« 都知事選、宇都宮氏撤退で嬉々としていたテレ朝朝番・・・。 | トップページ | 都知事選、「テレビ族2候補」vs「与党が担いだ1候補」初日問題・・・。 »

都知事選、偏向・偏重脚色報道問題・・・。

『「NHKまで含む、大手テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「都知事選報道」は「自民分裂vs野党統一」という「実質的に、野党統一側を利する色付け情報配信となっている」。「実態・実体はどうか?」

「数多くの泡沫候補扱いの方々」は「全く別の劣等扱い」で、

「実際は、自民を飛び出した格好の先出しジャンケン小池氏の大宣伝」と、

「それに追従した、野党共闘の為と強く推定される人寄せパンダ候補の出馬意向&撤退意向等の大宣伝」と、

「与党側公認候補となった増田氏の実態お知らせ報道」と、

「究極の後出しジャンケン鳥越氏の大宣伝」と、

「宇都宮氏の撤退を好イメージに脚色した情報が続き」、

「最終的には、野党統一候補、鳥越氏が、一番、スジであるかの如きイメージ」を、

「多くの視聴者・読者等に抱かせるモノになっている」』。

『「はっきり言って、断じて、国政では無い、都知事選」に、

「与野党対立構造を持ち込む事自体異常」だ』。

『「更に、まるで、与党と野党が、同等の勢力であるかの如きイメージ」を、

「多くの視聴者・読者等に抱かせようとしている情報配信も異常」だ』。

『「実態・実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等」なら、

「都知事選に対し、知名度が飛躍的に高く無いものの、以下の方々が立候補を表明しました」。

(「非有権者の筆者」は、「具体的候補者名を、敢えて、記さない」。)

「小池氏が、自民党を飛び出す格好で、多くの有力とされる候補者より、先に立候補しました」。

「以下の方々が、立候補を表明しました」。

(同上)

「国政政党野党側は、参院選で負けた事に一矢を報いる為、野党共闘をして、都知事選を利用しようとしています」。

「以前から、地道に、都知事選に挑んでいた宇都宮氏も立候補の意向を示しました」。

「以下の方々が、立候補を表明しました」。

(同上)

「野党の人寄せパンダ候補の名前が、次々に挙げられ、売名・人寄せ等の後、早々に撤退しました」。

「自公公認候補の増田氏も、立候補しました」。

「後出しが有利と言う事が定説となっている都知事選」で、

「究極の後出しジャンケンと、自ら、後出しの価値を高めようとした訴えと共に、野党共闘候補の鳥越氏が立候補しました」。

「宇都宮氏は、野党共闘の為、撤退しました」。

「立候補締め切り前までに、以下の方々も、立候補しました」。

(同上)

・・・等となる筈だ』。

『「其処」に、

「自民分裂」や、

「与野党対立は無い」。

「在るのは、自民党を飛び出した小沢文化の臭い濃厚の小池氏」と、

「自公公認候補増田氏」と、

「まるで、朝鮮の方々の様に、統一好きな方々により、野党統一候補とされた鳥越氏」と、

「野党統一を理由に撤退を余儀なくされた宇都宮氏」と、

「不当に、泡沫候補扱いされている数多くの正当な候補者たち」だ』。

『「有力とされている候補者の実質的特徴」は「以下の通り」だ。

「日本新党~新進党・自由党等で、細川氏や小沢氏の下で政治家として育った小池氏」は、

「保守党で、小沢氏等と袂を分け、その後、自民党に入党した」。

「しかし、今回の自民党飛び出し劇」は、

「まるで、小沢氏のかつての行動と同様」だ』。

『「小池氏の政治文化」は、

「上辺保守・内実反日利韓(北朝も含む)・利中共等の臭いが濃厚な小沢氏等の政治文化と同様に思える」。

「小沢氏同様の飛び出し劇は、その証」だろう。

「自民党や都連が積極的に担がなかった事」には、

「相応の理由が見て取れる」』。

『「自公に担がれた増田氏」の「説明は不要」だろう。

「都議会与党が推し進めたい政策を推し進める為の都知事+α(どれだけ大きいか?小さいか?は分からないが・・・)になる筈」だ』。

『「野党統一候補の鳥越氏」は、

「テレ朝等のジャーナリスト上がりで、その時の論調」は、

「圧倒的な、

反権力(自民党等政権時代)&親権力(民主党等政権時時代)だった」。

「つまり、民主党系の者と強く推定出来る」』。

『「しかも、ガン上がり、工期高齢者の76歳」だ。

「北朝鮮等では、高齢の実権者たちが多い」ばかりか、

「高齢者の実権を優先する文化さえ有る様」だが、

「小泉政権時には、自民党の70歳定年制を是としていた人脈のお方」だ。

「その人脈別ダブルスタンダードぶりは、半端では無い」』。

『「結婚子育てがし易い東京都の生活環境」等と「言って」も、

「元からの日本国民にとって等の、前置きが無い限り」、

「日本の乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている、

朝鮮系や中国共産党系等の方々が・・・」である

「可能性も濃厚」だ。

「特に、上辺の訴え、グローバル派、リベラル派、差別反対派等には、その傾向が強い」』。

『「同じ、最終的に、統一候補」でも、

「自由主義圏の統一候補」と、

「北朝鮮の様な旧共産圏文化の下での統一候補」では、

「その内実」が、

「全く違う」。

「国政政党実権者たちが決めた、野党共闘統一候補」には、

「北朝鮮の様な旧共産圏文化の臭い」が、

「濃厚に漂っている」』。

『「朝鮮半島でも、北朝鮮による統一を望む人々」は、

「ほとんどいない筈」だ』。

『「はっきり言えば、実態や実体を伝えない、上辺のイメージ報道等に、多くの価値はあり得ない」。

「上辺のイメージ報道等に多くの価値を与える」と、

「自虐投票行動等が生まれ易くなる」のが「現実」だ』。

『「かつての、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と「同様の事」を、

「同じ人脈の者たち」が、

「今回の都知事選」で、

「自民分裂!~野党統一!!~鳥越!!!」で

「行いたがっている様相が非常に濃厚」だ』。

『「日本が細らせられた反面で、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国等が大いに太った、民主党政権時の事」を、

「覚えている方々」なら、

「二度と、同様の、誤った判断等はしない筈」だ』。

『「実際は、自民分裂は無い。小池氏が飛び出したダケ」だ。

「野党統一候補とは、国政政党実権者たちが、都民有権者から、投票先を奪った事に他ならない」。

「その実態は、まるで、中国共産党支配下の香港の様」だ。

「有力とされている三候補の中」で、

「立候補実態素性等が、未だマシなのは、

小池氏の立候補の自由を担保した与党側が担いだ

増田氏しかいない」のが「実状」だ』。

『「泡沫候補扱いされている方々の訴えの中」には、

「全日本国民が、それなりに、傾聴すべき問題提起等もある」』。

『「例えば、在日外国人に対する生活保護費支給は、是か?否か?」

「もはや、実質、ギャンブルである、パチンコ規制等は、是か?否か?」』

『「筆者は、常々、たばこ税等同様の高額のパチンコ税等が在るべきと思っている」。

「競輪・競馬・競艇・オート等では、当たり分の約半分が税として取られているのだそうだ」。

「格差社会是正の為」にも、

「パチンコ企業や店等や経営者の利益や報酬等には、

特別に、

ギャンブル商売税でもかけたら良いと思う」。

「税金として払うなら、客に還元等となれば、

多くの客がメリットを受ける事になる」ばかりか、

「パチンコ企業や店等や経営者等に集中していた利益が、

数多くの人々に分配される分」だけ、

「例えば、街中の居酒屋等も流行り易くなる筈」だ。

「国や地方自治体等の税収は、むしろアップするだろう」』。

『「現状では、パチンコ企業や店や経営者等が、

例えば、在日外国人等だった場合、

その集中利益」が

「海外に流失している可能性大」だ。

「場合によっては、北朝鮮等への送金(中国経由等の裏ルート等も含む)等にもなっている筈」だ』。

『「グローバル化推奨の、リベラリスト」等なら、

「上記の様な海外流出事態も、是」だろうが、

「それが、果たして、多くの日本国民の意識や感等に適うのか???」

「有権者なら、その辺りまで十二分に考慮して、投票するべき」だ』。

『「在日外国人へ生活保護を連綿と支給し続けるくらい」なら、

「祖国母国等への帰還費等を負担した方が、遥かに安上がりになる筈」だ。

「その逆で、海外で、生活保護状態に陥った日本国民に対する責任」は、

「日本側が負わなければならなくなる」が、

「実数として、それが、遥かに少ない事である事は、言うまでも無い事」だろう』。

『「グローバル化が世界的に叫ばれている昨今」、

「この辺りの問題」は、

「国境線を低くすればする程、真剣に考えなければならない問題」だ。

「此処をいい加減にする」と、

「日本の生活保護目当ての移民」や、

「その中に紛れ込む、日本の生活保護をテロの資金にするテロリスト等」が、

「急速に、大量に流れ入って来てしまう事になる」』。

・・・・・・・。

『「地磁気の乱れ」と「大衆の判断の誤り」の「関係」からすれば、

「所謂、左翼人脈の者たちが、日本の政権等で実権を持った時」、

「日本で大天災害が起こり易い」。

「阪神淡路大震災然り」、

「東日本大震災然り」だ』。

『「都民有権者が左翼人脈ご推奨の鳥越氏を選ぶ様」なら、

「東京大地震も近いかも知れない」等と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

|

« 都知事選、宇都宮氏撤退で嬉々としていたテレ朝朝番・・・。 | トップページ | 都知事選、「テレビ族2候補」vs「与党が担いだ1候補」初日問題・・・。 »

政治」カテゴリの記事