« 「ギャンブル依存問題がある!」等と韓国等のカジノ利権を守りたい反対派が騒いでいるIR法案問題と、金権依存症の様相の孫とトランプのグロテスクな2ショット笑顔問題・・・。 | トップページ | NHKニュースでは、韓国大統領弾劾成立が一番、小池が二番、いったい此処は何処の国?・・・。 »

IR法案で「ギャンブル依存症」を問題にした民進党・蓮舫等は、当然、パチンコ等も大問題と考えているのでしょうねぇ・・・。

『「タイトルの様で無ければ、民進党・蓮舫等」は「ダブルスタンダード論を言っているダケ」だ。

「そんな論に説得力が有る訳も無い」から、

「支持率も上がらない」のは

「当然の現象」だ』。

『「パチンコ等のギャンブル依存症問題」は

「ずっと前から在る」。

「それなのに、今、正義ぶってギャンブル依存症問題」を、

「IR法案反対の為に持ち出している民進党や

その主流のその前である旧民主党や

民主党の主流のその前である旧社会党」の

「国会議員たち」は、

「パチンコ等のギャンブル依存症の問題」を

「声高に訴えた事等」が

「実質的に、無かった」。

「そればかりか、

旧社会党時には、

逆に、パチンコ業界からの献金が発覚し、問題とされたぐらい」だった』。

『「その{成果}もあって、

未だに、ギャンブル等の依存症問題」は、

「日本社会に深く根を張ったまま・・・」だ』。

『「そんな流れの上に在る民進党やその代表の蓮舫等」が、

「過去に対する大いなる反省」から、

「パチンコ等を全廃を訴える」と「共」に、

「IR法案に反対している」なら

「未だ、分かる」。

「しかし、現状で、民進党等が、ギャンブル依存症問題等をダシ」に、

「強く反対している」のは

「IR法案ダケ」だ』。

『「仮に、韓国の様に、パチンコを全廃した」としても、

「ギャンブル等依存症の問題は解消し得ない」。

「依存症問題」は、

「臭いモノ排除手法では解決し得ない事だから」だ。

「臭いモノとは距離を置きながら付き合う事が出来る精神構造の健常成長を実現する事」こそが、

「依存症問題等解決の鍵に他ならない」。

「その為に実効の有る情報・教育の積極的配信こそが重要」だ』。

『「パチンコ等を存在可能にしている事と同様」に、

「カジノも含む総合型リゾート施設を存在可能にする事」は、

「それだけ日本社会の中を多様化する事」でもある。

「健全な多様化」なら「社会構築度を上げ、社会を豊かにする」。

「現状では、経済・社会システム自体が不健全」なので、

「現状の中で多様化を実現しようとする」と

「今回の様なグロテスクな事態も露呈し易くなる」。

「しかし、それは、あくまでも、現状の不健全な経済・社会システム故の現象」だ。

「現状の不健全な経済・社会システムの是正」は

「もちろん、急務」だが、

「その間にも時は進む」ので、

「現状の中でより多様性を高め、社会構築度を上げて行く事等」は、

「現状の不健全な経済・社会システムを使っている限り、

ある意味、仕方の無い事でもある」』。

『「ギャンブル上での儲けの源泉は、負けた人の金」だが、

「現状のインチキ経済・社会システム上で大儲け出来ている人々の源泉」は、

「経済比べっこ支配権争い上の

負け組から」の

「実質的、集金や低賃金高負荷労働等」だ。

「ギャンブルだけを悪者扱いし、

現状のインチキ経済・社会システムの是正に言及しない、

偽善者たち、もしくは、足りない人々等」は、

「劣悪」だ』。

『「ギャンブル産業」には、

「余剰資金を金融投資会に回させず、実体経済内に還流させる{効果}もある」。

「大金持ちの余剰資金をカジノ等で、実体経済内に還流させる{効果}等を十分に引き出す」なら、

「格差是正の役にも立てられる」のだから、

「悪戯な悪モノ扱いで正義ぶっている偽善者たちや足りない人々等」も、

「少しは、狭義の自分の頭を良く使って考えるべき」だ』。

『「依存症問題は、

ギャンブルだけに特化させず、

宗教・金・有名人・買い物・親・子・兄弟姉妹・酒・タバコ・ヤク・現状社会・権力等々、

他の依存症も含めて、

多くの人々の精神構造の健常成長を誘う情報・教育の今時化等により

解決すれば良い」』。

『「今時の政治家、しかも、国会議員」なのに、

「上記程度の事さえ言えない様では、本当に情けない」』。

『「反対野党」では、

「日本の政治を前に進める事の邪魔になるダケ」だ。

「そんな事態を歓迎する」のは、

「多くの日本国民では断じて無い」。

「反日国や反日国人脈の者たちくらい・・・」だろう』。

『「多くの日本国民」は、

「反対野党等による、

強行採決等、言葉・イメージ等による実質的、大衆操り工作等」に、

「ウンザリ・・・している」。

「ネガティブ言葉/イメージ」による「大衆操り工作」は

「判り易過ぎるから・・・」と、

「昨今では、小池都知事の様に、ポジティブ言葉/イメージによる大衆操りに依存したい様相」なのが、

「テレビ・マスコミ等の業界でも蔓延っている、そのスジの連中の実態・実体」だが、

「そんな実態・実体も、既に、バレバレ・・・」だから、

「小池都知事等も、早くも、旗色が悪くなっている」』。

『「真に日本国・日本国民の為になる政治が出来ない政治家等」や、

「真に日本国・日本国民の為になる論や批判等が出来ないコメンテーターや解説者等」など、

「要らない」。

「重要な立場や高い報酬や権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「多くの日本国民」が

「その様な実感を着々と意識し始めている」』。

|

« 「ギャンブル依存問題がある!」等と韓国等のカジノ利権を守りたい反対派が騒いでいるIR法案問題と、金権依存症の様相の孫とトランプのグロテスクな2ショット笑顔問題・・・。 | トップページ | NHKニュースでは、韓国大統領弾劾成立が一番、小池が二番、いったい此処は何処の国?・・・。 »

政治」カテゴリの記事