« 韓国裁判「対馬から盗まれた仏像」判決問題が語られているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「トランプ大統領の政策」や「防衛予算と科学」等について常連出演者等が自論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。 »

昨今では、工作電磁波が、益々、疑似高周波化されている様だが・・・。

『「工作電磁波ソフト」や「工作電磁波機器」が「仕込まれている場所・物」が「どんどん増やされている」。

「ソフトは、例えば、スマホ等、アプリに仕込まれ、

そのアプリが起動されていない時」でも、

「自動的に、

或いは、工作員指令や、ターゲットスマホ・携帯等の位置情報等から、トリガー起動の形」で

「働く様にされている場合が多い」』。

『「工作電磁波機器」は、

「例えば、

街中の電線関連や、

多くの人々が使う建物内の電灯やスピーカー等関連」に

「仕込まれている場合が多い」』。

『「つまり、何処かの誰かの依頼の下」で、

「工作電磁波ソフトが仕込まれたアプリが、

勝手に、多くの人々のスマホ等にダウンロードされていたり、

設備業者等が、どんどん工作電磁波機器を取り付け回っている様相」だ』。

『「人体にも実害のある工作電磁波」だが、

「電気機器にも、実害を生じさせる」』。

『「例えば、筆者の車にも、工作電磁波ソフトが仕込まれている様相」だが、

「特定疑似周波数の時」には

「バッテリー上がりが頻発」した。

「その後、より疑似高周波化した後は、バッテリー上がりは起きていない」が

「どんどん疑似高周波化が進むと、ある日突然、電気系統に過電流が流れてしまう等可能性」が

「かなり高い」と「推定出来る」』。

『「少し前のバッテリー上がり頻発」は

「疑似周波数と車の電気系統開放部等とが電流流失共振・共鳴状態関係にあったから」と

「強く推定出来る」が、

「共振・共鳴状態関係では無く、

過電流流失が必然となるくらいにまで疑似高周波化が進む」なら、

「そうなってしまう」のも「必然」になる』。

『「もちろん、筆者は、メーカーに車の電気系統が変である旨訴えた」が、

「何故か、現場担当の販売店本社実権者側が、調査拒否状態」だ。

「メーカー側も、

何故か、機器を使った科学レベルの調査をあまり行いたがらず、

筆者の気のせいとして、処理したい様相」だ。

「裏に、暗黙の強い意思・意志等を感じざるを得ない事態」が

「車の世界で起こっている」。

「拉致工作等、北朝鮮等による工作活動は無い事に・・・」と

「同様の雰囲気が濃厚に漂っている」』。

『「車の場合は、アース容量が大きい」ので、

「滅多な事では炎上等しない」かも知れないが、

「このまま疑似高周波化が進むなら、

過電流による電子回路破壊等の事態」が

「起こってしまう可能性」は

「かなり高い」と「推定出来る」』。

『「家電や電線等の場合なら、炎上も大いにあり得る」。

「つまり、工作電磁波仕込みは、時限発火装置みたいなモノにもなっている様相」だ』。

『「ある日突然、日本の中の至るところで、火災が多発」し

「過電流による機器破壊」や

「電線等が燃える事等」で、

「電気を使うインフラの多くが一気にストップ状態となる事態等」が

「推定出来る」』。

『「ある日突然が何時か?」は

「重要な事」だ』。

『「仕込み人脈が筆者等の推定通り」なら、

「3・1がらみ等じゃないの・・・」と

「強く推定出来る」』。

『「現状では、

知らずに、工作電磁波を浴びせられ続けている、多くの人々の人体」に、

「疲れやイライラや痛みや、場合によっては、眠気や気を失う状態等をもたらしたり、

電離現象により

脳細胞等の破壊をもたらしたり・・・等々」させている

「{ダケ(ここでは、敢えて、この表現を使う)}」の

「工作電磁波」なので、

「日本の現行法・現行の摘発体制では、摘発困難」な

「電磁波工作」だが、

「放置し続ける」なら

「大規模テロに結び付く要素まで濃厚に内在させている様相」だ』。

『「集団的工作活動対策、

特に、工作電磁波対策」は

「急務」だ』。

『「この記事をアップした後、窓辺に洗濯物を干しに行った(部屋干し)ら、

東南方向から、強烈な工作電磁波を当てられた」。

「光をとる為に、窓までは、防御板で塞げないところを悪用」して、

「短時間しか当てられないのなら、強烈なモノを・・・等」の

「悪の意思・意志等が濃厚に感じられた」』。

『「そんな悪意に満ちた者たちが、日本社会の中に、集団的に、うじゃうじゃいる、異常事態」は

「即刻にでも、是正されるのが当然」だ。

「政府・与党等の本気」が

「激烈に望まれている」』。

|

« 韓国裁判「対馬から盗まれた仏像」判決問題が語られているが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「トランプ大統領の政策」や「防衛予算と科学」等について常連出演者等が自論等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事