« 「豊洲、地下空間水強アルカリ性騒ぎ」で不安や都政不信等を煽っているテレビ・マスコミ等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「北朝鮮現政権との話し合いを、未だに、渇望していた」様相だったが・・・。 »

「国籍アバウトなお方を代表に出来る民進党」では「政策もアバウトになって当然」でしょ・・・。

『「{国}会議員なのに、国籍アバウト」は「あり得ない」。「そんなお方」を、「{国}政政党の代表として、選出出来てしまう政党」が「政策アバウト」なのは、「ある意味、当然の現象」だろう』。

『「この{国}アバウトさ等が在る限り、民進党への期待は、無理」だ』。

『「民進党が信頼を回復する為」なら、

「候補者の国籍アバウトが判明した時点」で、

「その是正・修正後」、

「党員・サポーター・地方議員の投票をやり直す必要が有った」が、

「費用の関係か?」

「思想・信条等の関係か?」

「実権者ゆえの問題か?」は、

「不明」だが、

「実際」は、

「国籍アバウト候補者票」を「そのまま有効票にしてしまった」。

「それは、冷静に考える」なら、

「国政政党として、

完全に、アウト!」の

「大問題」だ』。

『「ところが、民進党のお仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「この重大問題を無い事にしたがっている」。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等」も、

「国籍アバウト」である「実態・実体」を「露呈している」のだ』。

『「グローバル化???・・・笑わせるんじゃ無い!」

「日本語や日本文化等がどれだけグローバルになって行っているのか???」

「世界の経済・社会システム等が、

どれだけ、

人類の実体やその実体の本来の目的と整合性が取れているのか???」』

『「はっきり言えば、現状でのグローバル化」とは、

「ユダヤ式インチキ資本主義のグローバル化であり、

欧米型人間社会システムのグローバル化」だ。

「それは、精神心理学的」には、

「特定の者たち」が

「本来欲求の充足を自ら不可能にしながら、

代償欲求の追及に奔走している未熟な状態に他ならない」』。

『「こんな状態」なら、

「悪戯なグローバル化」より、

「各国が、それぞれの本来の文化等を保持したまま、熟成し易くなる、

国単位の平和連合状態等の方」が、

「遥かにマシ」だ』。

『「グローバル化が正当性を得る為」には、

「本質的にグローバルである人類の実体やその実体の本来の目的から整合性を取る」等の、

「極めて当たり前のベースが要る」』。

『「昨今」の「各国、保守傾き」は、

「上記の面」からも、

「当然の現象に過ぎ無い」』。

『「民進党等」の「アバウト国認識等」は、

「正当なグローバル化を阻害する、

欧米流の悪戯なグローバル化より更に酷い、

非常に未熟な状態」に他ならない』。

『「そんな状態がもたらす事」は、

「崩壊」と

「相場は決まっている」から、

「実際に、かつての民主党政権時」には、

「実質的に、日本崩壊現象がもたらされてしまった」。

「日本崩壊現象の漁夫の利」で、

「反日国等は、大いに、太れた」が、

「民主党政権が、日本を大いに細らせた事に対する、責任の償い」は、

「ほぼ皆無」だ。

「党名を変えたくらいで、誤魔化そうとしているその姑息さ」と、

「国籍アバウト」に、

「同じ臭いを感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

|

« 「豊洲、地下空間水強アルカリ性騒ぎ」で不安や都政不信等を煽っているテレビ・マスコミ等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「北朝鮮現政権との話し合いを、未だに、渇望していた」様相だったが・・・。 »

政治」カテゴリの記事