« 「人命救助にや国防等に励んでいる戦争も人殺しもしていない専守防衛の自衛隊」を旧日本軍の如く忌み嫌っているテレビ・ラジオ・マスコミ等の劣悪度・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、弱者標的問題で常連出演者という強者たちが劣悪論を述べていたが・・・。 »

安倍総理の現状の体調異常の原因は、反日国人脈による電磁波工作&飲食物工作だったりして・・・。

『「工作電磁波を上半身に浴びる・浴びせ続けられる」と、「セキが出易くなったり、首や肩が凝ったり、目の焦点が合わせ辛くなったり、イライラしたり、酷い場合には、心不全や呼吸不全等を起こしたり、気絶等させられたり、・・・等々する」。

「下半身の場合」は、

「腰痛や足腰の関節痛や、歩行困難や、生殖機能障害等々の症状が出易くなる」』。

『「何故なら、工作電磁波の実害」は、

「生体電気信号の妨害や生体電離現象等」であり、

「短時間直接的」には、

「上記の様な症状として体現されてしまい易いから」だ。

「長期間的には、発ガンや、遺伝子異常や、早死に化・頭・身・体弱体化等々になり易い」』。

『「専用の工作機器等も当然の如く在る」が、

「工作電磁波の仕込み」は、

「ソフト等により、ターゲットの周囲に在る、家電やスマホ等にも出来てしまう」』。

『「ソフト仕込みの場合」は、

「誤作動を起こさない為、電圧フィルターが悪用されている場合が多い」』。

『「例えば、家電なら、通常100V基準」だが、

「電圧フィルター上では、別物のノイズ等として排除される半分(50ボルト)未満や200ボルト以上」の

「電圧による仕込みが行われている場合が多い」。

「自家用車等の12ボルト電源基準の場合」は、

「倍(24ボルト)以上や半分(6ボルト)未満の電圧による仕込みが可能だが、

自動車等の場合、5ボルト程度を実用している回路もあるので、倍(24ボルト)以上の方が、

使われている場合が多い」』。

『「アナログ世代の電子技術者等には、意外かも知れない」が、

「総エネルギー量さえオーバーしなければ、電圧など関係無い」のが、

「デジタル世界の実態」だ』。

『「更に、オーバーにしても、アンダーにしても、枠外は異物として排出したがる」のが、

「デジタル電子回路の実態」だ。

「結果、工作電磁波は、回路外に排出され易くなる」』。

『「この特性を悪用して、工作電磁波が、至るところで仕込まれている」』。

『「該当電子回路等から排除され易い、枠外電圧の工作電磁波」は、

「その存在に気付かれ難い様に、

経時変化ロジック等により、

疑似波形化しているデジタル信号が時と共に変化する様に仕組まれている」』。

『「この疑似波形変化」は、

「周波数リミッターやデジタル信号フィルターを誤魔化し、素通りする為にも有効になる」。

「本来、その回路で使われているデジタル特定信号に引っかからないから

誤作動等は回避出来てしまい、

高周波・低周波どちらのリミッターが在っても、

工作電磁波は通り抜け易い」』。

『「また、経時変化の様な手法を用いる」と、

「例えば、覗きの為に工作電磁派を用いていた場合」でも、

「その元の計算式・ロジック等を基にした受信部等が無いと、

無関係信号等と判定され易く、検出困難になる」。

「逆に、元の計算式・ロジック等を仕込んである覗き機器で見れば、

例えば、壁の向こうでも、音なら聞こえる如く、丸見えに出来てしまう」』。

『「他の人脈には、気付かれ辛い覗きの手法」だ』。

『「現状、巷に溢れている、工作電磁波の基本構造」は、

「累積計算・経時変化ロジック等により、

時と共に、疑似高周波化する、

複数和音的な縦波ドット波」だ』。

『「演算結果自体が反映される定積分演算結果」を

「多重に行い、出力させる事」や、

「ロジック的に、一定時間や回数等を超えると、

分母が増え、より細分化する仕込みでも、やっている」のだろう』。

『「しかし、工作電磁波の有無」は、

「比較的容易に検出出来る」』。

『「上記の電圧フィルター悪用を逆手に取れば良いダケ」だ。

「通常なら存在し得ない、電圧フィルター外の交流波等として、

工作電磁波の有無は検出可能」だ。

「或いは、電子・ホールが回路外に飛び出して来るが故に生じる電界からも、

その存在は、確認可能」だ』。

・・・・・・・・。

『「飲食物工作の場合」は、

「身近に在る物質が悪用されている場合が多い」』。

『「例えば、消毒・漂白・洗浄用の薬剤や洗剤等が、過剰に残っていたダケ」と、

「判定され得る状態」で、

「仕込まれている場合が多い」』。

『「具体的」には、

「例えば、飲食店等では、ドリンクの器等」に、

「何故か??

それらのモノが過剰に残っていたり、

製氷機等に、何故か??それらのモノが過剰に残っていたり、

・・・等々の、

場合が必然的に推定されてしまうであろう状態」で、

「工作仕込まれていたりする」。

「良く冷えたビールジョッキの表面の水分が凍ったモノ」に、

「水ダケでは無く、漂白剤等の成分が混ざっていると、ビールの味もとがったり、変だったり、する」。

「他のジョッキの同じビールの味と比べて、明らかな差がある様な場合」は、

「そんな店には、工作員がいるかも?」と「疑った方が良いかも知れない」。

「酒のお猪口でも、ワインのグラスでも、他の種類の飲料(酒類以外、清涼飲料等も含む)でも、同様」だ』。

『「ペットボトルや缶・瓶飲料等自体に、実質的に、仕込まれている場合もある」。

「メンテ後に薬剤等が余分に残されている場合の直後ロットやそれに続くロット」は、

「汚染度が高い」。

「元々が巷に溢れているモノ」だから、

「継時的に、偶々、大量に体内に取り込まれてしまっても、不思議と思われ辛いモノ」だ』。

『「もちろん、工作員等が意図的に、それらのモノを仕込んで、

ターゲットが良く買い物する店等に、

置いてあるモノとすり替えたりする事もある」』。

『「ターゲットに高確率で、仕込みペットボトル・缶・瓶飲料が飲まれる状況」を、

「その地域のターゲットが常飲している(買い上げ個人情報の吸い上げや覗きやストーカー的行為により、割り出している)

ターゲット好みの飲料等を全て、

実質的、工作物や残留濃度が高いロットにする等の手段による、

力技で仕込む事まで行われている」』。

『「つまり、

仕入れ先や、工場からの配分や、仕入れ等を

実質的に、支配出来る立場の者にも、

そのスジの者たちが居る場合がある」のだ』。

『「安倍総理ともなれば、

反日人脈による工作活動VIP待遇被害者等であっても、

何の不思議も無い」』。

『「そんな工作飲食を続けさせられれば、

例えば、肝腎臓等が、通常より圧倒的に早く痛んでしまっても、何の不思議も無い」』。

・・・・・・・。

『「安倍総理の現状の健康不安問題」には、

「上記等の工作の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「日本政府も与党も、一刻も早く、

実効のあるスパイ・工作活動等防止法や、

実効のある摘発体制等を、

整え、実用するべき」だ』。

『「日本の戦後処理」は、

「日本国内に居続けている反日国人脈による日本人粛清工作等を葬り去ってこそ、

初めて、終わり得る」』。

|

« 「人命救助にや国防等に励んでいる戦争も人殺しもしていない専守防衛の自衛隊」を旧日本軍の如く忌み嫌っているテレビ・ラジオ・マスコミ等の劣悪度・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、弱者標的問題で常連出演者という強者たちが劣悪論を述べていたが・・・。 »

政治」カテゴリの記事