« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

安倍総理の現状の体調異常の原因は、反日国人脈による電磁波工作&飲食物工作だったりして・・・。

『「工作電磁波を上半身に浴びる・浴びせ続けられる」と、「セキが出易くなったり、首や肩が凝ったり、目の焦点が合わせ辛くなったり、イライラしたり、酷い場合には、心不全や呼吸不全等を起こしたり、気絶等させられたり、・・・等々する」。

「下半身の場合」は、

「腰痛や足腰の関節痛や、歩行困難や、生殖機能障害等々の症状が出易くなる」』。

『「何故なら、工作電磁波の実害」は、

「生体電気信号の妨害や生体電離現象等」であり、

「短時間直接的」には、

「上記の様な症状として体現されてしまい易いから」だ。

「長期間的には、発ガンや、遺伝子異常や、早死に化・頭・身・体弱体化等々になり易い」』。

『「専用の工作機器等も当然の如く在る」が、

「工作電磁波の仕込み」は、

「ソフト等により、ターゲットの周囲に在る、家電やスマホ等にも出来てしまう」』。

『「ソフト仕込みの場合」は、

「誤作動を起こさない為、電圧フィルターが悪用されている場合が多い」』。

『「例えば、家電なら、通常100V基準」だが、

「電圧フィルター上では、別物のノイズ等として排除される半分(50ボルト)未満や200ボルト以上」の

「電圧による仕込みが行われている場合が多い」。

「自家用車等の12ボルト電源基準の場合」は、

「倍(24ボルト)以上や半分(6ボルト)未満の電圧による仕込みが可能だが、

自動車等の場合、5ボルト程度を実用している回路もあるので、倍(24ボルト)以上の方が、

使われている場合が多い」』。

『「アナログ世代の電子技術者等には、意外かも知れない」が、

「総エネルギー量さえオーバーしなければ、電圧など関係無い」のが、

「デジタル世界の実態」だ』。

『「更に、オーバーにしても、アンダーにしても、枠外は異物として排出したがる」のが、

「デジタル電子回路の実態」だ。

「結果、工作電磁波は、回路外に排出され易くなる」』。

『「この特性を悪用して、工作電磁波が、至るところで仕込まれている」』。

『「該当電子回路等から排除され易い、枠外電圧の工作電磁波」は、

「その存在に気付かれ難い様に、

経時変化ロジック等により、

疑似波形化しているデジタル信号が時と共に変化する様に仕組まれている」』。

『「この疑似波形変化」は、

「周波数リミッターやデジタル信号フィルターを誤魔化し、素通りする為にも有効になる」。

「本来、その回路で使われているデジタル特定信号に引っかからないから

誤作動等は回避出来てしまい、

高周波・低周波どちらのリミッターが在っても、

工作電磁波は通り抜け易い」』。

『「また、経時変化の様な手法を用いる」と、

「例えば、覗きの為に工作電磁派を用いていた場合」でも、

「その元の計算式・ロジック等を基にした受信部等が無いと、

無関係信号等と判定され易く、検出困難になる」。

「逆に、元の計算式・ロジック等を仕込んである覗き機器で見れば、

例えば、壁の向こうでも、音なら聞こえる如く、丸見えに出来てしまう」』。

『「他の人脈には、気付かれ辛い覗きの手法」だ』。

『「現状、巷に溢れている、工作電磁波の基本構造」は、

「累積計算・経時変化ロジック等により、

時と共に、疑似高周波化する、

複数和音的な縦波ドット波」だ』。

『「演算結果自体が反映される定積分演算結果」を

「多重に行い、出力させる事」や、

「ロジック的に、一定時間や回数等を超えると、

分母が増え、より細分化する仕込みでも、やっている」のだろう』。

『「しかし、工作電磁波の有無」は、

「比較的容易に検出出来る」』。

『「上記の電圧フィルター悪用を逆手に取れば良いダケ」だ。

「通常なら存在し得ない、電圧フィルター外の交流波等として、

工作電磁波の有無は検出可能」だ。

「或いは、電子・ホールが回路外に飛び出して来るが故に生じる電界からも、

その存在は、確認可能」だ』。

・・・・・・・・。

『「飲食物工作の場合」は、

「身近に在る物質が悪用されている場合が多い」』。

『「例えば、消毒・漂白・洗浄用の薬剤や洗剤等が、過剰に残っていたダケ」と、

「判定され得る状態」で、

「仕込まれている場合が多い」』。

『「具体的」には、

「例えば、飲食店等では、ドリンクの器等」に、

「何故か??

それらのモノが過剰に残っていたり、

製氷機等に、何故か??それらのモノが過剰に残っていたり、

・・・等々の、

場合が必然的に推定されてしまうであろう状態」で、

「工作仕込まれていたりする」。

「良く冷えたビールジョッキの表面の水分が凍ったモノ」に、

「水ダケでは無く、漂白剤等の成分が混ざっていると、ビールの味もとがったり、変だったり、する」。

「他のジョッキの同じビールの味と比べて、明らかな差がある様な場合」は、

「そんな店には、工作員がいるかも?」と「疑った方が良いかも知れない」。

「酒のお猪口でも、ワインのグラスでも、他の種類の飲料(酒類以外、清涼飲料等も含む)でも、同様」だ』。

『「ペットボトルや缶・瓶飲料等自体に、実質的に、仕込まれている場合もある」。

「メンテ後に薬剤等が余分に残されている場合の直後ロットやそれに続くロット」は、

「汚染度が高い」。

「元々が巷に溢れているモノ」だから、

「継時的に、偶々、大量に体内に取り込まれてしまっても、不思議と思われ辛いモノ」だ』。

『「もちろん、工作員等が意図的に、それらのモノを仕込んで、

ターゲットが良く買い物する店等に、

置いてあるモノとすり替えたりする事もある」』。

『「ターゲットに高確率で、仕込みペットボトル・缶・瓶飲料が飲まれる状況」を、

「その地域のターゲットが常飲している(買い上げ個人情報の吸い上げや覗きやストーカー的行為により、割り出している)

ターゲット好みの飲料等を全て、

実質的、工作物や残留濃度が高いロットにする等の手段による、

力技で仕込む事まで行われている」』。

『「つまり、

仕入れ先や、工場からの配分や、仕入れ等を

実質的に、支配出来る立場の者にも、

そのスジの者たちが居る場合がある」のだ』。

『「安倍総理ともなれば、

反日人脈による工作活動VIP待遇被害者等であっても、

何の不思議も無い」』。

『「そんな工作飲食を続けさせられれば、

例えば、肝腎臓等が、通常より圧倒的に早く痛んでしまっても、何の不思議も無い」』。

・・・・・・・。

『「安倍総理の現状の健康不安問題」には、

「上記等の工作の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「日本政府も与党も、一刻も早く、

実効のあるスパイ・工作活動等防止法や、

実効のある摘発体制等を、

整え、実用するべき」だ』。

『「日本の戦後処理」は、

「日本国内に居続けている反日国人脈による日本人粛清工作等を葬り去ってこそ、

初めて、終わり得る」』。

|

「人命救助にや国防等に励んでいる戦争も人殺しもしていない専守防衛の自衛隊」を旧日本軍の如く忌み嫌っているテレビ・ラジオ・マスコミ等の劣悪度・・・。

『「劣悪者たち」は「旧日本軍と現自衛隊の違いさえも???の様相」だ。

「そんな劣悪者たちの多く」が

「推奨して来ている、

~小泉・民主・小池・民進等」が、

「日本国・多くの日本国民に対して、劣悪な実態・実体を露呈し続けて来ている」のは、

「ある意味、当然の現象」だろう』。

『「日本にとっての劣悪者たち」とは

「反日国等にとっての有益分子でもある」』。

『「旧日本軍等とは全く別モノ」の

「現状の自衛隊や海保や警察等に対する敬意」の

「何処が悪い!」』

『「平和を愛する、専守防衛国家」の

「防衛」や「治安」等の「為」に

「必要な仕事をされている方々」への

「敬意」を「嫌う」のは、

「平和を愛さない、

テロ・工作活動・戦争等大好きな文化に染まっている反日国等の人脈の者たち」と

「相場は決まっている」』。

|

NHK、クローズアップ現代では、相模原の障がい者大量殺傷事件を受けて、優性思想とか、多様性とか、的外れの事を、優等生ぶって、言っていたが・・・。

『「比べっこ利権で、過分な立場・報酬・権力等を得ている者たち」は、「この問題の元凶である比べっこ自体を告発する事さえも出来ず、

優性思想が間違っているとか、

多様性こそが大切等々」と、

「自分たちの現状不当利権を維持したまま、現状の異常性を誤魔化すインチキ論」で、

「社会を染め上げようと必死の悪足掻きをしている」・・・。

「実に、醜悪な実態」が「其処にある」』。

『「障がいが有る」のは、

「所謂、障がい者の方々では、断じて無い」。

「現状の人間社会の方」であり、

「現状の人間社会を生み出している、

多くの人々の精神文化の方」だ』。

『「比べっこに基づいた利権上に生きようとする人々が多い限り、

比べっこ上の劣位者たち」は、

「常に、比べっこ上の優位者たちの下に置かれる」。

「経済にしても、武力にしても、集団で比べっこを行うなら、

比べっこ優位者ばかりを集めて、他の集団と比べっこした方がより有利になり易い」のは、

「当然の現象に過ぎ無い」』。

『「その当然の現象」を「悪戯に、正当化する」なら、

「比べっこ劣位者は、邪魔、もしくは、要らない事にもなってしまう」』。

『「しかし、人類が比べっこで追及している事の実体」とは、

「自己承認欲求の代償欲求に過ぎ無い」のだ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続けている」なら、

「自己承認欲求の本来欲求を充足させ続ける事も容易」だ』。

『「しかし、自分で自分を健康にコントロールする代わり」に、

「他の者・物・事の支配」や「他の者・物・事による被支配」という

「代償欲求の追及に奔走する{悪事}に身を染める」と、

「自分で自分を真に認める事が出来なくなる」』。

『「真に認めるなら、

本質的{悪事}に身を染めている自分となり、

自己否定こそが正論になるから」だ』。

『「本質的、自己否定から逃れようとする防衛本能欲がもたらす結果」として、

「自己承認欲求の代償欲求が生じ、膨らみ、

他の者・物・事等との比べっこの中に救いを求めてしまう、

自分迷子状態の人々が

現状では大量に、

生まれてしまっている」・・・』。

『「そんな事態を正常化・健常化する為に必要」なのは、

「正常・健常な情報・教育等に他ならない」』。

『「人間社会のあるべき状態」は、

「比べっこでは無く、

本質探求&自己や自分の実体を快適にする社会」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

人類誰もが、個々の精神文化を育成する」なら、

「多くの人々が、

必然的に、

自己承認欲求の代償欲求に過ぎ無い比べっこ等の追及では無く、

本質探求&自分(狭義・広義両方)快適を目指す事になる」。

「情報・教育等が正常・健常」なら、

「その為に有益な情報配信等があって然るべき」だ』。

『「ところが、現状では、

比べっこ優位者たちの不当利権を温存せしめる為」だろう、

「未だに、大衆騙しのインチキ論等が蔓延っている」』。

『「NHKまでもが、正常論・健常論を情報配信せず、

民放常連出演者等を出演させて(=出演料まで与えて)、

大衆騙しのインチキ論等を一方的に大量配信していた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「こんな実態の何処に、視聴料を強制的に徴収する権利が在るのか???」』

『「比べっこ好きな人々」に、

「悪戯な比べっこを行う前に比べてみるべき事を言う」なら、

「欲ボケ、もしくは、糞バカ、或いは、恥知らず、民放常連出演者等の論」と、

「上記の様な、今時の人類として、当たり前の正常論・健常論等のどちらに、

現在の公共の電波を使って大量配信する価値があるのか?!」

「その答」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「欲ボケ商業スポンサー等など無い筈のNHK」が、

「真のバリアフリーを実現する為に必要な情報配信を行わず、

現状での比べっこ優位者たちの不当利権を維持する為等には

都合の良い

情報配信を行っている状態」では、

「本当に情けない」』。

『「視聴料を強制的に徴収しているNHK」が、

「芸能人等を出演させ、有名人利権等を増大させている場合」は、

「出演料を払う(与える)のでは無く、

宣伝料を取るべき」だ』。

『「基本的に、出演による有名人利権を与える事」が

「商売等に結びつかない人々にのみ、

出演料は出せばよい」』。

『「NHKも含むテレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝等では、「小泉賛美の様な小池賛美が止まらない」が・・・。

『「小池都知事の実体」は「タイトルの事態からも明らか」だろう。

「小泉!!!」の「後」に「何が起こされたのか?」

「政権交代後、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の「大合唱がテレビ・マスコミ等で行われ、

その情報誘導により、

実際に政権交代まで起こされてしまった」。

「そして、小泉政権時や、旧民主党政権時」には、

「日本が大いに細った反面で、

韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国」が

「大いに太った」』。

『「小沢系・小泉系・小池系等の人脈の主流派(実権者たちや実権者たちに忠実な者たち等)」は、

「恐らく、朝鮮系」だろう。

「どちらかと言えば、

旧社会党人脈とも馴染みが深い、

北朝鮮の方がより近いかも知れない」』。

『「旧社会党の者たちが大量に流れ込み、実権を保持し続けて来ている、

旧民主党~民進党等の人脈の実体」は、

「もはや、公然の秘密状態」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者人脈も同様」だから、

「お仲間への論調は、大甘である場合が多いばかりか、

実質的には、お仲間偏向・偏重情報のテンコ盛り状態」だ』。

『「事あるごとに、大した事は行っていなくても、民進党の大宣伝&小泉ジュニアや小池等々の大宣伝」というのが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実態」だ。

「其処では、事実・現実に基づいた原寸大報道等の概念」は「非常に希薄なまま・・・」だ』。

『「公共の電波を使っていたり、公共的マスコミだったりしている」のに、

「事実・現実に基づいた原寸大報道等では無く、

特定の者・物・事偏向・偏重状態」なのだから、

「本当に、異常」だ』。

『「戦後日本」の「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

ブログで、「人工透析全額自己負担等」を公言した、糞バカアナ&「日本国内の反日人脈の工作活動を告発しない」、糞バカマスコミ等・・・。

『「日本の人工透析必要者の中」には「結構な割合」で「飲食物工作・電磁波工作等の被害者がいる事等」は

「もはや、公然の秘密レベルの事でしょ!」』

|

実質的、公約違反「冒頭解散無し!」小池都知事の都議会所信表明演説等・・・。

『「小池新党の準備はマダマダな今、現状の都議会議員の多くを敵に回しても、その先は、見えている」。

「少数勢力と化す小池一派にあるのは、衰退の一途」だ』。

『「そこで、お仲間テレビ・マスコミ等」が、

「小池一派の者たちに偏向して良イメージを付け、

それを大衆周知させる

実質的、情報工作の効果」が、

「十分に出、

有名人化した小池一派の者の数」が

「ある程度以上十分になるまで」は、

「都議会とも仲良くするから、攻撃しないでね!」状態なのだ』。

『「実質的、公約だった冒頭解散無し!」の「裏」には、

「小池都知事側の保身がある」』。

『「そんな実態」に、

「姑息さや狡賢さ等を感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「小池都知事の弁によれば、

巨大肥満化した都市東京」等だが、

「巨大肥満化しているが故」に、

「東京の財政状態等」が、

「この苦境溢れる世界経済情勢の中でも、

相応に豊かに成れている事」も

「忘れるべきでは無い」』。

『「東京をスリムで健康的にする事=東京も苦境溢れる経済状態にする事」と

「なってしまう」のが、

「現状のインチキ経済システム上」での「現実」だ』。

『「何事でも順番を間違えると悪い結果を招き易い」。

「東京をスリムで健康的にする前」に、

「インチキ経済システムの是正」を

「行わなければ」、

「東京が清貧化される自虐事態が起きてしまうダケ」になる』。

『「現状のインチキ経済システムが続く限り、

東京の清貧化は、

日本経済の縮小にも直結している」』。

『「まるで、

旧民主党政権時の

政治主導や

コンクリートから人へ!」の様な、

「小池都知事一派」による

「現状のインチキ経済システムへの対策抜き」の

「目先の経済論や経済政策等」に

「力を与える事」は、

「日本経済を細らせる

日本にとって自虐的な選択」に他ならない』。

『「日本の自虐」の「裏」では、

「反日国等が漁夫の利を得られる事」は

「多くの日本国民が、決して、忘れるべきでは無い事」だ』。

『「現状の現実論で言う」なら、

「現状のインチキ経済システム上である限り、

例えば、建造物を壊す事も、建造物を建てる事も、どちらも仕事」で、

「仕事の量に合わせて、お金の量を膨らませる事が可能になる」』。

『「直接人に給付金等を出す事」は、

「補助・援助等であり仕事とは、換算されない」から、

「それダケでは、お金の量を膨らませられない」』。

『「直接人にお金を与える事」が

「経済的に有効になる場合」とは、

「例えば、全国民に給付金を出す事により、消費が活性化したりする場合等」だ。

「その様な実効が期待出来ない場合」は、

「例えば、

金融機関等による個人貸し出し等では利息によりお金の量が増やせる様に、

相応のお金の量を増やす有効なモノを付け足さなければ、

経済は細るダケ」だ』。

『「ところが、利子とか、株配当等とは、不労所得」なのだ。

「本来なら、利子とか株配当等の不労所得に高い税金をかけるべき」だが、

「現状では、そうなっていない」』。

『「株配当では無く、株転がし」や、

「同様に、土地転がしや、他の物事転がし」でも、

「お金を増やす事が可能になっている」が、

「それらは、準不労所得とでも言うべき実態」だ。

「本来なら、こちらにも、高い税金をかけるべき」だ』。

『「不労所得や準不労所得に高い税金をかけ、

その分、実働所得の税を低くする」なら、

「相応に格差是正が進む事になる」』。

『「実働所得の税を軽くする」と、

「不要な実働所得狙いの事業等が頻発する可能性が大きくなる」。

「要・不要を見極める基準が必要になる」が、

「その為に必要な事」は、

「多くの人類が自分の実体やその実体の本来の目的を科学レベルで理解・把握している事」だ。

「それは、自虐的にならない判断を行う為にも必要な事に他ならない」』。

『「多くの人々の判断基準が正常化されれば、

必然的に、者・物・事への依存度も下がって行く」。

「悪戯な、インチキ経済システムを元にした金権支配社会は終焉」し、

「人類誰もが自分の実体やその実体の本来の目的から科学的に整合性を取れる

自虐度の低い新時代がやって来る事になる」。

「環境問題も、金権支配の為には必要な格差問題も、戦争・テロ等の超自虐事態も、

必然的に激減する事になる」』。

『「目先の経済論や経済政策等」による「支配権争い」等の「時代」を、

「終わらせる為」にも、

「精神文化の正常進化を誘う、情報・教育の正常化・健常化」こそが、

「大切」だ』。

『「精神文化の正常進化を疎かにする」と、

「環境故ににせよ、戦乱ゆえににせよ、その他の自虐的要因故にせよ、

人類は、それほど遠くない近未来において、滅亡する事になる」のだから、

「現状経済システムの是正」や

「情報・教育問題~精神文化の正常進化」等は、

「今時の政治家なら、

何処の誰でも、

絶対的重要事として扱うべき事」だ』。

・・・・・・・。

『「上記の様な、現状の経済システム上では当たり前の経済ロジック」や、

「現状経済システムの是正の必要性等」さえ

「満足に理解出来ていない」のなら、

「劣(おバカ)」だし、

「理解出来ているが故に、意図的に、日本に自虐を強いる等の為に無い事にしている」のなら、

「悪」だ』。

『「政治家なのに、

現状のインチキ経済システムの是正の重要性さえも訴えず、実行しようともしない様」では、

「本当に情けない」』。

『「上記の今時なら当たり前の基準」からすれば、

例えば、

「東京をスリム化したがっている様相の小池都知事」や

「未だに、お金は人へ!と言っている民進党の蓮舫」等の

「実体」とは、

「おバカか、悪」になる』。

『「現状の経済システム上」では、

「五輪等のイベント」なら、

「ある意味、利用して、

破綻しない程度に、かかるお金の量を膨らませた方」が、

「ある種のバブル景気的メリットが得られてしまう」のが、

「現実」だ』。

『「目先の金額論」では、

「政治の中枢に居る人々が見分けるべき」は、

「破綻せずに、一番景気を良く出来るライン等に他ならない」。

「ところが、

テレビ・マスコミ等や、

小池都知事等」は、

「庶民目線の単純金額論を主軸にして、五輪予算問題等を論じている」。

「現状のインチキ経済システムの問題も言わずに!」』

『「上辺や言動等」が「どんなに好イメージ」でも、

「内実」が、

「例えば、

おバカや悪で、

日本にとっての自虐強い神・貧乏神等」では、

「どうしようも無い」』。

『「ところが、戦後日本の情報・教育界等」には、

「日本にとっての自虐強い神・貧乏神等」に、

「好イメージを付けたがり、

大衆に支持させたがる

悪習が有る」。

「情報・教育界でも、おバカや悪等が蔓延っている」と

「強く推定出来る」』。

『「異常な戦後処理をルーツとする悪習から解放されている情報・教育機関等が、

主流となるまで」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の信者たち」が、

「カルト宗教信者的状態である場合さえ多い」のも、

「当然の現象」だ』。

『「未だに、

有名人・芸能人等に操られ、

大金持ち等に憧れ{させられている}方々」は、

「一刻も早く、

操り人形の糸を切り、

自分を解放し、

本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「その上で、

例えば、小池都知事等の実態を見る」なら、

「もはや、自虐的な支持等は、出来ない筈」だ』。

|

トランプvsクリントン公開討論・・・。

『「まるで、ノーガード戦法の如く、事前準備ほとんど無しの様相のトランプ氏」と「データ読み対策構築等、事前準備テンコ盛りの様相のクリントン氏」の「公開討論」は「正に、見世物状態だった」が、

「それが、米国大統領選に大きな影響を与える」となると、

「無視も出来ない」』。

『「日本」では、

「テレ朝等の民放では、クリントン氏の圧勝を報じ、

NHK等では、ほぼ互角を報じていて」、

「総合的には、クリントン氏優位の様相だった」が、

「その内実」は、

「事前準備とブレインの差に過ぎ無い事」が

「露呈していた」』。

『「どの場面でも、冷静で、余裕綽々を演じていたクリントン氏だった」が、

「筆者がトランプ氏のブレインだったなら、其処こそを攻めどころにした」。

「例えば、

現状で、多大なメリットが得られているから、クリントン氏は、この様に、余裕綽々でいられるが、

私は、現状に怒っているので、この様に怒っている!」等と、

「突っ込んだ」なら、

「クリントン氏の余裕綽々ぶり」を、

「多くの米国国民がネガティブに捉え」、

「トランプ氏の怒りぶり」を、

「多くの米国国民がポジティブに捉えていた筈」だ』。

『「つまり、筆者レベル程度でも直ぐに分かる対策さえ行っていない様相」だった

「ノーガード戦法トランプ氏」が、

「普通レベルのブレイン等により、

徹底的に好イメージ固めを準備し、

行ったクリントン氏」に対して、

「劣勢となった」のは、

「現時点」では、

「極めて当然の現象に過ぎ無い」』。

『「肝要な政策等の訴え内容にしても、同様」だった。

「クリントン氏」は、

「恐らくは、ブレインとの打ち合わせ通り」、

「徹底して、

紳士的に、

優等生的な回答を繰り返したダケ」だった。

「トランプ氏」は、

「ノーガード的に、

自分の思いを述べていた」』。

『「どちらの訴えが、より視聴者の心に響くのか?」を

「大きく左右する」のが、

「上記の{上辺の内実バラシ}の有無」だが、

「今回のトランプ氏には、それが無かった分だけ劣勢に追い込まれたダケの様相」だった』。

『「次回討論以降」、

「実質的には、

現状の延長線を、ジェントルかつ優等生的に、

訴えているクリントン氏」と、

「現状ではダメ!を怒りながら訴えているトランプ氏」の

「どちらに、より多くの米国国民の支持が集まるのか?」を、

「分けるのも、上記の{上辺の内実バラシ}の有無による事になる」だろう』。

『「この情報により、トランプ大統領が誕生する」なら、

「筆者にも、相応の礼金でもあって然るべきだろう」が、

「上記程度の事は、ある程度以上のブレインなら、誰でも、直ぐに分かる」ので、

「ココの項」は、「冗談にしておく」』。

『「さて、上辺の内実」が

「全ての視聴者に伝わった後」、

「クリントン氏」に、

「上辺の冷静さや優等生・ジェントル等以外に勝てる要素」は、

「どれだけ有るのだろうか?」』

『「トランプ氏の場合」は、

「現状ではダメ!」は、

「ある意味、必然で、大変結構」だが、

「現状では無い、

新たな希望を持てる、

実現可能で、

具体的な、

提案」が、

「どれだけ出来るのだろうか?」

(この辺りも、ブレイン次第と思えるが・・・)』。

『「日本では、安倍一強体制が続いている」が、

「その裏には、安倍の周囲の優秀なブレインがいる」。

「もちろん、先の旧民主党政権が余りにも酷い実体・実態を露呈した反動も大きい」が、

「旧民主党政権の余りにも酷い実体・実態の露呈に大きく関わった」のは、

「多くの一般日本国民による、ネット市民世論でもある」』。

『「今時の人間社会」は、

「もはや、

テレビ・ラジオ・マスコミ界等、

情報配信既得権益連中による大衆誘導等ダケで動かせる時代では無い」。

「テレビ・マスコミ等ファシズムでは無い、

真の民主主義の時代」は、

「着々と近づいて来ている」』。

『「米国大統領選、勝つのは果たして、どちらだろうか?」

「何れにしても、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する

精神文化の正常進歩・正常進化に向かえば良いのだが」・・・』。

|

安倍総理所信表明演説「海上保安庁・警察・自衛隊への敬意」で自然発生した起立~拍手を毛嫌いしている者たちとは・・・。

『「日本への愛国心を煽る要素もあるところ」で、「起立~拍手が起こされた事を嫌っているテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」の「実体を考える」なら、

「誰もが、直ぐに分かる事」だ。

「日本への敵対心等を抱いている連中」の「実態が其処にある」』。

『「日頃から、

日本国や日本国民に自虐を強いる反面で、

内実、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党支配下の中国を利す事等」を、

「日本の公共の電波上や、公共的マスコミ上」で

「積極的に、行い続けて来ている、反日国の手先情報工作員的様相の者たち」にとっては、

「国会での、海保や警察や自衛隊等へ敬意」等は、

「情報工作が成功していない、ばかりか、失敗している事等を、立証されている事にもなる」ので、

「本当に、嫌で、困る事態」なのだろう』。

『「粛清工作員のターゲットにされないようにする為」だろう、

「安倍総理の演説内容に応える形で自然発生した、

起立~拍手に対する、

悪イメージ付けや、

批判や非難情報を大々的に配信」している』。

『「視聴者・読者等が、

事実・現実通りの原寸大報道等なら、

普通に抱ける愛国心さえ、

抱かない様に、

マインドコントロールしようとしている様相」ですらある』。

『「そんなに日本に愛国心が持てないのなら、

愛国心が持てる国に、

行くなり、帰るなり、すれば良いのに・・・」。

「日本国内で、

日本国や日本社会や日本国民の

実質的、邪魔・妨害等をしている暇がある」なら、

「祖国・母国や心から愛している国等に帰ったり、行ったりして、

その地で、その地がより良い社会や場所になる様に、

努力すれば良いのに・・・」。

・・・等々と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「自然発生した起立~拍手」を、

「北朝鮮の様だ!」と

「イメージ付け様としている連中」は、

「北朝鮮には、

暗黙の強制による起立~拍手等はあっても、

自然発生による起立~拍手等が無い事に対する

コンプレックス等を露呈させている様相」だ』。

『「海保や警察や自衛隊への敬意」等を、

「キナ臭い」と

「イメージ付け様としている連中の後ろ」には、

「実際に、キナ臭い反日国等の影が見え隠れしている」』。

『「テレ朝夕番」では、

「朝鮮系と言われている小泉元総理のジュニア」が、

「起立~拍手を批判した」と「共」に、

「起立した事に対する{弁解}等まで、述べていた」』。

『「公共の電波上での

有益分子宣言&反省の弁の様相」が、

「其処に、露呈していた」』。

『「実際」は、

「戦後日本の情報・教育界等の裏にいる、

韓国(北朝鮮も含む)系の実権者等こそが、

独裁的」であり、

「有益分子・不適応分子等の

人支配ロジックに基づいて、

駒化した/された人々を

動かし続けようとしている様相」が

「至るところで、露呈し続けて、来ている」のに・・・』。

『「何しろ、

日本国内にゴマンといる筈

(そうで無ければ、

日本全国各地から、

多数の日本国民を拉致する事など無理)」の、

「北朝鮮の工作員や協力者等」さえ

「満足に告発等して来ていない」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「余りにも、お寒い、実態」だ』。

『「告発~摘発等されていない工作員や協力者等」が、

「その後、北朝鮮等の指令に基づいて、何も行わない訳も無い」』。

『「実際」に、

「戦後の日本社会」は、

「拉致以外にも、

飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作等々、

日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な工作活動で溢れている」』。

『「拉致や粛清工作等の強烈なモノも、もちろん在る」が、

「工作活動の多く」は、

「単独では、迷惑行為程度の場合が多い」。

「しかし、迷惑行為の濃度が高い状態下に居る日本国民(一般市民も含む)は、

不調や病人状態に陥り易くなる」』。

『「戦後の日本社会」は、

「迷惑行為の濃度が薄い、

有益分子と判断された者たちが、

圧倒的に、有利になる、

不健常な競争社会化されている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界等を含む、多くの大企業の内部」には、

「有益分子と判断された者たち」が

「数多く入り込んでいる」』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界等」では、

「意識的に、有益分子に特化した採用が行われている様相ですらある」』。

『「その究極の目的は、日本の乗っ取り支配」だろう。

「しかし、その前には、

日本の政治や社会等を、

反日国人脈にとって都合の良い状態にする必要がある」。

「その為の、気の長~い工作活動が、連綿と行われ続けてしまっている」』。

『「もちろん、そんな状態を放置したままで良い訳は無い」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「日本国内にいる反日国の工作員や協力者等を徹底告発するべき」だ。

「その為に、実効のある、法や体制整備等を訴えるべき」だ』。

『「それなのに、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」は、

「北朝鮮等への愛国心は有っても、日本に対する愛国心は???な連中」が、

「ゾロゾロ居る様相」であり、

「場合によっては、工作員や協力者等も、ゾロゾロ・・・かも知れない」のが、

「実態」なのだ』。

『「もちろん、こんな状態のままで良い訳は無い」』。

『「今回の自然発生した起立~拍手」が

「炙り出している、テレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」を、

「多くの日本国民」は、

「強く、意識するべき」だろう』。

『「数も多い、強い民意等がある」なら、

「必然的に起こる」、

「日本の情報・教育界の人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

「物理的実体と思い(意識)を分けて認識」で優先すべきはどちらか?は、それぞれ違う・・・。

『「死生観や遺体処理等の場合」なら「物理的実体」と「思い・気持ち(意識・心)」を「分け」、

「物理的実体は、今時の人類として、適切な扱い・処理等をする」と「共」に、

「思い・気持ち(意識・心)」は

「思い・気持ち(意識・心)として、大切にすれば良い」』。

『「恋愛等」で「物理的実体に当たるのは、経済状態や社会的立場や外見等」だろう。

「恋愛等」とは「人間社会構築や世代交代等の個々のベース」でもある。

「其処で、物理的実体を優先する事」は、

「現況の固定化、もしくは、鋭利化等に力を加える事に繋がっている」』。

『「恋愛等」で、

「思い・気持ち(意識・心)」に「当たる」のは、

「本能的感覚(気)であり、思い・気持ち(意識・心)等」になる。

「そちらを優先する事」は、

「現況の移動・変更等に力を加える事になる」』。

『「経済や社会的立場や外見等を優先した恋愛等をする人々が溢れる人間社会」では、

「現状の経済・社会システムや外見利権等が、

より強い力を持ち易くなり、

その代々話が続けられ易くなる」』。

『「現状までの人間社会の歴史」は、

「正に、その様な状態」だ。

「その結果」として、

「現況では、

環境問題が激化し、

格差も広がり、

世界中で、不平・不満・不機嫌・不寛容等々が溢れている」』。

『「恋愛等」とは、

「実は、人間社会や世代交代の基本構造に他ならない」。

「その個々の人々による基本構造の集大成で、

人間社会が出来上がり、

歴史もつくられて来ている」』。

『「遠回りの様に思える方々も多い、かも知れない」が、

「地球環境問題や、格差問題等を是正させる方向に力を加える」なら、

「個々の恋愛等」で、

「優先すべき」を

「経済や社会的立場や外見等では無く、

本能的感覚(気)やそれに基づく思い・気持ち(意識・心)」に、

「意識的かつ積極的に{する}事」が

「有効」になる』。

『「恋愛等は、個人レベルで、それこそ誰にでも、比較的、自由に出来る事」だ。

「誰もが出来る、身近な、人間社会健常化法や地球環境問題改善法が其処に在る」』。

『「誰もが、衣・食・住・子育て等を普通に出来る人間社会を望む」なら、

「民主主義社会では、その実現も当然になる」。

「しかし、極一部の人々に偏在している経済や社会的立場や外見等を偏重する事を是とする人々の数が多ければ、

{誰もの普通}は実現し得なくなる」』。

『「恋愛等で経済や社会的立場や外見等を優先する者たち」とは、

「健常な人間社会構築」や、

「地球環境問題の改善」等を

「邪魔している者たちでもある」のだ』。

『「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる人々」には、

「相応の内実がある」』。

|

テレ朝朝番では、「大口病院の点滴異物混入~大量死亡事件では、殺意の立証困難を大宣伝」し、「志布志のUNAKO騒動売りを大応援」等だったが・・・。

『「病院に入院するくらい弱っている状態の高齢者」への「点滴」に「界面活性剤等の異物を混入」すれば、「大変な事が起きても何の不思議も無い事」は「それこそ、誰でも分かる」。

「ましてや、病院関係者等、薬や点滴等に馴染みがある人々」なら、

「尚更、良く分かる事」だ。

「更に、

実際に、死亡者が出てしまった後も、

異物混入点滴が使われ続けていた実態から」も、

「もはや、

未必の故意どころか、

殺意」が、

「明らかな状況」が「露呈している」』。

『「それなのに、

常連出演者等は、

殺意の立証は困難・・・」を、

「公共の電波上で、大宣伝していた」』。

『「何故か?」

「考えられるのは、お仲間擁護等」だろう。

「情報工作員」と

「粛清工作員」の

「暗黙のチームワークの臭いが漂っている」等と、

「感じてしまう」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「該当事態を普通に論じる」なら、

「未必の故意や、殺意等は、現況でも十分に感じられる旨」や、

「この様な実際に人が死亡する重大な事態を引き起こしても、

殺意が無い等で、逃れられない様」に、

「事故/故意・善意/悪意の区別・判別の徹底」と、

「実態・実体に基づく、適切な罪と罰」を

「必ず与える事が出来る、法・摘発体制の整備等」を「言う」のが、

「当然」だろう』。

『「志布志の騒動売り加担」には、

「本当に呆れた」が、

「もっと呆れたのは、その事についての論の内容」だった』。

『「志布志のうなぎ擬人化売りで、一番問題」なのは、

「食べ物を擬人化した事」だ』。

『「人間にとって、食べ物」とは、

「殺して(動植物等問わず、どの場合でも最終的には)、

食べ易く料理・加工等し、

食する事」で、

「自らの生存続を保つ為に要るモノ」に他ならない』。

『「人類」は「誰でも」、

「自己存続に必要」な

「食の為」の

「殺欲動」を、

「意識の有無を問わず、

持っている」。

「もちろん、この食の為の殺欲動」は、

「健常な欲動」だ』。

『「殺欲動自体」は

「自己存続の為に必要な、健常欲動」だが、

「ここで、誰もが強く意識すべき事」は、

「人類は、他の人類を食べる必要が全く無い事」だ』。

『「殺欲動」は

「自己存続にも直結しているので、誰もが手放す事は出来ない」が、

「殺人欲動」は

「人が人を食べる必要は全く無いのだから、

誰もが手放せる、もしくは、実行せずに済む、欲動」に他ならない』。

『「この重大な区別」を

「ちゃんと認識している」なら、

「食べ物の擬人化」は

「殺人欲動を醸成する事にも通じている、

重大な過ちや罪である事」が

「誰でも、解る・判る筈」だ』。

『「この手の問題を扱う」のなら、

「殺欲動」と「殺人欲動」を、

「明確に区別」し、

「誰もが、それぞれの欲動を、意識的に健常コントロールする為に、

有益な情報配信」を

「行うべき」だが、

「常連出演者等」は、

「相変わらず、いつもと同様の、どうでも良い劣悪論等」を、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士的に語っていた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「その厚顔無恥ぶり」は、

「本当にお見事!」だが、

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信上で、

どうでも良い劣悪論・訴え等や、

厚顔無恥ぶりを売って、

有名人利権を増大させようとしている様では・・・」』。

『「そんな情報を見せつけられ続けているダケでは無く、

場合によっては、

実質的マインドコントロール下に置かれてしまっている、

多くの視聴者」が、

「実人間社会の中で、どの様な行動等を起こし易くなるのか?」は、

「もはや、言うまでも無く、

実例が、

其処ら中にゾロゾロ・・・」だ』。

『「日本社会の悪化・劣化を促す情報配信を続けて来ている様相」の

「常連出演者やその裏のテレビ実権者等」は、

「現状では、

多くの一般社会人からかなりかけ離れた、

過分で多大な報酬等を得ている」』。

『「仕事内実に沿って与えられるモノ」なら、

「むしろ、報酬では無く、罪や罰や罰金の方が妥当だと思う」が、

「反日国人脈による日本社会劣化・悪化等に対するご褒美等」なら、

「現況の様な、過分な報酬等も、当然」になる』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」では、

「どんな者たちが、

どんな者たちを起用し、

立場や報酬等を与え続けて来ているのか?」が

「良く露呈している」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「クレーマーの生みの親」が小クレーマーを責めて正義ぶっていたが・・・。

『「テレビ等」では「ドラマやニュースショー等の手段を使って、殺傷事件や、いじめ(その内実は、傷害や強要等の犯罪)や、偏向・偏重を元にしたクレーム等々」の「公然化」を「行い続けて来ている」。

「公共の電波を使って、一方的に大量配信されているそんな情報」に

「毒されれば」、

「日本全国至る処」で、

「テレビ情報等と同様」の

「殺傷事件や、

いじめ(カッコ内同上)や、

クレーム等々」が

「生まれる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「この意味では、テレビ等にも、

例えば、

クレーマー問題なら、クレーマーの生みの親としての重大な責任がある」』。

『「テレビ側の責任を言わず、言えず、

実質的には、テレビ等が生みの親となっている場合も少なく無い、

具現化してしまった事件・事故等をダシに正義ぶる・・・本当に、醜悪!」だ』。

『「公共の電波を使って公然化する情報」として、

「殺傷や、いじめや、クレーム等々の実際のやり方・行われた方等の情報」と、

「殺傷欲動を殺す情報や、

いじめ欲動を解消させる情報や、

クレームと是々非々追及を区分する為に有益な情報等」の、

「どちらを主にすれば、

より良い人間社会の構築に力を加える事になるのか?」は、

「もはや、論を待たないレベルの話し」だ』。

『「実際の事件・事故等の実態を事実・現実通り、原寸大に、報道する事」と、

「どうすれば、その様な事件・事故等を無くせるのか?の具体的・現実的な対策や考え方等の情報」の、

「両方が在ってこそ、今時として、正常で健常なテレビ情報配信」だ』。

『「ところが、現状」では、

「偏向・偏重報道状態である」と「共」に

「具体的・現実的な対策・考え方等の紹介等は無く、

常連出演者等が、

事件・事故等をダシに、

正義ぶったりする事で、

有名人利権等を増大させているダケ・・・状態」だ。

「その実態は、ニュースショーでも、ドラマ等でも、変わらない」』。

『「何故?そんな酷い状態になってしまっているのか?」

「偏向・偏重内実から、その原因が強く推定出来る」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・教育等」は、

「所謂左翼、国政政党で言うなら、旧社会党や共産党系の人脈」が、

「その実権の多くを握りしめて来ている」。

「それは、所謂保守派の人々を情報・教育の座から排除した、

占領軍による異常な戦後処理ゆえの現象」だ』。

『「そして、

やはり、異常な戦後処理故に、大量に日本国内にいる、韓国(北朝鮮も含む)系の人脈との繋がりも濃い」のが、

「所謂、左翼人脈の特徴」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ等」は、

「日本国内では、ナカナカ与党になれない、

所謂左翼の人脈が実質的に支持している政党等」の、

「実質的、応援」に「終始し続けて来ている」』。

『「実質的、政治的偏向・偏重状態」は、

「多くの視聴者が、既に、実感している事」だ』。

『「その偏向・偏重状態を続ける為」には、

「原寸大報道や、実効のある対策等の情報を封印する必要性がある」』。

『「原寸大報道をするなら、

例えば、日本の刑務所の中を見れば、明らかな様に、

日本で起こされてしまっている犯罪の多く」は、

「韓国(北朝鮮も含む)人や中国人だったりしている現実がある」』。

『「例えば、

本日の事件として、

殺人事件何件・傷害事件何件等々、

その内実は・・・」と

「報道して行く、

原寸大報道番組があったとしよう」。

「その様な、原寸大報道番組の情報」では、

「旧民主党~民進党の支持者である場合も多い、

在日韓国(北朝鮮も含む)人や在日中国人の犯罪割合が多い・・・等々」の

「事態」が

「公然化する事になる」』。

『「それは、テレビ界等実権者の支持政党等を不利にする、

テレビ界等の実権者たちなら、絶対に、大々的に配信したくない情報の類」だろう』。

『「それを誤魔化す為」には、

「大衆の興味をひき付け易い、

芸能人ネタや、不倫ネタや、暴力団とも馴染みが深い覚醒剤等のネタを、

大々的にばら撒く、

錯乱策等が有効だ」とでも、

「考えている」のだろう。

「裏では、人権や外交問題を持ち出し、正義ぶる策も使っている」かも知れない』。

『「反日国や反日国人脈による、日本や日本人へのクレーム」等を、

「大々的に宣伝し、公然化し続けて来ている裏」には、

「それらの国や人脈による日本や日本人への実害を隠蔽して来ている、

実質的、悪事が在る」。

「北朝鮮による拉致を始めとする工作活動等に対し、

日本国内の拉致実行者や協力者等を告発しない裏」にも、

「相応の人脈的理由や告発出来ない理由等が在る」と

「強く推定出来る」』。

『「人殺しの仕事人」では無く、

「殺欲動を殺す仕事人」の「ホン」が「何故かけない?」

「いじめのやり方や収拾法等が良く分かるドラマ」では無く、

「いじめ欲動自体を解消するドラマ」が、

「何故つくれない?」

「事件・事故等について、事実・現実に基づいた、原寸大報道に、

何故徹しきれない?」

「人や政治や思想信条等の偏向・偏重」を

「何故やめられない?」』

『「・・・その裏には、

劣悪者や未熟者たちによる、

愚かな代償欲求追及欲が在る」』。

『「テレビ・ラジオ等の公共の電波を使った大仕事を行う前」に、

「他の者・物・事の支配等を追及する代償欲求くらい、

ちゃんと健常範囲にセルフコントロール出来ていて、

然るべき」だ』。

『「ところが、現状のテレビ界等の実権者たちも、

常連出演者たち」も、

「厚顔無恥こそが、能力と言わんばかり・・・に、

代償欲求の追及に奔走している様相」なのだ』。

『「そんな者たちに、公共の電波を使わせて、情報を大量配信させていたところ」で、

「ロクな事は何も無い」。

「実際に、日本社会は、どんどん荒んできている様相」だ』。

『「そんな事態を改善する為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングではオバマ大統領の演説をダシに常連出演者等が要でもない事を公共の電波上で語っていたが・・・。

『「核兵器無き世界」や「格差・貧困等の問題」等の「訴え」は、「それこそ、誰でも出来る」。

「不機嫌・不寛容社会等」や「差別・排除等」や「ファシズム化懸念等」の「訴え」も「同様」だ。

「肝要な事」は、

「その原因の理解・把握等」と「具体的な対策案や対策のロードマップ等に他ならない」』。

『「オバマ大統領」の「耳障りの良い(読むなら目障りの良い){優等生的演説}」が、

「聴衆や読者の心の芯に、今一、響かない」のは、

「世界屈指の実権を持つ大統領にも関わらず、

{訴え}だったから」だ』。

『「まるで、神や救世主等の救いを求めている様な、その様相」は、

「本当に{残念!}」だ』。

『「常連出演者等にしても、

実態は、

オバマ大統領の更に下に居る、

救いを求めていながら、

リーダーぶり優等生ぶり紳士ぶっている」、

「実質的、迷い子たちの様相」だ。

「そんなモノを公共の電波上で、

見せつけられていながら、

頼ったり、頼れる等と思おうとしていたり・・・させられている状態の視聴者」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「今時の多くの人々」は、

「既に気づいている」。

「現状の格差の原因」は、

「現状の経済システムに在る事を!」

「現状の経済システムの実体」は、

「金融資本会側が実体経済側より圧倒的に優位な、

大資本を持つ者なら容易に勝ち組になれる場合がほとんどの、

インチキ、或いは、歪んでいる、経済による比べっこ支配権争いシステムである事を!」

「問題のある経済システムをそのままに、

現状の経済・社会システム上では、大きな力が持てている、大資本家等たちが、

経済による比べっこ支配権争いを続ける」なら、

「経済(お金)以外の力である法や規制等を緩くし、

人間社会における経済(お金)支配割合を高める事による、

搾取土壌の拡大により、

大資本家等たちの下への流入経済増大が必要になってしまう事を!」

「規制を緩和し、国境線を低くする、所謂、グローバル化の実体」とは、

「その分だけ、

その人間社会の中の何処の誰に対しても、

経済(お金)による支配力が増す事を!」

「そんな人間社会の状態」なら

「それぞれが、今、保有している立場の中等で、

出来るだけ多くのお金を自分の下に集めて、

自分を守らなくてはならなくなってしまう事を!」

「経済(お金等)権力等の血統相続が認められている現状」では、

「大金持ち等の下に産まれたダケで、既に、勝ち組キップが保有出来ている事を!」

「そして、現状の社会の不公平・不平等を直す為にも、

現行社会システム上では、経済支配力が必要になってしまっている事を!」

「産まれながらの負け組キップを強制的に保有させられている多くの人々の中」に、

「必然的に、不機嫌・不寛容が生まれ、

経済支配力の増大に沿って、

不機嫌・不寛容も増大している事を!」

・・・・・・・。

「直すべきは、現状の経済システムである事を!!」』

『「現状人間社会の中の軍事力」とは、

「主として、経済の後ろ盾」だ。

「核兵器はその象徴的兵器に他ならない」』。

『「そもそもが、人類の歴史」は、

「武力による命がけの比べっこ支配権争いが主役の時代が長く続いていた」。

「武力による命がけの比べっこ支配権争いを主役の座から引き摺り下ろした」のが、

「核兵器」だ』。

『「核兵器同士による命がけの比べっこ支配権争いを実践してしまえば、

人類自体が滅亡してしまう」。

「核兵器保有=武力による命がけの比べっこ支配権争いが仕掛けられる事に対する免罪符みたいなモノ」だ。

「もちろん、その免罪符に実効が有るか?否か?は、全く別問題」だ』。

『「武力にしても、経済にしても、

比べっこ支配権争い」こそが

「問題の本質」だ。

「そして、それも、人類の精神文化がつくり出している問題」だ』。

『「ここで、

何に対する支配権を争っているのか?」を「検証する」なら、

「更に、問題の本質がはっきりする」』。

『「現状の多くの人々が支配したがっている」のは、

「自分の健康や自分の実体である地球生命体細胞群の良好な状態では無い」。

「他人であり、他の物事等」だ。

「そして、他人や他の物事等の支配追及」とは、

「代償欲求追及の世界に他ならない」』。

『「もはや、迷子の正体もお分かり」だろう。

「過剰な代償欲求追及者」とは、

「自分迷子」なのである』。

『「自分迷子」は「現状の社会的立場や経済状態等無関係に起こっている」。

「何故なら、現状では、

自分迷子にならない為の情報・教育等が圧倒的に不足しているから」だ』。

『「人類の物質文明の急速な進歩・進化」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故の現象」だ。

「ところが、人類は、何故か?精神文化側では、

例えば、自分の実体等、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が、

非常に疎か」だ』。

『「科学レベルの物質文明」を、

「考え・思いによる納得レベル(宗教レベル)の精神文化」で

「実用している」のが、

「現状の人類のお寒い実態・実体」だ』。

『「米国大統領等の重大な立場が有る」のなら、

「就任時に、

全世界の人々を自分迷子状態から解放する為に、

精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を積極的かつ意識的に実用する事による、

実効のある情報・教育等の意識的かつ積極的な配信を行う等の宣言でもして、

実行すれば良かった」のだ。

「そうしていたなら、大統領として、国連等で最後の演説を行う時」には、

「相応の実績を語れた筈」だ』。

『「オバマ大統領の代では、

残念ながら、そうは、出来なかった」が、

「次の大統領の代では、是非とも、その様にして頂きたい」と、

「強く願っている」』。

『「比べっこをする」なら、

「他の者・物・事等の支配権では無く」、

「自分で自分を健康にコントロールし続けている事」や、

「自分の実体である地球生命体細胞群の本来の目的である、

その存続~永続への貢献」だ』。

『「今時の人類として、当たり前の基本中の基本さえ???の様相の連中」に、

「公共の電波上で、要でも無い事等を、大々的に語らせたりしていても、ロクな事は何も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

先ほど、本日のサンデーモーニングについての記事をアップしようとしたら、またまた、書き込み中に砂時計となり、解除されない妨害が入ったので、該当記事は、執拗にアップし直す事にする・・・。

『「覗き見~妨害工作員」の「摘発」は「何時だろうか?」

「もう、既に、プロバイダーのセキュリティー等では、判っている筈」だが』。

|

豊洲問題の本質・・・。

『「第一」は「{実}安全か?否か?」だ。「次」に「コンクリート枠地下空間が、善意でつくられたか?悪意でつくられたか?」だ。

「この二点を見失わなければ、豊洲問題の本質は、誰にでも分かる」』。

『「現状での{実}安全」は、

「ほぼ間違いなく、大丈夫」だ。

「アレ程、あら捜し等が好きな、テレビ・マスコミ等の連中や反対野党や宗教レベル与党等の連中」でも、

「検出出来ている」のは、

「検出限界ギリギリのシアン」や、

「環境基準内の鉛等々」だ。

「安全面での{実}を言う」なら、

「豊洲の極微量有害物の害」より、

「例えば、

交通事故危険等の一般生活危険等や、

タバコや数多くの食品に転嫁されている食品添加物の{実}害等や、

食べ過ぎ・飲み過ぎ等の害の方」が

「圧倒的に大きい」のが、

「現実」だ』。

『「安全潔癖症等の方々」は

「気にすべき順番等」を

「決して、忘れるべきでは無い」』。

『「地下コンクリート箱空間」は、

「東日本大震災の後」に「つくられる方向になった」らしい』。

『「東日本大震災で明らかになった{実}現象の一つ」は、

「地盤の液状化」だ。

「地盤が液状化する事で、地下の有害物質が上がって来てしまった時の対応」を

「考える」なら、

「建物と地盤の間の対策作業可能空間こそが、非常に有効になる」』。

『「豊洲計画上」で、

「建物と地盤の間に対策作業可能空間をつくる事を考える」なら、

「埋め戻した後に、高床式に空間を設ける手法」と、

「埋め戻しを無しにして、地下にコンクリート箱を埋める事で空間を設ける手法等」が

「ある事になる」』。

『「当然、埋め戻した後、高床式・・・」では、

「ダブルで、お金がかかり過ぎる事になる」。

「逆に、掘ったところにコンクリート箱」なら、

「お金は節約出来る」が、

「当初の公言とは違う実態になる」』。

『「当初の公言とは違う実態を

実現する事を公言する」となると、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」や

「反対野党人脈等」による

「悪戯な批判・非難等の嵐にさらされる事になる」』。

『「東日本大震災で明らかになった液状化等の対策の為の策」として、

「土を入れ替える為に、掘って出来た地下に、コンクリート箱を埋める案」は、

「お金を節約する事を優先する」なら、

「当然の如く選択される、最有力案だった」に違い無い』。

『「問題は、その選択を公言してしまった時」の、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等への対応」だ』。

『「東日本大震災時の福島第一原発被災事故」でも、

「悪戯な放射能潔癖症を大々的に煽った」のが、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だった』。

『「記者会見等で、プラン変更を公言していた」なら、

「放射能潔癖症煽り」と「同様」の、

「豊洲安全潔癖症煽り」が、

「勃発する事は、想像に難く無い」』。

『「元々が、善意に基づいた万全対策&節税策だった」ので、

「沈黙や隠す事が金となる場合も在る等」と、

「当時の都の官僚等は考えた」のだろう』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等の連中」より、

「賢い等」の

「自負を持ち易い」のが、

「学歴担保社会上の官僚たちの実態」だ』。

『「しかし、官僚たち等」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界レベルの反逆の可能性」を、

「余りにも、過小評価していた」』。

『「官僚まで上り詰められずに、テレビ・ラジオ・マスコミ界等に行っている連中」の

「官僚に対するコンプレックスや反動形成」は、

「例え、学生時代には、仲の良い友達等」でも、

「上辺のより出来る友達等との仲の良い付き合い仮面等の裏」では、

「かなりのモノになっている場合が多い」』。

『「なまじ、少々、学力上は、

所謂、有名校・一流校等に入れない者たちより出来ていたダケ」に、

「所謂、有名校・一流校等に入れた者同士の比べっこ支配権争い等」は、

「より始末が悪い場合が多くなり易い」のだ』。

『「かつての、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」で、

「官僚より遥かにおバカな政治家たちに政治主導させた事」を、

「懸命に正当化しようとしていた」のは、

「当時の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」だった』。

『「今、東京都でも、舛添&都議会自民党ダメ!~都知事交代!!~小池!!!」で、

「小池の下には、民主党政権時の政治主導者たちの様な者たちが、集められ、

実権を持たされている」。

「今後の事態」は、

「想像に難くない」』。

『「今、豊洲問題をダシに行われている自虐劇」の「実体」とは、

「都の官僚」と

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者たち」との「間」の、

「どっちがより賢いか?比べっこ支配権争い」に他ならない』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界の実権者連中」は、

「身近にいるお仲間として、

韓国(北朝鮮も含む)系・中国共産党系等の人脈の者たちも巻き込み、

使う事や利権を与える事等」が「得意」だ。

「民主党政権時の、利韓(北朝も含む)・利中共政策」には、

「相応の人脈的バックグランドがある」』。

『「何れにしても、

くだらないセカンド優等生とでもゆうべき連中が起こしている、

比べっこ支配権争いの為」に、

「多くの都民の{実}利や、{実}金等が、台無しにされている」のだ』。

『「単なる比べっこ」なら、

「官僚側が圧倒的に有利」だが、

「支配権争いとなる」と、

「圧倒的な配信力≒大衆マインドコントロール力」を

「持つ」、

「テレビ・ラジオ・マスコミ側」が

「圧倒的に有利になる」』。

『「言わば、本質論では無く、

大衆操り上の民意等による該当問題に対する実質的支配権略奪等」により、

「多くの東京都民や日本国民等にとっての自虐政策等を実現しようとしている」のが、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」だ』。

『「多くの都民や日本国民にとっては、実に、自虐的な実態が其処に在る」』。

『「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等に操られてしまう人々の数が多ければ、多い程」、

「この自虐劇等」が、

「益々、拡大してしまう事になる」』。

『「民主主義社会の基本」は、

「民度」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られない民度を持つ人々の割合」を、

「どんどん増大させる為」にも、

「多くの人々の、精神文化の正常進歩・正常進化」は、

「急務」だ』。

|

昨晩、NHKクローズアップ現代では、未だに、遺骨問題をその利権擁護側の論調で論じていたらしいが・・・。

『「もはや、おバカや悪もいい加減にしろ!」の「域」だろう。「人を含む、ほとんど全ての生物の誕生・死は、細胞ごとである事は、既に、とっくの昔に、科学レベルで明らかになっている」。

「今時なら、小学生だって、知っている人がほとんど」だろう。

「更に、

骨だって、

新陳代謝している事」や、

「人の意識」は、

「丸ごと一人で考え・思いたがる事」等も、

「既に、明らか」だ。

「遺骨に故人を被せる思いの実体」も、

「既に、多くの方々が気付き、意識的にも、十分に、理解・把握出来ている」だろう』。

『「細胞ごとの誕生・死という実体がよく分からなかった時代の人々」は、

「人が亡くなる」と、

「多くの場合、地中に埋める等」の

「埋葬法により、その時の意識上の混乱を鎮めようとした」。

「埋めた後でも、万一、生き返っているかも知れないのに土の中のままでは、心苦しい等」と、

「考え・思う人々が生まれる」のは、

「当時の人々の当然現象」で、

「中には、掘り返して、生き返っているか?どうか?を確かめた者が居た事等」は、

「想像に難く無い」』。

『「掘り返してみると、遺体は遺骨化している場合が多かった」のは、

「当然の現象」だが、

「その遺骨を見た時の当時の人々の思いの多く」が、

「故人を埋めてしまったうしろめたさによる反動形成」で、

「遺骨にこそ、故人の魂等が宿っている等となった事」も、

「想像に難く無い」』。

『「火葬となれば、そのうしろめたさは、土葬の比では無い」』。

『「その様な心理現象の結果、

骨は、埋めても焼いても残る、

故人の魂が宿るモノ」等という、

「骨信仰が出来上がった」と

「強く推定出来る」』。

『「今時の人々なら、誰もが、骨も、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら新陳代謝しているモノである事を知っている」。

「それは、科学レベルで判明している現実」だ』。

『「誕生・死が細胞ごと」なら、

「丸ごと一人の死生観等も、矛盾に満ちたモノになる事等」も、

「多くの人々が、良く分かる」』。

『「もはや、骨信仰は、崩れ、

焼け残りとしての骨の処理に困る人々の数が増えてしまっている」のが、

「現状」だ』。

『「焼け残りの遺骨」でも、

「適当なところに放置してしまう」と、

「殺害等されてしまった方々の遺骨等との区別に苦労する事になってしまう」。

「そこで、遺骨形態のまま、適当なところに放置等の行為は、法律で禁じられている」』。

『「細かく砕き、散骨する」なら、

「散骨を受け入れてくれている場所の範囲で、可」というのが、

「現状の法体制」で、

「遺骨形態で埋葬する」なら、

「相応の権利が与えられている所の下で、という、実質的、利権保護まで付いている」』。

『「利権には、お金が付き纏うのが常」だ。

「埋葬で、いくら、

墓が付けば、更に、いくら上積み、

・・・等々が当然」となり、

「その裏」では、

「その実質的、事業者等」に

「相応の利益がもたらされている」』。

『「遺骨埋葬等を、遺族の意志等にそって、タダで請け負う処等は、ほとんど無い」のが

「実態」だ。

「もちろん、その様な意志を持つ遺族とは、骨信仰者に他ならないが」・・・』。

『「今時の人の感覚」なら、

「遺骨より、故人のゲノム」だろう。

「それは、故人のゲノムデータでも良い」だろう。

「そうなれば、墓として、土地や石など要らず、

それこそ、

遺族等の家の中の机の引き出しの中のメモリースティックや、

パソコンの中のデータや、

クラウド上のデータ等々で、

十分になる」。

「問題は、未だ、付き纏っている遺骨処分やそれに関する法等」になる』。

『「元々が、新陳代謝した後は、トイレに流したり、垢として風呂等で流したり・・・というのが、現状の多くの人々の実態・実体」だ。

「新陳代謝が不可能となる死んでしまった人の遺体」も、

「新陳代謝で考えるなら、

新たに生まれる細胞は無く、

死んだ細胞は、何れは、

生きていた時の死んだ細胞同様でも、

何ら不自然では無い」』。

『「遺骨問題を論じる前」には、

「死生観の問題の今時化を行うべき」だ。

「丸ごと一人の死生観のまま」とは、

「意識と科学レベルで判明している事実・現実との間に、

大きな祖語が有る状態に他ならない」』。

『「精神文化の正常進化が激烈に望まれている今日、

せっかくの多大なる情報配信力を持つ公共の電波上で情報配信を行う」なら、

「旧態依然とした丸ごと一人の死生観や、

遺骨{利権}等に、

偏向せず、

ちゃんと、今時、当たり前に在る、

今時流の死生観や、

多くの人々の考え・思い等も、

実用した、

実質的情報隠蔽等の無い、

公明正大な論を、

公開するべき」だ』。

『「その事によって、多くの人々の精神文化の正常進化」を

「誘い」、

「例えば、

都会に一等地に、未だ、在る、

遺骨埋葬の為の墓地等の、

有効転用活用等による、

経済活性化等も、

可能にして行くべき」だろう』。

『「情報を一方的に大量配信出来る機関による影響力は大きい」。

「未来の扉が開く様子を伺わせ、日本社会を明るくする」も、

「旧態依然とした過去の精神文化上の重く暗い論等で、日本社会を暗くする」も、

「情報配信者の資質問題」だ』。

『「何れにしても、現状のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

NHKニュースでは「情報公開が危ない!」と、「実質的、{スティルス公開請求}請求者情報非公開」を訴えていたが・・・。

『「情報公開」と「情報配信力等」との「区別無き情報公開論」とは「インチキ論に他ならない」。

「情報公開の面」では、

「公開請求者情報も公開する事こそが当たり前の事」だ。

「ところが、一般的に多く考えられてしまっている」のは、

「イメージ的」に、

「情報公開請求者は弱者だと思い込まされている幻想論」だ』。

『「もちろん、情報公開請求者」は、

「所謂、情報配信力弱者である場合がほとんど全て」の、

「一般個人ダケとは限ら無い」。

「むしろ、

上辺は市民、内実は、政治運動家や政治団体構成員によるモノ」や、

「所謂、マスコミ人等によるモノ」が、

「その大部分」だ』。

『「情報公開請求者」を、

「区分抜きに、非公開とする情報公開の実態・実体」とは、

「情報公開請求者による、スティルス攻撃を可能にする事に他ならない」』。

『「つまり、情報公開請求者側を一方的に利しているアンバランス状態を提供してしまっている事」なのだ』。

『「弱者保護等の面から、

情報公開請求者の非公開には正当性がある等」と

「思い込まされてしまっている方々」は、

「未だ、多い」。

「しかし、その弱者保護」に

「実態・実体や正当性等があるのか?」等を

「疑い、検証する事等は、決して、忘れるべきでは無い」』。

『「例えば、大マスコミ等による、地方議会議員等に対する情報公開請求の場合はどうだろうか?」

「言うまでも無く、

相対的弱者とは、

その場合なら、

地方議員等の方になる」。

「何しろ、情報発信力が圧倒的に違うから」だ』。

『「情報は、公開されたダケでは、大した力を持ちえない場合が多い」。

「しかし、どんなに些細な情報でも、多大なる情報配信力を持つ機関等によって、大衆周知させられるなら、

その多くの場合で、

異常な程の力を持ち得てしまう」。

「情報公開」で

「絶対に忘れるべきでは無い事」は、

「公開によって明らかになった情報の配信実態・実体」だ』。

『「大マスコミ等による情報公開請求に正当性がある」のなら、

「大マスコミが、情報公開請求者であった事」を

「情報公開されても、何も困らない筈」だ』。

『「元々、絶大レベルの情報配信力が有るのだから、

万一、情報公開請求者である事を公開されて困る事態が起きてしまった時等」には、

「その旨を大々的に情報配信すれば良いダケ」だ』。

『「情報公開請求者情報公開」で、

「考慮すべき」は、

「情報公開請求者の情報配信力に他ならない」』。

『「情報公開を言う」なら、

「情報公開請求者情報も含めて公開」が「当たり前」だ。

「その当たり前の事態を曲げる正当性を得る為」には、

「相応の実体が無ければダメ!な事」も「当たり前」だ』。

『「情報公開請求者の情報配信力」が、

「被情報公開請求者等の情報配信力等に対して、圧倒的に劣っている場合のみ、

情報公開請求者の情報公開が行われなくても良い、

ある種の正当性が生まれている」』。

『「それなのに、NHKニュース」では、

「情報公開請求者なら無条件で情報公開請求者情報を公開されなくて良い論的論調」を、

「公共の電波を使って、大々的に配信した」のだから、

「本当に、悪劣」だ』。

『「それは、まるで、該当問題の情報公開請求者である、

一部マスコミや実質的政治運動家たち等を、

実質的に擁護する、

偏向・偏重情報」だ』。

『「公共の電波を使って、その様な偏向・偏重情報配信が許されてしまう事」は、

「テレビ・ラジオ等悪用のファシズムに直結している」』。

『「是正等は、急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「USJの呪いアトラクションで、供養を依頼された実物が使用されている問題」や「豊洲以外に移転でしょ!論等」を大々的に配信していたが・・・。

『「供養」と「安全潔癖症」等々は、「同様の精神構造上にある心理現象」だ。

「人は誰でも、

自らが分かっている・知っている者・物・事等」には、

「不安を必要とする{実}が無ければ、不安を抱かず、

自らが分からない・知らない者・物・事等」には、

「{実}があろうが、無かろうが、不安を抱き易い」』。

『「そして、不安解消の為の手段」として、

「不安の元自体を無くす事」や、

「他の者・物・事等による不安解消のお墨付き等を、欲し易い」』。

『「人形供養」の「実体」とは、

「当人の{物}にせよ、他の近親者等の{物}にせよ、

今まで、散々、かわいがったり、大事にしていたりした、

人の形をした{物}」を、

「廃棄処分する事に対する、ある種のうしろめたさ等」を、

「お坊さんや神主さんに預け、読経やお祓い等をしてもらう事」で、

「和らげ、納得し、無くして行く、

心理作業」だ』。

『「{物}を物として扱う前」に、

「強い気持ちや思い等がある場合、

自分自身で、その強い気持ちや思い等を理解・把握~セルフコントロール~解消・昇華等する事等を、

知らない、学んでいない、教えられていない人々の場合」は、

「該当{物}供養等」の、

「他の者・物・事等を利用した、

落着き幻想への誘い法等」も、

「とても、{あり難い}事等に出来てしまっている場合が多い」』。

『「もちろん、供養」では、

「自らの心理考察が深まったり、

心理コントロールがより上手くなり、

自らを事実・現実と共にある状態に置く事で初めて得られる本当の落着きが得られたり、

・・・する訳も無い」。

「供養を欲する人々」が、

「自己理解・把握やセルフコントロール等の深化により、

供養不要になる為」には、

「供養より、

ちゃんとした精神心理学を学び、自分のモノにしたり、

ちゃんとしたセルフコントロールを身につける訓練等をした方が、

遥かに、理に適っている」』。

『「しかし、

それらの源流対策が困難な状態の人々」や

「一時緊急避難等が必要な人々」にとっては、

「供養も、あり難い{ツール}の一つ」だ』。

『「多くの人々が、既に、気づいている事」は、

「供養を依頼された人形」とは、

「心のセルフコントロール等があまり得意では無い方々によって出されている場合が多い事」だ』。

『「アトラクションの見世物」として、

「自らが供養をお願いした人形が出されていた事に気づいたりする事」で、

「心が乱されたりし易い状態の方々」を、

「生み出している{真の呪い}が其処にある」等と、

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「もちろん、その禁じ手レベルの{真の呪い}」は、

「アトラクションだから・・・等の理由で、称賛・賛美等されるべき事では断じて無い」。

「批判・非難等が当然の事」だ』。

『「{真の呪い}の源流対策を、

全ての該当される方々に対して

ちゃんと行った後」なら、

「供養依頼人形のアトラクション使用」は、

「ある種のリサイクル」なので、

「大いに称賛・賛美等されても、ある意味、当然」だろう』。

『「心の問題と{物}の問題は、

実体通り、それぞれ別々に、理解・把握~処理等する、

今時の人類として、ある意味、当然の実態を持っている」、

「{物}を物として、実体通り、理解・把握する習慣を持つ人々」が、

「人形等を捨てる時に考え・悩むのは、リサイクルをどうするか?」くらいだ』。

『「人形供養」も

「丸ごと一人の死生観に基づいた人供養」と「同様の精神問題」に他ならない』。

『「今時の人類」なら、

「細胞ごとの誕生・死という、ありのままの生物実態」と、

「丸ごと一個体レベルで理解・把握・考察等したがる、生物意識の実態」の

「両方」を

「意識的かつ積極的に、理解・把握・使用等していて、当然」だろう』。

『「人の思いや感情等の問題」は

「ちゃんとした心理学を義務教育から普及させる事」で、

「多くの人々が、かなり、良好な状態を維持し易くなる」。

「今時、せっかく教えるなら、断じて、道徳では無い」。

「ちゃんとした心理学だ!」』

『「豊洲問題」でも、

「{実}で考えず、

{潔癖症論理の上}で嫌がっている・嫌がらせられている人々」が、

「未だ、多い」。

「まるで、福島第一原発被災事故時の{放射能潔癖症}と同様に・・・」』。

『「検出限界ギリギリのシアンが、あるサンプルから検出された」等と

「大騒ぎしている」が、

「{実}問題」は、

「シアン総量」と、

「{実}害」だ。

「どのサンプルからでもシアンが検出され、かなりのシアン総量がある事が明らか」なら、

「{実}害」も

「あり得る」が、

「現時点では、あるサンプルだけの話し」だ。

「大騒ぎする」なら、

「シアンが出たゾ~!」では無く、

「他も調べ、総量と{実}害を明らかにしろ~!」等だろう』。

『「{潔癖症論理}で大衆や政治等を操り、

新たな不当利権や、税金の無駄遣い等をドンドン作り出せば、

その分、日本や東京等の自虐度が高くなる」』。

『「環境問題に真剣に取り組み、

現状のインチキ経済システム・社会システム等の是正等にも、大いに力を注がなければいけない状態上に在る

今時の人類なのに、

未だに、旧態依然とした、

大衆操りの支配権争いを行い続けている様相」の

「時代遅れの者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「精神文化の正常進化」が

「激烈に必要なこの時代」に、

「時代遅れの者たちに、

旧態依然とした精神文化上での

利権争奪戦等を

行わせている場合では無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

未だに、豊洲安全潔癖症を煽っているテレビ番組等が多い様だが・・・。

『「有害物質や有毒物質等が検出されても、その{実}濃度こそが問題」だ。

「つまり、{実}濃度を言わないテレビ・マスコミ等の情報」の「真の目的」は、

「不安煽り&豊洲潰し等」と

「強く推定出来る」』。

『「万一、有害物質や有毒物質等の{実}濃度」が、

「{実}害レベル」なら、

「もちろん、言うまでも無く、豊洲移転はダメ!」だ』。

『「しかし、{実}無害」なら、

「豊洲移転を止めたり、滞らせたりする事がダメ!」だ』。

『「潔癖症詐欺等」に、

「騙され、操られてしまう、一般日本国民の数が多ければ多い程、

日本の自虐度は高くなり易い」』。

『「実」で「考える」なら、

「誰もが解る事」だ』。

『「コンクリート箱設置」と、

「土埋め」による、

「安全性の違い等」も』。

『「地下空間製造の目的」は、

「多様的・多角的に考えた上での、安全担保の為か?」

「その事による、不当利権等製造の為」だろう』。

『「不当利権等製造の為」なら、

「綿密に調べ、利権の行き着く先を突き止めれば、全体像等も、ほぼ、判る筈」だ』。

『「多様的・多角的に考えた上」での「安全担保」とは、

「実は、素人には、解り辛いが故に否定され易い事」でもある』。

『「素人に解り辛く否定され易い者・物・事等」を

「解り易く説明する役割」は、

「本来なら、テレビ・ラジオ・マスコミ等や、学校教育等が、担っている」』。

『「ところが、その解り易く説明する役割を持っている者たち」が、

「自分たちの思想・信条や政治的思惑等に沿って、

解り易さをコントロールしてしまう」と、

「多くの人々が、マインドコントロール状態に陥らされてしまい易い」』。

『「日教組等の学校教師等による教育の優等生」が、

「日本に自虐を強い、反日国等を不当に利す情報配信等を出来てしまっている」のは、

「単なる偶然では無い」』。

『「何れにしても、豊洲問題、{実}安全か?否か?こそが、一番の問題」だ』。

『「真の報道機関等」なら、

「基軸は、其処以外に在り得ない」』。

『「{実}危険なのに、移転はダメ!」だが、

「{実}安全なのに、移転妨害等は、もっと、ダメ!」だ』。

『「真の報道機関等」なら、

「{実}安全か?{実}危険か?」

の「実体検証」と、

「{実}安全なら、移転を急ぐべき論、

&{実}危険なら、移転を止めるべき論」等に、

「スポットライトを当てた情報配信をするべき」だ』。

『「{実}では無い、{イメージ}危険等」で、

「多くの視聴者を操ろうとしている様相」の、

「日本に自虐を求める事が大好き」な、

「反日国人脈の手先の情報工作機関等」なら、

「実では無く、イメージで、大衆を操る事に邁進等する事こそ」が、

「合理的になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等」は、

「異常な戦後処理をそのまま引き摺っているが故」に、

「旧社会党系人脈や共産党系人脈との繋がりが濃い」。

「旧社会党系人脈と、

北朝鮮や中国共産党等との繋がりの濃さ」は、

「今更、言うまでも無い」だろう。

「その面」では、

「多くの日本国民にとっては、意外な事」に、

「日本共産党系人脈と、

北朝鮮や中国共産党等との繋がりの濃さは、

旧社会党ほどでは無い」。

「共産党系人脈が濃い繋がりを持っていたのは、旧ソ連人脈」であり、

「旧ソ連がロシアとなってから」は、

「日本共産党は、根っこが無くなった様な状態」だ』。

『「それでも、もちろん、日本共産党は、保守側、例えば、自民党等との連合状態とはなっていない」。

「所謂、左翼、連合として、現状の野党連合は、

作られている」』。

『「日本共産党」の「原理原則放棄」や「野党共闘等」には、

「相応のベースが在る」』。

『「元々は、日本国では無い国(旧ソ連)の人脈による多大な支援の下で、誕生している」ので、

「その表向きの思想・信条等にも忠実」で、

「原理原則を守りたがっていた」が、

「根っこの旧ソ連がロシアとなっている、根っこが切れた現状」では、

「原理原則維持より、

保身や

所謂、左翼、野党勢力の増大の為等に邁進している」のが、

「実態」だ』。

『「北朝鮮とは、それ程、近く無いが故」に、

「原理原則通りに、

在日朝鮮人を北朝鮮に帰還させる事こそが、

正義等と思い込んでいた様相だった」のが、

「かつての、日本共産党の実態」だ』。

・・・・・・・。

『「豊洲問題」の「調査」は、

「{実}安全面」と

「{実}利権面」に、

「分けて行われ、報道されるべき」だ』。

『「安全面」で「{実}問題がある」のなら、

「豊洲移転中止も視野に入れた{実}効のある対策が必要」だが、

「{実}問題が無い」のなら、

「移転を滞らせる事が、日本国・東京都・日本国民・東京都民等に、損害をもたらしてしまう事になる」』。

『「{実}利権問題について」は、

「移転問題とは全く別に、徹底検証されるべき事」だ。

「そして、万一、不当利権があったのなら、徹底的に、糾弾されるべき」だ』。

『「それなのに、未だに、小池ヨイショ!の為の情報配信等」で、

「本質を黙殺している様相のテレビ番組等が多過ぎる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「実権者人脈も含めた、健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

豊洲地下空間問題で小池新党の布石か(?)小池ご用達者がゾロリの専門家委員会再設定・・・。

『「テレビ・マスコミ等の裏にいる実権者たち」は、「少し前に、テレビ・マスコミ等による大衆誘導等により、民主党政権を成立させ、行いたい政治・政策等を行わせた」・・・。

「しかし、民主党政権が行った(或いは、民主党政権に行わせた)政治・政策等」が、

「多くの一般日本国民からの支持・賛同等を得られない事のオンパレード・・・」では、

「民主党による政権維持は無理だった」。

「テレビ・マスコミ等による民主党援護の大衆誘導等も虚しく、

民主党は下野せざるを得なくなり、

民主党は今はもう、その名も無い」』。

『「テレビ・マスコミ等の裏にいる実権者たち」も、

「もはや、民主党の流れの民進党」では、

「政権奪取は無理」と「分かっている」のだろう』。

『「戦後日本の情報・教育界と繋がりが濃い政党」と言えば、

「旧社会党」と「共産党」だ。

「それは、所謂、保守・右翼人脈を情報・教育界から意図的に外した

占領政策故の現象でもある」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界」と「旧社会党人脈」とは、

「実権者レベルで、かなり濃い繋がりを持ち続けて来ている」』。

『「未だに、所謂、左翼的な論調を主軸にしたがる番組等が多い裏」には、

「相応のベースや実態が在る」のだ』。

『「かつて、旧社会党に対する多くの一般日本国民からのダメ出し」が、

「行われた時」、

「旧社会党」は、

「見せ球的な、上辺は本流、内実は???の少数政党である社民党」と、

「民主党の中に流れ込んだ多くの議員等」に、

「分かれる事」で、

「民主党仮面の裏で、多数が生き残った」』。

『「旧社会党が二大政党の一翼の座から降ろされた頃」から、

「テレビ等では、盛んに、テレビによる有名人化~政界送り込み等が行われる様になる」。

「送り込まれ先」は、

「保守側の場合もあれば、左翼側の場合もある」』。

『「民主党~民進党の流れの上」には、

「政権奪取は無い」と「実感しているテレビ・マスコミ等の裏にいる実権者たち」が、

「政権奪取の為に、今、着々と用意している」のが、

「テレビ・マスコミ新党とでも言うべき存在」だ』。

『「小池都知事も、蓮舫代表」も、

「その流れの上の存在に他ならない」。

「何れは、小池氏一派と蓮舫氏一派を集合させて、政権奪取等する事」が、

「容易に推定出来る」』。

『「現状」では、

「小池一派」と

「蓮舫一派」の「数を増やす事」に、

「邁進している様相」なのが、

「昨今のテレビ・マスコミ等」だ。

「豊洲問題もその為のダシの一つに他ならない」』。

『「新たに専門家委員会が再編成された」が、

「その中には、当然の様に、テレビご用達専門家がいる」。

「有名人利権が膨らみ、大衆を惹き付けられる域になった」なら、

「上辺は、どの政党に属する形をとっても、内実は、テレビ・マスコミ新党の一員」として、

「政界転身もあり得る」だろう』。

『「橋下氏や小池氏」が、

「保守系のテレビ・マスコミ新党要員」なら、

「蓮舫氏等」は、

「左翼系のテレビ・マスコミ新党要員」だ。

「そして、その両党」が、

「それぞれ、自民党等と政権争いをする形にすれば、

多くの視聴者・読者等をテレビ・マスコミ新党側に投票する様に操り易い」等と、

「考えている」と「強く推定出来る」』。

『「保守系」と「左翼系」の「テレビ・マスコミ新党連合」の「議席数」が、

「与党分に達する」なら、

「政権交代も可能になってしまう」』。

『「とりあえずは、その東京都版」が、

「近々、行われる事になる可能性は、決して小さく無い」。

「それは、小池新党や都議会民進党系(+共産党系)の構成員の人気と数次第」だ』。

『「今、テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「テレビ・マスコミ等の裏にいる実権者が、実質的に、政権を奪取する為」の、

「上辺の駒」の、

「好感イメージ増大作戦」や、

「有名人化作戦」が、

「着々と行われてしまっている」と、

「強く推定出来る」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・マスコミ等」や、

「公共的マスコミ」が、

「大衆誘導~政権奪取等出来てしまう様」では、

「本当に、アブナイ!!」』

『「多くの日本国民は、この手の危険性に、もっと、もっと、敏感であるべき」だ。

「平和ボケ」とは「亡国への特急券に他ならない」』。

『「もちろん、

異常な戦後処理」は、

「どの分野でも、早急に、是正するべき」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「北朝鮮現政権との話し合いを、未だに、渇望していた」様相だったが・・・。

『「劣悪な論」で「視聴者をマインドコントロールしたい様相」の「常連出演者等」も「現状の閉塞感等の生みの親くらい、いい加減に{告発}するべき」だ』。

『「ユダヤ式、インチキ経済システム」とは、

「大資本を持つ者たちが圧倒的に有利」な「金融資本会優位経済システム」であると「共」に、

「一般社会、実働者層を細らせて行く経済システムでもある」』。

『「その結果、何が起きるのか?」

「インチキ経済システム故に細らせられて行く一般社会・実働者側」では、

「細って行く中での、利権の取り合いが起き易くなる」』。

『「経営者等、より利権の取り合いで優位な立場の者たち」は、

「自らの利益の確保を優先し、一般実働者を益々細らせ易くなる」』。

『「細らせられた一般実働者とは、人口割合で言えば、一番の多数組」だ。

「それは、そのまま消費者人口割合でもある」』。

『「多くの消費者が細る」と、

「益々、企業経営者等の利権増大は困難になる」』。

『「一般社会・実働者側には、閉塞感が満ち溢れる」』。

『「歴史上、その閉塞感をブチ破る役割を担ってきた」のが「戦争」だ』。

『「細らせられた一般社会・実働者側の多くの人々」が、

「戦地に送り込まれ、実戦にさらされながら、多くの人々が死亡する」。

「建造物等の大量破壊」や、

「閉塞感等を保持させられていた多くの人々が亡くなる事」等により、

「インチキ経済システムのベース地点等が、{リセット}される」』。

『「その裏」で、

「大資本家たち」は、

「実戦争から遠い、安全な所に居ながら、

軍需産業投資や国家権力者等との裏約束等」で、

「着々と、利権を増大させる策を講じている」』。

『「リセット地点上から、新たな経済社会等を構築して行く時に在る」のは、

「閉塞感では無い」。

「希望感や膨張感等」だ。

「そして、その裏には、大資本と大資本家等の意志が在る」』。

『「第二次世界大戦後」に、

「イスラエル建国が実現した」のは、

「もちろん、上記の様な仕込みの上での出来事」だ』。

『「元々は、大資本を利用したユダヤ民族国家回復の為の一策であった、

現状のユダヤ式、インチキ経済システム」なのに、

「第二次世界大戦後も、そのまま維持され続けてしまっている」』。

『「その結果、

今、

世界各地では、

大戦前と同様の閉塞感が満ち溢れている」』。

『「もはや、誰もが、解る筈」だ。

「閉塞感を打ち破る為に、

直すべきは、

現状のインチキ経済システム!」だ』。

『「それなのに、劣悪論で、視聴者をマインドコントロールしたい様相」の

「常連出演者たち」は、

「上記の様な当たり前の、

基本中の基本さえ言わず、

北朝鮮の時代遅れの核の脅威を大宣伝し、

米国が核先制攻撃を封じない事等を非難し、

北朝鮮との対話等」を

「訴えていた」』。

『「もはや、

実用になる核ミサイル等を大量に持たれる前に、北朝鮮の核を止める実効のある手段」は、

「核・ミサイル兵器増大政策に邁進している北朝鮮現政権要人の抹殺による体制転換」か、

「出来る限り被害を小さくし、早く終わらせる北朝鮮とそれ以外の国々との非核戦争」等しか

「無い」のが、

「実状」なのに』。

『「中国やロシアまで含む全世界に近い連合軍が、

北朝鮮に対して、

核放棄しなければ、

戦争に突入する旨の宣戦布告等をする事等」で、

「北朝鮮が核を放棄しなければ、実戦争等を行ってしまった方」が、

「北朝鮮の現政権が、

数百発もの実用になる核ミサイルを持ちながら、

世界中に、その悪影響を広められる事態」より、

「遥かにマシ」になる。

「何故なら、北朝鮮の本丸」とは、

「数十年遅れの核・ミサイルの裏」で

「連綿と続けている工作活動だから」だ。

「北朝鮮が、日本国民拉致被害者を帰せない」のも、

「北朝鮮が、未だに、日本国内で行い続けている工作活動の実態・実体がバレる事を、

許容出来ないから」に他ならない』。

『「北朝鮮現体制の流れによる世界制覇を拒絶する」なら、

「今の内に、北朝鮮現体制を無くす事」こそが、

「合理的になる」』。

『「それなのに、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「執拗に、北朝鮮との対話等を求め、

北朝鮮現政権を維持させたがっているのは何故か?」』

『「北朝鮮現政権の操り人形的な情報配信者や

情報工作機関等だったりしているからなんじゃないの・・・」等と、

「多くの一般日本国民」は、

「ずっと前から、少なくとも、薄々は、感じている」のだ』。

『「日本社会の中で、

情報配信者や機関等を、

少数極一部の者たちダケ」で

「押さえ続ける為」には、

「ユダヤ式のインチキ経済システム」も、

「小泉元総理等が行った利権集中悪徳改悪」も、

「芸能界等でも、都合の良い特定極一部の者たちへの有名人利権・膨大報酬等の集中」も、

「合理的になる」』。

『「本質さえ???」の「おバカ(劣)たち」や

「本質は、解っているが、自分たちのにも好都合な面があるから、告発等しない、悪たち」では、

「報道・情報配信機関本来の仕事」が、

「出来る訳も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた、健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

「国籍アバウトなお方を代表に出来る民進党」では「政策もアバウトになって当然」でしょ・・・。

『「{国}会議員なのに、国籍アバウト」は「あり得ない」。「そんなお方」を、「{国}政政党の代表として、選出出来てしまう政党」が「政策アバウト」なのは、「ある意味、当然の現象」だろう』。

『「この{国}アバウトさ等が在る限り、民進党への期待は、無理」だ』。

『「民進党が信頼を回復する為」なら、

「候補者の国籍アバウトが判明した時点」で、

「その是正・修正後」、

「党員・サポーター・地方議員の投票をやり直す必要が有った」が、

「費用の関係か?」

「思想・信条等の関係か?」

「実権者ゆえの問題か?」は、

「不明」だが、

「実際」は、

「国籍アバウト候補者票」を「そのまま有効票にしてしまった」。

「それは、冷静に考える」なら、

「国政政党として、

完全に、アウト!」の

「大問題」だ』。

『「ところが、民進党のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「この重大問題を無い事にしたがっている」。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等」も、

「国籍アバウト」である「実態・実体」を「露呈している」のだ』。

『「グローバル化???・・・笑わせるんじゃ無い!」

「日本語や日本文化等がどれだけグローバルになって行っているのか???」

「世界の経済・社会システム等が、

どれだけ、

人類の実体やその実体の本来の目的と整合性が取れているのか???」』

『「はっきり言えば、現状でのグローバル化」とは、

「ユダヤ式インチキ資本主義のグローバル化であり、

欧米型人間社会システムのグローバル化」だ。

「それは、精神心理学的」には、

「特定の者たち」が

「本来欲求の充足を自ら不可能にしながら、

代償欲求の追及に奔走している未熟な状態に他ならない」』。

『「こんな状態」なら、

「悪戯なグローバル化」より、

「各国が、それぞれの本来の文化等を保持したまま、熟成し易くなる、

国単位の平和連合状態等の方」が、

「遥かにマシ」だ』。

『「グローバル化が正当性を得る為」には、

「本質的にグローバルである人類の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」等の、

「極めて当たり前のベースが要る」』。

『「昨今」の「各国、保守傾き」は、

「上記の面」からも、

「当然の現象に過ぎ無い」』。

『「民進党等」の「アバウト国認識等」は、

「正当なグローバル化を阻害する、

欧米流の悪戯なグローバル化より更に酷い、

非常に未熟な状態」に他ならない』。

『「そんな状態がもたらす事」は、

「崩壊」と

「相場は決まっている」から、

「実際に、かつての民主党政権時」には、

「実質的に、日本崩壊現象がもたらされてしまった」。

「日本崩壊現象の漁夫の利」で、

「反日国等は、大いに、太れた」が、

「民主党政権が、日本を大いに細らせた事に対する、責任の償い」は、

「ほぼ皆無」だ。

「党名を変えたくらいで、誤魔化そうとしているその姑息さ」と、

「国籍アバウト」に、

「同じ臭いを感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

|

「豊洲、地下空間水強アルカリ性騒ぎ」で不安や都政不信等を煽っているテレビ・マスコミ等問題・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、該当水問題でも、肝要な事」は「安全か?否か?」であり「断じて、ペーハーでは無い」。

「強アルカリ水」など「敷いてある石や岩等によって、簡単に出来てしまう状態」だ。

「有害物質や発ガン物質等が、実害があるレベル以上に、検出された等の事態」なら、

「騒ぐのも、当然かも知れない」が、

「ペーハー騒ぎ」は

「バカげている」』。

『「強アルカリ性で不安にさせられている方々」は、

「美肌効果等もあると言われている場合が多い、

強アルカリ性の温泉等には、

決して、入らないのだろうか???」

「逆の強酸性も不安になるかも知れない」が、

「天下の名湯、草津温泉だって、強酸性」だ。

「重要な事は、安全か?否か?」であり、

「断じて、ペーハーでは無い」』。

『「そして、安全か?否か?」で、

「絶対に忘れるべきでは無い事」は、

「実を見失わず、

潔癖症論等にマインドコントロールされない事」だ』。

『「テレビ・マスコミ等」の

「不安煽りペーハー論」や

「潔癖症安全論」等の

「目的は?」等を

「考える」なら、

「誰にでも、テレビ・マスコミ等が本当に行いたい事」等が、

「少なくとも、

朧気には、

見えて来る筈」だ』。

『「行っている事」の「実体」が、

「政治運動」であり、

「利権誘導を容易にする為の工作」であり、

「日本社会等をフリーズさせたり、

壊したりする事による、

反日国や反日国人脈等への漁夫の利提供だったり・・・」している場合が、

「決して少なくない」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の、

「異常で、お寒い実態」だ』。

『「豊洲」が「実として、安全では無い」のなら、

「移転はダメ!」だ。

「しかし、実として、安全」なら、

「移転はむしろ急ぐ方が、理に適っている」』。

『「避けるべき事態」は、

「実として、安全では無い」のに「移転してしまう事」と、

「実として、安全」なのに「移転を滞らせる事」に他ならない』。

『「健常なマスコミ等」なら、

「先ず、実レベルでの、安全確認・検証」だ。

「潔癖症レベルの安全論マインドコントロール」や、

「安全とは関係の無い、ペーハー等での不安煽り」等々を

「行い続けているテレビ・マスコミ等」は、

「明らかに、不健常」だ』。

『「不健常な情報配信を行い、本来なら不要な不安等を煽っている様な連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「公共レベルの大テレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「むしろ、多くの視聴者・読者等や日本社会等に不健常な負担やストレスを与えた事に対する、

罪や罰や罰金等が与えられて然るべき」だ』。

『「公共的情報配信者の立場があるにも関わらず、

酷い情報配信を行い続けて来ている者たち」は、

「即刻にでも、健常な情報配信が出来る方々と、入れ替えられて然るべき」だ』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、常連出演者等は「日本国内の殺人事件で家族・親族間等の殺人事件割合が異常に高い事が???」の様相だったらしいが・・・。

『「日本国内で殺人事件として{摘発されている}場合」では「家族・親族間等近親者による殺人事件の割合が、約半分」と「異常に高い」。

「その訳」は、

「多くの近親者による殺人等」が、

「思いや感情等ゆえ」の、

「所謂、シロウト殺人だから」だ』。

『「近親者間殺人事件」は、

「如何にも、殺人事件」という

「実態を露呈している場合がほとんど」だ。

「その認知も摘発も行い易い」。

「近親者間殺人事件」が、

「認知率も摘発率も高くなり易い」のは、

「当然の現象」だ』。

『「絶対に忘れるべきでは無い事」は

「戦後の日本」では、

「まるで、

工作活動等による{プロ殺人事件}等」を

「表立たせない目的でもあるかの如く」、

「死因究明」が

「疎かである場合が非常に多い事」だ』。

『「技術は、日々、進歩・進化している」のに、

「死因究明は、旧態依然としたまま、疎かである場合が非常に多い」』。

『「病死・事故死・自殺等とされている{プロ殺人事件}の数」は、

「かなり在る」と

「強く推定出来る」』。

『「近親者・近隣者間等で起きてしまう場合が多い、{シロウト殺人事件}の摘発率」は、

「当然の如くかなり高い」。

「殺人事件の認知率に対する摘発率」は、

「9割以上とも、95%以上とも言われている」』。

『「死因究明が疎か」で、

「{プロ殺人事件}の多く」が、

「認知されていない状態」では、

「必然的に、

摘発率は高くなり、

殺人事件の中の近親者殺人事件の割合も高くなる」。

「当たり前の話し」だ』。

『「情報産業の中で、常連出演までしている者たちや、テレビ局等の者たち」が、

「上記の様な、問題や、実態等」を

「知らない訳も無い」。

「もし、知らないのなら、能力不足等である事が、明らか」だ』。

『「この手の問題について、

今時のテレビ等が情報配信する」なら、

「全ての死者に対する徹底した死因究明を行うべき論」や、

「その為の法・体制整備の必要性等の訴え」であり、

「戦後日本の{プロ殺人事件}の実態・実体の告発等」だ』。

『「何しろ、戦後の日本国内」には、

「実際に、工作員{集団}がいる」。

「だから、実際に、日本全国各地から、多数の日本人が拉致までされてしまった」』。

『「拉致実行者や協力者等」が、

「その後、何もしない」等と

「思い・考えている」なら、

「相当な平和ボケ」だ』。

『「その後も、

拉致指令者等の命令の下で、

政財界工作等はもちろん、

日本人粛清工作(電磁波・飲食物・侵入工作等々)や、

そのスジの者育成工作(合法的に日本を乗っ取り支配する為の、帰化子沢山策略)や、

日本国民の有益分子化工作(情報・教育工作や財力・利権等による支配工作)等々」を

「連綿と行い続けている」のが、

「実態」だ』。

『「日本の現行法・現行の摘発体制」では、

「例えば、

日本人粛清工作手法の一手段である、

工作電磁波による殺傷等について、

十分な、認知も、摘発も、出来ていない筈」だ。

「そればかりか、

警察や政治家等の中」でさえ、

「電磁波工作の存在自体を無い事にする事」で、

「不備を誤魔化し続けよう」等としたがる、

「悪どもの情報・教育等の工作により、

有益分子化された、

平和ボケの事なかれ主義者等」が、

「決して、少なく無い数、いる」だろう』。

『「電磁波工作」を

「飲食物工作」や

「侵入工作」や

「情報・教育工作」等々に「変えて」も、

「事態は、全く、同様」だ』。

『「それらの非人道的手段を使った、

長い時間かかる事も厭わない{プロ殺傷行為}等に対して、

実質的に、無防備であるばかりか、

積極的な、認知も、摘発等も、しようとさえしていない状態」なのが、

「戦後日本のお寒過ぎる、平和ボケ体制の実態・実体」だ』。

『「現状の日本で{認知されている}殺人事件」では、

「近親者・近隣者間の殺人割合が多く、

その摘発もかなりの高率である事」は、

「統計データ上の当然の現象」に

「過ぎ無い」』。

『「死因究明の徹底」と、

「プロ殺傷手段に対する対策や徹底摘発」と、

「その実行者である工作員・協力者等の徹底摘発」が、

「行われて、

初めて、

戦後日本国内の殺人事件等」の

「事実・現実通りに近い、実態把握が可能になる」』。

『「多くの日本国民」は、

「何時までも、平和ボケやファンタジー摘発率等」に

「酔っている場合では無い」』。

『「情報工作機関的様相さえ露呈している場合も少なく無い、

テレビ・ラジオ界」の、

「実権者人脈も含めた、正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

韓国地震無縁神話、地球温暖化とは、地震発生やその規模も増大するエネルギー増大に他ならないのに・・・。

『「元々、一大大陸状態だったのが、{分割・移動等}して、現状の様になっているダケ」なのだから、

「この地球上で、地震等無縁の場所が在る訳も無い」。

「直近まで無くても、急速に温暖化すれば、{緩む}から、今後も、各地で地震が発生し、より大規模になり、火山も爆発し、台風等も巨大化し易くなる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「さて、地震国の日本の原発」は、「一応、地震対策等を行っているが、韓国や中国のアブナイ原発は???」

「原発止めろ!」派は、「韓国や中国のアブナイ原発から止めさせるべき」だ』。

|

民進党・蓮舫、騒動売りですかぁ・・・。

『「お仲間、テレビ・マスコミ等では、二重国籍でも、{法的には}代表選も国会議員も何の問題も無い旨等、大宣伝している」と「共」に、

「それをダシにした、民進党代表選の大宣伝を行っている」が、

「一般日本社会の多くの日本国民の興味」は、

「もはや、民進党や民進党の代表選等には無い」』。

『「蓮舫氏は、日本人として、日本の為の政治を行う事しか考えず、

今までも、その様にして来た旨等述べている」が、

「その実態」が、

「蓮舫氏も要人の一人であった、

かつての民主党政権」による、

「日本の中でも、韓国(北朝鮮も含む)や中国との人脈的繋がりが濃い人々」なら、

「その利権が得られる場合が多い」と「強く推定される」、

「円高容認政策」や

「利韓(北朝も含む)利中共等々」では、

「もはや、多くの韓国(北朝鮮も含む)や中国との人脈的繋がりが薄い人々」には、

「メリットが無い・薄い、ばかりか、デメリットが大きい事等」も、

「明らか」だ』。

『「蓮舫氏」は、

「日本の中で、韓国(北朝鮮も含む)や中国等の外国人脈との繋がりが濃い人々の為の政治を行って来たし、今後も、与党や総理になったら、行いたい!」とでも、

「過去の実体通り、言うべき」だろう』。

『「二番じゃダメなんですか!」も、

「その道の上なら、極当たり前の言葉」になる』。

『「もはや、多くの一般日本国民の興味の外」だが、

「日本国内に少なからずいる韓国(北朝鮮も含む)系や中国系等の人々にとっては、

興味甚大」なのが、

「民主党代表選」だ』。

『「少しでも、一般日本国民に興味を抱かせる為」には、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、話題と出来る宣伝ダシが必要」で、

「蓮舫氏の二重国籍問題」は、

「民進党の、お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等にとって」は、

「まるで、ゲイノウ人の騒動売りの如く、

{使える}材料」なのだろう』。

『「しかし、もはや、多くの日本国民」は、

「ゲイノウ人の私生活売りや騒動売り等に、かなり、嫌気がさしてる」のが、

「実状」だ』。

『「よって、蓮舫氏の騒動売り」や、

「それをダシにした民進党代表選の宣伝等」にも、

「呆れている人々が多い」』。

『「中・韓(北朝も含む)等との人脈的繋がりが濃い人々」は、

「積極的に蓮舫宣伝や民進党代表選等を言い」、

「中・韓(北朝も含む)等との人脈的繋がりが薄い一般日本国民の中」では、

「民進党の自虐劇」を

「虚しく、哀れに、感じている方々も、かなり多い」のが、

「(少なくとも、筆者の周囲での)実態」だ』。

|

テレ朝等では、北朝鮮の核&ミサイルを、実質的、大讃美状態だが・・・。

『「米国高官」が「北朝鮮は核弾頭技術を既に保持していると考えるべき論を言った」のは、

「北朝鮮を叩くなら、今の内しか無い事」を、

「ダメ押しする意味に他ならない」と「強く推定出来る」』。

『「水爆の嘘」を「見抜くのは容易い」が、

「核兵器保有や核弾頭の嘘を見抜くのは、比較的困難」だ』。

『「しかし、

北朝鮮の核実験の歴史を振り返る」と、

「直近のモノを除けば、

皆、

圧縮爆発の精度を上げる為の核実験レベルである事」が、

「強く推定される」』。

『「北朝鮮が、兵器として実用出来ている核」は、

「現時点では、

航空機搭載可能レベルの濃縮ウラン型核爆弾が、

数個~十数個レベル」だろう』。

『「もちろん、

そんなモノを北朝鮮が使った途端に、

北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争となる」から、

「北朝鮮の核兵器が、

北朝鮮にとっての自虐兵器である事に

何ら変わりは無い」』。

『「重要な事」は、

「先ずは、核兵器使用を避けさせる/避ける事」だが、

「その為の有効手段」は、

「現状」では、

「「北朝鮮がアッと言う間に負けになる非核戦争」と

「工作による北朝鮮要人一斉抹殺等」しか無い』。

『「出来れば、中国・ロシアまで含む、多国連合軍による、

北朝鮮に対する非核兵器一斉先制攻撃」は

「かなり有効」になる。

「戦後処理は、今まで、散々、北朝鮮を甘やかして来た、中国共産党にでもやらせれば良い」のだ。

「そうすれば、

北朝鮮は、アッと言う間に崩壊する」と「共」に、

「中国共産党の不安である

米等西側勢力の北朝鮮域までの進出も無く、

独裁者の下の民が、中国共産党の下の民となる分だけ

北朝鮮一般市民等も、いくらかは、マシな状態が得られる事になる」』。

『「その実行に正当性を持たせる為」なら、

「米国高官」が、

「北朝鮮は、既に、核弾頭を保有していると考えるべき」等と「言う事」も、

「合理的になる」』。

『「北朝鮮との話し合い」は「無駄」だ。

「それは、今までの六か国協議や拉致問題協議等」の「実態」が「既に立証」している。

「北朝鮮の言う話し合い上の合意」とは、

「北朝鮮側の言い分を相手側が呑む事以外の何モノでも無い」』。

『「話し合い以外の手段」で「北朝鮮の核兵器増大・増強を止める手段」を

「現実的に考える」なら、

「政権要人の一斉抹殺等の工作」か、

「戦争以外にあり得ない」』。

『「政権要人等の一斉抹殺等の手段の方が、犠牲は少ない」が、

「卑怯・卑劣と考える人々も少なく無いばかりか、

そんな事を公然化してしまえば、

何処の国の政権要人でも、同じ目に合わされてしまう確率がかなり上がってしまう」。

「国際的合意の下の、例外的、政権要人等一斉抹殺等の合意」が

「つくれる可能性は、どのくらいあるだろうか??」』

『「戦争の場合」は、

「関係国に通知さえしていれば、可能」になる。

「戦後処理の合意等まで取り付けておけば、混乱も少なく出来てしまう」。

「北朝鮮に核を使わせない非核戦争が出来る期間」は、

「残り少ない」』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」では、

「北朝鮮の核・ミサイルによる脅威や不安等」を

「悪戯に煽っている」』。

『「今更、言うまでも無く、

実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮が負けになる」のだから、

「北朝鮮の核もミサイル」も「使えない兵器」だ。

「日本の視聴者・読者」に、

「使えない兵器」を

「脅威や不安に思わせる必要は無い」』。

『「日本国内の、北朝鮮に対する恐怖や不安等が濃ければ濃い程、

日本国内の日本側人脈は、萎縮し易くなり、

日本国内の北朝鮮側人脈は、増長し易くなる」。

「北朝鮮系の工作員たち等」も、

「工作活動等を行い易くなる」』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「筈」なのに、

「北朝鮮の応援をして、させて、どうする???」』

『「北朝鮮の核・ミサイル等について」は、

「事実・現実通り、

使えば、実戦争となり、

アッと言う間に北朝鮮の負けになる事」を、

「大々的に言うべき」だ』。

『「日本が行うべき制裁措置」として、

「一番実効が高い」のは、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動の徹底摘発」に他ならない。

「北朝鮮に対する制裁措置」として、

「一番実効が高い事が言われていないのも、異常」だ。

「其処にも、北朝鮮等系の情報工作の臭いが充満している」』。

『「日本政府にしても、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等にしても、

一般日本国民に、

はっきり知らせるべき」だ。

「戦後の日本国内に居る、

北朝鮮系・韓国系・中国共産党系・台湾系等々、

多人数外国系人脈の数と推移等を!(もちろん、表向きは、帰化している者も含む)」

「その中の工作員・工作協力者と推定される者たちの数と推移を!」』

『「その辺りが、公然化する」と、

「日本国内の本当の問題」を

「誰もが、実感を持って理解・把握出来るようになる筈」だ』。

『「多くの一般日本国民の為になる情報配信を行わず、

北朝鮮等反日国家人脈の者たちを利す情報配信を行い続けて来ている者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

高畑息子の釈放時「固まった{演技}」の訳は・・・。

『「無意識レベルでは、{母親切り}をやりたかった者」が「実質的には、母親の庇護により、釈放」では、「心の中は、無意識レベルの怒りで一杯・・・」。

「よき治療者等に恵まれ、ちゃんと被害者に謝罪出来る状態にまで健常化する可能性は???」』

|

サンデーモーニングでは、「北朝鮮の核・ミサイルを受けて」世界の軍備問題の低レベル論を宣伝していたが・・・。

『「北朝鮮ご用達?の常連出演者」などは「北朝鮮の要望通り、話し合いによる政治決着で軍縮を!等の旨大宣伝していた始末」だ。

「他の常連出演者等」にしても、

「世界の軍事予算のちょっとした割合でも、

他の事にまわせば、

例えば、

貧困問題や環境問題の解決も出来る等」の旨「述べた」り、

「軍備開発が技術の揺りかご等になっている事等」を「述べた程度」で、

「事の本質」である

「何故?今時の人類が軍備開発~製造~保持等に、

コレだけ邁進してしまっているのか?」等に

「言及していた者は、実質的には、皆無状態」だった』。

『「実質的」には、

「北朝鮮の核・ミサイルも、他の国々の軍備増大同様、仕方ないんじゃないの・・・」等と、

「多くの視聴者に思わせたい臭いが充満していた、

日本の公共の電波を使った、

北朝鮮の為の情報配信」の「様相を露呈していた」』。

『「常連出演者等が日本の公共の電波上で大宣伝していた、

実質的、北朝鮮の為の論等」は、

「無視や、クレーム等こそが、適切」だが、

「事の本質」である

「何故?今時の人類なのに、未だに、軍備増大・革新等に邁進してしまっている国々等が多いのか?」等を、

「考える事は有益」だ』。

『「当ブログを以前からお読みの方々」なら、

「とっくの昔にご存知の事」だろう。

「それは、

武力による比べっこ支配権争い」という

「人類の精神文化の問題」だ』。

『「先の大戦末期に、

核兵器の製造~実使用が行われてしまった後」は、

「主流」は、

「武力による比べっこ支配権争い」では無く、

「経済による比べっこ支配権争い」となり、

「武力は、その後ろ盾の座に下がっている」』。

『「東西冷戦時には、その後ろ盾の比べっこもあった」が、

「経済による比べっこ」が、

「戦争等を起こす前に、その結果実態が直ぐに表に出た」』。

『「負け組となった東側が採り得た策」は、

「西側の情報を遮断する事等により、東側圏内の一般市民を騙し続ける事だった」が、

「電波等は、簡単に国境を越え、

スポーツ・文化交流等は、行わなければ、誰の思いの上でも、逃げ腰の負け組になってしまう」ので、

「情報の完全遮断は、出来なかった」。

「ジワジワと、本当の実態が伝わるに連れ、東側の多くの一般市民」は、

「絶対に、西側の方が良い」等と「確信を持つ様になり」、

「ベルリンの壁も崩され、

東西冷戦は終わり、

旧ソ連はロシアとなった」』。

『「主流は、経済による比べっこ支配権争いとなっている現状人間世界」だが、

「未だに、武力による比べっこ支配権争いを行おうとしている遅れている国々が在る」。

「北朝鮮や中国共産党支配下の中国等」だ』。

『「何故?それらの国々が遅れているのか?」

「言うまでも無く、

現状のそれらの国々の国家権力者たちが、

旧ソ連の共産党の同類だから」だ』。

『「旧ソ連は、一応、民主化され、

ロシアとなり、

もはや、日本や米国等と、だいぶ普通に話せる状態となっている」のに、

「一国二制度という誤魔化しで、生き延びてしまった中国共産党」は、

「未だに、旧ソ連の共産党の様な文化を保持したまま」だ。

「北朝鮮に至っては、

世襲の無い共産党より更に遥か前時代的な、

独裁者を掲げている超遅れた国家体制」だ』。

『「当然、どちらの国でも、先端経済では、勝負にならない」から、

「中国の場合は、

スケールメリットを活かして、

外資を呼び込み、

コピー~安価ラフ&レディ製品等の販売で生き延びて来ている」が、

「自国内まで、同様状態の物が蔓延り、

多くの中国国民が、現体制の異常性や限界を実感しているのが実状」だ。

「北朝鮮の場合」は

「既に、経済を諦め、

国民を衰退させる事と、

武力・権力等による脅しによる支配の上」で、

「権力者たちのみは、出来る限り贅沢に、生き延びようとしている様相」だ。

「まるで、日本が韓国を保護する契約~日韓併合前の様に・・・」』。

『「保身目的の国家権力者たち」が、

「経済が頼れない上に、

他に頼れる者・物・事等も創造出来ない・・・となれば、

時代を逆行する武力に縋り付きたくなる」のは、

「当然の現象」だろう』。

『「もちろん、武力でも、周回遅れ(或いは、何周も遅れ)は周回遅れ(或いは、何周も遅れ)」だから、

「所謂、西側先進諸国と実戦となれば、負け」は、

「既に、決まっている」』。

『「周回遅れの武力圧力が利く範囲で、

戦利品と多くの中国国民が思えてしまう、領土等の拡大を行い続ける事」に、

「中国共産党は自らの保身を賭けている」。

「質が周回遅れなら、量で・・・とは、如何にも、使い古された発想」だが、

「量を中国国内で作り続ける事」と「領土拡大を臭わせ続ける事」が、

「中国国民を押さえる事に直結している」のだから、

「中国共産党の、保身策」は、

「今後も、自主的に、止まる事は無い」だろう』。

『「中国」は、「民主化される事で、初めて、正常化して行く事になる」』。

『「北朝鮮の核やミサイル等」とは、

「万一、実使用してしまえば、実戦争となり、

アッと言う間に北朝鮮に負けや崩壊をもたらす、

北朝鮮にとっての自虐武器」だ。

「それでも、

北朝鮮国民に対する{衰退化支配政策}や{脅し}の為」には

「十二分の実効を持つ」から、

「現状の北朝鮮の国家権力者たちが、核・ミサイル等の増大政策等を手放す事は無い」だろう。

「北朝鮮」も、「民主化されて初めて、正常化が始められる事になる」』。

『「人類の精神文化の問題」では、

「武力でも経済でも、比べっこ支配権争いは、比べっこ支配権争い」だ』。

『「何故?比べっこを求めるのか?」

「何故?支配権を争うのか?」』

『「人間の精神心理面」では、

「自分側と他者側の比べっこ」とは、

「自己承認欲求の代償欲求追及故に必要となる事」だ』。

『「自分で自分を十分に認める事が出来ている人々」には、

「基本的に、他の人側との比べっこの必要が無い」。

「本質的に悪い事をしない状態を続ける事が出来ていて、その自覚も持てている」なら、

「ある程度以上、自分で自分を認める事が可能になる」』。

『「しかし、自分の本質に叛く、実質的、悪業等を、行い続けてしまっていたりする」と、

「この本来の、自分で自分を認める事による、自己承認欲求の充足が阻害される」』。

『「本来の自己承認欲求の充足が阻害されている/実質的には、自ら阻害している者たち」は、

「その代償欲求」として、

「他の者・物・事との比較の中」で、

「自分が認められた感等を得ようと奔走しがちになる」。

「しかし、所詮、代償欲求には、充足が無い」』。

『「充足の無い代償欲求」は、

「時や機会と共に、どんどん膨らんでしまい易い」。

「同様の状態の者たちが集まり、集団的合意が成立する」と、

「武力による比べっこ状態」も「簡単に生まれてしまう」』。

『「健常な支配欲」とは、

「本質的に、自分で自分を健康にコントロールし続ける事により、充足され続けて行く」。

「ところが、

自分の実体も???

自分の実体の本来の目的も???

状態の人々」は、

「必然的に、自分で自分を健康にコントロールし続ける事さえも困難」になる』。

『「そんな人たちでも、支配欲自体は消失しない」から、

「多くの場合、支配欲の代償欲求の追及に奔走しがちになる」』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に、

「他の者・物・事を支配・コントロールしようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配・コントロールさせた上で、

自分を支配・コントロールしている者・物・事に自分を投影・転嫁・同一視する事」で、

「あたかも、自分で自分をコントロール出来ているかの如き、感等を得よう」と、

「奔走しがちになる」。

「もちろん、どんなに、その追及に奔走しても、代償欲求には充足が無い」』。

『「時や機会と共に、代償欲求は膨らみ易い」。

「支配欲の代償欲求の追及に奔走している人々」が、

「集まり、集団的合意が形成される」と、

「武力にせよ、経済にせよ、支配権争い」が「起こされ易くなる」』。

『「比べっこ」と「支配権争い」が「一緒」になり、

「実人間世界で具現化する」と、

「武力による比べっこ支配権争いである戦争等」や、

「経済による比べっこ支配権争いである経済戦争等」が、

「実際に、起こされてしまう」。

「人類の歴史」は

「その酷い実態・実態等」を

「如実に露呈している」』。

『「人類が、この自虐状態から抜け出す為には、どうすれば良いのか?」

「言うまでも無く、

人類誰もが、自分の実体やその実体の本来の目的を十二分に知り、

自己承認欲求と、

支配欲の、

本来欲求の充足を行い続ける事」だ。

「万人が、その様な状態に至れば、

自虐武器は不要となり、

自虐経済格差等も不要となる」』。

『「今時のテレビ情報として、流すべき」は、

「北朝鮮等の宣伝では断じて無い」。

「今時の人類としてなら、当然の認識」である、

「上記程度の事さえ、言えない、劣悪な者たちを、常連出演させていたところで、

ロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

韓国学校問題や待機児童問題では、正論通りの処理を行おうとしている小池都知事だが、「実質的、公約である冒頭解散は?」、更に、「それを、突っ込まないマスコミ等とは???」・・・。

『「詐欺師の常套手段」は、「サクラの使用と、99%の真実に、自分たちに利権を誘導する1%の大きな嘘を混ぜる事」だ。

「小池都知事ヨイショ!テレビ・マスコミ等=サクラ」

「日本国民の為になる{比較的小さな}政策=99%の真実」等の

「臭い」が「濃厚に感じられている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、冒頭解散を突っ込まない裏」では、

「小池、もしくは、{マスコミ新党}が着々と準備されている」・・・』。

『「日本からボッタクリ!」の

「本丸」は、

「電線等地中化事業」と「五輪関係事業」等、

もしくは、

「小池・蓮舫等対立によるマスコミ政権成立」による

「日本支配なのでは?」』

|

有名芸能人息子「強姦致傷」で「示談~釈放」の裏・・・。

『「全て」は「前橋地検」の「事件の性質を考えて欲しい・・・」等の「メッセージ」で「明らか」だろう。

「芸能人のお仲間のマスコミ等」の「圧力」が「それだけ巨大」であり、

「芸能人側が示した示談金等」との「バランス上」、

「被害者側」は、

「もう、これ以上傷つきたくない!」等との

「判断」を

「優先出来た」が「故」の

「実態」と「強く推定出来る」』。

『「つまり、芸能人のお仲間マスコミ等の圧力」による、

「罪逃れ/逃がしの臭いが濃厚に漂っている」のだ』。

『「ご用達マスコミさえ有れば、強姦致傷さえ罪逃れが出来てしまう異常事態」で、

「果たして良いのか?」等は、

「多くの一般日本国民が深刻に考えるべき事」だ』。

『「報道された事件実態」からしても、

「合意は、非常に、考え辛い」。

「芸能人息子側の供述等」からも、

「合意では無かった事」が、

「強く伺い知れる」。

「合意で無ければ、

強姦に違いは無く、

被害者が診断書が得られる怪我等までしていれば傷害罪も加わる重罪」だ』。

『「通常なら、実刑が当たり前の事件」だ』。

『「その実刑を無くしてしまった」のが、

「芸能人のお仲間マスコミ等による被害者への上辺は取材、内実は圧力」であった「可能性」が

「非常に高い様相」が「露呈」している』。

『「とんでも無い事」だ』。

『「筆者は、以前から、戦後日本の情報・教育界」は、

「その人脈も含めて、正常化・健常化するべき」等と、

「訴え続けている」が、

「今回の事件を収拾させようとしている実態」からも、

「益々、その感を強くした」』。

『「同様の感を抱かれた方々も多い筈」だ』。

『「戦後日本の情報・教育界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

「水爆ではあり得ないレベルの核実験で水爆を主張した北朝鮮」が主張しているミサイル弾頭搭載可能核爆弾の爆発実験の実体とは・・・。

『「核爆弾に何故?爆発実験が要るのか?」と言えば「核物質に核爆発を起こさせる為」の「通常爆薬による圧縮爆発」が「設計通り機能するか?」を「確かめる必要があるから」だ。

「何度も核実験を繰り返している北朝鮮」とは、

「核爆発を起こさせる為の圧縮爆発技術」が「未だ、未熟な状態を露呈している」』。

『「前回の水爆ではあり得ない程{小さな}核爆発」も、

「今回の、北朝鮮の技術実態を考えると、核弾頭なら、大き過ぎるくらいの核爆発」も、

「実際」は、

「皆、圧縮爆発技術向上~確立等の為」の

「非効率的なワンステップに過ぎ無い」と

「強く推定出来る」』。

『「それでは、現状の北朝鮮の核爆弾技術はどのレベルに在るのか?」

「はっきり言えば、濃縮ウランで、第二次世界大戦末期の米軍と同等レベル」だ。

「つまり、現状の北朝鮮が保持出来ている核兵器の実体」とは、

「ヒロシマ型原爆と同様の物」が、

「数個~十数個というのが、本当のところ」だろう』。

『「北朝鮮の言い分をそのまま鵜呑みにする」と、

「小型化に成功の上、前回の核爆発実験の約二倍の威力」だが、

「実際は、圧縮爆発技術がいくらかは向上した」ので、

「核物質の量は、前回と同等か?増やしたのか?は不明」だが、

「ヒロシマ型原爆と同等レベルの核爆発が起こせた」が、

「今回の核実験の実態・実体」と「強く推定出来る」』。

『「つまり、現状の北朝鮮の核兵器」では、

「空爆は、可能」だが、

「ミサイル搭載は、未だ、不可能なレベル」だ』。

『「ミサイル技術の方」も、

「第二次世界大戦末期のナチスドイツ」に、

「戦後先進国換算で、数年分くらいの毛の生えた程度」だから、

「所謂、戦後の先進諸国の現在のレベル」から、

「ほど遠い」』。

『「数十年遅れの軍事技術」は「核でもミサイルでも数十年遅れに変わりは無い」。

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けになる」。

「つまり、実質的には、使えない軍事技術以外の何モノでも無い」。

「万一、使えば、実戦争となり、アッと言う間に北朝鮮自体が無くなる事になるから」だ』。

『「それなのに、日本国内で、北朝鮮は{脅威}等」と

「不安を煽っているテレビ・ラジオ・マスコミ等がかなりある」。

「一体、どちらの為の情報配信をしているのか???」』

『「日本のマスコミ等が流すべき情報」は、

「上記の様な、脅威では無い迷惑行為の実体」であり、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動の徹底摘発を訴える事等」だ』。

『「実質的には、北朝鮮側を利している情報配信を連綿と続けて来ている者たち」の

「実体検証~公開等」も、

「必要」だろう』。

『「今の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や政治等が行うべき」は、

「北朝鮮の大宣伝では、断じて無い」。

「日本国内で連綿と代々行われ続けられてしまっている、

北朝鮮系の工作活動の徹底摘発」であり、

「異常な戦後処理を、

正常な戦後処理にして、

日本の戦後処理を終わらせる事」だ』。

|

本日、9月9日は、北朝鮮系の工作員たちが頑張っているせいか?街中や当方宅への工作電磁波も旺盛な様で・・・。

『「北朝鮮本国」で「核実験等の重大{事業}を行う」と「日本国内にいる北朝鮮系の者たち」も、

「それに応えて、

或いは、

それを賛美する意を表する為に、

日本国内での工作活動等を強化しなければならない」のだろう』。

『「そんな実態」が、

「街中でも、

当方宅に向かっても、

露呈している」。

「もちろん、当方宅内」では、

「既に、概ね、工作電磁波対策済み」なので、

「工作電磁波の強化等は察知出来る」が、

「実害は、出無い」』。

『「問題は、街中」で、

「当方は、一応、身体の重要部位は、可能な限り、対策グッズで覆っている」が、

「目や顔を覆う訳にはいかない」ので、

「工作電磁波が強いところを避けて歩くしかない」。

「当方の様に、

工作電磁波等の存在を知っているから、

気にしていて、気づき易く、

最初から、出来る対策はしている者でさえ、

避けて歩く必要を感じたくらい」だから、

「工作電磁波知らず、或いは、知っていても、対策抜き等の方々」の

「健康被害等が大いに危惧される」』。

『「工作電磁波の害実体」は、

「電離作用等による破壊」なので、

「生体では、

先ず、

凝りや、痛みや、動悸や、不快感や、不調や、イライラや、ボーッとする感や、気が遠のく感等々の形で、認識される」。

「強い工作電磁波による強い破壊の場合」は、

「その部位の損傷が自然代謝により修復されるまで、症状が続く事になる」。

「自然代謝により修復されない部位」だと「問題は深刻化し易く」、

「例えば、脳細胞の破壊は、アルツハイマーや記憶障害等に、直結している」。

「軟骨部の破壊も、代謝速度が遅いので、痛み等が慢性化し易い」。

「頸椎等が破壊され、血液の代謝等が上手く行かなくなると、白血病等を発症する事まである」。

「電離現象により、血栓の元となるモノが剥がされ、重要部位に詰まってしまう」と、

「脳梗塞や心筋梗塞や肺梗塞等の深刻な事態が引き起こされてしまう場合もある」。

「本来なら不要な代謝負担等は、

飲食物工作による、発ガン有害物質仕込み等と、

同様の悪の効果を持つから、

ガン発生率も上がる事になる」。

「極強い、レーザー的に絞った工作電磁波では、脳出血等さえ起こせてしまう」。

「しかも、工作電磁波」は、

「音波と同様の縦波で、複合ドット波だから、

「壁(材質は、ほとんど問わない)や金属等さえも、音の様に、通り抜ける」。

「工作電磁波は、覗きにも使える」ので、

「ターゲットを常に監視し、

ターゲットに向け常に当て続ける事等」が

「出来てしまう」。

「軽い金属(-側)や軽い合成樹脂等(+側)に当たると、

それぞれ、イオンやホールが叩き出される代わりに、

工作電磁波も減衰する」。

「軽い金属と軽い合成樹脂等を上手く張り合わせると、ある程度の鏡面効果も得られる」から、

「工作電磁波が、其処に当たると、工作員方面にも帰る事になる」。

「工作電磁波が野放しにされたままで良い訳が無い」』。

『「足立ナンバーのワンボックス車の後方」から、

「強い工作電磁波が発生させられていた」ので、

「真後ろを避け、サイドから、回り込んで、何処の車か?どんな運転者等か?を確かめようとしたら、程無く、発車して、去ってしまった」』。

『「察知され、正体をはっきり認識される事」は、

「工作員にとってのタブーらしい」が、

「既に、当方の周囲にいる、ほぼ確実に、そのスジの者たち等」は、

「ある程度の数、はっきりしている」。

「一民間人でも、当方程度の事は、ちょっと気にしていれば、直ぐに分かる」のだから、

「捜査のプロ等は、既に、ほぼ確実に、全体像を掴んでいる筈」だ』。

『「後は、政権等のやる気・本気ダケ」だろう。

「日本国内にいる北朝鮮系の工作員を全員北朝鮮に強制送致する代わりに、

拉致被害者を全員日本に帰還させる」等の、

「交換交渉でもしたらどうか?」』

『「日本国内の工作員がいなくなれば、

工作員による日本国民や日本社会に対する迷惑・妨害・殺傷行為等は、

激減する」ばかりか、

「北朝鮮側が、拉致被害者を返せない理由の一つ」も「確実に無くなる」』。

『「工作員たちは、

今まで、

一般人も含む日本国民に対して、

{代々}散々な事を行ってきている」のだから、

「日本の生ぬるい刑務所等で、

日本の血税を使って養う事よりも、

北朝鮮で、英雄扱いされるか?粛清されるか?の二択上に置かれた方」が、

「適切」だろう』。

『「北朝鮮の先進国の数十年遅れの核やミサイル等」とは

「実際は、使えない、

使えば、アッと言う間に実戦争となり、

北朝鮮が負ける、

北朝鮮にとっての自虐武器に他ならない」が、

「見せ球の核・ミサイルの裏」で、

「連綿と続けられている

日韓等の国の中での

北朝鮮系の者たちによる工作活動の実害」は、

「意外な程、甚大」だ』。

『「日本にとって重要な事」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底摘発する事」であり、

「北朝鮮の自虐武器を大宣伝する事では断じて無い」』。

『「本来なら、日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底摘発する事等」に、

「大きな力を発揮している筈」の

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「現状で行っている事は、明らかに異常」だ』。

『「北朝鮮の自虐武器の大宣伝を行い、

多くの日本国民に本来不要な不安等を抱かせている」。

「北朝鮮系の工作活動の徹底摘発・告発等」は、

「行おうともしていない」』。

『「もはや、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等と言うより、

北朝鮮の出先の情報工作機関等と言った方」が

「適切」になる「実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「日本の

政権も

政治家も

警察等も

テレビ・ラジオ・マスコミ等も

北朝鮮系の工作活動の徹底摘発や、

その為に必要な法整備・体制整備等を意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「それこそが、{一番効く}北朝鮮に対する制裁になる」』。

『「戦後の日本国内」で、

「散々、

一般日本国民までターゲットにした、

拉致や拉致協力や侵入工作や飲食物工作や電磁波工作等々の、

北朝鮮系の工作活動を{代々}行い続けて来ている者たち」に

「相応しい」のは、

「北朝鮮への強制送致」だ。

「それは、

日本国内での北朝鮮系の工作活動を撲滅させると共に、

拉致被害者の日本帰還を大きく近づける実効のある手段でもある」』。

『「北朝鮮に工作自体が無駄である事を知らしめる」と「共」に、

「今までの工作自体も無駄だった事を知らしめる」、

「絶好の制裁法」が

「其処にある」』。

|

テレ朝朝番では、河川敷不当使用問題等で正義ぶった後、小池都知事の電線等地中化政策を大讃美していたが・・・。

『「電信柱撤去~電線等地中化」は「現在でも、地域ごとに、経済バランス等を考慮しながら、着々と進められている」。

「それなのに、敢えて、電信柱撤去~電線等地中化を意図的に早く推し進める事」の

「実効とは?」』

『「少し考えれば、誰でも分かる」様に、

「円高容認政策」や、

「太陽光等自然エネルギー発電を意図的に早く推し進めた政策」と

「同様の実効」が「生じてしまう事になる」』。

『「経済バランス抜き」の、

「為替レート容認」や、

「インフラ・電力等の大転換推し」は、

「日本経済を悪くする方向に引っ張ってしまう重荷になる」。

「経済バランスが崩される分だけ余分な手当てや補修等が必要になる」のだから、

「それは、当然の現象」だ』。

『「しかし、経済バランス崩し」は、

「その事によって、

確実にメリットが生まれるところも出す、

悪魔の手法でもある」』。

『「円高容認と、太陽光発電推し」では、

「為替効果等で、より安い太陽光パネルを製造~輸出出来ていた中国や韓国の企業等」が、

「ドイツや日本の政策により大いに儲かった」』。

『「電線等地中化」では、

「直接の利益」は、

「大地震からの復興や東京五輪等」で

「現状でも既に大忙し」の、

「日本の建築業者等に行く事になる」が、

「電線等地中化推しで、更に、膨らみ易くなる人件費・建材費等の負担」は、

「日本全国に圧し掛かる」』。

『「まるで、原発ダメ!~太陽光発電!!」で、

「日本国内の電力事情が高値不安定寄りに導かれてしまったのと同様の悪の効果」が、

「建築業界関連で生じる事になる」』。

『「%の論理」で、

「株利益や利率等の如く、

大資本であればある程、

そのデメリットが大きくなる」のが、

「この手の問題の本質」だ』。

『「電力問題でも、再生可能エネルギー分の賦課は、個人レベルでは、数百円程度の方々が多いだろう」が、

「企業等も含む日本社会全体への重荷効果」は、

「かなりの大きさになっている」』。

『「日本の企業・社会のデメリット」は、

「反日他国の漁夫の利でもある」』。

『「小池都知事」が、

「拉致問題」では、

「朝鮮総連と朝鮮学校との関連の深さ等」を、

「都のホームページに掲載した旨、

昨日のテレ朝夕番では宣伝していた」らしい』。

『「朝鮮総連と朝鮮学校が関係が深いのは、誰もが言われなくても分かっている事」だろう。

「朝鮮総連と拉致問題の関係について、更に、其処と朝鮮学校の関係について等」なら、

「拉致関連情報の一つ」になる。

「しかし、朝鮮総連にしても、朝鮮学校にしても」、

「云わば、旧社会党の中で後に社民党となった立場の者たちの様なモノ」で、

「当然、そうでしょ!等」と、

「日本国内の多くの人々が、

そう感じ・思っている、

既に、公然化されている様な人々」だ』。

『「公然化されているような人々」が、

「捕まり易い、摘発され易い、工作や犯罪行為等を行う事など稀」で、

「拉致協力者の本隊は、別のところにいる」と

「強く推定出来る」のだから、

「今更、公然化されているような事をホームページに載せたダケ」では、

「アリバイ作り程度にしか思えない人々も多い筈」だ』。

『「都知事として、

警視庁に、

拉致協力者や、

その後も、数々の工作活動を行い続けている者たちの徹底摘発を指示」し、

「その為に、

出来る限り早く、

過去まで遡って適用出来る様な、

必要な法&体制整備を行ってこそ、

初めて、

この問題を解決する事に本気だ!」と、

「誰もが、感じ、思える」のが「現実」だ』。

『「テレ朝朝番」では

「常連出演者」が

「電線~電流~電磁波問題を言い、電磁波過敏症に言及していた」が、

「それは、

電磁波には、

通常のモノと、

工作電磁波が在る問題」を、

「黙殺せしめる為の大衆誘導情報の一つ」だと「強く推定出来る」』。

『「通常の電磁波」なら、

「余程、強いモノでも無い限り」、

「多くの人々が、明らかに感知出来る程の実害は、招かない」が、

「工作電磁波の場合」は、

「元々、

人体に傷害や障害を与え、

場合によっては、殺害する事を目的として開発されている」から、

「工作電磁波を当てられている人々なら、

電磁波が気にならない方が不思議なくらい」だ』。

『「マスコミとして、行うべき事」は、

「ちゃんと工作電磁波を告発する事」であり、

「日本国内に在る電磁波が全て通常電磁波であり、

電磁波問題等を訴えている人々は

電磁波過敏症等の所謂病気的状態であるかの如き、

イメージ等を

視聴者に植え付ける事では断じて無い」』。

『「工作電磁波等により、多くの一般日本国民を粛正している側」なら、

「電磁波問題」を、

「今時、電磁波何処にでもある~!」

「気にしたり、訴えたりしているのは、過敏症~!」等の

「イメージによる大衆誘導」により、

「黙殺させ続けようとしたりする」のが、

「当然」なのだろうけど・・・』。

『「小池都知事」の「実体」は、

「実効のある工作員等摘発の為の法&体制整備

~実摘発

~厳罰を与えさせる」等の

「実行・実現度」により、

「はっきりする」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ局等の実体」は、

「既に、バレバレ」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨今の記事に余程、痛いところがあったのか?本日も、書き込み妨害とは・・・。

『「北朝鮮の核実験故か?」

「何れにしても、迷惑な劣悪者たちが、日本国内、筆者の近隣にいる様で」・・・』。

|

bougainiyorinihonngonyuuryokugadekinakunatteiru

|

NHKでは、チューリップの財津氏の祖先が朝鮮半島へ渡った日本人であり、その足跡等を紹介していたが・・・。

『「該当番組からも、明らかになる歴史的事実」は、「日韓併合時等に、朝鮮半島に渡った財津氏の祖先の様な日本人」は、「開拓目的」であり、「その後も、渡った先の朝鮮人たちと相応に仲良く平和に暮らしていた事」だ。

「その何処にも、日本による植民地支配」という「実態」は無い。

「あった」のは、

「日本人と日本人の能力と日本人が持って行ったお金等による、

朝鮮半島内の開拓(財津氏の場合は、農地開拓)」であり、

「その後の、

その地域にいた朝鮮人への、

仕事や学校等の提供」であり、

「同じ国の民として、平和共存して行こうとしていた実態」だ』。

『「日本の敗戦処理により、

強制的に日本本土に引き揚げさせられた時」も、

「日本人の家屋・農地等の資産等」は、

「仕事仲間として働いていた朝鮮人に{託した}」のであり、

「あげたのでは無く」、

「ましてや、植民地支配の賠償として取られたり、与えさせられたりしたのでは、断じて無い」』。

『「いくらかは、

日韓併合時の歴史上の事実・現実・実態等を伝える事に貢献したと思える、

該当番組内」にも、

「誤解を招く」等と「言わざるを得ない表現があった」』。

『それは、

「朝鮮半島に渡った日本人が、別天地を求めて、渡った旨言っていたところ」だ』。

『「日韓併合時に、朝鮮半島に渡った日本人の実態」とは、

「日本本土より近代化整備状態等が良く、

より良い仕事や報酬や立場等が、

より容易に手に入れ易いと考えられる、

別天地目的」では無く、

「未開地・荒地等の開拓・整備等目的の者」と、

「子沢山家族の家督相続等無縁の座の子どもたち」等、

「日本本土より良い、別天地」に、

「積極的に行く/行かせるのでは無く」、

「むしろ、口減らし等の目的で、厄介払い等された意味合いが濃い人々が多かった」のが

「現実」だ』。

『「別天地を求めての渡来」とは、

「当時、朝鮮半島側から、近代化がより進んでいた日本本土内に渡った多くの朝鮮人には、当てはまる表現」だが、

「日本本土側から朝鮮半島に渡った多くの日本人には、全く合わない表現」に他ならない』。

『「何れにしても、少しでも、日韓併合時の実態を知る事が出来た人々が増えたであろう事」は、

「歓迎」したい』。

『「植民地支配論」とは

「韓国(北朝鮮も含む)側による、

日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に、

朝鮮半島内の日本人の立場・資産・財産等を奪って、

国を始めた事を正当化する為の詐欺論に他ならない」。

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等が、日帝による植民地支配論等で、世界の歴史認識を染め上げたがっている」のは、

「自己正当化の為の、見苦しい悪あがき」だが、

「日本国内で、日本国民が、

武力侵攻~植民地支配・略奪等では、断じて無い、

二国間の国家権力者同士が締結した、

国と国との合意契約」である、

「日本による韓国保護契約~日韓併合」を、

「日本による植民地支配等と思い違いさせられ続けて来ている実態」は、

「一刻も早く、是正する/させられるべき」だ』。

『「日本による韓国保護契約~日韓併合当時、

朝鮮半島に渡った多くの日本人」は、

「武器と弾薬等を持ち、武力侵攻し、朝鮮半島内を侵略~植民地支配・略奪する為に行ったのでは、断じて無い」。

「お金と能力と仕事等とを持ち、

同じ国の民として、

朝鮮半島内を、

出来るだけ早く近代化整備し、

渡った先の人々と平和共存する為に頑張った」のが、

「現実」だ』。

『「そんな実態の実一例」が、

「今回の財津氏の祖先の紹介からも、良く分かった」と思う』。

|

やはり、「おバカか、悪」小泉元総理が原発問題で実体暴露・・・。

『「・・・専門家が、安全と言っていたから、安全と信じた・・・」とは、「元総理にしては、おバカ過ぎるお話し」だ。

「そして、今は、その時の原発の専門家と同様の立場にいる太陽光等自然エネルギー発電の専門家の言う事等」を、

「信じてしまっている様相」なのだから、

「このおバカぶりは、根っから・・・で、天然レベル」なのかも知れない』。

『「小泉総理は、天然で、操り辛い面もあるけれど、基本的には、おバカで単純なので、操り易い等」と、

「テレビ・マスコミ等の悪実権者たち」は、

「小泉人気を造成し、小泉氏を総理にまで持ち上げた」のかも知れない』。

『「もちろん、言うまでも無く、専門家等の言う事」は、

「信じるべき事では断じて無い」。

「参考にするべき事の一つ」だ。

「原発問題」では、

「当然、原子力だけでは無く、他にも、地震や経済等の専門家等からの参考にすべき事が、多数ある」。

「日本の総理大臣として」の、

「原発の実体・実態検証」は、

「多種多様な参考にするべき事」を

「十分に取り入れる」と

「共」に、

「自らの知恵と理解・把握能力と感覚等、色々な能力を駆使」して、

「理解・把握」し、

「最終判断等すべき事」だ』。

『「そうしていたなら、

小泉政権時でも、

全ての原発の地震対策を徹底せよ!」くらいは、

「言えた筈」だ』。

『「そうすれば、

総理による強い提言の下」で、

「福島第一の津波対策や、電源対策等だって、行われる様になっていた可能性大」だろう』。

『「まるで、{自分を信じさせた、原子力の専門家が悪い!}とでも言いたげな、

小泉元総理の実質的八つ当たり論」や、

「その反動形成的な、再生可能エネルギー発電縋り論」には、

「陳腐さや、みっともなさ等は、有っても、

説得力等は、もはや、無い」』。

『「以上は、もし、小泉元総理が、

本当に、心の底から、

{原発専門家等を、信じていた}&{再生可能エネルギー発電に、縋っている}場合」だが、

「以上の様な事」は、

「重々承知の上での、{信じていた}フリ&{縋りぶり}演技等」なら、

「小泉元総理」は、

「おバカでは無く、悪になる」』。

『「現実として」は、

「中・韓等が、アブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ脱原発」とは、

「日本に自虐を強いる愚策以外の何モノでも無い」。

「日本が核汚染される可能性は、依然として高いまま・・・」である上に、

「不安定高価発電分とそれを補う化石燃料使用発電分により、日本の電力事情が、悪くなるから」だ。

「しかし、日本の自虐」は、

「中・韓(北朝も含む)に、漁夫の利を与える」』。

『「確信犯の反日国中・韓(北朝も含む)への利権誘導」とは、

「多くの日本国民や日本国等にとって、実質的に、悪い事」であり、

「そんな事を元総理の立場で行うなら、実質、悪人」になる』。

・・・・・・・。

『「酷く、単純な、言動等」は、

「相応に分かり易い」から、

「それにインパクト等が加われば、人心をつかみ取り易い」。

「ヒトラー」も「小泉元総理」も、

「得意技」は、

「ワン・ワード・ポリティクス」だった』。

『「それを、大歓迎し、大応援した」のも、

「どちらの場合も、

テレビ(ヒトラー時代には無かったが、在れば確実に使っていた筈だ)・ラジオ・マスコミ等」だった』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」では、

「酷く、単純な言動等による大衆操りが大好き」な、

「酷く、単純な思考体系や感覚等に溺れている人々」が、

「少なからず、実権を握り続けて来ている」のだろう』。

『「酷く、単純な言動等の生みの親」は、

「酷く、単純な思考に他ならず」、

「単純化とは、低俗化や崩壊化の為の特急券」に他ならない』。

『「人生において」も、

「活躍年齢時の悪戯な単純化」は、

「高度な仕事を不可能にする」。

「老化時には、誰もが、単純化に走り易い」』。

『「この手の問題の鍵」は、

「構築度」だ。

「必要になっている高度な仕事や能力等を実現しながら、

出来る限り、単純化(軽量化・縮小化等)出来たところ」に、

「その製品としての最適が在る事」を

「忘れずに、開発する」のが、

「多くの産業製品等の開発の肝」だが、

「人類の精神文化上の{製品}の一つである政治の場合」には、

「人類の実体やその実体の本来の目的との整合性を取りながら、

先ずは、政権の及ぶ範囲である、自国や自自治体等で、

必要になっている物事等に対し、

出来る限り、単純化し、

大衆周知等をより容易にしながら、

政策実現して行く事」こそが、

「肝」になる』。

『「より効率良く構築度を上げる為にする単純化」と、

「悪戯な単純化」には、

「絶対的な違いが在る」』。

『「人類の存続~永続の為」なら、

「より効率良く構築度を上げる為にする単純化」が

「合理的」になり、

「人類滅亡等を誘う為」なら、

「悪戯な単純化」が

「合理的になる」』。

『「悪戯な単純化に奔走している状態」の、

「政治家」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」等々は、

「人類の存続~永続を実現する為」に、

「早急に、退陣させられるべき」だ』。

『「環境問題の激化」は、

「もはや、人類の精神文化(政治・経済等も、もちろん、精神文化)の正常進化」が

「待った無し!」である事を、

「強烈に突き付けている」』。

『「電力問題では、今、人類が、止めるべき」は、

「原発では断じて無い」。

「化石燃料発電」だ』。

『「原発は、とりあえずは、出来る限り安全に使い続ける必要がある」。

「安全技術向上の為にも、

日本のような先進国側が、

積極的に原発を使用し、

より早く、

世界中に広められる安全技術を開発~実用化する事」こそが、

「日本の核汚染を防ぐ道である事」は、

「もはや、免れようの無い現実」だ』。

『「脱原発を言う」なら、

「世界中のアブナイ原発から止める事を言うべき」だ。

「アブナイ原発を止めて、より安全な原発を建てて使う」のが、

「現状では、正当な道になる」』。

『「核の完全制御は、かなり困難」だが、

「環境・文化的生活等両立問題の原発不使用による完全制御」は

「もっと困難」だ』。

|

多くのテレビ局が、「ニュース等をダシに、劣悪な解説等で、視聴者をマインドコントロールし続けている」のは何故か?・・・。

『「おバカ、もしくは、劣っている解説等」とは「その解説等のロジックに従って動く」と

「日本国民や日本国や日本社会等にとって、自虐や破壊等になる解説等」だ。

「自虐や破壊等になる事」さえ「???の様相」だから、

「おバカ、もしくは、劣っている解説等」と「評する」のが「適当」になる』。

『「悪質な解説等」とは「その解説等のロジック等に従って動く」と

「日本国民や日本国や日本社会等にとって、自虐や破壊等になる事」を、

「解説等している側は、重々承知の上」で、

「例えば、反日他国である祖国・母国等の為に、行っている場合」だ。

「日本の公共の電波の先にいる視聴者を、実質的には、騙し、マインドコントロールしている」のだから、

「悪」と「評する」のが「適当」になる』。

『「戦後日本のテレビ」には、

「劣悪な解説等が溢れている」』。

『「そして、その劣悪な解説等を視聴者に一方的に伝達する役割を担っている」のが、

「常連出演者等」だ』。

『「常連出演者が、自論を述べている」のなら、

「基本的には、常連出演者の問題」だが、

「現状では、実質的には、

利反日他国側に偏向した論ばかりが何処の局でも主流」となり、

「何処の局でも、同様の常連出演者が起用されている」』。

『「その実態が示唆している事」は、

「テレビ局実権者たち」が、

「自分たちの意志に沿った都合の良い常連出演者たちを主にを選んでいる」のか、

「テレビ局実権者たちの持論」を、

「常連出演者たちを、操り人形化して、代弁させている」のか等の

「何れかになる」』。

『「何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかりが主流という実態」が、

「露呈させている事」は、

「テレビ局実権者たちの意向が同一である事」だ』。

『「テレビ局実権者たちの意向」で、

「日本社会を染める為」に、

「有用な事」が、

「テレビ局実権者等に都合の良い、特定極一部の者たちのみ」に、

「常連出演{権}を与え続ける事」という訳だ』。

『「少なく無い量の発言や出演時間のあるテレビ出演」とは、

「一度に、~何万人~何十万人~何百万人~もの視聴者の前」で、

「一方的に、

姿形を見せつけたり、

自論・持論等を語りかけたりする事が出来ている

多大な利権」に他ならない』。

『「常連出演ともなれば、

それこそ、毎日の様に、

その様な多大な利権の上にいる事になる」』。

『「その利権の実効」は、

「多くの視聴者の頭の中」に、

「常連出演者等」の

「姿形」や

「自論・持論等」が

「摺り込まれる事」だ』。

『「多くの視聴者」は、

「知らず知らずの内」に、

「常連出演者等」や、

「その姿形」や、

「その自論・持論等」を、

「自分の一部」に

「させられている」』。

『「常連出演者等には、

有名人利権が生まれ、

常連出演者たちの自論・持論等は、

まるで、公然化された論の如く、

世間で認識され易くなる」。

「非常に膨大な利権が其処に在る」』。

『「膨大・多大な利権等に対して」は、

「独占等、不公平・不平等状態を避けるべく、

法規制等が在って然るべき」だ。

「しかし、

テレビ出演権」は、

「未だ、野放し状態」だ』。

『「早急に、実効のある対策を施すべき」だ』。

『「多大な利権上にある、

テレビ一定以上長時間出演者等に対しては、

出演の正当性が問われて然るべき」だ』。

『「常連出演」とは、

「不公平・不平等上に在る、

ある意味では、独占に近い状態」なので、

「基本的に禁止されるべき事」だ。

「週単位でも、月単位でも、日単位でも、人材の数等から、

適切な期間を設定の上、一人一番組二時間未満まで等」の、

「実効のある規制があって然るべき事」だ』。

『「戦後の日本のテレビ・芸能界」では、

「特定極一部の者たちばかり・・・が、

常連出演や重用という実態がある」。

「何故か?」』

『「起用側の意志が其処にあるから」と「強く推定出来る」。

「常連出演者たちの政治的・人脈的偏向性等からも、それは、明らか」だ』。

『「テレビ局は、民間企業だから、規制は如何なものか?」等の、

「インチキ論がある」』。

『「テレビ局が、民間企業」なら、

「積極的な入れ替え制等があって然るべき」だ』。

『「電力自由化等を積極的に訴えているテレビ局」が、

「公共の電波の自由化を積極的に言わない」のは、

「明らかに、公平性・平等性・中立性等を欠いている」』。

『「現状の様に、いったん、日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を得た」ら、

「後は、好き放題・・・」という様な状態は、

「明らかに、民間企業状態では無い」』。

『「公共の利権を預かる上に在る、疑似自治体等事業者的状態」だ。

「電気・ガス・水道等に近い状態」とでも言うべきかも知れない』。

『「そして、

視聴者の数から考えれば、

その規模は、かなりの規模になる」』。

『「更に、

視聴者の数の割に、少人数運営も可能で、

自治体や公務員並みの規制等も無い」から、

「好き放題、やりたい放題、稼ぎ、

劣悪な情報等でも、

一方的に大量配信出来てしまっている」』。

『「常連出演者等に利権を集中させる、不公平・不平等状態を実現させ、その裏で、

常連出演者にテレビ実権者側の持論等を言わせる事等も、

可能になってしまっている」』。

『「劣悪な状態の電気やガスや水等を提供すれば、皆、怒るなり、対策するなりする筈」だ。

「電圧や電流が足りなかったり、

混ざりモノ等があったり、本来のガスが足らなかったりして、不完全燃焼を起こすガスだったり、

飲むといきなり死傷はしないが、臭く、継続接種すると、確実に病気や死が、近づいて来てしまう水だったり、

・・・等々だったり」したら、

「怒らない、対策しない方が、不思議」だ』。

『「しかも、半公務的電気・ガス・水道等のサラリーマン等の年収は、

儲かっていない民間企業等よりは、多い場合が多いが、

さほど多く無い場合が多い」』。

『「ところが、現状のテレビ界等」は、

「劣悪事業で高報酬者・・・」が

「ゾロゾロ」だ』。

『「現状のテレビ・芸能界が衰退する」のは、

「相応の酷いベースが在るから」に他ならない』。

『「電力も自由化した今時」なら、

「公共の電波も自由化」し、

「民法キー局等、大テレビ局」には、

「積極的入れ替え制等を設定するべき」だ。

「常連出演は基本的に禁止」し、

「多種多様な人々が、テレビ出演するようにするべき」だ。

「テレビ実権者が、

その意志や持論等を、

公共の電波上で、

常連出演者等を操り人形化して、

一方的に公然化する事等」は、

「罪として、規定」し、

「厳罰を科すべき」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の「健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

またまた、記事をアップしよとしたら、書き込み途中で妨害が入ったので、該当記事(戦後日本のテレビ等問題関連)は、後程、執拗にアップし直すことにする・・・。

『「覗き連中が、大いに気に入らない部分を書き込まれると、フリーズさせて白紙化」が「出来てしまっている」とは「プロバイダーのセキュリティーも、今一、あてにならない」が、

「もちろん、無いより、遥かにマシ」だ。

「問題は、覗き&邪魔連中が、ほぼ確実に、そのスジの訓練等を受けている工作員たちと言う事」で、

「そんな者たちを、日本国内に蔓延らせ続けている事」に、

「日本政府や警察等の甘さが露呈している」』。

『「筆者のところの場合は、覗き&妨害行為等」は、

「同じ建物内のネット機器を通じて」と「強く推定出来る」から、

「プロバイダー等も既に、悪どもの居場所等は分かっているだろう」。

「いい加減に、プロバイダー等も、真剣に、警察対応による組織撲滅等を頼んでもよいと思うが」・・・』。

|

小泉元総理が、「肉を切らせて骨を切る的に、韓(北朝も含む)・中共への実利誘導論」を言い、それを利韓(北朝も含む)・利中共マスコミ等が大宣伝・・・。

『「女系等、天皇の問題」では、「如何にも、生粋の保守日本国民」を「気取り」、「原発問題では、「実質的、利韓(北朝も含む)・利中共論を言っている小泉元総理」。

「それを、マスコミ等が大宣伝」している』。

『「そもそも、小泉人気も、マスコミが作り出した現象」だ。

「小泉氏は総理大臣時」に、

「実質的」には、

「自民党をぶっ壊す!」の「公言の裏」で、

「実際は、日本社会をぶっ壊す利権集中悪徳改悪を行った」。

「その後、自民党も、確かに、衰退した」が、

「それは、小泉総理がぶっ壊した」と言うよりは、

「小泉政権以降の、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による、

自民ダメ!の大合唱による事と言う方が適切な事」だ』。

『「既得権益を壊す、改革だ!」と、

「日本社会の従来の利権構造を大きく崩し、円高も容認」した。

「その結果、格差が広がり、金権支配がより容易にされた日本社会の中」で、

「円高容認故に、漁夫の利を得て太れた、中国共産党系や韓国系の出先の者たち」が、

「日本社会の中で大きく蔓延れる状態をつくり出した」』。

『「多くの人々は、

小泉氏が総理になる前等は、

小泉氏の靖国や旧日本軍等に対する接し方等から、

少々変人であっても、

日本の保守派の一人だ」等と、

「勘違いさせられていた」。

「故に、大きな不安を抱かず、総理大臣の座を与えてもよいと思わされていた人々も数多かった」。

「しかし、実体」は

「実質的に、利韓(北朝も含む)・利中共系の政治を行う者の一人」だ。

「大衆に小泉氏の実体を勘違いさせる事に大活躍した」のが、

「当時の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」だった』。

『「上記の構造と全く同様の事態」が、

「今、都政で起こされている」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、

小泉政権時代の小泉総理の様に、

大応援している」のが、

「小池現都知事」だ』。

『「小池都知事が行っている事」も、

「既得権益≒従来の日本の仕事体制等を壊し、

新参者が入り易くする≒利権流出先を変える事」であり、

「円高容認と同様の効果を持つ、節約策」だ』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨する(=実質的には、大衆マインドコントロールする)」と

「強く推定出来る、今後の事態」は、

「まるで、かつての、自民ダメ!~政権交代!!~民主党!!!」と「同様」の、

「都政自民党ダメ!~与党交代!!~小池新党!!!」だろう』。

『「民主党政権時に日本が細り、中・韓等が大いに太れた」のと「同様の事態」が、

「東京都を舞台に起こされてしまう臭い」が、

「既に、濃厚に漂っている」』。

『「小池氏も、上辺は、如何にも、日本の保守派の一人」だが、

「行おうとしている事の内実」は、

「まるで、かつての小泉政権と同様の様相を既に露呈している」』。

『「小泉総理も、小池都知事」も、

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等がつくり出した有名人権力者」に他ならない』。

『「戦後日本の情報・教育界等では、

占領政策の悪影響で、

韓国(北朝鮮も含む)系の者たちが、

大きな実権を持ち続けて来ている」。

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」が、

「利韓(北朝も含む)&日本自虐」な「裏」には、

「相応のベースが在る」』。

『「異常な戦後処理は、直ちに是正するべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等の、実権者人脈も含めた、正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

『「さすがに、今時では、

小泉元総理等が、

どんなに反原発感情等を日本国内で増大させようとしても、

もはや、反原発感情等は縮小の一途」になる。

「温暖化抑止の為にも、とりあえずは、世界中で原発を使う事が合理的」であり、

「世界中で使う原発の安全基準を引き上げる為にも、

日本も率先して、原発を使い、

安全技術を積極的に向上させ続ける事」こそが、

「ベターチョイスだから」だ』。

『「中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ脱原発」では、

「日本の核の安全にもならず、

日本の電力事情も悪くなり、

日本にとっては、自虐でしか無い」。

「しかし、日本の脱原発は、確実に中・韓(北朝も含む)等に漁夫の利を与える」。

「まるで、円高容認政策等の様に」』。

『「今時では、多くの日本国民が上記程度の事は、十分に解っている」。

「しかし、

テレビ・ラジオ・マスコミ等がつくり出している

有名人権力者たちの

本質や実体については、

未だ、未だ、

多くの人々が、

理解・把握等が不十分な様相」だ』。

『「深刻な日本の危機」は、

「其処にある」』。

|

テレ朝朝番の「愚劣な晴海利用経済論」と、テレ朝昼番の「北朝鮮ミサイル大宣伝問題」・・・。

『「現状のインチキ経済システム上」での「行政経済運営法」として「劣位に位置する」のが、

「常連出演者等が言っていた、行政側による直接経営~利益取得法」だ。

「まるで、旧社会・共産圏のやり方と同様の手法が生む」のは、

「短絡的一時所得」と「汚職・賄賂の世界」に他ならない』。

『「行政側による直接経営」で「行うべき事」とは、

「公共交通機関や都営住宅等」の

「公共の利益や、社会保障や福祉的要素も強い、

利潤追求では無いが、

相応の継続した収入等が得られる事」だ。

「自治体収入が著しく悪い場合」なら、

「公営ギャンブル等の、継続的利潤追求策もアリ」だが、

「財政が潤沢な金満自治体である東京都には、似合わない」』。

『「晴海利用で直接経営による自治体の利潤追求策」等を「言った」とは、

「頭の中」が「旧社会・共産圏的発想で埋もれている事」を「露呈した様な事」だ』。

『「さて、それでは、晴海利用については、どの様な策が普通なのだろうか?」

「現行」の、

「土地等を安く民間企業等に売る事」で、

「その後の利用経営等も民間に任せる道」こそが、

「普通」だ』。

『「先ず、安価な土地提供により、引き受け企業等の利益確保を容易にする」。

「利益確保が容易な状態を元に、出来る限り良質な開発利用を行ってもらう」。

「その結果として、

利潤が出た企業からの税収や、

新たに其処に住む事になる都民からの税収等が、

継続的に得られる様になる」。

「現行経済システム上の行政運営」では、

「極めて当たり前の手法」だ』。

『「問題は、払い下げ土地価格等が、不当に安過ぎる場合」だが、

「この面での正当・不当を判断する為」には、

「その後の引き受け民間企業等による良質な開発との兼ね合いがある」。

「何処の企業でも、大儲け出来ている社会情勢の時」と、

「多くの企業が困窮している社会情勢の時とでは、適正価格も変わる」。

「当たり前の事」だ』。

『「当たり前の事を当たり前に紹介し、視聴者等に考えて頂ける情報配信をした後」で、

「現行が安過ぎる」等と「言う」のなら、

「未だ、話しは解る」。

「引き受け民間企業等のその後の良質な開発使用等まで担保出来る範囲」なら、

「売値はより高い方が理想的」だ。

「逆に、比較上、少々、安く払い下げても、その後の継続的税収がより多く見込め、晴海の環境等も良くなる」のなら、

「より安くする事にも、理がある事になる」』。

『「ところが、テレ朝朝番」では、

「旧社会・共産圏のような行政経済論」と、

「一般的な民間経済論や相場価格等」を

「紹介した後」で、

「安過ぎる」と「大宣伝していた」』。

『「愚劣な行政経済論」により、

「多くの視聴者」に

「都政はダメ!」

「都の官僚等はダメ!」等の

「不当なイメージを摺り込もうとしている様相」の

「悪質な情報配信が其処に在る」』。

・・・・・・・。

『「未だに、

北朝鮮のミサイルを、

朝鮮系の者を出演させて、脅威と大宣伝していた

テレ朝昼番も酷かった」』。

『「防空識別圏に入ったミサイルを撃ち落とせない???」

「バカか?」

「領空でも領土でも無い上に、

深刻な危機や被害も想定出来ない」のだから、

「大金をかけて、撃ち落とす必要が無い」のが、

「現実」だ』。

『「言うまでも無く、発射後のミサイルは、自衛隊等のレーダー等で捉えられている」。

「どの程度か?等を公表する事」は、

「防衛能力の一部の暴露となり、

悪戯に北朝鮮等を利す事になるから、

意図的に発表しないダケ」だ』。

『「先進諸国の数十年遅れの軍事技術」は、

「脅威では無い」。

「何故なら、万一、タダの一発でも、

他国に撃ち込み、

実戦争となった途端に、

北朝鮮側がアッと言う間に負ける事になるから」だ』。

『「それでも、一応は、北朝鮮向けの対策等を行わなければならなくなる」から、

「迷惑行為等にはなっている」が、

「断じて、脅威では無い」』。

『「何処の国でも、

官民共々、

北朝鮮に対し、

ミサイルを撃ち込めるなら撃ち込んでみろ!

その途端に北朝鮮はアッと言う間に壊滅させる!!」等と

「公言すれば良い」のだ。

「更に、国連に背いて、核・ミサイルの開発を続ける」なら、

「国連に賛同している全世界からの先制攻撃による北朝鮮壊滅まで辞さない事」等を、

「公言すれば良い」のだ』。

『「北朝鮮崩壊後」には、

「今まで、散々、朝鮮を甘やかし続けて来ている、

中国共産党支配下の中国」に、

「その後始末を全面的に行わせれば良い」』。

『「日本として行うべき」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動の徹底摘発」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等」でも、

「何時までも、北朝鮮系の者たちに、実質的、情報工作を行わせ続けている場合では無い」。

「そんな事を続けていれば、拉致問題の解決も益々遠くなる」。

「徹底して、日本国内の北朝鮮系の工作活動を摘発する為に必要な法や体制整備」を

「直ちに整え、

直ちに、摘発を実行するべき」だ』。

『「何れにしても、日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

未だに、北朝鮮のミサイルを脅威と宣伝している北朝鮮の手先たち・・・。

『「所謂、先進国の数十年遅れの軍事技術が脅威になる訳など無い」。「万一、実戦争となれば、アッと言う間に、北朝鮮の負けになる事」は、「少し考えるなら、誰もが分かる」』。

『「だから、むしろ、北朝鮮に対しては、

撃てるものなら撃ってみろ!そうすれば、直ぐに、実戦争となり、

北朝鮮は、アッと言う間に壊滅する!!」等の

「メッセージを、官民双方から堂々と大々的に発信する事」こそが、

「北朝鮮の軍備拡大の抑制を誘う事に直結している」』。

『「北朝鮮の数十年遅れの軍備を脅威等」と

「{持ち上げれば}」、

「北朝鮮が益々、その気になって、国民生活より軍備に走る」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「北朝鮮の本丸」は「数十年遅れの軍備では断じて無い」。

「その裏で、脈々と行い続けている工作活動」だ』。

『「北朝鮮の数十年遅れの軍備」を

「脅威と{称賛}している暇がある」のなら、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動を徹底摘発する事」こそが、

「多くの一般日本国民の安全・安心に直結している」』。

『「それなのに、

拉致までされているのに、

未だに、

日本国内の北朝鮮系の工作活動が徹底摘発されていないのは何故か?」』

『「言うまでも無く、

旧社会党等、所謂、左翼政党等による、

スパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制の整備に対する妨害政治工作等の

悪影響も大きい」が、

「それにも増して、

本気で、

日本政府や与党等が、

この問題の解決を目指していないから」だ』。

『「今や、圧倒的多数与党となっている現与党」が、

「未だに、北朝鮮の数十年遅れの軍事技術を脅威と{称賛}している事」は、

「明らかに異常」だ』。

『「現与党が行うべき」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動の徹底摘発である事」は、

「もはや、論を待たない」』。

『「現状での一番の障害」は、

「旧社会党等と同様の妨害テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報による大衆マインドコントロール」だ』。

『「だから、行うべき」は、

「先ず、戦後日本の情報・教育」の「正常化・健常化」になる』。

『「一般日本国民側からすれば、

戦後日本の所謂、左翼、その内実は、利韓(北朝も含む)・利中共情報・教育等」に、

「何時までも、操られている場合では無い」のだ』。

『「北朝鮮の数十年遅れの軍事技術」は、

「迷惑であっても、脅威ではあり得ない」。

「日本として行うべき事」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作活動の徹底摘発」だ』。

『「日本の戦後処理が健常」なら、

「出来ない訳の無い実務」が

「其処にある」』。

『「未だに、本来なら行える事が行えていない」のなら、

「戦後処理の正常化、或いは、貫徹等から行うべきである事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

|

テレ朝朝番では、「小池都知事の経済細らせ策の援護」や「日光東照宮の韓国ご用達?ガイド」等を日本の公共の電波を使って大宣伝していたが・・・。

『「五輪予算節約」とは「聞こえは良い」が「その実体」は「円高容認政策同様の、経済細らせ策」に他ならない。

「現状のインチキ経済システム上」では、

「バブル化して弾けない程度に、経済規模を膨らませる事」こそが、

「経済的優位を得る錬金術」だ』。

『「そんなインチキ錬金術が成り立つ」のは、

「経済システム自体がインチキだからに他ならない」が、

「多くの人々は、この重大問題に対して、何故か?知らんふり・・・」なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「テレ朝朝番等の論調は、もっと、劣悪レベル」で、

「内実として、経済細らせ策を賛美し、応援している」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「反日他国等に漁夫の利を与える為に、

意図的に日本や東京都の経済を細らせる事を推奨している」なら、

「悪」だし、

「現行のインチキ経済システムの構造や問題が???」なら、

「おバカ(劣)」だ』。

『「五輪」でも、

「悪戯な節約に邁進する」より、

「バブルとして弾けない程度に、経済を膨らませ、

企業業績や、賃金・報酬や、税収等を増やす道を選択した方」が、

「東京都や日本社会の経済状態はより良くなる」のが、

「現状経済システム上の現実」だ』。

『「何しろ、現状の経済評価」は、

「実体や事実・現実との整合性をとった絶対評価では無い」』。

『「現状の仕事」とは、

「仕事とされれば、何でも仕事」になる』。

『「そして、何よりも、現状のインチキ経済システム」では、

「実体経済界より金融資本界の方」が、

「圧倒的に優位にされている」』。

『「金に金を稼がせる事が出来てしまう」のが、

「現状のインチキ経済システムの実態」だ』。

『「だから、

現状のインチキ経済システムをそのまま使っている、

労働人口が減少している日本社会」なら、

「労働人口が減っても、

人口自体が減らない限り減少しない消費人口を基にした

消費税が合理的」になり、

「年金運用等でも人からの入りが減る分を、金に金を稼がせて増やす事」は、

「極めて合理的な選択になる」』。

『「頭が悪くない官僚たち」は、

「ちゃんと、極めて合理的な選択をし、

おバカでは無い政治家たち」は、

「ちゃんと、それを実践させている」が、

「正義ぶり、優等生ぶる事は、大得意でも、

内実は、官僚たちよりも、

日本の為の政治が出来ている政治家たちよりも、

遥かにおバカ、

もしくは、反日他国の手先等という場合が多い、

テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等の者たち」は、

「大衆や生徒等に向かって、

官僚たちの極めて合理的な策の説明をする正当・健常な道を選ばず、

劣悪自論等で、大衆や生徒等をマインドコントロールしようとする場合が多い」』。

『「本当」に、「醜悪な実態」が「其処に在る」』。

『「テレビ・マスコミ界に担がれている様相の小池都知事の実態・実体」も「同様」だから、

「正義ぶって、都や日本の経済を細らせる策を訴えている」。

「そんなモノに賛同してしまう都民や国民が多ければ、多い程、

日本が細る事で漁夫の利を得られる国々等は、

大喜び」だ』。

・・・・・・・。

『「日光東照宮の韓国ご用達?ガイドの話し」や、

「それを受けて語った常連出演者等の話しも、酷かった」』。

『「日光東照宮では、家康公のお墓の横に、朝鮮からの献上品が置いてある」が、

「該当ガイド」等は、「それを、グローバル化・・・」等と、「実質的、嘘を言っていた」』。

『「江戸時代の家康公のお墓」とは、

「徳川要人以外は絶対に入れないところ」だ。

「グローバル化の為に朝鮮からの献上品を置く」なら、

「ほとんどの人の目に触れないところに置く事自体異常」になる』。

『「むしろ、日光東照宮に置くのなら、入り口付近にでも置き、

多くの当時の日本人に{見せ付けた}方が、

遥かに利に適っている事になる」』。

『「朝鮮からの献上品が家康公のお墓の横に置かれた」のは、

「朝鮮とは、献上しに来る様な場合ダケ付き合えば良い」の

「グローバル化とは真逆の、家康公や江戸幕府等の意向故」に他ならない』。

『「実際の、江戸時代」は、

「朝鮮との交流もあるには、あった」が、

「実質的には、誰もが知っている通りの鎖国政策だった」』。

『「グローバル化???・・・正に、寝言レベルの実態からかけ離れた嘘論」だ。

「韓国等大好きな様相の常連出演者等も、グローバル化論大讃美だった」が、

「戦後テレビ・ラジオ・芸能界等」の

「常連出演者等や持論や歴史観等の多く」が、

「日本人離れしている事」は、

「もはや、大衆周知レベルの事実」だ』。

『「何故?そんな実態になってしまっているのか?」こそが、

「多くの日本国民が真剣に考え、実態検証や是正等を行うべき事」に他ならない。

「今更、言うまでも無い事」だろうが、

「それも、異常な戦後処理故の、悪現象の一つ」に他ならない』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等を利す考え・思い等」で、

「多くの日本国民をマインドコントロールし続けて来ている者たち」の

「行く末は、永遠の恥辱に染まる道の上」になる。

「そんなモノに操られてしまい続けている一般日本国民」も、

「副次的だが、同様になってまう可能性大」だ』。

『「余分な{被害者}を増やさない為」にも、

「現状の{被害者}の本来回帰の為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

『「少し考えるなら、誰でも分かる筈」だ。

「毎日の様に、何処の局でも、同様の顔、同様の論等という事態」が、

「どれ程異常なのか!」』

『「芸能人が芸能人の宣伝」をし、

「それを視聴者等が、ある意味では、{強制的}に覚え込まされている」。

「大した役者でも、芸人等でも、無い者たち」が、

「常連出演等しているダケ」で、

「場合によっては、億円レベルの家を何軒も持ち、意外に子沢山だったりしている」』。

『「一方にそんな実態がある日本社会」で、

「多くの一般日本国民が、年収300万未満」で、

「結婚も、子造り等々も、阻害された状態で、生活させられている」』。

『「異常な少子高齢化状態等を無くす為」にも、

「先ずは、過剰優遇・不当優遇者等を徹底駆逐する事」が「合理的」だ』。

『「大金持ちに憧れる、憧れさせられる」のは、

「おバカか、悪」だ。

「まともな頭がある、良心的な人」なら、

「大金持ちを無くす事で、

真面目に実働や社会貢献等する限り、

ほとんど全ての人々が、

普通の生活が出来る人間社会をつくる事等を目指す筈」だ。

「大金持ちを否定すれば、必然的に、貧困も無くなって行く事になる」』。

『「常連出演出来ているダケ」で「大金持ち」は、

「明らかに、不当」だ。

「其処に在る」のは、

「厚顔無恥の図々しさや他の実才能のある人々の立場を塞ぐ悪意等であり、

本来なら、与えられるべき」は、

「罪や罰や罰金等」だろう』。

『「そんな常連出演者等の子どもたちも哀れ」だ。

「何れは、

親も、

親の稼ぎ等も、

否定しなければ、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれてしまう事になるから」だ』。

『「全人類」に「残されている時」は「少ない」。

「地球環境問題」共々、

「人間社会実態問題」の、

「解決や是正等」は、

「もはや、待った無し!」だ』。

|

またまた、妨害が入ったので、「テレ朝朝番についての記事」は後ほどアップすることにする・・・。

『「余程、困る内容がある」のだろう。「とりあえずは、所用があるので、後程、記事をアップし直すことにする」』。

『「セコイ、出先工作員たち」の「覗き行為や、情報盗み&都合の良い部分だけ転用行為や、迷惑行為や、妨害行為等」は、

「何時まで続けられるのだろうか?」

・・・「こんな実態が在る事自体」からも

「戦後日本社会の異常性は明らかだと思うが」・・・』。

|

NHK、Eテレでは、「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿った、関東大震災時の朝鮮人虐殺問題」を日本の公共の電波を使って配信していたらしいが(3)・・・。

『「せっかくだから、何故、当時、多くの朝鮮人が自主的に日本に渡来したのか?の裏」も「記して置く」。

「当時の朝鮮半島内」では、

「朝鮮王朝時~の衰退化支配から解放された多くの朝鮮人たち」が、

「今度こそは、自分たちが良い思いをする番だ!」等の

「抑圧の反動がもたらした感覚によって動いていた」。

「もちろん、救いの主的存在だった、朝鮮半島に渡って来て、近代化整備等を行った日本人からの略奪等を企む様な、本質的悪は圧倒的に少なかった」が、

「親戚一同集まる」と、

「一族の中から、誰かを、近代化整備が朝鮮半島より圧倒的に進んでいる日本本土に渡らせて、稼がせれば、自分たちも良い思いが出来る」等と、

「考え、実行した者たちが少なからずいた」。

「大量の、時には、密航までした渡来の裏」には、

「上記の様な、当時の朝鮮人たちの思惑が在った場合が、かなり多い」。

「一族・家族等が、金を集め、出して、{代表}を送り込んだ結果」として、

「金のかかる遠方への渡来、

時には、もっと、金のかかる密航等の手段まで用いた」も

「実現出来た」のが「実態」だ』。

『「当然、渡来させられた者」は、

「一族・家族等の期待に応えなければならない」から、

「かなり、無理をした」。

「渡来先で、得る事が出来た仕事を必死で頑張る等」の、

「合法的、その地の社会や人々等に受け入れられる手段の無理ばかり」なら、

「大きな軋轢は生じない」が、

「元々が、朝鮮人側の思惑による、自主的な渡来だから、

そんな都合の良い場合は、ほとんど無く、

仕事を得られても、低賃金、

仕事を得られない場合も、多々出る始末」だった』。

『「一族・家族等の期待に沿えなかった朝鮮人たち」が、

「どの様な行動をとったのか?」は、

「もはや、記すまでも無い」だろう。

「それぞれの地域で以前から暮らしていた多くの一般日本人」と、

「一族・家族等の思惑を抱いて、自主的に渡来した朝鮮人」との「間」には、

「相互不信が生まれていた」』。

『「男女同権などほど遠い、長男への家督相続が当たり前で、売春が合法の仕事だった時代の事」だ。

「多くの一般日本人たちと自主渡来した朝鮮人の間」には、

「大きな溝があり、多くの一般日本人は、自主渡来した朝鮮人と積極的に付き合わなかった」』。

『「例え、成功出来なくても、自主渡来した朝鮮人たちが背負わされた一族・家族からの期待等は、消える訳も無い」。

「成功出来ていない朝鮮人の多く」は、

「とりあえずありつけた仕事等をベース」に、

「ひたすらチャンスを待っている状態」だった』。

『「そんな状態の者たちにとって、関東大震災が、火事場泥棒等のチャンスに思えた」のは、

「ある種の当然現象」だろう。

「或いは、火事場泥棒等の悪事に手を染める事を悪事と認識出来た者たちにとって」は、

「現状脱出欲動を暴発させたり、八つ当たりを行うきっかけと感じられた事等」も、

「ある種の当然現象」だろう。

「もちろん、多くの朝鮮人たちは、感を持ったダケで、実行には、移さなかった」。

「しかし、少数の朝鮮人たちは、実行してしまった」』。

『「当時の多くの日本人にとって」は、

「自らが招いた訳でも無い、

異文化や、

一族・家族等の思惑を背負った、

自主的渡来者たち」は、

「邦人以外の存在」だった。

「お互いが、見て見ぬフリをして、共存出来ていた平時の時」には、

「大きな問題は起きなかった」が、

「関東大震災という大天災による、

ある意味では、

当時の多くの人々の人知を超えた圧倒的な負の刺激」は、

「見て見ぬフリ」を「見える異邦人的存在の排除へと向かわせる刺激に化す」に

「十分だった」』。

『「理解を超えた負のエネルギーに触発されて、負の連鎖を体現してしまう事」は、

「古今東西多々在る人間社会現象」だ。

「人類が、ちゃんとその実態・実体を理解・把握して、乗り越えるべき実体」は、

「其処に在る」』。

『「関東大震災時のデマや虚報による朝鮮人虐殺事件の様な事態の再発を防ぐ為」に

「必要な事」は、

「当時の被害者やその被害者の流れの人々」に、

「被害者利権等を与える事では断じて無い」。

「元々が、それぞれの思惑によるボタンの掛け違いと、相互不理解が在ったところに、

大天災による想像を絶する負の刺激が加わった故」の、

「惨劇」だ。

「同様の事態の再発を防ぐ為に必要な事」は、

「ボタンの掛け違い自体を無くす事」であり、

「実体や事実・現実に基づいた相互理解を深くする事」に他ならない』。

『「さて、元々が、別天地への渡来による、一族・家族等への利権誘導が目的だった自主渡来した朝鮮人たち」は、

「その後、日本の中で、どの様な事を行っただろうか?」』

『「その後、多くの朝鮮人たち」は、

「合法的、日本社会に受け入れられる範囲内で、本来の目的に沿って、勤しんだ」が、

「日本の敗戦によって、朝鮮人悪権力者たちの意向が変わった事により、事態は急変した」』。

『「日本の敗戦が濃厚になって来ている時代」から、

「朝鮮人悪権力者たちの間」では、

「日本が敗戦したなら、朝鮮半島内の全ての日本人の立場・財産・資産等は、奪ってしまおう」

&「あわよくば、日本本土自体も奪い、乗っ取り支配してしまおう」。

「日韓併合は、解消し、韓国による日本&日本人支配体制をつくってしまおう」。

・・・等々の「思惑が渦巻き、その実現を画策する動きが出た」。

「具体的な手段としては、米国や米軍を利用する事」になる。

「日韓併合当初から、米国に渡っていた朝鮮人の人脈」が、

「3.1独立運動が始まる頃から、

米国内で、植民地支配詐欺で集めたお金を、

米国権力者懐柔資金として使う方法で、

その下準備を整えていた」から、

「日米開戦&日本の敗戦」は、

「そんな悪朝鮮人権力者たちにとって、正に、願ったり、叶ったり・・・の状態」だった』。

『「米国権力者に取り入っていた朝鮮人の米国権力者騙し」により、

「日本の戦後処理時」には、

「日本国内にいた朝鮮人が重用されたばかりでは無く、

朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが、

強制的に帰還させられた」』。

『「重用され、武器を持てた朝鮮人たち」が、

「日本全国各地で、乱暴狼藉を働き、多くの日本人を殺害し、資産・財産等を略奪した史実」は、

「戦後日本の学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報で、ちゃんと広報される事が無い」が、

「現実にあった史実」だ』。

『「余りに酷い、乱暴狼藉ぶりに、最終的には、駐留していた米軍が鎮圧に乗り出した」。

「米国権力者と米軍」は、

「その時になって、初めて、朝鮮人に騙された事に気づいた」が、

「既に、時遅し・・・」だった』。

『「火事場泥棒的に朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を奪った事」により、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)が始められた」』。

『「その後、

日本の主権が回復出来、

戦後処理として、

朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが強制的に帰還させられたのと同様に、

日本国内の朝鮮人のほぼ全てに対する帰還策が具体的に実行されようとしていた時」に、

「朝鮮戦争が始められてしまった」』。

『「戦後処理で、日本の政財界や情報・教育界の実権者として、数多く潜り込んでいる朝鮮系の者たち」は、

「朝鮮への帰還を選択せず、

日本残留&日本社会や政権等を、朝鮮側に有利にする」という、

「自主渡来した朝鮮人たちの思惑そのままの精神構造をベース」に、

「戦後日本社会の中」で、

「活動等し続けている」』

『「例えば、

北朝鮮悪権力者等から、

拉致協力の依頼があれば、

忠実に実行」したり、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等から、

侵入工作により、有用な情報等を盗め等とか、

飲食物工作や電磁波工作等により、日本人を粛正しろ等とかの、

依頼があれば、

日本国内で得られるお金・情報・技術・製品等を悪用」しながら、

「日本人<祖国・母国、同族・家族等のスタンス」で、

「動き続けている」』。

『「もちろん、そんな実態」は、

「異常な戦後処理」という「ボタンの掛け違い」と、

「スティルス工作」による「相互不信」という、

「関東大震災前夜状態」と、

「全く同様」だ』。

『「直ちに直すべき」は、

「異常な戦後処理を正常な戦後処理にする事」だ。

「スティルス工作に手を染めている悪朝鮮人権力者の手先たちを徹底摘発する事等」により、

「善良な、多くの朝鮮系の人々と、しっかりした区別を、全ての日本国民がつけられる様にする事」だ。

「これらの当たり前の事をちゃんと行わない限り」、

「関東大震災時の惨劇と同様、或いは、物質文明の進歩・進化分だけより深刻な事態」が、

「また起こされてしまっても、何の不思議も無い」』。

『「NHKの当時の被害者を偏重した、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿う、情報配信」の

「実効」は、

「今の日本社会の中に実在している深刻な事態」を

「より深刻する事」だ』。

『「まるで、関東大震災が再び起こった時」には、

「ボタンの掛け違いや、相互不信等に基づき、

現代流の惨劇をもう一度!」等と

「誘っている様にさえ感じ取れる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で、多くの人々をマインドコントロールし続けていれば、

実体や事実・現実に沿った源流対策抜きでも、

誤魔化し続けられる程、

今時の人間世界は甘く無い」。

「日本社会も含む、真の世界平和の為にも、

環境問題の解決の為にも、

人類の存続~永続の為にも、

実体や事実・現実に沿った、

真の実効を持つ対策が激烈に求められている」』。

『「朝鮮悪権力者臭が濃厚」な「NHK実権者たち」も「東大等大学教授等」も、

「もはや、要らない時代になっている」。

「必要なのは、実体や事実・現実にちゃんと沿える今時の実権者や、

大学教授等に相応しい者たち」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」や「学校教育界」等の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化抜き」に、

「本当の意味での、日本の戦後(処理)」は「終わり得ない」』。

|

NHK、Eテレでは、「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿う、関東大震災時の朝鮮人虐殺問題」を日本の公共の電波を使って配信していたらしいが(2)・・・。

『「日本が韓国を保護する条約~日韓併合」の「実体」は、「断じて、日本による武力侵攻~植民地支配・略奪等では無い」。

「単独では国の存続さえも困難になっていた当時の韓国の権力者たち」が「保身の為」に

「日本に救済を求めた」のが「実態・実体」だ』。

『「史実」としては、

「実質的、鎖国状態だった当時の韓国」に対して、

「米国の黒船同様の砲艦外交で、開国させた事のみ」が「軍事侵攻{的}部分」だ。

「それを軍事侵攻と言う」なら、

「黒船の砲艦外交」も、

「砲艦外交による開国圧力等では無く、

軍事侵攻と言わなければならない事になる」』。

『「韓国開国後、日韓の間に戦争等は無い」。

「日韓の間では、平常状態が続いていた」が、

「ロシアや清による、韓国への進出・侵略があった」』。

『「衰退し、自国だけでの防衛等が困難な状態に陥っていた当時の韓国の権力者たち」は、

「日本に救いを求めて来た」。

「日清・日露戦争の勝者となった日本」に対し、

「韓国は、先ずは、保護を求め、日本側もそれに応じた」。

「日本が韓国を保護する条約締結以降、

多くの日本人が朝鮮半島に渡った」が、

「武器を持って軍事侵攻したのでは無い」。

「金と能力と仕事を持って、朝鮮半島内の近代化整備を行いに行った」のが、

「現実」だ』。

『「日本側の篤い対応に気を良くした当時の韓国権力者たち」は、

「先ず、対等合併を望むようになった」が、

「最終的には、国力相応の日韓併合となった」。

「朝鮮王朝の王族は、日本の皇室に準ずる立場を得、

朝鮮の貴族は、日本の貴族と{成れ}、

朝鮮の権力者たちは、日韓併合後の日本の権力者たちに{成れた}」上に、

「日本のお金や技術や人や能力等が大量に注ぎ込まれた事により、

荒れ果てていた朝鮮半島内が急速に近代化整備された」のが、

「日韓併合の現実」だ』。

『「その後の朝鮮半島内」は、

「第二次世界大戦時までは、基本的には、平和状態が続いていた」。

「平時に、反政府勢力的に立ち上がり、仲間を集ったのが、3.1独立運動を始めた者たち」だった。

「その目的は、朝鮮半島内の支配権」を、

「出来るだけ早く、どんな手段を使っても、自分たちが得る為」だった。

「その為に、民族主義を表看板にし、政治運動では無く、武力闘争に走った」のが、

「武力闘争化へ道筋」だ』。

『「しかし、当時の多くの朝鮮半島内にいた朝鮮人たち」は、

「日韓併合前より、日韓併合後の方が、圧倒的に、良好な状態を得られていた」ので、

「そんな反政府武力闘争グループに賛同する者は圧倒的少数派」で

「決して少なく無い数の、朝鮮人たち」も、

「進んで、反政府武力闘争勢力の排除に動いた」から、

「反政府武力闘争グループ」は、

「程なく、山奥に追い込められ、大勢に影響が無い状態になった」』。

『「日本が韓国を保護する条約~日韓併合以降、

朝鮮半島内は急速に近代化整備」され、

「衛生・教育・文化・経済水準が一気に向上した事によって、

朝鮮人の人口も急増した」』。

『「そんな中での、武力闘争グループが、多くの朝鮮人に、どの様に受け止められていたのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「平時の中で、国や政府に武力で逆らった反乱グループ」を

「正義の象徴に仕立て直す事」は、

「歴史上の事実・現実をありのままに認め、使用する、正当な道の上ではあり得ない」。

「捏造史上の虚像でしか無い事」は、

「どんなに大衆マインドコントロールで現実化しようとしても、絶対に無理」で、

「最終的には破綻する」』。

『「そんな平時の朝鮮半島」から、

「大量の朝鮮人が、時には、密航までして、{自主的に}日本に渡来した」。

「何故か?」

「朝鮮半島内の近代化整備を日本人も頑張っていた時代」に、

「より近代化整備が進んでいた日本本土に渡る事」で、

「より良い仕事・報酬・生活等を得ようとしたから」だ。

「多くの場合、日本側が招いたのでは無く、朝鮮人が別天地を求めて、自主的に、時には密航までして渡来した」のだから、

「遠方から渡来してしまった事により、

一方的に受け入れざるを得なくなった

当時の多くの日本人側の受け止め方も、

想像に難くない筈」だ』。

『「当時」とは、

「欧米列強による進出圧力」や、

「日本人自体の口減らし目的の海外移住等」の

「記憶や実感等が、未だ、未だ、強かった時代」だ』。

『「そんな時に、偶々、関東大震災が起きてしまった」。

「そして、元々が、別天地を求めて、遠方から渡来していたものの、

成功出来ている人々は、当然、あまりいなかった」のが、

「当時の渡来朝鮮人の実態」だ。

「招いてもいないのに、遠方から来てしまった文化の違う人々がいる、日本人側にも、相応のストレスが有り、

別天地でのオイシイ生活等求めて来たのに、満足など出来ていない状態のストレスが朝鮮人側にもあった」のが、

「実態」だ』。

『「大震災時」に、

「現状脱出欲動が暴発し、一部少数の朝鮮人たちは、八つ当たり的犯罪行為や火事場泥棒等を行ってしまった」。

「その様な状態に、過剰反応してしまったのが内務省等」だ。

「朝鮮人が襲撃してくるゾ!防衛しなくては!」等の

「デマ・虚報等」が

「大手を振って一人歩き出来てしまった裏」には、

「相応の実態が在った」のが「現実」だ』。

|

NHK、Eテレでは、「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿った、関東大震災時の朝鮮人虐殺問題」を日本の公共の電波を使って放映していたらしいが(1)・・・。

『「関東大震災時に、関東域に何故?朝鮮人がいたのか?」や、

「日韓併合の実体」や、

「その後の、自主的に日本に渡来した朝鮮人の行った事」や、

「先の大戦終戦時に、朝鮮半島内の朝鮮人が行った事」や、

「戦後の日本社会で、その流れの上にいる朝鮮系の者たちが行い続けている事」等について

「十分に情報配信しない」まま、

「関東大震災時に殺害されてしまった朝鮮人被害者を偏重」して、

「この問題を論じる事」の「実効」は「何か?」』

『「朝鮮人の被害を大々的に配信する事」で、

「朝鮮人の加害を、無い事にしたい、或いは、黙殺させ続けたい連中」が、

「好むやり方」が「其処にある」』。

『「関東大震災時に朝鮮人が被害者となってしまった本当の理由」等を「知る為」には、

「何故、当時、朝鮮人が関東域にいたのか?」や、

「当時の日本社会の実態」等を「知る必要がある」』。

『「その為には、日本が韓国を保護する契約~日韓併合が何故成立したのか?」等を「知る事」等が「必要」だ。

「該当番組」では、

「二国間の国家間契約である日韓併合」を

「日本による武力侵攻~植民地支配」という「嘘」で、

「紹介していた」』。

『「その嘘論」は、

「日本の敗戦につけ込んで、朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を、火事場泥棒的に略奪して国を始めた」、

「朝鮮人悪権力者等の意向には沿う」が、

「歴史上の事実・現実とは、全く違う」』。

『「終戦直後日本国内で、乱暴狼藉等を働き、

不当な利権を得た朝鮮人たち」の

「流れの上で、生み出され続けている戦後日本の情報・教育」は、

「本当に醜悪」だ』。

|

先ほど、NHK、Eテレの「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿った、関東大震災時の朝鮮人虐殺問題について」に対する記事をアップしようとしたら、またまた、妨害が入り、記事自体が消失したので、執拗にアップ直すことにする・・・。

『「戦後日本社会、筆者の近隣(少なくともネット上の)等に、どの様な連中が居るのか?」が「よく判る」。

「それだけ、史実なのに、連中にとっては、痛いところ」等が「筆者の記事内容にはあるよう」だ』。

『「妨害をすればする程、それらの者たちの悪質性が立証されているのと同じ」になる。

「アップしようとした記事内容から、強く推定出来る事」は、

「妨害している」のは「韓国(北朝鮮も含む)系の者という事」だ』。

|

民進党の代表選って、もはや、多くの人々が気にもしていないのでは・・・。

『「蓮舫氏が二重国籍であろうが、日本国籍のみであろうが、他の候補者がどうであろうが、主流が旧民主党という民進党に期待する日本国民」は、

「もはや、圧倒的少数派」だ』。

『「何故なら、

旧民主党政権時に行った政治・政策等に対する、

上辺では無い、

責任や補償を含む実体のある反省も行っていないから」だ。

「口先三寸で、民主党政権時の反省を言ったところ」で、

「そんなモノは、多くの日本国民の心に響く訳も無い」から、

「実際に、民進党の議席は、低迷状態になっている」』。

『「日本には、二大政党制は馴染まない」から、

「無理やり民進党を巨大野党化するより、

現与党の自民党等を多様化する等の方法により、

多種・多様な政策等を

より良くしながら、

効率良く実現した方が合理的である事」は、

「少し考えるなら、誰でも分かる」』。

『「無理やり大政党化したところで、ロクな政治が出来ない事を実証した」のが、

「旧民主党」の「{功績}」だろう』。

『「それなのに、

未だに、

民進党は、

旧民主党の面々を大量に抱えたまま、大政党化を望んでいる様相」だ。

「そして、その為に、採った策」が、

「共産党まで含む野党共闘」とは、

「もはや、多くの一般日本国民側に近づくのでは無く、

旧社会党等の臭いの方を濃くする策に他ならず、

旧民主党政権時の反省など何処へやら、

まるで、何処かの新興宗教教団の如く、

信者になっていない人々は、未だ未熟」とでも

「言いたげな、雰囲気が満載」だ』。

『「党名を変えても、

上辺の反省等を述べても、

多くの日本国民の心には響かず、

だからと言って、共産党まで含む野党共闘という策を使う様では、

もはや、上辺の名前や上辺の反省で、多くの日本国民を欺くダケでは、

衰退の一途だから、

他の所謂、左翼野党に助けてもらおう・・・等の、

思惑、丸見え・・・」だから、

「益々、有権者等が離れて行く」・・・』。

『「野党共闘に積極的な共産党等の方」にも、

「旧ソ連という最大のスポンサーを失った事情等がある」のだろう』。

『「衰退の一途を辿っている、所謂、左翼野党の、末路」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「東西対立は、実質的には、既に、決着が付いている」。

「西側のインチキ経済システムをベースにした社会システムより酷い社会・共産体制」では、

「そんなモノを維持したがる人々がどんどん減る」のは、

「当然の現象」だ』。

『「インチキ経済システムをつくったユダヤ人脈の人々より、明らかにバカだった」から、

「まるで、官僚よりおバカな国会議員の政治主導を積極的に行おうとした民主党政権が極短期で崩壊したのと同様」で、

「旧社会・共産圏の崩壊」は、

「ある種の必然現象に他ならない」』。

『「それなのに、

未だに、

旧社会党の臭いを濃厚にして、

共産党と野党共闘で生き残ろうとしている民進党」では、

「本当に、お話しにならない」のは、

「当然の現象」だ』。

『「おバカは、何故?おバカで居られ続けられるのか?」

「おバカのくせに、自分は賢いと、思い込めているから」だ。

「利口とは、能力を常に進歩・進化し続ける事でのみ、あり付く事が出来る{称号}」だが、

「利口である人々は、自分は優秀だ等とは思っていない、ばかりか、未だ未だだ!等と思っている場合が多い」。

「進歩・進化を常とするが故の当然の感覚が其処にある」』。

『「旧社会・共産圏の精神文化の実体」とは、

「極一部の優秀だと思い込んでいる連中」が、

「他の者・物・事を支配・コントロール」し、

「極一部の優秀者扱いに至っていない人々」は、

「優秀者扱いの者たちの意向で、自分を支配・コントロールさせる事」が、

「ベース」だ。

「そのベースの上に、優秀扱いされている人々にも、そうではない人々にも、ある、欲が乗る」。

「その結果出来上がる」のが、

「優秀扱いされている人々がつくり出した実権・利権体制等を温存したままの、

賄賂・汚職社会という訳」だ』。

『「自由主義圏の進歩・進化を常とするべく考えている人々の実感」では、

「他の者・物・事支配」も

「他の者・物・事による被支配」も、

「代償欲求の世界に他ならない」。

「その面(支配欲)での、本来欲求とは、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ。

「代償欲求には、充足があり得ない」が、

「本来欲求には充足がある」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「他の者・物・事を支配・コントロールしようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配・コントロールさせようとしたり、

する事」は、

「必然的に、遊び程度に抑える事になる」』。

『「本来欲求の充足と代償欲求の追及」の

「主従逆転状態」では、

「何処の誰でも、本当の満足とは疎遠になる」。

「結果、不満が蓄積され、

現状脱出欲動が何れ暴発する事になる」から、

「実際に、

例えば、

ベルリンの壁は壊され、

旧ソ連はロシアになり、

東西冷戦は、実質的に終わりを迎えた」』。

『「民進党が本気で生き残りたい」のなら、

「旧民主党政権時の実体を伴う真摯な反省」と、

「旧東側離れ」は、

「必需」だ』。

『「それなのに、野党共闘で、旧東側人脈同士が、慰め合っている」。

「その実態は、民進党の更なる衰退を呼ぶ事になる」』。

『「何れにしても、現状の民進党、誰が、党首になったところで、大勢に影響は無い」。

「テレビ・マスコミ人脈の者たちは、

テレビ・マスコミ族の蓮舫を党首にして、

小池都知事と同様に大宣伝したい様相」だが、

「テレビ・マスコミ族の多くが、未だに、旧東側の臭いが濃厚に漂っている状態」だ。

「今後もテレビ・マスコミ離れは、どんどん加速する事になる」』。

『「戦後日本社会の、テレビ・ラジオ・マスコミ界や教育界や政財界等々」の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

フリーメーソンが本当により良い人間を育成する為の組織なら、秘密結社である事自体が異常でしょ!・・・。

『「メンバーがより良い人間の状態になる」というのなら、「結構な金満体質な様だから、全世界に向かって、公然と、そのノウハウ等を広げるべき」だ。

「そうしていない理由」は「ノウハウが恥ずかしいレベルだからか?他の目的があるから等」だろうと「強く推定出来る」』。

|

本日も「小池ヨイショ!」に忙しいテレビが多いが・・・。

『「小池ヨイショ!」で「利権分配先を、そのスジに変更したい連中」は、「本日も、小池こそが正義だ!等のイメージで、大衆誘導を行い続けている」。

「実に醜悪な実態が其処にある」』。

『「利権を自分たちの下に持って来たい者たち」は、

「テレビ・マスコミ等を使って、

大衆誘導する為の象徴として、

先ず、小池を都知事にした」のだろう』。

『「舛添ダメ!~都知事選!!~小池!!!」の「構造」は、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と「同様以外の何モノでも無い」』。

『「自民ダメ!~~民主!!!」では、

「民主系の企業等のところにお金が流れ易くなった」ばかりか、

「円高容認政策等により、日本が細る反面で中・韓等が大いに太った」』。

『「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」を

「行ったテレビ・ラジオ・マスコミ等」が、

「舛添ダメ!~都知事選!!~小池!!!」を

「行った」のだから、

「小池都政がどうなるのか?」は、

「想像に難く無い」』。

『「実際」に、

「実質的公約だった冒頭都議会解散実現無しへの追及は何処へやら、

現状では、現状までの都の仕事のアラ探しをし、見直す事に、

都の税金が注ぎ込まれる方向に動かされている」』。

『「テレ朝朝番」等では、

「小池都知事の下で、検証委員等を行う者たち」を、

「まるで、中国共産党の幹部や、北朝鮮の実権者たちの如く、

紹介していた」』。

『「今後の東京都等」は、

「それらの者たちに十二分な気遣いをしなさい!」等とでも、

「言いたげにさえ、感じた、その公共の電波を使った情報配信内容」の「示唆するところ」は、

「テレ朝等の裏に居る実権者たちこそ」が、

「民主等の裏や小池等の裏である事等」だろう』。

『「その実権者が日本に居るとは限らず、何処と無く、朝鮮臭がする」のは、

「気のせいでは無い」だろう』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界等の実権内実」は、

「他の者・物・事等については、情報公開が大好きな連中」によって、

「実質的に、黙殺され続けている」。

「明らかな異常事態が其処に在る」が、

「この問題を意識している人々」は、

「今後急増する可能性は大」だが、

「現状では、未だ、余り多く無い様」だ』。

『「キーワード」は「第一」&「太陽」&「ひまわり」等だろう。

「裏キーワード」は「1.8(金正恩の誕生日)」&「3.1、1.3、合わせてBや両方とってBB等」&「日の次に上がる太陽」等だろう。

「そんな悪思惑に溺れている連中にとって」は、

「東京五輪ロゴ」は、

「2020(に=日本の権力の座には、ゼロ=無い、に=日本人、ゼロ=無い)年には、

日本人奴隷化ゴール」の

「チェッカーフラッグ」なのだろう』。

『「その為のキーテクノロジー」が「電磁波工作や電子機器悪用盗み&電子情報等盗み・コントロール等の様相」なのだ。

「中国共産党や北朝鮮や韓国等が、その分野の悪権力者が使える人材の育成に余念が無い」のは、

「単なる偶然では断じて無い」』。

『「テレビ・ラジオ・一部マスコミ等が、無理やり都知事を変えさせた事の目的」が、

「2020年までに、日本、もしくは、少なくとも、東京都の乗っ取り支配」なら、

「今後も、電磁波工作等が益々強化される可能性大」だ』。

『「工作電磁波の実態・実体として」は、

「微妙な不協和音音波の様な、縦波ドット波」であり、

「音同様、壁等は通り抜ける」が、

「人体や、ビニール(+側)やアルミ(-側)等の比較的軽く柔らかい物に当たる」と、

「帯電電離現象等を起こすモノ」だ。

「長時間、或いは、強い被爆では、当然、健康被害が発生する事になる」。

「対処法は、ビニール等+アルミ等を電磁波と人体の間に置く事」で、

「そうすれば、それらのモノが先ず、被爆実害を和らげる」から、

「人体への影響も抑えられる」。

「硬い・重いモノでは、

さすがに、鉛クラスになると相応の反射実効等がある様だが、

鉄やコンクリートクラスでは、

音の如く、少々は減衰するが、通り抜けるダケ」だ』。

『「車移動、公共交通機関移動、徒歩移動等問わず、外出中」には、

「頭や身体の重要部位をそれらのモノでカバーすれば、相応の対策になる様」だ。

「在宅中等の場合は、特に、ほぼ同じ場所に長時間居る就寝中が特に要注意になる」から、

「寝床の周囲全体に対策をすれば、適度な-イオン等に恵まれた快適な睡眠が得られる事になる」。

「リビングや食堂等で同じ場所に座る場合時間が長いのなら、その部分の対策もお忘れ無く」。

「何故なら、悪どもは、工作電磁波やサーモ等を使って、覗きながら、ターゲットを執拗に狙い、工作電磁波を当て続けているから」だ。

「強い工作電磁波の場合」は、

「痛みやショック等が、その場で分かる」ので、

「その存在に気付く事も、クレームを訴えるきっかけにする事等も比較的容易になる」』。

『「何れにしても、戦後日本のテレビ・ラジオ界の状態は、正常でも無ければ、健常でも無い様相」だ。

「実権者人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

小池都知事援軍ばかりの様相だが・・・。

『「冒頭解散は何処行った???」

「豊洲安全も結構」だが、

「核潔癖症レベルの安全」では、「本末転倒になる」。

「安全等」は、

「何事でも、

潔癖症レベルでは無く、

現実的レベルで無ければ、

安全カルト宗教と言った方が適切な状態に陥り易い」』。

『「豊洲の安全」にしても、

「実質的に大きな支障が無いレベル」なら、

「先ず、予定通り豊洲に移転してから、より高度な安全状態を目指す」のが、

「正当な道」だ』。

『「今のところ、豊洲移転安全等の為先送りの実効」は

「より、多くの都税を使う事になってしまっている」』。

『「まるで、合法不適切問題での舛添ダメ!~都知事選~小池!!の都知事選」や、

「もし、小池都知事が実質的公約通り、冒頭解散出来たなら、

その後の都議選の様に・・・」』。

『「法律解釈にはレベルが在る」。

「日本の法律では、言うまでも無く、憲法が最上級」だ。

「他の全ての法は、憲法に違反・矛盾等しない限り、{有効に出来る}ダケ」だ。

「そして、その最終判定は、最高裁による」』。

『「豊洲移転に際し、安全調査の必要期間が二年で、二年後の結果が出るまでは、

法律違反になるから、移転はダメだ!」等の、

「浅い、法律論が、横行している」が、

「言うまでも無く、下位法と憲法は、全く別格」だ』。

『「憲法上で認められている日本国民の権利・利益上」で、

「下位法の言うなりにする事が、不合理な場合」は、

「下位法に背いても、最終的には、合法となる」のが、

「法律論の大原則」だ』。

『「豊洲の環境調査の結果実態を顧み、

五輪をより良い状態で迎える為のインフラ整備等という公共利益を顧みた時、

悪戯な、安全潔癖主義や、下位法順守」が、

「果たして、

どれ程、

日本国民の利益を守り、

向上させる事に結び付くのか???」』

『「政治家なら、

上記程度の事は、

重々承知していなければ、

お話しにならない」』。

『「反日マスコミ等なら、

上記程度の事は、

重々承知の上で、

大衆を目先の潔癖症論や、下位法論等で、

騙し、

操り、

実質的には、日本国民の公共利益等に大きなダメージを与える道を推奨する」だろう』。

『「小池都知事のスタンス」が、

「日本国民の為の政治家か?」

「反日マスコミの同類か?」等は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「はっきりしている事が在る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による、舛添ダメ!~都知事選~小池!!による税金使用」は、

「既に、約50億円」だ。

「この上更に、豊洲フリーズ等で、血税が使われる事となり、

更に、五輪予定が狂う事による、血税の増加が招かれてしまえば、

少々の無駄を露呈させ、返金等させたところで、その穴が埋められる訳も無い」。

「トータルでは、大赤字」だろう』。

『「豊洲市場建造物建築等にしても、

五輪関連にしても、

不正や無駄等があるのなら、

その徹底追及自体」は「もちろん、無駄では無い」。

「しかし、事業を止めてやるべき事では断じて無い」』。

『「事業自体は、予定通り着々と進めながら、

検証により、無駄や不正等が露呈した」なら、

「その責任のあるところに、返金請求なり、補償請求なり、是正請求なり、すれば良い事」だ』。

『「ところが、小池都知事の応援団的テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「とにもかくにも、事業フリーズや、何が何でも、やり直し等の推奨の様相」なのだ』。

『「其処に露呈している実態」とは、

「利権分配先の変更目的」であり、

「そんな事を推奨しているテレビ・ラジオ・マスコミ等や小池都知事等のお仲間への利権誘導」だ』。

『「既に、独裁者的醜悪な臭いが充満し始めている小池都政」だが、

「独裁者」とは、

「ヒトラー時代なら、ラジオ・マスコミ等、

今時なら、テレビ・ラジオ・マスコミ等の多大なる援軍が有ってこそ、

可能になる状態」だ』。

『「ヒトラー時代」には、

「上からの情報統制状態だったのかも知れない」が、

「現状で露呈している実態」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が、自分たち上がりの代弁者等を政治家として担ぐ手法等」により、

「独裁者独裁」ならぬ、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等実権者による独裁を行おうとしている事」だ。

「とんでも無い実態」が「其処に在る」』。

『「戦後日本社会に居る闇のヒトラー」は、

「一刻も早く、その実権を取り除かれるべき」だ。

「その為に有効な手段」は、

「民度の向上に他ならない」』。

『「今時の全人類に激烈に求められている精神文化の正常進歩・正常進化」を、

「多くの人々が、実現する」なら、

「闇のヒトラーは、白日の下に曝され、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「全人類の精神文化の正常進歩・正常進化と共」に、

「或いは、全人類の精神文化の正常進歩・正常進化をより効率的に行う為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »