« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

もはや、論じるに値しないレベルの昨晩の「IQ246」だったが・・・。

『「既に使い古された、サブキャラの人間関係思い入れドラマ」は「もはや、醜悪の域」だった。

「せめて、主人公」に、

「事件解決に当たり、

人の死とは、細胞レベルの現象なのだから、

何故、丸ごと一人殺したがるのか?

・・・実に醜悪だ!

あなたの殺したいモノの実体は何だ?!」等の

「決め台詞」でも、

「言わせていれば、

未だ、高IQらしさが、いくらかは、感じられた筈」だが・・・』。

『「いい加減に、高IQとか、大金持ちとか、

・・・特別」に、

「製作者側が憧れて、

視聴者等を特別に憧れさせ、

自己承認欲求の代償欲求を満たそうとする事等に、

公共の電波まで使っている様相」の、

「ドラマ制作等は、

卒業したら、どうか!」』

『「それは、製作者等の精神構造が健常成長出来ている」なら、

「当たり前」に「出来ている事だが!」』

|

サンデーモーニングでは、お亡くなりになった三笠宮様を政治利用していた様相だったが・・・。

『「先の大戦時には、参謀の立場にあられた三笠宮様」が「戦時中も戦後も、戦争や当時の旧陸軍等の戦争文化等に対し、痛烈な否定感をお持ちになっていた事」等を、

「政治利用」し、

「多くの視聴者に、自虐史的歴史観を抱かせようとしていた様相」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、戦争自体は、ある種の絶対悪」だ。

「元々、絶対悪的要素が強い戦争時の歴史」で、

「旧日本軍による戦闘行為等ダケ視聴者の興味等を傾注させれば、

多くの視聴者の中」で、

「悪いのは、旧日本軍≒日本国・日本人等のイメージが生じ易くなり、

日本が謝罪するのが当然等の考え・思い等も生じ易くなる」のも「当然の現象」だ』。

『「歴史を振り返る時」には、

「振り返る時代当時の人間世界の精神文化や風潮や全体像等を

抜きにして振り返ってはいけない」』。

『「極一部の歴史上の事実・現実にダケ傾注させる事等による、

実質的大衆マインドコントロール等」は、

「悪現状権力者たちの得意技」だ』。

『「武力による命がけの比べっこ支配権争いや植民地支配等の精神文化」が、

「世界中で蔓延っていた時代」に、

「その{最先端大衆精神文化}に乗り遅れて、

自国・自国民さえ十分に守れなかった状態の国々の

国家指導者や国家体制等」よりは、

「後追いながら、その{最先端大衆精神文化}に則り、

同様の{悪事}に手を染められた国家指導者や国家体制等の方」が、

「マダましだった事」は、

「歴史上の現実として、

絶対に見失うべきでは無い現実」だ』。

『「世界中が、武力による命がけの比べっこ支配権争い状態だった時代」では、

「その土俵の上にも上がらない事=一方的に支配される事に他ならない」』。

『「支配する側は、支配出来ると考えられるところに{手を出していた}」のだから、

「当時の精神文化に忠実だった旧日本軍等がその原則通りの行動を起こしてしまった」のは、

「ある意味、当然の現象でもある」』。

『「当時の人間世界全体に吹いていた風が風だった」ので、

「当時の多くの日本国民も政府等」も、

「旧軍部の意向に沿う状態に陥り易く、

実際に、多くの日本国民も、政府もその様な状態に陥ってしまった」』。

『「しかし、戦争問題で全人類が反省するべき」は、

「戦争を生み出した精神文化に他ならない」』。

『「個々の戦闘行為等に傾注させ、どっちが良いの悪いのを無理やり当てはめようとしても、

実際は、戦争等自体がある種の絶対悪なのだから、

ある意味では、虚しい努力」だ』。

『「例えば、日本国・日本国民の自虐史観で利を得る」のは、

「何処の国のどんな者たちか?」等を「考えれば」、

「戦後日本国内で蔓延り続けて来ている全体像抜きの自虐史観等」を

「意図的に仕込んでいる悪者たちの正体」が、

「多くの人々に、少なくとも、薄々とは、判る筈」だ』。

『「多くのテレビ番組」では、

「未だに、そんな悪者たちの都合に沿う情報配信」を、

「日本の公共の電波を使って行い続けている様相」だ。

「こんな異常事態は、即刻にでも、是正される・させられるのが当然」だろう』。

『「武力による比べっこ支配権争い精神文化が横行していた時代」に、

「被支配国や被支配状態に陥ってしまった人々等」が、

「自らの正当性を訴える為」には、

「武力による比べっこ支配権争いより高次の精神文化の提示や実践が必要」だ。

「そうでは無い場合」の「実態」は、

「タダ怠慢で後追い状態であったが故」に、

「自国や自国民さえ守れなかった状態の国家権力者やその下の国や国の民」になる。

「この実体原則」は、

「今時の何処の国の民でも。絶対に見失うべきでは無い」』。

『「だからと言って、今時なのに、未だに、武力による命がけの比べっこ支配権争いこそが、

最先端大衆精神文化等と勘違い」して、

「その道に邁進する事」等は、

「明らかに、滑稽」だ』。

『「精神文化の進化方向を考える」なら、

「武力による命がけの比べっこ支配権争い」が、

「人類の原水爆等の保持により、実質的に不可能となった昨今」、

「武力による命がけの比べっこ支配権争いより、進歩・進化した精神文化に思いが至り、考え・発表等し、

そのより進んだ精神文化によって、旧来の自虐的精神文化を駆逐させよう等としていなければ、

余りにもお粗末」だ』。

『「大戦前の、支配・被支配構造の中」でも、

「基本的事態は全く同様」だ。

「武力による命がけの比べっこ支配権争い以上の精神文化を構築・提唱等出来ていなかった国々やその国々の国民等」とは、

「明らかに、

人類の精神文化の正常進歩・正常進化から、

遅れてしまっている

国々や国民等に過ぎ無い」』。

『「より劣位な精神文化や国々や国民等」が、

「より優位な精神文化や国々や国民等の下に追いやられがち」なのは、

「至極当たり前の自然現象」でもある』。

『「この至極当たり前の自然現象」を

「顧みる時」、

「本気で、戦争等を廃絶したい」のなら、

「戦争等を廃絶せしめる実効のある精神文化の提唱~普及等が在って然るべきである事」は、

「もはや、論を待たない」』。

『「悪戯な、被支配国・被支配国民を優位にする論や考え・思いや感等の普及」の

「実効」は、

「悪戯な精神文化の劣化以外の何モノでも無い」』。

『「今時の人類に必要な精神文化」は、

「殺傷や戦争やテロ等を明らかに劣位に押しやる精神文化」に他ならない』。

『「真の平和主義者等」なら、

「戦争や戦闘行為故の負の遺産に傾注」し、

「悪戯な、被害国・被支配国等への利権誘導等に走る」のでは「無く」、

「今時の人類として必要」な、

「殺傷や戦争やテロ等を明らかに劣位に押しやる精神文化の育成に力を注ぐべき」だ』。

『「悪戯な、被害国・被支配国等への利権誘導等」は、

「新たな火種と成り得る可能性大」で、

「実際に、その方向に動けば、火種が大きくなる様相」は、

「冷静に実体や事実・現実関係を見るなら、誰にでもわかる」』。

『「殺傷や戦争やテロ等の火種を消す為に必要な事」は、

「全ての人類の精神文化の正常進歩・正常進化に他ならない」』。

『「殺人等がカッコ良く思えている人々が多い内」は、

「殺傷や戦争やテロ等が激減する事はあり得ない」。

「殺人等は、カッコ悪い、みっともない等々と、心の底から思い・信じられる人々が溢れる人間世界状態」なら

「殺傷や戦争やテロ等」は、

「現状に比べて激減する事になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「当たり前の事を当たり前に実現する為に必要な事は何か?」

「言うまでも無く、先ずは、情報・教育の正常化・健常化」だ』。

『「それなのに、未だに、旧態依然とした情報配信を続けている」のが、

「劣悪なテレビや劣悪テレビ上の常連出演者等という特別扱いの者たち」だ』。

『「劣悪な者・物・事等を公然化し続ければ、

劣悪な人間世界に成り易い」のは、

「当然の現象」だ』。

『「テレビ界・ラジオ界等」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

ボブ・デュラン、ノーベル賞問題・・・。

『「元々、現状人間社会体制の中で、実質的有益分子であるが故に、大いに売られていた、ボブ・ディラン等」に「救いを求めるかの如く、神格化等する事自体が、コメディー的」だ。

「もちろん、そんなボブ・ディランだから、過去にも、色々な賞等を、平然と受けてる」』。

『「賞とは、基本的に、上の立場の者たちが、下の立場の者たちに{与える}モノ」だ。

「だから、

例えば、

日本で、天皇陛下に賞を与えるとか、

英国で、英国国王に賞を与えるとか等の事態」は、

「基本的にあり得ない」』。

『「現状人間社会体制内」で、

「実質的には、

現状人間社会体制等に対する有益分子的要素が濃いから、

現状人間社会体制の中でも、

積極的に大いに売られ、

大いに稼げてるボブ・ディラン」が、

「現状人間社会体制内で上位機構と位置付けられているノーベル賞」を、

「拒絶しても、もはや、実態・実体はバレバレだから、虚しい話し」だ』。

『「この程度の自覚」は、

「重々持てているくらいの能力・脳力は保持しているであろうボブ・ディラン」が、

「賞を与える方を気遣いながら、賞を受ける意思を公言した」のは、

「ある意味、当然の現象」だろう』。

『「ボブ・ディランの本質」が、

「現状人間社会体制等の本質的問題等を実際に暴き、

現状人間社会体制等の破壊・是正・転換等に実効を与える内容だった」なら、

「現状人間社会体制の中で、

現状人間社会体制のまま、集金ビジネス等に邁進している者たち」が、

「積極的に売る訳も無い」』。

『「そればかりか、

現状人間社会の支配者等を気取っている者たちによる、

積極的な粛清工作等のターゲットにさえされていただろう」』。

『「例えば、

ボブディランの功績」により、

「どれだけ戦乱が減ったのか???」

「どれだけ、環境問題が是正方向に動いたのか???」

「どれだけ、不当な格差が是正されたのか???」

「・・・はっきりしている現実」は、

「ボブディランが、大いに稼げて来ていて、名声を得、ノーベル賞まで与えられ、受け取る事」だ』。

『「多くの人々に

現実逃避や

共調心や

{問題意識を感じている大いなる人が居るから良い}等の安堵感等を

与える歌等」は、

「言うまでも無く、多くの人々にとって、耳障りも良く、心も同調させ易い」。

「だからと言って、

其れが、

実際に、

人々の精神文化の健常成長に大きな実効をもたらす場合は、

非常に少ない」。

「何故なら、そんな歌を聴いたり、歌ったりする事」で、

「多くの人々は、

納得感や安堵感等を得てしまい、

現状に安住し易くなってしまうから」だ』。

『「そして、そんな実態こそが、現状維持には好都合になる」から、

「現状権力者たちは、

そんなシンガーソングライターや

精神文化製品製造発表販売者等」を、

「有り難がる」。

「現状維持に対する効能等が大きければ、賞だって与えたくなる」だろう』。

『「このあたりの現状社会実態・実体現象」も、

「現状人類の所謂、文系、精神文化側が余りにも遅れている実態・実体」を

「如実に露呈している」』。

『「所謂、理系、物質文明側なら、

科学レベルで判明している実体や事実・現実ベースの基準」から、

「多くの人々が、

ある新たな理論や技術等の実効や功績等についても、

相応に、実体や事実・現実に基づいた判定等もし易い」』。

『しかし、

「所謂、文系、精神文化側」では、

「未だに、科学レベルで判明している実体や事実・現実ベースの基準が

実質的には無い状態」だ。

しかも、

「考え・思いによる納得レベル(=宗教レベル)の基準に縋りついている人々が多い」』。

『「例えば、

マスメディアイメージ誘導等」で、

「大衆の考え・思い等」を

「一定方向に偏向・偏重誘導してしまえば、

実効の無い、ばかりか、自虐的な、者・物・事」でも、

「大絶賛状態と出来てしまい易い」』。

『「現状の多くのマスメディアが大いに売っているドラマ・映画・アニメ・音楽・小説等々」とは、

「その代表例」に他ならない』。

『「例えば、

殺人ドラマでも、戦争ドラマでも、テロドラマ等々でも、

・・・大喜びして観ている人々の多く」は、

「実質的には、

殺人/殺人容認予備群・戦争/戦争容認予備軍・テロ/テロ容認予備軍」でもある。

「人は、知っている事、覚えている事は、体現し易い」が、

「知らない事、覚えていない事は、体現し辛い」。

「言葉や運動の実体験例からも、それは、誰もが実感を持って分かる事」だろう。

「上記の例でも、

殺人欲動を殺すドラマ・戦争原因を殺すドラマ・テロ原因を殺すドラマ等」との

「実効の違いを考えれば、

多くの人々が体現され易くなる事の違い等」は、

「誰でも分かる事」だ。

「そして、その違いや、実際に、人間世界内で具現化されている」から、

「現状人間世界は、こんなに自虐的」なのだ』。

『「ボブ・ディランの歌詞内実」は、

「現状を嘆きながらも、

答えは、風の中・・・だったりして、

現状仕方ないかぁ≒現状容認だったり、

どうしたらよいのさぁ、わからないよぉ≒実質的、現状容認だったり、

・・・している」。

「宗教への傾倒が激しい様相の作品も少なく無い」』。

『「そんな内実」だから、

「現状で金儲けしたい連中にも都合が良く、

現状権力者等のカンにも障り辛い」。

「実質的には、多くの人々を、現状容認させ続けて来てくれて、有難う!」等と、

「賞を与えたくなる現状権力者サイドの者や組織等が在っても、何の不思議も無い」』。

『「今生きている全ての人類が、決して忘れるべきでは無い事」は、

「多くの人類の精神文化側の成長不足故」に、

「人類の現状は、人類滅亡を急速に引き寄せてしまっている実態・実体に溢れている事」だ。

「この意味からも、現状の多くの精神文化側の賞等には、大きな疑問符が付く」。

「賞に値する精神文化上の功績が在る」のなら、

「現状人間世界は、もっと、もっと、マシになっていなければ、ウソ」だ』。

『「実効が乏しいのに賞とは、これ如何に?!」

「エロ・グロ・ナンセンスでは、戦争やテロや殺傷等は防げない」』。

『「物質文明側と同等レベル以上の実体を持つ功績が生まれるまで、

精神文化側の賞など、保留にしておいた方が良いのでは・・・」等と、

「実感しているのは、筆者たちだけでは無い」』。

『「この意味からも、

現状の、所謂、文系の賞は、

ノーベル賞でも、

どうでも良い」。

「与えない・出さない方」が、

「所謂、理系の賞の価値が保全され易いと思うが」・・・』。

|

テレ朝朝番では、ネットアップ等を委縮させたがっている様相の常連出演者等が興味深々でタワーマンション問題等を語っていたが・・・。

『「ネット普及以降」は「テレビ・ラジオ・マスコミ等&学校教育等による実質的、情報統制状態が崩されたせいか、テレビ界連中のネット嫌い感はかなり強い様相」だ。

「本日も、観光目的で日本を訪れた海外の方に提供された宿の部屋」が、

「和室では無く、会議室であった事に対するクレーム論のアップ」に対し、

「実際は、安い部屋代しか払わない旅行プラン上で必然的に生じた問題であった」のだから、

「クレーム論のネットアップは、如何なモノか!」

「訂正記事をアップするべき!」等々と、

「迫る論」を

「公共の電波上で展開していた」』。

『「番組内情報通り」なら、

「該当問題は、旅行代理店等と旅行者の間の齟齬故に生じていた問題」なのだろうが、

「実際の旅行者がその時点で受けた実感」を

「旅行者が、その時点で、ネット上にアップする事自体」は、

「基本的に、何の問題も無い」』。

『「該当問題等の、

巷によくあるレベルの少々の問題にも関わらず、

公共の電波上で責める事等を行う」なら、

「例えば、該当問題の場合なら、その様な事態を招いた旅行代理店や旅行請け負いシステム等の側」だろう。

「ある意味では、その時点での被害者でもあるクレーム論ネットアップ者を責める事」は、

「明らかに変」だ』。

『「問題内実では無く

ネットアップを問題にし、

ネットアップを委縮させたい目的が有る」なら、

「合理的になる」』。

『「ネットを委縮させたい様相の常連出演者等」は、

「その時の素直な実感に基づいたクレーム論をネット上にアップした方を責めていた」』。

『「ネットアップを委縮させ、

マスメディア等の情報による大衆コントロール力をアップさせたがっている

醜悪な様相」が、

「露呈していた」』。

『「そんな醜悪な事を公共の電波上で平然と出来てしまっている者たち」が、

「強い興味を示していた様相だった」のが、

「タワーマンション」だ』。

『「子どもの頃見た未来の絵図等では、何処でも、人々が、高層階の建物に住む様になっていた」旨とか、

「人間は、高層階の建物に集まってコンパクトに暮らし、それ以外の部分は、自然環境を大切にすれば良い」旨等を、

「さもそれが正論であるかの如く語った常連出演者等」とは、

「子どもの頃から、

周囲にある情報・教育等に対し、

直感的な疑問等を余り感じず、

そのままを素直に、良く覚える事等が得意だった、

所謂、高学歴の優等生なのだろう」』。

『「実際」は、

「精神構造の進化抜きの未来絵図などに、

人類が存続~永続出来る状態となった場合の状態が反映されている訳も無い」』。

『「バカと煙は、高いところが好き」にこそ、

「本質が潜んでいる」。

「この場合のバカ」とは、

「自分の実体やその実体の本来の目的等から整合性を取った時に自虐的になっている者たちの事」だ』。

『「戦後の日本社会に溢れていた未来絵図」には、

「高層ビルはもちろん、

上辺は当時のアメ車の様なエアカーなどと言う、

あり得ない物まで描かれていた」。

「当時描かれていた古臭いUFO同様、

未来感が極めて薄い反面、

当時ベースの無いものねだり感は満載だったモノ」に、

「実感のある未来感は感じられない」のが、

「精神構造の成長が阻害されていない場合の多くの人々の実態」だろう』。

『「所謂、学力優等生」とは、

「自らの精神構造の素直な成長を圧殺してでも、

有名校等に入る為の物事等を自分に無理やりにでも覚えこませた方々」で、

「基本的には、自虐的詰め込み勉強等を行っている場合が多い」から、

「ある意味では、必然的に、その見返りを欲する様になってしまう場合が多い」。

「そんなモノの結果を大いに反映させている現状人間社会の自虐度が高くなっている」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「この負の状態から脱する為に必要な事」は、

「学力優等生ダケではダメ」で、

「精神構造の健常優良成長が有ってこそナンボ」という、

「人類として当たり前の価値観を、多くの人々が保持する事」だ』。

『「その上で、

健常民意に基づいて、

実権や立場や報酬等の配分を行えば良い」。

「現状のテレビ・マスコミ等が配信すべき情報」なら、

「視聴者に精神構造の健常成長を促し、

学力優等生ダケで、過分な立場・報酬・権力等が得られない様な健常民意形成等に

有益な要素が入っていて当然」だろう』。

『「その辺りがしっかりして行き、

学校教育や大学入試等にも反映されれば、

例えば、有名大学生なのに、レイプ犯等のオカシナ事態」は、

「激減する事になる」』。

『「有名大学出だから等と、自分の下に沢山の金や権力を集める自虐的おバカたち」も

「激減」し、

「有名大学出が、健常人間社会構築の為に有益な人材の輩出」に

「繋がる様になる」』。

『「健常成長している精神構造上」に

「つくり出される物質文明上」では、

「バカも煙も減る」から、

「タワーマンションなどに強い興味を抱く者も必然的に減る」』。

『「税金問題等も、単純」で、

「例えば、相続なら、

平均以上の相続には累進課税で重税

&平均未満の相続には逆累進的に支給される格差是正税等が当然になる」。

「その先に在るのが、産まれながらの環境格差が無い人間世界」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

いじめ・殺傷(自・他は問わない)・テロ・戦争問題(2)・・・。

『「前記事」では、「人間の精神構造の成長問題にスポットを当てた」が、「当記事」では、「精神構造の健常成長を阻害している者・物・事」に「スポットライトを当ててみる事にした」』。

『「そもそも、産まれながらの環境格差(親・経済はもちろん、場所や国籍等々その他諸々全て含む)」とは、

「絶大なる{いじめ}」だ』。

『「いじめ」と「表現される」と、

「学校生徒同士等、所謂、子どもレベルの、

世間一般の罪になる事等とは全く別の、

比較的軽微な問題等と捉え易い」が、

「昨今の酷い{いじめ}の実体」は、

「実質的に、立派な刑法犯罪である場合が多い」。

「絶大なる{いじめ}である産まれながらの環境格差」もまた、

「実質的には、立派な刑法犯罪レベルの事、或いは、それ以上の悪事に他ならない」』。

『「劣悪な環境下に置かれた親の立場の人々」は、

「必然的に過分で多大なストレス環境下に置かれている」。

「当然、健常な親子支配・被支配関係を築く事も困難な場合が多い」』。

『「しかし、産まれて来る子は、偶々、その親の子として産まれたダケ」の

「他の全ての子と何の変わりも無い一人格を持つ、

人類としての狭義の自分の一個体」だ。

「本能的に、健常成長が可能になる環境を得たがっている」から、

「健常な親子間の支配・被支配関係を欲する場合が多い」』。

『「このギャップ」は

「紛れもない、差別であり、いじめであり、

その実体は、実質的、大犯罪」だ』。

『「ところが、現状の人間世界」では、

「この産まれながらの環境格差が温存されたまま、

全ての子の人生が始めさせられている」』。

『「産まれながらの環境格差は、何故生じているのか?」

「歴史を振り返れば、誰もが解る様」に、

「人類の歴史」とは、

「自分の実体さえ???の動物状態から始まっている」。

「自分の実体さえ???でも、

周囲を見て、周囲を真似たり、

周囲との関係の中で、自己承認欲求の代償欲求を満たそうとしたり、

・・・等々する事」は、

「比較的、容易に出来るくらいの脳力・能力を保持していた」のが、

「古の時代の人類」だ』。

『「動物同士の

上辺、弱肉強食(内実、存続~自己種保存の為の捕食殺害行動)を見て、

人間同士で弱肉強食ゴッコを始めるまでには、

それ程長い時間を要しなかった筈」だ』。

『「元々の親子関係の精神構造」も、

「子の成長の為の健常支配・健常被支配であり、

兄弟姉妹等有れば、其処に、比べっこ支配・被支配権争いも加わっている」から、

「比べっこベースの支配・被支配を争う、弱肉強食の精神構造を持った人間社会」は、

「世界中至る所で、極当たり前に、生まれる事となった」』。

『「この人類同士の比べっこによる支配・被支配争い」が、

「命がけになる」のにも、

「それ程、多くの時間は必要無かった筈」だ』。

『「何故なら、成人にとって、比べっこによる支配・被支配争い」とは、

「自分で自分を健康に支配し続ける本来欲求の充足を疎かにしているが故に生じている

代償欲求の追及に奔走している状態」に「他ならならず」、

「代償欲求の追及には充足があり得ない」ので、

「代償欲求の追及は、次第に、過激になる必然性が有るから」だ』。

『「命がけの比べっこによる支配・被支配争い上」で、

「自分たちの人間集団が、殺されない為に、何としても、より優位に立つ為には?等々」と

「命がけで、頭を使い続けた結果」として、

「物質文明の急速な進歩・進化が誘われた」』。

『「もちろん、元が、戦いに勝つ為」だから、

「武器や軍備が先となった」が、

「勝利の後の一時の平和時には、

それら進歩・進化した物質文明が平和利用される様にもなった」』。

『「当然、比べっこ支配権争いを行えば、結果も出る」。

「その結果を容認せしめる為に有効な方法」が、

「比べっこで直ぐに判る物質面・待遇面等での格差を設ける事」だ』。

『「今時の人類」なら、

「もはや、誰にでも分かる筈」だ。

「必要な事は、比べっこ支配権争いの結果を容認せしめ続ける為に、

物質面・待遇面等での格差を維持~拡大し続ける事」では「無い」。

「そんな事をしても、新たな戦争の元にしかならないのだ!」』

『「重要な事」は、

「その様な格差の上に新たな戦乱の歴史を構築する負のスパイラル上で生きる事では断じて無い」。

「今時の人類として、

精神構造の健常成長を阻害させている要因」を、

「出来る限り、葬り去って行く事」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」として、

「人類誰にとっても、

実際の誕生・死とは、

細胞ごとの現象」だ。

「生きている人類なら、

何処の誰でも、

今、この瞬間にも、

死も誕生も体験しながら生きている」のが、

「現実」だ。

「人類誰でも、今、この瞬間にも細胞ごとに死んでいる」のに、

「ワザワザ丸ごと一人レベルで他人を殺す必要など、基本的には、全く無い」。

「殺欲動自体は、自己存続~保存の為に必要な食の為に必要な基本欲動」だが、

「殺人欲動を持つ必要など全く無い」のが「人類の実体」だ。

「人類は、人類を食べる必要が、基本的には、全く無いのだから!」』

『「いじめ、殺すべき実体」は

「人類自体とは別に在る」。

「精神構造の健常成長を阻害している

人類の行動等や

人類がつくり出してしまっている物事等」だ』。

『「人類誰も」が、

「この実体を見失わず、精神構造の健常成長を忘れない」なら、

「いじめも、殺傷(自・他は問わない)も、テロも、戦争等々も、

根絶させる事が可能になる」』。

『「比べっこ支配・被支配争いという幼少期の精神構造そのまま」に、

「成人レベルの物質文明を使い、

自虐的な行動等を具現化し続けている

未熟者の迷い子たちの多く」が、

「自らの精神構造を健常成長させる」なら、

「人類全体が、

いじめ・殺傷(自・他は問わない)・テロ・戦争等の超自虐業を、

葬り去る事が可能になる」』。

『「この人類誰もの、

狭義の自分それぞれが

自己責任で行うべき基本中の基本の仕事を、

疎かにさせる為」の

「悪魔の構造」が、

「現状のインチキ経済・社会システム」であり、

「大金持ちや大権持ちや比べっこ上の優位者等に憧れさせる情報・教育等」だ。

「基本的には、精神的免疫を養わせる為の遊びで良い事」を

「主」に、

「本来なら、基本中の基本である精神構造の健常成長による成人化」を、

「疎かに」し続けるなら、

「急速に進歩・進化し続けている物質文明故に、人類滅亡の日がやって来てしまう」のは、

「必然以外の何モノでも無い」』。

『「人口増大傾向には、歯止めがかかりつつある昨今、人類が、人口爆発で滅亡する事は無い」が、

「精神文化の未熟さと物質文明の急速な進歩・進化のギャップが、人類を滅ぼす可能性」は、

「未だ、高い」』。

『「近未来に、やって来るべき」は、

「人類滅亡の日では無く、

現状の未熟な精神構造に基づいた悪魔構造の人間世界の終わりの日」だ』。

『「さて、あなたの実体」は、

「人類滅亡の日を呼び寄せている人々の集団に属している者だろうか?」

「それとも、悪魔構造の人間世界の終わりの日を呼び寄せている人々の集団に属している者だろうか?」

「人類誰もが、自主的に、自己責任で、選択出来る、究極の人生の選択が其処に在る」』。

|

いじめ・殺傷(自・他は問わない)・テロ・戦争問題と人間の精神構造の成長問題・・・。

『「人類誰でも、ある親の下で産まれる」。「そして、幼少期の全ての人類が、その認識の有無を問わず、見、体験し、身に着ける精神構造」は、

「他の者(多くの場合親)による健常支配」と、

「他の者(多くの場合親)による健常被支配」という、

「支配・被支配の精神構造」だ』。

『「生物肉体の成長~保存の為にも有益で必要なこの基本精神構造」は、

「人類誰もが、その認識の有無は別にして、保持している精神構造」だ』。

『「支配・被支配の精神構造」は、

「人類誰もが保持している」から、

「誰にでも、実感を持ってわかり易い」。

「もっとも、

健常が付いている」のが、

「元の支配・被支配の精神構造なのだが」・・・』。

『「子の側に、兄弟姉妹等が居る場合について考える」なら、

「比べっこ支配(母乳・衣食住製品等)・被支配(親によるかわいがり等)権争いの精神構造」も、

「人類誰もが幼少期から保持している場合が多い、

誰にでもわかり易い精神構造である事」も「わかる筈」だ』。

『「比べっこ支配権争いの場合」は、

「その個体の私利私欲が前に出易い」から、

「親等が健常コントロールを体現し続けない限り」、

「必ずしも、健常状態に収まるとは限らないが」・・・』。

『「精神構造が健常に成長する」なら、

「この健常支配・健常被支配の精神構造」や「比べっこ支配権争いの精神構造」から、

「自分で自分を健常支配し続ける事による解放~自立」が

「可能になって来る」』。

『「自分を健常支配し続ける事により

成人の支配欲の本来欲求」を

「充足し続ける」と

「必然的」に、

「幼少期の支配欲の本来欲求」だった、

「他の者・物・事に対する支配欲や、他の者・物・事による被支配欲」や、

「比べっこ支配権争い」は、

「減少して行く」』。

『「成人にとって必要な者・物・事」は、

「狭義の自分(約60兆の細胞群)も

広義の自分(地球生命体細胞群)も、

自分で自分を健康にコントロールし続ける為に必要な者・物・事」だ。

「それを見極める為にも、

自分で自分を健康にコントロールし続ける為にも、

実体や事実・現実に基づいた探求が重要になる」』。

『「幼少期から保持し続けている支配欲や比べっこ欲」は、

「本来欲求の充足が出来ない・しない場合に顔を出す、代償欲求」に他ならない』。

『「物理面より精神面の健常成長が常に前に在る」なら、

「平和健常状態」が「当然になる」』。

『「精神構造が健常成長している人間」が

「成人(精神的大人)の基本」だ。

「成人(精神的大人)になれていない未成熟な人間」には、

「過分な者・物・事等を与えるべきでは無い」』。

『「幼少期の支配・被支配の精神構造」や「比べっこ欲等」は、

「基本的に、生体(精神も含む)の健常成長を目的とした健常なもの」だ』。

『「ところが、

所謂、物理成人となっても、

支配・被支配の精神構造や比べっこ欲等を強く持ち続けている」と、

「本来の親子等関係からの乖離」が、

「健常を外し易くしてしまう」。

「結果として、

健常が外れた比べっこや支配・被支配の精神構造を元にした体現・行動等」が

「暴走し易くなる」』。

『「いじめ」とは、

「物理面でも精神面でも、成人になる様に、成長するべき過程」で、

「現状の余りにも、未成熟な人間世界精神文化の悪影響故」に、

「子どもたちが、体現してしまっている悪態の一つ」だ』。

『「現状人間世界に適応しながらの物理成人の為の情報・教育等」は、

「溢れている、ばかりか、実質的には、強いられているも多い」のに、

「精神成人の為の情報・教育等」は、

「余りにも、希薄」なのが、

「お寒い、現状人間世界の実態」だ』。

『「精神構造の成長を、実質的に、手助けされていない状態の子どもたち」が、

「現状人間世界適応物理成人状態を望まれ・強いられている」のだから、

「その内在的ストレスが、多大になる」のは、

「当然の現象に他ならない」』。

『「現状人間世界適応物理成人状態要求」の「内実」は、

「武力にしても、経済等にしても、

比べっこ支配権争い上で

優位な駒として育つ事」だ』。

『「元の健常状態を離れた支配・被支配精神構造」は、

「他の者・物・事との比べっこという角だらけの冠を被り、

比べっこ支配・被支配争いという

オゾマシイ悪魔的精神構造と化してしまっている」。

「そのオゾマシイ悪魔的精神構造」が、

「世界中に広められ、強大な力を保持出来てしまっている」』。

『「そんなモノに適応せよ!」と

「実質的に強いられ続けている人々」とは、

「まるで、悪魔に魂を売り渡せ!等と強いられている人々に他ならない」のだが、

「悪魔に魂を売り渡さない方法」を

「知らない・教えてももらえない人々」は、

「ただその大流に流され続ける迷い子状態に陥り易い」のも、

「当然の現象」だ』。

『「精神構造の健常成長を、実質的には、阻害されている状態の子どもたち」は、

「大流れの中で、他の人と出会うと、その内在ストレスから、八つ当たり的行動も起こしてしまい易い」。

「所謂、大人でも、八つ当たりにし合いっこ状態」なのだから、

「この人類の大自虐からの脱出」は、

「人類誰もの責務」だ』。

『「いじめ、殺傷(自・他は問わない)、テロ、戦争等」を

「無くして行く為に必要な事」は、

「人類誰もが、自らの精神を健常成長させる事」だ。

「そして、常に、精神文化の進歩・進化を、物質文明の進歩・進化より前に置き続ける事」だ』。

『「その為に有効」な「情報(ドラマ・映画・アニメ・音楽・小説・絵画等々)・教育の大々的配信」が、

「意識・認識の有無を問わず、激烈に望まれている」。

「その妨害をする・している全ての者たち」は、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たちに他ならない」』。

|

先ほど、自殺やテロや戦争についてその精神構造~対策を記していたら、マタマタ、悪どもの妨害が入ったので、執拗にアップし直す事にする・・・。

『「幼少期の精神構造である、(多くの場合親として)他の者(多くの場合子)の健常支配・他の者(多くの場合親)による健常被支配」から、

「今時の人間世界の、多くの人々」が、

「精神構造を健常成長させている」なら、

「多くの人々が、自分で自分を健常支配する事による自立が可能となっている筈」で、

「自分で自分を健常支配し続けている人々で溢れる人間世界」なら、

「自殺も、無差別殺傷も、テロも、戦争等も、無くなっている筈」だが、

「未だに、それらが在る」のは、

「精神構造が未成長な人々がそれだけ多いから」だ。

「この問題を解決する為にも、精神構造の健常成長に繋がる情報・教育が重要」になる。

「健常支配・健常被支配から、健常が外れる問題」や、

「代償欲求の追及に奔走」と「本来欲求の充足」の「違い」や、

「代償欲求の追及が、現人間世界で具現化されてしまう事の問題」

・・・等々の「内容の記事」を

「途中まで、記していたら、何時もの悪どもによる、砂時計フリーズ妨害が入ってしまった」』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき悪どもの正体」は、

「既に、バレバレと思うが」・・・』。

|

昨晩も残念だった「IQ246」・・・。

『「使い古された犯罪手口&殺し方・殺され方の大宣伝&犯人と主人公との比べっこゲーム」等の「ホン」の「大問題点」は、「犯罪抑止効果も、精神文化正常進歩・正常進化化も、薄い事」だ』。

『「より具体的な事が判り易い様」に、

「昨晩の番組内容をベースとした場合」、

「例えば、

連続殺人を上辺不連続殺人とする事で、

犯罪抑止効果のある情報も盛り込めば良い」』。

『「上辺不連続に思える連続殺人」を

「連続と見破るところに、高IQ要素等を盛り込めば良い」』。

『「具体的」には、

「例えば、

最初の三人」は、

「犯人の思惑通り、

マジシャンズセレクト、もしくは、心理的圧迫操作等により、

毒の方を飲んで殺された事にしても、

最後の一人は、

犯人の思惑に抗い、

毒殺されず、

刺殺等された設定にする」』。

『「その上で、

他の事実関係の要素(それらしく思える者・物・事を適当に設定すれば良い)等から、

連続殺人である事」を

「高IQとされている主人公に見抜かせる」』。

『「主人公のキメ文句」は、

「最初の三人は犯人の思惑通り動いてしまったが、

最後のお方は、犯人の思惑に抗った。

何故なら、犯人が提示した選択とは、

被害者と犯人のどちらかが死ぬ事を決めさせる選択では無く、

{被害者にとっての殺され方の選択}だと、

最後のお方は気づいたからだ。

散々、犯人に抵抗した最後の被害者は、沢山のヒントを残してくれた。」等々・・・』。

『「その様な内容にする」と、

「多くの視聴者」が、

「万一、犯罪被害に合った時」に、

「犯人の思惑を見抜いたり、

犯人の思惑に沿わず抗う事等の大切さ」を、

「実質的に、学び取る事になる」』。

『「そして、多くの人々がその様な対応心理等も持てている状態の構築」は、

「犯罪抑止にも直結する事にもなる」』。

『「透明人間を謳った犯行手法」は、

「散々、実際の犯罪でも、工作活動等でも、使い古された手法に他ならない」』。

『「警官では無く、

宅配便や刑事や市役所等の公務員や隣人(多くの場合直接見る事が少ない上下階)等の場合が多い様だが」』。

『「警官マスキング」と

「眼鏡・帽子(カツラ)・マスクマスキング&直前取り等」の

「防犯カメラ上での、マスキング効果の違い」は「薄い」』。

『「犯行後、別人の姿で防犯カメラ前等を通り過ぎる」のも「よくある事」だ』。

『「密室トリックを描く」なら、

「今時なら、鍵ナンバーによる闇鍵屋利用合鍵製造への警鐘を織り込むべき」だろう』。

『「闇サイト等を利用して、

合鍵が発注された場合、

必ずしも、

本物の鍵メーカーで、

合鍵が作られるとは限らない」』。

『「スパイ・工作活動天国状態の戦後の日本」では、

「ほとんど全ての鍵会社の鍵情報等も、

工作組織に吸い上げられ、

工作組織は鍵製造装置も持っている」』。

『「闇サイトである程度以上のお金を出す」と、

「どこで製造されたのか判らない鍵を、人知れず、手に入れられる場合もある」』。

『「工作組織にとって」は、

「バレ無いやり取りはお手の物の上、

自分たちが持つ設備等を活かした資金調達にもなる」ので、

「悪者と工作組織のウィン・ウィン関係が成立してしまう」』。

『「日本の鍵の9割以上」は、

「その様な手段にもよる複製可能鍵」だから、

「鍵として、果たして、どれだけ役立っているのか?」は、

「多くの方々の実感通り」だ』。

『「戦後日本の余りにも脆弱なスパイ・工作活動対策への警鐘の意味からも、

上記の様な内容を織り込めば良い」』。

『「犯人と高IQ者とされている主人公との対決自体」は、

「抗えても殺されてしまった被害者より、

主人公の方が秀でていた事を訴えるに有用なやり方でもある」から、

「ベースは、原作のまま活かす」としても、

「高IQ者の場合は、退屈感も、孤独感も薄い場合が多い」から、

「退屈や孤独で死んでも良い」は、

「あり得ない」』。

『「高IQ者とされている主人公」に、

「犯人の心理的圧迫誘導等を見破らせる」と「共」に、

「丸ごと一人の死生観を古臭いまま・・・等と劣視」させ、

「今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら、存続している約60兆の細胞の一塊である、生きている狭義の自分(=人類誰も)の実体」や、

「その実体の本来の目的である広義の自分(=地球生命体細胞群)の存続~永続等」を

「語らせるホンにすれば、

多くの視聴者の精神文化の正常進歩・正常進化への一助にもなる」』。

『「何時までも、宗教等に過大な気遣いをし、宗教既得権益等の温存に力を貸している場合では無い」。

「現状の人類世界の危機」は、

「全ての人類の急速な精神文化の正常進歩・正常進化抜きには、

回避出来得無い、

絶大レベルの危機状態」に他ならない』。

『「元々、比べっこ上では生きていない場合が多い」のが、

「所謂、天才」だ』。

『「所謂、天才と言われる人々にとって」は、

「他の者・物・事との比べっこなど、どうでも良い事」で、

「自分の実体が実感している事や自分を取り巻く現宇宙等を、

実体や事実・現実通りに、理解・把握し、表現・体現する事等にこそ、

強い興味が注がれている場合が多い」』。

『「相応に、理解が得られている(後世に理解される場合も少なく無い)、

自分の実体やその実体に基づいた本来の仕事に傾注している状態の人」を、

「他の人々等が、比べっこ原理主義上等で見ると、天才等と感じ・思える」のが、

「実態」だ』。

『「逆に言えば、

この原則を守れば、

誰でも、

比べっこ原理主義上で生きている人々に

天才等と感じ・思わせる事も可能になる」のだから、

「作家等は、その辺りを押さえてから、天才モノや高IQモノのホンを描けば良い」』。

『「自分の実体に素直に、実体や事実・現実と接する習慣を持っている場合が多い、

高IQ者や所謂、天才」は、

「先読みが得意な場合も多い」から、

「その辺りを描こうとしたのは、悪くなかった」が、

「先読み論理が余りにも、脆弱で論理破綻が多かった」ので、

「白けてしまった」。

「その辺り」も「残念な要素」だ』。

『「せっかく時間延長までして放映とあった」から、

「初回よりは、マシか?と少々は期待していたのだが、

ホンを描いている者や、

プロデューサーや監督等」に、

「もっと、真剣に、頑張って欲しい残念な状態」だった』。

『「今後は、

もっと、犯罪抑止(殺傷抑止)や、

戦後日本社会の問題点訴求や、

人類の精神文化の正常進歩・進化等々に

繋がったりする、

骨太な、高IQドラマを期待しておく」』。

『「せっかくの公共の電波や、多大なお金・エネルギー・時間等を無駄にしない為」にも、

「現状テレビ・ラジオ界」の

「急速な正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、昨今の世界の右傾化に対し、常連出演者等が劣悪論を述べていたが・・・。

『「戦争はダメ!」「平和が良い!」・・・「今時なら、其れこそ、何処の誰でも重々分かっている当たり前の事」だ。「しかし、人類の歴史は戦争の歴史でもある」。「何故か?」』

『「右傾化が戦争を招く???」

「もちろん、否」だ。

「それは、所謂、左翼側の親玉的国家等が、戦争をしていないか?」を

「考えれば、誰でも分かる」』。

『「戦争」とは、

「右も左も関係無く、

集団的現状脱出欲動が暴発したり、

権力者等の支配欲や現状脱出欲等が暴発した時」等に

「起こされて来ている」』。

『「ところが、劣悪な常連出演者等」は、

「未だに、右傾化が悪く、所謂、左翼やリベラル等が良い旨」の、

「{政治運動}を公共の電波上で行っていた様相だった」のだから、

「本当に、呆れた」』。

『「この手の問題」は、

「上辺の右左等に傾注」し、

「例えば、左が良い等の特定の考え・思いに多くの人々を誘導したところで、

絶対に、解決し得ない」。

「本質を探究」し、

「元から紐解かなければ、お話しにならない、問題」だ』。

『「戦争の本質」とは、

「武力による命がけの比べっこによる支配権争い」だ。

「この本質は、古今東西変わりが無い」』。

『「戦争」とは、

「人類の精神文化上」で

「創り出されている現象」に

「他ならない」』。

『「その大元」は

「人類誰もが持つ、支配欲」だ』。

『「元々、人類が本来持っている健常な支配欲」とは、

「自分で自分を健康に支配・コントロールする為の欲」だ。

「自己保存~存続の為の基本欲動」だから、

「かなり強い欲でもある」』。

『「もちろん、本来の支配欲には、充足がある」。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」で、

「本来の支配欲を充足させ続ける事が出来ている限り、

他の者・物・事を支配・コントロールしたり、

他の者・物・事の被支配に甘んじようとする、

支配欲の代償欲求が大きく膨らむ事は無い」』。

『それでは、

「武力による比べっこ支配権争い」や、

「経済による比べっこ支配権争い」等に、

「邁進してしまう人々の中」では、

「何が起こっているのだろうか?」』

『「人類なら、

どんな人でも、

幼少期には、親による被支配を欲し、

親による被支配を得る事により、

自己保存~存続を図って来ている」。

「人類誰もが、この親子間の支配・被支配の精神構造」を、

「幼少期には、学習している」』。

『「大人になって行く」とは、

「幼少期に体験している、

親による支配・子の被支配構造から、

自分を解放しながら、

自己支配による健常支配欲の充足法を学び、実現し続け、

自立させて行く事」だ』。

『「全ての個人・個人による、

上記の精神的健常成長」こそが、

「人類の混乱や行き詰りを打破する鍵になる」』。

『「もちろん、自分の自立」だから、

「自分を知らなければ、お話しにならない」。

「自分の正体・実体の探究は、本当に大切な基本中の基本」だ』。

『「さて、人類史上の現実として」は、

「世界中の人類誰もが、自分の正体さえ???状態の時代が長く続いていた」』。

『「周りの動植物等を見て、

弱肉強食等の考え・思い等による納得概念等を学び取る事」は、

「比較的容易」だが、

「自分の実体を探究する為」には、

「相応の洞察能力等や科学的手法・技法等が要る」』。

『「洞察力に秀でた人々は、古の時代にも少なからずいた」が、

「科学的手法・技法の進歩・進化・発達により、

自分の実体の探究も次第に現実レベルで可能になって来ている」のが、

「人類史の現実」だ』。

『「実際」は、

「生きている人類誰も」が、

「今、この瞬間にも、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している

地球生命体細胞群の内の

約60兆の一塊」なのだが、

「誕生・死という現象」が

「細胞レベルの現象である現実」が

「科学レベルで判った」のは、

「100年くらい前の事」だ。

「多くの一般市民が、それなりに、現実感を持って知る様になった」のは、

「先の大戦後しばらく経った後の事」だ』。

『「つまり、大戦前のほとんど全ての人類」は、

「人は丸ごと一人のまま、誕生し、死ぬ」等と

「考え・思い・信じていた」から、

「丸ごと一人の死生観に基づいた政治・宗教・社会等も信じられ、依存さえ出来ていた」のが、

「実態」だ』。

『「例え、死んでも、

正しい者なら、

丸ごと一人復活したり、

生き返ったりしたり、

神になったり、

あの世や来世等での良い立場・生活等が保障される」のなら、

「例えば、

どんなに酷い政治・社会下でも、

王(神を代理にしている狡賢い場合も少なく無い)等が導く御正道等に従う民であり続ければ、

来世には、良い立場の者として・・・とか、

あの世では、良い生活が・・・とか、

考え・思い・信じる事により、

実質的には、酷い政治・社会等を容認し続けていたり、

正義の戦いの為には、命さえ惜しまない人々がゾロゾロ出たり、

・・・等々した」のも、

「当然の現象になる」』。

『「もちろん、今時の多くの人類」は、

「丸ごと一人の死生観上ダケでは生きていない」から、

「旧来の丸ごと一人の死生観に基づいた政治・宗教・社会等に対し、

多々の疑問や問題点を、少なくとも薄々とは、感じている」』。

『「当然、丸ごと一人の死生観に基づいた、

王(神代理の場合も含む)やその下の社会等への服従や

正義の戦いの為に命を差し出す事等」にも、

「大いに疑問や問題点を感じている」。

「戦争はダメ!」

「平和が良い!」は、

「そんな時代の当たり前」であり、

「訴えなくても、其れこそ誰もが持っている実感」だ』。

『「人類にとって、戦争の歴史の時代」とは、

「武力による比べっこで他の者・物・事の支配権を争う集団的代償欲求追及」が、

「具現化出来ていた時代」に他ならない』。

『「何故、戦争の様な酷い事」が

「具現化出来て来ているのか?」』

『「戦争にも、現実的{メリット}はあるから」だ。

「それは、それまでの状態をぶち壊し、リセットする働き」だ。

「権力者等が大衆の興味や反感等を、敵対他国や敵対勢力等に持たせる事」で、

「保身等が図れる{メリット}もある」』。

『「つまり、

大衆側でも権力者側でも、

それまでの状態で、行き詰った時、

現状脱出欲動が生まれ~増大し~集団的現状脱出欲動となった時、

戦争の時代の為政者たちは、

基本的には、丸ごと一人の死生観等に基づき、大衆支持を取り付け、

戦争を行う事」で、

「それまでの状態をぶち壊し、リセット出来ていた」』。

『「もちろん、多数の核兵器まで持つ、今時の人類」には、

「大戦争は許されていない」』。

『「それでも、現状人間世界にも行き詰り感が溢れている」』。

『「それでは、何故?人間世界は行き詰るのか?」』

『「もちろん、行き詰る社会・経済システム上で時を重ねているから」だ』。

『「現状までの人間社会システムには、若干の是正が見受けられる場合が多い」が、

「経済システムについては、その是正度が圧倒的に低い」。

「そればかりか、

近世以降、現状に至る資本主義経済システムが世界的に採用された事」により、

「定期的行き詰りが必然となっている」』。

『「現状までの資本主義経済システムの特徴」は、

「実体経済界より金融資本界の方が圧倒的に優位な事」だ。

「結果として、時を重ねると、

金融資本界では、金余りなのに、

実体経済界では、格差・貧困だらけとなる」』。

『「ある国が、行き詰った場合、

先ずは、経済圏を拡大する事で誤魔化そうとする動きが出易くなる」。

「かつての欧米列強による植民地支配の横行」は、

「その様な行き詰り打破策の上で生まれた、

その当時の世界最先端の精神文化」だった』。

『「今時の最先端精神文化は、グローバル化による行き詰り誤魔化し」だが、

「グローバル化の実体」とは、

「国境線を下げる分だけお金の力を増させる事」だ。

「結果として、主として、金融資本界では、相応の誤魔化し効果を得られる」が、

「実体経済界の誤魔化し効果は薄くなる」から、

「グローバル化で経済が良くなった等と言われても、

実体経済界で生活している多くの人々は、不満だらけ・・・になり易い」。

「そして、その不満が、更なる、現状脱出欲動を生み続けている」・・・』。

『「比べっこ世界」では、

「最先端こそが有利になる」。

「欧米列強の植民地支配策」は、

「欧米列強国内を相応に豊かにした」。

「その裏で、多くの場合、被植民地支配国やその国の民を、食いつぶしながら・・・」』。

『「その欧米列強の流れ」が、

「東洋にまで押し寄せてきた時、

清は、混乱状態となり、

当時の韓国は国の存続さえ危うくなった」。

「日本だけが、明治維新に成功し、欧米列強と同様の道を進む事が出来た」』。

『「もちろん、第二次世界大戦後の人類の感覚として受け止める」なら、

「当時の欧米列強も日本も、決して、賛美等出来ない」が、

「当時、世界に蔓延る事が出来てしまっていた最先端精神文化である

植民地支配主義による行き詰り誤魔化し上」で、

「被支配国となったり、国の存続さえ危うくなってしまっていた国々の状態もまた、

植民地支配主義より遅れた状態の社会・防衛・軍事等の体制しか築けていなかったのだから、

決して、賛美等出来得ない」』。

『「多くの人類が、

自分の実体さえ???で、

丸ごと一人の死生観上で生きていた時代故の

負の現象」は、

「その時代故に実際に在った現実以外の何モノでも無い」。

「どちらか一方を悪戯に賛美したところで、歴史上の現実は変わらない」』。

『「今時の人類として考えるべき」は、

「核兵器保有で戦争による破壊・リセット等も出来なくなっている現状人間世界」が、

「行き詰っている事態」を、

「どうすれば、打破出来るのか?」だ』。

『「上辺の右左等の選択では、解決し得ない問題が其処に在る」』。

『「多くの人々は、もう、お気づき」だろう』。

『「人類誰もが、本質を探究し、

自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を持つ、

人間社会システムや経済システム等の構築と、

その運用合意等を成し遂げる」なら、

「確実に、現状の行き詰りは打破出来、戦争も避けられる」』。

『「つまり、全人類の精神文化の正常進歩・正常進化と

その具現化(実体人間世界還元)」こそが、

「現状の行き詰り問題を解決する道」に他ならない』。

『「それなのに、未だに、貴重な公共の電波上の時間」を、

「{政治運動}等に費やしている劣悪者たち」には、

「本当に呆れた」。

「行き詰り、戦争となってしまった時、金さえ持っていれば、逃げられるから等と、

考え・思い・信じたがっている」から、

「常連出演等による利権ダケは、どうあっても、抱きしめていたいのだろうか?!」』

『「本当に醜悪な臭いが漂っている」・・・』。

『「テレビ界・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

セックス・ロボットだと(レベル1)・・・。

『オナニー・ロボットとか、自慰ロボットとでも言うべきでしょ!」と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「もっとも、実体通りの、オナニー・ロボットや自慰ロボット」では

「売り辛い・売れない」とは、

「思うが」・・・』。

『「つまり、セックス・ロボットという上辺のネーミング」は、

「売り≒集金の為」の

「実体離れした釣り文句」に他ならない』。

『「詐欺師容認と同様の臭いが、チラホラ・・・」』。

|

大テレビ等は、「何故?{土人}言葉狩り」等を行うのか?・・・。

『「タイトルの事態」を「考える」なら、「其れこそ、誰にでも、言葉狩り~その大宣伝を行って来ている者たち」の「目的や、人脈の正体等が分かる筈」だ』。

『「機動隊員の言葉狩り」で、

「機動隊側に悪いイメージを付ける事等」を

「求めたり、歓迎したり、・・・しているのは?」』

『「・・・もちろん、日本政府や多くの一般日本国民の側」では「無い」』。

『「昨今の沖縄米軍基地問題の実体」とは、

「沖縄の米軍基地負担を減らして行く為」に、

「現実的に取り得る策の実行問題」だ。

「沖縄の米軍基地負担を増大させる為に、工事等を行っている」なら、

「普通の多くの日本国民も、積極的に、批判・非難等する筈」だ。

「しかし、実現可能なラインに沿って、

沖縄米軍基地負担を減らして行く為の策の実行」に、

「反対し、妨害し、米軍基地負担を減らす事を遅らせる事」に、

「普通の多くの日本国民が、賛同する訳も無い」』。

『「それなのに、何故?一部沖縄県民等」は、

「過激な反対運動や実質的妨害工作までして抗っているのか?」』

『「・・・もちろん、そちらの方向に誘導する者たちや情報等が少なからずあるから」だ』。

『「沖縄の米軍基地負担削減には、

米軍の再編成による更新等も大きく絡んでいる」。

「米軍の更新を遅らせたい」のなら、

「米軍基地負担削減策に抗い、実質的、妨害工作等をする事」が、

「合理的になる」』。

『「米軍の更新を遅らせる事で、メリットを得るのは?」

「言うまでも無く、中国共産党や北朝鮮等」だ』。

『「つまり、日本の中でも、

中国共産党系や北朝鮮系等の者たち」なら、

「出来る限り多くの日本国民を操り、

沖縄米軍基地縮小&在日米軍の更新等を遅らせる為」の

「反対運動や妨害工作等を行わせる事・行う事等」が、

「合理的になる」』。

『「因みに、

日頃から、

利韓国(北朝鮮も含む)系・利中国共産党系等の情報配信に熱心」なのが、

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「何故か?」

「異常な戦後処理」により、

「日本のラジオ・マスコミ界や教育界等」には、

「多くの朝鮮系の者たちが入り込め、

実権まで持てた」。

「朝鮮系の者たち&朝鮮系の者たちにとっての有益分子等による

実権人事の代々継承」は、

「未だ続いている」。

「その結果」として、

「現状の多くの日本の大テレビ・大ラジオ・大マスコミ等」は、

「未だに、利韓国(北朝鮮も含む)系・利中国共産党系等情報で溢れている」』。

『「そんな異常状態のモノを、大テレビ・大ラジオ・大マスコミ等だから・・・」と、

「普通の日本のマスメディア等だと思い違いしている」と、

「その論調やイメージ誘導等に毒されてしまい易くなる」』。

『「沖縄の場合」は、

「大戦時に、戦場となってしまった歴史」や、

「戦後米国からの返還が遅くなった歴史」等により、

「元々、反旧日本軍・反米等の思いや感情等が生まれ易い戦後状態」だ。

「中国共産党や北朝鮮系の連中等」が、

「其処に、付け入らない訳も無い」』。

『「他国に入り込み、

情報・教育を押さえ、

他の工作手段まで用いて、

有益分子の育成と、

不適応分子の粛清を行い続ける」は、

「工作活動国家の常套手段」だ。

「終局的な目的」は、

「入り込んだ国の乗っ取り支配」等になる』。

『「日本の場合」は、

「先ずは、沖縄乗っ取り支配」なのだろう』。

『「沖縄の世論や民意等」を、

「日本の他の地域と分断・分裂させ、

独立気運等でも高めさせれば、

乗っ取り支配はより容易になる」』。

『「現状の沖縄の新聞の実体」とは、

「例えて言う」なら、

「中国共産党の人民日報的論調」や、

「日本共産党の赤旗的論調」等が

「溢れている二紙」が「主流」だ。

「それらの情報に毒され、操られ続けて来ている人々」が、

「中国共産党や北朝鮮等の手先としてなら、合理的になる実態を露呈している」のは、

「ある意味、当然の現象でもある」』。

『「反対運動等を行い続けさせられて来ている沖縄の方々」は、

「中国共産党や北朝鮮等の支配下の民になりたいのだろうか???」』

『「沖縄の現場で公務に従事していた機動隊員」にとっても、

「中国共産党や北朝鮮等の手先的マスコミ等に操られて、悪戯な、反対運動や妨害工作等を行っている人々」が、

「普通の状態の日本国民に見えなかったであろう事」等は、

「想像に難く無い」。

「現場ストレス等も重なれば、

暴言等が出易くなっていても、

ある意味、何の不思議も無い」』。

『「言葉が、ある程度は、巧みな機動隊員等」なら、

「中国共産党や北朝鮮等の手先状態のテレビ・マスコミ等の操り人形状態から自分を解放しなよ!」とか、

「中国共産党や北朝鮮等の手先状態から、いい加減に脱してよ!」とか、

「何処の国の誰を利している事をやっているのですか?!」とか、

「日本国民でしょ!」とか、

「言っている」かも知れない。

「しかし、現状で、機動隊員として求められている資質や訓練の内容」に、

「言葉の巧みさ等は無い筈」だ。

「機動隊にだって、言葉が不器用な人も、少なからずいる筈」だ』。

『「普通の日本国民とは思えない、

実質的には、野蛮にも感じられる、

行動実態を露呈してた人々に対し、

該当機動隊員等が受けた印象」は、

「野蛮人的、土人的等」だったのだろう』。

『「言葉狩りの為に短く切り取られた状態で紹介された」と

「推定される現場映像」には、

「いい加減に、妨害は止めて!」の「代わり」に、

「土人め!」等の「暴言」等が「出て」も、

「何の不思議も無い様な実態」も

「露呈していた」』。

『「土人」を「差別語とする」なら、

「上辺の表現」は、

「差別になる」が、

「差別に内実があったか?否か?」は、

「全く別問題」だ』。

『「内実の無い差別語使用暴言」は、

「表現上の問題」、

或いは、

「差別語使用暴言」等として

「捉え、報道等する」のが、

「実体や、事実・現実に基づいた原寸大報道」になる』。

『「言葉が不器用な人等の

言葉狩りを行い

上辺ダケに基づいて大問題化する事」は、

「それこそ、問題」だ』。

『「その辺りを、薄々とは、分かっている様相」の「常連出演者等」は、

「該当、自衛隊員や沖縄以外の日本国民の中」に

「沖縄の人々に対する差別があるんじゃないの!」等の「旨」まで、

「勝手に、付け加えて、述べていた」。

「実体・実態調査も裏付けも無い、

該当常連出演者等の、

該当自衛隊員や日本国民に対する蔑視感や差別観等の臭い」が、

「充満していた」』。

『「機動隊員や警察等や日本・米国等の側ダケ」に、

「聖人君子状態等を求める事」は、

「反対勢力側を利す、明らかな偏向要求」だ。

「潔癖症的安全観等と、同様の臭いが其処にある」』。

『「言葉巧みな、テレビ等常連出演者等の実態・実体」もまた、

「上記の様に、決して、聖人君子的では無い」。

「言葉巧みな連中」が、

「上辺の言葉ダケを大問題化する事」は、

「言葉巧みな自分たちを利す為の、実質的、偏向・偏重情報に他ならない」』。

『「言葉の裏には、発言者の本当の意図や表現したい内実等が伴っている事」を、

「薄々にでも、分かっている」なら、

「上辺の言葉だけでは無く、

その意図や内実等も

実態・実体調査した上」で、

「情報配信するべきである事も重々分かる筈」だ』。

『「もちろん、そうすれば、言葉狩り~その大宣伝等によるイメージ誘導等は行い辛くなる」が』。

『「機動隊員土人言動を生み出した現場実態・実体等」の

「事実・現実に基づいた原寸大報道」こそが、

「報道機関等の本来に仕事」に他ならない』。

『「偏向・偏重情報等の一方的大量配信により、

イメージ等で大衆を操り、

多くの場合、反日他国人脈を利している」のは、

「実質的に、反日他国悪権力者等ご用達の情報工作機関」だ。

「そんなモノを、日本国内で、蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「反日他国人脈の情報工作機関的様相を露呈し続けている、

大テレビ・大ラジオ・大マスコミ等」の

「実権者人脈も含めた是正」は、

「急務」だ』。

|

旧民主党系人事以降、北朝鮮系等の臭いが濃厚なNHKでは、同じく、北朝鮮系等の臭いが濃厚な小池都知事による五輪会場見直し案等を応援している様相だが・・・。

『「裏には、その人脈等による長沼投資や新幹線テロ予定等でもあるんじゃないの・・・」等の「感を抱かざるを得ない事態」が「公共の電波上でも進行している様相」だ。

「普通に捉えて報道等する」なら、

「IOCバッハ会長の発言内容が意図したところ等」は、

「経費削減には合意出来るが、会場変更には合意出来ない旨」だ。

「どうしても、自ら等の意向の下で、会場変更までしたい小池都知事等側の意向等を考慮」し、

「小池都知事等色を薄められる、四者会談まで提案した事」からも、

「その意向は明らか」だ』。

『「ところが、NHK等」では、

「未だに、

四者会談の前に、会場選定等を行う等の先手を打つ意向等を示した、

小池都知事等」を

「大宣伝状態」だ。

「其処には、

会場変更ありきを公然化する情報工作の様相」が

「露呈している」』。

『「アスリートファースト」なら、

「ボート・カヌーも、東京で決まり」だ。

「皆、東京域に集まって競技し、アスリート同士の交流も容易になる状態」こそが、

「アスリート同士、お互いの為にも、なる」。

「競技を観る人々にとっても、同地域内の移動で、多種の競技が観易くなる」。

「テロ対策等、治安の為の費用も同地域内ダケなら、削減し易くなる」。

「特定競技ダケを、遠い地で行うメリットは、ほとんど無い」』。

『「会場整備費用が高過ぎる問題」には、

「整備費用縮小案が示された」。

「普通に考える」なら、

「もはや、高過ぎる東京会場の問題は無い」』。

『「IOCや競技団体等との世界レベルでの約束通り、

予定通りの会場」で、

「会場整備費等の経費を節約しながら五輪を行う」のが、

「妥当に思える」』。

『「ところが、未だに、小池都知事等や、小池都知事等と同様の臭いを放っている者たち」は、

「ボートは長沼でしょ!」に

「拘っている様相」だ。

「明らかに、普通では無い臭い」を

「発散させている」』。

『「その普通では無い臭い」を、

「NHKまでもが、率先して広めようとしていた様相」には、

「本当に呆れた」』。

『「現状のNHKの実権者や表看板等の人脈」と

「小池都知事等の人脈の近さ」が、

「露呈している様相」だ』。

『「現状のNHK人事」は、

「未だに、

旧民主党系の者たちによる、ゴネ得人事の臭い」が

「濃厚に残っている」』。

『「旧民主党系の者たちの中」では、

「北朝鮮等とも近しい旧社会党系の者たちが実権を保持していた事」は、

「多くの一般日本国民が、決して忘れるべきでは無い事の一つ」だろう』。

『「現状のNHKにも、小池都知事等にも、同様の臭いが在り、

その臭いは、何処と無く北朝鮮等と近い」』。

『「小池都知事」が

「都知事主導という、

ある意味では、独裁的手法を好んで用いている事」や、

「まるで、ナチス・ヒトラーの様なテレビ・マスコミ等利用術等を用いている事」は、

「単なる偶然では無い筈」だ』。

『「大衆を

マスメディア等誘導を利用して、

特定権力者に依存させる手法の先に見え隠れしている」のは、

「国家権力者の象徴的銅像や、絵図等が至るところに在る、独裁国家等に他ならない」』。

『「独裁国家等」には、

「その国家権力者等にとって」の、

「有益分子の育成」と

「不適応分子の粛清」が

「付きモノ」だ』。

『「民主的で自由な政治や社会を守りたい」のなら、

「絶対に避けるべき」は、

「特定政治家や学校教育・マスメディア情報等に依存する事に他ならない」』。

『「マスメディア悪用独裁手法等が際立っている様相の小池都政の是正」も、

「現状の反日他国の臭いが濃厚なマスメディアの是正」も、

「言うまでも無い、急務」だ』。

『「是正法は簡単」だ。

「多くの日本国民」が

「反日他国の手先的様相のマスメディアの誘導等に載せられず」に、

「一日本国民としての自分自身の実感や直感等に素直になれば良いダケ」だ』。

『「一日本国民として、

変に感じる事等は、

素直に変と思い、

どんなに反日他国の手先的様相のマスメディア等が、

正解はそちらに在る等と

情報誘導等しても、

上辺の優等生・正義・ジェントルマン等のイメージにも、

その下のインチキ論等にも、

騙され、操られない事等が肝要」になる』。

『「東京五輪会場」は

「予定通りの場所」で、

「経費を節約するプランで実現する事」こそが、

「節税面でも、

世界的信用面でも、

無駄な政治等に無駄な時間やお金を使わない面」でも、

「正解になる」』。

『「豊洲問題でも、事態は同様」だ。

「安全確保の上、出来る限り早い移転をする事」こそが、

「損失を最小限に抑える道」だ』。

『「逆に言えば、騒動売り小池都政」は、

「都民にも、国民にも、実質的には、多大な損害をもたらし続けている事になる」』。

『「そればかりか、

もし、その先に、

例えば、会場変更等による利権誘導・利益取得等や、

反日他国等によるテロ等誘い込み等がある」のなら、

「実質的には、本当に、重大な罪まで在る事になる」』。

『「もし、そうなら、

そんなモノに賛同させられている日本国民の自虐性は、

もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「既存の政策等に、難癖等を付けて、自己の存在感を高める、騒動売り、政治家等」に、

「騙されてはいけない」』。

『「しかし、騒動売り芸能人等に釣られてしまう人々」は、

「この手の騒動売り政治家にも釣られ易い」のだから、

「日頃から、

芸能人の騒動売り等を

大衆に刷り込んで来ている

マスメディア等の裏に居る悪どもの策略」は、

「それなりに、巧み」なのだ。

「もちろん、悪巧みという自虐に長けているダケだが」・・・』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界等」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

有名進学高校、同級生ナイフ斬り付け事件問題・・・。

『「この{グロテスク}な事件」も「現状の所謂、文系(≒精神文化)側の情報・教育等」が、「如何に、お粗末か・・・等」を

「如実に露呈している」』。

『「所謂、有名大学合格者の数が多いのが、所謂、有名進学高校」だろう。

しかし、

「例え、有名大学」でも、

「所謂、文系(≒精神文化)側の現状の学問上等で、求められている事」は、

「所謂、理系(≒物質文明)側で求められている事に比べて、

明らかに、進歩・進化不足」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実等に基づいて、

トラブルの実体を解消・処理する事等を、

学べず・学ばず」、

「丸ごと一人の死生観や人生観等に基づいて、

都合の悪い人を、丸ごと殺傷しようとしたり、支配・コントロールしようとしたりする」等の、

「劣悪な精神文化を保有している者たち」でも、

「劣悪な精神文化保有等故に、本当の自信さえ持てない」から、

「他の者・物・事等を、からかったり、貶めたりする事で、

自己承認欲求の代償欲求を満たそうとしている、

劣悪な精神文化保持状態の者たち」でも、

「現状の入試上等で求められている、

ほとんどの場合、既に、結論が出ている解答」が

「出来る様」に、

「入試に出る必要事項等を記憶し、

その記憶等を若干、応用等出来、

正当とされている解答さえ出来れば、

所謂、有名大学合格も出来てしまう」のが、

「所謂、文系(≒精神文化)側の進歩・進化が余りにも遅れている現状人間世界」の

「お寒い現実」だ』。

『「精神文化の正常進歩・正常進化とは程遠い、現状覚えとその若干の応用」で、

「合否を決めている者たち」とは、

「精神文化の正常進歩・進化が不十分な者たち」に他ならない』。

『「余りにも遅れている所謂、文系(≒精神文化)側のレベルしか要求されていない、

大学合格者等や、

大学・大学院等卒業後実社会に出た者たち」も、

「当然の如く、未熟・劣悪状態のまま行動等し続けている」から、

「当然、本来の自信さえも持てていない」』。

『「其処で、

他の者・物・事等にお墨付きを求めたりする、

自己承認欲求の代償欲求に奔走する{悪いお手本}」を、

「体現し、{悪いお手本}を公然化させ続けようとさえしている場合さえも少なく無い」』。

『「そんな愚行・自虐行等」が、

「人類滅亡等を呼び寄せている事」を、

「多くの場合、少なくとも、無意識レベルでは、薄々とは、感じ続けながら」・・・』。

『「有名進学高校の生徒」と言えば、

「如何にも、感情等よりは、頭脳優先が出来る者たち等のイメージ」だが、

「実際は、元々の、現状の、所謂、文系(≒精神文化)側の情報・教育レベル」が、

「余りにも、低レベル」だ。

「その結果」として、

「巷によく居る、どちらかと言えば、頭脳より、感情等優先なんじゃないの・・・という方々と、

同様の事件等」も、

「結構、起こされてしまって来ている」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実等の実用」が、

「不十分」な、

「現状の所謂、文系(≒精神文化)側」では、

「所謂、高学歴や高立場保有者等々」と、

「所謂、低学歴等の者たち」との

「内実差」は、

「非常に少ない、ばかりか、

所謂、高学歴者等が、現状に拘る分だけ、

逆転状態に陥ってしまっている場合も、少なく無い」。

「まるで、天動説裁判をした教会側の者たちの様な状態」なのが、

「現状の所謂、文系(≒精神文化)側の

多くの高学歴等の者たち等」の「実態」だ』。

『「今回の事件で、未だ、救われている事」は、

「からかい等の被害者でもあるという、ナイフ斬り付け加害生徒」が、

「比較的、短絡的な行動しか起こさなかったが故に、

実被害も、相応に大きくならずに済んだ事」だろう』。

『「所謂、理系(≒物質文明)側の情報・教育は、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事により、

急速な進歩・進化をし続けて来ている」から、

「今時なら、頭に来た理系優等生加害者等」が、

「人知れず、入念な準備等をしていた」なら、

「例え、高校生でも、学校内大量殺人等の大惨事を起こす事」は、

「それ程、困難では無い」のが

「現実」だ』。

『「こんなお寒い現実を改善する為」にも、

「所謂、文系(≒精神文化)側の正常進歩・正常進化」が、

「激烈に望まれ続けて来ている」』。

『しかし、

「所謂、文系(≒精神文化)側で、

現状利権を得てしまっている者たちの多く」は、

「利権維持の為か?」

「求められている能力等が無いからか?」

「所謂、文系(≒精神文化)側の正常進歩・正常進化」に

「未だに、抗い続けている」』。

『「満足な仕事が出来て来ていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」し、

「必要な仕事を行う能力等が無いのなら、

立場・報酬・権力等」は、

「必要な仕事が出来る能力等を持っている者たちに譲るべき」だ』。

『「この意味からも、所謂、文系(≒精神文化)側の職種(大学教授等も含む)」では、

「人脈交代も含めた正常化・健常化が必要になる」』。

『「現状の、例えば、テレビ・映画・小説・マスコミ等の情報により、

丸ごと一人の殺傷法等を、

ある意味では、否応無しに、

散々、教え込まれている人々」は、

「セルフコントロール不全状態等に陥る」と、

「散々、教え込まれている殺傷行為等を、

体現してしまう」。

「ある意味では、極めて、当たり前の現象」だ』。

『「更に、逃げ方や、逮捕等のされ方等まで、

実質的には、散々、教え込まれている様なモノ」だから、

「同様の新たな事件・事故等」が、

「連綿と繰り返され続けて来てしまっている」のが「実態」だ』。

『「そして、この負の連鎖の大集団版」が、

「国レベル同士の大戦争」に他ならない』。

『「大戦争という大惨事等を繰り返す前」の、

「エロ・グロ・ナンセンス時代中」に、

「激烈に望まれ続けて来ている、

人類の、所謂、文系(≒精神文化)側の正常進歩・正常進化を実現するべき事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「人類の長い~永い存続等を本気で願っている」なら、

「必要な仕事が出来ていない者たち」は、

「即刻にでも、

必要な仕事が出来る者たち」に、

「立場・報酬・権力等を譲るべき」だ』。

『「人類の長い~永い存続など願わず、

狭義の自分の大量消費自慰生活や代償欲求の追及等を優先したい、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき状態を選択している恥知らずたち等」は、

「本当に、劣悪で醜悪」だ』。

『「数々の事件・事故等」の、

「ある意味では、生みの親でもある、劣悪者・醜悪者たち」が、

「未だに、

例えば、

公共の電波を使っている大テレビ・大ラジオ上や

公共的マスコミ上等」で、

「蔓延り続けられている」』。

『「劣悪で醜悪な情報・教育に毒され続けて来ている、多くの{被害者たち}」は、

「劣悪で醜悪な小説やアニメや映画や音楽等々を、

買い求める自虐行為さえ厭わず、

知らず知らずの内に、

自分自身を負のスパイラル上で貶め続けて来ている場合も少なく無い」』。

『「広義の自分の実体の存続~永続を望まず、望めず、

狭義の自分の自慰や

自分を誤魔化し続ける為の代償欲求の追及等に、

奔走し続けさせられている迷い子たち」は、

「現状ネバーランドに永住したがる」が、

「正常進歩・正常進化無き現状ネバーランド」や

「その中に安住したがっている

正常進歩・正常進化(≒成長)を拒絶し続けている

永遠の少年・少女たち」に、

「長い存続~永続は、在り得ない」』。

『「近々訪れる」のは、

「現状ネバーランドの終わりの日」だ』。

『「人類誰も(=狭義の自分)」が

「精神文化面でも、狭義の自分を自主的に、正常進歩・正常進化させる事」により、

「広義の自分の健常状態を誘い、

その存続~永続に力を加える事」こそが、

「人類誰も(=狭義の自分)の基本的仕事に他ならない」』。

『「現状ネバーランドの中の

インチキ経済システム等に基づいた

狭義の自分の下への集金・集権」や、

「集金・集権出来たモノを

血統家族主義・血統家族思想等に基づいて

代々継承する事」などの、

「自虐行為」は、

「誰もが、遊び程度に控えるべき事」だ』。

『「人類誰も」が、

「否応無し」に、

「強制進歩・強制進化等」を

「強いられざるを得なくなる前」に、

「自主的正常進歩・正常進化等を行う人々が

数多く出れば出る程、

犠牲は少なくなる」。

「当たり前の事」だ』。

『「分不相応な大量消費自慰生活」や、

「健常状態を保てていないが故に必要となってしまっている代償欲求の追及等」に

「邁進している、

犠牲者の数を増やそうとしている

悪魔の手先たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてはいけない」。

「是正は、急務」だ』。

|

残念な「IQ246」・・・。

『「秀才連中は、比べっこが大好き」だが「多くの高IQ者や天才等と言われる人々」は「比べっこなどどうでも良い等と捉えているから、高IQや天才状態を得られている」。

「言い換えれば、

自分本来の実体に素直になり、

自分の脳力や感覚力を生かせる状態にある事」が

「高IQや天才状態取得に直結している」。

「逆に言えば、比べっこ原理主義等の状態から自分を解放するなら、

人類誰もが、高IQや天才状態が得られ易くなる」』。

『「テレビドラマ、IQ246(少なくとも、初回)」は、

「とても、IQ246とは思えない、秀才的主人公を描いたホン」だった』。

『「IQ246の世界は描けない事等を分かっている普通の作家等」が、

「主人公をアクの強いキャラを持つ大金持ち等とする事」で

「視聴者に特別性を感じさせ」、

「特別性→タイトルのIQ246内在等と思わせてしまおうとしているホンの様相」だった』。

『「比べっこ原理主義上で生きている普通の作家等」が、

「高IQや天才等や大金持ち等に憧れている自らの状態へのお墨付き」と

「番組放送等に伴う利権等」を、

「視聴者等を巻き込んで、付けさせよう・得よう等としている様相」が「露呈」していた』。

『「視聴者等を、

高IQや天才や大金持ち等ネタ」で、

「操る・操ろうとしている」、

「よくある、散々、使い古されたパターンの一つに過ぎなかった」』。

『「今時だから、殺人欲動を殺す高IQ者でも描いているかなぁ・・・」等と、

「ホンの少しは、期待をしていた筆者等」は、

「使い古されたパターンによる公共の電波の無駄遣い等」に、

「本当にガッカリした」』。

『「IQ246、少なくとも、初回は、酷く、残念」だ』。

『「演じている方々や画像を撮っている方々」は、

「キャラの個性や、演じ方や撮り方等」で、

「コメディータッチに仕上げる事」で、

「内実、普通の秀才的主人公ドラマ」を「冗談化」し、

「モリ過ぎたタイトルも冗談ですから、許して(≒認めて)ねぇ・・・等」とでも、

「言っている様に感じられる」』。

『「他局にもよくある、今時としては、無駄な、娯楽冗談ドラマが、また一つ」・・・』。

『「昨今の、人間社会や、テレビ・映画・芸能・音楽界等に露呈している状態」は、

「エロ・グロ・ナンセンス状態」だ。

「行き詰っている現状人間世界を何とかブレークスルーしたい欲動」が、

「そこら中で渦巻いている」が、

「ブレークスルーする方法が???」なので、

「表現・体現等する」と、

「エロ・グロ・ナンセンス等となってしまう」』。

『「実は、この状態は、非常に危険な状態に他ならない」。

「日本の戦前、大正時代~昭和極初期の頃」も、

「エロ・グロ・ナンセンス等が蔓延っていた」。

「ひと時の現実逃避等の波の後に、起こった」のが、

「先の大戦」だった』。

『「この意味からも、

今時、ドラマ等を描く」なら、

「例えば、

高IQタイトルや主人公等の大金持ちやそれに伴う実権持ち状態等ダケ」が

「虚しく一人歩き」し、

「ホンを描く者・ドラマを撮る者・視聴者等」を、

「高IQや大金持ち等に憧れる・憧れさせる、

悪戯な現状人間社会・経済システム等への賛美や、

集団現実逃避等を誘う、

実質、ナンセンスもの」では無く、

「上辺は、オモシロ可笑しくても、

内実は、現状ブレークスルーに有益なモノ」に

「するべき」だ』。

『「そんなモノは、描けない・描ける訳が無い」等というのは、

「もはや、見苦しい、言い訳」だろう』。

『「この記事の冒頭に記した、高IQ・天才状態取得法等」を

「ヒント等にし、実践する」なら、

「其れこそ、何処の誰でも、現状ブレークスルー法を盛り込んだ作品等」が

「その人なりに描ける筈」だ』。

『「公共の電波の実質的無駄遣い」は、

「早々に、終らせるべき」だ。

「一刻も早い、内実のある、上辺も面白い作品の出現が望まれている」』。

|

先ほど、「IQ246が残念である旨の記事」をアップしようとしたら、マタマタ妨害が入ったので、明日にでも、執拗にアップし直す事にする・・・。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」は「未だに妨害工作を続けている」。

「もちろん、プロバイダー等」は、

「既に、その妨害元等を特定把握済みと思うが」・・・』。

『「何れにしても、天才でも、高IQでも無い様相」なのに、

「天才や高IQをダシにして、視聴者を釣ろうとしている実態」は、

「醜悪」だ』。

『「高IQ者の特徴」は、

「多次元的に者・物・事等を捉え、考えられる事」に他ならない。

「犯罪等、事後の優等生的分析による早期解決等」は、

「現状適応に秀でている、秀才等の得意技」に他ならない』。

『「筆者が天才モノや高IQモノを描く」なら、

「殺人欲動を殺すホン等を書く」が、

「現状適応秀才連中がホンを書く」と、

「天才や高IQ者に憧れる・憧れさせるホンになりがちの様」だ。

「この意味からも、IQ246は、酷く、残念な内容だった」』。

『「後や、他の事は、明日にでも」・・・』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が、未だに、トランプ氏とクリントン氏の支持率の差がそれ程大きくない事を不思議がっていたが・・・。

『「女性に対する{ロッカールーム発言}や、米マスコミ等が続々と報じている、被害者として名乗り出ている女性たち」や「共和党重鎮等のトランプ支持止め」等により、「支持率急落している筈」の「トランプ氏」だが、「未だに、クリントン氏との差は、それ程大きくない」。

「何故か?」』

『「言うまでも無く、今回の米大統領選の内実」とは、

「現状既得権益グループ」と、

「現状打破グループ」の「対立」だからだ』。

『「元々、共和党内でも、

現状既得権益グループに属していないトランプ氏に対する支持」は、

「少なかった」。

「それでも、トランプ氏が、共和党の大統領候補になった」』。

『「その裏に流れている」のは、

「多くの米国国民が持っている現状脱出欲動の風」に他ならない』。

『「中立を破ってまでも、クリントン氏に肩入れしている大マスコミ等」も、

「現状既得権益グループの一員に過ぎ無い」。

「続々と、被害者として名乗り出ている女性たちにスポットライトを当てて、

積極的情報配信を行う事で、

トランプ氏のイメージを悪くしようとしている非中立大マスコミ」は、

「ビル・クリントン氏の女性問題で、

クリントン候補がどれ程の圧力火消し等に邁進したのか?」等は、

「調べようとも、伝えようともしていない様相」だ』。

『「中立性を失っている大マスコミ等」とは、

「もはや、大タブロイド紙の世界」で、

「そんなモノの論調で操られてしまう程、

多くの米国国民は愚かでは無い」』。

『「既得権益グループが、

既得権益を守る為に、

クリントン氏を当選させたがっている臭い」に、

「嫌気がさしている人々も多い筈」だ』。

『「結果、クリントン支持派にとっては、意外な程、支持率に差が生まれていない」』。

『「現状の社会・経済システム」とは、

「ピーターパンのネバーランド」に他ならない。

「その中で、現状既得権益を貪り続けたがっている永遠の少年・少女たち」が、

「クリントン候補を支持している」。

「トランプ氏は、ネバーランドを破壊出来るかも知れない」が、

「その後、どうするか?までは、絵図を示せていない」。

「普通の世界に生き、大人になる事」とは、

「社会システムや経済システム等の精神文化面でも、

進歩・進化(=成長)を拒否しない事に他ならない」のだが・・・』。

『「今回の米国大統領選」は、

「ネバーランド既得権益維持派」と、

「ネバーランド既得権益破壊派」の

「争いの様相を露呈している」。

「どちらも、大人になる事に思いが至っていない」から、

「ガキの喧嘩みたいな大統領選になってしまっている」のだ』。

『「超大国である米国も、随分と、落ちたモノ・・・」だが、

「米国以外の国々の場合」は、

「もっと、酷い場合が、ほとんど」だ。

「ほとんど全ての国々が、それぞれの現状ネバーランドに執着」し、

「大人になる事(=本来の成長)を忘れている」』。

『「はっきりしている事」は、

「現状ネバーランドに長い未来は無い事」だ。

「人間社会システム・経済システム等々の精神文化側の正常進歩・進化無き状態」で、

「人類が時を重ね続けた場合」、

「人類滅亡」が「約束されている」』。

『「とりあえず」、

「現状ネバーランドを維持する方が良いのか?」

「とりあえず」、

「現状ネバーランドを壊してみる方が良いのか?」

・・・「人類の歴史」では、

「現状ネバーランドが行き詰まると、大戦争によるリセットを繰り返して来た」。

「現状ネバーランドとりあえず維持ダケ」の「先」には、

「大戦争が見え隠れしている」。

「だからと言って、とりあえず、破壊したダケ」でも、

「どうしようも無い」。

「米国民に限らず、

人類誰もが、

精神文化の正常進歩・進化を拒否しない本当の大人になる事」が、

「激烈に望まれている」』。

『「物質文明の急速な進歩・進化」は、

「科学レベルで判明させ続けて来ている実体や事実・現実を実用する事によって、

実現出来ている」。

「精神文化側でも、同様に、

科学レベルで判明させ続けて来ている実体や事実・現実を実用すれば、

人類の精神文化の急速な進歩・進化は、実現出来る」』。

『「物質文明側」は「科学レベル」なのに、

「精神文化側」は「考え・思いによる納得(≒宗教)レベル」というのが、

「現状人間世界の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「精神文化側の進歩・進化が疎か」だから、

「急速に進歩・進化し続けて来ている物質文明を自虐的に使ってしまっている」のが、

「お寒い人類の実態・実体」だ』。

『「精神文化側の進歩・進化が、

物質文明の進歩・進化より、

常に前にある状態を維持し続ける事によって、

世界平和が実現し、

世界平和状態を続ける事も出来る様になる」のが、

「現実」だ』。

『「精神文化の正常進歩・進化を疎かにしている者たち・拒んでいる者たち」とは、

「世界平和に抗う叛逆者たちに他ならない」』。

『「現状ネバーランドという{悪魔の器}」に、

「執着している{悪魔に魂を売り渡した者たち}」は、

「現状での立場が、どんなに優等生的でも、大金持ちや大権持ち等でも、

人類が存続するなら、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「言うまでも無く、中立性等を失った大マスコミ等も、そうなる事になる」』。

『「今時の大テレビ・大マスコミ等が訴えるべき」は、

「低俗なスキャンダル等では、断じて無い」。

「現状ネバーランドからの脱出法」であり、

「現状ネバーランドに縛り付けられている人々の解放法」だ。

「つまり、全ての人類の精神文化の正常進歩・進化に力を加える事こそ」が、

「今時の大マスコミ等が行うべき本来の仕事」だ』。

『「日本の場合」も、

「現状の大テレビ・大ラジオ・大マスコミ界や政界・財界等々」は「かなり劣悪」だ。

「現状ネバーランドコイン集めや

現状ネバーランド権力取得等が上手くても、

自分の実体の存続~永続等を危うくしている、

内実、永遠の少年・少女等」では、

「断じて、優等生や優秀者等とは言えない」』。

『「元々、現状の所謂、文系(=精神文化側)の学校教育等」は、

「実体として、

今時の人類世界が、本来、要求しているレベル」から、

「遥かに劣っている」。

「つまり、現状の文系学校教育等の優等生=今時の人類社会上で、真に望まれている優等生とは限らない」ばかりか、

「実態としては、劣悪な場合が多くなる」のは、

「当然の現象」でもある』。

『「精神文化の正常進歩・正常進化を怠っている劣悪者たち」が、

「文系分野では、

実権を持ち続け、

自分たちの保身や利権増大等に都合の良い者たちを起用し続けて来ている実態」が

「露呈している」』。

『「この文系(=精神文化系)負のスパイラル故」に、

「人類の歴史は、戦争や殺し合いの歴史となってしまって来ている」。

「こんな状態の是正が急務である事」は「言うまでも無い事」だ』。

『「物質文明の急速な進歩・進化を考える」なら、

「誰もが、実感を持って、

精神文化側の進歩・進化が疎かな状態を是正する事」の

「急務性を感じられる筈」だ』。

『「急速に進歩・進化し続けている物質文明上」では、

「国家レベルでは無く、個人レベルで、

かつての大戦争レベル以上の破壊行為が可能となってしまう時」は、

「近い、もしくは、もう、来ている」。

「物質文明の進歩・進化相応の精神文化の進歩・進化無き場合、

人類は、何れ、確実に滅亡する」』。

『「精神文化の正常進歩・正常進化を怠らない普通の大人となれていない者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「日本の場合」は、

「異常な戦後処理故の負の遺産の要素も強い、

大テレビ・大ラジオ・大マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」も、

「急務」だ』。

|

小池都知事や一部テレビ・マスコミ等が「五輪ボート・カヌー競技会場長沼に変更」を推している訳・・・。

『「五輪ボート・カヌー競技会場問題で、打診も無いのに、辞退と言われ、憤慨しているのは、埼玉県上田知事」との「報道も出てきている」が、

「打診したのに辞退された旨、小池氏側は、その前の報道で答えていた」らしい。

「両報道内容からすれば、

「小池氏側が、

埼玉県には、ロクな打診もせずに、

宮城県長沼に変更ありき」で、

「動いている様相が露呈している」。

「上記の様な実態通りなら、それは、とんでも無い事」だ。

「独裁的手法で、結論ありきの政治を行う」のは、

「中国共産党や北朝鮮等の得意技」に他ならない』。

『「この辺り」にも、

「小池氏の精神文化構造等」が

「露呈している」・・・』。

『「何故、テロ対策上では、極めてアブナイ、長沼にそんなに拘るのか?」』

『「逆に、五輪テロありき」なら、

「長沼に変更は、非常に合理的になる」』。

『「そもそも、

昨今の一部テレビ・マスコミ等による、

小池・蓮舫(や民進党)好イメージ大宣伝」には、

「大きな違和感がある」』。

『「豊洲問題でも、肝心な事は、安全か?否か?」だ。

「ところが、小池都知事等に好イメージをつけ続けて来ているテレビ・マスコミ等」では、

「安全か?否か?より前」に、

「盛り土無し絶対悪論」や、

「情報公開絶対正義論」や、

「潔癖症的安全論に基づいた大騒ぎ」等々の

「情報配信を積極的に行って来ている」』。

『「その流れの上」で、

「それらを責めている小池都知事やその下の検証委員会等」を、

「まるで、正義のヒーロー扱い」だ』。

『「多くの視聴者・読者等の小池一派依存を煽る為等」なら、

「非常に合理的な情報配信内容が其処に在る」』。

『「もちろん、

それらは、

健常なテレビ・マスコミ等の配信情報ではあり得ない」。

「偏向・偏重情報に基づいた

イメージによる大衆誘導の実態」が

「其処に露呈している」』。

『「現状」では、

「残念ながら」、

「一部テレビ・マスコミ等による、

上記の様な、実質的情報工作~大衆誘導に操られてしまっている人々」が、

「それなりに、多い様相も露呈している様」だ。

「該当一部テレビ・マスコミ等による、

実質的、お手盛り世論調査」では、

「小池都知事側がやっている事等を

支持している人々の割合は、

70~80%もあるのだそうだ」』。

『しかし、

「現状では、一部テレビ・マスコミ情報等のイメージ誘導等に操られ、

小池都知事側にエールを送らせられている多くの人々」が、

「イメージ誘導で操られていた事等に気づく時」には、

「かつての民主党政権に対する大非難状態と同様の事態が起きる事」等が、

「当然の現象」になる』。

『「該当、一部テレビ・マスコミ等」の

「現状でのご推奨」は、

「小池~!であり、蓮舫~!であり、民進党!であり、野党連合!等」だ。

「該当、一部テレビ・マスコミ等のかつてのご推奨」は、

「自民ダメ!であり、

政権交代!!であり、

民主!!!」だった。

「該当、一部テレビ・マスコミ等の少し前のご推奨」は、

「舛添ダメ!

都知事交代~都知事選!!

鳥越!と叫びつつも、

所謂、左翼の鳥越では勝てない事はそれなりに判っていたから、

女性問題暴露!!で

上辺は保守の内実テレビ上がり小池に誘導!!!」だった』。

『「テレビ・マスコミ族都知事誕生の後、

行われている政治・政策」の「内実」は、

「豊洲問題化&お仲間テレビ・マスコミ等大騒ぎ」で、

「既存勢力側を不利に貶めた後」の

「権力構造や利権誘導先等の変更」であり、

「五輪問題や五輪会場の変更問題等、お仲間テレビ・マスコミ大騒ぎ」で、

「既存勢力側を不利に貶めた後」の

「基づく権力争いや利権誘導先等の変更」という訳だ。

「実質的には、大丈夫な事でも、大問題化」し、

「お仲間テレビ・マスコミ等による、

実質的、大衆誘導パワハラ等」で、

「無理やりにでも、現状変更」という「手法」は、

「まるで、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等や

中国共産党等の

得意技の

日本国内版」だ』。

『「該当一部テレビ・マスコミ等と、元々、繋がりが濃かった」のは、

「{北朝鮮のお友達}旧社会党」や、

「{朝日新聞等は同居までしていると、もっぱらの評判の、お友達である}中国共産党」等で

「ある事」は、

「絶対に忘れたり、見落としたりするべき事では無い」』。

『「該当テレビ・マスコミ等や、

旧社会党~民主党~民進党等の政党や政治家等の

人脈の流れの中」には、

「未だに、

{北朝鮮や中国共産党とのお友達}等」が

「いる」と「強く推定出来る」』。

『「こんな実態が日本国内にある」から、

「例えば、

未だに、

日本国内に多数いる筈の拉致実行犯や拉致協力者等の告発・摘発等」も、

「満足に行われていない」のだろう。

そればかりか、

「拉致工作実行・協力以降、何もしない訳も無い、

反日他国悪権力者等の紐付きの連中による、

現在まで行われ続けて来ている

日本国内の電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の工作活動等」の

「告発・摘発」も「満足に行われていない」のだろう。

更に、

「実効のある摘発処理等に必要な法や体制整備等の訴えや構築等々」も、

「満足に行われていない」のだろう』。

『「それら、普通の国なら、とっくの昔に行っている事を実際に行う」なら、

「一部テレビ・マスコミ等の者たちや、学校教師等や、政治政党員や国会議員等々まで、

ゾロゾロと摘発・・・」で、

「そんな事態の実現を阻止し続ける為」に、

「拉致被害者が帰還出来なくても、

日本国内の工作被害者がどんどん出続けていても、

無かった事に、無い事に・・・」なのだろう』。

『「現状では、

その反日国悪権力者人脈の連中が、

大量に日本国内に居続け、

工作活動を行い続け、

例えば、テレビ・マスコミ上や学校教育上や政界等でも、

蔓延る事まで出来てしまっている」。

「例えば、

情報・教育工作の悪の成果」により、

「戦後70年以上も経過している」のに、

「未だに、

反日国や反日国人脈にとって都合の良い者・物・事等で、

操られ続けてしまっている

一般日本国民の数も決して少なく無い」』。

『「この非常に危険な多くの日本国民にとっての自虐状態」は、

「即刻にでも解消するべき事態」だ』。

『「何故?反日他国悪権力者人脈連中が大量に日本国内に居続けられているのか?」

「言うまでも無く、異常な戦後処理故」だ』。

『「小池依存者や蓮舫依存者が増大され続け、

五輪ボート・カヌー競技会場が長沼に変更されたアカツキ」には、

「恐らく、小池都知事の下で行われる東京五輪時」に、

「新幹線テロが起こされてしまう」だろう。

「小池都知事は責任を問われ、人気を失う一方」で、

「もう一方の正義のヒーロー化され続けている蓮舫(や民進党)頼り」が、

「益々、加速させられてしまう」かも知れない』。

『「その先にある」のは、

「かつての民主党政権への政権交代と同様」の、

「●●ダメ!に基づいた、民進党等への政権交代」だろう。

「更に、

終局的には、

天皇家を金家等と入れ替える、

反日他国悪権力者人脈による日本乗っ取り支配等までもが、

その後に、続けられてしまう」かも知れない』。

『「東京五輪を日本乗っ取り支配策略の一里塚ゴールにしたい様相」の

「反日他国悪権力者人脈の者たち」は、

「肉を切らせて骨を断つ手法まで用いても、

その悪の策略を成功させたがっている様相」でもある』。

『「小池氏は、相応の年齢だから、将来的には、捨てゴマ」で、

「蓮舫氏は、現状では、未だ、若いから、将来的には、神輿の上」という、

「そのスジのテレビ・マスコミ族等の策略の絵図」さえもが、

「見え隠れ」している』。

『「その悪の策略上、邪魔になる」のは、

「同じ女性で、

年齢も小池氏と蓮舫氏の間である上」に、

「初の女性総理候補とまで言われている稲田氏」だ。

「其処で、該当テレビ・マスコミ等」は、

「稲田氏を悪イメージで潰す、或いは、弱体化させる、

イメージ誘導情報工作にも忙しい様相」だ』。

『「何れにしても、

日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ等の紙面上等」で、

「反日他国悪権力者等にとって、都合の良い状態を日本国内につくり出す為等」の、

「イメージによる大衆誘導等を行い続けて来ている者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界や、公共的大マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番でも、小池&小池の下の都政改革チームの五輪競技会場見直し問題を大宣伝しているが・・・。

『「特に、大宣伝されている」のが「ボート・カヌー競技会場の宮城県・長沼への変更案」だ。

「もちろん、言うまでも無く、元々の五輪招致委員会等」でも、

「ボート・カヌー競技場を長沼にする案」も

「検討されていた」。

「しかし、ボツになった」。

「何故か?」』

『「一番問題となる」のは、

「世界各国から来日する五輪観客や報道陣等」が、

「恐らくは、主として、新幹線移動し、長沼会場と東京会場を行き来する事」だ』。

『「絶好のテロターゲット」を

「ワザワザつくり出す自虐劇」は、

「避けるべき事」になる』。

『「テロリストたちが注目させたい」のは、

「世界中の多くの一般市民だろう」から、

「サミット等、世界中の多くの一般市民は大して気にしていない事」より、

「世界中の多くの一般市民が大いに関心を持っている場合が多い五輪等の方」が、

「テロを行う価値が大きい等」と「考えている筈」だ』。

『「其処に、更に、

高速鉄道商売では、

漁夫の利的に、

中国共産党支配下の中国や韓国等を利す事に繋がる

日本の新幹線でのテロ勃発の事態が重なる」と、

「それらの人脈から裏金や援助等を得る事も容易になる」』。

『「普通に考えるなら、

上記の要素だけでも、

テロ等無縁の人間世界になるまでは、

五輪での宮城長沼と東京の併用は避けるべき」だ』。

『「IOCが、コンパクトな五輪を推奨した」のも、

「コンパクトな五輪の方がテロ対策が容易だからに他ならない」』。

『「五輪でテロが起こされる事=IOCの五輪商売がやり辛くなる事」に他ならないから、

「IOC側も、内実では、出来るだけテロ確率を下げる策を謳った」と

「強く推定出来る」』。

『「コンパクト地域五輪」でも

「大都市部で行うなら、かかる金額はコンパクトにならない」という

「批判等」は、

「現状のインチキ経済を良く理解出来ていない、

所謂、主婦感覚の経済論上の人々の得意技」だ。

しかし、

「現状のインチキ経済システム上で、

所謂、主婦感覚の節約を行う事」は、

「経済パイを縮小させ、

本来なら、五輪で好景気になるところを、

当面は、好・不景気無しに平定させてしまう上に、

長い目で見るなら、

経済パイの増大量が少なかった分だけ

不景気やデフレ等を誘い易くする

自虐策に他ならない」』。

『「スクラップも、ビルドも、身売りも、金転がしも、それこそ、何でも仕事」として「認定」され、

「お金自体には、そのお金の正当性を示す色が無く」

「バブルだって好景気になってしまう」のが、

「現状のインチキ経済システム上の現実」だ』。

『「現状のインチキ経済システム上での上手い好景気の誘い方」とは、

「崩壊しないバブルをつくり出す事に他ならない」。

「五輪を上手い具合にそのキッカケと出来れば、

日本経済は好景気となり、

税収も増える事になる」が、

「所謂、主婦感覚の節約術で、経済パイを縮小させれば、

得られる結果は、

当面の非難も高評価も得られ辛いが、

将来的には、衰退し易い状態をつくり出す事になってしまい易い」のが、

「現状のインチキ経済システム上の現実」だ』。

『「行政府の長等」なら、

「上記の様な大局的な見識を元に、

弾けないバブルをつくり出し、

東京都や日本国を豊かにし、

働く人々の報酬も税収等も上がる

ラインを見極める事こそ」が

「本当の仕事」だ』。

『「大衆受けの良い、所謂、主婦感覚の節約術等を訴えて、正義ぶる」のは、

「日本に自虐を強いる事が得意な、

反日テレビ・ラジオ・マスコミ等の得意技でもある」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等で散々風潮されて来ている、

現状のインチキ経済システム自体についての本質論や問題論や是正論等の無い、

所謂、主婦感覚の経済論」が、

「どれだけ、日本社会や個々の日本国民を豊かにして来たのか???」』

『「現状の余りある二極化格差社会状態」とは、

「所謂、主婦感覚の経済論に基づいて、

経済パイを縮小させ続けながら、

分捕り合戦を行い続けているが故の現象」だ』。

『「縮められた経済パイの中」で、

「より多くを分捕れた者たちが勝ち組」、

「分捕り合戦下手が負け組」となる

「二極化格差社会」の

「自虐性」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「現状のインチキ経済システム上」なら、

「経済パイを大きくする事で、

多くの人々が中くらいづつ、

他の人々を無理やり押しのけて、分捕らなくても、

仕事等をすれば、普通に取れる状態にする事」こそが、

「とりあえずの多くの人々の現状存続の為の、次善の策」だ』。

『「本来、行うべき事」は、

「インチキ経済システムを

インチキでは無い経済システムに是正する事」に

「他ならない」』。

『「その為」には、

「多くの人々が、現状のインチキ経済システムの実体や問題等を

理解・把握」し、

「実現可能で、実効のある、是正策等」を

「考え、提案し、政治等で実現して行く事が必要になる」。

「この大元で必要になる情報の大量配信」こそが、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等が行うべき本来の仕事の一つ」だ』。

『「それなのに、未だに、

差別的に、テレビ・マスコミ上がり政治家に好イメージを持たせ、

差別的に、好イメージを持たせた政治家が行おうとしている事」を、

「さも、正当な事であるかの如く、風潮している」のが、

「お粗末なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「インチキ経済システム自体を是正しない上での分捕り合戦勝ち組」の

「実体」とは、

「自分の実体に叛いている劣悪者たち」に他ならない。

「劣悪者たち」は、

「自らの実体を直視する事から逃れ続ける為」に、

「大量消費自慰生活等という現実逃避のヤクを欲し続け、

他の者・物・事からのお墨付きを求め続けようとしている場合が多い」』。

『「劣悪では無い、普通の健常人たち」は、

「人類誰もが

それぞれの原寸大レベルを基にした

快適な人生が

送れる人間社会を

構築して行こうとし続けたり

している場合も多い」が、

「劣悪者たち」は、

「劣悪者たちの自慰利権維持~拡大等の為」に、

「人類誰もが

それぞれの原寸大レベルを基にした

快適な人生が

送れる人間社会の構築」の

「邪魔まで行う

更なる劣悪ぶりを露呈している場合も少なく無い」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき劣悪者たち」が

「其処にいる」』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき劣悪者が溢れている様相」の

「テレビ・ラジオ界等」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

NHK昼ニュースでは「金正恩の誕生日が北朝鮮の祝日となった事等」をトップニュースで伝え、民放では「小池・蓮舫好イメージ大衆その下寄せ」が積極的に行われている、やはり、変でしょ!現状のテレビ・・・。

『「金正恩の誕生日が北朝鮮の祝日とされた事」は「北朝鮮系の人々にとっては、重大ニュースかも知れない」が「多くの日本国民にとっては、他国の祝日の話し」だ。

「日本公共の電波を使っている、主として、日本国内向けのテレビニュース」なら

「北朝鮮の新たな祝日のニュースなど、

扱い無し、

もしくは、末尾扱いで十分」だ。

「金正恩の誕生日が北朝鮮の祝日になった事等」を、

「日本国内で、しかも、NHKが、トップニュース扱いする事等」が「適切」とは、

「到底思えない」』。

『「ところが、本日のNHK昼ニュース」では、

「何と!

トップニュースが、

金正恩の誕生日が北朝鮮の祝日になりました等だった」のだ』。

『「この異様な事態の裏」には、

「北朝鮮系の者たちがNHK内で、高い実権を保有している様相」が、

「露呈している」』。

『「NHK内で相応の実権を持てている北朝鮮系の者たち」は、

「例えば、配信内容に関する実権を保持出来ているにも関わらず、

金正恩の誕生日が祝日となった事等を

トップニュースとして扱わないと、

日本国内に少なからずいる北朝鮮系の工作員等による粛清対象にされてしまう」のだろう』。

『「もちろん、北朝鮮金正恩等の手先たち」に、

「日本の公共の電波を使った情報の大量配信機関上」で、

「過分な実権等を与え続けていてもロクな事は何も無い」。

「北朝鮮金正恩等にとって都合の良い

日本国内の世論や社会状態等を誘う為」の

「大衆誘導等が行われてしまう等」の

「多くの日本国民を自虐状態に陥れる、

重大事態が生じる、或いは、既に、生じている」のが

「実態・実体」だ』。

『「以前から、テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化が必要である旨、訴え続けている」が、

「今回の様な判り易い実態」が

「露呈する」と、

「多くの方々の中でも、その必要性が実感を持って感じられる筈」だ。

「出来る限り早い、正常化・健常化が必要」だ』。

『「民放では、

昨今では、

小池都知事と蓮舫(民進党)等に好イメージを付ける情報配信に忙しい」』。

『「小池都知事も蓮舫民進党代表も、

どちらも、民放テレビ上がりの政治家」だ。

「つまり、民放テレビ人脈との繋がりが濃い者たち」に他ならない』。

『「テレビ悪人脈の者たちは、

自分たちと繋がりの濃い政治家により強い実権を持たせる事」で、

「テレビ悪人脈にとって都合の良い政治・政策等を

行わせたり、

行わせたがって来ている」のが

「戦後日本のテレビ悪人脈の実態・実体」だ』。

『「人は、例えば、

小池都知事に好イメージを抱く」と、

「小池都知事の行う事、行おうとしている事等」は、

「皆、善であり、正しい事等と捉え易くなる」』。

『「その様な状態に陥ってしまっている人々が多ければ多い程」、

「多くの人々が好イメージを持って捉えている人による、

利権誘導政治や、

ある種の独裁政治まで容易になってしまう」』。

『「歴史上」でも

「ヒトラー」とは

「当時のドイツ国内での大人気政治家」だった。

「大人気政治家ヒトラーをつくり出した」のは、

「当時のドイツのラジオ・マスコミ等」だった』。

『「同様の事態」が、

「今、日本国内で進行してしまっている」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「テレビ・ラジオ・マスコミ人脈と繋がりの濃い政治家たち」に

「好イメージを付ける情報の一方的大量配信を行い続けている」。

「素直にその情報に毒される」と、

「小池シンパ化」や、

「蓮舫シンパ化」されてしまう』。

『「小池でも蓮舫でも、その両方でも、

好イメージを持たせる事に成功し、

その下に沢山の人々を集める事に成功する」なら、

「テレビ人脈と繋がりの濃い者・者たち」による

「大衆誘導政治が可能になってしまう」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等による好イメージ政治家等製造の裏」では、

「悪イメージを与え続ける事等による、蹴落とし工作等」も

「行われる場合が多い」』。

『「かつての、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」は、

「正に、その悪の手口」だった』。

『「現状の多くの

公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関であるテレビ・ラジオや

公共的大マスコミ等」では、

「小池都知事・蓮舫民進党代表等に好イメージを付け続ける裏」で、

「中・韓(北朝も含む)の悪権力者等が嫌っている

安倍総理や麻生副総理や稲田防衛大臣等に悪イメージを付け続ける」

「情報配信」が

「平然と、行われてしまっている」』。

『「日頃から、韓国(北朝鮮も含む)人・中国人等の外国人{差別問題}を訴える事が得意」な

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」だが、

「その差別問題を訴えているテレビ・ラジオ・マスコミ自体」が、

「好イメージ付け、悪イメージ付け」という

「重大な差別」を

「公共の電波上や

公共的マスコミ上で

大々的に行い続けている

ダブルスタンダード状態」なのが、

「実態・実体」だ』。

『「もちろん、そんな酷い実態・実体」は、

「即刻是正させられる」のが、

「当然」だ。

「そればかりか、

過去の悪行、実質的、罪等、

相応の罰や罰金等が、

与えられて然るべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

言葉狩りは得意でもロジック問題は???の様相のテレ朝朝番では、全日空定員オーバー問題とか、南海電鉄外国人辛抱アナウンス問題等について、常連出演者たちが語っていたが・・・。

『「全日空の定員オーバー乗客乗せ問題の原因」は「言うまでも無く、搭乗許可ロジックの瑕疵」だ。

「報道内容からすれば、

人による搭乗許可と

機械による搭乗許可の双方が存在している」のに、

「その統合チェックが行われていない」。

「その上、キャンセル待ち配分は機械任せ」だ』。

『「コレでは、今回の様な問題が起きるのも、当たり前」だ。

「搭乗システムを構築した者やそれを許可した者等のいい加減さ」が

「良く判る事例」だ』。

『「是正は、簡単」で「キャンセル待ち配分が機械任せ」なら、

「搭乗許可も機械との整合性を常にとる様に、人側がすれば良いダケ」だ』。

『「今回の例で言う」なら、

「該当親子が保持していたスマホバーコード内容」と

「搭乗者自体の突合せ」を

「親子共行っていれば、

この様な問題は起きない事になる」』。

『「其処を疎かにする」と

「スマホバーコードを保持していれば、他人でも、搭乗出来てしまう事になる」から、

「例えば、

テロリストが

搭乗予定者を動けない・搭乗出来ない状態にするまでも無く、

スマホ情報を盗み出したりする事」で、

「先に搭乗する事も可能になってしまう」』。

『「今回は、定員オーバーになったから、大問題化した」が、

「定員オーバーになっていなかったなら、そのままスルー」だろう。

「何しろ、

後から搭乗しようとした人が、本人と確認出来たダケで、

前にそのバーコードで搭乗した人の実体を確認する事無しに、

搭乗させているのだから!」』

『「更に、

テロリストが、

搭乗予定者を動けなくしたり、搭乗に間に合わない状態にしたり、していれば、

人が入れ替わっていても、何も問題が無い状態との認識の下で、

その便は、飛び立つ事になる」』。

『「元々、筆者は、海外に行く時以外は、飛行機を使わない」が、

「今回のニュースを見聞きして、益々、飛行機には乗りたく無くなった」。

「全日空で、この程度なら、格安航空も含む他社はどうなのか?」

「実態調査報道~重要な者・物・事等の大衆周知こそ」が、

「テレビ・マスコミ等の本来の役割だと思う」が

「今回の問題も含む色々な問題をダシ」に、

「常連出演者や常筆者等」が、

「優等生ぶり、正義ぶり、解説・批判・非難等しているダケ」なのが、

「現状の多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等のお寒い実態」だ』。

・・・・・・・。

『「戦後の日本社会」では、

「差別を訴える事」で

「実質的には、差別されたとされている側の利権を増大させる情報・教育」が、

「蔓延り続けて来ている」』。

『「少しでも、差別問題としてヒッカケられる要素がある事」だと、

「日頃、散々、声を大にして、訴えている、表現の自由等は、何処へやら、

実質的には、ヒタスラ、差別されたとされている側の利権増大等の為に力を発揮して来ている」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等のお寒い実態・実体」だ』。

『「そして、差別されたとされる側には、明らかな偏向が有る」。

「韓国(北朝鮮も含む)や韓国(北朝鮮も含む)人や、

中国や中国人の場合」は、

「優先的に被差別扱いとされている様相の場合が多い」。

「逆に、日本国・日本人の場合」は、

「優先的に差別する側として置かれている様相の場合が多い」』。

『「つまり、実態としては、

韓国(北朝鮮も含む)や韓国(北朝鮮も含む)人や、

中国・中国人や、

それらに利権をもたらす事が都合の良い政党や機関や人々等の為」の

「情報配信を行い続けて来ている」のが、

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等のお寒い実態・実体」だ』。

『「差別とされる事の多く」は、

「言葉狩りによって、もたらされている」。

「今回の南海電鉄車掌による

内実としては、トラブルを避ける為の日本人向けアナウンス」の「場合」でも、

「恐らくは、テレビ・ラジオ・マスコミ等のお仲間か、操り人形状態である人」が、

「過敏に反応」し、

「言葉狩りを行い、

それを、大手テレビ局等が、率先して取り上げ、

大々的に、差別問題として扱っている」のだろう』。

『「そして、その実効」は、

「多くの日本人が外国人乗客(該当鉄道の場合は、主としてアジア系の人々)に対し、遠慮・容認する事」だ。

「常連出演者の一人」は

「遠慮・容認する事では無い」等と、

「言葉によるコミュニケーションが大切の旨等を言っていた」が、

「何しろ、

下手な事を言えば、

言葉狩りの上、

テレビ・マスコミ等で大々的に取り上げるゾ!」という

「実質的、脅し付きなのだ!」

「大部分の普通の人々がとり得る手段」は、

「遠慮・容認になってしまう」』。

『「言葉狩り蔓延る社会」とは、

「言葉下手を沈黙・萎縮させ易くする、

言葉巧みな連中にとって、非常に都合の良い社会」だ。

「その極致は、言論統制等が蔓延る独裁政権」になる』。

『「戦後の日本国内にいる

元々が、所謂、旧社会・共産圏の実質独裁国家文化と近しい者たち」は、

「未だに、その様な文化を日本国内に蔓延らせる」と「共」に、

「自分たちが、例えば、旧社会・共産圏の国々の共産党要人の様な立場を得て、

自分たちの血統の下に利権を集約させ、

代々貪り続ける事等」でも、

「真剣に考え続けている」のかも知れない』。

『「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈等の手先たち」は、

「日本国や日本国民等による差別を訴え、

日本国や日本国民に謝罪させる事が大好き」だ』。

『「元々、酷い事を行っているが故に、真の自信さえも持てない状態に陥っている者たち」は、

「他の国や人等に謝罪させ、自分たちは謝罪している方より上と思い込む事」で、

「自信を得ようと悪足掻きする場合が少なく無い」』。

『「もちろん、それは、他の者・物・事を巻き込む事で、

実質的には、他の者・物・事に迷惑をかけながら行っている、

代償欲求の追及に他ならない」』。

『「代償欲求の追及では、本来欲求が充足される訳も無い」から、

「この実質的迷惑行為」は、

「代償欲求追及者たちが、改心し、

本来欲求を充足させる事を軸とする健常状態になるまで、

続けられてしまう可能性大」だ』。

『「もちろん、自信問題で、本来欲求充足の為に肝要な事」は、

「本質的に、悪い事をしない事」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他の者・物・事を支配し続けようとしたり、

他の者・物・事に自分を支配させ続けようとする様な、

本質的に悪い事を行い続けている者たち」なら、

「真の自信など持てる訳も無い」のが「現実」だ』。

『「差別等と言える事を、つくり出し、探し出し、

差別等を訴え、

テレビ・マスコミ等で大々的に訴える事で大問題化させ、

他の国や他人等に謝罪させる事等」に

「力を注いでいる暇がある」なら、

「本質的悪事等を行わない様に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事に力を注げば良いのに!」等と

「強く感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「真の世界平和」とは、

「全ての人類が自分で自分を健康にコントロールし続ける事で実現可能になる」。

「人類誰もの

逃れ様の無い

自己責任による選択や行動等の自由等」が

「其処にある」』。

『「他の者・物・事の支配に邁進している世界平和の敵」や、

「他の者・物・事による被支配に安住しようとしている世界平和の敵」が、

「余りにも、多い」のが、

「寒過ぎる現状人間世界の実態・実体」だ』。

『「こんな状態を打破する為」にも、

「全人類の精神文化の正常進歩・正常進化を誘う為」にも、

「情報・教育の正常化・健常化」は「急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

NHKでは、北朝鮮の窮状を伝え、外国人労働者受け入れを推奨しているが・・・。

『「豪雨等による北朝鮮の窮状」の「映像等を見せ付けられれば、多くの視聴者の中」で「北朝鮮は大変だ・・・。とか、北朝鮮を助けた方が良いのでは・・・?等」の「思いが生じ易くなる」。

「そんな情報に、実質的に、繋げて、外国人労働者受け入れ容認論等が流されれば、

多くの視聴者の中」で

「北朝鮮難民を外国人労働者として受け入れても良いのでは・・・等」の「思いが生じ易くなる」』。

『「まるで、近々、起こり得る可能性大」の

「北朝鮮の崩壊を見込んだ、

北朝鮮難民受け入れ容認世論等」を、

「日本国内で、醸成しているかの如き、現状のNHK」には、

「朝鮮系実権者の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「北朝鮮の豪雨等による窮状」は、

「人道的には、救済の手等を差し出すべき事態」だが、

「その人道支援を困難にしている」のは、

「言うまでも無く、北朝鮮の現実権者たちによる核・ミサイル等の愚行」だ。

「人道支援が核・ミサイルの応援に化けてしまう実態がある限り、

心を鬼にして、

人道支援さえも止める方」が、

「北朝鮮問題の解決は早くなる」のが、

「現実」だ』。

『「もちろん、そうすれば、必然的に、北朝鮮の現体制は、何れ、崩壊する」』。

『「北朝鮮崩壊後」には、

「難民がゾロゾロ・・・」というのは、

「戦争等が大々的に行われてしまった場合」で、

「大戦乱等無き体制崩壊」なら、

「多くの難民が出る必然性も無い」。

「体制転換による体制改善により、北朝鮮内にいる事自体が、より楽になるから」だ』。

『「また、

基本的には、

難民を外国人労働者にする必要は全く無い」。

「難民の母国・祖国等が、戦乱状態や独裁支配状態等から抜け出せた」なら、

「基本的には、母国・祖国等に帰るのが当然」なのが、

「難民」だ。

「何処の国でも、難民は、祖国・母国等がまともな状態になるまでの一時保護ダケ」が「適切」だ』。

『「特定の国に偏った難民受け入れ容認策」や、

「難民を外国人労働者にする策」とは、

「その国の人脈による侵略支配等を容易にする道でもある」』。

『「そもそも、労働者不足」とは、

「現代版の奴隷不足に他ならない」。

「現状のインチキ経済システム上」では、

「資本家として金融投資等ダケで生活が出来る人々=現代版の市民」であり、

「実働しなければ生活出来ない人=現代版の奴隷」だ』。

『「現状のインチキ経済システム上」で、

「現代版の市民と奴隷を分けているのは、

社会的身分や立場等では無い」。

「十分な資本となりえる量のお金保持の有無」だ』。

『「現状のインチキ経済システム上」では、

「社会的立場がどんなに有る者たちでも、実働者なら、現代版の奴隷に過ぎ無い」』。

『「医者や弁護士や政治家や企業経営者等々でも、

実働者である限り、現代版の奴隷」だ。

「一般実働者を低級(=低賃金)奴隷とする」なら、

「中級・高級(=中賃金・高賃金)奴隷というダケの話し」だ』。

『「もちろん、こんなインチキ経済システムは、即刻にでも、是正するべき」だが、

「著名な経済学者でさえも、この基本的重大事に十分に言及していない」のが、

「現状人間世界の寒過ぎる実態」だ』。

『「当然、こんなインチキ経済システム上」では、

「ある程度以上のお金を持った人々は、実働しなくなる」。

「そればかりか、最初から、金転がしや者・物・事転がし等の手段で、金ダケを増やそうとする者たちまで多数出る」。

「更に、資本を持つ者を過剰に優位にしているインチキシステム」だから、

「資本界に金が集まり易くなる」。

「金融資本界では金転がしで金を増やす事まで出来てしまっている」。

「現状のインチキ経済システムとは、

必然的に、

金余り(金融資本界)なのに、格差が甚大となり、貧困だらけになるシステム」だ』。

『「そんなインチキ経済システム上」では、

「何処の国でも、必然的に、何れは、少子高齢化や学歴格差状態社会となり、

必要現代版奴隷が不足する状態に陥る」。

「自国内で必要現代版奴隷等が不足しているなら、

国境線を下げて、

後追い国等から、

必要現代版奴隷等を雇いたくなる」のが、

「現状経済システム上で

自分の下の金膨らましを

行いたがっている多くの経営者・株主等の思い等」だ』。

『「グローバル化や外国人労働者等容認論(移民・難民受け入れ労働者化も含む)」が、

「現状既得権益グループであるテレビ・マスコミ等によって、大宣伝される裏」には、

「相応のベースが在る」』。

『「人類の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った絶対評価では無い」、

「人々の考え・思い上の納得や、

需要と供給等の場当たり的な実現象に、

経済評価を任せてしまっている現状のインチキ経済システム上」では、

「金転がしや者・物・事転がしも仕事」であり、

「バブルでも景気が良くなり、

内実が在っても、不景気等なら倒産等の事態に追い込まれる場合も少なく無い」』。

『「インチキ経済システム上の経済による比べっこ支配権争い」というのが、

「現状人間世界の精神構造の骨子」だが、

「その精神構造故」に、

「人間世界が行き詰っている」ばかりか、

「人類滅亡までもが見え隠れしている」のが

「現実」だ』。

『「地球環境問題は、壮絶な程、悪化し続け、

経済による比べっこ支配権争いより前の精神文化である

武力による比べっこ支配権争いも、

未だ、終息していない」。

「比べっこ支配権争いという根本精神構造から卒業出来ていないから」だ』。

『「精神文化の正常進歩・進化が行われている状態から、

遥かに遅れている精神文化上に在る」のが、

「北朝鮮等(何しろ、未だに、武力による比べっこ支配権争い状態なのだから!)」だが、

「少々前にいる、所謂、先進諸国でも、

何しろ、未だに、経済による比べっこ支配権争いの真っただ中なのだから、

決して、誇れる状態では無い」のが、

「現実」だ』。

『「こんな寒過ぎる人間世界の実態を、

ブレークスルーする為」に、

「どの様な情報を配信する事が有効なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「北朝鮮系の者たち」は、

「祖国・母国で苦境に喘いでいる親類縁者等を救う事等に傾注している」かも知れないが、

「そんな時代遅れの事をやっていても良い時代」は、

「とっくの昔に終わっている」』。

『「人類全体の大問題を、正当に解決する事無し」に、

「人類に長い~永い未来は、在り得ない」。

「特定人脈への利権誘導論等」を

「公共の電波を使って大量配信している暇がある」のなら、

「もっと、人類の精神文化の正常進歩・正常進化に役立つ情報配信を行うべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、米大統領選問題をダシに常連出演者等が劣悪論等を述べていたが・・・。

『「米国でも日本でも、テレビ・マスコミ界等」では「クリントン支持派が多い」のは「ある意味、当然の現象」だ。

「現状のテレビ・マスコミ界」とは

「クリントン氏同様の既得権益グループに他ならず、

テレビ・マスコミ界の者たちが、自分たちの利権を保持し続ける為」には、

「現状と同様の政治を行う米大統領の方」が「都合が良い」』。

『「米国でも日本でも、

テレビ・マスコミ界の者たち」は、

「自分たちの利権維持~拡大等の為」に、

「トランプ氏を悪者扱いし、クリントン氏を応援している様相が露呈している」』。

『「米国では、テレビ等による偏向・偏重情報配信が合法である事」を、

「羨ましがっていた日本のテレビ常連出演者等の実態」からも、

「現状のテレビ界等の者たちが、何をやりたいのか?等」が

「良く判る」』。

『「テレビ・マスコミ界の利権を維持~増大させたり、

テレビ・マスコミ界にとって

都合の良い

政党や政策の

大衆支持状態を

つくり出す為」の

「大衆誘導等を行う為」には、

「偏向・偏重情報の配信に対する、法によるお墨付き」は、

「非常に好都合になる」』。

『「ファクト情報の配信」にしても、

「例えば、

クリントン氏側にとってのネガティブファクトは黙殺」し、

「トランプ氏側にとってのネガティブファクトは積極的に配信する」様な

「偏向・偏重配信状態」なら、

「ファクトの価値が下がるダケ」だ。

「ファクト配信の肝」は、

「実体や事実・現実通りの原寸大報道」に他ならない。

「ファクト情報について論じる」なら、

「このあたりの本質等」を

「先に、大衆周知していなければ、

お話しにならない」』。

『「ところが、常連出演者等」は、

「本質の大衆周知抜き」に、

「トランプ氏側のネガティブファクトスクープ等」を

「大讃美状態だった」のだから、

「本当に、

劣(上記の様な本質さえ???なら)

悪(上記の様な本質は分かっているのに、トランプネガティブファクト偏向問題を意図的に言わなかったのなら)」だ』。

『「原寸大報道で言う」なら、

「性別を問わず、元気な性欲保持者なら、決して少なく無い数の人々が、

口にした事がある筈」の

「過激なロッカールーム等発言」の

「実態から報道するべき」だ。

「決して少なく無い数の人々が口にした事がある筈の発言」を、

「さも、トランプ氏だけが言うかの如く扱い」、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶり、批判・非難する」のは、

「偏向・偏重加工等をするなら、簡単な事」だ。

「その様な手段で、

大マスコミやテレビ等が、

公然とトランプ氏を非難する事」も

「現状では簡単な事」だ。

「こんな劣悪な既得権益文化を維持する為」には、

「既得権益グループのクリントン氏を大統領にした方が合理的になる」』。

『「本来非難されるべき」は、

「オフレコ発言を、

実質的には、

政治目的で、

大衆誘導の為に、

偏向公開した事」に「他ならない」』。

『「偏向・偏重情報配信や大衆誘導等が容認される」なら、

「テレビ・マスコミ界による人民支配等が容易になる」。

「ナチス・ヒトラーを非難し、その歴史から学んでいる」なら、

「大衆誘導は絶対悪として禁止するべき事」だ』。

『「自由主義は結構」だが、

「大衆誘導の自由も、殺傷の自由も、経済的分捕りの自由も、・・・何でも、自由・・・」では、

「ちゃんと

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した

情報・教育・政治・法・社会体制等が

主流として実用される状態になっていない限り」、

「酷い人間社会状態になってしまう」のは「当然の現象」だ』。

『「共和党重鎮と言われている人々」が、

「トランプ氏のオフレコロッカールーム発言問題を理由」に

「トランプ氏を支持しない旨公言し始めていると報道等されている」が、

「その内実」は、

「既得権益グループでは無い、成り上がり者のトランプ氏を大統領にする」と

「自分たちの既得権益も危なくなるかも知れない」から、

「政党は違えど、同じ既得権益グループの

クリントン氏」に

「鞍替えする事を公然化する為の理由」として、

「都合の良い、

大衆騙しキッカケ情報等として、

利用しているダケ」だろう』。

『「現状人間世界」には、

「既に、はっきりしている事が在る」。

「現状の既得権益グループによる人間世界運営リード」は、

「失敗している事」だ』。

『「地球温暖化」も、

「金余りなのに、格差甚大で、貧困だらけ・・・問題」も、

「未だに、無くせない、戦争・テロ等」も、

「世界各国各地で、未だに、起こり続けている殺傷事件等」も、

「皆、

現状の既得権益グループが、リーダーシップを取り、使い続けて来ている

{科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用していない}精神文化故の現象」だ』。

『「所謂、文系、或いは、精神文化側」の

「未だに、考え・思いによる納得レベルに執着している既得権益グループにリーダーシップを取らせ続けていたところ」で、

「この人類の大問題」は、

「解決出来得ない」。

「言うまでも無く、

政治も

経済も

所謂、文系や音楽や芸術等の多くも、

人類の精神文化」だ』。

『「現状人間世界」では

「多くの人々が、上記の様な事」を

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、

実感している」。

「世界中で、現状脱出欲動が渦巻き、

その一つの象徴現象として、

現状既得権益グループ以外のリーダーが求められる実態も

続々と生まれている」』。

『「上記程度の本質さえ、ロクに言えない」のが、

「現状の文系既得権益連中の劣悪な実態」だ。

「それなのに、未だに、優等生ぶり、正義ぶり、

あたかも正論は、自分たちの下にあるかの如き、

実質的には、保身や利権の維持~増大等の為のインチキ劣悪論等を、

テレビ・マスコミ上等で、

堂々と公言出来ていたりする」』。

『「その厚顔無恥ぶり」は

「正に、お見事!」だ。

しかし、

「内実」としては、

「その厚顔無恥連中によるテレビ・マスコミ等情報の専有状態等」により

「人類の精神文化の正常進歩・正常進化が阻害されている」のだから、

「是正は、急務」だ』。

『「民主主義国家等の政治界」には、

「政権交代が可能な仕組みが有る」。

「ところが、民主主義国家等でも、

テレビ・ラジオ・マスコミ界等には、

実質的な人脈交代が無い」。

「その上、偏向・偏重情報の一方的大量配信や、実質的、大衆誘導等まで、

実質的に、容認されている」。

「それは、テレビ・ラジオ・マスコミファシズムを可能にする、非常に危険な事」だ。

「即刻、是正するべきである事」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

野党や韓流テレビ・マスコミ等が稲田防衛相を攻める訳・・・。

『「毎年、8月15日に靖国神社への参拝を欠かさなかった稲田氏」の「防衛大臣就任」を「真っ先に、嫌った」のは「中国共産党や、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈の者たちだった事」は「記憶に新しい」』。

『「一般日本国民の感覚」では、

「保守や所謂、右翼=ダメ!!劣悪!!!

革新や所謂、左翼、(その内実は、親韓・親北朝・親中共等)=良い!!路線」には、

「大いに違和感がある」』。

『「日本より、

韓国や北朝鮮等の権力者の下の韓国(北朝鮮も含む)や

中国共産党支配下の中国の方が良いとは、

とても思えないから」だ』。

『「ところが、野党や、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報や教育等の多く」は、

「所謂、左翼(その実態・実体は、親韓・親北朝・親中国共産党等)=正義

&所謂、保守・右翼等(その実態・実体は、本来の日本人脈等)=悪」という

「異常状態」だ』。

『「その延長線に生まれている」のが、

「現状の{稲田いじめ}」だ』。

『「{稲田いじめ}を行え!」等と

「命令・指令等を出している者たちの意の下」で、

「野党も、韓流テレビ・ラジオ・マスコミ等」も、

「一斉に、同様の{稲田いじめ}」を

「行っている様相」が「露呈させている事」は、

「それらの人脈の繋がりの濃さ」等だろう』。

『「つまり、

日本国内の、

日本の政党や、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等であるにも関わらす、

実際に行っている事は、

利韓(北朝も含む)や、

利中共等という」のが、

「野党や一部テレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」だ』。

『「何故、その様な実態を露呈しているのか?」

「普通に考える」なら、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等」の

「指令や要望や強制に応じる手下等故」だろう』。

『「日本の中の反日国悪権力者人脈の実態・実体」が「其処に在る」』。

『「日本の情報・教育界等が反日人脈に乗っ取り支配されている実態」が、

「其処にも露呈している」』。

『「稲田防衛相の8月15日靖国参拝」を、

「実質的に、邪魔した」のは、

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈や、

中国共産党」に他ならない』。

『「白紙領収書問題」にしても、

「支払い側の白紙」と、

「領収側の白紙とでは全く意味が違う」』。

『支払い側の白紙』は「経費等誤魔化し取得・不当節税・脱税等目的の悪意の下の場合が多い」が、

「領収側の白紙」は、

「下手をすれば、自分で自分の首を絞める愚行」になる』。

『「普通に考える」なら、

「事務手続きを楽にする為等」の

「善意が基の、些細な問題、もしくは、問題にならない問題等」なのが、

「領収側の白紙」だろう。

「領収側の白紙」には、

「白紙領収証を受け取った側がとんでも無い金額等を申告してしまった場合等の危険性も包括している」。

「信用出来ない相手に、白紙領収証など発行出来る訳も無い」』。

『「この手の問題で責めるべきところがあるとする」なら、

「白紙領収書自体を禁止出来ていない現行法や現行の社会実態等」になる』。

『「責めるべき実体を責めず、

与党大臣等、特定の人を責める道具にしている、

野党や野党シンパのテレビ・マスコミ等」の

「目的や劣悪ぶり等」は、

「もはや、明らかだろう」』。

『「そんな劣悪なモノに騙される」と、

「かつての民主党政権成立の様に、

多くの日本国民にとって自虐事態が実現してしまう反面」で、

「日本の劣悪や自虐を強いる事で漁夫の利が得られる、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈や、

中国共産党等にとって、

都合の良い事態」が、

「日本国内で作り出されてしまう事になる」』。

『「今、稲田攻めを行っている連中の実体」は、

「反日国でもある、中国共産党や、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈」の、

「日本国内の手先等」と

「強く推定出来る」』。

『「そんなモノたち等」に、

「何時までも、

日本国内で、

力を与え続ける必要は全く無い」』。

|

フジの午前番では、過激論と劣悪論の区別さえ付けられない常連出演者等がおバカ論を公共の電波上でまき散らしていたらしいが・・・。

『「本日のフジの午前番では、人工透析をされている方々に対する暴言ブログアナ問題」を「ダシ」に、

「該当ブログ内容」を「過激として、視聴者に捉えさせようとしていた」らしい。

「もちろん、言うまでも無く、該当ブログ内容で、問題とされるべき実体」は、

「その劣悪さ」であり、

「過激さ」では「無い」』。

『「過激」や「ジェントル」とは、

「上辺の要素」に「過ぎない」』。

『「上辺の

表現方法や

ルックスや

社会的立場等に

過分な価値や力等を与える」と、

「上辺の要素で、

多くの視聴者・読者・人民等を操る事等」が、

「より容易になってしまう」』。

『「それは、非常に危険な事」だ』。

「問題とされるべきは、内実」であり、

「断じて、上辺では無い」』。

『「それなのに、

フジ午前番では、

内実では無い、

上辺論を公共の電波上で一方的に大量配信していた」らしい』。

『「過激やジェントル等の表現方法問題」は、

「内実とは全く別に論じられてこそ、

その本質も露わになり易く、

論も深め易くなる」』。

『「該当ブログ内容」は、

「内実として、劣悪だから、非難に値する」のであって、

「その過激さ」は、

「巷によくある暴言程度なのが、実態」だ』。

『「公共の電波上等で、過激表現等を、非難する事」は、

「萎縮社会」や、

「上辺ダケ整っている、息の詰まる社会」等を、

「誘う為には、非常に有効」になる。

「その裏」で、

「ジェントル表現等を基にした、

詐欺や

マインドコントロールや

人民支配等」を

「より容易にする」。

「何故なら、多くの人々の興味」が、

「上辺の要素に傾注させられているから」だ』。

『「その様な状態」は、

「独裁体制の国々の権力者たち」や、

「ジェントル表現が得意な、テレビ常連出演者等にとっては、

非常に都合が良い状態」だろう。

「何しろ、

内実が、劣悪であっても、

上辺免罪符により、

その大部分が視聴者・人民等に容認され易くなる」のだ』。

『「逆に、例えば、上辺に傾注しない、論の内実に傾注する視聴者・人民等が大部分」となれば、

「問われるのは、内実の優善/劣悪等となる」から、

「上辺ダケ等」では「重用・信任等され辛くなる」』。

『「上辺に拘らせる事等により、

人民支配を行っている独裁政権等は、

より崩壊し易く」なり、

「常連出演者等を決めているテレビ界の実権者等」も、

「常連出演者等に、

ジェントルにご都合論を語らせ続ける事」で、

「自分たちの都合や利権等を大衆に容認させ続けさせる事等が困難になる」』。

『「現状の、武力にしても、経済にしても、ルックス等にしても、比べっこ支配権争い精神文化の劣悪さ」を、

「ちゃんと理解・把握・認識」し、

「その劣悪な精神文化からの正常進歩・正常進化の必要性」を

「強く、意識的かつ積極的に捉えている、今時の普通の人類」なら、

「下劣な、上辺拘らせ論などを、

公共の電波上で大々的に言う事等は、

恥ずかしくて出来得ない筈」だ』。

『「下劣な上辺拘らせ論等を平然と言えている常連出演者等」と

「該当ブログアナの違い」は、

「上辺のジェントルさや

上辺に拘らせられている視聴者・読者等への受け入れられ易さ程度」というのが、

「内実」だ』。

『「何れにしても、

内実が下劣な者たちに、

過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「テレビ界・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、相変わらず劣悪な、基礎研究冷遇問題等に対する論を配信していたが・・・。

『「日本の防衛軍事研究等が進んで困る」のは「日本の乗っ取り支配や侵略等を考え・実行している反日国やその手先の工作員等」と「相場は決まっている」。

「今時、防衛軍事研究の優遇ダケを責める論等を風潮」すれば、

「直ぐに、その論配信等の目的や思惑等もバレてしまう」。

「そこで、先ずは、ノーベル賞受賞者の弁を用いて、

昨今の日本の基礎研究部門等に対する冷遇ぶり等」を

「優等生的に訴える」。

「その後で、基礎研究は冷遇されているのに、

防衛軍事研究は、優遇されつつあるゾ~!等」と

「やれば、

如何にも、防衛軍事研究の優遇が悪い様なイメージ」を、

「視聴者等が抱きやすくなる筈・・・」等の

「思惑等」は、

「既にバレバレ」だ』。

『「言うまでも無く、

防衛目的であれ、他の目的であれ、

基礎研究は基礎研究」だ。

「応用研究や実用研究を優遇する為に、

基礎研究を冷遇する事の是非を論じる」のが「通常の話し」だ。

「防衛軍事研究を持ち出して、基礎研究の冷遇問題を言う」のは、

「通常の話しでは無く、思惑が乗っている話し」と

「少し、冷静に考えるなら、誰もが分かる」』。

『「所謂、文系冷遇問題も語っていた」が、

「未だに、哲学とか宗教とか言っている様」では、

「お話しにならない低レベルぶり・・・」だ』。

『「所謂、文系の冷遇」は、

「所謂、文系の分野で、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用し、

有用な製品を生み出す事や、

その基の理論構築等が、

余りにも、疎かであるが故の現象に他ならない」』。

『「所謂、理系並み」に、

「人類の精神文化等の急速な進歩・進化の実現」に「貢献出来ている」なら、

「実有益な、文系が冷遇される訳も無い」』。

『「文系冷遇を嘆いている暇があるのなら、

実面での有益度合が余りにも酷い現状の文系自体を直すべきである事」は、

「少し考えるなら誰でも分かる事」だ』。

『「所謂、理系並みに、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用すれば、

実のある急速な進歩・進化も可能になる」のだから、

「未だに、哲学だの、宗教だの、・・・等々言っていないで、

サッサと、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した

人類の精神文化面での理論や学問体系等を構築すれば良いダケ」だ』。

『「例えば、

誰にでも、実関係があるが故に、実感を持って分かり易い誕生・死や死生観等からでも、

始めてみれば、

文系を冷遇しない事のメリット等」も

「よく分かる筈」だ』。

『「軍事とか戦争とかテロ等々」も、

「人類の精神文化の正常進歩・正常進化が

余りにも、阻害され続けて来ているから起こり続けて来てしまっているが故」の、

「問題現象」だ』。

『「つまり、気にすべき」は、

「軍事か?否か?等では無く、

人類の精神文化の正常進歩・正常進化が、

十分に早く行えているか?否か?」に他ならない』。

『「ところが、反日他国の日本侵略や日本乗っ取り支配等を応援する為か(?・・・一応つけておく)、

未だに、防衛軍事研究等のちょっとした優遇」を

「視聴者に、大問題視させようとしている様相の情報配信をしていた」のだから、

「本当に劣悪」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

「介護殺人温情判決問題」と「日弁連死刑廃止求め宣言」・・・。

『「現実」としては、「裏の事情はどうあれ、殺人は、殺人以外の何モノでも無い」。

「ところが、現行の司法界」では、

「裏の事情等にかなりの実権が与えられた判決が出る事も稀では無い」』。

『「例えば、介護殺人等の事例の場合」には、

「温情判決が下されている場合が多い」』。

『「まるで、かつての姥捨て山精神文化の現代版の様な、介護殺人温情判決」は、

「その裏」で、

「例えば、弱者等殺傷正当化論等への力添えも行ってしまっている」のが、

「現実」だ』。

『「個人レベルの介護殺人に温情判決が出せる」なら、

「社会レベルの弱者等殺人にも温情判決や容認論等が出ても、然るべき」等と、

「考え得る」のは、

「至極当たり前の話しにもなり得てしまう」のが「現実」だ』。

『「つまり、殺人に対する温情判決」は、

「実態・実体として」は、

「殺傷容認観の醸成に力を加える悪行以外の何モノでも無い」』。

『「基本的に、殺人は、殺人として、裏の事情など全く別に、絶対悪として、扱うべき」だ』。

『「ここで重要な事」は、

「意図的殺人か?否か?」であり、

「現実に基づいた、事故と事件の正当な区別」だ』。

『「言うまでも無く、絶対悪とされるべき殺人」とは、

「意図的殺人」だ。

「意図的殺人の中」を、

「実体通り理解・把握する」と、

「意識・無意識の問題に直面する事になる」』。

『「意識・無意識の問題の裏に在る」のは、

「その者の生育社会環境や、情報・教育や、自覚等の能力等々」だ』。

『「絶対悪である殺人を引き起こす原因」を

「特定個人にダケ求める事」は、

「この実態・実体からも、現実離れしている」』。

『「ここで、生育・生活社会環境や、情報・教育等々の問題」を

「免責」とし、

「該当者の自覚能力等ダケに偏向」して

「判決を出す」と、

「厳罰等が生まれる事になる」』。

『「逆に、生育・生活社会環境や、情報・教育等々の問題の責任を大きく取る」と、

「温情判決等が生まれる事になる」』。

『「介護による負担等が認められている温情判決の場合」は、

「個人責任というより、社会責任も大きい面がある」と

「認定している様なモノ」だ』。

『「本来、その旨までも、ちゃんと判決に盛り込んでいてこそ、

相応に、温情判決が正当化される事になる」』。

『「ところが、現状の酷い報道界等」では、

「判決が、社会責任等にまで言及している事」を

「ちゃんと伝えている場合」は、

「それ程多く無い様」だ』。

『「そうなると、実質的、社会に対するメッセージ」と「なってしまう」のは、

「現状人間社会上で所謂、弱者的立場に在る者たちの殺人なら、免責度合が高くなる」等になる。

「つまり、現状の一部判決内容や、多くの報道情報等」が、

「人々が、所謂、弱者殺傷容認観等を保持する事」に

「力を加えてしまっている」のが、

「実態・実体」だ』。

『「社会責任等の言及無き、

現状で弱者扱いされている者の殺傷に対する、

温情判決の報道情報等」は、

「実質的」に、

「弱者殺傷等のハードルを下げる悪魔の呪文」でもある』。

『「殺人は絶対悪」だ。

「この当たり前の原則からすれば、死刑とは、国家権力等による殺人以外の何モノでも無い」から、

「絶対悪の一つに他ならない」』。

『「何故、殺人は絶対悪なのか?」

「現実」として、

「人類誰もが、存続の為の殺欲動は保持している」。

「他の生物を殺し続け、食べ続けなければ、人類生体の存続は出来得ない」のが、

「現実だから」だ』。

『「しかし、人類は、人類を殺し、食べる必要が無い」。

「殺欲動は、誰もが保持していて当然な欲動」だが、

「殺人欲動は、誰もが持つ必要の無い欲動」だ』。

『「人間同士の関係等で殺したくなる事が生まれても、

殺すべきは、その事に過ぎず、

その事を保持していたり、

体現していたり、

・・・する者丸ごと一人では断じて無い」』。

『「殺すべきは、殺人欲動や殺人事態」であり、

「他の人」でも、

「殺人を犯してしまった者でも、無い」。

「他の人や、殺人を犯してしまった者を殺す事」は、

「殺人の肯定でもある」』。

『「人の誕生・死が細胞ごとの現象である事等が、科学レベルで判明している今日」では、

「国家権力等による殺人に過ぎ無い、死刑を葬り去る流れが、主流に成りつつある」。

「極めて、当たり前の現象」だ』。

『「被害者遺族の{感情・思い}等では、

加害者を殺したい{感情や思い}が生じている場合も、

決して少なく無い」。

「しかし、それは、{感情}であり{思い}」だ』。

『「{感情}や{思い}は、感情や思いとして、問題解決する」のが、

「今時の人類の当たり前」だろう』。

『「人の誕生・死は、細胞レベルの現象」であり、

「人は、自らの存続の為に、他の人を殺して食べる必要が、基本的に、全く無い」のだ』。

『「人類なら、誰でも、生体本能レベルで惹き合っている異性同士の如く、

感情や思いレベルより深いの要素が働く場合」も、

「有る場合が多い」。

「何故なら、それは、細胞レベルでの存続に関わる重大事だから」だ』。

『「人類誰もの基本的現実である、細胞ごとの誕生・死」という「現実」と、

「人類も含む地球生命体細胞群の基本的目的である存続の為の欲動」にこそ、

「人類誰もの基本が在る」』。

『「そして、人類であるが故に、その理解・把握・認識・自覚等が非常に重要」だ』。

『「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している生体」を

「丸ごと一人レベルで、殺傷する事」には、

「基本的に、正当性は在り得ない」。

「人類の世代交代は、種の保存であり、個の保存では無い」が、

「人類全体としての、種の存続の健常性を損なう者・物・事」は、

「明らかに、悪質」だ』。

『「地球環境破壊」も、

「特定血統等の存続をより優位にする悪業等」も、

「自分の実体やその実体の本来の目的に叛く、

悪劣業であるが故に、

人類が存続するなら、

衰退し、葬られるべき事以外の何モノでも無い」』。

『「温情判決で涙を流している暇がある」なら、

「温情判決の生みの親でもある、酷い、人間社会状態等を是正するべき」だ』。

『「国家権力等による殺人以外の何モノでも無い死刑の廃止」は、

「当然」だが、

「死刑を廃止しても、多くの人々が不満を抱かない人間社会の構築」は、

「死刑廃止より、もっと先に、実現されて然るべき事」だ』。

『「人間社会のベースでもある、

本能レベルで健常な、

健常世代交代の実現を阻害している、

ルックス、経済、権力、体力等偏重主義、

比べっこ支配権争い精神文化の人間社会」は、

「早々に、

本質探求万人快適実現精神文化の人間社会へ」と、

「正常進化させられるべき」だ』。

『「全ては、一人一人の、意識的かつ、積極的な選択の集大成」だ。

「人類滅亡に力を加える」も、

「地球生命体細胞群の存続~永続に力を加える」も、

「個人個人の自己責任判断による事」だ』。

|

テレ朝朝番では、「ゴネ得狙い、クレーマーの権化」の様な常連出演者たちが、「運動会もう一度やれ!」とんでも親たちを正義ぶって責めていたが・・・。

『「公共の電波上で、日頃から、特定極一部の者たちに都合の良い、偏向・偏重イメージや偏向・偏重論等を一方的に大量配信し続けている{超}ゴネ得狙い・{超}クレーマー等」は、

「本当に醜悪」だ。

「そんな醜悪情報が公然化し、蔓延れている状態」の「現状日本社会」で、

「小規模クレーマーたちが、頻繁に生まれる」のは、

「ある意味、当然の現象に過ぎ無い」』。

『「政治的偏向のある者たち」は、

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関まで私用」する、

「{超}クレーマー」と「化している」。

「例えば、所謂、保守悪~!・所謂、保守大臣悪~!」や、

「所謂、左翼善良!・所謂、左翼クリーン!」等の

「偏向・偏重イメージ情報等を一方的に大量配信し続けて来ている」、

「{超}クレーマー」と「化している」。

「そして、

所謂、左翼方向への大衆誘導等」の

「{超}ゴネ得」等を

「貪ろうとし続けて来ている」』。

『「今回のとんでも親たちによる、悪行」を「ダシ」にした、

「常連出演者たちの正義・優等生・紳士イメージ等の増大術」も、

「実質的には、

多くの視聴者に

常連出演者たちを

善良等と思わせる事によって、

上記の様な本質を

誤魔化し続ける為」の

「一つの煙幕等に過ぎ無い」』。

『「実際」は、

「常連出演者等」は、

「主として、

所謂、左翼・朝鮮系等の人脈の利権増大に繋がる様に、

偏向・偏重イメージ論等を語っている・語らせられている」のだから、

「内実が、上辺の善良イメージとは程遠い事」等は、

「冷静に、実体を見るなら、誰もが分かる事」だ』。

『「ところが、特定極一部の者たちばかり・・・の常連出演」により、

「視聴者は、多くの常連出演者を、否応無し&知らず知らずの内に、覚えさせられている」。

「人間誰しも、

自分が覚えた者・物・事=自分の脳細胞神経ネットワーク内に実在している、自分の一部」だ。

「善良イメージも覚えさせられていれば、

常連出演者や、常連出演者が語る論等を否定する事」は、

「困難になり易い」。

「自分の一部である善良である筈の常連出演者が言う事」等と

「捉え易くなってしまっているから」だ』。

『「本日の番組内実」では、

「とんでも親たちの悪行をダシ」に、

「所謂、左翼政党の支持母体の一つでもある、

日教組等に所属している、

所謂、左翼系教師も多い、

学校教師側」が、

「より力を持ち易くする事等を

容認する人々」を

「増大させる事に有益な情報まで

常連出演者の一人が語っていた・流れ上で語らせられていた」のだから、

「番組制作者等の本当の思惑等」は「バレバレ状態」だ。

「その後で、別の常連出演者が、

ワザとらしく、

学校もサービス業等」と

「小さめの声で言う、

偏向じゃない事を装う策付き」でも、

「多くの視聴者が、番組内容から得てしまい易いイメージ」は、

「学校教師側は、もっと、力を持っても良い・・・等の筈」だ』。

『「以前から、

所謂、左翼人脈・朝鮮系人脈の者たち等を偏重し、

それらの人脈の者たちの利権増大を図り続けて来ている

{超}クレーマー、

{超}ゴネ得狙い者たち」は、

「即刻、日本の公共の電波を使える仕事から退かされるべき」だ』。

『「思想信条の自由」は、

「誰もに認められている正当な権利」だが、

「公共の電波を使って、

偏向・偏重・イメージ情報等による、

大衆誘導等を行う事」などが

「容認され続けていて良い訳が無い」』。

『「巷の{小}クレーマー・{小}ゴネ得狙い者」等を「激減させる為」にも、

「公共の電波を使った{超}クレーマー・{超}ゴネ得狙い者」等に

「応分の罪と罰を与える事」等は、

「非常に有効」だろう』。

『「先ずは、多くの視聴者・読者等」が、

「{超}クレーマー・{超}ゴネ得狙い者」等の

「実体」を

「理解・把握する事」等により、

「{超}クレーマー・{超}ゴネ得狙い者」等の

「操り人形状態を脱し、本来の自分を取り戻す事」が

「非常に重要」だ』。

『「朝鮮人差別」には「敏感に反応するテレビ・マスコミ界等の者たち」の「中には」、

「日本人差別」を

「平然と行っていたりする者たちもいる」と、

「強く推定出来る」』。

『「何故なら、

日本国内に少なからず居る筈

(何しろ、日本全国各地から多数の日本人を拉致なのだから!)」の、

「拉致実行犯や拉致協力者等、

北朝鮮等の手先となっている者たち」の

「告発さえ満足に行って来ていない」。

「そんな実態が示唆している事」は、

「もしかすると、テレビ・ラジオ・マスコミ界にこそ、実行犯や協力者等がいるのでは・・・?等の事」にもなる』。

『「反日他国の手先人脈の者たち」が、

「未だに、行い続けている様相」の

「日本国内の電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な工作活動等の

告発等も、

満足に行って来ていない」。

「そんな実態が示唆している事」は

「もしかすると、テレビ・ラジオ・マスコミ界等の人脈の者たちが、工作活動を行っているのでは・・・?等の事」にもなる』。

『「もちろん、それらの対日工作」は、

「日本人を差別的に狙って行われている」と「強く推定出来る」』。

『「工作活動の告発等を満足に行わない事」等は、

「実質的に、強烈な日本人差別でもある」』。

『「何れにしても、テレビ界・ラジオ界」の

「実権者人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

『「日本の情報・教育界等」が、

「何時までも、

所謂、左翼&朝鮮系偏重、戦後処理」故の

「負の遺産状態」で、

「良い訳は無い」』。

|

ある程度以上現状で恵まれたが故に、現状に媚びちゃっている様相の超大バカアナ等は、未だに、上から目線で、低俗レベルのモノを言う恥さらしを続けていたりする・・・。

『「有名人利権を貪る事の異常性や愚かさ等さえ???の者たち」は

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」に「他ならない」』。

|

テレ朝昼番では、「小池都知事の言葉遣いが上手い!」等と公共の電波上での小池賛美をやっていたので本当に呆れた・・・。

『「言うまでも無く、都知事として賛美されるべき事」は「真に都民の為となる政治を行う事」だ』。

『「都民ファースト」等々の

「耳障りの良い、大衆の興味を惹き付け易い、言葉を発して来ている事など」を、

「公共の電波上で賛美している事」とは、

「本当に、酷い、小池都知事偏向・偏重扱い」に他ならない』。

『「上辺の言葉遣いの上手さ等」が「賛美される」なら、

「それこそ、詐欺師たち等」でも、

「大讃美されて然るべき」になる』。

『「しかし、もちろん、詐欺師たち等が賛美される事は無い」。

「何故なら、

上辺の言葉遣い等は上手くても、

行っている事が犯罪だから」だ』。

『「賛美すべきは、上辺の言葉遣い等では断じて無い」。

「政治家なら、

政治実態・実体等が、賛美に値する場合に賛美する」のが

「公共の電波上等での、健常な情報配信」だ』。

『「公共の電波を使っている大テレビ局」が、

「小池都知事」等、

「特定極一部の政治家等を、

事あるごとに、悪戯に、賛美する事」等は、

「小池都知事等、賛美された政治家等」の

「実権や、他の者・物・事に対する支配力等」を、

「強め易くする」』。

『「実質的には、情報工作による大衆誘導」だ』。

『「それは、ヒトラーと当時のドイツ国内のラジオ」と「同様」だ。

「偏重・偏向情報等情報工作による、大衆誘導」は、

「ナチス・ヒトラーの歴史からちゃんと学んでいる大戦後の情報配信機関」なら、

「絶対に行ってはいけない事」だ』。

『「ところが、未だに、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「実質的、大衆誘導により、

特定極一部の者等の

利権等を強める

悪態を露呈し続けている」』。

『「ナチス・ヒトラーに同調する証」が、

「逆卍マークと、ハイル・ヒトラー!」なら、

「選挙時の小池候補に同調する証」は、

「(アルファベット7文字目のGから始まる)グリーン」と、

「コイケ!」だった』。

『「当選~都知事就任後」は、

「まるで、

かつての民主党政権時の強権小沢幹事長の如く、

持っている権利を最大限使うゾ!等」の

「実質的、脅しの下」で、

「強権的政治を行い続けている」』。

『「更に、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等まで、使うゾ!使えるゾ!」等と、

「味方に付ける事が出来ている」のは、

「元々、テレビ上がり」の

「テレビ・マスコミ等が、実質的に担いでいる、政治家だから」だ』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「自分たちの人脈の都知事」を、

「テレビ・ラジオ・マスコミ族自らの為に、応援し続けている様相」だ』。

『「本当に酷い実態・実体」が「其処にある」』。

『「石原元都知事への{公開}会談を、石原氏が断った」のは、

「極めて、当然の事」だ。

「豊洲問題では、

政治的機微に触れる事や、

補償問題等の実裁判時にかかわりうる事等々までも、

話さない限り、

真相は歪められた状態で伝わり、

誤解されてしまうダケになる可能性大」だ。

「公開では、言えない事を言えず、誤解されるダケ」なら、

「会談自体が、本質的に無意味、或いは、有害になる」。

「石原氏が、公開を断る」のは、

「極めて当然」だ』。

『「政治家として、

この程度の事さえも、

満足に理解出来ていない様相」なのが、

「小池都知事の実態」だ』。

『「小池都知事のお仲間と強く推定されるテレビ等」でも、

「何でも公開こそが、正義!」等と、

「嘯き続けている」』。

『「何でも公開すれば、実質的には、弱点や仕組み等も公開されてしまう」から、

「例えば、反日悪人脈等による攻撃も容易になる」。

「鍵メーカーと鍵ナンバーが分かれば、約9割の鍵が複製出来てしまう事態」と

「同様の事態」に

「都政等が陥らされてしまう事になる」』。

『「何でも公開にある」のは、

「反日工作援助等」であり、

「都民ファースト等では無い」』。

『「盛り土無し絶対悪論」も

「本当に、酷い」』。

『「豊洲問題で重要な事」は、

「安全か?否か?」だ。

「盛り土無しでも、{実}安全」なら、

「悪戯な移転先送り・停止・調査等による{実}損の方が、

遥かに、大きな悪になる」』。

『「{実}危険だった」なら、

「豊洲問題」で、

「テレビ・マスコミ等が散々騒ぎ、

豊洲悪風評をまき散らし、

小池都知事が強権により移転先送り等した事」も、

「相応に、評価されるべき事になる」が、

「{実}安全だった」のに、

「情報開示不足等を理由にした、

強権移転先送り等により、

散々な{実}損を出した場合の責任追及」は、

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「調査こそが、

公開の下で、

多様な人脈により、

公明正大に行われるべき事」だ。

「特定極一部の者たち」による

「非公開調査や、その結果発表」には、

「{実}が歪められている可能性が常に付き纏っている」』。

『「因みに、

医療器械等による測定結果」は

「参考資料」だ。

「測定結果=診断とは成り得ない」。

「その参考資料も考慮した、医師の判断が重要」になる』。

『「異常データが出た場合、先ず、疑うのは、機械や調査側・・・」というのが、

「医療機械現場の当たり前だった時代は、それ程、遠い過去では無い」』。

『「環境調査等でも、事態は全く同様」だ。

「測定結果が使用可否等の判断に直結する場合」とは、

「正当で正確な測定方法で、

何回測定しても、

使用不可である事等が自明な場合くらい」だ』。

『「このあたりの現実・実態論」を

「十分に大衆周知させず、

悪戯に、特定の測定結果ダケに傾注させる情報配信を行っている

テレビ・マスコミ等」は、

「明らかに、劣悪」だ』。

『「都民ファースト」なら、

「都民の実益が第一で当たり前」だ』。

『「{実}安全だった場合、

小池都知事はもちろん、

散々、大騒ぎし続けて来ている、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「責任も重大になる」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・大マスコミ等」は、

「過去の政権交代事例等の実態からも、

とっくの昔に、

その責任と補償等により、

実権者人脈等が入れ替えられていても、

何の不思議も無い状態」だ』。

『「そんなモノ」を

「未だに、信用し続け、

テレビ・ラジオ・一部マスコミ等にとっての有益分子化している人々」は、

「本当に、情けない」』。

『「都の官僚・役人等」が、

「余程の、おバカだったり」、

「強い悪意等を持っていたり」、

・・・しない限り、

「{実}安全では無い豊洲市場」を、

「つくる訳も無い」』。

『「悪戯な、何でもヌード(公開)」で、

「都政等を脆弱にするデメリット」は、

「多大」だ』。

『「万一、余程のおバカや、強い悪意等々が露呈された場合」は、

「テレビ・マスコミ等や小池都知事による大スクープになる」が、

「果たして、実態は?」』

『「何れにしても、現状のテレビ・ラジオ界」の

「健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

NHKでは、「本質論抜きのストレス論」とかやっていたが・・・。

『「ストレスとは何か?抜きのストレス論やその対策等」が「宗教レベルの考え・思い等による納得や、統計学レベルに収拾し易い」のは「ある意味当然の現象」だ。

「では、ストレスとは何か?」』

『「筆者たち」は、

「ストレス」とは、

「ある生体個体の生体本来欲求に対する充足からの

ズレ(≒不充足)や

齟齬(≒代償欲求の追及)等

故に生じる

生体摩擦」と

「認識している」』。

『「この基本中の基本」を「見失わない」なら、

「ストレス対策」は、

「非常に単純になる」』。

『「本来欲求の充足」を「第一に考えれば良いダケ」だ』。

『「本来欲求の充足」を「現実的に理解・把握」し「実行する為」には、

「本来欲求自体」を

「理解・把握している必要がある」』。

『「本来欲求の理解・把握」は、

「同時に、本来欲求以外の代償欲求も露呈させる」』。

『「本来欲求を捉える為」には、

「自分の実体や、自分の実体の本来の目的等の理解・把握(≒意識)等」が、

「不可欠」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」として、

「生きている一人の人間=人類個体」は「誰でも」、

「今、この瞬間にも、細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞の一塊である事」は、

「既に、はっきりしている」』。

『「細胞レベルの命の連続性が明らかにしている事」は、

「人類個体も含む、地球生命体細胞群」は、

「時間経過による物理崩壊現象に抗いながら、その存続を図り続けて来ている事」だ』。

『「つまり、人類個体の本来欲求の基本中の基本」は、

「地球生命体細胞群の存続~永続」に他ならない』。

『「この基本中の基本」から、

「例えば、現状の人間社会等で起きてしまっている、

自分の実体の本来欲求の充足問題等を考える」なら、

「何れは、

何処の誰でもを

不要なストレスから解放する、

本当のストレス解消法が分かる筈」だ』。

『「それ以外のストレス解消法」とは、

「例えば、

実際は、

自分の実体やその本来の目的から大きく乖離している、

現状人間社会への適応等の為」の

「考え・思いレベルの調整術等に過ぎ無い事」が、

「分かる筈」だ』。

『「現状適応を望んだり、強いたりする者たち」とは、

「現状で有利・優位な未熟な劣悪者等である場合が多い」のが、

「お寒い、現状人間社会の現実」だ』。

『「現状で有利・優位な者たちに都合の良い、

ストレス解消法等を実践する事等」により、

「奴隷化されている人々の数」は、

「枚挙に暇が無い」のが、

「お寒い、現状人間社会の実態・実体」だ』。

『「本来のストレス解消」は、

「人類誰もが、自分本来の健常欲動を充足させ続ける事を可能にする事」により、

「実現可能になる」』。

『「その為にも、先ずは、

人類誰もが、

本質的に、自分で自分を健康にコントロールし続ける事」が、

「非常に重要になる」』。

『「利権等を偏在させる事」で、

「他の者・物・事の支配や、

他の者・物・事による被支配という

精神構造の下での

実生活を強いられている人間社会」では、

「余りあるストレスが生じる」のは、

「極めて当然の現象に過ぎ無い」』。

『「現状の利権」が、

「武力にしても、経済力にしても、ルックス等上辺の要素にしても、

人間本来の欲求等から実体離れしている事」は、

「明らか」だ』。

『「代償欲求の追及」に「過分で過剰な価値を与える事を是とする精神文化」が、

「未だに、蔓延れているが故」に、

「本来欲求から実体離れしている利権」が、

「過分で過剰な力を持ててしまっているダケ」だ』。

『「現状適応の為のストレス論」を

「公共の電波を使って大々的に配信したNHK」の

「実態・実体」とは、

「現状で、有利・優位な者たちの犬等に他ならない」』。

『「今時のストレス解消論等」なら、

「人類誰もが、本質的ストレスの実体を理解・把握する事」で、

「本質的ストレスの解消の為に実効のある行動等を起こす事」等を、

「誘える内容にするべき」だ』。

『「今時の所謂文系(≒精神文化側の仕事)をしている者たちにしては、

明らかに、実力不足である様相を露呈し続けている、

現状のテレビ・ラジオ界等の連中」は、

「その人脈ぐるみ」で、

「健常化・正常化されるべき」だ』。

|

テレ朝では、「テレビ・マスコミ族ファーストの切込み隊長、小池都知事」の援護射撃に必死な様相だが・・・。

『「舛添ダメ~!」「都議会自民党ダメ~!」で「約50億円もの税金をかけて都知事選」を「行わせてしまった」のは、「実質的に、テレビ・マスコミ族の実権者たち」だった。

「その実権者たちの都合に沿って、

一方的に大量配信されている情報等」に、

「毒され、操られている状態の人々」は、

「実質的には、テレビ・マスコミ族の手下状態」だ』。

『「都民ファースト」なら、

「都知事選や、

実質的に大丈夫な豊洲移転を遅らせる事や、

既に走り始めている五輪関連施設等の見直し等々」による、

「膨大な血税の無駄や、

世界的信用の欠落等々」こそを

「問題にするべき」だ』。

『「ところが、

テレビ・マスコミ族ファースト」では、

「表の事柄は何でも、

内実として、

テレビ・マスコミ族の裏にいる実権者たちの利権増大等に繋がる事」を

「是」とし、

「利権増大等に繋がらない事」は、

「非」とする』。

『「テレビ・マスコミ族の手下状態に陥ってしまっている、自虐的状態の人々」は、

「一刻も早く、

上辺の言葉では無い、実としての、

都民ファーストや

日本国民ファースト等の

自虐的では無い状態に、

自分の立ち位置を移動する事」で、

「本来の自分を取り戻すべき」だ』。

『「小池都知事」の

「実権の強さ」や、

「言動の巧みさ等」を

「テレビ・マスコミ等は、好んで大宣伝している様相」だ』。

『「それは、

多くの視聴者・読者等」の

「興味」を、

「内実では無く、

{小池都知事という人}や、

{小池都知事の上辺の言動}等に

傾注させる為」に

「有効な事」に他ならない』。

『「テレビ・マスコミ族の親分たち」は、

「小池~!」等で

「操れる人々」を

「出来るダケ多くつくり出したい」のだろう。

「かつての、小泉~!」や「民主~!!」の様に・・・』。

『「テレビ・マスコミ等による、

潔癖症的豊洲問題大騒ぎ」等を「元」に、

「小池ブラックボックスが生みの親」の

「ご用達専門家グループ等々」が、

「如何にも、必要であるかの如く、生み出された」。

そして、

「そのご用達グループ等」は、

「豊洲あら捜し」や、

「お手盛り、根拠無き、五輪3兆円かかる!問題」等々で、

「大騒ぎの元をつくり出した」』。

『「テレビ・マスコミ等」は、

「つくり出された大騒ぎの元」を、

「好んで取り上げ、

大衆に、

大変だ!と思わせ、

不安を抱かせ、

今までのままじゃダメだ!等と、

大騒ぎさせようとしている」』。

『「実際は、無益な大騒ぎ等」により、

「都民側に、どんなに大きな、実損失が出てしまっても、

テレビ・マスコミ族の親分たちに都合の悪くない情報なら、

どんどん情報を出す事で、

如何にも、多くの都民の知る権利等の為に行ったと思わせる事」等により、

「是と思わせたい様相」だ』。

『「その裏」で、

「テレビ・マスコミ族の裏にいる親分等は、

人知れず、

利権増大等を謀るつもり」なのだろう』。

『「実質的には、

大騒ぎの元をつくり出したのは、

テレビ・マスコミ族等なのだが、

大騒ぎの元とされている」のは、

「東京都・東京都職員・以前の都知事・都議会与党等とされている情報」が、

「テレビ・マスコミ等によって、一方的に大量配信され続けている」』。

『「その漁夫の利を得る」のは、

「言うまでも無く、野党側の者たち」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」と、

「旧社会党等の所謂、左翼政党との繋がりは、濃い」。

「旧社会党等の所謂、左翼政党等と、韓国(北朝鮮も含む)等の繋がりも、濃い」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界に、

左翼系の者たちや、

朝鮮系の者たちが、

溢れている事」には、

「相応のベースがある」』。

『「小池都知事のブラックボックスの中」には、

「テレビ・マスコミ界の裏にいる実権者等との繋がり」や、

「その実権者等が企んでいる、

所謂、左翼や朝鮮系等の人脈への、

利権誘導作戦等々が、

隠れている」と

「強く推定出来る」』。

『「報道機関等の本来の仕事のやり方に忠実」に、

「小池都知事のブラックボックスの実態・実体を探求」し、

「内実をバラす」と「余程、困る」のだろう』。

『「テレビ」でも、

「視聴者等」には、

「正論を考えさせず、

或いは、

正論は無い事にしたい様相」だ。

「知事のブラックボックスの探求は、知事に対する冒涜で、言語道断等の旨」まで、

「公共の電波上で述べた常連出演者等まで居た始末」だ』。

『「そんなテレビ等の機能不全ぶり」は、

「もはや、明らか」だ』。

『しかし、

「ブラックボックス暴き」でも、

「都議会や都職員側」は、

「積極的に暴こう」とし、

「小池都知事」や、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」は、

「暴く事を非とする等々」の、

「偏向・偏重情報等」を、

「一方的に大量配信している者たち」による

「大衆誘導効果」は、

「未だに、絶大」だ』。

『「報道機関等としては、機能不全状態」だが、

「大衆誘導情報工作機関等としては、未だに、機能万全状態」なのが、

「戦後日本の多くの大手テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「寒過ぎる実態」だ』。

『「そんなモノが蔓延れている日本社会」が、

「健常からほど遠い」のは、

「ある意味、当然の現象」だろう』。

『「健常な人間社会を構築する為」には、

「悪影響の大きな者・物・事の是正」が、

「必要」だ』。

『「公共の電波を使った情報の一方的大量配信機関である、テレビ・ラジオ界」や

「公共的大マスコミ」等の

「実権者人脈も含めた健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番が露呈していた「豊洲騒動の本質」・・・。

『「{実}安全面」では「全く問題の無い状態が構築されて来ている豊洲市場である実態」が、「本日の豊洲安全問題でのゲスト、長谷川氏によって解説された」。

「しかし、常連出演者等」は、

「食品市場故の、感情面・心理面での不安問題」と、

「以前からの情報不足問題」等を

「訴えていた」』。

『「上記の事態」が

「露呈している事」は

「以下の通り」だ』。

『「豊洲移転」は「{実}の面」では「大丈夫である事」。

「しかし、多くのテレビ・マスコミ等の者たちは、実質的、情報不足状態に陥っていた事」。

「そして、多くのテレビ・マスコミ等の者たちは、実質的、情報不足故に、不満や不安等を感じていた事」。

「不満や不安等を感じながら、情報配信をし続けて来ている事」等だ』。

『「それでは、

何故?

テレビ・マスコミ等の者たち」は、

「実質的、情報不足に陥っていたのだろうか?」

「もちろん、

言うまでも無く、

{その分野において}取材能力等が

足りていないから」だ』。

『「テレビ・マスコミ等の者たち」が、

「自分たちの取材能力の無さを何としても、補おうとした策」が、

「テレビ・マスコミ族の都知事を送り込み、

ご用達人脈に調査させ、

情報開示等を行わせる、

政治利用の手段だった」のだろう』。

『「何故?

現状のテレビ・マスコミ等の者たち」は、

「何故?日本国内の{実}政策や{実}事業等に対する取材能力が不足しているのか?」』

『「言うまでも無く、

特定方向への

政治や

人脈や

思想信条的

偏向がある集団だから」だ』。

『「だから、実際」に、

「テレビ・マスコミ人脈と同じ方向にいる、

政治家や政党や、

企業等の者や、

芸能界の者や、

●暴関係等の者等々から」の

「取材には長けている」』。

『「更に、配信情報の、偏向・偏重等が色濃いから」だ。

「元々が、偏向取材しか出来辛い人脈構成状態」だ。

「そんな状態のままを、正当化する為」には、

「よく取材出来たモノ」を

「偏重・重用等し、

公然化させ、

視聴者・読者に支持・批判等させる事」で、

「他のよく取材出来ていないモノを誤魔化す事等」が、

「有効」になる』。

『「得意分野以外からの取材」では、

「取材者側の人脈的偏向や、

配信情報の偏向・偏重等故に、

相手から十分な信頼が得られず、

十分な取材が出来無い」のが、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「大手でも、そう」なのだから、

「本当に、深刻な異常事態」だ』。

『「人脈的偏向や、

配信情報等の偏向故」に、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等が出来得る状態に無い」のが、

「戦後日本の大手テレビ・ラジオ・マスコミ等のお寒い実態」だ』。

『「所謂、左翼に偏向し、所謂、左翼を偏重する傾向が濃厚」なのが、

「戦後日本の大手テレビ・ラジオ・マスコミ等」の「実態」だが、

「それでも、大手は大手」だから、

「その偏向情報は大量配信され続け、

偏向・偏重情報の悪影響も多大に成り続けて来ている」』。

『「安全等潔癖症」も

「多くの大手テレビ・ラジオ・マスコミ等の得意技」だ。

「しかし、その内実」は、

「取材能力の無さ等故に生じている、

テレビ・ラジオ・マスコミの者たちの内在的不満・不満等」を、

「誤魔化し、自己正当化し続ける為」の

「代償欲求の追及行為等に過ぎ無い」』。

『「情報を一方的に大量配信させる事や、

偏向・偏重・加工情報等」により、

「視聴者・読者等」に、

「テレビ・マスコミ等の者たちと同様」の

「不満・不安等」を

「抱かせようと、し続けて来ている」のが、

「現状の多くのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「豊洲問題の場合」でも、

「{自分たちと同様、

或いは、

自分たちより

不満が強く

不安がっている等}」の「状態」を、

「情報を一方的に大量配信等する事」により、

「多くの視聴者・読者等の中」で、

「生じさせている」のだ』。

『「そうして、

意識的か?無意識レベルでか?は、別」にして、

「{他の者たちによるお墨付き}や、

{視聴者・読者等よりは上等の感}」を、

「何としても、得られた様に感じ・思える様にしようとしている実態」が

「露呈している」』。

『「もちろん、それは、

代償欲求の追及行為に過ぎ無い」』。

『「そんな実態・実体」は、

「言うまでも無く、本当に、劣悪」だ』。

『「{実}安全な豊洲移転を遅らせる事」に、

「{実}メリット」は「無い」。

「{実}デメリット」が

「どんどん大きくなるダケ」だ』。

『「テレビ・マスコミ自体の元々の取材能力の無さ」や、

「政治や思想信条的偏向」や、

「偏向・偏重濃度の濃い配信情報等故」に、

「豊洲問題でも」、

「多大な{実}デメリット」を

「製造し続けて来ている」のが、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「{実}デメリットに対する{実}補償等さえして来ていない」のが、

「戦後日本の多くの大手テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)のお友達、テレ朝等に騙されるな!・・・。

『「朝日新聞と中国共産党が同居しているという話」は、「もはや、多くの人々が知っている事」だろう』。

『「善悪では無い、国益になるか?否か?」で、

「中国(実際は、中国共産党支配下の中国と言うべきだが!)と付き合え!」とは、

「正に、中国共産党の為のご都合論」だ』。

『「中国企業が世界有力企業のトップ3を独占」の「内実」は、

「トップ3を占めている中国企業の全てが、

実質的には、

中国共産党支配下の中国の銀行という事」からも、

「少し考えれば、誰でも判る事」だ』。

『「潰れる可能性が極めて低い、金満企業」こそが、

「優良企業として、選ばれる」のが、

「現状のインチキ経済システム上での企業ランキング等」の「実体」だ』。

『「実質的、国営であるが故」に、

「潰れる可能性は極めて低いと{現状では推定}」され、

「主として、人口が多いが故」に、

「金満状態と{成れている}」のが

「中国の銀行」の「実体」だ』。

『「もちろん、そのツケは、主として、借り手である中国企業や中国国民等に行っている」。

「現状のインチキ経済システム上」で、

「起業・消費共に、人口パイが大きい上に、

中国共産党による、実質的、通貨・金融インチキ誤魔化し政策等まで乗っている」から、

「現状では、内実の酷さを誤魔化せていて、

潰れない金満状態と{成れている}」のが「中国の大銀行の実態」だ』。

『「しかし、その内実」は、

「民主化され、先進国レベルの健常性等が求められるのなら、早々に、破綻する」、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的から整合性を取るなら、極めて不健全な状態」だ』。

『「根本的に、極めて不健全である者・物・事」に、

「長い持続性や永続性等がある訳も無い」。

「本質的ドロ船」は、

「どんなに大きくても、ドロ船以外の何物でも無い」』。

『「中国共産党」は、

「是を非にしても、延命する為の情報工作」を、

「日本国内のお仲間に頼んで、必死に、行っている」のだろう』。

『「大きなドロ船の延命に力を加える事」で、

「現状インチキ経済システム上での利権取得・拡大等を図ろうとする者たちもまた、

ドロ船の主同様の、

人類滅亡に力を加えている劣悪者以外の何モノでも無い」』。

『「中国の民主化や健常化・正常化等を誘う為」にも、

「中国共産党の保身の手助け」は、

「行うべきでは無い」』。

『「長い目の国益で見る」なら、

「中国共産党の延命を手助けする事による、報酬、もしくは、オコボレ等」より、

「中国の民主化に力を加え、民主化後の中国とのより親しい付き合いで得られる利益・国益等の方」が、

「はるかに大きくなる」』。

『「本質的、善悪や正邪等に基づいて、

善・正に力を添えたり、加える事によるメリット」は、

「悪・邪を手助けして、その報酬やオコボレ等を得るメリット等」より、

「遥かに大きくなる」のは、

「言うまでも無い、当たり前の話し」だ』。

『「ところが、中国共産党の手先たち」や、

「中国共産党の手先たちに、マインドコントロールされたり、騙されたりして、

ご都合論をヨイショ!した者たち」は、

「この極めて当たり前の話しさえ出来ていない劣悪ぶり」だった』。

『「南沙諸島や尖閣諸島問題」でも、

「中国共産党の代弁者の如き論」を、

「日本の公共の電波を使って、

さも、中国共産党側の言い分にも、

相応の正当性があるかの如く風潮した劣悪ぶり」だった』。

『「言うまでも無く、八つ当たりは八つ当たりに過ぎ無い」。

「日米同盟を崩す事のデメリットは、米国側も十分に分かっている」から、

「米国高官」も、

「尖閣諸島は、日米安保適用の範囲」と、

「何度も、公言している」。

「それ等を言わず」に、

「視聴者等の、

悪戯な、

中国共産党容認心や、

親中国共産党感情等を

煽ろうとしてた様相」の

「情報配信」は、

「本当に劣悪」だ』。

『「該当テレビ番組内容の公言コメント等からも、

テレビ常連出演者たちが、

どれ程、中国共産党等にとっての有益分子か?」等が、

「良く判る」』。

『「実態」として、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等にとっての、

有益分子たち」が、

「重用され、常連出演等している場合が多い」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ等のお寒い実態」だ』。

『「つまり、

常連出演者等を選んでいる実権者人脈や、

思想信条等」には、

「明らかな、偏りがある様相が露呈している」』。

『「主として、

北朝鮮とも近しい、旧社会党系の人脈だったり、

共産党系の人脈だったり、

所謂、左翼に偏向している」のが、

「戦後日本の情報・教育界、実権者人脈」の

「異常な実態」だ』。

『「戦後日本の所謂左翼」とは、

「先進的・進歩的・革命的等のモノ等では無い」。

「旧社会・共産思想等に毒され続けているモノ」で、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等と近しいモノ」だ』。

『「所謂、左翼の多くの人々」は、

「未だに、

丸ごと一人の死生観や、

他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配等の代償欲求の追及等が、

実質的に、大好き」な

「様相」だ』。

『「日本国や日本国民に自虐を強いる反面」で、

「中国共産党支配下の中国や、

韓国(北朝鮮も含む)等を利す事等」が

「大好きで、得意な様相」なのが、

「戦後日本の、所謂、左翼の実態・実体」だ』。

『「以前は、

北朝鮮の拉致までも無い事にしたがり、

アジアと言えば、

中国共産党支配下の中国と、

韓国(北朝鮮も含む)ばかり」に、

「偏向・偏重していたり、

・・・していた」のが、

「所謂、左翼の実態」だ』。

『「テレビ界・ラジオ界」の

「人脈も含めた、健常化・正常化」は、

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、弱者標的問題で常連出演者という強者たちが劣悪論を述べていたが・・・。

『「常連出演」とは「出演機会・権利等」を「強欲なまでに集約した上」に「成り立つ実態」に「他ならない」。

「つまり、常連出演者」とは、

「出演機会・権利等上の弱者」を

「排除し、虐げる事等」によって、

「初めて出現出来ている強者」だ』。

『「そんな常連出演者たち」が、

「体力や経済力上の弱者保護の問題等」を、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶって語っている実態」は、

「本当に醜悪」だ。

「先ずは、常連出演者自ら」の

「強者状態の自覚・是正等から行ってこそ、

まともな論等も言える様になり易い」のは

「ある意味、当然の理」だ』。

『「現状の殺伐とした不機嫌・不寛容人間社会問題」の

「元凶」は、

「言うまでも無く、

インチキ経済システム上」で、

「金権支配一極集中化」が

「行われてしまっているから」だ』。

『「金権一極集中社会下」では、

「保持している金の量=実権」と

「なってしまう」』。

『「そんな金権社会の中で暮らす事を強いられてる多くの人々」が、

「出来るだけ多くのお金を自らの下に導く事」で、

「自らの実権をより高めて、保身を図ろう等とする」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「しかし、多くの人々」は、

「そんな状態が、

自分の実体やその実体の本来の目的に叛いている状態である事」を、

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、

否応無く、

実感している」』。

『「経済弱者を救うべきか?否か?」の「ある調査」では、

「EU圏や中国等の多くの国々」では、

「否派」が「10%未満」だそうで、

「米国」が「20数%」、

「日本」が「38%と最多だった」らしい』。

『「その内実」は、

「以下の通り」だろう』。

『「調査対象となった日本国民の多く」は、

「上記の自分叛き実感等」を、

「相応に強く感じている中」の

「苦労や努力上」で

「自らが稼いでいる感等を持っている」』。

『「日本の旧来からの精神文化」では

「不労や不努力を嫌う」』。

『「バリアーフリー化が遅れ、所謂、現状社会的弱者との間には、壁が在ったが故に、

所謂、現状社会的弱者の実態・実体を

実感する場合も、

比較的少な目だった」のが、

「戦後~の日本社会の実態」だった』。

『「自分も、自分に叛いて、苦労し、努力して、稼いでいるのだし、

努力して稼げば、誰でも稼げる筈!等の思い」を、

「持てる環境等も周りに見えている等」と

「思える場合が多い」』。

『「誰もが、自分と同様に出来る筈等と、

信じ、

他者にも強いたがる、

ある意味では、未熟な精神文化が其処にある」』。

『「実際」は、

「その苦労や努力等」の「実体」こそが、

「問題」だ』。

『「例えば、テレビ常連出演者等」なら、

「先ずは、テレビに出演する努力や苦労をし、

次に、他の出演者等を押し退けながら、自分が出続ける為の苦労や努力をする事」により、

「常連出演が可能になる」。

「更に、テレビ常連出演の問題性や異常性等」を

「問題や異常等と、

感じたり、

理解・把握・認識等しない為」の

「苦労や努力」を、

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、

行い続けている」』。

『「その結果」として、

「テレビ画面上に出現している」のが、

「自分の実体・実態さえ、満足に理解・把握・認識等出来ていないから、

本質的な正論等は言えない」が、

「厚顔無恥の図々しさや、

優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶったりしている、堂々としている言動等は、

超一流(??)」の

「テレビ常連出演者」という訳だ』。

『「そして、テレビ常連出演者」には、

「多大なテレビ出演料等の報酬も転がり込む」。

「テレビ出演による有名人利権の増大等」は、

「他の仕事等の取得も容易にする」。

「当然、

それに伴う、

実質的集金行為等(本質的仕事である場合が、どれ程あるのか??!)」も、

「容易になる」』。

『「実生活に必要以上の金集めが出来た者たち」は、

「次に、集めた金を膨らませる事を画策する場合が多い」』。

『「金の量が多ければ、多い程よい」と、

「考え・思えている者たち」は、

「更なる、オイシイ金集めの仕事???にも奔走する」』。

『「益々、

過剰で余分になったお金」が、

「金融資本界等」での

「金転がし等」に

「流れ込み易くなる」』。

『「実体経済界から金融資本界が

過剰にお金を吸い上げ、

更に、それを転がし、膨らます事で、

金余りなのに貧困だらけ・・・の状態をつくり出す

悪魔の構造」が、

「其処に在る」』。

『「程度の差は、とにかく、

一生分の実生活に必要以上の大金持ち」と

「成れた者たち」も

「そう成れなかった者たち」も、

「何とかして、自分の人生や、自分の苦労や努力等を正当化しようとする」』。

『「元々」が、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い事態」を

「実現してしまったり、

実現にお墨付きを与え続けていたり、していた」のが、

「実態」なので、

「実体や事実・現実通りの

真の正当化」は

「出来得ない」』。

『「真の正当化による自己承認欲求が満たせない本質的劣悪者たち」は、

「代償欲求の追求に奔走する事で、自分を騙し続けようとする」』。

『「他の者・物・事等からのお墨付きを求め続けたり、

自分の子や孫等に、自分を投影・転嫁等したりする事で、

実体としては、

本質的には、人類にとっても自虐的な

現状人間社会構造を維持させ続ける、

負の代々話等をつくり出したりしている場合が多い」』。

『「多くの人々、

特に、人間社会の中で、多大な実権を保有出来てしまった者たち」が

「その代々話を続けている限り、

負の代々話の精神構造に基づく人間社会が続いてしまう」』。

『「常連出演者の様に、

相対的弱者を退け、

権利や立場等を得た者たち」を、

「成功者と勘違い出来ている人間社会」では、

「同様の精神構造の下」で、

「相対的弱者は、

更なる弱者より、

自分が上である事等を実感する事」で、

「自分の存在価値や存在意義等を、

感じたがる様になり易い」』。

『「本来の正当な解決法」は、

「現状の異常な人間社会の基本精神構造自体を是正する事」だ。

「武力ベースにしても、

経済ベースにしても、

その他の事ベースにしても、

比べっこによる支配権争い人間社会」では無く、

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った、

誰もが快適生活が出来る人間社会にする事」だ。

「少なくとも、科学レベル以上で判明している、実体や事実・現実を実用する事で、

本質を探求し、

人類誰もの本来の自分を解放し、

人類誰もが本来の自分に適性のある本当の意味での仕事等を主に、

時に、遊び・楽しめる、

人間社会にする事」だ。

「その為に、先ずは、多くの人々の精神文化を正常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「ところが、

異常な現状で

相応の利を得る為の苦労や努力をして来てしまっている者たちの多く」は、

「異常な人間社会自体の是正等に

非常に消極的になり易い」。

「自分の実体を直視する事から逃れる為」に、

「精神文化の正常進歩・正常進化にも、非常に消極的になり易い」。

「それは、ある意味、当然の現象でもあるが」・・・』。

『「現状の人間社会の基本構造等を維持したまま、

自分の実体や自分の実体の本来の目的に叛いている事の実感」を、

「出来るだけ、感じない様に、誤魔化す方法の一つ」が、

「誰もが分かり易い象徴的弱者に対して、

保護等を訴えたり、

実践したりする事」だ。

「しかし、もちろん、その様な事をいくら頑張っても、

根本的な人間社会構造の是正が無ければ、

実効は、限定的」だ』。

『「行き詰まりの現状人間社会」を「ブレーク・スルーする方法」は、

「既に、明らか」だ。

「先ずは、多くの人々の精神文化の正常進歩・正常進化」であり、

「その為の情報・教育等の正常化・健常化」だ』。

『「行き詰まりの現状人間社会を無理やり続ける」なら、

「何れ、近々、人類滅亡がやって来てしまう」。

「現状人間社会に終わりの日が来る事」は、

「その基本構造故に、定められている事」だ』。

『「かなり酷くなっている事を、多くの人々が既に、実感せざるを得なくなっている、

地球環境問題をキッカケに・・・」でも、

「どんな者・物・事がキッカケ」でも

「もはや、構わないレベル」だが、

「現状人間社会のブレークスルー」は、

「もはや、待った無し」だ』。

『「終わらせるべき人間社会の基本構造」は、

「早々に、人類が自主的に終わらせる」と「共」に、

「人類誰もの自分の実体や、その実体の本来の目的と、

少なくとも、科学レベルで整合性が取れる精神構造を持つ、

新世代人間社会の構築を急ぐべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」等も、

「いつまでも、利権まみれの常連出演者等に、

劣悪論等を

連綿と

語らせている場合では無い」。

「人類も含む地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続の為」に、

「有効な、今時、流すべき情報」は、

「現状の常連出演者等の論等の他にある」。

「テレビ界・ラジオ界」の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »