« 「裸の女性が食肉批判」だと・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、残留薬無駄を縮小する事で医療費削減をしたら論等を常連出演者等が提唱していたが・・・。 »

「健康ゴールド免許」という不健康な発想問題・・・。

『「医療費削減を目的とした策」とは「主体が国家財政等で国民では無い」から「不健常になり易い」。

「健康ゴールド免許などと言う、不健康な発想が生まれている」のも、

「主軸を国民では無く、経済に置いているが故」の

「悪現象」だ』。

『「主軸を国民に置いて、医療費削減問題を考える」なら、

「健常な解決策が直ぐに生まれる」。

「格差是正」と、

「情報・教育の健常化・正常化」こそが、

「医療費削減に直結する事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だ』。

『「そもそも、

健康自体も満足に理解・把握出来ていない様相の者たち」が、

「内実としては、健康ダシの差別レッテルにしかならない、健康ゴールド免許」を

「提案している事自体、バカげている」』。

『「昨今、

蔓延ってしまっている、

現代版エロ・グロ・ナンセンス」の

「一つ」が

「此処でも露呈している」』。

『「健康ゴールド免許」とは

「内実、グロテスクで、

内実、ナンセンスな

モノ」に他ならない』。

『「健康には、身体的健康も、精神的健康もある」。

「例えば、精神構造の成長が不十分な身体的成人たち」は、

「例え、身体面が健康でも、健康とは言えない」』。

『「しかし、医療費削減目的ベース」なら、

「そんな内実、不健康な者たちでも、

医療費を使わないのなら、

大歓迎出来てしまう」』。

『「もちろん、状態把握によるお墨付きまで省く」と、

「いくら上辺で正義ぶっても、

多くの人々に内実が直ぐにバレる」から、

「健康診断の受診」が

「ゴールド免許取得権に直結する様に設定している様」だ』。

『「現状の多くの健康診断では、

身体状態の極一部が調べられるダケで、

精神構造の成長等は不問」だから、

「実際の健康状態は、言うまでも無く、正確に把握出来得ない」。

「つまり、お墨付き自体が、かなりいい加減なインチキレベル」なのだ』。

『「それでも、

例えば、

三大成人病等に対する早期発見~早期治療にも役立っている面もある健康診断だから、

医療費全体レベルでの削減効果を狙う」なら、

「いい加減なインチキレベルのお墨付きに基づいた差別という飴」を「与える事」でも、

「ある程度の効果がある筈」と、

「不健康な発想を巡らせた上」での

「健康ゴールド免許提案」なのだろう』。

『「飴と鞭」とは

「他者支配の為」に、

「支配者側が使いたがる道具」だ』。

『「健康ゴールド免許を提唱している者たち」には、

「濃厚な支配者気取りの雰囲気も漂っている」』。

『「その当たりの自覚さえ持てていないレベルの精神構造の成長状態」なら、

「国会議員等の職は不適格だと強く思う」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「健常な国会議員等」なら、

「健康ゴールド免許などの不健康な提唱はせず」に、

「格差是正」と、

「情報・教育の健常化・正常化」に

「邁進するべき」だ』。

『「医療費の削減ダケでは無く、

少子高齢化の是正にも、

健康寿命を上げる事にも、

犯罪等抑止にも、

・・・等々にも、

直結している」のが、

「格差是正」と

「情報・教育の正常化・健常化」だ』。

『「この王道を外して、

姑息な獣道上を国民に歩ませようとしている

支配者気取りの政治家等」など、

「もはや、要らない」。

「今時の人類世界」は、

「急速な健常化・正常化抜き」なら、

「それ程遠くない将来の破綻が決定的なのだから!」』

|

« 「裸の女性が食肉批判」だと・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、残留薬無駄を縮小する事で医療費削減をしたら論等を常連出演者等が提唱していたが・・・。 »

政治」カテゴリの記事