« フリーメーソンが本当により良い人間を育成する為の組織なら、秘密結社である事自体が異常でしょ!・・・。 | トップページ | 先ほど、NHK、Eテレの「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿った、関東大震災時の朝鮮人虐殺問題について」に対する記事をアップしようとしたら、またまた、妨害が入り、記事自体が消失したので、執拗にアップ直すことにする・・・。 »

民進党の代表選って、もはや、多くの人々が気にもしていないのでは・・・。

『「蓮舫氏が二重国籍であろうが、日本国籍のみであろうが、他の候補者がどうであろうが、主流が旧民主党という民進党に期待する日本国民」は、

「もはや、圧倒的少数派」だ』。

『「何故なら、

旧民主党政権時に行った政治・政策等に対する、

上辺では無い、

責任や補償を含む実体のある反省も行っていないから」だ。

「口先三寸で、民主党政権時の反省を言ったところ」で、

「そんなモノは、多くの日本国民の心に響く訳も無い」から、

「実際に、民進党の議席は、低迷状態になっている」』。

『「日本には、二大政党制は馴染まない」から、

「無理やり民進党を巨大野党化するより、

現与党の自民党等を多様化する等の方法により、

多種・多様な政策等を

より良くしながら、

効率良く実現した方が合理的である事」は、

「少し考えるなら、誰でも分かる」』。

『「無理やり大政党化したところで、ロクな政治が出来ない事を実証した」のが、

「旧民主党」の「{功績}」だろう』。

『「それなのに、

未だに、

民進党は、

旧民主党の面々を大量に抱えたまま、大政党化を望んでいる様相」だ。

「そして、その為に、採った策」が、

「共産党まで含む野党共闘」とは、

「もはや、多くの一般日本国民側に近づくのでは無く、

旧社会党等の臭いの方を濃くする策に他ならず、

旧民主党政権時の反省など何処へやら、

まるで、何処かの新興宗教教団の如く、

信者になっていない人々は、未だ未熟」とでも

「言いたげな、雰囲気が満載」だ』。

『「党名を変えても、

上辺の反省等を述べても、

多くの日本国民の心には響かず、

だからと言って、共産党まで含む野党共闘という策を使う様では、

もはや、上辺の名前や上辺の反省で、多くの日本国民を欺くダケでは、

衰退の一途だから、

他の所謂、左翼野党に助けてもらおう・・・等の、

思惑、丸見え・・・」だから、

「益々、有権者等が離れて行く」・・・』。

『「野党共闘に積極的な共産党等の方」にも、

「旧ソ連という最大のスポンサーを失った事情等がある」のだろう』。

『「衰退の一途を辿っている、所謂、左翼野党の、末路」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「東西対立は、実質的には、既に、決着が付いている」。

「西側のインチキ経済システムをベースにした社会システムより酷い社会・共産体制」では、

「そんなモノを維持したがる人々がどんどん減る」のは、

「当然の現象」だ』。

『「インチキ経済システムをつくったユダヤ人脈の人々より、明らかにバカだった」から、

「まるで、官僚よりおバカな国会議員の政治主導を積極的に行おうとした民主党政権が極短期で崩壊したのと同様」で、

「旧社会・共産圏の崩壊」は、

「ある種の必然現象に他ならない」』。

『「それなのに、

未だに、

旧社会党の臭いを濃厚にして、

共産党と野党共闘で生き残ろうとしている民進党」では、

「本当に、お話しにならない」のは、

「当然の現象」だ』。

『「おバカは、何故?おバカで居られ続けられるのか?」

「おバカのくせに、自分は賢いと、思い込めているから」だ。

「利口とは、能力を常に進歩・進化し続ける事でのみ、あり付く事が出来る{称号}」だが、

「利口である人々は、自分は優秀だ等とは思っていない、ばかりか、未だ未だだ!等と思っている場合が多い」。

「進歩・進化を常とするが故の当然の感覚が其処にある」』。

『「旧社会・共産圏の精神文化の実体」とは、

「極一部の優秀だと思い込んでいる連中」が、

「他の者・物・事を支配・コントロール」し、

「極一部の優秀者扱いに至っていない人々」は、

「優秀者扱いの者たちの意向で、自分を支配・コントロールさせる事」が、

「ベース」だ。

「そのベースの上に、優秀扱いされている人々にも、そうではない人々にも、ある、欲が乗る」。

「その結果出来上がる」のが、

「優秀扱いされている人々がつくり出した実権・利権体制等を温存したままの、

賄賂・汚職社会という訳」だ』。

『「自由主義圏の進歩・進化を常とするべく考えている人々の実感」では、

「他の者・物・事支配」も

「他の者・物・事による被支配」も、

「代償欲求の世界に他ならない」。

「その面(支配欲)での、本来欲求とは、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ。

「代償欲求には、充足があり得ない」が、

「本来欲求には充足がある」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「他の者・物・事を支配・コントロールしようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配・コントロールさせようとしたり、

する事」は、

「必然的に、遊び程度に抑える事になる」』。

『「本来欲求の充足と代償欲求の追及」の

「主従逆転状態」では、

「何処の誰でも、本当の満足とは疎遠になる」。

「結果、不満が蓄積され、

現状脱出欲動が何れ暴発する事になる」から、

「実際に、

例えば、

ベルリンの壁は壊され、

旧ソ連はロシアになり、

東西冷戦は、実質的に終わりを迎えた」』。

『「民進党が本気で生き残りたい」のなら、

「旧民主党政権時の実体を伴う真摯な反省」と、

「旧東側離れ」は、

「必需」だ』。

『「それなのに、野党共闘で、旧東側人脈同士が、慰め合っている」。

「その実態は、民進党の更なる衰退を呼ぶ事になる」』。

『「何れにしても、現状の民進党、誰が、党首になったところで、大勢に影響は無い」。

「テレビ・マスコミ人脈の者たちは、

テレビ・マスコミ族の蓮舫を党首にして、

小池都知事と同様に大宣伝したい様相」だが、

「テレビ・マスコミ族の多くが、未だに、旧東側の臭いが濃厚に漂っている状態」だ。

「今後もテレビ・マスコミ離れは、どんどん加速する事になる」』。

『「戦後日本社会の、テレビ・ラジオ・マスコミ界や教育界や政財界等々」の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

« フリーメーソンが本当により良い人間を育成する為の組織なら、秘密結社である事自体が異常でしょ!・・・。 | トップページ | 先ほど、NHK、Eテレの「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者の意向に沿った、関東大震災時の朝鮮人虐殺問題について」に対する記事をアップしようとしたら、またまた、妨害が入り、記事自体が消失したので、執拗にアップ直すことにする・・・。 »

政治」カテゴリの記事