« テレ朝朝番では、常連出演者等が自らを霞が関等ではブラックリスト(書物では無く、意識上のモノ)に載せられている等の旨、ゲロしていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が「レールガン等を取材して論じていた」らしいが・・・。 »

東からの知らせ(いろは)米・英、自国中心主義の当たり前・・・。

『「人類の実歴史が示している」通り、「国境線が高いまま、経済戦争を行い続ける」と「国対国レベルの武力戦争が生まれ易い」。

「国境線を低くする事で、国対国レベルの武力戦争を避けようとした流れ」が

「昨今までの、所謂、グローバル化」だ』。

『「ところが、実際は、国境線を低くする事=その分、相対的に、お金の力が増す事」だから、

「国対国レベルの戦争は、起き辛くなった」が

「守銭奴企業等は、

安い労働力を求め、

安い労働力が得られる国への工場等移転や、

移民等を歓迎する様になってしまった」。

「その結果」として、

「守銭奴企業等の利益率は大きく向上され易くなり、

金融投資界や経営者・株主等は、潤い易くなった」が、

「相対的に、衰退させられ続けたその国本来の実働者たちの間には、

不満が蓄積~充満して行く事となった」。

「経済戦争による死傷者の数」は

「かなり多い」』。

『「国境線が高かった時代のインチキ経済システム上」では、

「多くの人々に不満が蓄積された時」には、

「戦争リセット」という

「悪魔の手段が実用可能」だった。

「戦争リセットによる焼野原上の平等化からの再スタート」を

「繰り返す事により、

インチキ経済システムや

インチキ経済システム上で大いなる利権等を手に入れていた者たち」は

「延命出来ていた」という訳だ』。

『「ところが、昨今では、国境線を低くした事」で

「国対国レベルの戦争が起こり・起こし辛くなっている」。

「そんな状態でも、多くの死の商人(軍事産業企業等の実権者等)たち」には

「自分たちの利権を維持したい欲望が有る」。

「死の商人たちにとって、都合の良い状態である

先端武器の自製さえ出来ない集団によるテロ・戦争等」が

「起きている事」にも

「相応の必然性や裏がある」』。

『「先端武器の自製さえ出来ない集団によるテロ・戦争等」を

「誘う・起こさせる為」に

「有効な事」が

「不平等・不公平」であり、

「宗教等、思想信条の悪用や、それに基づく、大衆操り」だ』。

『「混乱状態が、収拾する前に、

平和主義優等生等を気取って、

自国軍隊を撤退させれば、

反対勢力が他国軍隊を招き入れ易くなり、

混乱は続き、

テロ等も起こり易くなる」から、

「死の商人等」は、

「大喜び・・・では無いかも知れないが、

十分に納得・・・」という訳だ』。

『「国境線を低くすれば、戦争は防げる」というのは、

「インチキ平和論」だ。

「実際は、国境線を低くした」から

「現状のテロ・地域戦争等が起きている」。

「それでは、どうすれば、実際の平和が得られるのか?」』

『「それは、もはや、言うまでも無い事」だろう。

「問題なのは、国境線の高さでは無い」。

「武力にしても、経済にしても、

比べっこによる支配・被支配争い」という

「多くの人類の未成熟な精神構造」こそが「本当の問題」だ』。

『「つまり、本当に平和を実現したい」のなら、

「出来る限り多くの人類の精神構造を

健常成長させる事」こそが

「肝要」になる』。

『「自らの精神構造を健常成長させる

人類誰もが狭義の自分個体に対して本質的に与えられている

基本中の基本の仕事(実務)を疎か」に、

「未熟な精神構造のまま、現状の中で利権を貪り続けようとしている状態の人々」は、

「迷い子、

もしくは、

亡者、

もしくは、

悪魔に魂を売り渡した者」等々と

「表現されて然るべき実体を露呈している」。

「つまり、もはや、裸の王様状態」だ』。

『「現状での実問題」は、

「多くの人類の精神構造の未熟さ」と

「それに基づく、経済・社会システム等の未熟さ」であり、

「実態としては、

そんな状態なのに、

国境線のみが過剰に低くされてしまっている事」だ』。

『「国境線を低くする前」に

「多くの人類の精神構造を健常成長させていなければ、

自虐になるダケ」だ』。

『「未成熟な精神構造を持つ人々が圧倒的多数である内」に

「国境線等を低くすれば、混乱し易くなる」のは

「当然の現象」だ』。

『「現状では、特に、先進諸国が、国境線を高く戻す」と「共」に

「先進諸国内では、既に、行き渡っている情報・教育システム等を

活かして、

出来るだけ早く、

多くの自国民の精神構造を健常成長させる事」が

「第一段階として、合理的になる」』。

『「次に、

それぞれの国々の中の多くの国民の精神構造の健常成長が得られた後に、

先進諸国同士で、

綿密な実体・事実・現実適合性検証等を行い、

より共通性を高めた

人類の精神構造の健常成長を

より多くの人類の中で実現させる事を基」に

「人間世界の社会・経済システム等を

健常進歩・健常進化させる事」が

「第二段階となる」』。

『「その大きな二段階を実現する事」で

「人類世界は、基本的、平和状態に至る事になる」』。

『「人類の精神構造の健常成長を実現する為」には、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」が

「必要」だ。

「それは、人類の物質文明の急速な進歩・進化を実現させた実方法でもある」。

「つまり、人類に出来る事」だ』。

『「意識的かつ積極的に事を進める」なら

「多くの人類の精神構造の健常成長」は

「意外な程、短い時間で実現出来る事になる」』。

『「平和状態の前」には

「ある意味での、現状破壊」が「必要になる」。

「現状処理期の実現象」として、

「聖書預言のハルマゲドン」と

「同様の事態」が

「引き起こされてしまう可能性」は

「決して、小さく無い」が、

「もちろん、そんなモノは、必然でも必需でも無い」』。

『「多くの人類の精神構造の健常成長が早ければ、早い程、

自虐事態等は、

より小さな実態に抑えられる事になる」』。

『「今、最も重要な事」は

「人類誰もが、

自分の実体に叛かず、自分を健常に成長させる事等の助けになる、

健常な情報・教育」の

「大波を起こす事」だ』。

『「真の平和主義者」なら

「実体として自虐を誘う情報配信や教育等など行える訳も無い」。

「逆から言えば、実体として自虐を誘う情報配信や教育等を行えている者たち」とは、

「迷い子、

もしくは、

亡者、

もしくは、

悪魔に魂を売り渡した者」等だ。

「そんな状態の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」』。

『「実体として、劣悪な状態の者たちが生み出し続けている

テレビ・ラジオ番組や

映画や

小説や

アニメや

漫画や

音楽や

絵画等々」に

「{献金}等し続けている自虐業を行っている」なら

「精神構造の健常成長を誘う精神文化製品等をつくり出す事」や、

「つくり出された精神文化製品を応援する事」等々の「方」が、

「遥かに、

人類世界の平和実現等に結び付いている」』。

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が自らを霞が関等ではブラックリスト(書物では無く、意識上のモノ)に載せられている等の旨、ゲロしていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が「レールガン等を取材して論じていた」らしいが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事