« 「舛添都知事合法不適切問題」&「海老蔵奥様進行ガン」等々で「大騒ぎしている/させられている者たちの実体」・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、未だに、「舛添ヘイト・スピーチ状態」だが、その目的は・・・。 »

舛添都知事問題で都民が避けるべき事は・・・。

『「今、多くのテレビ・マスコミ等」は、「舛添都知事に対して、丁半博打的な、悪イメージを付けようとし続けている」。

「同様の事態」が「国政レベルで行われた」のが「民主党政権への政権交代前」だった。

「丁半博打的悪イメージ、自民ダメ~!!!」等の「大合唱を覚えている方々も多い筈」だ』。

『「丁半博打的イメージ上」では、

「悪」なら「全部ダメ」となり

「政治家なら、辞任や政権交代」を「欲する心理が生まれ易い」』。

『「この心理をテレビ・マスコミ等が、悪用」すれば、

「大衆誘導情報工作」で、

「丁半博打的に悪イメージを付けた政治家や政党等」を

「退陣に追い込む事も可能になってしまう」』。

『「そして、その後に、その座を得易くなる」のが、

「テレビ・マスコミ等が、丁半博打的善イメージを与えた者や政党等」になる』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等によるファシズム政治」を

「可能にさせてしまう」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が与える丁半博打的イメージ通りに動いてしまう民衆」だ』。

『「民主主義国家の民」なら、

「絶対に避けるべき状態が其処にある」』。

『「先の民主党政権への政権交代」とは、

「実質的に、

テレビ・ラジオ・マスコミ等によるファシズム政権が成立してしまった事態」だった』。

『「そして、今、同様の事態」が、

「同様の事態を引き起こそうとしている、テレビ・ラジオ・マスコミ等」により、

「東京都知事を巡って行われようとしている」』。

『「民主党政権への政権交代後、何が起こったか?」

「円高容認政策等により、日本が細った反面で、中・韓(北朝も含む)等が大いに太った」』。

『「その結果を受け、

多くの日本国民」は、

「民主党に対して、否定感を持ち、

民主党に対する用心」を

「忘れなかった」。

「結果、民主党」は、

「二大政党の一翼とは成り得ない少数政党に落ち込み、

他の少数政党と合併し、

民進党へと表の看板までをも変えざるを得なくなった」』。

『「しかし、東京都民も含む多くの日本国民」が、

「否定感を持ち、用心するべきモノ」は、

「民主党ダケでは無い」。

「民主党政権を成立させたテレビ・ラジオ・マスコミ等」を、

「絶対に忘れてはいけない」』。

『「政権は、政権交代により、実権者自体も変わる」。

「ところが、テレビ・ラジオ・マスコミ等には、政権交代が無い」。

「民主党政権を実現させた実権者たちの人脈は、今も、そのまま・・・」だ』。

『「現況」では、

「多くの日本国民の民主党に対する否定感や用心等」が、

「表の政党名変更や他党との合併等により、

「ホンの少し、下火になっている」。

「多くの人々」は、

「民主党政権を成立させた、

テレビ・ラジオ・マスコミ等に対する否定感や用心等」は、

「未だ、不十分」だ』。

『「ここぞとばかり・・・」に、

「今、民主党政権を成立させた、テレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「舛添都知事問題で原寸大を逸脱した大悪イメージによる

実質的、大衆誘導を行い続けている」』。

『「多くの都民が避けるべき事」は、

「テレビ・マスコミ等による丁半博打的悪イメージ」に「操られて」、

「悪戯な辞任を実現化させてしまい、

その後に、

テレビ・マスコミ等が推奨している者を就ける事」に他ならない』。

『「何故なら、テレビ・マスコミ等が、推奨した都知事を誕生させてしまう」と、

「東京都政」が、

「都知事の絶大なる権限の下」で、

「先の民主党政権時の国政の様」に、

「日本系の人脈が細らせられる反面で、

中・韓(北朝も含む)系の人脈が太り易くなる様」に

「行われてしまう可能性大だから」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による丁半博打的イメージ等による大衆誘導」とは、

「ナチス・ヒトラーが行った事と全く同様の手段」だ。

「先の大戦後の世界では、徹底して、排除されるべき事」だ』。

『「舛添都知事問題」で「圧倒的に悪い」のは、

「原寸大を明らかに逸脱している批判・非難等」で

「丁半博打的悪イメージを付け、

視聴者・読者等に

短絡的な、都知事辞任感情等を抱かせる、

実質的、大衆誘導情報工作を行っている、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」に他ならない』。

『「原寸大の批判・非難」なら、

「都知事就任前」の、

「もし、会議が行われていなかった」なら、

「虚偽記載となり違法となる政治資金収支報告書の問題について」、

「会議の有無の実態検証の前」に、

「違法イメージ・大悪イメージ」で、

「一方的に情報を大量配信する事」など「出来得ない」。

「都知事就任以降の合法・不適切諸問題について」も、

「大悪イメージ」で、

「一方的に情報を大量配信する事」など「出来得ない」』。

『「現状の舛添都知事に大悪イメージを付け続け、

辞任に追い込もうとしている、

テレビ・ラジオ・マスコミ等にある」のは、

「原寸大評価に基づく、正当な批判・非難等では断じて無い」。

「大悪イメージによる大衆誘導」だ』。

『「舛添都知事が大悪」で、

「舛添都知事に大悪のイメージを付けているテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「善」であると、

「思えている人々」とは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の信者、もしくは、操り人形状態の人々に他ならない」。

「万一、そんな状態に居る」なら、

「一刻も早く、民主主義国家の民として、大衆誘導から自分を解放するべき」だ』。

『「信者状態、もしくは、根っからのそのスジの人々の中」には、

「カルト宗教信者的」に、

「問題の実体把握もロクにせず/出来ず、

興奮しながら、辞任要求等を叫んでいる者までいる」のが

「実態」だ』。

『「その文化の臭い」は「明らかに、日本本来のモノでは無い」』。

『「多くの都民も含む、多くの日本国民が避けるべき事」は、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「操られてしまう事」だ』。

『「何故なら、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」とは、

「特定極一部の者たちが、

多大な実権を保持している

偏向・偏重・大衆誘導大好き機関に他ならないから」だ』。

『「そして、その偏向・偏重・大衆誘導が利して来ている者・物・事」とは、

「韓国(北朝鮮も含む)系・中国系である場合が多い」。

「日本系には、自虐を強いている場合さえ、少なく無い」のが「実態」だ』。

『「実態・実体としては、

多くの政治家等より遥かに悪質」な、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」を、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が自ら配信している上辺の善イメージ」に

「騙されて」、

「善と信じてしまう事」こそが、

「都民も、日本国民も、絶対に避けるべき事」に他ならない』。

|

« 「舛添都知事合法不適切問題」&「海老蔵奥様進行ガン」等々で「大騒ぎしている/させられている者たちの実体」・・・。 | トップページ | テレ朝昼番では、未だに、「舛添ヘイト・スピーチ状態」だが、その目的は・・・。 »

政治」カテゴリの記事