« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

普段は、障がい者とレッテル貼りされている方々と別に暮らしている方々が多いからか?相模原の事件を受けて、措置入院に傾注している人々も多い様だが・・・。

『「言うまでも無く、相模原の大量殺傷事件容疑者にとっての措置入院とは、ダメ出しとしての意味合いが濃かった(少なくとも、容疑者当人が、そう強く感じたから、ダメ出しした世間にダメ出しする行動を起こしてしまった)」。

「多くの人々は、別枠で人生を歩ませられている場合が少なく無いので、余り馴染みが無い、障がい者レッテルを貼られている方々」だが、

「世界的に見れば、六十数分の一の確率で、存在している、普通にいる人々」に他ならない』。

『「普通にいる人々を普通では無く扱っている」のは

「比べっ子&支配権争い等の未熟な精神文化上」で

「不利な要素を多くもたらす等」と、

「比べっ子&支配権争いという未熟な精神文化上で

自らの価値を見出そうとしている愚か者たち」が、

「解釈等しているからに他ならない」』。

『「先ずは、人間として、普通に存在している人々」を、

「差別しないという当たり前の事」を、

「現状比べっ子&支配権争い精神文化や、

それに基づいている人間社会等より

優先する事」だ』。

『「実際」は、

「普通に存在している人々誰も」が

「差別されずに生活出来ない人間社会」こそが、

「障害人間社会」に他ならない』。

『「障害人間社会という実体」を

「誤魔化す為」に、

「普通に存在している人々」を

「障害差別扱い」したり、

「差別レッテル貼り」したり

「する事」は、

「まるで、

泥棒が逃げる時に、

無垢の人を指さして、

{あいつが泥棒です!}等と叫ぶ様」な

「本当に醜悪な行為」だ』。

『「醜悪な行為を平然と行えている人々」は、

「一刻も早く、自覚を持ち、自主的に、是正するべき」だ。

「そして、多くの人々による、個人レベルのその様な是正行動の流れの集大成」が、

「今時の人間社会として当たり前の是正等に繋がっていく事になる」』。

『「民主主義の元は、民」であり、

「民の実体や、

事実・現実に基づいた民の力」だ。

「今時の人間世界上必要な民度を自らに備えさせる責任」は、

「今生きている全個人に在る」』。

|

都知事選は、小池氏で、ほぼ決まりらしいが・・・。

『「テレビ・マスコミ等大衆誘導」は「未だ、有効の様」で「都知事選では、テレビ・マスコミ族の小池氏が当選確実」らしい。

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と「同様」の、

「舛添ダメ!~都知事交代!!~まるで、小泉!!!の様な、小池!!!」の、

「テレビ・マスコミ情報等に操られてしまった都民有権者が多かった様」だ』。

『「テレビ・マスコミ情報誘導による、小泉政権や民主党政権時のツケ」は

「否応無く、全日本国民に、その自覚の有る/無しを問わず、押し付けられている」。

「格差社会も、一般日本国民の少子高齢化も、その実例」だ。

「小池都知事誕生故に、東京都民が背負わなければならなくなるツケ」は、

「かなりのモノになる」だろう』。

『「首都圏地震」も、

「近いかも知れない」が、

「その時に、都議会与党と捻じれ状態の小池都知事」で、

「十分な対応が可能になるのか???」

「東日本大震災時の政治主導民主党菅総理と同様の事態」が、

「想起されてしまう」・・・』。

|

サンデーモーニングでは、「ヘイトクライム問題」とかやっていたが・・・。

『「常連出演者等の劣悪ぶりは、相変わらず」だ。「この手の問題」を「本音と建て前」や「寛容/不寛容」や「知性や理性」等の「問題にしようとしている内」は、「問題が解決出来る訳も無い」。

「それは、

例えば、

本音では、日本が嫌いで、出来れば、日本を乗っ取り支配しようとしている者たちが、

建て前では、日本が好きな、産まれながらの日本国民等を主張している場合」等を、

「考えるなら、誰にでも分かる事」だ。

「本音と建て前の使い分けが上手ければ、根源的問題を隠蔽する事は可能になる」が、

「根源的問題自体を解決出来る訳も無い」』。

『「寛容/不寛容の問題」は、

「現状で、優位・有利な者たち」が、

「その者たちの現状利権等に対する、他人からのお墨付き等」を

「得続ける為の、便利な道具」として、

「使われている場合が多い」。

「例えば、

鳩山元総理の様な超金満家庭に偶々産まれた者と、

その逆の超貧困家庭に偶々産まれた者が、

どちらも実在出来てしまっている現状日本社会を、

そのまま容認する様な寛容さの上」に、

「現状のヘイトクライム等の解決はあり得ない」』。

『「差別問題でも同じ」だが、

「悪やズル等は、

応分に差別されたり、

不寛容に認められない事こそが、

健常な状態」だ』。

『「悪やズル等までをも、差別せず、寛容に認める、建て前の裏」には、

「悪やズル等ゆえの利権維持等の臭いが充満している」』。

『「現状利権維持の為等のインチキ論等」を、

「紳士的に優等生ぶり、正義ぶって言う、姿」は、

「まるで、

土下座しながら、

現状での優位・有利利権を視聴者に認めさせ続けようとしている醜悪ささえ、

醸し出している場合が多い」。

「土下座という上辺を問題にしていたテレビ常連出演者等の無意識の中」では、

「上辺さえ優等生紳士的で正義ぶれている様なら、内実は問わないで!」等の、

「切なる願いが渦巻いている」のだろう』。

『「インチキ論や劣悪論等を公共の電波上で大々的に配信し続けている内」は、

「ヘイトクライム問題等が、時と共に、より深刻化して行くダケ・・・なのは、

ある意味、当然の現象」だ』。

『「上辺をどんなに繕っても、

内実が、悪やズルは、悪やズル」だ。

「昨今の本音ぶちまけ社会」では、

「もちろん、他の者・物・事等に対する八つ当たり等の悪やズルの場合もある」が、

「実体や内実が、どんどん露呈させられている場合も多い」。

「つまり、もはや、上辺や、建て前や、寛容さ等では、誤魔化し切れない、

本当の実体や内実等が問われる時代が来ていると言う事」だ』。

『「はっきり言えば、産まれながらに超大金持ちは、ズルい」。

「それは、誰もが実感している事」だろう。

「同様に、産まれながらに超貧困状態は、酷い」。

「それも、誰もが実感している事」だろう。

「多くの人々は、超大金持ちと超貧困の間に偶々産まれている現状利権を保持している」が、

「その現状利権が維持されるから、超大金持ちも超貧困もそのままで良い・・・等としている」のは、

「明らかに、ズルい」。

「其処に在るのは、寛容さでも、本音と建て前を使い分ける高度な理性や知性でも無く、

実体としてのズルさ」だ』。

『「より弱い人々への八つ当たりも、ズルい」。

「多くの人々は、上記の様な、根源的な差別や、

現状の余りにも、人間の実体から乖離し過ぎている社会・経済システム等により、

常々、多大なストレスを内在させられている」。

「そのストレスの健常解消法」は、

「根源的な悪状態を是正する事」だが、

「現状利権に縋りつくと、それが、大いに疎かになる」。

「そんな者たちが、自己正当化の為に悪用している」のが、

「比べっ子による支配権争い等」だ。

「比べっ子すれば、多くの人々は直ぐに分かる、自分より弱い者・物・事への八つ当たり行為等による、

支配権や支配感の追及」とは、

「もちろん、代償欲求の追及に他ならない」が、

「その自覚無き者たちにとっては、都合の良い、自己承認欲求の発散等」なのだろう。

「今回の相模原の大量殺傷事件の容疑者の場合」にしても、

「自分より弱い人々への八つ当たり殺傷」という、

「自虐的代償欲求の追及の結果」、

「究極の自己承認ならぬ自己否定状態が、もたらされる事となる」だろう』。

『「自分を自分で健康にコントロールし続ける健常支配欲の充足を疎かに、

その代償欲求に過ぎない、

比べっ子等を悪用した、

他の者・物・事等の支配・コントロール等の追及に邁進している状態の者」は、

「今回の容疑者ダケでは無い」。

「テレビ常連出演者等も、上記の意味では、今回の容疑者と同様の要素を大いに抱えている」。

「お手盛り論で視聴者を支配・コントロールし続けようとしているその姿」には、

「大量殺傷ならぬ、大衆誘導支配という、

ズルい、大悪の臭いが、充満している」。

「健常な感覚が生きている」なら、

「~何万~何十万~何百万~もの人々の前」で、

「何度も、何度も、姿形を現し、自論等を述べ続け来ている事等」に「対し」、

「相応の、疑問や、心苦しさ等を、持てていて当然」だ。

「ところが、

例えば、

ジハード殺傷の親戚の様な、

日本乗っ取り支配等の悪の思惑が裏にある」と、

「自分から、人類としての健常な感覚を失わせる事さえ」も、

「平気になってしまう」のが、

「人間の特徴」だ。

「大量殺傷事件の容疑者」も、

「現状の多くのテレビ常連出演者等」も、

「実質的、カルト宗教信者状態の臭い」が、

「充満している」』。

『「そして、そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に毒されている視聴者・読者等からも、

同様の臭いが、チラホラと・・・」。

「現実離れ、実体離れが激しい、カルト宗教信者状態の人類集団」では、

「滅亡が必然となってしまう」から、

「昨今では、何事でも、実体や本質の探究が激しく行われ、

バラされ続けている」のだ。

「そして、人類世界を、現実・実体離れを是正する方向に動かせれば、

この健常化の争いが、

終結する」と「共」に、

「人類の存続~永続も可能になって行く事になる」』。

『「公共の電波上に、時代遅れの劣悪な常連出演者等」は、

「もう、要らない」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

 

|

明日が都知事選という本日、民進党岡田代表が次の代表選に出馬しない意向を公言したが・・・。

『「タイトルの事態の上辺ダケを考えさせられる」と「まるで、民進党等野党共闘で推している鳥越氏の敗北の責任含みの様」だが、「もちろん、本当の目的は別にある」。

「それは、鳥越氏が当選不可能の様相を国政政党の党首が示唆した場合等」に、

「鳥越氏に入れようとしていた有権者の票が何処へ流れ易くなるのか?」を

「考えれば、誰でも分かる」』。

『「テレビ・マスコミ等族」は、

「テレビ・マスコミ等族の都知事を誕生させる為」に、

「野党党首の一人に、最後の選択~当選可能候補への票誘導をさせた」のだ』。

『「この茶番劇」に

「操られてしまう都民有権者の数が多ければ、

明日の都知事選では、

かなりの確率で、

テレビ・マスコミ族小池都知事誕生」と

「なってしまう」だろう。

「そして、その後の都政」は、

「テレビ・マスコミ等の大衆誘導等により、

大いに捻じ曲げられる事等」が、

「容易に想像出来る」』。

『「都民有権者は、上記の様な可能性も含め、慎重に考慮の上、貴重な一票を投じるべき」だろう』。

『「テレビ・マスコミ等、情報工作~大衆誘導政治」とは、

「ナチス・ヒトラー型の政治に他ならない」』。

『「都知事選、排除すべき」は、

「テレビ・マスコミ族候補」だ』。

『「残念ながら、筆者は、都民有権者では無い」が・・・』。

|

電磁波工作やネット邪魔工作等に励んでいる劣悪者たちの行く末・・・。

『「当ブログでも、以前から、何度も記している通り、今時~今時以降の人間世界」では、

「実体の在る、ほぼ、全ての事が、何れ、バレる事になる」。

「もちろん、言うまでも無く、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々」も、

「ネット邪魔工作等々」も、

「実体のある事」だ。

「実体のある事だから、例えば、筆者の様な個人レベルの者でも、変な事を探求すれば、

程無く、その実体・実態に辿りつく」』。

『「それでも、電磁波工作等を無い事にしたい者たちもいる様」だが、

「その様な者たちの存在=その様な者たちも電磁波工作等のお仲間である事」等も、

「直ぐに、バレる」』。

『「筆者の家の上部階にいる者たち」も、

「居住者は変わっても、人脈は同様の様」で、

「未だに、電磁波工作が旺盛」だl』。

『「政府・警察等も、何時までも、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々」を、

「まるで、かつての拉致工作の様に、無い事にし続けている場合では無い」。

「何故なら、それらの工作活動等」は、

「人類滅亡の死亡フラッグ」を、

「急速に近づけてしまっているから」だ』。

『「例えば、筆者の家の上方向に陣取っていたり、陣取っている者たちの、人脈等を調べれば、直ぐに分かる事」だ。

「そして、その人脈は、確実に、電磁波工作等の手段を保持し、実行している」』。

『「摘発させない事に、政府等の圧力が在るのなら、その旨、バラすべき」だ。

「そうでは無いのなら、即刻でも、摘発するべき」だ』。

『「立場がありながら、実効のある対策を行わない者たち」が、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」には、

「相応の必然性がある」』。

|

明日の都知事選、都民有権者の選択は?・・・。

『「都民有権者では無い、筆者」でも「気になる事」は「テレビ・マスコミ等族の候補者たちの得票数」だ。

「それは、テレビ・マスコミ等による、実質的、大衆誘導」の「悪の効果」の「実証でもあるから」だ』。

『「有権者が、避けるべき」が

「テレビ・マスコミ族候補で無ければ」、

「大衆誘導の効果は絶大」となり、

「テレビ・マスコミ等によるファシズム政治や政策実行等が可能になってしまう」』。

『「それは、ナチス・ヒトラーと同様の非常に危ない状態」だ』。

|

相模原、45人殺傷鬼の生みの親は、ヤクか?、現状社会・経済システムか?、情報・教育か?、容疑者への対応か?、その全てか?・・・。

『「先に、同下の内容を送信しようとしたら、送信不能となり、元記事消失しまった」ので、「再記」します』。

『「タイトルの事態を、枠の大きい方から、考える」なら、

「先ずは、現状社会・経済システムから」になる。

「現状の情報・教育等の多く」は、

「現状社会・経済システムを多くの人々に承認させる為に行われている実態・実体」もある。

「容疑者への対応」や「ヤク」とは、

「現状社会に実在しているモノ」だ』。

『「テレビ常連出演者等」とは、

「現状社会・経済システム上での優位者である場合がほとんど」だ。

「自己正当化等の為のお手盛り論ばかり・・・が、蔓延り続ける」のには、

「相応のバックボーンがある」』。

『「もちろん、

テレビ常連出演者等のお手盛り論等」を、

「いくら、社会に充満させたところ」で、

「同様の新たな事件・事故等は、起こり続ける事になる」から、

「実際に、そうなっている」。

「大量殺傷事件等の重大事件が、繰り返され、

テロ・工作活動・戦争等までもが、旺盛」なのが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「今回の事件の容疑者の状態を振り返ってみよう」。

「報道等によれば、今回の容疑者は、所謂、普通レベルの家庭で育ち、

大学に入学し、

教師を目指していた」らしい。

「ところが、今回の容疑者にも、教師になる前に、解決すべき精神心理面・精神文化面での問題があった様」だ。

「その未解決問題こそ」が、

「現状脱出欲動と、

自己特別扱いを欲する事に、

直結している種」だが、

「同様の種を持っている方々は、大勢いる筈」だ』。

『「健常な現状脱出欲動や自己特別扱い欲等への対応」は、

「自分の実体やその実体の本来の目的の把握」に「基づき」、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事に力を注ぐ事」だが、

「ちゃんとした心理学等では無く、道徳を教えている現状の学校教育や、

そんな学校教育上での優等生たちが大量配信している情報等」の先には、

「この本来の健常対応法」を

「知らないが故に、理解・把握も出来ず、実行等出来ない人々が

大勢生み出されている」。

「今回の容疑者もその大勢の中の一人」だ』。

『「他の大勢の人々と、今回の容疑者の違い」は、

「現状脱出欲動や自己特別扱い欲等の

自覚や欲動量」が

「少し多めだった事くらい」だろう。

「現状脱出欲動や、自己特別扱い欲等を生じている人々」は、

「知る事が出来る/出来ている者・物・事等の中に、救いを見出そうとする」。

「古からの受け皿の代表例は、宗教」だが、

「今回の容疑者の場合」は、

「現状社会では、

比較的簡単に手に入り、

特別{感}等も簡単に得られる、

ヤク(今回の容疑者の場合は、大麻や危険ドラッグらしい)や入れ墨等に救いを求めた様」だ』。

『「ヤクは、脳を壊す」。

「入れ墨は、相応に、身体に負担をもたらす」。

「つまり、どちらも、短絡的な特別{感}等は得られても、

本質的なストレス等を、より増大させてしまうモノ」だ』。

『「教職員採用試験に落ちてしまった今回の容疑者」の

「内在的ストレス等や、

それに伴う現状脱出欲動」は、

「更に、増大してしまった様」だ』。

『「それでも、介護施設等に就職し、

初めは、普通に仕事をこなしていた様」だった。

「しかし、内在的問題は、処理されていないまま・・・」だ。

「時を重ねれば、重ねる程、

容疑者の内在的現状脱出欲動や自己特別扱い欲が、

増大していた事は、間違い無い」と

「強く推定出来る」』。

『「容疑者の頭の中」で

「容疑者が得る事が出来ている知識等や、

それらの内在欲と、

上辺の現状がミックスされ、

一つの合理化が行われた」。

「経済効率を悪くする障がい者等は、安楽死されるべき等」という

「非人道的な合理化の生みの親」は、

「現状社会・経済システム上の優位者等を過剰優遇する事を是としている情報・教育・実態」であり、

「容疑者の内在的ストレス等」であり、

「容疑者の当時の状況等」だった様だ』。

『「自己特別扱い欲が強い者の頭の中で行われた合理化の結論」に、

「今回の容疑者は、陶酔感さえ覚えていた様」だ。

「施設内で、問題発言等が出始め、

施設側は、容疑者を辞めさせる処置をとった様」だ』。

『「自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事を支配・コントロールしようとする代償欲求の追及に、

邁進し始めてしまった今回の容疑者」は、

「容疑者の合理化の結論を、行政にまで訴える程にまで、なってしまった様」だ。

「当然、行政側は、容疑者の言い分を取り入れる訳も無い」。

「容疑者の行動を、

問題行動等として捉えた行政側」は、

「容疑者のヤク使用問題もあったが故にだろう、

容疑者を精神障害者として、措置入院させた様」だ』。

『「元々、自己特別扱い欲が強く、まるで、ヒトラーの様な独裁者の如き状態を

望んでいたかの様な、

今回の容疑者」にとって、

「行政(社会)側からのダメ出し」は、

「その逆を想起させるに十分な要素と成り得た様」だ。

「現状社会側がダメ出しする権利を持つ」なら、

「容疑者側が現状社会にダメ出しをする権利もある事になる」』。

『「容疑者の頭の中にしか無かった非人道的な地獄絵図を暴発させる、

容疑者の現状脱出欲動の導火線に火が付いてしまった瞬間」は、

「其処にある」様だ』。

『「そして、元々は、普通の人間だった容疑者」は、

「措置入院先で、

普通を演じ、

家族との同居なら・・・」と、

「病院拘束状態から解放される事にされた様」だ。

「その裏では、現状脱出欲動を暴発させる導火線がどんどん短くなっていた様」だ』。

『「そして、凄惨極まりない事件が起きてしまった」』。

『「現状社会・経済システム上での優位・劣位等に、

余りにも、重大な価値を実際に与えている」から、

「多くの人々の中」で、

「例えば、経済効率の為には、障がい者等は、排除した方が有利・・・等の、

考え・思い等を、抱き易くなってしまっている」。

「それが、現状人間社会の現実」だ。

「現状社会・経済システム上での優位・劣位等の価値観より、

人間自体の価値が、

実際に、より優位にされている人間社会」なら、

「多くの人々の考え・思いの中で、

経済効率より人間」が、

「当然になる」』。

『「現状社会・経済システム上の優位者に他ならない場合が圧倒的に多い、

テレビ等の常連出演者等の論」では、

「上記の基本中の基本を、

自己保身等の為に、ワザと抜いている様相」だから、

「何時まで経っても、同様の新たな、事件・事故等が起こり続け、世界平和もままならない」のが、

「現状人間社会のお寒い現実」だ』。

『「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を積極的に実用している」から、

「人類の物質文明は、急速な進歩・進化をし続けている」。

「しかし、精神文化側では、未だに、考え・思いによる納得レベルが、蔓延っている」ので、

「人類の精神文化は、物質文明に対して、大いに遅れているまま・・・」だ。

「精神文化側でも、意識的かつ積極的に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

人類の精神文化を、急速に進歩・進化させる事抜き」に、

「人類の永い未来はあり得ない」。

「何故なら、急速に進歩・進化し続けている物質文明が、

進歩・進化が不十分な精神文化で使われてしまうから」だ。

「人間世界が平和を保つ、唯一無二の実現手段」は、

「精神文化側の進歩・進化を常に、物質文明の進歩・進化より先に行い続ける事」だ。

「その為に、有益な仕事をこなすべき立場にある、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の仕事を行っている人々」が、

「この人類にとっての重大な仕事をちゃんと十分に行っていない」から、

「未だに、大量殺傷事件等が繰り返され、

テロ・工作活動・戦争等まで旺盛なまま・・・」だ。

「十分な仕事が出来ていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

未だに、多くのテレビ等では、散々、「在日外国人差別等をするな!」等と訴え続けて来ている連中が、障害者という差別表現を平然と使っているが・・・。

『「言うまでも無く、今、生きている全ての人々の存在」は、「自然の摂理が認めている」。「この重大現実」を「無い事にしているおバカ、もしくは、悪たちダケ」が、「自然の摂理が認めている存在に差別を付けている」』。

『「その差別」は、

「人類と他の動植物等の間に在る、人類の存続を、可能にしたり、より有利にする為の差別では無い」。

「種の保存等の人類自体の存続問題等」も、「関係無い」、

「人類同士の、特定の考え・思い上の、比べっこでの差別」だ』。

『「そんな差別事を平然と行えている状態の者たち」は、

「それダケで、既に、今時の人類として、

脳力や感性力等が圧倒的に劣っている状態」だ』。

『「おバカや、悪どもの発言や意見や論等」を

「蔓延らせれば、それに、引き摺られて、おバカや悪化してしまう人々が、少なからず出てしまう」のは、

「当然の現象」だろう』。

『「おバカや悪状態の情報・教育等を蔓延らせ続けて来ている現状の人間世界」で、

「とんでもない酷い事態が多発する」のは、

「当然の現象」だ』。

『「この、基本的、かつ、重大な現実」を、

「無い事にしている、したがっている、おバカ、もしくは、悪レベルの、

テレビ・マスコミ等の論」が、

「蔓延り続けている限り、

同様の新たな事件・事故等が、起こり続ける」のは、

「当然の現象に他ならない」』。

『「一部の人類が勝手に設定した、比べっこ原理主義上での、障害・健常の差別の害」は、

「本当に酷い」』。

『「科学レベルで、人類誰もの実体やその実体の本来の目的を検証~理解~把握」し、

「其処から、科学レベルで整合性を取る」なら、

「現状の、比べっこ原理主義精神文化や、代償欲求過剰追及追及精神文化上に生きてしまっている全ての人間」が、

「明らかな異常状態に在る」。

「そんな本質的障害者たち」が、

「自分たちの本質的障害から目を背ける為に悪用している代償欲求上のレッテル」が、

「比べっこ&他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配等」の

「代償欲求追及文化」が

「蔓延り過ぎている現状人間社会」での、

「その酷い文化上で劣位な人間に対する障害者というレッテル」だ』。

『「どんなに、優等生ぶる、紳士ぶる、等々の上辺の大衆欺きの為の繕い等をしたところ」で、

「上記の現実等」が、

「隠せる訳も無い」。

「裸の王様たち」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等上で、蔓延り続けて来ている」のが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「現状人間社会上での自分たちの利権を守る為等の目的」で、

「他の者・物・事を差別したりする事」は、

「大いに責められて当然」だ。

「未だ、大いに責められていない」のは、

「多くの人々が、現状の酷い情報・教育に毒されているからに他ならない」』。

『「自然の摂理がその存在を認めている同じ人類に対し、

根源的な差別をする」のは、

「明らかな、重大悪事」だ。

「人類の誰もが、基本的に、生存権・生活権等々が認められ、得られるのが、当然の状態」だ』。

『「自然の摂理がその存在を認めていても、

人類の存続等の為に、

その存在や命が否定される生物等が在るのもまた、現実」だ。

「人類の特別扱いが正当性を得る為に必要な事」は、

「人類が、地球生命体細胞群という人類誰もの広義の自分、もしくは、実体でもある、

一大生命体の存続~永続に大きな貢献をする事」だ。

「具体的に言うなら、人類全体の仕事として、地球外にも、地球生命体細胞群の住処を広げられてこそ・・・等になる」』。

『「地球生命体細胞群が地球外にもその住処を広げる為」には、

「高度な科学技術が必要」だ。

「高度な科学技術」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事等により、

初めて手に入る」。

「科学技術面≒物質文明面で、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した、

急速な進歩・進化等を実践する」なら、

「その裏(或いは、本来なら、こちらこそを表にして)では、

同様レベル以上に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した、

精神文化面での、

急速な進歩・進化等が実践されていなければ、

人間世界が、

平和・安定等出来る訳も無い」』。

『「実際に、精神文化面では、未だに、科学レベルに至らず、考え・思いレベルという、

現状の人間世界」では、

「幾多の人類として自虐的な問題が枚挙に暇が無いレベルで、噴出し続けている」。

「こんな状態を是正しようとしない人々」は、

「敢えて、障害という酷い表現を使う」なら、

「明らかな、脳力・精神等障害者状態」だ』。

『「自分たちの本質的障害状態を平然と放置しながら、

比べっこ原理主義上で、劣位な人々に、障害というレッテルを貼り続ける、

明らかな、基本的人権を阻害している行為等」を、

「優等生ぶり、紳士ぶり、行い続けている者たちを見る」と、

「反吐が出る!」』

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき、反吐の元たち」を、

「公共の電波上に蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

都知事選、有力3候補、「左翼マスメディア党の鳥越」vs「左右両方マスメディア党の小池」vs「政権与党が担いでいる増田」の争いとは・・・。

『「右にしても、左にしても、マスメディア党」は「マスメディア党にとって都合の良い候補者に、都知事を挿げ替える為」に、「舛添ダメ!情報テロ」を「行い、成功させてしまった」』。

『「舛添ダメ!情報テロ」で「操られた多くの市民」は、

「未だに、マスメディア党の候補者で操られている様相」だ』。

『「其処に在る」のは、

「民主主義では無い」。

「マスメディアファシズムの実現を目論んでいる政治工作」だ』。

『「マスメディアファシズムが通る事」は、

「マスメディアの意向」で、

「日本国・日本国民を動かせる様になる事と同じ」だ』。

『「政治主導とは、かつての民主党政権時の謳い文句だった」が、

「官僚よりおバカな政治家たちによる指導がどの様な実態をもたらしたのか?等」は、

「皆さま、良くご存知の通り」だ』。

『「その政治指導の生みの親こそが、当時のマスメディア等」だった。

「そんな実態まで、はっきりしている」のに、

「マスメディア主導に、身を任せようとしている有権者等が意外に多い事」は、

「本当に、アブナイ事」だ』。

『「誰もが、本来の自分を取り戻した上」で、

「貴重な選択をするべき」だ』。

|

相模原、介護施設入所者、数十人殺傷事件問題・・・。

『「とんでも無い事件、もしくは、容疑者の現状脱出欲動の暴発」が、「また、また、また、また、起こされてしまった」。

「障がい者とされている方々」の、

「入所されている施設」での、

「元職員による」、

「数十人もの殺傷の原因は何か?」』

『「其処」を

「実体通り、現実通り」に、

「理解・把握し、実効のある対策を施さない限り、

同様の新たな事件・事故等」が

「また、また、起きてしまっても、

何の不思議も無い事になる」』。

『「先ず、止めるべき」は、

「人間を障がい(者)扱いする事」だ。

「バリアーフリー」が「言われて久しい」が、

「未だに、障がい者レッテルは健在」だ』。

『「身体能力や脳力等」が、

「現状人間社会の現状の精神文化上での維持発展等の為」に、

「短絡的に、有力か?否か?等」の、

「特定の基準による区分」で、

「その基準上では、有力度が低く、ある程度以上劣っていると、見なされる状態の人間」を、

「障がい者とする」なら、

「例えば、赤ちゃんは、皆、障がい者」だろう。

「高齢者のかなりの割合の人々も、皆、障がい者」だろう』。

『「ところが、赤ちゃんや、高齢者の場合」は、

「乳児・幼児」や、

「高齢者・後期高齢者」等々の、

「差別的では無いレッテルが貼られ、そのレッテルを元に、利権等も付けられている」。

「障がい者レッテルを貼られた人々にも、利権等は付けられている」が、

「区別的レッテルと共にある利権等」と、

「差別的レッテルと共にある利権等」の

「多くの人々のイメージ上の差」は、

「意外に、大きい」』。

(『「もちろん、その与えられている利権」にしても、

「現状で優位・有利な者たちの利権を維持・正当化する為の道具」だ。

「本来なら、万人が、そんな利権抜きに、普通の人間生活が送れて然るべきである事」は、「言うまでも無い」』。)

『「片や、誰でもある状態(と、実は、思い込みたいダケ)の区別レッテル」であり、

「片や、通常では無い(と、実は、思い込みたいダケ)が故の差別(実質的、穢れ除け)レッテル」だ。

「しかも、その差別基準」が、

「現状人間社会上のご都合主義」という、

「考え・思いによる納得が基」なのだ』。

『「少し考えるなら、誰でも分かる事」だ。

「例えば、知能指数150未満は、知恵遅れとし、障がい者とする差別だって可能になる」。

「例えば、身体能力プロレスラー並み未満は、身体障がい者とする差別だって可能になる」。

「もちろん、そんな事をすれば、ほとんどの人々が、皆、どちらか、或いは、両方の障がい者となり、

健常者とされるのは、極々少数の人々のなってしまう」。

「しかし、人間の一部の要素の状態を、特定の基準で、身勝手に、差別する事」の「実態」とは、

「そういう事」だ。

「多くの人々が、自分は、引っかからないから、障がい者レッテルで良い等」と

「考え・思えている内」は、

「実質的には、それこそ、脳力障がい者だらけの状態と一緒」で、

「バリアーフリーなど、夢のまた夢」だ』。

『「介護でも、子育てでも、

はっきり言えば、人間自体に直接係わる、他の人のお世話やお手伝い」だ。

「人間自体に直接係わる、他の人のお世話やお手伝いとしては、他に、医者や看護師等医療関係や、鍼灸マッサージ等がある」。

「現状人間社会では、人間に直接係わらない、他の人のお世話やお手伝いも溢れている」。

「例えば、衣食住や流通や情報・教育・法務・政治等」は、

「直接、人間自体には、係わらないが、他の人のお世話やお手伝い」だ。

「皆、他の人のお世話やお手伝いなのに、

多くの人々が持っている社会的地位観・価値観等には、

序列や差別等がある」のが、

「実態」だ』。

『「その社会的地位観や価値観等の差別観の存在」は、

「賃金差別等にも直結している」ばかりでは無く、

「被差別職種の実働者に、確実に、余分で、過剰な、ストレスを与えている」。

「逆差別側の実働者たちは、反対に、余分で、過剰な、うぬぼれや過信等を保持させられ易い」』。

『「他の者・物・事との比べっこによる支配権争い精神文化が蔓延っている現状人間社会」では、

「差別とは、比べっこに都合の良い道具に他ならない」』。

『「自分の実体やその実体の本来の目的から、整合性を取る、

実体や事実・現実を探求する精神文化上」では、

「差別とは、醜悪な邪魔モノであり、過ちの道の上に在る座標」だ』。

『「今回の事件の容疑者の精神心理上」では、

「以下の様な変化が起きていた筈」だ』。

『「実態として、容疑者の、

生い立ちや環境や本人の努力として実行可能で行えた事が、

もたらした、

一つの結果」が、

「介護職を得た事」だった。

「恐らくは、当初は、ココから頑張るゾ~!等の意識だった」だろう。

「ところが、上記の様な差別問題や精神文化問題等について、教えられても、ロクに、考えてもいなかったであろう容疑者」にとって、

「介護職の仕事は、他の優越職に位置付けられている職とは、全く別モノの、

屈辱的な仕事にも、思え、感じられた」のだろう。

「更に、知能障がい者とされている人間の状態への理解も不十分だった」のだろう。

「人間の心理では、自分が理解出来無いモノは、いけないモノとして、扱う、防衛反応が有る」。

「自分をちゃんと見つめている人間」なら、

「その防衛反応の訳も分かり、知れば良い事も分かる」が、

「自分をちゃんと見つめていない人間の場合」、

「自分が良く理解・把握出来ていないが故に、いけないモノとなっているモノ」を、

「排除しようとする場合も少なく無い」。

「もちろん、排除自体がいけないのでは無い、排除すべきモノは在る」。

「それは、本当に悪く、害のあるモノ」だ。

「理解出来ていないモノの排除等の悪行」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事等を支配・コントロールしようとする代償欲求が暴走し始める瞬間に成り得る」』。

『「今回の容疑者」は、

「最初の内は、入所されている方々を下に置こうとしていた様相」だ。

「しかし、いくら、心理的に下に置いたところで、現実は変わらない」。

「容疑者が行わなければならない仕事も変わらない」。

「ストレスが溜まり、暴言が増えた様」だ。

「施設の管理者等は、当然、呼び出し、話しをする事になる」。

「そこで、方向転換出来れば良かったが、残念ながら、そうはならなかった様」だ。

「出た結論が、施設を辞める事だった様」だ』。

『「こうなると、自分より下に置こうとしていた、入所者の方々故」に、

「施設を辞めさせられた等の感や思いが出ても何の不思議も無い」。

「容疑者が、下に置こうとしていたモノ」は、

「容疑者が排除すべきモノになってしまった」・・・』。

『「自分が理解出来無いモノを排除する為に、

他の者・物・事等を支配・コントロールしようとした」から、

「行政に障がい者の安楽死等を訴える行動が生まれた訳」だ。

「しかし、当然、そんな訴えが通る訳も無い」。

「他の者・物・事等を支配・コントロールするという代償欲求の暴走も止められていない状態」で

「行政を自分の意志で動かすという、

他の者・物・事等の支配・コントロールに失敗した結果、

現状脱出欲動が暴発」した』。

『「容疑者の考え・思いの中で、出された結論」が、

「入所されている方々を片っ端から実際に殺す!」だった。

「そして、それを、実行してしまった」・・・』。

『「比べっこ原理主義に都合の良い職業や賃金等々の差別」と、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに他の者・物・事等を支配・コントロールしようとする事に邁進する、

代償欲求過剰追及精神文化」と、

「容疑者の、そんな現状からの脱出欲動の暴発」が、

「また、また、また、また、悲惨な事件を生み出してしまった」』。

『「こんな状態が続いているにも係わらず、

未だ、精神文化の正常進化に有益な情報・教育等を行わないでいる」のが、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷過ぎる実態」だ』。

『「逆差別側の利権に酔い、

代償欲求の追及に明け暮れ、

広義の自分の実体も、

多くの人々の健常生活も、

破壊し続けている者たち」に、

「相応しい」のは、

「永遠の恥辱に染まる道の上」と「相場は決まっている」』。

『「敢えて、酷い差別的表現を使う」なら、

「今回の容疑者は、明らかな、脳力障がい者」だ。

「そればかりでは無く、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たちも、明らかな脳力障がい者」だ。

「逆差別的な不当利権等で酔い続け、

本当の自信が持てない事を、

血統家族主義等で誤魔化し続けようとしている」なら、

「人類滅亡を招いている事と同じ」だ。

「結局、子孫も生き残れない道」を

「選択している」のは、

「明らかな、脳力障がい者」だ』。

『「健常人間社会を望む」なら、

「脳力障がい者たちから、過分な立場・報酬・権力等を取り上げる事が、合理的になる」』。

『「何回、酷い、事件・事故等が起きれば、多くの人々が、この重大事に気付くのか?!」

「人類滅亡を避ける為に、人類に残されている時は、もう、既に、少ない」・・・』。

『「基本的には、テロや戦争等の問題や、南北問題等々も、同じ精神構造上に存在し、

実態化されている現象」だ。

「そして、余りにも、情けない、テレビ・ラジオ・マスコミ等情報産業の者たちの生みの親」は、

「言うまでも無く、余りにも、情けない教育」だ』。

『「この問題を解く、基本キー」は、

「急速な進歩・進化を実現出来ている物質文明側同様に、

精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」だ。

「先ずは、この基本キーの情報を大々的に配信し、

個別具体的な対策や製品等(精神文化側の製品とは、政治・経済・社会システム等や、ドラマ・小説・映画・音楽・アニメ・絵画等々、山ほどある)は、

数多くのそれぞれの立場にいる人々が、創意工夫すれば、

問題の解決は、意外と早く出来る事になる」』。

『「何時までも、古臭い、{殺人ドラマ}や{いじめ~解決正義ぶりっこドラマ}や

{人々の精神文化面での遅れが生み出している怪物等を相手にした、比べっこ勝負等の映画}や、

{現実逃避アニメ}等々」で、

「集金し、

自慰している場合じゃ無い」。

「政治でも、経済等々でも、同様」だ』。

『「余程のおバカや悪、テレビ・ラジオ・マスコミ等では無い」のなら、

「この人類の精神文化維新の為の仕事」を

「行わない・行えない訳は無い」。

「おバカや悪に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

テレ朝朝番では、都知事選の情勢分析とかやっていたが・・・。

『「朝日や毎日等の、所謂、左翼新聞」では、「小池氏の優勢やリード」等を「読者に訴え」、「読売等の、所謂、保守寄り?新聞」では、「小池氏と増田氏の競い合い」等を、「読者に訴えている」旨だった。

「各新聞の、各候補の、支持層割合等の情報も付けられていた」』。

『「そして、テレ朝の論調」では、

「具体的な差を報じられないが故に、文学的表現に終始している新聞見出し語句に注目」し、

「それとなく、現状での、具体的な差が視聴者にも分かる様に、伝える」と「共」に、

「最後は、各候補の真剣度・熱心度等が大切の旨」で「締めていた」』。

『「何れにしても、有力3候補の内、鳥越氏は、支持者の多くが、野党支持者」であり、

「訴えている内容」にも、

「国政政策が強く含まれている」から、

「実態として」は、

「都政や都民を実質的人質にして、

国政政策の転換等を行わせようとする、

実質的政治工作の為に、

都知事の座が欲しい臭いが満載」だ。

「その様な事の、実質的、利権共同体となる」のが、

「主として、野党幹部等」では、

「知名度ではかなり有利でも、時を重ねる事に、不利になって行く」のは、

「保持している内実故の、当然の現象」だろう』。

『「鳥越氏同様、テレビ・マスコミ族である小池氏の知名度もかなり高い」。

「小池氏は、自民党議員でもあり、所謂、保守政治家の如く、認識されている場合も多い」が、

「かつて、多くの人々に、自民党議員で、所謂、保守政治家と認識されていた小沢氏の先例」が「在る」。

「自民党から飛び出した格好で立候補している事」や、

「自民党都連を悪者扱いしている事」からも、

「実体が判るまでは、自民党&所謂、保守政治家か?否か?も分からない」。

「現状で、はっきりしている事」は、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の様な、

「舛添ダメ!~都知事交代!!~●●!!!」という、

「テレビ・マスコミ等が得意な論調に沿っている事」だ。

「そして、所謂、左翼、テレビ・マスコミ等」で、

「今、小池氏のリードや優勢を伝えている」。

「所謂、保守?側の読売等が、小池氏と増田氏の競い合い等を伝えている実態」からも、

「所謂、左翼、テレビ・マスコミ等が、支持・応援等したい人の一人である事」は、

「ほぼ、間違い無い」。

「所謂、保守とされている、自民党を飛び出した状態」の、

「所謂、左翼、テレビ・ラジオ・マスコミ界系に近い政治家等」というのが、

「小池氏の実体」だろう。

「その実態は、まるで、批判・非難される前の小沢氏の様」でもある』。

『「有力とされている3候補の中では、知名度では、圧倒的に不利だった増田氏」だが、

「現状では、既に、鳥越氏より支持が高い、二番手にいる様」だ。

「小池氏との差が、どれ程あるのか?は、不明」だが、

「都議会与党と敵対している状態の小池氏」と、

「都議会与党とも、国政与党とも、共調状態にある増田氏」の、

「どちらが、より順調な都政を行い易いか?」は、

「論を待たない」。

「荒れる都政がお望み」なら、

「小池氏や、鳥越氏等の、反与党側の候補者に、その適性が有る」。

「順調な都政をお望み」なら、

「増田氏等の、与党側と親和性の高い候補者に、その適性が有る」』。

『「忘れてはいけない事」は、

「今回の都知事選が、テレビ・ラジオ・マスコミ等による、実質的、情報テロによって、起こされている事」だ。

「内実」からすれば、

「こんな問題で、政治家をクビにするなら、現状のほとんどの政治家がクビでしょ!レベルの、

舛添氏の政治と金等の問題」を、

「巨悪の如く、

徹底して、

訴え続ける事で、

市民感情を煽り、

全く問題が無い訳では無いが、所謂、普通の下レベルの範囲で、都知事の仕事をしていた様相の、

舛添氏を辞任に追い込み、

約50億円もかかる、都知事選を行わせた」のは、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による、実質的、大衆誘導行為」だ』。

『「民主党への政権交代時の様」な、

「マタマタ、ナチス・ヒトラーの様な事を行った」のが、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「都政をナチス・ヒトラー的都知事に渡さない為」には、

「テレビ・ラジオ・マスコミ族の候補者を徹底排除する事」こそが、

「合理的」と

「強く、推定出来る要素が其処に在る」』。

『「せっかく、約50億円もかけて、都知事を新たにする」なら、

「選ぶべきは、前の都知事より、良い都政を行う者」だ』。

『「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!で、民主党を選択させられた様な事を繰り返してしまう」と、

「自民より更にダメだった民主党政権下の日本国・日本国民の様な

東京都の状態に

東京都・東京都民が、

陥れられてしまう可能性、絶大」だ』。

『「民主党政権時と、

同様の事態を避ける為」に

「避けるべき」は、

「所謂、左翼、テレビ・ラジオ・マスコミ等が、推している候補」だ』。

『「所謂、左翼、テレビ等」では、

「小池氏に自民支持層の5割、無党派層の5割もの人々の支持が集まっていると風潮している」が、

「もちろん、自民支持層にも、無党派層にも、非有権者である在日外国人等や違法者等の人々もいる」。

「世論調査時に、その正確な判別は無理」だから、

「所謂、左翼(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)が、

所謂、左翼が多く住むところを多く、調査すれば、

結果が、それなりに、所謂、左翼寄りになる」。

「パイが小さければ、有効・無効の判別でも、それなりの情報操作が出来る」』。

『「所謂、左翼、テレビ・マスコミ等の得意技」は、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶって、

偏向・偏重情報等を元にし、

世論や視聴者の思い等を所謂左翼側に導く、

大衆誘導」だ』。

『「テレ朝等の小池氏、優勢!」等には、

「かつての、民主!!!」と「同様」の

「小池!!!」の「臭い」が、

「充満している」』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、スポーツの政治利用問題とかやっていたが・・・。

『「人間社会問題の基本である精神文化問題を言わない/言えない、低レベルの常連出演者や番組制作者等の考え・思いの上」では、

「スポーツの政治利用状態を、問題と感じているゾ~!」等と、

「優等生ぶって、訴える事」等が「セイゼイ」の様相だった』。

『「もちろん、政治利用問題」は、

「スポーツにダケあるのでは無く、

宗教にも、

テレビ・ラジオ・マスコミ等にも、

有名人にも、

教育にも、

・・・等々、

果ては、テロ・戦争等の人災や、

大地震や大台風等々の天災にさえ、

ある」』。

『「ロシアの国家ぐるみドーピング問題をダシ」に、

「スポーツだけ」を

「問題化し、正義ぶり、

比べっこでは無く、文化交流等を推していた事等、

自体」にも、

「所謂、平和ボケ、リベラル方向に視聴者の思いを誘う為の、臭いが濃厚」で、

「政治的思惑の臭いが充満していた」』。

『「オリンピック等、スポーツの政治利用を批判・非難する事」による、

「政治利用」が、

「其処に露呈していた」』。

『「実に、醜悪な実態」だ』。

『「ロシアの国家ぐるみドーピング問題の裏に在る」のは、

「かつての社会・共産圏政治体制ゆえの悪影響で、

ロシア自体の物質文明の進化が、大いに遅れ、

その結果として、

資源頼りの経済となってしまっている現状苦」から、

「多くのロシア国民の感や思いを一時的にでも離す事」で、

「現政権への支持や、ロシアの国としての統率等を、

是が非でも保ちたい欲動」だ』。

『「精神文化や物質文明を正常進化させる事」は、

「かなりの時間を要する」が、

「元々、国家ぐるみで、熱心に鍛えている代表選手等を、

ドーピングにより、更に、強化する事」は、

「直ぐに出来る」』。

『「結果も直ぐに出た」。

「昨今のオリンピックでロシア選手が取得したメダルの数」は、

「ドーピングが旺盛では無いと強く推定される時代に比べ、

急速に多くなった」。

「全世界の多くの人々」が、

「オリンピックを観る度」に、

「スポーツ大国ロシア」を

「認識する事となった」』。

『「もちろん、ドーピングは、

元々、100の力の選手が、110~120の力を発揮出来てしまう程の、

飛躍的実効があるが、

選手の身体精神等も大いに傷める事にも直結している、

違法手段」だ。

「バレれば、メダル剥奪等の重大な処分が行われる」』。

『「其処で、ロシアが国ぐるみで行った事」は、

「バレなければ良いでしょ!」に「邁進する事」だった。

「日本国内で、日本の現行法・現行の摘発体制で摘発困難な工作活動等に、邁進している連中」と、

「同様の精神構造・精神文化が其処に在る」』。

『「しかし、今時~今後の人間世界」では、

「人為的に行った、ほとんど全ての事は、何れ、バレる」。

「ロシアのドーピング」も

「バレ」だ』。

『「ここで、国家ぐるみのドーピングを、個人個人別々の問題にすり替えようとしている」のが、

「現状のロシアの精神文化」だ。

「その姿は、まるで、不正がバレた企業の経営者等が、不正の範囲を出来るだけ小さくする為に、見苦しく、言い訳している様」で、

「本当に、哀れ」だ。

「もちろん、そんな精神文化の上には、国際的信用も、物質文明の正常進化も、付いて来ない」から、

「潔く、過去の全過ちを、正直に認め、謝罪した方」が、

「遥かに、マシ」だが』。

『「色々な者・物・事の政治利用問題」を

「論じる」には、

「人類の精神文化の基本的要素から始めるべき」だ』。

『「物質文明の急速な進歩・進化を実現し続けている人類」なのに、

「精神文化の急速な進歩・進化が実現出来ていないのは何故か?」等を

「考える」なら、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、

急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明」と、

「考え・思いレベルに執着しているが故に、

進歩・進化が遅れている精神文化」という、

「実体・実態」に、

「何れ、思いが至る筈」だ。

「政治も、スポーツ等々も、言うまでも無く、精神文化」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」とは、

「比べっこをするのでは無く、

本質や実体を科学レベルで探求し、その結果を、如何に実用出来る様にするのか?を現実的に探求する事」だ。

「その上で、出来上がった製品同士等の間に、

比べっこ等が行われている」が、

「それは、商業・商売・経済等、精神文化の問題」に他ならない』。

『「政治・社会・経済等」では、

「最初の本質や実体に対する、科学レベルでの探求が無い」。

「以前から、人類が積み重ねて来た、考え・思いによる納得の延長線を連綿と歩き続けようとしているダケ」だ。

「何故、そんな事態に陥ってしまっているのか?」』

『「言うまでも無く、政治・社会・経済等、人間集団の事を科学レベルで考える前」には、

「人間自体の本質や実体を科学レベルで探求し、それなりの結果を得ていなければならない」。

「幸いな事」に、

「現状の人類は、このレベルは、それなりに、クリアー出来ている」』。

『「今生きている人間は、何処の誰でも、今、この瞬間にも、細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら、存続している約60兆の細胞の一塊」だ。

「つまり、誕生・死の実体は、細胞レベルの現象である事」は、

「既に、科学レベルで、判っている」。

「細胞レベルの命の連続性を辿る(時間の進行方向は問わない)」なら、

「人類誰もが、地球上のほぼ全ての生物との繋がりが有る事が、判る」。

「命の連続性のある生物=自分とする」なら、

「広義の自分」とは、

「地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)」であり、

「その中の一個体として、約60兆の細胞群である狭義の自分が在る」。

「そして、狭義の自分は、広義の自分の一部を、殺し、食する事によって、その存続を図っている」。

「この現実」から、

「殺欲動とは、自己保存欲に直結している、誰もが保持している欲動である事が判る」。

「しかし、人類は、他の人類を食する必要が無い」。

「故に、殺欲動は持っていても、殺人欲動を持つ必要は無い」のが、

「人類の実体である事が判る」。

「広義の自分の本質的目的は何か?」

「現状までの広義の自分の実態が示唆し続けて来ている事」は、

「存続以外の何ものでも無い」。

「物理時間の流れに駆逐されない様に、

広義の自分は、

多数多種多様化等する事により、

生体としての構築度を上げ続け、

存続し続けて来ている」。

・・・等々、等々』。

『「さて、上記くらいの基本を知って置けば」、

「科学レベルで政治・社会・経済等の本質や実体を探究する事も可能」だろう。

「本来、政治・社会・経済等の、人類の精神文化に求められている」のは、

「広義の自分の本来の目的である、その存続~永続を、出来るだけ順調に行い易い社会枠としての機能」だ』。

『「この基準と整合性の高い、政治・社会・経済等のシステムを考え、実行する事」は、

「多くの人類が、その気になれば、意外と、簡単に実現出来る事」だ』。

『「しかし、残念ながら、

現状の考え・思いレベルの政治・社会・経済等」は、

「他の者・物・事との比べっこによる支配権争いという

考え・思いレベルの精神文化で染め上げられている実態を露呈している」。

「直す・治すべきところは、何処か?」

「言うまでも無く、他の者・物・事との比べっこによる支配権争いという、

考え・思いレベルの精神文化」だ』。

『「どう直せ・治せば良いのか?」

「本質や実体を科学レベルで探求する様にすれば良い」。

「それは、直す・治すと言うより、進歩・進化させると言った方が適切な事」だ』。

『「古の時代の人類の物質文明は、考え・思いによる納得に執着し続けていたが故に、

自虐的で悲惨な事もまかり通っていた」。

例えば、

「建造物等を造る時」でも、

「考え・思いによる納得をより強くする為」に、

「過重な労働行為等を強いられる人々が多数居たばかりでは無く」、

「人柱や生贄等の超自虐まで在った」のが「現実」だ』。

『「考え・思いレベルの精神文化故」の、

「超自虐も数多い」。

「他の者・物・事との比べっこによる支配権争いという精神文化」の

「比べっこ基準」は、

「長い間、武力だった」。

「その結果、とんでも無い数の人間たちが、人間同士の戦いで、命まで落とす、超自虐を繰り返し続けて来ていた」。

「科学レベルを実用しているが故の、

物質文明の進化」により、

「核兵器まで保有出来てしまった人類」には、

「もはや、本気の武力比べっこは許されていない」。

「そんな事をすれば、全人類の負けになる」。

「そこで、昨今では、武力では無く、経済による比べっこが旺盛」だ』。

『「ところが、この経済による比べっこ」には、

「裏に、環境破壊や地球温暖化等々の超自虐が付いている」。

「表の、人類同士の殺し合いという超自虐には敏感な多くの人々の中」にも、

「未だ、この裏の超自虐問題を現実や実体通り深刻に受け止められていない人々も少なく無い」のが、

「現状人間世界のお寒い現実」だ』。

『「現状人間世界の多くの主要の問題の元凶」は、

「未だに、他の者・物・事との比べっこによる支配権争いという、

考え・思いレベルの、

超自虐的な精神文化」に、

「多くの人々が執着し続けている事に他ならない」』。

『「政治・社会・経済等の正常化の為」にも、

「広義の自分の存続~永続の為」にも、

「精神文化の正常進化を誘う情報配信が激烈に求められている」のに、

「未だに、旧来からの常連出演者や、そのお仲間等々ばかりが、蔓延り続け、

古臭い、時代遅れの、情報を、如何にも優等生ぶって述べていたりする」のだから、

「現状のテレビ・ラジオ界は、本当に酷い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

賢ぶっているおバカ、もしくは、悪どもは、米大統領候補トランプ氏の発言等を内向きと下に置きたがっている様相だが・・・。

『「言うまでも無く、国境線や属している国という重大境界線を低くすれば、相対的にその分、お金の力が増す事になる」。

「現状の経済システムや経済評価や相続等の社会システム等々」が、

「健常で正当なモノ」なら、

「未だ、国境線を低くするグローバル化の正当性」にも、

「相応の説得力が有るかも知れない」が、

「言うまでも無く、現状の経済システムや経済評価等」は、

「現実や実体から大きく乖離している考え・思いレベルの納得法レベル」で、

「云わば、宗教みたいなモノ」だ』。

『「そんな状態で、国境線を低くして、{経済新興宗教」の力を増してしまう」と、

「どの様な事態が生じるのか?」』

『「どの宗教でも同じ」だが、

「宗教で偉ぶれ、実利を得る事が出来易い」のは、

「教組であり、その宗教の教に詳しい者たち」だ。

「信者は、現実逃避等は、大いに可能になるが、実利は得辛くなる」』。

『「例えば、あの世や死後の世界や輪廻転生後の実利」とは、

「特定の考え・思いによる納得に過ぎず、実体は実在していない」。

「現状のインチキ経済システム、もしくは、実体として新興宗教である現行の経済システム上でも、事態は、全く同様」だ。

「例えば、大金持ちを見て、憧れる現実逃避」とは、

「あの世や死後の世界や輪廻転生への現実逃避」と、

「全く同様の事」だ』。

『「本質や実体を検証したり探求したりする事さえも満足に出来ていない状態」の、

「文系現状楽興教育上の優等生たちの多く」が、

「こぞって集う」のが、

「経済や経営や法律等の分野の学部」だが、

「其処で教えられ、覚えている事の実体」は、

「ある種の新興宗教に他ならない」。

「ところが、多くの学生等は、その認識さえ無く、学問や学問に基づく資格等だと勘違い」している』。

『「他の者・物・事との比べっこによる支配権争い精神文化が蔓延出来ている現状の人間社会」では、

「当然の如く、

相応の学を積み、資格を取った者たちの多く」が

「欲し易くなる」のは、

「自分たちが教えられ、覚えさせられた事に大きな価値を持たせる事」により、

「他の、学歴等を積んでいない、資格も取っていない者たちより、

より良い生活や社会的立場等々」となる』。

『「しかし、その文系新興宗教圧力により、現状の人間社会」が、

「大きく歪められている」のが、

「現実」だ』。

『「理系分野では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているから」こそ、

「急速な進歩・進化も可能になっている」。

「考え・思いレベルでは、急速な進歩・進化に結びつかない」ばかりか、

「急速な進歩・進化を大いに阻害する者・物・事が生じ易い」のは、

「理系分野が、考え思いレベルだった時代を振り返れば、誰もが直ぐに分かる」』。

『「現状の文系の本質的実力の無さを顕著に露呈している一つの例」が、

「トランプ氏の発言等を内向き」と

「無理やり、下に置く処理をする事」で、

「多くの人々を納得させようとしているところ」だ』。

『「実体や事実・現実に考え・思い等が至っている」なら、

「内向きな発言を生む元凶である現状経済システム等の実体・現実離れぶり等」を、

「理解・把握出来ない訳も無い」』。

『「国境線を低くして、考え・思いレベルの現状経済システムにより多くの実権を与えて来ている事に対して、

多くの人々が、相応の疑問や反感を感じているのが現実」だ』。

『「現状経済システムが健常なモノだったなら、

国境線を低くする事で、

より、経済システムの実権が強まる分だけ、

より、健常になっていなければオカシイ」が、

「実態としては、国境線を低くすればする程、

格差は広がり、

社会は不安全・不安定となっている」のが、

「現実」だ』。

『「文系で、経済や法律等を学んでいる、実質、新興宗教指導者レベルの人々の多く」は、

「現状経済システム」なら、

「実働者側が不利で、経営者・株主側が有利である事」や、

「現状経済システムのまま、時を重ねれば、実働者側が奴隷化する反面で、

経営者・株主側が金満になり易い事」等を、

「十二分に知っている筈」だ。

「現状経済システムのまま、時を重ねれば、重ねる程、格差が広がる事」も、

「余程のおバカでは無いのなら、解っていて当然」だ』。

『「それなのに、現状の文系で実権や大量配信権等を持っている立場の者たち」でも、

「トランプ批判・非難等は、大々的に行って」も、

「現状経済システムの問題等を訴える事」には、

「非常に消極的」だ』。

『「その裏には、現状経済システム故の利権が在る」と、

「強く推定出来る」』。

『「現状経済システム上の利権というチリ集めをしている者たち」に、

「過分な、立場・権力・報酬等を与え続けている」なら、

「人類全体が、カルト宗教団体の様な実態・実体である事になる」』。

『「まるで、カルト宗教団体の集団自殺の様」な、

「人類滅亡の日」が、

「刻一刻と近づいて来てしまっている現実」を、

「果たして、どれだけの方々が実感出来ているのだろうか?」』

『「賢ぶっている文系の有立場・実権・報酬者たち」が、

「トランプ批判・非難等を行っている暇がある」のなら、

「現状経済システムの重大問題の是正等を訴えるべき」だ』。

『「今時の人類にとって、真に必要な仕事が出来ていない者たち」に、

「過分な立場・権力・報酬等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

まぁ、どっちにしても、現状のまま進むなら、近々、人間世界は一端終わりでしょうけど・・・。

『「この期に及んで、人類同士の武力支配権で少しでも優位に立とう等と、必死の様相の中国共産党や北朝鮮等も哀れ」だが、

「現状経済システム上のお金と言う{チリ}」を「他の人々より多く集め続けようとしている多くの現実逃避者も哀れ」だ』。

『「一端、終わらなければ、新たな健常世界が始められない」のなら、

「その何処に、本当の賢さがあるのか???」』

『「賢ぶっているおバカ、もしくは、悪ども」は

「いい加減に自分の実体を現実通り理解・把握するべき」だ』。

|

ポケモン・GO(現実世界内バーチャルハンティング)だと・・・。

『「宗教を信じる前」には、「宗教とは何か?等を理解・把握する事が肝要」で「ゲームに熱中する前」には、「ゲームとは何か?等を理解・把握する事が肝要」だ。

「此処を抜かしたり、ズルしたり、する」と、

「悲惨な結果」が「ある程度の高確率で起きてしまう」のは、

「当然の現象=自然の摂理」に他ならない』。

『「因みに、宗教もゲーム等々」も、「はっきり言えば、現状の経済システム上の集金行為等等々」も、「精神心理的には、代償欲求の追及行為に他ならない」のだが』。

|

インチキ、マスコミ等では、「正規・非正規問題を、まるで、安倍政権の責任の如く風潮している」が・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、正規・非正規の問題」は、「小泉!~自民ダメ!!~民主!!!の間の制度設計の問題」だ。

「今の安倍政権は、そのツケの処理を、実質的に、強いられているダケ」で、

「ツケの責任は、小泉や民主等に在る」。

「実際に、民主~民進の親玉の岡田の同族企業のイオン等では、非正規だらけ・・・で、株主・経営者等は、大儲け・・・」だ。

「民主党菅元総理と非常仲が良かった孫が親玉」の「ソフトバンク辺りの内実」も「同様」だろう。

「他にも、名だたる企業でありながら、その実権者が、●●系という所」では、

「人件費節約(≒実働者奴隷化)&経営者・株主優遇」という、

「まるで、かつての朝鮮半島内の実権者人脈と庶民の関係を思わせる様な」

「文化の臭いが濃厚」だ』。

『「そんな状態の日本社会を築かせる事」に、

「多大な力を発揮した」のは、

「言うまでも無く、戦後日本の情報・教育界」であり、

「その操り人形たち」だ』。

『「戦後処理を誤ったまま放置し、朝鮮系の文化を不用心に蔓延らせた結果」が、

「コレ」だ』。

『「其処に在る」のは、

「上記の理由故に可能となってしまっている北朝鮮系人脈による拉致を始めとする数々の工作活動問題」と、

「同じ問題」に他ならない』。

『「今頃になっても、今更ながらに、●●人脈の手先的様相のマスコミ等」が、

「正義ぶって」、

「まるで、強盗が逃げる時に、あいつが犯人です!等と、無垢の人を指さして逃げる、何処かの国の文化の如く」、

「悪いのは、安倍政権です!」等の

「意に取れる情報配信をしている」のだから、

「本当に、呆れた」』。

『「マズいゴミ」は、

「もう要らない」。

「マズゴミども」に、

「退場を促す為にも、献金は、厳に謹むべき」だろう』。

|

東京都知事選、「7月{31}日」投票だから、朝鮮系候補が勝てると信じている人々もいる様で・・・。

『「少なくとも、裏に朝鮮を感じる濃度が高い」のは、「鳥越>小池>・・・>・・・>・・・>増田>・・・」の順の様で・・・』。

『「朝鮮系の方々」は、「韓(北朝も含む)テレビ・マスコミ等の誘うまま、鳥越氏や小池氏に投票してしまう場合が多いのだろう」・・・。

「自民党の中にも、小泉・河野等々、朝鮮系は居る様で」・・・』。

|

「民主党政権を成立させたテレビ・マスコミ等」に騙されるな!都民有権者!!・・・。

『「未だに、一部マスコミ等では、鳥越氏や小池氏を有利にする為の実質的、情報工作~大衆誘導を行っている」。

「例えば、時事通信」の「各候補の待機児童問題に対する対応案情報配信」だ』。

『「時事通信の情報配信内容から」では、

「待機児童問題を真剣に考えている様相の鳥越氏」と、

「空き家利用を考えている小池氏」と、

「これから対策を講じる様相の増田氏」に、

「思えてしまう」が、

「実体はまるで違う」』。

『「待機児童問題の直接の権限を持つのは、東京都では、区等に当たる」。

「鳥越氏」は、

「政治実態さえ???の様相」で、

「小池氏は、自らの支持層が厚い豊島区等に特化した考えに偏執の様相」だが、

「増田氏は、実権を持つ区等単位ごとの対策」を、

「都知事就任後に急速につくる旨明言している」』。

『「有力三候補の中で、誰の対策が一番現実的なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「政策実行の為には、都議会の協力も重要になる」。

「都議会与党と、反りが合わない、鳥越氏と小池氏」では、

「混乱は免れない」』。

『「都議会を解散したり、次の選挙になったところ」で、

「民主党時代に、日本を細らせた反面で、中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた者たちが、

未だに、実権の多くを持つ、

野党第一党、民進党や、

民進党との野党共闘の党」を、

「都議会与党にする」程、

「東京都民有権者は、自虐的では無い筈」だ』。

『「それなのに、時事通信等」の

「マスコミや、多くのテレビ・ラジオ等」では、

「上記の実体を現実通りに伝えていない様相」だ』。

『「原寸大報道」や、

「実体や事実・現実に基づく報道」等を、

「逸脱」した、

「情報工作~大衆誘導の為の情報の一方的大量配信が其処に在る」』。

『「それは、ナチス・ヒトラー同様のとんでもない悪行」だ』。

『「そんな悪行」が、

「戦後の日本社会では、蔓延り続けている」』。

『「何故か?」

「言うまでも無く、異常な戦後処理故」だ』。

『「占領軍は、旧日本軍部等の人脈」に

「絶対に実権を持たせない様にする為」に、

「渡来していた朝鮮人の人脈」や、

「当時の左翼の人脈」を、

「活用し、実権を与えた」』。

『「その結果」、

「戦後日本の情報・教育・政財界等々」では、

「元朝鮮の人脈」や、

「当時の左翼の人脈」の

「人々の割合が飛躍的に高まってしまった」』。

『「そのどちらもの人脈が、戦後、所謂、反日国と化した、

韓国(北朝鮮も含む)や、

中国共産党支配下の中国との、

繋がりが濃い人脈だった事」が、

「日本の戦後を大いに歪めて来ている元凶」なのだ』。

『「多くの日本国民」は、

「上記の現実」から、

「逃げる事無く」、

「現実を現実通り把握・認識」し、

「是正すべきは是正すべき時」を、

「とっくの昔に迎えている」』。

『「多くの方々は、既に、上記の様な現実に気付き、

戦後日本のテレビ・マスコミ等の操り人形状態から解放されて来ている」。

「未だ、操り人形状態の方々」は、

「一刻も早く、操り人形の糸を切り、自分を解放し、本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「上記」は、

「日教組や共産党系教師組合等の教師が言う事をそのまま信じていた時代の自分」を、

「酷く、恥ずかしく、実感している筆者」の

「切なる、思い」だ』。

|

都知事選、街頭演説3分の1未満、後期高齢者76歳、究極のババかも知れない野党連合が担いでいる鳥越氏は、かなり厳しい様相だが・・・。

『「テレビ・マスコミ族系の者たち」は、「街頭演説回数でさえ、他の有力候補の三分の一未満・・・と、かなり厳しい状態の鳥越氏も、未だ諦めきれない様相」だが、

「テレビ・マスコミ等で、現状、一推ししている様相なのは、小池氏」だ。

「どちらも、テレビ・マスコミ上がりの候補」だから、

「当然の現象」なのかも知れない』。

『「しかし、都知事選、有力3候補の争いぶり」は、

「北朝鮮系(鳥越氏)と、

韓国系(小池氏)と、

日本系(増田氏)の、

代理首長権(朝鮮系の文化では、支配権)争いの臭いさえ出ている様相なのだから、

戦後日本社会の人脈問題等が露呈している現象の一つの様相ですらある」』。

『「鳥越氏を担いでいる、究極のババかも知れない野党連合の要人」は、

「都知事選なのに、憲法問題だの、戦争法案だの等々の、

国政問題を持ち出し」、

「東京都をテコに、国政を方向転換させたい様相」だった』。

『「鳥越氏」も、

「戦争法案反対(その内実は、日米安保の強化反対になるのだが・・・)や反原発(中・韓が原発使用したままなら、相対的に、日本が不利になるダケなのだが・・・)等、

国政問題」を、

「担ぎ手と同様に訴えている」』。

『「東京都をテコに国政を方向転換」とは、

「都政や都民を国政を動かす道具として使う事に他ならない」。

「旧社会・共産圏等なら、国民や市民等は、政権実権者たちの道具で当然なのかも知れない」が、

「自由主義圏の日本」で、

「野党連合や都知事等の道具にされる事を望む都民など、

圧倒的少数派で当然」だ。

「都政や都民を道具にして、国政の方向転換を企んでいる様相の野党連合」という、

「究極のババが担いだ、

テレビ・マスコミ族有名人、

鳥越氏」が、

「ガン上がり、高齢問題等を別にしても、かなり厳しい」のは、

「当然の現象かも知れない」』。

『「テレビ・マスコミ族もう一人の有力とされている候補」が、

「小池氏」だ』。

『「現状では、リードしているらしい」が、

「過去の世論調査の実態からしても、

「果たして、内実は???」』

『「何れにしても、小池・鳥越、両氏の場合、

都議会与党との摩擦は避けられない」。

「都政を丸裸にする事で、

十分な実効を持つ、スパイ・工作活動防止法さえ無い日本で、

反日国人脈等が付け入る道を見出し易くする事」等を、

「訴えている事」からも、

「裏の実権者人脈は、明らか」だろう』。

『「都民有権者」は、

「万一の震災時」に

「戦後の混乱期の様な、乱暴狼藉略奪等の現代版が起されない様に出来る都知事」を、

「選択するべき」だ』。

『「残念」ながら、「筆者は、都知事選の有権者では無い」』。

|

テレ朝朝番では、都知事選で、「精神年齢18歳(金正恩の誕生日1月8日、金賛美&従属を思わせる)の鳥越氏」を中心に大宣伝したい様相だったが・・・。

『「現況の世論調査等では、鳥越氏同様テレビ・マスコミ族の小池氏が一歩リードしている」らしい。

「有力とされている3候補偏重の情報配信」は、「他の、テレビ・マスコミ等同様、相変わらず」だ。

「それでも、一応は、全候補に対して、アンケートを調査を行い、その結果の一部を紹介した事」は、

「マシ」だった』。

『「しかし、そのアンケート内容」が、

「テレビ・マスコミ等」が、

「舛添ダメ!の有用ツールとして、大々的に使った

政治と金問題について」だったのだから、

「その自己正当化ぶり等」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「現況の人間世界の中での都政を考える時のロジック」なら、

「概要面」では、

「都政」を

「太らせるか?

細らせるか?

他の何か(環境・地方・反日国等々)とのバランスを取って程々の状態等にするか?」になる』。

『「環境問題まで強く浮上している現況でも、太らせる都政を主軸に訴えている候補もいる」。

「細らせるのが得意なのは、旧社会・共産文化や反日国に近い候補だ」。

「過去の都政でも、東京都を大赤字にした美濃部都政の実績がある」。

「普通に考えるなら、環境や地方とのバランスを取った都政が好ましい」。

「反日国や反日国系人脈寄りにバランスを取りたがっている、

或いは、日本を細らせる事とセットで、そうしたがっている様相の、

候補者も有力候補者の中も含めて、少なからずいる様」だ』。

『「都民有権者の興味」は、

「テレビ・マスコミ等が誘った、政治と金の問題」と、

「目の前に抱えている方々も多い、子育てや介護の問題」等に対してが、

「強い様」だ。

「もちろん、具体的に、政策を実行する為」には、

「お金も、議会の協力も要る事」は、

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「鳥越氏は、国政問題である原発や核の問題も訴えている様」だが、

「もちろん、それは、東京都知事の仕事では無い」。

「東京都知事の立場を悪用して、東京都民を圧力団体等として使う事で、

国政に介入しようとしている」なら、

「それは、かなり、悪劣で醜悪で危険な事」だ』。

『「都知事選、都民有権者の冷静で賢明な判断に基づく投票行動が望まれている」』。

『「テレビ・マスコミ等では、上記の一部内容の様な、テレビ・マスコミ族候補等にとって不利な事」は、

「先ず、言わない」だろう。

「しかし、テレビ・マスコミ等が言わない事=無い事では、断じて、無い」』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

『「何しろ、実質的、情報工作~大衆誘導で、民主党政権を成立させてしまった事に対する責任さえも、実質的に、取っていないのだから!」

「民主党等自体は、選挙で、その責任が問われ、今や、その名さえも無い」。

「ところが、民主党政権の成立に大いに力を発揮した、

テレビ・ラジオや公共的マスコミ等の実権者たち」は、

「その後も、重大機関の実権者のまま・・・で、

その実権者たちが、次世代を決めていたりする」から、

「テレビ・ラジオ・公共的マスコミ等の論」は、

「未だに、酷いまま・・・」だ』。

『「こんな状態を放置したまま」では、

「日本国・日本国民が、大きなデメリットを抱え続けさせられてしまう」』。

『「是正」が「当然」であり、

「是正」は「急務」だ』。

|

都知事選では、小池氏リードらしいが、都民有権者の皆さま、政治として肝要な事をお忘れではありませんか?・・・。

『「今回の有力3候補」が「都知事になった場合の政治特性」は「議会与党との対立による混乱停滞都政」と「議会与党との協調による都政前進」に「大別される」。

「自民党を飛び出し、自民党都連を悪者扱いしている小池氏」と

「民進党や共産党や生活の党等側の野党系候補の鳥越氏」とは、

「混乱停滞都政を招く都知事候補」に他ならない。

「そして、そのどちらもが、テレビ・マスコミ族候補」だ。

「有力とされている3候補の中」では、

「知名度では、小池氏・鳥越氏にかなり劣る」が、

「与党派候補である増田氏のみ」が、

「普通に都政を前進させる事が出来る候補」になる』。

『「舛添ダメ!から始まっている

テレビ・マスコミ族等による

都政混乱~都知事の座奪取の為の情報工作~大衆誘導による、

実質的、政治テロ、もしくは、クーデター等」に、

「多くの都民有権者が賛同する事態」とは、

「ナチス・ヒトラー等が政権を取った時と同様の事態」だ。

「キナ臭いでしょ!」に「同意を求めていた」のは「鳥越氏」だが、

「本当のキナ臭さは、其処に在る」』。

『「テレビ・マスコミ族等による、

情報配信悪用の、

実質的、政治テロ、もしくは、クーデター等」を、

「成功させない為」に、

「都知事選で、選択してはいけない候補」は、

「既に明らかになっている」』。

『「都政の停滞や混乱付き」の

「テレビ・マスコミ族候補」への「投票」は、

「多くの都民にとって、自虐となる」』。

『「首都圏地震が何時起きても不思議では無い今日、

万一の時に、

都政の停滞や混乱付きの都知事等を頂いていては、

必要な危機管理が十分に出来る訳も無い」』。

『「その辺りまで含めた慎重な判断が求められている」。

「都知事選は、人気投票でも、男女同権問題等や、国政問題等を訴える場でも、無い」。

「国政選挙で負けた野党側が共闘して、一人の都知事候補を担ぐ」と「共」に、

「その援軍、もしくは、

場合によっては、そちらが当選しても、

実質的に、テレビ・マスコミ族やその裏に居る実権者等の同じ人脈の者たちが、

その意向を反映させ易い、

与党内に送り込んでいるお仲間候補等を、

与党から飛び出させ」、

「舛添ダメ!」の「後」に、

「与党分裂vs野党統一」の

「選挙戦を仕込んだ様相の醜悪劇」で、

「テレビ・マスコミ等・野党側に力を与える事」の

「自虐性」に、

「多くの有権者」は、

「一刻も早く気付くべき」だ』。

『「民主党政権の再来」を

「都知事」で「行わせてはいけない」』。

|

フジ等のテレビ討論を断った鳥越氏問題・・・。

『「さすが、ガン上がり、具体的政策等未だ準備中の、後期高齢者76歳のやる事」だ。

「テレビ討論さえ断る鳥越氏」では、

「野党側の首長として、例え、都知事になれたとしても、

都政が混乱する事等」は、

「容易に推定出来る」』。

『「首都圏地震が何時起きてもおかしく無い現状」で、

「万一の時、鳥越氏で、速やかな危機管理対応等が出来るのか???」』

『「都民有権者」の「冷静で賢明な判断が求められている」』。

|

都知事選、鳥越氏の言う弱者とは、悪工作等で弱体化させた/させる、一般日本市民の事でしょ・・・。

『「弱者を支配する優秀な指導者という構図」は「所謂、左翼(親韓・親北朝・親中共等)の得意絵図」だ。

「弱者にやさしくするから、指導者である自分たちの言う通りになる有益分子になれ!」

「そうでなければ、遠慮なく、不適応分子として粛清するゾ!」等の

「本心」が「潜んでいる可能性大」だから、

「有権者の皆さま、所謂、反日、左翼(同上)人脈の者には、くれぐれもご用心!」』

|

テレ朝夜番では、「THEテレビ伝説60年史」とかやっているが・・・。

『「テレ朝」が「元は、日本教育テレビだった事」からも、「多くの方々は、日本のテレビ界がどの様な状態で始まったのか?等」が「分かる筈」だ。

「朝鮮戦争時、日本の体制不備につけ込んで、日本国内の情報・教育・政財界等に大きく食い入り蔓延り始めた韓国(北朝鮮も含む)系人脈の圧力」が、

「テレビ界でも、旺盛を振った」から、

「日本(人)教育テレビ」として、

「テレ朝も、テレビ放送を始めた面も濃厚」なのだ』。

『「元々が、日本人を韓国(北朝鮮も含む)系の者たちの都合に沿う様に、教育する事等」を

「目的としていた戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等や学校教育等」が、

「日本に自虐を強いる反面で、不当に韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等を利する情報・教育を行い続けて来た」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「元の実権者たちが、日本人を韓国(北朝鮮も含む)等にとって都合の良い様に教育する事等を目的としていた」から、

「その後の採用試験等に当たっても、その流れが変わる訳も無い」。

「不当な代々話は、続けられ、

その結果として、

戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等や、多くの学校教育等による、

情報・教育では、

日本国や日本人に自虐を強いる反面で、

不当に韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等を利する情報・教育等」が

「蔓延り続けて来ている」』。

『「こんな状態」は、

「一刻も早く、正常化・健常化するのが当然」だ』。

『「今までのテレビ界の歴史等を情報配信し、多くの日本の視聴者等に覚えさせる事の実効」は、

「テレビ界の今までの不当な状態の公然化」だ』。

『「人間誰でも、覚えた事=自分の一部」だから、

「覚えた事を否定するのは、意外と困難」だ』。

『「この人間の心理的特性を悪用して、不当利権を貪り続けて来ている者たち」は、

「多くの視聴者等に、その不当利権を公然と認めさせ続けたい」のだろう』。

『「本当に醜悪な実態」が「其処に在る」』。

『「現状のテレビ・ラジオ・一部マスコミ界」で、

「韓国(北朝鮮も含む)系の者たちが、結構な高確率で重用されている」のは、

「単なる偶然でも、

日本系の者たちとの実力差でも無い」。

「実権者人脈の意志に基づく不当差別故」だ』。

『「多くの視聴者・読者等は、この現実から目を背けるべきでは無い」。

「この様な歪んだ状態を是正する事抜きに、本当の平和はあり得ないから」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)系悪権力者たち」には、

「日本国・日本国民の乗っ取り支配等まで画策している者たちまで居る」。

「しかも、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々のその実権者たちにとっての不適応分子を粛清する工作や、

日本人の少子高齢化&その人脈の子沢山化等々の、

非人道的手段まで用いて」だ』。

『「実効のあるスパイ・工作活動防止法や、実効のある摘発体制等が不備な、戦後日本社会の盲点を突く形」で、

「悪の工作活動が、脈々と続けられて来てしまい、相応の実効を現わしてしまっている」のが、

「現状のお寒い実態」だ』。

『「こんな状態を放置したままで良い訳など無い」。

「非人道的な工作活動等を行なって来ている者たち」は、

「摘発し、厳罰を与えると共」に、

「同様の新たな事態を防止する為にも、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき」だ』。

『「地球温暖化による人類茹で蛙化」に

「大いなる力を発揮している中国共産党支配下の中国人脈」までもが、

「本気で、大々的に、日本乗っ取り支配工作等に乗り出す前」に、

「多くの日本国民は、真剣にこの問題と向き合い、解消して行くべき」だ。

「現状でも、既に、沖縄が、実質的に、中国共産党支配下になりつつある」。

「対策は、急務」だ』。

『「何れにしても、パンダ好きで、高額納税者の税率軽減にも力を発揮した、ヨン様好きの、黒柳徹子」とは、

「親韓(北朝も含む)・親中等情報誘導」&「利権集中金権支配」&「現行法・現行の摘発体制で摘発困難な工作活動」等によって、

「日本の支配~乗っ取り等を企んでいる反日悪権力者等にとっての有益分子状態である事」は、

「間違い無い様で」・・・』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、参院選の総括とかやっていたらしいが・・・。

『「選挙区での野党共闘に一定の成果」の「内実」は、「野党側が候補者を一人に絞った事ダケでは無い」。

「テレビ・マスコミ等による反与党情報の徹底配信がプラスされていてこその結果」だ』。

『「テレビ・マスコミ等が積極的」に

「原発事故をダシにして、一方的な反与党情報等をまき散らしている東北地域」と、

「米軍基地問題や普天間移設問題等をダシにして、一方的な反与党情報等をまき散らしている沖縄」等で、

「野党側が勝っている実態から」も、

「それは、明らか」だ』。

『「所謂左翼(内実は、親韓・親北朝・親中共等)テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

実質的、情報工作~大衆誘導等の悪の成果」が、

「其処に露呈していた」が、

「もちろん、所謂左翼(同上)常連出演者等」が、

「その様な本当の事を言う訳も無い」。

「共闘~統一候補による成果ダケ」が「強調されていた」』。

『「旧民主党に対する多くの日本国民による反感・不信感等」は、

「さすがに、所謂左翼(同上)常連出演者等も、認めざるを得なかった様」で、

「民進党と名を変えても、

未だに、

反感・不信感等が拭い去られない

(同じ者たちが実権を持っているのだから、当然だが)

事に、

落胆している様相」だった』。

『「若者等でも自民支持が多い事」について、

「変化を望まない事」を

「茹で蛙に例え」、

「無理やりにでも危機感を煽ろうとしていた」が、

「本当に危惧すべき茹で蛙問題」が、

「地球温暖化問題である重大現実をすっかり忘れている様なその様相」からも、

「常連出演者等の現実離れ劣悪ぶりは、明らか」だ』。

『「改憲と言えば、直ぐに、戦争が出来る国になるゾ~!等」の「方向」に、

「人々の興味を誘導したい様相」なのが、

「所謂左翼(同上)常連出演者等」だが、

「言うまでも無く、今の日本国民のほぼ全ては、反戦争派」だ』。

『「周り中、戦争反対の人々が溢れている日本国内」で、

「戦争反対!」や「戦争法案反対!」等々の

「訴えを行っている者たちがもたらしている実効」とは、

「戦争の恐怖を煽り、

戦争を仕掛けるかも知れない国々やその人脈等の意向等を

利そうとしている事に他ならない」』。

『「国民のほとんど全てが、戦争反対の日本国内で訴えるべき」は、

「戦争そのものに対する反意」では無く、

「どうすれば、戦争を避けられるか?」であり、

「こうする方が、戦争を避ける為により効率的じゃないでしょうか?」等々で

「あって

然るべき」だ。

「本来必要な考察に恐怖感や嫌悪感等でフタをする実効がある」のが、

「戦争自体の恐怖を誘う訴え」だ』。

『「その実効」は、

「戦争に対する恐怖感」により、

「多くの日本国民を委縮させ、弱体化・虚勢化し、

日本の社会や世論等を、

より反日国等にとって有利な状態に誘う事を容易にする事」になる』。

『「日本国内で、どうすれば戦争を防げるのか?」等の

「前向き、かつ具体的な訴え」をせず、

「戦争そのものの恐怖感等を煽る訴え等を行っている者たち」とは、

「おバカか、悪」に他ならない』。

『「都知事選が行われている現在、

ワザワザ、所謂左翼(同上)目線の参院選の総括等を

公共の電波上で行い、

その情報を一方的に大量配信する事」の

「実効」は、

「都知事選で、所謂左翼(同上)側の候補者たちを有利にする事」だ』。

『「情報工作が得意な連中」は、

「現行法にひっかからない様な、上辺ダケなら問題化する事も困難な様な、

詐欺師的手段を使ってまで」も、

「実質的に、政権・権力・社会等を反日国人脈等の側が有利になる様に転覆させる、

権力争い・政権奪取等の為のソフトテロ」を

「行い続けて来ている」』。

『「過去の、情報工作~大衆誘導による、実質的、ソフトテロ成功例の一つ」が

「民主党政権の成立」だ。

「悪戯な反原発感情や、反米軍基地感情等の煽り」も、

「情報工作~大衆誘導による、実質的、ソフトテロ」に他ならない』。

『「情報・教育工作や政財界工作等々に加えて、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の、

工作活動が蔓延り、

至るところで、実質的、ソフトテロが行われている戦後の日本社会」の「裏に在る」のは、

「異常な戦後処理」だ』。

『「日本社会の奥底で渦巻いている膿」を、

「増大させるのか?縮小~消滅させるのか?」という「重大問題」から、

「全日本国民は、逃げ続けるべきでは無い」。

「何故なら、放置する事=膿の増大を容認する事になってしまうから」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

新報道2001では、昨今では「テレビ・マスコミ族の情報工作員的な猪瀬元都知事」がテロ対策としてIT技術の活用を訴えていたが・・・。

『「実は、IT技術悪用の不適応分子粛清工作の為の仕込み」が、「着々と進められている」のが、「現状日本社会のお寒い実態」だ。

「監視カメラ+フェイスイット+電磁波レーザー」で

「特定人脈の実権者たちにとっての不適応分子とされた人々」は、

「日常空間で、かなりの量の工作電磁波を浴びせられる事になる」』。

『「音波的に、ホール側・イオン側が極短時間内に切り替えられ、次々と当てられる、工作電磁波による実害」は、

「電離作用」や「生体電気信号の混乱」等により「引き起こされる」』。

『「電離作用は、細胞レベルでは、破壊等に直結する」。

「脳なら、脳細胞の破壊となる」。

「生体電気信号として働くと、例えば、筋力増長の為のパルス振動の様な、負荷がかけられる事になる」。

「筋力増強用等の場合は、快適なパルスの範囲に入っている」が、

「工作電磁波では、不快なパルスで、ストレスが増大する事になる」。

「脳内の電気信号に、不快なパルスが混ぜられる」と「イライラしたり、不安になったり、キレ易くなったり等々」する。

「疲れ易く、頭も働き辛く、身体障害や脳障害や精神障害等に陥り易い状態に追い込まれ、

動き辛く、

弱体化され、

アルツハイマー等の脳障害や、白内障や、心不全や、呼吸不全や、肝臓・膵臓等の内臓不全等々状態に陥らされ易くなり、

特定極一部の者たちが不適応分子扱いした人々を、

病人化・早死に化させる事までもが可能になる」』。

『「工作電磁波を発生させる事は、ソフトでも出来てしまう」から、

「工作電磁波を発生させるハードを駆逐する」と「共」に、

「ソフトの受け皿&実現機能を、全ての電子機器から排除する対策」が、

「今、激烈に求められている」』。

『「ところが、工作電磁波対策自体、始まっている様相さえ無い」ばかりか、

「悪電設業者や悪アプリ等開発者等により、

防犯カメラや音響設備や電灯等の建造物設備等からダケでは無く、

個人持ちの車や携帯やスマホやパソコン等まで含む、

工作電磁波発生場所がドンドン増やされている」のが、

「現状日本社会のお寒い実態」だ』。

『「昨今では、テレビ・マスコミ族都知事候補応援に適する情報提供まで積極的に行っている様相の猪瀬元都知事」は、

「もはや、テレビ・マスコミ族側の者である実態を露呈している様相」だ。

「工作電磁波問題を知らない訳も無い、ばかりか、

むしろ、積極的に、

不適応分子粛清工作の為等に使おうとしている様相の、

所謂左翼(内実は、親韓・親北朝・親中共等)テレビ・マスコミ族側の者」の「言う」

「IT技術の積極活用」とは、

「現状のままなら、不適応分子粛清工作にも大いに悪用出来る、フェイスイットや防犯カメラ等に、ドンドンお金を流し込み、

不適応分子粛清工作機器として悪用出来る設備を、

一気に増やさせる為」の

「公共の電波上」での「呼び水発言」等と

「強く推定出来る」』。

『「何事でもそう」だが、

「悪用出来ない様にして使わないと元も子も無くなり易くなってしまう」。

「日常に在るトラック等まで悪用してテロを行うのが、悪者たちの実態」だ。

「IT機器の悪用を考え・実践している悪者集団の存在」を、

「無い事にした、

平和ボケIT機器増進」では、

「悪者やテロリスト側を利す事になってしまう」』。

『「不適応分子粛清工作がまかり通る社会」とは、

「中国共産党支配下の中国や北朝鮮等の様な社会」だ。

「極一部の実権者人脈の者とその協力者以外」が、

「それらの者たちの支配下に置かれ、不都合なら、粛清、排除される世界」だ』。

『「ITや電子機器等を悪用した電磁波不適応分子粛清工作等が、まかり通る、

とんでもない日本社会」を、

「絶対に実現させてはいけない」。

「IT等活用の前に、悪工作対策の徹底充実が激烈に望まれている」』。

・・・・・・・。

『「都知事選を、自民分裂vs野党統一のイメージで伝えるのは、間違っている」。

「実際」の「今回の都知事選」とは、

「所謂左翼(親韓・親北朝・親中共等)テレビ・マスコミ族等の実権者等」が

「ホンを書き、仕込み、実行せしめた」、

「所謂左翼(親韓・親北朝・親中共等)テレビ・マスコミ族vs一般日本国民の選挙」だ。

「数に拘る事が大好きなのは、北朝鮮等」だが、

「都知事候補の数が21人で、有力候補が3人とされ、残りが18人」という、

「数」も、

「小池氏を自民党から飛び出させ、

野党統一候補を実現させ、

泡沫候補扱いされる者の数を調整したりして、

意図的に作り出された可能性大」だろう。

「21も、3も、18も、そのスジの者たちにとっては、良い数字」だそうで、

「そのスジの者たちにとって、良い数字が現れる選挙は、勝ち易い」と、

「思い込み易いから・・・」だろう』。

『「都知事選で、有権者は、

テレビ・マスコミ族の仕込みに操られた有益分子としての投票を行ってはいけない」。

「民主党政権への政権交代劇と同様の都知事交代劇を実現させない為」にも、

「有権者のテレビ・マスコミ族を排除する判断が求められている」』。

・・・・・・・。

『「何れにしても、実質的、情報工作~大衆誘導等という、ソフトテロまで行っている、

テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

今回の都知事選の実体は、テレビ・マスコミ等によるソフトテロ(情報工作~大衆誘導)に他ならないから、「選択してはならない候補は、テレビ・マスコミ族」だ・・・。

『「今回の都知事選が何故行われたのか?」「言うまでも無く、まるで、民主党政権成立前の、自民ダメ!大宣伝の如く、舛添ダメ!の大宣伝が行われたから」だ。

「舛添ダメ!の内実」が「都知事辞任~都知事選に相応しい程、酷いモノだったなら、未だ、話しは分かる」が、

「実際は、コレでダメなら、ほとんどの政治家はダメでしょ!というモノ」だった』。

『「明らかに、

公平・平等な調査報道に基づく責めでは無く、

舛添ダメありきの、

偏向・偏重報道の様相を露呈していた」』。

(『「そんなモノに操られてしまった方々」は、

「民主党政権成立時に、民主党に一票を入れてしまった方々同様、

大いに反省し、その責任を取るべき」だが・・・』。)

『「舛添氏辞任~都知事選となった後はどうだったか?」

「テレビ・マスコミ族による策略選挙の様相」が、

「露呈している」』。

『「先ずは、テレビ・マスコミ上がりの与党議員である小池氏」が、

「自民党を飛び出す格好で、先出しジャンケンを行った」。

「それを、テレビ・マスコミ等は、大宣伝」した。

「共産党系候補の宇都宮氏の出馬意向が明らかとなり、

それも、テレビ・マスコミ等が大宣伝」した。

「テレビ・マスコミ族の石田氏が、まるで、人寄せパンダの如く名乗りを上げ、

それを、テレビ・マスコミ等は、大宣伝」した。

「野党側統一候補に興味を誘う役割を果たした(?)石田氏は、その役割を終えたからか、立候補を取り下げた」。

「与党系候補の増田氏は、参院選後、正式に、立候補表明」した。

「もちろん、テレビ・マスコミ等は、相応に、宣伝した」。

「民進党等野党系統一候補として、今度は、古賀氏の名前が上がり、

テレビ・マスコミ等が、大宣伝」した。

「最後に、究極の後出しジャンケンとまで、ハクを付けて、

テレビ・マスコミ族の鳥越氏が立候補すると同時」に、

「古賀氏の、立候補を取りやめ劇が行われた」』。

『「テレビ・マスコミ等」は、

「自民、もしくは、与党、分裂」&「野党統一」を「大宣伝」し、

「分裂与党側が、小池氏と増田氏」&「野党統一側が、鳥越氏」という「イメージ」で、

「都知事選を大宣伝している」』。

『「実際の内実」は、

「自民党を飛び出したテレビ・マスコミ上がりの小池氏」と、

「与党公認候補の増田氏」と、

「テレビ・マスコミ族の本丸、鳥越氏」が、

「三大有力候補となってしまっている」のが、

「今回の都知事選の実態」だ』。

『「分裂与党候補者たち」と「野党統一候補」の「争いでは無く」、

「テレビ・マスコミ族候補である鳥越氏」と、

「与党人脈から飛び出る事で、その援軍としての役割を果たしているテレビ・マスコミ上がりの小池氏」の

「鳥越氏を本丸としている様相の、テレビ・マスコミ族」と、

「実質的、ソフトテロにより、対立状態を仕掛けられている与党側候補増田氏」と、

「泡沫候補扱いされている18人の立派な候補者たち」の「中」から、

「有権者が真に都知事に相応しい人を都知事にする為の都知事選」だ』。

『「テレビ・マスコミ等が、民主党政権を成立させてしまった時」の「大衆誘導ロジック」は、

「比較的単純」だった。

「要約すると、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」になる。

「今回の都知事選」では、

「自民ダメ!と同様」の「舛添ダメ!」で、

「政権交代!!と同様」の「都知事選の実現」を「招き」、

「その後は、単純だと、有権者に見破られると考えてだろう、

民主!!!に当たるところに、

意図的に、野党統一候補鳥越誕生までの{感動的???物語}が、

仕込まれた様相」だ』。

『「都民有権者に、おバカや、テレビ・マスコミ族人脈の者たちが多い」なら、

「民主党政権成立時同様、

テレビ・マスコミ等が誘うまま、

鳥越都知事の誕生となってしまうかも知れない」が、

「多くの都民有権者」は、

「既に、上記の様な実態・実体に気付いている筈」だ』。

『「●暴等と同様で、

朝鮮系の割合が一般日本社会より遥かに多い、

テレビ・マスコミ族(芸能界も含む)」と

「一般日本国民」の「代理、実権争いの様相を露呈し続けている」のが、

「戦後日本の多くの選挙」だ』。

『「圧倒的な情報配信力を持つ、テレビ・マスコミだが、

実際のテレビ・マスコミ族等々の渡来系の実権割合が多い組織・集団等の全構成員の人数」は、

「言うまでも無く、日本社会の中では、少数派」だ』。

『「少数派集団が、情報工作~大衆誘導という実質的、ソフトテロにより、

実権を持ち、

多数集団の上に立ち、

権力を振おうとしている様相」が、

「またまた、露呈している」』。

『「民主党政権時に日本はどうなったか?」

「その裏で、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等は、どうなったか?」

「・・・日本が細った反面で、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国が大いに太った事等」を、

「覚えている多くの日本国民」は、

「二度と、その様な自虐的状態を招く投票行動はしない筈」だ』。

『「東京都の首長」を「テレビ・マスコミ族にする事」は、

「民主党政権の都政版に他ならない、ばかりか、

首長実権が、かなり大きい実態からすれば、

より、多くの日本国民にとって、酷い実態を招きかねない事」だ』。

『「それは、鳥越氏の、過去の発言や思想信条等からも良く判る」。

「所謂左翼、反対野党系、日本自虐強い系、利渡来系等々の、発言内容や、思想信条の持主」と、

「強く推定出来る」。

「象徴的な事」は、

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでの重大要素は意図的に黙殺・・・)脱原発論者である事」だ。

「沖縄基地問題等でも、その論調は、所謂左翼や、反対野党等に同調している論調」だった』。

『「所謂左翼、テレビ・マスコミ族」は、

「都知事の座を取り、東京都民を人質に、国政まで歪める策略を保持している」と「強く推定出来る」。

「何しろ、舛添ダメ!からして、かなり、策略的で、

既に、都に約50億円もの血税を使わせる事に成功している」のだ』。

『「上記の様な、実態・実体から」も、

「都知事選、テレビ・マスコミ族候補者の選択」は、

「絶対に、無し」だ』。

『「残念」ながら、「筆者は、有権者では無い」が』。

|

NHKでは、バングラデシュのテロを受けて「高学歴なのに、何で・・・」等とやっていたらしいが・・・。

『「高学歴の内実を問わない方々にとっては、不思議な現象」でも「高学歴の内実を理解・把握する」なら、「必然の現象である事」等が「解る筈」だ。

「現状の文系の教育・学歴等のレベル」は「考え・思いによる納得レベルに他ならない」。

「理系の教育・学歴等のレベル」は「実体や事実・現実の実用を可能とするレベル」なのだから、

「その差は、甚大」だ』。

『「この文系と理系の本質的レベル差」が、

「人類の数多の自虐不幸の源泉に他ならない」』。

『「核レベル等の高エネルギー技術を実用出来る理系の能力を持っている人類」が、

「核兵器等の自虐兵器を、平然とつくり、使用出来てしまった事」からも、

「文系側の低レベルぶりは、既に、ずっと前から、明らか」だ』。

『「それなのに、

その低レベルをそのままに、

過去や過去の延長線に在る者・物・事を覚えさせ、

現状人間社会の中で、その繰り返し等を実現させる能力等を保持させられて来ている」のが、

「所謂、高学歴者たちの実態・実体」だ。

「理系高学歴者たちでも、文系の内実は、文系と同様」だから、

「例えて言う」なら、

「核兵器をつくり持つ錬金術時代人」が、

「大量に生み出されている状態」だ。

「そして、現状の人間世界」は、

「こんなに酷い状態となってしまっている」』。

『「理系側と同じ基準で捉える」なら、

「文系側の精神文化や政治や経済等のレベルも良く判る事になる」。

「考え・思いによる納得レベル」とは、

「科学レベルに至っていない、宗教レベル」であり、

「理系で言うなら、錬金術の時代と同程度のレベル」だ』。

『「考え・思いによる納得」と、

「感や、経験・体験等に基づく試行錯誤等による

成果の積み重ね」と、

「その成果に対する、考え・思いによる納得基準の是非判断等」とは、

「統計学的手法の段階」だ。

「だから、例外も多々出る事になる」』。

『「錬金術の時代の人類が、核兵器等を保持出来たか?と言えば、否」で、

「核兵器等をつくり出す為には、科学レベルの技術探求と技術実現が要る」』。

『「精神文化側が、錬金術の時代レベル」なら、

「物質文明側も、錬金術の時代であってこそ、

バランスが取れる」』。

『「実際の錬金術の時代」では、

「精神文化レベルが、物質文明側のもっと昔の感情主体レベル時代と同程度だった」から、

「かなり、酷い事になっていた」』。

『「精神文化レベルが物質文明レベルより劣っている限り、

人類に平和はあり得ない事」は、

「歴史を覚えるのでは無く、歴史から学ぶなら、誰もが直ぐに分かる事」だ』。

『「ところが、現状の優等生や高学歴者たちは、覚える事は、得意でも、学ぶ事は苦手な場合が多い」。

「教える方も、覚えに執着し、学んでいない場合が多いから」だ。

「覚えた事を、まるで、ビデオの様に、繰り返す事は、得意」でも、

「学び、先をつくり出す事は、不得意」な「方々」を、

「先生や教授等」と「祀り上げたり」すれば、

「先生や教授等」は、

「自己正当化の為に、

覚えた事の繰り返しを、

人間社会に強いがちになる」のは、

「ある意味、当然の現象」だろう』。

『「現状の多くの人々の精神構造・精神文化」は、

「他の者・物・事との比べっこ」であり、

「比べっこによる優劣や支配権等の争い」等で、

「自己承認欲求の代償欲求を追及している状態」だ』。

『「優等生や高学歴者たち」とは、

「学力比べっこ上の優位者たちに他ならない」が、

「その基の問われている学力自体を、覚える事は得意でも学ぶ事は苦手な、教授や先生等がつくり出している状態」だから、

「文系の負の代々話が、続いて来てしまっている」』。

『「理系の場合は、物質文明の優劣」が、

「学力・学歴等上の優劣等、全く関係無し」に、

「誰にでも分かり易い実態で現れる」』。

『「実際に、使えば、その差は、誰もが、実感出来る」から、

「理系の物質文明側では、実進化無きモノは実進化在るモノに敵わない」。

「実進化を実現させる為に必要な事」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用」だ。

「結果として、理系の物質文明側」では、

「科学レベルで考え・思い、その先を探求する事等が当然になっている」』。

『「また、学力・学歴フィルター無き世界での、比べっこによる選択」で「モノを言う」のは、

「知って貰えているか?否か?」だ。

「こちらは、情報の配信・伝達等、文系の問題」になる』。

『「他のモノより有用なモノでも、誰も知らなければ、比べっこの土俵上にも上がらない」が、

「本当は、一番でも無いのに、さも一番良いモノであるかの如く風潮し、世間中にその情報を蔓延させる事が出来る」なら、

「結構な確率で、高評価等が得られてしまう」。

「もちろん、評価している人々の精神文化レベルの問題は、別の話し」だ。

「大コマーシャルによる商品売りや、常連出演ゲイノウ人等々の押し売り」に

「操られる人々の数は、未だ、多い」』。

『「考え・思いによる比べっこ」や、

「比べっこによる支配・被支配ゴッコ」という、

「低レベルな精神文化や精神構造状態」から、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する」、

「本質探求の精神文化や精神構造状態」に、

「多くの人々の精神文化や精神構造状態を正常進化させる為に必要な事」は、

「情報・教育の正常化・健常化に他ならない」』。

『「例えば、NHK等でも、時代遅れの高学歴免罪符宣伝的情報配信などしていない」で、

「もっと、者・物・事等の本質を探究する内容の情報配信を行なうべき」だ』。

『「今や、人類誰もの誕生・死の実体」は、

「細胞ごとの現象である事」が、

「科学レベルで判明している時代」だ。

「今生きている一人の人」とは、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している、

約60兆の細胞群の一塊」だ。

「誕生・死の実体が細胞ごとである現実」を「基」に、

「精神文化や精神構造状態をつくり出す」なら、

「丸ごと一人の殺傷」や、

「丸ごと一人のあの世や霊等々」などは、

「生じ得ない」。

「憎むべき、排除すべき思想、もしくは、脳細胞神経ネットワークによる働き」とは、

「実体や事実・現実離れしている者・物・事や考え・論等に他ならない」。

「悪とは、現実・実体離れ故に、悪」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に叛く」なら、

「それこそが悪事」で、

「その悪事の連鎖」が、

「現状人間世界で渦巻いている」から、

「現状人間世界は、こんなに自虐的」なのだ』。

『「その実体を問わない高学歴論や上辺の支援論等では、お話しにならない」。

「宗教を覚える前に、

宗教とは?を科学レベルで理解・把握する事が、求められている」のが、

「今時の全人類の実態」だ。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している」のに、

「何時までも、丸ごと一人の死生観やあの世や霊等に縋り付いている場合では無い」。

「科学レベルで判明している人類の実体や事実・現実から離れ過ぎている経済・社会システム等を何時までも、後生大事に抱きしめ続けている」なら、

「人類は、確実に滅亡する」。

「NHKにしても、

せっかく、公共の電波を使った情報の大量配信が可能なのだから、

全ての人類の精神文化や精神構造状態の正常進化を誘う為に、有効」な、

「情報配信こそが必要」だ』。

|

フランス、ニースのテロ、もしくは、無差別殺傷問題・・・。

『「フランス、ニースの大型トラック悪用テロ、もしくは、無差別殺傷」は、「現状経済システム故の負の現象の一つ」だ。

「日本の都知事選という、実質的、テレビ・マスコミ等による情報テロ」は、

「現状日本社会の支配権争い故の負の現象の一つ」だ』。

『「現状経済システム」では、

「必ず、資本界がより優位になる様に、システム設計されている」から、

「資本界のメリットを十分に享受出来ない多くの人々」は、

「必ず、不満を抱える事になる」。

「所謂、南北問題の生みの親」は、

「言うまでも無く、現状経済システム」だ』。

『「現状経済システムの何処が悪いのか?」

「悪い者・物・事=実体や事実・現実離れしている者・物・事」という「基本原則」から

「現状経済システムを見直す」なら、

「現状の多くの人々が、精神文化上では、考え・思いによる納得レベルで生きてしまっている」が、

「その中の、経済評価も、また、その様な人々の考え・思いによる納得による合意形成で運営される事を是としている事」が、

「悪の源泉」だ』。

『「考え・思いによる納得で生きている人々による、需要と供給の関係」とは、

「考え・思い上の、相対評価に他ならない」』。

『「そんなモノの上に生じている経済価値を是として、

多くの人々にそれを認める事を強い続ければ、

例えば、人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が無い者・物・事にも、

絶大なる価値や評価を付けてしまう齟齬等が生じる」のも、

「当然の現象になる」』。

『「本質的齟齬は、本質的不満を生む」。

「その不満」を、

「現状で優位な者たちが、現状での優位を維持したまま、押さえ込もうとすれば、

現状で劣位な者たちのところに、不満のエネルギーが集中する事になる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「現状で劣位であるばかりでは無く、不満のエネルギーまで載せられてしまった人々」に、

「一方的我慢をし続けろ!」等と「強いる事」は、

「明らかに、人権無視の酷い話し」だ。

「当然、強いられ続けている方々だって、何時までも、我慢など、する必要も無ければ、出来る訳も無い」』。

『「現状脱出欲動の暴発」には、

「相応のベースが在る」』。

『「人間誰しも、ズルい者・物・事に対する反感を当然の如く持つ」。

「現状経済システムというズルいシステム上の多くの優位者たち」の

「実体・実態

もまた、

「ズルい場合が多い」。

「こんな状態」では、

「テロや無差別殺傷事件等が起きない方が不思議」だ』。

『「本気で、テロや無差別殺傷事件等を無くしたい」のなら、

「現状経済システムの実体・現実離れ等を是正する事こそ」が、

「かなり高い実効を持つ」』。

『「有難がるべき実体」は、

「現状の現実離れが激しい経済システム等では、断じて無い」。

「人類誰もの自分の実体とその実体の本来の目的」と、

「それらと整合性のある者・物・事」だ』。

『「憎むべき実体」は、

「他の者・物・事では断じて無い」。

「余りにも酷い人間社会実態をつくり出してしまっている現状経済システム等」だ』。

『「現状でテロ等を行う側からすれば、

経済的不利故のテロより、

宗教的価値観等に基づいた聖戦等の方が、

より、カッコ良く、より、正当性がある様」に

「考え・思える」だろう』。

『「しかし、宗教自体も、現状経済システム等と同様の考え・思いによる納得法に過ぎ無い」のが、

「現実」だ』。

『「考え・思いによる納得」の「先」に、

「問題の本質的解決は無い」』。

『「今、こうしている間にも、人類の物質文明」は、「急速に進歩・進化」している。

「何故か?」

「人類は物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用し続けているから」だ』。

『「ところが、政治や経済や社会システム等々の、精神文化側」では、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が、余りにも希薄」だ』。

『「科学レベルの物質文明」を「持ちながら」、

「考え・思いレベルの精神文化」に「縋り付いている」のが、

「現状の多くの人類の実態」だ。

「そんな状態で、テロや無差別殺傷等々が起き無いと思えるなら、本当にオメデタイ」』。

『「科学レベルの物質文明相応」の、

「科学レベルの精神文化」を、

「全人類が持つ必然性が此処に在る」』。

『「テロや無差別殺傷や戦争等々の問題を現実として解決する唯一無二の道」が、

「此処に在る」』。

『「言うまでも無く、経済システムも、政治・社会システム等々」も、

「精神文化」だ』。

|

都知事選、「テレビ族2候補」vs「与党が担いだ1候補」初日問題・・・。

『「テレビ族の本命、鳥越氏」の「街頭演説の雰囲気」は「国会前での反対運動そのまま」の様相だった。

「この雰囲気ダケでも、鳥越氏を応援している人々の人脈やその実態・実体」は、「既に、バレバレと思う」』。

『「反対野党統一候補」とは、

「反対野党人脈が都政での実権を持ちたくて、持ち上げている候補」に他ならない。

「みんなに都政を取り戻す」の「みんなの実体」は「反対野党人脈の者たち」と「強く推定出来る」。

「都政実権の分捕り合戦と思っている」から、

「都政を{自分たちの側に}取り戻す」が「訴えになっている」のだ』。

『「実権が欲しいのでは無く、都民の生活等をより良くしたい候補」が、

「普通に訴える」なら、「より良い都政を行う」等だろう』。

『「都知事選を、

未だに、

戦国時代の様な、

実権の分捕り合戦等と

位置付けている様相が濃厚な、

テレビ族」の

「実質的、援軍、

小池氏」には、

「テレビご用達弁護士上がりの自民党国会議員も付き添っていた」』。

『「テレビ上がりの与党議員」では「無い」、

「与党仮面を被ったテレビ族」の「姿」が「其処に在る」』。

『「小池氏は、原宿等で、若者と直接触れ合う事」で、

「若者のネット上発信力を利用したい様相」だった』。

『「果たして、

批判・非難や、

反対運動等々による

実質的政治の邪魔や

日本に自虐を強いる反面で韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利する事等々は

得意中の得意」でも、

「具体的に実現可能な日本にとってより良い策等を提案する事等」では、

「全くダメな実績を示し続けて来ている

テレビ族」に、

「都政の実権を与えたい自虐的有権者」は、

「どれだけいるのか???」』

『「ゲリラ的策略戦術を用いて、都知事選に躍り出ている様相なのが、テレビ族候補」の「実態」だが、

「ゲリラ豪雨に見舞われたのが、増田氏」だった。

「増田氏側」が、

「雨降って地固まるとなるか?」

「豪雨に流される事になるか?」は、

「有権者の投票行動次第」になる』。

『「都知事選=知名度争い~人気投票状態」が、

「過去の問題都知事を生んで来た一つの元凶」だ。

「問題とは、テレビ・マスコミ等が露呈させ、大騒ぎする問題ダケが問題では、断じて無い」。

「政治と金の問題は露呈し辛くても、

東京都や東京都民に自虐を強いる問題を持っている候補者もいる事」等は、

「決して忘れるべきでは無い」』。

『「知っている人だから・・・と一票を入れる前」に、

「表の綺麗ごとの裏に各候補が隠している思惑にまで思いを至らせた上」で、

「自虐的にならない一票を投じるべき」だ』。

|

都知事選、偏向・偏重脚色報道問題・・・。

『「NHKまで含む、大手テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「都知事選報道」は「自民分裂vs野党統一」という「実質的に、野党統一側を利する色付け情報配信となっている」。「実態・実体はどうか?」

「数多くの泡沫候補扱いの方々」は「全く別の劣等扱い」で、

「実際は、自民を飛び出した格好の先出しジャンケン小池氏の大宣伝」と、

「それに追従した、野党共闘の為と強く推定される人寄せパンダ候補の出馬意向&撤退意向等の大宣伝」と、

「与党側公認候補となった増田氏の実態お知らせ報道」と、

「究極の後出しジャンケン鳥越氏の大宣伝」と、

「宇都宮氏の撤退を好イメージに脚色した情報が続き」、

「最終的には、野党統一候補、鳥越氏が、一番、スジであるかの如きイメージ」を、

「多くの視聴者・読者等に抱かせるモノになっている」』。

『「はっきり言って、断じて、国政では無い、都知事選」に、

「与野党対立構造を持ち込む事自体異常」だ』。

『「更に、まるで、与党と野党が、同等の勢力であるかの如きイメージ」を、

「多くの視聴者・読者等に抱かせようとしている情報配信も異常」だ』。

『「実態・実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等」なら、

「都知事選に対し、知名度が飛躍的に高く無いものの、以下の方々が立候補を表明しました」。

(「非有権者の筆者」は、「具体的候補者名を、敢えて、記さない」。)

「小池氏が、自民党を飛び出す格好で、多くの有力とされる候補者より、先に立候補しました」。

「以下の方々が、立候補を表明しました」。

(同上)

「国政政党野党側は、参院選で負けた事に一矢を報いる為、野党共闘をして、都知事選を利用しようとしています」。

「以前から、地道に、都知事選に挑んでいた宇都宮氏も立候補の意向を示しました」。

「以下の方々が、立候補を表明しました」。

(同上)

「野党の人寄せパンダ候補の名前が、次々に挙げられ、売名・人寄せ等の後、早々に撤退しました」。

「自公公認候補の増田氏も、立候補しました」。

「後出しが有利と言う事が定説となっている都知事選」で、

「究極の後出しジャンケンと、自ら、後出しの価値を高めようとした訴えと共に、野党共闘候補の鳥越氏が立候補しました」。

「宇都宮氏は、野党共闘の為、撤退しました」。

「立候補締め切り前までに、以下の方々も、立候補しました」。

(同上)

・・・等となる筈だ』。

『「其処」に、

「自民分裂」や、

「与野党対立は無い」。

「在るのは、自民党を飛び出した小沢文化の臭い濃厚の小池氏」と、

「自公公認候補増田氏」と、

「まるで、朝鮮の方々の様に、統一好きな方々により、野党統一候補とされた鳥越氏」と、

「野党統一を理由に撤退を余儀なくされた宇都宮氏」と、

「不当に、泡沫候補扱いされている数多くの正当な候補者たち」だ』。

『「有力とされている候補者の実質的特徴」は「以下の通り」だ。

「日本新党~新進党・自由党等で、細川氏や小沢氏の下で政治家として育った小池氏」は、

「保守党で、小沢氏等と袂を分け、その後、自民党に入党した」。

「しかし、今回の自民党飛び出し劇」は、

「まるで、小沢氏のかつての行動と同様」だ』。

『「小池氏の政治文化」は、

「上辺保守・内実反日利韓(北朝も含む)・利中共等の臭いが濃厚な小沢氏等の政治文化と同様に思える」。

「小沢氏同様の飛び出し劇は、その証」だろう。

「自民党や都連が積極的に担がなかった事」には、

「相応の理由が見て取れる」』。

『「自公に担がれた増田氏」の「説明は不要」だろう。

「都議会与党が推し進めたい政策を推し進める為の都知事+α(どれだけ大きいか?小さいか?は分からないが・・・)になる筈」だ』。

『「野党統一候補の鳥越氏」は、

「テレ朝等のジャーナリスト上がりで、その時の論調」は、

「圧倒的な、

反権力(自民党等政権時代)&親権力(民主党等政権時時代)だった」。

「つまり、民主党系の者と強く推定出来る」』。

『「しかも、ガン上がり、工期高齢者の76歳」だ。

「北朝鮮等では、高齢の実権者たちが多い」ばかりか、

「高齢者の実権を優先する文化さえ有る様」だが、

「小泉政権時には、自民党の70歳定年制を是としていた人脈のお方」だ。

「その人脈別ダブルスタンダードぶりは、半端では無い」』。

『「結婚子育てがし易い東京都の生活環境」等と「言って」も、

「元からの日本国民にとって等の、前置きが無い限り」、

「日本の乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている、

朝鮮系や中国共産党系等の方々が・・・」である

「可能性も濃厚」だ。

「特に、上辺の訴え、グローバル派、リベラル派、差別反対派等には、その傾向が強い」』。

『「同じ、最終的に、統一候補」でも、

「自由主義圏の統一候補」と、

「北朝鮮の様な旧共産圏文化の下での統一候補」では、

「その内実」が、

「全く違う」。

「国政政党実権者たちが決めた、野党共闘統一候補」には、

「北朝鮮の様な旧共産圏文化の臭い」が、

「濃厚に漂っている」』。

『「朝鮮半島でも、北朝鮮による統一を望む人々」は、

「ほとんどいない筈」だ』。

『「はっきり言えば、実態や実体を伝えない、上辺のイメージ報道等に、多くの価値はあり得ない」。

「上辺のイメージ報道等に多くの価値を与える」と、

「自虐投票行動等が生まれ易くなる」のが「現実」だ』。

『「かつての、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と「同様の事」を、

「同じ人脈の者たち」が、

「今回の都知事選」で、

「自民分裂!~野党統一!!~鳥越!!!」で

「行いたがっている様相が非常に濃厚」だ』。

『「日本が細らせられた反面で、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等が大いに太った、民主党政権時の事」を、

「覚えている方々」なら、

「二度と、同様の、誤った判断等はしない筈」だ』。

『「実際は、自民分裂は無い。小池氏が飛び出したダケ」だ。

「野党統一候補とは、国政政党実権者たちが、都民有権者から、投票先を奪った事に他ならない」。

「その実態は、まるで、中国共産党支配下の香港の様」だ。

「有力とされている三候補の中」で、

「立候補実態素性等が、未だマシなのは、

小池氏の立候補の自由を担保した与党側が担いだ

増田氏しかいない」のが「実状」だ』。

『「泡沫候補扱いされている方々の訴えの中」には、

「全日本国民が、それなりに、傾聴すべき問題提起等もある」』。

『「例えば、在日外国人に対する生活保護費支給は、是か?否か?」

「もはや、実質、ギャンブルである、パチンコ規制等は、是か?否か?」』

『「筆者は、常々、たばこ税等同様の高額のパチンコ税等が在るべきと思っている」。

「競輪・競馬・競艇・オート等では、当たり分の約半分が税として取られているのだそうだ」。

「格差社会是正の為」にも、

「パチンコ企業や店等や経営者の利益や報酬等には、

特別に、

ギャンブル商売税でもかけたら良いと思う」。

「税金として払うなら、客に還元等となれば、

多くの客がメリットを受ける事になる」ばかりか、

「パチンコ企業や店等や経営者等に集中していた利益が、

数多くの人々に分配される分」だけ、

「例えば、街中の居酒屋等も流行り易くなる筈」だ。

「国や地方自治体等の税収は、むしろアップするだろう」』。

『「現状では、パチンコ企業や店や経営者等が、

例えば、在日外国人等だった場合、

その集中利益」が

「海外に流失している可能性大」だ。

「場合によっては、北朝鮮等への送金(中国経由等の裏ルート等も含む)等にもなっている筈」だ』。

『「グローバル化推奨の、リベラリスト」等なら、

「上記の様な海外流出事態も、是」だろうが、

「それが、果たして、多くの日本国民の意識や感等に適うのか???」

「有権者なら、その辺りまで十二分に考慮して、投票するべき」だ』。

『「在日外国人へ生活保護を連綿と支給し続けるくらい」なら、

「祖国母国等への帰還費等を負担した方が、遥かに安上がりになる筈」だ。

「その逆で、海外で、生活保護状態に陥った日本国民に対する責任」は、

「日本側が負わなければならなくなる」が、

「実数として、それが、遥かに少ない事である事は、言うまでも無い事」だろう』。

『「グローバル化が世界的に叫ばれている昨今」、

「この辺りの問題」は、

「国境線を低くすればする程、真剣に考えなければならない問題」だ。

「此処をいい加減にする」と、

「日本の生活保護目当ての移民」や、

「その中に紛れ込む、日本の生活保護をテロの資金にするテロリスト等」が、

「急速に、大量に流れ入って来てしまう事になる」』。

・・・・・・・。

『「地磁気の乱れ」と「大衆の判断の誤り」の「関係」からすれば、

「所謂、左翼人脈の者たちが、日本の政権等で実権を持った時」、

「日本で大天災害が起こり易い」。

「阪神淡路大震災然り」、

「東日本大震災然り」だ』。

『「都民有権者が左翼人脈ご推奨の鳥越氏を選ぶ様」なら、

「東京大地震も近いかも知れない」等と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

|

都知事選、宇都宮氏撤退で嬉々としていたテレ朝朝番・・・。

『「大局的見地から出馬を取り止め」の旨述べた「宇都宮氏」だが、「具体的な合意政策等の内容が報道されていない」から、「大局的見地=所謂、左翼野党、国政政党実権者たちによる圧力」だったり、

「大局的見地=東京(日本)乗っ取り支配の為」等だったりする「可能性大」と「強く、推定出来る」』。

『「政策協定等が出来ているなら、宇都宮氏による鳥越氏支援表明等が有って然るべき」だが、

「その様な実態は無い」』。

『「野党統一候補戦略実行本部等」では、

「先ず、宇都宮氏を退かせた後」で、

「今頃、早急に、合意政策として表に出しても差し障りの無い政策等」を、

「賢明に、つくっている最中」だろう』。

『「元々、所謂、左翼、反対、利韓(北朝も含む)・利中共等、野党系人脈」の

「日本の政界・社会等における役割」は、

「既に終わっている」』。

『「東西冷戦、イデオロギー対立」等は「とっくの昔に終わり」、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国の実態・実体」も、

「多くの日本国民が知るところとなった」。

「もはや、

東側や、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党側に、

向かう方が良い等と本気で考え・思える一般日本国民」は、

「圧倒的少数派」だ』。

『「未だに、所謂、左翼、反対、利韓(北朝も含む)・利中共等、野党系の人脈の者たち」が、

「その方向に、多くの一般日本国民を向かわせ続けようとしている」のは、

「根っ子の祖国・母国等からの指令等が切れていないから」だ。

「今まで、散々、裏で、色々な、大量の利権や支援・援助等を貰っている」等と、

「強く推定出来る者たち」が、

「大元のスポンサー等を裏切る事=粛清対象にされる事」なのだろう』。

『「自らの保身の為に、未だに、多くの日本国民を巻き込んで、終わっている方向に、誘導等しようとしているその姿」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「究極の後出しジャンケン???」

・・・「お手盛り賛美のつもりだろうが、

後出し有利と言われている都知事選の為の策略では、

醜悪なダケ」だ』。

『「小泉政権時の、70歳定年制には、大応援だった者たち」が、

「今回のガン上がり、後期高齢者76歳鳥越氏の都知事選立候補について、

何も言わない、ばかりか、

実質的に、大応援状態である事」は、

「明らかな、ダブルスタンダード」だ』。

『「鳥越氏もそうだった」が、

「自民党等の政権時には、反権力の徹底追及姿勢を濃厚に示し、

民主党等の政権時には、権力擁護の姿勢さえ濃厚に示していた事」も、

「明らかな、ダブルスタンダード」だ』。

『「其処に在る」のは、

「公明正大な、事実・現実に基づいた、原寸大報道等では無く、

人脈や思想信条等に基づいた差別以外の何モノでも無い」』。

『「差別主義者たちが政権や首長の座を取れば、どんな事が起きるのか?」は、

「旧民主党政権時の実態からも明らか」だ。

「旧民主党政権が、日本国の政治を行った事」で、

「日本系が細った反面で、韓(北朝も含む)系や中共系が、大いに太った」のだ』。

『「実体として、人脈や思想信条等差別主義者である、

所謂、左翼、利韓(北朝も含む)・利中共等、野党等人脈の者たち」にとっての

「有益分子の一人が小泉元総理」だ』。

『「朝鮮系と言われている小泉元総理と、竹中氏等が行った、

利権集中悪徳改悪政策により、

日本国内の格差は急速に拡大し、

少子高齢化傾向も急速に強まった」』。

『「利権集中とは、利権を持つ特定極一部少数の者たち」が、

「利権を持たない、多数の人たち」を

「利権で支配する為に好都合な状態」に他ならない。

「日本人の少子高齢化」は、

「日本人以外の移民等の受け皿拡大でもある」』。

『「実際に、小泉政権以降は、朝鮮系・中国系の実質的移民者たちの数が、増え続けている」。

「見かけ上では、日本人とほぼ同様の場合が多いのが、朝鮮や中国の方々」だが、

「それまでは、ほとんど聞く事の無かった、朝鮮語や中国語の会話」を、

「日本国中の街中で、かなり多く聞く様になった現実」からも、

「実質的移民者たちの数の増大」は、

「誰もが実感している事」だろう』。

『「国際化という美辞麗句の裏」では、

「日本乗っ取り支配策略を企んでいる者たち」が、

「着々と、日本乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている」』。

『「昨今では、電設業者等」が、

「例えば、蛍光灯等の建物電気設備の修理・更新時等」に、

「電磁波工作器を仕込み回っている」。

「ホール側とイオン側を短時間特定周期でオン・オフさせる事」で、

「電気回路等から、ホールとイオンが飛び出してくる現象を悪用している電磁波工作」の

「実害」は、

「ホール・イオン被曝故の電離作用等による人体負担」だ』。

『「回復力等が旺盛な若い状態の人々」なら、

「身体筋肉部(内臓の多くも実質、筋肉)被曝なら、何となく疲れる・・・程度の事で済む場合が多い」が、

「脳細胞や、回復力が旺盛では無い状態の人々の身体」には、

「かなり重篤なダメージを与える事が可能」だ』。

『「若年性アルツハイマーや、白内障や、心不全、精神不安、イライラ等の原因ともなっている」のが、

「電磁波工作」だ』。

『「日本乗っ取り支配等を企んでいる者たち」は、

「日本や日本人を、どんな手段を使っても、下に置き、支配する戦略を取り続け来ている」』。

『「原寸大、事実・現実、報道・情報・教育等では無い、

日本乗っ取り支配人脈偏向・偏重、報道・情報・教育等」や、

「非人道的な電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々までも行い続けて来ている」。

「日本人の絶対数を減らす裏」で、

「日本乗っ取り支配人脈の者たちは、意図的に、子沢山策を取り続けて来ている」』。

『「総人口の三分の一程度まで、

そのスジの者たちと、そのスジの者たちにとっての有益分子で、

占めさせる事が出来れば、

合法的な日本乗っ取り支配も可能になる等」と

「考えているとの事」だ』。

『「国政選挙も、首長選も、日本乗っ取り支配人脈にとっては、非常に重要な事」だが、

「昨今では、敗北が続いている」。

「起死回生の為の一策」が、

「都知事選」と言う訳だ』。

『「戦略も、情報配信ぶり等々」も、

「かなり、異常で、

既に、終わっている実態を露呈している」が、

「それでも、大元のスポンサー等に粛清等されない為」には、

「日本乗っ取り支配工作を行い続けなくてはならない」らしい。

「電磁波工作器等を付け回っているのも、その一例との事」だ』。

『「電磁波工作器は、

発生擬似周波数等が、

どんどん変更・更新され、

昨今では、

より、高周波化されている」』。

『「エネルギー総量を、より大きくし、

被爆者に、

より大きなダメージを与えたいから」だろう』。

『「ホールとイオンによる音波の様な縦波ドット波」だから、

「壁等でも、容易に通り抜け、覗き等にも悪用されている」のが、

「工作電磁波」だ。

「人の居場所や体勢まで覗けるから、狙い撃ちし続ける事も可能になっている」』。

『「対策としては、ホール側・イオン側双方を拡散・反射等させる事が必要になる」。

「イオン側は、電流が流れ易い金属等にある程度の実効がある」。

「しかし、電線からも工作電磁波が飛び出している事実からも、

その実効は、絶対的では無い」。

「ホール側は、ビニール等の密で柔らかい石油化学製品等にある程度の実効がある様」だ。

「理想的には、イオン側とホール側をピッタリ張り合わせて、鏡面化する事」だ。

「もちろん、多くの鏡が光の全てを反射していない現実からも、全反射はかなり、ハードルが高い」が、

「イオン・ホール個別対応より、実効が高くなる」』。

『「電磁波工作については、ここでは、このくらいにしておく」が、

「日本の現行法・現行の摘発体制で、摘発困難な手法を用いた非人道的で卑劣な手段まで使い、

着々と、日本乗っ取り支配工作等を行い続けている者たち」が、

「戦後の日本国内で、蔓延り続けられている事」は、

「絶対に、無視するべきでは無い」。

「拉致という大犯罪でさえ、表沙汰になった氷山の一角に過ぎ無い」のだ』。

『「都民有権者の多く」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られず、自虐的な投票行動を行わない筈」だ』。

『「残念」ながら、「筆者は、都知事選の有権者では無い」』。

『「それでも、

未だに、

偏向・偏重情報工作や大衆誘導等を行い続けようとしている様相の

醜悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「枚挙に暇が無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

国際法を紙クズ等と言う中国共産党・・・。

『「憲法9条信仰者等は、この現実の意味等」を、「ちゃんと、理解・把握するべき」だ。

「中国共産党等が仕掛ける戦争を避ける為」には「日本の憲法9条など無力」だ。

「日本を戦争から守る為に、現実として、必要な事は、憲法9条の保持では断じて無い」。

「実効のある抑止力であり、とりあえずは、その為に一番安上がりで合理的な日米安保の強化」に他ならない』。

|

宇都宮氏立候補取り止めではっきりした市民運動=利韓(北朝も含む)・利中共運動である実態・・・。

『「民主主義社会の市民運動」なら「多種多様な論や候補者等による切磋琢磨が当たり前」だ。

「国政政党等という、権力上位機関による候補者絞りが成り立つ世界」とは、

「まるで、中国共産党支配下の中国に属する状態となってしまった香港の様な世界」に他ならない』。

『「この重大現実に気付く人々が少ない東京都民有権者状態」だったり、

「この重大現実を容認する、実質、利韓(北朝も含む)・利中共人脈の者たち」が、

「蔓延れている東京都民有権者状態」なら、

「それは、本当に、危惧すべき状態」に他ならない』。

『「野党共闘による統一候補、ガン上がり、後期高齢者76歳鳥越氏」が、

「圧倒的に、敗北する状態こそ」が「健常だ」等と「言わざるを得ない実態」を、

「野党共闘を企んで来ている野党実権者たち」が「もたらしている」。

「この状態は、日本の民主主義の危機とさえ言える状態」だ』。

『「国政政党実権者等が絞り込んだ候補者以外は、共闘等の為に排除出来る世界」とは、

「旧共産圏の政治文化そのままの世界」に他ならない。

「候補者そのものが、国政政党実権者たちの談合によって決められているのだ!」

「それは、民主主義社会なら、とんでも無い事」だ。

「党を離脱すれば、縛りが解ける、党内縛りとは、全く違う実態が其処に在る」』。

『「この一点ダケ」でも、

「都知事選、鳥越氏の選択」は「無し」だ。

「市民団体等が、利韓(北朝も含む)・利中共等勢力では無く、本当の一般市民団体等」なら、

「上記の重大性が分からない訳も無い」。

「もし、シラばっくれているなら、それは、一般市民団体では無い事の露呈等になる」』。

『「多くの都民有権者」は、

「絶対に、テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向・偏重情報工作や、大衆誘導等に、騙され、操られるべきでは無い」。

「その先に在る」のは、

「小泉政権時や、民主党政権時等々、同様」の

「多くの日本国民に自虐を強いる反面、

韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の者たちが、不当な利益を得られ易くなる政治」だ』。

『「国政政党実権者たちが決めた、野党共闘統一候補、ガン上がり、後期高齢者76歳鳥越氏」の、

「大敗」こそが、

「上記の様な政治策略を一般市民有権者が退けた証になる」』。

|

テレ朝では、お仲間、お手盛り、都知事候補「鳥越氏」を公共の電波を使って偏向・偏重応援状態だが・・・。

『「実質的、宇都宮氏に対する{降りろ}圧力まで含めて、お仲間・お手盛り候補的色合いが濃厚な鳥越氏」を「公共の電波上で、利そうとしているその姿」は、「本当に醜悪」だ。

「中には、嬉々として、

野党統一候補、鳥越氏の

誕生を伝えていた者たちまでも居た」。

「普通に考える」なら、

「ガン上がりの後期高齢者76歳(万一、任期満了まで続ける事が出来れば、80歳)を担ぎ出さなければならない所」にも、

「既に、所謂左翼(内実は、親韓・親北朝・親中共等)人脈の者たち」の、

「終わりが露呈しているのだが」・・・』。

『「後ろ向きの連中が頼っている」のは「策略」で、

「今回の都知事選での策略」が、

「鳥越氏を隠し玉にしたまま、

所謂左翼野党系候補を小出しに立候補させる事」で、

「配信情報内容の多くを、所謂左翼野党系にする」。

「その裏で、野党幹部同士が、共闘の為の統一候補をつくり出す」。

「所謂左翼野党系人脈では、民進党やテレビ・マスコミ界等の人々の数が一番多い」から、

「野党共闘の為の統一候補を数の論理で選ぶなら、民進党やテレビ・マスコミ界等の都合となり易い」のは、

「当然の現象」だ。

「民進党が出す候補者の中で、他の党の実権者たちが拒絶しなかった者」が、

「統一候補となれ、それが、隠し玉、ガン上がり、76歳の鳥越氏だった訳」だ』。

『「野党共闘統一候補が誕生となれば、共産党系の宇都宮氏にも、降りてもらう筈」だったが、

「原理原則を大切にする宇都宮氏は、未だに、具体的政策協定等の話しが来ていないから等」と、

「出馬に前向き」だ』。

『「一般市民目線」では、

「野党の幹部たちが決めた統一候補への一本化」とは、

「多くの一般市民有権者の選択権を、野党の幹部たちが一方的に奪う事」であり、

「多くの一般市民有権者が、野党の幹部等の意向の下に置かれる事に他ならない」』。

『「与党側では、立候補の自由は拘束しない」から、

「小池氏の様」に、

「普通に考えるなら、酷く非礼なやり方でも、

与党議員の立場のまま、

立候補が出来ている」。

「自民党が党員等に拘束をかける事」と、

「野党幹部たちが、一般市民有権者から選択肢を奪う事によって、多くの一般市民を実質的に拘束する事」では、

「全く意味合いが違う」。

「自民党の党員への拘束」は、

「自民党員を辞めれば関係無い」から、

「民主主義社会内での、思想信条の自由にも、人権等にも、ひっかからない」が、

「野党幹部等による出馬取りやめ要請等による、一般市民有権者の選択肢を狭くする行為」は、

「まるで、共産圏の政治の様で、実質的には、思想信条の自由も、人権も阻害する行為」だ。

「類似例として、中国共産党のお墨付きの無い候補を出られなくする香港の政治がある」』。

『「所謂、左翼野党幹部たちの頭の中」には、

「まるで、中国共産党幹部の如く、

日本国・日本国民の上に立って、日本国・日本国民を支配・コントロールする」のは、

「{優秀な}所謂、左翼幹部たち等の感が有る」と

「強く推定出来る」。

「その様な感が無い」のなら、

「宇都宮氏の立候補も自由で当然」だ』。

『「それなのに、テレ朝では、野党共闘統一候補等の旨を強調」し、

「宇都宮氏は降りるのが当然であるかの如き雰囲気」で、

「情報を配信していた」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「テレ朝等大推奨の鳥越氏の思想信条等」は、

「過去の発言実績等からも、既に明らかになっている」。

「自民党等が与党の時」には、

「圧倒的に、批判・非難の反権力」であり、

「民主党等が与党の時」には、

「権力擁護の色合いが濃い、親権力」だった。

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続ける中極東地域日本のみ・・・ここまでの重大要素は意図的に黙殺)脱原発派」だ』。

『「例え、鳥越氏が、都知事になったとしても」、

「反自民等の反権力者だった病気上がりの後期高齢者」が、

「都議会与党が自民党等という状態の中」で、

「どれだけ政治を前進させる事が出来るのか???」

「多大なストレスや疲労等から、早々に、病気引退等の事態が生じても、何の不思議も無い」のが、

「現実」だろう』。

『「それなのに、所謂左翼野党共闘統一候補は、鳥越氏」なのだ。

「今回の鳥越氏立候補」も、

「それダケ、所謂左翼野党共闘系の有力者が減っている事の、一つの実証例」だろう』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

俺様化しているテレビ・マスコミ等を誤魔化す為に、安倍総理を俺様化していると嘯く、テレビ・マスコミ等ご用達精神医?等問題・・・。

『「医者にしても、学者にしても、現状の精神心理分野の実権保有者たちは、未だ、未だ」だ。「何しろ、無意識の大元である、細胞レベルの物理反応」と、「その刺激による、脳内神経ネットワーク等の働き」と、「意識上の解釈等に対する、整合性の取り方等(もちろん、意識上の解釈等からの逆ロジックの方も)」が、「甘過ぎる」。

「立場や報酬等があるクセに、未だ、未だの連中」には、

「未だ、未だと言われるべき実態が在る」から、

「コレは、筆者の俺様論等では断じて無く、単に、見る気がある人々なら、誰もが見れる、外から客観的に見えている世界」だ。

「その未だ未だ、連中の一人」が、「テレビ・マスコミ等の太鼓持ち」とは、「本当にお笑い」だった(この部分は、筆者の実感想等だから、それを俺様化していると言うなら、勝手だが、人の感にアレコレ言う方が、より俺様化している事は言うまでも無い)』。

『「一般日本国民や、テレビ・マスコミ等による報道情報にまで、配慮せざるを得ない現状の日本の総理大臣」が、

「俺様化など出来る訳も無い」。

「現状の安倍総理の言動からも、配慮は感じられるが、俺様化は感じられない」』。

『「それなのに、何故、安倍総理俺様化論などが、風潮されているのか?」

「言うまでも無く、野党側大負けによる、改憲勢力三分の二実現故」だ』。

『「つまり、テレビ・マスコミ等の俺様化を言わず」に、

「実態としては、一般日本国民にも、現状のテレビ・マスコミ等にも、かなりの配慮をしている、安倍総理」の

「俺様化を風潮している連中の本当の目的」とは、

「改憲勢力三分の二非難」であり、

「都知事選等で、野党側を利す為の実質的、工作情報配信に他ならない」と

「強く推定出来る」』。

『「日本の法制を固定化したい連中」とは、

「日本の法制の時代に合わせた進化を行わせない様にしたい連中に他ならない」。

「日本の政治を遅滞させたい様相の野党」が、

「所謂、反対野党化している現実から」も、

「日本の法制や政治の正常前進を邪魔したい者たちの存在は明らか」だ』。

『「そんな事を何処の誰たちの為に行っているのか?」は、

「実利が何処に行くのか?」等を

「検証したり、考えたりすれば、誰にでも分かる」』。

『「日本の法制や政治が固定化されたり、

遅れたりして、

実利を得る事が出来る」のは、

「反日国系の人脈の者たち」に他ならない』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育の多く」は、

「日本国や多くの日本国民に自虐を強いる反面」で、

「所謂反日国やその人脈の者たちを、不当に利して来ている」』。

『「その流れの上に在る事の一つ」のが、

「俺様化しているマスコミ等」による、

「今回の安倍総理俺様化風潮論等」だ』。

『「其処」にも、

「泥棒等が逃げる時に、あいつがドロボーです!等と言いながら、

他の無垢の人を指さし、逃げようとする、

何処かの国の文化の臭い」が、

「濃厚に漂っている」』。

『「血は水よりも濃い」とは、

「血統・民族主義者たち等の常套句の一つ」だが、

「血とか、水とかの前に、

家族や同朋等が、抱え込み、

次世代に伝承し続けている文化の問題の方」が、

「圧倒的に大きい実態が露呈している」』。

『「後ろ向きで、劣悪な、文化の、負の代々話等」は、

「即刻、断ち切るべき」だ』。

『「後ろを向いていると、

自分たちの前に余り人が居ないから、

自分たちが先頭だと勘違い出来ているかも知れない」が、

「人間世界の文化の進化の流れをちゃんと客観的に見る」なら、

「後ろ向きの者たちとは、

道を誤り易く、

進行から遅れ易い者たちであり、

実際に、多くの後ろ向きの者たちが、

誤った道を選択していたり、

遅れている事が、

良く分かる」』。

『「日本国民なのに、道を誤れば、反日自虐の道を歩み」、

「遅れを誤魔化したり、無い事にしよう等とすれば、

単なる反対勢力等となり、

前進を止めさせようとしたり、

日本社会自体を破壊し、どちらが前か?さえ分からない事態を招こうとさえする」』。

『「遅れている者たち」が、

「自己正当化工作の為に必要な事」は、

「他の者・物・事との比べっこによる支配権争い」だ。

「ダシは何でも、比べっこで相手に勝てば、その勝ちを理由に、相手の上に立ち、相手を支配・コントロールし続けようとする」。

「本当に必要な事」は、

「本質探求等による、多種共存等なのに!」』

『「未だに、他の者・物・事との比べっこで支配権等を争っている様」では

「いったい、何百年遅れているのか?!」』

『「因みに、普通の多くの日本人の文化」では、

「ずっと前」から、

「他の者・物・事との比べっこによる支配権争い<事実・現実・実体・本質等々探求による多種共存」だ。

「だから、江戸時代でも、体制が余りにも旧態化し、現実対応が困難になるまで、長い平和を保てていた」のだし、

「明治維新も実現出来た」』。

『「明治維新以降、先を急ぎ過ぎた連中」が、

「欧米列強等との比べっこによる、支配権争い等」を、

「行ってしまったから、酷い事になってしまった」が、

「そんな事に心の底から賛同していた日本国民は少数派だった」から、

「戦後になれば、程なく、経済大国化も実現出来た」』。

『「それでも、時々、後ろ向きの連中に日本の国政を預けたら、

格差が広がり(小泉政権時等)、

中共系や韓(北朝も含む)系の者たちが太り易くなり、日本系の者たちが細り易くなってしまう(旧民主党政権時等)等」の

「負の結果が出た」』。

『「昨今では、後ろ向きの連中」が、

「大衆誘導で、少々の政治と金等の問題で、都知事を降ろし、

約50億円もかかると言われている都知事選を実現させてしまった」。

「もちろん、後ろ向きの連中にとって、都合の良い者に、都知事就任のチャンスを与える為」だろう』。

『「後ろ向きの連中が推している者を都知事にすれば、どんな事態が起きるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等+野党連合が共産党まで一緒になって、

推している」のは、

「ガン上がり、76歳の鳥越氏」だ』。

『「後ろ向きの者たちにとっては、より前にいる、

頼れる、或いは、年上で頼るべき、

ガン上がりの76歳なのだろう」が、

「普通に、三大疾病を患ってしまった日本国民の平均余命等を考える」なら、

「思想信条等を別にしても、とても、都知事を任せられない状態」なのが、

「鳥越氏の実態」だ』。

『「有権者が普通に考える事が出来る状態」だと、

「後ろ向き組みに勝ち目は無い」。

「そこで、あらゆる手段を使って、

有権者が普通に考えられない状態をつくり出そうとし続けて来ている」のが、

「策略好きな、後ろ向き連中の特徴」だ』。

『「今回の、テレビ・ラジオ・マスコミ等の俺様化を言わずに、

安倍総理に、俺様化を投影・転嫁させようとしている情報配信」も、

「その一手段」と「強く推定出来る」』。

『「俺様化している、反日、テレビ・ラジオ・マスコミ等」など、

「圧倒的、マイナーで良い」のだ。

「未だに、民放キー局や、公共的大マスコミの多く」が、

「反日状態である場合が多い実態」は、

「明らかに、異常」だ』。

『「改憲勢力三分の二を脅威と捉え、

自らの健康も、年齢も、抜きにして、都知事に立候補した鳥越氏」と、

「その鳥越氏を偏向・偏重応援している様相のテレビ・ラジオ・マスコミ」等という、

「実質的、後ろ向きの者たち」が、

「勝つ事」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

偏向・偏重情報工作等による大衆誘導等という、実質的悪事」が、

「禁止されている」なら、

「先ず、無い筈」だ』。

『「当たり前の健常人間社会なら、勝つ筈が無い者等」に、

「不当な勝利を与えてしまう自虐投票行動等を行わせない為」にも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の健常化・正常化は急務」だ』。

『「参院選の結果」でも、

「法制前進反対派野党・候補者等が、三分の一近くも当選出来た事自体、異常」だ。

「与党案より良いロクな対案も出せない、反対野党等に、血税を与え続ける必要は全く無い」。

「時代の進化や世界情勢の変化等に合わせた、より良い憲法等を提案出来無い、反対野党等に、血税を与え続ける必要は無い」。

「当たり前の話し」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報が、反対野党偏向・偏重状態で無かった」なら、

「反対野党は、極々少数になっていた筈」だ』。

|

都知事選、野党共闘候補は鳥越氏になった様で・・・。

『「官僚上がり(?)の古賀氏では、官僚嫌いの共産党(官僚=少なくとも、実質、党員で無ければ・・・等というのが共産党等の文化)が乗り辛いからか?所謂、左翼、テレビ人脈の鳥越氏」が、

「野党共闘候補として浮上して来ている様相」だ』。

『「参院選の結果を受けて、急に出馬意欲を大出しにした鳥越氏」という「隠し玉」には、

「病気上がり(ガン)で、高齢(76歳)」という「不安材料も付いている」』。

『「どうも、古賀・鳥越直接話し合い」で

「参院選後、急に出馬意欲を大出しにした、鳥越氏で行く事が、決まったらしい」』。

『「つまり、古賀でも、鳥越でも、

当人同士が直接話し合いを行えるくらいの関係を持つ、

同じ人脈の者たち」で、

「テレ朝等の常連出演者等とも、親しい」らしい』。

『「野党共闘が成立するなら、宇都宮氏は引く旨述べていた」が、

「古賀氏の名前が表立っていた時は、出馬意向だった様」だ。

「共産党系の宇都宮氏」では、

「野党共闘候補は無理」だが、

「官僚上がり(?)の古賀氏」では、

「政策実務は、党・党員で無ければ・・・」の「文化の臭いが濃厚」な、

「共産党が乗り辛い様」だ。

「テレビ人脈の鳥越氏が、民進党側から出馬」なら、

「鳥越氏が、今までの政策実務等に係わっていない分だけ、共産党も乗り易い」のだろう』。

『「何れにしても、

民進・共産・生活・社民等々の所謂左翼野党等と

所謂左翼テレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界等」は、

「実質的に同じ人脈」で、

「目指す政治等も同様の様相」だ』。

『「元々が、親韓(北朝も含む)・親中共等の臭いが濃厚」で、

「旧民主党政権時の実績からも明らかな様に、

行う政治等」は、

「実質的に、日本系を細らせ、中共系や韓(北朝等も含む)系を太らせる事」と、

「強く推定出来る」』。

『「自民党を飛び出した格好になっている小池氏」も、

「テレビ上がり」だ』。

『「個人(小池氏側)対組織(自民党等)を訴えている」が、

「テレビ・マスコミ等の人脈の応援が有る小池氏も、

実質的には、親韓(北朝も含む)・親中共等、

テレビ・マスコミ等組織の一員の様相」だ』。

『「少なくとも、親韓(北朝も含む)・親中共等、テレビ・マスコミ等組織人脈にとって」の

「有益分子状態である事は、間違い無い」。

「何しろ、自民党都連を悪者扱いし、

都政でも、予算を精査・・・等と、

実質的には、細らせ路線」だ』。

『「参院選でも、

当然の如く、負けた、

所謂、左翼(内実は、親韓・親北朝・親中共等)人脈の者たち」は、

「世界レベルでは一国にも匹敵する東京都の首長の座」を、

「是が非でも取る為」に、

「人寄せパンダを前出しし、

それを所謂左翼テレビ・マスコミ等が大宣伝し、

最終的には、野党統一候補へと有権者興味を誘う、

節操の無い策等々」を

「行い続けて来ている」』。

『「未だに、古の戦国時代の様に、

策で、権力の座を得ようとしている

後ろ向きの者たち」は、

「後ろを向いているから、

自分たちが前と勘違い出来ている」が、

「人間社会の進行の流れを見る」なら、

「明らかに、

実際に居る場所は、

最後尾側」だ』。

『「最後尾側に、有権者の意思や、日本の政治等を誘う事」で、

「反日国等に、漁夫の利を与えようとしているその様」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「多くの日本国民」は

「既に、

その様な実態・実体を理解・把握して来ている」から、

「例えば、

選挙をすれば、

所謂左翼野党側の数が、

次第に、

減って来ている」。

「ベースは同じ」だから、

「今回の都知事選でも、

その流れは、

変わらない事になる」』。

|

反対野党大敗で与党圧勝という当たり前の結果が出た参院選&筆者の予想記事通りに動いている都知事選・・・。

『「反対、もしくは、反日、もしくは、親韓(北朝も含む)・親中共等、野党」の「縋り処」は「お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等による情報工作&大衆誘導」だ。

「実際に、参院選の結果でも、原発ダシの反与党情報が効いた東北」と、

「米軍基地ダシの反与党情報が効いた沖縄」等では、

「今回の参院選で、野党側の票が、異常な程、多かった様だ」』。

『「内実、反対、もしくは、反日、もしくは、親韓(北朝も含む)・親中共等、野党」なのに、

「日本の国政選挙等で、意外な程、票が取れている所もある」のは、

「そんな野党のお仲間である、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向・偏重情報配信による

実質的大衆誘導の害故」だ』。

『「かつて、孫大統領待望論等を風潮していた事もある」のが、

「反対、反日、親韓(北朝も含む)・親中共等、野党のお仲間マスコミ等だった」が、

「その人脈の者たちは、昨今」では、

「蓮舫を将来の総理候補として宣伝し始めている」』。

『「上辺の口達者ぶり等では無く、政治内実を重要視する一般日本国民の多く」が、

「{二番じゃダメですか!}&{大切なモノまで要らない扱いの事業仕分け}等々の実績を持つお方」を

「総理候補にしたがる訳も無い」。

「都知事でもあり得ない」と「考えている筈」だ』。

『「知名度&お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等大衆誘導投票状態の臭いが未だに濃厚に漂っている現状の選挙」だから、

「現状では、ある程度の票は集まっている」が、

「今後、公共的要素が強いテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

偏向・偏重情報工作や大衆誘導等の実態・実体が、多くの日本国民に理解・把握され、

それらの悪事が禁止されるのが当たり前となる状態」となれば、

「政治内実が、日本を細らせる者たちの票」は

「伸びる訳も無い」』。

『「蓮舫を将来の総理候補と、如何にも大物に扱っているマスコミ等の情報」とは、

「実質的」に、

「自民党を飛び出した格好の小池氏なのに、保守分裂や、自民分裂を言って、小池氏に大物イメージを与えようとしているテレビ・マスコミ等の情報」と「同様」の、

「偏向・偏重情報工作による大衆誘導の為の情報配信」だ』。

『「改憲が可能になるくらいに、与党+改憲賛成派の議席が増えた」のは、

「当然の流れ」だ。

「昨今の人間世界の進化・変化等を考えるなら、

数十年も前の憲法をそのままで良いと考える事」は、

「通常あり得ない事」だ』。

『「通常あり得ない事でも、裏に理由や思惑が有れば、あり得るのが、人間世界の常」で、

「護憲派の人々」からは、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等の臭い」が、

「濃厚に漂って来る」』。

『「日米安保の深化」で「立場が益々危うくなる」のは、

「韓国」であり、

「不当増長し辛くなる」のは、

「中国共産党や北朝鮮」に他ならない』。

『「人寄せパンダ役、芸能界の石田が、降りた、都知事選について」は、

「以前の記事をご参照ください」』。

|

本日のサンデーモーニングでは、参院選で少しでも野党側を有利にする為に、野党側を7割利した参院議長の話しまで持ち出していたが・・・。

『「与党・野党より前に、何をどうしようとしているか?」こそが「重要」だ。「ところが、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」では、「与党・野党を繰り返す事」で、「有権者等が考える対立軸を其処に誘導しようとしている様相」なのだから、

「本当に悪質」だ。

「しかも、現野党側を利そうとしている場合が多い」』。

『例えば、

「格差是正という理想を掲げる事」は、

「何処の党でも出来る」。

「問題は、その内実」だ。

「日本経済を劣化させて、皆、貧困状態」でも、

「格差は、是正されている事になる」。

「日本経済を豊かにした上で、格差を是正する事が肝要」なのだから、

「格差是正の実体を見極める」なら、

「経済政策を見極めれば良い事になる」』。

『「改憲の賛否」の「実体」とは、

「憲法を固定化するか?時代に合わせた進化・改良等を是とするか?」だ。

「改憲内容と改憲自体」は、

「全く別の事」だ。

「護憲と、護9条は全く別の話しであるべき」だ』。

『「論理破綻している事でも平気で押し通そうとしている場合も多い韓国の言い分」が、

「米国内で、意外と通用してしまっている裏に在る」のは、

「韓国は、米軍と軍事行動を共にした事がある国だから」に他ならない。

「もはや、先進国では、人間による戦争の時代では無くなりつつある」が、

「日本が韓国と同様の状態を取る事が可能な国となる」と、

「米国内でも、韓国の論理破綻ダケが目立つ事になる」。

「日本の中の利韓勢力」には、

「日本の集団的自衛権等に対し、徹底抗戦しようとするベースが在る」』。

『「権力は腐敗する」。

「それは、テレビ・マスコミ等でも同じ」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」は、

「ずっと、同じ人脈の者たちが実権を保持したまま、来ている」』。

『「政治権力の腐敗を訴える事」で、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界の腐敗を視聴者に考えさせなくする為の情報工作」は、

「本当に醜悪」だ。

「泥棒が逃げる時、無垢の他の人を指さして、あいつが泥棒です!と言う何処かの国の文化の臭い」が、

「濃厚に漂っている」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「実権者人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、テロ・戦争を問題にしても、工作活動を問題にしない利工作活動国情報で視聴者を操ろうとしていたが・・・。

『「バングラデシュのテロ」で「日本人も犠牲になった」のは「イスラム国等の暴力装置の中」に「中国共産党や北朝鮮等の、戦争では勝ち目が無いが故に、工作活動に活路を見出そうとしている国々の工作員たち」が「送り込まれているから」に他ならない。

「タイミング的にも、日本の参院選前」で、

「工作活動国家等のお仲間の臭い満載の日本のテレビ・マスコミ等の論調」が、

「集団的自衛権等批判となっている事実」からも、

「日本の国政で、

利工作活動国政党・候補者等の数を

出来る限り増やす為の

工作活動国家による工作の臭いも濃厚」なのが、

「バングラデシュのテロ」だ』。

『「実質的」には、

「本来のイスラム教とは全く違う、

カルト宗教でマインドコントロールされている

死さえ厭わない若者たちを数多く抱えている暴力装置」が

「イスラム国」だ』。

『「元々は、反欧米現体制人脈の暴力装置だった」が、

「その実態が知れ渡るに連れ、

欧米以外の工作活動国家の工作員等も、

積極的に、送り込まれる様になっている」。

「中国共産党系や北朝鮮系と強く推定される者たち」も、

「少なからず入り込み、影響を与えている」のが、

「現状のイスラム国」だ』。

『「そんなイスラム国」が

「日本人をターゲットにしない訳も無い」』。

『「イスラム国が、日本国内でテロを行う事」は、

「日本の文化」や、

「抱えている多くの戦闘員の人種等」からも、

「かなり困難」だが、

「比較的、イスラム国に同調する虐殺文化を内在させ易い、イスラム教圏」や、

「多くのイスラム国の戦闘員等が、人種的に、自然と溶け込める国々」に、

「日本国内の政治・社会等が、日本人虐殺が利工作活動国等となるタイミング」で、

「日本人が出向いた時」には、

「恰好のターゲットにされ易い」』。

『「そんな実態が露呈した」のが、

「今回のバングラデシュテロ」だ』。

『「本当に、日本国民の為を考えている」なら、

「上記の様な、実態も言うべき」だが、

「欧米によるイラク戦争の問題や、

日米同盟や、

集団的自衛権の問題」等や、

「テロの問題」等は、

「執拗に言う」が、

「工作活動の問題」は、

「黙殺している」のが、

「戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「科学技術力等を進化・発展させる事に遅れを取っている国の体制」なのに、

「所謂先進諸国より上に立とうとする国々」が、

「スパイ・工作活動に活路を見出そうとし続けて来ている」。

「それが、現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「工作活動を黙殺した、テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」で、

「多くの日本国民の認識・意識や、

日本の政治や社会等」が

「現実離れ化させられてはいけない」。

「現実離れ化」は、

「日本国・日本国民にとって自虐的となる反面」で、

「工作活動国家等にとっては好都合となる」』。

『「日本の政治や政治家等を丸裸にする事には熱心」でも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の偏向・偏重・黙殺問題等」は、

「自浄しようともしていない様相」の、

「工作活動国家等の手先的者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界の健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

「昨今の記事内容が、余程、困る」からか、本日、出先から帰って来たら「玄関前で強い工作電磁波が北方向から浴びせられた」が・・・。

『「電磁波工作等を行っている連中」は、「直ちに、全員、逮捕~厳罰に処するべき」だ。

「日本の現行法&現行の摘発体制」では、

「急変以外の事態による殺傷行為等の摘発が非常に疎かになっている」。

「電磁波工作にしても、飲食物工作等々にしても、その日本の法や体制の脆弱性につけ入った、非人道的で悪劣な工作」だ。

「工作犠牲者の数」は、

「現状でも、恐らく、何十万人レベルになっている筈」だ』。

『「法や摘発体制が堅強」なら、

「とっくの昔に、死刑等の厳罰に処せられている者たち」が、

「未だに、電磁波工作や飲食物工作等々を続けている」』。

『「日本国内全部を合わせる」とに、

「数万~数十万人レベルで居るかも知れない、そのスジの工作員たち」の

「摘発~厳罰処理」は、

「急務」だ』。

『「何故、そんなに多数の工作員が日本国内に居る事が出来ているのか?」

「言うまでも無く、異常な戦後処理故」だ。

「日本の戦後は、未だ、終わっていない」ばかりか、

「反日他国人脈の者たちによるスティルス戦争が日本国内で大々的に行われ続けているのが、現実」だ。

「こんな事態を放置したままにしている、政府・与党等も、警察等も、マスコミ等も、

本当にどうかしている」』。

『「人権無視の反日国家人脈の悪者たち」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たちに他ならない」が、

「そんな悪劣な者たちによる被害」は、

「最小限に留められていて然るべき」だ』。

『「政府・与党等も、警察等も、マスコミ等も、

いい加減に、

本気で、

対策を実行するべき」だ』。

『「劣悪者たちを蔓延らせ続ける」なら、

「人類滅亡が必然」になる。

「対策が遅過ぎた場合、例えば、地球が消滅」しても、

「筆者たちの知った事では無い」』。

|

都知事選、野党共闘の為の捨て駒として、「立候補アリかも・・・で人寄せパンダ」という雰囲気満載の石田純一・・・。

『「野党共闘統一候補と成り得る」のは「官僚クビ・・・~報ステクビ・・・、の古賀」だろう。

「その、内実、反日・利反日国ぶりは、半端では無いから」だ。

「共産党系の、宇都宮氏の立候補前向き公言」も

「石田純一の野党共闘候補としてなら立候補、人寄せパンダ」も、

「その前の仕込み」の「可能性大」だろう』。

『「何れにしても、都知事選野党候補は、最終的には、一人にして共闘」には、

「策略好き」な「朝鮮系人脈の臭い」が「充満」している』。

『「最初から、野党の合意を見せて、一人にして立候補させる」より、

「最初は、色々な人々が立候補したり、立候補を臭わせたりした後」に、

「野党共闘なら、●●に任せ、●●を推す」等とした方が、

「お仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等も、

より多くの時間を野党の為に割き易く、

より高い宣伝効果が得易くなる」等と、

「野党側の作戦司令部等では、考えている」等と、

「強く推定出来る実態」が「露呈」している』。

『「古賀までもが、見せ球」で、

「参院選後の蓮舫が本命」という「噂まである」が、

「果たして、実際は?」』

『「何れにしても、戦略に酔っている、反日傾向が強い者たち等が推す候補」を

「都知事にする事」は、

「多くの東京都民ばかりでは無く、

多くの日本国民に多大なダメージをもたらす事に直結している

可能性大」だ。

「有権者の冷静で賢明な判断が求められている」』。

『「小池氏立候補表明」を「保守分裂」と「脚色したがっている様相」なのは、

「テレ朝等」だが、

「自民党から飛び出した格好の小池氏」に、

「保守分裂という表現は、過大過ぎる」』。

『「保守分裂というなら、

少なくとも、

自民党等の所謂保守政党と言われているところに所属している者たちの三分の一程度が、

小池氏に追従するくらいでなければ、

明らかに、原寸大報道等を逸脱している」。

「現状で言う保守分裂」とは、

「小池氏をより大物と思わせる為の脚色報道の域を出ない」』。

『「其処にも、

所謂革新と脚色される政党等が主軸の

野党共闘を

偏向・偏重応援している状態の

偏向・偏重情報配信が在る」。

「所謂、革新とか、左翼とか等々」の「実体」とは、

「親韓(北朝も含む)・親中共等」や「利韓(北朝も含む)・利中共等」に他ならない。

「実体通りに言う」なら「多くの日本国民が支持等する訳も無い」から、

「保守や右翼等々より良いイメージを付けて

(意図的に右翼等を貶める為に、そのスジの者たちの中で、ワザと出来の悪い右翼グループまで立ち上げたりもする、策略的手段も用いている)、

革新とか左翼等々と脚色して言っている」のだ。

「もちろん、其れらも、

反日国人脈野党側作戦司令部等の意向に基づく、

反日国野党側人脈による仕込み」だろう』。

『「戦後日本社会の中」では、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・一部マスコミ等による情報や、学校教育等」の

「影響が無ければ、

現状の所謂革新野党側に心から賛同出来る一般日本国民の数は、

それ程多く無い」。

「何故なら、日本国内で日本国籍を有している者たちのほとんど」は、

「元々からの日本人で、

日本国や元々からの日本人にとって、

良い政治や政策等を必ずしも行おうとしていないばかりか、

中共や韓(北朝も含む)を利す政治や政策等を行おうとしている臭い満載な実態を露呈している」のが、

「所謂革新野党等だから」だ。

「実際に、所謂革新政党だった旧民主党が政権を持った時」には、

「日本が細った反面で、中共や韓(北朝も含む)が大いに太った」』。

『「都政の歴史」でも、

「学校教師等が大絶賛だった、美濃部都知事時代」には、

「東京都の財政は大いに細り、真っ赤っかになった」。

「それでも、学校教師は、教壇」で、

「君たち、美濃部さんになってから、東京都は、本当に良くなったんだよ!決して忘れてはいけないよ!!」等と、

「言っていた」』。

『「日本国や日本国民、東京都や東京都民等」を、

「細らせたい」のなら、

「所謂、革新、その内実は、利韓(北朝も含む)・利中共等の、首長や政党や政治家等」を、

「日本の政界に大量に送り入れれば良い」』。

『「東京都を細らせた都知事を大絶賛した教師に気に入られる優等生になれば良い」。

「優等生化し、東大等の有名大学に入り、古賀の様な官僚になれば良い」。

「そして、優等生化した自分を一番に信じ、実際は、東京都や日本国や多くの日本国民を不利にする政治等を行おうとすれば良い」。

「其処に在るのは、

策略好きの悪どもに操られた者と、

そんな者を信仰した者たちによる、

哀れな崩壊劇」だ』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等による、

情報工作や大衆誘導等に操られない、

有権者の、

冷静で、懸命な判断が

求められている」』。

|

余程、昨今の記事が痛いのか?マタマタ、妨害工作で、半日程、ネット使用出来なかったが・・・。

『「プロバイダーのセキュリティーやウィルスチェックでは弾き出せていなかった該当問題ファイル等を削除したら、回復した」。

「確実に、一般日本国民の邪魔を意図的に行っている者たちは居る」』。

『「昨今の記事内容からすれば、その人脈もほぼ明らか」だろう。

「平和的では無い、工作等まで行っている者たち」に、

「日本国籍や在留資格等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「問題なのは、その様な者たちも利用してでも、日本社会の中で、多大な実権を持ちたがる者たち」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、偏重・偏向宣伝している様な者には、多くの一般日本国民にとって、ロクな者がいない」・・・。

「それは、過去の実績が示している」』。

『「小泉!」~「自民ダメ!!」~「民主!!!」で、

「格差増大!」~「日本系細り&中・韓(北朝も含む)系太り」となった

「実態」は、

「多くの人々が、決して忘れる事の無い実態」だ』。

『「東京を細らせたい」のなら、

「選ぶべき都知事」は、

「かつての美濃部氏の様な方」だろう。

「東京で、中・韓(北朝も含む)系が優位になる格差状態をつくり出したい」のなら、

「選ぶべきは、小泉元総理が推奨している様な方」だろう。

「自民推薦無しなら、民進の者が乗りたがるのも、当然の現象」だろう。

「乱立乱戦が予想される都知事選に、

知名度で挑もうとしているゲス、政治運動家芸能人等」では、

「まともな政治が出来る訳も無い」。

「今のところ、多くの都民の為になる勝てる都知事候補は、未だ、立候補表明していない様」だ』。

『「現時点でも、はっきりしている事」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が偏向・偏重応援している者」は、

「過去のテレビ・ラジオ・マスコミ等が偏向・偏重応援した者や政党等の実績から」も、

「公共の電波や公共的マスコミ等の不当使用の面から」も、

「避けるべき」という事だ』。

|

豊島区が、あのトキワ荘を近隣公園内に復元するそうだが・・・。

『「豊島区として」は、「漫画教の聖地の象徴」を「つくりたい」のだろう。「トキワ荘から数多くの漫画家が出た事」には、「出版社や編集者側にとっての好都合」という「実利面の臭いが濃厚に漂っている・・・等」と「感じている筆者の感覚」では、

「公が、実質的には、現実逃避受け皿産業的な事業」を

「血税を使って行おうとしている所」に、

「大いなる疑問を感じている」が・・・』。

『「漫画教の聖地の象徴」が、

「漫画教信者のお金により、復元される」のなら、

「他の者・物・事に迷惑でもかけない限り、思想信条等の自由の範囲の問題」だが、

「豊島区が復元」となると、

「いったい、区の仕事は何?」等と、

「感じてしまう」・・・』。

『「税収アップの為に、ある種の事業を始める目的」で、

「多くの入場料収入等を見込んでいる」のなら、

「未だ、話しは分かる」が、

「区営だから・・・と、入場料等が格安」となれば、

「漫画教信者に対する血税流用の利権供与になる」』。

『「椎名町等の活性化の為の人寄せパンダ」としての、

「復元建築」だから「公でも良い」という、

「合理性の上」での、

「正当な建造費や入場料の額は、どの辺りになるのか?」

「何れは、その辺りが、厳しく探求される事になる」だろう』。

『「先ずは、漫画教信者からの寄付金を集い、節税すべきでは?」等と、

「感じているのは、筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「出版社や編集者にとって、都合の良い範囲の場所に在る一つの荘」に、

「多数の駆け出し漫画家」が、

「居る」なら、

「出版社や編集者にとって」は、

「使える範囲の漫画家が居る、もしくは、育てられる、なら、

他の、遠い場所等に居る漫画家等を使うより、

遥かに好都合になる」』。

『「この出版社・編集者都合の、押し売りの源泉みたいな構造」が、

「戦後日本の情報・教育等を大きく歪めている」と

「常々感じている筆者等」は、

「トキワ荘には、憧れなど感じない、ばかりか、むしろ、負の遺産とさえ感じる」』。

『「出版社や編集者に重用された事と、相応の実力により、有名漫画家になれた極少数の人々の裏」には、

「作品自体の内容や質では、

トキワ荘の駆け出し漫画家以上のモノを有していたが、

スポットライトが当てられなかったが故に、

埋もれ、消えて行った、

多数の元漫画家や漫画等が在る」のが、

「現実」だ』。

『「現状の何処の局でも、同様の顔、同様の論を押し売り出来てしまっているテレビ・ラジオ界等」と、

「同様の構造が其処に在った」。

「そんな負の遺産」が「トキワ荘」だ』。

『「時は、流れ、物質文明は急速に進化した」から、

「今や、出版もかなり簡単となり、流通も良く、電子配信さえも可能」で、

「漫画自体は、多様化出来ている」。

「しかし、未だに、多くの人々の精神文化の進化が、

物質文明の進化に追いつけていないから、

老舗出版社頼り・・・等の人々も多い」。

「与えられるモノの中から、選ぶ習慣の先」には、

「与える者の意向で操られる世界が待っている」。

「漫画で操れる人」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ情報等でも、操り易い」のが、

「現実」だ』。

『「者・物・事の実体や事実・現実を探求する精神文化や習慣等が有る」なら、

「上記の様な、漫画教信者からすれば、とんでもない実態・実体にも、

思いが至っていたり、

感じていたりする・・・」のが、

「普通」だろう』。

『「与えられるモノ」を「鵜呑みにせず、その実体や事実・現実を探求する」なら、

「誰もが、必然的に至る状態」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られない為」にも、

「多くの方々が、身に着けている事が好ましい精神文化や習慣」は、

「現実逃避レベルや考え・思いレベルの未熟な夢???等」を

「簡単に壊す」が、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い現実としての夢」を、

「多数生み出してくれる」』。

『「現状の経済システムや経済評価の元」は、

「旧来の考え・思いによる納得レベルの精神文化に他ならない」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、急速な進化を成し遂げ続けている物質文明以上に、

精神文化面で、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

初めて、実際の貧困撲滅や格差是正等も可能になる」』。

『「武力による比べっこで支配権を争うのが、戦争やテロ等」だ。

「経済による比べっこで支配権を争うから、格差や貧困が蔓延っている」のが、

「現実」だ。

「問題なのは、比べっこによる支配権争いという精神文化に他ならない」』。

『「他の者・物・事との比べっこで、自己承認欲求等を満たそうとする」のは、

「代償欲求の追及に他ならない」。

「代償欲求の追及に奔走している状態」とは、

「自分で自分を健康にコントロール出来ていない状態に他ならない」。

「自分で自分を健康にコントロール出来ていないから、

他の者・物・事を支配しよとしたり、他の者・物・事に自分を支配させようとしたりする、代償欲求が過大に生じている」のが、

「比べっこによる支配・被支配を追及している者たちの精神状態の現実」だ』。

『「何故、そんな状態に陥ってしまっているのか?」

「自分の実体やその実体の本来の目的さえ???だから」だ』。

『「現実」は、

「今、生きている人類誰も」が、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している、

約60兆の細胞の一塊」だ。

「誕生・死とは、細胞レベルの現象に他ならない」。

「しかし、人の意識は、丸ごと一人化を好む」。

「約60兆の細胞ごと・・・では、意識による制御も困難だから」だ。

「細胞ごとの命の連続性を前後共に辿る」なら、

「地球上のほぼ全ての生物との命の連続性が在る事に気付く」。

「自分と命の連続性のあるモノ=自分」とするなら、

「狭義の自分とは、約60兆の細胞の一塊であり、広義の自分とは、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・・)になる」。

「それでは、その自分の実体の本来の目的とは何だろうか?」

「はっきりしている事」は、

「地球生命体細胞群は、今まで、存続し、今後も存続しようとしている事」だ。

「基本的目的は、広義の自分の存続になる」。

「科学レベルではっきりしている実体」として、

「人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存である事」だ。

「四世代も違えば、他人の方が近い場合も多々ある」のが「人類の現実」だ』。

『「広義の自分の存続の為」には、

「物理時間の進行による崩壊で駆逐されない様にする為に、生体構築度を上げ続ける必要が有る」。

「多種多様化や多数化」と「共存」こそが、

「構築度を上げる事」だ』。

『「地球上が地球生命体細胞群で溢れて来ている現状」では、

「宇宙利用こそが、生体構築度を上げ続ける事に必要な手段に他ならない」』。

『「広義の自分の存続こそが、大切なのだから、

狭義の自分と狭義の自分に近い血統・民族等ダケを存続させ、後は、AIやロボットや奴隷等で良い・・・」等の、

「病的で異常な意思・意志等」は、

「明らかに、間違っている駆逐されるべきモノ」になる。

「地球生命体細胞群の生体構築度が、物理時間の流れによる崩壊エネルギーより下となってしまう事

=地球生命体細胞群の消滅を意味している」』。

『「漫画でも、アニメでも、ドラマでも、映画でも、小説等々でも、

精神文化の正常進化の役に立つ作品が望まれている」。

「旧来の精神文化を繰り返し人々に摺り込む様な作品」を、

「まるで、宗教の様に、信仰し、崇める道の上」には、

「人類の永い未来は在り得ない」。

「今時の、手塚治虫や、赤塚不二夫や、藤子不二雄等々」が「居る」なら、

「壮大な地球生命体細胞群の実態やその本来の目的」や、

「歴史文化遺産は、歴史文化遺産で良いのだぁ~!」や、

「精神文化が正常進化した未来」等々の

「漫画を描いている筈」だ』。

『「人類の永い存続の為」にも「世界平和の為」にも、

「現実としての夢を持つ人々の数がどんどん増える状態」が、

「今、望まれている」』。

|

テレ朝昼番では、本日も「{公共の電波を使った偏向・偏重情報配信}小池氏の大宣伝」を行っているが・・・。

『「小池氏が飛び出した事」を「自民分裂」と「言っている辺り」からも、「イメージ喚起情報配信」の「酷さ」が「良く判る」。

「小池氏が飛び出した事で、本当に自民党が分裂する」なら「小池氏は、かなりの追従者を持つ大物という事になるから」だ。

「つまり、小池氏に大物のイメージを付ける為」の「情報配信ワード」が

「自民分裂」という訳だ。

「もちろん、党に、事前通告も、相談も、出来ていない小池氏」には

「多くの追従者が生まれる訳も無い」。

「原寸大報道」等なら

「自民党を飛び出した格好の小池氏の都知事選立候補」等になる』。

『「パネルに三つの公約」も、

「三角マークのパネル」も、

「その裏に感じられる暗黙のメッセージは同じ」だ。

「三国人~似非帰化者たち等による、日本乗っ取り支配工作の臭い」が、

「充満」している。

「そのスジのお仲間の皆さんは、是非ともワタシにご投票を!」の

「暗黙のメッセージになる」』。

『「三つの公約と思われても仕方ない事を上げておきながら、

直接都政に係わる事では無いから、

公約では無い旨」を、

「テレ朝昼番が小池氏の大宣伝の為に、出演させた」と強く推定される、

「小池氏の元秘書であった者が言っていた」。

「都政関連の公約については、別途、発表の機会を設けている旨」の

「公共の電波不当使用的な、実質、小池氏の会見等の宣伝」まで「行っていた」』。

『「他の候補者の会見等」が、

「民放キー局の公共の電波上で、実質的に、大宣伝されている実態は無い」のだから、

「本当に酷い」』。

『「テレビ・芸能界等の者たちの、お仲間偏向・偏重ぶり」は、

「本当に、醜悪」だ』。

『「公共の電波上で、

お仲間偏向・偏重大宣伝や庇い等々を、

連綿と続けて来ている実態」からも、

「自分たちは特別だ!意識」や、

「特権階級意識等でもあるんじゃないの・・・」等と

「感じさせられ続けている視聴者も多い筈」だ』。

『「テレビ等が、偏向・偏重大宣伝している事」からも、

「小池氏が都知事となる事」と、

「小池氏を大宣伝等しているテレビ界等実権者人脈の者たちの利権や思い等」に、

「多大な共通部分が在る事」が、

「容易に推定出来る」』。

『「格差社会化を大いに進めた小泉元総理等を大宣伝していた」のも、

「日本を細らせ、中・韓(北朝も含む)等を太らせた民主党を大宣伝していた」のも、

「今のテレビ・マスコミ界等と同じ人脈の者たち」だ』。

『「格差社会化」し、

「その中で、テレビ・マスコミ等の実権者等も含む極一部の者たちは、勝ち組」となり、

「日本を細らせ、

大部分の日本国民を衰退支配」する。

「その様な日本社会の状態」を「基」に、

「テレビ・マスコミ等大衆誘導で、都合の良い者を首長等に据えたり、与党や総理にしたり、する事」で、

「日本を乗っ取り支配等し、

多くの日本人を奴隷化固定等しようとしている」なら、

「合理的となる、応援ぶり」が、

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」で

「露呈している」』。

『「テレ朝昼番では、

小池氏の立候補について、

自民分裂に加えて、

保守分裂とまで言い始めた」。

「民進党内」で、

「小池氏が自民党を除名された場合は、

支持に回っても良い旨が、言われている事」まで、

「宣伝し始めた」』。

『「其処に露呈している」のは、

「保守分裂では断じて無い」。

「保守・革新・日本人仮面等を被った新朝・親中共人脈」と

「本来の日本の人脈」の

「対立」だ』。

『「つまり、異常な戦後処理ゆえに、

未だに、日本社会の中で渦巻いている

本来なら、祖国・母国に居るべき者たちによる、

不健常な日本支配権要求等の問題」だ』。

『「自民党内で総裁~総理の座を急いだ小池氏」が、

「イチか?バチか?の策」として、

「利用した」のが、

「都知事選」なのだろう。

「落下傘が付けば、自民党内での立場を急上昇させる事に成功だった」が、

「落下傘は付かず、もはや、離党や除名まで、近づいている」。

「そこで、推薦しなかった都連を悪者扱いし、

既に、悪者イメージが付けられている舛添氏を更に、責める事で、

正義のイメージを身に着けている姿」を

「お仲間のテレビ等で、大宣伝してもらい、

都知事当選を目論んでいる」のだろう。

「どんな策を使っても、都知事になれれば、未だ良い」が、

「現状では、それも、厳しい」。

「そこで、

テレビ界等のお仲間共々、

元々、思想信条や人脈が近いと強く推定出来る者も多々いる民進党が、

落下傘を差し出すかも・・・」という

「話し」にまでなっている様相だ』。

『「最終的には、元小沢ガールズ的な小池氏」は、

「都知事になれず、自民党から除名」となれば、

「小沢の下に帰ったり・・・して」・・・』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

お仲間のテレビ等は、都知事候補として立候補した小池氏を「偏重・偏向大宣伝」状態だが・・・。

『「問題」なのは、「公共の電波使用」なのに、「小池氏の良いイメージに偏向させた偏重大宣伝状態」だ。「実際は、小池氏の策略戦術的立候補」は、「突っ込みどころ満載」だ。

「しかし、その辺りは、黙殺」で、

「お仲間テレビ等」では、

「小池氏の知名度を更に高める為の策略戦術的」な、

「大絶賛状態」だ』。

『「小池氏のお仲間的臭いが充満しているテレビ等」では、

「視聴者等の思いや感情」を、

「戦略に惹き付ける」と「共」に、

「小池氏を正義側であるイメージで扱う事等」により、

「多くの票を小池氏の下にもたらそうとしている」のだろう。

「其処には、大衆誘導情報工作の臭い」が、

「充満している」』。

『「属している政党やその都連等に事前通知・相談無き立候補」とは、

「常道を逸脱しているかなり失礼な事」だ。

「属している政党との合意形成無きまま立候補した時点」で、

「属している政党から除名・除籍等されても、何の不思議も無い」』。

『「事前通知・相談~属している政党との合意無き、立候補表明をした小池氏」が、

「自らを正当化する為」の

「策略戦術」が、

「自民党都連や舛添氏等を悪者化して扱う事」だ。

「血税を何十億円も使う事になる冒頭都議会解散」も、

「舛添氏問題の徹底追及の為に第三者委員会を設置する事」も、

「自己正当化の為の策略的戦術上の公約に他ならない」と「強く推定出来る」』。

『「そして、そんな強権公約」には

「独裁者の臭いさえも充満している」。

しかし、

「国政政党の中では、人気ダントツである自民党自体には、

喧嘩を売らず、

都議会自民党ダケをターゲットにした策略的戦術」で、

「その独裁者の臭いを薄めている」のも、

「また、策略的戦術」だと「強く推定出来る」』。

『「しかし、そんな戦国時代の様な策略的戦術など」は、

「今時の多くの日本の人々は、簡単に見抜く」から、

「醜悪なダケ」なのだ』。

『「未だに、策略や戦術等に酔っている様相」なのは、

「テレビ・マスコミ等の多くや、小池氏や小沢氏等、一部の政治家たち」で、

「その共通の臭い」は、

「文化が、朝鮮半島的・・・等」だ』。

『「因みに、

朝鮮の文化では、

策略や戦術等で支配権を取った者たちが、

やりたい放題」だから、

「例えば、大統領等権力者が入れ替わると、逮捕等も、稀では無い」。

「そんな事態を絶対避けたい様相の北朝鮮」では、

「徹底した人民支配により、体制固めを行い続けて来ている」』。

『「東京を朝鮮半島的文化で染めたい」のなら、

「小池氏に一票は、アリ」になるが、

「そんな思いや感情等を抱いている有権者」は、

「圧倒的少数派の筈」だ』。

『「テレビ等では、自民党分裂宣伝も行っている」が、

「実際は、

小池氏(とセイゼイその周辺の極少数)ダケ」が

「実質的に、党を飛び出したダケ」であり、

「分裂と表現すべき状態では無い」。

「実質的には、党を飛び出した状態の小池氏」が、

「いきなり除名等は、されないだろうから・・・、

{自民党員です。}を言い続けている」のもまた、

「多数派の一人のイメージを着る為の策略戦術」だと「強く推定出来る」』。

『「多くの都民有権者」は、

「お仲間テレビ・マスコミ等ぐるみの策略戦術等」で、

「都知事の座を取ろうとする者等」を

「都知事にしたいとは思わない筈」だ。

「都知事に必要な資質」は、

「策略戦術等に優れる」では「断じて、無い」』。

『「それなのに、小池氏のお仲間テレビ等」では、

「小池氏の実体や実態を実質的に黙殺したまま」、

「小池氏有利等を風潮している」。

「未だ、他の候補者が出そろっていない状態」で、

「小池氏有利を言う事自体、かなり異常な事」だ』。

『「先出しじゃんけん」は、

「後で出す方が、勝つ意思を持っていれば、必ず負ける」。

「先出しじゃんけんでも勝てる者」とは、

「後で出す方が、勝ちを譲りたくなる者」だが、

「策略戦術に酔っている様相の者」に

「勝ちを譲りたくなる者など、皆無に近い筈」だ』。

『「普通に報道等する」なら、

「所属している政党等に、事前通知・相談等していない、

所属している政党の推薦も得られ無かった」、

「都議会にも喧嘩を売って、何十億円もかかる都議選まで行わせようとしている」、

「先出しじゃんけん小池氏不利」等が

「当然」になる』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

改憲や国民投票をまるで悪の如きイメージで風潮している利韓(北朝も含む)・利中共等テレビ・ラジオ・マスコミ等問題・・・。

『「改憲」にしても、「国民投票」にしても、「問題とされるべき」は、「改憲自体や国民投票自体では断じて無い」。「その中身」だ。

「改憲や国民投票自体を問題化する事」の「実効」は、

「法の現代化や社会整備等を前進させない事に他ならない」』。

『「法や社会の固定化に熱心な者たち」は

「断じて、改革派でも、革新でも、左翼でも無い」』。

『「似非左翼」の「実体・実態」は、

「反日・利韓(北朝も含む)・利中共等勢力である事」は、

「もはや、多くの日本国民が周知の事実」だろう』。

『「本来の左翼(未来志向の進歩的勢力)」なら、

「現状人間社会システムより、良い、近未来にあるべき社会システム等を提案出来ていて当然」だ。

「そして、保守・革新対立等」でも、

「その近未来像等と現状既得権益等の維持等の争いとなっている」のが、

「当然の現象」になる』。

『「しかし、

似非左翼には、

現状より良い実現可能な近未来像等を

描く気や能力等などが、

無い様相」で、

「実際に行っている事」とは、

「反対政党化等する事」で、

「日本の政治の進行を邪魔したり、停滞させたりする事」が

「ほとんど・・・、になっている」』。

『「そんな似非左翼に対する血税による報酬等」こそが、

「正に、無駄」だ』。

『「何故、そんな似非左翼が出来てしまったのか?」』

『「戦後の日本社会」では、

「日本の保守化~軍国化を嫌った占領軍等による戦後処理故」に、

「似非左翼や朝鮮系の者たちに、絶大なる応援団が付けられている」。

「学校教育」と「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ」だ』。

『「占領軍」は、

「当時の左翼と日本国内に居た朝鮮人を利用(=利権を与えて)」して、

「保守化~軍国化が決して起されない日本の戦後支配体制を構築しようとした」』。

『「もちろん、今の日本に軍国化はもはやあり得ない」。

「東西対立が終わっている現状では、イデオロギー左翼の役割も終わっている」。

「東側左翼が言っていた、西側より良い人間社会等」とは、

「絵に描いた餅(=幻想)に過ぎない事が、既にバレている」。

「実際の旧共産圏の社会」は、

「西側の金の替わりに、

特定極一部の人が多大な実権を持つ、

汚職・賄賂だらけで、粛清まで横行している独裁社会だった」』。

『「イデオロギー理想絵図を失った、左翼が、

本当の左翼なら、

実現可能な理想絵図を描くのが当然」だが、

「その能力も、気も、無い様相なのが、実状」だ。

「似非左翼が、利韓(北朝も含む)・利中共である場合が多い」のも、

「元々、占領軍の采配で、同じ穴に住まわされた貉だったから」だ』。

『「反対政党化している、利韓(北朝も含む)・利中共等似非左翼」は、

「上記の様な流れの上に在る」』。

『「そして、今、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等の大応援団が行っている似非左翼の大応援情報・教育等の一つ」が、

「改憲や国民投票自体の問題化」だ』。

『「改憲や国民投票とは、法や社会体制を前進・進化させる為の手続き手段に他ならない」。

「他の手続き手段等の提案もせず」、

「現状在る手続き手段自体を問題化する事」の「実効」は、

「法や社会体制の前進・進化自体を行わせない事」だ』。

『「日本の方や社会体制の前進や進化を阻害する事」で、

「漁夫の利を得るのは?」

「喜ぶのは?」等を

「考える」なら、

「誰もが、似非左翼が実質的に利そうとしている国や人脈等が分かる筈」だ』。

『「似非左翼誕生の構造」からも、

「もはや、日本に似非左翼は要らない事」も、

「多くの日本国民が分かる筈」だ』。

『「戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等」には、

「明らかに歪んでいる異常なところがある」。

「その歪みや異常を直す為に必要な事」は、

「人脈自体の是正」かも知れない』。

『「血は水より濃い」とは、

「実人間社会で、多くの人々が認めるに値する実績を残せていない、

似非左翼の多くの者たちが大好きな、考え・思いによる納得法の一つ」だ。

「そんな考え・思いによる納得に毒されている者たちの中」には、

「一般日本人の粛清工作等も平然と行い続けられている者たち」も、

「少なからず居る」・・・』。

『「愚劣な代々話」は、

「早々に、断ち切る・断ち切られるべき」だ』。

『「日本の戦後を終わらせる為」には、

「日本国内、或いは、日本国民をターゲットにしている工作活動等に対する、実効のある法&体制整備」と、

「各界実権者人脈の正常化」や、

「悪劣な考え・思いによる納得法の駆逐」等が、

「必要」だ』。

|

何が何でも、野党を利したい訳の分からない方々・・・。

『「普通に考える」なら「与党を利すとか、野党を利すとかでは無く、日本国や多くの日本国民を利すか?否か?」が「判断基準で当然」だ』。

『「例えば、憲法改正」でも、

「日本国や多くの日本国民を利すか?否か?こそが論点であるべき」だ』。

『「改憲自体を論点」とし、

「護憲という日本国憲法の固定化を

維持させるする事」は、

「例えば、反日他国側からの日本侵略工作等をより容易にする実効が有る」のが、

「現実」だ』。

『「はっきり言えば、

現状では、

少数野党状態でも、

与党より、日本国・多くの日本国民を利す政党や候補者がいる」なら、

「大歓迎」だ』。

『「しかし、現状の野党や野党の候補者等の多く」は、

「かつての民主党政権が日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた」のと

「同様の事を行う可能性が非常に高い実態を露呈している」』。

『「少し考えるなら、誰もが分かる事」だ。

例えば、

「憲法を固定化して有利になるのは、日本側か?反日国側か?」

「日本のみ脱原発で有利になるのは、日本側か?反日国側か?」

「沖縄の米兵や軍属の問題をダシに、

沖縄の米軍基地やオスプレイ等の米軍兵器を排除しようとする事で、

有利になるのは、日本側か?反日国側か?」

・・・等々、等々・・・。

「言うまでも無く、

現状経済システム上では、

その国の経済の裏骨は、

安全保証と外交と資源エネルギー等」だ。

「そして、国単位の富貧とは別に、その国の中での富の配分の問題がある」』。

『「今の与党が弱い部分は、其処」だが、

「今の与党の替わりに実権を握り、

自分たちダケが富や権力の多くを握りしめる事で、

日本の乗っ取り支配や日本人奴隷化等を企んでいるかも知れない野党等もまた、

当然の如く、其処が弱い」』。

『「その結果、

選挙時の訴えでも、

憲法とか、

原発とか、

沖縄の基地や米兵・軍属の問題とか、

保育所問題とか、

消費税とか、

別の問題ばかり・・・を

表立って訴え、

其処は言わない・言えない」のが「実態」だ』。

『「日本国の経済自体を細らせる方向に引っ張ろうとしている野党」には、

「富の分配も万人平等方向が良い等と訴えているところもある様」だが、

「旧共産圏の様な状態となれば、どんな事態が起きるのか?」は、

「もはや、多くの日本国民が良く知っている事」だ』。

『「日本国の経済自体がより豊かになる」と「共」に、

「富の分配の利が全日本国民に明らかに分かる状態で生まれる政策等」を

「行う政党や候補者等が望まれている」が、

「その様な政党や候補者は果たして何処にいるのか???」』

『「そうなると、有権者が出来る事は、消極的選択になる」。

「避けるべきは、自虐的な投票行動である事」は、

「少し考えるなら、誰もが分かる事」だ』。

『「基軸は、与党か?野党か?では断じて無い」。

「日本国・多くの日本国民の為になるか?否か?」だ』。

『「本来の基軸を黙殺」し、

「与党か?野党か?を基軸として考えさせたがっている者たちの多く」には、

「反日野党の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「そんな者たちの意見や論等に操られる」と、

「民主党政権成立時みたいに、

知らず知らずの内に、

自虐的な投票行動を行わせれてしまう可能性大」だから、

「ご用心!」』

『「日本国・日本国民の為を考える」なら、

「国政停滞は明らかにダメ」だ。

「国政を前に進めながら、

進める方向や内容等について、

民意も含めて、十二分に論議・判断等し、

慎重に確実に日本国・多くの日本国民の利となる様に

事を進め続ける事」が

「肝要になる」』。

『「其処に在るのは、与党か?野党か?では断じて無い」。

「国政を進めるか?停滞させるか?」であり、

「日本国・多くの日本国民の利となる政治をするか?否か?」だ』。

|

都知事選、藪睨み今後予想・・・。

『「小池の乱」~「自民・民進相乗り??増田氏」の「後」に「控えているのは?」

「参院選」&「その後の民進、蓮舫の乱」だったりして・・・』。

『「民進党が、策略好きな詐欺師の様な政党では無い」のなら、

「自民との相乗りで、都政混乱を収める道を選ぶ筈」だ。

しかし、

「日本国・日本国民、東京都・東京都民の実利」より、

「民進党人脈等による支配」等を「強く望む政党」なら、

「今の内」は、

「自民と相乗りを臭わせて置いて、

参院選時には、

如何にも、

民進党や民進党候補に入れても自民党や自民党候補に入れるのと同様であるかの如きイメージ」を、

「ばら撒き」ながら、

「少しでも多い集票を目指す」と「共」に、

「参院選後には、豹変」して、

「蓮舫等を担ぎ出し、東京都・東京都民等支配等を実践しようとする」だろう』。

『「そんな事態が起きた」なら、

「自民側」も、

「国益・国民益・都益・都民益等を守る為に!等」の、

「総理自らの要請レベルまでの強い意向を持って」でも、

「桜井パパを担ぎ出すべきと思う」が』。

『「果たして、今後は?」

「そして、民進党が都知事選で露呈する実態は?」』

|

世論調査で「与党が増えた方が良いか?野党が増えた方が良いか?」は野党側を与党側と同レベルとみなさせる為の大衆誘導でしょ・・・。

『「普通に世論調査を行うダケ」なら「伸びて欲しい政党は何処か?」等で「十分」だ。「ワザワザ与党と野党」と、「まるで、同レベルの勢力が拮抗している二大政党制かの如きイメージ」を「最初に持って来た質問をしたところ」に、「明らかに野党側を利す意図」が「露呈」している。

「言うまでも無く、現状の政界」は、

「断じて、二大政党状態では無い」。

「一強多弱と表されている実態を持つ状態」だ』。

『「何故、一強多弱になっているのか?」

「言うまでも無く、多くの日本国民が心から賛同出来る野党が無いから」だ』。

『「逆から言えば、野党の怠慢」が、

「一強多弱状態をつくり出している」』。

『「何故、野党の怠慢状態が生まれているのか?」

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や、学校教育等が、野党側を利して来ている事」や、

「野党人脈の実態・実体」等に、

「その原因を感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「本来」なら、

「現状の与党より、

日本国・日本国民の為になる事が

多くの一般日本国民に明らかに分かる野党」が

「誕生しているべき」だ。

「ところが、現状の野党側の主張の多く」は、

「其れをマジで実行すると、

利を得るのは、

日本国・日本国民では無く、

反日国・反日国民なんじゃないの・・・」等という

「実態を露呈している場合」が

「多い」等と、

「感じている一般日本国民が多い」から、

「現状では、一強多弱状態になっている」のが、

「実態」だろう』。

『「そんな野党側」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ上の情報や、世論調査等」で

「情報工作的質問等で実質的に利している」、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「明らかに不健常」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「健常化」は、

「急務」だ』。

|

テレビ取材等に対し、「三角マークのパネルを提示」&「何処かの●暴力も大好きな帽子で登場」の小池氏の人脈とは・・・。

『「筆者がそのスジの者から聞いた話し」では「三角マークの意図するところ」は、「日本国内のそのスジの人脈の人口割合等が、もはや、株主なら否決権を持ち、三角椅子の如く自立出来るくらいにまで、増えたゾ~!」の「アピール」なのだそうだ。

「実態としては、その様な状態となっているところは、特定的」で、

「例えば、●暴とか、テレビ・ラジオ・マスコミ・芸能界とか、学校教師界とか」では、

「その様な実態もある」が

「日本社会全体の中」では、

「その様な状態は、まだまだ特定的」だ』。

『「そのスジの者たちにとって」は、

「日本乗っ取り支配工作が上手く行っている事のアピール」で、

「そのアピールに沿って、そのスジの者たちの票を確実に救い上げる為」の、

「暗黙の情報配信」なのだそうだ』。

『「上記の話し」からも、

「一般日本国民」なら、

「三角マーク」や「帽子」による「アピール」には、

「用心した方が良い」かも等と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈だ」』。

|

悪どもは、今度は、筆者の車に工作した様で・・・。

『「昨今の記事内容が余程、痛い」のだろう。「先ほど、車で出ようとしたら、何と!エンジンがかからない」。「バッテリーは半年前に交換したばかり」なのに「セルモーターが回らない」。

「リア・ドア下方」には「油汚れが・・・」。

「コンピ工作に限界を感じた悪ども」が「車工作をより強化し、筆者の行動を阻害している可能性」が「極めて大」と、

「強く推定出来る」』。

『「電磁波工作・飲食物工作・侵入工作等々でも、明らか」だが、

「今の日本国内には、筆者の様な平和主義の一般日本国民に対してさえ」も、

「非人道的な粛清工作等」を

「仕掛け続けている

悪者集団が実在している」』。

『「その様な悪者集団の摘発~厳罰の為」にも、

「多くの一般日本国民の健康・安全等の為」にも、

「早急に、実効のある法と体制を整備するべき」だ』。

『「車を調べてもらった」ら、

「バッテリーが過放電状態との事」で、

「ライトも、ルームライト等も、皆、オフだった」から、

「漏電等が考えられる」。

「昨日夕方まで普通に使えていて、

無論、事故は無く、

特に、小石や草やゴミ等が、

車の底等に当たった事も無かった」から、

「急に漏電する様な要素は、ほぼ皆無」なので、

「一番可能性が高い」のは、

「悪どもが、工作電磁波を生じさせる為に仕込んでいるソフト等」を、

「バッテリー上がりに悪用した事」だ。

「エアコン制御等のところに仕込まれている可能性も高そう」なので、

「とりあえずは、バッテリー充電後、車を止めた後、エアコン・オフにして様子を見る事にした」』。

|

中国共産党系や北朝鮮系の者たちまでが入り込んでいるイスラム国相手に、「日本人免罪符」が通用する訳ないでしょ・・・。

『「イスラム国とは、武力実用過激主義カルト宗教団体である」と「共」に、「南・北問題の受け皿でもある」。

「中国共産党や北朝鮮や旧ソ連等の工作活動国家」が、

「この絶好の対西側暴力装置」を

「利用しようとしない訳など無い」。

「実際」に、

「イスラム国内には、

決して少なく無い数の中国系・朝鮮系等の者たちも入り込み、

反日情報等も上げている」。

「アラブ圏等」で、

「日本人免罪符」が「通用しなくなった」のは、

「日本の政権・政策・社会等故では無く、反日工作活動国家による悪の工作成果故」だ』。

|

昨今の記事は、相当痛い様・・・で、悪どもは、当方の無線通信を可能にするソフトを執拗に送り込んで来ているが・・・。

『「執拗に、Bluetoothを有効する事(当方の設定は、オフ)」で、「近隣から、無線で、当方のコンピを操ったり、邪魔したり・・・、ウィルスやスパイウェア等を送り込んだり・・・したい様相」だが、

「その必死の攻撃ぶり」からも、

「昨今の記事内容が、悪どもの本質を突いている事が良く判る」』。

『「自分の実体に叛いている自虐的な悪ども」の「精神文化レベル」は、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者」や、

「中国共産党悪権力者」と「同程度」で、

「今時の多くの人類にとっては、

精神文化の進化を怠っている迷惑な小者に他ならない」』。

『「悪どもが、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる日」は、

「そう遠く無い」。

「それが、嫌なら、元も含めて、知り得ている悪工作の実態・実体の全てを暴露」し、

「懺悔等する事」だ。

「小者たちが、態度を改めるなら、今の内」だが』。

|

サンデー・モーニングでは、「メディアが扇動しているのに、政治家が扇動等」と嘯いていたが・・・。

『「少し考えれば、誰もが分かる事」だ。「現状の人間社会では、政治家による扇動は困難」だが、「メディアによる扇動は簡単」だ』。

『「メディアは、毎日、~何万~何十万~何百万~何千万~もの人々に対し、一方的に情報を配信出来る」が、

「政治家」では、

「例え、スタジアム等を満杯に出来たとしても、一回に情報配信出来る相手は、せいぜい数万人規模」だ。

「そして、スタジアム満杯演説会等を、毎日の様に開ける訳も無い」』。

『「日本の現状の政治家が行えている事」とは、

「駅前の演説」や、

「資金集めの為の場合も多いパーティー等」や、

「積極的に見に行かなければ目に入る訳も無いネット情報配信レベルの事」だ。

「メディアの様に、

現状日本社会で暮らしているほとんどの人々が、

否応無しに、

毎日、その配信情報を知らしめられているレベル」で、

「大衆相手に演説等を繰り返す実態・実体」は、

「皆無」だ』。

『「メディアによる扇動」は「大いに可能」だが、

「政治家による扇動」は「ほぼ不可能」なのが、

「現状の実態」だ』。

『「実際」に、

「トランプ現象」にしても、

「英国のEU離脱」にしても、

「日本のかつての自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」にしても、

「実質的、扇動を行った」のは、

「メディア」であり、

「断じて、政治家では無い」』。

『「それなのに、メディアの一員であるテレビの者」が、

「政治家による扇動を言い、

メディアによる扇動を十分に言わなかった」のだから、

「本当に悪質」だ』。

『「更に、昨今の世界の保守化等の流れ」と、

「政治家による扇動」を、

「リンク付けて、視聴者の思いを煽る様な情報配信内容」も、

「かなり悪質」だ』。

『「其処に在る」のは

「保守系政治家による扇動に操られるな!」等の

「暗黙のメッセージ」であり、

「その内実」は、

「革新系野党等への投票行動を誘う、

テレビ悪用の静かなる扇動」に他ならない』。

・・・・・・・。

『「昨今の世界の流れ」は、

「現状経済・社会システム自体が、既に、限界に達しているが故」の

「内実、南・北(実働界VS金融資本・経営界)対立に他ならない」』。

『「米国のトランプ現象」や、

「英国のEU離脱」の

「引き金となった」のは、

「移民問題」だ』。

『「金融資本・経営者側は、安い労働力として移民歓迎」だが、

「その地の元々の実働者たちは、

賃金アップの妨げになるばかりか、

仕事を争うライバルの増加にもなる移民には、

抵抗感が有って当然」だ』。

『「この南北対立」には、

「現状人間世界の精神構造故の、相応の必然性が在る」』。

『「~現状の社会・経済システムの基本精神構造」は、

「他の者・物・事との比べっこによる支配権争い」だ』。

『「その比べっこの基」が、

「武力から経済に{進化}している」のが、

「先の大戦後~東西冷戦終結後の多くの世界の国々」だ。

「未だに、中国共産党支配下の中国や北朝鮮の様に、

武力比べっこレベル状態の遅れている国々も有る」が・・・』。

『「核兵器保有後の人類には、武力による比べっこが許されていない」。

「もはや、本気で、武力による比べっこを行うなら、人類全員が負けになる」』。

『「経済による比べっこ」なら、

「大資本を持つ方が圧倒的に有利」だ。

「武力比べっこ時代」の「大量破壊兵器に当たるモノ」が、

「経済比べっこ時代」の「大資本」だ』。

『「経済列強は、

大資本という大量破壊兵器の開発・製造等に余念が無い」』。

『「そして、それが、他の大資本等との競争」だから、

「地球環境に配慮した地に足の着いた経済成長とはならず、

他の人にも地球環境にもロクに配慮しない代わり」に、

「他の大資本等より先に実利を得る事に重点が置かれている場合が多くなり易い」。

「地球環境問題を引き起こしている元凶」もまた、

「現状の経済・社会システム」であり、

「現状の多くの人々の精神文化」に他ならない』。

『「大資本の価値を持続させる為」には、

「資本を膨らまし続ける必要がある」。

「何故なら、元が比べっこ」だから、

「大資本の大も、相対的価値でしか無いから」だ』。

『「常に、他よりも大である資本」こそが、

「実質的、大量破壊兵器として、経済比べっこによる支配力を持ち易くなる」』。

『「現状の経済システム」では、

「資本を膨らませる為」に、

「●●転がしが非常に有利」だ。

「ある程度以上、大きな資本を持った」なら、

「後は、その金を転がし続けるダケ」で、

「雪だるま式に、資本が膨らむ」』。

『「ある大資本が他の者たちの資本と同等以上に、膨らみ続けている以上」、

「その大資本による支配権等も安泰になり易い」』。

『「そんな基本構造がある」から、

「多くの資本家や経営者たち」は、

「時には、多くの実働者の利益を阻害してまでも」、

「大資本を更に膨らませる事に熱中し易くなる」』。

『「実働者の利益を阻害してまでも、大資本を更に膨らませる事」等を

「実践し/させ続けて来ている資本家や経営者たち」が「多い」から、

「現状の人間世界」では、

「金余り(金融資本界)なのに、

貧困(実働界)だらけ・・・」等となってしまっている。

「格差も絶大」で、

「多くの人々に不満が生じ無い訳も無い」』。

『「トランプ現象」も、

「英国のEU離脱」も、

「現状脱出欲動の暴発」でもあり、

「同じ国の中での、実働者の利益を返せ!」の「現象でもある」』。

『「同じ国の中ダケの話しでは無い場合」が、

「所謂、国々の南北対立」だ。

「テロ・戦争の元」も、

「多くの人々の不満」であり、

「その内実」は、

「実働者に利権をよこせ!」と、

「大資本を膨らませ続けないと支配権が失われてしまう!」の

「対立」等である場合が多い』。

『「さて、多くの方々は、もうお気づき」だろう。

「元凶」は、

「比べっこによる支配権争い」だ。

「それでは、人間は、何故、そんな自虐的な精神構造に身を任せ続けているのだろうか?」』

『「実は、比べっこによる支配権争い」とは、

「自分を自分で健康にコントロールし続ける事」が

「不十分であれば、ある程、

過剰に追及する事に身を任せたくなる

精神構造に他ならない」』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける」という

「支配欲の本来欲求の充足」が、

「不十分であれば、ある程」、

「その代償欲求」である、

「他の者・物・事を支配する事や、

他の者・物・事に自分を支配させる事」の

「追及に奔走し易くなってしまう」のが、

「人類の精神の実態」だ』。

『「ここで、重要な事」は、

「本来欲求には充足が在る」が、

「代償欲求をどんなに追及しても、

本来欲求が充足される事は

あり得ない事」だ』。

『「代償欲求の追及が、どんどん膨張し易い」のは、

「その為」だ。

「現状人間社会」では、

「本来欲求が充足されていないが故」に、

「落ち着つけていない状態が続いている」から、

「まるで、其処からの脱出を強く求める様」に、

「代償欲求の追及に奔走してしまっている状態の人々」は、

「数多い」』。

『「有り余る大資本等を保有出来ても、

他の者・物・事支配の為には、

もっと、もっと!等となってしまう人々」が、

「枚挙に暇が無い程、出現し続けて来ている」』。

『「そんな自虐業を続けるくらい」なら、

「本来欲求の充足に励んだ方が遥かに合理的」なのだが、

「現状の人間社会・経済システム」が、

「代償欲求の追及の為のシステムになってしまっている」から、

「その枠から出る事」に、

「大いなる抵抗感が生じている方々も多い様」だ』。

『「しかし、既に、現状の社会・経済システムは、行き詰っている」。

「このまま、時を重ねる」なら、

「経済による比べっこ~支配権争い」は、

「破綻」し、

「武力による比べっこ~支配権争い」へと、

「時代を逆行せざるを得ない状態」に、

「多くの人類が追い込まれてしまう」。

「どうすれば良いのか?」』

『「情報・教育の正常化により、

比べっこ~支配権争い」という、

「代償欲求の追及に奔走する状態」から、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足を主とする、

多くの人類の精神文化の正常進化」を

「実現させる」と「共」に、

「社会・経済システムの精神構造」も、

「比べっこ~支配権争い」から、

「本質探求&人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い、

絶対評価的状態の

社会・経済システム」へと

「正常進化させれば良い」』。

『「この人類の精神文化を正常進化させる仕事の世界的本格実践」が、

「早ければ、早い程、犠牲は少なくて済む」。

「逆に、遅くなり過ぎれば、

その原因が、

戦乱にせよ、

地球環境問題にせよ、

その両方にせよ、

人類滅亡が必然になる」』。

『「こんな時代の人類」なのに、

「しかも、テレビという圧倒的に有利な情報配信機関の仕事をしている者たち」なのに、

「現状の様な、

都合の良い者たち等に多大な権力を持たせる事による、

比べっこ~支配権争い等の為に、

実質的、大衆扇動等まで行っている状態」は、

「本当に、劣悪で醜悪」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、「参院選の争点は改憲」&「改憲されると徴集されて戦争に行かなくてはならなくなるから嫌の旨述べた若者」を宣伝状態だったが・・・。

『「自衛隊とって、徴集は不要どころか、邪魔ですらある」のが「現実」だ。「何故なら、今時の先進諸国の軍事」とは、「高度な訓練を積み重ねた者が、最新軍備を使いこなしてナンボの世界だから」だ』。

『「戦前の様」に、

「人海戦術がモノを言う時代」は、

「とっくの昔に終わっている」』。

『「戦時となれば、

如何に、自国民の犠牲を少なくするのか?」が、

「強烈に問われる」のが、

「現状の自由・民主主義圏の先進諸国の現実」だ』。

『「自由・民主主義圏の一員である日本国の自衛隊」が、

「徴集で人を集め、

多数の自国民の犠牲を厭わない作戦を実行する訳も無い」』。

『「それなのに、何故、該当若者」は、

「徴集されて戦争に行くのは嫌の旨言ったのだろうか?」』

『「現状日本社会の中の、

実態としては、所謂左翼(内実、親韓・親北朝・親中共)が牛耳っている

情報・教育故」だろうと

「強く推定出来る」』。

『「歴史上の現実」としては、

「戦前~終戦直前までの日本国には徴集が有った」。

「そして、その当時の軍事作戦」では、

「自国民である旧日本軍兵士等の犠牲も厭わず、

タダひたすらに、敵に勝つ事ダケを考えた作戦が多用されていた」。

「しかし、戦後の日本」は、

「軍も持たず、

軍への徴集は無い」』。

『「自衛隊とは、専守防衛に特化した軍事組織」だ。

「先制攻撃用の武器等を持っていない」から、

「自衛隊側から戦争を仕掛ける事は、自虐になる」』。

『「当然、専守防衛でも、自国や自国民を守れなければ意味が無い」。

「そこで、自衛隊が採用している手段」が、

「最新技術を使った兵器を、

高度に訓練した志願者が使う事で、

高い軍事実効を上げる手段」だ』。

『「最新兵器を高度な戦略に基づいて、高い実効が得られる様に使う為」には、

「徴集等で、嫌々自衛隊に入れられた者たち」を、

「短期間訓練したダケでは絶対に無理」だ。

「結果、現状の自衛隊」は、

「徴集要らず、志願のみ歓迎」となっている』。

『「戦前~終戦前までの日本の実態等を過剰に伝える反面」で、

「戦後の実際にある日本の自衛隊の現状等」を

「正確に伝えてない/いない情報・教育等」が、

「蔓延って来ている」のが、

「戦後の日本社会のお寒い実態」だ。

「その様な偏重・偏向、情報・教育等」に

「実質的、マインドコントロールされる」と、

「該当、若者の様な言葉が出易くなる」のは、

「ある意味、本来なら、避ける/避けられるべき、当然の現象」だ』。

『「元凶は、

所謂左翼(内実は、親韓・親北朝・親中共等)の偏重・偏向、情報・教育」だ。

「何故、所謂左翼は、その様な情報・教育を積極的に行って来ているのか?」

「言うまでも無く、韓や北朝や中共等を利する為」だ』。

『「実際の今時の現実の人間世界」では、

「法律を遵守する国家は、戦争行為等を仕掛け辛い」』。

『「多くの国々の賛同や順守がある国際法」でも、

「他国間との争いに対して」は、

「国際法順守」や

「国際司法裁判所の活用」が、

「実質的に、推奨されている」』。

『「多くの国々は、他国との間に問題があれば、

軍事作戦実行の前」に、

「国際法に基づいた国際司法裁判所の裁定を重視する」』。

『「ところが、その国際法等さえ無視・軽視している国家が未だに在る」。

「北朝鮮や中国共産党支配下の中国はもちろん、韓国もそう」だ』。

『「その様な国家にとっては、法<軍事・工作活動」で「支配すれば勝ち!」だから、

「実際に、終戦直後の体制不十分状態の日本国に対し、

韓国は、竹島を軍事的に不当占拠し、

北朝鮮は、拉致を始めとする数々の工作活動を仕掛け続けて来ている」。

「中国共産党支配下の中国」も

「軍備増強に合わせて、南シナ海や東シナ海等への不当進出を強めている」』。

『「その様な国際法さえ順守出来ない国々に対して、法は無力」だ。

「日本の国内法となれば、もっと無力」だ』。

『「しかし、日本の国内法には、日本を縛る実効がある」。

「無法・不法侵略国家が、侵略戦争を仕掛けたり、周囲に迫って来ている状態」でも、

「日本の国内法」で、

「軍の保持がダメで、専守防衛という状態に縛り付けられている」なら、

「日本に迫り来ている無法・不法侵略国家の悪権力者たち」は、

「大喜び」で「当然になる」』。

『「戦後一貫して、専守防衛状態の日本側から、戦争を仕掛ける事は、絶対に無い」が、

「現状のまま・・・なら、

近未来において、

日本に迫り来ている無法・不法侵略国家側から、

日本乗っ取り支配戦争を仕掛けられる可能性は、かなり高い」。

「何故なら、その前準備として、戦後~現在の日本国内では、

日本乗っ取り支配を企んでいる無法・不法侵略国家人脈による、

その人脈にとっての

有益分子育成工作と

不適応分子粛清工作が

行われ続けて来ているから」だ』。

『「現状では、情報・教育やお金や異性等による、有益分子育成工作」と、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手段による、

不適応分子粛清工作等」が、

「表立たせられない様に、粛々と行い続けられている状態」だが、

「日本国内でのその人脈にとっての有益分子の数が十分に増え、

無法・不法国家側の軍備等が十分に整った」なら、

「武力による日本乗っ取り支配戦争を仕掛ける戦略」が、

「その先に在る」』。

『「日本国内のその人脈にとっての有益分子による内戦」と、

「乗っ取り支配を企んでいる国々からの直接の戦争」の「ダブル」で、

「一気に、自前の核兵器を持たない日本国を占領~支配する事」で、

「日本乗っ取り支配戦略を完成させようとする、

醜悪な未来絵図」が、

「其処に在る」』。

『「改憲をさせない事」は、

「日本乗っ取り支配戦争を仕掛ける側」を、

「圧倒的に有利にする事」になる』。

『「実際に在る実態・実体や事実・現実等を意図的に隠蔽される等」の、

「インチキ情報・教育に毒された様相の若者」は、

「本当に哀れ」だ。

「日本国民なら、そんな状態から、一刻も早く自分を救い出すべき」だ』。

『「改憲を争点にする」のと、

「経済を争点にする」のとでは、

「視聴者等の受けるイメージがかなり違う」』。

『「実際は、改憲とは、安全保障等の問題も含むが故に、経済とも大きな係わりがある問題」だ。

「経済も経済ダケでは成り立ち得ない」。

「外交・安全保証状態と、経済は、密接な関係が有るのが、現実」だ』。

『「それなのに、

特定の若者の感による、実質的、戦争脅しまで付け、

改憲という切り口に視聴者の判断を向かわせようとしていた様相」の

「テレ朝夕番等の論調は、本当に酷い」。

「其処に在るのは、公共の電波を悪用した、実質的、偏向・偏重イメージ等による大衆誘導」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日本のテレビには、北朝鮮、金正恩体制について「党が軍の上等と、まるで、平穏文化国家の如く風潮している」実質的手先たちが居る様だが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮の様な工作活動国家」の「党」とは「工作指令部」だ。

「党が軍の上」とは、

「軍事では無く、工作活動を主に、自国民支配はもちろん、他国支配等を行うという事」だ』。

『「金正日時代の先軍政治」とは、

「工作活動を行い続ける為」には、

「工作活動を摘発させない為の脅し」として「軍が要る」、

「特に、脅し効果の高い、核兵器とミサイルが要る」から、

「先ず、その整備を先に・・・という戦略」に他ならない』。

『「先日の移動式ミサイル打ち上げ成功で、金正恩が大喜びした」のは、

「コレで、移動式ミサイルの射程に入る周囲の国々内の工作活動の摘発~公開等を、

益々、困難にさせる事が出来る!」の

「喜び以外の何モノでも無い」』。

『「北朝鮮の本丸」は、

「工作活動」だ。

「だから、北朝鮮問題を本気で解決する」なら、

「各国、特に、その濃度の高い日韓内の北朝鮮系の工作活動を徹底的に摘発する事」が、

「実効が高い」』。

『「反対に北朝鮮側から見れば、工作活動を摘発させない策が必要になる」。

「その策」が「核とミサイルによる軍事脅しという訳」だ。

「工作活動を摘発されたら、

北朝鮮現体制は終わりだから、

現体制が終わらせられるくらいなら、

核ミサイルを世界中に撃ち放ってやるゾ!等」の

「脅し」に対し、

「今のところは、日韓を始めとする北朝鮮による工作活動の被害国側」が、

「とりあえずは、

現状では、表だった大きな被害が無い状態なのだから、

表立たせずに、穏便にしておこう・・・等」と、

「先延ばしにしている」のが、

「実態」だ』。

『「北朝鮮による現状の工作活動被害が、あまり、表立たないのは、

工作活動を仕掛けている北朝鮮側」が、

「その国の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な工作活動ダケ行わせているから」に他ならない。

「核・ミサイルの軍備脅し増大に伴って、そのハードルは、ドンドン下げられる」から、

「その国の法や摘発体制等を無視出来るレベルにまで、

北朝鮮が保有している核・ミサイル等が、増大してしまう」と、

「一気に、内戦状態にまで持ち込み、軍事的に乗っ取り支配を行う可能性も大」だ。

「旧共産圏で言うところの、武力による革命の実践」だ』。

『「武力革命時まで」に、

「それぞれの国の中」で、

「帰化~子沢山戦略や、有益分子育成工作等により、

出来るだけ多くの有益分子駒を持つ事」と、

「出来るだけ多くの不適応分子を

摘発されないレベルの工作で粛清する戦略」が、

「取られているダケ」だ』。

『「現状の軍事力なら、

一度実戦争となれば、

アッと言う間に、

北朝鮮の負け」だ』。

『「しかし、北朝鮮が、移動式核ミサイルを百発以上も持ってしまう」と、

「その全部を使わせない事は、非常に困難になる」。

「その様な実態が出来てしまう」と、

「北朝鮮による工作活動を摘発する事」は、

「益々困難になる」』。

『「北朝鮮の手先では無いテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「国内で行われている北朝鮮系の工作活動の実態を露呈させる」と「共」に、

「上記の様な実態を大衆周知する事」こそが、

「マスコミ人本来の仕事」だ』。

『「もし、日本国民」なのに、

「マスコミ人本来の仕事を行う気力や根性等は何処へやら・・・、

北朝鮮の手先の広報機関等の役割を、

北朝鮮の有益分子として行っている実態を露呈している」なら、

「本当に劣悪で醜悪」だ。

「似非帰化等した北朝鮮の工作員等」なら、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等を

北朝鮮の広報機関として使う」のも、

「ある意味、当然」になる』。

『「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮の工作員等」に、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や教育界や政財界等で、

過分な実権等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

何処かの優等生おバカや確信犯の悪たちは「子どもの貧困放置で●●兆円もの損失などという、現状賛美論等を公然化している暇が有るのなら、現状経済・社会システムの是正法等でも考え、訴えるべき」でしょ・・・。

『「現状経済・社会システムを維持したまま、時を重ねるなら、子どもの貧困発生は、当然の現象に他ならない」。

「何しろ、現状の経済・社会システム」では、

「大金を持つ資本家等が圧倒的に有利で、

次に、中・小資本家等や、{奴隷}使いの経営者たち、・・・ここまでは、圧倒的少数派・・・、

その反面多くの実働者(内実{奴隷})が圧倒的に不利な上」に、

「大金・大権等血統家族等相続超優遇状態なのだから!」』

『「金融資本界への圧倒的増税&実働界への圧倒的減税」と、

「平均以上の相続への上限絶対額規制」と、

「何よりも、万人の経済評価の正常化・健常化等々」を

「行なわない限り」、

「この問題は、解決出来得ない」ばかりか、

「人類滅亡への道を歩んでいる状態が続いてしまう」』。

『「現状優等生」は、

「現状に媚びる」。

「まるで、オコボレ頂戴わんわんの様に・・・」。

「しかし、その実態・実体は、近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事に他ならない」』。

『「裸の王様状態の者たち」は、

「一刻も早く、

現状での成功???という{立派な着物を着ているゾ!コール}が、

永遠の恥辱に染まる道の上に至る序章である事くらい、

気付くべき」だ』。

『「人類誰でも」、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性の上」にしか、

「存続~永続する評価が得られる者・物・事は無い」。

「存続~永続しない評価等」とは、

「ヤクによる高揚感等の同類に他ならない」』。

『「現状優等生おバカや、悪たち」は、

「積極的影響力が有る分だけ早く」、

「いい加減に、自分の実体やその本来の目的に叛く自虐を止めるべき」だ』。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »