« トランプvsクリントン公開討論・・・。 | トップページ | ブログで、「人工透析全額自己負担等」を公言した、糞バカアナ&「日本国内の反日人脈の工作活動を告発しない」、糞バカマスコミ等・・・。 »

実質的、公約違反「冒頭解散無し!」小池都知事の都議会所信表明演説等・・・。

『「小池新党の準備はマダマダな今、現状の都議会議員の多くを敵に回しても、その先は、見えている」。

「少数勢力と化す小池一派にあるのは、衰退の一途」だ』。

『「そこで、お仲間テレビ・マスコミ等」が、

「小池一派の者たちに偏向して良イメージを付け、

それを大衆周知させる

実質的、情報工作の効果」が、

「十分に出、

有名人化した小池一派の者の数」が

「ある程度以上十分になるまで」は、

「都議会とも仲良くするから、攻撃しないでね!」状態なのだ』。

『「実質的、公約だった冒頭解散無し!」の「裏」には、

「小池都知事側の保身がある」』。

『「そんな実態」に、

「姑息さや狡賢さ等を感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「小池都知事の弁によれば、

巨大肥満化した都市東京」等だが、

「巨大肥満化しているが故」に、

「東京の財政状態等」が、

「この苦境溢れる世界経済情勢の中でも、

相応に豊かに成れている事」も

「忘れるべきでは無い」』。

『「東京をスリムで健康的にする事=東京も苦境溢れる経済状態にする事」と

「なってしまう」のが、

「現状のインチキ経済システム上」での「現実」だ』。

『「何事でも順番を間違えると悪い結果を招き易い」。

「東京をスリムで健康的にする前」に、

「インチキ経済システムの是正」を

「行わなければ」、

「東京が清貧化される自虐事態が起きてしまうダケ」になる』。

『「現状のインチキ経済システムが続く限り、

東京の清貧化は、

日本経済の縮小にも直結している」』。

『「まるで、

旧民主党政権時の

政治主導や

コンクリートから人へ!」の様な、

「小池都知事一派」による

「現状のインチキ経済システムへの対策抜き」の

「目先の経済論や経済政策等」に

「力を与える事」は、

「日本経済を細らせる

日本にとって自虐的な選択」に他ならない』。

『「日本の自虐」の「裏」では、

「反日国等が漁夫の利を得られる事」は

「多くの日本国民が、決して、忘れるべきでは無い事」だ』。

『「現状の現実論で言う」なら、

「現状のインチキ経済システム上である限り、

例えば、建造物を壊す事も、建造物を建てる事も、どちらも仕事」で、

「仕事の量に合わせて、お金の量を膨らませる事が可能になる」』。

『「直接人に給付金等を出す事」は、

「補助・援助等であり仕事とは、換算されない」から、

「それダケでは、お金の量を膨らませられない」』。

『「直接人にお金を与える事」が

「経済的に有効になる場合」とは、

「例えば、全国民に給付金を出す事により、消費が活性化したりする場合等」だ。

「その様な実効が期待出来ない場合」は、

「例えば、

金融機関等による個人貸し出し等では利息によりお金の量が増やせる様に、

相応のお金の量を増やす有効なモノを付け足さなければ、

経済は細るダケ」だ』。

『「ところが、利子とか、株配当等とは、不労所得」なのだ。

「本来なら、利子とか株配当等の不労所得に高い税金をかけるべき」だが、

「現状では、そうなっていない」』。

『「株配当では無く、株転がし」や、

「同様に、土地転がしや、他の物事転がし」でも、

「お金を増やす事が可能になっている」が、

「それらは、準不労所得とでも言うべき実態」だ。

「本来なら、こちらにも、高い税金をかけるべき」だ』。

『「不労所得や準不労所得に高い税金をかけ、

その分、実働所得の税を低くする」なら、

「相応に格差是正が進む事になる」』。

『「実働所得の税を軽くする」と、

「不要な実働所得狙いの事業等が頻発する可能性が大きくなる」。

「要・不要を見極める基準が必要になる」が、

「その為に必要な事」は、

「多くの人類が自分の実体やその実体の本来の目的を科学レベルで理解・把握している事」だ。

「それは、自虐的にならない判断を行う為にも必要な事に他ならない」』。

『「多くの人々の判断基準が正常化されれば、

必然的に、者・物・事への依存度も下がって行く」。

「悪戯な、インチキ経済システムを元にした金権支配社会は終焉」し、

「人類誰もが自分の実体やその実体の本来の目的から科学的に整合性を取れる

自虐度の低い新時代がやって来る事になる」。

「環境問題も、金権支配の為には必要な格差問題も、戦争・テロ等の超自虐事態も、

必然的に激減する事になる」』。

『「目先の経済論や経済政策等」による「支配権争い」等の「時代」を、

「終わらせる為」にも、

「精神文化の正常進化を誘う、情報・教育の正常化・健常化」こそが、

「大切」だ』。

『「精神文化の正常進化を疎かにする」と、

「環境故ににせよ、戦乱ゆえににせよ、その他の自虐的要因故にせよ、

人類は、それほど遠くない近未来において、滅亡する事になる」のだから、

「現状経済システムの是正」や

「情報・教育問題~精神文化の正常進化」等は、

「今時の政治家なら、

何処の誰でも、

絶対的重要事として扱うべき事」だ』。

・・・・・・・。

『「上記の様な、現状の経済システム上では当たり前の経済ロジック」や、

「現状経済システムの是正の必要性等」さえ

「満足に理解出来ていない」のなら、

「劣(おバカ)」だし、

「理解出来ているが故に、意図的に、日本に自虐を強いる等の為に無い事にしている」のなら、

「悪」だ』。

『「政治家なのに、

現状のインチキ経済システムの是正の重要性さえも訴えず、実行しようともしない様」では、

「本当に情けない」』。

『「上記の今時なら当たり前の基準」からすれば、

例えば、

「東京をスリム化したがっている様相の小池都知事」や

「未だに、お金は人へ!と言っている民進党の蓮舫」等の

「実体」とは、

「おバカか、悪」になる』。

『「現状の経済システム上」では、

「五輪等のイベント」なら、

「ある意味、利用して、

破綻しない程度に、かかるお金の量を膨らませた方」が、

「ある種のバブル景気的メリットが得られてしまう」のが、

「現実」だ』。

『「目先の金額論」では、

「政治の中枢に居る人々が見分けるべき」は、

「破綻せずに、一番景気を良く出来るライン等に他ならない」。

「ところが、

テレビ・マスコミ等や、

小池都知事等」は、

「庶民目線の単純金額論を主軸にして、五輪予算問題等を論じている」。

「現状のインチキ経済システムの問題も言わずに!」』

『「上辺や言動等」が「どんなに好イメージ」でも、

「内実」が、

「例えば、

おバカや悪で、

日本にとっての自虐強い神・貧乏神等」では、

「どうしようも無い」』。

『「ところが、戦後日本の情報・教育界等」には、

「日本にとっての自虐強い神・貧乏神等」に、

「好イメージを付けたがり、

大衆に支持させたがる

悪習が有る」。

「情報・教育界でも、おバカや悪等が蔓延っている」と

「強く推定出来る」』。

『「異常な戦後処理をルーツとする悪習から解放されている情報・教育機関等が、

主流となるまで」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の信者たち」が、

「カルト宗教信者的状態である場合さえ多い」のも、

「当然の現象」だ』。

『「未だに、

有名人・芸能人等に操られ、

大金持ち等に憧れ{させられている}方々」は、

「一刻も早く、

操り人形の糸を切り、

自分を解放し、

本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「その上で、

例えば、小池都知事等の実態を見る」なら、

「もはや、自虐的な支持等は、出来ない筈」だ』。

|

« トランプvsクリントン公開討論・・・。 | トップページ | ブログで、「人工透析全額自己負担等」を公言した、糞バカアナ&「日本国内の反日人脈の工作活動を告発しない」、糞バカマスコミ等・・・。 »

政治」カテゴリの記事