« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

NHK「貧困女子高生」で自民党片山議員責め等を正義ぶって行っている朝日等だが・・・。

『「そもそも、貧困宣伝とは、差別宣伝同様、劣位利権の増大や劣位ビジネス等の為に行われる事が多い」。

「本来なら、責めるべき」は「貧困では無く、不当な大金持ち」だ』。

『「不当な大金持ちを責める」と

「必然的に、総中流化が促される」から、

「貧困問題も解消して行く」。

「しかし、劣位利権を元に、不当な利権を抱きしめようとしている左渦大好き連中」や、

「現状利権に溺れている右渦大好き連中」は、

「不当な大金持ち等、不当利権を責める事=自分たちの首を絞める事」だから、

「不当利権を責められない」』。

『「その代わりに、貧困・差別等、劣位状態を問題化したりして正義ぶる」のが、

「左渦大好き連中の得意技」で、

「頑張れば誰でも、夢が叶う可能性がある等と、生まれながらの環境格差等の不当利権問題を全く無視して、如何にも、オレたちこそが、王道だ!等と嘯く」のが、

「右渦大好き連中の得意技」だ』。

『「多くの、左渦大好きでも、右渦大好きでも無い、普通の人々」は、

「そんな事で、飯を食い続けていたり、不当利権の維持~増大を図っていたりする、醜悪な連中」に、

「本当に、うんざり・・・している」』。

『「責めるべき」は、

「不当利権故に、劣位状態に置かれている問題では無い」。

「不当利権そのものであり、不当利権の温存~維持~増大等に溺れている連中」だ』。

『「不当大金持ち等問題を解消しない限り、貧困問題の解決もあり得ない」のが、

「現実」だ。

「何故なら、

言うまでも無く、

大金持ちにお金を偏在させる経済・社会システムを実用しているから、

その裏に、

必然的に、

貧困が生まれさせられているから」だ。

「極少数の大金持ちの裏」に「多数の貧困が必要になる」のが、

「現状の経済・社会システムの実体」だ。

「人並以上の時間、実働しいていて、低賃金労働者・・・正に、ふざけるな!」である』。

『「低賃金労働者故の利益が何処に行っているのか?」

「経営者であり、株主」だ。

「現状の経済・社会システム」とは、

「株主・経営者が圧倒的に有利で、実働者が圧倒的に不利な経済・社会システムに他ならない」』。

『「金権支配に実効を持たせる為」に、

「お金の偏在が必要となっている」のだ。

「金権支配」とは、

「お金による比べっこ支配権争い精神文化」を

「人間社会の中で、成り立たせる為」の

「無理強いに他ならない」』。

『「武力や経済等による比べっこ支配権争い」という

「旧来からの、実質的には、既に破綻している精神文化」から、

「実体や事実・現実に基づいた、本質探求&適材適所精神文化等」への、

「精神文化の正常進歩・進化が、激烈に求められている現状」で、

「未だに、旧来の精神文化に執着している出来の悪い者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「現状で、株主・経営者になる為には?」

「余分な金を持つか?」

「経営者の座に就くか?」だが、

「余分な金も経営者の座も、血統相続{当たり}が容認されている」のが、

「実状」だ』。

『「人類の誕生・死」は、

「何処の誰だって、細胞ごと」なのだし、

「人類の世代交代の実態・実体」は、

「個の保存では無く、種の保存」なのだから、

「極めて、現実離れしている、不健全で、不平等・不公平な経済・社会システムが其処に在る」』。

『「そんな科学レベルで判明している実体や事実・現実からほど遠い、

劣悪な精神文化である

経済・社会システム等を無理やり維持しようとし続けている限り、

世界平和の実現は不可能」なばかりか、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、急速な進歩・進化を実現出来て来ている物質文明」により、

「人類滅亡が、急速に近づいて来ている」のが、

「現実」だ』。

『「人類の実体や、

実働中心の

科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が高い経済・社会システム」を

「構築し、実用する」なら、

「実体や事実・現実のお墨付きの無い大金持ちは全て無くなる」。

「実務をこなす限り、その世界の中の人々は、概ね、総中流化される」。

「生まれながらの不当な格差は無くなり」、

「貧困問題の解決も容易になる」』。

『「貧困を問題化し、正義ぶる事等が蔓延れる人間社会」では、

「その裏で、不当な大金持ちも存続出来てしまい易い」。

「それは、差別を問題化し、正義ぶる事等が蔓延る裏」で、

「不当な、差別利権長者たちが存続出来てしまっている事と同様」だ。

「酷い場合には、実態から大きく乖離している{差別訴え利権}とでも言うべき状態の場合も少なく無い」』。

『「強制連行されて来た可哀想な人々の実態・実体」が、

「別天地を求めて、時には、密航までして、自主的に渡来した、ばかりでは無く、

戦後火事場泥棒行為まで行った、ばかりで無く、

不当な工作活動等まで行っている人々だったりしている場合も

決して少なく無い」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態」だ』。

『「不当な大金持ち」はもちろん、

「不当な差別等利権長者たち」も、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれなければならない存在に他ならない」』。

『「左渦大好き連中」は、

「保守責めで、正義ぶる事が多い」。

「右渦大好き連中」は、

「左翼責めで、正義ぶる事が多い」。

「正義ぶる事の目的」は「自己正当化」だろう。

「あいつたちは悪いのだから、自分たちは正当だ!」というのは、

「比べっ子支配権争い精神文化上の論理でしか無い」。

「今時の人類なら、誰でも、何が本当か?真実は何か?等々、

本質を探究し、正邪を判断するべき」だ』。

『「時代遅れの者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」。

「人類の精神文化の正常進歩・進化」は、

「もはや、待った無し」だ』。

|

東松山16歳少年集団暴行殺害事件、容疑少年たちの「殺意無しダケ」を大宣伝している韓流テレビ等・・・。

『「被害少年を、全裸にして、河原にあった岩を凶器にして暴行し、更に、動かなくなるまで、顔を水に付けた事」及び

「呼吸が止まった被害者に蘇生措置も行わず、

救急車等も呼ばず、

下半身を埋めて河原に放置した事」の

「何処に、殺意無しがあるのか???」

「殺意無しダケ」を「大宣伝したテレビ等」は

「明らかに、容疑者側に偏向した情報配信を行った」のだ』。

『「公共の電波を使って、容疑者側を一方的に利す情報等を大量配信したのは何故か?」

「お仲間だから・・・だろう等」と、

「強く推定出来る」』。

『「もし、

{殺意無し}が、

警察や検察の取り調べ上で、

警察や検察側の実質的誘導等により引き出された言葉等」なら、

「警察や検察の中にも、容疑少年たちのお仲間がいる事になる」。

「事件実態からすれば、

殺意無しはあり得ない事」くらい、

「警察・検察等の者なら、

誰もが直ちに判る事だから」だ』。

『「もし、加害少年たちが、余りにも、未熟、或いは、未成長状態等」で、

「加害少年たちに責任を負わせる事が合理的とは言えないと判断出来る場合」なら、

「当然、親等、保護監督責任者の責任が言われなければならない」』。

『「非常に残忍な殺害方法で、

若い16歳の少年が殺害されてしまった事に対する責任や原因等」を

「ちゃんと追究し、明らかにし、

実効のある対策を施さない限り、

同様の新たな事件・事故等の再発」が、

「ある意味、当然の現象になってしまう」』。

『「今、誤魔化そうとしている連中」は、

「同様の事件・事故等の再発を望んでいる連中」になる』。

『「そんな者たちが、テレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事をしていても、ロクな事は何も無い」。

「過分な立場・報酬・権力等の代わりに、罪や罰や罰金等が与えられて然るべき」だろう』。

『「日頃は、平然と親等の責任等を追及しているテレビ等でも、

今回の事件に関しては、

親等への追及取材等が余りにも乏しい(ほぼ、皆無)」。

「明らかな、異常状態」だ』。

『「その異常状態にこそ、東松山16歳少年集団暴行殺害事件の本質が潜んでいるのでは?」等と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「お仲間偏重・偏向テレビ・ラジオ等や公共的マスコミ等は、即刻、是正させられるべき」だ。

「日本の公共の電波は、全ての日本国民の公共財に他ならない」。

「公共的マスコミも、それに準じる」。

「どちらも、特定の人脈の者たちの為に在るのでは無い」』。

『「特に、公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた、健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

「全裸にして暴行殺害」は断じて「いじめ」では無い!それなのに、「いじめ」と「いじり」で「誤魔化そうとしている卑怯者たち」がいる・・・。

『「そんな卑怯者たち」が、「テレビ・マスコミ上に溢れ、多くの視聴者・読者等を操ろうとし、その卑怯者たちの論で操られている人々が少なからずいる」のが「戦後日本社会のお寒過ぎる実態」だ。

「テレビ・マスコミ上から、卑怯者たちを降ろす事」が「必要である事」は、

「もはや、言うまでも無いレベルの事」だ』。

『「卑怯者たちが卑怯になる元」は、

「多くの場合、血統民族主義等だったりしている実態・実体」が、

「見え隠れしている」』。

『「湾曲・捏造・偏向等情報の多くの元凶」は、

「戦後日本社会のテレビ・マスコミ等の実権者たちの意向だろう」と、

「強く推定出来る」。

「正に、日本人差別等其処に在り」だ』。

『「一般日本国民少年等が犯罪者等だった場合」には、

「徹底して、

犯罪を行った者だけでは無く、

家族や周囲等にまで、

徹底取材する様な者たち」が、

「何故?東松山の集団暴行殺害事件について」は、

「地域社会による歯止めは訴えても、

親や、

学校・教師等を徹底追及しないのか?」

「其処にこそ、この事件の本質があると強く感じさせられてしまっている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「いじめ?いじり???・・・ふざけるな!!!!!」

「全裸にして暴行殺害した事」を、

「いじめやいじりで脚色し、出来る限り軽い事にして、誤魔化そうとした事自体」が、

「被害者や被害者遺族や多くの一般日本国民等に対する重大冒涜」だ』。

『「そんな重大悪事を公共の電波上で行った者たち」に、

「何時までも、公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い」』。

『「表となって、酷い事を平然と語った常連出演者等も、同様」だ。

「もはや、その実体は、テレビ画面上から消えるべき存在レベル以外の何モノでも無い」』。

『「はっきり言えば、そんな者たちに、公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続けていたり、

テレビ画面上で、語らせていたり、・・・したところで、

視聴者の中で、

精神文化の正常進化が誘われる訳も無い、

ばかりか、

精神文化の悪化・退化さえ誘われてしまうのが、現実」だろう』。

『「そして、また、近未来の日本社会において、同様の新たな事件・事故等が繰り返されてしまう」・・・。

「それは、とんでも無い事」だ』。

『「日本の敗戦につけ込んで、過分な立場・報酬・権力等を得た者たち」が、

「戦後処理の貫徹」により、

「過分な立場・報酬・権力等を日本側に返還させられてこそ、

日本の戦後が、本当に終わる事になる」』。

『「それは、同時に、

日本社会に、

精神文化の正常進化を誘う情報・教育等を一気に広めるきっかけにもなる」』。

『「日本政府も、多くの一般日本国民」も、

「行うべき戦後処理から逃げ続けたまま」では、

「本当に、みっともない」』。

『「戦後処理から逃げ続けている者たちは、鏡で自分の顔・姿等を見てみると良い」。

「いじめ・いじり、誤魔化し」とは、

「別の意味」での

「卑怯者が其処にいる」』。

|

テレ朝昼番等では、東松山の16歳少年集団暴行殺害事件を受けて、親や学校の実態・実体等を検証する前に、最後の防波堤は地域社会と親や学校等を庇おうと必死の様相だったが・・・。

『「地域社会に尻拭い推奨(実質、強い)」とは、「とんでもない話し」だ。「容疑者少年たちの問題行動~事件」の「生みの親」として「先ず、考えられる」のは、「原家庭であり、学校・教師等」だ。

「地域社会も、

国も、

テレビ・ラジオ・マスコミ等やネット等の情報等も、

音楽やアニメや漫画や小説等々」も、

「もちろん、無縁では無い」が、

「その影響割合や責任割合」は、

「直接関わる時間の長さと濃度を考える」なら、

「誰もが分かる」様に、

「親や学校・教師等に比べ、

圧倒的に小さい」』。

『「まともな報道等」なら

「少年事件」なのだから、

「先ず、

親や

学校・教師等」に、

「どのような問題があったのか?

無かったのか?等」の

「検証から始めて然るべき」だ』。

『「何故なら、

もし、親や学校や教師等に、問題があった場合」、

「同様の問題を持っている親や学校・教師等に対する有効な対策を施す事」こそが、

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ事に直結しているから」だ』。

『「やるべき検証等さえも、実質的に全く行っていない内」から、

「地域社会が最後の防波堤???」

・・・「正に、ふざけるな!」だ』。

『「事件を起こす元を放置したまま、

後始末は、

その地域地域でその地域に暮らす人々がどうぞ!」とは、

「韓国等によるゴネ得狙いの屁理屈無理強い」と「同じ臭い」の

「醜悪な精神文化」そのものだ』。

『「精神文化面からも、

出演者等の面からも、

朝鮮系の臭いが濃厚なテレビ等」が、

「必死に、親や学校教育・教師等を庇っている実態」からも、

「今回の事件の実態・実体等をそれとなく感じている方々も多い筈」だ』。

『「日本人殺人鬼を日本国内で育成しているのは?」を

「徹底検証」し、

「実態・実体を大衆にも、明らかに」し、

「実効のある対策を施さない限り、

一般日本国民の安全が担保される訳も無い」』。

『「北朝鮮の拉致被害があれ程、増大した」のも、

「拉致発覚以降に、

徹底した、

日本国内の反日工作員等への実効のある対策が行われなかったから」だ』。

『「実質的に、放置・容認されたままの、拉致工作協力者等」が、

「その後、北朝鮮や韓国や中国共産党等の悪権力者からの依頼を断れる訳も無い」。

「何故なら、断るなら、拉致協力者であった事をバラす!等と脅されれば、

ほとんど全ての場合で、

断る道が絶たれる事になるから」だ』。

『「そして、

日本人を合法的、或いは、戦後日本の法や体制では摘発困難な手段によって、

殺傷し、

子造りを阻害し、

日本国内の日本人人口を飛躍的に減少させる、

飲食物工作や侵入工作や電磁波工作等々の工作活動を行わせている裏」で、

「悪権力者の手下人脈の者たちには、

子沢山を強い、援助等し、

日本国内の人脈人口比率を変える事」で、

「最終的には、合法的に、日本を乗っ取り支配する策略」が、

「粛々と実行されてしまっている実態までもが露呈している」のが、

「戦後日本社会のお寒い現況」だ』。

『「それは、戦後日本社会を綿密に実態検証するなら、誰もが分かる事」だ。

「それなのに、テレビ・ラジオ・マスコミ等では、この重大問題を知らんふり・・・」なのだ』。

『「何故か?」

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈と、

悪権力者の意向を受けて表に出辛い工作活動等を行っている者たちの人脈」が

「実質的に同じだから等」と

「強く推定出来る」』。

『「今回の事件でも、

親や学校や教師等は隠し、庇い、

当然の事ながら、日本国内なのだから、日本人も数多くいる地域社会に、

問題児対策等を押し付けようとしているその様」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「今回のケースでは、どれだけ当てはまる子どもがいるのか?等を、筆者は知らない」が、

「例えば、

親が反日悪権力者等の意向を受けて、

表沙汰になり辛い工作活動等により、

一般日本国民を殺傷する企み等を

行っている」なら、

「そんな家庭で育てられている子どもたち」が、

「少年なら死刑無し!だから、殺し得!」等の

「感(意識的にせよ、無意識レベルにせよ)」を得ていても、

何の不思議も無い」。

「学校教育や教師等が、日本人に自虐を強いる事を是として教えていた」なら、

「尚更、日本人殺傷等に対するハードルが低くなっていても、

何の不思議も無い」』。

『「異常な戦後処理等故に、

日本国内には、

反日他国人脈の者たちが、

かなりの数、居続け、

異常な戦後教育等故に、

戦後日本国内では、

日本人が委縮させられ、

反日他国人脈の者たちが、

不当に蔓延れてしまっている」』。

『「その歪みの代々話」が、

「出来の良い???反日他国人脈の者たち」は、

「日本で得られる情報・教育等を悪用」して、

「反日他国への技術協力を行ったり」、

「日本人粛清目的の薬剤等開発~実用化(飼料・農薬・科学肥料・食品等への添加・混入等)や、

電磁波工作手段・兵器・機器等の開発~実用化等」を行い、

「出来の悪い者たち」が、

「直接粛清行為~減刑生き残り策等」を行う「事態」を、

「つくり出してしまっている可能性大」だ』。

『「戦後日本の上記のような膿」は、

「本来なら、ずっと前」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等によって、徹底告発」され、

「実態・実体を知った多くの日本国民の民意に基づいて、

実効のある対策が施されている」のが、

「当然の事」だ。

「しかし、未だに、その様な大きな流れさえ出ていない」のは、

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者人脈が異常だからに他ならない」と

「強く推定出来る」』。

『「今回の事件」で、

「親や学校・教師等の実態・実体検証も無き状態で、

地域社会の尻拭いを推奨していた酷い番組等」とは、

「ある意味では、事件の大元(真犯人と言ってもよいだろう)を隠蔽している番組等」と

「言っても過言では無い」。

「そんなモノ」を

「公共の電波を使って一方的に大量配信させ続けさせていても、

ロクな事は何も無い」。

「{真犯人たち}が逃げ易くなるばかりか、

同様の新たな事件・事故等が起こり易くなるだけ」だろう』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

糞ばかフジテレビでは、「東松山の暴行殺害をいじめと言っていた」らしいが・・・。

『「お仲間(血統民族主義者にとっての)を庇う為」なら「公共の電波上に流す情報さえも、湾曲」とは、

「本当に、許し難い実態」だ』。

『「言うまでも無く、東松山の暴行殺害事件の実態・実体は、いじめなどでは断じて無い」。

「出会ってたった6日の者に少々無視された時」、

「普通の自由民主主義圏の人間」なら、

「もしかすると、自分たちの側に、無視される原因等があるのかも?」等と

「感じ・思い・考え」、

「コミュニケーション手段等を工夫しながら、その実体を確かめようとする」のが

「普通」だろう』。

『「ところが、該当少年たち」は、

「自分たちが支配下に置けなかった新参者」に「対して」、

「まるで、北朝鮮国家権力者の如き、粛清を行った」のだ。

「そんな精神文化」を、

「何故?該当少年たちが持っていたのか?」こそが、

「重大問題に他ならない」』。

『「その劣悪な精神文化の元凶」は「何処に在る?」を、

「徹底検証する事抜き」に、

「被害者が浮かばれる訳も無い」』。

・・・・・・・。

『「精神心理的」には、

「所謂、いじめ」とは、

「自己承認欲求の代償欲求を晴らすべく」、

「他の自分より弱い人等に対して、

暴力や立場等自分が優位なモノを使って、

被害者を貶める事」により、

「被害者より上の自分を演出」し、

「被害者より上だから・・・等」と、

「如何にも、自分が認められた様な幻想に浸る為」の

「未熟で、稚拙な行動等」に他ならない。

「もちろん、自己承認欲求」が「基本」だから

「自己承認を崩壊させる様な、

例えば、殺人とか、明らかな傷害等には、

結びつき辛い」のが、

「いじめの本質」だ』。

『「今回の事件の容疑者たちが行った事」は、

「断じて、いじめでは無い」。

「何故なら、

自己承認を崩壊させる様な、

殺害行為までをも行ってしまっているから」だ』。

『「今回の容疑者たちが行った事の実体とは何か?」

「はっきり言えば、

自分を自分で健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事を支配する代償欲求の追及行為」だ』。

『「元々が、

自分で自分を健康にコントロール出来ていない上に、

その自覚も無い者たち」にとって、

「他の者・物・事等を支配する事」や、

「他の者・物・事等に自分を支配させる事」等の、

「代償欲求の追及欲動の発生」は、

「ある意味では、避けられない事」だ』。

(『「だから、

その自覚くらいは

万人が十二分に周知出来る様に、

道徳では無くちゃんとした心理学を義務教育から行うべき」だ』。)

『「元々の欲動が他者支配等」だから、

「自己承認など何処へやら、

例え、自分が他人から否定される様な手段まで使っても、

他者支配に邁進してしまう」』。

『「今回の事件の実態・実体」は、

「いじめでは断じて無い」。

「例えて言うなら、過激派の粛清劇みたいな事」だ』。

『「ここで、多くの人々は気づく」だろう。

「もし、親や原家庭や学校教育やテレビ・マスコミ等の情報・教育の中」に、

「過激派同様の精神文化が巣食っている」なら、

「必然的に、ある程度の確率」で、

「今回の事件の容疑者の様な者たち」が、

「生まれてしまう事に!」』

『「だから、徹底検証が必要」であり、

「徹底検証により露呈させられた実態・実体に対する、

実効のある現実対策が必要」なのだ』。

『「それなのに、未だに、公共の電波上で一方的かつ大々的に情報を配信出来ている大手民法番組」で、

「東松山の集団暴行殺害事件をいじめと脚色していた」のだから、

「本当に酷い」』。

『「もはや、其れは、公共の電波の特定周波数独占使用権の剥奪が妥当な程」の、

「実体や事実・現実離れが激しい、劣悪で醜悪な情報配信」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「原子力の平和利用が原発」なら「火薬の平和利用は花火」なのだぁ・・・。

『「元々、花火とは、慰霊や供養の為」だったりしている。「本日、あの酷い、殺害事件が起きた東松山では、その都幾川で、花火が打ち上げられている様」だ。

「慰霊や供養も結構」だが

「二度と、同様の新たな事件・事故等が起きない様にする為には、どうしたらよいのか?」等を

「多くの人々が真剣に考えて下さっているのなら、良いのだが」・・・』。

|

東松山少年たちによる16歳少年暴行殺害の生みの親は?・・・。

『「知り合って、一週間も経たない被害少年」が「ある意味では、一方的だった可能性も濃厚な、約束」を、「守らなかったから」、とか、「言葉の上辺では、地元に居ないと言ったのに、地元に居たから、嘘をついたと、逆上する」等の「事態」により、

「暴行し、殺害する精神文化の生みの親」は、

「親か?

学校教師か?

学校教育か?

テレビ・マスコミ等か?

漫画・アニメ等か?

ネット情報等か?

それとも、

異常な戦後処理か?

異常な戦後処理に基づく、家庭や民族集団等の文化故か?

或いは、

該当少年たちダケの精神文化育成か?」等々は、

「戦後の日本社会に生きている全大人たち」が、

「真剣に実態・実体検証し、考えるべき事」だ』。

『「川崎の事件と、東松山の事件」に、

「共通の臭いを感じている方々も多い筈」だ』。

『「現時点でも、はっきりしている事が在る」。

「オリンピックとパラリンピックを、実質的には、完全に分けて開催する精神文化と同様」の、

「出来の良い子どもたちと、出来の悪い子どもたちを、完全に分けて育成する人間社会」では、

「分けられたが故の先鋭化が生じ易い事」だ』。

『「経済による比べっこ支配権争いをより有利に行う為」には、

「戦力と戦力外を分けて、

戦力外は、実質的に、世の片隅に葬り、

戦力を中心にして、頑張らせた方が、より有利である事」は、

「言うまでも無い事」だろう』。

『「かつての武力による比べっこ支配権争い時」には、

「約60キロの米俵を担げなかった者を、

一校~東大等のエリートラインに乗せなかった差別まで在った」。

「それは、

もちろん、

屈強な文武両道男児(当時は、性差別も在った)が、

中心となり、

リードしなければ、

武力による比べっこ支配権争いでは、

不利になると判断されていたから」だ』。

『「同様の差別が、未だに蔓延っている」のが、

「経済による比べっこ支配権争いを繰り広げている現状人間社会」の、

「寒過ぎる実態」だ』。

『「武力による比べっこ支配権争いが旺盛だった頃」は、

「多くの当時の親たち」は、

「我が子がもし男なら、

立派な軍人等にしたい」とさえ、

「本気で、考えていた場合」が「決して少なく無かった」』。

『「経済による比べっこ支配権争いが旺盛な昨今」では、

「多くの親たちが」が、

「我が子は、男にしても、女にしても、

お金に困らない、

或いは、出来れば、お金持ちに、

更に、可能なら、大金持ちに、

なって欲しい等」と、

「本気で、考えている場合」が

「決して少なく無い筈」だ』。

『「さて、武力による比べっこ支配権争い」でも、

「経済による比べっこ支配権争い」でも、

「相応に、適性のある頭脳や身体等が要求されている事に変わりは無い」』。

『「我が子の頭脳や身体等の能力等が、

比べっこ支配権争いに不利と判った時点で、

親等がどの様な対応を体現するのか?」は、

「子に大いなる影響を与える」。

「親共々、子との接点の多い、学校教師等やその他の人々の対応も同様」だ』。

『「現状のテレビドラマや映画や小説やアニメや漫画等々」では、

「殺傷事件発生~解決物語等が溢れている」。

「視聴者・読者等の多く」は、

「知らず知らずの内」に、

「殺傷の発生のさせ方」と、

「事件の収め方等」を

「学習ささせられている」のだ』。

『「知らず知らずの内」に、

「学習させられる事が在る」のなら、

「殺傷の仕方」や、

「殺傷事件等の収め方等」では無く、

「丸ごと一人の殺傷の避け方」や、

「不当な不公平・不平等・差別等の撤廃の仕方」等々で

「あった方が、遥かにマシ」等と、

「強く感じている」のは、

「筆者だけでは無い筈」だ』。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・映画・小説・アニメ・漫画等々の情報内容」には、

「大きな瑕疵がある」。

「多くの事件・事故等に対する責任の一部が在ると言い換えても良い事」だ』。

『「それは、経済等による比べっこ支配権争いのヨイショ!をしている限り、

必然的に生じてしまう瑕疵と言っても過言では無い筈」だ』。

『「戦後日本社会」は、

「異常な戦後処理故に、大きく歪められている」』。

『「先の大戦が終わった時、日韓併合という二国間の契約も解消された」が、

「それならば、終戦時に朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが強制的に日本本土に帰還させられたのと同様」に、

「終戦時の日本本土内に居た朝鮮人のほぼ全ても強制的に朝鮮半島に帰還させられなければ、バランスが取れなくなる事」は、

「少し考えるなら誰もが分かる事」だ』。

『「朝鮮半島内の日本人がほとんどいなくなった反面」で、

「戦後の日本国内には、大量の朝鮮人がいるとなれば、

朝鮮の悪権力者たちが、

日本国内に居る多数の朝鮮人を利用して、

日本を朝鮮にとって都合良く動かそうとしたり、

酷い場合には、

日本国内に居る朝鮮人の割合を増やす事で、

最終的には、日本自体を乗っ取り支配してしまおう」等と、

「考え、その策略等を実行に移してしまっていても、何の不思議も無い」』。

『「出来の悪い日本に帰化している朝鮮系の

逮捕されても、死刑にはならない少年たち」に、

「日本人を殺させれば、日本人人口を減らす事に直結」し、

「刑務を終えた帰化している朝鮮系の者たちには、

褒美として、妻を与え、積極的に子造りをさせれば、

日本国内で、日本国籍を持つ、朝鮮系の者の人口割合を増大させる事も可能になる」』。

『「その様な策略の臭いが充満している家庭等」なら、

「日本人なら殺しても構わない」等の、

「精神文化教育が、暗黙の内に行われてしまっていても、

何の不思議も無い事になる」』。

『「もちろん、

工作活動等、全く無縁で、

日本社会や日本人と平和共存している、

朝鮮系の方々は、何の問題も無い」。

「ここの区別は、絶対に忘れてはいけない」』。

『「しかし、

北朝鮮による拉致等の工作活動等に協力していたり、

未だに、

電磁波工作や

飲食物工作や

情報・教育工作や

政財界工作等々を

行い続けている様な者たち」は、

「明らかに、

日本で暮らすのでは無く、

朝鮮半島等に帰るべき資質・本質を保有している」』。

『「親が、

電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作や政財界工作や拉致協力等を行っている者たちの子どもたち」なら、

「日本人を殺してしまう事のハードル」が、

「かなり低くなってしまっている場合も決して少なく無い」だろう』。

『「何しろ、親は、日本の現行法や現行の摘発体制では捕まらない様に、

電磁波工作や飲食物工作等々を使って、

日本人の早死に化や、

子孫繁栄等を、

意図的に、妨害している」のだ。

(工作電磁波を意図的に生殖器等に当て続ければ、かなりの確率で、子孫繁栄を壊す事が可能になる。)

「実質的に、摘発されない様に、日本人を殺し、生まれなくし、日本国内での日本人割合を減らしている」のだ』。

『「今回の事件の容疑者の実態・実体は、不明(もちろん、徹底検証するべき)」だが、

「そんな親の下の、出来の悪い、子どもたち」なら、

「そんな、時間のかかる面倒な事より、手っ取り早く、実際に、殺した方が、良いんじゃないの?

少年年齢の内なら、死刑には、滅多な事ではならないのだから・・・」等々の

「思いや感等を抱いていても、何の不思議も無い」』。

『「異常な戦後処理」や、

「戦後日本国内で行われ続けている、日本の現体制&現行の摘発体制では摘発困難な工作活動等に対する、実効のある対策」は、

「急務」だ』。

『「東松山」も「言うまでも無く、電磁波工作等が旺盛なところ」だ』。

『「異常な戦後処理の下で生まれた流れが濃厚な、テレビ・マスコミ等」では、

「今回の事件について」も、

「本来なら、未成年だから、在って当然」の

「親や学校教育等に対する追及」が

「余りにも薄い」』。

『「戦後日本国内の情報・教育の正常化・健常化」は、

「もちろん」、

「日本政府や警察等の本気」が、

「強く、望まれている」』。

|

女優???として、一世一代の大演技「高畑母謝罪会見」・・・。

『「母子家庭というハンデにも関わらず、一生懸命子育てをした良い母親」の「役」を「演じていた」ら、

「子どもは、まるで、自分も、芝居の中の一つの脇役や背景道具の様に実感してしまう事」は、

「精神心理的には、よくある現象」だ』。

『「良い母親の引き立て役道具としての扱いを実感していた子どもの中」では、

「人を道具(=物)扱いする心理が育ち易い」』。

『「もちろん、そんな状態に置かれている子どもの中」でも、

「自然界の生物として、

本能レベルでは、

そんな実態に、

否定感が生まれている」』。

『「このある種の自己矛盾状態に対する自覚等があれば、

セルフコントロールによる解決も可能になる」が、

「残念ながら、今回の事件の容疑者は、自覚さえ持てていなかった様」だ』。

『「実態として」は、

「忙しい、

母子家庭の、

外面が良い母親から、身体で教わり続けてしまった、

母親の良い外面を保つ為等の目的に沿って、

子どもの立場の自分が、実質的に物扱いされていた事から学んだ、

他人を実質的に物扱いする感覚」と、

「元気な若者男性としての強大な性欲動」と、

「そんな自然の摂理に反する母親の実質的教えに対する反感」が、

「容疑者の中で、無意識レベルで、ぶつかり合っていたところ」に、

「偶々、無意識レベルでは母親も連想させる年上女性」が、

「容疑者の前に、出現してしまった」のが「悲劇のきっかけになってしまった」のだろう』。

『「容疑者にとって」は、

「欲動をそそる性欲動解消先ともなり、

母親への復讐心を体現する為の物にもなり、

自覚無き、分けの分からない状態からの現状脱出欲動等を暴発させるきっかけともなってしまう対象」に

「なり得てしまっていた」、

「該当被害女性」が、

「仕事上、一人で、容疑者の前に行かざるを得ない状態に追い込まれてしまっていた」』。

『「そして、

無意識レベルにまで意識を配り、

自分で自分を健康にコントロールし続ける支配欲の本来欲求の充足とは無縁状態の、

容疑者」は、

「現状脱出欲動に伴う性欲動や無意識レベルでの母親への復讐心等を抑える事が出来ず、

犯行に至ってしまった」』。

『「今回の事件の精神的内実」とは、

「ほぼ、上記の通り」だろう』。

『「上記の様な実態・実体がある問題」での、

「母親の謝罪会見」では、

「一部マスコミ等が、

悪者役まで演じて、

該当母親の芸能界利権の維持等をより有利にする為の質問まで行っていた様」だ』。

『「筆者の感」では、

「ニュース映像で少しだけ見た該当会見」は、

「母親やテレビ・マスコミ等」による、

「現状・テレビ・芸能界等利権維持の為」の

「大衆騙しの為の会見」にしか「感じられなかった」』。

『「母親が主役として一世一代の大芝居をした会見にしか見えなかった」。

「質問しているテレビ・マスコミ等が、

時には、悪役にまでなって、

該当母親の原罪等を誤魔化している会見にしか見えなかった」』。

『「芸能人なら芸を見る、

芝居や情報等なら内実等を見ている、

多くの人々の感」も

「同様だと思う」』。

『「しかし、未だに、少なくない数の人々」が、

「母親やテレビ・芸能界等の実質的仕込みに操られ、

一部マスコミ等の方等を責めている様」だ』。

・・・・・・・。

『「普通の感性が生きている」なら、

「ズルい事は、ズルいと感じる」。

「親故に、大金持ちだったり、オイシイ仕事等が得られたりしている異常事態」は、

「言うまでも無く、ズルい」』。

『「ズルい事を子に与える親」が「良い母親の訳も無い」。

「ズルい事を是正しようとしない人々」は、

「ズルい利権に憧れさせられるマインドコントロール下に追い込まれていたり、

ズルい利権自体を得られ、それに溺れている場合が多い」』。

『「ズルい状態を温存したままで、人類に長い未来があると思えている」なら、

「本当におバカ」だ』。

『「今後も、本質的正当性の無い者・物・事への風当たりは、どんどん強くなって行く」。

「何故なら、精神文化を正常進化させない限り、

急速に進歩・進化し続けている物質文明が、

劣悪な精神文化の下で使われ続けてしまう事になるから」だ』。

『「劣悪な精神文化を維持したままなら、

益々、二極化格差社会化し、

格差は時と共に、どんどん広がり、

所謂勝ち組は自己正当化の為に、

さらにズルい事を企み、

実行するダケ」になる』。

『「そして、遠く無い近未来において」は、

「地球自体を消滅させる事が可能な物質文明」が、

「劣悪な精神文化自体を消滅させる目的で、

使われる事が現実化してしまうから」だ』。

『「ズルの先に在る」のは、

「人類滅亡以外の何モノでも無い」』。

・・・・・・・。

『「現状のテレビ・芸能界等やその利権等を維持しようとするズル」の「悪影響」は、

「多大」だ。

「何しろ、現状の多くの人々は、

ある意味では、否応無しに、

テレビ・芸能界等に接する事を実質的に強要されていて、

かなりの関連情報等を

知らず知らずの内に、覚えさせられているから」だ』。

『「今回の問題」でも、

「多くの人々」が、

「該当母親の一世一代の演技や、

悪役まで積極的に行った様相のテレビ・マスコミ等に{助演}等に操られて」、

「母親の仕事や現状のテレビ・芸能界等の維持~増大等への思いを膨らまさせられるのでは無く、

該当容疑者や該当母親の原罪等の実態・実体に気づき、

同様の新たな事件・事故等を起こさない為の対策等に、

思いを至らせる事が出来れば良い」のだが』。

『「絶対に、忘れてはいけない事」は、

「現状の、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や、政治・経済等々、

精神文化側の仕事を行っている者たちの多く」は、

「内実として、

物質文明側とは全く違い、

実体や事実・現実の実用が乏しい、

劣悪レベルの仕事しか行っていない」のに、

「過分な立場・報酬・権力等を得られてしまっている事」だ』。

『「そんなモノに基づいた、過分な立場・報酬・権力等や、それに基づく、生活や子育て等は、正に、ズルさの極致」だ。

「そして、ズルさの極致の金満家庭等には、現状脱出欲動暴発の種が、ゴマンと仕込まれ続けている」。

「何時?何処で?誰の?現状脱出欲動が暴発するのか?」は、

「運次第では無い」。

「実効のある対策の有無による」のが「現実」だ』。

『「その面からも、特に、公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界」の

「正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

実に醜悪、「強姦致傷容疑二世ゲイノウ人&その親を庇う、インチキコメント群」・・・。

『「テレ朝昼番」では、「性欲動だけは、親子関係等は関係無い」などと言う、「実質的、嘘を言ってまでも、容疑者の親を庇っていた」。

「もちろん、言うまでも無く、原家庭での生育環境・状態」は、

「容疑者の認知機能育成や原性欲動の形成等にも大きな影響を与えている」』。

『「親に、物扱いされた子どもは、他人を物扱いし易くなる」。

「それは、性欲動以前」の、

「当たり前の事」だ。

「他人を物扱いする精神構造を仕込まれた乳児~幼児が、性欲動を芽生えせさせる年齢に達する」と、

「必然的に、異性を物扱いした延長線上に性欲動を形成し易くなる」。

「当たり前の事」だ』。

『「自我にしても、性欲動等にしても、健常生育を促す為」には、

「原家庭の親や家族等、或いは、学校教師等、

子の立場の者との、現実的接点の濃い人々の自我や性欲動等が健常生育している必要がある」。

「当たり前の事」だ』。

『「今回の容疑者について言うなら、

父親が出てこないあたりにも、

問題を感じている方々も

決して少なく無い筈」だ』。

『「普通に考えるなら、

今回の容疑者の問題と、

原家庭等の問題を切り離す事の方が変」になる』。

『「それなのに、テレ朝昼番等では、

ご用達専門家???や常連出演者等まで使って、

原家庭の問題を意図的に切り離そうとしていたのは何故か?」』

『「言うまでも無く、

親の芸能界利権を守る為、

或いは、

今回の騒動をダシに、親の芸能界利権等をより大きくする為」だろう』。

『「実に醜悪な実態」が「其処にある」』。

『「今回の事件について」は、

「性欲動による犯罪と言われている場合が多い」が、

「精神内実的には、

性欲動より、

現状脱出欲動の暴発の要素が濃い」のが、

「今回の容疑者の犯罪行為」だ』。

『「ソレだけ原家庭等に対するストレス等が溜まっていた」のだろうと「強く推定出来る」』。

『「性欲動なら、

其れこそ、芸能界ご用達等の風俗産業の中から、

{好み}でも頼めば良かったダケ」だろう。

「ところが、有名人利権も有る、お金も有る、人脈や情報等も有る筈」の、

「今回の容疑者が選択した」のは、

「普通に考えれば、直ぐに、バレ、直ぐに、罪に問われる手段」だった』。

『「何故、そんな愚かで、自虐的な道を選択してしまったのか?」

「言うまでも無く、無意識レベルでの現状脱出欲動が非常に強かったから」であり、

「無意識レベルに近い深さから、自分を自分で健康にコントロールする能力や習慣等も保持出来ていなかったから」だ』。

『「今回の容疑者が現状脱出欲動を暴発させてまで、壊したかったモノは何か?」

「言うまでも無く、

原家庭に基づく、

容疑者の現状でもある、

芸能界漬けの生活等」だろうと「強く推定出来る」』。

『「本来なら、芸能界以外への職業適性等を保持していたのであろう容疑者」を、

「上辺では、本人の意思に基づいて、・・・かも知れない」が、

「内実」では、

「親等も含む、周囲の環境や情報等による圧力等」により、

「芸能界入りに誘い」、

「正に、過分とも言える、仕事・立場・報酬等を与え続けた結果」が、

「現状脱出欲動の暴発に結び付いた」と「強く推定出来る」』。

『「親等は関係無し等の、似非性欲論等」を、

「公共の電波上で、大々的に言っていた、

実力???の心理学者や脳科学者???等」とは、

「言うまでも無く、テレビご用達の、テレビ・芸能界の犬的存在」だ』。

『「だから、心理学や、今回の事件の本質等を、

歪めてまでも、

親無縁論等を平然と言えていた」のだろう』。

『「この手の問題」で、

「原家庭抜き」

「現状脱出欲動抜き」等では、

「本質が解明出来る訳も無い」ばかりか、

「視聴者に誤解を与える虚像情報を提供するのがセイゼイになってしまう」』。

『「そんなみっともない事をしてまでも、

親の芸能界利権等を守る事」で、

「いったい、どんなご褒美等が貰えているのか??」』

『「オコボレ頂戴わんわんたち」は、

「本当に、醜悪」だ』。

『「現状のテレビ界は、似非優秀者等で溢れている様相」だ。

「そんな醜悪な事態がどうして生まれているのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「コノ現象も、異常な戦後処理故」だと「強く推定出来る」』。

『「公共の電波や

公共的マスコミや、

学校教育等を使って、

本来の日本文化とは、

程遠い実体で、

日本社会を染め上げる事等により、

不当メリットが得られる者たちとは?」等を「考える」なら、

「誰もが、多くの似非優秀者等の正体にも気づく筈」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、未だに、常連出演者が「オリンピックは平和の象徴等」の、実質的、寝言等を言っていたが・・・。

『「五輪開催中」は「酷い事件等が起きなかった」が、「五輪が終わったら、酷い事件等が続発している・・・」から、「五輪は、平和を呼ぶ、五輪は平和の祭典だ・・・」等とは、「常連出演者の弁の主旨」だが、

「例え、本当に、そんな事件実態等があったにせよ」、

「もちろん、現実は、全く違う」』。

『「もし、五輪の最中には、本当に、酷い事件等が無く、

五輪が平和を呼ぶ」のなら、

「年がら年中五輪をやっていれば、世界平和になる事になる」が、

「もちろん、そんな事には成り得ない」』。

『「実体として」は、

「五輪」も「似非平和からの現実逃避の受け皿の一つに過ぎ無い」からだ』。

『「常設的現実逃避の受け皿では無く、

4年に一度の大大会の形式を採っている」からこそ、

「現実逃避の受け皿としての容量がいくらかはアップしているダケ」だ』。

『「年がら年中、五輪常設状態となれば、

現状でも、他に、多々在る、常設的現実逃避の受け皿の一つの地位に、

五輪が落ち入るダケ」で、

「既に、多々ある常設的現実逃避の受け皿が一つ増えたところ」で、

「酷い事件等が起こらなくなる訳も無い」』。

『「本気で、酷い事件等を発生させたくない」のなら、

「酷い事件等の元を、

元から解消しなければ、

絶対に無理」だ』。

『「以上、当たり前過ぎる程、当たり前の話し」だ』。

『「それなのに、テレ朝昼番では、未だに、常連出演者が、

五輪は平和を呼ぶ等の旨、

公共の電波上で、公言していたのだそうだ」。

「その時代遅れぶり、劣悪ぶり、醜悪ぶり等々」は、

「かなりのモノだったに違い無い」』。

『「酷い事件等」とは、

「人類誰もの自分の実体や、その実体の本来の目的から、

酷く外れている実態等の上に生まれている」』。

『「物質文明面では、産まれながらの不当な環境格差等が原因」となり、

「精神文化面では、

実体離れした物質文明環境等の不当な格差を温存する為や、

温存した事を正当化する為等の、

酷く劣悪な精神文化等が原因」となっている』。

『「人類の物質文明は、精神文化活動の先に生まれている」から、

「精神文化の方が、物質文明より、進歩・進化している状態であってこそ、

本当の平和も実現可能になる」』。

『「ところが、現状では、多くの人々が、劣悪な時代遅れの精神文化を抱いたまま、

物質文明側ダケは、

科学レベルで判明した実体や事実・現実等を意識的かつ積極的に実用する事」で、

「急速に、進歩・進化させ続けている」のが、

「現状の人間世界の寒過ぎる実態」だ』。

『「そして、多くの人々が、生み出した、進歩・進化した物質文明を使って行っている事」が、

「自虐だったり、

自慰だったり、

・・・している」。

「そんな劣悪な状態をそのまま是認する様な、

劣悪な精神文化を抱きしめ、

そのツケを、

血統家族主義や民族主義等に則った、

代々話等で、

子や孫に押し付ける事で、

誤魔化し、

存在し得ない丸ごと一人のあの世等を夢見て、

人生を終えている超劣悪状態の者たちも数多い」』。

『「精神文化の正常進歩・正常進化無きところ」に、

「現実の平和」は「在り得ない」』。

『「現実逃避の受け皿等を強く欲する似非平和の先に在る」のは、

「人類滅亡以外の何モノでも無い」』。

『「今時は、

もう、

テレビ・ラジオ等の上に、

時代遅れの者等を常連出演させている場合では無い」のだ』。

『「環境実感や物質文明の進歩・進化速度等からも、明らかな様」に、

「人類は、直ちに、精神文化を物質文明より進歩・進化させる方向に、舵を切らなければ、

確実に、

近未来で、滅亡する事になる」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化は、急務」だ』。

|

「北朝鮮のミサイル」など、ただの一発でも、本当に、日韓等に撃ち込んだなら、実戦争となり、あっという間に北朝鮮の負けになるのだから、「脅威な訳無い」でしょ・・・。

『「それでも、北朝鮮のミサイルを大宣伝している北朝鮮の広報マンたち」が、「日本国内にゾロゾロいる」のは、

「異常な戦後処理故でしょ」・・・』。

『「是正すべきは、異常な戦後処理である事」は、「もはや、言うまでも無い事」だが・・・』。

|

毎日では、「NHK貧困女子高生番組責め」問題で、「ネットの責め得等を責めていた」が・・・。

『「ネットだから何でも通る」は「当然あり得ない」。「それと、同様に、テレビ・ラジオ・マスコミ等だから、何でも通る」も、「当然あり得ない」』。

『「ネット普及前」の「戦後日本社会」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」と

「学校教育等」による

「実質的、情報統制状態」だった』。

『「正に、

韓国(北朝鮮も含む)や

中国共産党等や

韓(北朝も含む)や中共系の一部在日系の人々にとって、

都合の良い情報・教育」で、

「日本社会全体」が、

「染め上げられていた状態」だった』。

『「その様な、

酷い実績を積み上げていた流れを、

実質的に、温存したまま持っている

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等の一部」では、

「情報統制状態を崩した、ネットを敵視し、

ネット情報の価値を出来る限り下げる為の、

実質的情報工作等を、未だに、行い続けている」』。

『「そんなところで、仕事???を行っている連中」が「得ている」のが、

「韓(北朝も含む)や中共等」からの「工作報酬等」なら、

「受け取るのが合理的になるかも知れない」が、

「日本企業や日本の学校教師等としての報酬」なら、

「明らかに、適切では無い」。

「日本国・日本社会として、そんな連中に与えるべき」は、

「罪や罰や罰金等が妥当」だろう』。

『「ネット批判・非難等をする前」に、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育関係者等」は、

「先ず、戦後の日本国内で散々行い続けて来ている

実体や事実・現実とは程遠い、

実質的に、韓(北朝も含む)や中共や、それら系の在日の一部の者たちを利す

不当情報・教育等の罪を詫び、

応分の罰や罰金等を受けるべき」だ』。

『「実質的罪人が、罪人のまま蔓延れている状態」では、

「まともな仕事など出来る訳も無い」。

「だから、実際」に、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等や、

所謂、文系の学校教育等」では、

「今時の人類に必要な

精神文化の正常進歩・正常進化に十分に貢献する

情報・教育等を配信等する事等さえも、

満足に、行えていない」』。

『「戦後日本の情報・教育界の実権者人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、イスラエルの自動運転軍用車を取り上げていたが・・・。

『「程なく、自動で、兵器を使う事まで出来る様になる・・・」。「ずっと前の、鉄腕アトムでも既に、ロボットは、決して、人を殺してはいけない法律等が描かれていた」。

「自動兵器等について、対応策等を考えるべきだ」。

「・・・等の旨、言っていた」が、

「精神文化の正常進歩・正常進化等に言及出来ていないところ」が、

「如何にも、現状利権に溺れている連中の言う事」だ』。

『「また、既に、日本国内では、自動で特定の者だけに電磁波等を当て続けるシステム等が、仕込まれているところも在る」。

「その辺りの取材や告発等を行わないところ」には、

「その辺りを仕込んでいる連中との繋がりの臭いが、充満している」』。

『「テレビ常連出演者等が、他国の自動兵器等をダシに正義ぶる裏」では、

「現状利権維持の為に、

自分たちにとっての不適応分子等は、

自動電磁波システム等で粛清」という、

「極めて愚劣で不健全な策略の臭い」が、

「充満している」のが、

「現状日本社会のお寒い実態」だ』。

『「ゲイノウ人二世の強姦致傷事件等を受けて、

これだけの仕事が入っている事」は、

「それだけ多くの人々に迷惑がかかる事」等の旨「言っていた」が、

「それは、現状の劣悪なテレビ・芸能界等に対する迷惑」で、

「その現状利権に溺れている連中にとっては、ある種の脅威なのだろう」。

「自分たちの近くに、同様の事件等を起こしてしまう者が生まれたら・・・大変だぁ!」等の、

「心の声が聞こえてきそうな、配信情報内容」には、

「本当に呆れた」』。

『「現実的」には、

「精神文化の正常進歩・正常進化等への十分な貢献が出来ていない、

劣悪レベルの仕事実態を露呈し続けている者たち等」を、

「公共の電波上等に、常連出演等させ続けている事」こそが、

「大迷惑」だ』。

『「現状の様な劣悪な状態が、続けられてしまっている」なら、

「人類の近未来」は、

「自動殺傷兵器等が蔓延る、

急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明を、

余りにも劣悪な精神文化上で実用してしまう、

超自虐的な状態になってしまう」のは、

「ある種の必然」なのだから、

「テレビ配信情報等を、

早急に、正常化・健常化する等」の、

「実効のある対策を施すべき」だ』。

『「散々、本質的には、大迷惑行為等を行い続けて来ている常連出演者等」は、

「もう、十二分に稼げている筈」だから、

「即刻、クビ」でも、

「困らない」だろう。

「テレビ・芸能界等は、

今までの常連組を総解任し、

利権関係も全清算させ、

多種多様な人々を徹底した適材適所を基に起用するべき」だ』。

『「視聴者・読者等側の個々の精神文化の進歩・進化や、

それに基づく、人間社会の正常化・健常化等の役に立つ、

実体として有益な情報配信に勤めていてこそ、

報酬や立場や権力等を受けるに値する」。

「劣悪な現状をそのままに、

現状故の利権を貪る立場等を得る為の、

比べっこ競争勝者等に、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける愚行、もしくは、自虐行等」は、

「即刻、葬りさるべき事」だ』。

『「精神文化側の二世等」でも、

「例えば、スポーツ競技選手等の場合」なら、

「競技内容や結果等が誰にでも判り易い」から、

「二世等である事の過分メリット等」は、

「ほとんど無くなる」』。

『「ところが、芸能界等の場合」は、

「多くの視聴者・読者等が、

与える側が与える・売っている者等の中から選択させられている状態の中」に、

「押し込められている」。

「芸能人なら、芸を見る」等の、

「実体に基づいた、当たり前の、精神文化」を

「身に着ける為に有益な情報配信等の多くは阻害」され、

「売り手が、

売りたい者・物・事等を、

売りやすい消費者等を

作り出す為に有効な情報配信等」は

「大々的に行われ続けている」から、

「多くの視聴者等の精神文化の正常進歩・正常進化等」が、

「大きく損なわれ続けて来ている」。

「それは、とんでも無く、酷く、悪質な、実態」に他ならない』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

障がい者売りを企んだり、起用した二世が強姦犯の、日テレが叩かれているらしいが・・・。

『「筆者は、その歌詞の内実を知らないが、まともな感覚に基づいて書かれているなら、パーフェクトヒューマン」とは「全ての人類に対する皮肉的表現」だろう。

「何故なら、人類誰一人として、パーフェクトではあり得ないから」だ』。

『「この現実から考える」なら、

「障がい者とレッテル貼りされている方々」も、

「それ以外の方々」も、

「全く変わりが無い」。

「どちらも、皆、否パーフェクトヒューマン」だ』。

『「それなのに、日テレでは、障がい者レッテル貼りした方々」を、

「そうでは無い方々と分ける差別を行った上」で、

「パーフェクトヒューマンという曲を使って、

ある種のエンターテイメントを行わせ、

それを公共の電波上で大々的に流そうとしているらしい」。

「とんでも無い悪行」だが、

「きっと、日テレ」では、

「障がい者レッテルによる差別」を「公然化した上」で、

「視聴者を躍らせたい」のだろう』。

『「当然、そんな特定の者たちによる、現実離れした考え・思い等」に、

「賛同する人々ばかりでは無い」。

「当然の如く、非難の嵐等となっている様」だ』。

『「現状人間社会には、未だ、多くいる」、

「障がい者レッテルを内実では認めている人々」の多くは、

「障がい者レッテルに触れない、触れさせない事こそが、

自らが差別主義者である実体を誤魔化せる有効手段等と

勘違いしている場合が多い」から、

「障がい者レッテル貼りをした方々」に、

「スポットライトを当てた上」での、

「パーフェクトヒューマンパフォーマンス」に、

「かなりの抵抗感を想起させられた方々が多い様」で、

「多大な非難の嵐を起こしている様相」だ』。

『「しかし、それは、極めて当たり前の現象」だ。

「何しろ、非難している方も、非難されている方」も、

「自分が何をやっているのか?実質的に???の状態だから」だ』。

『「先ずは、障がい者レッテルを貼り、差別する事等」が

「現状の人間社会では、何故?行われてしまっているのか?」等の、

「内実の理解・把握等が肝要になる」』。

『「端的に記す」なら「障がいが在るのは、現状人間社会や現状の多くの人々の精神文化の方」だ。

「現状人間社会自体や、自らの精神文化の障がい」を

「{無い事}にした上」で、

「そんな現状からはみ出る者・物・事等に対し、

身勝手に、

障がいレッテルや障がい差別等を、

投影・転嫁して強い、

物事を無理やり収めようとしている」から、

「酷い事が起き易く、酷い事を起こし易く、なってしまっている」のが

「実態・実体」だ』。

『「上記の様に、客観的に外から見えている実態・実体を記したところ」で、

「果たして、どれ程の、人々が、

余りにも劣悪な、本質的無知状態や、

現実逃避状態から、

抜け出す事が出来るのだろうか???」』

『「自分と浅くしか付き合っていない人々にとって」は、

「どちらにとっても、相手側は異物・異者であり、

現状のままの自分(=浅い自己)を通す為」に、

「理解出来ない、或いは、都合の悪い、異物・異者等は、

非難してでも、

排除すべき対象にしてしまい易い」』。

『「自分との付き合いが浅過ぎるが故に、自分の実体さえ???の者たち」は、

「他人を、例え、現実としては、不合理である事が判っていても、自分の下に置く事」で、

「とりあえずの安泰を得ようとしたりさえもする」』。

『「実際」は、

「人類誰もが、地球生命体細胞群の一個体」であり、

「それこそが、広義の自分」だ。

「根本的に、

同じ人間を、

状態によって、

障がい等と差別する事自体」が

「広義の自分の一部を差別する事で、

狭義の自分の不当利権等を維持・増大等しようとしている間違っている状態」に他ならない』。

『「例え、所謂、健常者とレッテル貼りされている方々」でも、

「誰でも、赤ちゃんや老化時」には、

「所謂、成人健常者と比べれば、所謂、障がい者状態になる」』。

『「障がいが在る」のは、

「人類誰もを、同じ人類として把握・認識・対応等出来ていない、

現状の人間社会であり、

そんなモノに安住しようとしている精神文化の方」だ。

「以上、現実を実体・実態通りに、理解・把握するなら、誰もが分かる、当たり前の事」である』。

『「上記の当たり前の事」さえ、

「満足に理解・把握・認識等、出来ていない者たちが、所謂、優等生等である訳も無い」。

「現状で、そんな劣悪レベルの者たちが蔓延れている」のは、

「人類の精神文化側の進歩・進化が余りにも、劣悪だからに他ならない」』。

『「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用している」からこそ、

「人類の物質文明は、急速な進歩・進化を実現出来ている」。

「ところが、精神文化側では、未だに、宗教レベルの、考え・思いによる納得が、蔓延っている」。

「そんなモノを蔓延らせ続けている者たち」は、

「断じて、優等生等では無い」。

「過分な立場・報酬・権力等を与える必要も、全く無い」。

「それなのに、劣悪者たちが蔓延れている」のは、

「多くの一般大衆の精神文化レベルが、所謂優等生劣悪者以下だから」だ』。

『「卵が先か?鶏が先か?の話しと同じ」で、

「所謂優等生劣悪者たちが、保身の為等の目的で、劣悪な情報・教育等を公然化し続ける」なら、

「多くの一般大衆の精神文化レベルも劣悪状態に陥り易い事になる」』。

『「この負の連鎖、或いは、負の代々話を、意識的、かつ積極的に、打破する必要性」を、

「今の全人類は、意識出来ていようが、いなかろうが、保持している」』。

『「精神文化側の仕事等で、有名人ゲイノウ人二世等を悪戯に起用する事の愚かさ」は、

「政界の鳩ボン(こちらは、二世というより、三世とでも言うべきかも知れないが・・・)等の実例からしても、誰もが、よく分かる事」だ。

「多くの物質文明側の仕事の場合」は、

「仕事実態・実体や、仕事結果等により、

多くの人々が、

その者のその仕事に対する貢献実態等も、

良く判る」。

「ところが、現状の多くの精神文化側の仕事」では、

「生まれている、現状の大衆等から、要求されている仕事結果等自体が、

余りにも劣悪な状態である場合がほとんど」なので、

「テレビ・映画・芸能界等でも、

所謂、出た者勝ち、

立場を得た者勝ち等の状態が蔓延れてしまっている」。

「出る」にしても、

「主役等の優位に売名出来る立場を得る」にしても、

「与える側の意志・意向等さえ押さえれば可・・・みたいな要素が濃い」。

「有名芸能人二世等が、有利になる」のは、

「与える側が、親等を良く知っている、

裏を返せば、親等は、与える側の裏や弱み等も良く知っているから」だ。

「そんな現状の酷い実態・実体等を、少なくとも、薄々は、感じながら、起用される二世等の方」も、

「与える側に対する強み感等から、自らの存在価値等を勘違いし易くなる」。

「もちろん、本質的には、実体・現実離れが起きている精神状態」なので、

「現状脱出欲動の暴発も起き易くなっている状態」だが、

「満足に理解さえ出来ていない自分本位の犯罪等の悪行等も行い易くなってしまう」』。

『「其処にも、悲惨な事件等の生みの親が在る」。

「進歩・進化が不十分な精神文化」は、

「悲惨な、事件・事故等を起こさせない為」にも、

「即刻、葬るべき」だ』。

『「はっきり言えば、現状のテレビ界」は、

「既に終わっている」。

「その精神文化の酷過ぎる遅滞ぶりは、本当に醜悪」だ。

「遅れ過ぎている文化上で、利権等を回している醜態も、本当に、酷い」。

「現状なら、あるべきは利権では断じて無い」。

「もはや、罪や罰」こそが「適切」だろう』。

『「一般視聴者の多く」が、

「上記程度の事を、理解・把握・認識出来る精神文化状態となった時」、

「現状で、利権を貪れている者たちの多く」は、

「同様の新たな悪事等を防止する為にも、

必然的に、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

リオ五輪閉幕&ハンドオーバーセレモニー、「五輪が出来る平和を続けられる様に!」の旨、似非平和主義者は宣ったが・・・。

『「似非平和主義者」とは「五輪の本質も???のおバカ」か「本質は分かっているクセに分からないフリをしている悪」の事だ』。

『「言うまでも無く、五輪の本質」とは、

「比べっこ原理主義上」の

「スポーツによる、

現状是認&現実逃避等の受け皿等」に他ならない』。

『「現実」として、

「比べっこ上」には、

「平和は存在し得ない」から、

「比べっこ原理主義上の現状是認&現実逃避の受け皿が続けられる事」の「実体」は、

「似非平和が続いているダケ」で、

「本当に平和な時代が続いてる訳ではあり得ない」』。

『「平和が存在し得る」のは、

「実体や事実・現実に基づいた本質探求&適材適所が実現した時」であり、

「物質文明の進歩・進化より、精神文化の進歩・進化の方が、常に、前に在る時」だ』。

『「今時の人類」なら、

「上記の様な現実」は、

「既に、重々承知」だろう』。

『「ところが、

未だに、

日本の公共の電波を使っている情報の一方的大量配信期間であるテレビ上等」で、

「タイトルの様な、

時代遅れの、

精神文化の正常進歩・正常進化を阻害する情報」が、

「常連出演者等により、一方的に大量配信されている」のだ』。

『「正」に、

「ふざけるな!」

「そんな常連出演者は、とっとと降ろせ!」

「過分な立場・報酬・権力等の代わりに、罪や罰を与えるべきだ!」

・・・等々の、

「事態が、現実化すべき実態が其処に在る」』。

『「所謂、文系の仕事を行っている者たち」なら、

「人類の精神文化の正常進歩・正常進化等に貢献出来ていて、ナンボ」だ。

「貢献出来ていない者たちに相応しい」のは、

「仕事の権利・立場等無し」か、

「仕事の立場上で、そんな劣悪な事を行っているなら、罪や罰や罰金」だろう』。

『「それなのに、

未だに、

平和ボケ、

或いは、

中共や韓(北朝も含む)等にとっての有益分子たち」は、

「精神文化の正常進歩・正常進化等の、実質的、邪魔をする情報配信等に熱心」だ』。

『「実に、醜悪」で、

「早急に、排除・是正等すべき実態が、其処に在る」』。

『「小池新都知事」にしても、

「東京五輪に際し、アスリートを第一に扱う等の旨」は、

「結構」だが、

「その前」に、

「東京都も含む、日本社会の実体や事実・現実に基づいた、

公平・平等化が無ければならない事等」を、

「公言する事を忘れている」』。

『「物質文明の進歩・進化の速度を考える」なら、

「リオの、治安醜態より、遥かに深刻な事態」が、

「本質的、平等化・公平化無き、四年後の東京では、容易に起こり得てしまう」のは、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だ』。

『「アスリートファースト」の「前」には、

「所詮は、代償欲求の追及上の比べっ子ゲームに過ぎない、

五輪スポーツ等」が、

「その実体通りに、原寸大で、存続可能な、人間社会実態を構築するべきである事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「フレフレ(2020)東京」の「前」には、

「上記程度の当たり前の実体を踏まえた、環境整備等」が、

「少なくとも、日本国内には、在って然るべき」だ』。

『「ちゃんと、在るべき実体・実態を整える」なら、

「フレフレ(2020)東京」を、

「全世界の平和を誘う有意義な大会にする事も可能になる」』。

『「安倍総理も、五輪ハンド・オーバー・セレモニーに出たくらい」だから、

「その当たりについても、重々承知の筈」だ』。

『「問題は、

未だに、

劣悪レベルに安住し続けようとしているテレビ・マスコミ等の連中」で、

「今時の人間世界に伝えるべき情報」を、

「未だに、十分に配信出来ていないその実態」は、

「職務怠慢レベルを通り越して、

罪や罰が相当なレベル」に他ならない』。

『「五輪の実体を伝える事が出来ず」に、

「未だに、古臭い、歴史上の事実等ダケに基づいた様な、

五輪が出来れば平和論の様な、

寝ぼけた事を平然と言っている者」等に、

「過分な、立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「そんな古臭い、終わっている様な者」を、

「公共の電波上」で、

「常連出演等させ、その発言を、一方的に大量配信している事」等による、

「人間社会の進歩・進化の阻害被害」は、

「かなりのモノになる」』。

『「劣悪常連出演者や、劣悪常連出演者を起用した者等に相応しい」のは、

「罪や罰や罰金等」であり、

「断じて、過分な立場・報酬・権力等では無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

フジでは、「芸能人の超極一部の超高額報酬をお手盛りで認める論」や「戦争ダメ!の愚劣平和論」等を公共の電波で一方的に配信していたが・・・。

『「芸能界等の報酬体系」が「異常」なのは「仕事の内実とは全く別」に「報酬体系がつくられているから」だ。

「仕事の内実は問われず」、

「テレビやメディア等に出る・出続ける事が出来ているか?否か?」等を「基」に、

「超累進的に、超高額報酬を頂点にした、報酬体系がつくられ、使用されている」』。

『「この異常な報酬体系」は、

「芸能人を出すか?出さないか?の決定権を持っている者たち」と、

「テレビやメディア等に出続ける事が出来ている者たち」のみが、

「利権のほぼ全てを押さえる事が出来る報酬体系」でもある』。

『「ほとんどの一般芸能人たち」を、

「利権のほぼ全てを押さえる事が出来ている者たちの意向に沿い、

薄給の下で、

まるで、奴隷の様に、

時には、意に沿わぬ仕事???さえも、

{行わざるを得なくする}実効を持っている報酬体系」でもある』。

『「そんな報酬体系」が「実用し続けられている事自体」、

「明らかに異常」だ。

「芸能界等の報酬体系」も、

「他の多くの仕事の報酬体系同様」、

「仕事の内実に沿った、

現実や実体との整合性が高い報酬体系に是正されるべきである事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「自分たちに都合の良い、特定の者等を出し続ける事」により、

「意図的に、つくり出している」のが、

「戦後日本の、テレビ・ラジオ・マスコミ等由来の、ほとんどの有名人の実体」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の、主として、実権者たちの、都合」で、

「つくり出すが出来てしまっている有名人」に

「過大な評価を与え続ける必要は全く無い」。

「何故なら、有名人である事と、良質な仕事が出来ている事とは、全く別だから」だ』。

『「例えば、この番組」でも、

「以前からの有名人、おすぎ」が、

「戦争は絶対ダメ!」等の「愚劣な平和論等を言っていた」が、

「今時、平和について語る」なら、

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明」と、

「進歩・進化不十分が不十分な精神文化」が、

「武器という自虐物質文明」や、

「戦争という自虐精神文化」を

「生み続けて来ている実態・実体」を、

「先ず、言わなければ、お話しにならない」』。

『「この基本中の基本をはっきり伝える」なら、

「武器や戦争等の自虐を無くす為に必要な事」は、

「精神文化を物質文明並み以上に健常進歩・健常進化させる事である事」に、

「直ぐに、多くの人々の思いが至る事になるから」だ。

「精神文化の正常進歩・進化に貢献していてこそ、

テレビ・ラジオ・マスコミ等も含む所謂、文系の仕事」として、

「その内実が、報酬に相応しくなる」のだから、

「以上は、当然の事」だ』。

『「戦争は絶対にダメ!」等は、

「言われるまでも無く、今時、日本国内なら、ほとんど誰もが、重々承知している事」だ。

「戦争は絶対にダメ!」等は、

「北朝鮮の権力者たちだって、実戦となれば、アッと言う間に、北朝鮮が負ける事になるのだから、判り切っている事」だろう。

「中国共産党の要人だって、実戦となれば、とんでもない事になってしまう事くらい、重々承知の筈」だ。

「そんな、今時、公共の電波上であえて言うまでも無い、愚劣レベルの事」しか

「言えていない者等」を、

「今更、公共の電波上」に「露出」させ、

「多大な出演料等を与えたり、

有名人利権を更に増大させたり、

・・・する必要は全く無い」。

「仕事(言動等)の内実」を

「実体・実態通りに評価する」なら、

「出す価値無し、

むしろ、そんな者を出す事で、

貴重な公共の電波上の情報配信時間が殺がれる事の方が、

有害」だ。

「そんな者たち」は、

「出さないか、出して有害なら、報酬では無く、罰や罰金こそが妥当」だろう』。

『「お手盛り、超高額報酬是認論」の「内実」も「同様」だ。

「テレビ・芸能界等の健常化・正常化等を阻害する、

お手盛り既得権益維持論」に「相応しい」のは、

「過大な報酬等では無い」。

「罰や罰金」だろう』。

『「罰や罰金が妥当な内実を露呈している者たち」の

「言動等」を、

「公共の電波や公共的大マスコミ等を使って

公然化し続けていれば、

人間社会自体も、より、悪化し易くなる」のは、

「当然過ぎる程、当然の現象」だ』。

『「今時必要な精神文化側の仕事が満足に行えていない劣悪者たちに相応しい」のは、

「過分な立場・報酬等」では、

「断じて無い」。

「過分な立場・報酬等を、常連出演や常筆等により、専有等している」なら、

「より重い、罪や、罰や罰金」こそが「妥当」になる』。

『「芸能界等の異常な報酬体系」は、

「劣悪者たちの利権維持の為には、好都合」でも、

「人間社会の正常化・健常化の為等」には、

「直ぐにでも、是正させるべき重大悪態」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の都合でつくり出されて来ている

有名人等」に、

「高報酬に値する実体がある場合など、ほとんど無い」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等由来の有名人等のほとんど」は、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき内実を持っている」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

閉会式では国別無縁のごちゃ混ぜ行進で其処が「五輪が平和の象徴」の象徴なのだと・・・。

『「競技中は、ほとんどの人々が、自国選手に自分を被せて応援!」で、「閉会式以降は、次期五輪を目指して、国レベルでの比べっこに邁進する選手や関係者や一般市民がゾロゾロ・・・」。

「比べっこ勝負が付いた直後の一時のみが、比べっこから解放される唯一の時間とは」・・・』。

『「歴史が実証している通り、武力による比べっこ支配権争い」は「命がけとなり、多大な犠牲を伴う」。

「経済による比べっこ支配権争い」では、

「直接殺傷はほとんど無いが、間接殺傷がかなりある」から

「こちらも、ある意味、命がけ、生活がけ」だ。

「スポーツによる比べっこで優位に{立てている}選手たちの裏」には、

「選手個人の意志や能力や適性だけでは無く、

{そうなれる環境や経済等}が在る場合がほとんど」だ。

「そして、スポーツによる比べっこ」は、

「経済による比べっこ支配権争い、

場合によっては、武力による比べっこ支配権争い等」の

「現実逃避の受け皿として利用されている」』。

『「閉会式の国別無縁のごちゃ混ぜ行進」に

「平和幻想を見る事が出来ている平和ボケたち」は、

「果たして、

現状人間世界の本質を、

どれ程、

実体や事実・現実通りに、

理解・把握・実感等出来ているのだろうか???」』

『「現実逃避ヤク中毒者たちの判断や行動等」が、

「現実の人間社会や地球環境等を、どれだけ、大きく、損なってしまっているのか?」くらいは、

「何時の時でも、忘れるべきでは無い事」と思うが』。

『「スポーツしなけりゃ、殺し合い等してしまう」のは、

「自分で自分を健康にコントロールしていない者であるが故の異常行動」だ。

「比べっこスポーツに現実逃避する事で、殺し合い等を抑えられている者たち」も、

「その内実は、同様」だ』。

『「利権や環境等を偏在させて、比べっこスポーツ選手等を優遇する人間社会」よりも、

「誰もが、必要十分な生活・進歩・進化環境を得られる人間社会の実構築」を、

「意識的かつ積極的に、

目指すべきである事」は、

「今更、言うまでも無い事」だろう』。

『「現状で儲けられている企業や個人等の多く」は、

「儲けを還元する場所を明らかに間違っている場合が多い」』。

『「平和の象徴に現実逃避し易くする為」に、

「平和の象徴をより立派にする事」よりも、

「現実の人間社会を実際に平和にする事の方が、遥かに合理的である事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「今時の全人類に必要な事」は、

「精神文化の正常進化」に他ならない。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を、意識的かつ積極的に実用しているが故に、

急速な進歩・進化を実現出来ている物質文明側以上」に、

「精神文化側を進歩・進化させ続ける事でのみ、

人類世界の平和」が、

「実現可能になる」』。

『「五輪が平和の祭典」なら、

「実際の平和構築にもっと、もっと、貢献するべき」だ。

「フェアプレイと相互理解等」が、

「本当に実効を持っている」なら、

「五輪を見ている人々のほぼ全てが、

国の枠など全く別に、

より良い競技内容等に関心が持てている筈」だ』。

『「国単位での応援に興じている内」は、

「国同士の比べっこに興じているダケ」で、

「その実体は、武力でも、経済でも、スポーツでも、芸術でも、・・・同様に他ならない」』。

『「その何処に平和主義者がいるのか?」

「いるのは、

国家・国民・民族等単位の、

武力ならぬ、

スポーツや、その裏にある経済等による

比べっこ優劣争い主義者」だ』。

『「サッカー等の試合で、殺人や乱闘が起きる現実からも、

例え、スポーツでも、

代償欲求の追及に過ぎ無い比べっこ優劣争い等」が、

「平和とは程遠い精神文化である事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』

『「例えば、

五輪により、

国別のメダルの数より、本当の平和構築にどれだけ役立っているのか?」等が、

「大いに気になる人々の数が増えている」なら、

「現実の平和構築に繋がっている事になる」が

「現状は、ほど遠い」・・・』。

『「平和現実逃避の受け皿五輪」は、

「平和の象徴では断じて無い」。

「むしろ、

多くの人々に、

比べっこ優劣争いの精神構造を反復学習させる」等の、

「実際の平和構築を遠ざける要素さえ多い」』。

『「人間誰しも、覚えていない事、知らない事は、行えない場合がほとんどの事」だ。

「それは、言語の実例からも、誰もが、実感を持って、理解・把握出来る事」だろう。

「比べっこ優劣争いは、覚え、知っている」が、

「本来欲求の充足を知らない人々の集団」では、

「平和構築が極めて困難なのが現実」だ。

「それは、例えば、言語を習っていない人々に、言語でのコミュニケーションが求められる様な事だから」だ』。

『「五輪に興じている、興じさせている暇がある」のなら、

「現状では、

テレビ・ラジオ・マスコミ等には、

もっと、他にやるべき事がある」』。

『「精神文化の正常進化」に

「必要十分に貢献出来ていない、劣悪な、醜悪な場合も多々ある、

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事(というより、実質的には、破壊行為等)を、

行っている連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

昨今では、工作電磁波が、益々、疑似高周波化されている様で・・・。

『「疑似高周波化」とは「エネルギー密度を高める方法でもある」。

「工作電磁波の悪の効果」は「電離作用」と「強く推定出来る」から、

「人体へのダメージをより大きくする為に、どんどん疑似高周波化している」のだろう』。

『「何れにしても、少々の物質文明の進歩・進化分を実用していても、

その精神文化が、工作等の劣悪文化」では、

「本当に、劣悪で、醜悪」だ。

「非人道的工作に明け暮れている者たち」の

「近未来の居場所」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上」になる』。

|

赤ちゃんは「自分が何をやっているのか?を映す鏡」で素直に自分の行動等を直せることもあるらしいが、上辺は大人でも精神文化が赤ちゃん以下の人々は・・・。

『「泣き叫ぶわが子」に対して、「母親が、泣くことを褒め殺しする{鏡対応}をした」ら、「赤ちゃんは、自分の行動の実態に気づき、泣き止んだ」・・・。

「しかし、精神文化が余りにも劣悪な、上辺では大人のつもりになっている者たちの場合」は、

「その劣悪な精神文化の実態・実体等」を、

「{鏡対応}等の手段で、告げ、見せつけ」ても、

「行動を是正するどころか、益々、自虐的行動を起こす事も稀では無い」のは、

「大人のつもりの者たちの鏡を見る目」が

「曇っていたり、壊れたりしているからに他ならない」。

「褒め殺し的に書く」なら、

「鏡を見る目が{立派過ぎる、或いは、良過ぎるから}に他ならない(もちろん、実体は変わらないが・・・)」』。

『「不幸や自虐等を、

自分の実体や自分の実体の本来の目的に沿って、

ありのままに認識出来ない状態で、

幸福等と思い込みたがっている事」などに、

「実体を伴った幸福が在る場合など稀」だ。

「ほとんどの場合」、

「本質的に、不幸は不幸であり、自虐は自虐でしか無い」』。

『「その現実や実体から逃避し続ける為」に、

「お金や権力や贅沢自慰生活等のヤクを取り続けたり、

宗教や現実逃避受け皿産業等にのめり込んで、現実や実体を見ない様にし続けていたり、

・・・していても、

現実が変わる訳も無い」ばかりか、

「むしろ、どんどん悪化する」。

「人類滅亡を近づけている悪魔に魂を売り渡した者たち、もしくは、亡者たち」は、

「いい加減に、自分の実体やその実体の本来の目的等」を、

「ありのままに直視し、

理解・把握し、

その上で、自分で自分を健康にコントロールする支配欲の本来欲求の充足に向かうべき」だ』。

『「誰もが、赤ちゃんのように、素直な状態」なら、

「鏡対応褒め殺し策」等の「意識的かつ積極的実用」で、

「人間社会のほとんど全ての問題も解消に向かわせる事が可能な筈」だが、

「現状では、ほとんどの大人のつもりの人々の状態」が、

「悪魔に魂を売り渡した状態や、亡者状態等」だ。

「しかし、少しでも素直な人々がいるなら、

{鏡対応褒め殺し策}等にも、

相応の実効がある筈」だから、

「情報大量配信機関や、情報大量配信機関で重用されている作家等の立場等がある人々」なら、

「鏡対応褒め殺し策製品の、製造~大量配信等」は、

「意識的かつ積極的にトライしてみる価値のあるスジだと思う」』。

『「赤ちゃん泣き止ませ記事」等で、

「お茶を濁しているダケ」では、

「本当に、情けない」』。

『「せっかくの有用ヒント的事例等」を、

「人類や人間世界の自虐等を少しでも取り除く為に、

積極的に展開活用出来なければ、

その何処に、所謂文系の仕事のプロがいるのか???」』

『「何時まで経っても、現状ヨイショ!・・・の、オコボレ頂戴わんわん状態・・・」では、

「本当に、情けない、ばかりか、劣悪過ぎ、醜悪過ぎる」』。

『「所謂文系≒精神文化側の仕事(現状では、仕事では無く、実体として、破壊行為である場合も多々あるが・・・)をしている者たち」が、

「今時の人類に必要な仕事を行わない、或いは、行えない限り、

人類滅亡は、確定的」なのだから、

「多くの関係者」は、

「この手の問題を、もっと、もっと、真摯に、深刻に考え、

あるべき状態の実現」等を

「真剣に、努力するべき」だ』。

『「五輪選手の努力やその結果等」に、

「応援するダケ、報道するダケ、見聞きするダケ等で、

自分を被せ、

努力をしたつもりや、

やる気が出たつもり等々になっている場合では無い」』。

『「今時の人類が、必要としている仕事」を、

「本気で、実行に移すべき」だ』。

『「本質的に必要な、本当の仕事等を、

ロクに出来ない、やらない、者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「特に、公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界」の

「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「天皇陛下万歳!」や「靖国神社参拝」とは(その3)・・・。

『「ここで、多くの方々は、お気づきだろう」。

「今時の、経済による比べっこ支配権争いに邁進している人々」が、

「かつての、武力による比べっこ支配権争いについて、批判・避難等している姿」は、

「まるで、近親憎悪故の八つ当たり的」で、

「実に醜悪である事等」に・・・』。

『「武力による比べっこ支配権争い」は、

「兵器等の殺傷能力を飛躍的に増す事態を招いた」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用し続けているが故」に、

「兵器等も含む人類の物質文明」は、

「急速な進歩・進化を実現し続けていた」。

「武力による比べっこ支配権争い」という「精神文化上」で、

「急速な進歩・進化を実現し続けていた物質文明を実用する」と

「兵器等の殺傷能力の急速な向上という事態が生まれる」のは、

「ある種の必然的現象」に他ならない』。

『「その結果、

人類は、

武力による比べっこ支配権争い(戦争等)による犠牲者が

飛躍的に増える超自虐的現実」を

「否応無しに、迎える事となってしまった」』。

『「第二次世界大戦時には、

もはや、

以前からの、

宗教等による

考え・思い等による納得レベルのファンタジー」では、

「多くの人々の心や思いを和らげる事が不可能なレベルにまで達して来ていた」。

「第二次世界大戦では、最終的に、核兵器までつくられ実用されてしまった」』。

『「世界大戦による甚大な犠牲や、

一瞬で、20万人もの人々の命を奪い、都市のほぼ全てを破壊した核兵器の殺傷力・破壊力等」を

「現実として知った多くの人々」は、

「もはや、

人類が、

武力による比べっこ支配権争いという精神文化を

大流行させる事」は、

「絶対に許容されない事態である事」を

「悟った」』。

『「武力による比べっこ支配権争いという精神文化」は、

「第二次世界大戦の終了」で、

「実質的に、大流行最先端精神文化の座を降ろされ、

終息に至り始めた」。

「その後は、

経済による比べっこ支配権争い」が、

「大流行最先端精神文化の座に踊り出て来ている」』。

『「第二次世界大戦後の人間世界」では、

「武力とは、基本的に、経済による比べっこ支配権争いの為の後ろ盾でしか無くなった」。

「しかし、未だ、大戦の後遺症が残っていた間」は、

「所謂、東西対立を元にした、武力による比べっこ支配権争いが、

代理戦争・局地戦的に行われ続けた」』。

『「旧ソ連を筆頭とする、所謂、東側」は、

「旧来の精神文化である武力や工作等による支配権争いに積極的に邁進し、

その支配地域を大いに広げる事に成功」した。

「所謂、西側は、大戦後、武力による比べっこ支配権争いには、

もう、ウンザリ・・・状態」だった』。

『「所謂東側が、世界を二分する程の支配地域を得た後」の

「冷たい東西対立の裏」では、

「人間社会体制や経済や物質文明等の比べっこ支配権争いが行われ続けられていた」。

「しかし、実際は、東西間の物質文明等の進歩・進化の差は、歴然」で、

「時と共に、東側がどんどん衰退~崩壊して行った」』。

『「東西冷戦状態は、終焉」し、

「今や、極一部の、極めて、遅れている国々等を除き、

世界中が、旧西側ベースの経済による比べっこ支配権争いに邁進している状態」だ』。

『「現状の大流行最先端精神文化である経済による比べっこ支配権争い」にも、

「武力による比べっこ支配権争い時」の

「天皇陛下万歳!」や「靖国神社」等々「同様」の、

「ファンタジーが要る」から、

「実際に、在る」』。

『「現状のテレビ・ラジオ・ドラマ・アニメ・映画・漫画・小説・商業スポーツ・音楽・宗教等々の多く」は、

「経済による比べっこ支配権争い故に必要となっているファンタジー」に他ならない』。

『「ファンタジーが大流行する人間社会」より、

「経済や経済システム等の実体との整合性を高める事が大流行したり、

本質的に不当な格差等の是正が大流行する人間社会の方」が、

「遥かに、健常である事」は、

「言うまでも無い事」だろう』。

『「当ブログの以前からの読者の方々の多く」は、

「既に、お気づきだろう」。

「武力にせよ、経済にせよ」、

「比べっこ」は「比べっこ」であり、

「支配権争い」は、

「支配権争い」に他ならない』。

『「比べっこ」とは、

「他の者・物・事との比較の中で、

自己承認欲求の代償欲求を満たそう等と

その追及に奔走している精神状態」だ』。

『「自分を自分で健康にコントロールし続ける代わり」に、

「他の者・物・事を支配しようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配させようとしたりする」のもまた、

「支配欲の代償欲求の追及に他ならない」』。

『「どちらも、

本来なら、遊び程度に抑えられているのが、健常な状態」だ』。

『「本来なら、

遊び程度で抑えられているべき精神状態」だ。

「遊び程度で抑えられているべき

代償欲求の追及に奔走等の精神状態」に対し、

「上辺で、仕事等のレッテルを貼り、どんなに、正当化しようとしたところ」で、

「本質が変わる訳も無い」』。

『「代償欲求の追及に邁進している人間集団が招いている」のは、

「地球環境破壊であり、

気候変動であり、

人類滅亡以外の何モノでも無い」。

「実体離れ、現実離れ」が、

「人類の存在という人類の実体や現実自体」を、

「現実の世界から排除させるエネルギーになっている」のが

「現実」だ』。

『「人類誰もが、自分の実体やその実体の本来の目的から整合性をとった現実行動等を、

主に、体現する事」こそが、

「人類の長い~永い存続の為に必要な事」に他ならない。

「代償欲求の追及など、遊び程度が適切」なのだ』。

『「さて、もう多くの方々は、お気づきだろう」。

「今時の人類が、大流行させるべき最先端精神文化」は、

「経済による比べっこ支配権争いでは断じて無い」』。

『「人類誰もの実体やその実体の本来の目的から、整合性がとれる、

本質探求&本来欲求充足精神文化」と

「遊びレベルの比べっこ等代償欲求追及精神文化」が

「複合した精神文化」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実等を意識的かつ積極的に実用しているが故に、

急速な進歩・進化が実現出来ている物質文明同様」、

「精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実等を、

意識的かつ積極的に実用する事」が、

「今時の、全ての人類に、強く、求められている」』。

『「今生きている全ての人類」には、

「自らの精神文化」を

「本質的に自虐的な旧来の精神文化」から、

「本質的に自虐的では無い健常な精神文化へと正常進化させる事」が、

「激烈に望まれている」』。

『「人類滅亡を誘う精神文化に執着し続けている様な、

本質的劣悪状態の者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「旧来からの人類にとっての本質的自虐精神文化に執着し、

本質的自虐精神文化に執着した行動等を体現してしまったが故に、

多くの他の人類や地球環境等に、

多大な現実的ダメージをもたらしてしまった者たち」に

「相応しいのは、罪と罰」だ』。

『「本質的罪人たち」が、

「例えば、血統家族主義等に、現実逃避し、

どんなに子や孫等をのこし、

其処に、自分を投影・転嫁し、自己保存の幻想を見ようとしても無駄」だ。

「劣悪な精神文化の先にあるのは、

人類滅亡だから、

子や孫や子孫も無い状態以外の何ものでも無い」。

「人類が存続出来るとすれば、そんな劣悪な精神文化を否定出来た時ダケ」だ』。

『「つまり、劣悪な精神文化を体現した者たちを、

反面教師情報等として、

永遠の恥辱に染まる道の上に置ける状態を得た時のみ、

人類に長い~永い存続がある」のだ』。

『「近未来の人類の多くが、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれた者たちを

遠慮無く、恥辱に染め続ける事が出来る事態が得られる時のみ、

人類に長い~永い存続がある事になる」』。

『「本質的罪人たちは、今の内に、自らの意思で、

罪を償い、

補償行動等を起こすべき」だ。

「自主的償いや補償が十分で無い場合」は、

「人類が存続するなら、

確実に、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になるから」だ』。

『「人類の存続~永続方向に力を加える」も、

「人類滅亡に力を加える」も、

「人類誰もの、それぞれの、自己責任の自由意思に基づく実体現」だ』。

『「さて、あなたの選択は?」』

|

「天皇陛下万歳!」や「靖国神社参拝」とは(その2)・・・。

『「戦勝による領土拡大等の功績・実績等が大きかった」ので、

「日本政府内でも、次第に軍部の実権が強くなって行った」。

「当時の世界の大流行最先端精神文化」は、

「武力による比べっこ支配権争い」だったので、

「多くの日本国民も、政府要人等も、その流れに十分に逆らえ無かった」』。

『「軍部は、天皇を戦略に巻き込んでいた」。

「御前会議が行われ、重要な作戦等は、天皇の承認の下で行われた」』。

『「天皇の下の作戦による、武力による比べっこ支配権争い」に

「付きものだった」のが「戦死・戦傷者」だ。

「何しろ、武力による比べっこ支配権争いだから、命がけが必然だった」。

「当然、そんな現実を和らげる為のモノも要る」』。

『「実際に、創作された」のが、

「日本国の代表的象徴であったと共に、神としてまで、祀り上げられていた天皇陛下の了承した作戦の下での死傷」は、

「国家・国民の為に、命をも惜しまず、貢献した証」という、

「ファンタジー」や、

「国家・国民の為に、死んだ方々は、もはや、神同様として、靖国神社にいらっしゃる」という、

「ファンタジー」だ』。

『「天皇陛下万歳!」や、

「靖国神社参拝」の、

「意味は、其処にある」』。

『「ここで、今時の人々が決して見落とすべきでは無い事」は、

「上記の現実や、その現実を和らげる為の策等」が、

「当時の、大流行最先端精神文化に、当時の政府も多くの国民も、乗ってしまった結果である事」だ。

「当時の多くの日本国民」が、

「当時の大流行最先端精神文化に乗り、

武力による比べっこ支配権争いに邁進していた現実」は、

「今時の多くの日本国民」が、

「今時の大流行最先端精神文化に乗り、

経済による比べっこ支配権争いに邁進している現実」と、

「基本的に、同じ事」に他ならない』。

『「当時の多くの若者が、

立派な兵士に憧れ、

立派な兵士になる事等を夢見、

立派な兵士を目指し、

その為に、努力していた」のと「同様」に、

「今時の多くの人々は、

金持ちに憧れ、

金持ちになる事を夢見、

金持ちを目指し、

その為に、努力している」のが、

「現実であり、実態」だ』。

(妨害が入る可能性があるので、続きは、別記事にします。)

|

「天皇陛下万歳!」や「靖国神社参拝」とは(その1)・・・。

『「明治維新とは、当時世界中、特に、欧米列強等の中で、大流行最先端精神文化だった武力による比べっこ支配権争いにより、日本が開国を迫られた事に誘われて起きた事態でもある」。

「日本の場合は、それまでの、精神文化上、物質文明上の実体や事実・現実に沿った蓄積が在った」ので、

「開国を強いられた後も、侵略されたり、植民地支配下に置かれる事態等々には陥らなかった」。

「しかし、不平等条約を強いられた」』。

『「開国後の日本政府・国民」は、

「欧米列強同様、

当時の大流行最先端精神文化だった武力による比べっこ支配権争い」に「邁進」した。

「欧米列強のより進んだ物質文明も意識的かつ積極的に取り入れる事」により、

「急速な近代化が行われた」。

「富国強兵が、声高に叫ばれ、多くの国民がそれに応じた」』。

『「国の中心的象徴は、明治維新により、徳川将軍から、天皇に替えられていた」。

「国家神道という新興宗教」も、

「その流れの上に誕生した」』。

『「不平等条約を是正させる事が出来るほどに、国力が増す」と、

「必然的に周囲との軋轢も増す事になる」。

「武力による比べっこ支配権争いが旺盛だった時代だった」ので、

「日清・日露戦争」となった。

「日本は、どちらの戦争にも勝利」した。

「戦勝により、日本の領土等も広がった」』。

『「戦争勝者には、擦り寄って来るところも出て来る」。

「単独では国の存続さえ危うかった当時の韓国」は、

「日本に保護を求めた」。

「その後、当時の韓国権力者側の希望である対等合併も含む、二国が一つの国となる道や、

ある程度の保護期間後、韓国が独立する道等が、話し合われた」が、

「実際」は、

「当時の国力相応」に、

「日本が韓国を吸収合併する形」の、

「二国間の国家契約合意」により、

「日韓併合」となった』。

『「日韓併合により、滅亡寸前だった当時の韓国の権力者たち」は、

「日清・日露戦争の戦勝国の権力者の一部になれた」。

「朝鮮王朝の人々は、日本の皇室に準じる厚遇を得た」。

「当時の韓国の貴族は、日本の貴族になれた」。

「朝鮮半島内には、日本の技術・お金・人材等々が大量に流れ込み、

荒れ果てて、開拓地同然の状態となっていた、当時の朝鮮半島内」が、

「急速に近代化整備された」。

「日韓併合により、

朝鮮半島内の教育・文化・衛生水準が、飛躍的に改善した」。

「その結果、朝鮮人の人口も飛躍的に増えた」』。

『「日韓併合以降、

より良い立場や待遇や仕事や生活等を求めて、

大量の朝鮮人が、

自主的に日本本土に渡来した」。

「多くの日本人が、開拓地同様だった朝鮮半島内の近代化整備等を頑張っていた時代」に、

「祖先や自らの誕生した朝鮮半島内の近代化整備を頑張るのでは無く、

別天地でのより良い立場や待遇や報酬や生活を求めた人々」が、

「社会的階級や立場等を問わず、

朝鮮半島内より近代化整備が進んでいた、

当時の日本に、

大量に渡来した」。

「其処にも、当時の朝鮮の人々の一つの特徴的な精神文化が露呈している」』。

『「その精神文化が、日本の敗戦につけ込んだ数々の乱行や不当行為等を生んだ精神文化」や、

「大戦後の日本国内で行われ続けている、

バレたり、摘発されたりしなければ、

非人道的な工作活動でも、行った方が有能等の精神文化」等へと、

「繋がっている事等」を、

「実感されている方々も、決して少なく無い筈」だ』。

『「当時の大流行最先端精神文化」は、

「武力による比べっこ支配権争い」だった。

「大戦後の大流行最先端精神文化」は、

「経済による比べっこ支配権争い」になる。

「何時の時代でも、

大流行最先端精神文化の裏」で、

「大流行最先端精神文化に乗れない、

遅れている劣悪者たちが抱きしめ続けている」のが、

「古の時代の人類の悪い精神文化そのまま」の、

「ズルしてでも、支配権を取った者勝ち」等の、

「物質文明の進歩や進化の邪魔にも繋がる、

進化無縁の劣悪な精神文化」だ』。

(続きは、別記事)

|

またまた、「天皇陛下万歳!」や「靖国神社」や「ファンタジー」等の記事のアップが無効化された・・・。

『「余程、悪どもに都合の悪い内容があるのだろう」。「何度でも、執拗にアップする事にする」』。

|

先ほど記事をアップしようとしたら、悪質な妨害が入った・・・。

『「天皇陛下万歳!」や「靖国参拝」や「今時のその他のファンタジー等についての考察等記事のアップ」に「対し、悪質な妨害が入った」。

「このブログの書き込みは、書き込み途中で邪魔されると、オール白紙状態になってしまうので、先の記事は、消えてしまったが、当然、筆者の頭の中等には、あるので、また、近々、アップし直す事にする」』。

『「恥の上塗りを行い続けている悪ども」は、

「筆者の近々にいる様相」で、

「既に、ニフティにも、キャッチされている筈」だ』。

|

日本では終戦記念日だが韓国では日帝植民地支配からの独立記念日なのだと・・・。

『「日韓併合の実態・実体を知らない人々」が「上記等の情報の上辺ダケを信じる」と「大いなる誤解を生じる」。

「もちろん、言うまでも無く、日韓併合とは、二国間の合意契約」であり、

「その実体」は、

「単独では存続困難な状態に陥っていた当時の韓国の救済」だ』。

『「だから、実際に、日韓併合二国間契約の当時、日本から韓国に渡った人々」は、

「武器を持って、侵略戦争等を仕掛けたのでは無く、

金と仕事を持って、

開拓地同様だった当時の朝鮮半島内の近代化整備の仕事に乗り出していた」のが、

「歴史上の現実」だ』。

『「そして、日韓併合二国間契約後、日本側からの多大な資金・人員・技術等の導入により、

朝鮮半島内は、急速に近代化された」』。

『「衛生・教育・文化水準等が一気に向上した」から、

「日韓併合後、朝鮮半島内では、急速に朝鮮人人口も増えた」のが、

「歴史上の現実」だ』。

『「ところが、

大戦直後、

日本の敗戦につけ込んで、

韓国側が、

朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等の多くを、

実質的火事場泥棒する策略に出た」と「共」に、

「終戦直後の日本本土内でも米軍に取り入り、

火事場泥棒行為を行ったと共に、

戦後処理の面で、

朝鮮人たちが、日本国籍を得る手段まで用いて、

大きく実態・実体を歪める工作活動を行い続ける策略まで実行に移し、

その流れが戦後70年以上も経った今でも、

執拗に続けられている」ので、

「多くの人々の歴史上の認識等」が、

「大きく歪められ続けてしまっている」』。

『「例えば、

未だに、

日本国内のNHKも含むテレビ等」でも、

「韓国側が、8月15日を日帝の植民地支配からの解放記念日として祝っている事ダケ」の

「大宣伝等に忙しい事等」が、

「事実・現実離れした情報工作活動」の「実態」を

「如実に露呈し続けている」』。

『「はっきり言えば、韓国(北朝鮮も含む)等」が、

「日韓併合を日本による植民地支配等」と「嘯いている」限り、

「韓国(北朝鮮も含む)等」が、

「まともな国となれる可能性は皆無」だ』。

『「何故なら、

事実・現実とは全く違う

特定の者たちの考え・思いに過ぎない虚像の上に

国家を築き、

その上のみで、

国民や世界中の国々を操ろうとしているから」だ』。

『「もちろん、そんな実体・現実離れした他者支配の策略」などは、

「既に、バレている上」に、

「人類世界の流れは、人類が存続方向に向かう限り、実体や事実・現実と共にある方向に向かう」から、

「今後は、衰退の一途となる事」は、

「既に、自明の状態」だ』。

『「それなのに、未だに、韓国等では、8月15日を日帝からの植民地支配解放記念日等として、祝っている」。

「まるで、朝鮮の滅亡を願うかの如く」・・・』。

『「はっきり言えば、、

日韓併合により、日本に救われた事で、韓国は存続出来ている」。

「そればかりか、朝鮮人の人口も飛躍的に増えた」。

「それなのに、日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的に日本のモノを奪う事で、

大戦後の国を始めると共に

自らの下に、不当に、日本人の財産・資産・立場等をかき集める劣悪策略等を、

賢い等と勘違いした

劣悪な者たちが居て、

多くの何も知らない朝鮮人たちも、

そんな者たちに、力を持たせてしまった」。

「この現実のツケ」は、

「早い内に解消しない限り」、

「果てしなく大きくなる」』。

『「現状のまま時を進める」なら、

「確実」に、

「全ての朝鮮人」が、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「上記の様な実態が既に露呈している」のに、

「未だに、朝鮮人悪権力者たちの愚劣な思惑等に乗っている形」で、

「8月15日を日帝からの植民地支配解放記念日である事のみ」を、

「日本国内で日本の公共の電波を使って、大々的に宣伝している」のが、

「戦後の日本のテレビ界等の異常な実態」だ』。

『「この明らかな異常性の裏に在る」のは、

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「戦後日本の日教組等の教師等による、不当利韓・不当利中共情報・教育等を良く覚えた{優等生}たち」とは、

「韓国(北朝鮮も含む)・中国共産党等にとっての有益分子化された者たち」に

「他ならない」』。

『「日本国内であるにも関わらず、そんな者たちに、

過分な、立場・報酬・権力等を与え続けていたところ」で、

「多くの人々の歴史観等が正常化される訳も無い」』。

『「はっきり言えば、歴史上の事実・現実通り」に、

「韓国(北朝鮮も含む)側」は、

「日本側に、日韓併合とその後の多くの日本人の私財まで投じた朝鮮半島内の近代化により、

事実・現実通りに、かなり救われた旨等」を「公言するべき」だ。

「それと共に、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為を詫び、相応の補償等をするべき」だ。

「その先にこそ、

歴史上の事実・現実の先にこそ在る、

真の日韓(北朝も含む)友好関係等が築ける」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)側に先んじて、日本国民の多く」が、

「日韓併合や終戦直後等の事実・現実を、意識的かつ積極的に、

理解・把握等しておくべきである事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関であるテレビ・ラジオ等」や、

「日本の学校教育等」が、

「行う教育や、流す情報等」が、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等」の、

「実体や事実・現実離れした、

特定の考え・思い等の都合に沿ったまま」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本の情報・教育界の人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

SMAP解散だと・・・。

『「元々」は「個人売りでは売れそうもない方々」の「グループ売り」で「歌や、踊りや、ルックスだけでは、ちょっと・・・だったからか?個性売りの手法を用いて、大宣伝し続けたら、大当たり・・・」というのが「SMAPの実態」だろう』。

『「個性売り」とは、

「どんな人にも個性はある」から、

「売り手には都合の良い売り方」だ。

「買い手の方も、個性まで良く分かるとは、その分、親近感も持ち易い」ので、

「芸能人等をより身近に感じたい買い手等にとっても、都合の良い売られ方」でもある』。

『「しかし、

個性売りにしても、

その他の能力等売りにしても、

騒動売りや、私生活売り等の劣悪な手段の売りにしても」、

「戦後日本の芸能界」では、

「芸能事務所やテレビ・ラジオ・マスコミ等が、

執拗なまでに押し売りし続けた者たち」しか、

「大きな有名人利権等を手に入れられ無い」のが

「実態」だ』。

『「その力関係の構造」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界>芸能事務所>視聴者・読者等」に他ならない。

「本来なら、一番優位であるべき、買い手の視聴者・読者等」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界が与える中から、選ばせられている」ので、

「与える立場の者たちの意志や意向等が、大いに反映されている者・物・事ばかりが、

蔓延り続け、

利権等も、その構造を元に動かされ続けている」。

「現状の視聴者・読者等の多くの実態」は、

「与える側にとって都合の良い、献金マリオネット等」に他ならない』。

『「日教組等の学校教育等」により、

「上から与えられる者・物・事等」を

「覚える事」は「良い事等」と

「調教されている者たちにとって」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界からの情報等」とは、

「まるで、学校教師による教え・情報等と同様」の、

「覚えなければならない、もしくは、覚えた方が良い情報等」なのだろう』。

『「もちろん、本来の教育なら、覚える前に、本質や実体の探求」だ。

「良い事なのか?悪い事なのか?」や、

「覚えた事により、どの様な実効が出るのか?」等々を、

「理解・把握等する前」に、

「悪戯に鵜呑みを続ければ、消化不良状態が当たり前になる」』。

『「消化不良状態等、病的状態に陥らされた者たちの多く」は、

「益々、上を頼り、何かを覚える事で、その窮地を脱しようともがく」が、

「もちろん、窮地から脱する事など出来る訳も無い」。

「益々、ドツボに嵌り、益々、頼る者・物・事等をまるで、亡者の如く、求め、彷徨う様になる」のが、

「オチ」だ』。

『「そんな実体・実態に思いを至らせる前」に、

「学校教師による教え・情報等を覚える事が苦手な者たち」でも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が与える情報等を覚える事が得意になる者たちも多い」。

「何しろ、共稼ぎで、親等がロクに相手に出来ないとなれば、

ネット登場前は、子の相手をするのは、テレビ・ラジオ等か、同類の友達同士か、等」になる』。

『「同類の友達同士が簡単に共有出来る情報等」として、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報等は、

「簡単に使える便利な道具等となる」。

「未だ、子ども・・・が、

知っている事で、

自分をより有利にする便利な道具として、

与えられる芸能人情報等を積極的に覚える様になり易い状態」が、

「其処にある」』。

『「さすがに、何処の局でも、マスコミ等でも、

SMAP等の大宣伝状態となっている期間がある程度以上ある・・・ともなれば、

それらの情報に接しない事の方が困難となる」から、

「もはや、

筆者の様な

芸能人は芸を見る様なタイプの者でさえ、

{国民的アイドル≒全国民が知っているレベルにまで、押し売り宣伝等が旺盛に行われた}SMAPは知っている」』。

『「さて、元々が、個人売りでは・・・の臭い濃厚だった者たち」なので、

「例えば、SMAPの中では、二枚目の者」でも、

「単独で見るなら、今時なら、もっと、ルックス等が良いと思える者たちがゾロゾロ・・・」だ。

「歌や踊り等にしても、

ヒットメーカー的ソングライター等が、

同じ、売れる歌等を与えるなら、

より上手く歌い踊れる連中が、山ほどいる」のが「実態」だ。

「芝居や演技・演戯等でも、同様で、

SMAPのメンバーより上手い人々は、それこそ、ゴマンといる」のが「実態」だ。

「ただ、知名度・有名度ダケ」は、

「今までの、押し売り宣伝効果等は絶大」で、

「ほとんどの芸能人等より、圧倒的にSMAP」だ』。

『「芸能人や有名人等を覚えている多くの人々」にとっては、

「自らが、個性まで覚えている超有名人たち」が、

「一つのグループとしても、存在している」なら、

「より強力で盤石に思える」だろう』。

『「個性まで覚えている身近な超有名人とは、

自分の一部(記憶=自らの脳細胞上に在る)」だ。

「身近に感じられている超有名人を覚えている事=まるで自分の価値が上がっている事等と勘違い出来ている人々等」にとっては、

「グループ化したより盤石的状態での存在は、尚更都合の良い事」だろう』。

『「超有名人化したSMAP」は、

「日韓間、日中間等の民間レベルの外交ツール等」としても、

「実質的、政治利用までされている状態」だった』。

『「覚えた者と、自らを同一視している者たち等にとっては、

SMAPを覚えている者同士は、

実質的、同朋」だ。

「政治や思想信条等的には、

冷たい対立が在っても、

芸能人感覚では、同朋となれば、

緊張関係が少しは緩み易くなる」』。

『「しかし、

緩み、平和ボケ化したところに付け入る事等も容易になる」。

「本質的問題解決を避け、

上辺の平和・友好・不戦・現状維持等の裏で、

粛々と、略奪行為等を行い続けている者たち等にとって」は、

「芸能人平和外交等は便利な道具」だ』。

『「逆もまた然りで、

対立関係を悪用して、その裏で、不当な利権等を貪る者たちも、多々いる」のが、

「現状のお寒い人間世界の実態」だ』。

『「徹底した事実・現実&是々非々判断等を元」に、

「根本レベルから、

真に問題を解決・解消等しない限り、

人類のこの手のお寒過ぎる問題が、解決する事は無い」』。

『「もはや、メンバーの誰もが超有名人化している」のが、

「SMAPの実態」だ。

「戦後日本の芸能界で、超有名人化している」とは、

「既に、経済面では、投資に失敗等、余程のおバカ等をやっていなければ、更に、稼ぐ必要など全く無いレベルの筈」だ。

「芸能事務所等も大いに儲かった筈」だ。

「そればかりでは無く、今後も、仕事(売り)を続ける事は、簡単な事」だ』。

『「SMAPのメンバーの立場」なら、

「とにかく売ってくれ!どうしても、売れたい!!レベルの状態」は、

「とっくの昔に終わり」、

「どう、売られているのか?今後、どう売られるのか?等」が

「ずっと前から、気になっていて当然」だろう』。

『「そんな中で、今まで、散々、お世話になって来た、マネージャーと、芸能事務所側との対立が生じ、

多くのメンバーは、マネージャー側につきたかった」が、

「先々まで、仕事契約が残っていたりした」ので、

「当初は、解散、もしくは、事務所脱退等の事態には、ならなかった」のだろう』。

『「SMAP内比べっ子上二枚目」だけは、

「自らの立場や芸能界等の実態等が良く分かっていた様」で、

「グループ維持、事務所所属維持派だった様」だ』。

『「先々の仕事契約等も無く、民主的多数決ダケだったなら、

以前に、大問題化した時点で、解散だった筈」だが、

「その後、事務所側と、上辺は、仲直り・・・して、その後の仕事を続けていた様」だ』。

『「しかし、SMAPメンバーの心の奥にある問題自体は解決・解消等出来ていなかった」から、

「今回の事態に至るのは、ある意味、必然だった」のだろう』。

『「何れにしても、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等や、芸能界等が、

非常に歪な形でスタートしたにも関わらず、

非常に多大な利権を保有出来てしまっている」のが

「現状」だ。

「本質的問題解決が必要なところ」は、

「其処にも在る」』。

『「多くの視聴者・読者等」は、

「芸能人等を何故、何の為に、覚えているのか?」や、

「芸能人等を覚える事で、自分にどの様な変化が起きているのか?」や、

「その変化の実効が、良い事なのか?悪い事なのか?」等々を、

「先ずは、ちゃんと、自覚・検証等するべき」だろう』。

『「与えられる情報・教育等をタダ鵜呑みにして、

鵜呑みにした者・物・事等に知らず知らずの内に、自分を操らせている様」では、

「情報・教育等を与える方にとって、都合の良い、マリオネット」だ』。

『「献金マリオネット」や、

「政治活動マリオネット」等々を、

「操れている者たち」が、

「何を行いたがっているのか?」や、

「どんな生活をしているのか?」等々は、

「多くの一般市民が十二分に理解・把握するべき事」だ』。

『「SMAP解散」が、

「戦後日本の芸能界やテレビ・ラジオ・マスコミ界等の解散~正常化・健常化に繋がる、

さきがけとなれば良いのだが」』。

|

BSNHKでは、映像の世紀とかやっているが・・・。

『「アインシュタインやフロイトが大いに活躍していた時代~」の「大戦等」について、「武器等の物質文明面を中心に、当時の映像等を、紹介していた」。

「しかし、今回の放送内容の中でも、注目すべきところがある」』。

『「アインシュタイン」が「フロイトに手紙を送り」、

「人類の戦争等の愚行はどうにかならないのか?の旨聞き」、

「フロイト」が「その返答」で、

「人間には破壊衝動があるから、どうにもならない旨等を述べていた事」は、

「物質文明側の急速な進歩・進化」と

「精神文化側の対応不足ぶり」が、

「当時から、顕著であった事等」を

「物質文明側のアインシュタインが危惧していた事」だ』。

『「それに対する、精神文化側のフロイトの返答」が、

「実質的に、絶望的であった事」は、

「当時も、精神文化側が大いに遅れていた事を露呈させていた」と「共」に、

「大いに、時代を感じさせられた事でもあった」』。

『「今時なら、

破壊衝動等の大雑把な精神分析では無く、

例えば、

人類の存続本能に基づく、

食欲等の内実が、

他の生物を殺し、破壊し、消化・吸収する生理作用である実態・実体」からも、

「存続の為の殺欲動の必然性」や、

「人類は他の人類を食べる必要が無い現実」からも、

「殺人欲動の否必然性」等に、

「考え・思い・理論等が至っている、絶望的では無い回答も可能になる」』。

『「フロイト時代は、無意識の底」が、

「原生林として、描き表されている部分もあったくらい」で、

「無意識の実態・実体を、

細胞レベルからの信号や刺激等という、

生物科学レベルと直結させた科学レベルの心理学には、

未だ至っていなかった」のだから、

「フロイトの絶望的な返答」は、

「当時の考え・思いによる納得レベル・統計学レベルの心理学等では、

ある意味では、仕方の無い必然的な現象だった」のだろう』。

『「フロイトから、絶望的な返答を受けてしまったアインシュタイン」が、

「米国亡命以降、ナチス・ドイツの核兵器開発に大いなる危惧を抱き、

ナチス・ドイツより、先に、米国に核兵器を持たせる事に力を加えてしまった」のは、

「フロイト時代の精神文化の遅れが招いた必然的な負の結果」だろう』。

『「アインシュタインからの進言も真に受けた米軍が、核兵器開発に邁進した」のは、

「当時としては、当然の、精神文化上の負のスパイラル現象だった」のだろう』。

『「戦争」とは、

「未熟な精神文化しか保持出来ていない人類集団同士による、

武力・武器等の物質文明に偏向した、

命がけの比べっこによる、

支配権争い」だ』。

『「当時の大戦」では、

「ドイツ側の優れた戦闘機等に対し、

イギリス側では、レーダーという新たな物質文明で対抗し、

ドイツ軍のイギリス本土直接侵略を退けていた」。

「それに対応する為に、ドイツ側は、V1、V2等のミサイル兵器を開発し、実用した」が、

「大戦の結果は、米国という大国まで敵に回したドイツ側の負け」となった。

「極東地域では、旧日本軍が、ゼロ戦等の高性能戦闘機と、空母利用攻撃等を使い、

奇襲で真珠湾の米軍に大打撃を与える事で、大戦が始まってしまった」が、

「元々の資源力等が圧倒的に米国に劣っていた旧日本軍は、

時と共に、どんどん不利となり、

最終的には、ドイツの比較的早い降伏により、

ドイツには使われなかった核兵器まで実使用され、

敗戦した」』。

『「何れも、武力という物質文明面での比べっこによる支配権争いの実態」だ』。

『「大戦後も、物質文明の急速な進歩・進化は続いている」。

「兵器等の面でも、もちろん、急速な進歩・進化が続いている」。

「しかし、核兵器の実使用まで行われてしまった先の大戦後」は、

「世界大戦レベルの武力による比べっこ支配権争いは行われていない」。

「そんな事をすれば、人類全員が、負けになる事くらい」は、

「ほとんど全ての人類が分かっているから」だろう』。

『「武力による比べっこの代わりに、経済による比べっこが旺盛」だが、

「武力による比べっこ支配権争いの精神構造も、

未だ、抜け切らず、

世界大戦に至らない局地戦が、

数多く行われ来てしまっている」。

「それは、人類の精神文化側の進歩・進化が不十分であるが故の負の現象」に他ならない』。

『「せっかく、アインシュタインとフロイトの手紙交換という、

物質文明側と精神文化側の実態や問題等を、

如実に露呈していた歴史上の現実を紹介していたにも関わらず」、

「物質文明側の現象紹介に特化している情報提供内容だった」ので、

「多くの視聴者等の中」では、

「武力等物質文明の進歩・進化等や実使用等やその影響等の歴史等」が、

「強く印象付けられる事はあって」も、

「物質文明側の急速な進歩・進化に対し、

十分な進歩・進化を実現出来ていないが故に、

人類にとっての自虐性をもたらさない対応を出来ていない精神文化側の問題」を、

「強く、意識させ、

精神文化側の進化不足の問題の解決等を誘う可能性も決して小さく無い場合も少なからず生まれるであろう、

色々な思いや考え等を想起させたりする事はなかった」だろう』。

『「実に、もったいない公共の電波の使用実態が其処に在った」。

「今時のテレビ界の実権者たち」が、

「せっかくの公共の電波を人類の未来をより明るくする事に役立つ様に、

実用出来ていない事」は、

「本当に情けない事」だ』。

『「今時の人類が、必要な仕事を満足に出来ていない連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化は、急務」だ』。

|

五輪現実逃避で酔えている人々&酔えもしない人々・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、現状で有利・優位な人々」は「五輪という現状へのお墨付きにも相通じる一大イベントによるメリット等を十分に享受ながら本当の自分を誤魔化そう等と、五輪現実逃避等でも酔えている」だろう。

「また、逆に、現状で多大な不満等を抱え込まされている人々」も、

「五輪等の現実逃避受け皿産業等の思惑に自らを嵌める事」で、

「せめて、一時でも、現実逃避感等を享受しようと、まるで、ヤク中毒にでもなろうとしている状態」かも知れない』。

『「もちろん、言うまでも無く、そんな五輪逃避に多くの人々が邁進していたところ」で、

「現状人間社会や地球環境等の本質的問題が解決出来る訳も無い」』。

『「昨今の五輪も含む、実質的商業スポーツ優位選手たちの実態を顧みる」なら

「誰もが気づく事」だ。

「学力でも、スポーツ能力等でも、比べっこ上で有利・優位になり易い」のは、

「産まれながらに、

その道を邁進するに合理的な環境や親等も含む協力者等に恵まれている、

極少数の者たち」だ』。

『「その裏には、本質的には能力等に恵まれていても、環境等が得られていない、数多くの、土俵に上がれない人々がいる」。

「産まれながらの環境等依存上の不公平・不平等、比べっこゲーム等」に、

「いったい、どれ程の、現実的価値が在るのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「そんな現実・実体離れしたモノに過剰な価値等を無理やり与え続けようとしている、現状人間社会システムの先に既に、見え隠れしている」のは、

「人類滅亡」だ』。

『「そんな、酷い現状の中で、偶々、恵まれてる者たちの、比べっこ」で、

「現実逃避が出来る人々」も

「また、相応に、酷い現状の中で、或いは、酷い現状故に、比較的恵まれている人々」だろう』。

『「現状で、本当に、酷い現状の負の圧力を受けている人々」は、

「そんな現実逃避ゲームに没頭出来る訳も無い」』。

『「いい加減に多くの人々は気づくべき」だ。

「比べっこゲーム」など、

「所詮、遊びレベルが適切な事」だ』。

『「遊びレベルが適切な事」を、

「誰もが、遊びレベルとして、実用する為」には、

「本質面での根本的な自虐性の徹底排除等が必要」だ』。

『「人類誰もが、産まれながらに、本当の意味で、実体を伴って、基本的人権等を担保されている状態であってこそ、

遊びレベルの比べっこゲームであるべき事が、

遊びレベルの比べっこゲームとして、

存在出来る」。

「それが、科学レベルの精神文化上の実体・実態」だ』。

『「さて、現状は、そんな実体・実態から、どれ程遠いのだろうか?」

「もちろん、戦争等の超自虐比べっこ行為等に邁進するよりは、

スポーツゲーム等の比べっこに邁進した方がマシ」だ。

「しかし、比べっこである限り、本質的自虐性は除去出来得ない」』。

『「多くの比べっこ敗者選手等」が、

「比べっこゲームによる消耗等によるダメージは多くても、

比べっこ勝者としての精神的優位性等が得られない事等より、

比較的、短命・困窮等である場合が多い現実」は、

「決して、無視したり、忘れたり、するべきでは無い、本質的自虐性の問題」だ。

「勝者にしても、敗者にしても、所詮は、比べっこゲームに邁進した人に他ならない」。

「比べっこゲームに邁進する事では、人類の存続や永続等がより有利になる事も無い」。

「むしろ、そんな事に邁進する人々が多ければ多い程、人類の永い存続は困難になる」。

「それが、現実」だ』。

『「特定個人の短命性を誘う人間社会システム」は、

「総合的に見るなら、人類全体の短命性を誘う人間社会システムに他ならない」から、

「実際に、現状の社会・経済システム上に見え隠れしている」のは、

「それ程遠くない時の人類滅亡だったりしている」』。

『「今時の人類が邁進すべき」は、

「人類の存続~永続をより有利にする者・物・事等」だ』。

『「人間誰しも死ぬ」とは「丸ごと一人の死生観の世界」で、

「実際の現実」は、

「生きている人間は誰しも、今、この瞬間にも、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、存続している、

約60兆の細胞の一個体」だ。

「死や誕生とは、細胞ごとの現象に他ならない」。

「命の問題を現実に即して考える」なら、

「細胞レベルで考えるのが当然になる」。

「細胞レベルの命の連続性を科学レベルで考える」なら、

「地球上のほとんど全ての生物に、自らとの連続性を見いだせる」のが、

「全ての人類の実態・実体」だ。

「人類誰もが、広義の自分として認識すべき実体・実態が其処に在る」』。

『「さて、その様な、本質的実体把握等を十分に行えた上」で、

「今までの多くの人類による、比べっこや支配権争い等の精神文化を再検証してみる」と、

「どの様な実感が得られるだろうか?」』

『「現実離れや実体離れの虚しさ等を実感する」のは、

「筆者だけでは無い筈」だ』。

『「その様な実感を元」に、

「現状人間社会システム自体や、その上で起きている現象等を再検証する」なら、

「誰もが、相応に、感じる事がある筈」だ』。

『「五輪をキッカケ」に、

「その様な現実問題を再検証する事や、その先に、解決法等を見出す人々等」が、

「沢山出れば良いのだが」』。

『「悪戯な投影・転嫁・同一視心理や現実逃避等で酔えている

{酷い現状で、現実逃避等の幸せ幻想等を享受出来てしまっている人々}の裏」には、

「数多くの、現実離れ・実体離れ等が酷い現状故に、

本質的不満や怒り等を抱えている人々が多数いる事」を、

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「現状賛美でオコボレを頂戴している犬的マスコミ等」には、

「本当に必要な資質や、本当のマスコミ魂等が在る訳も無い」。

「オコボレ頂戴ワンワン的な、劣悪者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「今時の人類に必要な精神文化の進化」は「既に、待った無し」だ』。

|

NHKニュースでは、相模原大量殺傷事件の容疑者の措置入院等の適切性について検討等のニュースを流していたが・・・。

『「自分より弱い者たちに力をふるう事で、自分の優位さ等をアピールする悪行」は、「もちろん、該当事件の容疑者ダケの悪行では無い」。

「例えば、

現状で、血統相続等により他の多くの人々より優位な立場・能力等を得る事が出来ている者たち」が、

「実体として、いったい何を行っているのか?」等を

「現実通りに検証し、認識・把握等する」なら、

「直接殺傷という大悪は行っていない場合が多くても、

実質的、間接殺傷等までもが多々ある、

本質的には、該当事件の容疑者同様の実体・実態を有している者たち等」が、

「少なからずいる事」は、

「現状人間社会やその中で暮らしている人々の実体・実態等」を、

「実体や事実・現実に基づいて、冷徹かつ客観的に理解・把握する事が出来る人なら、

ほとんど全ての人々が、判る事」だ』。

『「さて、そんな精神構造上では、実質的に、該当容疑者と同様の人々に対しての措置入院は?」

「現状では、もちろん、あり得ない等で、済まされている事」だ。

「しかし、それが、本当に適切なのか?」等は、

「十二分に検証してみる価値等がある」』。

『「該当容疑者にしても、いきなり大量殺傷という大悪を実行してしまった訳では無い」。

「措置入院が該当容疑者に対するダメ出し圧力となり、

ダメ出し圧力が該当容疑者の現状脱出欲動を暴発させてしまう大きな原因の一つとなった事」等は、

「想像に難く無い」』。

『「世間がダメ出しをする」なら

「世間にダメ出しをされた方は、

逆に、世間にダメ出しをする権利や義務等を得た様に感じる」のが、

「多くの人間の精神構造」だ。

「実体や事実・現実に基づかないダメ出し」は、

「人間社会混乱の元でしか無い」』。

『「逆に、実体や事実・現実を認める事が出来ていない人々の問題」も

「決して、忘れるべきでは無い」』。

『「例えば、

特定の考え・思い上の歴史観等に縋り付いて、

自らの不当利権等を正当化し続けようとしている劣悪者たち」は、

「戦後の日本国内にも多数いる」。

「しかし、どんなに嘘で固めようとしても、今時、現実や実体は直ぐにバレる」』。

『「例えば、別天地でのより良い生活や報酬等を求めて、自主的に渡来した者たち」は、

「自主的渡来者であり、決して、強制連行された可哀そうな人々では無い」。

「戦後火事場泥棒は、

戦後火事場泥棒であり、

どんな詭弁等を使い続けても、

その悪行自体を正当化する事など出来得ない」。

「拉致・拉致協力等や

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入や盗聴・盗撮等による情報等盗み工作や

政財界工作や

情報・教育工作等々の

悪事等を重ねている者たち」は、

「例え、摘発されていなくても、劣悪者以外の何者でも無い」』。

『・・・等々、・・・等々・・・』。

『「薬物使用という薬物使用問題として別に扱うべき重大事態を別にする」と、

「上辺で、現状に対する不満等を、

誤解を招き易い表現で表したダケだったかも知れない該当容疑者」を、

「措置入院させた事」は、

「適切とは、言い難い」。

「薬物問題で、保護入院させる」と「共」に、

「容疑者の現状に対する不満等の問題に対し、

原家庭レベルから健常に紐解けるレベルのちゃんとした実力のあるカウンセラー等が、

対応していた」なら、

「該当事件は、起こらなかった」だろう』。

『「戦後日本国内に少なからずいる、

実体や事実・現実を特定の考え・思い等の無理強い等で誤魔化し続けようとし続けている者たち」に、

「現実や実体をありのままに認めさせ、現実や実体に沿った応分の対応等を取らせる事」も

「含め」、

「戦後日本社会の中には、正常化・健常化すべき部分」が、

「多々ある」』。

『「該当事件の容疑者」を「まるで不良品の如く扱い」、

「戦後日本国内に実在している不当・不正問題等」を

「まるで、無いモノにし続ける事で、誤魔化し切ろうとしている状態」は、

「明らかに、不健全」だ』。

『「そんな不健全な事に邁進している/出来ている者たち」には、

「不健全な事に邁進する事で得られると勘違い出来ている

他の健常な多くの人々に犠牲を強いる

不当利権等が有る事」が

「強く推定される」』。

『「不当利権を有する者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い事」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「日本国・日本国民の為」に、

「スポンサー等の意向も気にせず、

比較的、自由闊達な情報配信等が可能なNHK」なのに、

「現状は、余りにも、民放テレビ・ラジオ・マスコミ寄り」だ。

「与党寄りである必要は全く無い」が、

「実体や事実・現実寄りである」と「共」に、

「日本乗っ取り支配人脈より等では無く、日本国・日本国民よりであるべき事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「NHKの健常化は何時だろうか?」

「スポンサー等の意向を気にしなくて良いのだから、

NHKの実権者たちに、

その気があるのなら、

それこそ、明日からでも、健常化が可能な筈」だ』。

『「例えば、相模原の大量殺傷事件容疑者問題等に触れる」なら、

「もっと、もっと、実体や本質を探究した情報配信をする事が可能な筈」だ。

「局アナやゲイノウ人等を売り、人寄せさせ、人寄せ現実逃避商売等を行う事がメイン」なら、

「視聴料等を強制的に収集出来る権利の上での日本の公共の電波使用等」は、

「明らかに、不当」だ』。

『「精神文化の正常進化」に「ちゃんと貢献する」

「根性のある番組制作~放映」を

「行えていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「人類の存続~永続の為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「フジでは台湾を蔑視した番組」、「テレ東ではテレビ常連出演者が性的マイナリティーの方に対して実質的、差別発言」、既に、終わっている現状のテレビ界の恥の上塗りが続いている・・・。

『「元々、殺人やいじめや犯罪等の方法や、罪を犯した後の処理の仕方等々を大宣伝している番組」や

「押し売り有名人化ゲイノウ人等のどうでも良いお話し等の押し売り番組」や

「押し売り常連出演コメンテーター等による、実質的、大衆誘導番組」や

「不倫や薬等の大宣伝」等々が

「得意」な「戦後日本の劣悪テレビ界」では、

「タイトルの事態の様な、更なる、恥の上塗りを行い続けている」らしい』。

『「台湾蔑視番組の問題」は

「実体や事実・現実を大きく歪めて、不当に嘲笑うオカシサ等をつくり出す事」で、

「視聴者を釣り、

製作者側の思惑で支配し、

面白がらせる事で、

視聴率や評価等を得ようとした様なところ」だ』。

『「実体や事実・現実離れ」は「その事自体で大悪」だ。

「更に、

劣悪な製作者側の考え・思い等に基づいて、

視聴者を操り、楽しませる???事で、

視聴率や評価等まで得ようとした・・・」とは、

「本当に視聴者をバカにしている」』。

『「当然、そんなモノに操られる視聴者ばかりでは無い」から、

「非難の嵐となっている」のも

「当然の現象」だ』。

『「公共の電波を使って、

そんな番組を一方的に大量配信したテレビ局等」の

「責任」は「重大」だ』。

『「その件での実権者等」は、「クビでも何の不思議も無い」が、

「劣悪ドラマ・バラエティー等々の実権者等」にも、

「同様の、或いは、もっと酷い、実質的、罪や、責任がある」から、

「クビが当然になる」。

「人事権を持つ者たちが、クビ当然の者たち」では、

「お仲間のクビを切る事=自らのクビを切る事となる」ので、

「酷いままの状態が続いてしまっている」のだ。

「公共の電波使用」なのだから、

「民意や科学レベルの正当性」や、

「視聴者投票」等でも

「実権者のクビを切れるシステム等」を、

「採用するべき」だ』。

『「常連出演者を使い続ける事の無理が露呈した」のが、

「性的マイナリティーに対する理解不足の常連出演者等に、

性的マイナリティーのお方についての発言をさせた事態」だ』。

『「日頃から、何処の局でも、毎度、毎度、同様の顔・同様の論調ばかり・・・という異常事態」に、

「本当に、うんざりされている方々も多い筈」だ。

(「もちろん、筆者もその一人」。)

「門外の事を、常連出演者や有名人等に語らせる為に公共の電波を使う事が間違っている」。

「色々な問題等について」は、

「それぞれ、

その道のテレビご用達では無い本当の専門家と

その都度別の一般市民等」の

「意見やコメント等を紹介するべき」だ』。

『「要でも無い連中の有名人利権等を増大させたり、

有名人等悪用の大衆誘導等を容易にする等々」の、

「悪の実効」が「高い反面」で、

「問題の本質探求」や

「解決案模索」等の

「効果」は

「非常に薄い」、

「現状の常連出演者や有名人等に、門外の事まで含む色々な問題を語らせる悪態」は、

「即刻止めるべき」だ』。

『「そんな事で、

特定極一部の者たちに、

有名人利権や多大な出演料等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い、

ばかりか、

社会で吹いている、不公平・不公正・身勝手風等がより強くなるダケ」だ』。

『「つまり、ある意味では、

多くの人々の無意識的ストレス等を増大させ、

現状脱出欲動の暴発や、自虐的犯罪行為等を誘い、

社会で実体化してしまっている悲惨な事件・事故等を増大させてしまっている」のが、

「現状の劣悪なテレビ配信情報等の実体」だ』。

『「殺人ドラマ等」や

「いじめドラマ等」や

「比べっこ支配ドラマ等」や

「上辺善悪対決ドラマ等」等々の

「実効」が「上記同様である事等」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「今時の人類にとって相応しいドラマ等」は、

「殺人欲動を葬るドラマ等」であり、

「いじめ欲動を解消するドラマ等」であり、

「本質探求による比べっこ依存からの解放ドラマ等」であり、

「善・悪や誕生・死等々の実体把握ドラマ等」等々である事等も、

「言うまでも無い事」だろう』。

『「今時の人類が必要な、精神文化製品を生み出す事が出来ていない作家・脚本家等」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」。

「要でも無い精神文化製品を平然と一方的に大量配信し続けているテレビ局実権者等」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」』。

『「現状の様な事を続けていれば、

劣悪な精神文化製品の一方的配信等により、

視聴者等の自虐度がより高まってしまう分だけ、

世界平和も遠のき、環境破壊は加速し、

人類の存続~永続も遠のき、

人類滅亡の時が急速に近づいて来てしまうダケ」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

火炎瓶はシロウトでも作れるのか?だと・・・。

『「つくり方が既に分かっている物なら、多くの人が、其れこそシロウトでもつくれてしまう」のは「北朝鮮の核やミサイル等や中国共産党支配下の中国のパクリ製品群等の事例からも明らか」だ』。

『「つくり方が、未だ、???な物をつくり出す為には、相応のベースが要る」が、

「既に、つくり方が判明している物をつくる場合」は、

「つくる意志と、つくり出せる物質文明上の環境さえ有れば、

それこそ、誰でも出来てしまう」のは、

「当たり前の事」だ』。

『「今時、色々なモノのつくり方等は、ネット情報等でも、簡単に手に入る」。

「つくる為に必要なモノの在り処も同様」だ。

「だから、ネット監視さえしていれば、テロ等の不測の事態はかなりの確率で防げる等」と、

「現実逃避している」のが、

「現状権力者たちやその飼い犬たち」だが、

「悪たちは、そんな実態も重々承知の上で、ネット等を使っている場合も多い」から、

「実際に、防げないテロや無差別殺傷等が頻発している」』。

『「盗聴・盗撮・盗み見技術等の手段を悪用すれば、

盗聴・盗撮・盗み見等自体を監視していない限り、

監視自体がほぼ無意味」になる。

「全ての要人や、要所や、図書館や、本屋等までをも徹底監視等していても、

悪集団による分割情報収集~統合利用等は、完全には防げないのが、現実」だ』。

『「つまり、つくる意志さえ有れば、

所謂、シロウトでも、火炎瓶でも、爆薬でも、毒薬でも、場合によっては、核爆弾でも、それ以上の破壊力を持つモノでも、

つくれてしまう」のが、

「現状人間社会のお寒い現実」だ』。

『「筆者が小学生の頃には、現状の様なネット等の便利なモノは無かった」が、

「小学生が、

百科事典や専門書を調べて、理科室等から、必要なモノを手に入れ、

火薬や、

小(=玩具レベルの)ミサイル等をつくる事等」は、

「簡単に出来た」。

「小学生が、

大学の美術部の小屋に無断で侵入し、

火薬の燃焼実験等を行えた事実」は、

「当時の平和ボケ学校等の管理体制の脆弱ぶりが良く判る実例」だろう。

「もちろん、悪意など無く、興味本位だったから、事件等にはならなかった」が、

「産まれながらの環境等が、

かなり抑圧された者たち等が、

ある意味での悪意、もしくは、現状脱出欲動の暴発事態等を持って、

同様の事等を行い、

その成果等を身勝手な形で社会に還元していた」なら、

「確実に事件化していた」と思う』。

『「数十年前でさえ、その様な実態が在ったのだから、

今時の多くの人々」なら、

「それこそ、小学生でも、

その意志さえ有れば、

爆弾や毒薬等や電子・電気等を悪用した破壊行為等は、

簡単に行えてしまう筈」だ。

「ましてや、大人が、火炎瓶程度の低レベルの自虐的破壊道具等を、作れない訳も無い」』。

『「火炎瓶をシロウトでも作れるのか?を問題にした、

マスコミ等の平和ボケぶり、

現実・実態離れぶりは、

かなりのモノと言わざるを得ない」。

「そんな記事を平然と公表出来た記者や社の責任者等」は、

「余程、恵まれた環境等の中で、安穏と平和ボケで居られたのだろう」。

「そんな者たちが、

マスコミ等の世界で、

筆を振い、情報を一方的に大量配信し続けていたところ」で、

「多くの人々の現実逃避感等を増大させる事等はあっても」、

「現状人間社会に渦巻いている問題の本質を炙り出し、

問題を解決する方向に力を加える事等が

出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮でさえ、核やミサイルがつくれてしまっている」のが、

「現状人間世界の現実」だ。

「既に在る技術や物等は、盗んだり、情報提供等を受けたりすれば、その再現等は、比較的簡単に出来る」。

「核もミサイルも、既に、数十年も前から、存在している技術であり、

その関連情報は、正当な手段ダケでも、かなり手に入る」』。

『「核関連のキーは、核爆弾に使える核物質」であり、

「ミサイル関連のキーは、耐熱素材等」だ。

「しかし、そのどちらも、手に入れる為の方法論や手段等は、既に、実質的には、公開状態」だ。

「その結果、北朝鮮でさえ、核・ミサイル保持という、お寒い現状状態となっている」』。

『「国家レベルともなれば、北朝鮮レベルでも、核・ミサイル等を保持出来てしまう現状」で、

「個人レベルで出来る事も、相応に、小さくは無いのは、当然の現象」だ。

「火炎瓶など、簡単過ぎるレベルの話し」で、

「毒ガス殺人等までもが、かなりの数起こってしまって来ている」のが、

「現状人間世界のお寒い実態」だ』。

『「化学的に悪を行おうとすれば、爆発物や毒ガスや毒物等々になるだろう」が、

「科学的に悪を行おうとすれば、電磁波や電磁波レーザー等の悪用になっている」のが、

「現状人間世界のお寒い実態」だ。

「そして、情報的に悪を行っている連中が、そんな実態や現実までをも、無い事等にして、対策を遅らせ様としている様相」なのだから、

「本当に酷い」』。

『「根本的不公平・不平等・不正状態の是正無き人間世界」に

「長い~永い未来は、在り得ない」。

「物質文明の進歩・進化以上」に、

「精神文化を進歩・進化させない限り、

世界平和も人類の長い~永い存続もあり得ない」』。

『「精神文化を正常進化させる仕事であるべき情報・教育界や政治・経済界等の者たちによる仕事???」の

「余りの、低レベルぶり」に、

「大いに呆れ、怒りさえ、感じている」のが、

「多くの人々の実感」だろう』。

『「今時として、必要な能力の無い者たち」に「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正無き場合は、人類の未来が短くなる可能性非常に大」なのだから、

「現状の担当者等の能力の急激な改善等が無い場合」、

「人の入れ替え等まで含む、是正は急務」だ』。

|

火炎瓶テロ問題・・・。

『「学生運動が、テレビ・ラジオ・マスコミ等により、公然化され、流行らせられていた頃」には、「数多くの学生等たち」が「訳も分からないまま、{流行りの八つ当たりストレス発散行動}等」に「邁進」していた。

「例えば、二回目の日米安保改正反対大運動等」にしても、

「実際は、より日本側を有利にする改正だったのに、

その内実もロクに理解・把握していないまま、

日米安保=悪イメージに乗せられて、

反対運動に乗せられていた者たちが多数いた」のが「実態」だった』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等により、反戦が公然化され、流行らせられれば、

反戦ネタの

{八つ当たり反対運動ストレス発散行動}等が流行り、

反与党が流行らせられれば、

反与党ネタの

{八つ当たり反対運動ストレス発散行動}等が流行り、

反核が流行らせられれば、

反核ネタの

{八つ当たり反対運動ストレス発散行動}等が、

流行ってしまって来ている」』。

『「そして、昨今、テレビ・ラジオ・マスコミ等が公然化し、実質的に、流行っているゾ~!と大宣伝している」のが、

「テロや無差別殺傷等」だ。

「当然の現状」として、

「その自虐的な道に突き進んでしまっている人々」が、

「少なからず出現し続けてしまっている」』。

『「もちろん、デモや反対運動等と、テロや無差別殺傷等では、実行ハードルの高さが違う」。

「しかし、多くの人々の中に、内在させられてしまっている興味の方向性の{仕込み}は同じ」だ。

「実行ハードルの高さに応じて、実現者の数や割合に差が出ている」が、

「結果の酷さの差も甚大」だから、

「実現者の数が少なければ、良いという話しで片づけてしまってはいけない」のが、

「この手の問題の本質」だ』。

『「もう、既に、多くの人々はお気付き」だろう。

「ある酷い現象が起き、それを、テレビ・ラジオ・マスコミ等が公然化する前」には、

「ある酷い現象が起きる原因が在る」』。

『「それは、人間社会の精神文化の、実体・現実離れしている酷い部分」だ』。

『「しかし、

多くの人々にとって、実体・現実離れの意識化が困難だった時代」には、

「実体・現実離れに対する当然の不平・不満等」を、

「考え・思い上の納得で収めさせる事等も、比較的簡単」だった。

「例えば、

現生で、今の状態に対して、不平・不満も言わず、

まじめに、与えられた事等を行い続ける

善行を続ければ、

来生では、良い立場に産まれる事が出来る」等の、

「丸ごと一人の死生観に基づいた考え・思いによる納得法」等で、

「不平・不満等を抑える事が出来ていた人々も少なく無かった時代もあった」』。

『「ところが、

今時では、

現実として、

人の誕生・死は、細胞ごとの現象である事や、

人の意識が丸ごと一人化等の単純化を好む事等」が、

「既に、科学レベルではっきりしている」。

「古の時代の、現実・実体離れしているインチキ納得法」で、

「納得等、出来る人々の数」は、

「どんどん減って来ている」』。

『「インチキ納得法」では、

「現状で有利・優位な者たちがそのまま利権等を維持出来るメリット」の「方」が、

「現状で不利・劣位な者たちが実際に正当な利権等を得る事が出来る可能性等」より、

「圧倒的に大きい、ばかりか、

現実としては、

先の納得法では、現状で有利・優位な者たちの利権維持等という物理面での利権保護等の方が、

ほぼ100%」だから、

「納得しない、出来ない人々の方がどんどん増える」のは、

「当然の現象」だ』。

『「もはや、考え・思いレベルの納得法等を、

どんなに多くの人々に、

情報・教育等を大々的に使って摺り込んだところで、

実体や事実・現実離れしているインチキは直ぐにバレる」。

「本質的に現実として、不公平・不平等等を是正する事以外」に、

「問題は、解決し得ない」』。

『「ところが、

未だに、

情報・教育・政治・経済等々の、

精神文化側の仕事???を行っている者たちの多く」が、

「以前からの考え・思いレベルの納得法に縋り付き、

本質的現実の是正を意識的かつ積極的に行おうとしていない」のだから、

「テロや無差別殺人や戦争等々」の、

「実行ハードルがかなり高いかなり酷い事までも」が、

「頻発し続けている」のが「現実」だ。

「更に、それを、おバカ、もしくは、悪レベルの情報配信や教育等しか出来ていない様相」の

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等や、学校教育等が、悪戯な公然化をしている」のだから、

「酷い事態が、起こり続け、

一向に、収まる気配さえ見せない事になっている」のは、

「当然の現象以外の何モノでも無い」』。

『「多くの読者の方々は、もう、既に、お気付き」だろう。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等によって、公然化するべき」は、

「根本的・本質的な不公平・不平等状態等の意識的かつ積極的な是正」だ。

「先ずは、そうするべき論から始めても良い」だろう。

「そして、実際に、現実化されている者・物・事等を意識的かつ積極的に公然化して行けば良い」だろう。

「実際に、その流れが、現実として実行され、

健常な状態に向かっている事等が公然化されれば、

現状で産まれながらに有利・優位な者たちの過分な利権等はどんどん失われて行くが、

テロや無差別殺傷や戦争等々」は、

「どんどん解消方向に収束して行く事になる」』。

『「火炎瓶が、爆弾となり、核兵器となる」のは、

「人類にとっての自虐テロ武器等の自虐物質文明進化」だが、

「精神文化側を現実として十分に進化させない状態を続ける」なら、

「その悪魔の流れが現実のモノとなってしまう」のは、

「当然の現象以外の何モノでも無い」』。

『「学生運動流行っているゾ~!」で「操れる者」は、

「テロや無差別殺傷流行っているゾ~!」でも「操り易い者」だ。

「更に、テロや無差別殺傷を行うなら、コッチの武器の方が効果が高いゾ~!

その武器は、こうやれば手に入るゾ~!等」でも、

「容易に操れてしまう事になる」。

「この様な実態から考える」なら、

「実質的に操り情報を配信している、

現状の下劣なテレビ・ラジオ・マスコミ等こそが、

テロや無差別殺傷等の生みの親として機能してしまっている、

オゾマシイ実態」に、

「誰もが気づく筈」だ』。

『「精神文化の正常進化に意識的かつ積極的に力を加える、

今時の、精神文化側の仕事として十分な仕事が出来ていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「実質的、下劣者たち」に、

「大量消費自慰生活等を送らせ、

血統家族現実逃避させ、

負の代々話をつくらせる事程、

人類にとって自虐的で、

愚かで、バカらしい事は無い」。

「今時に必要な仕事を行えて来ていない連中に相応しい」のは、

「応分の罪や罰や罰金等」だろう。

「それは、こんな酷い事態を容認し続けて来ている他の者たちも、同様」だ』。

『「人類にとって、もはや、地球を消滅させる事さえも、そんなに困難では無い時代」が、

「既に、やって来ているカモ知れない今日、

何時まで、おバカや悪が、大量消費自慰生活や血統家族現実逃避や負の代々話等々に、

現実逃避し続けていられるのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「今、全人類の精神文化面での正常進化・健常進化(=本気の是正行動等)が求められている」。

「武力や経済による比べっこ支配ゴッコ等」の、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事の支配や、他の者・物・事による被支配を求め続ける事」や、

「本来の自己承認欲求を満たす代わりに、

他の者・物・事等からのお墨付きを求め続ける」等の

「代償欲求の追及に邁進し続けている不健常な者たち」を、

「蔓延らせ続けている」なら、

「人類は、確実に滅亡(消滅)する」』。

|

リオ五輪開会式&広島原爆日・・・。

『「似非平和主義者たち」は「こぞって、五輪で現実逃避&反核兵器を正義ぶって訴えながら、自らの中では、比べっこ&他の者・物・事等に対する支配権争い等」の、

「時代遅れの精神構造を抱えたまま、

自己肯定感等を得ようと、もがいている」』。

『「裸の王様たち」が

「五輪や原爆投下日等」の「事」を「ダシ」に「悶えている」、

「実に、醜悪な景色が其処に在る」』。

『「今時の人類として、素直に訴える」なら、

「比べっこ&他の者・物・事等に対する支配権争い等の時代遅れの精神構造を是正する事」こそが、

「訴えるべき内実なのに!」』

『「言うまでも無く、

比べっこ&支配権争い等の精神構造から、

本質探求&人類誰もの実体の快適存続~永続の為の適材適所化やバランス取りを主とする精神構造等へ、

人類誰もが、自らの精神構造を正常進化させる事」が、

「今、全人類に強烈に望まれている」』。

『「武力による、命がけの比べっこ支配権争いの探求の一つの結果」が、

「核兵器製造~実用」だった』。

『「五輪は、平和の祭典」とは、

「戯言」で、

「その内実」は、

「比べっこ&支配権争いの精神構造はそのままに、

それをスポーツゲーム等上ダケに制約しているダケ」だ』。

『「現状の多くの情報・教育上と共にある状態」では、

「比べっこ&支配権争いの精神構造を鍛え、増長している面も非常に濃い」のが、

「五輪等、所謂、現実逃避受け皿産業商業スポーツ等の現実」だ』。

『「比べっこ&支配権争いの精神構造を鍛えれば鍛える程、

世界平和や人類の永い存続は遠くなる」のだから、

「おバカや悪たちも、いい加減に、目を覚まし、本質的に自虐的な事に、多大なお金や時間やエネルギー等を使う事等」を、

「考え直すべき」だろう』。

『「そんな自虐的な事は、

免疫等を養う為に、

遊び程度が適切」なのだ』。

『「本気で頑張るべき」は、

「比べっこ&支配権争いの精神構造から、

本質探求&適材適所快適人間社会構築等との整合性が高い精神構造」に、

「人類誰もが、自らの精神構造自体を、正常進化、健常進化させる事」だ』。

『「情報・教育や行事等の事等も、この本質的に望まれている事との整合性が高くてナンボでなければ、

人類滅亡が急速に近づいて来てしまう」のは、

「当然の現象」だ』。

『「核廃絶を訴える前」に、

「人類誰もの自分の実体にとっては、超自虐でしか無い、核兵器を作り出させた精神構造を是正しようとしなければ、

核兵器が、地球消滅器になり、

一瞬で、数十万人の死亡が、

一瞬で、人類滅亡になる事等はあっても、

世界平和等が訪れる事」は、

「絶対に無い」』。

『「この程度の現実さえ???なら、

今時の人類として、

明らかに、

おバカか、悪」だ』。

『「おバカや悪に過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」ばかりか、

「どんどん人類滅亡が近づいてくるダケ」だ』。

『「五輪」は

「実体通り、

現実逃避受け皿産業商業スポーツ等として、

比べっこ&支配権争いの精神構造が、

如何に、多種多様な問題を生み出すのか?等を実体把握等する為に、

・・・つまり、免疫を養う為等として、

興味を持ちながら見聞き等しても、良いと思う」が、

「本来なら、優先されるべき」は、

「五輪では無く、

世界平和であり、

地域平和であり、

環境・格差問題等の解決等」だ』。

『「原爆投下日」は、

「現状までの多くの人類の、

比べっこ&支配権争いという自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪過ぎる絶対悪的精神構造が

もたらした結果」として、

「多くの人類の記憶に強く残され、

反面教師とされるべき」だ』。

『「上辺に過ぎ無い、

核兵器ダケを責める、

裸の王様的姿」の

「実効」は、

「核兵器の脅威や恐怖の宣伝でしか無い」。

「喜んでいるのは、北朝鮮や中国共産党等」だろう』。

『「おバカや悪たち」に「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「先ずは、情報・教育等、所謂文系の正常化・健常化」だ。

「物質文明側の急速な進歩・進化」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用しているが故」だから、

「精神文化側でも、

同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事で、

精神文化の正常進化を行うべき」とは、

「ある意味では、コペルニクス的発想の紹介レベル」だが、

「コペルニクスの地動説発想」が、

「ガリレオ等を生み、

数学等を積極利用・実用した、

再現性や検証性の高いレベルの地動説が生まれ

世界中で実用される事態に繋がっているのと同様」に、

「今、精神文化面」では、

「多くの精神文化側でのガリレオが求められている」のが

「人類が直面している現実」だ』。

『「精神文化面でのガリレオ」は

「多ければ多い程、

人類の自虐度もより多く抑えられる事に直結する」から、

「数多い精神文化面でのガリレオの誕生を心から願いながら、

ジッと我慢している」のが、

「筆者の現状」だ』。

『「現状で優位な立場・財産・権力等を得る事が出来ているおバカや悪たち」も、

「いい加減に、過分な立場・報酬・権力等を人類にとって有益に使うべき」だ』。

『「方向転換が余りにも遅過ぎれば、

原子レベルより遥かに大きなエネルギーの実用を可能とする時空レベルの自虐兵器、もしくは、道具(手のひらサイズの原爆でも、2キロ圏内くらいは徹底破壊だろうが、手のひらサイズの時空兵器でも、地球消滅も楽々・・・)等」により、

「人類は、確実に、消滅する事になる」』。

|

糞バカ反戦ドラマ等では、現代人の感覚で当時の戦争等を見直して、胸が苦しい・・・とかやるダケだから、本質が分からない・・・。

『「現代人」が、「当時の戦争の本質も???のまま、反戦等と正義ぶる事は簡単」だ。

「人類社会現象の上辺ダケに拘る」なら、

「時が進む程、

物質文明の進歩・進化が在る分ダケ、

上辺ダケは、少しはマシに出来ている」のが、

「人間世界の実態だから」だ』。

『「今時の多くの人類の立場ダケから見れば、

過去の武力による命がけの比べっこ精神文化故の戦争等」は、

「理解する事さえも困難な、胸が苦しくなる様な悪行等」だろう。

「しかし、

当時の物質文明の実態や、

精神文化の実態等まで、

考慮して理解・把握する」なら、

「当時の戦争等を一方的に責める事の方が、現実離れ・実態/実体離れした悪行になる」』。

『「はっきり言えば、例えば、第一次~第二次世界大戦当時の戦争や、植民地支配等」は、

「今時の経済戦争や経済植民地支配等」と

「精神文化上では同類」だ。

「武力による、命がけの比べっこ支配ゴッコ」と、

「経済による、実質的には、命がけの比べっこ支配ゴッコ」の

「違いが在るダケ」だ』。

『「爆弾や鉄砲等で、直接人同士が殺し合う」のが、

「武力による比べっこ支配ゴッコ」であり、

「経済による有利/不利を競い、

経済故に、

自殺したり、

子造り等を断念させられたり、

極度の貧困状態故にロクな環境・教育等も得られず、

実質的には、{殺された人生}を強制的に送らされる人々を

多数生む事等々で、

多数の{殺される}人々を生み続けている」のが、

「経済による比べっこ支配ゴッコ」だ』。

『「現状で、

例えば、

テレビ等の常連出演有名人等という、

経済比べっこ上での優位者等が、

いくら、正義ぶり、善人ぶり、

武力比べっこ支配ゴッコを悲惨等と憐れんだりしたところ」で、

「上記の現実」は、

「変わらない」。

「其処に在る」のは、

「意識的にせよ、

無意識レベルの言動等」にせよ、

「実質的には、現状で、優位な者等による、

現実・実体離れ等した、

自己肯定の為のお手盛り演技等」だ』。

『「意識的なら自覚がある事になるから、確信犯の悪等」であり、

「無意識レベルでの言動等なら、

悪劣な情報・教育、或いは、人々等の、操り人形状態か?

精神的病気状態か?等」の、

「何れか」だろう』。

『「どちらにしても、本質的には、ふざけるな!!」だ』。

『「当時、武力による命がけの比べっこ支配ゴッコに熱中していた人々」は、

「今時、経済による比べっこ支配ゴッコに熱中している人々と、同様、同レベルで、

一生懸命、当時の人生を生きていた」のが、

「現実」だ。

「この現実さえ、ロクに理解出来ない、おバカや悪状態の者」なら、

「今時の有名人等としての資質は、大いに疑問になる」。

「そんな者の言う事等を大宣伝しているマスコミ等も同様」だ』。

『「人間社会の精神文化レベルを悪くしたい」のなら、

「糞バカどもを蔓延らせ続ければ良い」。

「しかし、その先にあるのは、進歩・進化し続けている物質文明に十分に対応出来ない

未熟な精神文化を抱え続けている人類が、

進歩・進化し続けている物質文明を使う事等や、

それに付随する環境破壊等故の、

人類滅亡」だ。

「人類の永い存続を本気で望む」のなら、

「糞バカどもから、

過分な立場・報酬・権力等を即刻取り上げ、

資質のある健常な者たちに、

資質応分に再配分し直すべき」だ』。

『「この当たり前の

精神文化上の進歩・進化・改革等を

行わない限り、

人類滅亡は決定的」なのだから、

「例えば、糞バカども等が、

本気で、子孫等の生き残りを願っている」なら、

「現状で平気で、或いは、意識的に、経済比べっこの優位者たちとなれている者たちであるが故の、

非現実的な、

者・物・事等による自慰や、

実質的には、負の代々話を製造する事にしかならない、ある意味での究極の人類自虐劇である、

血統家族主義等」に

「現実逃避していないで、

真摯に、

本気で、

本質的な問題解決に動くべき」だ』。

『「テレビや映画やアニメ等々」でも、

「糞バカ流の感情移入ドラマ等を作っている場合では無い」。

「人類の永続の役に立つモノを、意識的かつ積極的につくるべき時代」は、

「とっくの昔に来ている」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、「●●=正義&○○=悪」のイメージ付けを基にした情報配信を続けている様相だが・・・。

『「タイトルの●●」には、「昨今では、小池候補~新都知事」、「以前から、左翼・革新・リベラル等」や、

「所謂、左翼野党や自民党内左派等」や、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国との対話連携、所謂、太陽策路線等」等々が当てはまり、

「○○」には、

「昨今では、都議会自民党」、

「以前から、右翼・保守・既得権益等」や、

「所謂、保守政党(与党・野党を問わず)等」や、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国との是々非々対応、所謂、北風策路線等」等々が当てはまる』。

『「左の実体」は「革新でも、進歩派でも無い、親、或いは、利、中・韓(北朝も含む)派」であり、

「保守の実体」は「中・韓(北朝も含む)より日本優先派だったりしている」のが、

「戦後日本国内情報・教育等のお寒い実態」だ』。

『「テレ朝に限らず、

同様のステレオタイプを

視聴者・読者・生徒等に摺り込み続けて来ている

戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」は、

「数多い」』。

『「そして、そんな情報・教育等の多大なる影響の下」で、

「例えば、

小泉政権が誕生し、自民ダメ旋風が吹き荒れ、民主党政権が誕生

(この流れで、多くの日本国民が不利にされ、中・韓等が、大いに太った)」し、

「舛添ダメ旋風が吹き荒れ、今回の小池都知事が誕生している」。

「今後、東京都や東京都民をダシに、どんな事態が起きるのか?」は、

「想像に難く無いと思うが」・・・』。

『「この様な、情報・教育界主導状態」の

「政治体制や社会体制つくり」や、

「世論醸成」等々は、

「本当に、危険」だ。

「その実体は、ナチス・ヒトラー等が用いた手法等」と「何ら変わりが無い」』。

『「今、テレビ・マスコミ等では、民主党の代表として、実質的に、蓮舫氏を推している」。

「小池新都知事を、大衆に認めさせる事にも、熱心」だ』。

『「その先に、ボンヤリと浮かび上がって来ている事態」は、

「それ程、遠く無い、将来」に、

「今後も、ずっと、正義側扱いするつもりであろう、所謂、左翼側の、蓮舫氏」と、

「今後も、ずっと、悪側扱いするつもりであろう、所謂、保守側の、小池氏」の、

「女性同士による、日本の総理の座争いを伴う、二大政党による戦いの絵図」だ。

「そして、所謂、左翼、テレビ・マスコミ等が、正義側扱いしてる方に、に勝たせる絵図」だ』。

『「蓮舫氏も、小池氏も、テレビ・マスコミ族の者たち」で、

「テレビ・マスコミ界等の裏の実権者たちにとっては、

良く知っている、使い勝手の良い駒」に違い無い』。

『「自民党都連等の闇より、

遥かに、ドス黒い、

テレビ・マスコミ界の闇発」の、

「情報工作&大衆誘導戦略」が、

「数年~何十年か先を見越して、既に、実行され始めている様相」だ』。

『「情報公開を積極的に進める」のなら、

「日本社会への実影響」としては、

「自民党都連等などより遥かに大きい、

「テレビ・マスコミ界の深部の情報公開も徹底的に行うべき」だ』。

『「テレビ・マスコミ界の徹底した情報公開抜き」に、

「テレビ・マスコミ等が、他の問題等について、徹底した情報公開等を求めている姿」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「公開されるべき情報等」を、

「具体例で言う」なら、

「例えば、

{その}常連出演者は、

何故?常連出演者であり続ける事が出来ているのか?」

「{その}番組に出演した事で、

{その}常連出演者等が受け取った、

報酬額等は?」の

「内実等」について、

「徹底した、情報公開を行うべき」だ。

「例えば、

テレビ・マスコミ界の実権者たちの権限」と、

「その使用実態」や

「繋がっている人脈・利権等」について、

「徹底した情報公開をするべき」だ。

・・・等々、・・・等々・・・』。

『「公共の電波を使っていたり、

公共的マスコミ状態に在るモノ」は、

「例え、上辺が企業等であっても、

その実影響力の大きさ故に、

相応に、強い、

ガラス張り性や、

公明正大性や、

是々非々対応等々が、

強いられて然るべき」だ』。

『「多くの視聴者・読者・生徒等」は、

「先ずは、現状のテレビ・マスコミ情報や文系の学校教育等を、

鵜呑みにせず、

実体・事実・現実等を検証した上で、

判断等する習慣を持つべき」だろう』。

『「イメージ上の正義や悪で、操られてしまう様」では、

「本当に、情けない、ばかりか、非常にアブナイ事」だ』。

『「誰もが、実体や事実・現実に基づいて、自分の意見を持ち、個々の判断等が、出来てこそ、

本当の民主主義が成り立つ」。

「テレビ・マスコミ・学校教育等ファシズム」と、

「本当の民主主義」の「違い」は、

「絶大」だ』。

『「未だに、テレビ等によるファシズム社会化等に力を入れている様相」の

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等に対する太陽政策側に偏向している者たち」には、

「相応の裏がある」と、

「強く、推定出来る」』。

|

「稲田防衛大臣に反発する韓国」を日本国内で大宣伝している韓国(北朝鮮も含む)の手先メディア等・・・。

『「逆を考えれば、誰もが直ぐに判る事」だ。「韓国の要人が、親日であろうが、反日であろうが、日本政府や日本国民の多くが、過敏反応する事は無い」。「何故か?」

「言うまでも無く、日本の文化」では、

「是々非々対応や嫌劣悪・嫌現実離れ等はあって」も、

「内政干渉等の実質的工作手段によって、

自国側をより有利にしようとする様な{恥ずかしい}文化」等は

「嫌うから」だ』。

『「日本側が、韓国(北朝鮮も含む)等に対して、劣悪政治等は嫌っても、内政干渉はしない反面」で、

「韓国(北朝鮮も含む)側が、日本に対して、内政干渉工作等を積極的に{行えている}」のにも、

「相応のベースがある」』。

『「異常な戦後処理や朝鮮戦争難民対応等故」に、

「日本国内には、韓国(北朝鮮も含む)系等の人々が多数いる反面」、

「韓国(北朝鮮も含む)内の日本人のほぼ全ては終戦時に引き揚げているから」だ』。

『「この内在している相手国人脈の人数の差」を

「悪用した工作等」が、

「戦後日本国内で、蔓延り続けて来ている」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)側の、不当な、実質的、内政干渉論等」を、

「日本国内で、さも正論の如く、風潮している、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」には、

「韓(北朝も含む)流の人脈の臭い」が、

「濃厚に漂っている」』。

『「戦後の文系教育の優等生」とは、

「親韓(北朝も含む)・親中共の臭いが濃厚な、

日教組等の教職員組合の教師にとっての優等生だったりしている」のが、

「実態・実体」だ。

「親韓(北朝も含む)・親中共教師等の、

思想信条や言う事等を、

良く覚え、

繰り返す事が得意」なのが、

「優等生」で、

「そんな優等生たちを積極的に雇って来ている」のが、

「占領軍に付け入って、

戦後日本の情報・教育や政財界等に大きく食い入った

朝鮮系の実権者たちだったりしている」のが、

「戦後日本の、

日本離れ、もしくは、日本に自虐を強いる事を是とする、

情報・教育界等のお寒い実態」だ』。

『「日本国内に多数いる朝鮮系の者たちを悪用」して、

「日本の乗っ取り支配工作まで企んでいる」のが、

「韓国(北朝鮮も含む)等の悪権力者たち」だ』。

『「全国各地からの多数の日本人の拉致」は、

「日本全国各地に送り込む工作員」の、

「上辺」を、

「すっかり、その土地の日本人に成りきらせる為に必要だった」から

「行われたのが実体」だろう。

「上辺がその土地の日本人と化している、北朝鮮等の工作員たち」は、

「日本国内各地で、

飲食物工作や侵入工作や電磁波工作や情報・教育工作や政財界工作等々、

かなり悪劣な工作活動」を、

「手下化したり、操り人形化した、一般日本国民も含む者たちに行わせ続けて来ている」』。

『「タイトルの事態」も、

「その臭いが濃厚に漂っている一例」だろう』。

『「普通に考えれば、誰もが判る事」だ。

「稲田氏を極右と言う」なら、

「野党共闘側等の多くの議員等は、皆、極左と言われなければバランスが取れない」。

「稲田氏を極右と言い、野党共闘系をリベラル等と風潮すれば、

そんなメディア等を、

日本の正当なメディアだと信じ込まされている、

多くの読者等の頭の中」で、

「知らず知らずの内に、

中道は、

親韓(北朝も含む)寄り在る事にさせられてしまう」』。

『「情報工作により、

日本の世論等を

韓国(北朝鮮も含む)等にとって、都合の良い方向に誘導する実態」が、

「其処に露呈している」』。

『「以前の、戦後日本の多くの情報・教育等」では、

「日韓併合時や朝鮮戦争時に、

自主的に日本に渡来し、

その後も日本に居続けている多くの人々」が、

「強制連行され、母国に帰る事も困難な可哀想な人々で、

特権等が与えられて然るべきの感等」を

「一般日本国民に持たせる様にされていた」』。

『「帰化のハードルも下げられ、上辺で判別出来なければ、

日本乗っ取り工作員でも、

容易に、

日本国籍を所得する事が出来る様になっている」』。

『「もちろん、韓国(北朝鮮も含む)等より、日本の方が好きで、工作活動等も無縁な平和友好的な方々」は、

「何の問題も無い」』。

『「しかし、戦後処理や朝鮮戦争難民対応故に、

韓国(北朝鮮も含む)内と日本国内では、

相手国系の人口割合が圧倒的に違う事」を

「悪用」して、

「劣悪な工作活動等が仕掛け続けられている」のも、

「現実」だ。

「祖国・母国から、工作活動を手伝え!等と強いられた時、

親戚等が実質的人質となっている人々が、

果たして、どれだけちゃんと拒否出来ているのか?」等は、

「ちゃんと検証されるべき」だ』。

『「そして、何よりも、劣悪な工作活動等は、

徹底して取り締まり、

徹底的に排除するべき」だ』。

『「今時~近未来において、

最終的には、何でも、バレる」。

「事実・現実に基づいた是々非々対応が出来ていない者たちは皆、

近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「劣悪な工作活動等を続けている者たち」も、

「直ちに、劣悪な事は止め、

暴露側等、

正義・正当側に転じるべき」だ』。

『「自衛隊等の技術を使えば、電磁波工作を徹底摘発する事も可能な筈」だ。

「稲田大臣には、是非、電磁波工作の徹底摘発を頑張って頂きたいと切に願っている」』。

『「日本の為になる可能性が大きいお方に対し、

日本国内で、

極右等レッテル貼り等して責めている、

実質的、韓(北朝も含む)・中共の為の情報工作員」等が、

「万一、真の日本国民なら、いい加減に、恥を知るべき」だ。

「何時まで経っても、日教組等の教師等の操り人形状態・・・では、

いったい、何処の国で産まれ育っているのか???」』

『「北朝鮮のミサイル」は、

「稲田大臣への応援にしかならない」だろう』。

『「中国共産党や北朝鮮の核兵器保有」と、

「日本の、核兵器保有の必要性等に言及する事」の

「どちらが、より重大な問題なのか?」は、

「言うまでも無い事」だ。

「はっきり言えば、問題反日国等の核兵器保有等が無いのなら、

日本の核武装等を本気で考える日本国民は、

ほとんどいない」。

「稲田氏の核兵器保有論等を問題にする前」に、

「中国共産党や北朝鮮等が保有している核兵器等の問題が強く訴えられて然るべき」だ。

「チャイナマネー等に目が眩んで、環境破壊も、中国共産党による核兵器保有も、ロクに問題化出来ない、腰抜けマスコミ等」では、

「お話しにならない」』。

|

テレ朝朝番では、既に、「テレビ・マスコミ族、小池都知事」の応援に熱心な様相だったが・・・。

『「テレビ・マスコミ等が、中立・公明正大な状態なら、マスメディアを味方に付ける政治手法等にも、相応に、正当性が生まれる」が「現状のテレビ・マスコミ等は、言うまでも無く、偏向・偏重状態が濃い、酷い状態」だ。

「それは、小泉政権や、民主党政権を成立させる事」等にも、

「大いに力を発揮してしまった悪実績等から」も

「明らか」だ。

「民主党政権成立に大いなる力を発揮した人脈には、

政治家や政党等とは違い、

政権交代等の事態も無い」。

「未だに、同じ人脈の者たちが、テレビ・マスコミ界で実権を持っている」』。

『「その反現与党等&親民進党等野党の色合いが濃厚な連中」が、

「今、反都議会自民党&親小池新都知事等の大キャンペーン」を

「公共の電波を使って、始めている様相」なのだ』。

『「中立・公明正大なテレビ等」なら、

「先ずは、小池都知事が選挙時に掲げていた実質的公約の実行を訴えるべきなのに!」

「例えば、都議会冒頭解散をちゃんと行うのか?」

「行わなければ、実質的、公約違反になる」等の

「検証等があって然るべき」だ』。

『「それなのに、本日のテレ朝朝番」では、

「都知事として当選したのだから、議会側も、その事実を認め、一緒になって、良い都政を行うべき」等の旨が、

「公共の電波上で、大宣伝されていた」』。

『「テレビ・マスコミ族が、首長や国政等に、テレビ・マスコミ等を大いに利用して、政治家を送り込んだ後」は、

「その送り込んだ者の言い分を回りの他の政治家等は、取り入れて、良い???政治を!等という事」等が、

「公然化されてしまう事=テレビ・マスコミファシズムを可能にする事」に他ならない』。

『「多くの有権者」は、

「現状のテレビ・マスコミ等の多くが、

決して、

中立&公明正大では無い、

偏向・偏重だらけのモノである事」等を、

「常々、強く意識するべき」だ。

「実質的、テレビ・マスコミ党系の政治家たちが、

続々と地方首長や国会議員等として、

日本の政界に送り込まれている事の、

危険性」等を、

「常々、強く意識するべき」だ。

「公共の電波を使っているのに、中立・公明正大では無い、

偏向・偏重色の濃い情報を一方的に大量配信し続けている悪態」等は、

「大いに責め、極力早く、止めさせるべき」だ』。

『「民主党政権を成立させてしまう事に大いなる力を加えていた者たち」が、

「公共の電波上や、公共的マスコミ上で、そのまま、過分な立場・報酬・権力等を保持出来ている状態」は、

「明らかに、異常」だ。

「日頃から、情報公開等を強く訴えている者たち」は、

「先ず、テレビ・マスコミ等界、自らの内実について、

人事面も含め、

徹底した情報公開を行うべき」だ。

「例えば、何故、その常連出演者が、常連出演者であり続けているのか?等」は、

「徹底的に、

検証され、

実体・実態が公開され、

正当性等が公正に議論され、

世論等の判断が求められて、

然るべき事」だ。

「常連出演者とは、

常々、~何万人~何十万人~何百万人~もの人々の前に、

実質的には、一方的に、

姿形を現し、

自論等を述べる事が出来てしまっている者」だ。

「それ程の数の人々の前で、そんな特権的事態を実現し続ける事が出来る者」には、

「相応の実体が在って然るべきである事」等は、

「言うまでも無い」だろう。

「このあたりが、甘いまま・・・だと、

テレビ・マスコミ等界の実権者等の

ご都合押し売り者等が、

日本社会の中で、

過分な力等を持ててしまう

不健常状態」が

「続いてしまう事になる」』。

『「テレビ・マスコミ族にとって都合の良い者を有名人化

~テレビ・マスコミ族の政治家として政治家に転身

~政治をテレビ・マスコミ族やその族を構成している人脈の者たちにとって、都合良く動かす等」の、

「公共の電波や公共的マスコミ等を使った不当な利権誘導や政治歪め等を行わせない為」にも、

「多くの視聴者・読者等は、この手の問題を、常に、強く意識しながら、テレビ・マスコミ等に接するべき」だ』。

『「因みに、利権集中社会状態も、利韓(北朝も含む)・利中共等状態も、

高額所得者&親朝・親中系の者たちの、

テレビ・マスコミ族にとっては、好都合」だ。

「小泉!」や、

「民主!!」等の、

「実際は、多くの日本国民の為にはならないモノ」の

「応援」は、

「中立・公明正大な是々非々判断等に基づくモノでは無く、

そのスジのテレビ・マスコミ族の為のお手盛り応援」に他ならない』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化は、急務」だ』。

|

小池都知事初登庁だと・・・。

『「公約(?)通り、冒頭解散しなければ、大いに責められるべき」だが、「テレビ・マスコミ等では、テレビ・マスコミ族の者たちを特別扱いする場合が多い」ので、「テレビ・マスコミ等が、責める事は、まず無い」だろう。

「利権追及も結構」だが、

「小池氏が謳っていた、無電柱化に係わる利権も、多大」だ。

「利権追及するなら、小池氏人脈の利権も追及し、暴露しなければ嘘になる」。

「テレビ・マスコミ界等実権者との繋がりによる、

ご都合情報の大宣伝等の利権」は、

「絶大」だから、

「その当たりも、徹底的に、追及され、解明されるべき」だ』。

『「金権政治も、醜悪」だが、

「テレビ・マスコミ等大衆誘導政治」は、

「もっと、醜悪」だ。

「ナチス・ヒトラーと同様の実態が其処に在る」』。

『「テロ対策等を頑張る旨も述べている様」だが、

「それならば、徹底した電磁波工作対策を行うのが当然」になる。

「羽田への進入空路規制を緩和して、市街地の上を低空で飛行機が飛べる様になる事」とは、

「何処の建物や家等から発生させられたのかの判別が極めて困難な工作電磁波により、

意図的に、飛行機事故を起こさせるスティルステロ等を、

より容易にする」。

「現状でも、覗きの道具にもなり、人体に悪影響を与えたり、電子機器の異常を起こさせる事等が可能な音波的縦波ドットタイプの工作電磁波」は、

「街中に溢れている」。

「例えば、

スマホや、車に仕込んで、事故やストレス等の増大等を起こさせる確率を高めたりする手段」で、

「不特定多数の一般日本国民の不健康化・弱体化工作にも使われているばかりでは無く、

パチンコ店等では、インチキ制御等にも悪用されているらしい」。

「その辺りの実態から」も、

「何処の、どんな人脈が、電磁波工作を行っているのか?」等が、

「良く判ると思うが」・・・。

「工作電磁波は、物理的に工作電磁波兵器を作る事で、より強いモノが作り出せる」が、

「ソフトだけでも、比較的、弱いモノを、スマホでも、車でも、家電でも、ソフトを仕込める物なら、何でも、発生させる事が出来てしまう」。

「特に、無線通信で、ソフトを仕込めるタイプの電子機器やその様な電子機器を内在している車等は、要注意」だ。

「全体的に、弱い工作電磁波を溢れさせている中」で、

「場合によっては、強い工作電磁波が当てられ続けている人々までいる」のが、

「現状の酷い実態」だ。

「出力が強いモノなら、数百メートル程度以上まで、十分に射程に入る」から、

「飛行機の電子機器を異常作動させて、墜落や着陸失敗等の事態を起こさせる事」は、

「意外と簡単」だろう。

「本気で、早急に、徹底した、電磁波工作対策をする必要がある」』。

『「本気で、都民や日本国民の為の仕事を行う」のなら、

「電磁波工作対策を行わない方が異常」だ。

「小池都知事がこの面で、どれだけ頑張るのか?」は、

「要注目」だ』。

『「工作電磁波対策を疎かにしたり、無い事にしたり、・・・する様」なら、

「そのスジのお仲間である可能性大」になる。

「もちろん、その様な者たち」には、

「日本国民の安全等の為にも、

日本国内で、要職等を与え続けてはいけない」』。

|

「テレビ・マスコミ党小池都知事」の誕生で、喜々としている方々&「テレビ・マスコミ党鳥越氏」の落選で、落胆している方々・・・。

『「本日のテレビ常連出演者等の顔色や微妙な表情等」は、「タイトルの事態に集約される様相の場合が多かった」。

「どちらにしても、テレビ・マスコミ党」だが、

「支持母体からも、北朝鮮系の臭いが濃厚な鳥越氏」と、

「そうでは無い、小池氏」では、

「テレビ常連出演者たちの実体に応じ、その微妙な表情等は、隠し様も無い」のだろう』。

『「さて、都知事当選の暁」には、

「議会に不信任案を出させ、都議会を解散する旨、公言していた小池氏」だが、

「その公言」を、

「選挙の為のリップサービスとして、脚色宣伝している」のが、

「現状の多くのテレビ情報等」だ』。

『「お仲間人脈では無い者に対しては、徹底的な場合も少なく無い難癖を付ける事等が、

大得意な連中」が、

「早くも、小池ヨイショ!の雰囲気を露呈している」』。

『「相模原45人殺傷事件」では、

「多くの場合の様」に、

「容疑者の原家庭の問題等を検証する為にも、

容疑者の親等にも、強引な場合も少なく無い、積極取材等をかけていない事」も、

「明らかなダブルスタンダード」だ。

「因みに、その容疑者の親は、教師だと言う」。

「何処かの政党の支持母体の教職員組合等への配慮か?否か?は、不明」だが、

「明らかなダブルスタンダードぶり」は、

「明らかに異常」だ』。

『テレビ等のダブルスタンダードぶり」には、

「大いにキナ臭い臭いが感じられる」が、

「多くの都民有権者等」は、

「その様な感さえも???の様相」で、

「小池都知事誕生で、今までが、変わる等と期待しているのかも知れない」』。

『「現状人間社会が行き詰っている事は、現実」だ。

「しかし、その行き詰りを打破する鍵」は、

「テレビ・マスコミ党小池氏を都知事に据えれば、得られる等というモノ」では、

「断じて無い」。

「現状人間社会」は、

「人間の実体やその実体の本来の目的からの乖離が酷いが故に、行き詰っている」。

「唯一無二の健常な行き詰り打破法」は、

「その実体離れ、現実離れを是正する事」だ。

「首長等の権力者や、経済や、武力による命がけの比べっこ支配権争いである戦争等々、

者・物・事に頼る事」で、

「現状の行き詰りを打破しようとした先例」は、

「枚挙に暇が無い」。

「そして、その全ては、人類にとって、本質的に自虐的な実態をもたらしている」』。

『「都知事に現状を打破して欲しいと縋る前」に、

「自分の実体やその実体の本来の目的」と、

「現状の自分の状態の乖離ぶり等」を、

「検証~理解・把握し、是正すべき人々」が、

「大部分」なのが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「縋る者は、縋り易い者に縋る」から、

「有名人や大権・大金持ち等に、縋る様になり易い」。

「縋る事で、現実逃避しても、実体が、健常方向に大幅に動く事は先ず無い」のは、

「縋らせている者・物・事側も、縋る事を内在しているのが実体だから」だ。

「負の共依存関係の先」で、

「本質的問題が解決される事」は、

「それこそ、天文学的確率で極小」だ』。

『「リーダーシップを取り、何かやった等と現実逃避したい者たち」が、

「リーダーの座を欲し」、

「リーダーに頼る事で現実逃避したい者たち」が、

「リーダーとして立候補した中から、自分たちのご贔屓を見出し、

ご贔屓がリーダーとなれば、

まるで、自分が認められたかの如く、現実逃避したがっている」。

「そんな、まるで亡者同士の共依存的実態は、既に、バレバレ」だ。

「だから、多くの人々が、政治等無関心になる」。

「政治等無関心な人々でも、同様な精神状態が在る場合が多い」。

「政治無関心なれども、他の現実逃避の受け皿等に対しては、強関心」という、

「迷子・亡者状態の人々」が、

「そこら中に多数居る」のが、

「現状人間社会のお寒い実態」だ』。

『「現実逃避を欲している者たちの特徴」は、

「例えば、

狭義の自分ダケを、大金持ちにしたり、大権持ちにしたり、他の人々から認めさせたりする事等には、

熱心になれても、

全ての人々を貧困状態から解放し、

全ての人々を他の者・物・事による不当支配から解放し、

全ての人々が自分で自分を健康にコントロールする事で真に平和な人間世界を構築する事」等には、

「不関心」だ。

「それは、人類誰もの自分の実体から整合性を取るなら、

はっきり言って、異常で劣悪な事」で、

「それこそ、本質的、知恵遅れ、精神知能障害等々と捉えられるのが正当なレベルの問題」だ。

「自覚無き、裸の王様状態の者たちのみ」が、

「その様な実態上でも、平然としていられる」が、

「自覚が有る者≒神経症レベル(比較的軽度)、

自覚が無い者≒精神病レベル(重篤)」というのが、

「現実」だ』。

『「重篤な裸の王様だらけ・・・」の「現状人間世界」では、

「無差別殺傷も、テロも、工作活動も、戦争も、不当な格差も、不当な差別も、環境破壊も、地球環境変化も、地球温暖化も、・・・等々、・・・等々、

呆れ果てる程に旺盛」なばかりか、

「人類滅亡までもが、急速に近づいて来てしまっている」』。

『「こんな現実実態が在る」のに、

「現実逃避の為に、他の者・物・事等との比べっこ支配ゲームに熱中している、

精神病レベルの自虐者たち」は、

「本当に、大迷惑」だ』。

『「劣悪レベルのテレビ常連出演者ばかりを蔓延らせ続けていれば、

多くの視聴者が劣悪レベルに毒されてしまう」のは、

「当然の現象」だ』。

『「今時の人類にとって、本来、必要な情報を十分に伝達出来ていない劣悪者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を、与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた、健常化・正常化」は、「急務」だ』。

|

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »