« テレ朝朝番では、「基本的には、数百万円のグレイ問題で約50億円の都知事選を行わせる事に成功したメディアの功績???」を自画自賛していたが・・・。 | トップページ | おバカや悪は勝負に拘り白黒を付けたがるが、健常な人は者・物・事の実体を探求したがる・・・。 »

都知事選で蓮舫担ぎ出して参院選共々大敗見込みの民進党・・・。

『「民進党」とは「その実権者が、北朝鮮系・韓国系・中国共産党系人脈との繋がりが濃い政党でもある」。

「共産党」とは「その実権者が旧ソ連系人脈との繋がりが濃い政党でもある」。

「自民党」とは「その実権者が米国系人脈との繋がりが濃い政党でもある」。

「公明党」とは「その実権者が新興宗教団体である創価学会との繋がりが濃い政党でもある」』。

『「もちろん、上記は、象徴的な事であり、実際の政党内」には、

「例えば、自民党内にも、民進党内と同様の者が居る」し、

「その逆もある」。

「しかし、政党単位で政権が決まる」と、

「上記の象徴側が実権を持つ場合が多い」』。

『「自民党政権が親米色が濃い」のも、

「民主党政権時には、日本が細らせられた反面で、中国や韓国(北朝鮮も含む)等が太った」のも、

「象徴実権現象とでもいうべき事」だ』。

『「戦前の日本の国政政党の勢力図を決定付ける大きな役割を果たした」のは、

「朝日新聞を始めとする当時のマスコミとラジオ」だった。

「そして、ベースとして、明治政府の意向を受け続けていた学校教育も有った」』。

『「戦後の日本の国政政党勢力図」は、

「占領政策により、大いに歪められてスタートした」。

「そして、その後」は、

「戦前と同様」に、

「マスコミ・ラジオ・テレビ等が勢力図を決定付ける大きな役割を果たし続けて来ている」。

「旧社会党系や共産党系の教員組合を持つ場合がほとんどの学校教育」も

「其処に加わっている」』。

『「美濃部さんになって、東京は本当に良くなった。君たちも、絶対わすれてはいけないよ!」とは、

「筆者が学校教育を受けていた時の教師の言葉」だが、

「後に、実態を知れば、美濃部都政で、東京都の財政状態は真っ赤っかになっていた」。

「東京都を見事に細らせた」のが「美濃部氏」だった。

「まるで、民主党政権が日本を細らせ、中・韓(北朝も含む)を太らせた様に」・・・』。

『「戦前も戦後も、国政政党勢力図を実質的につくり出している」のは、

「マスコミ・ラジオ・テレビ(戦後のみ)等」と「学校教育」という「実態が在る」』。

『「マスコミ・ラジオ・テレビ等と、学校教育に係わっている者たちの数」は、

「意外と少ない」。

「特にテレビやラジオや大マスコミ」は、

「圧倒的な情報配信力を持つ」が、

「配信情報決定に係われている者たちの人数」は、

「異常な程少ない」。

「そればかりでは無く、政治的に偏向している特定極一部の者たちばかり・・・」が、

「配信情報を決定している場合が多い」』。

『「政治的偏向者たちの意向で、国政勢力図等が描かれてしまう事」は、

「本当に恐ろしい事」だ。

「それは、都知事等、絶大な実権を持つ自治体首長等でも全く同じ」だ』。

『「各政党」の

「上辺の宣伝では無く、

上記の様な政党の実体等」を「考える」なら、

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教師等に操られて、

悪戯な者や政党に多大な力を持たせてしまう事」の

「危険性」は、

「誰にでも、良く分かる筈」だ』。

『「政党の実体」から「判断する」なら、

「現状の民主・自由主義圏の日本社会」で、

「自民党一強状態となってしまっている」のが、

「当然の現象である事等」が

「誰にでも、分かる筈」だ。

「日本や米国の様な民主・自由主義圏系の者たちが実権を持つ」、

「反自民の十分な受け皿」は、

「残念ながら、未だ、無い」。

「反自民だから」と言って、

「北朝鮮系や韓国系や中国共産党系や旧ソ連系と近しい実権者を持つ政党」に

「票を入れたい日本国民」は、

「圧倒的少数派」だ』。

『「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、事情が全く違う」。

「上記の実体」からも「明らか」な様に、

「実際は、少数派の北朝鮮系・韓国系・中国共産党系や旧ソ連系と近しい実権者を持つ政党の支持者」が、

「テレビ・ラジオ・大マスコミや、学校教育等を行っている」。

「実体を隠蔽・黙殺したまま、

上辺の優等生・ジェントルイメージ等だけが、

大宣伝されている事」には、

「相応の人脈的バックグランドが在る」』。

『「舛添都知事追い落とし情報工作~大衆誘導等成功!」で、

「次」は、

「自民ダメ~!情報工作~大衆誘導の二の舞」による、

「北朝鮮系・韓国系・中国共産党系や旧ソ連系等と近しい実権者を持つ政党の意等の代弁者として機能する」であろう、

「民進党・共産党等野党連合の躍進」と、

「蓮舫都知事の誕生」を、

「そのスジのテレビ・ラジオ・マスコミ・教師等は願っているかも知れない」』。

『「大衆が上辺の情報で操れている限り、勝算がある事になるのだろう」が、

「舛添都知事問題の実体等に多くの有権者の思いが至れば至る程、

それぞれの政党や候補者等の実体もバレバレになる」』。

『「数百万円の合法・不適切問題」で、

「約50億円もの血税を使わせる都知事選を行わせる、

実質的、反日工作を行った、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実体」を、

「知る人が増えれば、増える程」、

「民進党・共産党等野党連合」と、

「蓮舫等のそのスジの都知事候補」の

「大敗」が、

「現実のものとなる」』。

『「多くの普通の日本国民」にとって、

「どの様な状態が良いのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「反日他国人脈を利する自虐的選択を行いたい人」は、

「圧倒的少数派」が「当然」だ』。

|

« テレ朝朝番では、「基本的には、数百万円のグレイ問題で約50億円の都知事選を行わせる事に成功したメディアの功績???」を自画自賛していたが・・・。 | トップページ | おバカや悪は勝負に拘り白黒を付けたがるが、健常な人は者・物・事の実体を探求したがる・・・。 »

政治」カテゴリの記事