« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

テレ朝昼番では、相変わらずの「朴問題・アスカ問題の宣伝」と昨今、旗色の悪い、小池都知事の応援状態だったが・・・。

『「韓国大統領問題」も「覚醒剤宣伝」も「小池都知事の応援」も「その内実」は

「日本の公共の電波を使えている特定人脈の者たちによる、

特定人脈の為」の、

「大衆誘導情報工作等」に他ならない』。

『「北朝鮮のお友達だった旧社会党系の人脈」は、

「表の看板や顔を変えながらも、未だに、日本の情報・教育界でも、大いに蔓延っている」』。

『「その様な者たちの思想信条や利権等に沿う」のが、

「日本国内での韓国大統領問題の大宣伝」であり、

「有名人利用の実質的覚醒剤宣伝」であり、

「テレビ上がりのテレビ・マスコミ族政治家である小池都知事の応援」等と

「強く推定出来る」』。

『「だいぶ前の記事でも指摘予告した様に、

もはや、民主党~民進党では、政権奪取は無理と悟っている様相」の

「韓国(北朝鮮も含む)の流れ・旧社会党系人脈等の者たち」は、

「テレビ・マスコミ族政党による政権奪取を企んでいる様相」だ』。

『「その為の人寄せ役」を、

「小池都知事」や、

「蓮舫民進党代表」に

「担わせている様相」だ』。

『「テレビ・マスコミ等が意図的に偏向醸成している小池(小池一派や小池新党等も含む)・蓮舫(民進党等も含む)等の好イメージ」で、

「ある程度多くの視聴者をマインドコントロール出来た暁」には、

「表の名前は何になるか?不明」だが、

「テレビ・マスコミ新党」でもつくり、

「かつての自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と「同様の大衆誘導等」により、

「政権を奪取する事等を目論んでいる」と

「強く推定出来る」』。

『「何処の局でも、基本的に、その思惑に沿った情報配信が続けられている状態」だから、

「日本の{公共の電波}使用なのに、偏向・偏重情報配信ダラケ」なのだ』。

『「本日のテレ朝昼番」でも、

「小池都知事の{貢献}を偏向強調」し、

「視聴者に、小池都知事に良いイメージを持たせようとしていた」り、

「小池都知事と蓮舫民進党代表の接近」を

「良いイメージで風潮していた」』。

『「内実」としては、

「五輪会場問題」も

「豊洲市場への移転問題」も

「小池混乱」だ。

「元の、舛添ダメ!~都知事選だって、テレビ・マスコミ族による仕込み等」に他ならない。

「仕込みと混乱で踊らされた都民・東京都等の損失」は、

「膨大」だ。

「その損失」は、

「簡単に埋められるモノでは無い」』。

『「元々、節約五輪を要望しているIOCが在り、

都等の予算を承認させる為には反対野党もいる議会の承認も要る」のだから、

「小池都知事による混乱節約劇など無くても、

予算やプラン等相応に圧縮された筈」だ。

「小池都知事によるお手盛り混乱~予算圧縮劇等」の

「効果」に

「高い評価を与える事」には、

「かなり、無理がある」』。

『「何でも、公開」も、

「視聴者・庶民受け等は良いかも知れない」が、

「その主たる目的」が、

「自らの売り込み的様相」なのだから、

「決して、褒められた事では無い」』。

『「多くの日本国民の興味」を

「公開」で

「例えば、五輪会場問題等に誘う事」が、

「日本社会にとって、どれだけ有益か?」等を

「考える」と「誰にでも判る筈」だ。

「公開の主目的が、

小池都知事自身の有名人利権の更なる拡大等である事」に

「気づく筈」だ』。

『「五輪会場問題を多くの日本国民が考えたところで、実権を持って決められる訳も無い」。

「テレビ・マスコミ等による大衆誘導民意」で

「事が動かされてしまう事態」は、

「ナチス・ヒトラーのやり方と同じ」で、

「絶対に避けるべき事」だ』。

『「五輪会場等は、正当な権利と、相応の資質がある専門家等に、

予算面まで含めて、齟齬の無い様に、仕立ててもらう」で

「十分な筈」だ』。

『「政治・社会がまともで、多くの日本国民が、相応に満足感や幸福感等を得られている状態」なら、

「多くの日本国民の興味」は、

「与えられるスケープゴード」では無く、

「それぞれ各自の実生活等に密接な者・物・事」になる』。

『「スケープゴードを投げて、

大衆支持や有名人利権の増大等を画策する

アコギな実質的、政治集団等に騙され続けていてはいけない」』。

『「脱!悪テレビ・悪ラジオ・悪マスコミ!!」&「テレビ・ラジオ・マスコミ等推奨政治家・政党」だ』。

『「今時として、正常・健常な情報を得られていない視聴者や日本社会状態」では、

「いじめや事件・事故等が激減する訳も無い」。

「同様の新たな問題・事件・事故等が、何度も、何度も、繰り返し、繰り返し、起こり続けている」』。

『「特定の人脈の者たちの、内実、政治運動等」によって、

「日本社会の健常化等が大いに阻害されている実態・実体が其処に在る」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

本日もアスカ・朴で埋め尽くされている様相だが・・・。

『「覚醒剤宣伝」にしても「反韓国政権宣伝」にしても「都合が良い」のは「北朝鮮悪権力者人脈」だ。

「国連の追加制裁決議が通る」と

「益々、経済的苦境に陥る事になる北朝鮮」にしてみれば、

「日本の中の覚醒剤商売や、有名人商売等からの上り」や、

「在日韓国(北朝鮮も含む)人人脈等の人々」の、

「反韓大統領情報による韓国から北朝鮮への支援先乗り換え等」が、

「頼みの綱」になる』。

『「元々が、北朝鮮の極一部でしか無い、大権を持つ独裁者一派の贅沢自慰生活と立場・実権等の保全」が

「目的の様相の北朝鮮」にしてみれば、

「その為に必要となる国家レベルでは、圧倒的に、僅かな経済が有れば、最低限は良い」のだろう。

「北朝鮮国民脅しの為の核もミサイルも既に、多数保有している様相なのだから」・・・』。

『「日本全国各地から多数の拉致被害者が出た裏」には、

「日本全国各地に多数の北朝鮮の工作員やその協力者・支援者等が居る」のが、

「現実」だ』。

『「拉致工作・工作協力や拉致支援等していた者たち」が、

「今、北朝鮮悪権力者の意向の下で行わされている事の一つ」が、

「覚醒剤宣伝や反韓大統領宣伝」なのだろう』。

『「元々が、北朝鮮のお友達だった旧社会党の面々」が

「日本の情報・教育界で、かなり蔓延っている」のが

「寒過ぎる、戦後日本の情報・教育界の実態・実体」だ』。

『「そんな流れの者たちによる情報・教育」等が、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等から、

ほど遠い、

特定の思想信条等を抱いている者たちにとって都合の良い情報・教育になり易い」のは、

「当然の現象」だろう』。

『「拉致協力者や支援者たちの流れ」を

「蔓延らせ続けていてもロクな事は何も無い」。

「拉致工作員はもちろん、その協力者も支援者も、

実効のあるスパイ・工作活動防止法等と摘発体制を整備」し、

「過去まで遡って徹底摘発し、厳罰に処すべき」だ』。

『「現状では、拉致工作員はもちろん、その協力者や支援者等まで、

実質的に、無かった事に・・・扱い」だ。

「その結果として、拉致工作関連者たち」は、

「その後の工作活動を強いられ続けている」』。

『「日本の中の覚醒剤等ヤク商売にも、その臭いが濃厚に漂っている」。

「もちろん、多くの日本人は、ヤクを嫌う」から、

「ヤク商売には、サクラが要る」。

「有名人が上客やサクラ等となれば、その時点で、ヤク商売工作上の有益分子」だ。

「有名人サクラや上客等をダシ」に

「旧社会党人脈が蔓延っているテレビ・マスコミ等」が

「実質的には、ヤクの大宣伝を行って来ている」。

「日本社会の中で、ヤク・ヤク犯罪等は公然化され、ヤク商売を行っている者たち」は、

「商売が行い易くなっている」。

「ヤク商売で一番儲かる」のは、

「大元」だ。

「それが、北朝鮮悪権力者の下」なら、

「北朝鮮悪権力者等は大喜び」だろう』。

『「韓国大統領非難」にも、

「同様の、利北朝鮮悪権力者情報工作の臭い」が

「充満している」。

「戦後の国の始め方が間違っている韓国(北朝鮮も含む)の国家権力者非難は簡単」だ』。

『「何しろ、元々が、実質的、植民地支配詐欺~敗戦火事場泥棒」なのだ。

「人の精神構造は簡単に変化しない」から、

「そんな連中が多大な権力を手に入れれば、行う事も、同様となる」のは、

「当然の現象」だ。

「その実態を、工作電磁波等を使った盗聴・盗撮手段等で暴き、

工作電磁波を隠す為に、

他の大衆受けの良い材料を提示すれば、

直ぐに、大騒ぎになる」。

「朴現大統領」は、

「大統領のお嬢様でセレブ状態だった」から、

「甘い部分が多々在り、現職中の大騒ぎとなった」が、

「朴以前の大統領でも、退任後には、大騒ぎとなっている」。

「元が元だから、当然の現象」だ』。

『「韓国権力者のボロ」は、

「北朝鮮悪権力者にとって、他人の不幸は蜜の味」となる。

「蜜の味ついでに、例えば、在日韓国(北朝鮮も含む)人脈等の人々の中」で、

「韓国離れ~北朝鮮乗りが出れば、漁夫の利が得られる」。

「そんな状態を誘っている」のが、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報(工作)」だ。

「行っている・行わせている」のは、

「もちろん、北朝鮮のお友達人脈という訳」だ』。

『「戦後日本の情報・教育界」の「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ。

「特に、公共の電波を使っているテレビ・マスコミと、

公共的マスコミと、

学校教育」の

「人脈も含めた、正常化・健常化は急務」だ』。

|

NHKまでもが「アスカ&覚醒剤の{宣伝}」がトップ・ニュースという異常さ・・・。

『「覚醒剤製造元である反日他国」や「日本国内での覚醒剤販売を仕切っていると推定される●暴等」に「対する配慮、もしくは、利権誘導ぶりが顕著」なのが「現状の日本のテレビの実態」だ。

「こんなとんでも無い状態」は「即刻にでも、是正させられて然るべき」だろう』。

『「覚醒剤事件等について報道する」なら、

「販売者や、販売仕切り者等や、製造元等の摘発を報道すれば良い」。

「覚醒剤使用者等、事の末端部分で実質的に悪どもに貢いでいる・貢がされている小悪者たち」の

「摘発等」は、

「小ニュースであって然るべき」だ』。

『「もし、使用者等が、有名人等なら、表舞台から退場させ、二度と表舞台に復帰させない様にする事」が

「重要」だ。

「覚醒剤等使用でも表舞台復帰アリ」では

「覚醒剤等使用のハードルが下がり過ぎるから」だ』。

『「ましてや、覚醒剤使用有名人をダシに、覚醒剤等の実質的宣伝を行っている様」では、

「そんな事を行っているテレビ・マスコミ等までもが、

実質的には、覚醒剤商売のお仲間状態となってしまっている事になる」。

「それは、とんでも無い事態」だ』。

『「それなのに、何故、現状の日本のテレビ・マスコミ界等」では、

「覚醒剤等の実質的宣伝を行い、

覚醒剤等使用有名人の表舞台復帰等を容認させたがるのか?」

「其処に在るのは、人脈の問題」と「強く推定出来る」』。

『「反日他国人脈の臭い」が「NHKでも濃厚に漂っている」のが、

「現状の日本のテレビ界の寒過ぎる実態」だ』。

『例えば、

「何時も太陽の方を向くヒマワリ」の「意図するところ」は、

「常に、太陽である金一家の方を向いた生活(工作活動等も含む)を行います」だったり、

「金正恩の誕生日とされ、聖なる数とされている、18の重用(宣伝)」や、

「朝鮮語のハナ=第一に対する敬意表明にも当たるハナ重用等」の、

「流行化仕込み等」が、

「蔓延れている裏」には、

「それらを蔓延らせている人脈の意志や、その裏の反日他国悪権力者からの指令等が在る」と

「強く推定出来る」』。

『「帰化して、日本で稼ぎ、日本の子ども手当てを利用して、子沢山策略を行い続けるそのスジの人脈の者たちの元の数」が

「ある程度以上在る」なら、

「ネズミ算式に、日本国内でのそのスジの人脈の者たちの数が増える事になる」。

「同時に、日本人に対する粛清工作や少子化・子無し化工作等を行い続ける」なら、

「それこそ、数十年単位で、合法的に日本の乗っ取り支配までもが可能になる程、

日本の中の人脈人口割合を変える事も可能になってしまう」』。

『「そして、戦後の日本国内」では、

「そんな工作が実際に動き続け、

その影響」は、

「戦後そのスジの人脈連中が実権を保持し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等」で

「より顕著に露呈し易くなっている」から、

「現状のテレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等」は、

「現状の様な酷い状態になってしまっている」と

「強く推定出来る」』。

『「そして、そんな連中が情報配信をすれば・・・、

悪どもに都合の良い、

覚醒剤等や有名人や大金持ちや大権持ち等の宣伝になってしまい、

視聴者・読者・生徒等の精神構造の健常成長が大きく阻害される」から、

「いじめも、自殺も、殺傷事件等も、頻発し続け、格差も拡大し、

自暴自棄に追い込まれた者たちの一部は、ヤクの上客にまで堕ちてしまったりし易くなる」』。

『「視聴者・読者・生徒等の精神構造の健常成長を促す情報・教育等」なら、

「覚醒剤問題なら、覚醒剤製造元や販売元締め等の摘発情報等が主で当たり前」だ。

「有名人使用者は表舞台から未来永劫追放で、

空いた穴が在るなら、

新たな覚醒剤等無縁の健常な有名人に相応しい者に埋めさせる」のが、

「当然」だ。

「大金持ちや大権持ちや過剰有名人等は正しく悪とし、

利権等の過剰偏在を解消するのが当然という民意・世論等が形成され易くする」のが、

「当然」だ。

「丸ごと一人の死生観や人生観は過去のモノとし、

現実との整合性がより高い細胞ごとの誕生・死に基づいた死生観や人生観」の

「普及に力を加える」のが「当然」だ。

「丸ごと一人の概念」とは

「人類誰もが、狭義の自分を健康にコントロールし続ける為に有用な概念に他ならない」。

「健常な使い方をせず、

死生観・人生観等で使うと、

他の者・物・事までをも巻き込んだ自虐劇等を誘発し易い

アブナイ概念でもある事等」は

「決して、見失うべきでは無い」』。

『「情報・教育が健常化・正常化される」なら、

「いじめ・自殺・殺傷事件・テロ・戦争等は激減する」のが

「当然」だ。

「多くの人類が自らの精神構造」を

「考え・思いによる納得(宗教)レベル基準の、

比べっこによる支配権・被支配権争いという

幼少レベルの精神構造」から、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して、

狭義の自分を健康に支配・コントロールし続ける事&本質探求・適材適所等を求める、

成人レベルの精神構造」に

「健常成長させる」なら、

「世界平和も当然になる」』。

『「何れにしても、現状のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「欧州でも朴大統領退陣デモ」だそうだが・・・。

『「韓国(北朝鮮も含む)の方々」は「以前から、韓国(北朝鮮も含む)内ダケで騒いでいても、世界の中では、何処かの小国扱いである事を以前から重々承知している」ので、「出来る限り、有力他国を巻き込む事」等が「得意技」だ。

「それは、

例えば、

日韓併合という二国間の合意契約であり、

内実としては、日本による朝鮮半島内近代化救済であった事態」を

「ダシ」に、

「米国内で、

実質的、植民支配詐欺を行い、

独立資金だと募金を募り、

その基金を米国要人の懐柔に回し、

日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を可能としたと共に、

戦後韓国初代大統領にまでなった、

李承晩等」の

「実態を振り返れば、誰でも良く分かる」』。

『「自らの国が弱小国である事を重々承知している悪国家権力者等」は、

「弱小国である自国より、他国実権者等によるお墨付きや支援等」を

「優先する事」で、

「自国内での実権も保持~維持~拡大し続けようとする」。

「時には、詐欺的手段まで用いて、実態・実体を捻じ曲げ、利権を得たり、その維持~拡大等を画策したりする」。

「その結果」として、

「弱小国である自国は弱小国のまま・・・」で、

「関連の国々やその国民等には、大いなる軋轢等が生じる」が、

「悪どもは利権を得て、その維持~増大まで図れてしまう」。

「騙す悪どもも悪」だが、

「騙されたり、懐柔されたりしている者たちも劣悪」だ』。

『「日韓併合当時」に

「日韓併合の実態・実体を実態・実体通りに理解・把握出来ていない、

或いは、出来ていても、懐柔マネー・接待等に屈して実態・実体を捻じ曲げた判断をした米国要人等の如く、

現状で悪戯な反朴運動に同調させられている欧州等の人々」は、

「本当に、哀れ」だ』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態が其処に在る」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)の国内問題」は、

「韓国(北朝鮮も含む)の国内問題として扱う」のが

「妥当」だ。

「その上で、その問題が現してる実態・実体」が、

「今時何処の国でも有るべき国際基準」や

「人道や

人権等」から

「明らかに外れている場合」は、

「国際的に非難等するのが妥当」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)の者たちが主導権を持った政治運動等に同調する事」は、

「事態をより悪くし易い」。

「何故なら、それは、韓国(北朝鮮も含む)の他国依存を容認し、自立を阻害する行為だから」だ』。

『「そもそも、現状の韓国(北朝鮮も含む)内が酷い」のは、

「この他国依存故」だ。

「古の時代」には、

「中国大陸内の大国の実質的属国」として、

「自立せず、

朝鮮半島内の国家権力者たちは、

宗主国の下の自分たちの下に朝鮮半島内の国民を置く支配を行い続けて来た」。

「その結果、下の下では衰退が必然となり、下の下が大半を占める国家自体も衰退した」から、

「日韓併合前には、単独では国の維持さえ困難な状態に陥っていた」』。

『「日韓併合に当たり、朝鮮半島内の国家権力者たちは、清の下を止める代わりに、

日本の中を取った」。

「それと共に、日本の乗っ取り支配も企んだ」。

「清より大きな頼れる国として米国が在った」から、

「日韓併合時から、当時の朝鮮半島内の国家権力者人脈の一部」は、

「一族から資金等を集め、渡米した」』。

『「渡米後のその人脈の者たち」は、

「先ずは、米国内で、自分たちが豊かになる事を目指した」が

「元の無い者たちが出来た事」は、

「植民地支配詐欺」だった』。

『「実態・実体としては、日本による韓国(北朝鮮も含む)救済だった日韓併合」を

「日本による侵略~植民地支配と嘯く」と、

「日本の事を良く知らない当時の米国要人や米国人の一部」は、

「その嘘を素直に信じ、解放資金募金に応じた」。

「集められた金」は、

「当時の米国内、韓国(北朝鮮も含む)人人脈の生活の為にも使われた」が、

「米国要人懐柔資金としても使われた」』。

『「解放資金としては、ほとんど使われなかった」のは、

「当時の朝鮮半島内」は、

「元々、解放の必要など無い、日韓併合以前より遥かにマシな状態だったから」だ。

「極一部の勢力が、植民地支配詐欺の正当化の為、小規模な反乱軍的状態を露呈した」が、

「当時の多くの朝鮮半島内の韓国(北朝鮮も含む)人の人々にも迷惑がられ、

排除された」から、

「早々に、実態・実体としては、大勢に影響の無い山奥の小反政府集団」となった』。

『「事態が急変した」のは、

「日米が戦火を交えた後」だ。

「日米が戦火を交える裏にも、

米国内韓国(北朝鮮も含む)人人脈によるアンチ日本懐柔等が在った事は想像に難く無い」。

「日本国内でも、当時の韓国(北朝鮮も含む)人人脈による軍人脈焚き付けが在った」』。

『「日米共多大な犠牲を出してしまった太平洋戦争の裏」には、

「悪韓国(北朝鮮も含む)人人脈による歴史実態・実体捻じ曲げ詐欺等が在る」』。

『「何れにしても、大戦は始められてしまい、日本は敗戦」した』。

『「日本の敗戦につけ込んで、韓国(北朝鮮も含む)悪国家権力者等が何を行ったのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)は、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的状態で始められている」』。

『「日韓併合」とは「国際的にも認められていた条約」だった。

「常識的戦後処理」なら、

「戦後も、日本本土等と朝鮮半島等は敗戦国日本として扱われた筈」だった。

「それを捻じ曲げ、植民地支配詐欺上の不当利権を貪った」のが、

「李承晩等」という訳だ。

「米国人脈に近い李承晩に対抗して、旧ソ連が早急にでっち上げた者が金成日という訳」だ。

「米ソの代理戦争的な、朝鮮戦争が起こり、

多くの朝鮮人も犠牲になった」』。

『「上記の様な歴史実体を振り返れば誰でも分かる筈」だ。

「現状の朝鮮半島内の混乱」は、

「北朝鮮にしても、韓国にしても、当然の流れの上に在る事等が」』。

『「戦後、敗戦国日本の一部として扱われた」なら、

「朝鮮半島内に今の混乱は無い」。

「そればかりか、日韓(北朝も含む)友好等」は、

「同国民なのだから、言うまでも無い、当然の事態となっている筈」だ。

「その平和・安定~成長を私利私欲の為に壊した」のが、

「植民地支配詐欺等を行った悪権力者人脈の者たち」であり、

「植民地支配詐欺故に可能となった火事場泥棒の不当恩恵を受けている」のが、

「財閥人脈だったりしている」のが、

「朝鮮半島内の実態・実体」だ』。

『「悪どもを蔓延らせ続けている限り、朝鮮半島内の苦悩(ヘル朝鮮)は終わらない」』。

|

テレ朝では、池上が「トランプ大統領になってどうなるのか?」等の人依存論を公共の電波上で大宣伝する予定らしいが・・・。

『「米国大統領選の結果」とは「トランプ氏に頼りたい人々の現れでは無い」。「現状脱出欲動の現れ」だ。

「ここで、人依存を煽る」と

「現状の正常進歩・正常進化等が阻害されてしまう」』。

『「人依存状態に陥らされた多くの人々」は、

「頼る者・物・事を求め続け、

その結果として、

現状は正常進歩・正常進化等する事が出来辛くなり、

同様の新たな不満がより多く蓄積され易くなる事になる」。

「その行く末」は「集団的現状脱出欲動の暴発」で、

「歴史上の大戦争」は

「上記の様な精神構造上」で

「起こされて来ている」』。

『「トランプ氏の当選等」を

「現状脱出欲動の現れとして捉え、

現状をどの様に正常進歩・正常進化等させれば良いのか?等」を

「多くの人々が考え、

実行可能な者・物・事等は、

実行すれば、

現状脱出欲動の健常解消」も

「実現可能になる」』。

『「個々の人々の精神構造の健常成長がもたらす人間社会の健常化」は、

「大戦争を葬り、平和を誘う特急券」だ』。

『「上記の様な実体が在る」のに、

「未だに、トランプ氏が大統領になったら・・・等」と、

「特定の人を特別扱い」して、

「その人の意向」に

「多くの人々を傾注させ」、

「より多くの実権を与えせしめる

実質的、マインドコントロール」を

「日本の公共の電波上で行いたがっている様相」なのが、

「テレ朝」だ』。

『「今のところは、前宣伝ダケからの印象」だが、

「恐らくは、実際の本放送の内容も、前宣伝の印象通り・・・になってしまう」のだろう・・・』。

『「現状のテレビ・マスコミ界等に多い、劣悪左翼」とは、

「学校時に、日教組等の教師等に、実質的に、依存出来ていた者たち」だ。

「日教組等の教師等の言う事等」を

「まるで、親に言われた事等の様に良く覚えた者たち」だ。

「者・物・事への依存」や「比べっこによる支配権・被支配権争いの精神構造」等は、

「良く覚えこまされている」が、

「本当に進歩的・進化的な事等」は

「ほとんど学んで(教えられてでは無い)いない」のが

「劣悪左翼」だ。

「教え元が出す試験等では、優等生」でも、

「本当に進歩的・進化的な事等」では、

「圧倒的な劣等生状態」なのが

「劣悪左翼」だ。

「それでも、高学歴等をダシ」に、

「他人より優等生ぶり続け、

他人以上の大量消費自慰生活等の中で自らの劣悪さを誤魔化し続けたい」ので、

「過分な立場等を悪用して、多くの他人を劣悪化させ、衰退させる事」で、

「悪徳をえ続けようとしている」のが、

「劣悪左翼」だ。

「所謂、東側がお得意」な、

「社会・共産社会では無い特定極一部の人々による支配社会」と

「同様の事」を、

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上で行い続けたがっている」のが、

「劣悪左翼」だ』。

『「所謂、理系の分野」では、

「教師の言う事等の多くが、科学レベルで判明した実体や事実・現実を伴っている」ので、

「それらを良く覚える事にも、相応の実メリットが有る」。

「しかし、所謂、文系の分野」では、

「教育の元情報の多くが、考え・思いによる納得レベル」だから、

「教師等が勝手に脚色等し易い」』。

『「例えば、

日教組等の教師の言う事等の主たる方向性

≒多くの日本人に自虐を強いると共に、

韓国(北朝鮮も含む)系の人々等、

特定の人々を有利にする

実質的、政治運動等だったりしている」のが、

「実態」だ』。

『「そんな、所謂、文系の、状況下」で

「優等生となり、

高学歴を得て、

所謂、文系高学歴職であるテレビ・マスコミ界等で重用されている」のが、

「現状のテレビ・マスコミ界等の実権者たち」だ』。

『「その下で重用されている、多くの、常連出演者たち」の

「思想信条等が、実権者好み」なのは、

「単なる偶然では無い」』。

『「実権者たち」が、

「思想信条・人脈・血統等が合う者たちを優先して重用している」から、

「戦後の日本のテレビ・ラジオ等」では、

「特定極一部の者たちが、何処の局でも、常連出演状態」という、

「不健全でツマラナイばかりか、

実質的に、有害な状態になってしまっている」のが、

「実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「酷い状態の是正」は、

「急務」だ』。

『「元々が、教師等、人に頼る事で、現状の優位な立場を得られている劣悪左翼たち」は、

「多くの視聴者に、同様の精神構造を持たせる事」で、

「自己承認欲求の代償欲求を満たそうと悪足掻きしている」。

「もちろん、代償欲求には充足があり得ないから、無駄で、大迷惑な努力だが!」』

『「多くの米国国民による現状脱出欲動が実を結び、

トランプ大統領が誕生する事となった今日」、

「世界中の多くの人々が考えるべき」は、

「現状脱出欲動自体を解消して行く方法等」だ』。

『「例えば、現状の酷く劣悪な経済システムをそのまま」に

「宝くじは愚か者の税金」等と

「利口ぶる」のは、

「簡単」だが、

「それは、

現状に毒されている、

不健常で、内実としては、余り、賢く無い、オリコウさん」に

「過ぎ無い」。

「普通に健常」なら、

「現状の酷く劣悪な経済システム自体を直そうとする」のが、

「当然」だ』。

『「現状の酷く劣悪な経済システムが何故、酷く劣悪なのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「科学レベルで判明している

自分の実体やその実体の本来の目的との

整合性」が

「悪過ぎるから」だ』。

『「逆から言えば、健常な経済システムをつくり出す事」は、

「意外と簡単」で、

「科学レベルで判明している

自分の実体やその実体の本来の目的から、

整合性を取って経済システムを設計すれば良いダケ」だ』。

『「経済学者で、

その実務さえも出来ない様なら、

経済学者は辞めた方が良い」。

「今時の全ての人類が必要としている仕事が出来ずに、

現状にお墨付きを与えせしめる悪業を行い続ける者たち」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たちだから」だ』。

『「経済学者では無い、多くの一般の人々が先ず行うべき事」は、

「自己の実体把握」だ。

「科学レベルで判明している実体やその実体の本来の目的」を

「理解・把握した上で、齟齬の無い、死生観や人生観を持つ」なら、

「現行の経済システム上でも、余りに愚かな事は、直ちに是正したくなる筈」だ』。

『「特定の者・物・事に依存しない、成人として当然の精神構造を持っている」なら、

「大金持ちや大権持ちは、悪として、正しく認識出来る筈」だ』。

『「他者依存」や

「他者依存状態への他人からのお墨付き等」が

「不要」なら、

「大金持ちや

大権持ちや

有名人等」の、

「大きく頼りがいのある、

誰もが知る存在等」は

「不要になる」』。

『「大金持ちや大権持ちや有名人を解消する事」で、

「(有名人利権も含む)利権の偏在が解消され、

格差是正も可能になる」のが、

「現実」だ』。

『「格差是正実現の為」には、

「先ず、人類誰もが、成人になるまでに、

者・物・事へ大きく依存する精神構造から、

自分で自分を健康にコントロールし続ける精神構造に

自らの精神構造を成長させる事」と、

「依存には好都合でも、実際は、格差の元である者・物・事を解消する事」こそが、

「重要になる」』。

『「トランプ大統領等に依存する人々が多いまま」なら、

「格差もロクに是正されず、時と共に、現状脱出欲動は益々溜まる」。

「そんな方向を誘う論を、日本の公共の電波上で一方的に大量配信する悪事」は、

「絶対に、行うべきでは無い」』。

『「トランプ氏の当選を、現状脱出欲動が生んだ一つの実等」として「捉え」、

「現状脱出欲動をどうやって解消するのか?」で、

「論を進める」なら、

「上記の様な話し」が、

「出来て当然」だ』。

『「テレ朝や池上等」が、

「今時の人類にとって、有益な情報配信が出来るのか?」

「今時の人類にとって、有害な情報配信を行ってしまうのか?」は、

「本番組の内容次第」だ』。

『「何れにしても、劣悪左翼蔓延るテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

昨日のテレ朝は、「一般人有益分子化で芸能人宣伝」とか「もはや、旧態依然の相棒」とかでかなりグロテスクだったが・・・。

『「あいつ、今、何してる?」と「芸能人(往々にして落ち目)の知る過去の友人(多くの場合、一般人)」を「ダシ」に「公共の電波を使って、芸能人の価値を上げる為の情報配信をしていさる様」には、

「本当に呆れた」。

「芸で売れない芸能人」など「要らない」』。

『「相棒」も、

「さすがに、もはや、旧態依然の域」だ。

「何しろ、丸ごと一人の死生観を抱きしめているが故の苦悩」を

「解消するに有益な情報配信が出来ていないから」だ』。

『「丸ごと一人の死生観」は、

「丸ごと一人の殺人の生みの親にもなり易い」ばかりか、

「その犠牲者の快復の妨げにもなる」』。

『「もっとも、相棒の場合」は、

「元々、主人公の右京」が、

「天才では無く、オタク的秀才」という「位置づけ」だから、

「未だ、仕方の無い現象の域」かも知れない』。

『「最悪レベル」なのは、

「TBS、IQ246」で、

「天才、もしくは、高IQ者」を

「主人公」としていながら、

「丸ごと一人の死生観・・・」と、

「凡才、もしくは、低IQレベルの話しに終始しているところ」だ』。

『「現状テレビ界ドラマ等」の「この低レベルぶり」は、

「人類の精神文化の正常進歩・正常進化を阻害する大迷惑」で、

「本当に、大迷惑」だ』。

『「旧態依然としている相棒」が、

「どんなに、相棒を入れ替えて」も、

「衰退の一途を辿る」のは、

「当然の現象」だ』。

『「新相棒」として、

「丸ごと一人の死生観を葬り去る事で、殺傷事件を葬り去るドラマ」でも「やったらどうか!」』

『「芸能人の芸以外売り」も、

「旧態依然ばかり・・・のドラマ」も、

「もはや、公共の電波の無駄遣い、もしくは、悪用、以外の何モノでも無い」。

「更に言うなら、ニュースショウ等での実質的政治運動等」は、

「もはや、罪として認識され、罰が与えられて然るべき」だ』。

『「公共の電波上で一方的に大量配信されるニュース情報等」は、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道に限定するべき」だ』。

『「偏向・偏重報道等が蔓延れている事」

≒「ナチス・ヒトラーの如き、大衆誘導が可能な事」であり、

「多くの視聴者に現状日本社会の実態を誤解させる事」に他ならない』。

『「日本の刑務所の中を見てみれば、誰もが直ぐに判る」。

「現状日本社会の犯罪で多い」のは、

「中国系・韓国(北朝鮮も含む)系等の外国人系の人々による犯罪」というのが、

「現実」だ。

「もちろん、それには、相応の理由が在る」から、

「その理由を、源流から、解消して行く事こそが重要になる」』。

『「別天地目的の移住者・渡来者の実体等を明らかにし、

その問題点等を解消する為の情報・教育」や、

「反日教育の被害者的者たち」や、

「日本乗っ取り支配目的の悪たち」の

「源流からの改心等を促す情報・教育」等や、

「現状日本社会の不公平・不平等等を解消するのに有益な情報・教育」等が、

「日本の公共の電波上で一方的に大量配信されるのに相応しい情報になる」』。

『「何れにしても、現状のテレビ界」は、

「異常」だ。

「現状の常連出演者たち」とは、

「まるで、韓国のおバカ娘の言い分通り、親に恵まれていないから常連出演さえ出来ないのよ!」という

「権力構造の下」で

「多くの出演価値の有る人々」を、

「出演させない事の上に在る人々に他ならない」。

「現状のテレビドラマ等の脚本家や、

テレビドラマ等で常用されている小説家等」も

「実質的に、同様」だ。

「今時の人類世界に必要だから重用されている」のでは「無く」、

「現状のテレビ界実権者連中」の

「有益分子として使えるから重用されている」ばかりか、

「多くの場合、裏で、重用されている芸能事務所等がらみの、バック・・・等とかが、在る」と

「強く推定出来る」』。

『「テレビ界・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

最近は、何処の局でも「韓国大統領問題」と、昨日だけは「地震・津波・原発問題」ばかりがメインだが・・・。

『「言うまでも無く、韓国大統領問題とは、他国の問題」だ。「多くの日本国民や日本国にとって重要な事」は「その問題の詳細を覚える事では無い」。

「日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信」なら、

「まるで、韓国(北朝鮮も含む)国民に対しての情報配信の如く、

事の詳細を覚えさせる事を目的としているかの如き情報配信」では「無く」、

「韓国や朴政権とは、

どんな政権であり、

どの様に付き合うべきか?」等を

「考え・実行するのに有益な情報配信を行うべき」だ』。

『「韓国朴大統領の父、

側近に暗殺された故朴大統領」とは、

「1965年に、日韓基本条約を締結させ、日本から大量の経済援助を引き出した大統領」だった。

「この事から、韓国(北朝鮮も含む)系の人々の中には、

故朴大統領」は、

「親日の大統領だった」等と

「考え・思い・信じ、

同様の感をそのまま多くの日本国民にも、摺り込もう等としている人々」も

「少なからずいる様」だ』。

『「しかし、実体は、全く違う」。

「それは、故朴大統領」が、

「日韓基本条約締結の裏」で、

「韓国内では反日教育を推し進めた事からも明らか」だ』。

『「反日教育を推し進めたから反日」というのも「単純過ぎる」。

「何故なら、上記の様に、

少なくない数の韓国(北朝鮮も含む)系の人々」や

「韓国(北朝鮮も含む)国民」等は、

「反日大統領とは捉えていないから」だ』。

『「では、故朴大統領とは、

どんな人々にとって都合の良い大統領だったのだろうか?」』

『「日韓基本条約」とは、

「終戦直後の一部韓国(北朝鮮も含む)系の人々による実質的火事場泥棒的行為等の成果」を、

「公認せしめる条約でもある」。

「終戦直後~朝鮮戦争時頃~の日本に対する武力侵略~実効支配や難民名目の移民等に対する優遇継続等、不当な要求等」も

「公認せしめる条約でもある」。

「更に、日本国から、経済援助までせしめた条約」だ』。

『「日本側は、未来志向の平和友好共存を優先」し、

「それだけのモノを与えても、日韓基本条約を締結した」。

「その代わり、今後は、未来永劫、その前の事はお互いに、ナシにして、

平和友好共存を目指しましょう」というのが、

「日韓基本条約」だ』。

『「もう言うまでも無い事」だろう。

「その日韓基本条約と、日本からの経済援助で一番利を得られた」のは、

「終戦直後~朝鮮戦争停戦時までに、

韓国内で、

日韓併合時の日本人の財産・資産・有力立場等だったところ」を、

「より多く手に入れられていた者たち」であり、

「その後、財閥等、経済・実務界等で日本からの経済援助分等」を

「より多く使えた者たち」だ』。

『「韓国格差社会の元」である

「財閥等の血統一族利権の元」も

「公認せしめた」のが、

「日韓基本条約」だ』。

『「故朴大統領」とは、

「その様な極一部の人々にとっては、

非常に有り難い大統領」になる』。

『「多くの韓国庶民」には、

「ほとんど利が無い」ので、

「自分たちにほとんど利の来ない日本との条約を締結した故朴大統領」は、

「親日に違いない」というのが、

「故朴大統領親日論の内実」になる』。

『「内実としては、親韓国(北朝鮮も含む)系人火事場大泥棒利権争奪組」というのが、

「故朴大統領」だ』。

『「日本国内でも、

石原元都知事等、韓国(北朝鮮も含む)系と言われている人々の評価が高い」のが、

「故朴大統領」だ』。

『「戦後の韓国(北朝鮮も含む)」では、

「有力政財界人の多く」が、

「その様な、火事場大泥棒利権争奪組だったりしている」ので、

「自己正当化を周囲(世界中)に強い続ける必要の有る者たちによる国家・経済運営等」は、

「必然的に、相応に劣悪となってしまっている」。

「その結果」として、

「戦後の韓国・多くの韓国国民は、本当の意味で豊かになれず」、

「日韓間」も、

「日韓基本条約を締結したにも関わらず、

平和・安定・共存等からは、

ほど遠い状態が続いてしまっている」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪質権力者たち」が、

「困窮する」と

「直ぐに使いたがる手段」が、

「国際社会の中でのゴネ得狙い」だ』。

『「植民地支配詐欺ゴネ得狙い」や

「従軍慰安婦詐欺ゴネ得狙い」

や、

「核・ミサイルゴネ得外交等」は、

「戦後韓国(北朝鮮も含む)の国家体制故に生まれている現象に他ならない」』。

『「もちろん、本来」なら、

「日韓基本条約で(少なくとも、韓国との間は)全て済」というのが、

「通常の国家体制が築けている国々の世界常識」だが・・・』。

『「上記の様な{実績}を持つ朴現大統領のお父上」は、

「側近により、暗殺されてしまった」。

「暗殺理由は、残念ながら、筆者の知るところでは無い」が、

「恐らくは、偏在利権を得られなかった人脈による暗殺」だろう』。

『「偶々、その様な親の下に産まれた朴現大統領」が、

「幼少期から、孤独化していた」のは、

「当然の現象」かも知れない』。

『「平和な孤独~孤独からの解放」なら、

「未だ、救いはあったのだが、

要人の子の孤独につけ込んで、

利権を得ようとする悪も生まれ易い」のが、

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)の社会精神構造」だ。

「そして、現実は、その通りに動き、

現在の問題が生じている」』。

『「平和・共存・安全等を求める

普通の韓国(北朝鮮も含む)国民や、

韓国(北朝鮮も含む)系の人々が行うべき事」は、

「もはや、明らか」だろう。

「悪権力者や悪財界人等から、

利権を剥奪」し、

「真の民主化を実現すれば良い」』。

『「今の大統領ダケ降ろしても、同様の事態が繰り返されるダケ」だ。

「集中悪徳利権の解消こそが重要」だ』。

『「日韓基本条約で全て水に流す事を国際的に表明している日本国やその中の日本国民」が、

「日韓基本条約を無視して、ゴネ得を行い続けるなら・・・」等と、

「騒ぎ出さなくても済む様」に、

「韓国(北朝鮮も含む)内を正常化・健常化する」と「共」に、

「日本国内で未だに、行い続けている自虐的にしかならない工作活動等を解消する事」が、

「必要」だ』。

『「日本国・日本国民が、この問題に対して、行うべき事等も明らか」だろう。

「韓国(北朝鮮も含む)内の正常化・健常化」や、

「日本国内にいる韓国(北朝鮮も含む)系の人々の不健康な行動等を解消する事」に、

「力を加える事」だ。

「実体を明らかにし、情報共有する」と「共」に、

「日本国内の工作活動等、取り締まり、止めさせるべき事」は、

「早急に、実効のある対処をするべき」だ』。

『「韓流ドラマの様な人脈劇・・・」と、

「朴政権の騒動売り」を

「日本国内で行い続けていても、ロクな事は何も無い」。

「時と共に、問題が、益々深刻になるダケ」だ』。

『「火事場大泥棒利権を解消し、朝鮮半島内の真の民主化が進む」なら、

「日韓平和友好共存関係」を

「安定的に築く事」が、

「容易になる」』。

『「地震・津波問題」で、

「反原発政治運動を行っている劣悪左翼」の

「醜悪さ」等は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「戦後日本のテレビ界・ラジオ界」にも

「火事場大泥棒の臭いが充満している」。

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

土曜日の「世界一受けたい授業」では、実質的、依存症の公然化と宣伝を行っていたらしいが・・・。

『「依存症の多くの実態・実体」は「自己承認欲求等の代償欲求の追及に奔走している状態の固定化」だ。

「本来の依存状態解消法」なら、

「状態固定化からの脱却だけでは無く」、

「代償欲求追及欲を減少させ、依存症状態に陥る危険性を大幅に下げる為」にも、

「本来欲求の充足が入っていなければオカシイ」』。

『「ところが、世界一受けたい授業等」では、

「本来欲求と代償欲求の説明さえ無く、

依存症から抜け出す為」には、

「他の人々とのコミュニケーション」とか、

「多趣味化」とかが

「良い旨等」を

「言っていた」らしい』。

『「それでは、まるで、依存症の公然化と宣伝状態」だ』。

『「そもそも、人は何故、他の者・物・事への依存状態に陥る場合が有るのか?」

「多くの依存症の実体」は、

「自己承認欲求の代償欲求の追及であり、

その為に必要となる者・物・事への偏執」だ』。

『「とりあえずは、本来欲求」から「話しを進めよう」』。

『「生体本来の欲求が、充足されれば、生体は落ち着く」。

「生体更なる本来欲求の必要を感じるまで、新たな同じ本来欲求は、基本的に、生まれ無い」』。

『「例えば、生体の本来欲求である食欲」では、

「食事」で

「必要な、アミノ酸等の栄養分&水分&ミネラル&ビタミン等&酵素等々」を

「十分な量食べれば、本来欲求が充足され、その生体は落ち着く」。

「更なる食事が必要になるまで、食欲も抑えられる」』。

『「ところが、代償欲求には、充足が在り得ない」。

「例えば、必要な食が得られない生体」は、

「食欲を誤魔化す為」に、

「他の生体や物質等に対して、八つ当たり的行動を起こす場合も稀では無い」が、

「もちろん、どんなに八つ当たり的行動を起こし続けても、

食欲が満たされる事は無い」。

「コレが代償欲求追及の世界」だ』。

『「実体としては、基本的には、虚しい、代償欲求は何故生まれるのか?」

「生体本来欲求」と、

「代償欲求」は、

「生体の自己承認欲求」で

「結ばれている」』。

『「自己承認欲求」とは、

「その生体が存続している時空や状態下等において、

生体が存続可能状態である事の自認を確認し続けたくなる

生体本来の欲求」だ。

「自己の状態が、その時空や状態下等において、

存続に適している事を自認出来れば

自己承認欲求は充足される」が、

「生体を取り巻く時空や状態等」は

「常変している場合が多い」ので、

「自己承認欲求は常に、生じ続け易い」』。

『「この常に生じている場合が多い、自己承認欲求」で、

「ある生体本来欲求とその代償欲求が繋げられ易く」、

「例えば、食欲等ある生体本来欲求が自己承認欲求と繋がっている場合、

その生体本来欲求の充足が困難な時に、

代償欲求が生まれ易くなる」』。

『「食が得られない状態下に置いて、

食欲という生体本来欲求を充足させる事は、基本的に、不可能」だが、

「自己承認欲求なら、満たせる可能性がある」。

「例えば、食が得られる場所への移動等の選択~実行」は、

「自己承認欲求を満たす事が出来る」』。

『「しかし、自己承認欲求を満たす事が出来る選択が可能な場合ばかり・・・とは限らない」のが「世の常」だ。

「それは、移動したくても、移動出来なかったり、

例え、移動しても、食にあり付けない状態下等の事を考えれば、

誰でも分かる事」だ』。

『「自己承認欲求不充足感を弱くする為に有効」なのが、

「代償欲求の追及という訳」だ。

「食事不可能な授業・仕事中等の状態下時」に、

「とても、腹が減った場合」、

「他の者・物・事に八つ当たり等して、

気を紛らわせる等」の

「代償欲求の追及行為」は、

「誰にでも、経験がある」だろう。

「もちろん、そんな事をしても、気は紛れても、益々、腹が減るダケの場合が多いが・・・」』。

『「しかし、八つ当たりにより、脳内で、快感物質が発生した場合は、どうだろう?」

「益々、八つ当たりしたくなる人が生まれてしまっても、何の不思議も無い」。

「依存症の種の例」が、

「其処に在る」』。

『「もちろん、八つ当たりでは、食欲も、自己承認欲求も満たされる訳も無いのだが、

代償欲求の追及により、脳が快感を感じられている」なら、

「代償欲求の追及が生み出す快感を得続ける為」に、

「代償欲求の追及に奔走したくなる」のも、

「当然の現象かも知れない」。

「もちろん、自己制御が未熟、もしくは、浅く・甘い人々等限定の現象」だが・・・』。

『「現実の時空や人為的に不健康に歪められていない環境・状態等との整合性を高く、

自分で自分を健康にコントロールし続ける」なら、

「自己承認欲求は、満たされ続け易くなる」から、

「人間なら、誰もが、

自分を、自分の実体を、自分の実体の本来の目的等を、より深く知り、

自分をより深くから健康にコントロールし続ける事」こそが、

「重要」になる。

「それは、

依存症に陥りづらくなる為にも、

依存症から自分を解放する為」にも、

「非常に重要な事」だ』。

『「人の脳内」では、

「代償欲求の追及でも、依存法でも、他の物事等でも、その行為等を繰り返す」と、

「その行為を行う意思(意識・無意識は問わない)を発した部分」と、

「その行為を行う事で刺激を受けている

その行為等に必要な可能性が強い部分」の

「脳細胞神経ネットワークが強化される」。

「この段階では、比較的、アバウトに、多目の領域で脳神経ネットワークの強化が起こっている」』。

『「ある程度以上、強化領域が固定化された後」は、

「その行為の発現化やその行為を行う事等に必要な脳神経神経ネットワーク」が

「より小さく絞り込まれ、単純化する」。

「小さく絞り込まれ単純化された部分は、より強化され易くなる」』。

『「脳内快感物質等も、この脳神経ネットワークの変化により、生じさせられている」。

「脳神経ネットワークの普通では無い変化に対応する為」には、

「その苦痛を和らげる{薬}を生み出し、利用する事が合理的になる」。

「人類等の高度に構築されている生体」は、

「この{薬}作用等を結構沢山持っている」』。

『「全て{その方}が{事の善悪を問わず}より合理的で効率が良いから」故の

「意思(意識・無意識は問わない)に基づいた脳内自然現象」だ』。

『「依存症で脳が変わる」とは、

「上記の様な現象」だが、

「{悪い方}に変わってしまっている」から、

「症(病気)」だ』。

『「良い方に変わる」とは、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い方に変わる事」であり、

「悪い方に変わる」とは、

「自分の実体やその実体の本来の目的を損なう方に変わる事」だ。

「自虐からの脱却」こそが、

「今時の多くの人類の基本行動原理であるべき」だ』。

『「依存症状態から解放される為にはどうしたら良いのか?」

「該当番組内でも紹介があった」という、

「依存先の多種多様化」は、

「それなりの実効がある」。

「何故なら、脳内の単純~強化(硬化)化を妨げる」から、

「快感物質の排出も抑えられるから」だ。

「しかし、代償欲求の追及に奔走している実体は変わらない」から、

「それだけでは、本当の解放には至らない」』。

『「多種多様な代償欲求の追及に奔走出来ている内は良いかも知れない」が、

「その為には、相応に、時間も金も他人の協力等も要る」。

「同様の状態の者たちで集まれば、共依存関係が築かれ、

ある共依存集団にとって、

別の共依存集団が、

異物であり、敵とみなされてしまう可能性も決して小さく無くなる」。

「悪戯な解放法は、新たなトラブルの元にも成り得てしまう」。

「何事でも、源流対策が重要」だ』。

『「本当の解放が得られない事や、トラブルの元化等」は

「何故起きてしまうのか?」

「自分で自分を、より深くから、健康にコントロールし続ける」という

「自己承認欲求の本来欲求充足にも繋がる、

人類としての基本中の基本(この手の問題の源流と言い換えてもよいかも知れない)が疎かだから」だ』。

『「自分で自分を、より深くから、健康にコントロールし続けるベースが有る様になれば、

多種多様な依存先も必要無くなる」』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「自分の実体把握が必要不可欠になる」。

「今時の人類なのに、

古の人類並みの丸ごと一人の死生観・人生観等ベース」なら、

「ある程度以上深い部分から自分で自分を健康にコントロールし続ける事等」も

「かなり困難になる」。

「現実や実体との整合性が低いから」だ』。

『「逆に、人類が、既に、科学レベルで判明させている

細胞ごとの誕生・死等の実体や事実・現実を基にした死生観や人生観をベースにする」なら、

「自分で自分を、より深い部分から健康にコントロールし続ける事等も、比較的、容易になる」。

「細胞ごとの死生観・人生観を抱いている」なら、

「丸ごと一人の死後を考える事や、

細胞レベルの現象である死自体を恐れる事等々は無くなり、

どう生きるのか?等々が重要になる」。

「丸ごと一人の殺傷等の

実体離れぶり等も明白で、

愚かで、バカらしい事」になり、

「広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続(実現可能な永遠の命と言い換えても良いかも知れない)を考える」なら、

「本質的に自虐的な事は、行い辛くなる」。

「本来欲求の充足度も高くなり、

依存状態に陥り辛くなる」』。

『「依存症問題を語る」のに、

「代償欲求の追及問題」や、

「本来欲求の充足」等を

「言わない」のは、

「明らかに、オカシイ」。

「多くの人々を依存状態≒劣化状態に誘う事」と、

「依存症の宣伝・公然化等」により、

「現状利権の維持~増大等を企んでいる、

悪徳テレビや心理学者???等の臭いが充満している様相」だ』。

『「何れにしても、テレビ界・ラジオ界」の

「人脈も含めた、健常化・正常化」は

「急務」だ』。

 

|

サンデーモーニングでは、現状世界の「右傾化」を「左翼」連中が何とかしなければと嘆いていたが・・・。

『「自分たちを守ろうとして」等を「言う前」には「自分とは?」が「重要」だ。

「狭義の自分しか認識出来ていない劣悪状態」のクセに、

「左傾化・有名人化・現状優位立場所得等」で

「優等生ぶり、

賢ぶりたがっている様相」の

「内実、劣悪者たち」は、

「現状の自分たちが保持出来ている利権等を維持~増大し続けられる状態等」の

「保身(自分を守る)行動に邁進し続けて来ている」。

「内実、劣悪な、

所謂、左翼等による情報・教育の大量蔓延~実質的、大衆誘導の一つ結果」が

「現状の右傾化」だ』。

『「所謂、左翼連中が推奨し続けて来た道の上」で、

「人間社会・経済システム等を回し続けて来たら、

格差は増大し、戦乱も対立も環境破壊等々も、止まらず、ダメだった」のだから、

「左がダメなら右へ!」は、

「当たり前の流れ」になる』。

『「所謂、左翼の実体」とは、

「所謂、右翼を批判・避難し、右翼の対極に居続けようとしているダケ」の

「所謂、右翼と、実質的に、同レベルの者たち」だ。

「そんな左翼」を「劣悪左翼」と「言う事にする」』。

『「進歩的な内実を持つ」のが「本当の左翼」で、

「本当の左翼」なら、

「現状の人間社会・経済システムの問題点等」を

「現実的に訴えられ、

具体的な改善法等を示せて、

当たり前」だ』。

『「ここで、本当の左翼など難しいのでは?」等の「感を持つ人々」とは、

「所謂、左翼の情報・教育等の毒に染められている人々」だ』。

『「実際は、本当の左翼化する事等」は

「意外と簡単」だ。

「少し考えれば、誰でも分かる、

現状の人類の政治・経済・社会等、

所謂、文系、もしくは、精神文化側」の

「問題解決の基本」が「其処に在る」』。

『「所謂、理系、もしくは、物質文明側」の

「急速な進歩・進化を、何故?人類は実現できているのか?」

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているから」だ。

「では、所謂、文系、もしくは、精神文化側ではどうか?」

「未だに、多くの場合で、考え・思い(≒宗教)レベル」だ。

「進歩・進化等しない、し辛いのが、ある意味、当然の実態・実体が其処に在る」』。

『「行うべき基本は、既に明らか」だ。

「所謂、文系、もしくは、精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用すれば良いダケ」だ』。

『「どうすれば良いのか?」等は、

「具体例が無いと分かり辛いかも知れない」』。

『「例えば、自分の問題」だ。

「考え・思い(≒宗教)レベル」での「自分」は、

「丸ごと一人の人間」だ。

「考え・思い(≒宗教)上の自分の感覚や、

歴史上の自分概念等」を

「検証すれば、それは、誰にでも良く判る」。

「人は、丸ごと一人を自分と考え・思い・信じ、

行動等を起こし続けて来た」。

「古の時代~の、死生観も、人生観も、丸ごと一人が基本になっている」』。

『「人は、丸ごと一人でいっぺんに誕生」し、

「人は、丸ごと一人でいっぺんに死ぬ」と

「考え・思い・信じている人々」は

「未だ、多い」。

「丸ごと一人を、考え・思い・信じている」なら、

「例えば、死は、この上無い恐怖になる」。

「死んだらどうなる?」とか、

「死後は?」等々が、

「大いに気になって当然」だ』。

『「ところが、科学レベルで判明している誕生・死の実態・実体は全く違う」。

「誕生・死の実態・実体は細胞レベルの現象である事」が

「既に、はっきりしている」。

「つまり、生きてる人なら、何処の誰でも、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している」のが、

「現実」だ。

「もはや、死とは、日常で、痛くも痒くも無い現象」だ。

「死んだらどうなる?」とか「死後は?」等々を

「考えている暇がある」なら、

「どう生きるのか?」

「何の為に生きるのか?」等々を

「考えた方が、遥かに良い事になる」』。

『「丸ごと一人を考え・思い・信じる限り、人は誰でも孤独になる」。

「何しろ、丸ごと一人の自分」と、

「丸ごと一人の自分以外」に

「大別出来るから」だ。

「そんな状態」では、

「自分を守る為に、他人を貶めたり、殺傷したりする事等」も、

「合理的に出来てしまう」。

「コレこそが、他人殺傷や集団的他人殺傷であるテロ・戦争等の源泉でもある」』。

『「憎み、排除すべき」は、

「丸ごと一人の死生観・人生観等であり、

丸ごと一人の他人では無い」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実通り」に、

「細胞レベルの死生観や人生観を持つ」なら、

「細胞レベルの命の連続性に考え・思い等が至って当然になる」。

「細胞レベルの命の連続性を考える」なら、

「人類誰でも、他の人類も含む、地球上のほぼ全ての生物と命の繋がりがある事」が

「解る」。

「狭義の自分」とは「約60兆の細胞群」であり、

「広義の自分」とは「地球生命体細胞群」だ。

「狭義の自分の為に、他の細胞群を損なう自虐行為等は、抑えるのが当然と考え・思い・信じられ易くなり」、

「もはや、其処に、孤独は無い」』。

『「地球生命体細胞群の全て」が、

「根本的に、愛すべき、広義の自分」だ。

「狭義の自分の維持~存続の為に、

広義の自分の他種の命等を頂き食したりする必要は日常的に生まれ続けている」から、

「人類にとっての殺欲動」は、

「消し得無い」。

「しかし、人類は、他の人類を食する必要が基本的に無い」。

「他人に対する殺欲動は、手放せる」のが

「人類」だ』。

『「精神文化側の進歩・進化が、物質文明側の進歩・進化より前に在る状態を維持し続ける」なら、

「人類が人類を殺傷する為に、自虐的に、物質文明を利用する事等も激減~皆無になって当然」だ。

「世界平和が当たり前になる」』。

『「細胞レベルの死生観・人生観を元」に、

「現状の人間社会・経済システム等を見直す」なら、

「多くの人々に、

その現実や実体離れし過ぎているが故の自虐性等も良く判る筈」だ。

「自虐性が高い人間社会・経済システム等の自虐性を取り除いて行く事等」に

「力を発揮する」のが、

「正常で健常な、政治や、情報・教育等」だ』。

『「もはや、基本的方法は、既に明らか」なのだから、

「後は、

実行する・させる、

意思・意志ダケ」だ』。

『「現状の政治の世界の左傾化から、右傾化への変化」は、

「ある意味では、チャンスでもある」。

「もはや、誰もが、古臭い、例えば、軍国主義等の右傾化は望んでいない筈」だ。

「このチャンスに、正当で健常な情報・教育等を蔓延させる事を行う」なら、

「人間世界は、急速に正常化・健常化され易くなる事になる」』。

『「劣悪左翼等の保身や利権維持~増大等の為」に、

「劣悪情報・教育等を蔓延させ続けている時」は、

「早々に、終焉させるべき」だ』。

『「現状人間社会・経済システム等は、そのままに、

その中で、狭義の自分ダケを優位・有利にしようとし続けて来ている様相の

内実、劣悪者たち」に

「テレビ常連出演等させたり、大学等学校で教授等高い立場を与えていたり、

それに伴う有名人利権や高報酬等を与え続けていたりしたところ」で、

「ロクな事は何も無い」。

「人間世界をどんどん人類滅亡に近づける事等に力が加わるダケ」だ』。

『「テレビ界・ラジオ界等々」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、朝鮮問題常連出演者の辺が現代とのコネを自慢していたが・・・。

『「韓国のコネ社会問題やヘル朝鮮問題等を論じていた時」に「自らの現代財閥要人人脈とのコネ」を「日本の公共の電波上で、実質的に、自慢していた辺」・・・。

「実に醜悪な、この様な実態から」も、

「コネやコネの公然化やコネによる仕事・立場等の取得等が如何に酷いか」が

「良く判る」』。

『「コネとは、コネを持っている人々の利権に他ならない」。

「その利権」とは、

「コネを持たない人々を排除する事等によって得られる

立場や報酬や権力等」だ』。

『「そして、そんな不当な利権」は、

「現状の人間世界の精神構造」が、

「比べっこによる支配権・被支配権争い」という

「幼少レベルの精神構造であるが故」に、

「存在出来ている」』。

『「コネとは、比べっこ時の被特別扱い権に他ならない」。

「コネを持つ者が特権階級的になっている実態」が

「其処に露呈している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

韓国に限らず、世界中の何処の国でも、

コネは直ちに廃絶されるべき事」だ。

「何故なら、

コネは、

人類の物質文明や精神文化の正常進歩・正常進化等」を

「大いに阻害するから」だ』。

『「例えば、

現状の日本のテレビ・芸能界等も、

かなりのコネの温床状態」だが、

「そんな状態であるが故」に、

「今時求められている健常で正常な情報配信等が満足に出来ていない面も色濃い」』。

『「現状の情報・教育に毒されている多くの人々にとって」は、

「精神文化製品の優劣を見極める事さえも困難」だろう』。

『「多くの人々が優劣を見極められない精神文化側の職種等」では、

「コネで現状利権の維持~拡大等を図る事も容易になる」。

「所謂、文系の仕事上で、コネが蔓延れている理由は其処にある」』。

『「物質文明製品の場合」は、

「多くの人々がその優劣を見極める事が比較的容易」だ。

「結果として、所謂、理系の仕事上」では、

「ある程度の実能力も必要」となり、

「コネだけでは駄目になる」』。

『「実際」に

「本日のテレ朝朝番によれば」、

「韓国の起亜自動車」では、

「組合が組合員家族等のコネ入社を要求し、コネ入社システムが在る」が、

「コネで素通り出来るのは、一次試験までで、

その後は、一応、能力が問われる試験もある」のだそうだ』。

『「それでも、そんな体制の起亜自動車」では、

「厳しい国際競争の中で優位な立場を勝ち取れる訳も無い」から、

「実際に、起亜は、世界的には、マイナーメーカーの一つ状態になっている」』。

『「起亜の組合員たちが優先した」のは、

「現状の中での、血統家族等の保身」だろうが、

「現状とは、常に、正常進歩・正常進化を求められ、したがるモノである事」を

「すっかり置き去りにしている様相」だ。

「それ程までに、現状に縋らないとアブナイ状態」が

「韓国内では蔓延らせられてしまっている」のだろう』。

『「実に、お気の毒な状態」だが、

「そのお気の毒な状態」も、

「精神構造を正常進歩・正常進化させない限り、改善困難」だ』。

『「日本社会の場合」は、

「コネは、主として、所謂、文系の職種側で蔓延っている」。

「こんな状態を改善する為に有効な事」は、

「多くの人々が精神文化製品の優劣をちゃんと見極められる様になる事」だ』。

『「性能の良い車や家電製品等をちゃんと見極められる人々は数多い」。

「物質文明製品の性能の良さ」とは、

「例えば、使い勝手も良く、地球環境破壊度等も低い等々」、

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い処に在る」』。

『「自虐的趣味嗜好上や代償欲求の追及上に在って欲しい物等」を

「自虐的に求めない」なら

「良い物質文明製品を選択する事は容易」だ』。

『「ところが、精神文化製品の場合」は、

「現状では、ほぼ全てが劣悪状態」なので、

「比べっこ上では、その優劣が判り辛い」』。

『しかし、

「本質を探究」し、

「人類誰もの自分の実体やその本来の目的との整合性の高さ等を調査・検証等する」なら、

「現状の精神文化製品の実体等」が、

「誰にでも良く分かる様になり易い」』。

『「例えば、

殺傷ドラマやいじめドラマ等を視聴させ続けられている人々」が、

「金銭・恋愛・仕事等々での困窮状態等、

現状脱出欲動を暴発させ易い状態に追いやられてしまった時」、

「多くの人々の意識の中で、

まるで二時間ドラマの犯人が行っている様な{対処法}が生まれてしまう」のは、

「当然の現象」だ。

「●●ドリーム映画等々」を

「見せつけられ続けている人々」が、

「現状で、既に、大金持ち等では無かった場合」、

「多くの人々の意識の中」で

「狭義の自分ダケを大金持ちにする行動等を起こしたくなる」のは、

「当然の現象」だ。

「比べっこ上に在る商業スポーツ等の有名人選手等」が、

「大金を手に入れられている情報を見せ続けられている人々」なら、

「比べっこ上で有名人となり、

大金を手に入れる事等を

目的とした人生を目指そうとする

意識等が生じ易くなって当然」だ。

「敵や悪者を殺し抹殺等するヒーローアニメや戦争映画等々を見せ続けられている人々」なら、

「意識上で、敵や悪者を探し、つくり出し、殺し抹殺等する事で、ヒーローや正義になろう等」の

「考え・思いや信条等が生まれてしまって」も、

「当然の現象」だ。

「・・・等々、・・・等々」・・・』。

『「そんな人々の意識が具現化され続ければ・・・、

現状の様な自虐的人間世界が具現化され続けられてしまう」のも、

「当然の現象」だ』。

『「精神文化製品が劣悪であるが故の自虐現象を激減させる為」にも、

「精神文化製品を正常進歩・正常進化させる事は非常に重要になる」』。

『「精神文化製品の正常進歩・正常進化を実現する仕事が出来る能力を保持しているか?否か?

その能力はどれだけ優秀か?」等こそが、

「所謂、文系の職種の取得権であり、

各自が保持している能力応分の適材適所が当たり前になってこそ、

人間社会の健常化・正常化も可能になる」。

「其処に、コネが入り込む余地は無い」』。

『「丸ごと一人の死生観・人生観に基づき、悪戯に、狭義の人間個人の感情等を煽る、

殺傷ドラマ等では無く、

今、この瞬間にも細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人間の実体と、

細胞ごとの命の連続性等という実体に近い死生観・人生観等に基づいた、

殺すべき実体を探究~理解・把握し、

丸ごと一人の殺傷欲を殺すドラマ等の方」が、

「今時の精神文化製品として、遥かに、性能が良い(優秀である)事等」は、

「言うまでも無い」だろう。

「狭義の自分ダケを大金持ちや大権持ちにした上で、

大量消費自慰生活等を可能にする、

{悪}ドリーム映画等」より、

「広義の自分の実体を快適にして行く事で、

不当な格差や貧困等も撲滅して行く、

{良}ドリーム映画等の方」が、

「遥かに、性能の良い精神文化製品である事」は、

「言うまでも無い」だろう。

「丸ごと一人レベルで悪や正義を刷り込み、

丸ごと一人レベルで悪を撲滅し、正義を勝たせる、

人類自虐ゴッコアニメ等」より、

「丸ごと一人に拘る悪や、

その他の問題悪等を撲滅する事」で、

「誰もが快適に生活出来る状態をつくり出す多数のヒーローを描く、

人類健常状態可能道紹介アニメ等の方」が、

「今時の精神文化製品として、遥かに優秀である事」は

「言うまでも無い」だろう。

「・・・等々、・・・等々」・・・』。

『「こんな実態まで、既に、明らかになっている」のに、

「未だに、コネ自慢等を宣伝し、コネを公然化しようとしていた様相」の

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信ぶり」には、

「本当に呆れた」』。

『「過分な立場・報酬・権力等では無く、罪と罰こそが相応しい者たち」が

「其処にいる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、地方公務員着服者処分問題や原発避難小学生いじめ問題等で、常連出演者が{優等生論}を風潮していたが・・・。

『「公金着服地方公務員」に対する「市長による甘い裁き」で「公金着服なのだから等の理由を持ち出し、もっと、キツイ罰等が当然等と言う事は簡単」だ。

「しかし、金銭犯罪問題の裏には、金銭偏在問題が在る事を無視した論」では、

「上辺裁き問題論に過ぎ無い」から、

「同様の新たな事件等の再発防止等には、ほとんど繋がらない」』。

『「甘い裁きをした市長が優先した」のは、

「現状の金権を犯した者に対する、厳罰による、現状維持強い風潮」では「無く」、

「実質的に、金権支配度を弱める事で、地域社会の中の人々の健常人生の構築考察等を深める事等」だろう』。

『「ストレス解消等の為」に

「金やギャンブル等を追及する人々」が、

「かなり大多数」なのが

「現状の

金権・法治・経済/立場等比べっこ支配/被支配権争いスタイル」の

「人間社会の実態」だ』。

『「大部分の人々」が、

「法治の中で{我慢している}」のが

「実態」だ』。

『「この{我慢強い}の正当性がどれだけ在るのか?」の「判断の違い」で、

「犯罪等に対する厳罰意欲」には、

「違いが出易くなる」』。

『「心の中」では、

「{現状の金権システムに対する我慢}などは、

それ程重要では無い事」等を

「少なからず感じ(意識の有無は問わない)つつ」も、

「法治枠内で生きる{我慢}をし続けている多くの人々」は、

「自分たちの{我慢}に対する{褒美}」として、

「{我慢出来なかった者}に対する厳罰等」を

「求め易くなる」』。

『「罰が強ければ、強い程、

罰を与えられない状態を{我慢して}維持している自分の価値が高い様」に

「思い込む事等」が、

「出来る様になり易いから」だ』。

『「自分の実体やその本来の目的等に対する、

科学レベルでの本質の探究や実用等が不十分であるが故に、

精神構造の成長が疎かになり、、

精神文化側の源流対策が十分に行えず、

現状維持利権の中で、

相対的(比べっこ)に優位な立場を目指す事で、

自分を納得させ続けようとしている迷い子たち」の

「哀れ」が、

「其処にある」』。

『「そもそも、

何故、現状の金権システムには多くの人々の{我慢}が付きモノなのか?」

「言うまでも無く、

現状の金権システムは、

人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が悪過ぎるから」だ』。

『「人類誰もの自分の実体」との

「整合性が悪い事」だから、

「誰もが、

その負の実感(異常感・不快感等)」を、

「意識的にせよ、

無意識レベルにせよ、

感じている」』。

『「その負の実感から自分を誤魔化し続ける為の道具」が、

「金であり、

権力であり、

比べっこによる支配・被支配権争い等」の

「自虐業」だ』。

『「本質的には、実に、愚かで、バカらしい実態が其処に在る」』。

『「多くの人々を{我慢せざるを得ない状態下に押し込めている}現状の金権システム等」は、

「本来なら、即刻にでも、是正し、健常化・正常化するべき物事」だ』。

『「ところが、精神文化の健常成長が足りていない人々が多数派」なので、

「是正法・健常化法・正常化法等も???状態」というのが、

「お寒い、現状人間世界の実態」だ』。

『「その結果として、

現状の社会・経済システム等に{縋る}人々が多数派」となり、

「その多数派の{現状依存}利権維持の為」に、

「不遇に喘ぎ、現状脱出欲動を暴発させたり、

自己の健常コントロールを失ったりし、

法の壁を越えてしまった少数の者たち」に

「対する厳罰等」が

「強く望まれ、浴びせられている」のが「実態」だ』。

『「本質的には、源流対策が大切なのだから、

源流対策を行う事を真剣に考え、実行する事等」に、

「多くの人々の興味や行動等が向かえば良い事」だ。

「その為にも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した、

健常で高性能な精神文化製品等」を

「どんどん製造すれば良い」』。

『「ところが、現状の精神文化製品の多く」は、

「未だに、考え・思い(宗教)レベルで、

丸ごと一人レベルの感情ダケに訴える事等が得意な場合も多い」。

「特定の考え・思い等により、

丸ごと一人レベルで感情を動かす」が、

「内実」としては、

「今時、本来望まれているレベルからすれば、

明らかに性能・実効等が劣悪な特定の考え・思い等」が、

「激烈な大衆支持等を得られる様に、仕立てられている、

劣悪な精神文化製品も多い」』。

『「現状の多くの、

テレビ・ラジオ・映画・ドラマ・小説・アニメ・漫画・音楽等々」の

「精神文化製品のレベル」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているが故に、

急速な進歩・進化等を実現出来ている物質文明製品に対し」、

「明らかに、劣悪過ぎるレベル」だ。

「政治や経済・社会システム等も、精神文化製品」だが、

「それらのレベルも、言うまでも無く、明らかな劣悪レベル」だ』。

『「劣悪レベルの精神文化製品で、精神構造の健常成長を阻害され続けている多くの人々」が、

「劣悪な大衆合意等に基づいて、

急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明製品を使えば・・・」、

「現状までの人間世界の歴史の様に、

戦争の繰り返しとなる」のは、

「ある意味、当然」だ』。

『「人類の物質文明の進歩・進化」は、

「とても早く」、

「現状では、多くの核兵器まで存在している」ので、

「もはや、人類が本気で大戦争をすれば、人類滅亡となる事」は、

「何処の誰にでも分かる」。

「大戦争を実質的に封じられた人類が行っている」のが、

「経済による比べっこ支配権・被支配権争い」だ』。

『「ところが、もちろん、この経済による比べっこ支配権・被支配権争い」には、

「本質的な正当性が無い」。

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が余りにも悪い」。

「その結果として、現状のインチキ経済システム」は、

「人類自滅を招くシステムともなってしまっている」。

「現状のインチキ経済システムに拘る限り、

多くのお金は、極々一部の大金持ちの下に集中し、

多くの人々は、貧困に喘ぎ、

人類誰もの自分の実体との整合性の悪い不当な格差が広がるから、

人間世界には、不公平・不平等・不信感等が蔓延する」。

「至るところで、現状脱出欲動が充満し、

現状脱出欲動の暴発が頻発する」。

「個人レベルの現状脱出欲動の暴発で収まりきらなくなる頃」には、

「集団レベルの現状脱出欲動が膨らみ過ぎている」。

「個人レベルの殺傷事件の先には、テロ・戦争等続き、

現状でも既に、テロや、地域戦争が起こっている」』。

『「今時の人間世界」では、

「全人類の精神構造を健常成長させ、

精神文化製品である政治・経済・社会システム等」を

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を積極実用して、

急速な健常進歩・健常進化し続ける状態にする事」が、

「激烈に望まれている」』。

『「精神構造等の健常成長の助けになる情報・教育等が大切な理由が其処にある」』。

『「それなのに、

未だに、

旧来の考え・思いによる納得レベルの情報配信を続ける事等」により、

「本来必要になっている情報配信を阻害」し、

精神文化の健常成長を阻害し続けている」のが、

「劣悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実体」だ。

「その何処にも、内実のある優秀さも、紳士ぶりも、正義等も無い」のだが、

「上辺ダケは、優等生ぶり、紳士ぶり、正義ぶっていたりする場合も多い」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「更に、現状のインチキ経済・社会システム上での、過分な報酬や立場や権力等まで得てしまっている者たちまでいる」のだから、

「本当に呆れる」。

「実体として、相応しい」のは、

「罪や罰や罰金等々の連中」が、

「金満・大権等を抱きしめ続けられている人間世界の先に在る」のは、

「人類滅亡以外の何モノでも無い」のだから、

「是正は、急務」だ』。

『「散々、放射能潔癖症を煽った劣悪テレビ・マスコミ・教師等に操られた子ども」が、

「摺り込まれた情報を道具と出来る避難転校生に、

いじめを行い、

恐喝行為まで行った」のは、

「現状の、精神構造の健常成長さえもロクに教えていない、

ばかりか、

悪戯に、比べっこによる支配権・被支配権争い上の優位者を目指させている、

酷い学校教育」を

「露呈させている一例」だ。

「どう直すべきか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「何れにしても、テレビ界・ラジオ界」の

「人脈も含めた、健常化・正常化」は

「急務」だ』。

『「韓国の特定人脈に偏った利権分配ぶり」を、

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶって、訴えているテレビ常連出演者等」とは、

「日本の特定人脈に偏った常連出演利権取得者たち」でもある。

「日本の公共の電波上の情報等、視聴者」が、

「そんな者たち」を、

「何時までも、仰ぎ見させられる必要は全く無い」。

「常連出演自体不健常で異常」なのだから、

「今まで、散々、常連出演していた者たちのテレビ出演権は満杯と認定」し、

「今後は、全て、出演させず、

今後は、人脈を問わず、多種多様な人々を出演させる様」に、

「健常改善するべき」だ』。

|

左翼ソウル市長&テレビ・マスコミ等の操り人形たちによる、韓国5~60万人操り人形朴大統領辞めろ!デモ問題・・・。

『「朴大統領支持率の世論調査」を「行う」なら「ついでに、北朝鮮金正恩の支持率も調査すれば良いのに」・・・。

「そうすれば、その結果」は、

「どちらも、限り無く、ゼロに近い一桁領域になる」だろう。

「そして、そんな実態が露呈させている事」とは、

「朝鮮半島内には、信頼に値する国家権力者がいない事」になる』。

『「何故か?」

「朴大統領を操り人形だと非難している人々の実態・実体」が、

「左翼ソウル市長や、韓国のテレビ・マスコミ等による操り人形である事」等が、

「この問題の解答を得る為」の

「大きなヒントになる」』。

『「迷い子の教祖に縋る

迷い子の信者の如き実態」が「其処にある」』。

『「内実」では、

「精神構造的に、幼少期の精神構造である、

比べっこによる支配権・被支配権争いの構造上で生きようとしている、

身体的大人たち」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「大人の精神構造」とは、

「実体や事実・現実を探求し、

出来る限り科学レベル以上に近い確度の高いレベルで判明した実体や事実・現実を基に、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ』。

『「頼る者を頼り易くする為」には、

「大権や大金等を集中させて保持させた方が合理的になる」。

「そして、その大いなる頼れる者に頼る者たち」に

「自分を投影・転嫁・同一視等出来ている間」は、

「この共依存関係」は、

「成り立つ状態に在る事が出来る」』。

『「もちろん、他の者・物・事等に、自分を投影・転嫁・同一視等する事」とは、

「現実逃避に他ならない」から、

「この共依存関係が成り立つ為」には、

「現実逃避で誤魔化せるレベルの現実実態が要る」』。

『「酷い場合には、現実逃避で誤魔化せるレベルでは無く、

現実逃避しか無いレベルになる」が、

「そんな酷い実態・実体は、即刻是正されるべき論外の実態」だ』。

『「現実逃避で誤魔化せるレベルの現実実態構築の為」には、

「格差や貧困等が無い方が合理的になる」』。

『「特定極一部の者たちに、大権や大金等を偏在させる事」は、

「依存先を巨大化・強大化して、依存し易くする」が、

「格差を生み出し、現実逃避で誤魔化せるレベルの人間社会状態を壊し易い」』。

『「戦後の朝鮮半島内の実態」は、

「一貫して、大権・大金等を偏在させて保持している極一部の者たち」と、

「それ以外の、多くの場合、困窮に喘ぐ状態下に置かれている人々」の

「極度な二極化格差社会状態」だ』。

『「日韓併合時代の朝鮮半島内」より、

「遥かに大きな格差や惨状が生まれている」のは、

「何故か?」』

『「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「戦後の朝鮮半島内」では、

「日本の敗戦につけ込んで、国が始められてしまった」。

「朝鮮半島内から強制的に引き上げた日本人の立場・財産等を得る事で国が始められた実態がある」ばかりか、

「はっきり言えば、

火事場泥棒がより上手だった者たちが、

より多くの、大金や大権等を保持出来てしまった」のだ』。

『「狡い者たち」が、

「周囲の者たちを押さえ込む為」には、

「とりあえずは、近隣の者たちを押さえる為に、大権や大金が必要になる」ばかりか、

「反日教育・情報等で大衆を欺き続ける必要も生まれる」。

「更に、日韓併合時の実態等を知る親日派の粛清までもが必要になる」』。

『「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為で国を始めた者たち」は、

「実際に、それらの保身行動等をずっととり続けて来ている」』。

『「そればかりか、終戦時には、日本国内でも、

日韓併合時に日本に渡来していた者たちに、

火事場泥棒等の乱行を行わせた上に、

それらの者たちを日本国内に残留させ、

敗戦で弱体化していた日本の政財界や情報・教育界に深く入り込ませる事」で、

「日本国内でも、敗戦火事場泥棒の正当化情報・教育や、

悪どもにとっての不適応分子の粛清等を、

連綿と行い続けて来ている」』。

『「迷える悪の親玉たちに頼らせられる事で、

衰退させられる多くの一般朝鮮人たちという構造」は、

「日韓併合前の朝鮮半島内の構造そのもの」だ。

「二国間の国家契約であり、日本による近代化救済等であった、日韓併合の実態・実体を否定した事」で、

「朝鮮半島内の精神文化は、日韓併合前にまで、逆戻りしてしまっている様相ですらある」』。

『「日韓併合前の朝鮮半島内とは、もはや、単独では国の存続さえ困難な程に衰退していた」のが、

「歴史上の現実」だ。

「今のまま行く」なら、

「近未来の朝鮮半島内も同様になる」』。

『「そんな悲惨な近未来を避けたい」のなら、

「精神文化を健常成長させる事」だ。

「歴史上の事でも、現在の事でも、実体や事実・現実を探求し、

科学レベルで判明した実体や事実・現実を実用する事」こそが、

「ヘル朝鮮からの脱出口になる」』。

『「多くの人々」が、

「実態・実体としては、左翼ソウル市長や韓国テレビ・マスコミ等に操られ、

大権・大金を極一部の者たちに偏在させている現状の韓国の社会体制はそのまま」に、

「朴大統領を降ろす事等」で、

「溜飲を降ろした気分にさせられている様」では、

「現実としては、韓国に明るい未来が来る訳も無い」』。

『「権力者も

財閥」も、

「元の源泉は、

日本人からの火事場泥棒で得た立場・財産等である場合も決して少なく無い」のだから、

「そんなモノに何時までも、多大な実権を持たせ続ける必要など全く無い」』。

『「元々の正当性が無い大権持ちや大金持ち等を仰ぎ続けず」、

「実体や事実・現実に基づいて、

民主的な人民解放利権分配運動でも行い、

どんどん格差を是正して行けば良い」』。

『「悪」は、

「大金や大権を羨ましがらせる情報・教育を行い、

大金や大権をヤクの如く使い、

大衆をヤク中毒にし続ける事」で、

「保身や利権の維持~増大等を謀る」。

「健常な者たち」は、

「誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける大人になれる人間社会構築の為に力を加える」。

「目指すべきは、大金持ちでは無く、不当な格差や貧困の根絶」だ。

「目指すべきは、大権持ちによる支配・被支配では無く、誰もが自分で自分を健康にコントロールし続けられる人間社会」だ』。

『「この当たり前の事をヤクで忘れさせられた者たち」が、

「迷子になり、

迷子悪用で保身や利権の維持~増大を画策している悪どもを頼り、目指す様になる」。

「そんな者たちが多ければ、ヘル化する」のは、

「国や民族や人種等々を問わず、

世界中の何処でも、

極めて、当然の現象」だ』。

『「誰もが健康に自分で自分をコントロールし続ける人間社会」なら、

「友好や世界平和が当たり前になる」』。

『「歴史上の現実は、歴史上の現実に過ぎ無い」ばかりか、

「其処から、どの方向に向かって動くのか?こそが重要だから」だ』。

『「未だに、悪劣な保身・利権維持~増大等の粛清も含む工作活動等を行い続けている者たちこそ」が、

「問題」だ。

「悪劣な事は止めさせ、

今までの悪行に対する

応分の罪と罰を与え、

不当利権は取り上げ、

在るべき者・物・事に健常再分配すれば良い」』。

『「大統領や独裁者等、

有り余る大権を保持出来る立場等などは、

とっとと廃止すれば良い」。

「多くの人々が、精神的に自立する」なら、

「有り余る大権持ち等は、邪魔や障害でしか無くなる」』。

『「この記事では、韓国のデモや朝鮮半島内の実態等」を「ダシ」に、

「記した」が、

「多くの方々は、既にお気づきと思う」。

「日本国内でも、

他の国の中でも、

問題の本質は、

全く同様」だ』。

『「何処の国でも、情報・教育の正常化・健常化は、急務」だ。

「特に、影響力の大きい、テレビ・ラジオ界や、

公共的マスコミ界や、

教育界(特に文系)の、

正常化・健常化は急務」だ』。

|

nazeka,nihonngonyuuryoku gadekinakunatteiruga///.

warudomoha,jitsuni,meiwakuda.appushiyoutoshteitakijiha,mataatodeappushinaosukotonisuru.

|

サンデーモーニングでは、「トランプ・ショックの裏で・・・」で、ポピュリズム見下し論等を常連出演者等が優等生ぶって言っているが・・・。

『「その見下しているポピュリズム以下の劣悪論等」が「横行していた」から「世界各地で、トランプ新大統領決定と同様の事態が起こって来ている」のが「現実」だ』。

『「例えば、グローバル化の前」には、

「グローバル化に対応出来る多くの人々の精神文化側の健常成長等が必要」だ。

「今時なのに、

丸ごと一人の死生観や人生観に基づいた、

情報・教育等々をばら撒く事に熱心なばかりか」、

「その先」に、

「丸ごと一人の狭義の自分の下への利権集中悪徳業」までをも、

「平然とつけ続けて来ている厚顔無恥の劣悪者たち」が、

「行い続けて来ている精神文化側の仕事???の上」には、

「グローバル化と個々の人々を

健常に結びつける

社会・経済システムの進歩・進化論等さえも

実質的に無かった」』。

『「結果として、

欲ボケたちの意向ダケが先走り、

欲ボケたちの意向通りに国境線を低くすることダケを行ったら、

実人間社会の中では、

格差が広がり、不満が充満し、対立が激化し、

誰もが、そんな現状故に、強い不寛容感等を抱く様になった」』。

『「人々の現状脱出欲動は高まり、

至るところで、

国境線ダケを低くした悪行からの現状脱出欲動の暴発や、

是正法も???のままの現状是正強い行動が起こっている」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「そもそも、グローバル化の前」には、

「民族・人種・国等を超えた共通精神構造の上」で、

「多くの人々が生きてる必要がある」。

「丸ごと一人の死生観や人生観やそれに基づいた社会・経済システム等」や

「比べっこによる支配権・被支配権争い上」では、

「健常なグローバル化は無理」だ』。

『「何故なら、

丸ごと一人に偏執すれば、

誰でも、

狭義の自分のみの人生等が大いに気になり易くなり、

狭義の自分の近くにいる家族等や、血統や、人種や、民族や、国等々や、

丸ごと一人の死後等までをも

大いに気になり易くなるから」だ。

「その何処にも、健常なグローバル化は無い」。

「国境線を低くして生まれる」のは、

「特定個人やグループ等による支配権・被支配権等の拡大現象」だ』。

『「国境線を低くして、比べっこによる支配権・被支配権争いを行えば・・・、

誰もが、狭義の自分の下への利権集中等に偏執し易くなる」のは、

「当然の現象」で、

「そんな劣悪業を多くの人々が、現状の社会・経済システム上で行う」なら、

「格差が広がり、不満が充満し、対立が起こり、

人々の中で、強い不寛容感情等や、現状脱出欲動等が増大する」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「グローバル化の前」には、

「多くの人々の精神構造」を

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用し、

現実との整合性が高い状態にしておく必要がある」』。

『「多くの人々が、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している狭義の自分である約60兆の細胞群と、

狭義の自分と命の繋がりを有している広義の自分である地球生命体細胞群」という

「実態・実体」を、

「心の底から、理解・把握している状態になっている」なら、

「社会・経済システム等を構築する時」には、

「自分の根底である地球生命体細胞群の

本来の目的である

その健常存続との

整合性を取りたくなるのが当然」になる』。

『「この基本から整合性を取った社会・経済システム等の是正を行いながら

グローバル化を行う」なら、

「誰もが、より快適に健常存続出来る状態の構築が可能になって行く」から、

「グローバル化による

不当な格差増大や、

不満や、

対立等」は、

「必然的に激減する事になる」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実等を実用しながら、

精神文化の健常進歩・進化を実現して行く事に力を加える」のが、

「情報・教育・政治・経済等々、所謂、文系の仕事をしている人々の本来の姿」だが、

「現状では、圧倒的に、科学レベルで判明している実体や事実・現実等の実用が足りない」ばかりか、

「旧来の考え・思いレベル(宗教レベル)の納得法等に偏執し、

旧来の現実離れ度が激しい精神文化の延長線上」で、

「狭義の自分の下への利権誘導比べっこ支配権・被支配権争いや、

金・資産等の収集争い」に

「興じている」のが、

「劣悪な現状既得権益精神文化側仕事???人間たちの実態」だ』。

『「そんなモノを、例えば、公共の電波上や、教壇上等々の高みから、

強いられれば、

多くの人々が、強い反感を内在させる」のが「当然」だが、

「現状既得権益優等生連中」は、

「その様な、人々の中にある強い反感や不満等を押し殺させる術には、

ある程度巧み」で、

「例えば、

独裁はダメ!で民主主義が良い!とか、

保護主義はダメでリベラルが良いとか、

グローバル化が良いとか、

人権を大切に!とか、

差別はダメ!等々の

{美辞麗句}」を、

「正義ぶり、

優等生ぶり、

公共の電波上や公共的マスコミ上や教壇上等の

優位な立場」から、

「まるで壊れた再生装置の如く繰り返し、繰り返し言う事等」は

「得意中の得意」だったりしている』。

『「内実」としては、

「優位な立場から

{美辞麗句}を言っているダケの劣悪な仕事???しか出来ていない

情報・教育界等の連中」が

「実質的戦犯」の、

「精神文化の正常進歩・正常進化が疎かにされているが故に

現状人間世界に多々残ってしまっている負の現象」に対し、

「平然と、上辺の言葉ダケ」で、

「正義ぶる事等ができてしまっているその厚顔無恥ぶり」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「そんな劣悪で醜悪なテレビ・マスコミ・教育等大衆誘導ファシズム」よりは、

「旧来の民衆の本音に基づいたポピュリズム」や、

「現状脱出欲動」等々の方が、

「力を持つ様になり易い」のも、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「公共の電波上を、劣悪レベルの常連出演者等やその論等で埋め尽くしていたところで、

ロクな事は何も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

最近、当方の部屋の工作電磁波が旺盛な所に近い家電の誤作動率が上がったが・・・。

『「縦波ドット派である工作電磁波」が、「時と共に、自動更新」され、「より疑似高周波化している実態」は、「以前にも記した」。

「疑似高周波化とは、エネルギー密度を高める手段である事」も「以前にも記した」。

「以前では、50Vの交流としても、その存在を観測出来ていた工作電磁波」だが、

「昨今では、約80Vの交流として、その存在が観測出来る様になっている」』。

『「100V家電製品の多く」は、

「50V信号では、誤作動し辛い筈」だが、

「約80V信号となると、誤作動の可能性が大きく上がる」』。

『「実際に、当方の部屋の工作電磁波が旺盛な所にある家電製品の誤作動率も大幅に上がった」。

「今のところは、約80V信号なので、

誤作動した時は、コンセントレベルから電源オフリセットをすると、

かなりの確率で通常作動する様に戻る」が、

「このまま工作電磁波が自動更新され続け、エネルギー密度も高められ、

100V信号化した時」には、

「かなりの障害になる事」は、

「想像に難く無い」』。

『「プログラムで工作電磁波の発生が仕込める事」や「工作電磁波の元」が

「家電だけでは無く、車にも、スマホやコンピ等にも、電柱・電線等街のインフラ等にも、仕込まれ続けている事」も、

「以前にも記した」』。

『「上記の様な実態が示唆しているところ」は、

「日本社会の中に、工作電磁波によるインフラ・家電・スマホやコンピ等・自動車等々の一斉誤作動の時」が

「仕込まれている事」だ。

「そのタイミングに合わせて、

一斉工作攻撃等を仕掛ける悪の策略の臭いが充満している」』。

『「日本政府も警察等も、いい加減に、日本国内の反日人脈による工作活動を本気で摘発するべき」だ。

「工作電磁波時限爆弾が爆発し、日本国内の多くの車やスマホ・コンピ等やインフラや家庭環境等が、実質的に、フリーズ状態とされた時に合わせて」、

「空気中に、実害が高い、バイオ害悪粒子や、生物兵器や、化学兵器等が、ばら撒かれたり、

電磁波等悪用等々、他の工作活動的殺害行為等が横行すれば、

多くの人々が情報・行動等を阻害されている中で、

かなりの数の日本国民が一斉に粛清されてしまう事態も起こり得てしまう」』。

『「未だに、優越民族主義や、100万人以上~殺せば英雄等」や

「他国・他国民を乗っ取り支配すれば勝ち&特権階級」等の、

「現実・実体離れした劣悪な思想信条等を保持したまま、

今時の科学技術等を悪用して、

それを具現化しようとし続けている愚か者たちも居る」のが、

「精神文化側の正常進歩・正常進化を余りにも疎かにし続けているまま」の

「現状人間世界のお寒い現実」だ』。

『「スパイ・工作活動対策」と「共」に、

「精神文化の正常進歩・正常進化の為にも、

情報・教育の正常化・健常化も急ぐべき」だ』。

|

テレ朝昼番では、トランプ氏の当選を受けて「セレブぶりとか、血統家族情報とか、白人至上主義者の台頭とか、・・・等々」を宣伝していたので本当に呆れた・・・。

『「セレブ」と言っても、「実業成功成り上がりセレブ」と「血統相続や金転がし等、既得権益・既存制度バグつけ込みセレブ」では、「その実体は、かなり違う」。

「トランプ氏を嫌っている優等生的人々」の「内実」が、

「自分たちのほとんどが成し得ていない、

実業成り上がりセレブ化等に対する、

コンプレックスである場合」も「決して、少なくない」。

「セレブは、宣伝して、視聴者・読者等に、憧れさせる事では断じて無い」。

「セレブの内実を探求し、

その正当性や健常性等を問う事こそ」が、

「情報・教育界の仕事として、正当であり、健常」だ』。

『「血統家族主義にしても、同様」だ。

「血統家族主義は、宣伝し、公然化し、多くの人々の共通利権化すれば良い事では断じて無い」。

「血統家族主義の内実を探求し、

その実体を、

広く、多くの人々に理解・把握してもらう事により、

有る者の利権にせず、

人類も含む地球生命体細胞群全体の健常成長に繋げる事」こそが、

「情報・教育界の仕事として正当であり、健常」になる』。

『「遺伝論を賢ぶって言う低IQぶりを露呈していた

高IQ者を売り物にしたがっている様相」の、

「常連出演者等」は、

「もはや、哀れの域」だった。

「遺伝問題の前」に、

「人類誰もが、広義の自分の全体像・実体像等を理解・把握しているべきである事等」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「丸ごと一人に拘って、高IQとかやっている」から、

「劣悪化し易い」』。

『「白人至上主義等の台頭」は、

「トランプ氏故というよりは、

黒人大統領オバマ氏の誕生に刺激された反動形成としての面が強い」らしい。

「もちろん、その現象」も

「丸ごと一人に偏執させる情報・教育の悪の成果に他ならない」』。

『「常連出演者等」は、

「愚劣」が「白人至上主義や人種差別等を生む」旨等「平然と言っていた」が、

「本当に愚劣なのは、

丸ごと一人に偏執させる情報・教育等を行い続けて来ている者たち」だ』。

『「前途の実例からも、

現状のテレビ等や常連出演者等」も

「愚劣な実態を露呈し続けて来ている事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「オバマ米国大統領」にしても、

「理想として、差別無しや平和・繁栄等を掲げていながら、

丸ごと一人の死生観・人生観・情報・教育・政治・経済等々に邁進だった」のだから、

「差別無しや、平和や健常な繁栄等が実現出来る訳も無い」。

「掲げた理想が実現出来得ない感」等が

「社会の中で、蔓延する事」は、

「反動形成を誘い易くする事に他ならず、

実態もその様になった」。

「ここで、台頭して来た白人至上主義者たちを、愚劣等と貶す」のは、

「劣悪な連中」で、

「本当に愚劣」なのは、

「自分が得られている丸ごと一人の利権に執着し、

本来、既に知り得ている筈の

科学レベルで判明している実体や事実・現実さえ実用しようともしていない

所謂、文系の仕事をしている

所謂、優等生たち」だ』。

『「優等生ぶっている劣悪者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続けていたところでロクな事は何も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

 

|

トランプ氏の勝利を予想していた木村太郎だったが、その理由が「民主党の後は共和党を選んでチェンジしたがる米国人気質等」では・・・。

『「日本のほとんど全てのテレビ・マスコミ界の者たち」が「予想していなかったトランプ氏の勝利」を「当てていた木村太郎」だったが、

「その理由が、タイトルの通り等」では、

「今回の米国大統領選の本質を掴んでいたとは、とても言えない」』。

『「今回の米国大統領選」の「本質」は、

「政党選択では無い」。

「内実としては、

現状の社会・経済システムの維持か?打破か?の選択」だ』。

『「だから、実際に、

民主党支持者でもトランプ氏に投票した人々も多く、

共和党支持者でもクリントン氏に投票した人々も多かった」』。

『「現状の社会・経済システムを打破する雰囲気さえ醸し出していた」のが、

「トランプ氏」であり、

「現状の社会・経済システムを維持する雰囲気満載だった」のが、

「クリントン氏」だった』。

『「そして、トランプ氏が勝利」した』。

『「世界中の国々のほとんど全ての人々」は、

「公平で平和な人間世界を望んでいる」。

「ところが、現状の社会・経済システム等」は、

「不公平を生み、殺傷事件やテロや戦争等を誘う、

自虐的な社会・経済システム以外の何モノでも無い」』。

『「テレビ・マスコミ等や、映画・音楽・作家等や、学校教育・社会/経済/心理学者等、

所謂、文系の仕事をしている人々」なら、

「この現状人間社会・経済システムや、

現状の多くの人々の精神構造の成長問題等」の

「自虐性等の問題の是正等に貢献出来ていてこそ、

成功者」だ』。

『「ところが、現状」では、

「現状の自虐的な社会・経済システム等を、

詳細に覚え、都合良く活用したり、

或いは、感覚的に、都合良く使う方法等を感じ取り、活用し、

自虐的な現状の社会・経済システム上」で、

「狭義の自分の下に、

大金や大権や大名誉や大立場や大財産等をかき集める

{自虐業に成功}した者」を

「成功者」と

「嘯く、情報・教育」が、

「蔓延らされている」』。

『「現状の所謂、文系の成功者たちの実体」は、

「この自虐業の成功者に他ならない」から、

「実際に、現状の人間世界」では、

「未だに、

不公平や格差等はもちろん、

いじめ、殺傷事件、テロ、戦争等々までもが旺盛」だ』。

『「それなのに、

過分な立場・報酬・権力・名誉等までをも、

手に入れてしまっている

更なる自虐業の上にある」のが、

「現状の所謂、文系の仕事をしている者たちの中」の、

「成功したと嘯いている者たち」の

「実態・実体」だ』。

『「上記の様な実体」を

「言葉にして、説明等する人々」は、

「未だ、少数かも知れない」。

「しかし、実感として、心や無意識で感じている人々」は、

「多数いる」』。

『「その様な実感を持っている人々」が、

「現状脱出欲動に基づいて、選択した」のが、

「現状打破の雰囲気を醸し出していたトランプ氏という訳」だ』。

『「其処にあった」のは、

「政党選択では無い」。

「現状維持か?現状打破か?」の「選択」だ。

「共和党候補者争い時から、既存勢力側の者たち」が、

「負け続け、

既存勢力側、最後の砦だったクリントン氏も負けた」のが、

「実態・実体」だ』。

『しかし、

「現状打破を選択した米国」や、

「米国の影響も非常に大きい、現状の人間社会」や、

「現状社会・経済システム上での{成功}者でもあるトランプ氏にとって」も、

「今後は、かなりの困難・苦労等が予想される」。

「当面・直近の対策は、既に、明瞭」でも、

「根底に在る人類の精神文化の正常進歩・正常進化という大問題への対策は???だから」だ』。

『「そんな現状でも、既に、はっきりしている事はある」。

「今時の人類にとって必要な仕事が満足に出来ていない

劣悪状態の者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い事」だ』。

『「所謂、理系に比べて、所謂、文系の劣悪度が、かなり酷い」から、

「急速な進歩・進化を実現出来ている物質文明側」に対し、

「進歩・進化が不十分な精神文化側」という、

「非常にアンバランスな状態上に在る」のが、

「現状の人間世界」の「実態」だ』。

『「それでは、何故?物質文明側の急速な進歩・進化は実現出来ているのか?」

「言うまでも無く、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しているから」だ。

「精神文化側の進歩・進化が異常な程、遅れている」のは、

「未だに、考え・思いレベル(宗教レベル)の納得に執着している人々が多いからに他ならない」』。

『「所謂、文系の仕事として行うべき事」は、

「この進歩・進化の遅れを取り戻し、

更に、

常に、

物質文明側の進歩・進化より前に、

精神文化側の進歩・進化を置き続ける事」だ。

「全ての人類の自虐行動を抑える王道が其処に在る」』。

『「人類の精神文化問題で、象徴的」なのが、

「死生観や人生観」だろう。

「丸ごと一人」の「考え・思いレベルに偏執する」と、

「人は誰でも、

孤独になり、

自信も失い、

自分の他に頼る者・物・事を求め、

それに依存しがちになる」。

「現実離れしている死生観・人生観に偏執する事を強いる悪魔」が「誘う」

「地獄の様な人生」が「其処に生まれる」。

「地獄の亡者たち」は、

「比べっこによる支配権争いに明け暮れ、

その成果等のヤクで自分を騙し続けようとする」。

「その何処に、成功者がいるのか???」』

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」は、

「人の誕生・死も、細胞レベルの現象である事」だ。

「毎日、今、この瞬間にも、誕生し、死んでいるのが、

人間誰もの実態であり、現実」なのだから、

「丸ごと一人の死後を考えても仕方ない」。

「何の為にどう生きるのか?」が「問題になる」。

「丸ごと一人に偏執していなければ、

丸ごと一人で支配権を争ったり殺し合ったりする事の

バカらしさ、愚かさ等は、

誰にでも分かる」。

「殺すべき実体」は、

「丸ごと一人に偏執し、

不公平や格差を生み出し、

いじめ・殺人・テロ・戦争等までもを生み出している、

バカで愚かで醜悪な精神文化状態」に他ならない。

「所謂、文系の仕事をしている者」なら、

「科学レベルで判明している現実離れ・実体離れの悪魔を殺す仕事が出来ていてこそ、

成功者」だ』。

『「{自虐的成功}で、

狭義の自分の下に、金や立場や名誉等々をかき集めている醜悪な者たち」に、

「相応しい」のは、

「同様の新たな醜悪な者たちの誕生や出現を抑える為」にも、

「実人間世界に与えた実害を償わせる為」にも、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」だ』。

『「米国の人々の現状脱出欲動」が、

「健常人間世界構築の流れに繋がって行く事」を

「心から願っている人々も多い筈」だ』。

『「それなのに、未だに、テレビ・マスコミ等でも、旧来からの劣悪情報のテンコ盛り状態」である上に、、

「満足な仕事が出来ていない劣悪状態の常連出演者がゾロゾロ・・・という恥の上塗り状態」だ』。

『「トランプ氏の勝利」という

「既存打破情報エネルギー」を「活かせない能力不足の者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「劣悪者たちの自慰の源泉」として、

「実働利益や正当な立場・報酬等が、ピンはねされ、吸い上げられる事等」に、

「抵抗を感じる」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「多くの米国有権者の感覚や選択」も、

「トランプ氏の正当な権利を持つ実働米国民等の優遇策等」も

「普通に、健常」だ』。

『「現状のテレビ・マスコミ等の醜悪毒に毒されている人々」や、

「醜悪毒をばら撒く事で、自己正当化等を図っている醜悪者たち」等が、

「米国取材まで行っていても、

実体を見抜けず、

クリントン落選に落胆している状態の様相」だ』。

『「実体???の様相の木村太郎氏も、その同類の域を出ていない」』。

『「アメリカンドリームでも、ジャパニーズドリームでも、・・・人類全ての本当の正常ドリーム」は、

「世界平和であり、人類誰もの本来の自分としての自己実現」だ』。

『「今時の人類として、満足な仕事が出来ていない状態」の

「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

先程、現状の日本のテレビ界等の者たちの劣悪実体等についての記事をアップしよとしたら、悪どものフリーズ妨害~記事アップ不能化工作が入った・・・。

『「毎度、お馴染みの妨害工作が、マタマタ行われた」。「回線途中に入り込み、勝手に、要でも無いソフト等を送り込んで来て、妨害工作を行っている者たちの正体」は、

「既に、バレバレだろう」が、

「プロバイダー等も、いい加減に刑事告発等したらどうか?!」』

|

孤独になりたけりゃ・・・。世界平和が当たり前なのに・・・。

『孤独になりたいのなら、丸ごと一人で生まれて、死ぬと、信じれば良い。

自分と他の人や生き物の間に深い、深い、溝が生まれてくる。

そして、不安も生まれてくる。

孤独から逃れたくもなる。

仲間が欲しくなる。

仲間とは、自分と同じモノになる。

自分と違えば、仲間ではない。

自分に都合が悪ければ、敵になる。

丸ごと一人の仲間を大事に抱きしめて、

丸ごと一人の敵を丸ごと一人葬りたくもなる。

ちょっとしたきっかけで、殺し合い、仲間を集めて戦争しあう事は簡単だ。

戦いには勝たなければならない。

相手より強い力を持ち、より強力な武器を持ち、勝って、相手を支配続けていれば、安心できると信じられる。

所詮人生は、弱肉強食の比べっこ支配権争いだ。

勝って、支配して、その証に、大金や大権を持てば、人生大成功だ。

大成功しても、丸ごと一人で人は死ぬ。

死後の世界でも大成功続けていたい。

でも、死後の世界は分からない。

分からない事があるようでは、自信も持てない。

全てのことが分かる訳もないから、子孫に託そう。

自信が持てていないことなど隠して・・・。

(負の代々話の基本精神構造)』

『人の誕生・死も細胞ごとの現象だ。

今、この瞬間にも、細胞ごとに生まれ、死んでいる。

たった今、死んでしまった細胞に、今まで、どうもありがとう。

たった今、生まれてきた細胞に、おめでとう、これからよろしくね。

今、この瞬間にも、生まれて、死んでいるのに、死んだらどうなるの?なんて、考える必要もないよね。

それじゃぁ、どう生きたらよいのかなぁ・・・。

細胞ごとの命のつながりを思えば、この地球上の生物みんな、自分とつながっているみたいだね。

一人だけと、一人じゃない。

誰とも、どの生き物ともつながっている。

みんな何の為に、生まれて・死んで、生きているのだろう。

きっと、存続したいんだろう。

いつまでも・・・。

みんながいつまでも存続できるようにする為には、どうすればよいのかなぁ。

地球だって、太陽だって、いつまでもある訳じゃない。

人類として、生まれたなら、宇宙でもみんなが暮らせるようにすることを実現していくことも、仕事かなぁ。

そのためには、ちゃんと周りのすべてを深く深く理解・把握して、使えるようにしなければ・・・。

高度な科学技術を自虐的に使わないように、心や思いもしっかり成長させなければ・・・。

昔の人たちは、戦争まで行ってしまっていた。

自分とつながっているのに争うなんてバカらしいのにね。

今この瞬間にも、誕生・死を繰り返しているのに、殺し合うなんて、バカらしいのにね。

なぜだろう?

きっと、丸ごと一人にこだわったていたからじゃないかなぁ・・・。

殺すべき実体は、戦争や現実離れした考え・思い・信じ込みなどで、

決して、丸ごと一人の誰かじゃないのにね。

比べっこで支配権を争う、幼少期の精神構造から、

自分で自分を健康にコントロールし続ける成人としての精神構造に、

自分の精神構造を成長させることで、

初めて、成人になれるのに・・・。

大人がみんな成人なら、世界平和は当たり前なのに・・・。

(健常生物世界の精神構造)』

『丸ごと一人の誕生・死と、

細胞ごとの誕生・死の、

どちらが真実?

真実ではない方を選択させる悪魔から、

誰もが、自分を解放してほしいなぁ。』

|

テレビ・マスコミ等連中による散々のクリントン推し&トランプ批判・非難等にも関わらず、トランプ大統領誕生決定となったが・・・。

『「米国でももちろん、日本国内でも、テレビ・マスコミ等では圧倒的にクリントン推し&トランプ批判・非難等」だった。

「更に、クリントンには、有名歌手・俳優等の数々の有名人の応援まで付いていた」』。

『「それでも、米国有権者はクリントンを選ばず、トランプを選んだ」。

「総体的に見れば、テレビ・マスコミ・有名人利用大衆誘導付き」でも、

「勝利を掴めなかった」のが、

「クリントン」だ』。

『「クリントンの嫌われぶり」や

「テレビ・マスコミ・有名人等による大衆誘導効果の衰退ぶり」は

「かなりのモノになる」』。

『「有権者でも無いのに、日本国内でクリントン推し&トランプ批判・非難等を行っていた連中」とは、

「どんな者たちか?」』

『「恐らくは、

その多くが、

現状で相応に利権を得られ、

余り金を持ち、

株式投資等による金転がし資金膨らまし等を行っている者たち」だろう』。

『「トランプ支持者の場合」は、

「現状の利権構造上で不利に追いやられているが故に、強い現状脱出欲動を保持している者たち」だろう』。

『「この構造は、日米問わず、同様」だろう』。

『「そして、

現状維持&現状利権貪り組」が、

「テレビ・マスコミ・有名人等利用大衆誘導まで行っても、

負けた」』。

『「この二分化・二極化構造等が示唆している事」は、

「現状の利権構造と、

人々の精神構造」が

「是正・健常化等されない限り、

人々の不満や対立構造等も解消されず、

どちら側の人々が抱くにしても、強い現状脱出欲動も解消される事も無く、

そのまま、時を重ねるなら、

問題は更に深刻になってしまう事」だ』。

『「人類の旧来の歴史」では、

「自グループ(自国・自国民・自人種・自民族等)優先の先に、

他グループ(他国・他国民・他人種・他民族等支配)が起こされ、

他国・他国民・他人種・他民族等支配が限界に近くなると、

大不況・大恐慌等が訪れ、

更に、その先に、大戦争が

起こされた事」が、

「繰り返し、

起こされ続けて来ている」』。

『「古からの人類の成長不十分な精神構造に基づいてつくられている面もある、

現状のインチキ経済システム」では、

「時を重ねれば、重ねる程、資本界が太り、実体経済界が細り易くなっている」。

「金にかなりの実権を持たせている」ので、

「大量の金となれば、かなりの力を持ち易くなり、

大量の金が在る資本界が一番有利になる」。

「有り余る金が溜まる資本界」では、

「金転がしによって、金を膨らませる事が求められている」。

「金を膨らませる為には、実体経済界を利用して膨らまさせるしか無い」。

「経済・社会システムの構造をより金膨らましに都合良く変える事も合理的になる」』。

『「例えば、

国境線を低くくしたり、

規制を弱くしたりすれば、

する程、

金の力を相対的に強くする事が出来る」。

「金転がしによる資金太らせを容易にする為」には、

「金権を強くする事が合理的」だ』。

『「規制緩和や経済圏の拡大」とは、

「ある国の中の実働者にとって都合の良い仕組みでは無く、

大量の余剰金を持つ資本家等が、

金転がしによる資金膨らましや、

実体経済内の金を吸い上げる為に

都合が良い仕組み」に

「他ならない」』。

『「トランプ氏は、

国境線を高くして、

不法移民等を除く、正当な権利を持つ自国内実働者を守り、優遇する政策を掲げている」。

「それだけ見れば、極めて、健常な政策」だが、

「実は、この健常な政策は、現状のインチキ経済システムとの相性が悪い」。

「金膨らましがし辛い状態を誘う」ので、

「現状のインチキ経済システムのままなら、

必然的に、不況を招いてしまう」のだ』。

『「現状のインチキ経済システムでは、

金転がしによる金膨らましでも、

経済成長等としてカウントされているばかりか、

その割合も大きく、

経済成長の速度が落ちると、不況になるから」だ』。

『「歴史上では、

自国民の不満を抑え様と、

その時代としての水準で、

相対的に、国境線が高められ、

国内が優先される」と、

「インチキ経済システムが構造的に招く事態そのままに、

大不況を招いて来た」。

「大不況を打破する為のリセット役割を大戦争に負わせて来た」』。

『「比べっこによる支配権争いによる利権争奪戦の行き着く先」が、

「武力による命がけの比べっこになる」のは、

「当然の現象」でもある』。

『「大戦争リセット効果は絶大」で、

「インチキ経済システムはそのまま」なのに、

「戦後は、戦勝国に限らず、敗戦国でも、経済は見事に復活し、膨らむ場合が多い」。

「それは、

先の大戦で戦勝した国々と

ドイツや日本等の敗戦国の実態等を見れば、

誰もが認めざるを得ない事」だ』。

『「ところが、現状の人類は、既に、多数の核兵器まで保有している」。

「もはや、戦争リセットの手を使えば、人類滅亡が現実となってしまう」。

「残されている手段」は、

「インチキ経済システム自体を是正するしか無い」。

「それは、人類の精神文化の是正の問題でもある」』。

『「トランプ大統領」は、

「米国内実働者の待遇や状態の改善を行う」だろう。

「それと共に、

金融資本界に大胆なメスを入れ、

可能な限り全てのガン細胞を切除し、

ガン細胞内に溜まっている悪徳資金等を

実体経済内に還元する事」と

「全ての人々が、

新たで健常な経済システムを受け入れ、

再びガンをつくらない経済システム等を実用出来る様になる為」に、

「全人類の精神文化の健常進歩・健常進化を行わせる事等が必要になる」。

「しかし、こちらの動きに対して」は、

「共和党内にも、民主党内にも、多々いる、

現状のインチキ経済システム上で甘い汁を吸えている者たちによる、

大反発が予想される」』。

『「それは、

大戦争や、

逃げ逃げによる環境・精神構造等破壊・破滅由来の自滅等を避ける為に

必要な重大事」だが、

「この重大性を実感出来ている人々」は、

「クリントン推しに走れてしまう様な、

情報・教育界の者たちが多数居て、

精神文化面での、健常な情報・教育の配信が

圧倒的に不足している現状故」に、

「現状では、未だ、未だ、少数派の様」だ』。

『「先ずは、早急に、精神文化側の情報・教育の正常化・健常化等を行うべき」だ』。

『「日本や他の国々の国内の実状も同様」だ。

「先ずは、早急な、全世界的での、精神文化側の情報・教育の正常化・健常化等」が、

「激烈に望まれている」。

「大戦争や、逃げ逃げによる破滅等を避ける為に必要な事だから」だ』。

『「米国大統領選」で

「現状維持派が勝利せず、

新たな風が吹き始めた事」は「大いに歓迎したい」。

とりあえずは、

「祝!トランプ新大統領決定!!」』

|

在日頼りの韓国だと・・・。

『「ヘル韓国」では、

「日韓併合時代の方がずっとマシという現実」を

「実感している人々」は

「もはや少数派」かも知れないが

「救いを求める先が、在日」で、

「その内実」が、

「日本乗っ取り支配(粛清策も含む)等の実現」による

「日本人資産・財産等の実質的、略奪等による流用」や、

「日本国内での朝鮮系人優遇等による立場独占等による韓国救済策の実現等」となると、

「もはや、救い様も無い事」は

「言うまでも無い事」になる』。

『「精神文化的に、日韓併合時の日本による救いを否定したが故」に、

「精神文化レベルが、日韓併合前に戻ってしまっている状態の韓国(北朝鮮も含む)」の

「行く末」は、

「最初から決まっていたのだが」・・・』。

『「本気で、

韓国(北朝鮮も含む)・韓国(北朝鮮も含む)国民や、

在日朝鮮系の者たち」が

「救われたい・自分を救いたい」のなら、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒や、

火事場泥棒を正当化する為の植民地詐欺等」の

「過ちを認め、

謝罪し、

速やかに、過去の悪行に対する補償をするしか無いのだが」・・・』。

『「未だに、

在日韓国(北朝鮮も含む)系の者たちの一部(だろうが・・・)」が、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や情報・教育工作や政財界工作等々の悪事を行い続け、

都合の悪い日本国民の粛清や、

韓国(北朝鮮も含む)にとっての有益分子の育成や、

日本の乗っ取り支配工作等」を、

「続けている状態」では、

「韓国(北朝鮮も含む)の未来が明るくなる訳も無い」』。

『「過去の歴史の本質や

自分の実体等」を

「見失っている・意図的に捏造等しているが故」の、

「自虐」や

「他傷行為等」は

「いい加減にして頂きたいものだが!」』

『「多くの日本国民の精神構造の健常成長レベルも今時の人類としては不十分レベル」だが、

「多くの韓国(北朝鮮も含む)系の方々の精神構造の健常レベルの成長不全状態」は、

「もはや、多くの人類が実害のある悪態として認識すべきレベル」だ』。

『「何故なら、未だに、日本国内でも、

非人道的で不健常な

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々の

工作活動等を

行い続けているから」だ』。

|

IQ246、劣悪な凡人が天才や大金持ちや特別に憧れてホンを描き、公共の電波上を汚している様相の悪態は、何時まで続けられてしまうのか・・・。

『「懲りもせず、昼間には、放映分の短縮特番まで流して、無理強い宣伝等していた状態だったらしい」が、

「凡人、もしくは、精神構造が未成長状態等レベルの作家等が、天才や大金持ちや特別に憧れて描いている様相のホン」を、

「どんなに良いイメージで見せようとしても無駄」だ』。

『「更に、今晩のホン」では、

「天才とされている主人公」に、

「本気で殺したい人が居たらどうする?の旨質問」し、

「完全犯罪で殺す旨回答させている劣悪ぶり」や、

「犯人が被害者の親に助けられて、完全犯罪???を実現出来ていたかの如き、

血統家族主義ベースのよくあるツマラナイ話だった」のだから、

「本当に、呆れた」』。

『「言うまでも無く、今時なら、天才と言わず、多くの普通に、天=自然や自分の実体等の意思に素直な人々」には、

「本気で丸ごと一人殺したい者など居ない」。

「有るのは、本気で殺したい劣悪な精神文化や行動実態等々の実体」だ。

「それが丸ごと一人レベルの人間と、直結している」なら、

「行いたくなる事」は、

「本気で殺したくなる様な悪態を丸ごと一人レベルで具現化した者」を、

「同様の新たな者の出現を抑制する為」にも、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置く事」と、

「全ての人類に、本質的罪や悪事等の実体等を理解・把握してもらう事」だ』。

『「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している人」を、

「ワザワザ丸ごと一人レベルで殺す事自体、実にバカらしく、醜悪な事に他ならない事」等を、

「全ての人類が、心の底から理解・把握等出来ている状態の構築への力添え」こそが、

「今時の精神文化側の仕事をしている者たちが、行うべき仕事に他ならない」』。

『「それは、多くの現状の劣悪レベルの情報・教育等に毒されていない健常状態の人々の実感」でもある』。

『「そんな今時の人々として健常な状態の人々の言動や行動実態等」を

「現状までは蔓延り続けられて来ている、劣悪レベルの情報・教育等に毒されている人々が見聞き等する」と、

「天に素直な才能等を感じる場合も少なく無い」のだろう』。

『「天に素直な才能等とは、憧れるモノでは無く、自ら体得し、体現するべきモノ」だ』。

『「天に素直な才能等に憧れている」なら、

「何故?天に素直になれていないのか?」等を「顧みる」のが、

「合理的」になる。

「現状では、今時の人類としては、劣悪状態の作家等」でも、

「自分の実態・実体を、ちゃんと顧みたり、省みたりする」なら、

「天才や特別等に憧れる、今時としては、劣悪なホンでは無く、

天に素直な天才等を素直に表現出来たり、素直に感じさせさたりする、

健常でオモシロイ、ホンが描ける様になる筈」だ』。

『「丸ごと一人の死生観や人生観に偏執している人々」は、

「血統家族主義等にも、偏執しがちな場合が多い」。

「丸ごと一人レベルに偏執しているが故に、強く感じ易くなっている孤独感等を、

誤魔化す為には、

同類(同様の状態の人々)の存在や、

有無を言わずに、自分と同一視し易い血統繋がりの者の存在」を

「利用する事が便利だから」だ』。

『「もちろん、そんな不健常な利用や成長不十分な精神構造状態等に拘る」より、

「幼少期レベルに過ぎ無い丸ごと一人の死生観や人生観等」を「卒業」し、

「細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、

丸ごと一人レベルで意識したがる現実等をベースにした

より現実や実体に近い死生観や人生観を持つ状態」に、

「自分の精神構造を成長させる事」の「方」が、

「はるかに健常である事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「少なくとも、公共の電波上で、精神文化製品であるドラマ等を大々的に発表する作家等」なら、

「それなりの精神構造の成長状態が求められていて当然」だろう』。

『「力不足の者たち」に、

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信が出来る仕事等を行わせ続けていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「テレビ界・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

日本国内で、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や情報工作等々を行っている者たちの将来も、悪事を続けている限り、韓国(北朝鮮も含む)と同様になる・・・。

『「言うまでも無い事」だが「例え、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々により、筆者を殺す事等に成功出来たとしても、その実態・実体は何れバレる」。

「工作に手を染めた者たちに待っている」のは、

「永遠の恥辱に染まる道の上」だ』。

『「もはや、日本国内でその手の工作活動等に手を染めている者たちの人脈もバレバレ状態」だ。

「だから、韓国(北朝鮮も含む)と同様になる」と、

「それと無く、タイトルにも記した」』。

『「劣悪者たち」は、

「他者支配や歴史捏造等によって、都合の良い生活等が手に入れられ、続けられる等と勘違いしている」が、

「自分の実体を冒涜した先に、そんなモノが在る訳も無い」。

「在るのは、劣悪な実態・実体を具現化した事に対する相応の報い」だ』。

『「比べっこによる支配・被支配争い」という「幼少期の精神構造」のまま、

「成人ぶり、賢ぶっていたりしたところで、所詮は、成長不全者の現実逃避でしか無い」。

「ましてや、他の者・物・事等を、力ずく(科学力や情報力等も含む)で支配しようとする自虐まで続けている」なら、

「もはや、その愚か度は、かなりのモノ」だ』。

『「精神構造を健常成長させ、

本質や実体等を探究し、

自分で自分を健康にコントロールし続ける事で、本来の支配欲を充足し続けてる」なら、

「其れこそ、何処の誰にでも、当たり前に、わかる現実が其処にある」』。

『「劣悪状態を続けている自虐的工作員たち」が、

「健常化・正常化するのは何時か?」

「全ては、各工作員たちの自己責任の自己選択によるのだが」・・・』。

|

韓国では、「朴大統領に辞任を求める八つ当たり」が旺盛な様だが・・・。

『「大統領の顔を何回すり替えても、国の成り立ち自体が事実・現実を冒涜した火事場泥棒~詐欺状態」では、

「無駄な事」は「言うまでも無い」』。

『「永遠の混乱」や「永遠に恥辱に染まる道の上を歩む事」等を「避けたい」のなら、

「韓国(北朝鮮も含む)には、元から直す道しか在り得ない事」も

「言うまでも無い事」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「権力者の孤独」と、また、また、また、また、劣悪論を一方的に大量配信していたが・・・。

『「劣悪者たちが劣悪になってしまう」のは「本質の探究が不十分だから」だ。「例えば、権力者や孤独を論じる」なら

「権力とは?」

「孤独とは?」から

「始めなければ、ロクなお話しにならない」のは

「当然の現象」だ』。

『「権力とは、他の者・物・事を支配・コントロールする力」だ。

「つまり、権力問題は、支配・コントロール問題に他ならない」。

「支配・コントロールが人間誰しも保持している支配欲と密接に関わっている事」は、

「言うまでも無い事」だろう』。

『「孤独」とは「丸ごと一人の死生観や人生観等には付きモノ」だ。

「何故なら、

丸ごと一人の死生観や人生観等に執着している限り、

人は誰でも、個々別々の存在でしかあり得なくなるから」だ』。

『「ちゃんとした精神心理学上」では、

「その様な状態」を、

「狭義の自分だけに偏執している、自己狭窄状態と言う」。

「細胞レベルでの命の連続性に対する理解・把握・感覚等を忘れず、

広義の自分である地球生命体細胞群を、

意識し、感じている事等が出来ている健常状態の人間」に、

「孤独は無い」』。

『「はっきり言えば、

{人は誰でも孤独}などと公共の電波上で平然と言えている常連出演者等」とは、

「精神構造の成長が不十分な不健常状態の者に他ならない」』。

『「丸ごと一人の死生観や人生観等に執着しているが故のネガティブ現象や言動等」を

「公共の電波上で公然化し続けていたところで、ロクな事は何も無い」』。

『「そもそも、人間の基本行動原理は以下の様になっている」。

「先ず、根底には、細胞レベルの保存・存続欲が在る」。

「その根底欲を人間個体として体現させる時の行動原理を司っている深部の欲動が無意識レベルの興味」だ。

「人は、誰でも、この無意識レベルの興味によって、基本的に動こうとしている」。

「無意識レベルの興味」を「意識化する事で生じる」のが、

「感情や考え・思い等」だ。

「感情の方が、より深部に近い事は言うまでも無い事」だろう。

「多くの人々は、意識上の考え・思い等を基に、実際の行動を起こそうとする」から、

「意識上の考え・思い」が

「大元の細胞レベルでの保存・存続欲動や、

中間レベルの興味欲動や、

上辺に近い感情等と、

ちゃんと整合性が取れている事こそが重要になる」』。

『「ところが、人の意識・認識等は、上辺の現象等を意識し、認識し易くなっている」。

「人間誰しも、上辺の意識・認識に偏執し易い基本構造を持っている」』。

『「この基本構造と、本来要求されている健常行動の選択との齟齬を解決・解消して行くところ」に、

「精神構造の健常成長が在る」』。

『「精神構造の健常成長により、

健常な自己認識や自己統合状態等を向上させる事が出来ていてこそ、

今時の成人として、健常な状態」だ』。

『「幼少期レベルの精神構造でしか無い、

比べっこによる支配権争い上」で、

「人生を送り続けようとしている人々が多ければ、多い程、

人間社会が自虐的になり易い」のは、

「当然の現象」だ。

「現状人間社会の問題」とは、

「物質文明側では、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して各種の製品等をつくり出し、実用している」のに、

「精神文化側では、考え・思いによる納得レベルの、精神構造の成長が不十分な人々が多い事」だ。

「精神構造レベルが考え・思いレベル」で、

「物質文明レベルも考え・思いレベル」なら、

「例えば、戦争等となっても、殴り合いや、石の投げ合いや、せいぜい弓や槍レベルの武具等の使用となり、

人類自体の破綻や破滅は置き得ない」が、

「精神構造レベルは考え・思いレベル」なのに、

「物質文明では科学実用レベルを使う」となると、

「繰り返した自虐大戦や、現状の局地戦やテロ等の超自虐事態が起こされてしまう」のも、

「当然の現象」になる。

(社会心理学者なら、せめて、この程度の事は、言えなくては・・・。)』

『「考え・思いによる納得レベルでしか無い、

丸ごと一人の死生観や人生観や宗教等に、

執着する事」が、

「人間に自虐行動を起こさせる事に直結している場合は、決して少なく無い」』。

『「現状」では、

「最先端科学レベルの実用品を製造出来る物質文明文化を保持していない集団」に、

「物質文明側では、科学レベルを実用している集団」なのに、

「精神構造の成長が不十分な集団」が、

「最先端に近い武器等を売って、儲けたり、・・・してしまう事」を

「平然と行えてしまっている」。

「精神構造の成長が不十分であるが故に、実現出来てしまっている自虐実態」が

「其処に在る」』。

『「物質文明を開発出来ていない集団の側」が、

「最先端に近い武器や技術等を盗み出したり、

している、更に、酷い場合もある」』。

『「その自虐現象の先」に、

「テロや局地戦や工作活動等々が在る」』。

『「この問題を解決する為の実効のある方法」が、

「人類の精神構造の健常成長を促す情報・教育の大波」なのだから、

「今時のテレビ等なら、

その大波を仕掛ける側に在ってこそ、

その存在の正当性が得られ得る事になる」』。

『「ところが、未だに、

権力者の孤独問題等をダシ」に、

「人間誰しも、孤独論」や、

「テレビ・マスコミ等正義イメージ論等」を

「風潮していた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「全ての人類の精神文化が健常成長する」なら、

「宗教等や現状のインチキ経済・社会システム等は、

伝統文化遺産の座に追いやられる事になる」が、

「人類の自虐行動は大いに抑制され、

戦争やテロや殺傷等も激減し、

世界平和等が当たり前になる」。

「宗教等や現状のインチキ経済・社会システム等を温存」し、

「戦争やテロや殺傷等も温存する事」との

「二択」で、

「未だに、後者を選ぶのは、バカか悪」だ』。

『「多くの人々に、バカや悪の判断を続けさせない為」にも、

「情報・教育の正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

韓国では宗教団体所有地に1000人以上もの遺体があった事が問題視されている様だが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、宗教団体、特に、新興宗教団体における、信者と教祖側の精神構造」とは、

「疑似親子関係である場合が多い」。

「疑似親子関係の精神構造に依存する人々」とは、

「言うまでも無く、精神構造の正常成長が不十分な状態」だ』。

『「逆から見れば、精神構造の正常成長が不十分な人々をダシ」に、

「利権等を貪ろうとする悪」なら、

「新興宗教団体等の上辺善良仮面の裏」で、

「多数の人々を欺いて、利権を貪る事が出来てしまう実態が其処に在る」』。

『「人類誰もが、宗教等、考え・思いによる納得法等に傾注する前」に、

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実等」を

「理解・把握している事の重大性」が、

「其処にも露呈している」』。

『「例えば、人の誕生・死の実体」が、

「細胞レベルの現象である事を理解・把握している人々」なら、

「多くの場合、

丸ごと一人の死生観や人生観をベースとした新興宗教等に取り込まれる事等」は

「無い筈」だ』。

『「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に、

「精神文化製品(ドラマ・小説・映画・アニメ・音楽・教育等々)

を製造する必要性」が、

「其処にある」』。

『「情報・教育は、本当に重要」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実情報等」を

「ちゃんと、ありのままで伝えなければ、

直ぐに、インチキがバレてしまう、

所謂、理系の分野」は、

「もちろん」、

「所謂、文系の分野」でも、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した情報・教育等が激烈に求められている」のが、

「現状人間社会の実態」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」とは、

「実体としては、考え・思い等による納得レベルに過ぎない、

宗教レベルを卒業する事に他ならない」』。

『「宗教レベルをちゃんと卒業出来ている人々が溢れている人間社会」なら、

「もはや、新興宗教等の暴行や暴言等」に

「容認や、力等」が

「与えられる訳も無い」』。

『「逆に、宗教レベルに安住しようとしている人々が主流の人間社会」では、

「新興宗教等が力を持ち易い」』。

『「この意味からも、現状韓国の実態・実体は、余りにも哀れ」だ』。

『「精神構造レベルの実体」が

「余りにも哀れな国の中」では、

「精神文化的異常事態が生じてしまい易い」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「この問題を解決する為の王道」は、

「精神構造の健常進化・健常進歩等」を、

「全ての国民に臨み、

その為に必要となる情報・教育等を行う事である事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「韓国の身から出た錆による自虐劇等」は、

「何時まで、続けられてしまうのだろうか?」

「日本の本来なら不要な自虐劇等」は、

「何時になったら、解消されるのだろうか?」』

『「全ての基本の鍵」は、

「個人個人の精神文化の正常進歩・正常進化に在るのだが」・・・』。

|

韓国朴大統領の会見等を大宣伝だが・・・。

『「降霊術を成功させる為に必要な事」は「もちろん、実在し得ない霊を降ろす事では無い」。「術を使う側が、ターゲットとしている者」に、「霊が降りたと思わせ、信じさせる事」だ。

「つまり、実体としては、ターゲットの心理操作の巧みさこそが、降霊術者のウデの良し悪し」になる』。

『「心理操作で操られる道を選択してしまう人々」は、

「心理的迷子状態である場合が多い」。

「朴大統領の少女時代~の場合」も、

「母親の死等により、心理的迷子状態であった様」だ。

「其処に付け入ったのが、チェ・テミン」で、

「チェ・テミンの後を受け継いだ」のが、

「娘のチェ・スンシル」という訳だ』。

『「元々、国の始め方からして、無茶苦茶な戦後の韓国(北朝鮮も含む)」では、

「心理的迷子状態に陥ってしまう国民も多く、

未だに、宗教も旺盛」だ』。

『「人類の誕生・死とは、細胞レベルの現象である事が、

既に科学レベルで判明して久しい、今時」なのだから、

「丸ごと一人の死生観や人生観を持つ宗教なら、

歴史文化遺産等と捉えたり、

新興宗教等なら、用心する」のが

「今時の多くの普通の人々」だ』。

『「元々、多くの新興宗教等の本当の目的は利権取得だったりしている」のだから、

「騙し合いで、利権争奪戦を行い、

騙し合いに現実逃避している」のが、

「実態」だ』。

『「それでも、

未だに、

韓国では新興宗教が旺盛」なのは、

「火事場泥棒的に国を始め、

植民地支配詐欺で世界中を欺き続けようと足掻いている国ならでは」の

「負の現象」だろう』。

『「そんな状態は、一刻も早く脱するべき」だが・・・』。

『「テレ朝朝番」によれば、

「現状のチェ・スンシル」は、

「大金持ち」らしい。

「更に、平昌五輪関係で高く買い取られる事が決まっている土地」に、

「ビルまで建てている」らしい』。

『「そんな事態を受けて、

常連出演者等」は、

「上手い金儲け方で、頭が良い等の旨」を

「公共の電波上で公言していた」が、

「そんな悪論が蔓延れている情報配信を続けている限り、

日本社会の健常化・正常化等が困難になる事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「鉄道・道路等建設予定地でも、

イベント等使用予定地でも、

先に情報を得て、

土地を買い占め、

高値で転売する悪徳手法」は、

「かなり昔からある悪徳手法」だ。

「日韓併合当初にも、

朝鮮半島内の鉄道建設予定地を、

裏情報を得て、先に買い占め、高値転売して、

大金持ちになった者が居た」。

「さすがに、当時の日本政府の目にもとまり、

政府は、該当者に対し、勲章や貴族位等を与え、罪にも問わないから、

儲けを国に寄付せよ!」等と

「迫った」が、

「悪徳手法を平然と使った悪には無力」で、

「結局は、勲章や貴族位等は辞退された上に、

罪にも問えなかった」』。

『「その悪が悪徳手段で稼いだ大金等」は、

「恐らく、血統相続され続け、

日本社会の何処かで、

その後を送っている筈」だ』。

『「大金持ちの訳」が、

「祖先がその様な悪徳手段故稼いだ大金」等なら、

「健常な精神を持つ子孫等なら、

決して誇れない、どころか、恥と感じ、社会に還元したくなっても、何の不思議も無い」』。

『「悪徳利権か?否か?は別にして、

大金持ち利権上で育った様相満載」の

「常連出演者等」は、

「血統相続大金持ち自体を正当化・公然化する為にだろう、

悪徳手法さえも、頭が良い・・・」なのだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「他の常連出演者等も、

醜悪な言動を容認したまま・・・だった」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「悪徳手法を頭が良い等と賛美するのでは無く、

悪徳手法は悪徳手法として根絶せしめるべく責める」のが、

「健常・正常な情報配信内容」だ』。

『「公共の電波上」なら、

「その様な健常・正常状態が当然で然るべき」だ。

「不健常状態を容認する事」とは、

「勘違い人間たちが、

悪徳手法等を

頭が良い者が出来る事と思い込み、

実践してしまう地盤をつくっているのと同じ」だ。

「オレオレ詐欺等が連綿と続く地盤を構築し続けている様相の者たち」に、

「公共の電波上の常連出演権等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「頭の状態が正常・健常」ならば、

「本質的には自虐的な不健常行動等を、

実行する事の愚かさ」くらいは、

「頭の良し悪しの問題など関係無く」、

「理解・把握・実感等出来ている筈」だ』。

『「健常な人間としての基本が???の様相の連中を常連出演させる事」の

「実害は、かなりのモノになる」』。

『「狡賢い、不健常な手法で始めた国の中」の「多くの国民の苦難」は、

「身から出た錆」で、

「身から錆が出ない状態に是正しない限り続く事になるのは、必然」だが、

「現状の日本社会の実態」も、

「決して、褒められたモノでは無い」』。

『「不健常な意見や論等をさも正論の如く風潮する常連出演者」と、

「紳士ぶり、正義ぶり、優等生ぶっていながら、

不健常な意見や論等に対して、

責める事も満足に出来ていない常連出演者」等が、

「公共の電波上で蔓延り続けられている限り、

日本社会の中に、

不健常な風が吹き続ける」のは、

「当然の現象」だ』。

『「そして、多くの人々が、不健常な風から身を守りたくなり、

現状では、身を守る為には、金や立場・権力等だ!等」と、

「益々、自らの考え・思いや心理状態等を不健常にする者たち」が、

「どんどん生じ易くなる」のも、

「当然の現象」だ』。

『「そんな酷い状態が蔓延れている人間社会」では、

「いじめも、殺傷(自他は問わない)も、テロも、戦争等も無くならず、

比べっこ支配権争いに基づいた自虐的な人生ゲーム上で、

自虐的な一生を終える人々が大量に出る」のも、

「当然の現象」だ』。

『「本当の自信や自己承認欲の充足も出来得ない状態の人々の多く」が、

「血統家族主義等に現実逃避したがり、

負の代々話を仕込み続ける様になり易い」のも、

「当然の現象」だ』。

『「大金持ちを目指させたり、憧れさせたり、する」のは、

「悪情報・教育」で、

「健常な情報・教育」なら、

「不当な格差と貧困を根絶する事を目指す考え・思いや人間たちを生み出す」のが、

「当たり前」だ』。

『「多くの人々を、

大金持ちを目指させ、憧れさせておいて、

いじめや殺傷やテロや戦争等を無くせると思えている」なら、

「本当に、バカ」だ』。

『「比べっこによる支配権争い上に在る」のが

「大金持ちや大権持ちに他ならない」。

「比べっこによる支配権争い上」には、

「平和や、いじめや、殺傷や、テロや、戦争等」の「激減や根絶等」は

「存在し得ない」。

「何故なら、それは、代償欲求の過剰追及に奔走している人々が溢れている世界だから」だ。

「自分の実体から乖離した

落ち着きさえ得られない状態」で

「右往左往している人々が蔓延している世界」では、

「自虐的なトラブル等が頻発する」。

・・・「当たり前の事」だ』。

『「悪情報の一方的大量配信により、

人間社会劣化等を招く事」で、

「相対的に、自分の立場等を上にしようとしている者たち」なら、

「悪」だ』。

『「公共の電波上」に、

「バカや悪を蔓延らせ続けていてはいけない」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)の状態が余りにも酷い事」等により、

「日本の現状が容認され続けるべきでは無い」』。

『「物質文明の急速な進歩・進化」は、

「人類の精神文化の健常成長に残されている時をどんどん減らしている」のが、

「現実」だ』。

『「比べっこ支配権争い上」で、

「人類絶滅器や地球消滅器等が使われてしまう可能性が生まれる時代」は、

「直ぐ其処まで(或いは、既に)来ている」。

「精神文化の健常進歩・健常進化無き人類の未来は、短い」』。

『「特に、所謂、文系の、情報・教育の正常化・健常化」は「急務」だ』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化」も、

「急務」だ』。

|

いじめ問題で本当に問題なのは精神構造の健常成長を促せていない学校教育や教師やテレビ・映画・音楽・アニメ・小説等々の情報でしょ!・・・。

『「元ヤン等のいじめ側にしても、所謂、いじめられ側にしても、原家庭の問題が如実に反映された精神構造(≒性格・思想信条等)形成上の問題である場合が多い」。

「この問題で、重要な者・物・事等」とは、

「原家庭等の精神構造育成環境格差等をちゃんと是正出来る

学校教育や教師等や、

テレビ・ラジオ・映画・小説・アニメ・マスコミ・音楽等々上の情報等の存在」だ』。

『「ところが、現状の多くの学校教育や教師等」は、

「現状適応を強い、

例えば、有名大学等に生徒を送り込む事等は出来ても、

精神構造の健常成長の手助けさえも満足に出来ていない」』。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・映画・小説・アニメ音楽等々」では、

「いじめや殺傷等の公然化が蔓延り、

その解決で溜飲を下す現実逃避劇等が

未だに、主流」だ』。

『「本来在るべき」は、

「いじめ欲動や殺傷欲動を殺す情報・教育に他ならない」』。

『「人間誰しも、言葉を習わなければ、

言葉を話したり聞いて理解したり、読み書きしたり出来ないのと同様」で、

「いじめや殺傷やその解決法とされている方法等を実質的に学べば、

学んだ事は出来る様になる」が、

「いじめ欲動や殺傷欲動の殺し方を学んでいなければ、いじめや殺傷等を葬る事は困難」だ』。

『「いじめる方もいじめられる方も、

成長途上の子どもであり、

ある意味では、

劣悪な原家庭環境や、

劣悪な学校教育・教師等や、

劣悪なテレビ・マスコミ・アニメ・映画・小説・音楽等々に溢れている情報の被害者」に他ならない』。

『「いじめ欲動や殺傷欲動を殺す事が出来るのか?」等と

「考え・思えてしまっている方々も多いかも知れない」が、

「人類なら、

誰でも、

殺欲動は自己保存~存続にとって必要な基本欲動として保持せざるを得ない」が、

「他の人類を殺傷する欲動等は、基本的に保持する必要性が無い」のが

「現実」だ。

「殺したいモノの実体探求こそが重要」で、

「殺したいモノの実体探求をせず」に、

「丸ごと一人の死生観等に基づいて、

他の者等を丸ごと一人レベルで否定すれば、

自分や自分の考え・思い等が認められると思い込み、信じ込みたがっている、

精神構造の成長不全状態こそ」が、

「問題である事は、誰にでも分かる筈」だ』。

『「この切り口で、ドラマや小説や映画や音楽等々をつくり出したり、

学校教育等を行う事」は、

「意外と簡単に出来る事」だ』。

『「現状で、出来ていない」のは、

「旧来の酷い精神構造文化に執着したまま、

利権等を貪り続けようとしている様相」の

「今時の人類に必要な仕事」を、

「満足に出来ていないクセ」に

「過分な報酬や名声や立場等を得ようとしている劣悪状態の者たちの過剰実権等故」だろう』。

『「いじめや殺傷やテロや戦争等々の問題」を、

「本気で解決したい」のなら、

「今時の人類なら誰も」が、

「丸ごと一人の死生観や人生観を卒業」し、

「細胞レベルの死生観や人生観を持ち」、

「丸ごと一人レベルで考え・思いたがる人間の意識」と

「両方」を

「健常にコントロールし続ける健常成長した精神構造を身に着ければ良いダケ」だ』。

『「その様な状態を多くの人々が得られる様に、

情報・教育等を正常化・健常化すれば良いダケ」だ』。

『「上記の様な基本構造さえ???状態の方々もまた、

劣悪な情報・教育の被害者」に他ならない』。

『「今時なのに、未だに、劣悪レベルの情報配信を平然と行い続けている、

テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた、健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、残留薬無駄を縮小する事で医療費削減をしたら論等を常連出演者等が提唱していたが・・・。

『「内実」としては、「高額薬を使えるお金持ちが得る節約効果利益等が一番大きくなる案だった」ので「呆れた」。

「残留薬や薬の過剰処方や飲み残し等の問題」は「もちろん解消させて行くべき」だが、

「その上でも、忘れてはいけない事」は、

「格差是正」だ』。

『「経済にスポットライトを当てて、無駄削減等の解決策を見出そうとする」と

「必然的」に、

「経済的削減効果が大きくなる高額薬等の節約効果利益が一番大きくなる」。

「その利益を得られる」のは、

「高額薬等を使えるお金持ち」になる。

「節約の結果、お金持ちに余剰金が増えれば」、

「往々にして、金融投資界等で、金転がしに使われ、更に、増やされようとする」のだから、

「益々、

実体経済内低賃金労働者である場合が多い、

所謂、庶民層との格差も増大し易くなる」』。

『「現状経済システムの病的な問題を考慮しない節税論等」の「実体」は、

「お金持ちの利権増大の為の論である場合が多い」』。

『「経済パイが小さくなればなる程、

相対的に、お金の価値や力が大きくなり、格差も広がり易くなる」のが、

「現状のインチキ経済システム上の実態」だ』。

『「それでは、残留薬の{もったいない}問題」は、

「どの様に解決すれば良いのか?」』

『「格差是正と人権にスポットライトを当てる」なら、

「誰にでも、その答えが、簡単に導き出せる筈」だ』。

『「先ず、残留薬は、基本的に、廃棄物扱いにする」。

「高額残留薬でも廃棄物扱い」だ。

「その上で、高額薬の利用が必要・可能な低所得治療必要者に提供可能な薬とする」。

「提供可能薬にする為」に、

「元の高額薬等の扱いには、可能な限り、無菌室等での扱いを求め、

無菌室等での扱い薬のみ提供可能薬にする」。

「廃棄物だから、薬の元値は基本的にゼロで良い」。

「低所得治療必要者に、高額残留薬廃棄物を使用した時」には、

「医師や看護師等の治療技術料等だけを、保険の範囲内で請求すれば良い」。

「そうすれば、所得による医療格差」が「是正される」から、

「人権上も好ましい状態になる」』。

『「医療費削減の為」には、

「先ず、情報・教育の健常化・正常化」だ。

「多くの人々の精神構造の成長不全問題等を放置したまま、

医療費を削減しようとする事自体、

悪い冗談みたいな事」だ。

「当然の如く、無理だらけ・・・となり、グロテスクな実態が招かれるダケになり易い」』。

『「例えば、

いじめドラマや殺傷ドラマ等が蔓延っている、比べっこ支配権争い人間社会」と

「いじめ原因解消ドラマや殺人欲動を殺すドラマ等が蔓延している、本質探求人間社会」では、

「多くの人々の精神構造の成長度が全く違って来る」』。

『「精神構造が健常成長出来ている人々が溢れる人間社会の中」では、

「不要なストレスを作り出したり、他人に強いたりする場合も激減する」から、

「身体的健康状態も保ち易くなる」。

「必然的に、医療費も抑えられる」』。

『「物質文明上の先進国でもある米国の実態」は、

「金の量によって、受けられる医療や安全にも甚大な格差がある状態」だ。

「身体面や経済面ダケを偏重」して、

「人間社会にしても、個々の人々にしても、

精神構造の健常成長を疎かにする」と

「金に多大な実権を持たせて、金権に頼る、

極めて、不健常でグロテスクな人間社会が出来上がる」』。

『「現状のインチキ経済システム上の国家財政問題」では、

「例えば、

少子高齢化により、

労働人口が減っても、

消費人口はいきなり減らない」から、

「消費税~消費税率アップがとりあえずの正解」となり、

「労働人口が減る分だけ、金に金を稼がせる年金運用等がとりあえずの正解」となるのが、

「現実」だ』。

『「医療費問題も、もちろん、国家財政問題の一部」だ。

「例え、高額薬が必要となる病気等に、不運にして、なってしまって」も、

「所得の高低を問わず、十分な治療が受けられる状態の構築等」こそが、

「多くの人々の心を開かせ、

健常消費や健常労働等も生じ易くする助けにもなる」。

「つまり、景気を良くする助けにもなる」』。

『「逆に、お金による医療や安全等の格差が甚大な人間社会の中」なら、

「多くの人々は、心を閉ざし、自分の下への集金・集権行為等に走り易くなる」。

「笑顔やジェントルマンや優等生の上辺を纏った悪魔に魂を売り渡した者たち」が

「溢れる人間社会」では、

「殺傷も、いじめも、甚大なストレスも、

現実逃避のヤク等々」も、

「必然的に溢れ易くなる」。

「そして、景気も悪くなり易い」のは、

「当然の現象」だ』。

『「本質的悪事に身も脳も染めている者たち」が、

「自信など持てる訳も無く、

心底から自分を認める事も出来る訳も無い」。

「本来の自己承認欲求を充足出来得ない者たち」は、

「他の者・物・事による自己承認の代償欲求の追及に奔走する」。

「実に、迷惑で、グロテスクな実態が其処に在る」』。

『「迷惑でグロテスクな実態の先にある」のが、

「急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明と、

成長不足の精神文化のギャップが引き起こす

人類滅亡の惨劇」だ』。

『「個々の人々レベルで、迷惑でグロテスクな実態を解消する事」こそが、

「この重大問題から全人類を解放する王道に他ならない」。

「その為に有益な情報・教育こそが、

今時、必要な情報・教育」だ』。

『「お金持ちを益々有利にする様なグロテスクな論」を

「公共の電波上で、一方的に大量配信している暇がある」なら、

「今時の人類が必要としている精神文化の健常成長に有益な情報等を配信するべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「健康ゴールド免許」という不健康な発想問題・・・。

『「医療費削減を目的とした策」とは「主体が国家財政等で国民では無い」から「不健常になり易い」。

「健康ゴールド免許などと言う、不健康な発想が生まれている」のも、

「主軸を国民では無く、経済に置いているが故」の

「悪現象」だ』。

『「主軸を国民に置いて、医療費削減問題を考える」なら、

「健常な解決策が直ぐに生まれる」。

「格差是正」と、

「情報・教育の健常化・正常化」こそが、

「医療費削減に直結する事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だ』。

『「そもそも、

健康自体も満足に理解・把握出来ていない様相の者たち」が、

「内実としては、健康ダシの差別レッテルにしかならない、健康ゴールド免許」を

「提案している事自体、バカげている」』。

『「昨今、

蔓延ってしまっている、

現代版エロ・グロ・ナンセンス」の

「一つ」が

「此処でも露呈している」』。

『「健康ゴールド免許」とは

「内実、グロテスクで、

内実、ナンセンスな

モノ」に他ならない』。

『「健康には、身体的健康も、精神的健康もある」。

「例えば、精神構造の成長が不十分な身体的成人たち」は、

「例え、身体面が健康でも、健康とは言えない」』。

『「しかし、医療費削減目的ベース」なら、

「そんな内実、不健康な者たちでも、

医療費を使わないのなら、

大歓迎出来てしまう」』。

『「もちろん、状態把握によるお墨付きまで省く」と、

「いくら上辺で正義ぶっても、

多くの人々に内実が直ぐにバレる」から、

「健康診断の受診」が

「ゴールド免許取得権に直結する様に設定している様」だ』。

『「現状の多くの健康診断では、

身体状態の極一部が調べられるダケで、

精神構造の成長等は不問」だから、

「実際の健康状態は、言うまでも無く、正確に把握出来得ない」。

「つまり、お墨付き自体が、かなりいい加減なインチキレベル」なのだ』。

『「それでも、

例えば、

三大成人病等に対する早期発見~早期治療にも役立っている面もある健康診断だから、

医療費全体レベルでの削減効果を狙う」なら、

「いい加減なインチキレベルのお墨付きに基づいた差別という飴」を「与える事」でも、

「ある程度の効果がある筈」と、

「不健康な発想を巡らせた上」での

「健康ゴールド免許提案」なのだろう』。

『「飴と鞭」とは

「他者支配の為」に、

「支配者側が使いたがる道具」だ』。

『「健康ゴールド免許を提唱している者たち」には、

「濃厚な支配者気取りの雰囲気も漂っている」』。

『「その当たりの自覚さえ持てていないレベルの精神構造の成長状態」なら、

「国会議員等の職は不適格だと強く思う」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「健常な国会議員等」なら、

「健康ゴールド免許などの不健康な提唱はせず」に、

「格差是正」と、

「情報・教育の健常化・正常化」に

「邁進するべき」だ』。

『「医療費の削減ダケでは無く、

少子高齢化の是正にも、

健康寿命を上げる事にも、

犯罪等抑止にも、

・・・等々にも、

直結している」のが、

「格差是正」と

「情報・教育の正常化・健常化」だ』。

『「この王道を外して、

姑息な獣道上を国民に歩ませようとしている

支配者気取りの政治家等」など、

「もはや、要らない」。

「今時の人類世界」は、

「急速な健常化・正常化抜き」なら、

「それ程遠くない将来の破綻が決定的なのだから!」』

|

「裸の女性が食肉批判」だと・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、植物だって生物」だ。「人類にとっても、食とは、他の生物を殺し、食し、人類の存続を図る事以外の何モノでも無い」。

「人類が食する時に対する他の生物の苦痛を盾」に、

「動物食と、否動物食を分けたがる人々」は、

「上辺に拘り過ぎている状態と強く推定出来る」』。

『「脳が感じる苦痛濃度等」は、

「脳の状態等によって全く違う」。

「例えば、外傷的に殺される動物(人間も含む)の脳内」では、

「その苦痛を和らげる物質等が大量に発生している筈」だ。

「脳が無くても、生物にとって、自己崩壊が苦痛で無い訳は無い」。

「何故なら、生物の基本的目的は、その存続~永続だから」だ』。

『「人類も含む、多くの地球生命体細胞群」は、

「他の生物を食して、存続している」。

「人類自体にも、オートファジー等の実態現象がある事」からも、

「元々、人類も含む地球生命体細胞群自体」が、

「地球生命体細胞群自体の構築度を上げる事でその存続を図る為」に、

「地球生命体細胞群自体の一部分」に、

「ある程度、構築度を上げさせた上」で、

「その個体等を食する、

ある意味では、合理的なシステム上に成り立っている実態」からも、

「明らか」だ』。

『「この様な実体や事実・現実」が「理解・把握出来ない状態下に在る人々のみ」が、

「悪戯な、

植物食=正当&動物食=不当等」の

「実体離れ・現実離れした{考え・思い上の信念等}に、

「縋りつき易くなる」』。

『「ある意味では、非常に滑稽な現象が其処に在る」』。

『「そもそも、動物/植物等の区分」は、

「人類が勝手に決めている事に他ならない」』。

『「現実」としては、

「生物は生物」であり、

「地球生命体細胞群の一員として、

地球生命体細胞群の存続~永続を図る、

地球生命体細胞群としての役割に対する忠実さ」は、

「本能レベルの欲動に忠実であればある程、顕著」だ』。

『「地球生命体細胞群の存続~永続の為」なら、

「被食生物である事も厭わない/厭わさせられない」のが、

「多くの生物(=地球生命体細胞群)の実体」だ』。

『「人類の場合」は、

「偶々、基本的には、否被食生物として生まれているダケ」で、

「地球生命体細胞群としての本質的目的であるその存続~永続を目指すべく生まれている存在である事」には、

「変わり無い」』。

『「この基本的現実を{見失う事が出来ている者たち}のみが、

妄想の世界で生きられているダケ」だ』。

『「妄想族が目を覚まし、自分の実体やその本来の目的に気づくのは、何時?」

「その辺りに大いに関係がある」のが、

「情報・教育等、人類の精神文化上の実態」だ』。

『「不要な迷い子たちを量産しない為」にも

「人類の情報・教育等、精神文化側の正常進歩・正常進化」等は、

「急務」だ』。

|

韓(北朝も含む)人脈流テレビでは「韓国大統領問題」で大騒ぎだが・・・。

『「韓国の大統領には強い権限が与えられている」。「北朝鮮の独裁者には、もっと、強い権限が与えられている」。

「もちろん、どちらの国の中」でも、

「その国の中の多くの国民」が、

「その様な体制」を、

「実質的に、容認しているから」だ』。

『「強い者をつくり、

容認し、

その下に集り縋る事」で、

「強い者の一員である幻想を得て強がる精神構造」は、

「強い親を求める、幼少期の人間の精神構造」と

「基本的に同じ」だ』。

『「幼少期レベルの精神構造」で、

「実人間社会体制を構築」すれば、

「現状の人間社会の中に溢れている多くの物質文明等は、

成人レベルの思考・技術等の下で生み出されている」のだから、

「精神構造レベルのギャップ故」に、

「必然的に、トラブル等が多くなる」』。

『「北朝鮮の核・ミサイル問題や、

韓国・北朝鮮共々、

ネット攻撃/妨害等々や、

電磁波工作、

侵入工作、

飲食物工作、

情報・教育工作等々の問題」も、

「もちろん、この幼少期レベルの精神構造に基づいた、

比べっこによる支配権・被支配権争い文化による事」だ』。

『「純粋に、より良い製品等を欲しがる人々が多い、

成人レベルに近い精神構造社会体制下の国々」との

「商業製品等比べっこ」等でも、

「劣位に陥り易い」のも、

「幼少レベルの社会体制精神構造故の必然」だ』。

『「内実」では、

「大権を持ち、親の役割を背負わされている国家指導者等」も、

「その下で、大権を持つ者に縋っている国民・大衆等」も、

「どちらも、別質であるが故」に、

「相互間では、孤独同士の存在となる」』。

『「大衆側」では、

「同様の状態の者たち」が

「その国の中の至る所に居る状態となっている」から、

「子ども状態である限り、

周囲と同じ」で、

「孤独感は薄くなる」が、

「成長阻害感は満載となる」』。

『「精神構造の健常成長が阻害されている人間社会体制下で暮らしている多くの人々」は、

「意識の有無を問わず、

自らの内に、

既に、大いなる不満を抱えさせられている」』。

『「親の立場の側も、孤独」だが、

「親の立場の側の場合」は、

「周囲に同様の状態の者たちがゾロゾロ・・・という訳も無い」。

「本当に信頼出来る極僅かの人の中から、特に気に入っている者」を

「特別扱いし、側近とする事」で、

「孤独感から逃れようとする

親の立場の側の者」は、

「枚挙に暇が無い」』。

『「朴大統領の場合」も、

「同様の状態だった事」が

「露呈した様だ」』。

『「孤独状態を解消する為の正当な手段」は、

「親子関係から、

大人同士の関係へと、

人間社会体制の精神構造を成長させる事」だ』。

『「人間社会体制の精神構造が成長」すれば、

「必然的」に、

「大権を持つ/持たせる親的な立場」や

「大権を預ける/預けさせられる子ども的な立場」は解消され、

「多くの人々が自分で自分を健康にコントロールし続ける上」に、

「実権が宿る状態となる」』。

『「もちろん、そんな事態を実現させる為」には、

「多くの人々が、自分の精神構造を健常成長させる事が非常に有効になる」』。

『「卵と鶏の話しと同じ」で、

「人間社会体制の精神構造の健常成長が先」でも、

「個々の人々の個人個人の精神構造の健常成長が先」でも、

「どちらでも良い事」だが、

「精神構造の健常成長」が「重要」だ』。

『「この本来あるべき人間社会体制の精神構造の健常成長」を

「行わず」、

「あるキッカケを元」に、

「幼少レベルの精神構造上」で、

「不平・不満等を表立たせれば、大騒ぎとなる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「精神構造の成長無き人間社会体制やその中の人々」は、

「本当に哀れ」だ』。

『「それでは、何故?戦後の韓国(北朝鮮も含む)」では、

「大権の下の大衆」という

「親子関係の精神構造を元にした

国家社会体制がつくられたのか?」』

『「言うまでも無く、日韓併合という二国間の国家契約を正常解除して国を始める等」の

「大人の精神構造に基づいた手続き等を元にして国を始めていないから」だ』。

『「日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に、

朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を奪い国を始めた」と「共」に、

「そんな状態を正当化し続ける為」に、

「終戦時には、

日本国内でも米軍に取り入り、

日本全国各地で武力を持って火事場泥棒的行為を行い、

残留地盤をつくった上で、

大量の朝鮮系の者たちを情報・教育・政治等の立場を得させて残留させた」。

「そして、

戦後日本国内では、

自虐史観等を蔓延らせ続けて来ている」ばかりか、

「侵入工作や飲食物工作や電磁波工作等々の非人道的な工作手段まで用いて」、

「有益分子の育成や不適応分子の粛清等まで行い続けて来ている」』。

『「明らかな、非人道的行為の上で、国を始めてしまい、

その正当化の為」に、

「更なる、非人道的行為に手を染め続けて来ている」のだから、

「そんな事態を正当化し続ける事自体無理がある」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)国内でも、

歴史上の事実・現実を知っていたり、

現状の非人道的な工作問題等について、

気づいていたりする人々が、

少なからずいる」が、

「それらの人々を圧殺し続ける為には、

大権の下での粛清等が必要になる」』。

『「非人道的行為を正当化し行い続ける為」に

「必要になってしまっている」のが、

「幼少期の精神構造を持った人間社会という訳」だ』。

『「しかし、もはや、そんな状態にも、限界が来ている」。

「韓国も北朝鮮も、崩壊寸前状態」だ』。

『「この先、道は、二つある」。

「再び朝鮮戦争をして、誤魔化そうとするか?」

「先の大戦終戦時~の非人道的行為を全面的に詫び、謝罪・補償」し、

「大人レベルの精神構造を持った国家社会体制の国・国民へと健常成長するか?」だ』。

『「もちろん、健常成長の方が、好ましい事」は、

「言うまでも無い事」だ』。

『「それなのに、未だに、日本の中の韓(北朝も含む)人脈流テレビ等」では、

「ある意味では、

問題の本質でもある、

~大戦終戦時~その後~等の実歴史や、

工作活動問題や、

人間社会の精神構造問題等」を

「言わず」、

「韓国が大変だぞぉ~!」

「韓国が大変だと日本にも影響があるぞぉ~!」等々、

&「韓国の言い分を取り入れて、韓国を援助した方がよいぞぉ~!」とでも、

「言いたげな様相なのだから、本当に、呆れる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »