« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

千代田区長選問題・・・。

『「多くのそのスジのテレビ・マスコミ等」では「内実、旧社会党(北朝鮮のお友達)等系人脈と自民党等人脈の争い」を

「小池都知事と自民党の争い」等と

「風潮している」』。

『「今更、言うまでも無く、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界」での

「旧社会党系等人脈の実権取得割合等」は、

「未だに、かなり高い」。

「異常な戦後処理の悪影響」が

「人事権掌握代々話等と化け、未だに、残っているから」だ』。

『「そのスジの多くのテレビ・マスコミ等」が

「実質的に偏向・偏重推奨して来ている政党や政治家等」の

「上辺の名等は変わって来ている」が

「内在している実権者人脈等」は

「ほぼ同じ」だ』。

『「上辺は、大筋では、旧社会党~旧民主党~民進党~」だが、

「もちろん、その大筋の代表的政党名等では、多くの有権者を引っ張り切れない」。

「古くは、異常な戦後処理等を肌で感じていた一般日本国民が少なからずいた」し、

「旧社会党とは、所謂、左翼に偏向させられた学校の先生政党みたいに捉えられていた面も少なからずあった」。

「多くの実業者たち」は

「旧社会・共産圏とも繋がりが濃い、当時の、所謂、左翼政党」には、

「相応の抵抗感も感じていた」』。

『「多くの有権者の支持が得られなければ、政権奪取も出来ない」ので、

「多くの有権者を、ある意味では、欺く為の工夫」が

「以前から、仕込まれ続けて来ている」』。

『「元々は、学校教育とテレビ・ラジオ・マスコミ等情報を実質的情報統制下に置いた上」での

「実質的、大衆マインドコントロール等の手法がメイン」だった。

「つまり、マインドコントロール下で、良い政党や政治家等と思い込ませる事」を

「投票行動に繋げる手法」だった』。

『「情報・教育界を実質的に押さえられている人脈故の手法」だった』。

『「しかし、そんな状態は、ネットの普及によって破られる事になる」』。

『「其処で、別の道の策が露呈して来る」』。

『「北朝鮮問題等で旧社会党が多くの有権者から大問題視され、

実質的に、解党に追い込まれた時」、

「如何にも、旧社会党本流を継いだかの如くふるまっていたのは社民党」だった。

「しかし、社民党は、旧社会党問題についての大衆興味寄せの為」の、

「見せ球、少数政党に過ぎなかった」。

「多くの当時の社会党系の者たちは、旧民主党等に{仮面を変えていた}」。

「自民党の中にも、内実としては、旧社会党系の者たちが潜り込まされて来ている」』。

『「その後、旧社会党系の者たちが実権を握って来ているテレビ・マスコミ等」による

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の

「実質的大衆誘導が行われ、

旧民主党政権が出来た」』。

『「ところが、旧民主党政権が行った事」は

「如何にも、所謂、左翼政党のやる事」で、

「内実として、日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)を太らせた等の

多くの日本国民にとっては、余りにも、酷い政治だった」ので、

「旧民主党政権は、かなり粘ったものの、比較的短期で終焉している」』。

『「もちろん、その後、多くの有権者は、旧民主党を支持する訳も無い」から、

「多くの旧民主党系の者たち」は

「民進党へと{仮面を変えた}」』。

『「しかし、もはや、仮面を変えた事は、多くの有権者も認識出来る事となっている」。

「その上に、政治実態が旧民主党野党時代同様の

如何にも、所謂、左翼的な、反対政党等である事も加われば、

もはや、多くの有権者が民進党を支持しない」のは、

「極めて、当然の現象」だ』。

『「旧社会党系の者たち」は

「其処で、最後の隠し玉を炸裂させた」。

「自民党内に前々から仕込んであった人気を持たせた政治家を担ぎ出し、

先ず、都知事の座を得られる様」に

「そのスジのテレビ・マスコミ等」が

「巧妙な応援」をした』。

『「結果、誕生したのが小池都知事」という訳だ』。

『「政治家小池氏」とは、

「テレビ上がりの政治家」だ。

「朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家となり、

その後も、

小沢氏等の下で政治を学んだお方」だ。

「上辺は、如何にも、保守、

しかし、その内実は・・・」という辺りも、

「小沢氏等と良く似ている

(小沢氏が、旧民主党政権時等に行った事等を思い出して欲しい。

中国共産党への表敬訪問や強権幹事長等、

その内実は、保守では無く、所謂、左翼だ。)」』。

『「小池氏が、都知事就任後に行っている事」も

「まるで反対野党が行う様な、

実では無い、潔癖症論理に基づいた

ちゃぶ台返し政治」だ』。

『「それでも、未だに、

お仲間テレビ・マスコミ等」が、

「徹底して、好イメージ情報を大量配信し続けている事等により、

それなりに、人気がもっている」。

「逆に、お仲間、テレビ・マスコミ等」は、

「都議会自民党等」には、

「かつての自民ダメ!等と同様、

悪イメージを付けた情報配信等を行っている場合も少なく無い」』。

『「内実では無く、上辺のイメージ等で操られている人々」が

「小池都知事や小池都知事の政治等を支持している様相」が

「露呈している」』。

『「言うまでも無く、五輪でも、豊洲でも、

多くの日本国民が取るべきは実」であり、

「理想論や潔癖症論理等に基づいた虚では無い」』。

『「イメージで操られている人々」による「小池人気」に「乗じて」、

「小池都知事と自民党の争い」という「選挙争いロジック」を

「有権者に擦り込む事で、

内実、旧社会党(北朝鮮のお友達)系人脈の勢力を増させたい様相」なのが

「そのスジのテレビ・マスコミ等」だ』。

『「千代田区の有権者」が

「内実を知る」なら

「果たして、どれ程の人々が、小池都知事が応援している候補に投票するのだろうか???」』

|

随分、暖かい日だが、その裏には、背筋も凍り付く現実が潜んでいる・・・。

『「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明」が「進歩・進化が不十分な人類の精神文化により使われる事」こそが

「人類滅亡の基本ロジック」だ』。

『「そして、

この基本ロジック」は

「基本的に、二層構造になっている」』。

『「現状のインチキ経済・社会システムや

現状の多くの人々の精神構造等」という

「進歩・進化が不十分な人類の精神文化{製品}上」で

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の平時用物質文明製品」を

「使い続ける事」が

「真綿で首を絞める、

第一層目の滅亡ロジック」だ』。

『「真綿で首を絞める事で、

生き残り可能人口等が、

明らかとなり、

その苦しみ等が顕著となった時」に

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている

人類の戦時用物質文明製品が

実用されてしまう

サバイバル戦争が起こされてしまう事」が

「滅亡ロジックの第二層目」だ』。

『「その後には、惨憺たる状態が待っている」・・・』。

『「人類がこの滅亡ロジックから解放される為に進むべき王道」は

「既に、以前の記事にも、何度も、記した」。

「全ての人類の精神構造や精神文化」を

「物質文明側以上に

急速に、進歩・進化させ続ける事」だ』。

『「具体的には、

物質文明の急速な進歩・進化が、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用しているが故に

実現出来ている事」だから、

「精神文化側でも、物質文明側以上に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」が

「肝要であり、極めて有効である事」も、

「既に、何度も記している」』。

『「その為の情報・教育の是正や健常化・正常化」が

「必要である事」等も、

「既に、何度も記している」』。

『「具体例では、

人類誰もの基本問題である死生観等の現実化等」が

「誰でも、実感を持って理解・把握し易い」から

「その辺りから始めれば、より容易に効果が得られやすいと考えられる」等の旨も、

「既に、何度も記している」』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用した

映画・アニメ・音楽・小説・絵画等々や

学校教育等の

精神文化製品の積極配信・実行等」が

「激烈に求められている旨等」も

「既に、何度も記している」』。

『「現状のインチキ経済・社会体制」を

「健常に是正する為」には

「大元の個々の狭義の自分の精神構造の健常成長が必要である旨等」も

「既に、何度も記している」』。

『「その個々の精神構造の健常成長の集大成」として、

「人類社会全体の経済・社会システム等が、

人類誰もの実体やその実体の本来の目的と整合性が高い状態」に

「是正されるべきである旨等」も

「既に、何度も記している」』。

『「しかし、未だに、現状の人間世界」では、

「多くの人々が、その王道を歩み始めている様相」が

「皆無状態」だ』。

『「現状のまま行く・・・」と「どうなるのか?」』

『「先ず、現状のインチキ経済・社会体制を維持したまま、

地球環境問題が困窮し、

生き残り可能人口等が露わになって来る」と、

「インチキ平和主義者たち」は

「経済による差別に基づいた選民状態を目指す様になる」と

「強く推定出来る」』。

『「しかし、大元の環境破壊の元や、

環境破壊上の利権を貪ったが故に、

大金持ちや大権持ち等に成れている者たち」に

「生き残りの正当性などある訳も無い」から、

「人類世界の至るところ」で

「急速な進歩・進化を実現し続けている物質文明製品を使ったテロ等が頻発する事になる」』。

『「現状は、意識の有無を問わず、ほぼ、この状態」だ』。

『「大金持ちや大権持ち等が狙われるテロ等」では、

「大金持ちや大権持ちたちの生き残り率も必然的に落ちる事になる」。

「その場合、大金持ちや大権持ち等なら、どうするだろうか?」』

『「多くの人々は、直に、思いつく筈」だ。

「大金持ちや大権持ち等以外に、悪者をつくり出す事」で

「大金持ちや大権持ち等に向かう怒りや排除心等を誤魔化し、

更に、つくり出した悪者の多くを殺す事」で

「生き残り可能人口範囲内に残る者たちの内実」を

「大金持ちや大権持ち等と、それに従う者たち等にする方法等を」・・・』。

『「その為の準備・仕込み等が行われ始めている様相」が

「既に、露呈している」』。

・・・・・・・。

『「暖かくなって、楽・・・」は

「お寒い実体の上辺」だ』。

『「お寒い実体から、人類誰もが、解放される為」にも、

「出来る限り多くの人々」が、

「人類の精神構造や精神文化等」を

「常に、物質文明側より進んでいる状態になる様」に、

「急速に、進歩・進化させ続ける王道」を

「意識的かつ積極的に、歩み続ける事」が

「激烈に求められている」』。

|

サンデーモーニングでは、「トランプ大統領の政策」や「防衛予算と科学」等について常連出演者等が自論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「トランプ大統領の政策」の「裏」には「ユダヤ人脈等による確信犯の人類世界戦略等」が「見え隠れしている」。

「例えば、

地球温暖化は嘘」とは

「大衆寄せの上辺の言葉」だ。

「実際は、地球温暖化が、もはや、急速な是正が不可能な程に進んでしまっている事等」が

「既に、判っている」のだろう』。

『「地球環境が世界レベルで雪雪崩的に激変し、

全ての人類の存続が危うくなる事態に備える」なら

「どうするべきか?」』

『「米国の様な先進国なら、

自国第一主義」こそが

「出来るだけ多くの自国民を存続出来る側に残す為の合理的政策になる」』。

『「そもそも、地球温暖化が、

もはや、急速な是正も出来ない程に、進行してしまったのは何故か?」

「元凶は、インチキ経済・社会システムのまま、悪戯なグローバル化を行い続けた事」だ』。

『「現状のインチキ経済・社会システム上で、

企業等の利益率増大や、経済成長等を

実現し続けようとする」なら

「グローバル化や規制緩和等による、

より安い労働力をより容易に手に入れられる様にする体制や

市場開放状態等」こそが、

「合理的になる」』。

『「多くの企業等は、

例えば、

旧社会・共産圏の体制を引き摺ったままの中国」の

「数億人規模の安い労働力を求めた」と「共」に、

「13億人規模の市場開拓にも、余念が無かった」。

「その結果、どうなったのか?」』

『「汚職・賄賂等が付きモノの旧社会・共産体制上」で

「悪戯な拝金主義等がまかり通れてしまった」から、

「人口が多い分だけ凄く、

環境破壊~地球温暖化等が

異常な速度で進んでしまった」』。

『「現状の地球環境等困窮問題」の

「生みの親」は

「インチキ社会・経済システム」と

「グローバル化」だ』。

『「格差拡大等、インチキ経済・社会システムとグローバル化」の

「不都合」は、

「世界中至る所で具現化している」』。

『「当然の様に、

インチキ経済・社会システム上のグローバリズムに対する反抗」は

「至る所で勃発」し、

「政権・政策等の変換として具現化している」。

「英国のEU離脱」も

「米国のトランプ大統領誕生」も

「その流れの上にある」』。

『「本来なら、インチキ経済・社会システム自体」を

「是正する」のが

「正道」だ。

「ところが、

今のところ、

ほとんど全ての、

国家権力者等、実権者たちや

学者等たちや、

大手情報・教育界の実権者たち等」は、

「その正道に言及していない」』。

『「そればかりか、

もはや、回復は絶望的とでも見切っている様相」だ。

「その上に在る」のが

「自国第一主義」だ』。

『「上記の様な、トランプ政策の裏等が分る」なら、

「日本の科学と防衛予算増大等の本質も分る筈」だ。

「米国等の大国が、

自国第一主義に舵を切らざるを得ない程、

地球環境等の近未来が危うくなってしまっている」なら、

「日本国がより多くの日本国民を存続させる為に出来る事」も

「それなりに、限られて来る」。

「防衛予算の増大や、防衛技術向上の為の科学技術の発展を促す政策等」には、

「相応の必然性がある」』。

『「幸いな事に、本日のサンデーモーニング」では、

「トランプ政策同様、裏の本質論への言及は無かった」が、

「上辺の防衛予算の増大やその防衛目的科学技術研究等の為の利用」に

「反対論ばかり・・・では無かった」』。

『「しかし、

本質を考えるなら、誰もが、何れは、解る様」に、

「環境激変時の被害を最小限に抑える為」には、

「もちろん、

世界レベルで、

人類の精神文化を物質文明以上に健常成長させる為に必要な事」等も、

「意識的かつ積極的に行う必要がある」』。

『「トランプ大統領の上辺の言葉等で、右往左往させられてしまう様な人々」の「頭の中」には、

「防衛費の増大=戦争の危険性増大

・・・戦争は避けるべき

・・・防衛費増大やその上での科学技術の向上等は良く無い」等の

「ショートサーキット脳内回路」が

「戦後日本の異常な情報・教育等により、形成されてしまっている場合も多い」。

「本来、形成されるべき健常思考回路等」なら、

「多くの人類の精神文化の健常成長が不十分であるが故」に、

「現状の人類は、

急速な進歩・進化を実現させ続ける事が出来ている物質文明」を

「自虐的に使ってしまっている場合も少なからずある」のだから、

「急速な進歩・進化を実現させ続ける事が出来ている物質文明以上」に

「全ての人類の精神文化を健常成長させる事こそが必要だ!」

「その為」には、

「物質文明同様、

精神文化でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事が重要だ!」等になる』。

『「今時の健常な情報配信機関」なら、

「その辺りに言及しない事」は

「あり得ない」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

昨今では、工作電磁波が、益々、疑似高周波化されている様だが・・・。

『「工作電磁波ソフト」や「工作電磁波機器」が「仕込まれている場所・物」が「どんどん増やされている」。

「ソフトは、例えば、スマホ等、アプリに仕込まれ、

そのアプリが起動されていない時」でも、

「自動的に、

或いは、工作員指令や、ターゲットスマホ・携帯等の位置情報等から、トリガー起動の形」で

「働く様にされている場合が多い」』。

『「工作電磁波機器」は、

「例えば、

街中の電線関連や、

多くの人々が使う建物内の電灯やスピーカー等関連」に

「仕込まれている場合が多い」』。

『「つまり、何処かの誰かの依頼の下」で、

「工作電磁波ソフトが仕込まれたアプリが、

勝手に、多くの人々のスマホ等にダウンロードされていたり、

設備業者等が、どんどん工作電磁波機器を取り付け回っている様相」だ』。

『「人体にも実害のある工作電磁波」だが、

「電気機器にも、実害を生じさせる」』。

『「例えば、筆者の車にも、工作電磁波ソフトが仕込まれている様相」だが、

「特定疑似周波数の時」には

「バッテリー上がりが頻発」した。

「その後、より疑似高周波化した後は、バッテリー上がりは起きていない」が

「どんどん疑似高周波化が進むと、ある日突然、電気系統に過電流が流れてしまう等可能性」が

「かなり高い」と「推定出来る」』。

『「少し前のバッテリー上がり頻発」は

「疑似周波数と車の電気系統開放部等とが電流流失共振・共鳴状態関係にあったから」と

「強く推定出来る」が、

「共振・共鳴状態関係では無く、

過電流流失が必然となるくらいにまで疑似高周波化が進む」なら、

「そうなってしまう」のも「必然」になる』。

『「もちろん、筆者は、メーカーに車の電気系統が変である旨訴えた」が、

「何故か、現場担当の販売店本社実権者側が、調査拒否状態」だ。

「メーカー側も、

何故か、機器を使った科学レベルの調査をあまり行いたがらず、

筆者の気のせいとして、処理したい様相」だ。

「裏に、暗黙の強い意思・意志等を感じざるを得ない事態」が

「車の世界で起こっている」。

「拉致工作等、北朝鮮等による工作活動は無い事に・・・」と

「同様の雰囲気が濃厚に漂っている」』。

『「車の場合は、アース容量が大きい」ので、

「滅多な事では炎上等しない」かも知れないが、

「このまま疑似高周波化が進むなら、

過電流による電子回路破壊等の事態」が

「起こってしまう可能性」は

「かなり高い」と「推定出来る」』。

『「家電や電線等の場合なら、炎上も大いにあり得る」。

「つまり、工作電磁波仕込みは、時限発火装置みたいなモノにもなっている様相」だ』。

『「ある日突然、日本の中の至るところで、火災が多発」し

「過電流による機器破壊」や

「電線等が燃える事等」で、

「電気を使うインフラの多くが一気にストップ状態となる事態等」が

「推定出来る」』。

『「ある日突然が何時か?」は

「重要な事」だ』。

『「仕込み人脈が筆者等の推定通り」なら、

「3・1がらみ等じゃないの・・・」と

「強く推定出来る」』。

『「現状では、

知らずに、工作電磁波を浴びせられ続けている、多くの人々の人体」に、

「疲れやイライラや痛みや、場合によっては、眠気や気を失う状態等をもたらしたり、

電離現象により

脳細胞等の破壊をもたらしたり・・・等々」させている

「{ダケ(ここでは、敢えて、この表現を使う)}」の

「工作電磁波」なので、

「日本の現行法・現行の摘発体制では、摘発困難」な

「電磁波工作」だが、

「放置し続ける」なら

「大規模テロに結び付く要素まで濃厚に内在させている様相」だ』。

『「集団的工作活動対策、

特に、工作電磁波対策」は

「急務」だ』。

『「この記事をアップした後、窓辺に洗濯物を干しに行った(部屋干し)ら、

東南方向から、強烈な工作電磁波を当てられた」。

「光をとる為に、窓までは、防御板で塞げないところを悪用」して、

「短時間しか当てられないのなら、強烈なモノを・・・等」の

「悪の意思・意志等が濃厚に感じられた」』。

『「そんな悪意に満ちた者たちが、日本社会の中に、集団的に、うじゃうじゃいる、異常事態」は

「即刻にでも、是正されるのが当然」だ。

「政府・与党等の本気」が

「激烈に望まれている」』。

|

韓国裁判「対馬から盗まれた仏像」判決問題が語られているが・・・。

『「テレ朝朝番等」では「韓国では10年、日本では20年の所有権時効まで持ち出して反論等」していた。

「しかし、それは、

公然かつ平穏に上記の年月間所有出来ていれば、

{何でも}その人や組織等のモノに出来てしまう所有権時効」の「大問題」を、

「無い事にする事等」を

「公然化する為」だろう』。

『「例えば、

終戦直後の日本国内では、

朝鮮系の者たちによる、略奪行為等が全国各地で横行した」が、

「その時に略奪した家・土地・財産・戸籍等々」でも、

「公然かつ平穏に20年間所有出来てしまっいる」なら、

「正式に、その人や組織等のモノ」だ』。

『「公然かつ平穏」が

「情報教育統制によるマインドコントロールや組織的脅し等という不当な手段によって、

上辺ダケつくり出されていた公然かつ平穏」でも、

「そんな事態がまかり通ってしまっている」のが、

「戦後日本社会のお寒い現状」だ』。

『「駅前の一等地に、パチンコ店等が山ほど在る裏」にも、

「主要街道沿いに、朝鮮系の大規模飲食店や大規模施設等が在る裏」にも、

「上記の所有権時効の問題」が

「潜んでいる場合が多い」』。

『「大きな問題」は

「所有権時効が平和・共存に繋がっているか?」だ』。

『「平和・共存に繋がっていない」のなら、

「公然かつ平穏とは、とても言い辛い」。

「ある種のマインドコントロールや脅し故」に、

「上辺ダケ公然かつ平穏なダケ」だろう』。

『「北朝鮮」が、

「日本全国各地から多数の日本人を拉致した事」は

「既に、判明している」。

「その様な大規模な工作活動」は

「何故、実現出来てしまったのか?」』

『「言うまでも無く、日本国内に多数の工作員や協力者等が居るから」だ。

「日本の領海・領土等に、潜り込んで来た工作員」とは

「単なる運び屋に過ぎ無い」。

「それが、拉致工作の実態」だ』。

『「拉致工作を実行した者たちやそれに協力した者たち」が

「その後、工作活動等を全く行わされていない」と

「考えられたり、信じられたり、する」のなら、

「異常な程の平和ボケ等」と

「言わざるを得ない」』。

『「独裁者や独裁政権等」は、

「保身の為」に、

「常に、手下を手下にし続ける必要が有る」。

「手下を手下にし続ける為」に、

「工作活動等、

一般社会で表沙汰になると手下自身が困窮してしまう

悪の行動等を行わせ続ける必要が有る」』。

『「ずっと、手下として縛り続ける為の有効な方法」が

「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法」で、

「工作活動等を行わせ続ける事」と

「日本の現行法&現行の摘発体制を変えさせない(必要に応じた進歩・進化を起こさせない)事」だ』。

『「日本全国各地で着々とその規模や悪質性を高められ続けている電磁波工作」や

「飲食物工作(こちらは、昨今の分析機器の進歩・進化により、露呈する確率が高まっているので、若干、抑え気味になっている様相だが・・・)」や

「未だに、鍵にならない鍵が多いので、未だに、旺盛な侵入工作(工作員にキャンセル等されない宅内防犯カメラ等を強く推奨する)」や、

「反対政党等の裏」にも、

「多くの日本国民・日本社会等の正常進歩・進化等を実質的に阻害する、

異常な情報・教育等の裏」にも、

「その臭いが、濃厚に漂っている」』。

『「上記の様な実態」からも、

「とても、平穏とは言い難い実態・実体」は

「既に、明らか」だ』。

『「問題は、多くの日本国民がその様な実態・実体」を

「意識・認識等出来ていない事」だろう。

「意識・認識等の邪魔をしている」のが

「異常な情報・教育等という訳」だ』。

『「さて、対馬仏像窃盗問題裁判」でも、

「従軍慰安婦騒ぎ」同様、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態を露呈した韓国」だが、

「何しろ、日本の敗戦に付け込んで、火事場泥棒的に国を立ち上げた国家」だから、

「現状露呈している{恥知らず実態}」は、

「ある意味、必然」だろう。

「もはや、世界中から非難を集めている北朝鮮共々」、

「今後も元を正さない限り、

同様の新たな{恥知らず事態}を次々と露呈し続ける事になる」。

「そして、永遠の恥辱に染まる道の上に、深く、濃く、記される事になる」』。

『「全ての本来の日本国民の安全・安心の為」にも、

「日本国内の集団的工作活動の撲滅」は

「急務」だ』。

『「もちろん、、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」も

「急務」だ』。

|

小池都知事の予算案&メリー・ハリー問題・・・。

『「集団で大人しく平和的に暮す、羊(メリー)・・・日本人の象徴(?)」を「減らす方のキャラ」とし、

「同類同士でもトゲをぶつけ合ってしまう場合もある、ハリ(H・・・韓)ネズミ(MOUSE、M=アルファベット13番目

・・・アルファベットには31番目が無いから、

3・1好きの連中は、31の代わりに13、M等を良く使う

・・・3・1戦士の象徴(?)」を

「増やす方のキャラ」とした「辺りから」も、

「上記の様にも読めてしまうキャラを使って、

自らの予算案を大宣伝している小池都知事」や

「小池都知事を担いでいる者たちの中」に

「どの様な願いや意志等があるのか?」等が

「容易に推定出来る」・・・』。

『「実際の予算案」でも、

「小池都知事による、ちゃぶ台返し、騒動自分売り等」で

「その後処理が大変」な

「五輪・豊洲関連」は

「その多くが先送り・・・」だ。

「その上で、保育士給与補助や私学授業料補助等の教育関連予算」等は

「増額」と

「教育界に多い、旧社会党系の者たちが、大喜びしそうな内容」となっている』。

『「旧社会党とは、内実、北朝鮮のお友達・・・」だった。

「その辺りを考慮する」と

「電線地中化事業」とは、

「そのスジの人脈による要望である可能性も浮上する」。

「電線に通っている大電流を悪用した工作電磁波」を、

「地中から、多くの日本人に照射する、大規模テロ等の準備の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「それが違う等と言う」のなら、

「既に、実在している電磁波工作等の問題」を

「公レベルでちゃんと告発」し

「その対策として必要な法整備・体制整備等を積極的に行い」、

「誰もが分る様に、徹底摘発等するべき」だ』。

『「LED電球」とは

「部屋の中の太陽」で

「1.8がらみの増額」は

「まるで、

1月8日が誕生日の将軍様

(そのスジの連中の間では、真の太陽らしい)

からの施しの象徴的」だ。

「その辺りに感応した人々」が、

「こぞって、奪い合う様に、補助等を貪る様な事になり、

本当に補助等が必要な人々でも羊のように遠慮がちの人々には、

補助等のメリットが行き辛い状態となる」のだろう』。

『「1381(イザ、灰)にしてやる!日本の子ども!!」等の

「悪の意気込みの臭いさえ伝わって来る様相の、

小池都知事の予算案」だが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等」では

「大絶賛状態」だ』。

『「そればかりか、都議選準備の様相さえ、大紹介等」し、

「実質的に、小池都知事側の大応援をしている」のだから、

「その偏向・偏重ぶりは、本当に、酷い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や

公共的マスコミ等」が

「特定勢力偏向・偏重状態」では、

「それに毒された人々による実害」が

「日本社会に蔓延してしまう事になる」』。

『「戦後の日本社会の異常・不健常部分の多く」は

「公共レベルのテレビ・ラジオ・マスコミ等による特定勢力偏向・偏重情報等」と

「日本に自虐を強いる反面で中・韓(北朝も含む)等を不当に利し続けて来ている

日本国の教育として、明らかに、異常な学校教育等」が

「その元凶」だ』。

『「酷い情報・教育等に不当に守られた状態」で

「日本乗っ取り支配等を目的とする、悪の工作活動等が連綿と続けられている」のが

「戦後日本の異常な実態」だ』。

『「もちろん、そんな状態」は、

「意識的かつ積極的に、

即刻にでも是正すべきである事」は

「言うまでも無い」』。

『「その為にも、多くの日本人」は、

「異常な情報・教育等の操り人形状態から自分を解放する事等」により、

「本来の自分を取り戻すべき」だ』。

|

民進党贔屓、旧社会党等の臭いも濃厚なテレ朝等では、「公共の電波上の小池都知事賛美」等が止まらない・・・。

『「昼番でも、小池都知事の予算案中継を流し、小池都知事が中心である映像を大宣伝した上」で「改革」だの、「都知事選を睨んで、上手いやり方」だの、・・・等々と、

「絶賛状態」だった』。

『「小池都知事を大絶賛している者たちの実態・実体」が

「タイトルの如し・・・である事等」を

「全ての視聴者が重々承知の上で、番組を見ている」なら、

「悪影響は、それ程、出ない筈」だが、

「人脈等をほとんど考えず、

テレビ・マスコミ等が一方的に与えている上辺のイメージ等を元」に

「選挙時には、投票している状態の視聴者たち」なら、

「現状の大絶賛好イメージ情報故」に

「小池都知事やその下で都議会議員候補者となる人々こそが、

良い政治家であり候補者である等」と

「思い違い、勘違い等させられている筈」だ』。

『「つまり、その様な状態の人々の数の分だけ、

実質的、大衆誘導が可能になってしまっている事になる」』。

『「都民ファースト(=第一)」が

「北朝鮮の独裁者、第一書記が、

別の格に上がった事の後を追い、

第一の支持者・協力者等である、第一都民が

成り上がる

近未来の東京都状態」を

「願う、ある種の祈り、もしくは、一般日本国民等に対する呪い等、の言葉」等に

「思えてしまう」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「何しろ、小池都知事等を絶賛している」のが、

「北朝鮮のお友達、旧社会党系の者たちだったりしているのだから」・・・』。

『「都民ファースト(=第一)」も

「新風(NEW WIND・・・N・W=北西・・・日本の北西に在る国)」も

「大いに、臭い」・・・』。

『「拉致実行者や協力者等も、大勢いる」と

「強く推定される」だけでは無く、

「その後も、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法の工作活動等」を

「何処かの誰かの命令の下で、

連綿と続けている様相」の

「者たち」が

「大手を振って、子沢山・多財産・多実権状態となる

近未来の東京都」など、

「多くの普通の日本国民が望む訳も無い」から、

「表だって、そう公言する者などいない・・・」が、

「隠語や暗号等に、その悪巧みの意思・意志等を込め続けて来ている者たち」は

「少なからずいる」』。

『「戦後の日本国内で暮らしている一般日本国民」なら

「常に、心の片隅には、置いておくべき注意事項」が

「其処にある」』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「テレ東、曜変天目問題」で正義ぶった後「小池都知事による石原元都知事住民訴訟への方針転換を大宣伝」しているが・・・。

『「多くの方々」は既に「テレ東、鑑定団、曜変天目問題」の「本質」に「お気づき」だろう。

「現状で明らかに違和感がある」のは

「テレ東」と「出品者」の「事後対応」だ』。

『「例えば、

多くの普通の出品者」なら、

「現状」は、

「いい加減な鑑定のせいで、大騒ぎになって大迷惑!」等の

「クレーム等」を

「テレ東等に、ぶつけていて当然の状態」だ。

しかし、

「該当出品者の場合」は、

「何と!

テレ東や鑑定員の方々には、感謝の意等を表している」。

「その上で、もう、そっとしておいて欲しい等」とは・・・、

「明らかに、大きな違和感がある」』。

『「上記の様な状態で違和感を持たない為には?」等を

「考える」なら、

「誰もが、今回のテレ東、鑑定団、曜変天目騒動の本質に気づく筈」だ』。

『「大衆をひき付ける話題や、高い視聴率が欲しいテレ東該当番組実権者等」への

「協力者的出品者」や

「人脈的お仲間等」なら、

「クレームでは無く感謝等」が

「ある意味、必然になる」』。

『「テレ東等にしても」、

「番組独自の見解」とは、

「都合の良い逃げ文句」だが、

「新聞等まで躍らせた大仕込み」や

「それに伴う、視聴率アップ」や

「日本社会の中で、問題意識を持たされている人々の多さ」等の

「実態要素」からも、

「そんな逃げ文句{免罪符}」で

「事を収拾させて良い訳も無い」』。

『「逃げ文句{免罪符}等を平然とかざしている現状のテレ東実権者等」の

「資質」は

「もう明らか」だ。

「公共の電波を使っている機関の実権者等」として、

「不適である事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「世間を大いに騒がせてしまっている」のだから、

「出品者も、テレ東等」も、

「速やかに、

曜変天目とされている該当陶器の

科学レベルの鑑定まで含めた信頼に足る真偽再鑑定等」を

「行うべき」だ』。

『「小池都知事の石原元都知事に対する住民訴訟に対する都の方針転換問題」の

「訴訟内実等の大宣伝」を

「行う」なら、

「多くの人々の興味」は

「その様な訴訟等に誘われ易くなる」』。

『「しかし、何故?小池都知事が、方針転換したのか?」等を

「検証する」なら

「多くの人々の興味」は

「訴訟では無く、

小池都知事の政治手法等」に

「向き易くなる」』。

『「どちらが、多くの一般市民にとってより有益なのか?」は

「言うまでも無い事」だ。

「訴訟関連知識等を向上させても、選挙時等には、あまり役立たない」が、

「代理制民主主義社会の民」にとって、

「政治家の資質や政治手法や実体等を見極める能力を向上させ続ける事」は

「極めて有益」だ』。

『「上記の様な実態・実体」からも、

「訴訟関連知識向上情報等」を

「ある種の煙幕等として使い、

小池都知事の実体等」を

「覆い隠し続けさせようとする様な情報配信」は、

「代理性民主主義社会上の公共の利益に反する」から、

「公共の電波上や、公共的マスコミ上や、学校教育上等」で

「蔓延らせてはいけない事」になる』。

『「さて、本日の番組内容」から、

「多くの視聴者」は、

「どの様な内実を感じられただろうか?」』

『「テレ東にしても、テレ朝にしても、その他のテレビ・ラジオ局等にしても、

公共の電波」は、

「特定極一部の人脈の者たちの為に在るのでは、断じて、無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「公共の電波を使った芸能人等の宣伝」と「{お手盛り}原発避難子どもいじめ論」等を一方的に大量配信していたが・・・。

『「公共の電波を使った芸能人等の宣伝」は「うんざり・・・されている方々もかなり多い筈」だ。

「公共の電波上に、芸能人等を出す」なら

「芸中(演劇中・歌唱中等)がほとんど全て」が

「正当」になる』。

『「死亡や病気や子の誕生や事件・問題等」は、

「芸能人等であるか?否か?を問わず、

全ての人々に可能性がある、或いは、必然の、事態」だ。

「その手の事態で、芸能人等を偏重する事」は「明らかに、不当」だ』。

『「人間なら誰にでも可能性等のある事態」なのに、

「特定、極一部の、芸能人等にスポットライトを当てて、

公共の電波上で、

情報を一方的に大量配信する事」の

「実効」は

「該当芸能人等やその家族・友人等」の

「有名人利権の維持~増大等」になる』。

『「特定個人利権等を増大させる為」に、

「公共の電波が使われ続けていて良い訳などあり得無い」』。

『「元々、原発の{自主}避難民」とは、

「テレビ・マスコミ等による放射能潔癖症煽り{仕込み}」の

「被害者」だ』。

『「つまり、

原発{自主}避難民の子ども等のいじめ問題の生みの親」は

「実質的には、テレビ・マスコミ等」になる』。

『「故に、この手の問題でテレビ・マスコミ等が騒ぐ」のは、

「{お手盛り}の域を出ない」』。

『「何の為」に、

「そんな{仕込み}をして、

{お手盛り}騒ぎを行っているのか?」』

『「実質的には、日本を不利にする裏で、反日国等を有利にする」、

「反原発政治運動、或いは、反日政治運動等の為」と

「強く推定出来る」』。

『「公共の電波を使った

特定勢力等に偏向した、

政治運動行為等」は

「明らかにダメ」だ。

「如何にも政治運動とは別の問題等をダシ等にしていても」、

「もちろん、それは、内実で問われるべき事」だ』。

『「言うまでも無く、{自主}では無い避難民やその家族等は、全く別」だ』。

『「しかし、{自主}避難民やその家族等にとって、

一番必要な事」は

「放射能潔癖症{病}」の

「{治療}」になる』。

『「本来なら、その{治療}」は、

「放射能潔癖症を煽ったテレビ・マスコミ等自らが、

自省も込めて、

行うべき事」だ』。

『「それなのに、

未だに、

{治療}を行わず、

放射能潔癖症煽り等によって現れた問題等を元」に

「常連出演者等が、優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶり、・・・ながら、、

自論等を述べている」』。

『「本当に、醜悪な実態・実体が其処にある」』。

『「公共の電波上」の、

「内実として、醜悪な実態・実体」を

「出来る限り少なくする為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」が

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、小池都知事の石原元都知事追及等に対し、常連出演者たち(石原ジュニアも含む)が親子別人格論等を言っていたが・・・。

『「日頃から、血統家族主義に対する批判・非難等を行っている者たち」なら「親子別人格論等を言うのも、解る」。

「しかし、日頃」は、

「例えば、芸能界等での親子・血統等賛美等を平然と行っている連中」が、

「言う」、

「親子別人格論等」では、

「多くの視聴者等」も、

「お手盛りご都合論等としか思えない筈」だ』。

『「父親が、石原慎太郎であったが故」に、

「優位な状態で芸能界入り出来、

優位な条件で数々の仕事を得続けて来ている様相」の

「石原ジュニア等」に対し、

「親子は別人格論等」が

「馴染む訳も無い」』。

『「石原ジュニア等」は

「親子別人格論等に守られたいのなら」、

「先に、平均レベル以上の親利権や相続利権・財産等を手放すべき」だ。

「過分な親利権や相続利権・財産等を抱きしめている状態」なのに、

「他の常連出演者等が、

親子別人格等を言い、

石原ジュニアを庇おうとしていた事自体、

視聴者等をバカにしている」』。

『「そもそも、小池都知事が石原元都知事の責任問題を声だかに叫んでいる」のは、

「言うまでも無く、

小池都知事自らの責任問題を誤魔化す為」だろう』。

『「五輪会場や豊洲移転等」での

「小池ちゃぶ台返し実損」は、

「多大」だ』。

『「小池ちゃぶ台返しの多大な実損」に、

「多くの人々の興味を持たせない為」には、

「別の大問題や大悪者等を仕立てる事等」が、

「ある意味では、合理的になる」』。

『「その様な、詐欺師的な、悪の手法」が

「実行されているダケ」なのが、

「石原元都知事責任論等」の「実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「通常では、小池応援団的様相を露呈し続けて来ているテレビ番組が多い」が

「テレビ常連出演者の中には、石原ジュニアもいる」。

「テレビ界の人々にとって」は、

「常連出演者とは、過剰利権を持つ、実質的、お仲間」だ』。

『「小池の応援もしたい」が

「お仲間も庇いたい」から、

「実質的、インチキ論の親子別人格論等」を

「公共の電波上に撒き散らす事にした」と

「強く推定出来る」』。

『「実に醜悪な実態・実体が其処に在る」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「トランプ時代と保護主義」で相変わらずの劣悪論等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「自由貿易派」でも「保護貿易派」でも「金(経済)による比べっこ支配権争い主義派である事」に「変わりは無い」。

「つまり、どちらも、駄目である事」は

「既に、判明している」。

「それなのに、自由貿易派の方が良い論等を言い続けている常連出演者等」とは、

「自由貿易体制の方」が、

「自らの利権維持~増大等に好都合な者たち」と

「強く推定出来る」』。

『「大元のインチキ経済・社会システムの是正」を

「{公平}基準で、言おうとした様相が、

若干は、出て来ていた」が、

「底が浅く(理由は後述する)」、

「未だ未だ、自由貿易派も旺盛だった」から、

「内実」は、

「今までと同様」で、

「公共の電波上に劣悪論を撒き散らしている状態」に

「何ら、変わりは無かった」』。

『「同様の者たちによる、同様の論等の繰り返し・・・」では、

「この醜悪な事態の是正は、不可能」だ』。

『「今時なら、少なく無い数の人々が気づいている筈」の

「現状のインチキ社会・経済システムの是正」は

「何故出来ないのか?」』

『「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「多くの人々の精神構造の健常成長が不十分だから」だ』。

『「未だに、

特別を求め、大きな者・物・事等に依存」し

「大金持ちや大権持ちや有名人等に憧れている人々」は「数多い」』。

『「では、どんな状態の人」が、

「特別を欲しがり、

大きな者・物・事等に頼りたがるのか?」』

『「人は、本質的に困窮している状態」だと

「内在的に、

{こんなに困窮させられている自分は特別な存在に違い無い}

{自分は、大きな者・物・事等に救われるべき存在だ}等」の

「狭義の自分を維持する為」の

「個体内{麻薬}」を

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、放出する事」で

「狭義の自分個体のとりあえずの維持を図る」』。

『「では、

人にとって、本質的な困窮とは何か?」

「根本的困窮となり得る事態」は

「自分の実体さえわからない事」だ。

「次の段階で、人を困窮に追い込む事」は

「生存(存続)欲に対する明白な解答等が得られない事」だ』。

『「自分の実体さえ良く理解・把握出来ず、

生存(存続)欲に対する明白な解答等が得られていない状態の人々」は

「どんなに、

大金や大権等を保持出来ていたり、有名人化等していても、

本質的、困窮状態にある」から

「更に、特別を求め続け、より大きな者・物・事に依存したがる状態に陥り易い」』。

『「本質的、困窮状態にある人々」なら、

「大金や大権等を保持出来ていない人々」でも、

「その精神構造自体は同様」だから、

「其処には、同様の精神構造上での大衆合意が成立してしまう」』。

『「金(経済)による比べっこ支配権争い」や

「それに基づく、インチキ社会・経済システム等」の

「大衆合意」は

「本質的、困窮状態にある多くの人々の精神構造故、出来上がってしまっている大衆合意」だ』。

『「現状までのインチキ社会・経済システム上」で

「金(経済)による比べっこ支配権争いを続けている」と

「必ず、大きな格差が出来、格差がどんどん拡大して行く」。

「現状までのインチキ社会・経済システム」は、

「大金・大権・有名人利権等を既に保持している者たち」の

「本質的、困窮状態をも、誤魔化し続けられる様に設計されている」。

「巨大な金・権力・有名人利権等を更に膨らます事も容認されている上」に

「その膨らましロジックは、小さな金・権力・利権等の場合と同じ」だから、

「巨大なモノを転がす方が、圧倒的に有利に膨らむ」。

「結果として、先に巨大化した者たちのモノが、

相対的に圧倒的に大きく成り易い」から

「時と共に、格差は、どんどん拡大して行く」』。

『「巨大な格差」は

「巨大な格差を否定する大衆合意を生む」』。

『「巨大なモノを保持出来てしまっている者たちも含めて、

格差を是正する事を納得出来る大衆合意」が

「金権では無く、武力による支配権争いの比べっこ」だ』。

『「その自虐的事態」は、、

「古の時代の人類」が

「動物たちの弱肉強食の{上辺ダケ}を学び取り、

その真似を始め、

その真似が代々続けられて来ているが故」に

「引き起こされ続けて来ている」のだろう』。

『「金よりも、命」で

「ライバルの命を奪ってしまえば、その分ダケ、自分たちは良い思い等をし易くなる・・・」とは、

「随分、稚拙で乱暴な発想」だが、

「本質的、困窮状態にある者たち」は

「単純で分り易い、大きな(大雑把な)発想にも縋り付き易い」から

「困窮状態が続くなら、この手の大衆合意の成立」は

「意外な程、簡単に出来てしまう事になる」』。

『「実際」に、

「人類の歴史」は、

「超自虐的な

人類同士が殺し合う

戦争の歴史でもある」』。

『「では、人類は、どうすれば、この超自虐状態から抜け出す事が出来るのか?」

「もはや、その答は、明白」だ。

「出来る限り多くの人々」が、

「本質的、困窮状態から、自分を救い出す事」こそが、

「始めの一歩」だ』。

『「本質的、困窮状態から自分を救い出せた人々による大衆合意」の「上」に

「人類誰もの自分の実体や

その実体の本来の目的との

整合性が高い、

自虐的では無い、

社会・経済システム等の構築が可能になる」』。

『「その為に有益な情報・教育等が、激烈に求められている今日」なのに、

「未だに、せっかくの公共の電波上の情報で、

時代遅れの劣悪論等を一方的に大量配信・・・」では

「本当に呆れる」』。

『「今、少しでも多くの人類が知るべき情報」は

「本質的、困窮状態から狭義の自分を救い出す為に有益な情報」だ。

「その事と、整合性が高い、

ドラマ・映画・アニメ・漫画・小説・音楽・絵画等々やマスコミ等の情報や、

学校教育等」が

「激烈に求められている」のが、

「今時の人類世界の内実の実体」だ』。

『「配信すべき情報の内容」は

「既に、はっきりしている」』。

(『「人類誰もの自分の実体」や

「生存(存続)欲に対する明白な解答」等は、

「過去の記事をご参照ください」』。)

『「後は、多くの人々の心の関門等を通り抜け易くする為」の

「加工」をし、

「色々な企業・媒体等」が、

「多種多様な性能の高い精神文化製品」を

「意識的かつ積極的につくり出し」、

「それらを大々的に配信・配給・販売等する」

「人類の精神構造を健常成長させる大波」を「起こす事」が

「肝要になる」』。

『「人類が、

貴重な公共の電波上の時間を

古臭い劣悪論等で埋めている暇」は

「もう、無い」。

「破局の大波が訪れる前」に

「人類の精神構造を健常成長させる大波」が、

「人類世界を包み込まない限り、

人類の存続~永続」は、

「非常に危うくなる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

トランプ大統領の誕生も予測出来なかった連中が、トランプ政権について劣悪論を語っているが・・・。

『「先の米大統領選の本質」は「現状維持対現状脱出(変更)」だった。

「そして、多くの米国国民の中には、大きな現状脱出欲動が渦巻いていた」。

「だから、現状維持派のヒラリー」と

「現状脱出(変更)派のトランプ」の「争い」となれば、

「トランプが勝利する」のも、

「十二分にあり得る事態だった」。

「どちらも、現状脱出(変更)派」の

「サンダース対トランプだった」なら

「サンダースの圧勝だった筈」だ』。

『「本質から推定する」なら、

「将来起こり得る事態」は

「ある程度、正確に推定可能になる」』。

『「現状脱出(変更)派のトランプ大統領が誕生した」が、

「トランプ政権の重鎮には、

ガジリオネア(超超大金持ち)がぞろぞろ・・・」だ。

「そして、米国の経済を優先する、偉大なる米国アゲン!を叫んでいる」。

「それらの実体から、推定されるトランプ政権の本質は何か?」』

『「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「トランプ政権の本質」とは、

「現状のインチキ社会・経済体制の終わりを具現化する破壊王」に他ならない』。

『「現状のインチキ社会・経済体制をそのままに、

現状で優位な立場を得て、

現状上での利権を貪り続けたい

劣悪な連中が蔓延れていた時代」は

「多くの人々の無意識レベルの現状脱出欲動が増大」し、

現状維持派では無い政権」が

「米国という大国で誕生した段階」で、

「既に、もう、お終い」だ。

「だからと言って、

現状脱出(変更)派ではあるものの、

トランプ政権が目指しているところ」は、

「現状のインチキ社会・経済体制上での米国民の利権増大」だから、

「最初から、破綻が決まっている」』。

『「クリントン派スタイルでも、

トランプ派スタイルでも、

どちらも、破綻する」のは、

「基が、インチキ経済・社会システムだから」だが、

「どちらも、この本質には、触れようともしていない」。

「そんな状態で時を重ねれば、どうなるのか?」

「破綻・破滅等が必然となる」』。

『「破綻・破滅等時に際して、

時の大権力者たち」が、

「素直に、自分たちの劣悪さや誤り等を認める事など極々稀」だ。

「多くの場合は、自己正当化の為に、

他の大問題をつくり出し、

誤魔化そうとする」』。

『「トランプ政権では、

その為の仕込みの傾向が、

既に露呈している」。

「聖書預言、ハルマゲドンの地域での仕込み」だ』。

『「本質から見る」なら、

「トランプ政権」とは、

「現状のインチキ社会・経済体制の終わりを具現化する政権である事」は

「もう、既に、明らか」だ』。

『「そう遠くない近未来において、

現状の終わりが来る」なら、

「現状のインチキ社会・経済体制を終わらせる時」の

「大自虐儀式」の「被害」を

「最小限に抑える為に、今、生きている人類が出来る事は何か?」』

『「それは、

以前から、当ブログをお読みの方々なら、

もう既に、分っている事の筈」だ』。

『「インチキ経済・社会システムの自主是正」が

「実現出来れば、出来る程」、

「現状人類世界の終わり&新たな人類世界の始まり時代」の

「人類自らによる、大自虐儀式等による犠牲」は、

「抑えられる事になる」』。

『「トランプ政権の始まり」で

「現状人類世界の終わり」が

「本格的に始まった」のだ。

「誰もが、この本質から目を背ける事無く、

今時の人類として、

大自虐儀式時の犠牲を出来る限り、少なくする為」に、

「行える事を実行するべき」だ』。

『「今、生きている全ての人類」には、

「先ず、自らの精神構造を健常成長させる実務」が

「激烈に求められている」。

「その上で、出来る限り多くの人類の精神構造の健常成長を実現させる為に有効」な

「情報・教育の正常化・健常化等」が

「激烈に求められている」』。

(『「具体的方法やのヒント等」は

「以前の記事等をご参照ください」』。)

『「トランプ政権の誕生」は

「多くの米国民の無意識レベルまで含む現状脱出欲動がもたらした」、

「ある意味、必然」だ。

「今時の人類として行うべき事を行うか?行わないか?」は

「狭義の自分個体それぞれの

自己責任による意思・意志選択」であり、

「必然では無い」『。

『「自らの意識的かつ積極的な意思・意志が無ければ、

何も起こらず、

現状のまま放置する」なら、

「人類の大自虐儀式時の犠牲が、より大きくなってしまうダケ」だ』。

『「犠牲をより大きくする事で、人類滅亡を実現させる悪魔に付く」も、

「犠牲をより少なくする事で、地球生命体細胞群の存続~永続という永遠の命に繋げる側の者になる」も

「個人個人の自己責任による自主選択」だ』。

『「悪魔側の劣悪者たちに、過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い」。

「より多くの存続を実現する為にも、是正は、待った無し」だ』。

|

犯罪認知件数が年100万を下回ったとか報道されていたが・・・。

『「再犯を繰り返す者たちの高齢化等故・・・」とは「かなりの平和ボケ納得法等」で「実態・実体」は

「犯罪行為等を行う者たちの悪進歩・悪進化の速度」が

「犯罪を取り締まり摘発する法整備や摘発体制の進歩・進化の速度」より

「早いが故」に

「現行法&現行の摘発体制では摘発困難な犯罪行為等」が

「数多く、摘発~認知されていないから」だ』。

『「例えば、

日本社会の中における、

反日人脈等による、集団的工作活動等による実害」は

「多くの一般日本国民にも、かなりのモノが在る」』。

『「しかし、

元々が、

その国の法や摘発体制で摘発困難な手法のみを用いる」のが

「工作活動」だ。

「そこで、多くの普通の体制の国々」では、

「工作活動等を防止・摘発等する為の

法整備や摘発体制整備等も

積極的に更新し続けられている」』。

『「しかし、

戦後の日本は、

異常な戦後処理や異常な情報・教育等の悪影響が酷く、

平和ボケ状態が異常に長く続いてしまっていた悪影響が、

未だ、強く、あり、

未だに、十分な実効を持つスパイ・工作活動等対策法等さえも・・・無い」』。

『「その結果として、

本当に異常な事だが、

工作活動は無い事に・・・状態」だ』。

『「認知されない犯罪が無ければ、平和などというのはインチキ論」で

「法や摘発体制による摘発認知率等は問わず、

実犯罪行為自体が極々少数・小規模に抑えられていてこそ、

平和状態と言える事になる」』。

『「認知件数」とは

「認知出来た件数に他ならない」。

「認知件数基準ではダメ」で

「実犯罪行為の有無や質や量等を

事実・現実通りに調査~把握等した上」で

「必要な法整備や体制整備を速やかに行い続ける事」こそが、

「肝要になる」』。

『「今の状態でテレビ・マスコミ等が言うべき」は、

「急速な犯罪行為の悪巧妙化の悪進歩・悪進化等に

十二分に対応出来続けられる様に、

必要な法や体制整備を急ぐべき論」や、

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の集団的工作活動や、

集団的ストーカー行為等、

実犯罪行為等の告発」だ』。

『「未だに、インチキ平和論等を風潮している様・・・では、

本当に呆れる」』。

『「政府・与党等」は、

「必要な法整備&体制整備等」を

「意識的かつ積極的」に

「整備し、急速に進歩・進化させ続けるべき」だ』。

『「日本社会の安全・安心」は

「実で無ければ意味が無い」。

「集団的工作活動等が蔓延れている状態」では、

「安全・安心などあり得ない事は、

言うまでも無い事」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「レールガン等を取材して論じていた」らしいが・・・。

『「次世代武器であるレールガンの実用」は「言うまでも無く、先進諸国側から実現して行く」。

「現状では、もちろんの如く、最先端は米国」だ』。

『「先進諸国では、もう直ぐレベル」だが、

「レールガンが実用化」され、

「レールガン技術を利用したミサイル防衛網が実用されれば、

「ミサイル防衛網は、かなり実効が高くなる」から

「核ミサイル等は、実質的に、自爆兵器化される」』。

『「この実態が示唆しているところ」は

「例えば、北朝鮮による核・ミサイルを悪用した瀬戸際外交等」も、

「もはや、風前の灯である事」だ』。

『「上記の様な実態・実体を取材して報じたところ」は

「相応に価値のある情報配信内容だった」が、

「問題」は、

「過去の実績や、実質的、推奨政策・政党・政治家等々から良く判る、

情報配信者の実態・実体」から、

「上記の様な情報内容」を、

「意図的」に、

「北朝鮮等に伝えているのでは・・・?」等の

「疑念がつきまとう事」だ』。

『「北朝鮮の、

核もミサイルも、

実効を有している時」が

「後、約10年も無い事」等を

「北朝鮮幹部等が知る」なら、

「どの様な事態が起きるのか?」は

「推して知るべし」だ』。

『「テレ朝朝番情報に呼応したか?否か?は不明」だが、

「夜のNHKニュース」では

「北朝鮮の近・中距離弾道ミサイル二基」が

「発射準備完了状態である旨」が

「報道された」』。

『「仮に、該当ミサイルが核弾頭装備だとする」と、

「狙い」は、

「ソウルとプサンか?」

「大阪と東京か?」

「はたまた、それらの四大都市の内の任意の二大都市の組み合わせか?」等々の

「疑念を生じさせる事態」が

「発生して、もしくは、{させられて}、いる様相」だ』。

『「この様な事態」こそが、

「有効期限が残り少なくなっている

北朝鮮の瀬戸際外交力等」を

「少しでも有効に使う等に直結している可能性」は

「決して小さく無い」から、

「いったい、今時、何処の誰の為の、レールガン取材&情報配信なの?」等の

「疑問は、益々濃くなるばかり・・・」だ』。

『「上記の様な、本来なら、不要かも知れない、疑念等の事態を排除する為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

東からの知らせ(いろは)米・英、自国中心主義の当たり前・・・。

『「人類の実歴史が示している」通り、「国境線が高いまま、経済戦争を行い続ける」と「国対国レベルの武力戦争が生まれ易い」。

「国境線を低くする事で、国対国レベルの武力戦争を避けようとした流れ」が

「昨今までの、所謂、グローバル化」だ』。

『「ところが、実際は、国境線を低くする事=その分、相対的に、お金の力が増す事」だから、

「国対国レベルの戦争は、起き辛くなった」が

「守銭奴企業等は、

安い労働力を求め、

安い労働力が得られる国への工場等移転や、

移民等を歓迎する様になってしまった」。

「その結果」として、

「守銭奴企業等の利益率は大きく向上され易くなり、

金融投資界や経営者・株主等は、潤い易くなった」が、

「相対的に、衰退させられ続けたその国本来の実働者たちの間には、

不満が蓄積~充満して行く事となった」。

「経済戦争による死傷者の数」は

「かなり多い」』。

『「国境線が高かった時代のインチキ経済システム上」では、

「多くの人々に不満が蓄積された時」には、

「戦争リセット」という

「悪魔の手段が実用可能」だった。

「戦争リセットによる焼野原上の平等化からの再スタート」を

「繰り返す事により、

インチキ経済システムや

インチキ経済システム上で大いなる利権等を手に入れていた者たち」は

「延命出来ていた」という訳だ』。

『「ところが、昨今では、国境線を低くした事」で

「国対国レベルの戦争が起こり・起こし辛くなっている」。

「そんな状態でも、多くの死の商人(軍事産業企業等の実権者等)たち」には

「自分たちの利権を維持したい欲望が有る」。

「死の商人たちにとって、都合の良い状態である

先端武器の自製さえ出来ない集団によるテロ・戦争等」が

「起きている事」にも

「相応の必然性や裏がある」』。

『「先端武器の自製さえ出来ない集団によるテロ・戦争等」を

「誘う・起こさせる為」に

「有効な事」が

「不平等・不公平」であり、

「宗教等、思想信条の悪用や、それに基づく、大衆操り」だ』。

『「混乱状態が、収拾する前に、

平和主義優等生等を気取って、

自国軍隊を撤退させれば、

反対勢力が他国軍隊を招き入れ易くなり、

混乱は続き、

テロ等も起こり易くなる」から、

「死の商人等」は、

「大喜び・・・では無いかも知れないが、

十分に納得・・・」という訳だ』。

『「国境線を低くすれば、戦争は防げる」というのは、

「インチキ平和論」だ。

「実際は、国境線を低くした」から

「現状のテロ・地域戦争等が起きている」。

「それでは、どうすれば、実際の平和が得られるのか?」』

『「それは、もはや、言うまでも無い事」だろう。

「問題なのは、国境線の高さでは無い」。

「武力にしても、経済にしても、

比べっこによる支配・被支配争い」という

「多くの人類の未成熟な精神構造」こそが「本当の問題」だ』。

『「つまり、本当に平和を実現したい」のなら、

「出来る限り多くの人類の精神構造を

健常成長させる事」こそが

「肝要」になる』。

『「自らの精神構造を健常成長させる

人類誰もが狭義の自分個体に対して本質的に与えられている

基本中の基本の仕事(実務)を疎か」に、

「未熟な精神構造のまま、現状の中で利権を貪り続けようとしている状態の人々」は、

「迷い子、

もしくは、

亡者、

もしくは、

悪魔に魂を売り渡した者」等々と

「表現されて然るべき実体を露呈している」。

「つまり、もはや、裸の王様状態」だ』。

『「現状での実問題」は、

「多くの人類の精神構造の未熟さ」と

「それに基づく、経済・社会システム等の未熟さ」であり、

「実態としては、

そんな状態なのに、

国境線のみが過剰に低くされてしまっている事」だ』。

『「国境線を低くする前」に

「多くの人類の精神構造を健常成長させていなければ、

自虐になるダケ」だ』。

『「未成熟な精神構造を持つ人々が圧倒的多数である内」に

「国境線等を低くすれば、混乱し易くなる」のは

「当然の現象」だ』。

『「現状では、特に、先進諸国が、国境線を高く戻す」と「共」に

「先進諸国内では、既に、行き渡っている情報・教育システム等を

活かして、

出来るだけ早く、

多くの自国民の精神構造を健常成長させる事」が

「第一段階として、合理的になる」』。

『「次に、

それぞれの国々の中の多くの国民の精神構造の健常成長が得られた後に、

先進諸国同士で、

綿密な実体・事実・現実適合性検証等を行い、

より共通性を高めた

人類の精神構造の健常成長を

より多くの人類の中で実現させる事を基」に

「人間世界の社会・経済システム等を

健常進歩・健常進化させる事」が

「第二段階となる」』。

『「その大きな二段階を実現する事」で

「人類世界は、基本的、平和状態に至る事になる」』。

『「人類の精神構造の健常成長を実現する為」には、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」が

「必要」だ。

「それは、人類の物質文明の急速な進歩・進化を実現させた実方法でもある」。

「つまり、人類に出来る事」だ』。

『「意識的かつ積極的に事を進める」なら

「多くの人類の精神構造の健常成長」は

「意外な程、短い時間で実現出来る事になる」』。

『「平和状態の前」には

「ある意味での、現状破壊」が「必要になる」。

「現状処理期の実現象」として、

「聖書預言のハルマゲドン」と

「同様の事態」が

「引き起こされてしまう可能性」は

「決して、小さく無い」が、

「もちろん、そんなモノは、必然でも必需でも無い」』。

『「多くの人類の精神構造の健常成長が早ければ、早い程、

自虐事態等は、

より小さな実態に抑えられる事になる」』。

『「今、最も重要な事」は

「人類誰もが、

自分の実体に叛かず、自分を健常に成長させる事等の助けになる、

健常な情報・教育」の

「大波を起こす事」だ』。

『「真の平和主義者」なら

「実体として自虐を誘う情報配信や教育等など行える訳も無い」。

「逆から言えば、実体として自虐を誘う情報配信や教育等を行えている者たち」とは、

「迷い子、

もしくは、

亡者、

もしくは、

悪魔に魂を売り渡した者」等だ。

「そんな状態の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」』。

『「実体として、劣悪な状態の者たちが生み出し続けている

テレビ・ラジオ番組や

映画や

小説や

アニメや

漫画や

音楽や

絵画等々」に

「{献金}等し続けている自虐業を行っている」なら

「精神構造の健常成長を誘う精神文化製品等をつくり出す事」や、

「つくり出された精神文化製品を応援する事」等々の「方」が、

「遥かに、

人類世界の平和実現等に結び付いている」』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が自らを霞が関等ではブラックリスト(書物では無く、意識上のモノ)に載せられている等の旨、ゲロしていたが・・・。

『「多くの視聴者」は「タイトルの事実」を「常に、少なくとも、心の片隅には置いた上」で「常連出演者等の論等を見聞きするべき」だ』。

『「原発問題」や

「米軍基地問題」等々で、

「常連出演者等が公共の電波上で一方的に大量配信している論調」とは、

「霞が関(官僚)」や

「現状の日本国政府等にとって」は、

「ブラックリスト(書物では無く、心理的・意識的なモノらしいが)入りの者が語っている論調等になるという事」になる』。

『「常連出演者等」は、

「真に日本国の為、多くの日本国民の為になる事を行い続けなければ、

自らの立場が非常に危うくなる、

官僚や現状の日本政府等の認識等」では、

「日本国・多くの日本国民の為になる事に反論し、

日本国・多くの日本国民の為にならない事等を

公共の電波上で語り続けている等」と

「判断等」されていて、

「目を付けられている」が、

「その事自体」を、

「常連出演者等は、

「誇りにさえ思っている旨まで言っていた」』。

『「筆者の実感」でも

「反日勢力の言い分の代弁者・もしくは、反日勢力のリーダー的状態」を

「感じる事が、少なからず、或いは、多々ある」から、

「以前の記事にも、常連出演者等に対する反論等」は

「しばしば記している」』。

『「同様の実感をお持ちの方々も、数多い筈」だ』。

『「問題となるのは、

テレビ情報配信者等の実体もロクに気にせず、

大テレビ局の情報だから・・・等」と、

「鵜呑みにしてしまっている方々」だ』。

『「その様な状態の人々の数だけ、

実質的には、大テレビ局による大衆誘導等が可能になってしまっている」のだから、

「鵜呑み状態の視聴者は、一刻も早く、本来の自分の意思や論等を取り戻すべき」だ』。

『「もちろん、

反日勢力の代弁者、或いは、反日勢力のリーダー等の言い分」は、

「見世物としては面白い面もある」。

「しかし、大前提として、ほとんど全ての視聴者」が

「それを、反日勢力の代弁者、或いは、反日勢力のリーダー等が、

日本の公共の電波上で

一方的に大量配信している事等」を

「ちゃんと認識している上でなら」だ』。

『「その様な面からも、

情報配信者等の実体情報は、

常に、大々的に告知する必要がある」』。

『「如何にも普通の日本国民、

しかも、優等生で紳士的」等の

「上辺の仮面の下に在る本質」は

「何か?」

「霞が関等から嫌われ、心理的ブラックリストに載せられている等」の

「実体情報付き」なら、

「情報配信者等が詐欺師的手段でも使っていない限り」、

「その様な者が、常々、推奨している政治家や政党等の正体や実体等」も

「判り易くなる」』。

『「そもそも、常連出演特権階級自体が異常」だ。

「民法キー局深夜等を除く通常時間常連出演」とは、

「常々、~何十万人~何百万人~もの人々に対し、

一方的に、顔・姿等を売り込めていると共に、

自論等を配信出来ている特権階級的状態」だ。

「そんなモノを放置し続けていて、良い訳は無い」』。

『「特権階級的立場を与えられるに相応しい内実が有る」なら

「未だ、話しは解る」。

「しかし、現状では、

その多くが、

内実、政治運動だったり、

反日勢力等の代弁者等」だ。

「こんな状態で、特権階級的立場を与え続ければ、

ナチス・ヒトラーの大衆誘導と同様の事態が起こされてしまって当然」になる』。

『「実際」に、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」にしても、

「小泉~!」にしても、

「小池~!」にしても、

「皆、かなり、大衆誘導的な現象」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

本日は、1月{18日}のせいか(?)工作員たちによる当方に向けている工作電磁波がやけに旺盛だが・・・。

『「離れているところの隙間からでも、強い工作電磁波を照射すれば、相応の実効があるかもしれない・・・等々」と

「懸命に、当方の対策の隙間を探し、其処から、工作電磁波を当てようとしている様」は、

「本当に哀れ」だ。

「迷惑な事だが、

もちろん、離れた場所の隙間にも、対策用のモノを直ぐに置いた」から、

「今も、マイナスイオン等が大量に出る様になっているダケ」で、

「実効は出ない」』。

『「裸の王様たち」が、

「愚かな、日本乗っ取り支配や不適応分子粛清等の工作活動等を止めるのは、

何時だろうか?」』

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる名や姿や悪の実績等々」が

「大きくなればなる程、

未来永劫、

より大きな恥辱が待っているダケなのに」・・・』。

『「工作員たちも、その親玉たちも、ご愁傷様」・・・』。

|

テレ朝朝番では、トランプ政治予想をダシに「常連特権階級者等が、インチキ理想主義論等」を優等生ぶって語っていたが・・・。

『「結論がどうなるか?分らない」等とは「実に、インチキ理想主義者らしい締め括り」だ。

「インチキ理想主義者たち」に

「常連出演特権階級を与えたり、

それに伴う過分な報酬等を与えたり、

その事によってセレブ化させたり、

・・・等々し続けていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「常連出演者等の論等には、実質的に、ロクな実効は無い」が、

「該当項目の情報配信内容」で

「事実・現実である部分」は

「相応の意味がある」』。

『「常連出演者等に、要でも無い事を語らせている時間がある」なら

「実体や事実・現実をより深く取材し、原寸大で情報配信するべき」だ』。

『「米国のマスメディアや映画・音楽産業等の仕事(???)をしている者」の

「約8割」は

「民主党支持者」という

「実体や事実・現実」は、

「多くの日本国民も十二分に知り、

米国のその様な人脈発の情報等に接する時」には、

「常に、(少なくとも、心の奥底では)意識しておくべき事」だ』。

『「先の大統領選時」に、

「クリントン偏向・偏重情報ばかり・・・」が

「日本国内でも、一方的に大量配信された裏」には、

「上記の様な米国内の実態・実体が在る」と「共」に、

「日本国内のマスメディアの問題も在る」』。

『「日本国内のマスメディアの問題」とは、

「米国マスメディア等発の情報」を

「実質的に、そのまま、或いは、訳し、都合良く、少々加工する程度」で

「日本国内で一方的に大量配信している事」と

「日本国内のマスメディア自体も含む、情報元の実態・実体等」を

「ロクに知らせない事」だ』。

『「日本の情報・教育界」には、

「北朝鮮のお友達、旧社会党系の流れの人脈や政党等」を

「支持している者たちが多い事等」は

「以前にも記した」が、

「その様な内実をマスメディア自体が公表した事」は

「ほぼ皆無」だ』。

『「先の民主党政権成立前」に

「マスメディア自体」が、

「日本のマスメディアには、民主党支持者が多い旨等」を、

「大々的に、実態・実体公開していた」なら、

「どれ程の人々が、

自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!の流れに

賛同しただろうか?!」』

『「マスメディアがマスメディアの実態・実体を、

実質的に、隠蔽している」が「故」に、

「一方的に、大量配信されている、上辺の情報による

実質的、大衆マインドコントロール等」が

「可能となってしまっている」。

「其処に在る」のは

「マスメディアのインチキ」だ』。

『「先の米国大統領選時」には、

「日本国内でも多くの人々」が、

「トランプ、ダメ!」

「次期米国大統領は、クリントンになった方が良い」等の

「考え・思いに染め上げられてた状態」だった』。

『「情報配信元等の実態・実体情報が付いていた」なら、

「それが、

米国民主党支持派情報の大宣伝を、

民進党等の支持者が多い日本のマスメディアが、

訳し、少々、都合の良い加工等を施した上で、

一方的に大量配信した事による

実質的、大衆誘導行為等であった実態・実体」に

「多くの人々が気づいていた筈」だ』。

『「オバマ大統領」や

「民主党等」や、

「マスメディアの人々の多く」等々が

「掲げ続けて来ているインチキ理想主義等」に

「インチキでは無い実態・実体等が十分に伴っていた」なら、

「米国でのマスメディア・特権階級等批判・非難等や、

政権交代等」など、

「起きていない筈」だ』。

『「ところが、実際は、多くの米国国民が、不満を実感し、変化を求めた」から、

「トランプ氏が米国大統領になる事になった」』。

『「インチキ理想主義の何処がインチキなのか?」を「言う」なら、

「上辺、或いは、言葉上、或いは、考え・思いによる納得上等の

理想主義でしか無いところ」だ』。

『「その実態・実体」は、

「まるで、宗教等と同様」で

「教祖や教団幹部の言う事を信じなさい。

信じる者は救われます。

・・・等々とやったところ」で、

「実利を得られるのは、

教祖や教団幹部等やそれに近い上級信者等になる事」は

「多くの宗教団体等の実態・実体を見れば、誰もが判る」』。

『「実際」に、

「{インチキ理想主義教}の実利を得られている代表例」が

「インチキ理想主義政党の幹部等」や、

「テレビ・マスコミ等、常連出演・常筆状態特権階級者等」という訳だ』。

『「多くの実生活(実働ももちろん含む)者」は、

「もう、{インチキ理想主義教}には、うんざり・・・」だから、

「マスメディア批判・非難も増大し続け、

米国では政権交代が起きた」のが

「実態・実体」だ』。

『「トランプ政治の将来」も

「この流れの上にある事になる筈」だ。

「つまり、{インチキ理想主義教}上では無く、

実の上を重用し続ける筈」だから、

「世界は、動く事になる可能性大」だ』。

『「それなのに、未だに、常連出演者等」は

「優等生ぶって、

もはや、実質的に排除されている、

{インチキ理想主義教}等こそが、

正論・正当な道等であるかの如き旨」を

「公共の電波上で、一方的に大量配信していた」。

「動く(退陣する・させられる)べき事態・実体を露呈してしまっている連中」による、

「とんでも無く、劣悪な実態・実体」が

「露呈していた」』。

『「今時、公共の電波上で一方的に大量配信する情報」として

「正当な価値がある情報」は、

「{インチキ理想主義教}等」では「断じて無い」。、

「理想主義なら、

実体や事実・現実からちゃんと整合性を取った

実のある理想主義」だ』。

『「例えば、政治」なら、

「人類誰もの広義の自分である

地球生命体細胞群の本来の目的である

地球生命体細胞群の存続~永続との

整合性がより高くなる人間社会体制の構築等」こそが、

「基本中の基本」になる』。

『「特定の狭義の自分個体に過ぎ無い、個人」の

「偏重」等とは

「人類個体同士の争いの元に他ならない」から、

「地球生命体細胞群の存続を脅かす悪事に他ならない」』。

『「常連出演等の特権や、それに伴う報酬等」や、

「特定個人の超大金持ち化等」は

「明らかな悪事」だ。 

「その悪事に、過剰な金権までつきまとっている」と、

「金権による他の者・物・事支配権・被支配権争い」という

「超自虐状態が、容易に構築されてしまう」』。

『「現状の人間世界は、そんな劣悪な状態だから、

世界中至る所で、自虐劇が頻発し、

現状脱出欲動の暴発等も後を絶たない」』。

『「直す為」には

「多くの人々の精神構造」を

「幼少レベルである、他の者・物・事支配・被支配比べっこレベル」から、

「成人レベルの、本質探究&自己健常コントロールレベル」に

「健常成長させる事が肝要」だ』。

『「多くの人々の精神構造が健常成長している」なら

「社会体制も必然的に、本当の民主主義になる」』。

『「比べっこによる他の者・物・事支配/被支配」という「呪縛」から

「狭義の自分の精神構造を健常成長させる事で、抜け出せた人々」は、

「それぞれが、自分を自分で健康にコントロールし続けながら、

広義の自分の本来の目的である地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する行動等」を

「自然と行える様になる」』。

『「その様な、実質的には、特定個人等を偏重させる為の{インチキ理想教}」では

「無い」、

「人類誰もはもちろん、

地球生命体細胞群自体にとっても、

理想になる本当の理想」は、

「既に、はっきりしている」』。

『「重要な事」は、

「{インチキ理想教}等の情報配信や教育等に、

自虐的な時間を割く事等は直ちに止め」、

「本当の理想等の情報配信や教育等を行う様に是正する事」だ。

「情報・教育等を健常化・正常化する事」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

トランプ現象等を「ポピュリズム政治と非難」なのに、豊洲問題等では「安全潔癖症ポピュリズムをつくり出そうとしている」劣悪テレビ・マスコミ等問題・・・。

『「多くの視聴者・読者等」は「タイトルの事態」を「深刻に受け止めるべき」だ。「何故?そんな劣悪テレビ・マスコミ等による暴挙」が

「可能になってしまっているのか?!」

「言うまでも無く、異常な戦後処理を引き摺ったままのテレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界等」の

「人脈(人事)問題故」だ』。

『「かつての非自民、細川政権の成立」も

「先の民主党政権の成立」も

「その劣悪テレビ・マスコミ等」が、

「偏向・偏重情報配信や善・悪イメージ付け情報配信等」により、

「実質的に、大衆をマインドコントロールした事」で

「生じさせた、

実質的、

ポピュリズム政治故の現象」だった』。

『「そして、昨今では、その実質的、悪事」が

「東京都を舞台に行われ続けて来ている」』。

『「{「舛添ダメ!」

「都議会自民党ダメ!」

「小池イイでしょ!」

情報配信}」を

「続けて来ている劣悪テレビ・マスコミ等」こそが、

「実質的に、五輪会場問題や豊洲問題等」の

「生みの親」だ』。

『「元々、非自民政権であった細川政権の長だった細川氏」とは

「朝日新聞上がり」だ。

「チョウニチ新聞等と言われる様にもなって久しい朝日新聞」だが、

「中の実権者人脈」が

「旧社会党等の流れの人脈と大きくダブっている事」は

「想像に難く無い」。

「旧社会党とは、北朝鮮の労働党等と友党関係にあった政党」だ』。

『「また、朝日新聞本社建物内には、中国共産党の出先(部屋)が在る」という

「話しも、有名」だ』。

『「朝日新聞や朝日系のテレビ・マスコミ等の論調」が、

「利北朝鮮・利韓国・利中国共産党等である場合が多い事」は、

「単なる偶然では無く、人脈的必然」と「強く推定出来る」』。

『「同様の傾向」は

「毎日系にもある」』。

『「何かにつけて、小泉!」

「何かにつけて、小池!」等々という

「異常で劣悪」な

「特定個人偏向・偏重好イメージ情報配信」や

「その反対側やライバル等に対する悪イメージ情報配信」等の

「裏に在る」のは、

「人脈問題」と

「強く推定出来る」』。

『「そして、

上記の

政権交代劇や

現在の都の大問題等、

一連の現象」にも、

「特定の人脈の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「都知事就任後、小池氏が行って来た事」は、

「五輪会場や豊洲移転のちゃぶ台返し」だった。

「そのちゃぶ台返し」を

「お仲間、劣悪テレビ・マスコミ等」が、

「視聴者・読者等」の

「費用削減絶対正義論」や、

「安全潔癖症」等を

「煽る事等」により、

「後押しし続けて来ている実態・実体が露呈している」』。

『「幸いな事に、五輪会場問題」では

「小池氏側全敗」となり、

「小池氏側が全敗した事により」、

「落ち着き始めている」』。

『「ところが、豊洲移転問題」では、

「安全潔癖症ポピュリズム」が

「未だ旺盛」なので、

「問題が、更に、深刻化されている様相」だ』。

『「元々、東京ガスの跡地の地下水」から

「安全潔癖症が満足するデータが出る訳など無い」のだが、

「以前の測定法」は

「きれいにした所の上水を動かさずに採取して測定」と

「まるで、開業後の施設運用実態とは別」の

「事を荒立てない為の測定法的」だったから、

「それなりに、キレイなデータがとれていた」。

「しかし、小池都知事が音頭をとった後の測定法」は、

「地下水処理施設を動かしながら・・・」と

「実際の施設運用実態に近い状態での測定法」で、

「そんな事をすれば、

施設運用年月が重なって、ある程度、落ち着く状態になるまでは、

場所が場所だから(何処でも、海水にも、石や岩や砂や土等々にも、かなり、色々なモノが含まれている上に、東京ガス使用後なのだから・・・)、

実安全でも、

安全潔癖症状態の人々なら嫌がるデータが出る」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「つまり、劣悪テレビ・マスコミ等」が

「多くの人々を安全潔癖症状態に陥れた上」で

「小池都知事等」が

「意図的に、施設を動かしながら測定する事」で

「実安全なれど、

安全潔癖症状態の人々なら嫌がるデータを出させ、

それを、またまた、劣悪テレビ・マスコミ等が大問題として、大宣伝する事」による、

「実質的、豊洲移転妨害工作」が

「行われてしまっている実態・実体」が

「露呈している」』。

『「日本の首都東京の一大事業が混乱し、フリーズしたり、遅延したり、・・・する事を喜ぶのは、

反日国の悪権力者人脈の者たち等」と

「相場は決まっている」』。

『「公共の電波」や「公共的マスコミ」等が、

「大衆誘導」や

「妨害工作」等々に、

「悪用されていて良い訳は無い」』。

『「テレビ・ラジオ界や、

公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、本日も「お手盛り、メディア論や共謀罪論やオバマ論」等を、一方的に公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「お手盛りでは無いメディアはどうあるべきか?論」なら「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道をし、判断は視聴者・読者等に任せる」が

「王道」だ。

「つまり、結論は、既に判っている」』。

『「現状でメディア側に居る者たちによる、自己正当化の為のメディア論」だと、

「批判ばかりでは無く、褒める事も大切・・・」等の

「認めて頂戴論等まで出てくる」から

「醜悪になる」』。

『「共謀罪に反対する者たち」とは、

「共謀行為等を行っている者たちである可能性大」だ』。

『「例えば、

日本を乗っ取り支配する事等を企んでいる反日国人脈の者たち」等は

「現状では、

現行の日本の法や摘発体制では摘発困難な手法を使った

集団的工作活動等」を

「何十年も、何世代も、

続けて行い続ける事等により

その悪巧みを実現させようとして来ている」』。

『「しかし、

その辺りにまで適用出来る共謀罪を成立」させれば、

「その共謀が立証されれば、摘発可能になる」』。

『「現状では、

多くの一般日本国民が受けてしまっている

数々の、実質的、虐待行為等」を

「一気に排除する事にも直結している」のが

「そのような集団まで摘発可能にする共謀罪の成立」だ』。

『「そして、それは、国際標準でもある」から

「実際に、多くの先進国には、既に在る」』。

『「共謀罪で摘発可能な状態にある先進国内」では

「戦後の日本国内で行われ続けている反日国人脈等による集団的工作活動等」は

「実質的に、実行不可能になる」から

「例えば、

実際に、

筆者が渡米した時」には、

「周囲にそのスジの人脈による集団的工作活動は全く無し」で、

「日本国内での飲食や宿泊等の時とは、全く違い、

食べたり、泊まったりも、すっきり快適」だった』。

『「その様な状態になる」と

「摘発可能なヒットマン等を使った粛清工作やテロ等しか手段が無くなる」から

「例え、テレビ・マスコミ等で大衆誘導等を行ったところで、

多くの人々の民意を悪巧み連中に沿わせる事も

不可能になる」ので、

「悪巧みの実現は、絶望的になる」』。

『「共謀罪」は、

「日本乗っ取り支配等を目的とした集団的工作活動まで含めて適用出来る様にして、

即刻にでも成立させるべき」だ』。

『「健常な日本のテレビ・マスコミ等」なら、

「上記の様な実態・実体等」を

「視聴者に知らせるのが当然」だ』。

『「それなのに、サンデーモーニング」では、

「共謀罪反対論」や

「適用範囲狭めろ論」で

「多くの視聴者等」を「実施的に、マインドコントロールする、実質的、政治運動等」を

「日本の公共の電波上で行っていた」。

「それは、とんでもなく酷い実態」だ』。

『「オバマ米国大統領の残念なところ」は

「民主主義を言いながら、

民主主義の基本である民度を上げる為の

実効のある政策を行わなかった事」だ。

「その結果」として、

「理想的言葉等だけが、

虚しく残ってしまう状態が招かれ、

その反動で、トランプ政権が誕生する事になった」』。

『「民度を上げる実効のある方法」は

「人々の精神構造の健常成長を誘えば良いダケ」だから、

「意識的かつ積極的に、情報・教育改革を行うべきだった」』。

『「ところが、オバマ大統領」は、

「肝心要の民度アップ」は、

「実質的に、放置状態」で

「上辺の問題だけで、優等生ぶり、正義ぶった」から

「民度が上がっていない状態の多くの米国国民が反発」し

「トランプ政権という反動形成政権が出来る事となった」』。

『「其処にこそ、オバマ政権の失策が在る」のだが、

「常連出演者等」は、

「内実」として、

「多くの視聴者に本質や実体等を

考えさせたり、探究させたり、しない事により、

多くの視聴者」を、

「大きいと勘違い出来る者・物・事」の

「上辺」に

「依存」させる「論」等を「風潮していた」』。

『「其処には、

常連出演者等が語る論や

番組の論調等」で

「多くの視聴者等を

操り続けようとしている臭い」が

「極めて濃厚に漂っていた」』。

『「サンデーモーニングも含む多くの戦後日本のテレビ番組等」では、

「オバマ大統領やトランプ次期大統領等」の

「所謂、大者」や

「戦争や核や原発等」の

「大事」に

「視聴者の興味・関心等をひき付ける情報配信等を続けて来ている」から、

「本当に醜悪」だ。

「その先に在る」のが

「プチ大モノ状態の常連出演者等や、

大テレビ局番組による

論等こそが、正当だと勘違いさせられる

多くの視聴者」で、

「その実態・実体」は

「公共の電波を悪用した、大衆誘導行為」だ』。

『「もちろん、そんな悪事は、直ちに止めさせられる」のが、

「当然」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

世界一受けたい授業では、訳のわからない最新???健康論等をやっていたらしいが・・・。

『「ハードな運動等をした後の疲れ」は「歳をとると、遅れて出る」とは「間違い」だそうで、

「実際は、科学的に良く判っていない・・・」では「???」で

「今時の公共の電波上で大々的に流す程の価値も???の情報」だ』。

『「人間」は、

「該当本人の許容運動量等より、大きな負荷等がかかってしまった時」には、

「生態的防御反応が出る」。

「体内麻薬等が、過剰な負荷等を直に感じさせない様にしている」から、

「ハードな運動の後の疲れを実感する前には、

体内麻薬の代謝~解消等が必要となる」から

「疲れを感じるのが遅れる」等と

「考えるのが、普通」だろう。

「そして、実態・実体もその通り」と「強く推定出来る」』。

『「この現象で問題となるのは歳では無い」。

「個々の人々、その時その状態での運動許容量等」だ』。

『「ハードな運動等と大いに関係が有る」のは、

「筋肉等の運動許容力等になる」。

「問題になるのは年齢では無く」、

「該当本人のその時その状態での筋肉等運動許容力等」だ』。

『「個人レベルの問題として考える」なら、

「疲れの感じ方の問題」の「本質」は

「個体年齢では無く、

その個体のその時、その状態での、

筋力等運動許容力等と

その時~その後の、体内麻薬代謝~解消能力等の

問題になる」』。

『「金と暇のある学者等なら、後は、実態・実体を調査して、論文を書くダケ」だ。

「そして、その程度の事は、出来る立場にいる人々なら多くの人々が実行可能」だろう』。

『「科学的に良く判っていない」では「本当に情けない」。

「上記の様な可能性が大で、今、実証データを取っているから、○年後には、実態実証見込み」等の

「公表であってこそ、未だ、公共の電波上の情報として価値がある事になる」』。

『「元の切り口が現実離れ・実体離れ等している」と「訳が分からなくなる事」は

「よくある話し」だ』。

『「広義の自分の実感等もすっかり忘れている様相の

自我狭窄状態の人々」が、

「本質的に、孤独感を生み出し易い、丸ごと一人の人生観のまま、

狭義の自分個体で、該当個人が気にし易くなっている年齢変化を軸」に、

「個人レベルの身体現象等を理解・把握しようとし、

考え・思い上の納得を求める」。

「そして、その結果生み出した論(考え・思いによる納得法)等」を、

「自己確認の代償欲求そのままに、

他人に投げかけ、

他人も狭義の自分と同様である事を確かめるべく、

同意や反応等を求める」』。

『「其処に在る」のは、

「精神構造の健常成長が不十分な人々の世間話」や、

「残念ながら、その様な実態・実体の中に居る場合が多い

現状の多くの人々の

精神構造が生み出している行動実態・実体」であり、

「人間の健康学等では無い」』。

『「睡眠時間の話し」も「酷かった」。

「同様に、良く判っていない」では、

「お話しにならない」が、

「こちらは、統計学レベルでの長生き実態等は判っている様」だから、

「少しはマシ」だ。

「しかし、本質論では無い上」に

「どこかでも同様の話しが何度となく風潮されている」から、

「つまらない」』。

『「何の為に睡眠が要るのか?」

「脳神経細胞ネットワークの生体的整理~構築の為」と「言われている」し、

「実態・実体もその通り」だろう』。

『「その実態・実体から分る事」は、

「脳細胞神経ネットワークがその日の内に受けとった情報刺激の質と量」と

「既に、構築されている脳細胞神経ネットワークの情報処理法・情報処理機能(考え方や記憶等)等」が

「睡眠必要時間と大きな関係がある事」だ』。

『「人間誰でも、幼少期」には、

「脳細胞神経ネットワークの情報処理法・情報処理機能(考え方や記憶等)等」は

「あまり構築されていない」。

「新たに受けた刺激情報をどう処理するのか?からの構築」が

「必要になる」から、

「応分に睡眠必要時間も長くなる」』。

『「もちろん、起きている間も、脳細胞神経ネットワークの構築が行われている」が

「新たな情報刺激が、

起きている時よりはるかに少ない

睡眠時に、

集中的に構築作業を行った方がより効率が良い事は言うまでも無い」だろう』。

『「年齢を重ねる」と

「全く同じ機能を持つなら、より小さく軽い方が構築度を高め易くなる」という

「構築度アップの基本原則通り、

単純化・縮小化が行われ易くなる」』。

『「もちろん、その現象も、元の入力情報刺激と情報処理機能等の構築状態による」ので、

「個人差が大きい現象」だ』。

『「その個体内で、既に処理方法が判っている情報刺激ばかり・・・」なら、

「単純化・縮小化も容易になる上」に、

「睡眠時に行われる作業」が

「単純化・縮小化に偏向し易くなる」。

「そんな場合」は

「睡眠時間を少なくした方が、長寿との整合性が高くなる事になる」』。

『「加齢による睡眠時間の減少」にも

「直結している」と

「強く推定出来る」

「その日の内の情報刺激」と

「脳細胞神経ネットワークの処理システム構築(考え方・記憶等)」は、

「情報刺激内実の難度の高さ等では無く、

入力情報刺激に対する慣れ・許容度等で決まって来る」』。

『「生体個体の存続性を高めたい」のなら、

「生体の存続性を高める事と整合性が高い

脳細胞神経ネットワークの構築(考え方・記憶等)を続ける事」が

「合理的になる」』。

『「睡眠時間は、それぞれの個体の生体的適性に応じて取れば良い事になる」が

「今時の地球生命体細胞群の人類として」なら、

「情報刺激も、処理機能(考え方・記憶等)も、単純過ぎ故に、短くて良い」や

「怠惰・活動放棄心等故に、長くなければダメ」は、

「避けた方が無難」だろう』。

『「その辺りとも、密接に関係している」のは、

「精神構造の健常成長」だから、

「睡眠時間の問題を入口」に、

「精神構造の健常成長の話し」でも

「情報配信すれば良かったのに」・・・』。

『「少なくとも筆者たちには、

視聴者をバカにしている様に感じる、

何処の局でも常連出演的芸能人等とのおバカ話し等に割いている

実質的には、醜悪で無駄な時間」を

「無くせば、

論を深め、

精神構造の健常成長等の話しに割ける時間等」が、

「十分にある筈」だ。

「もちろん、視聴者に、分り易く、面白く、伝える事も十分に可能な筈」だ。

「ついでに、常連出演的芸能人等の出演も無くせば、

番組制作費等も大幅に安上がりになる筈」だ』。

『「学者???」が

「出て来て」、

「???の話しや、つまらない話し」では

「本当に、情けない」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

未だに、丸ごと一人の死生観や既存の常連出演者等ばかり・・・のテレビって異常でしょ!・・・。

『「丸ごと一人の死生観」も、「●●ママも古過ぎ!」』

|

テレ朝朝番では、トランプ会見をダシに常連出演者等が「お手盛りメディア論」等を公共の電波上に一方的に撒き散らしっていたが・・・。

『「常連出演者等の弁」によれば、「裏を取り、判断は、反権力の方向で、メディアの者が行っている情報配信を行う」のが、

「メディアとしては良い」等らしいが、

「それは、とんでも無い事」だ』。

『「少し考えるなら、誰でも気づく筈」だ。

「例えば、

日本の権力者が日本の為になる事を行おうとしている時、

メディアの者の判断を元に、

権力批判・非難や、

反権力に偏向し、その方向を偏重した論等」を、

「大衆に向かって大量配信し、

日本社会の多くの部分をその論調で埋め尽くす事」の

「実効」は

「反日本国や反日本人脈等の人脈や組織等や活動等を利す事になる」』。

『「メディアの者による

基本的反権力志向の判断を元にした

情報の大量配信」は、

「実質的には、反日政治運動等になる」』。

『「実際に、

そんな情報配信の利を得る事になる」のは

「例えば、

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者人脈や

中国共産党等になる」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「スタンスが、上記の通りである上」に

「ネット普及前は、

多くの人々がテレビ・ラジオ・マスコミ等に追従するしか無い様な状態を

実質的に強いられていた」ので、

「多くの人々が、マスメディア側の判断や論等に追従させられていた」から、

「戦後日本社会では、

日本系人脈に自虐を強いる反面で

韓国(北朝鮮も含む)悪権力者系人脈(工作員も含む)や中国共産党系人脈(工作員も含む)等を

不当に利す、

実質的異常事態が続いてしまっている」のが

「実態・実体」だ』。

『「拉致」も

「北朝鮮の瀬戸際外交による利」も

「韓国のダダ外交による利」も

「中国共産党の不当増長の一部」等々も

「皆、

戦後の日本国内にいる決して少なく無い数の

そちら系の人々による

日本国内における

集団的工作活動」と

「異常な戦後日本の情報・教育等」が

「在ってこそ、実現出来てしまっている事態に他ならない」』。

『「もちろん、こんな状態は、即刻、解消するべき」だ』。

『「解消法は簡単」だ。

「実質的公共機関である、マスメディア」には、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大の情報配信のみを許可」し、

「情報を元にした判断は、視聴者・読者等個人個人に任せる」。

「大衆誘導を元にしたインチキ民主主義では無い

本当の民主主義の為のベース」は

「その社会内の誰もが得られる

実体や事実・現実に基づいた原寸大の情報に他ならない」』。

『「もちろん、健常な判断力を育成する為」に、

「狭義の自分も含む、全ての者・物・事に対して

実体や事実・現実を

ありのままに受け入れた上で、

自虐的な判断を避け、

健常な判断を行う事等を

習得・体得する

健常な学校教育等も必要だ」』。

『「全人類の情報・教育の正常進歩・正常進化」は

「急務」だ。

「何故なら、多くの人々の精神構造を急速に健常成長させない限り、

急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明が、

成長不十分な精神構造の下で自虐的に用いられる事で

人類滅亡が実現してしまうから」だ』。

『「物質文明の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」で

「可能になっている」。

「精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」こそが

「今の生きている全人類が激烈に求められている事」に他ならない』。

『「狭義の自分誰もが持つ、自己責任の一大事業が其処に在る」』。

『「それは、健常な学校教育にも直結している」』。

『「こんな人類世界の現況」なのに、

「未だに、公共の電波を使った実質的反日政治運動行為等」を

「お手盛り論で正当化し続けようとしていた様相」の

「テレビ番組や常連出演者等」には、

「本当に呆れた」』。

『「公共的メディアの情報配信」は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大の現実報道のみこそが、良い」。

「判断は、メディアの者がせず、視聴者・読者等個々の人々に任せるべき」だ。

「個々の人々の健常な判断力を育成する為」の

「健常な学校教育等が必要」だ。

「今の人類、情報・教育改革は待ったなし」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

集団的工作活動による日本人言論粛清問題・・・。

『「戦後日本国内の情報・教育は、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育」によって「実質的に、言論統制状態だった時代が、長く続いていた」。

「ネットの普及」で「その実質的、言論統制状態」は

「崩された」。

「しかし、未だに、ネット界」では、

「オンタイム盗み見~そのスジの者たちにとっての不適応情報発信者等に対する、

情報発信妨害工作」等の

「実質的、言論粛清工作までもが、行われている」』。

『「実際に、筆者のところ」では、

「以前から、ブログ記入中に、フリーズ化~白紙化される

オンタイム妨害」が

「しばしば有った」。

「その実態は、お知らせ項等をご参照頂ければ、お分かり頂ける」と思う』。

『「もちろん、筆者は、その様な妨害に屈するタイプの人間では無い、

ばかりか、核心情報である事の証左でもある可能性大等と取り、

益々、その方向の記事も積極的にアップする様になるタイプの人間(一般日本人)」なので、

「その後も、相応に、個人レベルの積極的配信を続けて来ていた」』。

『「そうしていた」ら、

「1月8日」と言えば、

「金正恩の誕生日でもある様」だが、

「1月8日の夜」には、

「ブログ記入中オンタイム」に、

「ウィンドウズアップデートの機能を悪用した筆者のパソコンに対する大破壊攻撃」までもが

「行われた」』。

『「もちろん、その前」には、

「筆者のパソコン内」から、

「大攻撃時に必要になる情報を収集していた筈」だ』。

『「筆者のところでは、セキュリティ対策」として、

「ウィンドウズで筆者が知り得ている範囲での厳しめの設定」と

「当然、素人の筆者の設定ではアブナイ」ので、

「プロバイダーの常時安全セキュリティ24」を

「利用させてもらっている」』。

『「アダルト関連サイト等など一切アクセスせず、

ニュースと

メールと

ブログと

少々の検索専用機」として、

「ネットアクセス専用のパソコンを使っていた」』。

『「更に、ネット使用時以外は、LANケーブルを外し、

機内モードはもちろん、ワイアレスデバイスの削除まで行い、

ウィルスの完全チェックもしばしば行い、

セキュリティソフトの設定もよりセキュリティが高くなる設定とし、

脆弱性チェック等も行っている使用状態」で、

「更に、1月8日のブログ記入中」には

「セキュリティセンターと常時接続状態」だった』。

『「その様な状態だったにも関わらず、

その時、使用していたパソコン(バイオ)」は

「ブログ記入中にオンタイムで大攻撃をしかけられ、

ソフト面が大幅に破壊され、

実質的に使用不能状態にされた」のだから、

「とても、個人レベルの技術による攻撃とは考えられない」』。

『「筆者のブログ内容からも、

強い可能性として浮上して来る」のが、

「反日国系人脈による集団的工作活動」だ』。

『「筆者の近隣に居るそのスジの工作員集団」が

「筆者や筆者と同じ地域にいる{そのスジの者たちの親玉等にとっての不適応分子}」を

「ほぼ常時オンタイムで監視」しながら、

「日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手法を用いて、

粛清工作を行い続けて来ている実態・実体」が

「強く、浮上し来る」』。

『「筆者の実体験や実態調査や実感等からも、

電磁波工作による覗きや殺傷・病気化等工作」や

「飲食物工作による殺傷・病気化等工作」や

「侵入工作による情報盗みや飲食物工作等の仕込み」等々が、

「自宅・職場・飲食店等を問わず、

集団的に行われ続けて来ている」と

「極めて強く推定出来る」』。

『「日本全国各地で、

そのスジの人脈による集団的ストーカー行為&傷害・妨害行為等が行われ、

酷い場合には殺人まで含まれている」と

「極めて、強く推定出来る」』。

『「戦後の日本国内」では、

「その集団的工作の害を受けていない人々」が

「ある意味では、不当に、有利に行動・活動等が行えている事になる」。

「そのスジの者たちの親玉等にとっての有益分子なら、

集団的粛清工作の対象外」で、

「不適応分子」なら

「集中的に集団的粛清工作の中に置く、

極悪権力者等の意思・意志」が

「浮上している」』。

『「もちろん、こんな現状のままで良い訳は無い」。

「真の日本のテレビ・マスコミ等」なら、

「戦後の日本社会で未だに、蔓延り続けられている

集団的工作活動等」を

「意識的かつ積極的に告発するべき」だ』。

『「偽善者の論理」では、

「人種・国籍・民族等の差別はダメ」だから、

「露呈しない、していない、させていない問題等は、黙殺し、

上辺の友好関係等を優先するべき等」だが、

「もちろん、それはインチキ論」だ。

「そんな事をすれば、集団的工作活動を仕掛けている側が、有利・優位に成り易くなる」。

「だから、実際の日本社会の中」でも、

「そのスジの人脈による要所・要職等占有率等が高まってしまったり、

そのスジの人脈にとって都合の良い集団的工作活動黙殺状態が続いていたり、

…等々している」。

「まるで、拉致問題が黙殺されていた時代と同様の事態」が

「集団的工作活動問題で起きている」』。

『「普通の者の論理」では、

「人種・国籍・民族等を問わず、悪事・悪人等はダメ」だ。

「人種・国籍・民族等の差別はダメ」だが、

「悪事・悪人等に対する差別対応は在って然るべき」だ。

「差別jは、何でもダメ」というのは、

「悪事・悪人等を利す事にも直結している悪魔の論理」だ。

「善悪には差別が適切」だ。

因みに、

「優劣には区別が適切」だ。

「それは、優劣混在では劣化し易いから」だ。

「多種多様共存適材適所人間社会こそが、

快適性の高い

構築度の高い人間社会の姿に他ならない」。

「その為にも、善悪差別と優劣区別」は

「意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「もちろん、ここで言う善悪・優劣」とは、

「特定の誰かの考え・思い上での善悪・優劣では無い」。

「そんなモノに大権を持たせるなら、

例えば、其れこそ、自分の実体に叛いている悪者でも、

何でも、どんな者・物・事でも、

正当化や劣扱い等、出来てしまう」。

「あくまでも、

人類誰もの広義の自分の実体である地球生命体細胞群」の

「本来の目的である存続~永続との整合性上で

科学レベルで判別出来る善悪・優劣」だ』。

『「インチキ論で日本社会を染め上げ続けようとしている

劣悪テレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「劣テレビ・ラジオ・マスコミ等は、区別され劣位に置かれるべき」だ。

「悪テレビ・ラジオ・マスコミ等に相応しいのは罪と罰」に他ならない』。

『「似非平和主義者や偽善者等」は

「いい加減に、目を覚まし、

自分の実体に叛く自虐行を止めるべき」だ。

「善悪差別は正当な事」だ。

「劣悪区別をした方が、適材適所や効率の良い体制等が出来易くなる」』。

『「集団的工作活動」は

「マスコミ等により、早急に、大々的に告発され、

日本政府・与党・警察等による意識的かつ積極的な対策の下、

徹底排除されるべき」だ』。

『「その為に、世論喚起等が必要」なら、

「多くの日本人が、

意識的かつ積極的に、

声を上げるべき」だ』。

|

1月8日夜、記事記入中に、ウィンドウズアップデートを悪用した攻撃を受けた・・・。

『「金正恩の誕生日のせいか?」「余程、記事内容が気に入らなかったからか?」

「かなりの破壊度だったので、復帰まで、少々時間を要してしまった」。

「該当記事内容等は、今後、執拗にアップし続ける事にする」。

「ここでも、それなりに、記す事にした」』。

『「日本国内には、新大久保の様な相応の大きさを持つ韓国(北朝鮮も含む)人街が在る」。

「しかし韓国(北朝鮮も含む)国内には、同様の規模以上の日本人街は無い」。

「もちろん、この様な事態は、異常な戦後処理を引きずり続けているが故」だ』。

『「異常な戦後処理ゆえ」の

「日韓併合時からの日本国内残留韓国(北朝鮮も含む)人」や

「戦争状態が収束しても何故か帰らない朝鮮戦争難民(???)」等により、

「戦後の日本国内には、多数の韓国(北朝鮮も含む)人がいる」。

「帰化した人々も数多い」』。

『「それらの全ての人々」が、

「平和・共存目的で、日本国内に居て、

工作活動等を行ったり、

工作活動等に協力したり、

していない」のなら、

「基本的に、問題は無い」。

「しかし、実態・実体が全く違う事」は

「日本全国各地からの拉致」や

「電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・情報教育工作・政財界工作等々、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法を使った

数多くの集団的工作活動等」の

「存在等からも明らか」だ』。

『「拉致はもちろん」、

「北朝鮮の瀬戸際外交」も、

「韓国のダダ外交」も、

「日本国内の多数の協力者や集団的工作活動等抜きには成立し得ない事」は

「少し考えれば、誰でも判る事」だ』。

『「例えば、韓国が慰安婦像で騒ぐ事」等に対し、

「日本国内のほとんど全ての人が

元々からの日本国民で、

韓国側の不当な要求等に対し、

絶大なる嫌悪感や拒絶感等を

普通に抱けている状態」なら、

「多くの日本国民による反論やそれに基づく政治等が主流になる」から、

「韓国側は、下手に騒げば騒ぐ程、実損を招く事になる」。

「ところが、現状では、日本国内で韓国側の応援をする人々が多数いる」。

「上辺では非難・批判等しながら、

内実では、友好関係が大切だから、少しは、韓国側に寄り添って問題を解決・・・」等の

「内実、利韓論が、日本のテレビ・マスコミ・学校教育等で、蔓延っている裏に在る」のが、

「集団的情報・教育工作の意思・意志」だ』。

『「もちろん、その様な事は、日本国内に多数の韓国(北朝鮮も含む)系の人々が居続けているから、

実現出来てしまっている事」だ。

「だから、逆の事態」は、

「韓国(北朝鮮も含む)内では、全く起こっていない」』。

『「韓国のダダ外交」も

「北朝鮮の瀬戸際外交」も

「戦後のそれぞれの国の中の本来の国民と

まるで、侵略~乗っ取り支配等が目的であるかの如く動いている本来の国民では無い人々」の

「割合」が

「日本と韓国(北朝鮮も含む)で、不当に甚大であるが故」に

「実行出来てしまっている、実質、悪事」だ』。

『「もちろん、こんな悪権力者たちに都合の良い、

本当の平和友好関係を阻害している

異常状態」は

「即刻にでも、解消されるべき」だ』。

『「はっきり言えば、

日韓併合時に朝鮮半島内に渡っていた日本人の多く」は、

「金と仕事と労働力等々を持って、荒れ果てていた朝鮮半島内の近代化整備を

私財までつぎ込んで頑張っていた人々」だ。

「それらの善意の人々の裏」で

「当時の朝鮮半島内からは、

多くの韓国(北朝鮮も含む)人たちが、

既に、近代化整備がある程度進んでいた日本本土内に別天地での良い生活等を求めて、

自主的に渡来した」』。

『「戦後朝鮮半島内の日本人のほぼ全てが、

朝鮮半島内に、資産・財産・立場等を残した上で、

強制的に帰還させられた実態」からすれば、

「日韓基本条約で全てチャラにしないのなら」、

「日本国内に居る韓国(北朝鮮も含む)系の全ての人々」を

「帰化しているなら、帰化を無効化し、

強制的に、朝鮮半島内に帰還させて」こそ、

「イーブン(お互い様)」になる』。

『「そうすれば、その後」は、

「ダダ外交」も

「瀬戸際外交」も

「行っても、韓国(北朝鮮も含む)側の自虐になるダケ」になる』。

『「その方が、韓国(北朝鮮も含む)側の

工作活動から健常成長への切替え欲動」も

「高まり易くなる」から、

「荒療治ではあっても、

将来的に、

お互いの為になる事は確実」だろう』。

・・・・・・・。

『「さて、筆者がブログ記入中」に、

「しばしば、オンタイムで攻撃をしかけ続けて来ている工作員やその親玉たち」は、

「上記の内容のどの辺りが、余程、気に入らなかったのだろうか?」

「全て、基本的に、筆者が記すまでも無く、

戦後日本社会の中にある

多くの人々が実感している現実」と

「その現実故の現象」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)人差別や排除はダメ」だが、

「戦後日本国内の集団的工作活動の排除」は

「行わない事がダメ」だ。

「健常なテレビ・マスコミ等なら、その様な論を積極配信している筈」だが』。

|

サンデーモーニングでは、視聴者を迷わせる事で現状利権を維持し続けたい様相の常連出演者等が相変わらずの劣悪論等を風潮していたが・・・。

『「現状人間世界の社会・経済等の大問題の本質」は「既に、明らか」だ。

「それは、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用しているが故」に

「急速な進歩・進化を実現させる事が出来続けている人類の物質文明」に対し、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用せず、

実質的には、考え・思いによる納得レベルに偏執する事」で、

「本来なら実現させているべき健常な進歩・進化を大いに遅らせ続けて来ている人類の精神文化」が

「つくり出している大問題」だ』。

『「問題の本質が既に判っている事」とは、

「既に、基本的解決法も判っている事でもある」』。

『「現状人間世界の社会・経済等の大問題」の「基本的解決」は、

「人類の精神文化」を、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事で

物質文明以上のレベルにまで、健常進歩・進化させ続ける事」で

「実現出来る」』。

『「人間社会システム」も

「経済システム」も

「人類の精神文化製品」に他ならない』。

『「現状の人間社会システムや経済システム」は

「考え・思いによる納得上で構築されている極めて性能の悪いシステム」だから、

「多種多様な問題を生じさせてしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用した

社会システム・経済システムを構築し、実用する事」が

「今、激烈に望まれている」。

「何故なら、其れこそが、戦争等の自虐劇を最小限に抑えながら、

人類世界や地球生命体細胞群の存続~永続を可能にする方法だから」だ』。

『「それなのに、未だに、サンデーモーニングでも、

相変わらずの常連出演者たち」が

「公共の電波上」で、

「優等生ぶり、紳士ぶり、正義ぶりながら、

実質的、劣悪論等を風潮し、

実質的、政治運動までも、

行っていた」。

「本当に、酷く劣悪な、醜態」だ』。

『「例えば、心理学者???」は

「成長欲求」と「退化欲求」なる

「考え・思いレベルの概念を持ち出し、

その概念に無理やり当てはめて、

現状人間世界の現象を説明しようとしていた」。

「もちろん、そんな事をすれば、益々、本質が判り辛くなり易い」』。

『「そもそも、人類も含む地球生命体細胞群の基本欲求」は

「存続」だ。

「それは、細胞レベルの基本欲求」だ』。

『「そして、時空の流れによる物理崩壊に抗いながら、生物として存続する為に必要な事」は、

「生物群としての構築度を、存続可能範囲に、上げ続けている事」だ』。

『「構築度を上げる為に必要な事」は

「拡大化や多種多様共存化」だが、

「同レベルの構築度が維持出来るなら、

大きな物より小さな物の方が、

他の細胞群が得られる使用可能場所・エネルギー等の範囲が大きくなるから、

より合理的になり、より構築度を高め易くなる」』。

『「実際の地球生命体細胞群」も

「当初は、単細胞生物が拡大化したり、多数化する増大(成長にも思える)現象が主だった」が、

「ある程度、構築度の向上が続けられた後には、

単純化・縮小化~多様化する減少(退行にも思える)現象も現れる様になる」』。

『「つまり、

増大(成長にも思える)現象も

減少(退行にも思える)現象も、

どちらも構築度を上げ続ける為に必需の現象」であり、

「どちらかが良く、どちらかが悪い現象では無い」』。

『「構築度を上げ続ける為に、

どちらも必需となっている

生体としての基本現象(だから、もちろん、人類誰もの中でも起こっている)に対し、

考え・思いを被せて、納得しようとする」と

「成長現象や退行現象という考え・思い上の概念」も

「生み出せる」』。

『「その様な考え・思いレベルの概念」とは、

「云わば、お経の決まり文句の様なモノ」で

「考え・思い上で、好き勝手に使い易い、ある意味での便利さ」と

「多くの人々に本質や実体が伝わらず、誤解等を招き易い、曖昧さ等」が

「混在している、

今時の人類にとっては、お経の決まり文句同様、あまり有り難くも無いモノ」だ。

「そんなモノを持ち出して、文学的に現状人間社会等の問題を解説等しようとした」のも、

「本当の目的である政治運動等の為」だろう』。

『「現状人間社会上の問題の本質」は、

「ズルい人や本質的に悪い人はダメ」であり、

「人種や国境線等の問題では無い」。

「現状経済・社会システム上の問題の本質」は、

「実体離れしている経済評価やズルい金膨らまし等はダメ」であり

「金権による人間支配・被支配はダメ」だ。

「問題の本質」は

「至極簡単な事」に他ならない』。

『「至極簡単な問題の本質」を

「如何にも、複雑怪奇で、解決困難な物事だ!」等と、

「多くの人々に、考え・思わせ、信じさせる事」で、

「現状のインチキ社会・経済システム」を

「維持する事が可能になってしまっている」のが

「実態・実体」だ』。

『「現状経済システム」には

「破綻~大戦争によるリセット」が「付き物」だった』。

『「何しろ、ズルや悪が容認せしめられている経済システム」なので、

「例えば、金融投資界による金転がし~膨らまし」で

「大金持ちは、容易に、更なる、大金持ちに化けられる」。

「企業等は、金融投資界で金転がしをする事」で

「容易に資金増大が可能」だ』。

『「大金持ちや企業等は、金融投資界を太らせるメリットが大きい」ので、

「その様にする」と

「実体経済界がどんどん細る」。

「細り過ぎた実体経済界内の実働者たちには、多大な不満が生じる事となる」から、

「それを戦争でリセットし、焼野原上の平等化等を行って来た」のが

「人類の戦争の歴史の実体」だ』。

『「企業は、金融投資界で資本を増大させる事により、

金権による人間支配・被支配がまかり通っている現状人間社会内」での

「比べっこ支配権争い上の

エネルギー源でもある資本を増大させる事が出来る」』。

『「より有利に金膨らましを行う為」には

「実働者賃金等を抑える事が合理的になる」。

「安い労働力を得る為には、国境線を低くし、移民等を流入させる事で、

労働者数を増やす事や、

為替メリットを利用して、

安い労働力が得られるところで売るモノ等を生み出させる事等」が

「合理的になる」』。

『「その様な道の上で、邪魔になる」のは、

「国境線の高さであり、関税等」だ。

「経済グローバル化の裏には、ズルい企業や資本家等が在る」』。

『「国境線を低くする事で戦争を避ける」とは、

「内実、腹黒い悪者、もしくは、愚か者の優等生的詭弁」だ。

「多数の原水爆まで保有出来てしまっている人類の物質文明の進歩・進化」は、

「もはや、人類の、世界大戦による経済リセット~焼野原上の平等化等」を

「容認していない」。

「それは、今時の、ほとんど全ての人類が、既に、分かっている共通認識」だ。

「もはや、大戦争を避ける為の国境線を低くする論のインチキ」は、

「多くの人々が判る事となっている」』。

『「ズルい腹黒悪者たちによる、グローバル化」の

「反動が出る」のは

「当然の現象」だ。

「その流れが、英国のEU離脱や、米国トランプ時期大統領の誕生や、EUの多くの国々内での保守化等」として、

「具現化されている」』。

『「排除すべきは、反動故の過度な部分であり、

行き過ぎたグローバル化を是正する部分では無い」』。

『「過度な反グローバリズムの部分」を

「移民難民問題や、人種問題や、差別問題等々と結び付けて、

行き過ぎたグローバリズムを、更に、展開し続けさせようとするズル」も

「もう、バレバレ」だ』。

『「成長欲動ダケの世界」とは、

「単細胞生物による地上埋め尽くし事態等と同様」で

「多種多様共存世界より、遥かに、構築度の低い世界になる」から、

「崩壊が付きモノ」となる』。

『「自分が生きている間ダケ、

ズル賢く稼ぎ、

大量消費自慰生活や、

有名人化や大権所得や賞等々による他人からのお墨付き等により、

自分を誤魔化し続けたい様相」の

「醜悪な腹黒劣悪者たち」は、

「その存在自体が、地球生命体細胞群の存続~永続に対する大迷惑」だから、

「即刻、狭義の自分の状態を改善する・改善させられるべき」だ』。

『「不法移民」とは、

「自国内をより良いところにする事等よりも、

既に、近代化整備済みの他国内での別天地生活を求めるズルい人々である場合が多い」』。

『「不法手段で、ズルく近代化整備済みの国々内に入り込んだ後、

都合良く、別天地生活を味わえている」なら、

「犯罪者化する事等も抑制されるだろう」が、

「別天地を求めて、

ズルく入り込んだのに、

思い描いていた都合の良い生活等も出来ない場合等では、

犯罪者化し易い」のも、

「元々が、ズルい人々なのだから、ある意味、当然の現象」だ』。

『「国家レベルでの文化等の多種多様性を保つ為」にも、

「不法移民等抑制の為」にも、

「ある程度高い国境線が合理的になる」』。

『「実態・実体としては、考え・思いによる納得法レベルである宗教等」は、

「歴史文化遺産の座に置くべき」だ。

「丸ごと一人の死生観や人生観等も同様」だ』。

『「細胞レベルの命の連続性という実体や事実・現実」が

「全人類の共通認識になる」なら

「人種・民族等々による差別は無くなる」。

「残るのは、本質的、悪者や、ズルい人々等に対する、正当な差別」だ』。

『「常連出演等のズルを行っている者たち」が、

「自分たちのズルい特権や不当利権等を維持する為」に

「人種・民族・移民・難民・ジェンダー・障がい等々の差別を表建て、

視聴者等を、実質的に、騙し続けている実態・実体」は、

「本当に、醜悪」だ』。

『「公共の電波上に流すべき情報」は、

「現状の常連出演者等による、

劣悪論やインチキ自慰論等以外」に、

「山ほど在る」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

未だに、韓国「従軍慰安婦{詐欺}」にマジに反応している日本国民って、圧倒的、少数派でしょ・・・。

『「それでも、日本国内の、韓(北朝も含む)系情報配信機関等」は「韓国の従軍慰安婦{詐欺}」等を「大宣伝」している。

「その目的」は

「言うまでも無く、利韓(北朝も含む)悪権力者人脈等」だ』。

『「韓国内の極一部」の

「実体や事実・現実離れも厭わない、実質的、悪人脈の者たち」が

「身勝手に建てている、所謂、慰安婦像」の

「実効力」を

「日本国内において」も

「無理やり高め様としている、

悪のお仲間の実態や様相等」が

「露呈している」』。

『「韓国側が意図的に問題化した

内実、従軍高報酬売春婦問題」により、

「韓国側に、いくらかでも金や実権等を与えられれば成功等」というのが、

「従軍慰安婦(内実は、当時、合法の仕事だった、従軍高報酬売春婦){詐欺}」の

「実態・実体」だ』。

『「所謂、従軍慰安婦の実態・実体」が

「従軍高報酬売春婦等であった事」は、

「もはや、多くの人類が既に知っている事実・現実」だ』。

『「更に、当時の日本も含む、多くの当時の国々の社会内」では、

「売春が仕事として認められていた事等」は、

「少し調べれば、誰でも分かる事」だ』。

『「現状の韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等による、

当時の従軍高報酬売春婦等をダシにした日本責めには、

「明らかな無理がある」』。

『「上記の様な実態・実体」は、

「韓国国内の多くの人々」も

「既に、理解・把握出来ている事」だ』。

『「それなのに、未だに、従軍慰安婦詐欺等」が

「市民権や公然化権等を得られてしまっているところ」に

「現状韓国社会」の

「重大な問題が在る」』。

『「更に、その様な韓国内の異常な流れ」を

「日本国内にも、充満させようとしている者たちの問題」は、

「かなり大きい」と

「言わざるを得ない」』。

『「現状韓国社会やその流れ上にある日本社会の中の情報・教育等が重要視している」のは、

「歴史上の事実・現実・実体等」では「無く」、

「特定の考え・思い上の納得等である」、

「実態・実体」が

「既に、ずっと前から、露呈している」』。

『「つまり、その事に尽力して来ている者たち」の、

「裸の王様状態」が

「露呈している」』。

『「現状のインチキ社会・経済システム上」では、

「上記のような

特定極一部の者たち」の、

「考え・思い上にのみ存在可能」な、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実とは、程遠い、

実態を持つ者・物・事等」でも、

「比較的容易に是認せしめる事等」が、

「可能になってしまっている」』。

『「もちろん、言うまでも無く、その様な社会・経済システム等」とは

「維持し続ける必要など全く無く、

是正が急務であって然るべきシステム等」だ』。

『「それでも、尚、現状の日本の情報・教育界の一部や、

韓国(北朝鮮も含む)内等」では、

「過去の日本等の、

実質的捏造等までして、

無理やりツッコもうとすれば、

突っ込めるところ」に

「対して、

無理やり突っ込んだ」、

「劣悪な情報・教育等や政策等が旺盛」だ』。

『「そして、その不健常な流れ」は、

「異常な戦後処理を引き摺った状態」の

「日本国内にも、充満させられ続けて来ている」から、

「拉致問題の解決等は、ほど遠い」まま、

「多くの一般日本国民に対する

新たな、

利韓(北朝も含む)等の為」の、

「{上辺では無言や、如何にも、正論等の}、

実質的、圧力等が旺盛なまま・・・」だ』。

『「もちろん、こんな現状」は、

「直ちに是正されて然るべき事」だ』。

『「何れにしても、

異常な戦後処理を引き摺り続けているが故に、

上記の様な、実態・実体を持つ、

戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた、是正・正常化等」は

「急務」だ』。

|

「国の本性」を言った段階で、ほぼ「政治運動である事」がバレバレ、哀れな自爆ゲロ人等の今後は?・・・。

『「今時の普通の人類が問う」なら「断じて、国等の本性では無い」。

「個人個人の精神構造の健常成長レベル」だ』。

『「それなのに、国の本性等を言う者たち」の「中」には、

「不健常な臭いが充満している」』。

|

前記事をアップした少し後から、上方向(斜め上も含む)からの工作電磁波が強化されたが・・・。

『「前記事の内容は、そのスジの悪たちにとって、余程、ある意味での、核心に触れている部分が多かった様」で

「上方向の工作員たち、及び、その仲間たち」が、

「当方狙い」の「工作電磁波」を

「何としてでも強め、粛清工作等を成功させようとしている状態」が、

「色濃くされている」』。

『「もちろん、言論に対して、言論で反論出来ない者たち等」には、

「本質的正当性等」が

「その時点で、無い」。

「更に、工作電磁波や飲食物工作等々の暴力的手段」で

「反抗する」等の

「更なる、本質的正当性等を欠如させる愚行に邁進していれば、

その劣悪度」は、

「かなりのモノになる」』。

『「自覚の有る・無しを問わず、

本質的劣悪」は

「本質的劣悪を行う者たちの中から、

その者を壊している」。

「何故なら、本質的劣悪行に手を染めている事により、

自分で自分を是認する事が既に出来なくなっているから」だ。

「自己承認欲求の本来欲求が埋められない状態を続ける」なら

「人間は、容易に崩壊して行く」』。

『「かなりの劣悪度」の「行為の実行」により、

「自らを中から壊している

自虐的愚か者たち」は

「本当に哀れ」だ』。

『「もちろん、圧倒的多くの人類」は、

「そんな劣悪な者たちやその親玉等には付いて行かない」。

「現状で従っている実質的手下たちにしても、

その多くは、

暴力的手段等の下で、

上辺は、劣悪者たちに気に入られる様に積極的に、

内実は、劣悪者たちに抗う根性も能力等も無い・出さないから、仕方なく、

劣悪者やその親玉等に、付いて行くフリ等をしながら、

内実は、

劣悪者の親玉等の手下故に手に入れられている

不当利権等の少々のお零れが目当て」だ』。

『「その様な姑息な連中の行き先」も

「劣悪者の親玉等と並ぶ永遠の恥辱に染まる道の上である事」は、

「既に、その行いにより、実質的に、決まっている様なモノ」だ』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」を

「免れたい」のなら、

「過去~現在までに行って来た全ての劣悪行に対する、

応分の償い等が必要になる」。

「しかし、実体としては、自分の実体さえ???のチッポケな劣悪者の親玉等」にさえ、

「抗えていない」のだから、

「そんな連中が、自らの劣悪行に対して、応分の償い等を行う」のは

「極めて困難」だろう』。

『「それでも実行可能な事」は、

「劣悪行を止める事」だ。

「それは、永遠の恥辱に染まる道の上で、より目立たない位置に置かれる方法」だ』。

『「当方に対する工作電磁波等」は

「常に、実効を持たないレベルになる」まで、

「当方は、時間も金もかかる、迷惑な対策を行い続けて来ている」。

「今後も、迷惑だが、工作電磁波が在る限り、そうし続ける」。

「しかし、その邪魔度も、もはや、それ程大きくは成り得ないレベルにまで、

当方の工作電磁波対策は、既に、達している様」だ。

「もちろん、相応に、結構なお金と時間を要した」が』。

『「実効の出ない工作電磁波を続ける」なら

「「下っ端工作員等は、何れは、劣悪者の親玉等にも、徹底的に嫌われる事になる筈」だ。

「元々、劣悪者たちに勝ち目は無い」が、

「劣悪者の親玉等が墜ちる前に、

末端工作員等が劣悪者の親玉等に嫌われる事の哀れさ」は、

「何処ぞやの独裁国家等の実態等を見る」なら、

「何処の誰にでも、明らか」だろう』。

『「工作員たちが劣悪者の親玉等の下を抜ける」なら

「今の内」という「実態・実体」が

「露呈している」』。

『「下っ端工作員が抜ける事は、比較的容易い」。

「もちろん、そうすれば、劣悪者の親玉等は、別の工作員等を、

当方に充てる」だろう。

「当方にとっては、上方向の交代劇」が

「また繰り返されるダケ」だが、

「より多くの工作員たちが

実感を持って、

工作の無駄や劣悪者の親玉等の近未来等を知る事の意味」は

「決して小さく無い筈」だ』。

『「未だに、本質的正当性があると思い込めたり、信じられたりしている」なら、

「言論で返してみれば良い」。

「それが、出来ないのなら、その時点」で、

「負けが、判明している」。

「負けを認められない」のは

「裸の王様」という訳だ』。

『「当方」には、

「裸の王様を眺め続け、内心でバカにし、嘲笑い続ける等」の

「劣悪な趣味・嗜好等は無い」。

「出来るなら、裸の王様たちには、一刻も早く、本来の服を着て欲しい」と

「心から願っている」』。

『「工作電磁波対策による大量のマイナスイオンに囲われている」と

「長文になりがち」だ。

「そろそろ昼食にする」と「共」に

「この項へ記述」は

「今のところ、上記程度で止めておく」』。

|

テレ朝朝番の「大衆誘導」が、少し、巧妙化していたが・・・。

『「先ず、脳内ICS細胞の発見」という「科学ネタ」を「流し」、「如何にも、科学レベルで正しい情報を大切にしている番組である」等の「イメージ」を「視聴者に持たせ」、

「次に、ネットから使えそうなネタ」を「掘り出し」、

「都合の良い解釈」等を「常連出演者が語り」、

「公共の電波上で、一方的に大量配信」する。

「そこまでで、

多くの視聴者の中に構築されているであろう

番組情報内容に対する受容心等の上」に

「韓国大統領関連問題」を「載せる」。

「その後」で

「日本の鹿児島市長、公費で妻と海外出張問題」等を

「載せ」

「常連出演者等が(上辺の)正論等を述べる事」で

「一連のニュース等の流れを〆」、

「それまでの情報配信内容全体」が

「正論・正当等であるかの如きイメージを視聴者に持たせようとする」』。

『「その情報配信の流れの中心」は

「視聴者に、思いやりの雰囲気」や「受容心」等を

「養わせた後」の

「韓国大統領関連問題&韓国取材陣賛美等」だ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)関連」で、

「多くの一般日本国民が接する」のは、

「言うまでも無く、韓国大統領等では無い」。

「韓国製品や在日韓国(北朝鮮も含む)人等」だ』。

『「日本国内の多くの視聴者に韓国(北朝鮮も含む)関連のニュース・情報等」を

「大々的に見せ付ける事」の「実効」は

「多くの一般日本国民が接する事」が「可能」な

「韓国製品や在日韓国(北朝鮮も含む)人等に対する

思いや対応等の変化」になる』。

『「その変化」を

「思いやりや受容心等を養わせた方向に結び付ける為」の

「公共の電波を使った{少々、巧妙な}大衆誘導の臭い」が

「充満していた」』。

『「そもそも、多くの日本国民にとっては、直接関係の無い、韓国大統領関連問題等」を

「日本の公共の電波上で、多大な時間を割いて扱う事自体」が

「異常」だ』。

『「この異常さを感じる健常な感性を失っていない方々の多く」は

「韓国(北朝鮮も含む)関連の大衆誘導に乗せられていない筈」だ』。

『「逆から言えば、韓国(北朝鮮も含む)関連の大衆誘導を行おうとする者たち」には、

「視聴者から健常な感性を失わさせる必要がある事になる」』。

『「その為の一つの手段」が

「前等に配信する情報」により、

「視聴者の感性をあらぬ方向に導いておく事」であり、

「後等に配信する情報」により、

「視聴者が感性を通常状態に戻す様に導いておく事」だ』。

『「その様な手段を使う」と、

「無意識レベルを意識化する習慣等が無い人々の多く」は、

「間に挟み込まれている情報も、

健常な感性のまま得た情報と勘違いさせられてしまい易い」』。

『「其処には、精神心理学を悪用」した

「情報による大衆誘導の構造」が

「露呈している」』。

『「それは、旧社会・共産圏系の者たちが得意」な

「人民コントロール法の一つ」だ』。

・・・・・・・。

『「テレ朝常連出演者等」により、

「都合良く、{加工}され、使われてしまったネット上ニュース等」の「内実」も

「記しておく事にする」』。

『「一つは、宅配便が予定通りに届かなかった事に激怒した者」が

「チェーンソーで、宅配便会社を脅している状態」を

「自ら、ユーチューブにアップ」し

「当然の如く、脅迫等の容疑で逮捕された事」だった』。

『「常連出演者等」は、

「ユーチューブでのアクセス数を増やす為の愚行である旨」等を

「優等生ぶり、正義ぶり、如何にも正論の如く語っていた」が、

「もちろん、この手の問題の本質」は

「該当容疑者の愚劣さでは無い」。

「該当容疑者も含む多くの人々」の

「比べっこによる支配・被支配権争いという

幼少レベルの精神構造」であり、

「精神構造が

比べっこによる他の者・物・事の支配・被支配権争い構造」から、

「本質を探究し、自分で自分を健康にコントロールし続ける成人レベルの精神構造」に

「健常成長出来ていない事」だ』。

『「何故、多くの人々の精神構造の健常成長が出来ていないのか?」

「多くの個々の人々に、その能力が無いから」では「断じて無い」。

「劣悪な情報・教育等による邪魔があるから」だ』。

『「精神構造上」では、

「該当容疑者」と

「テレビ番組制作等実権者や常連出演者等、テレビ界で優位な立場にいる多くの者たち」の

「間に大差が無い」のが

「現実」だ。

「だから、自らの問題でもある精神構造問題に言及する事が出来ず、

上っ面の劣悪な論で、

上っ面で優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶる等々しか、

出来ていない」と「強く推定出来る」』。

『「もちろん、劣悪レベルの論」で

「公共の電波上の貴重な時間を埋め続ける必要は全く無い」』。

『「もう一つ」は

「板橋区の寺が年末~正月の混雑時」に

「ベビーカー参拝を自粛願いした事」を

「問題視し、その旨をネットアップ者に対するネット上の賛否等と寺の対応等」だった』。

『「実態取材(この面は、健常で正当)」により「判明」した「実態」は

「寺側は、以前は、ベビーカー等優先参拝道等をつくる事で対応していた」が

「ベビーカーさえ使用すれば、優先的に参拝出来る事を知った

悪質な参拝者」が

「本来ならベビーカー不要の子どもまで無理やりベビーカーに乗せたり、

ベビーカーの使い回し等まで行い、

当然の如く、一般参拝者からのクレームや一般参拝者との間のトラブルまで発生する様になってしまったが故」の

「寺による苦肉の策等だった」らしい』。

『「その様な過去の事情等を知らなかった(?)人」が

「自粛」を「強い言葉」として、

「不快感等を覚えたが故」の

「問題提起」で

「寺にも、丁寧な書状を送っていた」らしい』。

『「論の締め括り」は、

「世間の風等はあるものでは無く、つくるもの」で

「其処から、思いやり論等が主軸化され、

視聴者の受容心が誘われ、

次の韓国大統領関連問題に続く・・・」という

「流れ」だった』。

『「一番の問題」は

「世間の風等をつくるものとしたところ」だ』。

『「本来の健常状態の人間社会」なら、

「世間の風等」は、

「一人一人の精神構造の成長ぶりの集大成から、

自然発生的に、出来るもの」になる』。

『「世間の風等がつくるもの」なら、

「特定極一部の者たちによるつくりも可能」となり、

「例えば、ナチス・ドイツ等によるつくられた風等も是となってしまう」』。

『「世間の風等つくるもの」の「裏」には、

「有益分子風&不適応分子粛清風等」の

「特定極一部の者たちを不当に利す事にも直結している

不健常な風等をつくり出したい欲動」が

「色濃く感じられる」』。

『「該当ネットアップ記事&寺への書状等」には、

「保育園落ちた日本死ね!」等と「同様」の、

「特定の世間の風等をつくり出したい人脈の臭い」が

「濃厚に感じられる」』。

『「言うまでも無く、該当のベビーカー参拝問題」も、

「精神構造の健常成長問題と切っても切り離せない問題」だ』。

『「そもそも、初詣や参拝行為等の本質は何か?」

「他の事(儀礼)を利用した、自己確認欲求・自己承認欲求等の代償欲求の追及行為」だ。

「元々が代償欲求の追及行為」という「遊びレベルが適切な事」だ』。

『「特定の日時を利用する」なら

「自分の実体から整合性を取って、

その日・その時に参拝しにその神社・仏閣等に行く事」が

「自分の実体の健常状態や健常欲の充足にとって有益な時、有益な場所」に

「行けば良い事になる」』。

『「もちろん、

その様に、

自分の実体から整合性を取る」なら、

「狭義の自分個々別々」に

「適切な日や時間等が生じる」から、

「皆が、その様に、実体から整合性を取って、適材適所・快適方向を目指して、

参拝等を遊ぶ(楽しむ)なら、

基本的に、過剰に混む事は無くなる」』。

(『「因みに、

もちろん、筆者も、今年の三元日には初詣に行っていない」。

「伝統文化遺産的建造物や実質的公園維持等の為の

お賽銭やお土産等購入も含み、

偶には、神社仏閣参拝遊びを楽しんでいる筆者」だが、

「基本的に、混んでいる時・場所には、行かない」』。)

『「この手の最適化」は

「観光立国等人集め等を目指す」なら

「意識的かつ積極的に、本気で考えるべき事でもある」』。

『「其処でも、一番の肝」は、

「他の者物事に依存した、比べっこによる支配権・被支配権争い」という

「幼少レベルの精神構造」から

「本質を探究し、

自分で自分を健康にコントロールし続け、

適材適所・快適人間世界方向に向かう

成人レベルの精神構造」に

「出来る限り多くの人類が、

自らの精神構造」を

「健常成長させる事」だ。

「その為に有益な情報・教育等の配信等」を

「意識的かつ積極的に行う事」だ』。

『「それなのに、未だに、公共の電波を使った政治運動等が蔓延れてしまっている」のが、

「戦後日本のテレビ・ラジオ界の酷過ぎる実態・実体」だ。

「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレビでは何処の局でも「小池{新党}の大応援」状態だが・・・。

『「公共の電波を使った、特定勢力偏向、偏重大宣伝状態」は「即刻、止めさせられるべき事」だ。

「多くのニュース(ショーの場合も含む)等のテレビ番組」では、

「早くも、7月の都議選を睨んで、

小池都知事が40人以上の候補者を擁立する旨」や、

「都議会自民党から、会派を離脱した都議が3人いる旨」や、

「(近い将来、あるのか?無いのか?現時点では、全く???の)都議会自民党離脱ドミノが可能性大であるイメージ」等々を

「大宣伝」している。

「如何にも、風は小池都知事を利す側に吹いているかの如きイメージ」を

「多くの視聴者に持たせる為」の

「公共の電波を使った{政治運動}」が

「其処に在る」』。

『「明らかな、公共の電波の不正・不当使用だ」等と「感じる」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「実際」は、

「小池新党自体」も

「未だ出来ていない」。

「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等」では、

「既に、小池新党の大宣伝状態」だ。

「其処に在る」のは

「実体や事実・現実に基づいた報道では無い」。

「マスメディアを悪用した政治運動」だ』。

『「実態・実体として」なら、

「7月の都議選時」に、

「小池都知事一派が自民党員のまま、都議会である程度の数を得る」なら、

「その実態・実体は、自民党内の一派閥の様なモノ」だ。

「連携可能先」も

「国政上では連立与党である公明党」や

「元々、自民党と政策や政治信条等が比較的近い極一部の勢力に限られる事になる」。

「しかし、都議選前に、小池都知事一派が自民党を離党して新党を結成する」なら、

「連携可能先」は

「非自民」となる』。

『「自民党離党~離党非自民の場合」は、

「国政」での、

「旧民主党政権成立時」や

「非自民政権であった日本新党等による連立政権成立時」と

「同様の事態」が

「都政上で起こされる状況」が

「露呈している」』。

『「テレビ・マスコミ上がりの政治家である小池氏」とは、

「朝日新聞上がりの細川氏が率いた

日本新党の党員から政治家生命をスタートさせた人でもある」。

「その後も、小沢氏の下等で政治を学んだ状態の人」だ』。

『「小池氏の政治家としての歴史」が

「示唆している方向」は

「元々は、自民党の剛腕幹事長であった、小沢氏同様」の

「自民党離党~非自民政権構築方向」になる。

「小沢氏の女性版、もしくは、第二の小沢の臭いが、充満している」のが

「小池氏の実態・実体」だ』。

『「現実面で肝要な事」は

「誰が?の世界では無い」。

「何が?どうなる?」だ。

「つまり、都政がどうなるか?」であり、

「その事によって、都民生活や日本社会にどのような影響が出るか?」だ』。

『「地方自治体の首長」が

「テレビ・マスコミ族となった場合、

テレビ・マスコミ等と繋がりが濃い人脈の企業・個人等」が

「税金の下等でオイシイ思いが出来易くなる事」や

「該当人脈が望んでいる法整備や政策等が行われ易くなる事」等は

「よくある話し」だ』。

『「戦後日本のテレビ・マスコミ等主流実権者人脈の内実」は

「他の記事にも記した」。

「例えば、北朝鮮のお友達、旧社会党系人脈等」が

「未だに、大いに蔓延れている」。

「国政政党で言う」なら、

「旧社会党~旧民主党~民進党等の人脈」が、

「テレビ・マスコミ等主流実権者人脈と重なる部分が多い」』。

『「公明党と創価学会」は「一心同体レベルの繋がりの濃さを持っている」。

「創価学会とテレビ・マスコミ等の繋がりの濃さもかなりのモノ」だ』。

『「それらの実態・実体」から

「容易に推定出来る事がある」。

「小池都知事一派が目指している」のは

「都政・多くの都民等を

都知事と非自民連立政権で

支配・コントロールする事」だろう』。

『「旧民主党政権時の様な事態」を「望んでいる都民」は

「圧倒的少数派」と

「強く推定出来る」のに、

「現状の多くのテレビ・マスコミ等」では、

「実質的に、その様な事態が実現する方向に力を加えている」』。

『「多くの都民」に「必要」なのは、

「国政での旧民主党政権成立の都政版では無い」。

「脱現状のテレビ・マスコミ等」であり、

「その操り人形状態」だ』。

・・・・・・・。

『「日本国内で、本来なら成立するべきでは無い政権が成立した時」と

「多くの人命被害を伴う大震災」には、

「何故か?結構な繋がりが在る実態」も

「露呈」している』。

『「東日本大震災時」は「旧民主党政権」だった。

「神戸・淡路大震災時」は「村山政権」だった。

「古くは、軍部が台頭して来ていたばかりか、

多くの人々が当時の天皇に???感を持っていた大正時代末期」には、

「関東大震災が起きた」』。

『「地磁気の乱れ等」が、

「狭義の自分を相応の深さから健康にコントロールし続けていない人々の

無意識~判断等に、

微妙な影響を与えている可能性」が

「見え隠れしている」。

「狭義の自分を相応の深さから健康にコントロールし続けていない人々の数が多ければ、

例えば、選挙時等に、

その悪影響が反映され易くなり、

あらぬ政権の誕生等の事態が具現化してしまう場合も多くなってしまう」のかも知れない』。

『「この辺りの要素から、推定する」と

「あらぬ政権だった場合、小池都政の間」に

「第二の多くの人命犠牲も伴ってしまう関東大震災が

起こってしまう可能性が、それなりに、大きいかも・・・」等と

「感じる」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「何れにしても、地震対策は、意識的、かつ積極的に、行っておくべき」だ。

「果たして、東京都圏の2017年は?・・・」』。

|

未だに、結婚式という儀礼(事)や他人からのご祝儀(物)に頼っている方々がいるとは・・・。

『「タイトルの事態に加えて、他人(者)からのお墨付き等」、「者・物・事に頼らなければ、結婚出来ない」様なら、「結婚などしない方が良い」だろう。

「者・物・事への依存を外して、

結婚と子づくりを分け、

子づくり、子育ての方ダケ頑張れば良い」』。

『「古の時代の家と家との婚姻関係」とは、

「利権維持~増大の為の仕組みでもあった」。

「その時代に多く人々が認識していた利権」とは、

「社会的立場であり、金権」だった』。

『「しかし、実体を探求するなら、誰でも分かる様に、

現状までの人間社会システムや経済システム等」は、

「人類誰もの実体や

その実体の本来の目的等との

整合性が極めて悪い

自虐的で、

劣悪な

精神文化製品に他ならない」』。

『「そんなモノに合わせる為」に、

「他の者・物・事によるお墨付き圧力等を欲する」とは、

「ある意味では、自虐性の極致」だろう』。

『「素直に狭義の自分本来からの実感を生かすなら、

実に、バカげている事態等と

感じられるのが当然の事態」が

「其処にある」』。

『「現状のインチキ経済システムや出来の悪過ぎる人間社会システム上」で

「不遇な状態に追いやられた時、

他の者・物・事を利用して、

狭義の自分、及び、その近隣ダケ」を

「他に比べて優位にしよう等と画策する」のは、

「明らかに、ある種の病気」だ。

「健常なら、

多くの人々の協力を得る事で、

民主的に、

不遇な状態自体を解消しようとする筈」だ』。

『「現状の日本国等多くの国々内の人間社会システム上」では、

「結婚」とは、

「丸ごと一人の死生観・人生観や、

血統家族主義等に基づいた、

世代交代の入り口でもある」』。

『「古の時代」に、

「多くの人々が、考え・思いによる納得上」で、

「丸ごと一人の死生観・人生観」や、

「血統家族主義」や、

「結婚等々」の

「概念の具現化こそが、合理的等と、思えていた」から、

「それらを実際に具現化した人間社会システム等」が

「構築」され、

「実用されて来ている」』。

『「しかし、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する」なら、

「それらの考え・思いによる納得法等の現実離れ度」は

「かなりのモノである事」等が、

「誰にでも解る筈」だ』。

『「人類も含む、ほとんど全ての生物の誕生・死」とは、

「細胞レベルの現象」だ。

「今、生きている全ての人々が、その細胞レベルの誕生・死を実体験しながら、存続している」のが

「現実」だ』。

『「命の連続性の実体」は

「細胞ごと」であり「血統ごとでは無い」。

「血統家族主義」とは、

「考え・思い上で、その考え・思いに都合の良い部分ダケ

丸ごと一人の死生観・人生観も組み合わせて、

偏重せしめている

現実離れ・実体離れの激しい、

劣悪な精神文化製品の一つ」に他ならない』。

『「本質的に、重要な事」は

「健常な世代交代」であり

「結婚という形式」では

「無い」』。

『「上記程度の認識がある」なら、

「結婚やご祝儀等に依存する割合もかなり減る筈」だ』。

『「しかし、

現状の劣悪な情報・教育等故」に、

「上記程度の認識さえ持てていない人々が少なからずいる」のが、

「現状人間世界のお寒い実態」だろう。

「もちろん、意識的かつ積極的に是正・改善すべき実態」だが』。

『「結婚では無く、健常な世代交代を優先する」なら、

「少子高齢化状態の日本社会の状態改善」も

「かなり容易になる筈」だ。

「経済・血統等による自虐縛りから、多くの人々を解放する事」も

「意識的かつ積極的に行えば、

状態改善は、更に、容易になる」』。

『「人間誰しも、

自虐道の上を歩み続ける事を強いられいる状態から、

狭義の自分を解放する

本質的人権を持っている」。

「本質的人権」に

「力を持たせるも、

力を失わせるも、

個々の狭義の自分の意思・遺志と

その意思・遺志の集まり方次第」だ。

「つまり、自虐から解放されたい意思・意志が、

意識的かつ積極的に発信され、

それが、メジャーになる」なら、

「確実に、事態の改善が可能になる」』。

『「余りに遅れている方々による世代交代が蔓延る」なら、

「確実に人類世界は劣化し、行き着く先は人類滅亡になる」』。

『「今、個々の人類個体の健常成長&健常コントロール」が

「激烈に望まれている」』。

|

昨晩のNHKニュースでは「量子コンピューターの宣伝」をしていたらしいが・・・。

『「量子テレポート」とは「笑える」。「ある量子を二分化して、全く同じ量子二つを存在させ、その片方に振動(=エネルギー)を加える」と

「もう片方も、エネルギーが加わった状態になる現象」は、

「テレポート現象では無い」。

「時空平面上の共鳴・共振現象」だ』。

『「現時空の全ての物質(生物も含む)」は

「時間平面

(実際は、

三次元だから

時間立体と表した方が適切かも知れないが、

多くの人々にとっては、

{平面}と表した方が実体をイメージし易いと思うので、そう表現して記す事にする)

上」で、

「過去から未来方向に運ばれ続けている」。

「つまり、全ての物質には、時間平面という共通支えが在る」』。

『「その共通支え平面上」の

「量子同士がお互いに影響を及ぼし得る二点」に

「全く同じ量子が存在」し

「その一方に振動(=エネルギー)を加える」と

「どうなるか?」

「共鳴・共振現象が起きる」』。

『「量子コンピューター」とは、

「その量子の共鳴・共振現象を利用」して

「超高速演算を行わせる事で成り立つ機械」だ』。

『「ここで、少し考えれば、誰でも分かる事がある」。

「元々が、共鳴・共振現象」なのだから、

「量子コンピューターに二桁以上の演算域を設ける」なら、

「その都度、

全く別の、

他の量子と共鳴・共振現象を起こさない、

確定された別の量子が要る」か、

「桁ごとに、量子レベルで別空間とする必要」が「ある」。

「それは、演算結果でも同様」だ』。

『「演算自体や

演算結果が

量子同士の共鳴・共振現象の影響を受けてしまう状態」では、

「量子コンピューターは成立し得ない」』。

『「全く別の、他の量子と共鳴・共振現象を起こさない、確定された別々の量子」を

「演算結果分や、

共鳴・共振現象が起き得る距離間に、既に、存在している量子や

宇宙空間からやって来て、その空間内に存在する様になる量子分」まで、

「揃え続ける事」は、

「極めて困難」だ。

「よって、実質的に、実現可能な選択肢」は、

「量子レベルで別時空となる状態を構築する事になる」』。

『「量子レベルで別時空となる空間を現時空に設ける事」とは

「時空平面を分ける事とかなり近い状態を構築する事になる」』。

『「全ての物質の質量」は

「時空平面の進行速度である時間の流れからの遅れ」だ。

「時空平面を区切る事」とは、

「時間の流れを区切る事になる」』。

『「時間の流れが区切られた空間」とは、

「原時空平面上での元質量を失い極軽量化した物質を内在させる空間、

もしくは、

時間の流れさえ失った真真空となる」』。

『「原時空平面上での元質量を失い極軽量化した物質を内在させる空間の場合」は、

「時空の浮袋」的になり、

「重力制御と同様の結果が得られる」。

「真真空、もしくは、極近真真空」になると

「時空穿孔装置、もしくは、時空爆弾」化する』。

『「その反面、極軽量化した空間」を

「必要区切り分だけ、

大量につくり出し、

それを現時空の一か所に繋ぎ留め」ながら、

「量子コンピューターとして実用する事」は

「極めて困難になる」』。

『「量子コンピューター」より「前」に、

「時空の浮袋(時空技術の平和利用)」や

「時空兵器(時空技術の自虐利用)」が

「可能になる」』。

『「全ての人類の精神文化が健常進歩・進化している」なら、

「時空技術は、平和利用範囲内に留められる事になる」が、

「全ての人類の精神文化の健常進歩・進化が不十分な場合」は、

「時空技術の自虐利用が進み、最悪の場合には、実用までされてしまう事になる」』。

『「意外と近い近未来において、

それこそ、何処の誰でも」が、

「地球を消滅させる事さえも可能にする

時空爆弾や時空穿孔装置等を

保持し、実用する事まで可能となってしまう事態」が

「具現化する事になる(既に、具現化している部分も・・・)」』。

『「筆者が以前から、

狭義の自分誰もの精神構造の健常成長や、

人類の精神文化の健常進歩・進化を訴え続けている」のも、

「上記の様な物質文明側での実態・実体故」でもある』。

・・・・・・・。

『「米国では、トランプ大統領が誕生する事」となり、

「トランプ氏の発言内容や人脈等から」も

「ユダヤ教・聖書等の預言の具現化状態」が

「着々と構築されて行く事」が

「容易に推定出来る」。

「日本での量子コンピューター宣伝の裏」には、

「上記の様な軍事技術が在る」と

「容易に推定出来、

それは、

聖書等預言のハルマゲドン時に現れる東の天使の最終兵器的様相」さえ

「伺わせている」』。

『「多くの人々が考え・思いによる納得に偏執している限り、

ユダヤ教・聖書等の預言の筋書き通りの具現化」も

「実現されてしまう可能性大」だ。

「逆に、多くの人々の精神構造を健常成長させる事に成功する」なら、

「本来なら全く必要の無い自虐劇は避ける事が出来る」』。

『「今、全人類、狭義の自分個々」の

「本質が問われている」。

「流れに乗せられているダケ」なら

「その狭義の自分は、流れに乗せられているダケの他の狭義の自分と入れ替わっても、

結果は、何も変わらない事になる」から、

「その狭義の自分の存在価値は極めて希薄」になる』。

『「自虐劇による大量犠牲抜き」の

「広義の自分の存続~永続という永遠の命の実現」は、

「宗教等上の流れの上には無い」。

「狭義の自分の精神構造の健常成長上に在り、

精神構造が健常成長した人々の意思・意志の上に在る」。

「自虐時代の終わりの日の犠牲」を「出来る限り少なく」し、

「実体から快適時代」へ「よりスムーズに移行する為」に、

「今、生きている全ての人類の本気が問われている」』。

『「ハードランディングを避け、ソフトランディングを実現する事に力を加える事」こそが、

「個々の狭義の自分の本質的存在価値を上げる事に直結している」』。

『「2017年、

全ての人類には、

実質的に、無益、もしくは、有害な

精神文化製品の薬毒に溺れている暇」は

「もう無い」。

「考え・思いによる納得や、

感情煽りや、

比べっこによる支配権・被支配権争い等々を誘い、

現状に拘らせ、

人々の精神構造の健常成長を阻害する

劣悪な精神文化製品を葬り、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用した

人々の精神構造を

幼少レベルの比べっこ・取り合いっこから・他の者・物・事支配権争いから、

自分で自分を健康にコントロールし続け、本質を探究し、適材適所を実現し、快適な人間世界の構築を実行して行く、成人レベルに誘う、

性能の高い精神文化製品で人間世界を埋め尽くす事」で

「ハードランディングを避ける事も可能になり、

犠牲も、最小限に抑えられる様になる」。

「この面では、

所謂、文系の仕事している全ての人類と

その使用者である全ての人類」による

「自分の実体との整合性が高い本気」が

「問われている」』。

『「精神文化製品の製作者」は

「上記の意味で、性能の高い製品を生み出し続けるべき」だ。

「精神文化製品の使用者」は

「上記の意味で、劣悪な精神文化製品は、拒絶し続け、衰退させ続けるべき」だ』。

『「良い年、良い人間世界」は、

「つくり出すもの」だ』。

|

「正月休み中」は良く食べ適度に動き体力・気力を養って・・・。

『「正月明けから、段々と、本格始動へ」・・・』。

|

「中央銀行が分かれば経済が分かる」だと・・・。

『「日銀やFRBの様な機関が、現状のインチキ経済システム上でどんな働き等をしているのか?等を理解・把握したところ」で

「現状のインチキ経済システム自体の是正法等」は「分からない」』。

『「また、

現状の経済システム上」では、

「デフレ化すれば、既に、大金を持っている金持ちが有利になる」のは

「金の価値がより上がる、ばかりか、

社会の金の量が減るので、

一般庶民が金を得る事も、困難になり易いから」で、

「インフレ化すれば、

金の価値が下がる」と「共」に、

「社会に金が溢れ易くなるから、

一般庶民が金を得る事も容易になり、

一般庶民の成り上がり等も比較的容易になる実態・実体」がある』。

『「もちろん、

何れも、

現状の比べっこによる支配権・被支配権争いという

幼少レベルの精神文化に基づいた

インチキ経済システム上での話し」だ』。

『「では、現状インチキ経済システムはどうすれば、是正出来るのか?」』

『「現状の経済システム」は、

「考え・思いによる納得ベース」なので、

「実体や事実・現実離れが激しい」。

「そればかりか、考え・思いによる納得ベースなので、

多くの人々の考え・思いによる納得を、情報・教育等で操り、特定方向に導いてしまえば、

それこそ、経済価値などどうでも出来てしまう」。

「その結果例」が、

「有名人や商業スポーツ選手等々の、余りにも、実体離れしている大金報酬等々」だ。

「マスメディア情報により有名人化された人々の下に、

大枚を与える事」を

「是認」する

「多くの人々の民意」を、

「マスメディアが大衆を操る情報等でつくり出しているが故」の

「異常事態が其処にある」。

「更に、その血統相続等まで公然化させられている」のが、

「現状の実体離れしているインチキ経済・社会システムの実態」だ』。

『「もちろん、何処の誰でも、、

そんな自虐的な経済・社会システムを維持し続ける自虐業」を

「行い続ける必要など全く無い」』。

『「自虐業を続けるなら、もれなく人類滅亡がやって来る事になる」のだから、

「むしろ、意識的かつ積極的に自虐業を葬り去る事に力を注ぐべき立場に居る」のが、

「今時生きている全ての人類の実態・実体」だ』。

『「それなのに、未だに、中央銀行に傾注させて、現状経済システムを理解・把握(=覚え)させようとしている情報までもが、

ネットニュース上等で宣伝されている」。

「しかも、インフレ状態を金持ちや現状権力者等が望んでいるかの如き、インチキ論まで盛り込んで!」

「実際は、インチキ経済システム上」では、

「デフレ状態こそが、既に、大金持ちとなっている者や現状権力者等の実権力を高める」のだから、

「その嘘は、明らかに、情報工作的」だ』。

『「日本では、反日国の手先たち」が、

「金権による一般日本国民支配力を高めるデフレ化を望んでいる」。

「つまり、該当情報」も、

「所謂、左翼(その内実は、反日国の手先)による政治運動」と

「強く推定出来る」』。

『「言うまでも無く、肝要な事」は、

「現状のインチキ経済システムを一刻も早く、正常化・健常化する事」だ。

「では、どうすれば良いのか?」』

『「考え・思いによる納得レベルである事」が

「現状インチキ経済システムの根源的な問題」だ。

「根源的な問題を是正する為」には、

「其処を、急速な進歩・進化を実現出来ている物質文明同様、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用するレベル」に

「直せば良い事になる」』。

『「経済システムや社会システムや政治や情報・教育等の精神文化製品」でも、

「数多くの物質文明製品同様、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で、

急速な健常進歩・進化を実現させる事」が「必要」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が高い経済システム」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性が高い

多くの人々による経済評価が有れば

その構築~運用がより容易になる」』。

『「つまり、先ずは、狭義の自分個人個人の経済評価」と

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」との

「整合性を高める実務」が

「肝要」になる』。

『「仕事とは?」「妥当な報酬とは?」等々から

「科学レベルで判明している実体や事実・現実との整合性をとる事」が

「肝要」になる』。

『「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群にとっての仕事」とは、

「地球生命体細胞群の根本的目的であるその存続~永続への貢献」だ』。

『「物質と生物の違いや、生物の実体等を探求する」なら、

「存続~永続する為に必要な事も明らかになる」。

「地球上の生物が、多種多様共存化によって、細胞群の構築度を高め続ける事により、

宇宙時間の流れによる物理崩壊に抗い続け、存続し続けて来ている実体・実態」からも、

「広義の自分の根本的仕事」が

「細胞群の多種多様共存化による存続への貢献である事」は

「疑いの余地が無い」』。

『「更に、人類は、既に、地球や太陽系にも、寿命(物理崩壊による消滅や終焉等)がある事を

科学レベルで理解・把握している」から、

「将来的には、地球外・太陽系外で地球生命体細胞群という広義の自分を存続させ続ける事が必要になる事も分かっている」。

「その為に必要な科学技術等物質文明の進歩・進化への貢献」も

「仕事」だ』。

『「物質文明を進歩・進化させるなら、

同レベル以上に、精神文化も進歩・進化させなければ、

自虐的に進歩・進化した物質文明の使用を行ってしまう事」も

「重々、其れこそ、多くの人々が否応無しに、実感・体感等までしている程、分かっている」。

「インチキ経済システム上の問題もその一例」だ。

「物質文明の進歩・進化レベル以上に、精神文化を進歩・進化させ続ける事」も

「仕事」だ』。

『「狭義の自分の存続の為」には、

「何処の誰でも、健常な生活が成り立つレベルの衣食住が要る」。

「全ての人類の健常生活を成り立たせる事」も

「仕事」だ』。

『「仕事」には、

「地球生命体細胞群の存続~永続への実貢献度に応じた報酬が与えられて然るべき」だ』

『「生物の欲求」には、

「充足のある本来欲求と、充足があり得ない代償欲求がある」。

「人類にとっても、本来欲求充足の代わりを追及する事」は、

「仕事では無く遊び」だ』。

『「例えば、自分で自分を実体的に健康にコントロールし続ける」なら、

「本来欲求である自己承認欲求や自己支配欲等も、充足され続ける」。

「ところが、自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に

「他の者・物・事等に依存する等の遊び状態に偏執する病的状態に陥る」と

「無理やりにでも、他の者・物・事等により狭義の自分を認めさせる事等の手段により、

自己承認欲求の代償欲求を追及したり、

他の者・物・事を支配する事/他の者・物・事に支配される事等の手段により、

自己支配欲の代償欲求を追及したりする

病的な状態に陥る」。

「実質的、病人たち」が、

「その病気を治そうとせず、病人状態のまま、蔓延り続けようとする」と

「往々にして、破壊行為が具現化されてしまう」』。

『「病気には治療」が「適切」だ。

「破壊行為には罪と罰」が「適切」になる』。

『「生物の誕生・死」が、

「基本的に細胞レベルの実現象である事は、

既に、科学レベルで判明している」。

「人の考え・思い等は、丸ごと一人レベルで考え・思いたがる」』。

『「丸ごと一人レベルの意識化」とは、

「狭義の自分を狭義の自分が健康にコントロールし続ける為に合理的になる認識法」だ。

「それ以外の事にまで、丸ごと一人による認識を広める」と

「実体離れ故の悪現象が出易くなる」』。

『「例えば、

丸ごと一人の死生観や人生観に偏執する」と

「人は、どんどん孤独感を強めてしまい易くなる」。

「何しろ、自分と他人は全くの別モノになり、その境界線も非常に強くなるから」だ』。

『「細胞レベルの命の連続性から、広義の自分を忘れずに感じ続けている」なら、

「人類誰も、ばかりか、地球上のほとんど全ての生物」が

「自分との繋がりのある存在である感等も得続けられ易くなる」。

「孤独感は減衰」し、

「健常状態の人類や共存可能な生物等に対しては、

同じ、広義の自分の存続~永続の為に生き続けている同朋や仲間等としての

共感・連帯感等が生まれ易くなる」』。

『「狭義の自分に偏執している状態」は

「自我狭窄症という病気状態」だ。

「病気には治療」が「適切になる」』。

『「もちろん、自分で自分を健康にコントロールし続けている」なら、

「病気状態は避け易くなる」』。

『「本質的に、自分で自分を健康にコントロールし続けていない人々」は、

「本質的な自信が持てない」。

「他の者・物・事によるお墨付き」等の

「自己承認欲求の代償欲求の追及に奔走しがちになる」』。

『「そんな病的な状態の人々にとって、都合の良いシステム」が

「考え・思いによる納得レベルでしかない、劣悪な現状インチキ経済・社会システム」だ。

「何しろ、多くの人々の考え・思いさえ、操り続けるなら、

どんなに、実体や事実・現実離れが激しくても、

その維持が可能になる」のだから、

「愚民化情報・教育と、ご都合マインドコントロール等」により、

「出来の悪い劣悪な精神文化製品である

現状インチキ経済・社会システムの維持も可能になってしまう」』。

『「もちろん、そんなモノをつくりだした」のも、

「維持し続けさせようとしている」のも、

「本質的病気状態の人々」だ』。

『「病気」は「治すべき」だ。

「インチキ経済・社会システム等」は「直すべき」だ』。

『「多くの人類が、

早々に、病気状態から脱し、

急速に、経済・社会システム等を直さなければ、

近々、人類滅亡がやって来てしまう今時」なのに、

「未だに、

劣悪な情報配信等を続け、

其れに基づく集金行為や政治運動等まで行い続けている様相の連中」には、

「本当に呆れる」』。

『「もちろん、

そんな連中に、

過分な立場・報酬・権力等を与え続けていてもロクな事は何も無い」。

「情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「ニュースの初詣は、お寺が主」から判る現状NHKの朝鮮度・・・。

『「ニュースで初詣を紹介する」なら「普通」は「神社・お寺両方を紹介し、初詣参拝者数の多いところ等を主とする筈」だ。

「ところが、本日元旦のNHKニュース」では、

「お寺が主で、神社は被災がらみのところをちょっとダケ」という

「異常さ」だった。

「何故か?」』

『「朝鮮系の人々で特に、反日思想・感情等が強い人々」は、

「神社が嫌い」だ。

「神社」は、

「日本独自の文化」である上に、

「日本が韓国を合併吸収する形で二国が一国となる国家同士の合意契約日韓併合に基づいて、

元々は、神社の無かった朝鮮半島内にも多数建てられた{屈辱}(・・・というなら、国家同士の契約などしなければよいのだが)を

思い出す(日韓併合により日本人のお金と能力も大いに加えられた結果、

朝鮮半島内が急速に近代化整備され、

国や多くの朝鮮人の滅亡も免れられた、ばかりでは無く、

朝鮮半島内の教育・環境・衛生・経済水準も飛躍的に上がったので、

朝鮮人人口が爆発的に増大出来た事等は、

意図的に忘れ、もしくは、無理やり、無かった事とし)」と

「共」に

「旧日本軍等との繋がりが濃い国家神道等も連想するから」らしい』。

『「そんな反日朝鮮人の人々と同様の臭いが濃厚に漂っている」のが、

「現状のNHK」だ』。

『「その一つの証左現象」が、

「ニュースで初詣を紹介する時、

夜7時~のニュースに限らず、

お寺が主ばかり・・・」という訳だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」は

「人脈ごと是正しなければ、正常化・健常化が困難」だ。

「何故なら、

そのスジの人脈の者が

人事権や出演者・論調等決定権等を保持している限り、

新たに採用され、重用されるのは、

そのスジの人脈にとって都合の良い者たち、

公共の電波上で放映さえる論調も、

そのスジの人脈にとって都合の良い論調」という

「事態」は

「変わら無い、ばかりか、

時を重ねさせれば重ねさせる程、

その傾向が強まってしまうから」だ』。

『「その傾向が実際に強まったが故の現象の一つ」が

「本日元旦のNHKニュース」だと「強く推定出来る」。

「ニュースによる初詣紹介」なら、

「明治神宮等、参拝者の多い神社+成田山新勝寺等、参拝者の多いお寺両方の映像が流される」のが、

「日本の公共の電波上の普通」だろう。

「お寺が主で、神社は流さず、或いは、被災地等がらみをちょっとダケという放送をしたがる者たち」の、

「反日朝鮮度は、かなり高い」と「言わざるを得ない」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレビ常連出演者たちが「テレビを面白くする」とかホザイテいたらしいが・・・。

『「元旦なので、気分の悪くなる番組はパス」して

「群馬の景色を眺めていた筆者」だったが、

「聞くところによると、フジだか、何処か、で、タイトルの様な事態があった」らしい』。

『「言うまでも無く、

毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の見世物や論調」という

「事態こそ」が

「テレビが面白く無い原因」だ。

「つまり、常連出演者たちが上辺で行う事等を変えても、

面白く無い状態が変わる訳も無い」』。

『「該当番組でも、具体的な解決法は言えていなかった」らしい。

「この手の問題を、常連出演者に語らせている限り、

実効のある論等が出てこないのは、

原因が原因だから、

ある意味、当たり前の現象」だが』。

『「本気でテレビを面白くしたい」のなら、

「現状までの常連出演者たちは全員退場」させ、

「多種多様な人脈」から

「今時の公共の電波上での情報配信内容に相応しい内容」を

「発言・体現等出来る人々」を

「意識的かつ積極的に起用すれば良い」。

「そうすれば、テレビは、一気に面白さを取り戻す事になる」』。

『「もちろん、その実効のある是正策の為」にも、

「現状までのテレビ界実権者たちの多く」を

「過分な立場から退かせる必要がある」』。

『「何しろ、

今まで、散々、

例えば、

いじめや殺傷等の行い方や、

摘発のされ方(裏を返せば摘発逃れや減刑等の方法を見出させる事等を誘う・・・)等々」を

「大宣伝」したり、

「丸ごと一人の死生観や人生観を風潮」し、

「視聴者の、死の恐怖を煽り、孤独化を誘ったり」、

「大金持ちを公然化し、

大金持ちに憧れさせ、

丸ごと一人の人生観のまま

狭義の自分(とその近い周囲)ダケを

大金持ち化する

人類全体としての超自虐行を

目指す事等を誘ったり」等々して、

「実質的には、

視聴者の人生観や

日本社会の悪化をもたらす

情報配信を續けて来ている」のだから、

「罪に問われ、罰を与えるのが適切な者たちが、

うじゃうじゃ居る状態」なのが、

「戦後日本のテレビ界のお寒い実態・実体」だ』。

『「2017年」を

「情報・教育改革元年とする為」にも、

「多くの視聴者の積極的民意」が

「必要」だ』。

『「民意の元」として、

「人類誰も、狭義の自分」の

「精神構造の健常成長の為に実効のある情報・教育等が必要になる」。

「つまり、ここにも、卵が先か?鶏が先か?の問題がある」が、

「この手の問題」は、

「いったん大きな流れが動き始めると、

かなり早い改善が期待出来る」』。

『「今は、人の精神構造の健常成長に実効のある情報配信や精神文化製品等を

生み出した人々や、

それを知る人々」が、

「少しでも多くの人々に、その情報や精神文化製品を普及させる段階」だろう』。

『「それと共に、現状のテレビ・映画・アニメ・小説・音楽等々の多くの様な、

人類の精神文化の悪化を誘う、

劣悪な精神文化製品に対する、

実体通りの評価や、

対応等を

積極的に行うべき時」だろう』。

『「はっきりしている事」は、

「人類の精神文化の健常進歩・進化に成功する」なら、

「世界平和が当たり前になる事」だ。

「逆に、人類の精神文化が今まで同様」なら、

「人類滅亡が当たり前になる事」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事」で

「人類の物質文明は、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている」。

「精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用する事」が

「今、激烈に求められている」』。

『「例えば、

人を含むほとんど全ての生物の誕生・死」とは、

「細胞レベルの現象である事」が、

「科学レベルで既に判っている」。

「それを意識的かつ積極的に実用する」なら、

「丸ごと一人の死生観やそれに基づく宗教等は歴史文化遺産等の座に退かされ、

今、この瞬間にも、生きている人類誰もが体験し続けている死自体を恐れたり、

丸ごと一人のあの世や来世等を妄想・妄信し、道を誤る状態に陥ったり、

・・・等々する人々」を、

「激減させる事が可能になる」。

「丸ごと一人に拘ると必然的に生じて来る孤独感も抑制され、

生きている全ての広義の自分の狭義の自分が接する事が出来ている一部に対し、

多くの場合、自然と愛しさが生まれてくる」。

「孤独感の反動形成による他の者・物・事過剰依存(有名人依存もこの一例)欲も解消され、

狭義の自分も含む者・物・事の実体をより深く実感を持って理解・把握等し易くなる」』。

『「狭義の自分の精神構造が健常成長している人々が多くなれば、なる程、

出来の悪い精神文化製品である現状の社会・経済システムや政治等の

健常進歩・進化も行い易くなる」。

「多くの人々が、狭義の自分の精神構造を健常成長させる事」で

「人類は、負のスパイラルから抜け出す事が可能になる」』。

『「世界平和と人類の存続を目指す全ての人々が行うべき

狭義の自分の精神構造の健常成長という実務」は

「全人類に与えられている実務」だ』。

『「多くの人々の精神構造の健常成長の手助けの為」にも、

「公共の電波を使っている、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた、健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »