本家の立場にいる者たちや経営者の立場にいる者たち」が、

「自分たちの下に集金する為の絵図」を

「思い描き易い状態」だ』。

『「保育事業を開始する者たち」が、

「必要な者・物・事」は、

「保育施設であり、

保育士であり、

公からのお墨付き等」だ』。

『「その中」では、

「保育施設設置場所探し」と

「保育士確保」が

「実際の集金を成り立たせる為には、特に重要」だ』。

『「公からのお墨付き」は、

「違法にならない限り、{次の問題}」となる。

「もちろん、認定を得て、補助金等をせしめられれば、

より効率良く集金出来る事になる」』。

『「保育施設設置場所探し」は、

「不動産業等の経験や感覚が有るなら、意外と簡単」だ。

「問題は、保育士確保」になる』。

『「需要過多状態の現状日本社会」では、

「確保出来た保育士という{奴隷}の数」が、

「資本家の立場に居る者たちや、

経営者の立場に居る者たちの

下に集められる

お金の量」に「繋がっている」』。

『「本来」なら、

「より良い報酬を出す事」で、

「より多くの保育士{奴隷}を集める」のが「スジ」だ。

しかし、

「資本家の立場に居る者たちや、

経営者の立場に居る者たち」の

「多くの場合の、元の動機」が、

「自分の下への集金」だ。

「その結果」、

「人件費はより安い方が、

利益率がより高くなり、

経営者・株主(資本家)利益も大きくし易くなる」から、

「自分たちの利益を落としてまで、

人件費を上げようとするところは少ない」』。

『「保育士や介護士等々の様」に、

「有資格者の数が多いから、

立場が相対的に弱くなっている有資格者」とは、

「低級(低レベル資格保有){奴隷}」だ。

「医師や弁護士等の様」に、

「少なくとも、少し前までは、有資格者の数が少な目だったから、

立場が相対的に強かった有資格者」とは、

「高級(高レベル資格保有){奴隷}」だ』。

『「自分の下にお金を集める事を目的としている

資本家の立場に居る者たちや経営者等の立場に居る者たち」の

「本音部分の認識」では、

「例えそれが、

意識化されていなくても、

上記の様な実態が在る」。

「だから、

出来る限り多くの他人を自らの下で実働させて、

その上前を撥ね集金する事等が平気」なのだ』。

『「現状の経済システム」は、

「元々、大資本家をより優遇する為に設計されている」。

「だから、実際に、時を重ねて、現れた実態」は、

「金余り(資本界)なのに、

貧困だらけ(実働界)で、

格差も甚大」となっている』。

『「現状の経済システム上」で、

「オイシイ思い、或いは、不当利権等を抱きしめられている」のは、

「ホンの一握りの割合の人々」だ。

「普通に、民主的に考える」なら、

「是正しない方が異常」なのが、

「現状の経済システム」だ』。

『「ところが、狡賢い連中」は、

「是正しようとせず、

現状経済システム上では、

圧倒的に有利な、

資本家の立場や経営者の立場を得ようとする」。

「中には、相続等で産まれながらに得ている者たちも居る」』。

『「現場実働者」は、

「高級であれ低級であれ、

資本家の立場に居る者たちや

経営者の立場に居る者たちへ、

お金を持ってくる{奴隷}」だから、

「{奴隷}にならず、

{奴隷}使用者になろうとする」』。

『「頭や精神が健常」なら、

「{奴隷}を解放」し、

「公平・平等な人間社会に直結する経済システム等に改正・是正等しよう等とする」のが、

「当然」だ』。

『しかし、

「狡賢い連中」は、

「その当たり前の健常な道を選択せず、

自らの下に大量集金する事を画策し続けている」』。

『「そんな事を行っている連中が蔓延れている状態」では、

「人間社会が平和になる訳も無い」。

「殺傷事件は、枚挙に暇が無く、テロや戦争まで在る」のが、

「現状人間社会のお寒い実態」で、

「もっと、お寒い事」には、

「かなりの耐性を持つ地球環境までもが悲鳴を上げざるを得なくなっている」』。

『「このまま時を重ねる」なら、

「人類は、確実に滅亡する」』。

『「上記の保育事業の例」で、

「本当に必要な仕事の部分は何処か?」

「実働部分」としては、

「保育所の設置」と

「保育事業の遂行」だ。

「その部分相応の報酬」には、

「相応の合理性が在る」』。

『「問題は、

利益率等や身勝手な場合が多い経営判断等に基づく、

資本家の立場に居る者たちや、

経営者の立場に居る者たちが撥ねる上前部分」だ』。

『「実働を伴っていない不労所得が其処に在る」が、

「現状の経済システム」では、

「元々が、大資本家の不労所得増大の為のシステム」なので、

「不労所得への課税<実働への課税」だ』。

『「資本の絶対額実増大」は、

「%で動く」ので、

「小資本家の立場の者たちや、

小規模経営者等の立場の者たち」には、

「余り実感が無い」だろうが、

「超大資本を持つ者なら、

ホンの0.1%でも配当が増えれば、

それこそ、何億も

実保有資産等が増えているのが現状の現実」だ』。

『「税や相続規制等は、%では無く、絶対額で規制するべき」だ』。

『「{奴隷}解放」の「手段」には、

「全実働をロボット化する道」と、

「必要実働は、出来る者皆でワークシェアリングする道」が「在る」』。

『「人類誰もが実働無し」なら「人類の{奴隷}は無し」だ。

「人類誰もが実働有り」なら

「人類誰もが{奴隷}となり、

{奴隷}同士の関係は、対等だから、

もはや、それは、{奴隷}と表現する必要が無くなる状態」になる』。

『「人間社会が健常化される」なら、

「その両方の道を歩みながら、

{奴隷}解放が、

実現されて行く事になる」』。

『「{奴隷}解放に伴い、必然的に、出て来る問題が在る」。

「人類誰もの、基本的衣食住遊心等を成り立たせる為の、ベーシックインカム」だ』。

『「ベーシックインカム」と言うと、

「直ぐに、旧共産圏の様なずるい者が得をする

怠惰な人間社会を想起させようとする

おバカや悪たちが少なからずいる」が、

「実際は、現状の自由・民主主義社会圏でも、

多くの人々が、

実質的ベーシックインカムを持っている」』。

『「つまり、血統縁者等からの相続」だ。

「ところが、

現状では、

そのベーシックインカムに、

多大な格差と偏在が在る」』。

『「例えば、

鳩山元総理などは、そのベーシックインカムで、総理の座まで買えた様な実態を露呈している」反面で、

「そのベーシックインカムが少ない者たちは、

貧困に喘ぎ、

酷い場合には、意に沿わぬ風俗業等へと追いやられたり・・・までしている」。

「こんな実に酷く、バカらしい現状を是正しない方が異常」だ。

「本当の人権無視」は「其処にも在る」』。

『「平均以上の相続は、全て回収し、平均未満の者たちの平均化に回すべき」だ。

「この産まれながらの平等化は、

絶対額を基に判別し、実行する事が

必要」だ』。

『「産まれながらの平等化と、{奴隷}解放の道」を

「歩む様」に、

「方向転換しない限り」、

「人類の先に突然現れる」のは、

「人類滅亡という奈落の底が待っている、先の無い崖の上の道」であり、

「歩んで来た道が時間と共に消失し、戻れなくなる実態」だ』。

『「方向転換」が「早ければ、早い分だけ犠牲は少なくなる」』。

『「犠牲者を増やしたい者たち」は、

「チリでしかない現状経済システム上の金に埋もれ、

大量消費自慰生活等に明け暮れれば良い」。

「必然的に喪失する本来の自信を誤魔化す為」に、

「血統家族主義や宗教等に縋れば良い」。

「その醜悪な姿」は、

「人類が存続するなら、近未来に置いて、必ず、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「子孫は、

祖先を否定しない限り、

永遠の恥辱に染まる道の上を生きながら歩ませられる

生き地獄に至る事になる」』。

『「賢明なる方々」は、

「今、どうするべきか?」等を、

「既に、悟っている筈」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「討論系番組流行り」だと・・・。

『「如何にも、優等生&ジェントル&正論風の偏向・偏重論による指導」に「視聴者を頼らせる手法」では、「もはや、高視聴率を稼ぐ事も困難」だが、

「情報統制や大衆誘導の為」には「その方が好都合だからか(?)」、

「テレ朝やTBS等」では、「未だに、その手の番組が多い」。

「フジ等では、異なる意見を持つ者たちを出演させる事」により、

「対論ありの討論風の状態をつくり出す事」で、

「視聴率を稼ごうとしている」らしい。

「もちろん、ほとんどのテレビ出演者たち」は、

「テレビ界等の人脈にとって都合の良い者たち」だから、

「内実としては、偏向・偏重状態だったり、多くの日本国民にとっては自虐となっている場合が多い筈」だ』。

『「比べっこ主義者たち」による

「支配権争いの為」の

「指導論や討論の先」には、

「明るい未来は無い」』。

『「討論等をする」なら、

「実体・本質等の探求が肝要」だ』。

『「しかし、比べっこ主義者たち」は、

「実体や本質等を探究する」と、

「自分たちの正体もバレてしまう」から、

「実体・本質探求を無意識レベルで避けたがる場合が多い」』。

『「ましてや、論の目的が、実質的に支配権争い等になっている場合」だと、

「益々、実体・本質探求から遠ざかる場合が多い」』。

『「例えば、移民論や差別論等」とは、

「本質的には、利権を何処に与えるのか?の話し」だが、

「善良・弱者仮面を被せられるところ」に、

「利権を与えたがる」のが、

「比べっこ主義者たちの特徴」だ』。

『「実際」は、

「善良・弱者仮面を被せず、

その実体を探求する事から始めなければ、

移民論や差別論等」の、

「正解等が見い出せる訳も無い」』。

『「善良・弱者仮面が通用する」なら、

「善良・弱者を演じるダケ」で、

「何でも通し易くなる」』。

『例えば、

「実際」は、

「善良でも無い場合も少なく無い、

不法移民系や不当残留者系の者たち等」が、

「実際」は、

「強大な配信力を持つテレビ・ラジオ等を利用」して、

「上辺だけ、ジェントルに正義・優等生ぶり、

移民論や差別論等を語るその目的」は、

「自己保身や自己利権の増大の為等だったりしている」・・・』。

『「実体・本質等を探究する」なら、

「どんな人脈の者が言っているのか?」等が

「視聴者に明らかに分からな事自体、大問題」だ』。

『「テレビ・ラジオ界等で常連出演等」し、

「情報を一方的に大量配信出来ている者たち」の

「真実の出自」や、

「本当の名前」や、

「本当の思想信条等」や、

「属している人脈・団体(宗教も含む)等」が、

「先に、視聴者等に、十分に、伝えられていない事」からも、

「テレビ・ラジオ界等の詐欺師ぶり」は、

「明らか」だ』。

『「対論のある討論系」でも、

「対論もロクに無い場合が多い指導系」でも、

「論の本質や目的」が、

「上辺で、視聴者を操る事による、

支配権利権の維持~増大」や、

「比べっこ主義等の公然化」等々では、

「今時、お話しにならないレベル」の

「公共の電波の無駄遣い、或いは、不当使用、状態」だ』。

『「何事でも、実体や本質等を探究する」なら、

「実際の進化や改善等も可能になる」』。

『「実体・本質等を探究しなければ、お話しにならない物質文明側」では、

「ずっと前から、科学レベルで判明させて来ている実体や事実・現実を実用する事が当たり前になっている」』。

『「異常に遅れている精神文化側」では、

「未だに、考え・思いによる納得による、

比べっこや、

支配権争い」で、

「者・物・事に決着を付けようとしている」から、

「現状の人間社会」は、

「皆さま、良くご存知の通り、本当に酷い状態」だ』。

『「報ステ」では、

「ガガとダライ・ラマの討論の一部を紹介していた」』。

『「世界中の人間は皆同じ旨」を語り、

「ガガに対して、もっと稼ぎなさい。そのお金で、貧しい人たちを助けなさい」の旨語った

「ダライ・ラマ」には、

「現状経済システムや、現状の経済評価等」の

「実体や本質を探究し、経済システム自体を是正等する姿勢は、皆無の様相」だった』。

『「現状経済システムや、

現状の経済評価等を改善する事抜きに、

実際の問題は解決出来得ない」から、

「一つの伝統文化遺産宗教の長(=その宗教の考え・思いによる納得の長)であるお方」の

「精神文化レベル」は、

「今時の人類世界が必要としている精神文化の進化を誘わえないレベルである事」が

「露呈していた事になる」』。

『「伝統文化遺産の保護等として」なら、

「それでも良い」だろうが、

「今時の全人類が必要としている、精神文化の正常進化を誘う要素」を、

「テレビ上のインタビューで、示せていなかった事」は、

「問題として、捉えるべき」だ』。

『「現状経済システム容認論上」に、

「人類の明るい未来は在り得ない」』。

『「そんなガガとダライ・ラマの討論の一部を流した報ステの目的もまた、

現状維持」で、

「その内実」は、

「現状で過分に優位な立場や報酬や権力等を得られている

テレビ界で優遇されている常連出演者や実権者たちの為の

お手盛り論による、

大衆誘導」だ』。

『「実際は、精神文化側の重要ポジションに居るにも係わらず、

今時として、必要・十分な仕事を出来ていない劣悪状態」なのに、

「過分な報酬や権力等を保持出来てしまっている、

その劣悪な偏重利権を保持し続けたいが為」の、

「大衆誘導」だ』。

『「ダライ・ラマ」を

「古からの伝統文化宗教の一つの長等」と

「原寸大に捉えず、

現代の宗教偉人の様に思い込める視聴者の数」が、

「多ければ、多い程、テレビ界のお手盛り大衆誘導もし易くなる」から、

「原寸大報道や、実体・本質探求等は、行わない/行えない」のだろう』。

『「本当に劣悪な実態」が「其処に在る」』。

『「現状人類世界の危機度」から「考える」と、

「とんでもないレベルの劣悪な仕事???ぶり」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めてた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

是正必需な欧米経済システムより更に遅れている中国共産党支配下のAIIBに価値を見出そうとしている時代遅れの人々・・・。

『「チリを集めて泥船つくり中国共産党が延命を謀っている」が、「チリの船」は「大海に出航する前に、チリヂリになってお終いとなる宿命に在る」』。

『「日本からの犠牲者は、鳩山元総理たちと追従者たちくらい・・・になりそう」だが、

「チリの船を信じるカルト宗教集団」では、

「身から出た錆による自滅」で、

「仕方ない」・・・』。

|

善光寺の生臭さ坊主&現代版、植民地・奴隷支配で浮かれている金融投資・経営側の者たち・・・。

『「多くの人々は、はっきりと自覚するべき」だ。「宗教」も、「現状の経済システム」も、「既に詰んでいる」』。

『「古くからの宗教等を伝統文化遺産等として保全する」のなら

「今時でも、相応の正当性がある」が、

「古の宗教の実体」は「今や、科学」だ』。

『「邪教」とは、

「未だに、考え・思いによる納得レベルの者・物・事をベース」に、

「信者をつくり、操り続けたりしている宗教」で、

「その実態」は、

「集金組織や、工作組織等」の、

「利権団体に他ならない」。

「多くの新興宗教が、その様な実態を露呈している」』。

『「古からの宗教である善光寺等」を

「伝統文化遺産として、受け止めている」なら、

「お偉い坊主」と、

「その取り巻きの方々や信者たち」の「間」には、

「通常の人間関係上でありえる関係等しかあり得ない」』。

『「セクハラ・パワハラ等の生みの親」は、

「原寸大の人類としての本質を忘れている勘違い権力者等の邪な考え・思い」に他ならない』。

『「被害が出ても、泣き寝入り・・・という実態が多かった時代」とは、

「考え・思いによる納得レベルの者・物・事が蔓延れていた時代でもある」』。

『「未だに、信者状態の人々」でも、

「今時の人々の多く」は、

「考え・思いによる納得によるお偉いさん等<実際に起こされてしまったセクハラ・パワハラ等の被害」という

「事実・現実に基づくなら当たり前の判断をする事になる」』。

『「つまり、例え、信者や取り巻きの方々であっても、

{その}宗教が及ぼす事が出来ている支配力」は、

「明らかに減衰し続けて来ている」』。

『「ある程度昔だった」なら、

「その宗教の大権者等による、

今で言う、セクハラ・パワハラ等の行為に対して」も、

「信者や取り巻きの方々等の方」が、

「宗教的な意味や社会的な意味等」を

「時には、積極的に見出そう」とし、

「その上での納得」に

「自らを置きく事」で、

「被害を被害として捉えなかった人々」も、

「決して少なく無かった筈」だ。

「多くの人々の拠り所が宗教だった時代」とは、

「その様な内実をも有していた時代でもある」』。

『「今時の人々」なら、

「神=自然の摂理」であり、

「古の宗教の役割=科学」だ。

「それ以外の古からの考え・思いレベルの宗教」は、

「伝統文化遺産」であり、

「新興宗教等」は、

「邪教以外の何物でも無い」』。

『「善光寺の場合は、

日本の歴史上からも、

保護すべき伝統文化遺産の一つ」だろう』。

『「僧侶や取り巻きの方々」とは、

「実質的には、伝統文化遺産保護の仕事に携わっている人々」に他ならない』。

『「もはや、其処に、

古の様な宗教故の多大な利権等が在る事」は、

「実体や事実・現実離れを誘う悪事」だ。

「伝統文化遺産の保護に携わっている普通の人々」が、

「良質な仕事をなさっている限り」、

「多くのその他の人々にとっても、

伝統文化遺産建築物等・歴史探訪や伝統文化遺産体験等の為」に、

「楽しく、快適に、訪れる事が出来る場所になる」』。

『「巷でも少なからず露呈しているセクハラ・パワハラ等」という、

「悪質な状態」を

「体現した事のデメリットは多大」だ』。

『「保護すべき伝統文化遺産か?」

「其処ら中に在る古い建物と古からの習慣や仕来り等の一つか?」の

「境界線が薄くなってしまうから」だ』。

『「セクハラやパワハラ等が横行出来る組織等」なら、

「解消」し、

「建造物の保護等は、別組織が行えば良い」。

「宗教儀式等」は、

「伝統文化イベント」として、

「古からのスタイルを忠実に再現する事」を、

「行いたく出来る人々が行えば良い」。

「其れも面倒と考える人々が多い」なら、

「ちゃんとした記録だけしっかり残して、

後は、跡地等を今の時代として有効利用すれば良い」』。

『「伝統文化遺産としての価値を無くした、古からの宗教等」には、

「無くなる必然性が在る」』。

『「その実態・実体が集金組織や工作組織等の利権団体と化している新興宗教等」は、

「一般企業枠で扱うべきであり、宗教枠で扱うべきでは無い」』。

『「趣味趣向の世界なのだから、お互い納得ずくで、お好きな方々同士は、どうぞ」だが、

「不当優遇や、押し売り・脅し販売等はダメ」だ。

「守護霊等に守られて、良い生活を!」や、

「悪霊を追い払って、良い生活を!」や、

「あの世に逝ってから、酷い目に合わない為に・・・」等の

「押し売り商売が未だに、成り立ってしまっている事の裏」には、

「人の誕生・死の実態が細胞ごとである事」と、

「人の意識が丸ごと一人化という単純化を好む事」等を

「十分に周知していない現状の情報・教育の問題がある」』。

『「丸ごと一人の死生観という現実離れ」から、

「多くの人々が解放」され、

「細胞ごとの誕生・死&人の意識が丸ごと一人化を好む現実」に、

「自らを着地」させ

「落ち着いて周囲の者・物・事を検証出来る様になる」なら、

「現状の多くの新興宗教の実体」も、

「多くの人々が容易に理解・把握出来る様になる」』。

『「集金組織は集金組織として、

工作組織は、工作組織として、

理解・把握」され、

「実質的、利権団体の不当優遇を是とする様な人々」は、

「激減する事になる」』。

『「伝統文化遺産としての古からの宗教」と、

「古の時代の宗教の役割を果たしている科学」が、

「在り」、

「実質的邪教は、激減し、例え、在っても、不当優遇等は無い状態」こそが、

「今時の人間社会上に在るべき状態」だ』。

・・・・・・・。

『「古の時代、当時の列強の国々」は、

「武力によって、

競い合い、

その支配地域を広げ、

植民地支配も、

奴隷調達~使用」も、

「当然の如く行っていた」』。

『「国境線が薄くなっている現状の人間世界」では、

「経済による支配権争いが蔓延っている」』。

『「経済列強による、

経済的植民地は、

数知れず、

経済による奴隷調達や私用は、

熾烈を極めて来ている」』。

『「古の時代の列強国の様に、勝ち誇っている」のが、

「現状の経済的列強者たち」だ。

「そして、経済的列強者では無い者たちの多く」が、

「植民地的経済圏の下で、被支配者となり、

実質的、奴隷として扱われている」』。

『「古の時代の植民地支配や奴隷の調達~使用等を批判・非難し、

正義ぶっている

現状の経済列強者たち」の「実態」とは、

「古の問題で正義ぶる事で、

自分の実体を誤魔化そうとしている{ずるい者たち}」に他ならない』。

『「ずるい者たちの正体は、既に、バレている」から、

「実質的には、裸の王様たち」だ』。

『「ここで、多くの人々は、気づくべき」だ。

「武力によって」でも、

「経済によって」でも、

「人類同士」で、

「比べっこ」や、

「支配権争い」等を、

「行い続けている限り、

ロクな事は無い事に!」』

『「人類同士が比べっこや支配権争いを行い続けている人間社会」では、

「殺傷事件が多発して当然」で、

「そんな人間社会から疎外される者たちが出れば、

テロの多発も当然」だ。

「更に、それらの上辺の殺傷事件やテロ等を押さえ込もうとする人々」の

「集団的合意」が

「形成」されれば、

「戦争も起される」』。

『「今時の支配・被支配戦争」とは、

「東西対立では無い、南北対立ゆえの戦争」に「他ならない」から、

「外への戦争で誤魔化しきれるモノでは無い」』。

『「現状のまま時を重ねる」なら、

「何れは、何処の国の中」でも、

「南北対立構造が誰にでもはっきりと認識」され、

「内なる戦争が始まってしまう」。

「そして、その戦争に、勝者は無い」』。

『「現状の経済システムを抱きしめたまま」なら、

「人類は、一端は、終わらざるを得なくなる」』。

『「終わらない人間世界の構築の為に必要な事」は、

「比べっこによる支配・被支配ゲームの精神構造」から、

「多くの人類が自分を解放する事」だ』。

『「つまり、人類誰もが、自らの精神文化を正常進化させる事」で、

「比べっこによる支配・被支配ゲームは、遊び程度に押さえ、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事を主軸にする

精神文化を持てば良いダケ」だ』。

『「その為に必要な事」は、

「自分の実体やその実体の本来の目的等をちゃんと理解・把握している事」等である事は、

「以前から、何度も記している

(この辺りについては、他の記事をご参照ください)」』。

『「実に残念」なのは、

「現状で勝ち誇っている裸の王様たち」だ。

「そのままなら、近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事が、決定しているから」に他ならない』。

『「現状の経済システム是正として、先ずやるべき」は、

「過分な相続&過剰資産・財産等を個人が有する事の禁止」と

「多大な資産・財産等の保有が可能となる企業・団体・公人等の内実ガラス張り化&不当・不正使用等に対する厳罰化」だ。

その上で、

「実体経済界の軽税化」と、

「金融投資界の重税化」だ。

「それらの是正を世界レベルで、同時かつ早急に行うべき」だ』。

『「どの国でも、中なる南北戦争に向かうのが良いのか?」

「経済システム自体を早急に是正する方が良いのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「現状」で「金満な者たち」も、

「チリによる薬中毒」を「直ちに治し」、

「人類の未来を明るくする選択をするべき」だ』。

|

テレ朝では、「EU離脱を選択した英国国民投票」のやり直しを大宣伝状態だが・・・。

『「今、世界中で起こっている保守化の流れの実体」とは「同じ国民間の南北問題」に他ならない。

「南とは、実働者側」であり、

「北とは、金融・経営側」だ』。

『「若者層」では、

「未だ、実働者側としての本格的な実態に至っていない者たちが多い」。

「親等による庇護等がある場合も多い上」に、

「未だ、将来的に、北に行く/行ける可能性もあると思えている人々が多い上」に、

「産まれた時からEUの一員の状態」だから、

「現時点での投票行動」では、

「今(EUの一員)のままで良いんじゃないの~」の「判断が出易かったダケ」だ』。

『「年齢を重ねる」と、

「必然的に、親等による庇護状態は消失」し、

「現状の体制」では、

「実際は、多くの人々が、南(実働者)側に追いやられ、

その状態が、実質的には、固定化される」から、

「多くの人々の判断が逆転する」』。

『「其処に在るのは、大英帝国の幻想等では無い」。

「生活自衛の為の判断」だ』。

『「北(搾取側と言っても良いだろう)側の者たち」は、

「安い労働力を欲しがり」、

「南(実働者)側の者たち」は、

「高い報酬を欲しがる」』。

『「移民の受け入れ」は、

「安い労働力が得られ易くなる」から、

「北側の者たちにとっては好都合」だが、

「安い労働力が得られ易い分、高い報酬が得られ辛くなる」から、

「南側の者たちにとっては不都合」になる』。

『「EUの実権者たち」とは、

「言うまでも無く、北側の者たち」だから、

「移民容認政策を採用している」』。

『「人口としては、ほとんどの国で、南側の人々の方が多い」。

「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」は、

「ほとんどの国で、北側の者たちが牛耳っている」』。

『「北側の者たち」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等を通じ」て、

「北側にとって都合が良い人間社会システムが良い」という

「マインドコントロールを行い続ける事」で、

「多くの南側に居る、或いは、行かざるを得ない人々にまで」も、

「北側を利す人間社会システムに賛同させる策」を

「積極的に行って来ている」』。

『「しかし、それでも、現れる実態は誤魔化し様が無い」。

「移民が増えれば、賃金が下がり易く上がり辛くなる」。

「同じ国内で暮らしていながら、

北側と南側の人々の間には、

大きなギャップが在る」』。

『「どこの国でも、普通に真面目に実働している多くの人々は、貧困側」で、

「ある程度以上の資本力を持ち、利権集中実働や、金融投資等を行っている少数派の人々」が、

「金満側」になっている。

「現状の人間社会システム」とは、

「そういうシステム」なのだ。

「是正や改訂が必要である事は、言うまでも無い事」だ』。

『「格差是正が一向に進まない」のは、

「北側の者たちの不当・過剰優遇が続けられているからに他ならない」が、

「未だ、その辺りまで、実感を持って理解・把握している人々の数は、少ない様」だ』。

『「しかし、今後、その数は、どんどん増える事になる」。

「北側の者たちの不当・過剰優遇状態の是正」は、

「保守化の流れと共に、必然になる」』。

『「はっきり言えば、移民も、北側の者たちも、ずるい」のだ。

「そのずるさ」を

「上辺の、弱者仮面や正義仮面や偽善等で誤魔化し、大衆マインドコントロール等」で

「ずるさが成り立つ人間社会状態を維持せしめようとし続けている事自体」も、

「かなりずるい、本質的大罪」だ』。

『「本当に、優秀で健常な人間」なら、

「優秀な知能や多大な知識等」を

「万人の生活向上等の為に使う」が、

「似非優秀者たち」は、

「他の多くの人々に貢がせて、自分たちダケ過剰な利権を得る事等を画策し、実現させる」』。

『「その結果」が、

「金余りなのに、貧困だらけ・・・で、

格差も甚大な

殺傷事件だらけの人間社会」だ。

「そんな人間社会」では、

「テロも戦争も必然的に起こり続ける」』。

『「英国では、この南北対立」が、

「テロ・戦争等とはならず、国民投票という形で、民主的に、処理されようとしている」。

「ところが、ずるい北側の者たち」は、

「未だに、敗北を認めようとしていない様相」だ』。

『「民主的国民投票を否定する様な状態となれば、武力闘争となる」のは、

「ある意味、当然」だろう。

「そうなれば、世界中で、南北戦争状態となる」』。

『「武力に優れる北側が勝つ事にならない」のが、

「南北戦争」だ。

「南北戦争となれば、人類の負け」で、

「人類滅亡が待っている」』。

『「いい加減に、ずるい者たちは、自らの罪を認め、謝罪・補償等するべき」だ。

「その道こそが、

格差を縮小し、

持続可能な人間社会を構築し、

テロや戦争や殺傷事件等を激減させ、

世界平和や、

人類の存続~永続を可能にする道に他ならない」』。

『「金や立場や権力等の為」に、

「好きでも無い勉強等に励んでも、ロクな人間には育ち得ない場合が多い」。

「多くの場合、

好きでも無い事をこんなに頑張り、

それなりに、現状人間社会が認めている学歴や企業業績等の成果を残したのだから、

自分の下に一杯利権をよこせ!等と、

代償欲求の追及に奔走する人生を送ろうとするダケ」だ。

「実にみっともない裸の王様状態だが」・・・』。

『「既に、分かっている事を覚える事でその構築が可能になる学歴の実体」とは、

「そんなに偉大なモノではあり得ない」。

「今時なら、少々の高学歴者の頭の中にある情報」より、

「スマホによるネット検索で得られる情報の方が、遥かに充実している場合が多い」。

「そして、その検索で得られる情報の元が、全て、高学歴者等によって生み出されている訳でも無い」』。

『「更に言うなら、肝要な事は、人類世界をより良くする事」だ。

「決して、高学歴者や一流企業経営者や、元々から金を持つ資本家等々」を、

「更に、優遇する事では断じて無い」』。

『「資本家は、血統相続による場合が少なく無い」。

「もちろん、人類の世代交代は、個の保存では無く種の保存であり、

四世代も違えば、他人の方が近い場合も多い」のが、

「人の遺伝子の実態」だ』。

『「大資本等の血統相続という精神文化」と、

「物質文明側で判明している遺伝等の科学レベルの実態」には、

「明らかな乖離が在る」。

「現実離れこそが、本来不要なストレスの大元」だ』。

『「ずるいEUの主導者たち」とは、

「例えて言うなら、中国共産党要人と同様」の

「大組織・大人口国家等上の大権保持者」だ。

「今時の人類」なら、

「実権は、人が持たず、科学レベル以上で判明している実体や事実・現実に預ける」のが、

「当たり前の、問題処理方法」だ』。

『「ところが、EU幹部も、中国共産党要人」も、

「多大な実権を人として持ち続けたがっている」。

「その一つの現れ」が、

「北側の者たち(自分たち)を有利にする移民容認策」であり、

「規制によって成り立たせようとする(自分たちの思いに従わせようとする)エコ策」だ。

「そんなエコ策では、規制される側のストレスが増す分だけ実効も薄くなる」』。

『「多くの人類」が、

「ちゃんと、自分の実体やその実体の本来の目的等を理解・把握出来、

自虐的では無い人間生活を送れる状態を構築すれば、

必然的に、エコが当たり前になる」』。

『「外から他の人々を操ろうとする発想が、時代遅れ」であり、

「自分で自分を健康にコントロールする為に必要な情報・教育・環境等を提供し、

後は、個人個人に個人個人のコントロールや選択等を任せる」のが、

「今時の正当なやり方」だ』。

『「大量消費自慰生物たち」は、

「自らのその醜い実体」を「正確に映しだす鏡で見ると良い」。

「どれ程の自虐が其処にあるのか?」等を、

「重々検証すると良い」』。

『「自分の実体がもたらす、本質的裁きからは、

人類誰一人として逃れられない」。

「地獄行きの代々話」を、

「いい加減に終わらせる為」にも、

「人類誰もが、

自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い人生を送れる様に、

早急に、

人間社会を構築し直すべき」だ』。

『「特定人脈にとってのお手盛り情報を一方的に大量配信し続けている極悪テレビ・ラジオ等」の

「健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

ずるいテレビでは、相変わらず、特定極一部の者たちが常連出演で偏重・偏向論を一方的に大量配信しているが・・・。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」が「どんな人脈の者たちによって牛耳られているのか?」は、

「ずるい文化」からも「明らか」だ』。

『「ずるい人々」は

「本名も出自等も、十分に明らかにしないまま、

如何にも、普通の日本人の如く

上辺ダケ装って、

祖国・母国系の者たちを利する論等を、

日本の公共の電波上で一方的に大量配信し続けて来ている」』。

『「それは、選挙論でも同様」だ。

「例えば、経済と外交・安保等は、密接な関係が有る」。

「しかし、ずるい人々は、其処を切り離すインチキ論を言う」。

「少し考えるなら、誰もが直ぐに分かる事」だが、

「外交下手」や、

「安全保障が悪い国」に

「良好な経済状態が生まれる訳は無い」』。

『「デモや国会前抗議等に積極参加しているノイジー・マイナリティー」を

「メジャリティーの如く風潮している事」も

「ずるさの現れ」だ。

「原寸大報道等を逸脱した偏重報道状態が其処に在る」』。

『「更に酷い事」は、

「特定極一部の者たちを利する偏向・偏重論等」を

「さも正論の如く風潮している事」や、

「テレビ実権者の立場にある司会者等」が、

「特定人脈側が有利になる様な采配を行っている事」だ』。

『「テレビ情報の操り人形になってしまう事」が

「多くの日本国民にとって自虐となってしまう」のには、

「相応のバックボーンが在る」。

「テレビ界の実権者たちの人脈」は、

「多くの一般日本国民とはかけ離れているずるい文化を持つ人脈」だ』。

『「ずるいテレビ」では、

「批判・非難等も偏向・偏重状態」だが、

「それが、それだけで終わる」なら、

「個人個人の言論の自由と同じ事」で、

「大きな問題とは成り得ない」。

「公共の電波を使用した情報の一方的大量配信機関であるが故」に、

「実質的、大衆誘導まで行えてしまっている事」が

「重大問題の大元」だ』。

『「実質的に、大衆誘導を行えてしまう情報配信機関」で、

「偏向・偏重情報を配信している事」が

「ずるい」のだ』。

『「もちろん、こんな酷い状態」は、

「即刻、是正されるのが当然」だが、

「それを、駄々をこねて、誤魔化そうとし続けて来ている事」も

「ずるい」。

「実権者人脈自体を入れ替えなければダメ!」と

「言わざるを得ない実態」が「其処に在る」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界の常連出演者の多く」は、

「朝鮮系の者たち」だ。

「テレビ・ラジオ界の実権者たち」が、

「どの様な人脈を利したいのか?」が

「よく判る実態」だ』。

『「そして、政治・社会論等でも、実質的、大衆誘導を行い続けて来ている」。

「日本乗っ取り支配工作の一手としての情報工作~大衆誘導として」なら、

「合理的になる実態が其処に在り続けている」』。

『「テレビ・ラジオ界が実質的に推奨している選挙政策判断等を基に投票先を選ぶ」と、

「多くの一般日本国民にとっては、

自虐的な判断となってしまう

ずるい仕込み」が

「其処に在る」』。

『「偏向・偏重論や原寸大を逸脱した情報等による、実質的、大衆誘導」は、

「即刻、

禁止する/させるべき」だ』。

『「18歳選挙権が解禁となった事に自治体が対応したアニメ等も酷い」。

「まるで、選挙に行くのはおバカですヨ~!的に思える、酷いアニメが実在している」』。

『「{差別の無い}公務員の中」には、

「所謂、左翼(内実、利韓・利北朝・利中共系の者たち)や、

(日本乗っ取り支配工作等の為に、上辺ダケは・・・の場合も少なからずある)帰化した朝鮮系の者たちも少なからずいる」』。

『「酷いアニメ等」は、

「それらの人脈の者たちが主導」した、

「所謂、保守票が多くなると言われている18歳~20歳未満の投票率を下げさせる為」の

「実質的、情報工作」と

「強く推定出来る」』。

『「その辺り」にも、

「ずるい文化が露呈している」』。

『「ずるい者たち」は、

「自分たちダケ大金持ちや大権持ち等となり、

他の者・物・事を支配・コントロールしようとする」』。

『「ずるい者たちが蔓延る人間社会」は、

「当然の如く、荒れる」』。

『「ずるい者たちを蔓延らせたまま時を重ねる」なら、

「人間社会が荒れ果てるのは、必然」だ。

「終極的には、人類滅亡が当然になる」』。

『「ずるい者たちにずるい文化を諦めさせる為」には、

「根本的なボタンの掛け違いを是正」したり、

「全ての人類の精神文化を正常進化」させたりする事が

「有効」だ』。

『「正当性の無い移民や帰化等」は、

「その権利を剥奪し、元の状態に戻すべき」だ。

「戦後の日本国内で、

数多くの粛清工作等まで行い、

拉致まで行い、

未だに、日本乗っ取り支配工作等を行い続けている様な者たち」を、

「日本側が容認し続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「実権者人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「ずるい者たち」は、利権維持や自己正当化に必死の様相だが・・・。

『「どんなに、上辺の考え・思いレベルの納得による手法で頑張ったところ」で「実体に穴の開いた現状人間世界の崩壊は止められない」。

「実体の穴を塞ぐ事が出来る」のは、

「科学レベル以上の実体検証に基づいた実効のある手法によって」だ』。

『「インチキ経済システム」が、

「インチキ経済システムとバレている事」や、

「上辺からは分からないと思いたがっている工作活動等がバレている事」とは、

「穴の開いている事に他ならない」』。

『「例えば、政策論を行わず、些細な(セコイ)政治と金の問題を大問題化する事」に、

「大衆が追従している流れ」を

「生み出しているのは何か?」

「多くの人々が持っている経済システムやお金等に対する不満」だ』。

『「ところが、現状」では、

「多くの人々は、不満を実感し内在させている」が、

「その不満の原因を十分に探求はしていない」。

「しかし、そんな状態も変わりつつある」。

「自らの不満の原因を十分に探求する人々の数が増えれば、増える程、

穴が、大きくなる」』。

『「テレビ・マスコミ等により、

八つ当たり先を提供される」と、

「その内実が、些細な(セコイ)問題」でも、

「原寸大批判・非難等から大きくかけ離れている大悪の如く扱いたがる人々の数」は、

「この先どんどん減って行く事になる」』。

『「自らの不満をぶつける先」だから、

「大きくしないとぶつけた気にもなれない」のは「人間の{浅い}心理」だが、

「{浅い}心理操作では、不満自体が無くなる訳も無く、

何れは、誰もが、不満の原因自体と向き合わざるを得なくなるから」だ』。

『「本来の不満解消法」は、

「多くの人々に不満を抱かせている現状の現実・実体離れし過ぎている経済システム自体を是正する/させる事」だが、

「現状」では、

「政財界実権者たちや、

正義ぶっているテレビ・ラジオ・マスコミ界の者たちの多くはもちろん、

経済学者ですら、

この根本的な重大問題を十分に探求していない」』。

『「その結果」として、

「人類の存続には不都合な現状経済システムが維持されたまま、

時を重ねてしまっている」』。

『「穴の開いたシステムからこぼれ落ちている」のが、

「現状経済システム上で不遇な人々」だ。

「器の外に出され、現状経済システムのメリットの多くを失った人々」は、

「器自体の破壊さえも厭わない場合が多い」』。

『「器の何処が問題なのか?等」を

「十分に探求し、是正して行く事」を「行うべき」は、

「現状で有利な者たち」だ。

「外に出された者たち」は、

「そんな面倒な事を行うより、器自体を壊したがる」』。

『「穴の開いた器は、既に、ヒビも入り、崩壊寸前の状態になっている」。

「崩壊の先」には、

「人類誰も」が、

「現状経済システム上のお金というチリ」を、

「チリとして実感せざるを得ない状態が待っている」』。

『「地球環境等の問題」も、

「精神文化の進化が不十分な問題」も、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に急速に進化し続けている物質文明を、

進化不十分な精神文化しか持っていない人々が使ってしまう問題」も、

「どんどん深刻になって行く」』。

『「現状」では、

「例えば、電子技術や電磁波技術等を工作手段として悪用している者たちが日本国内でも蔓延っている」が、

「既に、その様な物質文明を悪用したずるい者たちの実態等も、バレている」』。

『「ずるい者たちに相応の罪や罰を与えない人間社会」なら、

「崩壊が必然になる」』。

『「元々が、精神文化の進化が不十分な人々故の崩壊」だから、

「穴の開いた、ヒビの入った、現状経済システムという器」を「失った後」が、

「もはや、内実も実権も持てなくなった、干からびたチリが大量に舞う、砂漠上」を、

「亡者の様な人々が、

救いを求めて、

彷徨い歩き、

時に、互いに、八つ当たりしながら、

傷つけ合う様な状態となってしまう事」は、

「少し考えれば、誰にでも分かる事」だ』。

『「そんな状態、

或いは、そんな状態になる直前」で、

「その時の現状からの脱出欲動が暴発すれば、

急速な進化を実現して来た武器等が使われる事となり、

終極的には、人類滅亡となる」』。

『「上記の様な惨憺たる人類の未来を避ける為に必要な事」こそが、

「人類の精神文化の正常進化」に他ならない』。

『「個人個人の精神文化の正常進化をベースにした、

人間社会全体の精神文化の正常進化が必要になっている」。

「政治も経済も社会システムも、言うまでも無く、精神文化」だ』。

『「ずるい者たち」とは、

「基本的に、自分を誤魔化せると勘違いしている者たちに他ならない」』。

『「自分の実体から整合性を取って、

自分の実体やその実体の本来の目的に叛かない様」に、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「ずるい事等は、行いたくなくなるモノ」だ』。

『「移民問題が言われている」が、

「先進国側への移民」とは、

「既に、ある程度以上社会整備されているところに、

より良い生活や報酬や立場等を求めて自主的に移住する、

内実、ずるい人々である場合が多い」。

「開拓地等への移民や移住の場合」なら、

「その地をより良くする事に、力を発揮しなければ、

自らの生活や報酬や立場等もより良くは成り得ない場合が多い」。

「ずるい人々なら、例え、植民地先でも行きたがらないモノ」だ』。

『「日韓併合時には、多くの日本人が朝鮮半島に渡り、開拓~近代化整備等を行った」から、

「朝鮮半島内の衛生・教育・文化・社会状態水準は大きく向上した」。

「朝鮮人の人口も飛躍的に増えた」。

「ずるく無い人々が、移住等するなら、その様な現象が起きる」』。

『「朝鮮側からは、

朝鮮半島内の近代化整備等を頑張るより、

既に、ある程度以上整備されている日本本土内に移住する事で、

より良い報酬や、生活や立場等をより早く実現しようと、

数多くの朝鮮人が、

自主的に、

時には、密航までして、

日本に渡来した」』。

『「渡来した人々の内の決して少なく無い数の人々」が、

「関東大震災や敗戦時等日本の惨事時」に

「どの様な行動を取ったのか?」

「戦後、日韓併合が解消されたにも係わらず、

朝鮮半島に帰らず、

日本国内でどの様な事を行い続けて来ているのか?」等々は、

「多くの人々が、

決して、黙殺する事無く、

その実態や実体を検証すべき事」だ』。

『「戦後長い間、

日本にいる朝鮮人は、

強制連行された可哀そうな人々とされていた」。

「実際」は、

「多くの日本人男性が、勝ち目の無い戦場に強制的に送り込まれていた戦時中」には、

「極少数の人々が強制連行され、生き残り易い軍事工場等での仕事に従事させられていた」が、

「ほとんどの日本に渡来した朝鮮人」は、

「別天地でのより良い報酬や生活や立場等を求めて、自主渡来した人々」だった。

「戦後の実態離れした情報・教育等の源泉は?」

「渡来した、ずるい人々の臭いが充満している」』。

『「強制連行なら、

嫌々日本に・・・だから、

平時となれば、

朝鮮半島に帰りたがるのが当然」だ』。

『「別天地でのより良い報酬や生活や立場等を求めて」なら、

「混乱時でも、平時でも、

日本の中で、

より良い報酬や生活や立場等を得る為に頑張り、

朝鮮半島には帰ろうとしないのが、当然」だろう』。

『「中には、ずるく、

日本全体を朝鮮系の者たちの支配下に置く事まで企んでいる者たちも居る」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や情報・教育工作や政財界工作や拉致工作等々まで行っている者まで居る」のだから、

「もはや、その実態・実体」は、

「日本の現行法&現行の摘発手段では摘発困難な武力的工作手段まで使っている侵略者」だ』。

『「戦後処理」として、

「朝鮮半島内にいた日本人のほぼ全て」は、

「強制的に日本本土に帰還させられた」のだから、

「日本国内にいる朝鮮人のほぼ全て」も、

「一端は、強制的に朝鮮本土内に帰還させられて」こそ、

「基本の平等・公平状態が回復される事になる」』。

『「ずるく無い、開拓~近代化に貢献した人々」を、

「悪者扱いして、追い返し、

ずるい、別天地を求めて日本に自主渡来した人々を、

そのまま日本に居続けさせ、

日本を朝鮮にとって都合よく動かそうとし続けている、

ずるい、臭い」が、

「戦後の日本には充満し続けている」』。

『「スパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制を早急に整備」し、

「実用」すれば、

「戦後日本国内で行われ続けている酷い工作実態も全て表に出す事が可能になる筈」だ』。

『「チリが、実権を保持出来ている間」は、

「チリによる誤魔化しが可能」だから、

「ずるい者たちはチリに縋りたがる」が、

「経済システムの器自体に、既に、穴が開き、ヒビが入っている状態」だから、

「このまま時を重ねる」なら、

「それ程遠く無い近未来において、

上記の様な実態・実体も、

公然化し、

公然化した事による、

大反動が訪れる事になる」』。

『「元々の正当性が無い、ずるい者たち、

及び、ずるい祖先の精神文化をそのまま引き継いでいる者たち」の

「未来」は、

「既に決まっている」。

「全ては、自分の実体に叛いた罪であり、その罰」だ』。

『「その罪と罰から逃れられる唯一無二の道」は、

「ずるい祖先の精神文化を全否定」し、

「今までの悪行を全て、公開し、懺悔し、補償する事」だ。

「その上で、本来の居場所に帰るべき」だろう』。

『「悪足掻きをすれば、する程、罪と罰が重くなる事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「終わり」は、

「ある日突然、滝の様に訪れる」。

「ずるい者たち」は、

「誰一人として、自分の実体に叛いた罪と罰から逃れられない」』。

『「大惨事を避けたい」のなら、

「一刻も早く、ずるい者たちが、その罪を償う事」だ。

「償われた罪の分だけ、惨事は軽くなる」』。

『「未だに、現状利権に縋り付いている悪魔に魂を売り渡した者たち」は、

「一刻も早く、自分の実体に叛き続けている悪行から、自分を解放するべき」だ』。

|

祝!EUからの離脱を選択した英国・・・。

『「現状脱出欲動を抱えている英国の方々の数」は「現状利権維持欲に縋り付いている英国の方々の数より多かった様」だ。

「現状利権派が実権を持っている場合が多い

テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導効果」も、

「相対的に、日本より低い事」が、

「離脱派に味方した様」だ』。

『「移民自由化」からも「明らかな様」に、

「EUとは、現状利権派が現状利権派の為につくり出した社会体制」だ。

「国境線を低くすればする程、

相対的に、

金権が強くなる」』。

『「移民を自由化」すれば、

「経営者は、安い労働力を容易く手に入れられる様になる」。

「企業業績が良くなれば、株主も儲け易くなる」。

「その裏」で、

「元々から、

その地に居た一般労働市民」は、

「職を失ったり、報酬を下げられたりし易くなる」『』。

『「そんな現状利権派に有利なEUという枠の一部」が、

「民主的な国民投票により、崩された事」は、

「ある意味、必然」だろう』。

『「現状利権派の欲ボケたち」は

「少しは、遠慮すれば良かった」のだ。

「例えば、EU圏内の人の往来の自由は認めても、

移民は認めない、程度」の、

「程々の状態」に「留めいた」なら、

「英国のEU離脱は起こらなかった」だろう』。

『「ところが、欲ボケたち」は、

「安い労働力による短絡的な儲けや配当金増しを優先した」。

「そんな現状利権派の為のEUの破綻」は、

「以前から決まっていた様な事」だ』。

『「金権主義の現状人間世界」では、

「金権でずるい事が露呈し、

それを多くの人々が、

理解・把握出来る」と、

「現状脱出欲動」が、

「直ぐに暴発する」』。

『「例えば、舛添都知事の合法・不適切政治資金使用問題」は、

「セコく、とても、都知事選と引き換えにするべきレベルの事では断じて無かった」が、

「多くの人々にとって、

理解・把握し易い、

ずるい金権問題だった」ので、

「多くの人々」が、

「都知事辞職を煽ったテレビ・ラジオ・マスコミ等に容易に操られ、

現状脱出欲動を暴発させてしまった」』。

『「EUのずるい金権問題」を、

「多くの人々が、

理解・把握する為には、

相応に時間を要した訳」だ』。

『「しかし、現状では、英国内で、多くの人々が、そのずるさを実感した」から、

「離脱派が現状利権維持派を上回り、

英国はEUを離脱する事になった」』。

『「米国のトランプ現象も、内実は、同様」だ。

「移民」は、

「安い労働力を得たい、

ずるい経営者やそれによる短絡的な儲けから生まれる配当金増額が欲しいずるい株主等には、

好都合」だが、

「多くの一般のその国に元々から居る人々には、不都合」だ。

「更に、移民して来る人々の多く」は、

「元々自分たちが産まれた地とは違う、

別天地で、

短絡的に

より良い生活や報酬等を得る為」に

「移民として他国等に行く場合が多い」』。

『「例えば、日韓併合時に朝鮮半島から日本本土に渡来して来た朝鮮人の多く」も、

「別天地でのより良い仕事や報酬やより良い生活を目的として渡来した」から、

「関東大震災や

日本敗戦等の

大惨事時」にも、

「ここぞとばかりに、

利権収集に走った者たちも数多く出た」のが

「歴史上の現実」だ』。

『「米国への移民の場合」も、

「元の動機は同じ」だから、

「別天地でのより良い仕事や報酬やより良い生活が実現出来ない場合」には、

「より弱い者への八つ当たり行為等も出易く、

レイプ・強盗・殺傷事件等が多発している実態もある」のが、

「現実」だ』。

『「はっきり言えば、

安い労働力を欲しがる経営者や株主もずるい」が、

「多くの移民もずるい」のが

「現実」だ』。

『「ずるい者たちに利権を与える事を強いる体制や法等が、何れ破綻する」のは、

「当然の現象」に他ならない』。

『「実は、金権主義を成り立たせている現状経済システム自体」が、

「大資本を持つ者が圧倒的に有利なずるいシステム」だが、

「その実態・実体を、多くの人々が理解・把握する」には、

「英国のEU離脱問題より、更に多くの時間が必要」だろう』。

『「しかし、そのずるさを解消しない限り、

何れ、

現状脱出欲動が暴発する事になる」』。

『「そして、

ほとんど全人類が係わっている現状経済システムに対する

現状脱出欲動の暴発のエネルギー」は、

「絶大なモノとなる必然性がある」から、

「現状経済システムの積極的是正を行わず、

現状利権に縋り付いて放置する者たちが実権を持ち続ける」なら、

「ある日突然、

終わりは、

滝の様に訪れる状態となってしまう事になる」』。

『「多くの人々」は、

「現状経済システム上のお金というチリに埋もれている場合では無い」。

「チリの中から、

顔を出し、

息をして、

人類誰もの実体や

その実体の本来の目的や

事実・現実との整合性が高い

チリを生み出さない経済システムへの是正」を

「早急に、意識的かつ積極的に行うべき」だ』。

『「経済システムを保持したまま、人類滅亡を避ける道」は、

「その道しか無い」』。

『「基本は、実に、単純な事」だ。

「武力による比べっこや支配権争い」でも、

「経済による比べっこや支配権争い」でも、

「比べっこや支配権争いを行っている事に違いは無い」。

「比べっこや支配権争い」とは「代償欲求の追及に他ならない」。

「全ての人類が本来欲求の充足を主軸とし、

代償欲求の追及は遊び程度に抑える、

自分で自分を健康に支配・コントロールする精神文化を持てる様に、

人類の精神文化レベルを物質文明同様、

科学レベル以上に正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「現状経済システム」とは、

「経済による比べっこや支配権争い時」に、

「既に、大資本を持っている者たちが、圧倒的に有利になる様」に、

「狡賢く、作られている」。

「比べっこや支配権争いとは、実は、代償欲求追及に過ぎない事」だ。

「本来欲求の充足を主軸にした精神文化を多くの人類が持つ」なら、

「遊び程度に抑えられるのが当然の事」だ。

「そんな本質的には遊び程度に、現状経済システムでは、過剰で多大な価値や権力を持たせてしまっている」。

「現状経済システム上のお金というチリ」の「価値」を

「信じさせられている/信じる事を強いられている者たち」にとっては、

「チリこそが全て」で、

「チリさえ持っていれば、何でも手に入れられ、他人を支配する事も簡単・・・」なのだ。

「全ての人類」は、

「自らの精神文化を正常進化させる事で、

現状経済システムという{カルト宗教}から、

一刻も早く、自分を解放するべき」だ』。

『「それと、並行して、その立場や能力や報酬や権力等を保持している者たち」は、

「積極的」に、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い新たな経済システム等」を

「設計・提案等するべき」だ』。

『「現状の経済システム」では、

「比べっこや支配権争いを誘い易い」から、

「テロも戦争も誘ってしまっているのが現実」だ。

「ずるい者たち同士で、ずるさを競い合えば、ロクな事は起き得ない」。

「世界平和を誘う経済システム」を、

「設計・提案等すれば良い」』。

『「経済学者等の立場・報酬・権力等まで持っているのに、

ロクな仕事が出来ていない者たち」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」に他ならない』。

『「昨今の世界各地の現状脱出欲動の暴発」は、

「ずるい者たちが現状利権を保持・維持・増大等出来ている

自虐的な人間世界の終わりの始まり」だ。

「その意味からも、

英国のEU離脱は、

祝福に価する」』。

|

北朝鮮の出先機関かも知れないテレビでは、北朝鮮のミサイルを宣伝しているが・・・。

『「例えば、日・米・韓等相手の実戦で使えば、アッと言う間に北朝鮮全体の負けに直結している北朝鮮のミサイル」を「脅威」と「宣伝する事の意味は?」等を「考える」なら、

「誰もが、現状の日本の多くのテレビ情報配信内容」に「疑問を持つ筈」だ』。

『「北朝鮮の軍備」とは

「日本共産党の武力革命の必要性等公言みたいなモノ」で、

「迷惑ではある」が、

「脅威ではあり得ない」』。

『「日本共産党の場合、

正直に、

武力革命の必要性等を党是として謳っている」から、

「公安もマークせざるを得ない」が、

「実際に、日本共産党が日本共産党ダケで武力革命など行う訳も無い」』。

『「旧ソ連が、

日本乗っ取り支配実戦争を仕掛けた時、

旧ソ連側に付く」等の

「意味」なら、

「元々が、旧ソ連の支援を受けて誕生した日本共産党だから、良く分かる」が、

「今や、旧ソ連は、一応、民主化されたロシアとなっている」』。

『「南北対立は有っても、

東西どちらも実態としては金権主義で

東西対立無き世界情勢の今、

ロシアが日本乗っ取り支配実戦を仕掛け、

その手先として日本共産党が動く確率は、

極めて低い」』。

『「それでも、公言している状態である以上」、

「公安は、公安としての仕事をせざるを得ない」から、

「ある意味、迷惑」なのだ』。

『「北朝鮮のミサイルの内実」も「同様」だ。

「北朝鮮の本丸は、日韓等の中に送り込んである工作員等による工作」だ。

「もちろん、そちらは、核・ミサイルの様に、公言していない」』。

『「しかし、拉致は、さすがに、認めざるを得なくなった」から、

「金正日は、

拉致を認めざるを得なくなった事に対する責任代表として、

早々に、粛清されたのかも知れない」』。

『「北朝鮮の核やミサイル」は、

「所謂先進諸国の数十年遅れのレベル」だから、

「実際は、脅威には成り得ない」。

「実戦で使えば、

アッと言う間に北朝鮮全体の負けを誘う、

ある意味では、

北朝鮮にとって、使う事が自虐になる武器」だ』。

『「それでも、表だって、開発してるゾ~!」等との

「態度を堂々と示し続ければ、

国際社会も、

相応の対応をせざるを得ない」。

「実に、迷惑な事」だ』。

『「もちろん、その表の迷惑」の「裏」では、

「工作が続けられている」。

「そちらの実害は、実は、かなりある」のだが、

「その実態・実体」を、

「公開する勇気と根性等」は、

「今の日本政府やマスコミ等には無い様相」だ』。

『「その代わりに、

北朝鮮の核やミサイルを

宣伝し、

正義ぶって責めたりしている」。

「本当に情けない事」だ』。

『「内実的には、

北朝鮮のお友達、というより、

もはや、出先の広報機関的様相ですらある」のが、

「日本の多くのテレビ番組等」だ』。

『「そんなテレビ・マスコミ等」では、

「北朝鮮系の常連出演者やゲイノウ人等を率先して宣伝し、使い、

そのスジにお金を流す事も大好きな様相」だ。

「表では、正義ぶって、国際社会による経済制裁等を訴え、

中国がちゃんと制裁しないから悪い様な事を言いながら、

内実では、北朝鮮系の者たちに、大金を流している・・・」のでは、

「やっている事」が、

「北朝鮮の表の核・ミサイルと、裏の工作活動」と「同様」で、

「本当に醜悪」だ』。

『「日本の公共の電波」や

「日本の公共的大マスコミ等」の

「使用実態がコレでは!」

「こんな状態」は「一刻も早く是正する/される」のが「当然」だ』。

『「日本の中の北朝鮮系の者たち」は、

「北朝鮮に帰り、北朝鮮自体を良い国にする事等を頑張るべき」だ。

「日本国内で日本乗っ取り支配工作等を頑張る迷惑行為」は、

「直ちに止める/止めさせるべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた是正」は「急務」だ』。

|

鳩山弟がお亡くなりになってしまい、鳩山兄が元気な訳・・・。

『「保国系の政治家」と「売国系の政治家」の「違い」による「日本国内反日他国人脈等による被工作実害の差故・・・」だったりして・・・』。

|

未だに、自民・民主が二大政党であるかの如く風潮しているマズゴミども問題・・・。

『「原寸大評価に基づいた情報配信を行なう真っ当な仕事を行わず、偏重・偏向・湾曲した解釈が基のイメージ情報配信等により、大衆誘導を行おうとしている機関」とは、

「マズゴミ、もしくは、反日他国人脈の情報工作機関である場合が多い」』。

『「原寸大評価」で言うなら、

「舛添都知事の合法・不適切問題の風潮」も、

「現状の自民党と民主党をまるで、同等の勢力が有る二大政党の如く風潮する事」も、

「全く、同様の、原寸大から大きくかけ離れた、特定人脈の為の大衆誘導情報等」に他ならない』。

『「そんな異常事態が何故平然と起こされてしまっているのか?」は、

「少し考えるなら、誰でも分かる」。

「実権者の人脈の問題」であり、

「マズゴミどもが利そうとしている者・物・事からも明らかな様」に、

「戦後処理の問題」だ』。

『「本来なら、日本国内で産まれる筈では無かった反日他国人脈の者たち」が、

「日本乗っ取り支配工作等に基づいて、大量生産されてしまっている事」の

「日本国・日本国民に対するデメリットは、多大」だ』。

『「異常な戦後処理をそのまま放置した戦後の日本政府等の責任も重大」だ』。

『「他者支配・他者による被支配という代償欲求の追及上に生きている者たち」に、

「過分な利権を与え続けているまま行く」なら、

「確実に、人類は滅亡する」。

「それは、断言出来るレベルの事」だ』。

『「金権過剰防衛状態など、金権自体の力が無くなれば、何の意味も無くなる」。

「現状の金権の価値」とは、

「現状権力者によるお墨付きに過ぎ無い」から、

「現状権力者自体が異常なら、そんなモノのお墨付きに力が宿る訳も無い」』。

『「人類の実体やその本来の目的からちゃんと整合性を取った、

今時の人類が持つべき、

現実や実体との乖離が少ない経済システムへの更新」を

「早急に行うべき」だ』。

『「世界中で、現状脱出欲動の暴発が頻発している」のは、

「単なる偶然では無い」』。

『「現状では、未だ、最下層レベルの方々」が、

「追い詰められて、仕方無く、

現状脱出欲動を暴発させている状態」だから、

「その実害も、人間的には、かなり酷いが、実体としては、知れたモノ」だ。

「しかし、

根本的ボタンの掛け違いが基で起こる現状脱出欲動の力」は、

「そのレベルを遥かに超える」。

「現状の様な、反日他国人脈による工作活動が蔓延れている日本社会を放置したままにする」なら、

「其処に存在している多くの人々の根本的内在ストレスも時と共に、どんどん肥大化」し、

「そのエネルギーは、

現状システム上で最下層に追いやられている方々による

現状脱出欲動暴発エネルギーのレベルを

遥かに超える事になる」。

「確実に、人類消滅レベルの現状脱出欲動を暴発させるボタンが押される事になる」』。

『「劣悪者たちは、他者支配による問題解決を試みようとする傾向が強い」が、

「無駄」だ』。

『「例え、{現状権力者たちにとって}、どんなに、都合の悪いと{思える}人々」を、

「無理やり有益分子化しようとしたり、

粛清したりして」も、

「問題の実体が消失する訳も無い」。

「問題の実体による現状脱出欲動が一定以上大きくなり、暴発ボタンが押された時」に、

「人類は消滅する事になる」』。

『「人類消滅から逃れられる唯一無二の手段」は、

「早急に、根本的ボタンの掛け違いを直す事」だ。

「本来この地で産まれるべきでは無い者たち」は、

「この地での他者支配等に明け暮れていない」で、

「本来産まれるべき地に早急に移住する事を強く推奨する」。

「その方が内在的ストレスもずっと小さくなる」。

「日本乗っ取り支配工作等は、直ちに諦め、止める事を、

強く推奨する」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や情報・教育工作や政財界工作や医療工作等々」の

「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な不適応分子粛清工作・有益分子育成工作等」は、

「直ちに止める事を強く推奨する」。

「人類滅亡レベルの現状脱出欲動の暴発を避ける為」に、

「今、日本国内にいる悪どもが歩むべき、唯一無二の道」だ』。

『「工作の結果が人類滅亡」では、

「工作の目的が人類滅亡では無い限り、工作は無駄以外の何モノでも無い」。

「そんな無駄な事を、そのままの状態では住み辛いこの地で行うより、

そのままの状態で住み易い地に移住して、

メジャーリティーの中で暮らす方が、

遥かに健全」だ。

「遺伝の主たる実体は、生物的環境適応情報」に他ならない。

「生物的環境適応情報が違う地では、無意識レベルのストレスが多大なのは、当然」だが、

「それを、その地に元々から居る多くの人々に八つ当たりし、

他者支配工作等の悪事として体現する」のは、

「明らかに間違っている」』。

『「自分の実体に叛いている愚か者たち」は、

「自分の実体が誘う地に帰るべき」だ。

「そして、その地をより良い場所にする事を頑張れば良い」。

「自分の実体に向かない地で、周囲の多数の人々に八つ当たりし、

その地の他者支配工作等の悪事を行っている者たち」こそが、

「全人類の敵」だ』。

『「全人類の敵状態の者たち」を、

「本来居るべき所に戻し、内在的ストレスを解消させる事」で、

「素直に本来居るべき地の状態を良くする健常な仕事が出来る状態に誘う道」こそが、

「絶大なる現状脱出欲動の暴発を防ぎ、人類滅亡を避ける道」に他ならない』。

|

昨日、BSフジのプライムニュースでは、民主主義独裁者論や精神文化論を精神論という誤魔化し封印等が配信されていたらしいが・・・。

『「現状のテレビご用達文系大学教授等が、如何に、酷いか」が「良く判る事例」だろう』。

『「民主主義の基となるのは民」であり、

「民が持っている精神文化」が、

「民主主義成立レベルに達しているか?否か?こそが重要な要素」だ』。

『「共同体やグループによる認め合いゴッコによる平和構築」とは、

「共同体やグループでリーダーシップを取れる者の支配下に

他の者たちを置く、

他者支配・他者による被支配による

似非平和構築に他ならない」。

「そんな似非平和状態に嫌気がさした多くの人々」が、

「人に依存させられてり、依存させたり、する古からの精神文化から離れ、

急速に進化し続けている物質文明側が生み出している、

物・事等に依存し易くなっている」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「今更、時代を逆行させる様な、共同体・グループ等の人依存論を言う辺り」には、

「日本社会の劣化に力を加えたい等の意図さえ感じられる」。

「つまり、反日運動の臭い」だ』。

『「現状の日本の正常な情報配信」なら、

「急速な進化を実現し続けている物質文明と同様以上に、

精神文化を進化させるべく、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を精神文化側でも実用する事」等を、

「訴えるのが当然」だ』。

『「人や物や事等に依存する割合が高い、代償欲求追及を主とした精神文化」から、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事による、本来欲求の充足を主とした精神文化」への

「正常進化」を

「誘うのが当然」だ』。

『「政治とは、集団的精神文化の問題」に他ならない』。

『「科学レベルの精神文化論は、政治を科学レベルに引き上げる為に必要な事」だ。

「それを、精神論と、まるで、気分や考え方等の問題レベルに歪小して黙殺しようとしていた悪態」は、

「本当に、酷い」』。

『「戦前の日本社会」とは、

「民主主義とは程遠い」、

「人々の人依存面では、天皇を利用」した「軍部独裁体制」だった。

「戦前の日本の天皇の役割と軍部を一体化」すれば、

「北朝鮮の様な状態」となる。

「ナチスドイツが、民主主義上に生まれた」とは、

「大学教授等とは思えないレベルの戯言」だ。

「言うまでも無く、ナチス・ドイツは、ラジオ・マスコミ等ファシズム上で誕生出来た独裁政権」だ』。

『「ラジオ・マスコミ等ファシズムを黙殺した辺り」にも、

「テレビご用達大学教授等の正体が露呈している」』。

『「現状の日本のテレビ・マスコミ等が弱体化している」とは、

「テレビ・マスコミ等を庇う為のインチキ論に他ならない」。

「言うまでも無く、現状でも、テレビ・ラジオ・マスコミ等は、圧倒的な、一方的、情報配信力を保持している」から、

「未だに、実質的大衆誘導さえも可能である事」は、

「原寸大批判・非難を大きく逸脱したテレビ・ラジオ・マスコミ情報等」で

「多くの日本国民が躍らせられた事」による

「舛添都知事問題でも明らか」だ』。

『「辞職後に、正義ぶって、原寸大の要素等を言う厚顔無恥ぶりも、本当に醜悪」だ。

「多くのテレビ出演者等」が、

「舛添ヘイトスピーチ等による、実質的大衆誘導を行わず、

最初から、原寸大等の要素を強調した、公平・平等調査報道等を行っていた」なら、

「何百万円かの合法・不適切問題で、

約50億円もかかる都知事選を行う自虐的選択」を

「多くの日本国民がさせられずに済んだ可能性大」だ』。

『「後で言う、つまり、言うなら、最初からでも言えた事」を、

「辞職までは、ワザと黙殺する事」で、

「約50億円もの、本来なら不要な負担を東京都にかけさせた」のが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実質的大衆誘導情報工作」で、

「その内実は、日本に負担を与える反日工作の一つとしての色合いが濃い」』。

『「現状のテレビ等」は、

「そんな乱行・乱暴狼藉的実態を露呈した上」に、

「未だに、ご用達大学教授等」による、

「テレビ・マスコミ等庇護の為の論」や「北朝鮮独裁者容認誘い論」等を、

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信している」』。

『「上辺の言葉ダケ」は、

「如何にも、賢い、優等生的」でも、

「その内実」が、

「特定の者・物・事に都合の良い論で、大衆を操る事等」では、

「本当に、酷い」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化・正常化」は、「急務」だ』。

|

参院選、明日公示だが・・・。

『「各政党や候補者の実体がほぼバレている現状」では、「多くの方々は、もう、投票先は決まっている」と思う。

「上辺では、綺麗ごとを訴えていても、その内実」は、

「日本国・日本国民に自虐を強い、

反日他国等を利する事等が、

過去の実績等からも、バレバレの

政党や候補者を排除する事による

消極的選択しか出来ない方々も多い」と思う』。

『「言うまでも無く、筆者もそんな中の一人」だ』。

『「消極的選択だから・・・」と「選挙に行かない事」は、

「日本国・日本国民に自虐を強い、反日他国等を利する事等が、明らかな政党や候補者側の多くの有権者」が、

「マインドコントロール下の宗教信者の如く

積極的に選挙に行くように操られている現実」からも、

「自虐的になってしまう」から、

「仕方無く・・・でも、選挙には行こうと思われている方々も多い」と思う』。

『「筆者もその中の一人」だ』。

『「酷い」のは、

「政治的中立性さえも、失っている、テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報の一方的大量配信」だ。

「そんな実質的、大衆誘導情報に操られている状態の人々の一票」も、

「普通の自分で考えて投票先を決めている有権者の一票」も、

「同じ一票としてカウントされる」のだから、

「大衆誘導という大罪」には、

「厳罰が与えられて当然」だ』。

『「選挙による政権勢力図の色合い変え等」より、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者たちの総入れ替え等を願っている方々」も、

「数多い」と思う』。

『「筆者」も、「本気で、そう願っている」』。

『「直近の事例でも、

何百万円かの合法・不適切問題で、

約50億円もの血税を使う都知事選を行わせてしまう、

日本社会にダメージを与える実質的反日工作を実現した

悪の実績を持つのが、

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「そんなモノを現状のまま維持させていれば、

日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた

民主党政権を成立せしめた等の過去の実績からも、

どんどん日本にダメージを与える実質的反日工作等を行い続ける事」は、

「想像に難く無い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ連中や、それに同調している政党や候補者等」は、

「沖縄問題」も、

「原発問題」も、

「皆、中・韓(北朝も含む)を有利にする為の政治工作の道具として使っている」のだろう』。

『「沖縄に米軍基地が在る必要が有る」のは、

「中国共産党の存在があるから」だが、

「沖縄の米軍基地を一番嫌っているのも、中国共産党」だ。

「中国共産党側を利す選択をさせられている沖縄県民」とは、

「自虐的選択をさせられている方々に他ならない」』。

『「原発問題は、世界中の問題」だ。

「中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、日本ダケ脱原発しても、

日本が核汚染から解放される訳も無い」。

「日本が採るべき、自虐的にならない道」は、

「原発を出来るだけ安全に使用する事で、原発安全の世界基準を上げる事」だ。

「原発使用は、温暖化抑止効果も得られる」』。

『「平和憲法をかざしても、国際法さえ無視する国家に対しては、無力」だ。

「戦争抑止の為に必要な軍備等とその実態と齟齬の無い法体系を持つ事」には、

「相応の合理性がある」。

「スパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制さえ満足に無い現状の日本」では、

「拉致問題の解決さえも困難なばかりか、

現行法・現行の摘発体制では摘発困難な電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作や政財界工作等々の手段を用いた

日本乗っ取り支配工作対策もロクに行えていない」。

「日本を乗っ取り支配したい国々やその人脈の人々にとっては、

平和憲法縛り状態の萎縮日本が好ましい」』。

『「自虐的な選択を排除した投票」を、

「多くの有権者がする事」を「切に願っている」』。

|

テレ朝朝番では、防犯カメラを監視カメラと言い換えさせたがっていたり、英国のEUからの離脱問題を元社会科の教師が解説していたり、していたが・・・。

『「監視カメラ」とは「例えば、中国共産党員等による、多くの場合常駐監視付きのカメラ」を「表する時に適切な言葉」だろう。

「日本に数多く在る」のは、

「記録を取り、何か起こってしまった時に、その場所の記録映像を見る事が出来る、

監視員無しのカメラ」だ。

「その様なカメラの存在自体が、かなりの防犯効果を持っている事」からも、

「防犯カメラと表現する」のが「適切と感じている人々が多い」。

「それを、ワザワザ、監視カメラと言い換えたがっているのは何故か?」』

『「防犯は、防韓(ハン)を連想させるから嫌」で、

「監視(カンシ)は3Kワードだから、三国人の為を連想させるから良い」等の、

「思想・信条や感情等を持つ者が、

実権を持ち、

言い換え音頭等を取っているから・・・では?」等とさえ、

「感じた視聴者の数も決して少なく無い」だろう』。

『「監視員無しのカメラ」は「防犯カメラ」で「何の問題も無い筈」だ。

「監視員付きでは無いカメラ」を

「監視カメラと表現してしまう」と、

「監視員付きカメラを適切に表現する言葉」を

「新たにつくらなければならなくなる」』。

『「中国共産党支配下の中国に山ほど在る監視員付きの監視カメラ」と、

「日本に数多く設置されて来ている防犯カメラ」を、

「同じ呼び方にしたい」のは、

「中国共産党のお友達」だったりして・・・』。

『「英国のEU離脱か?否か?」を「キッカケ」にして、

「浅いEU論」を

「元社会科の教師(日教組系、或いは、旧社会党系のお方だったりして・・・)」や、

「常連出演者たちが、優等生ぶって述べていた事」には、

「笑えた」』。

『「常連出演者等の意見」によれば、

「EUとは、戦争を防ぐ為に、一つの国化する実験」で、

「EU参加の元々の国々」は、

「江戸時代の日本の藩みたいなモノ」だそうだが、

「一国化する事が、戦争を防ぐ事に繋がらなかった事」は、

「誰もが良く知っている事」だ』。

『「実権者やそれに従う人々の精神構造」が、

「武力や経済等による支配権の比べっこである限り、

一国化して内なる戦争を押さえ込んでも、

外との間で支配権の比べっこが行われる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「更に、一国化する事とは、多大な権力がある特定の場所に集中する事に他ならない」。

「集合一国化」とは、

「利権の集中~増大をもたらす事」であり、

「戦争防止や平和に直結しない事である事」は、

「少し考えれば、誰もが分かる事」だ』。

『「実際に、集合一国化EUメリットを大きく受けた」のは、

「大金持ちや企業経営者等」だ。

「そして、大金持ちや企業経営者等」とは、

「人口比率で言えば、圧倒的、マイナリティーに他ならない」』。

『「健常な民主主義社会」なら、

「そんな特定極一部の者たちの利権増大の為」の

「ご都合実験など実現し得ない」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム社会」なら、

「実現出来てしまう」』。

『「散々、ナチス・ヒトラーを非難している連中が行っている事もまた、ナチス・ヒトラーと同様」なのが、

「お寒い現実」だ』。

『「元々が、大金持ちや企業経営者等の為のEU」だから、

「その仕組みも酷い」』。

『「例えば、EU内での人の移動は移民まで含めて、自由」とは、

「大金持ちや経営者の為の仕組みに他ならない」』。

『「人の移動は自由にしても、移民は基本的に禁止にする」と、

「企業経営者等が、

安い労働力が欲しくなったなら、

安い労働力が得られる地域に工場等をつくる必要性も生じる事になる」。

「本来なら、

移民を禁止する代わりに、

EUとしての公共事業で整備が遅れている地域のインフラ等を整備し、

企業経営者が安い労働力を求める」なら、

「安い労働力がある地域で、

事業を始める事を

もっと、もっと、積極的に誘うべき」だった』。

『「その様にする」と、

「安い労働力を保持している側も、

よい企業を招き込む為に、

語学・文化教育水準等の向上に励み易くなる」』。

『「最終的には、地域格差が縮小する」から、

「その様な道筋の上」だったなら、

「社会保障目当ての移民等の問題も、将来的には、無くなって行く事になる」』。

『「ところが、

短絡的に、安い労働力が欲しい企業経営者等や、

短絡的利益の増大で、配当金等を増させたい、大金持ちの資本家等」は、

「全体として、ゆっくり、向上する事」より、

「短絡的利益の増大を取った」から、

「移民容認で、安い労働力を得る道を選択した」。

「大金持ちや企業経営者等の為の社会実験の実態・実体が其処に在る」』。

『「国境線を低くする事」とは、

「その国の国民である事による利権が下がる事」だ。

「相対的に、国民利権では無い者・物・事の権力が強くなる」』。

『「例えば、お金やお金持ちやお金配給権等の実権」は、

「国民利権が低くなればなる程、高くなる」』。

『「国民利権は、その国の民である限り、万人が持つ」が、

「お金は、特定・極一部の人々の所に偏在している」』。

『「何事でも、順番がある」。

「一つの国化する実験の前」には、

「他の者・物・事による支配や他の者・物・事による被支配」という

「代償欲求の過剰追及状態」から、

「多くの人々が卒業している必要がある」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的等」を

「ちゃんと理解・把握・実感」し、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足に生きる事」を

「主軸に出来る状態」に、

「多くの人々が、辿り着けている必要がある」』。

『「最初にあるべき」は、

「その様な状態を実現する為の情報・教育」に他ならない』。

『「多くの人類の精神文化がちゃんと正常進化した後」なら、

「金銭格差や利権格差等は、必然的に、原寸大レベルに縮小されている事になる」』。

『「国境線等も同じ」だ。

「上辺から下げようとすれば、無理が生じるのが、必然」だが、

「内実が求めている状態が、低い国境線」なら、

「無理の無い処理で、集合一国化等も、実現可能となる』。

『「集合一国部分に過剰な権力を持たせる必要も無くなる」から、

「地方分権・・・多種多様文化共存共栄状態の実現」も、

「可能になる」』。

『「現実」は、

「生きている人類誰も」が、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している」、

「広義の自分である地球生命体細胞群」の「中」の

「約60兆の細胞の一個体」だ』。

『「細胞ごとの命の連続性」は、

「生体レベルでは、全人類誰もが、始めから地球一国の一国民である事を示している」』。

『「広義の自分の本来の目的」は、

「広義の自分の存続に他ならない」』。

『「存続の為に必要な事」とは、

「物理崩壊に駆逐されない様に、生体構築度を上げ続ける事」だ。

「それは、地球生命体細胞群の歴史実態・実体を知れば、誰もが解る事」だ』。

『「生体構築度を上げ続けると、

地球上は生物で一杯になり、

地球外を使う必然性も生じる事になる」から、

「地球外の実用を可能とする人類が生まれ、

地球外の実用も始められようとしている」のが、

「現状」だ』。

『「地球無き後も、地球生命体細胞群という広義の自分が存続して行く為」にも、

「この流れは、必然的に、止まらない」』。

『「物質文明側の急速な進化」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」で「可能になっている」。

「人類が、急速に進化し続けている物質文明を、自虐的にならない様に、安全に利用し続ける為」には、

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

全人類の精神文化の急速な進化を成し遂げる必要がある」』。

『「そして、常に、精神文化の進化が、物質文明の進化より前に在る状態を維持する事でのみ、

広義の自分の永い存続が可能になる」』。

『「現状の様に、精神文化側が遅れ過ぎている状態を放置する」なら、

「進化した物質文明が未熟な精神文化の下で使われる事や、

多くの人々の未熟な精神文化ゆえの贅沢自慰生活や他者支配や金権過剰防衛状態等過剰追及等」により、

「人類滅亡が必然になる」』。

『「上記の様な大局的意味」からも、

「情報・教育の正常化・健常化」は「急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、健常化・正常化は急務」だ』。

|

「ずっと暴走状態の、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の論や人等」で操られない様にしましょうネ!・・・。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の論や人等を鵜呑みにする前」に、

「全日本国民」は、「旧日本軍人脈に再び力を持たせない為に、戦後日本の情報・教育等の実権を所謂左翼や朝鮮系の者たちに持たせた、占領軍による戦後処理の実態を知るべき」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「日本を細らせ、中共・韓(北朝も含む)等を太らせる政権や人や論等を推奨(押し売り)している」のには、

「相応の人脈的バックグランドが在る」のです』。

|

テレ朝夜番では、池上が共産主義賛美&過激派の宣伝をしていたらしいが・・・。

『「過激では無い優等生・ジェントル左翼等がウヨウヨいる様相のテレ朝等」では「共産主義思想等や、共産主義思想等で他の人々を支配・コントロールしようとした者たちや、それが上手く行かず、過激主義にまで落ちた者たち」も、

「賛美や宣伝に値する」と「未だに、思っている」のだろう』。

『「実際」は、

「過激主義者たちはもちろん、

過激では無い共産主義思想等で他の人々を支配・コントロールしようとした者たちも、

共産主義思想自体」も、

「今時、とても、賛美や宣伝等の価値があるモノでは無い」』。

『「先ず、共産主義思想等の劣悪性が良く判る一例」は、

「必要な仕事を、当時の者たちの頭の中ダケで身勝手に規制していた事」だ。

「そして、そんな状態で、下々人民の立場・報酬等ダケ平等にする事を考えた事」だ』。

『「そんな事を実現してしまうと、どうなるのか?」

「その実態は、旧社会・共産圏が実証している」』。

『「人類にとって必要な仕事の基本的見出し方さえ満足に理解出来ていなかった時代」の

「共産主義思想等」とは、

「考え・思いによる納得レベルの新興宗教に他ならない」。

「しかも、共産党員が指導者として、絶大なる権力を保持する独裁体制」となれば、

「もはや、その実態は、カルト宗教みたいなモノ」だ』。

『「実際」に、

「独裁者たちの意に沿わない・都合の悪い者・物・事」は、

「ことごとく、粛清される事となった」。

「旧社会共産圏での粛清犠牲者数は、何千万人もの数になると言われている」』。

『「そんな実態に至る共産主義思想等の実体」を、

「大学等で共産主義等を学んで、見抜けなかった者たち」とは、

「はっきり言えば、おバカ」だ』。

『「おバカや悪は、頼る者・物・事を求めがちになる(他の記事をご参照ください)」から、

「おバカたちは、

一生懸命、学び、覚えた共産主義思想に頼って、

自分たちを他の人々の上に立たせようと、

自虐的な努力をしてしまった訳」だ』。

『「元の動機の実体」が、

「他の人の上に立つ事で、おバカである自分の実体から現実逃避する事等となってしまっている」から、

「支配権争いの内輪喧嘩も当然」になる。

「口喧嘩ダケでケリが付けられない場合は、

過激主義へと更に自虐的に現実逃避したがる」のは、

「古今東西、何処でも、同様」だ』。

『「過激派の同朋粛清劇は、本当に、悲惨な実態を露呈した」』。

『「日本国内では、居場所が無くなった連中」は、

「別天地を求めて、北朝鮮等にまで救いを求めて旅タッタ」が、

「正当な海外移住の手段をとらず/とれず、

日航機をハイジャックして・・・」とは、

「更なる恥の上塗り&大迷惑」だった』。

『「更に酷い連中は、海外で自爆テロまで行い、仲間の釈放や身代金等まで強奪・・・」とは、

「もはや、何処の誰が見ても、

其処に、他の人々の上に立つ、

優秀なエリートなど居ない事は明らか」で、

「大迷惑な劣悪者状態の者たちを無くす事」が、

「人類の一大命題となっている」』。

『「ここで、問題とすべき」は、

「大学に入っても、共産主義思想の足りなさや酷さを見抜けなかったおバカたちの生みの親」だ。

「言うまでも無く、戦後日本の学校教育こそが、おバカたちの生みの親」に他ならない』。

『「そのおバカの元の犠牲者たちでもある、

過激主義に走らなかったジェントルなおバカたち」が、

「こぞって入社したがった」のが、

「朝日新聞等の大マスコミやテレビ局等」だ』。

『「その結果、未だに、共産主義思想の足りないところや酷いところを満足に解説する事もせず/出来ず」に、

「格差是正だの平等だの・・・と、賛美情報を配信した」のだから、

「本当に呆れた」。

「過激派の本質もロクに説明せず/出来ず、宣伝状態」とは、

「本当に呆れた」』。

『「もちろん、ジェントルなおバカたちの目的もまた、

他の人の上に自分たちを立たせ続ける為に、

視聴者等を支配・コントロールする事」だろう。

「裸の王様たちの自虐劇」が「其処に在る」』。

『「言うまでも無く、人類にとって必要な仕事」とは、

「人類の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って検証する事」で、

「初めて見出せる事」だ。

「その当時や今、在る仕事等を観て、それをベースに進化や付け足し等を考えたところで、

足りない仕事や仕事では無いモノを仕事としてしまう齟齬等がゴマンと出る」のは、

「当然の現象」に他ならない』。

『「この程度の当たり前の事さえ???」の「おバカたち」が、

「自分の実体も???の場合がほとんどになる」のは、

「当然の現象」だろう』。

『「自分の実体さえ???の様相のおバカたちは、

そんな状態の自分から現実逃避」したり、

「他の者・物・事との比較や、

他の者・物・事からのお墨付き等というヤク等で、

トリップし続けたい等」の、

「代償欲求に追い立てられている様相」だ』。

『「そんな状態の者たちが、主導して、テレビ番組をつくり、流せば・・・」、

「今時なのに、酷過ぎる内容の情報配信」が「ゾロゾロ・・・」と言う訳だ』。

『「裸の王様たち」は、

「いい加減に、自虐や恥の上塗りを止めるべき/止めさせられるべき」だ。

「そんな事をしている暇が有る」なら、

「一刻も早く、自分の実体や自分の実体の本来の目的を、心の底から理解・把握し、

今の全人類が激烈に必要としている、

人類の精神文化の正常進化に有益な情報配信等を行うべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

おバカや悪は勝負に拘り白黒を付けたがるが、健常な人は者・物・事の実体を探求したがる・・・。

『「おバカや悪たちが、勝負に拘り、白黒を付けたがる」のには「相応の理由が有る」。

「おバカや悪状態の人」の「実体」とは、

「自分の実体さえ???であるが故」の

「内在的かつ多大なストレスを持つ」、

「本当の自信が持てていない状態の人」だ』。

『「その結果」として、

「自分の実体に叛く、

おバカや悪の行動等」も

「起せてしまっている」』。

『「おバカや悪状態の人たち」は、

「往々にして」、

「意識上の自己正当化を強く欲する状態に陥り易い」』。

『「意識上の自己正当化」の「手段の一つ」が、

「勝負」であり、

「白黒を付ける事」だ』。

『「勝負して、勝ったり、

或いは、勝負に勝つ側と自分を同一視したりする事」により、

「自分を白側に置く事」で、

「意識上の自己正当化感を得ようとしている」が、

「もちろん、それは、代償欲求の追及行為でしか無い」』。

『「勝負に勝った、

或いは、勝った側に自分を置いた、

ホンの一時ダケ、

自己承認欲求が

代償欲求の追及により充足されたかの如く

勘違い出来る幻想感を得られるダケ」だ』。

『「その実態」は、

「物理的・社会的・人為的向精神薬によるトリップ状態」とでも、

「表現した方が適切な状態」に他ならない』。

『「もちろん、勝負等の手段」では、

「本来の自己正当化・・・つまり、自己承認欲求」が

「充足される訳も無い」ので、

「その手の代償欲求の追及」は、

「限りなく行われてしまい易い」』。

『「かつての人間世界では旺盛だった、

武力による支配権の比べっこ」も、

「集団的代償欲求の追及に他ならない」。

「現状では、それが、経済による比べっこに化けているダケ」だ』。

『「武器」とは、

「人が他人を殺す為の道具」として「つくられている」。

「現状の経済システム」とは、

「人が他の人を経済により支配する為の道具」として「つくられている」』。

『「どちらも、比べっこ勝負の為の道具としては、

非常に使い勝手が良い道具」だ。

「おバカ状態や悪状態の人々」には、

「良い道具やシステム等にさえ、

思えている」だろう』。

『「もちろん、武器も、現状の経済システム」も、

「人類にとって自虐的な道具に過ぎ無いのだが!」』

『「自虐的な道具に依存している状態」では、

「多くの人類が、自虐を強いられる」。

「そんな状態で、時を重ねる」なら、

「人類が滅亡しない方が不思議」だ』。

『「自虐的な道具を自虐的では無い道具に改良する事」こそが、

「今時の人類が、行うべき仕事」に他ならない』。

『「人殺しの道具では無い武器」や、

「他者を経済で支配する為の道具では無い経済システム」が

「激烈に、求められている」』。

『「基本が分かれば、対策も容易」だ。

「武器には、他の人を殺す前に、自分を守る目的が有る」。

「自分を守る他の人を殺さない武器」のみ

「その存在が許容される状態の人間社会にすれば良い」。

「経済には、人間社会を円滑に運営する道具としての機能も有る」。

「経済により、他の人を支配する事は出来ない」が、

「人間社会を円滑に運営する事には有益な経済システムにすれば良い」』。

『「例えば、

人類誰もが、産まれながらに、

一生の衣・食・住を保証するベーシック・インカムシステムを持つ経済システム」とすれば、

「経済による他者支配は、かなり困難になる」。

「逆に、現状の様に、金余りなのに、格差絶大で、貧困だらけ・・・、しかも、大金を持つ者たちは、極少数」という「状態」なら、

「経済による他者支配が、非常に容易になる」』。

『「大金を得る手段が問われていない現状」では、

「明らかに酷い実態が露呈させられ、その責任が追及されない限り、

大金さえ持ってしまえば、勝ち!みたいな状態」に

「なってしまっている」』。

『「それは、

爆買い等で訪日している中国人のお金の基は?等」を

「考えたりすれば、

誰もが実感を持って分かる事」だ』。

『「真面目な製品の製造や商売等」では、

「余程の事が無い限り、

儲けは少ないのが普通」だが、

「上辺や宣伝等で人を騙した安物高売り商売等」なら、

「大儲けも簡単」だ。

「しかも、安全等は、二の次、もしくは、無視等なら、尚更」だ。

「更に、

独裁体制下の

商売利権を縛ったり、与えたりする事による、賄賂等なら、

取り締まる側が受け取っている状態になる」から、

「その発覚さえ稀になる」』。

『「元々、強い他者支配欲動」とは、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事を怠っている、

おバカや悪状態の人々が持っている不健常な欲動」だ』。

『「情報・教育の正常化・健常化」により、

「人類の精神文化を科学レベル以上に正常進化させる」なら、

「おバカや悪状態の人々は、激減する」から、

「不健常な欲動に都合の良い武器や経済システム等」は、

「是正されるのが当然になる」』。

『「逆から言うと、おバカや悪状態の人々」が、

「上辺の利権等の為に、

おバカや悪状態を維持し続けたい」なら、

「人類の精神文化を進化させない」で、

「人殺しの武器や、人支配の為の経済システム等を維持する事が、合理的になる」』。

『「人類誰もの実体」は、

「既にバレバレ」だ。

「精神文化の正常進化に力を加えている健常者たち」と、

「精神文化の正常進化を阻害しているおバカや悪状態の者たち」に

「大別」されている』。

『「勝負好きのおバカや悪たち」でも、

「いい加減に気付くべき」だろう。

「人類が存続する」なら、

「勝ち組」は、

「精神文化の正常進化に力を加えている側」だ。

「負け組」とは、

「同様の新たな過ちを犯さない為にも、

近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」だ』。

『「一時のヤク幻想や大枚等に拘って、

負け組を選択する事」は、

「本当に自虐的な事」に他ならない』。

『「言論」とは「本来、者・物・事の実体や真実等を探求する為の道具」だ。

「だから、基本的に、言論は自由で無ければならない」。

「ところが、おバカや悪状態の者たち」は、

「言論」も、

「勝負にしたがり、

他者支配の道具にしたがる」』。

『「上辺の優等生仮面・ジェントル仮面の裏」で、

「視聴者・読者等を支配・コントロールする事を目的としている醜悪な言論」が、

「特定極一部の者たちばかり・・・が主となって、

公共の電波上や、

公共的マスコミ上で、

一方的に大量配信され続けて来ている」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷過ぎる実態」だ』。

『「上辺がどんなに優等生でも、ジェントルでも、

その内実が、下劣な情報による他者支配・コントロール」なら、

「そんな情報の配信者たちの実体」は、

「おバカや悪状態の者たち」に他ならない』。

『「内実が優秀な者」なら、

「他者支配・コントロール等の自虐的な事は行わず、

人類誰もの解放~自立に繋がる、

精神文化の正常進化を促す情報配信を行なう」のが、

「当たり前」だ』。

『「情報界等の正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

都知事選で蓮舫担ぎ出して参院選共々大敗見込みの民進党・・・。

『「民進党」とは「その実権者が、北朝鮮系・韓国系・中国共産党系人脈との繋がりが濃い政党でもある」。

「共産党」とは「その実権者が旧ソ連系人脈との繋がりが濃い政党でもある」。

「自民党」とは「その実権者が米国系人脈との繋がりが濃い政党でもある」。

「公明党」とは「その実権者が新興宗教団体である創価学会との繋がりが濃い政党でもある」』。

『「もちろん、上記は、象徴的な事であり、実際の政党内」には、

「例えば、自民党内にも、民進党内と同様の者が居る」し、

「その逆もある」。

「しかし、政党単位で政権が決まる」と、

「上記の象徴側が実権を持つ場合が多い」』。

『「自民党政権が親米色が濃い」のも、

「民主党政権時には、日本が細らせられた反面で、中国や韓国(北朝鮮も含む)等が太った」のも、

「象徴実権現象とでもいうべき事」だ』。

『「戦前の日本の国政政党の勢力図を決定付ける大きな役割を果たした」のは、

「朝日新聞を始めとする当時のマスコミとラジオ」だった。

「そして、ベースとして、明治政府の意向を受け続けていた学校教育も有った」』。

『「戦後の日本の国政政党勢力図」は、

「占領政策により、大いに歪められてスタートした」。

「そして、その後」は、

「戦前と同様」に、

「マスコミ・ラジオ・テレビ等が勢力図を決定付ける大きな役割を果たし続けて来ている」。

「旧社会党系や共産党系の教員組合を持つ場合がほとんどの学校教育」も

「其処に加わっている」』。

『「美濃部さんになって、東京は本当に良くなった。君たちも、絶対わすれてはいけないよ!」とは、

「筆者が学校教育を受けていた時の教師の言葉」だが、

「後に、実態を知れば、美濃部都政で、東京都の財政状態は真っ赤っかになっていた」。

「東京都を見事に細らせた」のが「美濃部氏」だった。

「まるで、民主党政権が日本を細らせ、中・韓(北朝も含む)を太らせた様に」・・・』。

『「戦前も戦後も、国政政党勢力図を実質的につくり出している」のは、

「マスコミ・ラジオ・テレビ(戦後のみ)等」と「学校教育」という「実態が在る」』。

『「マスコミ・ラジオ・テレビ等と、学校教育に係わっている者たちの数」は、

「意外と少ない」。

「特にテレビやラジオや大マスコミ」は、

「圧倒的な情報配信力を持つ」が、

「配信情報決定に係われている者たちの人数」は、

「異常な程少ない」。

「そればかりでは無く、政治的に偏向している特定極一部の者たちばかり・・・」が、

「配信情報を決定している場合が多い」』。

『「政治的偏向者たちの意向で、国政勢力図等が描かれてしまう事」は、

「本当に恐ろしい事」だ。

「それは、都知事等、絶大な実権を持つ自治体首長等でも全く同じ」だ』。

『「各政党」の

「上辺の宣伝では無く、

上記の様な政党の実体等」を「考える」なら、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教師等に操られて、

悪戯な者や政党に多大な力を持たせてしまう事」の

「危険性」は、

「誰にでも、良く分かる筈」だ』。

『「政党の実体」から「判断する」なら、

「現状の民主・自由主義圏の日本社会」で、

「自民党一強状態となってしまっている」のが、

「当然の現象である事等」が

「誰にでも、分かる筈」だ。

「日本や米国の様な民主・自由主義圏系の者たちが実権を持つ」、

「反自民の十分な受け皿」は、

「残念ながら、未だ、無い」。

「反自民だから」と言って、

「北朝鮮系や韓国系や中国共産党系や旧ソ連系と近しい実権者を持つ政党」に

「票を入れたい日本国民」は、

「圧倒的少数派」だ』。

『「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、事情が全く違う」。

「上記の実体」からも「明らか」な様に、

「実際は、少数派の北朝鮮系・韓国系・中国共産党系や旧ソ連系と近しい実権者を持つ政党の支持者」が、

「テレビ・ラジオ・大マスコミや、学校教育等を行っている」。

「実体を隠蔽・黙殺したまま、

上辺の優等生・ジェントルイメージ等だけが、

大宣伝されている事」には、

「相応の人脈的バックグランドが在る」』。

『「舛添都知事追い落とし情報工作~大衆誘導等成功!」で、

「次」は、

「自民ダメ~!情報工作~大衆誘導の二の舞」による、

「北朝鮮系・韓国系・中国共産党系や旧ソ連系等と近しい実権者を持つ政党の意等の代弁者として機能する」であろう、

「民進党・共産党等野党連合の躍進」と、

「蓮舫都知事の誕生」を、

「そのスジのテレビ・ラジオ・マスコミ・教師等は願っているかも知れない」』。

『「大衆が上辺の情報で操れている限り、勝算がある事になるのだろう」が、

「舛添都知事問題の実体等に多くの有権者の思いが至れば至る程、

それぞれの政党や候補者等の実体もバレバレになる」』。

『「数百万円の合法・不適切問題」で、

「約50億円もの血税を使わせる都知事選を行わせる、

実質的、反日工作を行った、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実体」を、

「知る人が増えれば、増える程」、

「民進党・共産党等野党連合」と、

「蓮舫等のそのスジの都知事候補」の

「大敗」が、

「現実のものとなる」』。

『「多くの普通の日本国民」にとって、

「どの様な状態が良いのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「反日他国人脈を利する自虐的選択を行いたい人」は、

「圧倒的少数派」が「当然」だ』。

|

テレ朝朝番では、「基本的には、数百万円のグレイ問題で約50億円の都知事選を行わせる事に成功したメディアの功績???」を自画自賛していたが・・・。

『「多数の都職員等まで同行させたが故の高額海外出張費まで含める」と「数百万円+2億円程度になるらしい」が、「約50億円もかかる都知事選と比べれば、遥かに安い」。

「しかも、ほとんどの問題は、合法・不適切・・・つまり、グレイ問題」だ。

「黒問題では無い事」は「絶対に、忘れるべきでは無い」』。

『「唯一、黒の可能性がある」のは、

「ホテルでの会議問題」だが、

「それは、都知事就任前の問題」だ。

「メディアが追及する」なら、

「都知事選前こそが、適切な時期になる」』。

『「辞職が決定したからか、舛添氏の実績も情報配信」していた』。

『「セコく、ケチであるが故に実現出来た可能性が高い、

五輪関連の都の負担分減額の合計額」が、

「2100億円程度もある」。

「その浮く分・浮いた分等を充てる」と考えて、

「多数の都職員等を海外出張に同行させる事」で、

「都職員の資質向上効果等を狙った可能性も決して小さく無い」だろう』。

『「都の防災マニュアル」が

「舛添氏がスイスに行った時に見た、スイスの防災本を参考にして、つくられた事を考える」なら、

「都職員の海外視察から、将来的に何らかの良い成果が出ても、何の不思議も無い事」だ』。

『「ところが、上記の様な、複数次元の思考や判断」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報等により、単次元化された思考・判断ダケに陥り易い人々」には、

「よく分からない場合が多い」』。

『「短絡的な思考・判断を基」に

「政治を短絡化させる事」は、

「国や自治体の脆弱化に直結している」』。

『「日本の乗っ取り支配等を画策している悪人脈の者たちにとって」は

「ガラス張りの清貧、単次元政治」等が、

「好都合になる」が、

「多くの日本国民にとって」は、

「その様な状態こそが、避けるべき危険状態」に他ならない』。

『「大衆愚民化」で

「短絡訴え主導の、丸見え・清貧・単次元政治を実現」させれば、

「その弱みに付け入る事は、本当に簡単な事になってしまう」』。

『「タダでさえ、スパイ・工作活動天国状態の戦後の日本社会」なのに、

「更に、大衆愚民化~短絡訴えによる、丸見え・清貧・単次元政治状態」となれば、

「反日他国人脈が、日本を乗っ取り支配する事」が

「非常に容易になってしまう」』。

『「多くの日本国民」は、

「絶対」に、

「途轍もなく、危険な状態」を「自虐的に実現させられてはいけない」』。

『「少なくとも、

数百万円程度のグレイ問題で、

約50億円もかかる選挙を行う事」の

「愚かさや自虐性くらい、理解・把握・認識出来る状態であるべき」だ。

「その様な愚かで自虐的な事態」を、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等という、

特定極一部の偏った人脈の者たちが、主として実権を握り占めている、

少数集団機関の主導によって」は、

「絶対に、実現させない程度」の、

「主体性を持つべき」だ』。

『「今回の舛添騒動から、多くの人々が学ぶべき」は、

「其処」だろう』。

『「舛添ヘイトで、都知事を辞職に追いやった、テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「悪の功績」は、

「非常に大きい事になる」』。

『「それなのに、自画自賛状態だった」のは、

「何故か?」』

『「普通に考えれば、

その様な状態で有利になる側の悪か、

上記の様な実態・実体さえ分からないおバカか」

等になる。

「何れにしても、日本のテレビ上で、常連出演等する事」が、

「適切では無い者」になる』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

ニューズ・ウィークでは、米国銃乱射殺傷事件を「男性優越主義思想等と結びつけて解釈しようとしていた論」が掲載されている様だが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、男性優越主義思想等」とは、「ご当人等が未熟故に抱いてしまうコンプレックス等の裏返し」だ。

「だから、問題の本質は、その未熟故のコンプレックス等に在る等と言うのなら、未だ、話しは分かる」。

「ところが、今時なのに、男性優越主義思想等を男性{優位}主義として扱っていた」のだから、

「目が点レベル」の「呆れを覚えた」。

「そんな状態」では、

「実効の高い問題の解決法等を考え出す事も困難」で「当然」だ。

「出来る事」は、

「男性優越主義思想等を責め、正義ぶる事等」により、

「実体としては、

未熟で、

おバカ状態であるが故に、

本質的自信さえも持てていない状態の自分」を、

「世間に認めてもらう/みとめさせる事」等により、

「誤魔化そうとする代償欲求の追及行為」を、

「恥じらいも無く、露呈してしまう事くらい・・・」になり易い』。

『「裸の王様状態の記事」を

「堂々と、掲載してしまったニューズ・ウィーク」もまた、

「裸の王様状態である事」を、

「露呈してしまった事になる」』。

『「そもそも、所謂、男性優越を欲しがる者たちの中に在る」のは、

「自分で自分が良く分からず、

良く分からないが故に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事も困難な状態から」の、

「現状脱出欲動」だ。

「そして、その現状脱出欲動に本来欲動を解消する手段で応じる事が出来ないが故」に、

「代償欲求の追及に奔走している状態」だ』。

『「代償欲求の追及」では、

「本来欲求は充足され得ない」から、

「時と共に、欲求不充足のエネルギーはどんどん肥大して行く」。

「その結果」が、

「例えば、

男性性欲動のみとの整合性や相似性が高い、

強姦等の身勝手な性欲動解消行動(犯罪)や

銃による乱射だったりしている」のが、

「実態・実体」だ』。

『「だから、本来、男性優越主義思想等が元凶と考えられる事件等を本当に解消したい」のなら、

「その対策として取るべき手段」は、

「人類誰も」に、

「自分の実体や、自分の実体の本来の目的等が、十分に理解・把握出来る情報・教育等を提供」し、

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける事を可能にする、

能力や環境等が得られる状態も整備~提供する事」になる』。

『「精神文化の正常進化」と、

「それに伴う、物質文明面での環境調整」こそが、

「肝要」になる』。

『「本来の解決法」の

「基本ロジックの概要」は、

「上記の通り」だが、

「男性優越主義思想等」を、

「優越主義思想等」と、

「まるで、排除すべき、差別、もしくは、異常状態、

もしくは、治療すべき病気等の如く扱っている状態」では、

「人類誰もの実態・実体や本質からの源流対策を見出す事も困難になってしまって当然」だ』。

『「現状優等生バカ状態の方々」は、

「一刻も早く、そんな状態から、自分を解放するべき」だ』。

|

テレ朝昼番では、「テレビがつくり出す、政治家・政策の問題」を常連出演者の一人が言い始めたが・・・。

『「それなら、都知事が交代するのと同様に、テレビ界の実権者や常連出演者等」も、「交代させられるのが、当然だ!」等と「感じた方々も多い筈」だ』。

『「テレビにも責任アリ論」を「言う事」で、

「延命を図っているテレビ番組や常連出演者等」では、

「本当に醜悪」だ』。

『「人として、享受が有る」なら、

「今までのテレビ界の実権者たちや常連出演者たち」は、

「自ら職や常連出演等の立場を辞するべき」だ』。

『「(テレビ・マスコミ等に操られてしまった・・・ここまでは、黙殺)都民有権者が悪い」とは、

「常連出演者の弁」だった』。

『「都民有権者が悪いダケ」だと、

「当選した舛添氏に投票した者は悪い」が、

「それ以外の候補に投票した者は、良い」旨にも

「受け取れてしまう」』。

『「知らず知らずの内」に

「敗者善人論」等が

「視聴者に摺り込まれている事になる」』。

『「舛添氏が、与党推薦候補だった事」からも、

「実質的、野党側善人論の摺り込みが行われた様なモノ」だ』。

『「その実態・実体」は、

「参院選」や「都知事選」を、

「睨んだ、実質的、野党側の応援」が、

「公共の電波上で行われた事」だ』。

『「因みに、

戦後日本のテレビ界の実権者や常連出演権を与えられている者たちの多く」は、

「旧社会党~旧民主党~民進党系である場合が多い」』。

『「旧民主党~民進党ご用達的解説者やコメンテーター等々が蔓延れている事」には、

「相応のバックグランドが在る」』。

『「公共の電波使用」なのだから、

「政治的偏向・偏重等はダメで当然」だが、

「現状」では、

「人脈規制は無く、

上辺の言葉等による配信情報規制ダケ状態」だ。

「つまり、上辺の言葉では、公平・平等・優等生・紳士等ぶっている限り、

内実で、利民進党等の情報が主流になっていても、

合法で処罰等無し」だ』。

『「舛添氏のセコイ合法・不適切問題より、

遥かに重大で悪質な合法・不適切問題」が、

「其処に在る」。

「こんな状態が放置されたままで良い訳は無い」』。

『「旧社会党~旧民主党~民進党」と、

「韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系等の人脈との繋がりの濃さ」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「朝日新聞と中国共産党との近しさ」も「有名な話し」だ』。

『「その様な実権者・常連出演者等の人脈バックボーン」が「在る」から、

「戦後の日本のテレビ界等」による「情報内実」は、

「利韓(北朝も含む)系・利中共系」等や

「利旧社会党~旧民主党~民進党等が主流となっている」』。

『「しかし、日本国民全体の中」では、

「その様な人脈の者たちは、圧倒的少数派」だ。

「結果として、テレビ・マスコミ等の実権者たち」が、

「重用したい常連出演や常筆者等」は

「必然的に、特定極一部の者たち」になる』。

『「何処の局でも、同様の顔、同様の論調ばかり・・・」の「裏」には、

「上記の様なテレビ界等、実権者人脈の実態が在る」。

「一般日本社会の実態・実体から」は、

「かなり離れている、

特定極一部人脈故の、

思想信条や政治的思惑等」が

「在る」』。

『「本来」なら、

「戦後の日本国内」の、

「韓国や北朝鮮系の悪人脈による

領土侵略行為(竹島)や

工作(拉致・飲食物・侵入・電磁波等々)」の

「大問題」が、

「直ぐに表立たされない様な異常事態は起こり得ない」』。

『「ところが、戦後日本のラジオ・テレビ・マスコミ界や教育界等で多くの実権を持ち続けている者たち」とは、

「旧社会党系等の者たち」と、

「利韓(北朝も含む)・利中共等の者たち」だ』。

『「実質的、情報・教育等による黙殺~隠蔽工作」が、

「悪の実効を表した結果」、

「戦後の日本社会」では、

「それらの大問題」が、

「長い間、黙殺状態」となり、

「拉致問題や竹島問題が表に出た後」でも、

「未だに、黙殺状態のモノが大量に在る状態」だ』。

『「こんな異常状態」が、

「即刻、健常化・正常化されるべきである事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「公共の電波等使用企業等に関して」は、

「その実権者人脈割合等」も、

「政党支持実態等を反映させた、

日本社会の実態との乖離が少ない状態にする」べきだ』。

『「特定極一部の者たちばかり・・・の常連出演」は、

「直ちに禁止する」べきだ。

「一度に、~何万~何十万~何百万~もの人々の前」に、

「姿を現し続け、

論等を述べ続ける、

実態が在る、

常連出演」は

「基本的に禁止が適切」だ』。

『「ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導情報工作等を行わせ続けない為」にも、

「実行するべき対策は、実行するべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「都知事選択の誤り」の元凶は?そして、次期都知事の有力候補は?・・・。

『「昨今の都知事選等、地方首長選」は「知名度争い、人気投票的状態となってしまっている」。

「そして、その知名度・人気度に大きく係わっている」のは

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信」だ。

「断じて、政党の推薦等が知名度・人気の主たる原因では無い」』。

『「猪瀬氏の場合も、舛添氏の場合」も「元々は、テレビ上がり」だ。

「テレビ・マスコミ等」で、

「知名度を上げ、人気も得ていた」。

「そして、引き摺りおろした」のも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信」だ』。

『「選挙時には、実質的、推奨情報配信を行ない」、

「辞職に追い込む時には、徹底してヘイト情報配信を行なう」。

「その情報配信状態の裏に在るのは何か?」』

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の多く」は、

「旧社会党~旧民主党~民進党系の者たちが、強い実権を保持している」』。

『「テレビ・マスコミ等上がり都知事」とは、

「テレビ・マスコミ等によって、知名度・人気を上げてもらった≒テレビに借りがある状態」の

「都知事でもある」』。

『「テレビ・マスコミ等側の者たち」が、

「テレビ・マスコミ等側にとって、都合の良い政治を行って当然等」の

「感や思惑等を持っていても、何の不思議も無い」』。

『「テレビ・マスコミ等側にとって、都合の良い政治を行っている限り、

ヘイト情報配信等は行わないが、

テレビ・マスコミ等側の意向に沿わなくなったなら、

徹底して、ヘイト情報配信を行ない、

何としてでも、

都知事をテレビ・マスコミ等にとって都合の良い都知事に挿げ替えようとしても、

何の不思議も無い」』。

『「更に、テレビ・マスコミ等側の思惑」に、

「日本の政治の邪魔をしたり、

税金の無駄遣いをさせる等の、

反日工作まである」としたら、

「合法・不適切レベルの問題でのヘイト大騒ぎ」にも、

「それなりの合理性が生まれる事になる」』。

『「究極の目的」が、

「東京や日本の乗っ取り支配等」なら、

「先ずは、実権の強い東京都知事等の首長」を、

「その目的に沿って動かそうとし、

そう出来ない場合には、

出来る限り早く、

そう出来そうな者と入れ替えさせよう」としても、

「何の不思議も無い」』。

『「政治と金等の問題」と

「都政自体・国政自体」の

「どちらがより重要か?」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「しかし、日本の多くの人々」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」を、

「自分が良く知っている、

自分たちの為になる、

偏向・偏重等などあまり無い、

善良な情報配信機関だ」等と

「思い込まされている様相」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「政治と金等の問題」を

「絶対悪の如く風潮」すれば、

「その情報に従い」、

「都政自体や国政自体」を

「停滞・破壊等」させ、

「血税を使った選挙を繰り返す事等」に、

「積極的に力を加えてしまっている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導~自虐的ファシズム」の「実態」が、

「其処に在る」』。

『「自虐的ファシズムによる実損」は、

「都民や日本国民の側に在る」。

「日本の中の情報工作によるソフト・テロや反日工作等」なら

「大成功」と言う訳だ』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者たちの人脈の偏り」からも、

「この様な事態」は、

「深刻な危機等」として、

「多くの日本国民が、強く意識するべき事」だ。

「そして、早急に、是正させる/するべき事」だ』。

『「そして、今、現状のテレビ・マスコミ等が、次期都知事基準として、一推している」のは、

「お金にクリーンな事」だ。

「もちろん、本当にお金にクリーンか?否か?」は、

「例えば、反日他国からもらっていると推定される裏金等の存在まで全部暴露出来て初めて分かる事」だから、

「テレビ・マスコミ等の言う、お金にクリーンは、上辺ダケの話し」だ』。

『「具体的な名前」として

「テレビ・マスコミ等が推奨し始めている」のは、

「テレビ・芸能界に息子の人質が居る、

事務次官上がりの

(日頃の官僚・天下り等、批判・非難は何処へやら・・・気に入らなければ、息子や官僚問題で、何時でも脅せ・叩ける・・・)、

桜井氏」や、

「民進党の蓮舫

(テレビ上がり、2番じゃダメなんですか!・・・中国共産党支配下の中国の下じゃダメですかぁ・・・でも、

多くのテレビ・マスコミ等実権者と同じ人脈の側だから、

良いイメージが主に配信されている)」や

「民進党の長島

(右派として喧伝されているが、現状まで民進党所属である事に変わりは無い)」や、

「自民党の小池

(テレビ上がり女性の一人)」や、

「橋下氏

(テレビ上がり)」や、

「小泉ジュニア

(朝鮮系と言われている、日本のみ脱原発派、テレビ・マスコミ等では、小泉父同様、以前から、大応援状態)」や、

「石原ジュニア

(朝鮮系と言われている、テレビ・マスコミ等では、石原父同様、以前から、実質的、応援・推奨状態)」や、

「東国原氏

(テレビ上がり)」だ。

「上記以外、前回の都知事選候補」では、

「田母神氏は、

現状では法でアウト状態」だから、

「除外状態」で、

「細川氏

(朝日新聞上がり・・・有益分子化教育済みかも・・・)については、

現状では、黙殺状態

(キナ臭い・・・実質的には、大推奨かも・・・)」だ』。

『「上記の中」で「選ばせられる」なら、

「多くの日本国民や東京都民にとって、誰が、マシだろうか?」

「テレビ・マスコミ等による実質的推奨色が薄い候補こそが、正解」になる』。

『「都知事は、選び直される事になった」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者たちは、そのまま・・・」だ。

「戦後日本の政治・社会等の真の重大元凶の一つ」が、

「そのまま・・・」では、

「自虐ファシズムもそのまま・・・」と「なってしまい易い」』。

『「都知事選は避けられない」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」の「健常化・正常化」も「急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、舛添都知事の辞職問題で、視聴者の反自民党感情煽りに邁進している様相だが・・・。

『「都民が成長しなければならない」。「女性が良いのでは・・・」。・・・等々の旨「大宣伝している」と「共」に、「政治と金の問題」では「ほとんどの自民党議員が同様の問題をかかえている等」の旨まで「大宣伝していた」。

「野党・女性=クリーン」という訳では、

「断じて無い」が、

「上記の内容が示唆しているところ」は、

「成長した(=テレビの言う事をもっと良く聞く様になった)都民有権者」が、

「自民党以外が推奨する女性候補に投票」し、

「その女性候補が、新都知事になる事」が、

「望ましい事」等になる』。

『「都民が本当に成長する」なら、

「原寸大評価」や、

「現状・事実・現実・実体等のより深くからの理解・把握」等が

「出来る様になる筈」だが、

「そうなると、今回の舛添都知事が辞職に至るまで」の

「実態・実体等」も

「良く分かる様になる」』。

『「つまり、舛添都知事が辞職に至る過程」の、

「テレビ・マスコミ等」による

「差別取材」や、

「悪イメージによる大衆誘導」等の

「重大問題」も

「良く分かる事になる」』。

『「もちろん、韓(北朝も含む)流テレビ等」では、

「その様な本当の成長は望んでいない様相」だ』。

『「庶民並みの金銭感覚等を政治家にも強いる事」で

「誕生する」のは、

「庶民並み政治」になる』。

『「日本や東京が庶民並み政治」で、

「中国や北朝鮮」は、

「実質的、王権政治並みの独裁政治」となれば、

「その間の交渉等で、どちらがより有利になるのか?」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「未だ、旧社会共産圏の流れ上に在る独裁国家等が存在している人間世界の実態」からすれば、

「バランス上、

自由主義圏側の政治(首長等)」は、

「庶民並みでは無く、

せめて、社長並み、経営者並み、以上で無ければ、

かなり不利になる」』。

『「その辺りの実状」からすれば、

「独裁政権の手先的テレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨している

庶民並みの金銭感覚に基づいた政治と金の問題の徹底殲滅」は、

「日本の政治を相対的に弱体化させる特効薬みたいなモノ」だ』。

『「庶民並みの金銭感覚を強いられ、

政治行動等も領収書等から丸裸」では、

「その辺りが、王様的特権で守られている独裁国家他国等に、

容易に、弱みを握られてしまう事になる」』。

『「多くの、都民は、日本国民」は、

「真に、成長」して、

「その辺りの現実までちゃんと理解・把握出来る様になるべき」だ』。

『「筆者は、もちろん、舛添都知事派の者では無い」。

「むしろ、舛添氏の支持には、極めて消極的」だ。

「しかし、実態として、不当差別的攻撃状態だった」から、

「今回の舛添都知事問題」では、

「圧倒的に、反テレビ・ラジオ・マスコミ派」であり

「その内実は、舛添擁護になっていた」』。

『「舛添都知事辞職」で、

「都知事選が避けられない」から、

「税金も余分にかかる事が決定的になった」。

「不当差別攻撃でテレビ・ラジオ・マスコミ等が使わせる事に成功してしまった血税額」は、

「約50億円にもなる」らしい』。

『「不当差別攻撃でやり玉に挙げられた、セコイ政治と金の問題以外」に、

「舛添都政に、決定的な、或いは、重大な、約50億円もかけて、

都知事を変えなければならない内実が有っただろうか???」

「舛添都知事を辞職に追い込んで満足出来ている都民が成長する」なら、

「その辺り」にも「思いが至るのが当たり前になる筈」だ』。

『「問題は、次の都知事」だ。

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等が都知事にしたい者」は、

「絶対に避けるべき」だ』。

『「都知事選時に選択を誤らない都民有権者が多数出る」と

「共」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミの是正等も訴える都民や日本国民が、

多数出る様になれば、

成長も本物と言える」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、舛添辞職を受けて、大騒ぎ状態だったが・・・。

『「該当番組内では、常連出演者たちが、大衆誘導情報工作の悪の成果に酔いしれている様相」だった。「そして、早くも、次の都知事としては、女性が良い等」と「民進党の蓮舫」への「大衆誘導」を「始めた様相」でもあった』。

『「舛添都知事の子どもたちに対する殺害予告まで在った」という「重大問題」は、

「何処へやら」、

「殺害予告等を出される方が悪い」等の旨まで、

「述べていた」のは、

「共産党都議」だった様だが、

「それに同調していた」のが、

「テレ朝昼番の常連出演者等」だった』。

『「ここで、多くの人々が気付くべき」は、

「大問題でも無い問題で、都知事を辞職に追いやった者たち」とは、

「ナチス・ヒトラーの様な大衆誘導だけでは無く」、

「子どもへの殺害予告」という「脅しの手段」等まで「厭わない者たち」と

「強く推定出来る事」だ』。

『「現都知事辞職」で、

「新たな都知事を選ぶ選挙は避けられない」が、

「その時に、大衆誘導情報工作や、脅しの手段等まで、厭わない者たち」が、

「都知事にしたい者」は、

「絶対に、都知事にするべきでは無い」』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形たち」は、

「一刻も早く、操り人形の糸を切り、本来の自分を解放するべき」だ』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「暴走」は「即刻止められるべき」だ。

「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「舛添都知事降ろし」「猪瀬前都知事降ろし」には熱心なテレビ・マスコミ等が「石原元都知事降ろし」を行わなかった訳・・・。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では「政治家やゲイノウ人等の血統による差別」が「横行している」。

「政治家では、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」で、

「民進党推し」

もしくは、

「小泉推し状態」だが、

「民進党の母体である旧民主党」は、

「在日外国人もサポーター」にし、

「在日韓国人の団体である民団からの選挙応援まで得ていた政党」だった。

「中には、在日韓国人の地位向上等を目指す旨公言していた政治グループまで在った」。

「旧民主党の母体の一つは、旧社会党」だった。

「旧社会党」の

「朝鮮総連に報告に行った」と言われている

「拉致被害者による訴えに対する対応」は

「有名な話し」だ。

「民進党は、そのルーツや歴史等」からも、

「日本の政党と言うより、韓国(北朝鮮も含む)の出先機関的臭い」も

「充満している政党」でもある。

「そして、小泉氏も、朝鮮系」と言われている』。

『「東京都知事」でも、

「内実としては、

今回、

大騒ぎになっている

舛添都知事のセコイ合法・不適切問題等」より、

「遥かに大きな突込みどころが在る」と、

「強く、推定出来る石原元都知事の時」には、

「突っ込むポーズを見せても、直ぐに、引いた」』。

『「石原氏も、小泉氏同様、朝鮮系と言われている」。

「また、石原プロの存在からも明らかな様に、

戦後のテレビ・芸能界等との繋がりも濃い」』。

『「しかし、猪瀬前都知事や舛添都知事に対しては、徹底調査・・・」で、

「猪瀬前都知事の場合は、5千万円もの裏金的問題が露呈」し、

「辞任に追い込まれた」』。

『「舛添都知事の場合」は、

「大問題は出て来なかった」のに、

「全く、引かず、徹底追及を続けている」』。

『「日本系の者に対する差別的な扱い状態の臭いが充満している、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の流れ」に、

「世論も、都議会議員等も、乗せられてしまい、

ついに、

全会派による不信任決議案が出される見込み」だ』。

『「セコイ合法・不適切問題等による大衆誘導等」で、

「都政の混乱や停滞が招かれ」、

「都議会解散にしても、

都知事辞任、もしくは、失職にしても、

多大な選挙費用がかかる事態」が、

「引き起こされてしまっている」』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等とでも表現した方が適切な

テレビ・ラジオ・マスコミ等が主導」して、

「日本の政治に重大なダメージ」が

「与えられている実態が其処にある」』。

『「政治論」としては、

「セコイ合法・不適切問題」で、

「都知事不信任案を出すような都議会」は、

「解散するべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が主導している世論故にその様な乱行に出た」のなら、

「現状の都議会がテレビ・ラジオ・マスコミ等の下である事を体現している事になる」。

「民間企業等より下」の「東京都議会」では、

「お話しにならない」。

「まして、その民間企業等が、韓流等他国流なら、尚更」だ。

「都議会解散が適切」になる』。

『「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等の狙い」は、

「東京都の首長に、韓流人脈の者を就ける事」と

「強く推定出来る」』。

『「舛添都知事を辞めさせて、その後に、

例えば、

民進党系の者」や、

「小泉や、石原等の、

朝鮮系血統と言われている者を就ける事」が

「目的」と「強く推定出来る」』。

『「日本の東京都の支配権」は「韓流人脈の下に在る」という「状態」を、

「何としても、実現させたい様相」なのだ。

「何の為に?」』

『「日本乗っ取り支配工作が順調に進行している事」を

「母国・祖国の悪権力者たちに報告する為に・・・等」だろう。

「順調に行っている状態を示せない」と、

「粛清工作等の対象になってしまうから・・・かも知れない」。

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等の、

余りにも、異常な必死ぶりの裏」には、

「粛清工作さえ厭わない非人道的独裁国家の臭い」が、

「充満している」』。

『「戦後日本社会」には、

「明らかに異常なところがある」。

「その原因は、異常な戦後処理のまま、時を重ねてしまっているから」に他ならない』。

『「何事でも、問題は、元から解決しなければ、収まるべき状態に収まり得ない」。

「源流対策」は「本当に重要」だ』。

『「都議会解散」で、

「日本本来の人脈の都議が圧倒的主流になれば良いのだが」。

「そうなれば、セコイ合法・不適切問題等で、

都知事を辞任させる様な乱行の元凶」が、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等に在る事」等を、

「多くの都民有権者にも説明出来、

戦後日本の異常事態の是正等にも、

繋がって行く事になるから」だ』。

『「多くの日本国民」が

「強く意識すべき事」は、

「韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形にならない事」だ』。

|

「堀江氏の上辺の{てめー発言}を責める、上辺でしか、正義ぶれない時代遅れの者たち」・・・。

『「タイトルの事態は、現状、情報界・芸能界等の低レベルぶりが、良く露呈している一現象」だ。

「本質や実体では勝負出来ない裸の王様たち」は、

「上辺ダケに拘らせたがる」』。

|

「暴走しているのは、安倍政権では無い。テレビ・マスコミ等だ!」等と感じている方々も多い筈だが・・・。

『「舛添都知事の合法・不適切問題」で、「テレビ・マスコミ等が、都知事辞任に追い込める」なら、

「ナチス・ヒトラーの様な、テレビ・マスコミ等ファシズム」が「容易に成立してしまう」』。

『「とんでも無い事態」が「21世紀の日本で進行出来てしまっている」。

「その元凶は?」』

|

未だに、舛添都知事問題で、視聴者・読者不満感情を煽り続けようとしているテレビ・マスコミ等・・・。

『「政治の本道では無い、都知事就任後のセコイ合法不適切問題や、都知事就任前の会計不適切処理問題等々」の「小問題」で、

「視聴者・読者の、過剰な不満や反発感等を煽っている事」は、

「大衆扇動等」として「認定されるべき、実質的、犯罪行為」だ』。

『「戦後の日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「未だに、ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導を行い続けて来ている様相」で、

「本当に醜悪である場合が多い」』。

『「他の全政治家に対し、ちゃんと調査報道を行った上」で、

「現状の舛添都知事の問題」が「どの程度の位置に来るのか?」等を、

「確かめる」

「相対的原寸大評価」に「基づく、批判・非難」が「行われている」なら、

「良いのだが、現状は、全く違う」。

「舛添都知事ダケ、まるで、絶対悪の如く、責めている」』。

『「現状で問題とされている舛添都知事の問題」は、

「実体として、小レベル」だ。

「都知事選や都議選に向かう事自体が異常なレベルの問題である事」は、

「誰にでも分かる筈」だ』。

『「旧社会党~旧民主党~民進党系や共産党系等々の野党議員に対して」も、

「例えば、ホテル等で何処の誰と会議していたのか?等々」を、

「現状の舛添都知事への追及並みに、調査報道する」なら、

「結構な者・物・事が出て来る筈」だ』。

『「他の全政治家に対しても、同様の事を行っている」なら、

「未だ、公平性や平等性があるとも言える」』。

『「上記の野党等側は積極追及無し」というのが、

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「一貫している情報配信姿勢」だ。

「何故か?」』

『「戦後日本の多くの学校教育」や

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「旧社会党系の者たちと、旧共産党系の者たちの、実権度合いが高いから」だ。

「何故か?」』

『「終戦処理~占領政策」として、

「戦後占領軍」は、

「日本国内で再び旧日本軍系の者たちが大きな力を持てない様にする為」に、

「その反対側に居た勢力に積極的に実権を持たせた」』。

『「所謂左翼系の者たち」と

「朝鮮から渡来していた者たち」が、

「占領軍の占領政策故」に、

「日本国内で、一気に大きな実権を握る事になった」』。

『「日韓併合解消処理」としては、

「日本側が、終戦時に朝鮮半島内にいた、ほとんど全ての日本人を強制的に帰還させた」のと「同様」に、

「韓国(北朝鮮も含む)側も、終戦時に日本国内にいた、ほとんど全ての朝鮮人を強制的に帰還させる」のが、

「お互い様の処理となる」』。

『「その様な正当な日韓併合解消処理が行われていた」なら、

「戦後の日韓(北朝も含む)関係は、かなり、すっきりしていた筈」だ』。

『「ところが、

占領軍の占領政策により、

日本国内で多大な実権を得る事が出来てしまった朝鮮人たち」は、

「韓国(北朝鮮も含む)に戻る事より、

日本国内に居続け、

日本国内を自分たちに都合良く改変する事等を考える様になっていた」』。

『「朝鮮戦争が起されてしまった事」で、

「日本人同様に故郷に帰る道が、遠ざけられ、日本に居続ける事がより選択され易くなった」。

「更に、戦争難民のかたちで、更に、大量の朝鮮人が渡来した」』。

『「元々、日韓併合時」から、

「対等合併では無かった事を不満に思い、

日本の乗っ取り支配を画策し続けて来ている者たちの意」と、

「戦後利権を得た者たちの意」は、

「重なった」。

「元々、日本の乗っ取り支配を画策し続けて来た者たちの多く」も、

「戦後利権を得たから」だ』。

『「其処に、朝鮮戦争難民まで加わり、人口面でも、

日本乗っ取り支配策略」が、

「数十年もかければ、実現可能とさえ思える様になってしまった」』。

『「実権を押さえ、人口をある程度増やせば、乗っ取り支配が可能になる」という、

「日本人を無視した身勝手な策略が大手を振り始めた」』。

『「戦後処理~朝鮮戦争~に基づき」、

「政界」でも、

「マスコミ・ラジオ・テレビ・映画界」でも、

「広告界」でも、

「学校教育界」でも、

「一次産業の組合」等々でも、

「占領軍の占領政策時の人事や日本に居続けている朝鮮人たちの思惑等故の権力構造」が、

「強くつくられた」』。

『「結果として、

政界では、

旧社会党系の者たちの数が飛躍的に増えた」』。

『「マスコミ界の象徴的事例」は、

「朝日新聞の論調転換」だ。

「戦後5年くらい経つと、それまでの、圧倒的右寄りの論調が、突然、圧倒的左寄りに転換した」』。

『「学校の教職員組合」でも、

「全国的には、その多くが、旧社会党系の教職員組合が強く」で、

「東京都がむしろ例外的に、共産党系の教職員組合が強い」』。

『「多くの学校教師」は

「組合指導者たちの意向を酌みながら授業や生徒指導等を行って来ている」。

「そんな学校教育の優等生」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や広告界等でも、重用されている」のが、

「戦後日本のお寒い実態」だ』。

『「日本人に自虐を強いる情報・教育・政策等が蔓延ってしまっていた事」には、

「相応のバックグランドが在る」』。

『「しかし、

ネットの普及以降、

上記の様な異常とも言える実態や現実」は、

「多くの日本国民が知るところとなった」』。

『「政界でも、学校教育でも、

本来の日本の状態を取り戻す動きがどんどん加速している」』。

『「その正常化・健常化の流れ」に、

「未だに、逆らい続けている」のが、

「所謂左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「特定極一部の者たちダケを主流常連出演者とする事や、

所謂左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)にとって都合の良い偏向・偏重論等を、

一方的に大量配信し続ける事」によって、

「実質的、大衆誘導を行い続けて来ている」』。

『「ネット普及前の情報統制~大衆誘導の実績」に、

「未だ、縋り付き続けようとしている様相」だ』。

『「民主党政権誕生前の自民ダメ~!!!と同様」の、

「今回の舛添都知事問題」とは、

「国政では、

多くの日本人の実体から遠いが故に、

日本国内では、

もはや、マイナー勢力の座が定番となりつつある、

所謂左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)」が、

「東京都という国際レベルでは一つの国にも等しい大きさの予算等を持つ自治体を、

何としても、その勢力下に置く事」で、

「利権の維持~増大等を図る為」の

「策略」に他ならない』。

『「所謂左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「配信している情報」等を、

「鵜呑みにする」と、

「不平や不満が溜まり、嫌になり、何とかして、そんな状態から脱したくなる方々」が、

「多い」のは、

「所謂左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)」が、

「そうなる様に情報配信をしているからに他ならない」』。

『「其処に在る」のは、

「公平・平等な原寸大客観評価・批判・非難等では無い」。

「所謂左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)」の「大衆誘導情報工作」だ』。

『「舛添都知事程度の問題で、政治家が辞めさせられる」なら、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって、都合の悪い政治家」は、

「ほとんど誰でも、辞めさせる事が出来てしまう」』。

『「逆に、テレビ・ラジオ・マスコミ等が、その座に就けたい者」が、

「その座を得られ易くなってしまう」』。

『「ナチス・ヒトラーと同様」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム政治が実現出来てしまう」。

「それは、途轍もなく危険な事」だ』。

『「戦後日本の異常事態」は、

「異常な戦後処理故に起こっている場合が多い」』。

『「現状の大悪」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」であり、

「小悪を暴露された現都知事では、断じて無い」』。

『「モノには順序がある」。

「現状の人間世界状態」で、

「政治家の活動実態が丸裸・・・」では、

「堅強な政治など出来る訳も無い」。

「政治家の活動実態が丸裸・・・」でも、

「堅強な政治が可能になる人間社会の構築が先」だ。

「そうで無ければ、悪戯に、反日他国等を利す事になる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

舛添都知事は、不信任案可決なら議会を解散するべきでしょ・・・。

『「共産党や民進党等、野党が中心となって、舛添都知事に対する不信任案が出されようとしてる」。

「もちろん、出す権利のあるモノ」を、

「出すべきという判断をしたところ」は

「出せば良い」』。

『「しかし、都知事には、都議会解散権も有る」。

「そして、テレビ・マスコミ等が主導している、舛添都知事に対する現状の批判・非難等」は、

「明らかに、常道を逸脱した差別的批判・非難の域」だ』。

『「舛添都知事」は、

「不信任案可決なら、議会を解散するべき」だ』。

『「議会解散~都議選挙となった時」に、

「果たして、どれ程の野党系の者たちが、復活当選等出来るのか???」』

『「既に、民進党にしても、共産党等々」にしても、

「野党の資質や本質」は、

「多くの都民有権者も知るところ」だ』。

『「参院選と都議選のダブルでも良い」等と「思っている方々」は、

「決して少なく無い筈」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等ご推奨の民主党政権の実体が露呈した後」の、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導の実効がどの程度在るのか?」等を、

「検証する為」にも、

「都議会解散~都議選」は、

「アリ」だろう』。

『「今回の舛添都知事問題」とは、

「自公の紐付きの舛添都知事」と、

「舛添都知事を降ろした後に、野党人脈の者たちが就けたがっている者」と、

「どちらが、未だ、マシか?」の

「問題に他ならない」』。

『「舛添都知事が嫌だから」等と「言って」、

「共産党や民進党を支持出来る都民有権者がどれだけいるのか???」』

『「舛添都知事が嫌」でも、

「それより酷い都知事を頂いてしまっては、元も子も無い」。

「自公政権から、民主党政権への、政権交代時と、全く、同じ問題が其処に在る」』。

『「舛添都知事」は、

「不信任案可決なら、遠慮無く、都議会を解散するべき」だ。

「どんなに、テレビ・ラジオ・マスコミ等が、大衆誘導等を試みて」も、

「もはや、多くの都民有権者」は、

「最終的には、自虐的な判断を行わない筈」だ』。

|

テレ朝昼番では、未だに、「舛添ヘイト・スピーチ状態」だが、その目的は・・・。

『「舛添ヘイト・スピーチ等」の「目的は?」

「ヘイト・スピーチ等側のテレ朝昼番」では、

「都知事問題を、与野党対立に直結させる事」による、

「参院選時の争点化」等を

「訴えていた」』。

『「参院選時に野党側を有利にする材料」として、

「舛添都知事ヘイト・スピーチ等」による「大衆誘導を行っている面」を

「自ら、露呈させていた訳」だ』。

『「そんな大衆誘導情報工作等を行っている連中」は「頭の中」で、

「参院選時に野党側の議席を出来るだけ確保する為」と、

「参院選時には、野党側が負けても、

都知事の座は野党側が押さえられる様に、

都知事選を仕込む為」の、

「両睨みの一手」として、

「舛添都知事問題を、意図的に、表立たせ続ける事」が、

「自分たちの人脈が勝利を得る為に必要な事」とでも、

「考えている」のだろう』。

『そして、

「大衆誘導により、多くの人々に、短絡的な悪~排除すべきイメージを抱かせる為」に、

「原寸大評価を逸脱した、

不公平・不平等、

偏向・偏重、

ヘイト・スピーチ状態の情報」を、

「一方的に大量配信し続けている様相」だ』。

『「公共の電波」が「情報工作や大衆誘導の為に使われて良い訳は無い」。

「公共的マスコミ」も「同様」だ』。

『「舛添都知事より、遥かに、悪質な、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」こそが、

「真っ先に、退陣させられる/させるべき」だ』。

『「都民の為、日本国民の為」を「冷静に考える」なら、

「その方が遥かに合理的」になる』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

舛添都知事問題で都民が避けるべき事は・・・。

『「今、多くのテレビ・マスコミ等」は、「舛添都知事に対して、丁半博打的な、悪イメージを付けようとし続けている」。

「同様の事態」が「国政レベルで行われた」のが「民主党政権への政権交代前」だった。

「丁半博打的悪イメージ、自民ダメ~!!!」等の「大合唱を覚えている方々も多い筈」だ』。

『「丁半博打的イメージ上」では、

「悪」なら「全部ダメ」となり

「政治家なら、辞任や政権交代」を「欲する心理が生まれ易い」』。

『「この心理をテレビ・マスコミ等が、悪用」すれば、

「大衆誘導情報工作」で、

「丁半博打的に悪イメージを付けた政治家や政党等」を

「退陣に追い込む事も可能になってしまう」』。

『「そして、その後に、その座を得易くなる」のが、

「テレビ・マスコミ等が、丁半博打的善イメージを与えた者や政党等」になる』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等によるファシズム政治」を

「可能にさせてしまう」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が与える丁半博打的イメージ通りに動いてしまう民衆」だ』。

『「民主主義国家の民」なら、

「絶対に避けるべき状態が其処にある」』。

『「先の民主党政権への政権交代」とは、

「実質的に、

テレビ・ラジオ・マスコミ等によるファシズム政権が成立してしまった事態」だった』。

『「そして、今、同様の事態」が、

「同様の事態を引き起こそうとしている、テレビ・ラジオ・マスコミ等」により、

「東京都知事を巡って行われようとしている」』。

『「民主党政権への政権交代後、何が起こったか?」

「円高容認政策等により、日本が細った反面で、中・韓(北朝も含む)等が大いに太った」』。

『「その結果を受け、

多くの日本国民」は、

「民主党に対して、否定感を持ち、

民主党に対する用心」を

「忘れなかった」。

「結果、民主党」は、

「二大政党の一翼とは成り得ない少数政党に落ち込み、

他の少数政党と合併し、

民進党へと表の看板までをも変えざるを得なくなった」』。

『「しかし、東京都民も含む多くの日本国民」が、

「否定感を持ち、用心するべきモノ」は、

「民主党ダケでは無い」。

「民主党政権を成立させたテレビ・ラジオ・マスコミ等」を、

「絶対に忘れてはいけない」』。

『「政権は、政権交代により、実権者自体も変わる」。

「ところが、テレビ・ラジオ・マスコミ等には、政権交代が無い」。

「民主党政権を実現させた実権者たちの人脈は、今も、そのまま・・・」だ』。

『「現況」では、

「多くの日本国民の民主党に対する否定感や用心等」が、

「表の政党名変更や他党との合併等により、

「ホンの少し、下火になっている」。

「多くの人々」は、

「民主党政権を成立させた、

テレビ・ラジオ・マスコミ等に対する否定感や用心等」は、

「未だ、不十分」だ』。

『「ここぞとばかり・・・」に、

「今、民主党政権を成立させた、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「舛添都知事問題で原寸大を逸脱した大悪イメージによる

実質的、大衆誘導を行い続けている」』。

『「多くの都民が避けるべき事」は、

「テレビ・マスコミ等による丁半博打的悪イメージ」に「操られて」、

「悪戯な辞任を実現化させてしまい、

その後に、

テレビ・マスコミ等が推奨している者を就ける事」に他ならない』。

『「何故なら、テレビ・マスコミ等が、推奨した都知事を誕生させてしまう」と、

「東京都政」が、

「都知事の絶大なる権限の下」で、

「先の民主党政権時の国政の様」に、

「日本系の人脈が細らせられる反面で、

中・韓(北朝も含む)系の人脈が太り易くなる様」に

「行われてしまう可能性大だから」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による丁半博打的イメージ等による大衆誘導」とは、

「ナチス・ヒトラーが行った事と全く同様の手段」だ。

「先の大戦後の世界では、徹底して、排除されるべき事」だ』。

『「舛添都知事問題」で「圧倒的に悪い」のは、

「原寸大を明らかに逸脱している批判・非難等」で

「丁半博打的悪イメージを付け、

視聴者・読者等に

短絡的な、都知事辞任感情等を抱かせる、

実質的、大衆誘導情報工作を行っている、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」に他ならない』。

『「原寸大の批判・非難」なら、

「都知事就任前」の、

「もし、会議が行われていなかった」なら、

「虚偽記載となり違法となる政治資金収支報告書の問題について」、

「会議の有無の実態検証の前」に、

「違法イメージ・大悪イメージ」で、

「一方的に情報を大量配信する事」など「出来得ない」。

「都知事就任以降の合法・不適切諸問題について」も、

「大悪イメージ」で、

「一方的に情報を大量配信する事」など「出来得ない」』。

『「現状の舛添都知事に大悪イメージを付け続け、

辞任に追い込もうとしている、

テレビ・ラジオ・マスコミ等にある」のは、

「原寸大評価に基づく、正当な批判・非難等では断じて無い」。

「大悪イメージによる大衆誘導」だ』。

『「舛添都知事が大悪」で、

「舛添都知事に大悪のイメージを付けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「善」であると、

「思えている人々」とは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の信者、もしくは、操り人形状態の人々に他ならない」。

「万一、そんな状態に居る」なら、

「一刻も早く、民主主義国家の民として、大衆誘導から自分を解放するべき」だ』。

『「信者状態、もしくは、根っからのそのスジの人々の中」には、

「カルト宗教信者的」に、

「問題の実体把握もロクにせず/出来ず、

興奮しながら、辞任要求等を叫んでいる者までいる」のが

「実態」だ』。

『「その文化の臭い」は「明らかに、日本本来のモノでは無い」』。

『「多くの都民も含む、多くの日本国民が避けるべき事」は、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「操られてしまう事」だ』。

『「何故なら、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」とは、

「特定極一部の者たちが、

多大な実権を保持している

偏向・偏重・大衆誘導大好き機関に他ならないから」だ』。

『「そして、その偏向・偏重・大衆誘導が利して来ている者・物・事」とは、

「韓国(北朝鮮も含む)系・中国系である場合が多い」。

「日本系には、自虐を強いている場合さえ、少なく無い」のが「実態」だ』。

『「実態・実体としては、

多くの政治家等より遥かに悪質」な、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」を、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が自ら配信している上辺の善イメージ」に

「騙されて」、

「善と信じてしまう事」こそが、

「都民も、日本国民も、絶対に避けるべき事」に他ならない』。

|

「舛添都知事合法不適切問題」&「海老蔵奥様進行ガン」等々で「大騒ぎしている/させられている者たちの実体」・・・。

『「他人の不幸は蜜の味」の「精神構造分析等」を「行えば、誰もが気付く筈」だ。「他人の不幸、しかも、自分の知っている=自分の記憶に在る=自分の一部となっている他人の不幸」の、

「蜜の味度」は、

「多くの人々の中で、かなり高い」。

「何故か?」』

『「自己確認の代償欲求を追及する事にも直結しているから」だ』。

『「丸ごと一人の死生観に基づいて、

短絡的に、

敵・味方に分けて、

覚え、

記憶している、者」の

「不幸等」を、

「多くの人々が激烈に望み易くなる」のも、

「同じ事」だ』。

『「大元は、自己確認欲求等」に他ならない』。

『「本来の自己確認欲求を充足する道を選択出来無い人々」が、

「少なからず居る」。

「何故か?」

「自分の実体やその実体の本来の目的さえ満足に理解・把握出来ていないから」だ』。

『「自分の実体やその本来の目的等について」は、「他の記事をご参照ください」』。

『「自分自身が何を求めているのか良く分からない人々」でも、

「その欲動自体は、常に感じている」。

「そして、その欲動に突き動かされている」が、

「自分が何をすれば良いのか?」も

「良く分からない」』。

『「そんな状態の人々」が

「意識上で、その解決手段等を見出そうとしたり、

無意識レベルから上がって来ている本来欲動を、

無意識レベルの内に、合理化等したりする」と、

「当人の自覚の有無に係わらず、代償欲求の追及命令等」が「生じる」』。

『「そして、多くの人々」が、

「代償欲求の追及命令の奴隷的状態」なのが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「具体例を考えてみよう」。

「タイトルの事態」だ』。

『「舛添都知事のセコイ合法・不適切問題」で、

「正義ぶっている/ぶれているテレビ・ラジオ・マスコミ等に同調」して、

「同様に正義ぶっている/ぶれている人々」は、

「自らの合法・不適切問題はどうか?検証するべき」だろう』。

『「合法・不適切問題」とは、

「相対的問題」であり、

「相対的問題」には、

「公平・平等評価等が必需」になる』。

『「舛添都知事問題で言う」なら、

「全政治家の合法・不適切問題を洗い出し、

その上で、

悪質度の高い者から、

批判・非難等し、駆逐して行く事」が、

「正当な道になる」』。

『「完全無欠の善人とは、ほど遠い、テレビ・ラジオ・マスコミ等が誘うまま」の、

「者・物・事を悪戯に責め、

正義ぶっている人々」とは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形状態である」と「共」に、

「自らの自己確認の代償欲求を追及している状態の人々」に他ならない』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「大衆が覚え易い様」に、

「一方的に大量情報配信している者・物・事」は、

「確かに、覚えやすい場合が多い」』。

『「だからと言って、悪戯に、鵜呑み」にし、

「悪戯に、自分の記憶(=自分の一部)」とし、

「覚えた/覚えさせられた者・物・事」を、

「自己確認の代償欲求の追及に利用する事」の、

「実体」とは、

「どの様な事なのだろうか?」』

『「現実や実態」として、

「何から、何まで、聖人君子(完全無欠の善人)の人間」は、

「存在し得ない」』。

『「何故なら、生きている人類は誰も」が、

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している、

ガン細胞等の異常細胞までをも、内に持つ、

約60兆の細胞の塊だから」だ』。

『「善・悪の基」は、

「細胞ごとの状態や働きからの信号群に他ならない」』。

『「悪の基である、死んだ細胞やガン細胞等を本質的に否定・排除する」なら、

「生体人体自体が成り立たない」。

「死んだ細胞やガン細胞から無意識レベルで上がって来ている信号群を否定する事」は、

「生体人体自体の否定になってしまうから」だ』。

『「生体人体として取り得る唯一無二の対処法」は、

「善・悪を健康問題として捉える事」だ』。

『「死んだ細胞やガン細胞の誕生や存在自体は、否定しない」が、

「パワーバランス上で、常に、健常細胞側が圧倒的に優位な状態になる様に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が「大切」になる』。

『「死んだ細胞やガン細胞等を内在し、全否定・全排除出来得ない全ての人類」が

「聖人君子(完全無欠の善人)等には、成り得ないのは、必然」に他ならない。

「重要な事は、善・悪は健康問題として捉え、処理する事」だ』。

『「そして、その健康問題の基本中の基本」は、

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」に他ならない』。

『「丸ごと一人で考え・思いたがる意識ダケが誘うままに、

悪戯に、善・悪を他の者・物・事に投影・転嫁する前」に、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」こそが、

「人類誰もが持つ支配欲の本来欲求を充足させる方法に他ならない」』。

『「そして、支配欲の本来欲求を充足させ続ける事」は、

「余分で、過剰な自己確認欲動が生まれる事の抑止に直結している」』。

『「支配欲の本来欲求の充足」を「満足に行えていない者たち」は、

「必然的に、その分多く、自己確認欲も生じ易くなる」。

「本来欲求の充足無き状態」では、

「そんな状態で良いのか?」等の「確認欲求が生まれる」のは、

「必然」に他ならない』。

『「そして、そんな自己確認の本来欲求を解消する為に必要な事」とは、

「自分で自分を健康にコントロールする事に他ならない」が、

「それが、出来ていない者たちが欲している状態」では、

「代償欲求の追及行為等が生じ易くなる」のも、

「必然」だ』。

『「その代償欲求追及の一例」が、

「自分の記憶(=自分の一部)となっている他の者・物・事を利用した、

刺激」により、

「自分を刺激する事」だ』。

『「刺激により、自己確認したつもり」には「なれて」も、

「本来欲求が求めている、自分で自分を健康にコントロールする事とは全く違う」から、

「本来欲求自体は、充足され得ない」』。

『「結果として、更なる代償欲求の追及を欲する状態に陥り易くなる」のも、

「必然」だ』。

『「客観的に見る」なら、

「差別・いじめ・マスコミパワハラ的要素満載」なのが、

「舛添都知事のセコイ合法・不適切問題責め」だ』。

『「そんなモノを、自己確認の代償欲求追及の道具にしている/させられている状態」では、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事による本来欲求の充足が疎かになってしまう」のも、

「当然の現象」だ』。

・・・・・・・。

『「海老蔵」とは、

「日本のテレビ・マスコミ等でも、大いに名を売られている有名人」だ。

「直接では無く、テレビ・マスコミ等の情報故に、知っている人々は、数多い」。

「そして、そんな有名人の奥様が、進行性ガンだというニュース」も、

「多くの人々が知る事となった」』。

『「自らの記憶に在る有名人の奥様」が、

「進行ガンという危機状態である事を知った人々の頭の中」では、

「どの様な事態が生じているのか?」』

『「多くの場合」は、

「大変だよねぇ・・・。可哀そうに・・・。お気の毒・・・。治療が上手く行く事を願っている・・・。・・・等々」の、

「同情・共感心等」が

「表立っている」だろう』。

『「しかし、その裏」に、

「他人の不幸は蜜の味」を、

「内在させている場合」も、

「決して少なく無い筈」だ』。

『「自分の記憶=自分の一部」を

「覚えている他人の幸不幸等、強い刺激」で「再刺激~再確認する事」は、

「代表的な、自己確認の代償欲求追及パターン」の「一つ」だからだ』。

『「上辺」では、

「大変だよねぇ・・・。可哀そうに・・・。お気の毒に・・・。治療が上手く行く事を願っている・・・。・・・等々」と、

「考え・思い・口に出したり・・・しながら」、

「内実では、自分の知っている他人の不幸をダシ」に、

「自己確認の代償欲求の追及が出来た事による虚像の安堵感等を得ている方々」も

「非常に多い筈」だ』。

『「丸ごと一人の敵・味方の例」からも「明らかな様」に

「それは、非常に危険な状態に他ならないのだが」』。

『「その様な状態では無い」のなら、

「最初」から、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が宣伝している者・物・事等」を

「覚え/覚えさせられ、

実体として、自分の一部としてしまう事」等にも、

「それなりの、抵抗感が生じている筈」だ。

「何故なら、それは、自己確認の本来欲求を充足させる事の邪魔になり易い事だから」だ』。

『「舛添都知事問題」なら、

「全政治家に対する調査報道を求め、

その結果上での相対評価」が

「妥当」だ。

「現状で、悪戯に、都知事辞任に追い込み、都知事選を行う/行わせる事」の「内実」は、

「反都知事派による政治運動」に他ならない』。

『「海老蔵の奥様の病気の問題」なら、

「芸能人の私生活は、問題にしない」のが、

「妥当」だ。

「芸能人は、芸を見る」。

「私生活には、悪戯な興味は持たない」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」なら、

「その様な態度」が「合理的になる」』。

『「ゲイノウ人の私生活等を問題にしている人々」とは、

「自分の覚えたゲイノウ人を利用して、自己確認の代償欲求の追及を行っている人々」である場合が多い。

「もちろん、その分、自分で自分を健康にコントロールしていない度が高い場合が多い」』。

『「丸ごと一人化した敵・味方の例等から」も

「明らかな様に、

それは、

非常に、危険な状態」だ。

「ゲイノウ人の私生活で操れる/操られる人々」は、

「丸ごと一人化した敵・味方でも操れる/操られる人々」に他ならない』。

『「そして、そんな操り人形状態の人々(議員も含む)」が

「舛添都知事問題」等で、

「自らの問題」は、

「全く別にして、正義ぶっている」』。

『「人類誰もが、自分の実体に叛かず、自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「世界平和が当たり前」なのだから、

「他の者・物・事をダシに、代償欲求の追及に邁進し続ける前」に、

「人類誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続けるべき」だし、

「その様な状態が実現し易い人間社会を構築するべき」だ』。

『「人類の自虐が滅亡レベルに達する前」に、

「多くの人類が、この重大な現実に気付く事」を、

「心から願っている」』。

|

Googleが、人口知能の非常停止ボタン等を考えているらしいが・・・。

『「とっくの昔に大前提として在るべき事」を、「今更、何で・・・?!」「実は、其処にこそ、人類がつくる人口知能の問題の本質が在る」。

「問題なのは、機械では無い」。

「おバカだったり、悪だったり、未熟だったりしているクセに、その自覚さえ満足に持てていない人間」だ』。

|

世界中で現状脱出欲動が溢れている・・・。

『「温暖化により、地球環境は明らかに変わって来ている」。

「現状の経済システムでは、金余りなのに、貧困だらけ・・・で、格差是正もままならない」。

「世界的不況となれば、大戦争でリセット」というのが、

「核兵器保有前の人間社会の常だった」。

「しかし、大量の核兵器が既に在る現状」では、

「大戦争=人類滅亡で勝者無し」だ。

「もはや、人類に、過去のリセット手段は使えない」』。

『「リセット手段が使えない状態」で、

「時の経過と共」に、

「人々の不満・不安・現状脱出欲動はどんどん増大している」。

「それが現状」だ』。

『「人類の大きな転換期、

或いは、

転換しなければならない時、

或いは、

転換しなければ人類が滅亡してしまう時が

来ている事」を

「実感している方々も多い筈」だ』。

『「上辺」の「転換を求める行動」は、

「既に、世界中で始まっている」』。

『例えば、

「米国大統領選」では、

「既存勢力では無いトランプ氏が共和党の候補者としてほぼ確定」し

「民主党側では、現状勢力派のクリントン氏で決まりそうだが、

最後の最後まで、現状勢力派では無いサンダース氏に猛追されている」』。

『「米国で、親イスラム国の者」が、

「50人もの人々を銃で殺害したホームグローンテロ」まで「起こってしまった」』。

『「日本でも、民主党政権への政権交代が有った」が、

「こちらは、民主党等の政権が利した国や人脈」が

「日本国や多くの日本国民の人脈と違う事が直ぐに露呈した」から、

「早々に、

日本国や多くの日本国民を利す度等が未だマシな

元の勢力への政権交代が起きた」』。

『「しかし、未だに、舛添都知事のセコイ合法・不適切問題をダシ」に、

「現状を変えようとしている(どう変えようとしているのか?こそが、重大な問題だが、其処は、黙殺で、ひたすら、現状脱出欲動を暴発させる/させている事により・・・)者たち」も

「決して、少なく無い」』。

『「・・・・・・・・」。

・・・等々、等々』。

『「もちろん、そんな上辺の変化」では、

「現状の本質は何も変わらない」から、

「人々の現状脱出欲動自体が解消される訳も無い」』。

『「その結果、

現状故に恵まれている人々の多く」は

「解消されない現状脱出欲動を誤魔化す為」に、

「金権過剰防衛や現実逃避等に奔走している」』。

『「逆から見れば、代償欲求に基づいた現状脱出欲動の追及の目的」が、

「それを試みている者たち」が、

「金権過剰防衛等を可能にする為だったりしている実態」が「露呈している」』。

『「その裏」では、

「もっと、もっと、多くの人々」が、

「困窮状態に追いやられ、

益々、現状脱出欲動を益々強大化させている」。

「戦争によるリセットが行えない状態」で、

「この状態がどこまで持つのか?」は、

「想像に難く無い」』。

『「元々の戦争によるリセットの前」には、

「支配地域の増大≒侵略~搾取等による誤魔化しが付いていた」。

「先の大戦の教訓と、

核兵器の保持等により、

多くの国々が同じ道を歩まない事の合意をしている」が、

「未だに、支配地域の増大に奔走している国も在る」』。

『「軍備を増大・強化しながら、

工作活動で、

支配地域を広げようとし続けている」のが、

「中国共産党支配下の中国」だ。

「核・ミサイル開発に熱心な裏」で

「日・韓等の乗っ取り支配工作を行い続けている」のが

「北朝鮮」だ』。

『「どちらも、独裁政権国家」であり、

「その目的」は、

「現体制・現政権維持」と

「国家・一般国民の為では無く、特定極一部の者たちの超大利権を維持する為」だ』。

『「当然、独裁政権国家の利権格差」は、

「かなりのモノとなっている」。

「しかし、かなりの利権格差に対する国民等の不満を押さえ込む為」の

「徹底した監視・密告社会化」や、

「有益分子の育成&不適応分子の粛清等のシステム」も

「内在させている」』。

『「独裁政権の権力者たち」は、

「自分たちの超大利権を維持する為に、それなりに、知恵を使い、努力もしている」。

「もちろん、大元の目的が大間違いだから、そんな事に知恵を使ったり、努力したりしている暇が有る」なら、

「本質的に、自虐的や他虐的にならない事に、知恵を使い、努力すれば良い」のだが』。

『「独裁政権国家の国際版」が、

「不当進出や、他国乗っ取り支配工作等々の実体」だ。

「その目的は、

実質的には、身勝手な殺人の権利までを含む、

体制・政権の超大な利権の維持」に他ならない』。

『「非人道的政権」とは、

「全人類の敵」に他ならない。

「悪魔に魂を売り渡した者たちのみ」が、

「非人道的政権の超大利権を貪る事が出来てしまう」。

「そして、非人道的政権の犬たちもまた、

悪魔に魂を売り渡しているからこそ、

犬になれている」』。

『「人類、何処の誰にとっても、

自分の実体に叛かず、

悪魔に魂を売り渡さない事」は、

「自己責任による選択」だ。

「そして、その選択相応の結果」が「近未来で待っている」』。

『「こんな事態の問題を解決する為には、どうしたら良いのか?」

「実は、その解答は、意外と、簡単」だ』。

『「元々が、代償欲求の過剰追及を多くの人々が認めてしまっているが故の悪現象」なのだから、

「ほとんど全ての人類」が、

「自分の実体や本来欲求等々を理解・把握」し、

「自分の実体やその本来の目的に叛かない様に、自分で自分を健康にコントロールし続ける様になれば、

現状のほとんどの問題は、解消される事になる」』。

『「急速な進化~発展を実現出来た物質文明と同様の進化」が、

「精神文化でも求められている」のだ』。

『「そして、その進化の為に必要な事」は、

「精神文化面での情報・教育等の科学レベル化」に他ならない。

「情報・教育が正常化・健常化された後」なら、

「個人個人の精神文化の正常進化」は、

「個人個人の自己責任でもある」』。

(続きは、後ほど)

|

都政の停滞を引き起こしているのは、「舛添都知事か?」「舛添都知事あら捜しで大騒ぎし、大衆誘導しているテレビ・ラジオ・マスコミ等か?」・・・。

『「都知事就任後、違法や大金の裏献金等の重大な問題は無い様相の都知事」に対して、「あら捜しで、セコイ合法・不適切問題を大量に露呈させ、都政を停滞させている」のは、

「明らかに、テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「都民はもちろん、全日本国民は、良く考えるべき」だろう。

「セコイ合法・不適切問題」で、

「舛添都知事を降ろして、

いったい、

何処の誰を都知事にしたいのか?」』

『「実は、上記の問に対して、明らかな回答が出来る者たち」こそが、

「今の都知事追い落とし工作等」に

「熱心になれる者たち」に

「他ならない」』。

『「もし、

舛添都現知事が退任した場合」、

「有力な新都知事候補の一人とも成り得た」のは、

「田母神氏」だった。

「ところが、選挙のシロウト、田母神氏」は、

「先の選挙時の違法問題をダシ」に、

「今、舛添都知事の追い落とし工作等を懸命に行っている人脈等」が、

「法的に追い落とした様相」だ』。

『「先の都知事選時のもう一人の有力候補」で、

「民主党人脈等が支持していた細川氏」には、

「未だ、追い落とし工作等が全く行われていない様相」だ。

「何しろ、元朝日新聞で、殿の細川氏」だから、

「合法不適切問題等」で

「悪イメージを意図的に付けようとすれば、

簡単に悪イメージ付けが出来る材料等は多々ある筈」だが』。

『「上記の事態から強く推定出来る事」は、

「追い落とし工作等を行っている人脈」とは、

「民主党(~民進党)系等じゃないの・・・という事」だ』。

『「それを裏付ける様」に、

「実態」として、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等の多く」は、

「旧社会党系の人脈の者たち」が

「実権を、多く、大きく、保持し続けて来ている」』。

『「旧社会党系の主流(大部分)」は、

「民主党へと流れ

(如何にも旧社会党からの本流的な社民党とは、

主流の行き先隠しの為に、

上辺の有名人を主に残した見せ球等と強く推定出来る)、

現民進党の大きな軸となっている」』。

『「つまり、民進党系の人脈が実権を保持しているテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「都知事のあら捜し」をし、

「前猪瀬都知事の様な、大問題が出て来なかった」から、

「大衆イメージの悪化に繋げられる合法不適切問題を次から次へと露呈させ続ける事」で、

「都政を停滞させ、

都知事を辞任に追い込む、

工作活動等を行い続けている様相」が、

「露呈」している』。

『「その流れに乗せられてしまっている」のが、

「多くの視聴者・読者等」であり、

「議員や議会等の一部」と言う訳だ』。

『「民進党系の者たち」は、

「民進党系の都知事が誕生するまで、

何度でも、

同様の事を行うつもり」なのだろう』。

『「本日のテレ朝朝番」でも、

「常連出演者の一人」が、

「多くの視聴者も、当然、考えるべき事」である、

「舛添さんを降ろして、誰を都知事にしたいのか?等を考えるべき」の旨を、

「述べた」ところ、

「テレ朝の常連出演者の顔」が、

「曇っていた」。

「筆者の感」では、

「余計な事言うなよ!」とでも「言いたげにさえ、見えた」』。

『「セコイ問題のあら捜し」で

「都知事を追い落とし」、

「都知事選をもう一度行って」、

「いったい何処の誰を都知事にしたいのか?」等を、

「考える」なら、

「多くの普通の有権者の頭の中」では、

「具体的な人名さえ浮かび辛い筈」だ』。

『「その裏」で、

「セコイ合法不適切問題を次々と露呈させる事等」で、

「追い落とし工作を行っている者たち」には、

「自分たちの人脈の総意・合意等を基にした、具体的な候補者がいる筈」だ』。

『「次期都知事選を前提とした、選挙前工作を行う」なら、

「最初から具体的な候補者が決まっている方が、当然、有利になり易い」』。

『「フェアな競争や選挙では、勝ち目の無い者たち」が、

「工作・策略頼りになる」のは、

「良くある事」だ』。

『「もちろん、

多くの日本国民」が、

「そんな工作や策略の道具、

もしくは、操り人形等として働いて/働かされて、しまってはいけない事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等での大衆誘導情報工作等」は、

「徹底的に排除される/するべき」だ』。

『「冷静に、客観的かつ公平・平等に、舛添都知事問題を観る」なら、

「全政治家に対するあら捜しが、

行われ、その結果が公表された上」で、

「初めて、舛添都知事のセコイ合法・不適切問題の現状での悪質度」の、

「相対評価」が「可能になる」』。

『「絶対悪と言える大問題では無い事で、責める」なら、

「上記の様なプロセスが必要不可欠」だ。

「そうで無ければ、明らかに、差別して責めている事になる」』。

『「現状」は、

「舛添差別」であり、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等によるパワハラ」であり、

「更に、悪イメージによる大衆誘導という大悪事まで付いている」

「様相」だ』。

『「差別・パワハラ・大衆誘導情報工作等、とんでも無い悪事」を「元」に、

「都知事選を早々に行わせ、

自分たちの人脈が推す都知事を誕生させたい者たち」等を、

「公共の電波上や、公共的マスコミ上で、蔓延らせ続けていて良い訳は無い」』。

『「今回の都政遅滞問題等」で、

「責めるべき」は、

「差別・パワハラ・大衆誘導情報工作等々を行っている、テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「田母神氏も、舛添氏も、降ろして、いったい、何処の誰を都知事にしたいのか?」を

「冷静に考える」なら、

「誰にでも」、

「今の、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、

実質的、舛添差別、パワハラ、大衆誘導情報工作等」の、

「工作目的等も分かる筈」だ』。

『「都知事の権限は絶大」だ。

「大衆誘導情報工作等好きの、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等のお仲間の都知事」に、

「東京都や東京都民を支配させたい人々」が、

「どれ程いるのだろうか???」』

『「大衆誘導情報工作等による支配とは、旧社会・共産圏の文化でもある」。

「大衆誘導情報に忠実な有益分子」と、

「背く、不適応分子」に「区別」され、

「不適応分子には、有益分子化教育が行われ、

それでも、従わなければ、粛清処分等する社会文化」だ。

「そして、監視・密告社会でもある」』。

『「そんな社会文化や精神構造等が根っ子に在る者たち」は、

「工作好きになり易くなるばかりでは無く、工作の実行さえ厭わなくなり易い」』。

『「工作実行者人脈等」に、

「東京都や東京都民を支配させたくない」のなら、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の操り人形状態」から、

「一刻も早く、自分を解放するべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、舛添都知事問題で「冷静な原寸大の世論」が主流にならない様に、大衆扇動ネガティブ・キャンペーンに必死な様相だが・・・

『「世論を基に政治等を動かす」なら「その世論の内実が重要」になる。

「人々の、冷静な、原寸大の評価」が「基」の「世論」なら、

「健常な民意」になるが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「主導」した、

「ネガティブ・キャンペーンに乗せられている人々」の「世論」なら、

「それは、ナチス・ヒトラー等と同様」の

「大衆誘導下の似非民意」になる』。

『「舛添都知事問題」の「原寸大」は、

「猪瀬前都知事の場合の様」に、

「5千万円もの裏金を受け取っていたのでは・・・」等の

「大きな問題」では「無い」。

「セコイ合法不適切問題等」だ』。

『「あら捜しにより合法不適切問題を列挙する事自体、かなり、セコイやり方」だが、

「その様なセコイ手段」で、

「問題化出来そうなネタを出来る限り多く見出し、其れらを基」に、

「大悪の如きイメージで風潮しているテレビ・マスコミ等が多い」』。

『「その様なあら捜し」なら、

「全政治家について、

行っていてこそ、

舛添都知事の問題の原寸大が判明する」』。

『ところが、

「現時点では、他の政治家に対してのあら捜し」が

「圧倒的に不足している」』。

『「舛添都知事の現状」は、

「不平等・不公平・偏向状態の下」で

「大悪イメージを付けられている状態」に他ならない。

「テレビ・マスコミ等がつくり出している、とんでも無い差別状態」だ』。

『「舛添都知事の問題」を

「原寸大で批判・非難する」なら、

「都知事就任前の問題」は、

「本来なら、その時点で問題とされるべき問題」だ。

「つまり、

その時点では、

ほとんど全てのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「実質的に、本来の仕事を出来ていなかった事になる」』。

『「そんな自分たちの落ち度等」を、

「誤魔化す為にか(?)」、

「今頃になって、

後付けで大騒ぎしている事自体」、

「かなり、責められるべき事になる」が』。

『「実体として、都知事就任前の問題自体」は、

「都議会等で都知事問題として責める事には適さない」。

「そうだからか、今、テレビ・マスコミ等で盛んに、言われている」のは、

「都知事の資質を表す問題の一つとして、都議会で扱え!」等の旨だ』。

『「その他の問題」に、

「都知事としての資質を疑わせる、

他の政治家には無い、

大きな問題がある」のなら、

「付帯情報として、付ける事も適切になる」から、

「先ずは、他の都知事としての問題の探求が重要になる」』。

『「舛添都知事の問題とされている事」は、

「政治と金・・・つまり、政治資金使用報告書の記載内容の問題」と、

「都知事としての行動や公用車使用や高額(?)贅沢(?)海外出張等の問題」だ。

「そして、その何れもが、違法性は無いが、不適切とされている問題ばかり・・・」だ』。

『「ここで、人々の感は分かれる」だろう。

「政治家に人としての理想像を求め、清貧や清廉潔白であるべき等と考えている方々」なら、

「大いに、不快感等を抱き易い内容も少なからず露呈している」。

「しかし、他の政治家はどうだろうか?」等の

「視点」は、

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「舛添都知事の合法不適切問題」は、

「他の全ての政治家と比べて、特出している程、悪質だろうか?」』

『「政治家には、人としての理想像や、清貧や清廉潔白等は求めないが、

実利になる政治等を求める方々」なら、

「東京都や東京都民の為になる実利が得られている限り、

政治資金使用報告書の記載問題や、

都知事としての行動や、公用車使用や、高額・贅沢とされている海外出張等も、

問題とは、考えない」だろう。

「逆に、実利の面で、他の政治家の方がずっと良いと思える事態が生じている」なら、

「セコイ合法不適切問題では無く、

その面で批判・非難等する」のが「普通」だ』。

『「舛添都知事に対して、

テレビ・ラジオ・マスコミ等が一方的に付けて来ている

大悪イメージによる、

実利欠損」は、

「決して小さく無い」が、

「それは、舛添都知事の問題では無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の問題」だ』。

『「現状」は、

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「差別的に舛添都知事に大悪イメージを付ける事等によって、

不当に東京都知事の評判等を落とし、

東京都・東京都民の実利を大きく欠損させている」のが、

「実態」だ』。

『「責めるべき」は、

「都知事になってから、

テレビ・マスコミ等により、

些細な合法不適切問題を次々と露呈され、

テレビ・ラジオ・マスコミ等により大悪イメージを付けられている

舛添都知事か?」

「差別的に都知事を貶める事により、

東京都・東京都民の実利を欠損させているテレビ・ラジオ・マスコミ等か?」』

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」は、

「自分たちの大悪から、大衆の目線を逸らさせる為」に、

「舛添都知事に対する差別的攻撃等」を、

「必死に行い続けている様相」だ』。

『「そして、

出来るなら、

早々に、

舛添都知事を辞任に追い込み、

アワよくば、

そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等にとって都合の良い者を

一刻も早く、

都知事にしたい様相」でもある』。

『「大衆誘導で、

自分たちにとって、

都合の良い者を権力の座に据えたい」とは、

「ナチス・ヒトラー等とやっている事が同じ」だ』。

『「そんなモノに乗せられている人々が多い社会」なら、

「民主主義は成り立たない」』。

『「議員等も含む多くの方々の、

冷静で、

賢明な判断」が、

「今、試されている」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「民進党等の意向である、舛添都知事降ろし」の宣伝に公共の電波を使っていたが・・・。

『「セコイ問題」を「大悪の如く風潮」し「世論の反現都知事感情等」を「醸成している、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は「民進党系の者たちが実権を保持している場合が多い」。

「そして、民進党の願い・目的」は

「現都知事降ろし~民進党系の都知事を誕生させる事」だ』。

『「しかし、民進党は、都議会では、少数であり、野党」だ。

「通常の正攻法では、民進党系の都知事を誕生させる事は困難」だ』。

『「もちろん、この辺りの事情」は「共産党等他の野党人脈でも、同様」だ』。

『「そこで、民進党系・野党系等のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者たちが目を付けた」のが、

「都民の民意」だ。

「都民の民意」を

「大衆誘導情報工作で操る事が出来れば、

かつて、民主党政権を誕生させた時と同様の事態をつくり出せる」・・・』。

『「その為の実質的、政治運動」が

「公共の電波上でも行われてしまっている様相」だ。

「それは、かつての、自民ダメ!~政権交代!!」と「全く同様の事態」だ』。

『「現都知事降ろしに成功した次」に、

「民進党系のテレビ・ラジオ・マスコミ等が行う事」は、

「既に、バレバレ状態」だ』。

『「~政権交代!!」の「後」に「続いた」のは、

「民主!!!」の「大合唱だった」。

「同様に、民進党系の候補が良いゾ~!!!」等の

「大合唱による、実質的、大衆誘導工作」等を

「行うつもり」だろう』。

『「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、

実質的、大衆誘導で生み出されてしまった、

民主党政権」で、

「日本国や多くの日本国民はどうなったのか?」

「その裏で、

韓国(北朝鮮も含む)や

中国共産党支配下の中国等や

その人脈の日本国内の人々は、

どうなったのか?」』

『「日本側が細った反面で中・韓(北朝も含む)側が大いに太った事」等を、

「覚えていらっしゃる方々も多い筈」だ』。

『「そんな事態を東京都で再現したい」等の「臭い」が「充満」しているのが、

「現状の舛添都知事問題の大騒ぎ」だ』。

『「都知事等、地方首長の権限」は「非常に強い」。

「更に、東京都の場合」は、

「それなりの規模の他国並みの予算等を持っている」』。

『「例えば、民進党系の(他の野党等でも同様)都知事を誕生させる事が出来れば、

それなりの規模の他国と同レベルの経済等」を、

「民進党系の(他の野党等でも同様)意図で動かす事が出来る様になる」』。

『「その為の大衆誘導情報工作」が、

「大々的に行われている様相」だ』。

『「ナチス・ヒトラーと同様の手段を用いて、

政権交代等を実現した者たち」等が、

「日本国・日本国民にどの様な悪影響をもたらしたのか?」等は、

「もはや、記すまでも無い」だろう。

「そんな事態を、東京都で再現させてしまって良い訳が無い」』。

『「舛添都知事のセコイ問題」より

「遥かに重大で深刻な問題」は、

「戦後日本の、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」による、

「実質的、大衆誘導情報工作」だ』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の情報に操られて、

現況では、舛添都知事等に、

日頃の不満をぶつける八つ当たり等をさせられている方々」は、

「原寸大評価」や、

「ナチス・ヒトラーの手段と同様の、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による

大衆誘導情報工作の大問題」等に、

「一刻も早く、気付くべき」だ』。

『「巨悪に操られて、

小悪を責めさせられ、

不満を吐き出せた気分にさせられている状態」では、

「本当に、情けない」』。

『「責め、改善・是正させるべき」は、

「巨悪」だ』。

『「巨悪の改善・是正に成功すれば、

不満も実体を持って解消し易くなる」』。

『「常連出演者たちや、常筆者たちの論等」を、

「鵜呑みにする前」に、

「常連出演者たちや、常筆者たちの正体を探求するべき」だ』。

『「そうすれば、

何故?

戦後の日本社会では、

極々少数極々一部の者たちばかり・・・」が、

「常連出演だったり、

常筆だったり、

・・・しているのか?」等も、

「良く分かる筈」だ』。

『「特定極一部の者たちに利権を与え続ける為」の

「操り人形」等として

「動かされている状態」では、

「本当に、恥ずかしい」。

「人類誰も」が、

「操り人形の糸」を「切り」、

「本来の自分を解放する事」を

「心から、願っている」』。

『「操り人形の糸が無い人間」には、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける必要性が生まれる」。

「逆から言えば、自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「操り人形の糸は、邪魔や障害以外の何物でも無い」』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に、

「他人を支配・コントロールしたがる者たち」は、

「操り人形の糸を他人に付けたがる」』。

『「自分で自分を健康にコントロールする代わり」に、

「他人に自分を支配・コントロールさせている人々」には、

「操り人形の糸が付いている」』。

『「どんなに他の者・物・事を支配・コントロール等して」も、

「自分本来の支配欲」は「充足され得ない」』。

『「糸付き、紐付き」では、

「生き苦しい不満」等が

「生まれない訳も無い」』。

『「欲求不充足の解消」や

「不満の解消」等を

「求めて」、

「更なる、代償欲求の追及に邁進する」のは、

「更に、不充足や不満を重ねる自虐業」だ』。

『「多くの人類がそんな自虐業に邁進する」なら、

「人類滅亡が当然」になる』。

『「自虐度がかなり高い、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

実質的、大衆誘導情報工作」は、

「直ちに、全面撤廃させられるべき」だ』。

『「自分で自分を健康のコントロールする為」には、

「実体や事実・現実の理解・把握が必要になる」。

「実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事」で、

「人は、初めて、落ち着ける」』。

『「実体や事実・現実に基づいた、原寸大評価」は、

「本当に、大切」だ』。

『「原寸大評価が出来る」なら、

「現状の{舛添騒動}の異常性」も

「良く分かる筈」だ』。

『「其処に在る、思惑や悪意等も、良く分かる筈」だ。

「大衆感情・心理や民意等を煽る大衆誘導情報工作等の裏に在る」のは、

「日本や東京の乗っ取り支配」や、

「実質的、売国・売国民政策や、

日本人奴隷化&●●人優遇等」等の、

「不健常な策略等である場合が多い」』。

『「舛添ダメ~!」で「騒いでいる多くの人々」は、

「何処の誰を、東京都知事にしたいのだろうか?」

「その辺りがはっきりしていない」と、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られるまま・・・」に、

「特定人脈の候補等に一票を入れさせられてしまう

自虐行動等を行ってしまう

可能性大になる」』。

『「そんな事態に陥らない様」に、

「くれぐれも、ご用心!」』

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番でも、「舛添都知事降ろし政治運動」に公共の電波を使っているが・・・。

『「都政の停滞を招いている」のは「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、セコイ問題を大悪問題の如く大宣伝し続けて来ているから」に他ならない。

「そんなテレビ・ラジオ・一部マスコミ等の大衆誘導に操られている人々」が、

「原寸大を大きく逸脱した、

反舛添都知事感情等を

抱かせられている」』。

『「その状態を{民意}等」と

「嘯き」、

「そんな{民意}等を維持させる」べく、

「日本の公共の電波」や「公共的マスコミ等」を「使って」、

「未だに、

原寸大批判・非難を行うのでは無く、

舛添都知事に対するヘイト・スピーチ等を行い続けている様相」なのだから、

「本当に、悪質」だ』。

『「其処の下で生まれている」のは、

「断じて、民意では無い」。

「大衆誘導情報工作の悪の成果」だ』。

『「退かされるべきは、セコイ問題が露呈した舛添都知事では無い」。

「ナチス・ヒトラー」と「同様の事」を

「戦後の日本社会で行い続けて来ている巨悪」こそが、

「その座を退かされるべき」だ』。

『「特に、公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、「ゲイノウ人&不倫の宣伝」や「舛添都知事降ろし政治運動」等に公共の電波を使っていたが・・・。

『「今回の不倫該当男性」は「子沢山策略でも抱きしめているのかも知れない」。

「その辺りの探求取材やその結果等でも報じている」なら、

「未だ、戦後日本社会の中に巣食っている

日本乗っ取り支配工作等の問題を露呈させる事等による、

社会的意味等もあるかも知れない」が、

「ゲイノウ人」と「不倫」の「宣伝状態・・・」では

「本当に醜悪」だ』。

『「公共の電波を使った、舛添都知事降ろし政治運動状態」も、

「本当に、酷い」』。

『「都民の納得を壊す悪イメージ情報ばかりを主軸」に、

「公共の電波を使って、一方的に情報配信」したり、

「公共的マスコミが、大騒ぎ」したり、

・・・等々すれば、

「多くの都民」が、

「納得してはいけない心理」等を

「抱き易くなる」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等」を

「無条件に信じている人々が決して少なく無い戦後日本社会」では、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「色々な事件・事故等をダシ」に

「正義ぶる事」で、

「視聴者が、

常連出演者等を

正しい・頼れる者等と

思い・信じられる状態」を「誘う」。

「そして、その常連出演者等が、政治問題等を語れば・・・」、

「常連出演者等の論こそが、正論だ!等と勘違い」し、

「自らの政治志向等を常連出演者に同調させてしまう視聴者」を

「大量に生み出せてしまう」』。

『「ナチス・ヒトラーの大衆誘導と同様の事が可能なまま・・・」なのが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ』。

『「舛添都知事のセコイ問題」で

「納得出来無い都民」とは、

「実質的に、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導で

操られている状態の人々」に他ならない』。

『「それでも、元々が、セコイ問題」なので、

「都知事を辞めさせるまでの圧力には、基本的に成り得ない」』。

『「そこで、今、盛んに行われている」のが、

「セコイ問題でも、法的に問題と出来るところは無いか?」の「あら捜し」だ』。

『「法的に問題と出来る事がチョッとでも有れば、

法的追及で都知事を辞任に追い込める」と

「政治運動している様相」なのだ』。

『「元々、実際に在る問題」は、

「セコイ、小さな問題に過ぎ無い」が、

「大悪イメージ」で、

「都民や視聴者のアンチ舛添都知事感情」等を「煽り」、

「先ず、外堀を埋める」。

「そして、どんなに小さな問題でも法的に問題に出来る事を探し出し、

出来れば、百条委員会等で追及する」。

「その様」な、

「何としても、都知事を追い落とす政治策略」の「臭い」が「濃厚に漂っている」』。

『「その為の情報工作等」が、

「日本の公共の電波上」や、

「公共的マスコミ上」で

「行われてしまっている様相」だ』。

『「セコイ問題」で

「都政を混乱させ、

都政の遅滞や負担の増加等」を「招き」、

「何としても、

現都知事を降ろして、

自分たちにとって都合の良い者を都知事にしたい!」等の、

「政治的思惑満載の様相の連中」が、

「日本の公共の電波を使える仕事」や、

「公共的マスコミの仕事」等を

「行えてしまっている事」の

「危険性やデメリットは、本当に絶大」だ。

「戦後日本社会の病根の一つ」は「間違い無く、其処に在る」』。

『「多くの日本国民」は、

「この重大事実を絶対に見逃すべきでは無い」。

「容認、放置したままで良い訳など全く無い重大事」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「男児置き去り父親と救出された男児」を「良かったネ!」で済ます事の罪・・・。

『「此処から先」は「かなり踏み込んだ、精神分析的内容にもなる」ので、「あくまでも、仮説精神分析一般論の一論」として、

「お読み頂きたい」』。

『「今回の事例自体」について

「記しているのでは無く」、

「今回の事例について、テレビ・マスコミ等が公然化した情報ダケを基にして記した」、

「事例自体とは、次元の違う仮説論」だ』。

『「実態」として、

「今回の事件の大元」は、

「該当子どもの問題行動」だった』。

『「それでは、該当子どもの問題行動の大元は?」

「実は、其処にこそ、同様の新たな事件・事故等を防止する重大要素が在る」』。

『「子どもが問題行動を発生させてしまう原因」が

「子ども自身の資質等である場合」は、

「ほとんど無い」』。

『「多くの場合」は

「親等も含む周辺環境からの{学び}故」に

「子の問題行動は発生させられている」』。

『「該当親子の場合」は、

「父母関係が強く絡んでいる事」が「強く推定される」』。

『「多くの人々」は、

「今回の事件~事件処理等」の「情報を得て」、

「悪いのは、置き去りにした父親」等の「感を得ている」だろう』。

『「しかし、それは、上辺の上辺でしか無い」。

「実際の家庭環境内」では、

「父親と母親」の、

「子に対する、実質的な支配権争い等が行われている場合が多い」のが、

「通例」だ』。

『「そして、子」は、

「その支配権争いに対して、極めて敏感である場合が多い」』。

『「更に、精神分析的」には、

「男の子」とは、

「母親」に対し「父親との間」で、

「精神的争奪戦を行い易い存在でもある」』。

『「普通の状態」なら、

「成人している立派な父親には勝ち目が無い」から、

「エディプス・コンプレックス状態となる場合が多い」』。

『「ところが、その状態が崩される場合も在る」。

「父親が情けない場合等」だ』。

『「上記の様」な、

「多くの男の子が普通に保持している場合が多い、

基本的精神状態」等を

「考える」なら、

「今回の事件」で、

「該当男の子のエディプス・コンプレックス」が

「事件により、解消状態となってしまっている事」に、

「気づかれる方々も少なく無い」だろう』。

『「事件を境」に、

「該当男の子の立場」は、

「父親より圧倒的に優位になっているから」だ』。

『「問題」は、

「通常事例」では、

「男の子は成長と共」に、

「エディプス・コンプレックス自体」が、

「徐々に解消気味」となり、

「ある程度以上成熟する」と、

「母親以外の異性への本能レベルからの興味増大等」から、

「エディプス・コンプレックスの解消自体を必需とはしなくなる」。

「この辺りが、上手く成長出来ていない場合」に、

「所謂マザコン状態等となってしまうのだが」・・・』。

『「ところが、

幼少時に、

エディプスコンプレックスが解消出来てしまう」と、

「自己万能(≒モンスター)心理等を抱き易くなってしまう場合が多い」』。

『「現状の助かった男の子を、ヒーロー的扱いしている状態」

&「父親の謝罪状態」は、

「その様なモンスター心理育成等の応援にも成り得てしまっている」のが、

「精神心理上の現実」だ』。

『「ここで、原点に戻ろう」。

「男の子の問題行動の原因は?」』

『「恐らくは、父母の力関係等に在る」と「強く推定出来る」』。

『「男の子として産まれた」からには、

「父親に投影・同一視心理等を抱くのは、自然な現象」だ。

「ところが、原家庭の力関係」で、

「父親の上辺では無く、内実」が、

「母親の下に敷かれている状態等だった」なら、

「男の子は、其れを敏感に感じ取り、無意識上のストレス等とする状態に陥り易くなる」』。

『「そんな状態の男の子」なら、

「八つ当たり行動等が出易くなる」のも、

「ある意味、当然」になる』。

『「今回の事件」でも、

「該当父親は、顔出し全面謝罪状態」だ。

「該当母親は、マスクで沈黙状態」だ』。

『「上辺では、該当父親が全面的に悪い様に受け取られがち」だが、

「精神分析上では、該当母親にも、相当な責任の所在が見て取れる」』。

『「両親と子の家族関係とは、片親と子の関係では無い」。

「その家族全体の関係」だ』。

『「優しい父親の精神的実態」とは、

「戦後日本の学校教育やマスコミ等の情報等により、

無害化・虚勢化されながら育てられた

その人本来の自我の成長が著しく阻害させられている状態である場合が多い」。

「女性の場合」は、

「無害化・虚勢化、情報・教育の悪影響」が

「現世実利に縋る精神状態の増大化に繋がっている場合が多い」。

「生まれ易くなるのが、短絡現実的でしっかりした母親という訳」だ』。

『「その様な父親と母親の無意識レベルの精神的力関係」では、

「多くの場合」で「短絡現実的な母親の力が、優しい父親の力を上回り易い事になる」』。

『「優しい父親の中」でも、

「短絡現実的な母親の中」でも、

「本来の自分と乖離させられているが故の精神的ストレスが発生し続けている」』。

『「子は、父親・母親の精神レベル」での「力関係」も、

「劣者側に抑え込まれている状態の親の精神内でのストレス等」も、

「敏感に感じ取りながら、成長する」』。

『「上記の様な精神構造分析」が「明らかにしている事」は、

「子の問題行動等を激減させる為」には、

「親の精神状態の現実・実体との整合性を高める必要がある事」だ。

「原家庭の精神文化ベースを進化させる事が重要である事」だ』。

『「もちろん、親では無い人々でも、基本的実態は変わらない」。

「全大人の精神文化ベースを進化させる事」が「重要」だ』。

『「果たして、この辺りの実体・実態」を

「どれ程の方々が、理解・把握しているのだろうか??」』

『「子の問題行動の源泉」は

「原家庭の環境にある場合が多い」。

「そして、上辺の環境が源泉である場合」は、

「意外と少なく、

内実の無意識に働きかける環境が源泉である場合が多い」』。

『「その辺りから、

紐解けてこそ、

同様の新たな事件・事故等の再発防止にも繋がる」のだが』。

『「筆者が此処で、敢えて、イヤゴー状態的な上記の論を記した」のは、

「もちろん、一番は、再発防止の為」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「余りにも浅過ぎる情報配信実態」に、

「かなりの嫌悪感や危機感等を感じている方々」も、

「決して少なく無い筈」だ』。

『「余りにも浅すぎる情報配信がもたらす事」とは、

「同様の新たな事件・事故等の再発等に他ならない場合が多く、

再発防止に繋がらない場合が多いから」だ』。

『「逆に、

上記の様な、

ある程度深い考察等が市民権を得るまで」には、

「相応の準備段階が要る事も事実」だろう』。

『「しかし、現実として、人類の物質文明は急速な進化をし続けて来ている」。

「人類の精神文化が、未熟なままで良い訳は全く無い」』。

『「あらゆる手段を用いて」でも、

「全人類の精神文化の正常進化を誘う情報配信」が

「激烈に望まれている所以」だ』。

『「もちろん、筆者には、該当家族等を責める意図は全く無い」。

「現実として、未熟部分を露呈してしまった家族の事件の報道情報実態」を、

「同様の新たな事件・事故等の再発防止」や、

「人類の精神文化の正常進化」等に、

「有効利用したいダケ」だ』。

『「該当家族等を責めて正義ぶっていても、

その内実では、

上記の様な精神心理的な問題さえ、

未解決・・・」等の「状態」こそが、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき状態」に他ならない』。

『「余りにも浅い論等」を、

「公共の電波上や公共的マスコミ上等」で

「平然と露呈出来ている者たち、

(常連出演や常筆等していれば、尚更)」とは、

「正に、永遠の恥辱に染まる道の上に置いてください」と

「体現している様なモノ」だ』。

『「ちゃんと人類の精神文化の正常進化の為に有益な事」を

「言ったり書いたりする」か、

「お辞めになる」のが、

「身の為と思う」が』。

『「一番、醜悪なのは、お金や権力等の為に現状に執着する事」だ。

「その人間社会破壊度・人類&地球生命体破壊度」は、

「かなりのモノになるから」だ』。

|

米国大統領選民主党側で、クリントン氏勝利と騒いでいるが・・・。

『「大票田、カリフォルニア選挙の前」に「サンダース票を減らす為」の「金権・既得権益権工作でしょ!」等と「感じている方々も多い筈」だが』。

『「個人的」には、

「米国内格差解消!のサンダース氏」と

「不法移民等反対!のトランプ氏」の

「争いとなる」のが「健常と感じる」が』。

|

テレ朝朝番では、「ゲイノウ人不倫の宣伝」とか「舛添都知事ヘイト・スピーチ等」とか、等々、やっていたが・・・。

『「特に熱心だったのが、{舛添都知事に対するヘイト・スピーチ}」だ。「他の政治家との明らかな差別」は「本当に酷い」。

「全政治家に対する調査報道結果が出て、

その中での

今の舛添都知事の問題の位置が明らかにされるまで」は、

「今の日本の政治家」として、

「原寸大の、相対的非難や批判が出来る訳も無い」』。

『「相対性や公平性・平等性さえも無い、偏重・偏向批判・非難」は

「明らかな差別」だ』。

『「差別」が

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等によってつくり出され、

公然化され、

多くの人々がそれに操られる日本社会」では、

「本当に、アブナイ」』。

『「現状で、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等に操られてしまい、

八つ当たり的批判・非難等を行ってしまっている方々」は、

「差別主義者では無い」のなら、

「批判・非難の仕方等を、考え直すべき」だ』。

『「{舛添都知事に対するヘイト・スピーチ}を行っている者たち」が、

「舛添都知事をやめさせて、いったい、何処の誰を都知事にしたいのか?」等を

「考える」なら、

「誰もが、舛添都知事騒動の実体に気付く筈」だ』。

『「公共の電波や公共的マスコミ等を使った、実質的、政治運動等」は、

「即刻、廃絶させられるべき」だ』。

『「ゲイノウ人や不倫」の「宣伝~公然化」等に

「公共の電波を使っている」のも、

「本当に醜悪」だ』。

『「不倫の公然化をしたい様相の連中」の

「私生活等」を

「舛添都知事の合法不適切問題並みに追及」したら、

「不倫露呈~家庭崩壊等々」が、

「ゾロゾロ・・・だったりして・・・」等と、

「感じている方々も決して少なく無い筈」だ』。

『「ゲイノウ人の宣伝=視聴者の有名人依存心等を増大させる事」に他ならない。

「有名人で操れる状態の視聴者を増やしたい思惑を持っている悪ども等」なら、

「積極的に行いたがる事の一つ」になる』。

『「常連出演者とは、実質的、有名人に他ならない」。

「常連出演者が語る論等で、視聴者を操り易くする為」には、

「ゲイノウ人の宣伝も合理的になる」』。

『「芸能人」なら、

「売り手の宣伝等に操られて、人を覚えるのでは無く、

芸を見る」。

「私生活売りや騒動売り等」は

「相手にしない」。

「常連出演者の論」等は、

「その内実を見る」。

「内実」が、

「偏向・偏重論」や

「特定の方向を向いた政治運動等」や

「大衆誘導」

等だったりしたなら、

「鵜呑みにして、自分を操らせない」』。

『以上、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズムの有益分子化されない為」に

「必要」になってしまっている

「最低限の自己防衛対策」だ』。

『「現状の多くのテレビ番組」は

「上記の最低限の自己防衛対策以上の対策を持って視聴しなければ、

非常に危険な状態にある」』。

『「娯楽であるべきモノ」が

「実質的に、危険である現状」は

「一刻も早く是正させられるべき」だ』。

『「男児置き去り父親、しつけ問題」では、

「暴力的しつけや体罰はやめるべき論」等の

「当たり前の事」が

「言われていた」』。

『「しつけ」や「いじめ」等と

「上辺の言葉を変えれば、

実質的、犯罪を無い事に出来る訳も無い」。

「現行法や現行の摘発体制という上辺」に

「引っかからなければ、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の

実質的、犯罪を無い事に出来る訳も無い」』。

『「善・悪・愛・憎等の実感や実反応等」は、

「人類誰もが、

細胞レベルで、

その時々、

常々、

体感し続けている」。

「誰もが、この根本的裁きから逃れられ得ない」。

「上辺の意識上の自覚の有無があるダケ」だ』。

(細胞ごとの善・悪・愛・憎等については、他の記事をご参照ください。)

『「自虐状態の人類を出来る限り減らす為」にも、

「上辺に拘り、

上辺ダケの納得に縋る、

悪習」から、

「自らを解放するのに役立つ情報を配信するべき」だ』。

『「暴力や体罰等を否定し始めた事」は、

「方向性として合っている」。

「問題は、その先」だ。

「上辺から掘り下げて行く道」と、

「細胞レベルから紐解いて行く道」の

「両方が有ってこそ、

人類の大問題の解決も早くなる」』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の

「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、「舛添都知事ヘイト・スピーチ状態」だが・・・。

『「実質的、大衆誘導情報工作使用等、公共の電波の大不適切使用を続けている様相のテレビ等」が「舛添都知事のセコイ合法不適切問題」を「正義ぶって批判・非難している」。

「本当に醜悪な実態を露呈している」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「舛添都知事のセコイ合法不適切使用問題ダケを追及する前」に、

「全政治家に対する調査報道を行うべき」だ』。

『「フェア」を「語る」なら

「先ず、その様な公平・平等な報道姿勢等を示してからで無ければ、

全く説得力が無い」』。

『「舛添都知事に対する都民からの信頼が損なわれた」のは、

「セコイ合法不適切問題故では断じて無い」。

「セコイ合法不適切問題」を、

「巨悪の如く、風潮」し、

「舛添都知事ヘイト・スピーチ」を

「繰り返し、

繰り返し、

行い続けて来ている、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」の

「大衆誘導工作故」だ』。

『「舛添都知事のセコイ合法不適切使用問題自体」が

「どの程度、都民の信頼を失わせるべき実体を持っているのか?」は、

「他の全ての政治家に対する調査報道が行われれば、誰にでも分かる」』。

『「全政治家に対する調査報道の結果を出した上で考える」なら、

「多くの人々にとって」、

「舛添都知事のセコイ合法不適切問題」など、

「今、直ちに、大いに気にするに値しないレベルの事になる筈」だ』。

『「実体としては、比較的小さな問題」なのに、

「まるで巨悪であるかの如く、

一方的に、

大々的に、

風潮している、

偏向・偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

実質的大衆誘導」が

「無ければ」、

「今回の舛添都知事の問題は、問題にもなっていない筈」だ』。

『「ゲス週刊誌」が

「金集めの為に騒ぎネタを持ち上げる事」と、

「公共の電波使用の大テレビ局・ラジオ局」が、

「ゲス週刊誌のネタを利用して、実質的、政治運動をする」のとでは、

「その悪質度が全く違う」。

「大テレビ局・ラジオ局の悪質度」は

「絶大レベル」だ』。

『「多くの日本国民」が、

「都知事等より前に、

批判・非難すべき」は、

「悪質なテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「今回の舛添都知事のセコイ合法不適切問題」は、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が意図的につくり出している問題」に他ならない。

「何の為に?」』

『「舛添都知事を追い落とし、

その後に、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の人脈にとって都合の良い都知事を、

同様の実質的大衆誘導によって選ばせる為に!」等の「事態」が、

「強く推定出来る」』。

『「多くの一般日本国民」が、

「そんな事の為」に、

「操られ、

踊らされていて、

良い訳は無い」』。

『「同様の事態」が、

「沖縄基地問題」でも、

「原発問題」でも、

「選挙時等」でも、

「露呈している」のが、

「戦後の日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等」の

「酷過ぎる実態」だ』。

『「政治資金規正法を強化すると政治活動の自由が阻害される」等と、

「緩い政治資金規正法故に多発しているであろう、

合法不適切使用状態を温存」させたがっていた』。

『「その上で、

自分たちにとって、

都合の悪い者たち」には、

「調査報道をかけ続けたい」のだろう』。

『「そして、

今回の舛添都知事の様」に、

「少々の問題でも、

まるで巨悪の如く風潮」し、

「大々的かつ一方的」に

「大衆に訴える」』。

『「そのマスコミ情報圧力」により、

「偏向・偏重世論を発生」させ、

「それを基」に、

「政治家・政党・政権選択等」を、

「マスコミの意のままにしようとする」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等を悪用」した

「大衆誘導ファシズム政治」の

「酷い実態」だ』。

『「戦後の日本国内」で、

「ナチス・ヒトラーと同様の事」が

「行われていて良い訳」は

「無い」』。

『「舛添都知事に原寸大とは程遠いダーティーなイメージを付けようとしている」のは、

「大衆誘導や偏向・偏重情報等の配信に明け暮れている、

原寸大として、大ダーティーな

テレビ番組や常連出演者等」だ』。

『「東京五輪時等での世界に向けた日本の顔を気にする」なら、

「都知事問題より遥かに前」に、

「先ず」は、

「実体大ダーティーなテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「健常化・正常化等をするべき」だ』。

『「舛添都知事を降ろすより前」に、

「公共の電波の不適切使用を続けている様な者たち」を、

「テレビ・ラジオ界から降ろす方が先であるべき」だ。

「公共の電波使用業界」なら、

「民意が反映されて然るべき」だ。

「政権交代の如く、

公共の電波使用業実権者等の民意を反映した入れ替え等を可能にする法改正等をしたらどうか」。

「その前に、

特定極一部の者たちばかりが常連出演という異常状態」や、

「偏向・偏重論ばかり・・・の一方的配信等」は、

「即刻にでも全面廃絶させられるべき」だ。

「戦後日本社会の正常化・健常化」は、

「其処から始まる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、「舛添嫌え!{大衆誘導}」と「実質的、虐待、置き去り父親」と握手してインタビューの常連出演者の弁等を宣伝していたが・・・。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」による「実質的、舛添都知事降ろしの政治運動情報工作」に「操られていない」なら、「舛添都知事の問題」を「原寸大」で「批判や非難等する事」も「可能になっている筈」だ。

「全く問題無しとは言えず、好ましく無いと思える問題もある」が、

「都知事としての仕事」や

「他の政治家等の同様の問題のレベル」等から考えても、

「現状」の様な、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が主導している」、

「大騒ぎ化」や「一方的なバッシング」等は、

「明らかに異常である事」が

「解る筈」だ』。

『「多くの東京都民や有権者や日本国民」が、

「舛添都知事のセコイ問題の前」に、

「大きな問題として考えるべき」は、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」による

「実質的、大衆誘導情報工作」だ。

「ナチス・ヒトラーから学んでいる」なら、

「絶対に許してはいけない事の一つ」が

「大衆誘導情報工作」に他ならない』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、

実質的、大衆誘導情報工作」を

「蔓延らせ続けて来ている戦後の日本社会」は、

「それが原因」で、

「大いに病まされている部分も非常に大きい」』。

『「実質的、大衆誘導情報工作」は、

「即刻、廃絶する/させるべき」だ。

「実質的、大衆誘導情報工作を行う者たち」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等の仕事をさせてはいけない」』。

『「一般市民の側の人々」でも、

「原寸大の批判・非難等を行わずに、

今回の舛添都知事の様に、

特定のターゲットに、

過剰に悪いイメージ等を付ける事」で、

「その座を失わせ、自分たちに都合の良い新たな者に不当なチャンスを与える工作」等に、

「操られ、乗せられ、賛同等している様」では、

「本当に情けない」』。

『「その様な状態の者」とは、

「断じて、民主主義社会の民では無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等ファシズム上の単なる有益分子の一つ」に他ならない。

「其処に在る」のは

「元の人間らしさや人権等を暗黙の内に奪われ、

単なる道具化されている人形」だ。

「現状でその様な状態に陥らされている方々」は

「一刻も早く、本来の自分を取り戻すべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等の操り人形の糸」を

「切る事」で、

「一刻も早く、本来の自分を解放するべき」だ』。

『「特定極一部の者たちばかりが、主として、常連出演」し、

「何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかり、しかも、偏向・偏重状態」という、

「現状のテレビ界」は、

「本当に異常」だ。

「こんな異常事態を放置したままで良い訳は無い」』。

『「常連出演者の資質を良く露呈させていた一つの例」として、

「本日のテレ朝昼番」の、

「実質的、置き去り虐待父親」と

「握手」して、

「インタビューした者が居る」』。

『そして、

「該当父親の言い分」や、

「該当常連出演者の自論」等を

「一方的に大量配信していたテレビ局や番組等」の「資質」も、

「其処に露呈している」』。

『「実質的、置き去り虐待父親」と「握手」は「あり得ない」。

「それが、普通の健常な人間の感覚」だろう。

「そんな事態が起きていたとしても、それは、公共の電波上では流さない」。

「それが、普通の健常なテレビ番組やテレビ局」だろう』。

『「ところが、テレ朝昼番」では、

「実質的、置き去り虐待父親の言い分」や、

「握手した常連出演者の言い分」や、

「未だ、幼い被害男児の言葉」等を、

「公共の電波上で一方的に大量配信してしまっていた」』。

『「被害男児の言葉」は「被害側なのでここでは別にする」』。

『「該当父親の言い分」と

「該当常連出演者の言い分」は

「酷かった」』。

『「事件の元について」は、

「主として、上辺の謝罪のみ」で、

「内実の検証を基にした具体的な反省内容等(他の記事をご参照ください)は皆無に近かった」。

「それで、被害男児が助かった事を大いに喜んでいた」』。

『「その喜び」は、

「実質的、置き去り虐待致死事件等の犯人にならなくて済んだラッキーさ」等を

「喜んでいるかの如き様相にも見えた」』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置いてください的」な「情報内容」ですらあった』。

『「本来、公共の電波上で該当事件を扱って論じる」なら、

「同様の新たな被害等が出ない様にする為には?」が「主題であって然るべき」だ。

「未だ、本当の原因さえ十分に理解・把握出来ていない様相の該当父親やその言い分」等を、

「大宣伝する事」が、

「視聴者等にもたらす効果」とは、

「同様の新たな事件・事故等が起きても、

ラッキーなら、

テレビ上で宣伝されたりするダケだ・・・」等の

「下劣方向に向かう思想信条や精神文化等」を、

「暗黙の内に摺り込まれ、学習させられる事」等になる』。

『「そして、実体等の探求・把握等や原寸大評価等を失っている視聴者等」なら、

「テレビ等による大衆誘導の操り人形として操り易い有益分子になり易い」』。

『「舛添都知事悪イメージ付けによる追い落とし、実質的、大衆誘導情報工作」等と

「共」に、

「該当父親や該当常連出演者等にとって」は、

「実に、自虐的でお気の毒な事」を、

「テレビ等大衆誘導の為の有益分子を育成しようとしている様相の

裏や陰に居ると強く推定される工作指令部の大悪ども等にとって」は、

「相応に都合の良い、視聴者劣悪化情報等」を、

「大々的に配信していたテレ朝昼番やテレ朝の資質」には、

「大きな疑問符が付く」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、反ヘイト・スピーチデモ派も道路使用許可を取っていた事が伝えられたが・・・。

『「タイトルの事態」は、「反ヘイト・スピーチデモ派が{市民の集まり}では無く、代表者が居て、道路使用許可申請等も行う、政治活動団体である事」を「露呈させている」。

「この様な実態があった」にも係わらず、

「市民」として

「報じていたテレビ番組等」は、

「本当に酷い」。

「市民イメージ」で

「視聴者」を、

「反ヘイト・スピーチ派に協調する様に誘導しようとしている

情報工作の様相」が、

「露呈している」』。

『「どちらも、政治活動団体」となると、

「その様相」は、

「出来の悪い、おバカに思える様に仕立てられている様相の所謂右翼」と、

「優等生的で良く思える様に仕立てられている様相の所謂左翼

(内実は、利韓・利中共論等を主張)」の

「構造と全く同様」だ』。

『「所謂右翼」と「所謂左翼」が、

「同様の人脈の者たちによる政治活動である場合が多い実態」からも、

「ヘイト・スピーチ側」も

「反ヘイト・スピーチ側」も、

「同様の人脈の者たちによる政治活動である事」が、

「強く、推定出来る」』。

『「実際に、行っている事」が

「怒号の掛け合い」等と、

「まるで、

街宣車による大音量の音暴力」や、

「圧力団体の主張掛け声」等的で、

「正当な政治や思想・信条等の主張とは、ほど遠い実態になっている事」も、

「多くの日本人感覚とは乖離している」』。

『「リーダーシップを取っている者たち」や、

「それに、呼応している者たち」の

「資質や文化等」が、

「露呈している様相」だ』。

『「ヘイト・スピーチ問題」を

「つくり出し、

大きくし、

日本社会の中で、公然化等する事で、

どんなメリットが生まれるのか?」等を

「考える」なら、

「ヘイト・スピーチ問題の実体」は、

「誰もが分かる事」だ』。

『「実際」に、

「ヘイト・スピーチ問題対策」として、

「国が実行した事」は、

「ヘイト・スピーチ禁止(解消)法」という

「新たな、在特法的法律」の

「制定~施行」だった』。

『「邦人」とは、

「自国の人」であり、

「日本では日本人を表している言葉」だが、

「ヘイト・スピーチ禁止(解消)法」とは、

「在日邦外人に対する差別的発言等を禁止する法律」だ』。

『「その内実」は、

「日本国内の日本人以外の人々に対しては言葉等を慎め!」の

「圧力を謳っている法律」に「他ならない」。

「そして、その逆は、ヘイト・スピーチ禁止(解消)法による圧力無し」だ』。

『「つまり、●●人(在日邦外人)は日本から出て行け!」は

「ヘイト・スピーチ禁止法により禁止」だが、

「日本人は日本から出て行け!」は「禁止されていない」。

「明らかに、異常な差別状態を内在させている法律」だ』。

『「日本人には自虐を強い」、

「日本乗っ取り支配等を企んでいる連中」には

「元気を与えてしまう様な法律」だ』。

『「こんな変な法律」を

「いったい、何処の誰たちが、

どんな圧力等や裏金等を使って、

成立せしめたのか?」等こそが、

「マスコミ人なら、徹底検証し、報道するべき事」だ』。

『「ヘイト・スピーチの宣伝」等を

「行っているダケの者たち」とは、

「マスコミ人とは言い難い者たち」に他ならない』。

『「ヘイト・スピーチ禁止(解消)法の圧力」が

「圧力として機能する為」には、

(「表現の自由との兼ね合いで、罰則等をつくる事は困難」なので)

「多くの日本人に、

ヘイトスピーチ禁止(解消)法の存在自体を

大々的に知らしめる事」が「必要になる」。

「その為の似非芝居」が「渋谷や川崎で行われた様相」だ』。

『「そして、その似非芝居」を

「韓流テレビ等」が、

「日本の公共の電波を使って、

大々的に宣伝している」』。

『「戦後日本社会の異常状態の縮図」を

「露呈させている様相」なのが、

「ヘイト・スピーチ問題」だ』。

『「多くの、普通の日本国民」なら、

「戦後日本社会の中の異常状態色は薄くして行きたい筈」だが、

「ヘイト・スピーチ問題」では、

「逆に、異常状態色が、濃くされてしまっている」。

「そんな方向に力を加えている人々」に対し、

「多くの、普通の日本国民」が、

「良い感情等を抱かない事」は、

「当然の事」だ』。

『「戦後日本社会の異常状態色を濃くする様な、

多くの、普通の日本国民から、

良く思われない事まで行いながら、

日本に居続ける事の目的は?」

「日本を乗っ取り支配する為」等なら、

「排斥する」のも「必要だ」等と思う

「日本国民が多い」のは、

「当然の事」だ』。

『「市民等のイメージ」で、

「実質的に、視聴者を騙している、テレビ番組」等は、

「早急に是正させられるべき」だ。

「ヘイト・スピーチ禁止(解消)法自体の日本人差別状態を問題として取り上げていないテレビ番組等」は、

「日本のテレビ番組として、明らかに、変」だ。

「邦外外国人の利権増大等を大いに応援」し、

「問題黙殺等の手段で、暗黙の内に、日本人に自虐を強いる、テレビ番組」等は、

「早急に是正させられるべき」だ。

「日本の公共の電波」は、

「多くの日本国民の為の公共物」だ。

「断じて、主として邦外外国人人脈の者たちダケの為に在るのでは無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「是正」は「急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、「ヘイト・スピーチ、デモ」が集まった市民(?)により、中止に追い込まれたニュースを宣伝していたが・・・。

『「ヘイト・スピーチ」は「当然、ダメ」だ。「もちろん、筆者もヘイト・スピーチ反対派の一人」だ。

「しかし、警察が道路使用許可を出したデモ」を

「集まった市民???圧力で中止に追い込んだ事」にも

「大きな疑問を感じざるを得ない」』。

『「集まった市民とされている人々」は、

「本当に、普通の市民ばかり・・・だろうか?」

「テレビ等が市民として紹介している者の多く」は、

「所謂、左翼活動家」や、

「左翼活動家等に操られている人々」ある場合が「多い」』。

『「そんな市民???たち」は、

「果たして、その場所での集会等の許可を取り、その許可が出ていたのだろうか?」』

『「テレ朝夕番」では、

「上に列記した辺りの重要要素」を

「何故か?沈黙」だった。

「その上で、

話し合いによる共存等の旨を訴えた、

在日韓国人の言い分」を

「宣伝していた」』。

『「話し合いによる共存」が

「事実・現実に基づいた是々非々判断に基づく事なのか?」

「在日韓国(北朝鮮も含む)人側の言い分」を

「一方的に日本人側に呑ませる為」の

「駄々こね、

ゴリ押し

話し合い???」による

「上辺の結果上」の

「身勝手な共存???なのか?」は、

「真の友好共存関係構築の為の重要要素」だから、

「是非とも、

今後も、

意識的かつ積極的に、

その辺りも含めて、

追加・探求・追跡取材等するべき」だ』。

『「事実・現実に基づいた是々非々判断上の共存」なら、

「当然、日本乗っ取り支配等の為の策略・工作等」とは

「全く無縁で無ければならない」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や拉致工作等々とも、無縁」で、

「もし、それらの工作実態を知って居たりする」なら、

「その被害者である日本側に立ち、

積極的に暴露・告発等する者で無ければオカシイ事になる」』。

『「策略や工作等が無縁」で、

「韓国(北朝鮮も含む)籍を保有している」が、

「日本国内」で、

「日本と共生・共存する為に住み続けて居る人々」なら、

「実際は、話し合いさえも要らない」だろう。

「その様な善良な地球人に対する不当差別は絶対にダメ」だ』。

『「話し合いの内実」が、

「在日韓国(北朝鮮も含む)人側の日本乗っ取り支配策略やその為の工作等」を、

「より有利に進める為等・・・だったりする」なら、

「最終的には、話し合い自体も成り立たなくなる」だろう』。

『「例えば、

現行法&現行法で摘発困難な策略や工作等について、

その実態や気配等を日本人側が察知」し、

「止めてもらいたい旨等、伝え、話し合って」も、

「確固とした証拠を出してから言ってください」とか、

「何か、法に触れますか?」等々では、

「話し合いにならない」』。

『「北朝鮮による拉致等への協力」や、

「現在強いられている工作活動等について」も、

「過去の事だから、

或いは、

現行法・現行の摘発体制では摘発困難な事だから」等々と、

「その実態など判る訳も無い」等と、

「しらばっくれ続けて居る」なら、

「その実態」は、

「明らか」に、

「日本人との共生・共存を考えているのでは無く、

北朝鮮側に立っている事になる」』。

『「日本乗っ取り支配等が目的」と

「推定されたり、言われたりしても、仕方の無い実態」が

「其処に露呈している事になる」』。

『「日本のマスコミ等」なら

「上記の様な事まで十二分に考慮しながら、

意識的かつ、積極的に、

徹底的に、追跡・探求取材等するべき」だ』。

『「在日韓国(北朝鮮も含む)人側の為の様相の情報配信」は、

「積極的に行う」が、

「本来在るべき取材内容については、黙殺状態・・・」では、

「いったい何処の国のテレビ・ラジオ・マスコミ等なのか???」』

『「その辺りを根本是正しない限り、

丸ごと一人の死生観の様な、

丸ごと●●人や●●民族を差別し、非難する、ヘイトスピーチ等」は、

「無くして行く事は出来ても、

戦後の日本国内で渦巻き続けている重大な問題」は、

「解決出来得ない」』。

『「日本国内で日本人と共生・共存・共栄等して行きたい在日外国人の方々」なら、

「知り得ている策略や工作等」は、

「積極的に暴露・告発等するべき」だ』。

『「事実・現実や実体・実態に基づいた是々非々判断による話し合い解決」とは、

「今時の人類世界の世界標準」だ。

「特定の者たちの考え・思い等に他の人々を従わせようとする時代遅れのゲームを未だに行い続けようとしている者たち」は、

「もはや、裸の王様」だ』。

『「ヘイト・スピーチ」も、

「策略や工作等々」も、

「平和・共生・共存の敵」だ』。

『そして、

「ヘイト・スピーチ」より、

「策略や工作等々」の

「方」が

「遥かに実害が大きい事」は、

「絶対に忘れるべきでは無い」。

「実態として、拉致は氷山の一角に過ぎ無い」』。

『「実害から考えて」も、

「ヘイトスピーチ禁止法」の「前」に、

「実効のあるスパイ・工作活動等防止法」や、

「実効のある摘発体制等が有るべき」だ』。

『「この当たり前の状態を実現させない為」の、

「日本国・日本人に対する

上辺はジェントル・優等生的な

ヘイト情報・教育体制等」の

「問題が露呈している」』。

『「戦後日本の情報・教育等の正常化・健常化」は「急務」だ。

「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「特に急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、参院選で何とかして野党側を有利にしたい様相だったが・・・。

『「日米安保の強化」に繋がっている「特定秘密法の成立」や「新安保法制の成立」等をまるで、「選挙時の争点とは別の悪い事」の様な「イメージで風潮」していた「常連出演者」。

「そんな常連出演者の論」とは、

「もちろん、以前から、ずっと、利韓(北朝も含む)・利中共の論」を

「日本の公共の電波上で、一方的に大量配信し続けて来ている者の論」だ』。

『「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)にとって」は、

「日米安保の強化等」は、

「悪い事になる」のだろう』。

『「(中国共産党や韓国・北朝鮮を有利にしない・・・ここまでは黙殺)アベノミクスが失敗だ!」論も、

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは黙殺)脱原発!」論と、

「同様の重大要素を意図的に黙殺しているが故」に、

「ちょっと見聞きしたダケなら、

さも正論の如く見聞き出来てしまう

実質的、情報工作論」に他ならない』。

『「円高是正」や「株価回復」等をもたらしている「アベノミクスがダメ!」等と言うなら、

「他のどの様な経済政策」が

「日本国・日本国民の為のなるのか?」を「言えなければインチキ」になる』。

『「アベノミクス失敗論者たちが推奨する経済政策」とは、

「円高容認」や「株価低迷」で

「日本の経済を細らせる反面」で、

「中・韓(北朝も含む)等の経済が太れ易くなる経済政策」と

「強く推定出来る」。

「だから、行いたい経済政策の内実を、言えず、

アベノミクス失敗!等だけしか言えない」のだ』。

『「日米安保の強化に反対!」や、

「中・韓(北朝も含む)の経済を有利にしない経済政策に反対!」等の、

「主張をする政党や候補者等」は、

「本当に、日本国・日本国民の政党や候補者なのだろうか???」』

『「実態から流れて来る臭い」は、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の出先」の

「在日政治工作員や在日政治工作組織等の臭い」だが・・・』。

『「同様の在日情報・教育工作機関の臭い」を

「充満させて来ている様相」なのが、

「戦後の日本の

テレビ・ラジオ界や

一部マスコミ等や

学校教育等」だ』。

『「参院選の争点」は、

「内実」として、

「日本国・日本国民の為の政治を行うか?」

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)系の者たちを有利にする政治を行うか?」

に「なっている様相」だ』。

『「憲法9条問題」とは、

「法を守らない、

工作等を仕掛けて来ている、

核兵器等を使った戦争等も厭わない

反日国家等」から、

「日本国・日本国民を守る為には?」の

「問題の一つに他ならない」』。

『「国際法さえ守らない相手に対して、

日本の国内法に過ぎ無い憲法9条を高々と掲げてみせても、

虚しいダケ」だ』。

『「逆に、

国際法さえ守らない相手側」からすれば、

「日本がそんな状態である限り、

侵略や乗っ取り支配等もより容易に行えると判断する」のが、

「当然」になる』。

『「つまり、不法反日国家による日本の侵略や乗っ取り支配等の為」なら、

「日本の憲法を変えさせない方がより有利になる」』。

『「国際情勢を無視した平和ボケ」では、

「日本国・日本国民の未来は守り得ない」』。

『「日本国・日本国民」は、

「中国共産党支配下の一自治区の中の奴隷的立場の者たち」として、

或いは、

「金家を天皇系と入れ替える北朝鮮支配下の統一国家の中の奴隷的立場の者たち」等として、

「生き残れれば良い」等と

「本気で思っている人々」なら、

「日本国・日本国民に自虐を強いる

情報・教育等も、

経済政策も、

安保状態も、

憲法状態も、

大歓迎!」だろう』。

『「シワクチャにされた日本国旗の上に太陽とされている金家が上る象徴的旗やロゴマーク等」を

「平然と掲げられていた人々の多く」は、

「そのスジの人脈の者たち」だと

「強く推定出来る」』。

『「全有権者」は、

「民主党政権時」の

「円高容認等により、

中・韓(北朝も含む)が太り、日本が細った、

経済政策等を忘れてはいけない」』。

『「旧民主党の多くは、現民進党となり、

参院選では、

共産党等と一緒になって、

反対野党の本領を発揮し、

反与党一団として戦う」らしい』。

『「反与党」等と「奥歯にモノが挟まった様な事は言わず」、

「もはや、内実は、実質的に、バレバレ状態」なのだから、

「反日」等と

「本音を言えば良いのに・・・」等と、

「感じられている方々も多い筈」だ』。

『「もっとも、反日では、日本のほとんどの有権者が貴重な一票を投じる訳も無く、

得られる票数は、ほぼ、日本国内の反日人脈有権者の数と同じ程度になる」から、

「反日人脈の実数を把握させない為にも、

子沢山策略等で、

反日人脈の実数をある程度以上多く出来るまでは、

本音は言えない」のだろう』。

『「逆に、現状では、バレバレではあるものの、

裏で行っている

反日人脈日本国籍保有者増やし工作」が、

「目標数以上となった時」には、

「逆に、

堂々と、

反日を訴え、

反日本人を訴え、

反天皇を訴え、

金家を天皇にする合意を取り付けたり、

中国共産党支配下の中国の属国となる合意等を、

取り付ける予定」だろう』。

『「愚かな血統・民族主義者たちの悪の策略上では、

例え、百年単位の年月を必要とする事」でも、

「血統・民族利権の為なら、

実際に絶対に諦めずに行い続ける事こそが

正義との事」だ』。

『「そして、その為のキーテクノロジー(?)」が「電磁波工作」なのだそうだ』。

『「もちろん、

既に、

バレバレ状態だから、

既に、

悪の策略自体、

破綻しているのだが」・・・』。

『「全有権者」は、

「反日人脈の者たちに虚しい期待等を抱かせない為」にも、

「日本国内の不健常な工作等を早々に終えさせる為」にも、

「日本国・日本国民の為になる投票先を選ぶべき」だろう』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

北海道男児「置き去り、しつけ」事件問題・・・。

『「男児が無事保護された事で、一応、この事件自体は、終息しようとしている様相」だが「内実に在る本質的問題の解決抜き」には「同様の新たな事件・事故等を防止する事は難しい」。

「この事件の本質」は「置き去り男児の問題行動の元」であり、

「置き去りをしつけと捉えている親たちの問題」だ』。

『「置き去り」とは、

「圧倒的優位な立場である親」が、

「圧倒的に不利である子に対して」、

「自らの権力をふるったパワハラ的行為」に他ならない』。

『「そんな事を行える親の下」で、

「日頃から、どんな情報を子が得ていたのか?」は、

「想像に難く無い」』。

『「問題の解決」に対して、

「パワハラ的権力を基にした解決法を選択する親等から得られる情報」とは、

「他の者・物・事より、強く、優位であれば良い」等であったり、

「他の者・物・事より優位な立場に在るなら、

他の者・物・事に対する暴力的八つ当たり行動も容認される」等々で

「ある場合が多い」』。

『「子の問題行動の基の一つ」は、

「親が子に日頃から子の前で示し、子に学習させている精神構造」に他ならない』。

『「しつけとして、

人類らしく、

言い聞かせ、

納得させる事」と、

「しつけとして、

まるで、言葉の通じない動物相手の如く、

身体や身体環境等に訴え、覚えさせる事」では、

「雲泥の差が有る」』。

『「言葉によるしつけ」を「行う場合のポイント」は

「その問題行動等の内実や本質」を

「子ども自身に、考えさせ、

心底から、理解・把握させる事」だ』。

『「その為」には、

「その問題行動等の内実や本質」について、

「親自身」が、

「相応に実体や事実・現実を理解・把握している必要がある」』。

『「もちろん、全てについて実体や事実・現実を理解・把握済みの人間なんていない」から、

「親も子どもと共に、

その場、その場で、

その問題行動等の本質や実体と

真摯に向き合う事が肝要になる」』。

『「その辺りが未熟な親たち」が、

「自分の未熟さに対するストレスを子に八つ当たりする」と、

「暴力的・パワハラ的しつけが生み出されてしまう」訳だ』。

『「親が、未だ責任の多くを共に引き受けるべき年代の子どもの、

問題行動等を

直視せず、

真摯に向き合わず、

逃げよう、無かった事にしよう、

・・・等々とする事」が、

「事件・事故や問題等の源泉の一つ」だ』。

『「言葉による実体・本質把握等による納得」等を

「心底から学べた子どもたち」なら、

「問題解決の手段」として、

「言葉による納得」や

「事実・現実を基とした話し合い等による合意」等を

「選択し易くなる」。

「当然、現状の大人の世界の話し合いによる解決の為」には、

「話し合いの基となる実体や事実・現実等の理解・把握や、その実用」だけでは無く、

「場合によっては、

事実・現実レベルの話し合いに応じられない未熟な相手を

とりあえず押さえる為の力等」が

「必要になる場合も少なく無い」が、

「その様な、実体・実態や事実・現実関係も、現実通りに受け入れられる様になり易い」』。

『「身体や身体環境等に訴えられて覚えさせられた子どもたち」は、

「問題自体から逃げたり、問題自体を無かった事にしたり、・・・等々しがちになる」ばかりか、

「相手の身体や身体環境等より、

親の立場の様に、遥かに優位な立場や権力や力等を欲し易くなる場合が多い」』。

『「力こそ全て!」とばかりに、

「自分で自分の問題を直視し、解決して行く健常なセルフコントロールを行う事から遠ざかる代わり」に、

「他の者・物・事を支配しようとする不健常な状態に陥り易くなる」』。

『「そんな不健常な状態の者たち」が、

「先ず、求め易くなる」のが、

「他の者・物・事より、遥かに優位な立場に自分を置く為の、者・物・事等になり易い」。

「大金・大権等」然り、

「他人に勝る暴力的手段の保持」然りだ』。

『「そして、優位な状態が得られる」と、

「優位な立場を利用」して、

「自らの考え・思い等の実現」に

「奔走し易くなる」』。

『「もちろん、そんな力を、現実の人間社会で得られる者たちは、極少数」だ。

「同様の精神構造を内在させていながら、

十分な力を得る事が出来なかった者たち」が

「陥り易い不健常な状態」が、

「力のある者・物・事による被支配に甘んじる事」だ』。

『「力のある者・物・事に自らを投影・転嫁・同一視等する事」で、

「さも、自らが力を持っているかの如く自分を騙し、現実逃避」しながら、

「自らが投影・転嫁・同一視している者・物・事の力の維持に邁進等する」

「その自虐的迷い子ぶり等」は、

「本当に哀れな裸の王様状態」だが、

「その自覚さえも持てないくらい

衰弱化させられている場合が多い」』。

『「もう、多くの方々は、お気付き」だろう。

「人類同士の比べっこにより、人類を滅亡に誘いたい」のなら、

「実質的には、暴力的なしつけ等を行えば良い」。

「広義の自分の存続~永続を本気で望んでいる」なら、

「言葉による問題解決等のしつけを選択すれば良い」』。

『「世界平和」と

「人類滅亡」の

「二択の要素もあるしつけ問題」だが、

「未だに、人類滅亡側を擁護しているおバカ、もしくは、悪も居る様」だ。

「そんな悪たちの基」もまた、

「劣悪なしつけ」で、

「負の代々話である場合が多い」』。

『「ここで、問題となる」のは、

「負の代々話に従順なままか?」

「負の代々話を是正しようとするのか?」だ』。

『「其処にこそ、その人(自分)の存在価値が在る」のだから、

「人類誰もが、負の代々話を是正する事に力を注ぐべき」だ』。

『「未だに、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

暴力的手段を用いて、

自分たちをより優位な立場にしようとしている連中」は、

「上記の意味からも、途轍もなく遅れている者たち」になる』。

『「もちろん、そんな途轍もなく遅れている者たちの存在価値」は、

「広義の自分の実体やその実体の本来の目的から見て、高い訳が無い」』。

『「自らの存在価値を貶めている人生を選択している者たち」は、

「一刻も早く、負の代々話を是正する価値の高い人生を送る様に、

自らの精神文化等を正常進化させるべき」だ』。

|

NHK、Eテレでは、丸ごと一人の死生観に基づいた、死からよみがえる事は出来るのか?「時空を超えて」とかやっていたが・・・。

『「人間の本質」を「人格や心(英語のハートでは無く、マインドの方)に求め、その死からの復活や永続等を考えたり、実行しようとしたりする事の実体は?」を「考える」なら、

「そのバカらしさが良く解る筈」だ。

「丸ごと一人の死生観に縛られた状態」で、

「人間個体同士による自己確認の代償欲求の追及」を「求めている者たち」とは、

「自分の実体把握も、

自分の実体の本来の目的の把握も、

不十分な状態の者たち」に他ならない』。

『「物質文明側」では、

「細胞レベルで死や再生を考えていても、

精神文化側では、

丸ごと一人の死生観に基づいた考え・思いによる納得等に基づいて・・・」では、

「せっかくの科学技術等利用」も、

「代償欲求の追及の為の利用」に過ぎず、

「その実体」は、

「大いなる時間とエネルギーの浪費」だったりしている「実態」が

「露呈」している』。

『「この、有能な科学者たちでさえも、陥ってしまっている、

物質文明側の進化に追いつけていない精神文化側の進化」を、

「速やかに、是正する事」こそが、

「今時の全人類の一大命題」だ』。

『「有能な科学者たち等」は、

「死の現象自体」は、

「細胞ごとに捉えられている」。

「それなのに、丸ごと一人の人格やマインドに拘った再生を求めているのは何故か?」』

『「強く感じられたのは、宗教観であり、丸ごと一人の死生観等」だ。

「丸ごと一人の復活や再生という概念」は、

「キリスト教等でも顕著」だ。

「其処から自分を解放」して、

「死の現象自体の様」に、

「細胞レベルでの復活や再生を考える事に主軸を移し、

その連続性(過去・未来両方向とも)を考える」なら、

「人類だけでは無いの地球上の生物全体の世代交代自体」が、

「既に、壮大な再生・復活劇のオンパレードみたいなモノである事に思いが至る筈」だ』。

『「その様な全体像から見れば、

再生・復活に値する生物が生み出され続ける事の出来る状態や環境の維持こそが、

一番肝要である事も解る筈」だ』。

『「生命体全体からすれば、ホンの一握りに過ぎ無い人間界」でも、

「その基本は全く変わらない」。

「人類誰もと細胞レベルの命の連続性を持つ、

地球上の他の人類も動植物等も微生物等も含む生命体全体」を

「広義の自分」とし、

「仮に、地球生命体細胞群という名を付ける事にしよう」。

「広義の自分」である「地球生命体細胞群」に対して、

「生きている人類一個体」とは、

「狭義の自分」であり、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞群」だ』。

『「広義の自分の根本的な目的」は、

「存続~永続」だ。

「もし、違う」というのなら、

「今、何故、存続しているのか?」

「そればかりでは無く、

存続している環境を理解・把握・改造等々まで出来る人類を生み出し、

地球外への進出さえも可能して、

地球無き後の存続さえも可能にしようとしているのは何故か?」』

『「地球生命体細胞群の根本的目的」は、

「存続~永続以外の何モノでも無い」』。

『「この広義の自分の本来の目的との整合性を持つ狭義の自分」なら、

「存在や存続の意味が生まれる」。

「人類」なら、

「生体としての世代交代等に貢献するも良し」、

「生体維持の貢献をするも良し」、

「存続~永続と整合性を持つ物質文明や精神文化の進化等で貢献するも良し」だ』。

『「広義の自分の細胞レベルの壮大な再生・復活劇で補えない程の価値のある狭義の自分の人工的再生や復活等が必要」なら、

「それもアリだろう」が、

「実際は、そんなモノは、ほとんど必要無い筈」だ』。

『「人類の場合」は、

「科学技術でも精神文化でも、

伝え、

残し、

次世代がより急速に発展させる事を可能とする方法」を、

「特定の狭義の自分を残す事以外の手段」で、

「既に、いくつも持っている」』。

『「自分の実体把握等が不十分であるが故」に、

「自分に自信を持てない者たち」は、

「往々にして、

広義の自分の健常存続~永続から離れ、

狭義の自分の丸ごと一人の死生観に基づいた再生や復活や存続等を追い求める」。

「もちろん、それは、代償欲求の追及に他ならない」』。

『「自分の実体把握を十分に行い、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事」により、

「広義の自分の健常存続~永続に貢献する事」こそが、

「本来欲求を充足させる道」だ』。

『「代償欲求の追及では、本来欲求が充足される訳も無い」。

「本来欲求が充足されなければ、満足し、落ち着ける訳も無い」。

「精神文化を正常進化させる事が出来ている人々」にとっては、

「当たり前の話し」だ』。

『「精神文化の進化が不十分な状態」なのに、

「急速に進化し続けている物質文明を使って、

色々と行動を起せば、

往々にして、

広義の自分の健常存続~永続との整合性が取れない

自虐的な行動等を

起してしまう」』。

『「代償欲求の追及では、

本来欲求が充足されず、

欲求自体は残り続け、

新たな欲求も次々と加算される状態となる」から、

「代償欲求の追及は、ドンドン過剰になって行き易い」』。

『「どんなに色々な者・物・事等を手に入れても、

本来欲求が充足されていない限り、満足は在り得ない」。

「落ち着けず、自信も持てない」から、

「その代わりに、

他の者・物・事との比較等により、

納得しようと、

またまた代償欲求を走らせたりしている場合が多い」』。

『「武力による命がけの比べっこは、核兵器まで生み出してしまった」から、

「もはや、武力による命がけの比べっこは、人類が行えばアウト!の世界」だ。

「その代わりに、経済による比べっこが旺盛」だが、

「皆が経済による比べっこに邁進している現状では、

環境破壊~気候変動が旺盛になってしまっている」』。

『「比べっこ等、代償欲求の追及は、誰もが、遊び程度に抑えている」のが、

「精神文化の進化が物質文明の進化より進んでいる健常状態の人類のあるべき姿」だ』。

『「有能な科学者たち等が、大真面目で、丸ごと一人の死生観等を基にした、再生や復活等を論じていたその姿」は、

「正に、学者バカ的」で、

「シュールなコメディー」の様相だった』。

『「このシュールなコメディー」の

「丸ごと一人の死生観等の精神文化の面」に、

「協調してしまい、

自らの精神文化の正常進化を遅滞させてしまう自虐的な視聴者が生まれなければ良い」のだが、

「未だ、精神文化の正常進化に有益な情報配信が極めて希薄」なので、

「環境破壊も、気候変動も、その先の人類滅亡も、

果たして、本気で避ける気があるのだろうか?」という

「疑念ばかりが残るせっかくの公共の電波使用」だった』。

『「受信料まで取っているNHK」が

「人類の精神文化の正常進化に大いに貢献するくらいに、

まともになるのは、

何時??」』

『「人類の未来」は

「地球生命体細胞群の存続への貢献の為の人類生命体として」

「思考等高構築度実現の為に、長寿が必要になる必然性等は在る」が、

「一端死んだ個体を甦らせる必然性」は

「細胞レベルの命の連続性が担保出来ていない重大環境の問題からも、全く無い」』。

『「細胞レベルの命の連続性が断たれた個体の根本的判断」が、

「細胞レベルの命の連続性を持つ個体の根本的判断」と「同じになる」というのは、

「重大実体や環境等を無視した、現実逃避論に過ぎ無い」。

「機械化による置き換え等も同じ事」だ。

「地球生命体細胞群は、

地球生命体細胞群としての連続実体を保っていてこそ、

その根本で正当な判断や選択等が可能になる」』。

|

おバカ大雑誌は「学歴」と上辺に拘った分析論等を平然と風潮しているが・・・。

『「内実を考える」なら「誰でも気づく事」だ。「学歴の内実」とは「試験に出る事を素直に覚える能力に他ならない」。

「つまり、高学歴者」とは、

「記憶能力が高い、

教科書等の内容や先生の言う事等を、余り、疑わずに、素直に覚える事が出来た人々」に

「他ならない」』。

『「逆に言えば、

上記の資質を身に着ければ、

身に着ける事が出来る人なら誰でも、

高学歴を得る事」が「容易になる」。

「もちろん、其れが、

人生を幸せにするか?

否か?」は

「全く別問題だが」』。

『「記憶能力が高い」にも「もちろん」、

「有利・有益な面」と

「不利益を招く面」が「有る」』。

『「記憶能力が高ければ、

数多くの者・物・事等を比較的短時間に覚え、

自分の一部とする事が可能になる」。

「その一方で、記憶能力が高い人々の陥り易い罠」は、

「自分の一部となっている覚えている者・物・事を偏重し易くなってしまう事」だ』。

『「この自覚を持てない者たち」が、

「結構、コミカルな動きや言動等を露呈してしまっている場合等」が

「少なからず見受けられる」』。

『「記憶偏重バカたち」の

「記憶自体」が

「実体や事実・現実離れしている場合」には、

「本当に、哀れなくらいに、コミカルだったり、時には、大迷惑等に、なっていたりする」。

「捏造史国家の高学歴優等生たち等」は「本当に哀れ」だ。

「捏造史等を覚えている者たちの記憶偏重行動等」は、

「世界平和の敵ですらある」。

「戦後日本の自虐教育等の高学歴優等生たち」も「本当に哀れ」だ。

「高学歴優等生等だからと、自虐状態を他の多くの人々に無理強いする悪行」は、

「今時の日本の大迷惑」だ』。

『「実体や事実・現実」とは、

「誰かの記憶に在るから実体や事実・現実であるのでは無い」。

「実体や事実・現実とは、

誰かの記憶や思い等より

遥かに重用されなければならない事」だ』。

『「実体や事実・現実と信じて、或いは、思い込まされて、

覚えてしまった者・物・事に偏執している文科系高学歴優等生たち」の

「オカシサや迷惑等の生みの親」は、

「この主従逆転状態の自覚を持てていない事」に他ならない』。

『「上記の事態例等からも明らかな様」に、

「記憶能力が良ければ、

それで人間として良い状態になれているという類の事」では

「断じて無い」』。

『「理系の場合」は、

「実体や事実・現実と記憶自体が一致していなければ、直ぐに、ボロが出る」。

「理系の記憶は、有益・有用な場合が多い」。

「しかし、もちろん、だからと言って、

理系の記憶を偏重すれば、

全ての人類が理系では在り得ない現実から」も、

「他の多くの人々とのコミュニケーション等」で、

「多大なギャップを生じる事も決して少なく無い」』。

『「バカと鋏は使いよう」とは「古から言われている事」だが、

「記憶も使いよう」であり

「実体や事実・現実離れしている記憶や、自覚無き記憶偏重にはご用心!」だ』。

『「素直に、教科書等や先生の言う事等を受け入れられる事」の「実体」は、

「遭遇する者・物・事等に対する実体把握等を、省けている/省いている事」に他ならない。

「つまり、実体把握能力等があまり鍛えられていない場合が意外と多い」のが、

「高学歴者の特徴」だ』。

『「比べっこ原理主義上」では、

「人は誰でも、自分を他人より上に置きたがる」。

「高学歴という道具」が、

「自分を他人より上に置くために役立つ道具として使える」なら、

「それを使いたがる比べっこ原理主義高学歴者たちも多い」』。

『「比べっこ等の代償欲求の追及は遊び程度」に、

「本質・実体探求&実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置き続ける事」で、

「落ち着き、真の幸福感等を得ようとしている今時の人々」なら、

「例え、高学歴という道具を持っていても、

持っていなくても、

重要な問題では無い事になる」』。

『「本質や実体や人類誰もの実体の目的等を探求する」なら、

「重要な事」は、

「人類同士の比べっこでより優位に立つ事等」では

「断じて無い」。

「地球生命体細胞群の存続~永続であり、

環境破壊という自虐を止める事や、

人類誰もが自分の実体やその実体の本来の目的に叛かず生きるなら当然の状態である

世界平和の実現等々」だ』。

『「上記程度の事さえ???」の「実質的おバカたち」でも、

「高学歴者である場合が結構ある」』。

『「おバカ状態露呈雑誌の者たち」が、

「どれ程高学歴なのか?」は「知らない」が、

「上記程度の事さえ満足に理解・把握出来ていない」から、

「今時なのに、ある意味では、恥ずかしいレベルの記事」を

「公共的大雑誌上に堂々と載せてしまったのだろう」』。

『「そして、そんな雑誌の読者たち」は、

「無意識の内で、おバカ状態で良い等の感を受け、

自らの精神文化の正常進化を疎かにしがちになってしまっている場合も多い筈」だ。

「人類の精神文化の正常進化を阻害している公共的大雑誌の害悪」は、

「甚大」だ』。

|

自民党の「軽~い漫画」を韓流マスコミ等が非難しているが・・・。

『「日教組等の教育や韓流テレビ・マスコミ等に毒された{自虐的な重~い}判断」を「元」に「投票先を選んだり、投票を避けたりする」より、

「軽~くても、自分の感覚通りに投票しに行く人々が多数出た方」が、

「遥かに良いと思うが」・・・』。

|

テレ朝朝番では、都議会野党議員等を呼び出して「覚悟」を求め、「野党共闘」や「リコール」をけしかけていたが・・・。

『「公共の電波を使って」、「舛添都知事を追い落す為には、大衆誘導世論だ!」等と「言わんばかり・・・」の「実質的、政治運動放送を続けているテレ朝朝番」・・・。

「本日」は、

「都議会野党議員を呼び出して、

覚悟を求め、

野党共闘やリコール等をけしかけていた」。

「一応は、都議会与党議員にも声をかけたらしい」が、

「テレ朝朝番の日頃からの民主党~民進党寄りぶり」からも、

「与党側がスルーする」のは、

「ある意味、当然の対応」だろう』。

『「政治的に偏向性がある者が常連出演している様相である」ばかりか、

「常連出演者という圧倒的に優位な立場」から、

「番組論調内容等にも、大きな影響を与え続けている様相」だ』。

『「野党議員を呼び出して、

覚悟を求め、

野党共闘やリコール等けしかけていた、

本日の番組内容」等は、

「まるで、旧社会・共産圏の有益分子育成教育の現場の様」だった』。

『「視聴者相手で同様の状態のテレビ・ラジオ番組も多い」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ界のお寒い実態」だ』。

『「そんなテレビ・ラジオ界や一部マスコミ等」により、

「有益分子化された都民」が、

「普段は、出向かない都議会にまで出向き、

テレビ等のインタビューに応じ、

有益分子としての答え」を

「語っていた映像」は、

「北朝鮮や中国共産党支配下の中国でのテレビインタビュー時の映像の様」で、

「本当に、寒々しい」』。

『「舛添都知事止めろ!世論」の「実体」とは、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の政治志向等の利にも適う、

八つ当たりの受け皿として、

舛添都知事を担ぎ出した所」に

「多くの人々が日頃から抱えている不満等」が、

「ぶつけられている事」に他ならない』。

『「その内実」は「以下のとおり」だ』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ人脈の者たちにとって」の、

「政治的に好都合なターゲット」として、

「舛添都知事が選び出された」』。

『「舛添都知事に対するあら捜し」が「集団的に行われた」』。

『「しかし、捜し出せた」のは、

「過去の問題」や、

「セコイ問題」や、

「難くせ付けが可能な行動や資質」等くらい・・・だった』。

『「しかし、それでも、それらのさほど重大では無い問題」を

「大問題化」して、

「如何にも、都知事を退かなければならない程の巨悪の{イメージ}」で

「一方的に大宣伝した」』。

『「何処かの誰かたちの指令の下で、

一端始めてしまった集団的情報統制工作等による大衆誘導工作等」は、

「何としても、完遂し、相応の成果を出さなければならない」のだろう。

「成果を出せないと、粛清対象になってしまうのかも知れない」』。

『「そんな策略」に、

「乗せられた/乗った人々」が

「自らの不満の八つ当たり先として、

舛添都知事問題を利用して、

不満を吐き出している」』。

『「その結果」が、

「止めるべき80%等の世論」だ』。

『「実体や事実・現実を確かめ、

原寸大の評価や批判・非難等をする」なら、

「今回の件で、圧倒的に、問題」なのは、

「大衆誘導政治等を行おうとしているテレビ・ラジオ・マスコミ側」だ』。

『「それは、舛添都知事に対する調査報道と同様の事」を、

「全ての政治家等に対して行えば、誰もが判る事」だ』。

『「徹底的な調査報道をする」なら、

「日本の政治家の仮面を被りながら、

反日国人脈等から利権供与等を受けていたり、

反日国人脈の者たち等との会合や

反日国人脈の者たち等に対する利権誘導政治等を行って来た/行おうとしている、

者たち等の実態」も、

「ゾロゾロと暴かれる筈」だ』。

『「そして、そんな人脈の者たちの同朋と強く推定出来る者たち」が、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等で、実質的、大衆誘導を行い続けて来ている」』。

『「旧民主党の党旗」の

「しわくちゃになった日の丸から新たな太陽が昇る絵」の

「新たな太陽」とは「金日成~金正日~金正恩」という説もある。

「それは旧民主党の重大な母体である旧社会党」の

「拉致問題時の対応等」からも、

「良く分かる説」だ』。

『「そして、今、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が推している」のは、

「旧民主党の流れを大きく含む、民進党であり、野党共闘」だ』。

『「北朝鮮系等の者たち」の「有益分子となってしまっている日本国民」は「少数派」だが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が「一方的に提供」している

「八つ当たり先等に対する

八つ当たり等を行ってしまう

日本国民の数は多い」』。

『「しかし、

代理制民主主義上で有権者の代表」である

「政治家や政党を選ぶ時」や、

「その進退等を決定せしめる時」等、

「重大な時」に、

「八つ当たりに基づいた判断をする事」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導の操り人形状態のままである事」は、

「民主主義国家の民として、絶対にダメな事」だ』。

『「多くの人々を不要な自虐状態から解放する為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

消費税増税先送り発表&参院選突入モードだが・・・。

『「元々、現状のインチキなれど世界標準でもある経済システム上」でも「フェア対応を行うつもりなどサラサラ無い様相の中国共産党支配下の中国の経済」が「早々に、破綻~崩壊等する事」は、「周知の事実」だった。

「その時がいよいよ迫って来ている」から、

「アベノミクスで景気向上気味の日本や、リーマンショックから立ち直りつつある先進諸国」の

「経済状況ダケ」を観た、

「消費税増税を強行決断」する「部分偏重判断」より、

「世界経済全体の近未来予測まで含めた上での慎重判断」の方が、

「遥かに合理的である事」は、

「言うまでも無い事」だ。

「消費税増税先送りに反対する人々」は「圧倒的少数派」だろう』。

『「問題となる」のは、

「安倍総理の消費税増税を先送りしない旨」の「前言」だ。

「本来なら、衆議院解散総選挙こそが、合理的になる」』。

『「しかし、熊本地震まで起きてしまった現況」では、

「既に決まっている参院選に総選挙の民意を反映させる役割を負わせる判断をした事」も、

「決して責められる事では無い」』。

『「消費税増税先送りに反対の方々」は、

「参院選時」には、

「遠慮無く、

消費税増税先送り派の政党や候補者等では無く、

消費税増税断行派の政党や候補者に投票するべき」だ』。

『「今回の消費税増税先送りには、反対では無い」のなら、

「参院選時の取捨選択基準は別であって然るべき」になる』。

『「共産党は、元々、消費税には反対!つまり、消費税廃止派」だ。

「民進党は、消費税増税先送り派」だ。

「そして、その他の現況少数勢力野党の多くも含めて、野党の多くは、野党共闘体制で参院選を行う」らしい。

「つまり、野党共闘派は、消費税増税反対派」だから、

「野党共闘派」と

「与党」とでは

「消費税増税回避問題は、実質的に、争点に成り得ない」』。

『「野党共闘派」は

「アベノミクス(つまり、現与党政権の経済政策)を批判・非難」している。

「曰く、

給料は上がらない(人々もいる)のに、

(円安で)物価が上がっている」から、

「生活実(感)は苦しくなっている」。

「アベノミクスは失敗だと認めよ!」

・・・等々・・・』。

『「もちろん、

実際は、

政権交代&経済政策転換後、

円高是正により株価も向上したダケでは無く、

雇用も増え、

求人倍率も高くなり、

給料が上がっている人々も多く、その波はどんどん広がっている上」に、

「同一労働同一賃金の流れまでつくられようとしている」』。

『「民主党政権時の様な、

円高容認政策状態とすれば、

主として、輸入品が安くなり、

一時的には、生活物価も下がる」が、

「日本国内の経済活動は細り、

雇用も、給料も、物価スライド年金等々も

減って行く」。

「日本自体がどんどん細ってしまう」』。

『「その反面」で、

「フェアプレイ経済さえも行わない様相の中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等」が、

「太れ易くなる」』。

『「経済政策面」で

「日本経済を良くしたいのなら、

与党と野党共闘派のどちらがより合理的なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等の経済を良くしたい」のなら、

「野党共闘派に一票を入れる事が合理的になる」』。

『「中国共産党支配下の中国経済等を良くする事で、

そのオコボレの恩恵を受け、

生活し続けたい」のなら、

「野党共闘派に一票を入れる事が合理的になる」』。

『「もちろん、中国共産党とは、反日政策も実行している独裁政権」だから、

「日本国・日本人隷属化等の思惑等を保持していても、何の不思議も無い集団」だが』。

『「安保・外交問題でも、同様」だ。

「日米安保を疎かにし、中国や北朝鮮の核兵器圧力の力を増させたい」のなら、

「野党共闘派に一票を入れる事が合理的になる」』。

『「日本・日本国民をフェアプレイ経済圏から遠ざけ、

中国共産党等が主導する経済圏に近づけたい」のなら、

「野党共闘派に一票を入れる事が合理的になる」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党等」の

「手先」の

「情報工作機関的」な

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られていない一般日本国民」の

「参院選時の選択肢」は、

「少ない」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形で無い限り、

中国共産党系でも韓国(北朝鮮も含む)系でも無い

元々の日本の有権者」なら、

「消極的選択」で

「与党側を選択するしか無い有権者」が

「圧倒的に多い筈」だ』。

『「現状の考え・思いレベルの政治」では、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大衆誘導による積極的選択」が、

「一番危ない」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報は鵜呑みにせず、

イメージや論調を外して、

実体や事実・現実部分ダケを利用し、

その上で、

個々の人々が判断する」なら、

「現況の政治に大いに満足出来る人々など稀」だから、

「利権分配等でも無い限り、積極的に選択したくなる党や候補者等は無いのが普通」だ』。

『「消極的選択等に悪いイメージを付け、

積極的に、

反対野党等を選択せしめる

情報配信等を行っている者・物・事等には、

十二分にご用心!!」』

『「肝要な事」は、

「自虐選択を避ける事」であり、

「積極的に自虐選択をする操り人形にならない事」だ』。

『「日本国・日本国民の状態をより良くする、

与党案より優れた現実的な提案を出来ない野党等」の「実体」とは、

「日本国・日本国民に自虐を強いている党や候補者に他ならない」。

「与党案より優れた現実的な提案が出来ない」から

「反対!大衆誘導運動を行っている」のが、

「反対野党」の「実体」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の手先のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「日本国・日本国民の自虐状態を生み出す為」に、

「反対!野党の如く、

反与党!大宣伝等を行い続ける」だろう』。

『「もちろん、それは、明らかな政治的偏向・偏重状態」だ』。

『「健常なマスコミ」なら、

「より、日本国・日本国民の為になる

現実的な政策等」を

「訴えられる」のが

「当然」だ。

「その上で、与党側と野党側のどちらの案がよりマシか?等」の

「実体検証が行えて然るべき」だ』。

『「有権者は、

現況では、

日本には、

健常なテレビ・ラジオ等はほとんど無い等」と

「思っていた方が良い」だろう』。

『「現況の日本のテレビ・ラジオや一部マスコミ等」を

「視聴したり読んだりする時」は、

「イメージや常連出演者・常筆者等の論を外して、

実体や事実・現実情報ダケを拾い集めて、

それぞれの個人個人で判断する事」が、

「必要な状態になってしまっている」。

「特に、選挙時には、全ての有権者が、くれぐれもご用心!」』

|

テレ朝朝番では、本日も「舛添都知事追い落とし大衆誘導工作」を行っているが・・・。

『「日頃は、現行法&現行の摘発体制で、有罪と出来ない者・物・事に対して」は「やっていも良いでしょ!論」や「推定無罪!!」を「大宣伝している場合が多いテレ朝朝番等」だが、

「今回の舛添都知事のセコイ問題等に対して」は、

「現行法上合法である事までをも、大問題化」している』。

『「現行法上で合法でも、問題となる者・物・事への健常対応」とは、

「現行法の改正や是正等を訴え、実現させる事」だ』。

『「不健常な大問題化論」や

「対論や他の論等の無い、もしくは、対論や他の論等が圧倒的に希薄な、偏向論」を

「民放キー局テレビ番組内で繰り広げ、

そのイメージで、

都知事に一方的な不利益を与えている悪行」は、

「明らかな、公共の電波の不当使用状態」だ』。

『「ナチス・ヒトラー問題から学んでいる」なら、

「テレビ・ラジオ等による大衆誘導~政治圧力等」は

「実効を持って全面的に禁止されなければならない」』。

『「猪瀬前都知事の場合の様な、5千万円闇献金的な大きな政治と金の問題」は、

「舛添都知事には無い」。

「言われている、舛添都知事の政治と金の問題」とは「会計処理上のズルやミス等」だ。

「それを、セコイから絶対悪の如く風潮している事」等には、

「別の意図や目的等を感じざるを得ない」』。

『「更に、資質や行動等に悪イメージを被せて、責めている状態も変」だ。

「例えば、

公用車使用中は、動く知事室として使えるなら、都知事の仕事も可能になる」。

「移動に公共交通機関やタクシー等を使った場合は移動時間中には、都知事の仕事がほとんど出来ない事になる」。

「どちらが都知事として、より適切な選択なのか?」は、

「言うまでも無い事」だ。

「公用車使用に悪いイメージを付け、公用車使用を制限したい者たち」とは、

「都知事の仕事時間を減らさせたい者たち」になる』。

『「例えば、

美術品の購入や美術館訪問等にしても、

無理やり取り上げて、悪いイメージで風潮すれば、

多くの視聴者に、

まるで悪い事の様に

勘違いさせ、思い込ませる事が

可能な事」に過ぎ無い』。

『「美術館訪問で、

その展示物の内容等を確かめない限り、

東京五輪時等を睨んだ、

良質な美術館の連携状態等を実現させる事は困難」だ。

「東京で共通チケット等を元に美術館を次々と訪問されたビジターたち」が、

「持ち帰る事になる東京に対するイメージ等」を「良くする事」は、

「都政上の、相応に重要な仕事の一つ」になる。

「舛添氏は、相応の見る目を持っている様」だから、

「見る目が無い事務職の者を派遣せず、都知事自身が訪問している事にも、

相応の合理性を見出せる」』。

『「海外要人等との会談で実際に購入した美術品が使われた写真が紹介された」が、

「会談内容は問わず」、

「都知事との面会を強く印象付け

(要人は色々な多数の人々と会うから、強い印象付けはその要人に東京の事をより多く考えさせる為にも、有効な手段だ)、

その場の雰囲気を和らげる為

(警戒心を解かせ、要人の心理的ハードルを下げさせる事は、交渉や会談印象等をより良くする有効な手段だ)等」には、

「十分に実効がある事」だ。

「それなのに、(芸術的な・・・もちろん、この部分は、悪イメージ配信者たちは黙殺)裸婦像の使用は疑問だ!」等と

「悪イメージによる大衆誘導を行おうとしていた」のだから、

「本当に悪質」だ』。

『「全政治家に対する調査報道の後、

今の舛添都知事の問題が、

一番悪質だ!」等という

「実態が露呈したから、舛添都知事を責めている」なら、

「未だ、話しは分かる」が、

「今の舛添都知事の

セコイ政治と金の問題や

資質や行動等」を

「意図的に大問題化し、その悪イメージで大衆誘導を行おうとしている様相」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の問題」は、

「本当に重大」だ』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が執拗行っている、

舛添都知事責めの先に、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の人脈が求めているモノは?」等を

「考える」なら、

「誰にでも」、

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等」の

「別の意図や目的等が判る筈」だ』。

『「舛添都知事責め落としが成功すれば都知事選」になる。

「舛添都知事責め落としに成功しなくても、

参院選時に、

舛添都知事を担いだ自民党・公明党への責め材料が出来る」』。

『「そんなモノを欲しがり、無理やりつくり出そうとしている者たち」が、

「日頃から推奨している政党」は、

「旧社会党~民主党~民進党」だ。

「実際に、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」には、

「旧社会党~民主党~民進党系の人脈の者たちが多い」』。

『「日本は、断じて、テレビ・ラジオ・マスコミ等独裁国家では無い」し、

「その様な状態は、絶対に容認してはいけない」。

「しかし、多くの人々が実質的に容認してしまったから誕生した」のが

「民主党政権」だった』。

『「民主党政権時にはどうなったのか?」

「日本が細った反面で中・韓(北朝も含む)が大いに太った」。

「そんな事態を再び実現させたい者たち」が、

「未だに、テレビ・ラジオ・一部マスコミ等を使って、イメージによる大衆誘導等を行い続けてる様相」なのだ』。

『「民主主義社会の視聴者・読者等」なら、

「何事でも、問題の本質や実体を見失う事無く、

原寸大の責めや褒めを行える

民度を保つべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の操り人形状態の人々が多数状態」で、

「成立している」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育独裁主義社会」であり、

「断じて、民主主義社会では無い」』。

『「戦後日本社会」が、

「そのどちらになってしまって来ているのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「日本の政治や社会に重く圧し掛かっている闇の司令部」は、

「其処にある」。

「闇を晴らせば、政治も社会も好転し易くなる」。

「多くの日本国民の民度はとても大切」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »