« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

昨今の記事は、かなりそのスジの連中にとって痛い様で、かなり工作電磁波が強化されているが・・・。

『「以前に記した通り、当方では、既に、ある程度の実効のある対策を施してある」ので「実害は出ない」。

「寒く感じる程大量に、マイナスイオン等が発生するくらい・・・」だ』。

『「実害は出ないが、はっきりする事がある」。

「そのスジの連中が、

決して、

平和友好共存目的の者たちでは無い事」だ』。

『「日本国内に未だにいる工作員や反日国系悪権力者等」の、

「日本国籍を剥奪し、祖国・母国に強制送還すれば、

日本社会は、遥かに健常に成り易くなる」』。

『「実権を持っている政府・与党等」は、

「本気で、戦後日本社会の膿を出し切り、日本国外に排除するべき」だ。

「この避けて通れない部分を

悪戯に善人ぶって無い事にし、温存し続けるなら、

日本の戦後は永遠に終わり得ない」。

「今、実権者たちの正義が問われている」』。

『「政府・与党等や

政財界・学界要人等や

医療・司法界等々の

日本国・日本社会の重要な立場」に、

「似非日本国民(日本国籍を持つ反日国の手先たち等)は不要」だ。

「一般日本国民なら、

正義無き者や

反日国の手先工作員等に、

実権を与え続けていてはいけない」』。

『「反日国を利したい者たちは、

反日国に戻し、

反日国をより良い国とする努力をしてもらう状態に導くべき」だ。

「日本国内で、

日本国民粛清工作や

反日国にとっての有益分子育成工作や

技術・情報・資金等の盗み等を行わせ続けずに!!!」』

『「テレビ・マスコミ・学校教育等に、

似非日本国民に良いイメージを付けて、実権を得やすくする

日本国民にとっての自虐情報・教育等を行い続けさせていてはいけない」』。

『「多くの本当の日本国民が、それぞれの立場で出来る正義を行い続ける」なら、

「日本社会の健常化もより進み易くなる」』。

|

何かにつけて、「中・韓(北朝も含む)」・「小泉・小池等の宣伝」・「反原発感情煽り」・「反米軍基地煽り」のテレビ・マスコミ等が「トランプと孫の接近を大宣伝している」が・・・。

『「知っている方々も多いと思うが、あのソフトバンクの孫氏」とは「中国系のお方では無く、朝鮮系のお方」だ。

「しかも、元々は、朝鮮戦争時の{難民}がルーツ」で

「お父上は、密造酒の販売(もちろん、違法)で儲けて家族を養っていたお方」でもある。

「更に、孫氏が社会に出た後」にも、

「不思議な状態でスポンサーから資金を得て、米国でのゲーム機販売等で儲けている」。

「ソフトバンクの成功の裏」にも、

「お仲間テレビ・マスコミ等による多大なる応援等の臭いが濃厚に漂っている」。

「その後の中国共産党支配下の中国での中国株利用金膨らまし」にも、

「お仲間の応援の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「孫氏の下への金権集中の流れ」は、

「まるで、何処かの一民族の総意に基づいているかの如き様相を露呈している」』。

『「現状の孫氏」は、

「もちろん、半端では無い大金持ち状態」だ。

「金権に基づく経営権等も半端では無い」。

(もちろん、どちらも、現状のインチキ経済システム上での実態に過ぎず、

本質的なお墨付きがどれ程あるのか?等は不明だが!)

「その利権集中故の巨大権力一点集中化構造」は

「まるで、北朝鮮の権力構造の拡大版コピーの様相」ですらある』。

『「そんな孫氏」が、

「トランプ次期米国大統領に急接近している」』。

『「どこと無く同様の臭いのする事態」が

「歴史上にもある」』。

『「日韓併合時に、当時の韓国権力者内で、必要な資金を集め、

代表的者たちを米国に送り込み、

米国内で{植民地支配からの解放詐欺}による集金をさせた事」や

「その集金で集めた資金等を元にした

米国要人懐柔策略を行わせた事」だ』。

『「米国要人懐柔の悪の成果」が、

「戦後の米軍等による朝鮮系の者たちを重用した日本占領策」であり、

「戦後日本の異常な実態」だ。

「究極的な目的」は、

「朝鮮系の者たちによる日本の乗っ取り支配」だ』。

『「その目的の延長線の臭い」が

「今の孫氏から漂っている様に感じている」のは、

「筆者たちダケでは無い筈」だ』。

『「金を元にした強国権力者懐柔策略」で、

「何十年~百年以上もかけて、日本の乗っ取り支配を画策している悪連中の存在」は、

「もはや、公然の秘密状態」だろう。

「その流れの臭いが濃厚に漂い始めている」』。

『「ここで日本の権力者も含む全ての人々等が行うべき」は、

「同じ土俵の上での争いでは無い」。

「現在も含む歴史上の実体や事実・現実を意識的かつ積極的に全世界に発信する事」だ。

「全人類の精神構造の健常成長の役に立つ情報・教育等を意識的かつ積極的に全世界に発信」し、

「世界レベルの最先端精神文化を

経済による比べっこ支配権争いから、

本質探求~適材適所・快適人間社会化」へと

「健常進化させるに力を大きく加える事」だ』。

『「全世界の多くの人々」が、

「日韓の歴史上の実体や事実・現実を知る状態になる」と「共」に

「多くの人々の精神構造が健常成長」し

「世界レベルの精神文化が健常進化する」なら、

「例えば、朝鮮系人脈による日本乗っ取り支配工作の悪質度も

誰もが直ぐに分かり、

積極的に止めさせる・無効化する様になる事になる」』。

『「例え、米国権力者等を懐柔して、

経済的手段だけでは無く、

工作活動的手段や

武力的手段まで用いて、

日本の乗っ取り支配に成功したところで、

全世界から徹底的に批判・非難等される状態にする事」こそが、

「肝要」だ』。

『「武力による比べっこ支配権争いが戦争の元」なら、

「経済による比べっこ支配権争いが経済戦争の元」だ。

「どちらも、比べっこ争いの結果として求められている」のは、

「支配権」で、

「実質的には、特定極一部の人々による支配権である事」も

「変わり無い」』。

『「支配目的対象が日本国・日本国民」なら、

「武力にしても、経済にしても、特定極一部の人々による日本国・日本国民の支配」が

「目的になっている」のが

「実態・実体」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈」や

「中国共産党」には、

「日本国・日本国民支配の欲動が大いに渦巻いている様相」だ』。

『「何れにしても、

比べっこによる支配権争い」という

「幼少期レベルの精神文化」から

「多くの、全人類の成人は、早々に卒業するべき」だ。

「比べっこを卒業して進むべき先」は、

「本質探求」であり、

「人類誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける事をベースとする

適材適所・適正評価等による快適人間世界」だ』。

『「さて、その快適人間世界」から、

「トランプに擦り寄る孫氏等の事態」は、

「どれだけ遠いのだろうか?!」

「幼少レベルの精神構造の先にある」のは、

「人類滅亡に他ならないのに!!」』

『「トランプの手下でも無い孫氏」が

「トランプに大量雇用という献上品を与える事の目的を考える」なら、

「誰もが、孫氏のトランプ氏接近の本当の目的」が

「見えて来る筈」だ』。

『「其処にはかつての李承晩一派と同様の臭いが濃厚に漂っている」。

「李承晩一派は、

武力戦争による日本の敗戦につけ込んで、

戦後の朝鮮半島の支配権と

戦後日本の権力者層に多くの朝鮮系の者たちを食い入れる事等をもぎ取った」。

「もしかすると、孫氏一派」は、

「経済戦争で日本と多くの日本国民を敗戦させる」と「共」に

「経済戦争敗戦後の日本」を

「米国圧力を利用して、大統領制にさせ、

まるで、現状の韓国の様な状態とし、

孫大統領による統治という実質的その人脈による独裁支配の実現等」を

「目指しているのかも知れない」。

「朝鮮半島内だけでは無く、日本国内も朝鮮系の者による支配体制となれば、

同一国化も実現可能となり、

行く行くは、金一族から実権を外し、象徴化し、

天皇家と金一族を入れ替える事等まで、

企んでいるかも知れない」』。

『「それなのに、未だに、テレビ・マスコミ等」では、

「トランプ氏と孫氏の接近」を

「大宣伝していたダケだった」。

「トランプ氏(多くの日本国民にとっては、未だ、新しい状態だが・・・)・孫氏(ずっと前から、超有名人状態であるにも関わらず・・・)の実体探求も十分にせずに」・・・』。

『「こんな異常事態の裏にあるのは、人脈の問題」と「強く推定出来る」』。

『「一刻も早く、全人類の精神構造を健常成長させない限り、

この手の問題」は

「常に付き纏う事になる」ばかりか、

「その行きつく先」は

「人類滅亡になる」』。

『「そんな事態を避ける為」にも

「現状の日本国内では、先ずは、情報・教育界」、

「特に、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

何かにつけて「中・韓(北朝も含む)」・「小池や小泉の宣伝」・「反原発感情煽り」・「反米基地煽り」状態の「利中・韓(北朝も含む)悪権力者情報による大衆誘導状態」は何時まで続けられてしまうのか?!・・・。

『「はっきり言えば、安倍総理の真珠湾等訪問等に対する中国共産党や韓国悪権力者等の反応」など、

「最初から、お話しにならない事しか、

言わない・言えない」のだから、

「どうでも良い事」だ』。

『「本質的には、不当政権状態である中・韓(北朝も含む)の実状が酷い」のは、

「ある意味当然の現象」に他ならず、

「不当政権を気にして相手をする事は、不当政権維持の手助けになってしまう」から、

「相手にしない」のが

「ベターチョイスになる」』。

『「相手をするべき」は

「不当政権下の実質的被害者である中・韓(北朝も含む)の一般国民」であり、

「特に、その中の不当政権を不当と実体通り認識出来ている人々」だ。

「不当政権の操り人形状態の人々に対する太陽策等」とは

「不当政権の維持~増大を誘う間違っている策に他ならない」』。

『「現状の中国や韓国(北朝鮮も含む)の政権が何故不当なのか?」は、

「今更、記すまでも無い事だろう」が、

「一応、以下に概要を記す事にした」』。

『「先の大戦終戦後、

旧ソ連の絶大なる支援を受けて、

中国共産党軍は、

多くの中国人を殺害しながら、

旧社会・共産主義(その内実は独裁政権)による支配圏を広げた」。

「つまり、旧ソ連の手先反乱軍が、

中国大陸内を軍事的に支配した」。

「中国大陸内支配後も、

数多くの中国人を不適応分子として粛清した」。

「その殺戮の量も質も、

旧日本軍等による中国人殺傷より遥かに多く酷い」』。

『「中国大陸内の人類の歴史に対する反省や謝罪を言う」なら、

「真っ先に、

真摯な反省と謝罪を行うべき存在であるのが、

中国共産党」だ』。

『「冷戦が終わり、旧ソ連がロシアとなり一応は民主化された時点」で、

「旧ソ連の出先反乱軍政府からスタートしている

中国共産党による中国支配・中国国民支配」には、

「正当性が無くなっている」。

「はっきり言えば、不当状態」であり、

「出来る限り早い政権交代(=民主化)」と、

「歴史上の

中国国民大量殺傷等に対する

真摯な反省と謝罪が求められている存在になっている」のが

「今の中国共産党の現実」だ』。

『「日韓併合という、

当時の日韓の国家権力者同士による、

二国が一つになる日本寄り同化一国化合意契約の下」で、

「当時の韓国は国の滅亡を免れ、

当時の韓国権力者たちは、

日本と韓国が同じ国となった後の日本の権力者に成れた」。

「当時の朝鮮半島内では、

日本人の金と技術と能力が大いに発揮され、

急速な近代化が行われた」。

「その何処にも、

武力侵攻~植民地支配~略奪などという実態・実体は無い」』。

『「保護条約~日韓併合当時、朝鮮半島に渡ったほとんど全ての日本人」は、

「武器を持って、

侵略・植民地支配する為に、

朝鮮半島に渡ったのでは無く、

金と仕事を持って、

朝鮮半島内を日本本土同様、

より住みやすい近代化された所にする為に渡った」のが

「実態・実体」だ』。

『「しかし、その裏」では、

「日韓併合時から米国に渡っていた朝鮮人の者たちによる、

{日本による植民地支配から解放詐欺}が行われていた」。

「大元の目的は、渡米後の贅沢生活資金等集めだったその詐欺」は、

「先ずは、

植民地からの解放資金集め名目で、

米国の要人やお金持ちの間を回る事で行われた」。

「ある程度集まった資金」は、

「元々、解放の必要など無い

日本による良心的な近代化が行われ続け、

多くの当時の朝鮮人も近代化を歓迎していた

朝鮮半島内で使われる事は全くと言って良い程無く」、

「逆に、米国要人懐柔の為に用いられる様になった」』。

『「米国要人の一部は、

当時の朝鮮半島内も含む日本の実態・実体を知っていたから、

植民地支配詐欺には騙されてはいなかった」が、

「懐柔により、

哀れな朝鮮人たちの言い分を、

全否定する事も無かった」』。

『「当時の世界レベルでの最先端精神文化が誘うままに、

日本で軍部が台頭し、

旧日本軍による軍事進攻が顕著になった後、

風向きが変わった」。

「米国要人たちが、

植民地支配詐欺を受け入れた方が得策等」と

「考えられる様になってしまった」』。

『「太平洋戦争が起こされ、日本が敗戦する」と

「米国要人に食い入っていた米国内の朝鮮人たち」は、

「日本の敗戦を悪用した、日本の乗っ取り支配策を実行し始めた」』。

『「米国要人を懐柔等する事」で、

「植民地支配詐欺により、

朝鮮半島内を日本と切り離し、

その支配権を得る事」や

「日本の占領政策で

日韓併合時に日本本土に自主的に渡来していた朝鮮人たちを重用する事」や、

「戦後の日本本土内での

朝鮮人支配力増大策までもが

盛り込まれた」』。

『「終戦後、

朝鮮半島内にいたほとんど全ての日本人は、

多くの資産・財産等を置いたまま、

酷い場合は、帰還時に略奪等されながら、

強制的に帰還させられた」。

「日本本土内では、

米軍による占領支配策で多くの朝鮮人が重用された」が

「武器を持たされた多くの朝鮮人たちが行った事」は、

「乱暴狼藉略奪支配行為等だった」ので、

「最終的には、

三国人として

米軍に制圧される事態にまでなった場合も少なく無い」。

「日本の政財界や情報教育界等には、

多くの朝鮮人が日本人として潜り込まされた」』。

『「大戦は終わったが、米ソの対立が始まってしまった」。

「戦後の朝鮮半島内」は、

「米国側の予定」では、

「日韓併合時から渡米していた朝鮮人人脈の一人である

李承晩による単独支配だったかも知れない」が、

「旧ソ連は、

それに対抗して、

日韓併合時に日本による近代化に武器まで持って抗っていたが、

多くの当時の朝鮮人からも、迷惑がられ、

結局は、山奥に追いやられていた

少数反政府軍勢力を

神格化」した

「ファンタジーを元」に、

「当時、旧ソ連内にいた者を、朝鮮の長として担ぎ出し、独裁支配させる策をとった」。

「元々、朝鮮半島はもちろん、日本の乗っ取り支配までをも望んでいた李承晩等」は、

「直ぐに、戦争に出、

同様の思惑を持つ、金日正等も、

直ぐに、応戦した」』。

『「程なく、米国と旧ソ連の代理戦争的様相となった朝鮮戦争」は、

「韓国軍単独だった時期は、圧倒的に北朝鮮側が優位」となり、

「数多くの朝鮮人が、難民として日本に雪崩れ込んで来た」。

「米軍が積極的に加わると一気に形勢は逆転した」が、

「中国共産党軍が北朝鮮軍に加わる事で、北朝鮮側も程々に、形勢を戻して行った」。

「最終的には、38度線ラインで休戦協定となり、現在に至っている」』。

『「元々」が、

「米国内の実質的詐欺師だった戦後韓国権力者人脈」も、

「朝鮮半島内の小さな反政府軍だった辺りを旧ソ連が無理やり増大化させた

北朝鮮権力者人脈」も、

「正当な訳が無い事」は、

「良識のある全ての人類の共通認識」だろう』。

『「日本国内でも、

未だに、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者系人脈や

中国共産党系人脈による

数々の工作活動が旺盛」だ』。

『「工作活動が旺盛である事の裏」には、

「数多くの悪権力者人脈の手先」が

「未だに、或いは、新たに、日本国内に潜り込り込み続けている実態・実体が在る」』。

『「戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、強制的に帰還させられた」が、

「日韓併合以降日本本土内に自主的に渡来していた朝鮮人の多くや

米国による占領政策を悪用して日本人として潜り込んだ者たちのほとんどや

朝鮮戦争{難民}の多く等々」は、

「未だに、母国・祖国に帰っていない、ばかりか、

悪権力者人脈等の意志の下で

工作活動まで行い続けている場合が、

決して少なく無い」。

「日中の国境線が低くされ続けている流れに合わせて、

中国共産党の意志通りに動く工作員たちも、

大量に流れ込んで居続けている」』。

『「巷でも、

電磁波工作や飲食物工作等々による

そのスジの人脈にとっての不適応分子である

一般日本人の粛清工作等」が「旺盛」で、

「テレビ・マスコミ・学校教育等による

そのスジの人脈にとっての有益分子育成の為の大衆マインドコントロール工作等」も

「未だ、旺盛」だ。

「その一例は、タイトルの通り」だ』。

『「不当な悪権力者たちが国家運営等を行い続けられている国々の中」では、

「当然の如く、

多くの何の罪も無い一般市民(その多くは戦後産まれ=実戦争無縁、でさえある)が、

苦境に追いやられ続けて来ている」。

「こんな酷い状態は、一刻でも早く、終焉させられるのが当然」だ』。

『「不寛容が言われ続けている現状の日本社会」だが、

「一般市民同士が、

不寛容で潰し合ってしまっては、

事態が益々悪くなってしまう」。

「悪権力者や工作員等に対して徹底的に不寛容であるなら

事態は、どんどん改善方向に向かう事になる」。

「何事でも、相手を間違ってはいけない」』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「日米の和解」は気に入らない様相だったが・・・。

『「常連出演者等」は、「和解する相手は、別にいる」等の旨まで、述べていた。

「その相手」とは

「中国共産党なのか?」

「北朝鮮なのか?」

「沖縄の基地移設等反対派なのか?」

「それとも、戦争被害者や終戦処理被害者やその遺族等なのか?」

「はたまた、全く別の人々等なのか?」

・・・「具体的に述べていなかった」ので「不明」だ』。

『「日米の和解を歓迎しない勢力という面」から

「推定する」なら、

「中国共産党」や「北朝鮮」が「該当する事になる」が』。

『「和解の前には相互理解が必要になる」。

「相互理解のベース」は「言うまでも無く、実体や事実・現実を重んじる事」だ』。

『「実体や事実・現実より

特定の者の考え・思いによる納得や意志や思想信条等」を

「優先している者や組織や国同士」に、

「相互理解も、和解も、成立し得ない」』。

『「元々、戦前から日米共に、実体や事実・現実を重んじる国民が多かった」。

「だから、実際に、両国共、同様レベルの物質文明の進歩・進化を実現出来ていた」』。

『「戦前までの世界レベルの最先端精神文化」は、

「武力による比べっこ支配権争い」だった』。

『「欧米列強は、日本より遥かに先」に、

「科学レベルで判明させる事が出来ていた実体や事実・現実を重んじる事によって製作出来ていた

より進んだ武器を用いて、

侵略~植民地支配等を行っていた」』。

『「ペリーの砲艦外交で開国を迫られ、開国した後の日本」は、

「急速な近代化で欧米による植民地化を逃れた」』。

『「急速な近代化を実現出来た裏に在った」のが、

「実体や事実・現実を重んじる多くの日本人」という訳だ』。

『「当時の東アジア圏」は、

「欧米列強の一角であったロシア」と、

「欧米列強に食い荒らされていた状態の清」と、

「急速な近代化を実現出来た日本」と、

「単独では国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国」が

「在った」』。

『「単独では国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国」が、

「もはや、頼れない清から、同じアジアの黄色人種国日本に宗主先を乗り換えようとした事」は、

「ある意味、当然の現象」だった。

「しかし、日本に対しては、小国イメージを持っていた当時の韓国権力者たち」は、

「先ずは、対等合併を求めたが、最終的には、国力相応の日韓併合に落ち着く事になった」』。

『「元々が、宗主国的要素等は少なかった当時の日本国」は、

「併合した韓国に対し、

宗主国としての対応をするのでは無く、

日韓併合契約通りの

同化政策を行った」』。

『「平時の国家契約である日韓併合」から後は、

「しばらく平時が続いた」』。

『「しかし、未だ、国際情勢は、武力による比べっこ支配権争いの精神文化が濃厚だった」ので、

「日本も欧米列強の後を追う様に、同様の道に進み始めた」。

「軍部の力が増し、

既に、散々、荒らされ、混乱状態だった、中国大陸内」から、

「旧日本軍による進攻~支配圏拡大策が取られてしまった」』。

『「日本の武力侵攻は国際社会で大いに非難された」が、

「欧米列強の後を追っていたダケの状態だった」ので、

「当時の日本国も、多くの当時の日本国民も、

戦争は嫌でも、欧米列強に非難されるのは、納得出来ない状態」だった』。

『「結果、旧日本軍の進攻は止められる事も無く、

あまりに増大し過ぎる傾向が顕著になった時点で、

米国との対立も決定的になる」』。

『「元々が、武力による比べっこ支配圏争いの精神文化を多くの人々が抱きしめていた時代だった」から、

「当時の日本国で実権を握っていた者たちが、対立処理法として選択した」のが、

「奇襲攻撃で米軍の戦力を大きく落とさせる真珠湾作戦」だった』。

『「奇襲の直前に、宣戦布告を行う筋書きだった真珠湾攻撃作戦」は、

「米国本土内で、予定刻に、宣戦布告文書を届ける事に対する

実質的、妨害工作により、

宣戦布告が開戦後になってしまった事により、

騙し討ちの汚名を付けられる事となった」』。

『「元々が、欧米列強同様、

堂々と戦争(武力による比べっこ支配圏争いという当時の世界の精神文化)を行う、

国際法順守の命がけのフェアプレー{ゲーム}」に

「邁進していた{ダケ}」の

「当時の日本国」と、

「既に、国際法順守の命がけのフェアプレー{ゲーム・・・精神構造上では、代償欲求の追及に奔走している状態で、本来欲求の充足を伴わない遊びになる}」に

「手を染めていた米国」の

「精神文化面での違い」は、

「実質的に、ほとんど無いに等しい」』。

『「戦争とは、尋常ではない犠牲を伴う自虐業に他ならない」が、

「多くの人類が武力による比べっこ支配圏争いの精神文化を卒業出来た」のは、

「第二次世界大戦後」というのが「現実」だ。

「当時の多くの人々が抱いていた精神文化」では、

「戦争を行わせない事は非常に困難だった」から

「実戦となってしまった」のが「現実」だ』。

『「元々の精神文化が同様の集団」が

「終戦後に仲良くなれた」のは、

「当然の現象でもある」』。

『「命がけの武力による比べっこ支配圏争い{ゲーム}決着」の

「後」に、

「ノーサイド」と

「両軍の勇士たちに対する、ある意味での尊崇の念等が生まれる」のも、

「当然の現象」だろう。

「もちろん、勇士(=ゲーム上の選手)以外の人々の命の犠牲まで伴ってしまう

命がけの武力による比べっこ支配権争い{ゲーム}」だから、

「両軍の勇士たちに、否定感や敵対心等々、複雑な思いを抱く人々の数も多い」』。

『「はっきり言える事」は、

「第二次世界大戦までの武力物質文明の進歩・進化」と

「第二次世界大戦という実戦」により、

「多くの人類が、もう二度と世界レベルでの戦争を行ってはいけない事」を

「強く意識出来た事」だ。

「今時の武器で世界レベルの大戦を行うなら、人類は、確実に、滅亡する」』。

『「その、多くの人々の強い意識」により、

「ようやく、人類の世界レベルの最先端精神文化」は、

「武力による比べっこ支配権争い」から、

「武力比べっこを裏支えの座に置く、経済による比べっこ支配権争い」に

「進歩、出来た」』。

『「現状でも、

日米両国には、

その現状の世界レベルの最先端精神文化を共有したい多くの人々がいる」から、

「両国とも、仲間で、仲良し」だ』。

『「多くの方々は、既に、気づいている」だろう。

「今時の人間が、過去の人間の歴史や行為等を批判・非難する事は簡単」だ。

「それは、より良い位置に居る事が出来ている者の、ある種の特権でもある」。

「より良い方向に人類世界が移動して来ていないのなら、

とっくの昔に人類は滅亡している」。

「先人の多大なる犠牲の下、

より良い位置に居る事が出来ている

今時の人々が行うべき事」は、

「より良い位置に居る事が出来ているが故に可能になっている、

悪戯な、過去の批判・非難等では無い」。

「今時の人類」なら、

「過去の事実・現実は事実・現実通りに認識する」と「共」に

「その事実・現実を生み出した実体を探求する事」で、

「事実・現実に対する悪戯な批判・非難等は避け」、

「今後の人間世界を、

より犠牲少なく、

より良い位置に移動させる方法等」を

「意識的に考え・実践する事」が「肝要」になる』。

『「以前から当ブログをお読みの方々」は、

「とっくにご存知」の通り、

「既に、精神文化の進歩・進化の方向性」から、

「今後の人類世界を、より犠牲少なく、より良い位置に移動させる方法」は

「明らか」だ』。

『「武力による比べっこ支配圏争い」から、

「武力による比べっこを裏支えにした経済による比べっこ支配圏争い」への

「進歩」は、

「相応に大きな実効をもたらしている」。

「しかし、経済による比べっこ支配圏争い上」でも、

「利権・金権争奪戦や、

利権・金権格差や、

貧困問題等故に、

命の犠牲は未だ多大」だ。

「それは、比べっこ支配権争いであるが故の必然」でもある』。

『「今時の人類に求められている事」は、

「世界レベルの最先端精神文化」を

「比べっこから、本質探求等」に、

「進化」させる事に

「他ならない」』。

『「人類誰もが個人レベルで出来る、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した

自分の実体の探求」や

「その探求結果を死生観や人生観に反映させて実用する事」は、

「個々の人々の精神構造の健常成長をもたらす有効な手段」だ。

「多くの個々の人々の精神構造が健常成長する」なら、

「人間世界の最先端精神文化の進化も実現し易くなる」のも、

「当然の現象」だ』。

『「今時、生きている人類なら、

誰もが行うべき

本質的仕事」が

「其処にある」』。

『「上記程度の認識がある」なら、

「常連出演者等も、

和解すべき相手は別にいる等」の、

「寝言を言わずに済んでいる筈」だ』。

『「それなのに、未だに、

中国や韓国・北朝鮮等の悪現状権力者たちとの似非和解(内実は、悪現状権力者等への利権提供)等」を、

「推奨したりする、

実質的、政治運動」を

「公共の電波上で行い続けている様相」なのが、

「テレ朝等の常連出演者の実態・実体」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

フジでは、「スマスマ終わり」でスマップ依存者等の公然化、テレ朝では、常連出演者等が、70歳以上を高齢者とする事の賛否アンケートを取り、小泉ジュニアの応援・・・。

『「日頃からの劣悪情報群により、有名人依存状態に導かれ、スマップを自らの中に摺り込んでしまっている人々」が

「スマップ解散で泣き、スマップに元気づけられた等の感謝の意等を示す」のは、

「ある意味、当然の現象」だが、

「劣悪な現象でもある」。

「元気」とは、

「他の者・物・事に依存し、元気が出た気分になる状態等とは全く別」で

「自分で自分を健康にコントロールし続けているからこそ生じて来る状態」だ』。

『「本当の元気を出す為に有用な情報等を封印」し、

「者・物・事に依存し、元気気分ヤクを煽っている状態に陥る」

「実質的病人状態の人々」を

「生み出し続けて来ている情報・教育等」は、

「早々に、終わらせるべき」だ』。

『「更に醜悪」なのは、

「依存者たちから貢がせる事で過分に集金等している

悪魔に魂を売り渡した状態の商売人、もしくは、拝金主義者たち」だ。

「集金行為を仕事として認識せしめている情報・教育の劣悪度」は、

「かなりのモノになる」』。

『「本質を探究するなら誰でも分かる事」だが、

「人類にとっての本当の仕事」とは、

「人間社会・経済システム上での集金行為等では断じて無い」。

「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」だ』。

『「逆に、狭義(人類一個体)でも中義(人類)でも広義(地球生命体細胞群)でも自分の実体を悪化方向に導く事」は、

「破壊行為等であっても、仕事では無い」』。

『「自分の実体を悪化させない

健常で正当な経済システム」の

「基本的な経済評価軸」が

「其処に在る」』。

『「ところが、現状の劣悪なインチキ経済システム」では、

「自分の実体を損ねる事でも、

多くの人々の考え・思いレベルの納得が有るなら、

仕事として認め、経済評価まで付けられている」』。

『「更に、仕事同士で比べっこを行い、

比べっこに基づいた経済評価を行わせている」』。

『「比べっこに基づいた経済評価も考え・思いによる納得で行われている」から、

「考え・思いによる納得とその大衆合意等次第」で、

「其れこそ、どうにでもなる」』。

『「例えば、芸能界等では、

芸の内実等には大差が無くても、知名度等が他の芸能人等より長けているダケの人類一個体の下」に、

「呆れ果てるくらいの大金を与える事」までもが「是とされてしまっている」。

「そして、その知名度」は、

「テレビ・映画・マスコミ等の扱いにより、

意図的に、容易に、高めたり、低めたりする事までもが、可能になっている」』。

『「多くの人々の精神構造を者・物・事依存状態に追いやり続けている事」で、

「都合の良い者等の有名人化~有名人依存を悪用した大量集金等」が

「容易に出来てしまう状態が維持され、

その集金システムの上の位置に居る者等」が、

「容易に、本質的仕事とは無縁の不当で過分な大金を得る事が可能になってしまっている」』。

『「現状の経済システム」とは、

「大衆を実質的マインドコントロール下に置き続ける事により成り立つ、

詐欺的インチキシステムに他ならない」』。

『「有名人依存無縁の人々にとって、スマップの解散等」は、

「どうでも良い事」だ』。

『「別の集金グループを多数仕立てている芸能事務所の集金の長等にとって」は、

「大量集金出来る有名人グループの一つを失う事」は、

「減収に繋がるから、相応に、嫌、かも知れない」』。

『「しかし、既に、金満状態である筈だから、何故に更なる金を欲しているのか?こそが探究すべき事」になる。

「実体は、既に、はっきりしていて、

該当長に限らず、

誰にとっても、

現状のインチキ経済システム上の集金行為」とは、

「代償欲求の追及行為に他ならず、

代償欲求の追及では本来欲求が充足され得ない」ので、

「もっと、もっと・・・という状態に陥り易くなるが故」の「悪現象」だ』。

『「さて、上記の様な実体が解っている」なら、

「例えば、本日のテレ朝朝番の常連出演者の様」に、

「人口知能が人類を抜いた後は、人間同士で誰が一番かを競う事になる・・・」等の

「寝言」は

「言わない筈」だ。

「人口知能が人類を抜く前」に

「多くの人類の精神構造を比べっこから本質探求等に健常成長させる事」こそが

「今、全人類が行うべき仕事である事等」を

「言えていて当然」だろう』。

『「そのテレ朝朝番」では、

「小泉ジュニアの提言でもある高齢者基準を70歳にしたらどうか?」の

「視聴者アンケートまで取っていた」』。

『「もちろん、高齢者基準引き上げ策」とは、

「劣悪な政治家等にとって」の、

「現状財政問題を解決させる為の一手」等なのだろう』。

『「現状に無理やり合わせるのでは無く、

現実や実体を探究する」なら、

「現状の経済システム自体がインチキ経済システムなのだから、

インチキ経済システム自体を直そうとする」のが、

「今時必要な、健常で正当な政治家や経済学者等」になる』。

『「インチキ経済システムに合わせて、

現状財政問題を処理し、

そのツケを国民側に回す」なら、

「自虐的事態が起き易くなる」のは

「当然の現象」だ』。

『「本質を探究するなら、誰もが分かる事」だが、

「人間の加齢による老化」も

「個人差の大きな事」だ。

「つまり、現状経済・政治システム上の誤魔化し調整法や年齢差別の道具等でしか無い、

高齢者基準等」は、

「基本的に廃止方向に向かわせる」のが、

「正当になる」』。

『「基本的人権を探究する」なら、

「どんな状態の何処の誰でも、生活が出来る状態が当然」で、

「その旨は、常連出演者等も言っていた」』。

『「問題は、仕事とは?問題を抜きにした、全員仕事論」だ。

「現状の実務者の多くは、金権に縛られた実質的奴隷状態に他ならない」。

「出来る限り有利な実務を得るべく比べっこに基づいた立場争奪戦が行われ、

その結果が反映されている」とは

「ファンタジー」で、

「実際は、その組織の実質的支配者・大権者や採用人事権等を持つ者にとって

都合の良い者が選択されているダケ」だ』。

『「都合の良い者」が、

「人脈や血統や思想信条等に基づいて選ばれ、

同様の人脈や血統や思想信条等を持つ者」が

「大権や支配権等を保持し続ける状態になり続けている組織等も多い」』。

『「それは、

所謂、理系の分野でそんな事を行えば、開発競争等で負ける」から、

「所謂、文系の分野の組織に多い傾向」だ。

「具体的には、テレビ・ラジオ・マスコミ・映画・芸能界等や、政財界等に多い」』。

『「例えば、現状のテレビ」では、

「何時でも、

どの局でも、

同様の顔が常連出演で、

同様の論が主流」という

「異常状態」だが、

「その裏にある」のも、

「この人事問題」だ』。

『「戦後日本のテレビ界の朝鮮系色」は、

「かなり濃厚」だ』。

『「もちろん、その裏にある」のは、

「異常な戦後処理」で、

「日本の戦後を終わらせる為」にも、

「日本国内の朝鮮系の工作活動等を激減させる為」にも、

「即刻にでも、正常な戦後処理を行う事と工作活動の徹底摘発」が

「激烈に望まれている」』。

『「日米は、お互いに、全力で戦争し合った」。

「戦争(武力による比べっこ支配権争い)は、当時、世界レベルでの、最先端精神文化でもあった」』。

『「お互い最先端精神文化を抱きしめていた国々同士」では、

「戦後新たな最先端精神文化を共有する事も実現し易い」から、

「日米は、今や、かなり親しい共存・共栄国状態」だ』。

『「近代以降、日本と韓国(北朝鮮も含む)は、基本的に戦争していない」。

「日韓併合とは、当時単独では存続困難な状態に陥っていた韓国を救う日本による韓国保護条約に続く二国間の合意契約」だ。

「そして、実際に、保護条約~日韓併合以降、多くの日本人が、

金と仕事を持って朝鮮半島内に渡り、

朝鮮半島内の急速な近代化整備に邁進した」』。

『「急速な近代化が行われた朝鮮半島内では、

多くの朝鮮人の教育・衛生・生活水準等が飛躍的に上がった」から、

「朝鮮人人口も増えた(日韓併合~日本人による実質的救済が無ければ、今、この世に存在していない朝鮮人も数多い事になる)」。

「当時の多くの朝鮮人は、日韓併合を歓迎していた」』。

『「更に、もっと、良い仕事・報酬・良い生活を!」とばかりに、

「大量の別天地目当ての朝鮮人たちが、自主的に日本本土に渡来」した。

「日本人も朝鮮半島内の近代化整備に邁進していた時」に、

「別天地での良い思いを目指す、ある意味、ズルい精神構造の持ち主」が

「大量に渡来した」。

「この精神構造問題が、後の、戦後日本国内問題に直結する事になる」』。

『「朝鮮半島内では、

極一部の者たちが、

その期に乗じて、

朝鮮半島内の支配等を企み、最終的には、反乱軍化した(こちらにも、ズルい精神構造が在る)」が、

「圧倒的少数勢力だった反乱軍化した者たちは、

当時の多くの朝鮮人たちにも迷惑がられ、追いやられ、

ついには、大勢に影響が無い、山奥の山賊ゲリラ化した」』。

『「日清・日露戦争以降、

朝鮮半島内でも日本本土内でも、

相応の平和が続いていた」が、

「当時、世界レベルでの、最先端精神文化であった、

武力による比べっこ支配権争いの流れに基づき、

日本でも軍部が力を増大させ続けていた」』。

『「旧日本軍による軍事進攻」が、

「大混乱状態だった中国大陸内から始められてしまった」』。

『「軍事進攻」は

「米国にまで向かってしまい、太平洋戦争が起こり、

最終的に、日本が敗戦」した』。

『「終戦後の日本を見据えた米国による占領政策に大きく食い入った」のが、

「日韓併合時から渡米していた朝鮮人たち」だった。

「その結果」として、

「朝鮮半島植民地化論が捏造され、

戦後の朝鮮半島は独立させられる事となり、

韓国側の初代大統領に、

渡米していた李承晩が就く事になる」。

「李承晩」は、

「米国要人に取り入って植民地支配詐欺を行った事と

日本の敗戦により、

戦後、朝鮮半島韓国の長となれた事になる」。

「更に、戦後日本の米国による占領政策」では、

「朝鮮人が重用された」』。

『「重用された朝鮮人たちが何を行ったのか?」の「跡」は、

「今の日本でも、全国各地で見受けられる」』。

『「例えば、駅前の一等地等を{略奪}した跡」は、

「パチンコ店等になっていたりする」。

「余りの乱行故に、三国人として米軍に鎮圧された」のが、

「当時、占領政策を悪用して、略奪行為等を行っていた朝鮮人たちの実態」だ。

「乱行は鎮圧されたが、{乱行故の戦利品}は残されたまま・・・」だ』。

『「当時の世界レベルでの最先端精神文化にまで至る事が出来ていなかった民族等の精神文化」は、

「日本で言うなら何百年も前の期に乗じた略奪等の精神文化だった訳」だ。

「そして、その流れが、未だに、工作活動等として、連綿と続けられている」』。

『「正々堂々と、武力による比べっこ等を行えば負ける事がはっきりしている勢力」が、

「姑息な工作活動等を行い続けられている裏」には、

「そのスジの人脈の者たち」が

「数多く、戦後日本に居残り続けている実態・実体がある」』。

『「もちろん、現状人間世界の最先端精神文化」は、

「もはや、武力による比べっこ支配権争いでは無い」。

「現状では、未だ、経済による比べっこ支配権争いになっている」が、

「近々、本質探求~適材適所~快適人間社会とされなければ、

人類滅亡が確定的」だ』。

『「本質探求~適材適所~快適人間社会の精神文化」からはもちろん、

「経済による比べっこ支配権争いからも、

遥かに、遅れている」のが、

「工作活動等による盗み・乗っ取り支配等の精神文化」だ。

「人類の存続~永続をより確かにする為」にも、

「迷惑な時代遅れの工作員たち」は、

「早々に、祖国・母国に強制送還するべき」だ』。

『「祖国・母国にまとめられ、そのままでは衰退する事を肌で味わっている状態になって」こそ、

「今時、あるべき、最先端精神文化への転換の必要性等も自覚出来易くなる」。

「工作員等の強制送還」は、

「人類の未来を明るくする事に直結している、ある意味での、適材適所策」だ』。

『「適材適所を徹底する」なら、

「現状のテレビ・ラジオ界等の異常状態も解消される」のが

「当然になる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「終わり」は近い、「どう終わらせるか?」で人類の未来は変わる・・・。

『「前記事の通り、レイプ犯と売春婦の精神文化を続ける」なら「終わり」は「人類滅亡」となる。

「精神文化の健常進歩・進化を実現する」なら「自虐的な現状人間世界体制等」が「終わり」となる。

「今、人類誰も」が、「どちらを選択するのか?」を「問われている」』。

|

「終わり」は近いのに、相変わらず、者・物・事依存者を生み出すのに合理的な情報配信が主流だが・・・。

『「例えば、現状の社会・経済システム」とは「異性を物としてしか捉えていない力や物や金等をダシにレイプするレイプ犯的男性や、

自分を物として扱い、磨き立て、力や物や金等のダシと引き換えに、身売りする売春婦化している女性たちにとって、

都合の良いシステム」だ』。

『「そんな現状社会・経済システムを連綿と続けている」なら、

「多くの人々の世代交代の基本精神構造」が

「レイプ犯的男性と売春婦的女性による

自己正当化のお墨付きを得る為の子造り等

となり易い」のは、

「当然の現象でもある」』。

『「そして、

人間社会の基本的単位でもある男女等のペアやペアによる子造り~世代交代の精神構造」が、

「酷いモノであれば、その集大成である人間社会も酷くなる」のは

「当然の現象」だ』。

『「現状までの人類世界の自虐性は、今更、記すまでも無い」だろう。

「武力・経済等々による比べっこ支配権・被支配権争いの実態」は、

「戦争・経済戦争等による殺し合いの歴史でもある」』。

『「ここで、多くの人々が気づくべき」は、

「人類世界の自虐性の元」には、

「パートナー選択~世代交代等の精神構造の問題がある事」だ。

「逆から言えば、

この、何処の誰でも、

自分の意思・意志で変える事が出来る、

個人レベルの精神構造を良好化させる」なら、

「それは、人類世界の自虐性を減らす事に直結している事になる」』。

『「個人レベル精神構造を個人が変化させる事」は、

「基本的に個々の自由」だ』。

『「ところが、現状人間世界」では、

「例えば、社会・経済システム等の圧迫や、情報・教育等による自虐方向への導き等」により、

「この人類誰もが本来持っている、{精神構造の自由}が大いに阻害されている」』。

『「{精神構造の自由}が阻害されている事」によって、

「人類集団の中で、それぞれが、狭義の自分にとって最適な相手を選択する事による健常な世代交代」が、

「大きく損なわれている」』。

『「もちろん、何十億もの対象者の中から

狭義の自分にとって最適な相手を選択する事」は、

「簡単に実現出来る事では無い」。

「重要な事は、

人類誰もが、最適な相手を選択する方向に向かう、

方向性の選択に他ならない」。

「方向性の選択さえ間違っていなければ、

何世代か後には、

相応に良好な状態に辿り着ける」のが

「現実」だ』。

『「ところが、

現状の人間社会システムも、

経済システムも、

この{人類の世代交代の、健常方向への選択}を

大いに阻害する構造になってしまっている」。

「そればかりか、

現状の情報・教育等の多く」も、

「この{人類の世代交代の、健常方向への選択}を

大いに阻害する情報・教育等が主となってしまっている」』。

『「もちろん、そんな状態は、出来るだけ早く、是正し、終わらせる」のが「当然」だ』。

『「例え、

もし、是正せず、

連綿と現状の様な社会・経済・情報・教育等を続けても」、

「行きつく先」は、

「自虐性の極致である人類滅亡となる」のだから、

「どちらにしても、

現状の社会・経済システム等」には、

「{終わり}が決められている事になる」』。

『「そして、その{終わり}」が

「急速に近づいて来ている」のが、

「今時の現実」だ』。

『「最適パートナーを見出そうとする」なら、

「自分の実体や感覚等を

より深くから

実体や事実・現実通りに

理解・把握(意識化)する事が必要になる」』。

『「ところが、実体が、レイプ犯や売春婦の精神構造」では、

「その酷さを直視するのが苦痛になる」のが、

「普通の感覚の持ち主」だろう。

「そうなると、自分の実体を直視する事から逃れ続ける為」に、

「狭義の自分を丸ごと一人レベルで、

他の者・物・事に依存させ、

{現実逃避ヤク}等漬けにし続ける等の

本質的、悪態を露呈し易くなる」のも

「普通の現象かも知れない」』。

『「更に、

そんな本質的悪行を

行い続けるのに都合のよい社会システムや経済システムを構築したくなるのも普通」で、

「実際に、その様に事が進められてしまって来ている」から、

「現状の社会・経済システム」は、

「レイプ犯的な者たちや、売春婦的な者たちに都合良く出来ている」のだろう』。

『「現状で、更に酷い」のは

「情報・教育等の多く」で、

「例えば、

武権・金権の公然化~より強い・より大きな権力等に憧れさせる事」や、

「ルックス・スタイル・体力・人種・民族・血統差別等々を誘う事」や、

「上辺に拘らせ、上辺ダケで紳士ぶり・正義ぶる事等を良く思わせる事」等々、

「まるで、人類滅亡を終極の目的としている、情報・教育等のオンパレード状態」だ』。

『「そんな酷い、情報・教育に毒されている状態」なら、

「酷い現状を健常化しようと健常努力する」のでは「無く」、

「酷い現状の中で、自分(狭義の自分)ダケは、良い思い(現実逃避ヤク漬け生活等)をし続けられる様にしよう等」と

「考え・思い、実践してしまう」のも、

「普通かも知れない」』。

『「健常な情報・教育等」なら、

「終極的には人類滅亡を誘っている情報・教育等では無く」、

「人類誰もの自分の実体(広義の自分)である

地球生命体細胞群の本来の目的、

存続~永続の為に

有益な情報・教育等になっていて当然」で、

「健常な情報・教育等を活かす」なら、

「多くの人々の精神構造も健常成長し易くなり」、

「人間社会・経済システム等の健常化も進む」のが「当然になる」』。

『「劣悪な情報・教育の生みの親」も

「劣悪な世代交代精神文化に他ならない」。

「上辺での自己正当化を謀れば、

上辺に拘らせ、内実を探求させない情報・教育等のオンパレードとなる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「しかし、上記の様に、実体は、既に、バレバレ」だ。

「未だに、上辺に拘らせ、内実の探求を阻害する情報・教育等を行っている者たち」とは、

「裸の王様、

もしくは、

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」に他ならない』。

『「重要な事」は、

「多くの人々」が

「先ず、劣悪な情報・教育等に操られず、

親等の精神構造等もそうだから・・・等と、

劣悪を認め、繰り返さず、

{レイプ犯と売春婦による世代交代の代々話}を、

直ちに、自らの意思・意志により終わらせる事」だ』。

『「社会・経済・ルックス・スタイル・体力・人種・民族・血統等々、

上辺の要素を偏重せず、

自分の深くからの感や読み解き等に応じて、

最適方向を目指して、

パートナー選択~世代交代を繰り返す事」こそが

「人類世界を存続~永続方向に動かす、

個々の人々が個人レベルで出来る事」に他ならない』。

『「レイプ犯と売春婦の子が悪魔の子なのでは無い」。

「レイプ犯と売春婦による世代交代という悪魔の精神文化を使い続ける者」が、

「悪魔に魂を売り渡した者」だ』。

『「非難され、重要な立場等から排除されるべき」は、

「悪魔に魂を売り渡した者」に他ならない』。

『「未だに、悪魔に魂を売り渡した者たちがゾロゾロ状態」なのが、

「現状のテレビ・ラジオ等の実態・実体」だ。

「その悪影響が、一般社会に大きく反映されてしまっている」』。

『「お金依存、物依存、有名人依存等々の実体」は、

「ギャンブル依存、酒依存、タバコ依存、ヤク依存等々」と

「基本的に変わり無い」。

「依存しない為に重要な事」は、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「自分の実体把握が必要不可欠になる」。

「自分の実体を直視出来る状態をえ続ける為」には、

「本質的に悪い事を行わない事が肝要になる」。

「本質的に悪い事を行わない事自体」も

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事の一つ」だ』。

『「人間世界健常化~人類存続~永続の為にも、

社会・経済システムの健常化は急務」だ。

「その為にも、情報・教育の健常化を直ちに行うべき」だ。

「同時に、個人個人のパートナー選択等は、

レイプ犯&売春婦の精神文化を葬り、

最適を目指す方向性を忘れずに行うべき」だ』。

『「世界中の何処の誰でも、

皆、

地球生命体細胞群の中の人類という{中義の自分}同士なのだから、

基本は変わらない」。

「悪魔に魂を売り渡している状態の者たち」は、

「直ちに、魂を本来の自分の下に取り戻すべき」だ』。

『「現状人間世界では、影響力の大きい、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「特に、急務」だ』。

|

フジでもテレ朝でも「小池の宣伝」、TBSサンデーモーニングでは「反米&ロシア賛美」、現状テレビ人脈による「公共の電波を使った政治運動」が、未だ続けられてしまっている・・・。

『「朝日新聞上がりの細川が代表だった日本新党上がりの小池」は「その後、小沢・小泉等の下で、政治活動を行って来た」。

「元々、反自民主流派的政治志向の強い政治家」だ』。

『「朝日新聞と中国共産党や旧社会党等の近さ」は、

「もはや、有名な話しで、言うまでも無い事」だろう。

「旧社会党等と北朝鮮等の近さ」も

「言うまでも無い事」だろう』。

『「戦後、長い間、拉致問題等は実質的に無い事扱い、

もしくは、北朝鮮側の代弁者的論調だった」のが、

「日本の多くのテレビ・マスコミ・学校教育等の実態」だった』。

『「小泉訪朝で、拉致問題解決~日本による資金等提供等」を

「企んでいた可能性も結構大きい、北朝鮮系人脈の要人たち」は、

「そのプランが安倍の大抗議等でポシャッタ事」を

「当時は、もちろん、未だに、悔やんでいる様相」だ』。

『「北朝鮮との国交回復&資金提供等を実現出来なかった小泉政権」だが、

「日本の中を格差社会化し、金権支配を容易にする功績を遺した」ので、

「そのスジの人脈の者たち」は

「未だに、小泉賛美宣伝状態」で、

「第二の小泉誕生を願っている様相」だが』。

『「その反面、飲食物工作や電磁波工作等の効果故か、

小泉の後の第一期安倍政権は総理の病気で終わり」となった』。

『「その後は、自民ダメ!の大合唱~政権交代!!~民主!!!」と

「実質的、大衆誘導が行われ、民主党政権が出来た」。

「小沢による中国共産党表敬訪問や、

利権集中政治」の

「裏」では、

「着々と、利北朝鮮等の策も考えられ、実践されようとしていた筈」だが、

「北朝鮮を取り巻く状態が北朝鮮の自虐行為により、余りにも悪化していた為、

もはや、民主党の中で実権を握りしめていた旧社会党の面々等とは近しい北を直接助ける事は困難だった」ので、

「国際的には、利韓国政治等が表立った様相だった」。

「日本国内では、在日韓国・北朝鮮系の大権者たち等にとって、都合の良い状態」が、

「民主党政権とテレビ・マスコミ等の多くにより構築されていた」。

「多くの日本国民にとってはあまり好ましく無い政治が続けられていた」ので、

「民主党政権は、3年半ほどで終わる事になった」』。

『「もはや、民主党では多くの有権者の支持を集められなくなっていた」ので、

「選挙では自民側の圧勝となった」。

「民主党が民進党へと変わった後」も、

「一強体制が今日まで続いている」』。

『「もはや、北朝鮮とも近しい、旧社会党~民主党~民進党系では、十分な票を集められない」から、

「政権奪取も無理」と

「悟っている様相のそのスジの人脈の者たち」は、

「非自民政権であった日本新党時代よ再び!とばかり」に、

「小池の下に、無理やりにでも、政権交代可能な勢力をつくり出そうとしている様相」だ』。

『「勢力構築の為には資金も必要になる」から、

「都知事の座を押さえ、金のある東京都を支配下に置く策が採られた」』。

『「多くのテレビ・マスコミ等による、

舛添ダメ!~都知事交代!!

~もはや、政権を取る程には票が取れないであろう左翼側は鳥越をかませ犬化する事で、左翼傾向もある増田を封じ、

小池に真正保守&改革系のイメージを持たせた集票策略」は、

「見事に成功」し

「小池都知事が誕生した」』。

『「都知事就任後」には、

「五輪会場や豊洲移転等」で

「既存を否定するちゃぶ台返しを行い、

それを、お仲間、テレビ・マスコミ等が正義のイメージで大宣伝する

小池の有名人利権増大&実政策実行遅延策略」や、

「まるで、民主党時代の小沢強権幹事長と同様の政治手法」により、

「権力の集中化を図って来ている」のが、

「小池都知事」だ。

「小池に正義のイメージを付ける為には、悪役を仕立てた方が分かり易い」ので、

「都議会自民党を悪役化している」のが、

「小池のお仲間、テレビ・マスコミ等の情報策略の実態・実体」だ』。

『「普通に考えれば、誰でも分かる事」だが、

「都議会自民党の全てが悪い訳などある訳も無い」。

「個別の実行政策等ごとに、

視聴者・読者等の是々非々判断の元になる事実・現実等を

偏重・偏向無く、

重要事項を漏らす事無く、

次々と、積み重ねて報道等する」のが、

「公共の電波上や公共的マスコミ上での、健常な情報配信の仕方」だ。

「イメージで、小池正義&都議会自民党悪」等とやるのは、

「悪質な情報による大衆誘導の手段に他ならない」』。

『「五輪会場問題では小池全敗」。

「しかも、

宮城や神奈川や埼玉等、他の地方自治体やIOCや組織委員会や国等にまで、

多大な手間と迷惑をかけての全敗」だ。

「豊洲も潔癖症レベルの安全を追及して、先送りする事」より、

「実安全ならGOした上で、更に高度な安全状態が得られる様に、事を進める」のが、

「実損を出来る限り縮小しながら、安全も確保する手段である事」は、

「論を待たないレベルの話し」だ。

「小池都知事責任論が出ても何の不思議も無いレベルの悪劣政治ぶり」が、

「既に、露呈している」のが、

「実態・実体」だ』。

『「ところが、未だに、お仲間、テレビ・マスコミ等」では、

「本来なら、

会場ちゃぶ台返しなど行わず、

個別に、

予算縮小や

より高度な復興五輪化等を

行えば良いダケで、

その様な手段でも、

同様の結果が出た筈の

五輪会場予算削減」を

「小池の功として宣伝」し、

「小池に好イメージを持たせ続けようとしている」のだから、

「本当に酷い」』。

『「もはや、小池の下の政治集団」では、

「かつての民主党政権同様、ロクな事にならない」のは、

「上記の実態からも、多くの人々が分かり始めている事」だ。

「それなのに、未だに、お仲間、テレビ・マスコミ等では、小池に好イメージを付けて宣伝・・・」なのだから、

「本当に、酷い」』。

『「サンデーモーニング」では、

「風を読むのコーナーが、今年お亡くなりになった有名人」という

「人依存心を煽る劣悪情報だった」。

「その前の、ドイツ等のテロや、中東等の戦乱問題では、

ロシアの存在感を強調し、

沖縄の基地縮小実現では、

オスプレイの害を大宣伝して、

反米・反米基地感情等を煽り、

実質的には、

中国共産党や北朝鮮等にとって、

都合の良い、

思想・信条等を視聴者に焼き付け様と必死の様相」だった』。

『「とても、普通の日本のテレビ番組の論調とは思えない、

酷い論調で視聴者の頭の中を染め上げ続けようとする悪業」は、

「早々に、止めさせられるべき事」だ』。

『「実日本社会の巷」では、

「北朝鮮への制裁強化が決まった後頃」から、

「日本国内では、電磁波工作や飲食物工作等々の北朝鮮系と強く推定される工作活動が旺盛になっている」。

「そのスジのテレビ・マスコミ等による情報工作」も

「その一例」だろう。

「更に、クリスマス~年末・年始という非日常的様相が濃厚な時期である事」を

「悪用」した、

「意図的に、健常な恋愛~世代交代状態等を壊す、ぶっ壊し、恋愛・異性・性工作等までもが、旺盛な様相」だから、

「特に、年齢等が恋愛等旺盛期の方々は、強い用心が必要」だ。

「世代交代の基を滅茶苦茶にする非人道的工作活動の先」には、

「対人不信が溢れる衰退化し易い人間社会が出来易い」。

「工作員たちは、その意味からも、日本人子無し化粛清&そのスジの血統多産化~有益分子化等の目的から」も、

「時には、レイプ・レイプ煽り・騙し性交・工作結婚~子沢山等の酷い手段まで用いた性工作まで行われている」のが、

「戦後日本社会のお寒い実態・実体」だ』。

『「日本国内の工作員たち」は、

「早々に摘発するべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ・教育界等」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレビ項前記事の補足・・・。

『「テレビ項前記事」に「記した通り」、「宇宙開闢以来、物質は、時間経過と共に、崩壊の一途を辿っているが、その中で、生物化した物質は、時間経過による物理崩壊に構築度を高める事により抗い、物理崩壊とは別の動き・発達等」を「実現し続けている」。

「生物化した物質の内、存続しているモノ」は、

「物理崩壊に対する抗いも巧み」だ』。

『「既に、多くの方々は、お気づきだろう」。

「存続し続けている物質(生物)」には、

「存続し続けている時点」で

「その物質(生物)としての意思・意志等が必然的に生じている事を!」

「そして、宇宙開闢以来の時間経過による物質崩壊という現実の裏」には、

「時間経過に伴う崩壊という意思・意志等が在る事を!」』

『「人間意識・感情的に解釈する」なら、

「意思・意志等と表現するのが解り易い上記の実態・実体」こそが、

「自然の摂理である事を!」』

『「この宇宙に存在している」のは、

「物質と生物」であり、

「そのどちらもが、

実在し、

自然の摂理に則って、

経時変化を起こし続け、

存続し続けて来ている」のが、

「現実」だ』。

『「この地球上で生物化出来た物質群=地球生命体細胞群」の、

「基本的目的」が

「存続~永続である事」は、

「上記の実態・実体からも明らか」だ』。

『「産業革命前の人類世代まで」は、

「存続の為により合理的な生物実態」が

「主として生物的に

構築され続けて来ていた状態・実態も明らか」だ』。

『「産業革命以降の実態・実体がその延長戦上に乗らない」のは、

「人類」が、

「物質文明分野では、科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実を積極的に実用して来ている」のに

「対し」、

「精神文化分野では、旧来の考え・思いによる納得レベルに偏執し続けているが故の現象である事」も、

「少し考えれば、誰でも分かる事」だ』。

『「広義の自分である地球生命体細胞群本来の基本的目的」は、

「存続~永続」であり、

「その為に、人類の産業革命以前の地球生命体細胞群」は、

「主として、生物的に構築度をより高める事により、存続~永続を図ろうとし続けて来た」』。

『「宇宙時間の経過に伴う物理崩壊に抗いながら、

別の動きを生み出し続ける合理的な方法」は、

「物質群としての構築度を高め続ける事でしかあり得ない」。

「地球生命体細胞群」が、

「巨大化・多数化・多様化~多種共存状態の構築等々、行い続ける事」で、

「生物化した物質群としての構築度を高め続け」、

「宇宙時間の経過による物理崩壊に、

地球生命体細胞群の構築度を高める事で、

抗い続けようして来た事」には、

「相応の現実合理性が在ったからこそ、

実際に、地球生命体細胞群は、存続出来ている」』。

『「存続~永続と合理性が高い方向に、

生物的に構築度を高め続けて来た生物(細胞)群が残った結果」として、

「必然的に、

地球生命体細胞群」は、

「先ず、自らを取り巻く実態把握能力を保持する様になり、

更に、実体把握能力まで得るまでに進化」した』。

『「自らを取り巻く実態把握能力が優れていればいる程、

存続の為により合理的な実態行動等も実現し易くなる」。

「実態行動実現能力適正のある個体(細胞・細胞群)が存続し易くなる」。

「そして、それは、

生物的には遺伝・環境等による優劣・取捨選択的に、

人為的には、情報・環境等による伝達的に、

伝え、世代間連鎖等させる事が可能になる」』。

『「地球上を埋め尽くした地球生命体細胞群の頂点位置に在る人類」は、

「実体把握能力を活かして、物質文明の急速な進歩・進化を実現」した。

「更に、地球自体にも、寿命が在る事までをも、実体把握」した』。

『「地球生命体細胞群としての基本的目的」が

「その存続~永続である以上、

地球が崩壊した後でも、存続し続けたいのは、

当然の基本欲動になる」』。

『「地球外を利用可能とする為」には、

「人為的移動や環境構築等が必要となる」。

「その為にも、物質文明の急速な進歩・進化が必要になる」』。

『「ところが、急速な進歩・進化を実現した物質文明には甘い罠」も「在った」。

「より進歩・進化した物質文明を使って、他の人々等を支配下に置く事も可能になる」。

「その罠に、多くの人類が落ちてしまって来ている」。

「急速な進歩・進化を実現出来た物質文明相応」の

「精神文化の急速な進歩・進化が疎かにされたが故の自虐現象」だ』。

『「物質文明の急速な進歩・進化」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を積極的に実用する事で実現し続けて来ている」。

「精神文化側でも、同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事」が

「激烈に求められている」』。

『「急速な進歩・進化を実現した物質文明を健常に使いこなし続ける為」には、

「人類の精神文化を急速に進歩・進化させる事が必要になる」のが

「現実(自然の摂理)」だが、

「現状では、多くの人類」が、

「精神文化を物質文明同様に急速に進歩・進化させられていない状態に在る」』。

『「その結果として、

根本的目的が、

地球生命体細胞群の存続~永続であるにも関わらず、

その根本的目的とは整合性が悪過ぎる自虐的な行動」を

「起こし続ける人々までをもが、旺盛」で、

「その様な状態の人々を強制的に容認せしめる社会体制等までをもが旺盛となれてしまっている」。

「とんでも無い自虐状態が其処に在る」が、

「その実体把握が出来ていて、

悪い実体を積極的に是正しようとしている人類」は、

「未だ、少数派の様相」だ。

「多くの人類が、未だに、

比べっこによる支配権・被支配権争いという幼少時の精神構造のまま、

旧来~現状上の利権争奪戦に明け暮れている」のが、

「現状人類世界の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「その実態」は、

「本質さえ???のおバカ(劣者)たち」と、

「本質は解っているが、

本質に背いてまでも、短絡的な利権を自らの下に収集しようとしている悪者たち」の

「集団状態」で、

「そんな劣悪者たちの未来が、必然的に短くなる」のも、

「自然の摂理」だ』。

『「劣悪者たちを旺盛にし続けているが故に、早々に人類滅亡が訪れ、

存続出来なくなる地球生命体細胞群」とは、

「一時は、存続出来たが、終極的には存続不可能となる生物集団に他ならない」。

「きっと、宇宙の中には、同様の生物集団が少なからず在る・在った」のだろう』。

『「そんな崩壊事態を避ける為に、今時の人類が行うべき事」は、

「もはや、明らか」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を、

「精神文化側でも意識的かつ積極的に実用すれば良いダケ」だ』。

『「地球生命体細胞群の本来の目的」が、

「その存続~永続」なら、

「精神文化側で科学レベルを実用していない様な、

自分の実体に叛いている劣悪者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ければ、

人類(地球生命体細胞群)」は、

「確実に滅亡する」』。

『「逆に、自分の実体に叛いている者たち」には、

「応分の罪と罰を与え、

自分の実体に忠実な者たちには、

それぞれ応分の立場・報酬・権力等を与え続ける」なら、

「地球生命体細胞群の存続~永続も可能になる」』。

『「自分の実態・実体が地球上の細胞群の一塊である事さえも、

???の人々」とは、

「おバカか、悪」であり、

「地球生命体細胞群の本来の目的がその存続~永続である事」を、

「否定している者たち」とは、

「存続~永続を肯定している者たちにとって存続の邪魔をする悪者・悪魔等でしか無い」。

「この現実」は、

「今時」なら、

「裸の王様では無い全ての人類の共通認識の筈」だ』。

『「今時のテレビ・ラジオ情報として、流すべき情報」は、

「劣悪な、有名人利権創造番組や、殺人ドラマ等では無い」。

「広義の自分のからして、劣悪者状態の人々の劣悪度を低める為に有効な情報」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

ASUKA&宮根、剛力&エバ初号機、「芸ノウ人等騒動売り」もいい加減にしろ!・・・。

『「少し考えれば、誰でも分かる筈」だ。「どちらも、ワザと」で「無ければ、そんなに簡単に出現する訳も無い事態である事くらいは」・・・』。

『「問題は、その目的」で、「その目的に沿って、悪どもに利権を与えてしまう精神構造の成熟度の低い状態の方々」は、

「早々に、自らの精神構造を健常成長させるべき」だ』。

|

「氷漬け魚展示から生命を考える」なら・・・。

『「丸ごと一人(一個体)の生命観上」では「動きがはっきりしている場合が多い動物には強い生命感を感じ、

動きがはっきりしない場合が多い植物等には余り生命感を感じない状態に

誘われている人々が多い」』。

『「動きがはっきりしているか?否か?が、生命感の重要要素となってしまっている」から、

「生きている時は動いている事がはっきりしている場合が多い動物(人間も含む)の

動かない死体への拒絶感」は

「強くなり易い」。

「逆に、生きている時でも、動きがはっきりしない場合が多い植物等の死体への拒絶感」は

「弱い場合が多い」』。

『「丸ごと一人(一個体)の生命観上にいる人々にとっては、

氷漬けの花や植物等は許容出来ても、

氷漬けの魚は、許せない!場合が多い」という訳だ』。

『「自分の実体を探求し、より深くから自分で自分を健康にコントロールし続ける習慣等が希薄な、

現状人間社会の中の多くの人々」は、

「自分の感覚に合わない者・物・事等を公然化される事=自分を否定される事等」と

「感じ(自覚の有無は問わない)易い」。

「上辺や自分の浅い部分を偏重して生きている状態の人々」が

「他の者・物・事による自己否定状態に遭遇する」と

「排除したくなる」のは

「その他の者・物・事になり易い」』。

『「氷漬け魚に対するクレーム」も

「その実例」だ』。

『「上辺や自分の浅い部分を偏重せず、

自分の深い部分や実体等も探求する」なら、

「命とは何か?生物とは何か?等も探求して当然になる」』。

『「物質と生物の違い」は「既に、はっきりしている」。

「宇宙開闢以来過去~現在~未来方向へと一方的に流れている宇宙の時間上」で

「物理変化しか出来ていないのが物質」で

「物理変化以外の経時変化を行えているのが生物」だ』。

『「ウィルスやDNA等とその分裂~増殖等を可能にする細胞膜&細胞膜内物理環境等、

特定の生物化を可能とする物質同士が組み合わさり、

反応が、生物化方向に転がり始める」と

「生物化する場合がある」』。

『「生物の基本単位」は「細胞レベル(細胞内細胞も含む)」だ』。

『「生物化した物質の内、存続に適合する状態を維持出来ている生物(細胞群)のみが存続出来ている」』。

『「人類」とは「地球上で存続し続けて来ている細胞群の中の高度に構築された一種」に他ならない。

「生物の誕生・死とは、細胞レベルの現象」だ』。

『「細胞レベルの現象である誕生も死も、痛くも痒くも無いのが現実」だ。

「つまり、誕生も死も、その事自体は、基本的に無感覚」になる』。

『「人類が脳で感じ・認識している痛みや快感等」とは、

「大量の細胞群が一度に大きな変化を起こさせられている時」に

「狭義の自分である人類個体の制御を、

その時、その時点、

自分を取り巻いている、自分に起きた、

出来事に対し、

より合理的に行える様にする為」の

「信号」に他ならない』。

『「実際の誕生・死等」は、

「細胞レベルの現象」だが、

「約60兆の高度に構築された細胞群である人類一個体の制御の為の情報」は、

「丸ごと一人レベル」というのが、

「実態・実体」だ』。

『「さて、人類は現実として、他の同じ地球上の生物を殺し、食べる事で、存続出来ている」。

「つまり、人間生活や人生にとって、他の生物の殺害や死は、避けて通れない事」だ』。

『「狭義の自分である人類個体」は、

「広義の自分である地球生命体細胞群の一部を殺し・食する事により存続し続けている」。

「それが、人類が、既に、科学レベルで判明させている実体や事実・現実に基づいた、現実」だ』。

『「他の種類の生物を殺し・食している実態・実体」は、

「動物の場合でも植物等の場合でも同じ」だ。

「ここで、生命観が丸ごと一人(一個体)レベル」だと、

「動物偏重殺傷否定観等が生じ易くなる」。

「実際は、動植物等を問わず、人類の存続の為に他の生物を殺し・食しているのだから、

他の生物側に必要以上の実害を与えない事こそが肝要なのだが・・・」』。

『「また、基本的に、人類は、他の人類を殺し食す必要が無い」。

「この現実からも、殺人は明らかに間違っている」が、

「丸ごと一人の生命観・人生観・死生観等に毒されている状態」だと、

「殺傷欲動やその元等を殺そうとせず、丸ごと一人レベルで他人や自分を殺傷しようとしがちになってしまう」から、

「今時の人類なら誰もが、この面は、十二分に用心するべき」だ』。

『「さて、それでは、

既に死んでいる魚を氷漬けにして、展示等する事」は、

「非難・反対等され、止めさせるべき事だろうか?」』

『「はっきり言えば、食す必要も無い、有害でも無い、生物を殺す事は、もったいない」。

「ある意味、無駄」だ。

「それは、動物でも植物等でも変わらない」。

「しかし、食用や環境理解等の為の、

現物見本やサンプル等として」なら、

「相応の合理性もある事になる」。

「劣化されない為の氷漬け等」には、

「相応の意味がある」』。

『「展示センス等の問題」は、

「別問題」だ。

「実害のあるレベルの大音響の様に、

実害があるレベルの大量展示等では無い」のなら、

「人心をあらぬ方向に誘導等しない限り、

センスの問題は、センスの問題」だ』。

『「センスの問題上」では、

「上辺のセンスで、自分を失い、右往左往させられてしまう様な、

脆弱な精神構造等しか育成出来ていない人々の割合が多過ぎる」等の

「別の深刻な問題を露呈させている場合もある様相」だ』。

『「その手の深刻な問題を解消する為」にも、

「自分の実体探求」や、

「より深部から自分で自分を健康にコントロールし続ける事」等の

「精神文化の育成」は、

「大いに有効となる」』。

『「上辺の現象を、紳士ぶりながら、正義ぶって批判・非難等するダケ」の

「要でもない常連出演者等」を

「有名人化し、過分な報酬・権力・立場等を与えていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

島根女子大生バラバラ殺人事件が容疑者死亡で収拾方向に向かう様だが・・・。

『「重要な事」は「同様の新たな事件等の再発防止」だ。

「報道されている事件実態・実体通り」なら、

「異性をモノとして捉えていた様相の容疑者」が

「大した計画性も無いまま、無差別に、自分好みの獲物を狙い、

事件を起こしてしまった様相」で、

「殺害に至った理由」も

「自分の意に従わなかったから等」と

「強く推定出来る」。

「遺体損壊状態」や

「遺棄状態」は

「意に従わなかったモノに対する処刑~犯人による個人的晒し等と考える」と

「納得出来てしまう様な状態」だ。

「犯人にとっての誤算」は、

「ご遺体が早々に発見されてしまった事だった」のだろう。

「元々、内在的には、他の者・物・事等に対する支配欲が旺盛な様相の犯人」にとって、

「ご遺体の早々の発見」は、

「正に、誤算であり、敗北確定感を強く意識させる事だった」のだろう。

「ご遺体発見ニュースが流れてから、直ぐに、母親が同乗していたという犯人が運転していたらしい車」が

「高速道路で事故を起こした」のも、

「犯人にとっては、敗北確定故の自決等」であり、

「偶然では無い様相」だ』。

『「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為には、どうしたら良いのか?」』

『「そもそも、自分で自分を健康にコントロールし続ける事がほとんど全ての人類の当たり前となる位にまで、

全人類の精神文化が健常進歩・健常進化している」なら、

「この様な事件・事故等は、基本的に起きない」から、

「究極の源流対策は、全人類の精神文化の健常進歩・健常進化である事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「その前段階」として、

「異性をモノと捉え、

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりの他の者・物・事に対する支配という

代償欲求追及上のモノ化してしまう悪行」の

「非難~排除」が

「重要」だろう』。

『「性欲動」とは、

「人類という広義~狭義の間の

中義の自分とでも言うべき存在の

存続の為」の

「本来欲動でもある」。

「多くの人々は誤解している様相」だが、

「人類の世代交代は、種の保存であり、個の保存では無い」から、

「狭義の自分の保存では無い」のが

「人類の世代交代の現実」だ。

「その本来欲求の健常充足法」は、

「双方の合意の下での健常繁殖~次世代育成行動等になる」』。

『「ところが、現状人間世界では、

その本来の健常充足法に対し、

抑圧枠が在る」。

「社会的抑圧として、

経済優先圧力や、

ルックスや人種・国籍・民族・血統差別等までもが在る」のが、

「現状人間世界のお寒い実態」だ』。

『「元々が、

実質的には、人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が極めて悪い、

インチキ社会・経済システム」なのに、

「そのインチキ社会・経済システム上の現象を偏重させる事を無理強いしている」のだから、

「そのしわ寄せ上で、優位になれる者たちはとにかく、

劣位になってしまう者たちの

現状不満度は相当なモノになる」のは、

「当然の現象」だ』。

『「ここで、不満を抱いている人々」が、

「自我を狭窄させたまま、短絡的に、考え・思う」なら、

「例えば、狭義の自分の下に、大金や大権を集める事で、

狭義の自分の不遇を改善しよう等」という

「悪魔の結論を得てしまう場合が多い」のも、

「当然の現象」だ』。

『「悪魔の結論」を

「異性関係での不満に当てはめる」なら、

「該当事件の様な事態」も、

「発生してしまって、当然になる」』。

『「そんなベースの上で、

同様の新たな事件・事故等や

果ては戦争までもが、

繰り返し、繰り返し、

行われ続けて来ている」のが、

「寒すぎる現状までの人間世界の実体」だ』。

『「もはや、多くの方々は、お気づき」だろう。

「悪魔の結論を導き出している

劣悪で未熟な精神構造や精神文化こそが

排除・改善等すべき事である事に!」』

『「異性問題や世代交代問題」なら、

「基本の現実が、中義の自分の世代交代」なのだから、

「双方の合意の下、世代交代による次世代育成が健常に行える状態の構築こそが肝要になる」。

「個人レベル」では、

「社会的抑圧要素等に押し負けずに、

欲動のある者全てが、

相性の良い相手を見出せる事こそが肝要になる」。

「社会レベル」では、

「個人レベルの健常欲動を阻害しない社会・経済等の体制の構築が肝要になる」』。

『「現状は、余りにも、劣悪な状態なのが現実(現状がまともなら、例えば、世界平和も当たり前になる)」だから、

「現状で、若干でも、優位要素等があるから・・・等」と

「悪戯に、現状を容認~維持し続ける事に力を加えている状態」では、

「正に、悪魔に魂を売り渡した状態」に他ならない』。

『「既に死亡している犯人ダケ」を

「どんなに責め続け、

正義ぶったりしていても、

同様の新たな事件・事故等は防げない」。

「悪魔に魂を売り渡している状態の人々」が、

「自らの魂を悪魔からとり戻し、

今時の人類として、

健常な行動等を起こす事」こそが、

「同様の新たな事件・事故等や、

他の殺傷事件・事故等や、

テロ・戦争等を

激減させる事に直結している」』。

|

セレブ宣伝も、年末ジャンボの10億円も、徳川埋蔵金宣伝も、「大衆に、金権支配容認心を抱かせる為のマインドコントロール情報」としては、有用な様で・・・。

『「現状のインチキ経済システムに過剰な力を持たせ続ける事=人類滅亡の特急券である事」を「忘れさせさせる為の現実逃避ドリーム薬情報」は「グロテスク」だ。

「現状経済・社会システムを続けるなら、エロ・グロ・ナンセンスの後に控えている」のは、「戦争等なのに」・・・』。

|

「アスカ摘発~不起訴&その大宣伝」でヤク商売人脈は大喜び・・・。

『「正に、ヤクをやってもバレ無ければ、不起訴だから、皆さま、バレない様に配慮して、安心してヤクを買ってね!」等の「大宣伝となってしまった事態」だ』。

『「摘発警察や、検察等や、大宣伝しているテレビ・マスコミ等の要人」が「そのスジから、裏金でも貰っているんじゃないの?」等と

「疑われて然るべき」だろう』。

|

「北朝鮮の宣伝」が得意なテレ朝等では「小池塾の宣伝も得意」な様だが・・・。

『「タイトルの事態」からも「多くの方々」に「小池塾等の本質が判る筈」だ。

「元々、日本新党上がりの小池氏」とは、

「朝日新聞上がりの細川氏の下」の、

「云わば、朝日・細川ガールズの一人」だった』。

『「朝日新聞等とは、旧社会党や中国共産党等と馴染みが深い機関」で、

「旧社会党ガールズ」や、

「細川ガールズ」や、

「小泉チルドレン」や、

「小沢ガールズ」等に、

「北朝鮮の喜び組等」と

「同様の臭いを感じる」のは、

「筆者たちダケでは無い筈」だ』。

『「皆、奥底に、全ては、将軍様(北朝鮮血統)の為!」等の

「臭いが漂っている」』。

『「小沢ガールズや小泉チルドレン」と

「同様の実態を創出しようとしている様相」なのが、

「小池塾」で、

「それは、旧社会党の流れが濃い民進党等では、もはや、政権奪取は無理」と

「悟っている、朝日新聞等の人脈による新たな仕込み」の

「臭いが濃厚に漂っている塾でもある」』。

『「当面は、国政支配は無理と悟っている様相」の

「そのスジの人脈は、

「国政が無理」なら

「地方行政」を

「一つ一つ、そのスジの人脈で支配する策」を

「展開し続けている様相」だ』。

『「当面の目標」は、

「2020までに、東京の支配権」を

「そのスジの人脈の下に!」なのだろう』。

『「本日のテレ朝ニュース・ショー等」では、

「実質的、北朝鮮の宣伝」と

「共」に

「実質的、小池塾の宣伝」も

「公共の電波上で、大々的に、行っていた」』。

『「明らかな偏向・偏重のある情報配信」だが、

「そんな偏向・偏重情報配信も、実質的に容認し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ界等」の

「寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「もちろん、こんな状態」を、

「放置していて良い訳も無い」。

「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「日米とロシアの接近が困る様相」だったが・・・。

『「現状の世界情勢」を「日本の約400年前」の「豊臣方と徳川方の争い」に「例える」と「誰にでも、その実態・実体や今後等が、良く分かる筈」だ。

それは、

「中国共産党(=豊臣方本陣等)」

「北朝鮮(=真田丸等)」

「ロシア(=大阪城外堀)」

「民主主義圏(=徳川方)」の

「争い」だ』。

『「物質文明面では、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人間世界」だが、

「精神文化面での進歩・進化は、非常に遅い」から、

「古の時代と同様の精神構造の事態」が

「今時の人間世界で起きてしまっている」のも、

「何の不思議も無い現象」でしか無い(実に残念な現象だが)』。

『「古の時代」の「一国家内の支配権争い」は

「最後の部分は、約1年で収束した」が、

「現状国家レベルの支配権争い」が

「数十年レベルになる」のは

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「ロシアが民主化された事」とは

「旧社会・共産圏城の外堀の埋め立てが決まった事に他ならない」。

「外堀の埋め立て」を「城主側に行わせるなら、遅くなる」のは、

「古今を問わず、当然の事になる」』。

『「古の時代の大阪城の場合」は、

「徳川方の者たちが参加する事」で

「外堀の埋め立てが早く終わった」。

「現在の日米のロシア接近」により

「旧共産圏の外堀の埋め立て」は

「急速に進む事になる」』。

『「北朝鮮という出城(=真田丸)を利用して、

散々の攪乱作戦等を続けて来ている

中国共産党側(=豊臣方)」だが、

「もはや、

ロシアの民主化により、

城の外堀を埋められる事が決まり、

日米のロシア接近により城の外堀の埋め立て速度が高められ様としている」と

「共」に、

「北朝鮮を封じ込める(=真田丸を壊す)国際合意まで出来ている」。

「それが今の世界情勢」だ』。

『「今後はどうなるのか?」』

『「古の時代に勝負を決めた内実」を「考える」なら、

「誰もが容易に今後の世界情勢を理解・把握する事が出来る様になる筈」だ』。

『「古の時代の争い」とは、

「武力・政治による支配権争い」だった。

「戦乱の世に終止符を打った豊臣方」とは、

「武力による支配権争いが得意な勢力」だった』。

『「一応の平和が訪れたが、

未だ、他の勢力が武力による支配権争いにより支配権を奪取する欲動等を

十分に、消し切れていなかった」。

「其処で、その武力を海外に使わせる策(朝鮮出兵)まで行った」が、

「実質的には、失敗に終わっている」』。

『「其処に、武力色より政治色を強くした徳川方が台頭して来た」。

「当時も今も、多くの普通の人々の望むところ」は、

「平和で豊かな人間社会」だ。

「武力による支配権争いを封じ込め続ける為」には、

「武力以外の手段による支配システムが必要である感」は、

「多くの人々(武将等も含む)の心の底にはあった筈」だ。

「武力色より政治色が濃い徳川方への支持増大」の「裏」には

「人々の平和への深い欲動があったに違いない」』。

『「徳川方の勢力増大に対し、

政治面では弱い、豊臣方」は、

「旧来からの得意分野でもある、武力による対抗を基に事を進めた」。

「結果、その対立は決定的となり、関ケ原~大阪の陣を迎える事になった」』。

『「関ケ原では負けたが、大阪夏の陣ではそれなりに勝った豊臣方」とは、

「冷戦では負け、主軸だった豊臣秀吉・石田三成等(=旧ソ連)を失っていた状態だった」が、

「その後の武力衝突(=経済戦争)では相応に勝ち、武力増強を続けている中国共産党と同様」だ』。

『「しかし、平和を理由に真田丸の埋め立てを迫られ、実行されたのと同様」に

「平和を理由に、北朝鮮の核・ミサイル等が避難され、北朝鮮の封じ込めが決められた」。

「平和にも関わらず、武力増強し、南シナ海等に不当進出を行い続けている中国共産党&それを支持している人々」とは、

「冬の陣後も武力を増大させていた豊臣方の浪人(籠城人等)たちと同様」だ。

「そして、その武力増大等を理由に徳川方(=民主主義圏)から非難されている」のも

「同様」だ』。

『「独裁国家等」では、

「他の独裁を目指せる勢力をつくらせない為」に

「支配下の人民の多くを衰退させ続ける必要がある」。

「結果、物質文明上の進歩・進化でも、遅れを取る事になる」。

「また、若干の力を蓄えた者たちによる、テロや反乱等も起きる」。

「海外勢力の援助を取り付ける事が出来る者たちが生まれると、戦争まで起こされる」。

「中国共産党支配下の中国」では、

「テロも動乱も頻発し続けて来ている」。

「北朝鮮の様に、多くの人々を徹底的に衰退させて支配し続けている状態になる」と

「テロや動乱等は防ぎ易くなる」が

「もちろん、そんな社会の中で暮らしている人々が人間として幸福か?否か?」は、

「言うまでも無い事」になる。

「国際社会からの非難(人権問題等々)が当然となり、実際に、国連でも、非難決議も可決されている」』。

『「民主主義圏」では

「政権交代は織り込み済み」だ。

「民主主義社会の民」は、

「各分野で自由闊達にそれぞれの仕事や活動等を行いながら、

その時点でのベターチョイス政権を

選挙により選択出来る」。

「基本的に、人民の衰退化支配を必要としない」のが

「民主主義」だ。

「しかし、経済を軸とした独裁支配等を企み実行しようとする悪者が台頭して来る」と

「内実として、独裁社会化されてしまう」から、

「民主主義圏の民」なら、

「常に、その面を、十二分に注意し、

アブナイ事態は常に退け続けなければならない」。

「この意味からも、格差是正は常態的必需になる」。

「民主主義社会で重要になる」のは

「構成員の民度であり、民度を向上させ続ける事」だ』。

『「古の時代、豊臣方の起死回生の一手」は

「真田勢力等による奇襲」だった。

「奇襲作戦の目標」は、

「大将の首を取る事」で、

「現在に置き換えるなら、

東京やニューヨークや日本や米国の支配権を取る事」になる』。

『「大阪冬の陣後と同様の状態である現状人間世界」では、

「北朝鮮勢力や中国共産党勢力による奇襲の為の仕込みが旺盛に行われている等と思って正解」で、

「実際に、

例えば、

日米両国等に対する、他国を巻き込んだモノまで含む政財界工作等はもちろん、

現状日本社会の至る所で、

電磁波工作や飲食物工作等による不適応分子粛清工作等や

情報・教育工作等による有益分子育成工作等が、

着々と行われ続けられている」のが

「戦後日本社会のお寒い実状」だ』。

『「しかし、奇襲作戦は、バレたら勝ち目が無い」。

「北朝鮮勢力や中国共産党勢力による奇襲作戦等の実態・実体や仕込み等」は、

「既にバレている」ので、

「もはや、勝負は付いている」のが

「現実」だ』。

『「古の時代でも、今時」でも

「多くの人々が欲している」のは、

「平和で豊かな人間社会」だ。

「独裁支配」と

「民主主義」の

「どちらがより多くの人々に平和で豊かな人間生活をもたらすのか?」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「中国共産党勢力や北朝鮮勢力」が、

「戦おうとすればする程、

近未来における被害が大きくなり、

犠牲者も増えてしまう事になる」。

「今時の人間世界に必要な情報・教育」は、

「その被害や犠牲者を出来る限り減らす事に有益な情報・教育」だ』。

『「それなのに、

未だに、

日米とロシアの接近は困る様相で、

2017年の世界情勢は分からない・・・」等と

「実質的には、

未だに、旧共産圏勢力にも勝ち目があるかの如きイメージ等」を

「視聴者に与える情報配信をやっていた」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「内実」として、

「中国共産党勢力や北朝鮮勢力側の負けは、既に決まっている」のだから、

「愚かな工作活動等は直ぐに止め、

よりマシな勢力側に鞍替えした方が良い」等の

「情報配信」をして、

「近未来における、

被害や犠牲者の数を減らすべき時」に

「実質的には、

負けが決まっている勢力の応援をして、

近未来における、被害や犠牲者の数を増やす情報配信をしている」のだから、

「本当に酷い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

先ほど、本日のサンデーモーニング等についての記事をアップしようとしたら、またまたまたまたフリーズ妨害工作が入り、アップ不能となり、記事が白紙化したので、その内容は執拗にアップし直す事にする・・・。

『「いい加減に、プロバイダー等は、既に、判明している筈の近隣に居る覗き&妨害工作者等を告発するべき」だ。

「電磁波工作の実態まで告発出来る可能性大」だから、

「政府・警察レベルでも、価値ある告発になる筈」だが』。

『「白紙化された記事」とは、

「現状の世界情勢」を

「豊臣方(=中国共産党方)と徳川方(=民主主義圏)の戦い(=大阪の陣)に例えて記した記事」で、

「ロシア(=大阪城外堀)」&

「北朝鮮(=真田丸)」とし、

「北朝鮮等(=真田等)の起死回生目的の奇襲作戦も含めた

現状人間世界の実態」だ。

「勝負の行方も、その訳(必然性)も、記してある」。

「その記事は、別にアップし直す事にする」が、

「何れにしても、戦後日本のテレビ・マスコミ等の実態・実体は酷過ぎる」』。

『「例えば、未だに、おでんツンツン男性の実質的、宣伝等」を「行う為」に、

「公共の電波上の貴重な時間をかなり多く割いていたりする事」だ。

「あんな事件を、宣伝する事の実効」は、

「同様の類似犯等の誘発になる」から、

「以前から、同様の新たな事件等が起こり続けている」』。

『「事件・事故等について報じる」なら、

「事件・事故等を起こした者が

どうしてその様な事件・事故等を起こす様な状態になってしまったのか?」等の

「内実や原因」だ。

「同様の新たな事件・事故等を起こさない為の源流対策等に結び付く内容であって然るべき」だ』。

『「該当事件」は、

「他の重大な事件・事故等の問題に比べて、優先して扱う程の内実は無い」のだから、

「公共の電波上や公共的マスコミ上なら、無視や軽微な扱いで十分」だ。

「軽微事件・事故等の源流対策の為の情報配信」は、

「別途、個別の事件・事故等の宣伝状態とならない様に、情報配信するのが正当」だろう』。

『「それなのに、ワザワザ、該当者の家にまで取材に行き、

該当者やツンツン行為等を公共の電波上で宣伝し続ける」とは、

「本当に酷い」』。

『「まるで、日本社会の悪化を誘う為に、同様の新たな事件・事故等を誘発させる目的でもあるかの様・・・」だ』。

『「もっと酷い」のは、

「当て逃げ犯芸ノウ人等を、

実質的に庇い、

復帰を求める内容の情報配信」だ』。

『「当て逃げ犯の復帰が、比較的容易に、容認される事=当て逃げが大罪では無い事の公然化」になる。

「当て逃げが大罪では無いと公然化される事」は、

「当て逃げ欲動の誘発に繋がる」から、

「その悪影響は多大になる」』。

『「助かる命も失われてしまう可能性を増やす情報配信内容」は、

「明らかにダメ」だ』。

『「飲酒運転厳罰化を大々的に叫び続けて来ているのと同様」に

「当て逃げ厳罰化を大々的に訴えている」なら

「ダブルスタンダードでは無い」が、

「現状の実態・実体」は

「明らか」な

「ダブルスタンダード状態」だ』。

『「お仲間芸ノウ人事故、故に、そのダブルスタンダードが生まれている」なら、

「明らかな、差別待遇になる」』。

『「差別主義者たちが公共の電波上で蔓延れている状態」で

「日本社会に良い影響が出る訳も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日露首脳会談が終わり、数多くの合意文書が交換されたが・・・。

『「今回の日露首脳会談でもはっきりした事」は「ロシア国民の多く」が「旧ソ連が日本の北方領土を不当に奪った実態・実体を知らない事」だ。

「はっきり言えば、

日本の敗戦が濃厚になっていた時に、

日ソ中立不可侵条約を一方的に破って

軍事的に日本の領土を奪った悪行の実態・実体」は、

「法を無視した火事場強盗的行為に他ならない」』。

『「その法を無視した火事場強盗的行為の裏」に

「米国等からの要望や誘い等があった」としても、

「米国等からの唆しに応じ悪行に手を染めた現実は変わらない」』。

『「旧ソ連が、

日本の敗戦が濃厚になった時点で、

一方的に、日ソ不可侵中立条約を破り、

侵略支配した日本の北方領土」は、

「断じて、

日本と旧ソ連の正当な戦争の結果

ソ連が得る事が出来た領土では無い」』。

『「現時点ではっきりしている事」は、

「上記の様な実体や事実・現実」を、

「多くのロシア国民も含む全世界に向かって

ちゃんと大衆周知させる必要性がある事」だ。

「今時の人間社会として当然のレベルの領土返還交渉~合意等」は、

「その後にしかあり得ない状態」が

「またまた、更に強く、露呈」した』。

『「上記の様な当たり前の事」は、

「少なくとも、バカでは無い官僚の多くの人々は、重々承知」だろう。

「しかし、政治家の欲望は、往々にして、

バカでは無い官僚等が見出している実体や事実・現実とは全く別の、

考え・思いレベルに基づいて動いてしまう」。

「実に残念な実態・実体が其処にある」』。

『「本気で北方領土の返還を考えている」なら、

「先ず、行うべき」は

「日本国内の情報・教育の正常化・健常化」だ。

「はっきり言えば、自虐強い情報・教育等の先には、領土返還は無い」』。

『「日本の多くの情報・教育が正常化・健常化されている」なら、

「それを基にする海外メディア等の情報等も正常化・健常化される事になる」。

「全世界的に、法を破った火事場強盗行為等に対する非難が起これば、

ロシアにとっても、日本の北方領土を返さない事がデメリットになる」』。

『「全世界的な合意を得る為に重要な事」は、

「実体や事実・現実通りである事」だ』。

『「その基準」で「既にはっきりしている範囲」でも、

「北方領土の内、

少なくとも二島は、

直ちに日本に返還されて然るべき実体や事実・現実が十分に在る」』。

『「問題となる」のは、

「北方四島の内の千島列島扱いとされるべき範囲が何処までか?」だ』。

『「島名から判断しても、誰もが少なくとも国後までは、日本領と考え・思える筈」だが、

「歴史上の実態・実体」は、

「旧ソ連による火事場強盗前まで」は、

「明らかに、北方四島全てが日本領だった事」だ』。

『「戦後の条約により、日本が千島列島を放棄した時の千島列島の範囲について」は、

「一首相に対する一質問の回答一言ダケを偏重して良いのか?否か?」は

「議論の余地がある」』。

『「普通に考えれば、言葉の意味からも、国後は日本領の果て」だ。

「つまり、旧ロシアとの領土合意等の前から、日本領だった可能性大」だ。

「択捉については、国後の先の大きな島」で、

「大きな島であるが故に、

相応に、

日旧露領土確定以前から、

当時の日本国民も、数多く、渡り、在住していた島である事」は

「はっきりしている」。

「その当時の日本国民の数と、

その当時のロシア国民の数の実態等」を

「はっきりさせれば、

択捉の元々の実体もはっきりする事になる」』。

『「明治時代には、樺太を日露共同統治していた時もあった」。

「つまり、領土確定前当時、樺太では、日本人もロシア人も暮らしていた」。

「共同統治には、無理が生じたから、日本は樺太を放棄する代わりに、千島列島を領土とする合意を旧露と結んだ」。

「その後、日露戦争の結果、南樺太部分が日本に割譲され、日本領とされた」。

「その状態」は

「第二次大戦終戦時まで続く事になる」』。

『「第二次大戦で日本は敗戦」し、

「日本は南樺太と千島列島の領有権を放棄させられた」。

「南樺太は判り易い」が

「千島列島の範囲は判り辛い」。

「見方によっては、北方四島までも千島列島とも思えてしまう」し、

「国後までは日本領で、択捉から先が千島列島とも、思えてしまう」し、

「北海道に近い大きな島である択捉島までが日本領」で、

「その先が千島列島とも、思えてしまう」。

「放棄させられた時点で、具体的な島名まではっきりさせられていなかった事」が

「現在の北方領土問題の元でもある」』。

『「日本に放棄させる島名をはっきりさせなかった戦勝国側」には、

「はっきりさせなかった事を利用出来るメリットが生まれた」。

「日本と旧ソ連が二島返還で平和条約を締結しようとした当時、

米国は四島返還で無ければ日本に沖縄を返さないと圧力をかけた」』。

『「この時点で、北方4島は千島列島では無い事」を、

「実質的に、米国要人が認めている事になる」が、

「冷戦時の日ソ友好関係構築を成立させない為の、

米国要人の言動」が、

「何処まで、正当か?」は、

「検証・議論等の余地がある」』。

『「何れにしても、日本の北方領土問題の裏」には

「米国の影や意向が大きく漂っている様相」は、

「はっきりと、伺い知れる」』。

『「次期米国大統領は、トランプ氏になる」。

「トランプ氏が認める日本の北方領土の範囲は何処までだろうか?」

「その辺りに、事態の終着点が見え隠れしている感が濃厚に漂っている」のは、

「武力・経済力等による比べっこ支配権争いが未だ主流の現状人間世界故の現象」だ』。

『「歴史上の実体や事実・現実に重きを置き、

正当や健常や正義等を重んじる、

精神文化の健常成長を前提とした人間世界(≒未来志向)」なら、

「ロシアにも、過分な戦争・経済支配権争い故の不遇等の不安は不要となる」から、

「北方4島日本領が当然の筈」だが』。

|

テレ朝朝番では、議員報酬2割削減等での小池都知事と公明党の連携等を宣伝していたが・・・。

『「自らの知事報酬は半減させても、お仲間テレビ・マスコミ族が大宣伝している政治塾で直ぐに金満状態」の「小池都知事」や、

「利権集中悪徳改悪が進めば進む程、者・物・事依存者が増え、宗教依存者も増える」から、

「信者離れが激しい(=信者数は減っても)等」と「言われながら」も、

「依存の強い信者たちによる多くのお布施等がある状態はより強く維持し易くなるから、

未だに、全国各地に立派な創価文化会館等を建て続けられている金満創価学会が支持母体」の

「公明党都議等」にとって、

「都知事報酬半減」や、

「議員報酬の2割削減」等は、

「正義イメージを買う為」の

「安い出費」に「過ぎ無い」という

「実態・実体」が「露呈している」・・・』。

『「自民党等、実務畑献金が政治資金の多くを占めている政党」では、

「実務畑全体の景気が悪い事=政治資金も集まらない事」だ。

「大企業からの献金はもちろん、企業数の99%を占める中小零細企業等からの献金も得る為」には、

「大企業等への利権集中もほどほどに抑え、

中小零細側にも相応に気配りした政治を行う必要も生じている事になる」』。

『「中小零細側の景気が良く無い日本社会」で

「テレビ・マスコミ等」が、

「政治家に清貧を強いる論調」で、

「日本社会を染め上げ続けようとする、実質的、大衆誘導を行い続ける」なら、

「自民党等の支持母体が実務畑の政党の政治家が固定的に頼れる資金」は、

「議員報酬・政党助成金等に限られる事になる」』。

『「全体的好景気では無い日本社会の中での、議員報酬の削減」は

「相対的に、

一般企業献金等では無い、

個人別のパーティーや塾等による資金集めや

景気無縁の団体献金等の割合が多い

政治家・政党の

政治資金力を増させ、

金権政治力を増させる事に直結している」』。

『「それなのに、多くのテレビ・マスコミ上等」では、

「上記の様な実態・実体は言わず、

都知事報酬半減や、

議員報酬2割削減」から、

「都民等が受ける上辺の正義イメージだけを増長させる論調」で

「情報配信を続けている」』。

『「其処に在る」のは

「公共の電波を使った、

小池都知事や公明党等を

偏向・偏重している

実質的、大衆誘導の為の情報配信」だ』。

『「そんな{悪事}を連綿と続けて来ている様相の連中」が

「日本社会の中で、起こされてしまった事件・事故等に対して、

正義ぶり、優等生ぶって、劣悪論等を言い続けている姿」は、

「本当に醜悪」だ。

「しかも、特定極一部の者たちが主として常連出演という、

特定極一部の者たちの有名人利権や報酬等を偏重アップさせる、

本当に酷い状態で・・・」だから、

「本当に呆れる」』。

『「本日も、例えば、電車の下にもぐり込み、多数の人々に多大な迷惑をかけた者に対し、

厳罰に処すべき!等と

正義ぶっていた」が、

「その行動の実体探求」は、

「少々の低レベルの精神分析論等を述べた常連出演者が居た程度」で、

「実質的には、ほとんど無し」だった』。

『「現状の日本社会」なら、

「行動の実体が工作活動である可能性まで含めて、調査・検証等する」のが、

「妥当なのに!」』

『「大衆興味寄せニュースつくり&日本社会にストレスを与える工作の一つ」とも

「考えられる」のが、

「自殺無縁の様相の今回の事件の実態」だ』。

『「そもそも、

丸ごと一人の死生観・人生観等や

上辺や感情・思い等に拘る事等を

実質的に、強いている情報配信が主」だから、

「未だに、丸ごと一人の自殺・殺人等も、そう考え・思う人々等も、激減しない」から、

「容疑者が自殺等を言う」と

「上辺の言葉で、直ぐに納得し、騙されてしまう人々も多い」』。

『「丸ごと一人の死生観・人生観等や

上辺や感情・思い等に拘る事等を

実質的に強いている情報配信が主である事」も、

「工作活動(情報工作)の一つである可能性がかなり高い」』。

『「死傷者が出てしまったイベントのボランティアが忘年会を行おうとする事」を

「{報道}」した

「イベント会社のメール」が

「責められ、忘年会が中止に追い込まれた」とは、

「正に、社会圧力を起こさせる事による{いじめ}」だ。

「ところが、常連出演者たち」も、

「その{いじめ}」を、

「優等生ぶり、紳士ぶり、さも正論・正義等であるかの如く、

公共の電波上で、

行っていた」』。

『「はっきり言えば、

死傷事故を起こしてしまったイベント自体と、

直接は無関係のボランティア」とは、

「例えば、

乗客の一人が他の乗客を傷つける死傷事故を起こしてしまったバス等に

偶々乗っていた乗客の様なモノ」だ。

「無垢の人々の忘年会を止めさせる社会圧力は明らかな{いじめ}」だ』。

『「イベント会社側」は、

「忘年会誘いを、{報道}し、通達したダケ」で、

「それがダメ」なら、

「全ての報道等も、被害者・遺族感情等を考え、自粛等になっても、何の不思議も無い」』。

『「テレ朝朝番の常連出演者等の論調」には、

「直接無関係の人々にまで、喪に服す事を強要し、

日本社会全体をトーン・ダウンさせる

情報工作の臭いが濃厚に漂っている」。

「重要な事は、境界線の敷き方」だ』。

『「実体や事実・現実に基づいて、適確な境界線を引ける様に、精神構造が健常成長している」なら、

「例えば、近親者等との死別に際しても、その直接ダメージは最小限で済む」。

「逆に、未だに、死生観も人生観も丸ごと一人・境界線も???」なら、

「そのダメージを其れこそ、一生引き摺る事も可能になってしまう」』。

『「どちらが、人の人生や人間社会をより健常にするのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「今時、既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基準とした境界線」なら、

「特定極一部の者たちのみが主の常連出演は明らかに、ダメ」だ。

「罪として認定され、罰が与えられて然るべき事」だ。

「更に、特定極一部の者や組織や人脈等を利する偏向・偏重情報配信」も

「明らかにダメ」だ。

「偏向・偏重では無い、実体や事実・現実の情報配信こそが、健常状態になる」』。

『「今時基準」なら、

「罪として認定され、罰が与えられて然るべき事」を

「実質的に、行っている者たち」が、

「他の事件・事故等をダシに、優等生ぶり、紳士ぶり、正義ぶる事」とは、

「自らを正す代わりの代償欲求の追及行為に他ならない」。

「もちろん、そんな事をどんなに行い続けても、

実際の常連出演者等の実体が正される訳も無い」から、

「過分な立場・報酬・権力等を得続ける事で、

自分を騙し続けたくなる」のだろう』。

『「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき、

実に、醜悪な実態・実体が其処に在る」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「都議会公明党が自民との連立解消&小池都知事擦り寄り」で韓(北朝も含む)流人脈大集合による東京都乗っ取り支配策略に邁進か(?)・・・。

『「そのスジの人脈の者たちの話し」では「2020年東京五輪までにそのスジの人脈による東京乗っ取り支配を完成させるつもり」との事だ。

「五輪マークは、そのチェッカーフラッグ」なのだそうだ』。

『「そのスジの連中のお仲間の、テレビ・マスコミ等の連中」は、

「そのスジの者たちの知名度を積極的に上げる」と「共」に

「そのスジの者たちや、そのスジの者たちが行っている事等」には、

「好イメージを付けて情報配信している」。

「逆に、そのスジの者たちにとって都合の悪い者たちや、

そのスジの者たちにとって都合の悪い物事等」には、

「悪イメージを付けて情報配信している」』。

『「昨今の多くのテレビ・マスコミ等情報の主たる論調」や

「その論調から、視聴者・読者等が受けるイメージ」は、

「小池都知事=正義の使者」であり、

「都議会自民党=旧来から蔓延っている悪」であり、

「小池都知事の行う事=良い事」であり、

「都議会自民党等が行う事=悪い事」等々だ』。

『「そして、その情報配信に在る内実」は、

「具体的な政策内容等の検証~より良い政策等の探求等では無い」。

「主として、好イメージvs悪イメージの比べっこ」だ。

「視聴者・読者等に、好イメージvs悪イメージの比べっこを行わせる事」で

「視聴者・読者等の支持先等をそのスジの連中にとって都合の良い者・物・事に誘導する

醜悪な大衆誘導の手口が其処に在る」』。

『「五輪会場問題」では「小池都知事が全敗」だ。

「問題とされた三つ全ての会場」が、

「予定通り、国際的約束をしてあった所に、建てられる事になる」。

「それでも、

復興五輪アピールや、

費用削減の功績等」を

「声高に訴えたがっている」のが、

「現状のそのスジのテレビ・マスコミ等の様相」だが、

「会場地選定問題」と

「復興五輪アピール」や「費用削減問題」は、

「全く別の問題」だ』。

『「復興五輪アピール」は

「復興五輪アピールとして積極的に行えば良い」。

「既に決められている会場移転などという

実質的には、実現、超困難~不可能な手段では無い、

被災地の方々にも五輪メリットを配る実現可能な具体的な策」を

「積極的に考えだし、実行するべき」だ。

「策を公募等する事で、復興五輪を訴えても良いと思う」』。

『「費用削減」は、

「会場は予定通りのまま」でも、

「十二分に可能なばかりか、

IOCからも要望が出ている事」で

「行わないのは、あり得ない事」だ。

「会場地選定問題でちゃぶ台返し{パーフォーマンス}をし、大騒ぎさせる必要など全く無かった」のが

「実態・実体」だ』。

『「会場地選定問題大騒ぎの内実」は、

「多くの一般都民や一般日本国民にとっては、

実質的に、無駄な騒ぎであり、

大いなる時間とお金の実損」だ。

「しかし、小池都知事にとって」は、

「知名度を更に、高め、大衆興味を小池都知事に引き付ける実効がある」。

「その上で、お仲間テレビ・マスコミ等が、小池都知事に好イメージを付ける情報配信をし続ける」なら、

「小池都知事の下に世間の支持を集める事も可能になる」。

「世間の支持がある程度集められている有名人化されている知事の下」に

「新たな政治勢力を作り出す事等も容易になる」』。

『「其処に在るのは、テレビ・マスコミ等を悪用した実質的、策略」だ。

「客観的に見る」なら

「大非難が適切な状態が其処に在る」』。

『「会場地選定問題と復興五輪訴えや費用削減問題を無理やり一緒に扱う事」で、

「小池都知事の功績を{捏造}しようとしている」のが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「テレビ・芸能界とも馴染みが深い創価学会が支持母体である公明党」が、

「自民党との連立を解消」し、

「小池都知事側に付く」のは、

「元々、人脈面でも近いのだから、ある意味、当然の流れ」だ。

「但し、公明党の場合は、与党に拘る面も強い」ので、

「小池都知事一派へと鞍替えする以上、

小池都知事一派が与党となる事を

強烈に望む筈」だ』。

『「同様の与党欲」は、

「民進党等多くの野党にもある」。

「自民党を野党に蹴落す政権を作る為」に、

「小池都知事&公明党&民進党等多くの野党等」が

「結集する事」は

「大いにあり得る」』。

『「その公明党や民進党等多くの野党等の与党欲」と

「小池都知事やそのお仲間のテレビ・マスコミ等、

そのスジの人脈(その内実は、韓・北朝系色が濃い)の

願望」は「一致している」。

「反自民」であり

「反日本人血統

(陸続きの地の文化では、地より血であり、

その様な文化が染みついている人々は、

島国の日本国民となっていても

地や実体や事実・現実等より血統等を優先したがる傾向が強い)

の臭いが濃い様相」だ』。

『「与党欲の次に控えている欲」は、

「政権を取ったなら、そのスジの人脈にとって都合の良い政治・政策等を行う事等」と

「強く推定出来る」』。

『「其処で浮上する」のは、

「小池都知事の仮面色的様相の保守色では無い」。

「韓・北朝色が濃い、そのスジの人脈色」の「政治・政策等」だ』。

『「日本の国政」は

「大統領制の様に強い権力が特定の者に集中されていない」が、

「都政や地方政治では、知事の権限がかなり強い」。

「韓国の大統領制」や

「北朝鮮の独裁政治」で

「行われている事」からも、

「そのスジの人脈の者たちが好む政治・政策等の実態・実体」は

「既に、明らか」だ。

「権力を持った人脈による他人脈支配の構図が其処に在る」』。

『「そのスジの人脈にとっての他人脈が一般日本人」なら、

「そのスジの人脈は一般日本人支配の為の政治・政策等を行う可能性絶大」になる。

「そして、

東京乗っ取り支配の先に在る」のが、

「日本乗っ取り支配」になる』。

『「上記の様な可能性の臭いが濃厚に漂っている」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等や、

小池都知事や、

民進党等多くの野党や、

公明党等」の

「実態」だ。

「一般日本人なら、

用心し、

イメージで操られない等、実効のある対処等をするべき

実態・実体が其処に在る」』。

|

本日のテレ朝朝番では、「コンビニおでん、ツンツン動画アップ問題」で常連出演者等が正義ぶっていたが・・・。

『「昨日まで」は「駅ホームからの女性突き落とし事件問題」で「大騒ぎ状態だった」が「容疑者が朝鮮籍である事が判る」と「途端に、その問題を黙殺化する」と「共」に、

「他の大衆興味寄せニュース等を大々的に積極配信する」のが、

「多くの戦後日本のテレビ・マスコミ等の実態」だ。

「テレ朝朝番で、大々的に宣伝されたコンビニおでん、ツンツン動画アップ問題」も、

「他の大衆興味寄せニュースの一例」と「強く推定出来る」』。

『「逆から考える」と

「上記の手段を使った、沈静化隠蔽情報工作の為」には、

「大衆の興味を引き寄せる事件や問題等が必要」という事になる。

「今回の、廃棄予定おでん(らしい)ツンツン動画アップ」からは、

「もちろん、該当事件専用では無いだろうが、何処と無く、仕込みややらせの臭いが・・・」等と

「感じる」のは、

「筆者だけでは無い筈」だ』。

『「テレ朝朝番」では、

「早々に、ツンツン行為実行者の家に押しかけ、

ツンツン実行者の妻から、

夫は、別居中である旨等を聞き出し、

夫への電話によるインタビューまで行い、

実行者は、今は、反省している様相である旨等、

報道」していた。

「此処にも、用済みのアイテムに対する早期沈静化情報工作等の臭いが・・・」』。

『「廃棄予定(らしい)コンビニおでん、ツンツン動画アップ問題」の「深刻度」と、

「駅ホームからの突き落とし問題」の「深刻度」では、

「その深刻度に圧倒的な差がある」。

「ましてや、突き落とし容疑者が朝鮮籍となれば、

別の深刻な問題の氷山の一角が現れた様相」でもある。

「真に日本の戦後を終わらせる」なら、

「全日本国民が避けては通れない問題が其処にある様相」でもある』。

『「朝鮮籍の容疑者に対して」は、

「突き落とし事件前から、家族による捜索願が出されていたのだと言う」。

「つまり、容疑者が家を飛び出した時点で、家族等には、相応の危機感等があった」と

「強く推定出来る」』。

『「容疑者の犯罪行動を生み出した原因」を

「探求し、明らかにする」と「共」に

「同様の新たな事件・事故等の防止の為」にも

「その原因に対する源流対策を施す事」が

「重要になる」』。

『「容易に推定出来る環境要因がある」。

「朝鮮籍という事」は

「かの国の独裁者の意向や命令等を何らかの形で伝えられている可能性大である事」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民が拉致された裏」にも、

「その意向や命令等があった筈」だ』。

『「拉致実行犯や協力者たち」が

「今、日本社会の中で、何を行わされているのか?」等は、

「多くの日本国民」が

「本気で、注視すべき事」だ。

「独裁者の意向や命令」が、

「日本人と仲良くし、日本国の為になる様につくしなさい!」等なら、

「多くの日本国民にとっても良い実態等が露呈する筈」だし、

「独裁者の意向や命令」が、

「出来る限り多くの日本人を、

日本の現行法や現行の摘発体制では摘発困難な手段のみを使った粛正工作や子無し化工作で抹殺する」と

「共」に、

「朝鮮血統の子沢山策を行う事により、

日本国内の朝鮮血統の割合を高め、

行く行くは、合法的に、

日本を乗っ取り支配出来る様にし、

最終的には、

金一族と天皇家を入れ替えられる様に、

頑張りなさい!」等なら、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の実行者や組織等が露呈する事になる筈」だ』。

『「そんな意向や命令等を、家庭内で聞かされていた血気盛んな若者等」なら、

「昨今の独裁者を取り巻いている実状等から」も、

「現状の日本社会内で、大人しく、粛々と、長くかかる摘発困難な工作等を続ける事に

嫌気がさし、

一気に、出来る限り多くの日本人を直接的に粛正しよう!等と考えてしまっても、

何の不思議も無い」かも知れない。

「その様な状態で、子どもが飛び出してしまった・・・」なら、

「家族等による、早々の、家出人捜索願等の提出も、当然の事態になる」』。

『「もちろん、該当事件の実態は不明」だが、

「上記の様な可能性も否定出来ない」のが、

「異常な戦後処理を引き摺ったままの戦後日本社会の寒過ぎる実状」だ』。

『「では、源流対策は?」

「源流対策を行う事こそが、拉致事件解決にも直結している事になる」のだから、

「多くの日本国民は、真剣に、この問題の源流対策の実行を考えるべき」だ』。

『「筆者等」は

「以前から、日本国内のスパイ・工作活動等の徹底摘発」を

「訴えている」。

「現行法・現行の摘発体制では、摘発困難」でも、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、実際に、工作活動自体は在る」のだから、

「それらを摘発出来る法・体制整備を行い、摘発を実行すれば良いダケ」だ。

「もっとも、摘発されるのは、北朝鮮系ばかりになるとは、限らない事になるだろうが」・・・』。

『「法・体制整備の前段階として、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による大々的な告発があって然るべき」だろう。

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

戦後の日本国内に実在している工作活動を

告発しない・出来ない訳が無い」。

「逆に、それらの工作活動を行っている者たちと同じ人脈による情報工作機関等」なら、

「告発しない、ばかりか、隠蔽工作等を行う事が合理的になる」』。

『「多くの日本国民」が、

「自虐史観を強制し、

拉致問題を無い事にし続けていた

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や教育等」の「実態から感じる」のは、

「健常では無く」、

「情報工作機関等の臭いの筈」だ。

「是正されて当然の実態・実体が其処に在る」』。

『「それなのに、未だに、同じ人脈の者たち」が、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や教育界等々で、蔓延れている」。

「そして、相変わらずの情報工作的情報配信等が続けられている様相」だ。

「日本の中のノイジー・マイナリティー的様相を露呈し続けているそのスジの人脈の者たち」が

「未だに、蔓延れている」から、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等では、

特定極一部の者たちが主として常連出演・常筆状態」で、

「何処の局でも、新聞社等でも、同様のニュースに同様の論等が主軸」と

「強く推定出来る」。

「こんな不健常な状態は、即刻にでも、是正されるべき」だ』。

『「オスプレイの不時着~大破問題」で

「大騒ぎする、実質的、政治運動」で

「喜ぶのは?」等からも、

「テレビ・マスコミ界等の人脈の実態・実体」は、

「良く判る」。

「当分は、オスプレイ不時着~大破ネタ」で

「数多くの事件・事故等の報道時間を葬る事等も可能になる」から、

「実態もその様になる」だろう』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含む正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「当記事をアップしたからか?

上下階方向等からの工作電磁波が強化されている」。

「結果として、何時もより、更に、多いマイナスイオンの大群に包まれながら、

今、その実態を記している」。

「この現象からも、日本国内にいる工作活動を行っている者たちの実体」が

「良く判る筈」だ。

「筆者は、工作電磁波対策を行っているので、大量のマイナスイオンに包まれる状態で済んでいる」が、

「対策無し」なら、

「工作電磁波による障害等が出ても何の不思議も無いレベル」だろう。

「既に、工作電磁波による、かなりの数の犠牲者が出ている筈」だ。

「電磁波工作等の工作活動が放置されたままで良い訳などあり得ない」。

「マスメディア等による告発や、政府・警察等による対策は急務」だ』。

|

成田童夢の毒親を言う、現状人間社会の毒に毒されたままの偽善者たち・・・。

『「毒親の前」には「現状人間社会の毒が在る」。「現状人間社会上での成功等を前提とする」なら「現状人間社会に媚び、自らの子どもに、その優越適応を強いる毒親」は、

「現状人間社会が続くなら、子の成功を強いるドリーム親等」になる』。

『「現状人間社会問題を考えない親論等」は「実に、虚しい」。

「偽善者たち」や、

「確信犯の現状媚び悪者たち

(時間・空間等は、否応無しに、過去から未来へと移動=崩壊しているのだから、

現状という一ポイントに固定化・固着化する事は、

生物が進歩・進化する事で、時空の崩壊に対応する事を阻害する悪業になる)」は、

「先ず、自らの実態・実体を自覚するべき」だ』。

『「自らの実態・実体の自覚無き、裸の王様たち」こそが、

「現状人間社会の毒等を、

その自覚無きまま、維持・容認したりもする、

本当の毒に他ならない」』。

『「更に、酷い」のは、

「本当の毒を量産している情報・教育」だ。

「そんなモノは、断じて、仕事では無い」。

「破壊行為」だ』。

『「内実として、破壊行為を行っている連中」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「タカが、一スポーツ競技(=そのスポーツの出来・不出来による比べっこ優越権争い)」に

「過大な金銭・有名人利権等を付ける事」が、

「どれ程、人間世界の健常成長に貢献するのか?」は、

「誰もが、ちゃんと真剣に本質探求すべき問題」だ。

「いい加減な大衆合意に基づいた、

いい加減な人間社会運営の

行き着く先」は、

「人類滅亡」と「相場は決まっている」のだから、

「この手の問題から目を背け続けている人々が多ければ多い程、

人類滅亡の日が急速に近づいて来てしまう事になる」』。

『「公共の電波を使った情報の一方的大量配信上」で、

「毒親問題等を扱う」のなら、

「上記程度の問題提起等があって然るべき」だ。

「ところが、現状のテレビ界の力量が、余りにもプワーだからか、

現状のテレビ界の実権者連中が悪で、

劣悪情報で視聴者を染める事により、

大衆衰退化による不当利権等を握りしめようとしているのか、

・・・何れにしても、酷い、劣悪な情報配信内容の様だった」らしい。

「ネット上での不毛な対立論等がその実態・実体を露呈している」』。

『「多くの人々」は、

「いい加減に目を覚ますべき」だ。

「このままの状態を維持しながら、人間世界を進めるなら、

人類滅亡の日が確実にやって来てしまう」』。

『「上辺のインチキ論等に狭義の自分を操らせている場合では無い」。

「人類誰もが、自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って、

本当に狭義の自分の人生として悔いの無い判断等を積み重ねるべき」だ』。

『「人類誰もが今、

考え・思いによる納得レベルから、

科学レベルに自らの精神構造を進化させる、

精神文化革命の時代を迎えている」』。

|

テレ朝昼番では、「常連出演者等による、IR法案大反対!キャンペーン状態」等々、だったが・・・。

『「他人の不幸を踏み台にした幸せ」とは「現状人間社会・経済システム上の必然」で、「言うまでも無く、カジノに限った事では無い」。

「例えば、産まれながらの環境格差は、未だに、温存状態」だが、

「その環境格差故」に、

「環境格差優者たちが、

環境格差劣者たちより、

比べっこによる支配権・被支配権争い上で

有利な状態を得続けられている」。

「例えば、学歴とその家の収入等の実態からも、其れは明らか」だ』。

『「カジノだけに、他人の不幸を踏み台にした幸せ等の概念を適用し、正義ぶる」のは、

「現状で、カジノ以外の部分で、他人の不幸を踏み台にした幸せ状態に居る、

劣悪で醜悪な偽善者たち」と

「相場は決まっている」』。

『「例えば、公共的マスコミ上で自らが記した情報を流せている者の裏」には、

「公共的マスコミ上に上げられる事の無い、かなりの数の、真に有益な情報の発信者等」の

「他人の不幸」が「在り」、

「テレビ常連出演者の裏」には、

「テレビ出演さえ出来ていない多数の人々」という

「他人の不幸が在る」。

「更に、その先」には、

「真に有益な情報等が得られず、

旧態依然とした現状容認情報等漬けにされる事で、

実質的には、劣位状態等の固定化を強いられている

数多くの人々の不幸が在る」』。

『「カジノだけを問題化して騒いでいる暇が有る」なら、

「現状人間社会・経済システムを是正する事等」を、

「考え出し、発表し、皆で、より実効の高い方法等をつくり出し、

実践するべき」だ』。

『「そもそも、カジノゲーム等の内実とは何か?」

「言うまでも無く、自己承認欲求の代償欲求の追及行為に基づく、金のやり取り」だ。

「現状の、比べっこによる支配権・被支配権争いを前提につくられている、

余りにも、未熟で稚拙な経済システム」との

「整合性は、相応に高い」から、

「現状の経済システム上では、経済効果が生まれる」。

「しかし、

元々が、

自己承認欲求の代償欲求追及上の金のやり取りであり、

比べっこによる支配権・被支配権争い上の経済効果」だから、

「自虐的な事態も誘発する」のは

「当然の現象」だ』。

『「さて、此処で直すべき」は、

「カジノか?」

「現状の経済システムか?」

「それとも、多くの人々の精神構造の成長が不十分な事か?」』

『「余程のおバカや悪でも無ければ、カジノだけを直しても虚しい事くらい、

直ぐに解る筈」だ』。

『「実際は、直すべき順序も、はっきりしている」。

「先ずは、多くの人々の精神構造を十分に健常成長させる事」だ。

「その為に有効な情報・教育を意識的かつ積極的に行う事」が

「今の人間世界に、内在的にせよ、激烈に求められている」』。

『「多くの人々の精神構造」が

「幼少レベルの精神構造に過ぎ無い

比べっこによる支配権・被支配権争い」から、

「成人レベルの精神構造である

基本的には、何者・物・事でも、本質を探究し

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しながら

自分で自分を健康にコントロールし続ける状態」に

「健常成長すれば、

必然的に、社会・経済システムの是正も進む事になる」』。

『「現状の幼少レベルの精神構造を元にした社会・経済システム」とは、

「幼少レベルの精神構造を強い、精神構造の健常成長を阻害する、

劣悪な精神文化製品に過ぎ無い」。

「劣悪な精神文化製品を自虐的に使い続ける必要など全く無い」のだから、

「成人の精神構造を誘う、性能の良い精神文化製品を製造し、

実用すれば良いダケ」だ』。

『「そして、その作業」は、

「多くの人々の精神構造が健常成長出来ている」なら、

「意外な程簡単な事になる」』。

『「成人レベルの精神構造を誘う、性能の良い精神文化製品である

人間社会・経済システム上」に

「カジノ等が在っても、

それは、もはや、

自己承認欲求の代償欲求を

免疫を養う為等の内実目的で

遊び程度に追及する者たちにとって

有用なツールの一つに過ぎ無くなる」。

「社会多様性を担保する有益ツールの一つに過ぎ無くなるカジノ等」は

「必然的に、その規模や形態等は縮小する事になるだろう」が、

「害物扱いする必要の無い存在となる」』。

『「上記程度の基本的な事も言えず、

実質的には、反日他国のカジノ利権等を守る為の政治運動レベルの論を

日本の公共の電波上で言い続けている常連出演者等」に、

「何時までも、他人の不幸を踏み台にした上に在る甘い汁を吸わせ続ける必要は全く無い」』。

『「高齢運転者をダシ」に

「日本の車社会に負のイメージを付ける事に邁進していた連中」は、

「今度は、ホーム突き落とし事件や女性太もも切り付け事件をダシ」に、

「日本の鉄道社会や日本社会に負のイメージを付ける事に邁進している」・・・』。

『「現状日本の車社会の一番の重大問題」は、

「運転者の高齢化では無く、車社会でも蔓延っている電磁波工作問題」だ。

「高齢者に限らず、工作電磁波の被害にあった運転者」が

「事故等を起こし易くなる」のは、

「ある意味、当然の現象」だから、

「工作電磁波の徹底摘発~廃絶」こそが、

「快適な車社会への第一歩でもある」。

「ところが、電磁波工作のお仲間かも知れない者たち」は、

「電磁波工作等を無い事にし続けたがる」。

「まるで、かつて、拉致問題を無い事にし続けていた様に!」』

『「ホーム突き落とし犯」や「女性太もも切り付け犯」に「対して」も、

「それらの犯人が、現状の日本(・・・あえて言わないのだろう)社会」で、

「犯人たちが、自分で思い込んでいる程、認められていない事等に対する

不満故」の

「事件である可能性が高い旨」等を

「ご用達心理学者等が述べていた」』。

『「もちろん、現状の人間社会は、日本に限らず、かなり酷い」から、

「何処でも、不満を持っていない人の方が少数派」だ』。

『「その不満を誤魔化し続ける為に、

比べっこ上で、優位であり続け、

過分で不当な金や資産や権力等を他人を蹴落としてでも得、

得たモノを使用し続けながら、

更に、他人を犠牲にし続ける悪態」により、

「健常な自己承認欲求の代償欲求を追及している」のが、

「劣悪な現状で、多くの場合、平然と優位者の立場に在り付き、

大量消費自慰生活や、

有名人化による他人からのお墨付き等」を

「貪れている劣悪者たちの実態」だ』。

『「現状上でも、事件・犯人化出来る、劣位者たちの悪態」を、

「正義ぶって非難等している暇がある」なら、

「自らの実態・実体も含めて、健常化を頑張るべき」だが、

「ヤク中毒者の様な現状依存者たち」は、

「現状維持に拘り、現状利権を貪り続けようとする」から、

「人間世界が酷いままになる」。

「そして、行き着く先に控えているのが、人類滅亡」だ』。

『「人類滅亡を誘っている劣悪者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

マズゴミは政治運動で溢れている・・・。

『「米軍基地問題の宣伝」の「実効」は「反米感情等の増大」だったりする。

「沖縄から、大阪等への米軍基地誘致話し等」は

「本当に虚しい」。

「米軍と自衛隊を入れ替えれば良い論」も

「基地容認論」だ。

「基地が要る状態を解消する事で、米軍基地問題も解決する」のが

「本道になる」が、

「政治運動を行っている連中は、

本道では、政治運動が出来なくなるので、

本道を避けたがる」』。

『「本道の実現は、実は、簡単」で、

「全人類の精神構造を健常成長させれば良いダケ」だ。

「その為に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した情報・教育を意識的かつ積極的に行い、

それに基づいた性能の良い精神文化製品を続々と生み出し、実用すれば良いダケ」だ。

「情報・教育等を健常化・正常化する」なら、

「この当たり前の道を歩む事」が

「当然になる」』。

『「それなのに、未だに、

流行語大賞等のネタでも、

実質、騒動売りの政治運動まで行い、

それを大宣伝している」のが、

「マズゴミ等の実態」だ』。

『「そんなマズゴミ等」や

「マズゴミご用達有名人等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

|

韓(北朝も含む)テレビ等では、小池、希望(=3Kワード)塾&小池新党の宣伝状態だが・・・。

『「頭の黒い(HEAD・BLACK)の大きな鼠(BIG・MOUSE)」の「意味するところ」は

「H・B(1・3)・B(1.3)・М(アルファベットの13文字目

・・・因みに、アルファベットには、31文字目は無いので、

そのスジの連中がアルファベットを利用して

暗号的意図を伝え様とする時等は、

数逆読み、もしくは、順には意図を持たせない場合が多い)」で、

「暗に、抗日、もしくは、日本乗っ取り支配目的者等の、大物を示している」と

「強く推定出来る」。

「更に、泥棒が逃げる時、無垢の人を指さして、あいつが泥棒です!と叫ぶ文化」からも、

「他を示唆している事が、実は、自分の正体を隠す為の防波堤である事」も、

「十分に考えられる」』。

『「頭の大きな黒い鼠=小池都知事」と「読み解く」なら、

「そのメッセージ意図も明らか」だろう。

「同じ人脈なら、応援してね!」等だと

「容易に推定出来る事になる」』。

『「その流れの上で考える」なら、

「希望(3Kワード・・・三国人に相通じる、お仲間呼び寄せ記号でもある)塾」の

「意図するところ」も

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「言葉上手な小池氏等」なら、

「上記の様な、暗黙の意図等が無いのなら、

他の誤解を招かない表現等を使う事も容易な筈」だ』。

『「果たして、小池都知事や、希望塾等の実体は?」』

『「暗黙記号通信や電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

日本国内でのそのスジの人脈の工作・工作手段等を黙殺したまま、

そのスジの工作等にとって都合の良い情報配信をし続けて来ている」のが、

「韓(北朝も含む)流テレビ・マスコミ等」だ』。

『「日本乗っ取り支配等を画策し続けて来ている連中」が「集合する事」は、

「良くある話し」で、

「例えば、自民党等の大政党から飛び出した政治家や政治勢力等」が、

「既存の、元々から反日的臭いが濃厚な野党等と共闘等を行う事」は、

「稀では無い」のが、

「異常な戦後処理を引き摺ったままの戦後日本社会のお寒い実状」だ』。

『「同様の臭いが濃厚に漂っている」のが、

「現状の小池都知事等とその周辺」と

「感じている日本国民は決して少なく無い筈」だ』。

『「韓(北朝も含む)流テレビ・マスコミ有名人化族がこぞって集合」し、

「韓(北朝も含む)流テレビ・マスコミ等が更に人気を持たせるべく好イメージ大応援・大宣伝等を繰り返し」、

「その軸」に

「既存の韓(北朝も含む)流色の濃い内実反日野党等を集合させる事」で、

「日本の政権を取る企みの臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「それなのに、

未だに、

韓(北朝も含む)流テレビ・マスコミ等が蔓延れている

現状日本社会の中」では、

「その様な臭いは無い事にしたまま、

小池都知事等に好イメージを付けて、

塾や新党立ち上げの可能性等の

実質、大宣伝を

公共の電波上や、公共的マスコミ上でも、

行っている」のだから、

「本当に、劣悪」だ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオや、公共的マスコミ等」なら、

「主として、日本国・多くの日本国民の為になる情報配信を行うべき」だ』。

『「事の実体を十分に掘り下げ無いまま、

実質的には、

日本乗っ取り支配人脈等にとって都合の良い情報配信等が続けられている状態」は、

「明らかに異常」だ』。

『「例えば、電磁波工作等、数々の実在している工作活動を無い事や合法扱い等したがる」のも、

「日本乗っ取り支配等を企んでいる人脈の特徴」だ』。

『「多くの一般日本国民に対する実害」より

「日本乗っ取り支配人脈等に対する実利等」を

「優先している」から、

「非人道的な電磁波工作等数々の工作活動等さえも無い事ややって良い事にしたがる」。

「その、悪魔に魂を売り渡している実態・実体」は、

「本当に、劣悪で、醜悪」だ』。

『「本質を探究する」なら

「誰もが判る」。

「電磁波工作等数々の非人道的な工作活動の劣悪度も!」

「それを、無い事ややって良い事にして、放置し続けている者たちの劣悪度も!」

「劣悪者たちの代々話を行わせ続けるなら、人類が滅亡するのが当然である事も!」』

『「悪魔に魂を売り渡した者たちの子孫たち」は

「祖先や親を否定する事でのみ、存続の価値が得られる事になる」。

「その自己否定にも通じる苦難を子や子孫に強いている悪行を行い続けている劣悪者たち」が

「自らの正体に気づく時、

その実体に耐えられる者たちは、

いったいどれ程いるのだろうか?」

「周囲の者たちを同じ色で染める事で誤魔化そうとする、更なる劣悪業」では、

「自分の実体を正常化する事は出来得ない事くらい、

余程のおバカで無ければ分かる筈」だが・・・』。

『「何れにしても、戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、相変わらず、韓国(北朝鮮も含む)人目線の論調で日本社会を染め上げる情報工作状態だったが・・・。

『「朴韓国大統領弾劾」では「まるで、自国の大統領問題であるかの如く・・・」、「安倍総理の真珠湾訪問」では

「先の大戦=中国や韓国等への武力侵略論

(もちろん、言うまでも無く、実体離れしているインチキ論。

実際は、例えば、日本と韓国は先の大戦時同じ国であり、戦火など交えていない。

しかし、北朝鮮系等の者たちは、

当時、反政府軍化していた山奥の極一部の迷惑者たちを

誇大に扱いたがる。)」を持ち出し、

「反省と謝罪を強調した論を主に・・・」、

「IR法案問題」では

「日本のカジノが動き始めた事で、

韓国のカジノへの進出や投資拡大等より、

日本のカジノへの進出等を本気で考え始めている

海外カジノ企業等の実態等、

韓国にとって都合の悪い話し」には「封印した上」で、

「日本国民のギャンブル依存症予防等の為に、

日本のカジノは良く無い、

もっと、時間をかけて・・・等々と

正義ぶりながら、

内実では、利韓の為の政治運動を軸に・・・」、

「沖縄米軍基地問題」では

「今時の軍再編では当然である、

規模の縮小と軍事能力の向上を問題視する世論圧力等を

出来る限り多くの視聴者等に持たせる事により、

日米安保の強化を遅らせさせようとする

北朝鮮や中国共産党等の為の、実質、情報工作による大衆誘導等を

日本の公共の電波上で、行い・・・」、

「ネット情報問題」では

「多くのテレビ・マスコミ等情報」の

「韓(北朝も含む)目線問題」や、

「イメージ誘導」や

「情報工作大衆誘導問題」等は

「無い事に・・・」、

「如何にも、テレビ・マスコミ等の情報の方が信頼性が高く、

信じ・頼る価値がある感等を、主として、充満させ・・・」、

・・・と、

「とても、普通の日本国民による情報配信内容とは思えない事態のオンパレード」だ』。

『「情報・教育に騙され、操られない為」には、

「何事でも、実体や事実・現実の探求が重要」で、

「そのポイントさえ押さえている」なら、

「テレビ・マスコミ情報であれ、学校教育であれ、ネット情報であれ、

基本的に、皆、相応に安全に有用出来る」。

「例えば、

人も含むほとんど全ての生物の誕生・死とは、

基本的に細胞レベルの現象である事」は、

「既に、科学レベルではっきりしている上に、

義務教育でも、その内実は、教えられている」から、

「誕生・死について、普通に、探求出来ている人々なら、

丸ごと一人の霊や死後等を元にした、嘘・インチキ等には騙されない」。

「嘘・インチキ情報に触れても、実害は無いばかりか、

そんな情報を配信している方が、実質的にはバカにされている事になる」』。

『「逆に、バカにされない論等を記そうとする」なら、

「相応に実体や事実・現実を探求する事が必要になる」』。

『「情報の受け手にも、発信側にも、有効で有益」なのが、

「本質探求の姿勢」だ』。

『「反対に、インチキ論等で大衆を操ろう等と悪巧み等する者たちにとっては、

都合の悪い」のが、

「本質探求」だ』。

『「情報・教育の元」が「万全である事などあり得ない」のが「現実」だから、

「情報・教育の元別論自体」が

「其れが、実質、インチキ論である事」を「体現している」』。

『「本質探求を軸に論じないテレビ・マスコミ等や学校教育等」には、

「インチキや策略等が充満している場合が多い」』。

『「ましてや、

日本の場合、多くの普通の日本国民による発信が主であるネット情報」と

「異常な戦後処理を未だに引き摺っているが故に、

未だに、韓国(北朝鮮も含む)人目線の情報・教育が主流となってしまっている

テレビ・マスコミ等や所謂、文系、学校教育等」の

「比較論」で

「韓国(北朝鮮も含む)人目線の情報・教育こそが、信じるに足る等」と

「やるインチキ論」では、

「全く、信じるに足りない、劣悪で醜悪な論等」に他ならない』。

『「日本の公共の電波を使って、

そんな劣悪で醜悪な論等」が、

「未だに、一方的に大量配信出来ている事自体

異常」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

NHKニュースでは、韓国大統領弾劾成立が一番、小池が二番、いったい此処は何処の国?・・・。

『「もし、先の大戦後の終戦処理」で「朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが日本本土に強制的に帰還させられたのと同様に、日本本土内の朝鮮人のほぼ全てが朝鮮内に強制的に帰還させられていた」なら、

「果たして、現状のNHKの様なニュース配信内容になっただろうか???」

「其処にこそ、日本の戦後の本当に深刻な問題が露呈している」』。

『「はっきり言えば、朴大統領の弾劾成立」など、

「日本国・日本国民にとっての重大問題では無い」』。

『「他国の内政に干渉する気など、ほとんど無い、多くの日本国民」にとって、

「韓国の内政問題」は

「他国の内政問題に過ぎず、重要問題では無い」』。

『「日本国・日本国民が考え、対処すべき事」は、

「基本的に、韓国の内政の結果に応じて」で「十分」だ』。

『「結果前」を

「日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上」で、

「事細かに報じ、知らず知らずの内に、覚えさせられる必要は全く無い」』。

『「それなのに、現状」では、

「まるで、韓国国民向けであるかの如く、詳細な経過等が報じられている」。

「こんな事」が、

「朝鮮半島内で逆の事態が起きた時に起きているのか?」

「もちろん、起きていない」。

「何故なら、

先の大戦後、

朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが強制的に日本本土に帰還させられているから」だ』。

『「終戦処理として、日本国内で、朝鮮系の者たちが、過分な立場・権力等を得てしまった事」は、

「全日本国民が決して忘れるべき事では無い」。

「その異常事態を是正する事」こそが、

「日本の戦後の終わりを実現する事に直結している」』。

『「二番目の特別扱いは小池」だった。

「何故か?」を「考えない事」は、

「異常な戦後処理からの流れを容認する事に直結している」』。

『「普通に考える」なら、

「韓国(北朝鮮も含む)系偏重状態のテレビ・マスコミ等で偏重されている政治家や芸能人等」の

「実体は、韓国(北朝鮮も含む)系なのでは?」等と

「先ず、疑って然るべき」だろう。

「その上で、実体を把握するまでは、迂闊に、その偏重流れに乗せられない事が肝要になる」。

「戦後を未だ引き摺っている日本社会の中で生きている日本国民」なら

「当たり前の用心」だ』。

『「果たして、小池の正体は?」』

『「少なくとも、筆者の実感」では、

「韓(北朝も含む)流テレビ・マスコミ等の偏重ぶり」からも、

「小泉等と同様」と

「感じる」。

「日本新党~小沢一派という流れ」からも

「其れを感じる」。

「小泉元総理的、大衆操りワード政治」や、

「小沢氏的、権力集中独裁志向政治」からも、

「其れを感じる」』。

『「多くの日本国民を独裁的に支配する事」で、

「内実、利韓(北朝も含む)人脈誘導を行う」のは、

「大戦後も日本国内に、時には帰化までして、居残っている韓国(北朝鮮も含む)人脈」と

「その人脈に毒されている者たちの得意技」だ』。

『「独裁志向政治が小池」なら、

「経済独裁志向の臭いが濃厚なのが、韓流である事が既にはっきりしている孫氏等」だ』。

『「多くの日本国民は気づくべき」だ。

「戦後を終わらせなければ、悪影響も終わらない」』。

『「何れにしても、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

IR法案で「ギャンブル依存症」を問題にした民進党・蓮舫等は、当然、パチンコ等も大問題と考えているのでしょうねぇ・・・。

『「タイトルの様で無ければ、民進党・蓮舫等」は「ダブルスタンダード論を言っているダケ」だ。

「そんな論に説得力が有る訳も無い」から、

「支持率も上がらない」のは

「当然の現象」だ』。

『「パチンコ等のギャンブル依存症問題」は

「ずっと前から在る」。

「それなのに、今、正義ぶってギャンブル依存症問題」を、

「IR法案反対の為に持ち出している民進党や

その主流のその前である旧民主党や

民主党の主流のその前である旧社会党」の

「国会議員たち」は、

「パチンコ等のギャンブル依存症の問題」を

「声高に訴えた事等」が

「実質的に、無かった」。

「そればかりか、

旧社会党時には、

逆に、パチンコ業界からの献金が発覚し、問題とされたぐらい」だった』。

『「その{成果}もあって、

未だに、ギャンブル等の依存症問題」は、

「日本社会に深く根を張ったまま・・・」だ』。

『「そんな流れの上に在る民進党やその代表の蓮舫等」が、

「過去に対する大いなる反省」から、

「パチンコ等を全廃を訴える」と「共」に、

「IR法案に反対している」なら

「未だ、分かる」。

「しかし、現状で、民進党等が、ギャンブル依存症問題等をダシ」に、

「強く反対している」のは

「IR法案ダケ」だ』。

『「仮に、韓国の様に、パチンコを全廃した」としても、

「ギャンブル等依存症の問題は解消し得ない」。

「依存症問題」は、

「臭いモノ排除手法では解決し得ない事だから」だ。

「臭いモノとは距離を置きながら付き合う事が出来る精神構造の健常成長を実現する事」こそが、

「依存症問題等解決の鍵に他ならない」。

「その為に実効の有る情報・教育の積極的配信こそが重要」だ』。

『「パチンコ等を存在可能にしている事と同様」に、

「カジノも含む総合型リゾート施設を存在可能にする事」は、

「それだけ日本社会の中を多様化する事」でもある。

「健全な多様化」なら「社会構築度を上げ、社会を豊かにする」。

「現状では、経済・社会システム自体が不健全」なので、

「現状の中で多様化を実現しようとする」と

「今回の様なグロテスクな事態も露呈し易くなる」。

「しかし、それは、あくまでも、現状の不健全な経済・社会システム故の現象」だ。

「現状の不健全な経済・社会システムの是正」は

「もちろん、急務」だが、

「その間にも時は進む」ので、

「現状の中でより多様性を高め、社会構築度を上げて行く事等」は、

「現状の不健全な経済・社会システムを使っている限り、

ある意味、仕方の無い事でもある」』。

『「ギャンブル上での儲けの源泉は、負けた人の金」だが、

「現状のインチキ経済・社会システム上で大儲け出来ている人々の源泉」は、

「経済比べっこ支配権争い上の

負け組から」の

「実質的、集金や低賃金高負荷労働等」だ。

「ギャンブルだけを悪者扱いし、

現状のインチキ経済・社会システムの是正に言及しない、

偽善者たち、もしくは、足りない人々等」は、

「劣悪」だ』。

『「ギャンブル産業」には、

「余剰資金を金融投資会に回させず、実体経済内に還流させる{効果}もある」。

「大金持ちの余剰資金をカジノ等で、実体経済内に還流させる{効果}等を十分に引き出す」なら、

「格差是正の役にも立てられる」のだから、

「悪戯な悪モノ扱いで正義ぶっている偽善者たちや足りない人々等」も、

「少しは、狭義の自分の頭を良く使って考えるべき」だ』。

『「依存症問題は、

ギャンブルだけに特化させず、

宗教・金・有名人・買い物・親・子・兄弟姉妹・酒・タバコ・ヤク・現状社会・権力等々、

他の依存症も含めて、

多くの人々の精神構造の健常成長を誘う情報・教育の今時化等により

解決すれば良い」』。

『「今時の政治家、しかも、国会議員」なのに、

「上記程度の事さえ言えない様では、本当に情けない」』。

『「反対野党」では、

「日本の政治を前に進める事の邪魔になるダケ」だ。

「そんな事態を歓迎する」のは、

「多くの日本国民では断じて無い」。

「反日国や反日国人脈の者たちくらい・・・」だろう』。

『「多くの日本国民」は、

「反対野党等による、

強行採決等、言葉・イメージ等による実質的、大衆操り工作等」に、

「ウンザリ・・・している」。

「ネガティブ言葉/イメージ」による「大衆操り工作」は

「判り易過ぎるから・・・」と、

「昨今では、小池都知事の様に、ポジティブ言葉/イメージによる大衆操りに依存したい様相」なのが、

「テレビ・マスコミ等の業界でも蔓延っている、そのスジの連中の実態・実体」だが、

「そんな実態・実体も、既に、バレバレ・・・」だから、

「小池都知事等も、早くも、旗色が悪くなっている」』。

『「真に日本国・日本国民の為になる政治が出来ない政治家等」や、

「真に日本国・日本国民の為になる論や批判等が出来ないコメンテーターや解説者等」など、

「要らない」。

「重要な立場や高い報酬や権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「多くの日本国民」が

「その様な実感を着々と意識し始めている」』。

|

「ギャンブル依存問題がある!」等と韓国等のカジノ利権を守りたい反対派が騒いでいるIR法案問題と、金権依存症の様相の孫とトランプのグロテスクな2ショット笑顔問題・・・。

『「依存症」とは、「自分の実体やその実体の本来の目的に沿った本来欲求の充足等が不十分な状態の人々」が

「代償欲求の追及に奔走し続ける事」で

「脳神経細胞ネットワーク構造が変わり、固定化してしまう事」で

「生じる病状」だ。

「脳神経ネットワーク構造が、変わる事自体」は

「問題の無い事」だが、

「自分の実体を害する方向に変わる事によるから、病状」になる』。

『「ギャンブル」でも、

「酒」でも、

「ヤク」でも、

「金」でも、

「権力」でも、

「異性」でも、

・・・等々でも、

「上記の依存症としての基本構造が同じ」なら、

「皆、依存症」だ。

「特定の依存項目ダケを偏重している内」は、

「依存症問題は解決し得ない」』。

『「ところが、ギャンブル依存ダケを偏重する事」で、

「IR法案」に

「悪戯なネガティブイメージを付ける

実質的、政治運動を行っている者たち」が

「未だに、国会議員の中にも居る」』。

『「何の為に?」

「言うまでも無く、韓国等のカジノ利権の維持の為」だろうと

「強く推定出来る」』。

『「そもそも、

ギャンブルにしても、

株にしても、

金転用で金を増やそうとする企みに変わりは無い」。

「大きな違い」は、

「元金が大きい」なら、

「株で大金を儲ける事は比較的容易な事」であり、

「ギャンブルでは、元金の大小に係らず、勝てる確率より負ける確率の方が高い事」だ』。

『「現状のインチキ経済システム上での多くの大金持ちは株や相続による大金持ち」という

「実態・実体」が「在る」のは、

「現状のインチキ経済システムが大資本家等が圧倒的に有利になる様につくられているから」に他ならない。

「株・相続大金持ちの余剰資金」が、

「金融投資界で更に膨らまさせる事」と

「カジノ等のギャンブルにより多くの場合実体経済内に還流される事」の

「どちらの経済効果」が、

「多くの一般庶民の経済の為にマシなのか?」等を「考える」なら、

「悪戯なギャンブル反対論等」の

「偽正ぶり」等が

「誰の頭の中でも、明らかになる筈」だ』。

『「依存症問題」は、

「本来欲求の充足を軸に、自分で自分を健康にコントロールし続ける、

健常成長している精神構造を、

人類誰もが身に着けられる様にする事」で

「解消出来る」のだから、

「その為に有効な情報・教育を積極的に行えば良い」。

「それと共に、大資本を持つ金権依存者等にとって都合の良い現状のインチキ経済システムの是正」も

「急ぐべき」だ』。

『「金権等の依存症にお墨付きを与えたり、

公然化したりする事に大いなる力を発揮している現状のインチキ経済システムを温存したまま・・・」では、

「依存症問題は解決出来得ない」』。

『「金権依存症状態の象徴的な顔」が

「ニュース画面上に現れた」。

「トランプ氏と孫氏」だ。

「どちらも、現状のインチキ経済システム上での大金持ち」だが、

「自分の意志で動かせる大きな資金等を持てている孫氏」が、

「米国への5兆円もの投資を約束した」のだそうだ』。

『「健常な感覚なら、国家予算並みの金額に基づいた投資等」は、

「国家レベルでの集団的合意等の下で行われるべき事」だが、

「金権依存独裁者的様相を露呈している孫氏」は、

「国家レベルでの合意等抜きの独断等により、勝手に大枚のお土産をトランプ氏に・・・」だから、

「非常に深刻な病状を露呈している醜悪な状態に見える」』。

『「国家レベルのお金を国家レベルの集団的合意抜きで独裁的動かせてしまう事の悪影響」は

「多大」になる。

「それは、それだけのお金の元を考えるなら、誰でも分かる事」だ』。

『「大金の裏」には、

「大金の元金を吸い上げられていたり、

大金収集の為に実体より安く使われていたりする多数の犠牲者が居る」。

「そして、大金を更なる大金にする事を可能にしている」のが、

「現状のインチキ経済システム上での、株等の金融投資システム」だ』。

『「そんなモノで大金持ちとなった者の独裁等を容認する人々もまた、

金権依存者に他ならない」。

「自らの金権依存問題を無い事」にして、

「他人のギャンブル・酒・ヤク・有名人等々、者・物・事依存を正義ぶって責めるその実態」は、

「本当に、深刻な病気状態で、醜悪」だ』。

『「現状のインチキ経済システム」とは

「人類自滅器」でもある。

「人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い健常な経済システムに是正しない限り、

人類滅亡の時を急速に近づけている悪態は止まらない」のだから、

「何れは、多くの人々が、その実体を否応無く認識」し、

「実効のある是正を行わざるを得ない」のが、

「現状のインチキ経済システム」だ。

「そんなモノは、とっとと直した方が、犠牲が少なくて済む」のだから、

「早急に直すべき」なのが

「現状のインチキ経済システム」だ』。

『「金権依存を容認する事」は、

「金権奴隷を容認する事」でもある。

「大金集めに成功した金転がし長者や相続長者」に

「多くの人類の支配権を与えてしまう事の愚かさ」は、

「武力による比べっこ支配権争い上での独裁国家等の実態・実体を見れば、

誰にでも直ぐ分かる」』。

『「権力は、特定の人に持たせず、実体や事実・現実に預け、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

全ての人類が共有すれば良い」。

「その様な健常なベースの上」では、

「多くの人々が、自分で自分を健康にコントロールし続ける事も容易になる」。

「逆に、特定極一部の人々に多大な実権を持たせてしまえば、

比べっこによる支配権・被支配権争い」という

「幼少レベルの精神構造そのままの上に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用している成人レベルの物質文明が乗せられる」から、

「いじめや殺傷やテロや戦争等々も、起こり続ける事になる」。

「そして、個人レベルが持ち得る武力物質文明の威力」は、

「今、この瞬間にも、急速に高まり続けている」。

「人類が、その気になってしまったら、

個人レベルで、地球を消滅させる事さえも可能になる日」は、

「そう遠く無い(或いは、既に来ている)」。

「精神文化の健常進化」は

「急務」だ』。

『「とりあえずの現状対策として」は、

「IR法案も悪く無い」。

「大金持ちの余剰資金を、

出来る限り金融投資界に回させず、

実体経済に還流させる為の一手段として有効」だ。

「もちろん、それと共に、現状のインチキ経済システムの是正」を

「本気で始める事が重要」だが』。

『「今時の人類が必要としているレベルの仕事が満足に出来ていない

経済学者等に、

過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてもロクな事は何も無い」。

「政治家等も、全く同様」だ。

「所謂、文系の仕事をしている人々」の

「急速な今時化を真剣に行うべき」だ』。

『「所謂、理系同様、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用しながら、

より性能の高い精神文化製品を生み出せば良いダケ」だから、

「この基本をちゃんと守って、行うなら、やる気のある人なら、何処の誰にでも出来る」のが、

「所謂、文系の今時化」だ』。

『「所謂、文系領域で、現状依存の、実質的、古代人・先代人たち」が、

「過分な立場・報酬・権力等を保持出来てしまっている状態は、本当に大迷惑」だ。

「その悪影響ははかり知れない」。

「一刻も早い、正常化・健常化」が「強く望まれている」』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が大谷翔平の金満を羨ましがり、ネット情報問題では「事実を知るには金が要る」等の拝金ぶりを露呈していたが・・・。

『「普段、上辺では、如何にも、格差是正論者であるかの如き事」を、「優等生ぶり、紳士ぶり、公言し続けて来ている」クセに、

「本気で格差是正等を行うつもりなど、全く無く、

出来れば自分の下にのみ大金・大権等が来れば嬉しい様相」の

「常連出演者等の言う事」は

「本当に、醜悪で劣悪」だ。

「大谷翔平の年俸大幅アップ等のニュースについて、

今時のテレビコメンテーター等が言うべき事」は、

「商業スポーツ選手の報酬として、どの程度が適切なのか?」等の

「実体検証等」だろう。

「その様な報酬等の本質的正当性を探求する道の先」でこそ、

「不当な格差を是正する事等」も「可能になる」。

「それなのに、大谷翔平、あの年齢で、あんなに高報酬が得られて、羨ましいなぁ・・・等」では、

「本当に情けない」。

「まぁ、近未来に置いて、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたい」のなら、

「正に、合理的になる発言等」だが・・・』。

『「ネット情報上から、コピペ大群が駆逐される」なら、

「大歓迎」だ。

「元々、まとめサイト等」は、

「人寄せ~広告金儲け目的のモノ」や

「意図的な色付け目的のモノ」等が

「蔓延っていて」、

「マシなモノ」は「意外と少ない」』。

『「更に、その中身が、コピペライター等によるランキング上位埋め尽くし等目的」の

「重要情報隠蔽の為の実質的、粛清工作情報等」となれば、

「まとめサイト頼り等は、如何にバカらしいか!」等が、

「内実を探求している人等」なら、

「直ぐに分かる」』。

『「実は、この内実を探求する事こそが、情報に騙されない・操られない鍵になる」。

「テレビ・マスコミ等の情報でも、

ネット情報でも、

内実を探求せず、

大手テレビ局や大手マスコミだから・・・とか、

ネット検索上位だから・・・等々」の

「情報内実とは別の要素の上辺」に

「依存」して、

「無条件に信じたり、

鵜呑みにしたりする事」は、

「非常に危険」だ。

「それは、情報による操り人形化への特急券でもある」』。

『「逆に、内実を探求する」なら、

「如何にもお金がかかっていそうだから・・・」とか、

「大きな企業だから・・・」とか、

「公共の電波上の情報だから・・・」とか、

「ネット検索上位で多くの人々が見ているから・・・」等々の

「情報内実とは別の上辺の要素」に「偏執させられる危険性も減る」』。

『「上記の様な、当たり前の論を言わず、

事実を知る為には金が要る論等を

公共の電波上で風潮した常連出演者等」が

「行った事」とは、

「多くの場合、

個人レベルで、

お金がかかっていない場合が多い

ネット情報の価値を貶める事」により、

「テレビ情報の相対的価値を上昇させる、

実質的、情報工作」に他ならない。

「公共の電波上でお手盛り情報工作等では・・・本当に醜悪」だ。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれたい」のなら、

「合理的な行動実態になる」が・・・』。

『「基本的に、

ネット情報でも、

テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」でも、

「上辺に騙されず、

内実を探求しながら、

利用等すれば良いダケ」だ。

「情報が溢れている現状人間社会」での

「大切な生活習慣」は

「其処にある」』。

『「内実を正確に探求する為に必要な資質を磨く為」にも、

「自分で自分を健康にコントロールし続け、

自分の実体把握等を深めて行きながら、

狭義の自分の精神構造を健常成長させ続ける事」は、

「極めて有効になる」。

「今時のテレビ情報」なら

「人類の精神文化の健常成長の役に立つ情報を積極的に配信するべき」だ』。

『「また、本日の番組内容では無く、以前からの番組内容について」だが、

「放射能潔癖症煽りや、反原発等」と

「車嫌い」等は、

「劣悪左翼の特徴」でもある』。

『「普通に科学技術の進歩・進化の方向性を考える」なら、

「より高エネルギーの制御は、人類の必需」であり、

「宇宙に出れば、放射能だらけ・・・なのだから、放射能対策技術の向上も必需である事等」は、

「誰にでも分かる」。

「その正常な道から降りる道の上」には、

「原発事故処理期間がより長くなる事」や、

「宇宙進出対応等で遅れを取る日本国等」の

「状態」だ。

「そんな状態を望むのは、反日国等」だろう』。

『「高齢ドライバーを問題化し、視聴者等の車嫌いを誘う事等」は、

「日本の基幹産業である自動車産業に対するボディーブロー等にも成り得る」。

「普通に高齢ドライバー事故問題を論じる」なら、

「今時の既存技術レベルからしても、

例えば、75歳以上の高齢者は自動ブレーキ付きのみ限定の免許等にし、

年収等に応じて、車買い替え補助金等を出せば良いダケ」だ。

「この様な解決案の先には、自動車産業の発展も付いて来る」』。

『「現状のテレビ常連出演者等やテレビ実権者等」は、

「自動車産業の発展を誘う論等を、実質的に、封印」し、

「日本の基幹産業である自動車産業にボディーブローを食らわす

政治運動論等」の

「一方的大量配信」を

「日本の公共の電波を使って行って来ている」』。

『「原発等の問題共々、

日本の公共の電波を使って!

実質的には、反日国等に漁夫の利を与える論等を

一方的に大量配信している」のだから、

「本当に、悪質」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「福岡のタクシー病院突っ込みは運転手のせいに・・・」、「新潟の福島自主避難生徒キン付け呼び問題では、公共の電波使用の反原発政治運動等」を行いたがっていた様相だが・・・。

『「福岡のタクシー病院突っ込み」は「慎重に実体調査すべき」だ。「何故なら、該当車」が「旧型プリウス」と「電気制御の割合が、かなり、大きい車だったから」だ』。

『「運転手の証言」通り、

「ブレーキを踏んでも、ギアを落としても、加速する状態」や、

「ハンドルが切れず、直進する状態」等を、

「意図的な電制工作でつくり出す事」は、

「意外と容易な筈」だ』。

『「工作電磁波の技術を応用」して、

「オーバー・ロード・プログラムを仕込め」ば

「実現出来てしまう筈」だ』。

『「電気自動車やハイブリッド車の様」に

「電制割合が高い車」では、

「ブレーキも電気仕掛け」だ。

「パワステも電気仕掛け」だ。

「アクセルもCVT(ギアに当たる)も電気仕掛け」だ』。

『「例えば、運転手がブレーキを踏む」と

「通常なら、ブレーキ信号ダケが出て、ブレーキがかかる」が、

「他の電圧領域を使う、オーバー・ロード・プログラムを使えば、

ブレーキ信号をキャンセルさせる事も可能」だ。

「ブレーキ信号をキャンセルする」と「共」に、

「急加速アクセル信号を足し、

パワステを思いっきり重くする信号を足せ」ば、

「車は、まるで砲弾の如く、直進し、前に在る物や人とぶつかる事になる」。

「カーナビから、

特定場所の信号を取り、

その場所に来たら、

そのオーバー・ロード・プログラムが実行される様に仕込む」なら、

「今回の事例の様な事態を工作活動で実現出来てしまう」』。

『「更に、衝突後は、オーバーロードプログラムが消失する様に、プログラムされていれば、

証拠も残らない」。

「他の電圧領域だから、通常の検査では発見出来辛い」のが

「工作オーバー・ロード・プログラムの特徴」だ』。

『「一般的に、工作活動」は、

「絶対に露呈させない事を前提」に

「考え出され、仕込み等が実行される」』。

『「元々は、ターゲットの使う物から、工作電磁波を発生させる事」で

「ターゲットを工作電磁波漬けにし、ターゲットの弱体化や粛清を目的としている様相」の

「工作オーバー・ロード・プログラム」だが、

「電制割合が高い車等に仕込む」と

「車の砲弾化(因みに、一トンの車が130キロ程度の速度でぶつかるなら、実際の砲弾並みの破壊力になるそうだ)も可能になってしまう」』。

『「上記の様な工作への対策も必要」なのが、

「物質文明側では急速な進歩・進化を実現し続けて来ている」が、

「精神文化側の健常進歩・進化が余りにも疎か」な

「現状人間世界の現実」だ』。

『「現時点では、上記の様な可能性も、消し切れていない」のに、

「テレ朝朝番では、運転手の気失い等、運転手の問題を強調」していた。

「まるで、視聴者の考え・思いをその方向に導きたがっているかの如く」・・・』。

『「其処には、情報工作による工作実態・実体隠蔽」の「臭い」等が漂っている・・・』。

『「担任教師によるキン付け呼び」で

「傷つき学校に行けなくなる生徒」では、

「本当に情けない」。

「そんな情けない状態の生徒を生み出している教育」も

「本当に情けない」』。

『「言葉は、所詮、言葉」だ。

「先生や友達がキン付け呼びした」なら、

「先生や友達をキン付け呼びしても良い」。

「そのお互い様の関係を壊そうとする者こそが、悪者」だ』。

『「言葉上では優等生・紳士等」だが、

「その内実は工作員かも知れない連中にとって」は、

「上辺の言葉に拘る人間を育成する事」は、

「言葉で操れる人間が育成されている事と同様」で

「大歓迎」なのかも知れないが、

「上辺の言葉に拘る人々が大多数」という、

「状態を蔓延らせ続けていたところ」で

「人間世界が良くなる訳も無い」。

「重要な事は、個々の人々の精神構造の健常成長」だ』。

『「精神構造を健常成長させる教育」なら、

「自主避難している方々の実体把握こそが重要になる」。

「何の為に自主避難しているのか?」に

「思いが至っている」なら、

「実体相応の健常対応が容易になる」』。

『「放射能不安故の自主避難」なら、

「不要で過分な放射能不安を無くす事が重要」になる。

「金銭目的や、反原発政治運動目的の自主避難」なら、

「それらの実態」が、

「多くの日本国民に、どの様に受け止められているのか?等」を

「知る事が重要になる」』。

『「タダでさえ、転校生等とは、元々から居る生徒等にとって、異物感の大きい存在」だ。

「以前から、転校生を異者扱い等する実質いじめ」は、

「全国各地で在る」。

「異物感の内実を実体把握出来る様に教える事」で

「不要で過大な異物感を解消する事」も

「大事な教育」だ』。

『「比べっこによる支配権・被支配権争いという幼少レベルの精神構造上」では、

「比べっこ上の異者」等を「狭義の自分より劣位に置きたがる欲動も旺盛」だ。

「精神構造を健常成長させ、

比べっこでは無く、

本質探求等の世界で自分で自分を健康にコントロールし続けながら生きる様に成長する」なら、

「異者等だから・・・」と「狭義の自分の劣位に置きたがる悪習も解消されて行く」。

「重要な事は、上辺の上下関係では無い」。

「本質を理解・把握し合う事による、適材適所と快適生活」だ』。

『「キン付け呼び=いじめ等の実質的、悪態」は、

「上記の様な当たり前の教育さえ行えていない劣悪学校・教師等の下で生まれる」』。

『「キン付け呼び問題等」を

「意図的に、大ニュース化」し、

「実質的には、反原発政治運動を行っている劣悪者等」を

「公共の電波上等に蔓延らせ続けていたところ」で、

「政治運動家の種としても使っている、

劣悪者等にとっては有用な、

いじめ問題等」が

「解消される訳も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは五輪問題論とかをやっていたが・・・。

『「経済問題論」や「劣悪左翼お得意の似非平和主義論」等で「終わっていた様」は「本当に醜悪」だ。

「スポーツ競技の五輪にしても、経済にしても、

本質的には、比べっこによる支配権・被支配権争いという

幼少レベルの精神構造の上に在る

今時としては、性能の悪い精神文化製品に他ならない」。

「今時の人類世界で求められている性能を十分に有していない」から、

「問題が生じる」のは「極めて、当然の現象」だ』。

『「五輪は平和の祭典」とは、

「劣悪左翼等、上辺で正義ぶり、紳士ぶる事等が得意な連中による

単なる、美辞麗句等に他ならない」。

「スポーツ競技でメダルを争う」のだから、

「基本的に、比べっこ」で

「比べっこ上には、平和などある訳も無い」のが

「現実」だ』。

『「しかも、有能選手には、

商業スポンサーまで付いたり、

商業スポーツ上での優位な立場や報酬等まで付く」となれば、

「金集め比べっこの為の一イベント」でもある』。

『「経済比べっこ上に平和が在る訳も無い」のは、

「武力比べっこの場合と同様」の「当たり前」だ』。

『「五輪に在る」のは、

「武力比べっこによる殺し合いが無い事」だが、

「テロ等の格好のターゲットにもなってしまっているのが現実」だ』。

『「スポーツ競技比べっこ等」を

「平和と言いたがる」のは、

「スポーツ競技比べっこ等やそれに付随している者・物・事等が都合の良い人々」や、

「武力比べっこから逃れたい人々」や、

「現状の他の比べっこで十分に優位な人々くらい」だろう』。

『「本当の平和」は、

「比べっこによる支配権・被支配権争い上」には「無く」、

「人類誰もが自分で自分を健康にコントロールし続け、

本質を探求し

適材適所による全ての人類の快適生活等が実現出来た上に在る」』。

『「五輪経済問題論のほとんど」は、

「経済比べっこ上で不利になる事態を招く事を避けようとして論じているダケ」の

「比べっこによる支配権・被支配権争いという

幼少レベルの精神構造を前提とした

劣悪論に他ならない」。

「似非平和主義論共々、

今時の公共の電波上で大々的に宣伝するに値しない

低レベルの論」だ』。

『「全ての人類の精神構造の健常成長が強く望まれている昨今から先の近未来において、

五輪の様な幼少レベルの精神構造を前提とした大きな経済を伴う大イベント等」が、

「衰退して行くのは、必然」だ。

「バカらしい超高額報酬付きの商業スポーツ等」も「同様」だ』。

『「そんな実態・実体」を

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、

薄々とは感じている五輪開催立候補都市の実権者たち等」が、

「次々と立候補を辞退する」のも

「今時の当然の現象」に他ならない』。

『「実体離れが激しい、性能の悪い精神文化製品である、現状の経済システム」を

「何時までも使い続けようとするのは、バカ」で、

「そんな事をすれば、人類滅亡が急速に近づくダケだから、

一刻も早く、もっと、実体との整合性が高い、性能の良い経済システムに転換しようとする」のが、

「健常な人々」だ』。

『「性能の良い経済システムという精神文化製品を生み出す為」には、

「製作者にも相応の資質が望まれる事は言うまでも無い事」だ。

「また、高性能の精神文化製品を健常に使う為」にも、

「使用者にも相応の資質が望まれる事は当然の話しになる」』。

『「今、全ての大人の人類が急ぐべき」は、

「自らの精神構造をちゃんと健常成長させる事に他ならない」。

「その為に有益な情報・教育等が激烈に望まれている今時」なのに、

「未だに、旧来の性能の悪い精神文化製品使用を大前提とした劣悪で醜悪な論等」を

「公共の電波上でも、大宣伝している」のだから

「本当に呆れる」』。

『「他の者・物・事の支配権・被支配権を比べっこで争う精神構造」とは、

「赤ちゃんが、母親の愛や乳(乳房)を兄弟姉妹間で争う精神構造」に他ならない。

「動物レベル、人類なら、幼少レベルの精神構造」だ』。

『「人類の場合」は、

「その幼少レベルの精神構造」から、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける大人レベルの精神構造へ」と

「自らの精神構造を健常成長させる事が出来る」。

「成人にとっての支配欲とは、基本的に、狭義の自己の健常支配」だ。

「自らの精神構造を幼少レベルのままに放置し続ける事」とは、

「狭義の自己の健常支配が出来ていない状態に他ならない」。

「そんな状態では、本来、充足され続けている筈の支配欲が充足されない」から、

「その代償欲求として、

成人なのに、幼少レベルの精神構造のまま行動等を起こし続けようとする事態に陥る」。

「未熟で恥ずかしい実態・実体が其処に在る」が、

「周囲の人々も同様」なら、

「恥も目立たない・・・」と

「考え・思い・信じたがっている」のが、

「劣悪者たちの実態・実体」だ』。

『「劣悪者たちが、どんなに周囲の人々を劣悪状態・衰退状態等に封じ込めようとしても、

その実態・実体は、劣悪でしか無い」。

「現状で劣悪状態・衰退状態に封じ込められようとしている人々」でも

「狭義の自分の精神構造の健常成長欲動自体は奪われる事は無い」から、

「その本質に気付いた人々は、続々と、自らの精神構造を健常成長させている」。

「結果、現状で、どんなに優位な立場にある人々」でも、

「劣悪者は劣悪者として正しく認識される事になる」から、

「近未来に置いては、同様の新たな劣悪者を生み出さない様にする為にも、

劣悪者たちによる実害に対する罰としても、

劣悪者たちは永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「何時までも、劣悪レベルの情報配信を続けている常連出演者たちやテレビ・ラジオ界等の実権者たち」が、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事を避けたい」のなら、

「直ちに、是正行動等を起こすべき」だ。

「自主是正出来ないのなら、過分な立場・報酬・権力等は手放すべき」だ。

「執着し続けるなら、何れ、強制的に、剥奪される」のが、

「過分な立場・報酬・権力等」に他ならない』。

『「劣悪左翼が蔓延れている状態を改善しない事=対極勢力の増長を生む事」に他ならない。

「移民・難民と言えば聞こえは良い」が、

「その実体が、母国・祖国等の改善等を放棄した別天地探究者である場合も多い」のが

「現実」だ。

「実体が露呈する」なら、

「排除されるのが当然」の

「実質的、侵略者や政治工作者や泥棒やレイプ犯等まで少なからず居る」のが、

「母国・祖国から他国に流入している人々の実態・実体」だ』。

『「劣悪左翼」は、

「差別反対や人権・リベラル等を理由」に、

「実質的犯罪者やスパイ・工作員等さえも、流入させ、居続けさせようとする」。

「実態・実体が露呈すれば露呈する程、

劣悪左翼の対極勢力が増長するのが当然の実態・実体が其処に在る」。

「世界中で、この基本的な流れは変わらない」』。

『「劣悪左翼の時代は、もうお終いにするべき」だ。

「その上で、劣悪左翼の対極勢力を過分に増長させない為」にも、

「全ての人々の精神構造の健常成長を誘う、

健常な情報・教育を積極的に行うべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

NHK、BSプレミアムでは「ナスカの地上絵の極低レベルな精神構造論等」とかをやっていたが・・・。

『「精神文化の正常/健常進歩・進化の方向性さえ???の様相の者たちによるこの手の分析論等」は「正に、出来の悪いコメディーの域」で「非常にグロテスクでさえある」。

「そんなモノを平然と公共の電波上で流せているNHKもまた、グロテスク」だ』。

『「事は非常に単純」で、

「ナスカの地上絵等が描かれた時代」に、

「当時の人類が、科学レベルで判明させる事が出来ていた実体や事実・現実」を、

「先ず、紹介」すれば、

「ホータクレ学者等や番組制作者はもちろん、多くの視聴者等」も、

「誤解無く、ナスカの地上絵の意図等」を

「理解・把握出来る事になる」』。

『「ところが、その面が非常に希薄だった」ので、

「異常で、グロテスクな論が、公共の電波上で蔓延れてしまった様相」だ』。

『「当時の人々のテンションを言う、訳の分からない学者等」とは、

「本当に哀れな存在」だ。

「学者等なら、当時の人々のテンションを言う前」に、

「当時の人々が科学レベルで理解・把握出来ていた実体や事実・現実を言うべき」だ』。

『「細胞ごとの誕生・死という人類も含むほとんど全ての地球上の生物の実体・実態さえも、

???だった」のが、

「当時の人類の実態」だった。

「その様な時代の人類」は、

「{仕方無く}丸ごと一人の死生観上で生きていた」。

「その上」で、

「干ばつ等、人間生活の維持を非常に困難にする自然界の現象下に置かれている人々の実態等」を

「考え・思う」なら、

「ナスカの地上絵の本質を解析等する事」は、

「そんなに困難な事では無い」』。

『「生きる為に必要だった雨(=水)に対し、

集団の有力者が自らの命さえも捧げる実態を生み出した精神構造の裏」には、

「言うまでも無く、

丸ごと一人の死生観・人生観に則った

集団利益維持の為」の

「集団的納得法」が

「在る」』。

『「同様の集団的納得法」は、

「丸ごと一人の死生観・人生観が旺盛な間は続いた」から、

「生贄が、戦争に化ける事等は在っても、

丸ごと一人レベルでの命の犠牲を強いる悪習は続いてしまって来ている」のが、

「寒過ぎる人類史の実態・実体」だ。

「今時の学者等なら、その実態・実体を告発等しなくてどうする?!」』

『「命の水が集団の有力者の命を捧げても欲しかった当時のナスカ地方の人々」にとって、

「まるで、雨を降らせるかの様な、潮吹きをしていたシャチやクジラや、

水と密接な関係が有ると信じるに足る実態を示しているクモやハチ鳥やワシ等」は、

「正に、神聖な存在だったに違い無い」。

「集団の有力者の命を捧げる実態」と「同様」に、

「水と近しい神聖な生物等に対する大きな尊崇の意等」を、

「雨が降らないが故に、長く残る台地上」に、

「巨大に描く地上絵等で体現する事等」による、

「納得法」は、

「当時では、それなりの実効を持っていた筈」だ』。

『「其処に在ったのは、テンション等と言う、甘ちょろいモノでは無い」。

「当時の人々の本気で救われたいと考え・思い・信じ込んでいたが故に具現化」していた、

「実体としては、

代償欲求の本気追及行為」だ。

「戦争等と同様」の「集団的代償欲求の追及行為」に「他ならない」』。

『「今時の人類が、その様な当時の人々の実態・実体から学ぶべき事がある」としたら、

「どうしたら、その様な、代償欲求の本気追及行為を避けられるか?」等だろう』。

『「避ける事は簡単」で、

「精神文化面でも、物質文明面同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用すれば良いダケ」だ。

「例えば、死生観や人生観でも、

人類も含むほとんど全ての誕生・死が細胞レベルの現象である事が科学レベルで判明している今日」なら、

「丸ごと一人レベルの死生観・人生観では無く、

細胞レベルの誕生・死という、既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基にした死生観・人生観」を

「多くの人々が実用すれば良いダケ」だ』。

『「細胞ごとの死生観・人生観上」には、

「言うまでも無く、丸ごと一人の生贄など在る訳も無い」。

「そればかりか、丸ごと一人レベルの死生観・人生観や殺傷欲動等」も、

「実態・実体離れしているバカらしい事になる」』。

『「人類」は、

「物質文明面では、

科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実等」を「実用」しながら、

「急速な物質文明の進歩・進化を実現し続けて来ている」。

「ところが、何故か?精神文化面では、考え・思いによる納得レベル(宗教レベル)」に

「偏執しがち」だ。

「そのアンバランスな悪態故の負の現象」の

「当時版」が、

「ナスカの地上絵にも、表されている」』。

『「その実態・実体」は、

「正に、こんな状態でもオーケーですか!?」を

「問いかける事(意識的にせよ、無意識レベルにせよ)」による、

「自己承認欲求の代償欲求の追及状態」だ』。

『「歴史文化遺産等の多く」に、「同様の実態・実体がある」』。

『「こんな実態・実体」は、

「精神構造の正常進歩・正常進化等を探求する」なら、

「何処の誰にでも、直ぐに分かる事」だ』。

『「それなのに、未だに、当時の人々のテンションは?とかやっていた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「今時の、公共の電波を使った情報の一方的大量配信上」で

「流される情報」なら、

「もっと、マシで然るべき」だ』。

『「テレビ・ラジオ界等」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

流行語大賞は「ユーキャンの勝手」だがそれを大宣伝しているテレビ・マスコミ等はその公共性からしても大問題だ・・・。

『「何処かの営利企業が、実質的、宣伝の為に、イベント等を行う」のは、「その営利企業の勝手」だ。

「しかし、特定の営利企業の実質的、宣伝の為のイベント」を

「大宣伝し、大衆を巻き込んで、公然化し続けようとしている

偏向テレビ・ラジオ・公共的大マスコミ等」は、

「その公共性」からしても、

「明らかに、アウト!」だ』。

『「それでは、何故?公共の電波を使っているテレビ・ラジオや、公共的大マスコミ等」が、

「一営利企業の流行語大賞イベント等を大宣伝し公然化し続けて来ているのか?」』

『「元々、流行語大賞」は「政治色が強い」。

「それは、毎年の大賞候補からも明らか」だ。

「劣悪左翼好みの言葉」が「盛り込まれている」。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・大マスコミ等」も

「劣悪左翼方向に偏向した政治色が強い」。

「両者の政治志向が同じ」だから、

「テレビ・ラジオや公共的大マスコミ等」は、

「公共的マスメディアとしての基本的正義観等を破るズルを行い続けている」』。

『「流行語大賞」とは、

「劣悪左翼の政治運動の一つ」に他ならない』。

『「既に、実質的には、年末の風物詩として公然化されてしまっている流行語大賞」だが、

「元々が、

一営利企業のイベントであり、

劣悪左翼志向のテレビ・ラジオ・マスコミ等による政治運動の一つ」に過ぎ無い。

「そんなモノに踊ろされ続ける必要は全く無い」』。

『「何処かの坊主が勝手に決める、その年を象徴する漢字」と

「同様の一イベントに過ぎ無い」上に、

「劣悪左翼志向の政治運動の色まで濃い」のだから、

「どうでも良いでしょ・・・」の「世界」だ』。

『「個々の方々それぞれが、

狭義の自分にとっての今年を象徴する言葉や字を考えると共に、

広義の自分にとっての今年を象徴する言葉や字を考える方」が

「遥かに、健常な実がある事になる」。

「その集大成」から、

「実のある今年を象徴する言葉や字を導き出す事」は、

「ネットの在る今日、簡単な事」だろう』。

『「劣悪左翼に過分な実権を持たせない

真の意味での民主主義を実現する為」にも、

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に

狭義の自分を操らせない習慣が重要」だ。

「その為には、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が有効」で、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い状態を維持し続け、

自分で自分を素直に認められる状態を得続ける事が有効」だ。

「もちろん、免疫を養う為にも、遊びレベルの外れた行動等も重要」だが』。

『「劣悪左翼志向の強い流行語大賞」など、

「遊び程度の扱いで十分」だ。

「そんなモノに公共の電波上の貴重な時間を多大に割いたり、

公共的大マスコミ上の貴重な紙面を多大に割く必要は全く無い」。

「是正民意が高まれば、是正が実現する」だろう。

「それと共」に、

「多くの日本国民(各地別等の項があっても良い)それぞれの方々」の

「その年を象徴する言葉や字」の「集大成として」、

「実態・実体に沿ったその年の流行り言葉や流行り字等が見出され、

健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等により健常報道されれば良い」』。

『「個々の者・物・事では、それ程、大きな者・物・事では無い」のに、

「劣悪左翼志向に沿う者・物・事は良い事であるかの如く、大宣伝され、公然化工作が行われ、

劣悪左翼志向に沿わない者・物・事は悪い事であるかの如く、色付けされ、粛清工作がおこなわれ続けて来ている状態」は、

「明らかに異常」だ』。

『「戦後日本の情報・教育界の人脈も含めた健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »