« 本日のテレ朝朝番では、「コンビニおでん、ツンツン動画アップ問題」で常連出演者等が正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、議員報酬2割削減等での小池都知事と公明党の連携等を宣伝していたが・・・。 »

「都議会公明党が自民との連立解消&小池都知事擦り寄り」で韓(北朝も含む)流人脈大集合による東京都乗っ取り支配策略に邁進か(?)・・・。

『「そのスジの人脈の者たちの話し」では「2020年東京五輪までにそのスジの人脈による東京乗っ取り支配を完成させるつもり」との事だ。

「五輪マークは、そのチェッカーフラッグ」なのだそうだ』。

『「そのスジの連中のお仲間の、テレビ・マスコミ等の連中」は、

「そのスジの者たちの知名度を積極的に上げる」と「共」に

「そのスジの者たちや、そのスジの者たちが行っている事等」には、

「好イメージを付けて情報配信している」。

「逆に、そのスジの者たちにとって都合の悪い者たちや、

そのスジの者たちにとって都合の悪い物事等」には、

「悪イメージを付けて情報配信している」』。

『「昨今の多くのテレビ・マスコミ等情報の主たる論調」や

「その論調から、視聴者・読者等が受けるイメージ」は、

「小池都知事=正義の使者」であり、

「都議会自民党=旧来から蔓延っている悪」であり、

「小池都知事の行う事=良い事」であり、

「都議会自民党等が行う事=悪い事」等々だ』。

『「そして、その情報配信に在る内実」は、

「具体的な政策内容等の検証~より良い政策等の探求等では無い」。

「主として、好イメージvs悪イメージの比べっこ」だ。

「視聴者・読者等に、好イメージvs悪イメージの比べっこを行わせる事」で

「視聴者・読者等の支持先等をそのスジの連中にとって都合の良い者・物・事に誘導する

醜悪な大衆誘導の手口が其処に在る」』。

『「五輪会場問題」では「小池都知事が全敗」だ。

「問題とされた三つ全ての会場」が、

「予定通り、国際的約束をしてあった所に、建てられる事になる」。

「それでも、

復興五輪アピールや、

費用削減の功績等」を

「声高に訴えたがっている」のが、

「現状のそのスジのテレビ・マスコミ等の様相」だが、

「会場地選定問題」と

「復興五輪アピール」や「費用削減問題」は、

「全く別の問題」だ』。

『「復興五輪アピール」は

「復興五輪アピールとして積極的に行えば良い」。

「既に決められている会場移転などという

実質的には、実現、超困難~不可能な手段では無い、

被災地の方々にも五輪メリットを配る実現可能な具体的な策」を

「積極的に考えだし、実行するべき」だ。

「策を公募等する事で、復興五輪を訴えても良いと思う」』。

『「費用削減」は、

「会場は予定通りのまま」でも、

「十二分に可能なばかりか、

IOCからも要望が出ている事」で

「行わないのは、あり得ない事」だ。

「会場地選定問題でちゃぶ台返し{パーフォーマンス}をし、大騒ぎさせる必要など全く無かった」のが

「実態・実体」だ』。

『「会場地選定問題大騒ぎの内実」は、

「多くの一般都民や一般日本国民にとっては、

実質的に、無駄な騒ぎであり、

大いなる時間とお金の実損」だ。

「しかし、小池都知事にとって」は、

「知名度を更に、高め、大衆興味を小池都知事に引き付ける実効がある」。

「その上で、お仲間テレビ・マスコミ等が、小池都知事に好イメージを付ける情報配信をし続ける」なら、

「小池都知事の下に世間の支持を集める事も可能になる」。

「世間の支持がある程度集められている有名人化されている知事の下」に

「新たな政治勢力を作り出す事等も容易になる」』。

『「其処に在るのは、テレビ・マスコミ等を悪用した実質的、策略」だ。

「客観的に見る」なら

「大非難が適切な状態が其処に在る」』。

『「会場地選定問題と復興五輪訴えや費用削減問題を無理やり一緒に扱う事」で、

「小池都知事の功績を{捏造}しようとしている」のが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「テレビ・芸能界とも馴染みが深い創価学会が支持母体である公明党」が、

「自民党との連立を解消」し、

「小池都知事側に付く」のは、

「元々、人脈面でも近いのだから、ある意味、当然の流れ」だ。

「但し、公明党の場合は、与党に拘る面も強い」ので、

「小池都知事一派へと鞍替えする以上、

小池都知事一派が与党となる事を

強烈に望む筈」だ』。

『「同様の与党欲」は、

「民進党等多くの野党にもある」。

「自民党を野党に蹴落す政権を作る為」に、

「小池都知事&公明党&民進党等多くの野党等」が

「結集する事」は

「大いにあり得る」』。

『「その公明党や民進党等多くの野党等の与党欲」と

「小池都知事やそのお仲間のテレビ・マスコミ等、

そのスジの人脈(その内実は、韓・北朝系色が濃い)の

願望」は「一致している」。

「反自民」であり

「反日本人血統

(陸続きの地の文化では、地より血であり、

その様な文化が染みついている人々は、

島国の日本国民となっていても

地や実体や事実・現実等より血統等を優先したがる傾向が強い)

の臭いが濃い様相」だ』。

『「与党欲の次に控えている欲」は、

「政権を取ったなら、そのスジの人脈にとって都合の良い政治・政策等を行う事等」と

「強く推定出来る」』。

『「其処で浮上する」のは、

「小池都知事の仮面色的様相の保守色では無い」。

「韓・北朝色が濃い、そのスジの人脈色」の「政治・政策等」だ』。

『「日本の国政」は

「大統領制の様に強い権力が特定の者に集中されていない」が、

「都政や地方政治では、知事の権限がかなり強い」。

「韓国の大統領制」や

「北朝鮮の独裁政治」で

「行われている事」からも、

「そのスジの人脈の者たちが好む政治・政策等の実態・実体」は

「既に、明らか」だ。

「権力を持った人脈による他人脈支配の構図が其処に在る」』。

『「そのスジの人脈にとっての他人脈が一般日本人」なら、

「そのスジの人脈は一般日本人支配の為の政治・政策等を行う可能性絶大」になる。

「そして、

東京乗っ取り支配の先に在る」のが、

「日本乗っ取り支配」になる』。

『「上記の様な可能性の臭いが濃厚に漂っている」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等や、

小池都知事や、

民進党等多くの野党や、

公明党等」の

「実態」だ。

「一般日本人なら、

用心し、

イメージで操られない等、実効のある対処等をするべき

実態・実体が其処に在る」』。

|

« 本日のテレ朝朝番では、「コンビニおでん、ツンツン動画アップ問題」で常連出演者等が正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、議員報酬2割削減等での小池都知事と公明党の連携等を宣伝していたが・・・。 »

政治」カテゴリの記事