« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

工作活動国家北朝鮮のお友達、旧社会党人脈の者たちが主導している様相の「森友学園問題」&「金正男暗殺問題」等の「日本の公共の電波を使った大宣伝」問題・・・。

『「森本学園問題」と「安倍総理」を「無理やりつなげようとするレッテル貼り」を「国会で、きっぱりと否定していたのは、安倍総理」だったが、

「それでも、森本学園問題と安倍総理には密接な繋がりがあるかの如きイメージ」を

「視聴者に植え付けようとしていた」のが

「テレビ常連出演者等」だった』。

『「更に、

森友学園問題で正義ぶる、旧社会党系人脈の臭いも濃い、民進党」の

「公共の電波を使った大宣伝」を

「其れこそ、何処の局でも行っている」』。

『「優等生仮面の左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)の者たち等が、

公共の電波を使用した、実質的、左翼(同上)偏向・偏重政治運動等を行い」、

「出来の悪い右翼の臭いが濃厚」な

「森本学園の幼稚園での教育等を批判・非難等する」とは、

「まるで、北朝鮮による韓国等への罵りの様・・・」で

「日本の公共の電波上で一方的に大量配信されている情報として

本当に、相応しく無い等」と

「感じている視聴者も数多い筈」だ』。

『「金正男暗殺で使われたとされているVXの問題」では、

「またまた、

VX混合生成説」を

「今度は、ワザワザ一般社会科学者等を引っ張り出して否定していた事」からも、

「異臭が漂って来る」』。

『「二種混合生成の場合、

反応時間がかかったり、

反応させるに必要な温度等が必要」とは、

「平時一般環境を前提としたお話し」だ。

「軍事・工作活動分野」では

「反応時間を短くする為のノウハウ等が研究~実用化されていて当たり前」で

「例えば、反応時間を短くする為に工作電磁波が使われた可能性も大」だ。

「それは、電子レンジが電磁波利用である事等」を

「考える」なら

「誰もが解り、可能性等として思いつく筈の事」だ』。

『「それなのに、公共の電波上」で、

「科学者等まで使って、

そんな事態は、無い事等を前提させた上」で、

「{余分}な事ばかり、言う・言わせる・・・」。

「其処には、情報工作による大衆マインドコントロール等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「金正恩の母親が在日二世」であり、

「在日朝鮮人人脈とも強い繋がりを持っている

旧社会党系の者たちや

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の者たち等」による

「公共の電波を使った情報の一方的大量配信上」で

「無い事にする」とは、

「逆に、VX二種混合&工作電磁波による反応促進」の

「可能性が、結構高い」と

「強く推定出来る」』。

『「更に、北朝鮮問題」で

「化学兵器やミサイルまで宣伝して、

圧力ダケで良いのか?

対話が要るのでは?」とは、

「本当に、劣悪」だ。

「北朝鮮金正恩政権等と繋がりがある在日朝鮮人系の者たちや

そのお仲間等」なら

「今でも、対話等を望んでいるかも知れない」が、

「世界中の多くの人々」は、

「既に、北朝鮮との対話」では、

「北朝鮮が、益々、{火事場太り}するダケである事等を

重々知っている」』。

『「北朝鮮が{火事場太り}する」と

「日本の中の北朝鮮のお友達たち等」も

「火事場太りし易くなる」。

「そんな状態を壊滅させない限り、

多くの一般日本国民が、知らず知らずの内に、大いなる迷惑を受けている、

粛清行為や有益分子化等までされ続けて来ている、

日本の中の北朝鮮系の工作活動等も無くなり得ない」』。

『「北朝鮮の脅威や、

北朝鮮との対話論等」を、

「公共の電波上で一方的に大宣伝」とは、

「北朝鮮のお仲間がやる事」だ。

「はっきり言えば、

北朝鮮のミサイルとは、

使えば、北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争となるから、

実際は、使えない代物」だ。

「北朝鮮問題で、

真剣に考え・対処すべきは別にある」。

「工作活動問題」だ。

「金正男暗殺も工作活動に他ならない」。

「日本の中でも、韓国の中でも、

北朝鮮等による工作活動が、

盛んに行われ続けて来ている」』。

『「日本全国各地から、多数の日本国民が拉致された裏」には、

「日本の中の多数の北朝鮮系の工作員や協力者がある」。

「拉致工作を行った者やその協力者等」に

「その後、北朝鮮が工作指令等を何も出さない訳も無い」。

「電磁波工作・飲食物工作・侵入工作・情報/教育工作・政財界工作・医療工作等々」

「戦後の日本社会は、

正に、スパイ・工作活動天国状態」だ。

「そのスジの人脈にとっての、

不適応分子の粛清」や

「有益分子の育成」が

「連綿と、行われ続けて来ている」』。

『「それなのに、

先ずあり得ない、実戦争の脅威を煽り、

既に、多大な実害がある、工作活動を無い事にし続けている」とは、

「北朝鮮のお仲間以外の何処の人脈の者たちがやる事だろうか?!」』

『「北朝鮮等の手先等の言い訳」として、

「親類縁者等が、人質に取られているから・・・」等の

「酷く醜い言い訳等がある」。

「それは、

工作活動を行って来ている者たちの親類縁者等の為なら、

一般日本国民等を犠牲にしても良い」と

「言っているのと同じ」だ。

「正に、

{犯罪者による犯罪者の為の言い訳}」が

「其処に在る」。

「本音」は、

「実質的犯罪である工作活動を行っている事がバレる」と

「犯罪者等である事がバレて困る」から

「何とか、誤魔化し続けたい」等である事は、

「既に、バレバレ」だ』。

『「罪を償わず、醜悪な言い訳まで、未だに、続けている者たち」に

「相応しい」のは

「永遠の恥辱に染まる道の上に置く事」や

「厳罰等」になる』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「金正男暗殺VXの二種混合説否定論」や「出来の悪い右翼的様相を露呈してる、森友学園と安倍総理を、無理やりにでも、結び付け、視聴者等の反安倍感情等を煽る、政治運動」等を公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。・

『「常連出演者等による、VX二種混合説の否定論拠」は「有機物が短時間で都合良く合成される訳も無い旨等」だった。

「しかし、有機物短時間合成のノウハウなど、其れこそいくらでもある」。

「例えば、工作電磁波の電離作用等を利用する事」や

「触媒利用」や

「ナノテク利用」等だ。

「其れなのに、ワザワザ否定情報を一方的に大量配信した辺り」が

「かなり臭い」』。

『「日本国内にどんどん仕掛けられ続けて来ている工作電磁波発生装置・ソフト等」の

「本当の目的」は

「人体やインフラ機器等の働き等を阻害したり、破壊したりする事だけでは無く、

二種分割VXの基から

短時間でVXを合成させる為かも知れない」・・・』。

『「森友学園」は

「以前の記事にも記した通り、

まるで出来の悪い右翼的様相ですらあり、

ワザワザ問題化し易い事等を

行っている様相ですらある」。

「そんな森友学園問題をダシ」に

「正義ぶり、

民進党等により良いイメージを付けようとしている様相」の

「実質的、政治運動等をする事」からは、

「策略の臭い」が「かなり、濃厚に臭って来る」。

「そのスジの人脈の仕込み」かも知れない、

「森友学園問題を利用した、実質的、政治運動を

公共の電波上や

公共的マスコミ上等で行う事等」が

「既定路線」なのだろう』。

『「そんな策略等を使っても、

今更、例えば、民進党等の支持率が上がる訳も無い」のだが・・・』。

『「何れにしても、

日本国内の北朝鮮等による工作活動に対する

実効のある摘発体制や法整備等は

急務」だ。

「邪魔や反対等を行っている政党等」からは、

「例えば、工作活動のお仲間的臭い等」が

「濃厚に臭って来る」』。

『「何れにしても、

公共の電波を使っている情報の一方的大量配信機関である、テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、北朝鮮やトランプ政権や豊洲等の問題に対する情報配信で視聴者を混乱させたい様相だったが・・・。

『「北朝鮮と、話し合いを!の旨」まで「述べた者」や、「豊洲の安全は、今調査中で、その間を利用して責任追及等の旨」述べた「経済学者???」等の

「インチキ論ぶり」は

「もはや、グロテスク&ナンセンスの域」だ』。

『「もちろん、北朝鮮と話しても、正常な話し合いには成り得ない」。

「北朝鮮側の要求を呑むか、話し合いが決裂するか」の

「二択になる事」等は

「過去の実例が示している」。

「更に、話し合い合意等の結果」が

「有効である期間さえも勝手に変えられてしまう可能性大」だ。

「それは、韓国でも同様だから、朝鮮半島実権者たちの、根っからの精神文化」なのだろう。

「確定的事態を実現しない限り、北朝鮮問題に改善はあり得ない」』。

『「豊洲の安全は確認中???」

「今確認しているのは、安全では無い」。

「言うまでも無く、

誰も使わない、云わば、下水の様な、地下水の汚染度や綺麗さを確かめる事自体、

ナンセンスに近い」。

「実使用空間や実使用部分に問題が無ければ、

基本的に、安全上の問題は無い」。

「台風や地震等の事態に見舞われた時、地下水等が流入等する危険性はある」が

「その場合では、基本的に、希釈されて流入になる」のだから、

「大衆の安全潔癖症煽り」や、

「安全潔癖症的検査・調査の偏重」で

「実を損なう事」は

「明らかに、邪魔工作活動的」だ』。

『「反対野党と同じ臭い」が

「小池都知事にも漂っている」が、

「多くのテレビ・マスコミ等」では、

「小池正義イメージ・小池良好イメージで

情報配信を続けている」。

「其処に在るのは、お仲間の臭い」だ』。

『「バラエティーなら、オモシロければ良い???」

「戦前のエロ・グロ・ナンセンスの後どうなったのか?」を

「知っている」なら

「今時のこの手の問題に対する情報配信番組の内容」として

「現状が、如何に危ない事なのか」等は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「経済学者???のクセ」に

「現状の経済システムの問題をちゃんと告発等していない、

明らかな能力不足ぶりを露呈している者」は

「司会者等が、格差が益々増大する旨述べた時」にも

「ダンマリ」だった。

「経済学者なら、現状の経済システムを運用し続けている限り、

格差の増大は必然になるから、

格差増大を招かない経済システム(経済学者なら、その様な経済システムを考え、準備等していて当然)への転換等を

訴えるべきところなのに!」

「まるで、格差増大を容認、或いは、歓迎さえ、し続けているかの如き醜悪情報の大量配信」には

「相互不信の増大や

人種・国籍・民族等の要素まで含む利権による区別・差別欲求の増大等」の

「多大なる悪影響も付随しているのに!」』

『「トランプ政権のアメリカファースト」を

「受けて、新鎖国時代を言った」のは

「現状説明として妥当」だが

「何故、新鎖国時代方向に世界が動いてしまっているのか?」等への

「言及が無い」から

「劣悪」だ』。

『』「トランプ政権の化石燃料優先シフトの裏にある」のは

「利権ダケ」では無く

「既に、地球温暖化による環境変動が、もはや、今更、少々の対策を行っても、

どうしようも無い程にまで達してしまっている事等」を

「十二分に承知しているが故」の

「利権確保を急ぐ為の政策等」と

「考える」なら

「せめて、米国民ダケは優先して生き残らせようとする事との合理性も高い

アメリカファースト」との

「整合性も取れる事になる」。

「実務屋で、決して頭が悪く無いばかりか、むしろ良い、トランプ氏の実体等を考える」なら

「その辺りにこそ、真相が潜んでいる可能性大」だ。

「まるで、聖書預言の実現の為の仕込みの様相ですらある

イスラエル対応も、

整合性が取れる行動になる」』。

『「日米の防衛協力」では

「既に、お互いがお互いの技術を共有使用する事で、

防衛力の飛躍的向上を得ようとしている実態がある」。

「例えば、新世代兵器であるレールガン」でも

「基本は米国主導」でも

「レールガンの繰り返し使用の為には、

圧倒的な重要部品となる

レール素材の基礎研究は

日本もかなり積極的に行っている」。

「何れは、日米安保に基づいて、相互協力の下で、より性能の高いレールガンが誕生する筈」だ。

「そして、それは、おそらく、数年単位のオーダー」だ』。

『「レールガン利用ミサイル防衛網が出来る事=それを持たない国々との差は絶大となる」。

「例えば、相手のミサイル等は、ほぼ確実に防げる側と、

ミサイル等をほとんど防げない側に

大別される事態となる」。

「人類サバイバル可能人口が確定的となった時、

それは、生き残り側と、生き残れない側を分けるラインとも成り得てしまう」』。

『「現況では、経済差別による生き残り・生き残れない区別に縋ろうとしている人々が多い」から

「格差増大をもたらす経済システムをそのまま使い続けている様相」でもあるが、

「もちろん、例え、どんなにお金や資産等を持っていても、

残るに値しない精神文化を抱きしめている者たちには、

長い未来はあり得ない」。

「何故なら、残るに値しない精神文化を抱きしめている者を残す事が、

人類の危機継続に直結しているから」だ。

「インチキ経済システム上で、自分たちだけの下に、大量のお金や資産等を掻き集める精神文化」とは

「残るに値しない精神文化に他ならない」』。

『「北朝鮮問題は、近々、否応無く動く」だろう。

「何しろ、出演者が言っていた通り、

窮鼠猫をかんじゃった!」のだから。

「北朝鮮のミサイル発射」で、

「米国が日本に兵器を高く沢山売れる状態をつくり出す事等は

「実際は、あり得ない」が

「北朝鮮による

核・ミサイル開発増大や

金正男暗殺や

日・韓等他国内での人権無視の工作活動等の

大問題行動等」が

「引き金」となって

「北朝鮮問題が急に大きく動き出す事」は

「実際に、大いにあり得る」』。

『「問題は、収拾法ダケ」だ。

「米中ロ日韓の間で、収拾法合意が出来た時、

北朝鮮問題は、急に大きく動く事となり、

その時期は、それ程遠く無い事」は

「ほぼ、確定的」だろう』。

『「在日コリアンの母を持つ金正恩」とは

「在日コリアン人脈とも繋がりがある事が確定している者」でもある。

「元々、血統民族主義思想等に染まっている者たちが多い人脈」だから

「実際の日本国内で取っている行動や言動等」でも、

「内実としては、特定血統等を利している場合が圧倒的に多い」』。

『「テレビ・マスコミ・芸能界等」では

「そのスジの人脈の者たちの割合いが高い」』。

『「だから、実際に、北朝鮮問題」でも、

「日本国内の北朝鮮等による工作活動問題等は黙殺状態にしたまま・・・」だ。

「実際は、

拉致を始めとする、

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々、

非人道的な工作活動等がかなり蔓延ってしまっているのに!」だ』。

『「そして、未だに、テレビ・マスコミ情報等」では

「日本国内の多くの人々の興味」を

「日本国内の北朝鮮等による工作活動問題では無く、

他国の問題等に向けさせるべく、

要でも無いテーマをつくり出し、

要でも無い論調等を

何処の局でも、

同様の者たちが、

繰り返し、繰り返し、

日本の公共の電波を使って一方的に大量配信し続けている」』。

『「北朝鮮の急変が近い可能性絶大」なのに、

「未だに、日本国内の北朝鮮系工作活動問題等を無い事にしている、

とんでも無い事態が其処に在る」。

「今、こうしている間にも、

工作員や協力者等が、

日本国内の至る所に、

電磁波工作装置やソフト等を仕込み続けている、

ばかりか、

経時変化をし続けている工作電磁波には、

時限爆弾の要素がある可能性大なのに・・・」』。

『「注意すべきは、3月1日だが、昨今の工作電磁波の様相から推定する」と

「{時限爆弾が爆発する時}は、其処まで近くは無い様相」に思える。

「6月25日は、朝鮮戦争開戦日だそうだが、

その辺りを、

朝日戦争開戦日等として企んでいる可能性の臭い」が

「何処と無く、漂っている感じもするが」・・・』。

『「例えば、

工作電磁波で、インフラや通信手段等が壊され、

人体自体も動きを鈍くされた、薄着状態の、多くの日本国民に対して、

金正男暗殺時に使われた

片方なら工作員が素手でも持てる二分配VX等が使われてしまう」なら

「とんでもない数の犠牲者が出ても何の不思議も無い」。

「逆から言えば、この手の危機に対する対策も急務」だ』。

『「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題」は

「断じて、放置し続けたままで良い問題では無い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

森友学園問題、「出来の悪い右翼」と同様の臭いが濃厚に漂っている・・・。

『「同じ人脈の者たち」が「出来の悪い右翼」と「優等生的左翼」を「それぞれ演じる事」で「大衆を騙し」、

「優等生的左翼政党に思える政党等」を

「有利にする工作」が

「戦後の日本社会の中で蔓延り続けていた」。

「其処に、優等生的左翼を演じている者たちと同じ人脈のテレビ・マスコミ等」が

「例えば、自民悪い!自民ダメ!等のプロパガンダ情報」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上」で

「一方的に大量配信する工作」を

「重ねた時、

多くの人々が、実質的に、それらの情報に誘導されてしまい、

例えば、民主党政権が出来た」』。

『「しかし、

出来上がった政権が行った事等」は

「自民党等の政権より優等生的左翼を演じている人脈等の政権の方が良い筈等と信じて投票した

多くの、実質的に、工作に踊らされた人々」の

「マインドコントロール等を解くのに十二分だった」から

「優等生的左翼を演じている人脈等の政権は短命に終わった」』。

『「今や、優等生的左翼政党では、大衆支持の取得も困難な状態」だ』。

『「其処で、その人脈の者たち」は

「今度は、改革保守を演じる者をその象徴として担ぎ出し、

象徴の下に大衆支持を集める工作に動いている様相」だ。

「もちろん、その目的」は

「政権交代により、自分たちの人脈が日本の政権を取る事」になる』。

『「日本の国政界の現況」は、

「安倍自民党政権一強状態」だ。

「その人脈の者たちにとっての目下の課題」は

「何とかして、安倍自民党一強状態を崩す事」になる』。

『「政策論争等の正攻法」では

「その人脈に勝ち目は無い」。

「何故なら、元から行おうとしている政治等自体、

多くの日本国・日本国民をより良い状態やより優位な状態にしようとする事では無く、

日本国内の渡来反日他国系の者たちや

反日他国等をより良い状態やより優位な状態にする事等だから」だと

「強く、推定出来る」』。

『「超格差社会状態である、

テレビ・ラジオ・マスコミ・映画界等での、

渡来系の者たちの偏重・重用実態」は

「既に、多くの日本国民の知るところ」だろう。

「日本社会全体をその様な状態にしたい様相」なのが

「そのスジの人脈の者たちの様相」だ』。

『「報道情報内容等」から、

「森友学園から」は、

「まるで、出来の悪い右翼の様な臭い」が

「濃厚に漂って来ている」。

「例えば、今時なのに、旧来の道徳や教育勅語」。

「今時なのに、おむつ不使用強制(?)」等々・・・。

「まるで、問題をワザワザつくり出している様相ですらある」』。

『「そんな内実の幼稚園や小学校等」に

「安倍総理の名前を使わせてくれ!」等と「要望」し

「断られる」と

「森総理を想起させる森友学園」・・・。

「更に、安倍総理夫人を名誉学長等に」・・・。

「其処には、

何としてでも、

安倍総理と

問題化し易い内実を持っている、或いは、持たせている、学校法人等を結び付けさせたい様相」が

「露呈している」』。

『「学校設立地問題」も「同じ流れの上にある」。

「おそらくは、お仲間、官僚等からの情報や協力等に基づいた、

問題化し易い取得、

問題化し易い使用等を

意図的にしている様相ですらある」』。

『「そして、

それらを、

お仲間(つまり、同じ人脈)の

テレビ・マスコミ等」が

「大問題として大宣伝する」と「共」に

「お仲間政党の者等が、国会で、追及し、正義ぶる」。

・・・「そんな工作の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「マスコミや国会議員としての本来の仕事は???」でも

「政権奪取~日本支配等為なら

工作活動等の手段まで使う程

猛熱心」・・・。

「そんな人脈の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「むしろ、祖国・母国等にお帰り頂いた方が、適切」等と

「感じる日本国民も決して少なく無い筈」だ』。

『「建造物ちゃぶ台返し粗探し」等より

「日本国民の実生活や実日本社会の向上」の方が

「遥かに重要」だ』。

『「日本の政治や法整備・社会整備等」を、

「言葉狩り」や

「いちゃもん付け」等々の

「要でもない手段」まで使って、

「停滞」させたり、

「日本国・多くの日本国民の足を引っ張る様な者・物・事を仕込んだりする」のは

「反日国等の手先の工作員や工作機関」と

「相場は決まっている」』。

『「日本のマスコミ等」なら

「日本の中で蔓延り続けている反日人脈の工作活動等を告発・摘発等して当たり前」だ。

「日本の政治家等」なら

「本当に日本国・多くの日本国民の為になる政治や法整備や社会整備等を行うのが当たり前」だ。

「もし、進められている政治や法整備や社会整備等に問題がある」なら

「その本質をちゃんと暴き出し、説明し、理解・把握を促し、合意の下で、是正する・させる、

国会等での論議等こそ」が

「本道」だ』。

『「実を見失わせ、失わせる事にも直結」している、

「潔癖症煽り」や

「言葉狩り」や

「いちゃもん付け」等々の

「邪道」を

「邁進している者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等は不似合い」だ』。

『「幸いな事」に

「国会議員等の政治家には選挙がある」』。

『「選挙時には、有権者の賢明な判断が重要になる」が、

「賢明な判断を見失わせ、

自虐的な判断等を行わせる為」の

「マインドコントロール等に邁進している」のが

「邪道テレビ・邪道ラジオ・邪道マスコミ等」の

「実態・実体」だが

「恐るべき事に、

こちらには、選挙等による排除や入れ替え等が無い」。

「全ての有権者が絶対に忘れてはいけない重大ポイントが其処に在る」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ」や

「公共的マスコミ等」に対しては、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用の厳守」や、

「偏向・偏重情報配信の禁止」や、

「実人口割合に沿った人脈に偏りが無い状態等」が

「強いられる特別法等があって然るべき」だ』。

『「例えば、ニュース・ニュースショー等」でも

「実体や事実・現実に沿った原寸大情報配信が強いられて然るべき」だ。

「微罪レベルの犯罪を問題とする」なら

「その犯罪行為を別枠で取り上げ、

特定の犯罪者等だけにスポットライトを当てる事無く、

例えば、微罪を減らす事で、大罪も抑制する状態を

つくりだそう等とするなら良い」。

「現状の多くのテレビ等」では

「象徴的悪者」の「宣伝」を

「行う」と「共」に

「常連出演者等」が

「正義ぶる」。

「その先」には

「正義ぶる常連出演者等が、実質、支持・推奨等している政党や政治家等」こそが

「正義だ!等」と

「視聴者の頭の中で、勘違いさせる、実質的、マインドコントロールが付いている」。

「実質的には、政治運動としても悪用されている、偏向・偏重情報扱い」等は

「禁止するのが当然」だ。

「逆に、大罪は、国籍・人種・民族・血統等問わず、

全て、実体や事実・現実通り原寸大に、

もれなく大衆周知させるべき」だ。

「多くの日本国民を平和ボケ状態にさせ続けたい」のなら

「大罪の不告知」等が

「有効になる」。

「平和ボケ状態」とは

「情報・教育等で、騙し、操り易い状態でもある」。

「多くの日本国民」を

「本当の日本社会の実態・実体から現実逃避させる

情報・工作活動」等を

「行わせ続けていて良い訳は無い」。

「日本国内に多数居る拉致工作員や協力者のその後等」の

「重大情報」が

「黙殺されたまま」では、

「多くの日本国民が、真綿で首を絞められる手法等により、粛清されてしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

森友学園問題を民進党の広告道具化している、公共の電波上で政治運動を行い続けている者たち・・・。

『「小池都知事による五輪会場や豊洲等も同様」だが、「建造物ちゃぶ台返し徹底調査等」は「旧社会党系・朝鮮系人脈等の得意技」なのだろう。

「現状人間社会の常識」では、

「既に、売却済みの土地の処理を、

売却先がどうしようと、売却先の勝手」だが、

「売却先がお金がかかる処理を削った事等を

売却前の国の収入等と結び付け

大問題化しているその実態」は

「詐欺師等が良く使う手段」でもある。

「前例が無い事=悪では無い」。

「問うなら、その処理方法は適切か?」だが

「言うまでも無く、合法処理の筈」だ。

「合法処理を問題にする」なら、

「合法としている法の問題点を露わにして、

法の改正を求める」のが

「国会議員の当たり前になる」。

「森友学園を問題化し、イメージ上で正義ぶっている」のは

「国会議員としての仕事をしている者では無く、

国会でお手盛り政治運動や反対国政邪魔運動等を行っている

国会議員には相応しく無い者たち」だ。

「一般商慣習上でも、

例えば、

車両保険がかけてあるなら、

車の事故で全損扱いとなった車に対しては、

全損分の保険金が支払われる」が

「その保険金を使って、

同様の車を買おうが、

車自体買わずに、保険金を他の事等に使おう」が

「それは、保険金を受け取った者の自由」だ。

「民進党の詐欺師的論理」では

「そんな場合でも、

車自体を買わないのなら、

全損分の保険金を支払う事自体オカシイと

言っている事と同じ」で、

「明らかに、異常」だ』。

『「明らかに異常な事を何故、言うのか?」

「森友学園の教育方針」が

「民進党等が望んでいる教育方針等と大きく違うから」だろう。

「朝鮮学校等の教育方針には、実質的に、文句無し・・・」でも

「森友学園の教育方針には、大クレーム状態」というのが

「民進党や多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ』。

『「一体、何処の国の政党やテレビ・ラジオ・マスコミ等なのか???」だが

「この???を感じられない状態下に多くの日本国民を押し込め続ける

実質的、情報・教育工作を行い続けて来ている工作集団の者たち」と

「工作集団のマインドコントロールから

未だ、解放されていない日本国民」にとっては、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等こそが、

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等状態」なのだから

「戦後日本の、この大問題は、本当に深刻」だ』。

『「筆者」は、

「森友学園の教育方針は、時代遅れで、古いと思う」。

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や

民進党等からは、

日本より朝鮮等優先を感じる」。

「大部分の普通の日本国民の感覚も同様」だろう』。

『「つまり、戦後70年以上も経っている」のに、

「未だ、日本は、

日本本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の状態も回復出来ていない」ばかりか、

「未だに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、朝鮮等優先状態・・・」なのだ。

「その反動形成の一つとして、現れた様相」なのが

「森友学園」なのだろう』。

『「現状のテレビ」では、

「毎日、

何処の局でも、取り上げるニュース・話題等はほとんど同じ」。

「同様の者たちばかりが、主として常連出演」。

「同様の論ばかりが、主論扱い」。

「そして、その内実」は

「取り上げている内容にしても、

出演利権にしても、

論がもたらす実効等にしても、

朝鮮系等を利す場合が主流」。

・・・「明らかに異常」だ』。

『「五輪会場等問題で重要な事」は

「より良い東京五輪を行い、

東京五輪後もより良い状態を

東京都や都民や日本国や日本国民等に残す事」だ。

「豊洲問題でも重要な事」は

「東京の市場を、出来る限り早く、安全かつ健常に実用する事」だ。

「建造物ちゃぶ台返し徹底調査で、

粗探しをして、正義ぶる事等」により

「更なる知名度・人気度アップ等を図る

お手盛り政治運動等の為」に

「東京都・東京都民や日本国・日本国民の実利が損なわれて良い訳も無い」。

「森友学園という私学」に対して、

「合法的に、払い下げ済みの土地やその処理・使用実態」等を

「無理やり、大問題化したり、

私学の教育方針を問題化したりする事」等により

「正義ぶる事自体

明らかに異常」だ。

「更に、そんな都知事や、政党等を

正義の使者の如く、

良好イメージで大宣伝しているテレビ・マスコミ等も明らかに異常」だ』。

『「其処には、

戦後日本国内で悪の工作活動等を行い続けて来ている者たちと

共通している

人脈の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「日本国内の悪の工作活動等」は、

「早急に、

徹底的に取り締まり、

工作指令者や実行者等には、

厳罰を与えるべき」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

金正男暗殺実行女性同様の北朝鮮に有益分子化された人々が、日本国内にもゴマンと居る大問題・・・。

『「北朝鮮による北朝鮮にとっての有益分子化工作や北朝鮮にとっての不適応分子粛清工作」は「日韓内が最も盛ん」だ』。

『「金正男暗殺事件により、直接影響を受ける日本国民は圧倒的少数派」だが、

「日本国内の北朝鮮による工作活動により悪影響を受け続けさせられている日本国民」は

「かなり多数になる」』。

『「この日本国内の重大問題を黙殺したまま、

金正男暗殺事件等に、大衆の興味をひき付けさせ続けようとし続けているテレビ・マスコミ等」には、

「北朝鮮等の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「其処に在るのは、人脈の問題」だ。

「戦後の日本国内」では、

「血統や、政権(≒体制支配)人脈の選択等々が

共通している者たち」が

「集合する事」で

「実際のそのスジの人口より

遥かに大きな影響を

日本社会全体に与え、

日本国内各職等で

高い実権を取得し続ける為の工作」が

「行われ続けて来ている」』。

『「平たく言う」なら

「そのスジの人脈では無い日本国民の邪魔や粛清工作等までしながら、

そのスジの人脈の者たちや

そのスジの人脈にとっての有益分子なら

重用し、

出世等もし易くする悪の工作」だ。

「そして、その悪の工作は、世代交代しながら、

戦後日本国内で大々的に行われ続けて来てしまっている」』。

『「一番問題」なのは

「邪魔や粛清工作」だ。

「フェアな競争状態等なら、

実際に、実権者等となる人々の内実」も

「それぞれの人脈の人口割合と同様になる」。

「しかし、不当な手段で、ライバルと成る、成り得る

そのスジの人脈にとっての有益分子では無い日本国民」を

「積極的に粛清~排除する悪の工作を容認したまま」なら

「本来の人口割合通りにならず、

悪の工作を仕掛け続けて来ている人脈の者たちと

その人脈にとっての有益分子」が

「大きな割合を占めてしまう」。

「戦後の日本社会は、正に、その様な状態下に押し込められ続けて来ている」。

「悪の工作」は、

「本当に酷い」』。

『「具体的な手段」が

「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

医療工作等々」だ』。

『「例えば、

戦後日本国内では、

長い間、日本に自虐を強いる情報・教育等が平然とまかり通っていた」。

「その不当応援情報・教育で元気付くのは、反日人脈の者たち」になる。

「不当応援情報・教育等に違和感を感じる多くの普通の日本国民」は

「不当応援情報・教育等が気になる分ダケ、他の情報・教育等も馴染み難くなる」』。

『「工作電磁波を当てられる事」は、

「集中力や記憶力や判断力等を削がれる事」に

「直結している」。

「何故なら、脳神経細胞ネットワークの働きも、

生体電流等による現象で

工作電磁波は生体電流に影響を与えるから」だ。

「かなりの対策をしてある筆者の部屋でも、

工作電磁波が旺盛な時には、

確実に、集中力や記憶回路等に影響が出ている」。

「つまり、{未だに、健常な学習・創作環境等が無い}状態」だ。

「昨今では、

電磁波工作機器やソフトが、

至るところに仕込まれ続けている」。

「こんな状態を放置し続けている事自体異常」だ』。

『「飲食物工作にも、同様の効果がある」。

「筆者の同級生だった朝鮮系の者が

属していた新興宗教団体の教会で

フッ素水を飲まされた時」には

「頭が飛ぶ」旨「愚痴っていた事」は

「以前にも記した」が

「そのスジの人脈にとっての不適応分子と

そのスジの人脈の実権者等により

勝手に認定されている者」には

「例えば、

ファストフード店のアルバイトが

飲料等にフッ素等を入れる

悪の工作」が

「行われていた(いる)」と

「強く推定出来る状況がある」。

「酷い場合には、インスリン等の薬物や毒物等が混入される場合もある」と

「強く推定出来る」のは、

「筆者自身も、二度も、インスリンを盛られたのと同様の症状が出た事があり、

ガソリンの臭いがする料理を出された事もあったから」だ。

「小学生の時、焼き肉屋の後、二度も、入院する程、異常な状態に陥った事」も

「以前にも記した」。

(詳細は、ここでは記さない。)

「スーパー等で売っている同じ製品でも、

明らかに出来の変なモノがまかり通っている事もある」。

「反日国や

日本国内の反日国人脈系の工場等」で、

「場合によっては、工作物質入りのコピー製品等をつくる」と「共」に、

「本来の製品等に混ぜたり、

売る店や自販機等によって

本来のモノと???のモノを分配したり、

して、

水増し、不当流通等させられていた(いる)

可能性大」だ。

「飲食物工作も確実に行われ続けて来ている」』。

『「奥歯の丈を短くする医療工作については、以前も記した」。

「奥歯の丈が足りない事=欧米では虐待」なのに

「筆者の奥歯の丈が普通になったのは、極最近の事」だ。

「それまでに、何軒も行った歯医者では、

本来の丈の半分くらいしか無かったのに、

全て、スルー」。

「歯医者なのに、スルー」。

「学校や市の歯科検診でもスルー」。

「明らかに、異常」だ。

「また、

筆者の実体験では、

膵臓関連の症状が出た時に

胃ばかり調べられ、

胃に異常が無いから

問題は無い旨強いられ、

それでも、実際に症状はあるのでその旨告げたら

精神神経系の問題とされた事もあった」。

「紹介状まで書かれ、神経科の医者のところに行ったら

本来全く必要の無い、

凄く強い、忘却剤等まで注射された事もあった」。

「医療工作も確実にある」』。

『「上記の様な筆者の実体験」からも

「工作集団人脈の実在」や

「そのスジの人脈の者たちの意志等」が

「伺い知れると思う」』。

『「其処には、

日本国内での集団的工作活動等により、

日本人粛清&日本乗っ取り支配等を実現させる」の

「悪の人脈等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「何十万人~レベルの意志等を同じくする集団」が

「戦後の日本国内で存続出来ているのは何故か?」

「異常な戦後処理故」だ。

「日本の戦後は、未だ未だ、続いてしまっている」ばかりか、

「より深刻な問題」となってしまっている』。

『「上記の様な実態が日本国内に在り、

決して、少なく無い数の一般日本国民に害悪が降りかかり続けて来ている」のに、

テレビ・マスコミ等では、

未だに、スルー」。

「まるで、拉致を無い事にし続けていた時の様に」。

「明らかに異常」だ』。

『「金正男暗殺事件は、重大問題に違い無い」が

「多くの日本国民に実害は無い」。

「日本国内の北朝鮮等による集団的工作活動問題」は

「多くの日本国民にとって、実害のある重大問題」だ』。

『「金正男暗殺事件も悪用」して

「日本のテレビ・マスコミ等としての本来の仕事」を

「疎かにし続けて来てる者たち」には

「北朝鮮等の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「金正恩も必死・・・」と常連出演者等が協調心等を露呈していたが・・・。

『「根本的に間違っている事に必死である金正恩に協調・・・」とは「根本的に間違っている者たち」が「行える劣悪業」に他ならない。

「金正恩も体制維持に必死・・・」、

「継承者の子として産まれた事で、大変・・・」等々の旨「平然と述べた」とは、

「正に、酷く、劣悪な実態・実体」だ』。

『「継承者の子として産まれても、金正男の場合は、全く違っていた事からも明らかな様」に

「継承者の子として産まれた事=劣悪業の免罪符になる事」では「断じて、無い」。

「根本的に間違っている体制だからこそ、現状の北朝鮮の窮状がある事」は

「其れこそ、普通の頭があり、

ある程度の事実・現実情報を得られている人々なら、

誰でも判る」。

「体制維持の為に粛清や暗殺が必要な事自体、

既に、その体制が根本的に間違っている事を

はっきりと露呈させている」』。

『「それなのに、

常連出演者等は、金正恩に協調状態・・・だった」のだから、

「本当に、呆れた」』。

『「金正男暗殺問題」で

「マレーシア」は

「金正男の子が遺体確認に来た旨や、

DNAを提供した旨」等

「公言せず、

親族が来るのを待っている旨と

毒物特定が出来ていない旨」等

「公言していた」が、

「その様な事態」を受けて

「常連出演者等」は

「何処と無く、安心感を得て、上機嫌である様相さえ露呈していた」』。

『「普通の感覚なら、一刻も早い、真相解明!」だ。

「毒物は、先進諸国の分析技術を使えば、何れ特定される筈」だ。

「工作実態・実体」も

「脱北者の増加等により、どんどん明らかにされて行く事になる」。

「つまり、カウントダウンは既に始まっている」。

「国境や国交や北朝鮮体制等の問題」で、

「速やかな真相解明が困難」でも

「もう既に」、

「北朝鮮金正男の暗殺を行うのは?」等を

「考えるなら、誰でも判る様」に

「北朝鮮金正恩政権が無縁な訳も無い事」は

「世界中の多くの人々の共通認識」だ』。

『「北朝鮮側が違う!と言う」のなら

「他国の調査機関に北朝鮮内まで調べさせてでも、

その{冤罪}を晴らすべき」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等」では、

「北朝鮮等のお友達、旧社会党系の人脈等が

蔓延れている」

「醜悪な実態」が

「露呈し続けて来ている」』。

『「旧社会党系の者たち等の得意技の一つ」は

「公共の電波を使った政治運動」だ』。

『「昨今」では、

「局を問わず、多くのニュース(ショーも含む)等」で、

「多くの人々が、

今頃、何故?

大事件でも無いのに・・・等々」と

「違和感を覚えている筈」の

「大学講師等による福島から来た生徒いじめ(?)問題」が

「大宣伝されている」』。

『「公共の電波を使った偏向・偏重情報の大宣伝」は、

「多くの場合、政治運動等だったりしている」』。

『「上記の事例の場合」、

「その目的」は

「多くの視聴者の中で、反原発感情等を育成する為」と

「強く推定出来る」』。

『「旧社会党系人脈の流れ上に在る民進党」は、

「(中・韓等がアブナイ原発を平然と使い続けている中、極東地域日本のみ・・・ここまでは、意図的に黙殺・・・)脱原発の時期」を

「早める事」等を

「選挙時の争点化しようとしている旨等

発表したばかり・・・」だ』。

『「大衆の中で、反原発感情を育成する事」は

「脱原発政党の支援になる」』。

『「脱原発政党は、当然の如く、野党ばかり・・・」だが、

「野党第一党は民進党」だ。

「与党対野党構造や二大政党構造等」の

「推奨宣伝」も

「野党第一党を利す事に繋がっている」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教師等」の

「旧社会党系人脈蔓延り度」は

「かなりのモノ」だ』。

『「日本国民有益分子化{指導}等」が

「大好き」な「連中」は

「日本の現行法・現行の摘発体制で摘発困難な手段を使った

不適応分子粛清工作等」を

「平然と行っていたり、支援・協力等していたり・・・していて」も

「何の不思議も無い連中」でもある』。

『「粛清や暗殺により体制維持を図っている北朝鮮」と

「同様の臭い」が

「其処に在る」』。

『「この戦後日本国内の重大問題」を

「無い事にし続ける事」の

「デメリットは極大」だ。

「多くの日本国民は、逃げる事無く、実在し続けて来ている問題に対処するべき」だ』。

『「日本国内の拉致実行者や協力者等を野放しにしたまま、

その後も北朝鮮等の支持の下で、

工作活動等を連綿と行わせ続ける事の

害悪や被害は多大」だ。

「世代交代までしていると共に、そのスジの人脈の人口自体増加させ続けて来ている様相」なのだから、

「本当に、深刻な問題が其処に在る」』。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ界等~旧社会党系人脈等~北朝鮮等」には

「強い人脈の繋がりの臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「テレビ上がり~朝日新聞上がり細川氏の下で政治家に転身~~の小池都知事」や

「多くのテレビ・マスコミ等が大宣伝を続けて来ている小泉親子等」にも

「その臭いが濃厚に漂っている」』。

『「公共の電波を使った政治運動」は

「もちろん即刻、止めさせられるべき事」だ。

「しかし、まるで、北朝鮮の工作活動の如く、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手法」を

「悪賢く、使い続けて来ている」のが

「実態・実体」だ』。

『「多くの普通の日本国民」は、

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ番組情報等や、

学校教育の一部(特に、文系)等」に、

「意識の有無は問わず、何処と無く、違和感等を覚えている筈」だ。

「もちろん、

違和感を生じさせる原因があるから、

違和感が生じている」』。

『「そして、多くの日本国民の中で、

違和感を生み出している情報・教育等の

元凶」は、

「北朝鮮等と強い繋がりのある人脈」と

「強く推定出来る実態・実体」が

「既に、露呈している」』。

『「北朝鮮等人脈ご用達情報・教育等」により

「多くの日本国民の頭の中を染めさせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

本日は、テレ朝ニュースショー常連出演者等が、皆、上機嫌の様相だが・・・。

『「都議会で百条委員会の設置が決まったからか?」「金正男暗殺事件で何等かの都合の良い事態が待っているからか?」「テロ等準備罪の骨抜き度が上げられそうだからか?」

・・・「何れにしても、違和感のある上機嫌ぶり」だ』。

『「小池都知事も上機嫌の様相だった」から、

「百条委員会の設置決定」は

「確実に利いている」のだろう。

「しかし、

金正男暗殺問題でも常連出演状態の、

所謂、朝鮮問題等の専門家たち(韓国・朝鮮系の方々)も、

上機嫌の様相」だ。

「東京都政の問題ダケでは無い、

韓国・朝鮮系の常連出演者等も含む、

双方にとっての大メリットを実感出来る事態」が

「上機嫌のベースにある」と

「強く推定出来る」』。

『「ここで浮上する」のが

「テロ等準備罪の骨抜き度アップ問題」だ』。

『「例えば、

テロ等準備罪上」で、

「該当人脈等が深く係わっているかも知れない

日本乗っ取り支配工作活動等に係る

重大要素」が

「罪に問われる事を回避出来る状態がつくられようとしていたり、

罪に問われた場合でも、刑罰が軽い事が判ったり・・・する」なら、

「日本乗っ取り支配工作等を行い続けて来ている日韓(北朝も含む)の者たち等」が

「一緒に上機嫌になる」のは

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「常連出演者等の実体」は

「ここでは言及しない」。

「日頃からの論調や支持政党や表情等」から、

「多くの視聴者」は、

「既に、

何らかの実体を感じ取っている筈」だ』。

『「金正男暗殺問題」が

「北朝鮮金正恩政権問題となる事」は

「もはや、避けられない状態となっている様相」だ。

「日韓北朝鮮内の全てを乗っ取り支配する事を画策し続けて来ている人脈の者たち」は

「北朝鮮金正恩政権」を

「悪者として成敗する事等で

正義ぶり、

日韓内での実権を向上させる」と「共」に、

「日韓内のその人脈にとっての不適応分子」を

「集団的工作活動等で抹殺・粛清等する事」で

「一気に、日韓北朝内全てをその支配下に置く戦略を立てている様相」だが

「その最終作戦の時期を、一気に近づける事に目途が立った」のかも知れない』。

『「日韓内の乗っ取り支配の為」の

「要となっている

そのスジの人脈にとっての不適応分子の一斉抹殺・粛清等」を

「実現する為」には、

「相応の準備や仕込み等が必要になる」』。

『「その辺り」を、

「例えば、

テロ等準備罪で罪に問われ、

露呈させられ、

無効化されてしまう」なら

「日韓北朝内の全てを支配下に置く悪の策略」が

「成功する事も無くなってしまう」』。

『「逆から言えば、

例え、テロ等準備罪が成立していても、

テロ等準備罪に引っかからないなら、

準備や仕込み等の増大化や

その実用等」も

「可能になってしまう」。

「問題は、

その手の工作等」が、

「テロ等準備罪等」で

「摘発可能か?」

「否か?」だ』。

『「その辺りの事情があるから、

例えば、反日国の手先的政党や議員等」は

「テロ等準備罪で取り締まれる事」を

「出来る限り、具体的にさせる」と「共」に

「適用条件等にも、厳しい制限を付けたがっている」と

「強く推定出来る」』。

『「例えば、

テロ等準備罪」が、

「それまでは、

実際の殺傷行為等、

実際の犯罪行為に手を染めていない一般企業等には適用されない」のなら、

「一般企業という隠れ蓑を悪用して、

例えば、電磁波殺傷工作兵器等を仕込み続ける事も可能になる」。

「適用要件として、犯罪行為の連続性等が盛り込まれる」なら、

「仕込みが必要十分に達した後、

電磁波殺傷工作兵器等を実用し、

多数の一般日本国民等を一斉に粛清したとしても、

たった一度の犯罪行為だから適用しない事等になってしまう」。

「それでは、もはや、法整備の意味も無い」』。

『「逆に、たった一回でも、犯罪行為に手を染めた企業等には適用」となれば、

「ターゲット企業に悪工作員を潜り込ませる事」で

「ターゲット企業を潰す事等が容易になる」』。

『「しかし、どちらの場合の被害がより深刻か?」を

「考えれば、誰もが直に判る」。

「肝要なポイントは、回数では無い」。

「集団的な大仕込み等をさせない事、

その大仕込み等を使わせない事」だ。

「適用条件を具体化し過ぎる事や

回数で制限を設ける事等は、

明らかに間違っている」』。

『「刑罰も、五年の禁固もしくは懲役等では、軽過ぎる」。

「大量殺傷行為等を準備した者たちに相応しい」のは

「終身刑レベルの厳罰」になる。

「何故なら、そんな者たちを、五年以下で、日常世界に戻すなら、

多くの一般市民の安全・安心等も、五年以下しか持たない事になるから」だ』。

『「ザル法しか整備しない様」なら

「日本政府・与党等も、

日本乗っ取り支配人脈のお仲間である可能性がかなり高くなる」。

「もちろん、そんな者たちに国政を任せ続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「巷では、

工作電磁波を発している電気機器・電子機器等の数が、

どんどん増やされている」。

「街中の電線関連」や

「車・車両等々」は「もちろん」、

「店や車両や公共施設や病院・医院等の中」の

「スピーカー」や

「LED電球」や

「設備機器」や

「医療機器」等々まで

「工作電磁波発生装置・回路、もしく、はソフト等」が

「仕込まれて来ている」。

「その数は、時を重ねるごとに増えている」。

「つまり、その様な工作を行い続けて来ている集団がある」。

「技術面・費用面等々まで含めて、断じて、個人レベルで出来る事では無い」。

「国家レベルか、血統・民族レベルか、それに近いレベルで

行い続けられてしまって来ている工作活動がある」。

「こんな事態が放置されたままである事自体、明らかに、異常」だ』。

『「拉致は無い事に・・・」

「日本人には自虐を・・・」等々と

「同様の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「工作電磁波による害について」は

「以前も、何度か記している」から

「そちらをご覧頂きたい」。

「例えば、車の事故等の何割かは、工作電磁波がらみである可能性大」だ』。

『「現状レベルの比較的低レベルである場合が多い工作電磁波」でも

「実害が既にある」。

「ある日突然、工作電磁波の出力が一気に上げられる時が来てしまう」と

「重大な事態が起こってしまっても、何の不思議も無い」のが

「現実」だ』。

『「反日国の手先的政党や議員等」や

「その意見・要望等々」を

「日本の国会等で蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「日本の公共の電波上でも同様」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

金正男暗殺事件の実行犯は素人ともと言われているが・・・。

『「もちろん、ガチの素人である訳も無い」。「最低でも、日本国内にも同様の状態の者たちが多数居る、工作員に調教等され有益分子化された者」だ』。

『「有益分子化される事」とは

「支配下に置かれる事」と

「同じ」だ』。

『「例えば、

弱みを握られ言う事を聞かざるを得ない場合等はもちろん、

大金等を与えられる事に合意した途端」に

「支配下に置かれ、

運命共同体とされている」』。

『「日本国内でも、そのスジの人脈に有益分子化された者たち」が

「例えば、電磁波工作等」を

「積極的に行わされている」が

「金正男暗殺事件の実行犯とされている女性2名同様、

まさか、殺傷行為等を行わされている等とは思っていない場合も少なく無い」のが

「実態」だろう。

「しかし、例えば、電磁波工作でも、電磁波工作仕込み等」でも、

「その実態・実体」は、

「殺傷目的の工作に基づく、

摘発の有無を問わ無い殺傷事例も少なからずある悪事」だ』。

『「弱い工作電磁波」でも

「多数の工作員がかわるがわるターゲットに当て続ける状態を仕込めば、

ターゲットが浴びる工作電磁波濃度はかなりのモノになる」。

「ターゲットが気づき、合理的な対策をしなければ、

十二分に殺傷に至る重大な障害となっている」のが

「電磁波工作の実態・実体」だ』。

『「工作電磁波は、覗きにも悪用出来る」。

「大昔の縁の下盗聴・盗み見同様、

工作電磁波による覗き・盗聴等により、

多くの日本国民の個人情報が吸い上げられ、

それが、

有益分子化工作や

不適応分子粛清工作や

日本乗っ取り支配工作等に悪用され続けて来ている実態・実体」は

「絶対に、無い事にすべきでは無い」』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「実行犯が素人の後」に

「上記の様な日本国内に巣食っている深刻な実態・実体等」も

「告発~大衆周知等するのが、当たり前」だが、

「北朝鮮の手先」なら

「拉致同様、その様な実態・実体は黙殺する」と「共」に

「日本国内の大衆興味の焦点」を

「例えば、今回の暗殺が北朝鮮による犯行と{断定}出来るか?」等に

「誘導する事」等が

「合理的になる」』。

『「潔癖症論理の蟻地獄」で

「多くの人々の判断等」を

「実質的に、狂わせる情報工作の嵐」が

「現状の日本社会」を

「襲い続けている」』。

『「小池都知事がらみの問題にしても、

北朝鮮がらみの問題にしても、

潔癖症論理の蟻地獄を仕掛け続けて来ている様相の

現状の日本国内のテレビ・マスコミ等の実態・実体はどうか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮のお友達、旧社会党系人脈の者たちの実権度合いが未だ旺盛」が

「寒過ぎる、現状日本国内のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」だ』。

『「仮に、実行犯が、工作員に調教された有益分子だったとする」なら

「今回の暗殺に使われた毒」は

「VXでは無く、

二種混合でVXになる様な新たな工作毒物である可能性が大」だ。

「手袋で擦り付ける薬品」と

「スプレー等で付ける薬品」の

「二種が混合された時、VX等になる薬品」で

「スプレー薬品の毒性は弱いモノ」が

「考えられる」。

「更に、人体を死に追いやった後、生分解され易い仕込みもある可能性も決して小さく無い」。

「マレーシアが毒物特定に手間取っている裏」には

「相応の裏がある」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、国際社会として、

今時なのに暗殺を行う者たちを

容認し続ける必要は全く無い」。

「潔癖症的犯人確定感等に拘るあまり、

同様の新たな事件等を容認・放置する道」は

「北朝鮮等にとっては有り難い道かも知れないが、

健常な人間世界では在ってはならない道」だ』。

『「現状が露呈している実態・実体」は

「無実・無過失等立証責任は、むしろ、北朝鮮側にある!」だ。

「全世界の多くの人々の実感も同様」だろう』。

『「日本国・日本国民にとって、重要な事」は、

「日本国内で、北朝鮮等の工作員等に

有益分子化されてしまっている者たちによる害への対策」だ』。

『「基本中の基本」は

「元の工作員自体を排除する事」だが

「戦後の日本」には、

「十分な実効を持つ

スパイ・工作活動等防止法や

摘発体制さえ無い」。

「その結果として、北朝鮮等の工作員による

日本国内での、

多くの日本国民等有益分子化工作等も

旺盛」で、

「その一つの結果」が

「日本全国各地からの多数の日本国民の拉致」だ。

「そればかりでは無く、拉致実行工作員や協力者等」は

「その後も、

世代交代までしながら、

例えば、

飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

政財界工作や

子沢山化による日本乗っ取り支配工作等々」まで

「行い続けされられている」。

「協力者レベルでも、

実質的には北朝鮮悪権力者等の支配下」だから、

「この問題の深刻度」は

「ある意味、極大レベル」だ』。

『「実効のあるスパイ・工作活動等防止法&摘発体制の整備」は

「急務」だ』。

『「それなのに、未だに、日本のテレビ・マスコミ等」では、

例えば、

「金正男暗殺実行犯は素人」等と

「まるで、他人事の様な情報配信を平然と続けられている」』。

『「その裏に在る」のは

「更迭レベルの平和ボケ」か

「人脈の問題」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界、

公共的マスコミ界、

学校教育界等」の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、劣悪な暗殺論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「暗殺は、ロシアでも、米国でも、その他の多くの国々でも行っている事・・・」と「視聴者の中に、暗殺公然化のイメージを構築させる事」で

「金正男暗殺」も

「世界の中では普通にあり得る事態だから、

北朝鮮が特段悪い訳でも無いイメージを持たせ、

実質的には、

北朝鮮悪権力者等の応援になる情報配信をしていた」のだから、

「本当に、呆れた」。

「日本社会をテレビ・マスコミ等による独裁主義下に置きたい様相の者たちがやる事」は

「本当に、醜悪」だ』。

『「常連出演者等が公共の電波上で言っていた暗殺論も酷い」。

「例えば、ヒトラーを暗殺していたなら、第二次世界大戦が起きなかったかも・・・」とは、

「事の本質を全く理解出来ていない者による劣悪論」だ』。

『「ヒトラー等の独裁者が存在する前」には、

「独裁者を容認し、独裁者に依存等する、

多くの人々の精神構造や欲動が在る」。

「独裁者ダケを暗殺しても、

多くの人々の精神構造や欲動の問題が解消されなければ、

また別の象徴が独裁者として担がれるダケ」だ』。

『「独裁者のせいにする」とは

「独裁者依存の精神構造を保持している者たちに有りがちな傾向に他ならない」』。

『「朝鮮の多くの人々の精神構造には、未だに、その傾向が多く在る」から

「朝鮮半島内は、北も南も、実質的には、独裁支配体制状態・・・」だ。

「日本の中にも、同様の精神構造を蔓延らせたい様相の者たち」を

「日本の公共の電波上で偏重出演等させ続けていても、ロクな事は何も無い」』。

『「独裁者問題を解消する為に有効な論」なら

「多くの人々の精神構造や欲動等を

独裁者要らずに誘う論等」が

「当たり前」で

「具体的には、

他の者・物・事の支配、他の者・物・事による被支配という乳幼レベルの精神構造から、

自己健常支配を継続させる成人レベルの精神構造への

健常成長論等」になる』。

『「その辺りに言及出来ていなかった社会心理学者???」とは

「今時の社会心理学者として、

更に、公共の電波上で自論等を大々的に配信する事が出来た者として、

明らかに、力不足」だ』。

『「暗殺とは、自己健常支配さえ出来ていない者による

不健常極まりない他者支配欲動が生み出している悪現象」に他ならない』。

『「暗殺の公然化論など」を、

「公共の電波上で一方的に大量配信する事」等は、

「以ての外」だ。

「とんでも無い悪事が其処にある」』。

『「自己健常支配度を比べるなら誰もが直に判る事がある」。

「同じ暗殺でも、その結果や実効には大差がある」』。

『例えば、

「北朝鮮の実権者と、

数年前のロシアの実権者と、

無人機等を使ってテロリスト等の暗殺を行っている米国等の所謂、先進諸国の実権者の

自己健常支配度」なら

「最悪が北朝鮮、

次に数年前のロシア、

その後に米国になる事」は

「何処の誰が考えても、直に判る事」だ』。

『「それは、暗殺されてしまっている方の実態・実体を見れば、誰もが判る」。

「北朝鮮実権者等には脅威となる者でも、

殺人等を行っている訳でも無い者たちを暗殺し続けて来ている」のが

「北朝鮮」で

「ロシア実権者等には脅威となる者でも、

殺人等を行っている訳でも無い者たちを暗殺したのが数年前のロシア」で

「テロリストとして

多数の殺人等を行っている訳でも無い人々を暗殺している者を

暗殺等しているのが

米国等所謂、先進諸国」だ』。

『「自己健常支配」なら

「自己が脅威を感じる訳の探究が当然」になる。

「例えば、

北朝鮮実権者等が感じている脅威の実体」とは

「北朝鮮実権者等が

他の者・物・事を支配し続けようとしている代償欲求の過剰追及」だ。

「他の者・物・事支配の過剰追及を止め、

自己健常支配を積極的に行う様に

切り替えれば、

その脅威は消滅する」』。

『「米国等今時の先進諸国の人々にとっての脅威」とは

「少しずつでも、自己健常支配度を高めながら社会運営等を行おうとして来ている状態」なのに、

「自己健常支配が異常に遅れている

他の者・物・事に対する支配欲等が未だに過大な勢力や国家等」が

「時には、

非人道的手段まで用いて、

多くの実質的には無垢の人々までをも

殺傷して来ている脅威」だ。

「犠牲者を出来る限り少なくする為には、その脅威の効率的な排除が必要になる」』。 

『「もちろん、

暗殺や戦争行為等の手段は、

出来る限り避けるべき手段である事は言うまでも無い」が、

「暗殺や戦争行為等を仕掛けなければ、

暗殺されたり、戦争を起こされたりしてしまう」なら

「黙って大量の犠牲者を生む道を明け渡す無責任な実権者等は少数派になる」』。

『「ベスト」は、

「暗殺・テロ・戦争等殺傷行為の手段を使わない

暗殺・テロ・戦争等殺傷行為の無い人間世界の構築」だが

「ベターチョイス」は、

「人類全体がよりマシになる道」になる』。

『「上記の意味からも、

精神構造が遅れている側の暗殺等やその指令発信者等」は

「徹底排除されて然るべき」だ』。

『「それなのに、

戦後の日本国内に多数居る北朝鮮系の工作員や協力者たち等」による

「日本人粛清工作等の実質的、

応援、

もしくは、指令発信等」にもなる

「暗殺の公然化論や、

劣悪暗殺論」等を

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた」のだから

「本当に、酷い」。

「其処には、北朝鮮系等の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

金正男暗殺問題で「白頭山の血統は皆殺しでも、富士山の血統は皆生存」等の旨宣伝しているテレビ等が、テロ等準備罪反対、もしくは、骨抜き化に熱心な訳・・・。

『「北朝鮮悪権力者たちの目標」は「特定血統による人間世界支配」に他ならない。

「北朝鮮ロイヤルファミリー白頭山の血統の者たち粛清」と「共」に

「戦後の日本国内で連綿と行われ続けてしまって来ているそのスジの悪事」とは

「日本の法・摘発体制に引っかからない手法による

出来るだけ多くの日本人の粛清工作・子無し化工作等」と

「日本国内の朝鮮血統系の者たちの人口割合増加工作&日本社会支配率増加工作」だ』。

『「北朝鮮ロイヤルファミリーに富士山の血統の継承者」を

「担いでいる事を正当化出来る唯一無二の道」は

「北朝鮮による朝鮮半島内ばかりでは無く、日本まで支配」だ。

「それは、日韓併合時や朝鮮戦争時に自主的に日本に渡来している人々の中で

同様の悪巧みを保持し続けている者たちの熱望でもある」』。

『「第一段階の目標」が、

「金正日の後は、富士山の血統から」で

「その実現の後の目標」は

「体制転換ライバルと成り得る白頭山の血統の粛清」と

「近年中の日本乗っ取り支配」になる』。

『「戦後の日本国内」では

「日本の法・摘発体制で摘発困難な手段による

一般人まで含む、日本人粛清工作・日本人子無し化工作」と

「日本国内の朝鮮系血統の子沢山工作・日本社会支配実権増大化工作」等が

「行われ続けて来ている」。

「昨今では、その目的」が、

「日本の乗っ取り支配である様相」が

「益々、色濃く露呈されて来ている」』。

『「近未来の日本国内」を

「北朝鮮ロイヤルファミリー富士山の血統系の支配下に置き、

その血統から外れる者たちは、

とりあえずは奴隷化する(何れはアンドロイド等と入れ替えて無きモノにする)

悪の戦略」が

「どんどん進められてしまって来ている」・・・』。

『「普通の人々の感覚」なら、

「妄想やカルト宗教的世界等で、

実践する価値などあり得ない事」だが、

「カルト宗教国家権力者等にとって」は

「真剣に目指すべき理想社会の構築等」になる。

「金正男暗殺からも明らかな様に、世界の中でも、

日本の中でも、

昨今では、

実際に、その為の悪の工作等を連綿と行い続けて来ている様相」が

「益々、はっきりと露呈して来ている」』。

『「そのスジの人脈による日本乗っ取り支配工作」は

「だいぶ前から、既にバレている」が

「日本側の対策は、本当に深刻な程、遅れ過ぎたまま」だ』。

『「日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難」な

「日本人粛清工作や

日本人子無し化工作や

そのスジの血統による日本社会支配工作等々」に対し

「有効な法や摘発体制等」が

「未だ、無い」のは

「対策が行えて来ていないのだから、ある意味、当然の現象」だが、

「悪事を意識的かつ積極的に告発するべき立場にある

テレビ・ラジオ・マスコミ等のほとんど全てが、

上記の様な実態・実体さえも、

告発~大衆周知していない事」は

「本当に異常」だ』。

『「もちろん、その裏にある」のも

「異常な戦後処理や

日本乗っ取り支配工作や

そのスジにとっての有益分子育成工作や

不適応分子粛清工作等による

テレビ・マスコミ等の異常な実権者等人脈の問題」だ』。

『「紳士ぶり、優等生ぶり、正義ぶりながら、

戦後日本社会の中で蔓延り続けて来ている重大問題」を

「無い事にし続けて来ている者たち」の

「実態・実体」は

「もはや、言うまでも無い」。

「其処には、北朝鮮等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「金正男暗殺事件は北朝鮮による国家犯罪と確定されない(から北朝鮮の問題にするべきでは無い)」旨や

「金正男もかつては粛清命令を出した悪い者だから今回の暗殺は、因果応報・・・等のイメージ宣伝」や

「北朝鮮の体制転換を行わなければ、真実は何も出てこない(けど、北朝鮮の体制転換は、実質的に不可能なイメージ)」旨や

「しぶとく悪賢く生き残り続けて来ている北朝鮮は、

今後、益々、手に負えない大きな存在になるイメージ」等々を

「日本の公共の電波上等にばら撒き続けて来ている者たち」には

「北朝鮮の臭いが濃厚に纏わりついている」』。

『「日本側が行うべき重要な対処」は

「北朝鮮等による

日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を悪用」した

「数多くの、

或いは、

大規模な

工作活動等」を

「ちゃんと摘発し排除する事」だ』。

『「所謂、共謀罪」や

「テロ等準備罪」等の「法律」とは

「世界中のほとんどの国々では当たり前に在る

実効のあるスパイ・工作活動等防止法」に

「相通じる、

戦後の日本にも絶対必要な法」に他ならない。

「必要な法整備に

反対したり、

法を骨抜きにしようとしていたり・・・する者たち」には

「北朝鮮等の臭いが濃厚に纏わりついている」』。

『「北朝鮮等の臭いが濃厚に纏わりついている者たち」を

「日本の公共の電波上に常連出演等させ、

自論等を述べさせ続けていても、

ロクな事は何も無い」。

「戦後日本国内の異常事態をちゃんと告発~大衆周知する

日本のマスコミ人として当然の仕事を行う者たちの人脈」と

「入れ替えるべき、入れ替えさせるべきである事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「日本国内の北朝鮮系等による工作活動等を告発~大衆周知しない者たち」とは

「拉致を無い事にし続けて来ていた者たちと同じ人脈の者たち」でもある。

「拉致という重大犯罪を告発出来ていなかった

健常なマスコミ人としてなら

あり得ない者たちの人脈」が

「未だに、日本の公共の電波上で蔓延り続けられている事」は

「明らかに異常」だ』。

『「是正しない、させない」事は

「大いなる自虐」になる』。

『「集団的工作活動が実行出来てしまっている事」とは

「日本国内に、多数の工作員や協力者等が居る事」を

「明らかにしている事でもある」。

「工作員等の数がどんなに多くても、

摘発しない事」は、

「工作員等の数が多ければ多い程、

より大きな危険や危機や自虐事態等を招く事に直結している」。

「工作員等の数が多ければ多い程、早めの対処をした方が

被害や惨劇や自虐事態等は少なくて済む」』。

『「上辺は、一般人や一般企業や一般宗教法人等々」でも

「その内実は、北朝鮮系等の工作員や工作機関等々という者や組織等」が

「戦後の日本社会には、ゴマンと在る」。

「その見分けにも有用」なのが

「実効のある法や体制整備に対する賛否」であり、

「金正男暗殺事件等に対する

捉え方、考え方、論等の

上辺では無く内実」だ』。

『「北朝鮮の臭いの濃い者・物・事に過分な立場・報酬・権力等を与え続ける事=

日本社会や日本国民をその支配下に置かせてしまう事」等の

「危機感」は

「多くの日本国民が常に持ち続け、

実効のある対策を行い続けなければ、

近未来において、日本国・日本国民が北朝鮮の支配下に置かれてしまう可能性大」だ』。

『「2020年までに、最低でも東京都・東京都民の支配権は、そのスジの下に・・・」の

「大工作が行われていて当然の状況も既に露呈している」。

「有権者は、都議選時の判断を本当に慎重にするべき」だ』。

『「日本の現行法・現行の摘発体制」では

「例えば、

サリン等の殺傷毒や

電磁波殺傷兵器等を

大量に作り、保持していたり仕込んでいるダケ」では

「それが殺傷毒や殺傷兵器等である実体が露呈していない限り、

お咎め無し」であるばかりか、

「捜査さえも困難」だ。

「つまり、

例えば、

混ぜると、途端にサリン等の殺傷毒になる二物に分けた状態の薬品群だったり、

現状では、殺傷害の無い電磁波発生電子機器等を至る所に取り付けた状態等である限り、

いくらでも、大規模に、その様な仕込みを膨らませ続けられてしまう」。

「同時に、

大人数の集団が

作ってある混ぜると殺傷毒となる毒物や

殺傷電磁波発生命令を出す電子機器等を

持ち分け

調べてある日本人が居る場所等に合わせて、

殺傷効率高く

毒物散布や

電子機器命令信号発信等する事」で、

「それこそ、一瞬にして、

多くの日本人殺害等を行う計画を立て、

その実行を準備していたダケ」でも

「捜査も摘発も困難」だ。

「こんな事態を放置し続ける」なら

「ある日突然、多数の日本人が虐殺されてしまっても、何の不思議も無い」』。

『「現状でも、工作電磁波機器等の仕込み等が、至るところで行われ続けている」。

「そんな事態は黙殺して、

テロ等準備罪には、反対、もしくは、骨抜き化を訴え続けている」とは、

「一体、何処の国の人々だろうか???」』

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界の人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

金正男暗殺事件の内実・・・。

『「この問題では、北朝鮮と深い関わりを持ちたく無い様相のマレーシアの裏にある」のも

「北朝鮮による工作」と「強く推定出来る」。

「マレーシア要人に対する、

核ミサイルや工作殺害等の脅しという鞭」と

「懐柔資金や異性等の飴」等が

「用いられている可能性は結構高い」』。

『それでも、

「殺されてしまった人が金正男氏である事」は

「既に、検証~確定済み」だ。

「毒殺である事」も

「既に、明らか」だ。

「金正男氏を毒殺するのは?」を

「考える」なら、

「誰でも、北朝鮮現政権以外の可能性は限りなくゼロに近い事」が

「直ぐに判る」』。

『「とても、今時の人間世界での出来事とは思えない、

超超時代遅れの

国家による暗殺事件」という「実態・実体」が

「既に、露呈」している』。

『「それなのに、テレ朝等」では、

「北朝鮮の犯行である事等は、断定されないであろう旨等」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」。

「其処に、濃厚に漂っていた臭い」は

「日本の中の北朝鮮のお仲間の臭い」だ』。

『「暗殺犯行実態」も

「既に、かなり解明されている様相」だ』。

『「直接手を下したのは、二名の女性工作員(もしくは、一名は男性?ニューハーフ?)」だが

「その背後」には、

「三名の工作実行工作員(今回の場合は、女性指導~工作実行行為等監視役)と

その監視と指導を行う一名の上役が居た」。

「通常、北朝鮮系の工作」は、

「3+1体制で行われている」から、

「今回の場合の、ツートップ+3+1体制」は

「相応に、{熱を入れた}工作になる」』。

『「毒は、VXとも言われている」。

「VXなら、スプレーや布に染み込ませてはあり得ない」。

「そんな事をすれば、女性工作員も死んでしまう」。

「可能性として高い」のは

「極細い毒針や、極細い針による注射や、極小さい毒弾を使った暗殺」だ』。

『「工作活動国家北朝鮮」は、

「その手の毒物や工作兵器等々」を

「其れこそ、ゴマンと開発し、保有している」。

「見せ球に過ぎない核・ミサイルより遥かに深刻な現実問題が其処に在る」』。

『「女性工作員の言動や国籍等などは信頼に足る訳も無い」。

「例えば、

実際」に、

「日本国籍を持った

本来の日本国民との区別が極めて困難な

北朝鮮の工作員は

日本国内にも、

其れこそ、ゴマンと居る」。

「しかも、

日本国内でも平然と、

世代交代まで行われ続けている」』。

『「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」に、

「日韓併合時や朝鮮戦争時やその後に

自主的に渡来した

多数の北朝鮮系も含む朝鮮人が

日本に居残れている」。

「在特故に、帰化や通称名ダケ使用のハードルも異常に低いまま」だ。

「更に、

戦後の日本」には

「十分な実効を持つ

スパイ・工作活動等防止法や

摘発体制さえも無い」』。

『「その結果」として、

「日本全国各地から、多数の日本国民を拉致する事まで行われてしまっている」。

「拉致した日本国民から、

日本の生活習慣やネイティブ日本語等の情報を吸い上げ、

北朝鮮内で工作員を鍛え上げる事も行われている」』。

『「拉致工作員や協力者等」が

「その後、何の工作も行わさせられない訳も無い」。

「今の日本社会の中」は

「電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

情報・教育工作、

政財界工作等々、

北朝鮮系等の工作活動で溢れている」』。

『「戦後の韓国内も同様」だ。

「日韓内には、

日・韓の国籍まで保有している場合も多い、多数の北朝鮮系の工作員が居続け、

北朝鮮政権の指令の下で、

多数の工作活動を行い続けて来ている」』。

『「同様の事態」は、

「中国やベトナムやマレーシアやインドネシア等々、

北朝鮮の人が姿形的に溶け込み易い国々の中」にも、

「日韓よりは小規模だが、ある」』。

『「今回の暗殺事件がVX使用」なら、

「はっきりしている事がある」。

「工作員以外に、VXを持たせる事はあり得ない」』。

『「真実が完全解明されなくても、

北朝鮮による国家犯罪である実態・実体」は

「実質的には、既に、明らか」だ』。

『「金正男暗殺事件」を、

「北朝鮮による国家犯罪と確定させない事等により、

出来る限り、早く、闇に葬りさり、穏便に済まさせようと画策している様相」の

「テレ朝等には、北朝鮮の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「北朝鮮国内」で、

「金正恩を担いでいる北朝鮮現政権の実権者たち(皆、かなり高齢の国家元首等)の一人」が

「権力継承問題上の危険性の排除等は完了した旨、公言していた」報道映像があった。

「その横で、金正恩が青ざめている様相も見て取れた」。

「金日成没後の北朝鮮の実権」は

「金一族には無く、

かなり高齢の国家元首、特に軍属の者たちに有る様相」は

「以前から、露呈していた」』。

『「何しろ、

金日成没後は、

先軍政治と、

軍属がより優位になる体制が取られていた」。

「形式上は、金正日が上」だが

「実権は、金日成時代の金日成と同格に近い国家元首幹部たちが保持する事となった筈」だ。

「その中の軍属が一番強かったから、先軍政治となった」。

「それが実態」だろう』。

『「金正日が意外と短命だった」のも、

「原因は、その辺りにある」と

「強く推定出来る」』。

『「既に、北朝鮮の実権を保持出来ている軍属国家元首たち」にとって

「恐い」のは

「その様な実態・実体がバレる事」だ。

「其処で、金正恩を担いだ後」は

「上辺ダケ、軍より党に舵を切った状態をつくり、

多くの人々が受けるイメージ上」で、

「軍属の実権を否定させようとしている」。

「工作活動のプロたちが行う事」とは

「そんなモノ」だ』。

『「担がれているダケの実感を強く保持している筈の金正恩」は、

「何れは、自分も・・・」等と

「強く感じている筈」だ』。

『「担がれている金一家の者たち」も

「北朝鮮実権者たちの駒でしか無い」』。

『「金正恩駒の使い方」としては、

「例えば、今回の金正男暗殺」を、

「金正恩の命令に従わざるを得なかったから・・・」等の

「イメージで染め上げ」、

「自分の兄まで暗殺する様な独裁者の下では、北朝鮮が良い国になる訳など無い!」等と

「金正恩を殺害~排除する改革・解放クーデター等を仕掛ける」なら、

「散々の悪事を行い続けて来ている軍属幹部等」でも、

「クーデター成功後の国際社会の中では、

北朝鮮を解放した英雄等として、

篤く受け入れられる事態」を

「実現させる事さえ可能になる」』。

『「上記の様な可能性まで、

既に、つくり出せれてしまっているのだから、

金正恩の顔色が悪い」のは

「当然」だろう』。

『「北朝鮮の実権者たちの究極の目的は何か?」

「言うまでも無く、先ずは、朝鮮半島内と日本国内の乗っ取り支配」だ。

「白頭山の血統では無く、

富士山の血統(金正恩の母は、在日二世)の

金正恩を担いだ事を正当化する為」には

「日韓の乗っ取り支配は外せない」。

「日韓内の北朝鮮系の工作員等たちを、支配下に置き続ける為」にも、

「日韓乗っ取り支配工作等を行わせ続ける必要がある」。

「日韓内で、北朝鮮系の者たちによる工作活動が、未だに、旺盛な裏には、この理由がある」』。

『「朝鮮半島内と日本を乗っ取り支配した後」は、

「朝鮮人の{王}とその裏の実権者たちによる全世界支配」だ。

「それは、今時の多くの人々にとってなら、

妄想やカルト宗教的目的観等になる事」だが、

「超超時代遅れの者たちにとっては、

真剣に目指す重大価値のある事」なのだろう』。

『「北朝鮮の上辺」や

「行っている工作活動や核・ミサイル開発等々」が、

「まるで、カルト宗教団体国家である様相」からも、

「その{本気度}は、良く分る」』。

『「今回の金正男暗殺」も

「その流れの上の一事件」だ』。

『「もちろん、

北朝鮮実権者たちの{熱望}が叶う訳も無く」、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わり」に

「他の者・物・事の支配に邁進する

代償欲求過剰追及者たち」の

「行く先」は

「永遠の恥辱に染まる道の上」と

「決まっている」』。

『「全世界の迷惑被害を出来る限り減らす為」にも

「北朝鮮の体制転換」が

「急務である事」は

「もはや、ほとんど全ての国々が理解・把握・認識し、

合意している事」だ』。

『「もちろん、それは、

散々悪事の限りを尽くして来ている北朝鮮軍属実権者たち等」を

「正義化させない体制転換で無ければならない」』。

『「後は、その実践の時」だが、

「今回の金正男暗殺」により、

「その時」は、

「確実に近くされている」。

「日本の中の北朝鮮系の者たち」も

「足を洗うならお早目に!!!」』

|

テレ朝朝番では、「金正男暗殺問題」をダシに「北朝鮮の宣伝」や「工作員脅し」等になる情報を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「金正男暗殺問題で、先ず、言うべき」は「今時なのに、暗殺・粛清・工作等の手段を用いる事の劣悪性と悪影響等」だ。

「それなのに、

テレ朝朝番」では、

「北朝鮮の現体制権力機構上では、

独裁者に権力を集中させる事により

北朝鮮国内での各勢力対立状態を排除する必要性等」を

「説明」し

「視聴者に、暗殺や粛清や工作等の訳を納得させよう・・・」としたり、

「金正恩の気持ち等まで推し量る事等」を

「{指導}していた様相だった・・・」から、

「本当に呆れた」』。

『「その実態・実体」は、

「正に、日本の中の北朝鮮の為の情報配信工作機関等」になる』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等を強調する事による日本に対する脅し」や、

「日本国内の中にも多数いる北朝鮮系の工作員対する脅しという鞭」や

「工作成功者に対する北朝鮮側の優遇という飴」の

「宣伝」等を

「日本の公共の電波上で、大々的に行っていた」が、

「言うまでも無く、北朝鮮の核やミサイル等」とは、

「実用するなら北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争となる」から

「実際は、使えない代物」だ。

「工作員が工作に失敗したり、工作がバレたり等した場合」には、

「自殺が必定である旨等喧伝」し

「日本国内にも数多くいる北朝鮮の工作員等の{引き締め}を行いたいのかも知れない」が

「元工作員が存命な上に、

テレビ上でも、

堂々と、

北朝鮮の工作実態の一部等を公言出来ている事実」からも、

「工作の露呈や裏切り等が

工作員の死に直結する事では無い事」は、

「明らか」だ。

「実際」は、

「北朝鮮の教育通りに、自殺してしまう者」や

「暗殺・粛清工作員にシッカリとした暗殺・粛清工作を仕掛けられてしまった者の一部のみ」等が、

「哀れな死亡者になってしまっているダケ」で

「自殺はもちろん、

北朝鮮が、シッカリとした暗殺・粛清工作等を仕掛ける事が出来る数」は、

「かなり限定的」だから、

「実際」の

「工作失敗や

工作露呈や

工作員からの抜け出し等々の事態」で、

「死亡している者の数」は、

「本当に極少数」だ。

「北朝鮮側の厚遇の裏には、

被工作国側による冷遇も

セットで付いている」。

「今後も科学技術等は急速に進むから、

工作が露呈する可能性もどんどん高くなる」。

「果たして、北朝鮮側の厚遇に、どれ程の魅力があるだろうか???」』

『「つまり、多くの日本国民や日本国内に居る者たちにとって重要な事」は

「使えない核・ミサイルは使えない核・ミサイルと認識する事で、

北朝鮮の脅しには乗らず、

日本国内の工作活動を

遠慮無く、露呈させ、

摘発~排除し、

工作員たちには、応分の償い等は強いても、

実質的には、解放する事」だ』。

『「今時なのに、暗殺・粛清や他国内での乗っ取り支配工作等を容認し、

行わせ続ける事の

愚かさや

危険度」は

「誰もが分る事」だろう。

「国レベルで、そんな事態を蔓延らせ続ける」なら

「人類滅亡が直にやって来てしまう」』。

『「多くの国々では、

かなり前に、

既に、

脱暗殺・粛清や

脱他国内乗っ取り支配工作等々状態」だが

「異常な程、遅れている北朝鮮」では

「未だ、暗殺・粛清・工作(核・ミサイル脅しも工作の一つ)等に

依存しながら

体制維持を図っている劣悪状態」だ』。

『「北朝鮮の体制健常化・正常化」は

「既に、ずっと前から、必需状態」だ』。

『「金正男の暗殺」により、

「国際社会からの徹底した批判・非難・早急な対応等が必然の事態」を

「露呈させた様相(・・・現時点では、毒殺確定では無いので、一応、記すが・・・)北朝鮮現体制」の

「未来」は

「短くなる」のが

「当然になる」』。

『「それなのに、未だに、テレ朝朝番等では、北朝鮮の宣伝や工作員脅し・・・」なのだ』。

『「テレ朝朝番等の論調の上に見えてくる事態」は

「北朝鮮現体制の存続~増長」や

「日本国内の北朝鮮系工作活動の存続~増大等になる」。

「そんな論調を、日本の公共の電波上で蔓延らせ続けさせていてもロクな事は何も無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

昨晩のテレ朝では、歴史学者等が劣悪な多様性論や格差容認論等を公共の電波上に撒き散らしていた様だが・・・。

『「江戸時代の日本の火事や火消し組等」を「ダシ」に「劣悪な格差容認論や多様性論等」を「公共の電波上に撒き散らした歴史学者等」とは

「精神文化が未熟な

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者の一人」になる』。

『「言うまでも無く、江戸時代」とは、

「ほぼ全ての人々が、

丸ごと一人レベルの考え・思いに依存せざるを得なかった時代」だ。

「その結果として、

当時の人々」は、

「丸ごと一人レベルの

比べっこに基づいた

社会体制等の精神文化製品上でしか、

生きられていなかった」』。

『「丸ごと一人レベルの比べっこ精神文化」は

「必然的に、丸ごと一人レベルの格差を生む」。

「経済で比べっこをする」なら

「経済格差が出来ない方が異常になる」。

「武力で比べっこをするなら、命がけとなり、殺し合いとなる」から

「丸ごと一人レベルの比べっこ精神文化が主流な時代の人類史は、戦争の歴史」だった。

「丸ごと一人レベルの比べっこ上」では、

「丸ごと一人ごとの大きな格差も

殺し合いの自虐性も、

必然的に生まれる多様性になる」』。

『「多様性無き生体」とは

「脆弱な生体」となる。

「宇宙の物理崩壊に対抗して生体が生き残り続ける為には

構築度を上げ続けるしか術が無く、

多様性を持つ事は

構築度を上げる事に大いに貢献する事」だから、

「地球生命体細胞群も含む、生体にとって、多様性の創出~維持~拡大」は

「存続~永続の為の必然」でもある』。

『「人類にとっても、多様性は必需」だが

「だからと言って、自虐性が高い

丸ごと一人レベルの比べっこや格差等」が

「必需な訳も無い」』。

『「大きな経済格差故に可能になっていた一部の大金持ちたちによる贅沢三昧」が

「和菓子の高度構築に寄与した」から、

「格差を悪戯に否定するべきでは無い論」等とは、

「江戸時代とは

人類の事情が全く違う

今時の人間社会に未だ存在している

不当な格差を容認せしめる為」の

「実質的、インチキ論」でもある』。

『「比べっこ上」で

「多様性を生み出す為」には、

「格差も合理的になる」が、

「もちろん、その格差」は、

「多様性を生み出す」と「共」に、

「人類の自虐劇の元にもなっている」。

「比べっこ&格差の維持」は

「人類の自虐の維持」でもある』。

『「人類の自虐を大幅に無くす為にはどうすれば良いのか?」

「多様性を残し、格差を無くせば良い」。

「そんな事は可能なのか?」

「もちろん、可能」だ』。

『「本質探究上」では

「多様性を生み出す為に格差は不要」だ』。

『「つまり、人類の精神文化の健常進歩・健常進化を前提とする」なら、

「格差否定が当然になる」。

「劣悪な歴史学者等」とは

「人類の精神文化の健常進歩・健常進化を

実質的に否定した上での、

悪戯な格差容認論等を

公共の電波上で堂々と述べられる程度の

低レベルな者である実態・実体を露呈した者でもある」』。

『「火事だらけの社会でも、

江戸の人々は、

その状態に適応し、

その状態を利用までして、

力強く生きていた」から

「格差だらけの社会でも

今時の日本社会等の人々も、

その状態に適応し、

その状態を利用して、

力強く生きる事」等を

「江戸時代の人々から学べば良い」等の

「劣悪インチキ論の酷さ」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「今時の人々が行うべき」は

「先ず、

自らの精神構造を

比べっこによる他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配という

乳幼レベルの精神構造から、

科学レベルで判明している実体や事実・現実等を

意識的かつ積極的に実用する事による

本質探究&適材適所等に基づく

自己健常支配という

成人レベルの精神構造に

健常成長させる事」だ。

「その上で、

社会・経済システム等を含む、

多くの精神文化製品のレベルを

健常進歩・健常進化させる事」だ』。

『「この今時の全ての人類が

今、本質的に、激烈に、求められている

重大な仕事」を

「大きく阻害するばかりか、

旧態依然とした自虐精神文化等に

多くの人々の興味を

執着させ続ける

人類の精神文化の健常進歩・健常進化を大きく阻害する

本質的悪行を行った者」に

「相応しい」のは

「断じて、過分な立場・報酬・権力等では無い」。

「応分の罪や罰、もしくは、

同様の新たな自虐事例を抑制する為にも、

永遠の恥辱に染まる道の上に置く事等」になる』。

『「何処の局でも、

同様の者、同様の論等ばかりが、主流・・・」という

「事態」は

「明らかに異常」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、人脈的に近いからか、暗殺された金正男氏に対する過去の独自インタビュー等を自慢げに配信していたが・・・。

『「女性工作員が毒で暗殺」とは、「とても、今時の国家等がやる事とは思えない」が、「粛清の嵐を起こし続けて来ている北朝鮮金正恩政権にとっては、当たり前の手段」なのだろう。

「もはや、世界中のほぼ全ての国々」が

「現状の北朝鮮政権を存続させない事等」に

「強く同意している筈」だ』。

『「そればかりでは無く、今回の暗殺」が

「その為の具体的手段の実行」を

「極々近い近未来にまで、引き寄せた可能性も大」だ』。

『「時代遅れの核・ミサイル開発等に邁進し、

日・韓・中等他国内で北朝鮮による乗っ取り支配を実現する為の工作員や協力者等を多数育成し続け、

絶対に実現し得ない北朝鮮による乗っ取り支配の為に有効???な

日・韓・中の政府・企業・多くの一般市民等々にとって

迷惑な工作等を行い続け、

中国共産党等とのパイプ役でさえも次々と粛清・暗殺等し続けて来ている北朝鮮に対し、

中国共産党支配下の中国も含む、

実害を受け続けて来ている各国の堪忍袋の緒が切れた時、

出来る限り実害を少なくする手段による

北朝鮮現政権を終わらせる為の

戦争や工作等が行われる事になる」』。

『「問題は、その時、日本がどうするべきか?」だ』。

『「日本の中の北朝鮮系の者たち」は

「北朝鮮からの難民受け入れによる

日本国内での北朝鮮系人口比率の飛躍的向上等」を

「画策している」と

「強く推定出来る」。

「そのスジの人脈の臭いが濃い、テレビ・マスコミ等による

移民・難民容認正義ぶりっこ、優等生ぶりっこ論」等とは、

「その前準備段階の

実質的情報工作」と

「強く推定出来る」』。

『「そんな事を行い続けて来ているテレビ・マスコミ等」が

「誘っている方向に賛同する事」は

「日本の自虐に直結している可能性が非常に高くなる」』。

『「そもそも、北朝鮮が現政権では無く、普通の政権になる」なら

「ほとんど全ての北朝鮮国民は、

難民として、北朝鮮を出る必要が基本的に無くなる」。

「むしろ、北朝鮮内を健常整備等する事に邁進した方が遥かに良い事になる」』。

『「それでも、日韓併合時の事を思い出せば、誰もが分る様に、

機会が得られた途端に、

より良い別天地へと移住したがる傾向が非常に強い」のが、

「多くの北朝鮮国民の実態・実体」だろう。

「仮面難民が多数出る可能性は非常に高い」』。

『「もちろん、

言うまでも無く、

仮面難民の受け入れ」は

「絶対に断るべき事」だ』。

『「北朝鮮難民の受け入れは断固断る

だけでは無く、

日本国内で、散々、悪の工作活動等を行い続けて来ている北朝鮮系の者たちやその協力者等を

朝鮮半島内に強制送還する」

「強い対応」こそが

「戦後日本の異常事態を終わらせる事に直結している道になる」ばかりか、

「北朝鮮内をどうやって健常整備等したら良いのか良く分らない

多くの北朝鮮国民の助けにもなる」』。

『「日本国・日本国民」は

「その為の準備」を

「着々と進めておくべき」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の多く」は

「北朝鮮とも馴染みが深い、

旧社会党系の人脈の者たち」が

「実権を保持し続けて来ている」。

「人脈が人脈だから、

偏向・偏重論や

特定極一部の者たちを偏向・偏重出演させ続ける等の

悪態」が

「ずっと、続いてしまっている」と

「強く推定出来る」』。

『「小泉旋風」や

「民主旋風」や

「小池旋風」等々も、

「人脈故に起こされ来ている旋風」だ。

「それは、

逆の

自民ダメ!

麻生ダメ!」等々の

「実態からも明らかに判る事」だ』。

『「そして、旋風やイメージで、多くの視聴者・読者等を操る、

まるで、ナチス・ヒトラーの様な手法」にも、

「旧社会・共産圏の悪劣な精神文化の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「言うまでも無く、旧社会党とは、旧社会・共産圏系の政党」だ。

「だから、北朝鮮や中国共産党等の人脈」とも、

「実際に、近しい」』。

『「タイトルの事態は、その一つの実証例」を

「テレビ側が、自ら露呈した自虐劇」か

「どうせ、多くの視聴者には、実体など分る訳も無く、

少々の実態暴露をしたところで、

今後も、多くの視聴者を操り続ける事など簡単・・・等々と、

多くの視聴者をバカにしている高慢劇」だろう』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化は急務」だ』。

|

公共の電波上を使った「幸福の科学の宣伝」を行っているテレビ番組が多いが・・・。

『「幸福の科学信者女優?の芸能界引退問題」を「ダシ」に「多くのニュースショー等のテレビ番組」では「実質的、幸福の科学の宣伝」を「行っている」。

「例えば、テレ朝朝番」では、

「該当女性が出家したとされている事を受けて、

幸福の科学における出家とは・・・(多くの一般日本人にとっては、そんな事は、教団の勝手で、どうでも良い事だが)」等とやり、

「幸福の科学の、上辺の宗教団体縛りが薄い様相の信者実態等(信者縛りが激しい宗教団体等からの乗り換え推奨か?!)」を

「紹介(=実質的、公共の電波上での大宣伝)」していた。

「更に、政治活動や映画製作や出版等々の活動実態(その手の仕事等を行いたい人々いらっしゃい!か?)」も

「紹介(=実質的、公共の電波上での大宣伝)」していた』。

『「そのクセ」に

「内実がまるで、映画・出版業や政治団体の様な事を行っている幸福の科学という新興宗教団体」の

「税制上等での優遇問題等」の

「告発」や

「新興宗教団体信者の内実・実体等」の

「報道等」は

「行っていない」』。

『「日本における新興宗教の多く」は

「内実として、朝鮮系等、渡来系の人々の連絡・連携組織等としての役割を担って来ている」』。

『「元々からの日本人の多く」は、

「全国各地に在る神社や神道との馴染みも深く、

江戸時代にはお寺等が戸籍管理等に使われていた流れから、

仏教にも馴染みが深い」。

「明治時代になると、国家神道が富国強兵政策や教育等でも大いに利用された」。

「日韓併合前からの、多くの、元々からの日本人は、

日韓併合時には、

既に、何処かのお寺の檀家だったりする事で宗教団体的コミュニティーも持ち、

近隣との連絡・連携等の体制も持っていた」。

「つまり、基本的に、新興宗教団体要らず状態」だ。

「更に、江戸時代の葬式仏教(≒お寺利権)等の実感やその反発等からも、

当時から既に、ある程度の宗教離れも出来ていた人々も数多い」』。

『「しかし、

日韓併合時以降日本に自主的に渡来した人々等の場合」は

「その様な地盤が無い」。

「それでも、

例えば、

別天地を求めて自主的に渡来した人々」でも、

「心の拠り所やお仲間との連絡・連携等を図る

欲」は

「有る場合が多い」。

「其処で、元々からの日本人が少ない、新興宗教に集まる事態が頻発する」』。

『「戦後、異常な戦後処理により、

朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、強制的に日本本土内に帰還させられたが、

日本国内の朝鮮人の多くは居残り続けている実態がある事」は、

「戦後日本国内の新興宗教内の朝鮮系の人々の割合の多さにも直結している」』。

『「戦後の日本」では、

「「朝鮮系等の人々の帰化のハードル」が、

「在特故に、かなり低い」。

「その{利権}の下」で、

「多数の朝鮮等の人々が帰化している」から

「例えば、新興宗教内でも、上辺は、日本国民である場合もかなり多い」』。

『「問題は、平和・共存目的か?」だ。

「新興宗教団体であったオウムの場合を知るなら

誰でも判る事」だが、

「全ての新興宗教団体が、日本国内での平和・共存目的で運営されている訳では無い」。

「中には、オウムの様に、日本の乗っ取り支配等を目的とした組織まで在る」』。

『「北朝鮮により、日本国内全国各地から多数の日本国民が拉致された」が

「その極悪事件の裏に在る」のも

「日本国内に巣食っている北朝鮮系の人脈組織」だ。

「僅かの数の工作員が日本に侵入して拉致したダケ」なら

「拉致被害者の数は、極少数になる」のが

「必然」だ。

「日本国内に多数の実質的工作員や協力者等が居るから、

日本全国各地から多数の日本国民を拉致する極悪犯罪が実現してしまった」。

「それが現実」だ』。

『「拉致工作等に加担した新興宗教団体等も在って当然」と

「強く推定出来る」』。

『「拉致工作を行わされたり、協力させられたりした者たち」が

「他の工作活動をやらされない訳も無い」。

「日本国内は、未だに、スパイ・工作活動天国状態」だ』。

『「それでは、幸福の科学の実体はどうだろうか?」

「平和・共存目的か?」

「日本も含む世界支配目的か?」

「全ての人類は、幸福の科学の信者になる旨等公言していた実績から」も、

「多くの人々は、その実態・実体等」を

「相応に感じる事が出来ている」だろう』。

『「それなのに、多くのテレビ番組で、実質的、幸福の科学の宣伝」なのだ。

「何故か?」

「多くのテレビが、幸福の科学等と同様の人脈によって運営されているから」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数もかなり多い筈」だ』。

『「特定極一部の者たちばかりが、主として常連出演」や

「特定極一部の者たちに都合の良い偏向・偏重論ばかりが主流」等々の

「異常事態の裏に在る」のは

「人脈問題」と

「強く推定出来る」』。

『「筆者」は、

「幸福の科学の信者は直接知らない」が

「その前身とされているGLAの信者と同級生だった事がある」。

「当時、新聞配達を{強要}されていた該当同級生(渡来朝鮮人帰化者の子、もしくは、在特により日本の公立学校内でも堂々と通称使用ダケ出来ていた朝鮮籍のままの者)」は

「教会で、教祖等の言う事の通り行う様にし続け、その結果や成果等を出さない」と

「フッ素水を飲まされるから嫌」と

「ぼやいていた」。

「フッ素水を飲まされると頭が飛ぶ」とも

「言っていた」』。

『「もう、何十年も前の話し」だが、

「今振り返ると、その様相は、工作員調教実態とも思える」』。

『「その様な教団体質のままなら、

昨今では、フッ素水に代わって、工作電磁波でも使われているのだろう・・・」等と

「強く、推定出来る」』。

『「因みに、工作電磁波は、覗きにも、殺しや傷害を与える事等にも使える」から

「信者の生活実態を事細かに覗き、観察し、

お告げ等を嘯く悪行や、

人の寿命や健康状態等を予言する事」等にも

「悪用出来てしまう」』。

『「旧来のお告げや予言をその通りに実現させる手段」は

「侵入工作と飲食物工作」だった。

「戦後日本の鍵にならない鍵が大いに悪用された侵入工作」や、

「少量の毒物・有害物等を仕込み続ける

日本の法・摘発体制では摘発困難な飲食物工作」が

「主流」だった。

「しかし、防犯ビデオ等の普及と鍵の高性能化等により、侵入工作の一部が、諦められ、

分析機器の性能向上により、飲食物工作の一部が、諦められている」。

「今、一番旺盛なのは、電磁波工作」だ』。

『「ターゲットとされている一般人はもちろん、

有名人・知名人等の

訳の分からない死や病気等の裏」にも

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等による殺傷がある可能性大」だ』。

『「極悪手段によるお告げや予言」でも

「信者には、その効果は絶大」となり、

「財産を丸ごと教団に寄付」等の

「一般社会では、まず、あり得ない事態等」までもが

「頻発している新興宗教団体まである」と聞く』。

『「新興宗教団体には、上記の様な事も含め、告発等するべき問題が山ほどある」。

「それなのに、宣伝・・・、明らかに異常」だ』。

『「新興宗教団体いを宣伝」し

「北朝鮮等、反日国人脈による日本国内の日本人ターゲット工作等を黙殺し続けている」、

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「日本本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等だろうか?!!」』

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「豊かとは?」「貧しとは?」さえ???の様相の連中による劣悪な堂々巡り論が宣伝されていたが・・・。

『「現状のインチキ経済・社会システム」を「大前提にする事自体」、「既に、大いに貧しい」のが「現実」だ。

「現状のインチキ社会・経済システム上での豊かさ???」を

「豊か等としている事自体」も

「同様」に他ならない』。

『「だからと言って、例えば、宗教等の世界に現実逃避する事等」が

「豊かな訳も無い」』。

『「肝要な事」は

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性上」で

「豊かさ」や

「貧しさ」を

「実態・実体把握等した上」で

「豊さを追求したり、

貧しさを排除したり、

しようとする事」になる』。

『「日本は人口が減少するから、皆で、貧しく???」

「バブルの豊かさを味わっている者が何を言う???」

「移民許容は、無理、可能???」

・・・「皆、豊かさ、貧しさの問題より、

政治臭が濃厚に漂っている、

ある種の方向に

大衆の考え・思い等を誘導しようとしている

政治運動上」では

「合理的になる論や考え方等」だ』。

『「当然の如く、

そんなモノを流行らせようとしたり、

そんなモノ上で、

多くの人々の考え・思い等を想起させよう等としている者たち」には、

「例えば、反日他国人脈情報工作員等の臭い」が

「濃厚に充満している」』。

『「実質的に、迷惑な情報工作活動等など」は

「少なくとも、公共的要素が強い媒体上等」では、

「早々に、実質的、メジャーの座等を、終焉させる、させられるべき」だ』。

『「情報発信者の肩書き等など、関係無い」。

「例え、

どんなに有名な者でも、

どんなに高名な者でも、

例えば、

超有名大学等の超有名教授等や、

多くの人民が従わざるを得ない絶対的独裁者による情報配信でも、

劣悪なモノは劣悪」だ。

「逆に、どんなに無名な者の情報配信でも、内実を有しているなら、有用になる」。

「それが、配信情報の現実」だ』。

『「移民容認論等を喚起する為の政治運動」の

「劣悪性」は

「その大前提として、日本人人口の減少があるから」だ。

「つまり、既に、日本人人口の減少を必然とした上での対策を言う」から

「明らかにオカシイ」』。

『「日本国民として普通に考える」なら

「日本人人口の減少が問題の原因なら、

移民容認論等の遥か前に、

先ず、日本人人口の増加を考える」。

「それが、当たり前」だ』。

『「日本国内での移民論の多く」には

「崩壊が近いと強く推定される、北朝鮮からの移民容認論が色濃く混ざっている」。

「現状で、日本国内で移民容認論等を風潮している者の多く」は

「北朝鮮等ご用達の情報工作員等の人脈の者と、強く推定出来る」』。

『「日本人人口を増やす事は、困難な事では無い」。

「日本人人口を減らす工作活動の全てを摘発し、排除すれば良いダケ」だ。

「例えば、少子高齢化工作としても実効が有る、

飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々がある」』。

『「環境ホルモン等による精子少量化工作」とは

「飲食物工作の一つ」だ。

「電磁波工作による精巣・卵巣破壊工作」とは

「電磁波工作の悪の一手」だ。

「侵入工作による飲食物仕込み」や

「情報盗み」等々を「悪用」した

「精神面も含む混乱工作の悪の成果も忘れてはいけない」。

「政財界工作で、格差社会化する事」も

「少子化工作に直結する」。

「情報工作で、晩婚化・非婚化等するダケでは無く、

血統家族主義を煽り、

子造りと家庭を無理やり強固に結びつけさせる事」も

「少子化工作になる」』。

『「あらゆる手段を用いて、

日本人に少子化を強いている裏」で

「日本乗っ取り支配人脈の者たち」は

「例えば、日本の血税、生活保護や子ども手当等まで積極的に使う事で

そのスジの人口を増やし続けている」。

「それが違うと言うのなら、徹底した実体調査を行った上で言うべき」だ。

「少なくとも、筆者の周辺では、明らかに、その傾向がある」』。

『「その様な状態の上」に

「例えば、北朝鮮等からの大量の移民が加わる」なら

「合法的に日本を乗っ取り支配する事までもが、

かなり容易になってしまう」』。

『「象徴的独裁者を生贄にしても、

そのスジの人脈による日本乗っ取り支配が実現する」なら

「民族の勝ち!」等と

「考え・思い・信じ込んでいる」のが

「悪どもの実態・実体」だ』。

『「多くの一般日本国民」は

「先ず、日本社会の健常化を強く意識し、

その実現に邁進するべき」だ。

「日本社会が健常化される」なら

「必然的に、元から日本の自然や地理特性等と適合性が高い

日本人人口が増える事になる」のが

「当然の現象」だ』。

『「逆に、日本乗っ取り支配工作等」は

「一気に衰退~排除される事になる」』。

『「実質的、情報工作員たち」を

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「実質的、情報工作員たちの裏等を徹底的に洗う」なら

「日本乗っ取り支配工作活動等の実態・実体も必然的に暴かれる事になる」のだから、

「日本政府や警察等はもちろん、

多くの一般日本国民も

実質的、情報工作員たちの裏を探究する事等」を

「決して、忘れるべきでは無い」』。

|

北朝鮮の自虐ミサイル・・・。

『「武力による比べっこ支配権争い上」で「肝要なのは、より優位な武力」で「より優位な武力」とは「より進んでいる科学技術上に存在する」。

「数十年遅れの核やミサイル」とは「既に、負けている武力」だ』。

『「既に、負けている武力」でも、

「使い方が上手ければ、

数を揃えれば、

それなりに優位に・・・」とは

「考え・思いによる納得法」で

「その考え・思いによる納得法」も

「既に、負けている」』。

『「自由主義圏の普通の国々」では

「既に、負けている武力ではお話しにならない」から

「科学技術の進歩・進化に邁進し、

お話しにならない状態を脱しようとする」』。

『「或いは、

自虐的な比べっこ事態から脱する事」で、

「平和・共存等を目指して行く」』。

『「比べっこ上でも、

科学技術の進歩・進化に邁進する為」には

「相応の精神文化が必要になる」から

「例えば、社会体制でも、

科学技術の進歩・進化に都合の良い社会体制にする」』。

『「旧社会・共産圏の社会体制」では

「自由主義圏の社会体制」と

「比べ」て、

「科学技術の進歩・進化が大いに遅れる事」は

「既に、歴史が立証済み」だ』。

『「武力比べっこ」でも

「社会体制比べっこ」でも

「既に、負けている北朝鮮」とは

「例えて言うなら、

成長を拒否している問題児の様な存在」で

「実際に行っている事」も

「人権を大きく阻害し続けて来ている他国人も含む人民粛清工作等や、

時代遅れの核・ミサイル等の開発・製造等々」の

「問題行動」となれば、

「世界中の国々から、本気では扱われず、

実迷惑な分以上に

迷惑がられている事」も

「ある意味、当然の現象になる」』。

『「北朝鮮が他国から本気で相手にされたい」のなら、

「問題行動を放棄」し

「社会体制等を健常化・正常化すれば良い事になる」が

「それでは、独裁者やその周辺が、過去の悪行故に、危うくなる」。

「独裁者やその周辺が生き残る為の苦肉の策」が

「他国が無理にでも相手にせざるを得ない問題行動を行い続ける事」と

「他国内に仕込んである北朝鮮の手先に、

他国や他国人民が北朝鮮の相手をする様に仕向けさせる工作活動等を

行い続ける事」という訳だ』。

『「その苦肉の策」の「効果」は

「当初は絶大」だった』。

『「所謂、瀬戸際外交」と

「他国内親北朝鮮誘導工作等」により、

「北朝鮮独裁者やその周辺が得る事が出来てしまった利権等」は

「かなりのモノになる」』。

『「核・ミサイル関連技術等の情報盗み等」や

「必要機器や必要物質や必要金等の取得」等、

「苦肉の策がもたらした利権の余り」で

「細々と、体制維持等を図っている」のが

「今の北朝鮮の実態・実体」だ』。

『「もはや、北朝鮮独裁者やその周辺の戦力として実効力が有る」のは、

「他国内に仕込み、その数を増やし続けて来ている

北朝鮮系の実質、工作人脈の者たちくらい」で、

「まるで、存在証明の様な、

使えない(=実戦で使えば、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争になる)核・ミサイル等の

実験等」とは、

「その実効戦力を隠蔽し続ける為の煙幕に過ぎ無い」』。

『「逆から言うなら、

北朝鮮問題を解決する方法は、既に明白」で

「他国内の北朝鮮の実質、工作員人脈の問題を片付ければ良いダケ」だ。

「残りの使えない核・ミサイル等ダケ」となれば、

「北朝鮮も政権や体制等を変えるしか無くなる」』。

『「さて、上記の様な実態・実体」は

「既に、多くの人々の中で明らか」だが、

「未だに、日本の中の北朝鮮の実質、工作員人脈の者たち等」は

「北朝鮮の核・ミサイル等の大宣伝に熱心」だから、

「本当に呆れる」』。

『「その姿」は、

「まるで、

本当の北朝鮮問題は此処に在りますよ~!」等と

「自ら、暴露しているかの如き・・・」だ』。

『「その実態等は、実に、シュールなお笑い劇」等と

「呆れている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「日米両政府等の中」では

「既に、上記の様な北朝鮮問題を片付ける為に必要な事等」は

「十二分に分かっていて、

その為の実効のある対策が練られ、

実行に移されようとしている」と

「強く推定出来る」』。

『「何故なら、

其れこそが、

戦争を避けながら、北朝鮮問題を解決する道だから」だ』。

『「当方の邪魔をし続けているそのスジの工作員たち」には、

「いい加減に、全ての邪魔を止める事を強く推奨しておく」。

「何故なら、それも、摘発後に追及される罪を減らす事に直結している事だから」だ』。

『「普通の頭がある」なら

「工作実態・工作実体等がバレた段階」で

「勝ち目が無い事等」は

「直に分かる」。

「少し、無理してでも、勝ち目が無い方から離れる事のメリット」も、

「勝ち目が無い方に乗り続けさせられる事によるデメリット」も

「直に分かる」。

「つまり、負けが決まっている方の脅しや圧力等に屈するのは、{おバカ}という事」だ』。

『「日本のドラマ・映画等」では、

「未だに、

血統家族主義モノとか、

戦略モノ等々が旺盛」だが、

「その北朝鮮の実質、工作人脈等に対する

北朝鮮内の家族・親戚等人質脅し情報や

工作戦略等応援情報等」の

「バカらしさ」も

「既に、多くの人々が重々感じているところ・・・」だ』。

『「本気で家族・親戚等を救いたい」のなら

「出来るだけ早く、北朝鮮の体制を健常なモノに変える事等」が

「極めて有効になる」。

「その為には、工作活動などは、{実質}放棄する事」だ』。

『「何十年、何百年前の戦略等が通用した」のは

「何十年、何百年前の事」であり、

「今時、そんなモノで人間世界を染めようとする」なら

「人類滅亡が急速に近づいてしまう事になるダケ」だ』。

『「何十年、何百年前の戦略等など、

知っている人、使える人は、

其れこそ、ゴマンと居る」。

「所謂、先進諸国側では、

それが、自虐になる事がはっきりと分かっている人々が多い」から、

「実際に、使う人々は少ない」ダケだ』。

『「情報の自由の無い、情報難民状態の体制下に押し込められている人々」と

「情報の自由の中で、自由に知り、自由に発想を巡らせる事等が出来ている人々」との

「間」には

「絶大なる実能力差が生まれる」。

「それは、物質文明側でも同じ」だから、

「東西冷戦では、旧共産圏が自由主義圏に負けた」のだ』。

『「未だ残っている旧共産圏の残党」とは

「東アジアでは、中国共産党と北朝鮮」だが、

「その様相」は、

「まるで、

大阪城陥落前の大阪城(中国共産党)と

真田丸(北朝鮮)」で、

「豊臣政権のドンだった秀吉(旧ソ連)無き後」の

「歴史の流れや結果」は

「多くの日本国民が良く知るところ」だ』。

『「もはや、

旧ソ連の民主化で、総大将を失い、外堀が埋められ始め、

真田丸的北朝鮮に対しては、

中国共産党よ、取り壊せ!」と

「世界中から

迫られている状態」だ』。

『「その後の選択として考えられる一つの道」は

「北朝鮮を活かして、中国共産党が世界に戦争を挑むか?」だが、

「そんな自虐を行えば、人類滅亡になってしまう」から

「さすがの中国共産党でも、その道は選択出来得ない」。

「残る道」は

「真田丸の取り壊し(北朝鮮崩壊)」と

「大阪城の開城(中国の民主化)」になる』。

『「後は、時間の問題」だ。

「時間がかかれば、かかる程、犠牲が大きくなるダケ」だから、

「早々の取り壊しと、開城が望まれている」』。

『「実業家、トランプ大統領率いる米国政権」は

「早い実効や成果を求め続ける」から

「北朝鮮問題も、

中国共産党問題も、

その解決・解消等」は、

「意外と早い事になる」と

「強く、推定出来る」』。

『「日本等他国内にいる北朝鮮等の実質、工作員等たち」は、

「打ち首・さらし首(摘発~逮捕~処罰・処刑等)にされる前」に

「早々に、

既に、負けている側から脱する方」が

「工作等を続ける事」より、

「遥かに良い事になる」』。

『「選択は、個々の自由」だ。

「自由・民主主義圏の国々の中では!」』

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「宗教団体入信芸能界引退女性問題」や「ネット健康情報問題」等で優等生ぶり、正義ぶっていたが・・・。

『「優等生ぶっている常連出演者等」とは「宗教問題の本質も言えない劣悪者等である実態・実体」が「露呈」していた。

「何しろ、芸能界の日常業務に生きがい等を感じられなかった該当女性」が、

「神やあの世や霊等という、古の人々の考え・思いによる納得に縋っている事等」に対し、

「実務上の迷惑」とか

「法律論」とか

「信仰の自由」等の

「考え・思い上での納得」を

「公共の電波上で、優等生ぶり、正義ぶって言う事」等で

「応えていたのだから!」』

『「考え・思いによる納得による悩み等」に

「考え・思いによる納得で応える」とは

「解決法等を見失わせ、

堂々巡り等を招く

劣悪な手法」に他ならない』。

『「そもそも、該当女性」は、

「何故、

所謂、かなり恵まれていた状態の、芸能界での実務等を

行う事で満足等出来ていなかったのか?」

「言うまでも無く、自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪かったから」だ』。

『「同様の状態」は

「現状の多くの人々も保有している」が

「該当女性と現状の多くの人々との違い」は

「満足等出来ていない{自覚}の感じ方やその強さ等になる」』。

『「宗教団体に属している家庭で育ったという該当女性の場合」は

「幼少期から、現状の社会・経済システムやお金や仕事等に対する依存度が低かった」と

「強く推定出来る」。

「逆に、多くの、宗教無縁、もしくは、宗教気迫な、一般的な人々の場合」は

「先ず、実感している」のが、

「現状の社会・経済システムやお金や仕事等の有難み等」になる。

「その結果」として、

「多くの一般の人々の場合」は

「現状の社会・経済システムやお金や仕事等に対する依存度」が

「知らず知らずの内に

不健常な程

高くなっている場合が多い」。

「そんな実体から、現実逃避し続ける」と

「{自覚}無き、依存者」が

「出来上がる」』。

『「{自覚}無き、依存者」が

「現状の者・物・事等に

強く依存したがる」のは

「ある意味、当然の現象」だが

「それは、精神構造的に、実質的、病気」だ』。

『「{自覚}は、誰もが持つべき」だ』。

『「現状の社会・経済システムやお金や仕事等に対する依存度が低いが故」に

「現状の仕事上での自分実体満足実感等の問題に対して、

それなりに敏感な状態だった該当女性」は

「その問題実感に対する解答」を

「原家庭が属していた宗教団体の宗教に求めた」から

「今回の様な事態となってしまった」のが

「実態・実体」だ』。

『「もちろん、

自分実体満足実感が希薄等の問題に対して」は

「科学レベルで判明している自分の実体や

その実体の本来の目的等との

整合性の理解・把握やそれに基づいたセルフコントロール等」によって

「解決する」のが

「堂々巡りに陥らない解決法」になる』。

『「精神構造や精神文化面が、劣悪では無い者」なら

「その程度の事は、言えて当然」だ』。

『「神やあの世や霊等」とは、

「科学レベルで判明させる事が出来ている者・物・事等が希薄であるが故」に、

「丸ごと一人の死生観・人生観上で生きるしか術が無かった時代」の

「古の人々の考え・思いがつくり出した概念に他ならない」。

「今時の先進国の義務教育課程等を卒業している人々」なら

「人を含む、ほとんど全ての生物の誕生・死は、細胞レベルの実現象である事等」を

「理解・把握出来ていて当然」だ』。

『「古の時代の精神文化等を懐かしみ、楽しんだりする事」は

「個人個人の勝手」だが、

「古の時代の精神文化等に固執して、

今時の人類として、行わなければならない物事等を阻害する」は

「実質的には、明らかな迷惑行為になる」』。

『「何故なら、そんな人々が多過ぎる」と

「人類の精神文化の正常進化・健常進化が不十分となり、

その結果として、

急速な進歩・進化をし続けている物質文明製品が

進歩・進化不十分な精神文化により使われる・使われ続ける事により、

人類滅亡等が、現実の事態となってしまうから」だ』。

『「地球温暖化による環境変化」とは

「その実現象の一つ」だ。

「更に、進歩・進化が不十分な精神文化上で、

急速に進歩・進化し続けている武器等の物質文明製品が使われるなら

どうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「現行の出来の悪い精神文化製品の一つである現状の経済システムに固執して、

温暖化や環境変動等を放置し続ける」なら

「まるで、真綿で首を絞めるかの如き事態により人類は滅亡する事になる」』。

『「真綿で首を絞められている状態等の

何処かの誰かが、

苦しいから・・・と

進歩・進化し続けている武器やその他の物質文明製品を

悪用する」なら

「急激な人類滅亡がやって来てしまう」』。

『「これが、寒過ぎる、現状人間世界の実態・実体」だ』。

『「公共の電波上で、劣悪者たちに、

堂々巡り論等を述べさせている暇」は

「もう無い」』。

『「ネット健康情報等の問題」を「ダシ」に

「医者等、現状権力者や

権力機関等のお墨付きに頼るべき論」等を

「ばら撒く、悪行ぶり」にも

「本当に呆れた」』。

『「オウム等にも医者がいた事」や

「現状の精神文化側の進歩・進化等の不十分さ等を

それこそ、堂々と、目一杯、露呈させている状態の

現状の大学等の未熟性」等からも、

「権力機関や権力者等のお墨付きに頼る事の危険性等」は

「誰もが分る事」だ。

「天動説が権力機関の標準だった時代」という

「権力機関等を頼るべきでは無い事」の

「実証例」まで「在る」』。

『「天動説権力機関問題」は

「断じて、古の問題では無い」』。

『「武力戦争を批判・非難等している者たち」が

「経済戦争に興じている」。

「どちらも、比べっこによる支配・被支配争い」という

「乳幼児レベルの精神文化なのに!」

・・・「現状の天動説ぶりが良く判る実態」だ』。

『「では、どの様にして判断すれば良いのか?」

「言うまでも無く、

人類誰もの自分の実体や

その実体の本来の目的から

整合性を取って

個人個人が、

判断すれば良い」』。

『「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って、

自虐となる者・物・事は、

悪で避けるべき、もしくは、是正すべき者・物・事」だ。

「逆に、整合性を取って、

健常成長等を誘う者・物・事は

善で取り入れたり、応援したりするべき者・物・事」になる』。

『「ネット健康情報等」を

「自虐にならない様に利用する為」にも、

「物質文明側の科学知識等」と「共」に

「精神文化側の科学知識等」が

「大いに必要」だ』。

『「今時のテレビ・ラジオ等」なら

「精神文化側の科学知識等」を

「広めない事が間違っている」』。

『「例えば、人類誰もの自分の実体や

その実体の本来の目的等」や

「死生観や人生観等の今時化」等々は、

「今時の生きている人類なら

誰にでも直接関わっている

重大科学知識」だ』。

『「昨今の人類の実態・実体は、本当に深刻な危機状態」だ。

「多くの視聴者等」を

「現状の

社会・経済システム等や、

お金や立場や仕事???等々や、

宗教や信仰の自由等」の

「考え・思い上の納得に執着し続けさせている場合では無い」。

「科学レベルで判明している人類の実体やその実体の本来の目的との整合性を高めるる実務」が

「激烈に求められている」のが

「現実」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、日頃から{もう一つの事実}で都合の悪い事実を覆い隠している者たち等が、正義ぶってメディア論等を風潮していたが・・・。

『「トランプ大統領と習近平主席の電話会談」については、「大歓迎」で、「中国共産党にとって都合の良い、高評価ぶり」、

「安倍総理とトランプ大統領や日本と米国との関係等」や

「テロ等防止法」や

「PKO」や

「沖縄米軍基地移設」については、

「まるで、悪い事であるかの如きイメージ」で

「情報配信」という「事実自体」が

「既に、オルタナティブファクトの実態」を「露呈している」』。

『「本日のサンデーモーニング」には、

「日頃から、散々、オルタナティブファクトの手法」で

「視聴者や日本社会等を欺き続け、

あらぬ方向に世論誘導等し続けて来ている実態・実体」が

「露呈しているテレビ番組や常連出演者等」が

「自分たちの実質的、悪事を無い事にする為」には

「オルタナティブファクト問題を取り上げ、

その上で、

正義ぶったり、

優等生ぶったりする事」が

「実効がある」とでも

「思い込んでいるが故の配信情報内容等」の

「臭過ぎる臭い」が

「充満していた」』。

『「メディア側が、

第三者機関等をつくる事を提案し、

各種の配信情報に対して、

ある種の区別やランク等を付ける」とは、

「より、{メディアオルタナティブファクト}の有効性を高める為」には

「有効な手段」だ。

「それは、メディア側の提案を基につくられる第三者機関の実態・実体がどうなるのか?」等を

「考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「特定極一部の者たちばかりが、主として常連出演」や

「特定極一部の者たちにとって都合の良い偏向・偏重論等が主流」等の

「戦後日本のテレビ界の大いなる異常性に対して、

十分な提案も対策も行えていない

現状のBPO等の存在」からも、

「メディア側提案の第三者機関のお手盛り状態等」は

「つくる前から、既に、判明している様なモノ」だ』。

『「公共の電波上で一方的に大量配信されているお手盛り情報の裏」には

「本来、配信されるべき実体や事実・現実情報が山ほどある」』。

『「例えば、日本国内での米国車等の米国製品の販売不振問題にも直結している

日本国内の反日・反米人脈工作員・協力者等の問題」は

「メディアでは、実質的に、黙殺状態」だ。

「一般日本国民個人レベルにさえ

実際に、害悪を与え続けている重大問題なのに!」だ』。

『「そのようなメディアの実態・実体」は

「現場実働工作集団・協力者集団等を

情報面で応援し続けている

情報工作機関状態」だ』。

『「日本ダケで十分な摘発・排除等が出来ない」のなら、

「日本国内の反日工作員・協力者等による

日本国・日本国民に実害を与え続けている工作活動」も

「日米安保の適用範囲に入れるべき」だ。

「何故なら、その存在を許容し続けている」なら

「工作活動の継続により、

反日人脈が日本国・日本国民を乗っ取り支配する事までもが

可能になってしまうから」だ。

「つまり、

国家・国民の重大危機に直結している」のが

「日本国内の反日人脈による工作活動」だ』。

『「北朝鮮等の反日工作員やその協力者」が

「野放しのままで良い訳は無い」。

「野放しどころか、

日本の血税を使われて、

工作員の世代交代まで行われ続けていて良い訳は無い」』。

『「反日工作員人脈の子沢山策略&日本人無害化・虚勢化・少子化・子無し化策略等」を

「黙殺し、横行させ続ける」なら

「それ程、遠くない将来、

日本が北朝鮮の属国化等されてしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「日本ダケで、実効のある対策が行えない」のなら、

「日米安保を適用し、米国機関等の協力を得るべき」だ』。

『「日本社会から、

中国共産党や北朝鮮等の手先の様なマスメディア等と

反日・反米人脈の工作員等が

排除される」なら

「例えば、米国車や米国製品等の販売も正常・健常状態になる」。

「つまり、日本国内の異常事態の是正」は

「米国にとっても、非常に有意義」だ』。

『「何時までも、

中国共産党や北朝鮮等に都合の良い情報」を

「多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ上での主流にさせ続けていて、

良い訳は無い」。

「そんなご都合論を率先して情報配信し続けている

実質的、そのスジの情報工作員等」に

「日本の

公共の電波を使う仕事や

公共的マスコミの仕事」で

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日本でアメリカ車が売れない訳(昨日の記事の後、またまた、工作電磁波が一気に強化されたが)・・・。

『「該当記事内容」は「かなり実態を暴露している様」で

「工作電磁波の強化ぶり」や

「そのスジの者たちと強く推定される者たちによる監視(集団的ストーカー行為)」等も

「一気に、旺盛になった」。

「ロクでも無い集団が日本国内に居続けていて、

戦後産まれの一般日本人個人でさえも、

工作ターゲットにし続けられている事」は

「本当に異常」だ』。

『「実は、

日本国内の反日人脈による工作活動」は

「日本での米国車販売不振にも直結している」』。

『「何十年か前の米国車」には

「日本の道路事情や多くのカーユーザーの使用状態や要望等」との

「大いなる不一致点が少なからず在った」から

「日本国内で米国車が売れないのも当然だった」。

「大きさや燃費や値段や(上辺の)性能や使い勝手等々」が、

「明らかに、当時の日本の多くのカーユーザーとはズレていた」のが

「その当時までの米国車の実態」だった。

「ところが、昨今では、事情が全く違う」』。

『「昨今の米国車の内実」は、

「明らかに、

日本の多くのカーユーザーを納得させる、

どころか、

感心させられる面まで少なからず有る

魅力のあるモノ」だ。

「例えば、

価格面では、同クラスのドイツ車等より明らかにお得感が強く、

コンパクトカーの実燃費でも結構優秀な車がある」。

「運転実感や乗り心地等」では

「多くの国産車よりマシな車が多い(と聞く・・・、筆者は残念ながら多数の米国車には乗れていない・・・)」。

「それなのに、売れていない」。

「何故か?」』

『「米国車も、

反米工作・日米分断工作等の道具にしている

反日人脈の工作活動があるから」だ』。

『「国産車に乗っていても、工作を仕掛けられ続けて来ている筆者の実感」では

「とても、米国車には乗れない」。

「何をされるか分らない恐さは、国産車以上」だ。

「何故なら、日本国内で工作活動を行っている反日人脈の者たちの元締め」は

「反日である前に、反米だから」だ』。

『「その辺りの事情があるから」だろう、

「日本国内の米国車の営業」は、

「明らかに、異常な程、マイナー」だ』。

『「オマケに、フォードは撤退までしてしまった」。

「せっかく、

日本国内の反米・反日工作が無い状態なら、

上手く宣伝すれば、

日本でも大いに売れそうなフィエスタ等の

使い勝手の良いコンパクトカーまで持っているのに・・・」』。

『「トランプ大統領が本気で日本国内で多数の米国車を売りたい」のなら、

「日本の中の反米・反日工作活動を徹底撲滅する事から始める必要がある」。

「元締めを撲滅する事で、

日本国内の工作活動も撲滅せしめる方法」なら

「米国が得意とするところの筈」だ』。

『「徹底した平和主義者なのに、そのスジの被工作活動VIP待遇の筆者」は、

「日本政府・与党や警察等が、日本国内の集団的工作活動を撲滅出来ない」のなら、

「米国による元締め撲殺によってでも、

工作活動自体を撲滅してもらいたい」と

「強く、感じ、思う事が多々ある」。

「昨今の集団的工作活動の強化により、

その様に、強く、感じ、思う回数」は

「確実に増えている」』。

『「背後に反米・反日国家がある工作集団に対し、

個人、個人レベルでは、行える事が限られてしまう」。

「背後に反米・反日国家がある集団的工作活動に対する対策」を

「国家が行わず、私刑も禁止」とは

「国家による虐待に等しい」が

「倒すべきは、

虐待国家の前に

悪工作側である事は、

全日本国民が決して忘れてはいけない事」だ』。

|

「単なる性癖故の犯罪か?」それとも、「日本国民男子虚勢化工作か?」小学生キャンプ性犯罪問題・・・。

『「犯行形態」や「組織化」等が「反日国人脈の集団的工作活動等と酷似している様相」の「事件が報道」された。

「小学生キャンプ」を「悪用」した

「男子に対する性的暴行事件」だ』。

『「摘発されても、上辺」は

「個人」の

「歪んだ性癖故の犯罪行為として処理され易い」が

「内実」としては、

「被害者の実人生に大きな影響を与える可能性も非常に高い

重大な心的外傷を伴わせてしまう内容まで含む犯罪行為の実行」であり

「それが、実態として集団化している」』。

『「其処」には、

「反日国等の悪権力者の支持の下」の

「日本人男子虚勢化工作の一つ」だったとしても、

「何の不思議も無い実態・実体が露呈している」』。

『「元々、反日国悪権力者等の多く」には

「日本人、特に、男性」が

「元気で旺盛である事」を

「極度に嫌う傾向がある」。

「もちろん、基本は、日本人粛清」なので

「例えば、女性強姦工作等による日本人結婚~子造り妨害策略等も旺盛」だ。

「金権支配情報(情報工作の一つ)に操られている女性」を

「工作資金を持つ工作員」が、

「実質的に、金権強姦等し、

捨て、

その後の人生を大きく狂わせる事等」は

「簡単な事になってしまっている」』。

『「戦後の日本国内」では、

「反日国悪権力者等の歪んだ病的な意志等を基にした、

徹底した虚勢化・無害化工作等が

実際に、行い続けられて来ている様相」が

「既に、露呈し続けて来ている」』。

『「日本国・日本人に対し、

自虐を強要し続けて来た、

自虐情報・教育」然り、

「現状の格差社会化による金権支配」や

「日本人の少子高齢化」然りだ』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

虚勢化・結婚~子造り妨害等も含む性工作等々、

あらゆる非人道的な工作手段」でも、

「戦後日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手段なら、

其れこそ、何でも行わせて来ている」のが

「反日国悪権力者等の実態」だ』。

『「政界工作と強く推定出来る

反対野党等による

実質的、妨害」や、

「情報工作と強く推定出来る

多くのテレビ・マスコミ等による

反対野党側正義イメージによる大衆誘導」等の

「悪影響」もあり、

「未だに、十分な対策も出来ていない」のが

「日本政府・与党・警察等々」の

「寒過ぎる実態」だ』。

『「今回の事件の摘発をきっかけ」に

「事件を起こした者たちの裏や人脈やその繋がり」等を

「徹底的に洗う事」で

「日本国内の反日国工作集団ネットワーク等」が

「どんどん摘発され、

日本社会の健常化・正常化に繋がれば良い」等と

「強く願っている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「何処のどんな者たちが、

非人道的な集団的工作活動や集団的犯罪行為等」を

「日本国内で、

日本人をターゲットとして行い続けているのか?」は

「多くの日本人が

、もっと、もっと、意識的かつ積極的に考え、

実態・実体検証や告発等するべき事」だ』。

『「日本国・日本国民をより守り易くする法整備・体制整備に対する

邪魔や妨害行為等」を、

「正義として誤認出来る」のは

「反日国悪権力者等やその下の人脈の者たち」と

「相場は決まっている」』。

『「もちろん、そんな者たちの意向」等で、

「日本社会を染め上げ続ける必要は全く無い」』。

『「トランプ娘の製品公宣伝等」を

「正義ぶって批判・非難等している者たち」が

「お仲間常連出演者やお仲間芸能人等々を

公共の電波上で、

一方的に大宣伝し続けられている異常事態」は

「即刻にでも、解消させられるべき事」だ』。

『「それなのに、未だに、是正の気配さえ無い」。

「その辺りにも、集団的工作活動の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「単なる一日本国民個人」なのに

「被工作活動VIP状態に押し込められ続けている筆者等」には、

「健康な生育環境等も無かったばかりか、

現状でも、例えば、健常な創作活動環境さえも無い」。

「その反面」で

「非人道的な集団的工作活動を行い続けている人脈の者たちの一部」は

「集団的押し売り宣伝工作等の応援まで受けて、

要でも無い精神文化製品等」を

「集団的工作活動を行っている側の情報・教育工作等により

マインドコントロールされ続けて来ている

決して少なく無い数の一般市民に、

押し売りし続ける事等まで実現出来てしまって来ている」』。

『「その様な実態・実体が

広く日本社会を

不当に覆い続けられている結果」が、

「同様の新たな事件・事故等が

繰り返し、繰り返し、起こり続け、

不当な格差がどんどん増大し、

人間世界も

地球環境も

悪化の一途を辿らされている現状」だ』。

『「こんな状態を続ける」なら

「人類滅亡が必然になる」』。

『「多くの人類の精神文化の健常成長」は

「もはや、待った無し」だ。

「集団的工作活動等を徹底排除する

本気で実効のある対策等」が

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が本日も懲りずに「万引き問題」等で優等生ぶっていたが・・・。

『「現行法上の法律論を金科玉条の如く掲げたがる裏」には「現行法&現行の摘発体制では摘発困難な悪事等の応援・執着等」の「臭い」が「充満」している。

「ネットを恐がり、悪イメージを付けたがる裏」には

「ネットの普及によって、実体が暴露される事等への恐怖感等」や、

「ネットの普及により崩された戦後日本の実質的情報統制状態に対する恨み等」の「臭い」が

「充満」している。

「実に、劣悪で醜悪」な

「裸の王様、

もしくは、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たちの実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「万引き問題」でも

「万引きをした犯人が悪い」等と

「正義ぶり」、

「万引き犯と推定される者たちに対する扱い」では

「日本では、日本の法律」では、

「私刑はダメ!」

「犯罪の確定や処罰等はプロに任せるべき!」

「個人情報保護は重要」等の旨述べ

「優等生ぶる」。

「しかし、何故?万引きが起こされているのか?」等の

「本質問題には、実質的に、言及しない」。

「同様の新たな事件・事故等を再発させ続ける為には非常に効果的な情報配信内容」が

「其処にある」』。

『「現状故に、

テレビに常連出演し、優等生ぶり、正義ぶる事等が

出来ている者たち」が

「自らの利権を維持し続ける為」には

「現状の本質が是正される事無しに、

同様の新たな事件・事故等が起こり続ける事」が

「好都合」になる』。

『「実質的、私利私欲の為」に

「公共の電波上で、実質的、お手盛り情報を一方的に大量配信し続けている

実質的、悪事」は

「本当に、劣悪で醜悪」だ』。

『「精神構造が成人レベルに達していない者たち」は

「本質的犯罪行為や悪事等を知らず知らずの内に行ってしまい易い」。

「それは、万引き犯でも、テレビ常連出演者等」でも、

「全く同じ」だ』。

『「他の者・物・事支配、他の者・物・事による被支配」の

「乳幼児レベルの精神構造」から

「狭義~広義自己健常支配」の

「成人レベルの精神構造」に

「自らの精神構造を健常成長させる事が出来ている」なら

「狭義の自分に本質的悪事等を行わせる事を激減させる事が出来るばかりでは無く、

中義の自分(人類)~広義の自分(地球生命体細胞群)が内在している問題に対しても、

その自虐性を解消する正常で健常な判断・思考・実行行為等が可能になる」』。

『「例えば、万引き問題」でも

「上辺の現象ダケを取り上げて、

正義ぶり、優等生ぶったり、

上辺の現象を生み出している要因でもある

現状の社会・経済システム等に執着等する」のでは「無く」

「何故?万引きが起こされているのか?」という

「源流」から

「対策するのが当然になる」』。

『「所謂、大人」の

「金権依存者」や

「現状依存者」等の

「者・物・事依存者」とは

「精神構造が乳幼児レベル」の

「精神構造ベイビー」だが

「身体・頭脳レベル等は、成人レベル」である

「ある種のモンスター」だ。

「自己健常制御が不十分な{モンスター}たち」が

「問題行動を起こし続ける」のは

「ある意味、当然の現象でもある」』。

『「{モンスター}状態の人類」を

「健常化する為」には

「精神構造を健常成長させれば良い事になる」』。

『「精神構造を健常成長させる為」には

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明同様、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用すれば良い」』。

『「例えば、生きている人類一個体の実体」は

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している約60兆の細胞群である事」は、

「既に、科学レベルで判明している」。

「つまり、人類の誕生・死も細胞ごとの実現象である事が既に科学レベルで判明している」。

「生きている人は、誰でも、今、この瞬間にも、

誕生・死を実体験しながら存続している」のが

「現実」だ』。

『「今、この瞬間にも実体験している、誕生も、死も」、

「痛くも、痒くも無い」。

「痛みや快感等々の感覚」は

「神経細胞群により伝えられ、脳細胞で統合され、意識される」。

「つまり、人の誕生・死は、細胞ごと」だが

「人の意識は、脳細胞内での丸ごと一人化された意識になる」』。

『「古の時代の人々」は

「細胞ごとの誕生・死という現実」を

「十分に認識出来ていなかった」。

「しかし、

丸ごと一人化された意識」は

「十分に認識出来ていた」。

「その結果、古の時代のほとんど全ての人々」は

「丸ごと一人の意識{だけ}に基づいた精神構造を持ち、

古の時代の精神文化も、

丸ごと一人の意識{だけ}に基づいた精神文化が構築された」』。

『「古の時代に発祥した全ての宗教等」も

「当然の如く、丸ごと一人の意識に基づいている」。

「しかし、

それは、{半分だけ}に基づいた

現実離れが激しい

精神文化製品でもある」。

「それが、現実」だ』。

『「今時の多くの人々が知り得ている細胞ごとの誕生・死という実体」も

「取り入れた精神構造上」で

「例えば、死生観や人生観等の精神文化製品を生み出したら、どうなるのか?」』

『「そもそも、今、この瞬間にも、実際に、死を体験している」のだから

「丸ごと一人の意識上では必然的に生じ易い死に対する過剰な恐怖感や不安等」は

「全く必要無くなる」。

「丸ごと一人の意識上では、非常に有用だったかも知れない、

丸ごと一人レベルの

あの世や霊や生まれ変わり等々の概念」も

「現実離れしている在り得ない事になる」。

「死んだらどうなるのか?

死後、或いは、来世では、良い立場やお金持ちに・・・」等々の

「現実離れした思考や希望等」も

「実在し得ない虚しい事になる」。

「実在している」のは、

「痛くも、痒くも無い、細胞ごとの誕生・死」と

「丸ごと一人レベルでの脳内意識」と

「他の人々や他の動植物や地球や宇宙や実人間社会や物質文明製品や精神文化製品等々」だ。

「死んだらどうなる?や来世には・・・等々を{妄想}している暇がある」なら

「生きている限り、現状をよりマシにする事等でも考え・実行し続ける方が遥かに合理的になる」』。

『「ここで、問題となる」のは

「どうすれば、マシになるか?」

「何をどうすれば良いのか?」

「どの方向に向かって進めば良いのか?」等々だ』。

『「此処でも、やはり、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が肝要になる」。

「生きている人は誰でも、細胞ごとに、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞群」だ。

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら

「地球上のほぼ全ての生物と自分が繋がっている」。

「狭義の自分は、約60兆の人類一個体細胞群」だが

「自分と命の連続性がある広義の自分は、他人も含む、地球上のほぼ全ての生物」だ。

「狭義の自分だけでは無く、

広義の自分もマシになる様にしなければ、

自虐性は排除出来得ない」』。

『「古の時代の丸ごと一人の意識に基づいた死生観・人生観上」では

「他人と自分との間に明確で深い境界線が生じさせられていた」。

「深い境界線故に、狭義の自分ダケに過剰に拘る悪事も可能となり、

そんな精神構造を多くの人々が保持していた」から

「狭義の自分ダケに拘る殺し合いまでもが横行出来ていた」。

「しかし、それは、現実離れしている境界線故に引き起こされ続けて来ている悪事」だ。

「現実離れを是正すれば、悪事も消失し易くなる」』。

・・・・・・・等々、等々・・・。

『「上記程度の情報」でも、

「ある程度の基本は、お解り頂けたと思う」』。

『「何故?

上辺叩きの正義ぶりっこや、

現状依存の優等生ごっこが

劣悪で醜悪なのか?」等も

「お解り頂けると思う」』。

『「万引き問題」という

「現状の多くの人々の精神構造や

現状の人間社会・経済システム故に

具現化している悪現象の一つ」を

「本当に解決するつもりがある」のなら、

「多くの人類の精神構造の健常成長」は

「絶対に、外し得ない」。

「多くの人類の精神構造が健常成長する」なら

「多くの、自虐的な現状利権等も消滅させられる事になる」が

「万引き問題だけでは無く、

現状の多くの問題も

実際に、解決可能になる」』。

『「究極的」には、

「人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続」と

「人類滅亡」の

「どちら」を

「あなたは選択しますか?」が

「今、生きている全ての人類に問われている」のだ』。

『「未だに、

劣悪で醜悪な情報配信を続けている

現状のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、コンビニ万引き犯(?)写真店頭出し問題等で、常連出演者等が正義ぶっていたが・・・。

『「個人特定が可能な写真表出しはダメ、法律論等」だけでは無く、「コンビニ側の被害を無くす方向の論も必要・・・」等と「優等生ぶっていた」が

「提案されていた事」が、

「例えば、貸出しビデオ店の様に全ての商品にタグを付ける・・・」等では、

「もちろん、お話しにならない」』。

『「万引き犯等を本気で無くしたい」のなら、

「コンビニ経営上のフランチャイズ元と個々の店舗との関係性にまで言及していた」が、

「その辺りからでも、

現状のインチキ経済システムの問題点等を

露わにし、

不当な格差を是正せしめる世論等」が

「喚起」され、

「実際に、不当な格差が是正されれば、

経済面故の万引き犯は激減する事になる」。

「経済面では無い万引き犯の多く」は

「自己確認欲求・事故承認欲求等の代償欲求追及故の問題行動による」から、

「多くの人々の精神構造の健常成長の手助けになる情報・教育等を行う」なら

「それが原因の万引き犯等も激減する事になる」』。

『「つまり、本来の対策は既に明らか」だ』。

『「そして、上記の対策は、万引きだけでは無く、他の犯罪行為や問題行動等を激減させる事にも直結している」。

「つまり、王道」だ』。

『「実効のある王道対策」は

「既に明らか」だが、

「邪道を歩んでいる者たちにとっては、王道への道変え」が、

「現状の自己を否定する行為になる」。

「その結果、現状の自己に執着している者たち」は

「王道を無い事にしたがる」が

「それは、裸の王様の態度」だ』。

『「常連出演等という特定個人偏重特別扱い行為を平然と受け入れ続け、

偏向・偏重論等や、

実効の無い論等を

優等生ぶり、

正義ぶり、

語り続けられている者たち」とは

「実質的に、邪道を歩み続けている者たち」だ』。

『「邪道を歩み続けている者たち」には

「現状のインチキ経済・社会システム上」で、

「{悪魔からの褒美}が与えられ続けている」』。

『「狭義の自分同士の間に深い闇の如き境界線を築き、

その悪行故の孤独感を誤魔化す為に

同じ状態の仲間や

慰めの道具(金・異性・権力等)を集めたがり続けている亡者」たちは、

「広義の自分の実体さえも平然と壊し続ける事で増える{悪魔からの褒美}の魔力に異常な程、弱い」。

「悪魔に魂を売り渡した者の姿が其処にある」』。

『「広義の自分の本来の目的である存続~永続という実際に得られる永遠の命」に

「繋がっている王道を見失い、

邪道を歩み続けている亡者たち」とは、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」に他ならない』。

『「現行の経済システムの重大問題点」は

「経済評価等の相対性」だ。

「同じ者・物・事でも、

相対性を操れば、

経済評価を激変させる事まで可能になっている実態」は

「明らかに異常で、直ちにでも、是正すべき事」だ』。

『「その相対性の元」とは

「多くの人々の精神構造に他ならない」』。

『「まるで、乳幼児が母親の乳房や母親からの愛等を争う様」に

「他の狭義の自分個体との比べっこ支配権・被支配権争いに興じ続けている

成人の身体を持った

{モンスターベビーたち}」が

「{モンスターベビー}のまま、他の人々からのお墨付き等を得続ける為」等には

「非常に合理的につくられている」のが

「現状のインチキ社会・経済システムの実態・実体」だ』。

『「多くの人々の精神構造」が

「乳幼児状態の精神構造」から

「成人状態の精神構造」に

「健常成長する」なら

「現状のインチキ社会・経済システムの是正」は

「行われるのが当然の実務になる」』。

『「成人レベルの精神構造」とは、

「事実・現実・実体の探究と実用」だ。

「もちろん、それは、科学レベルでの判明による」』。

『「比べっこによる支配・被支配権争いでは無く、

事実・現実・実体の探究により、

適材適所と絶対価値を実用するのが当然になる精神構造」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用」し、

「狭義の自分にも、

中義の自分にも、

広義の自分にも、

適用する事」で

「人は自らの精神構造を健常成長させる事が出来る」』。

『「その入口」は、

「人類なら誰でも関わりが有る

自分の実体や

その実体の本来の目的や

死生観や人生観等から始めれば良いだろう」』。

(『「この辺りは、以前の記事にも、何度も記している」ので、

「以前の記事をご参照下さい」』。)

『「テレビ・ラジオや公共的マスコミ等で

配信すべき事件・事故情報」等は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報であるべき」だ。

「その上で、ある原寸大情報等から、

視聴者・読者等が感じ・考えたりする、

対策や思い等」が

「多くの人々の中で齟齬や自虐等の無い状態にする為」にも、

「精神構造の健常成長の助けになる情報配信」が

「激烈に求められている」』。

『「優等生ぶり、正義ぶり、

格差是正を行うべき等の旨等を

公共の電波上で述べ続ける事は

簡単」だが、

「内実」として、

「劣悪で醜悪でもある」。

「具体的に、どうすれば、実際に格差是正が行えるのか?」

「現状の社会・経済システムの問題は何処か?」

「何故、その様な問題が生じているのか?」

「何故、問題が生じているまま現状の社会・経済システム等を

自虐的に使い続けているのか?」

「自虐状態から抜け出す為には、どうすれば良いのか?」

・・・等々を

「多くの人々が、意識的かつ積極的に探究する」なら、

「実際の格差是正も可能になる」が、

「優等生ぶり、紳士ぶり、

まるで免罪符の呪文の様な事」を

「常連出演者等に語らせ続けていたところ」で

「自虐的な現状が続いてしまうダケ」だ。

「そして、終極的には人類滅亡までもが、やって来てしまう様になってしまう」のは

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「どちらの選択が人類にとって良いのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレビ・マスコミ等「大衆誘導のやり口」・・・。・

『「視聴者・読者等」に「興味を持たせる者・物・事等」を「多くのテレビ・マスコミ等が{指定}し、その情報を一方的に大量配信等する事」で

「多くの視聴者・読者等」は

「その{指定}を基に考え・思い易くなる」。

「{指定}を基にした考え・思いを巡らしている内」に、

「{指定}に基づく、考え・思い等をベースとした精神構造」が

「視聴者・読者等の中で構築されて行く」。

「その繰り返し」で

「{操り人形}状態の大衆がつくられてしまい、

大衆誘導が可能になる」。

「具体例」は「以下の通り」だ』。

『「例えば、昨今のニュース話題」では、

「豊洲の問題がある」。

「豊洲問題について、何処に興味を持って考え・思うのか?」で

「例えば、小池都知事の政治等に対する評価等も変えられる」』。

『「本日の現状では、多くのテレビ・マスコミ等」が

「何故?豊洲移転が決まったのか?」に

「視聴者・読者等の興味を誘導しようと必死な様相」だ。

「人々の興味を其処に惹きつける為」には

「代表的人物の利用が効果的になる」。

「石原元都知事や浜渦元副知事等にスポットライトを当て、

何故?豊洲に決まったのか?等」を

「多くの視聴者・読者等に考え・思わせる事」の

「実効」は

「この問題を提起し、代表的人物等の責任を追及している

小池都知事等やテレビ・マスコミ等」が

「如何にも、正義側の良い者や機関等であるイメージ」を

「多くの視聴者・読者等が{持たされてしまう}事」だ』。

『「しかし、果たして、豊洲問題」で

「今、多くの人々が興味を持つべきところは、

多くのテレビ・マスコミ等が誘導している{其処}だろうか?」』。

『「普通に考える」なら

「豊洲が使える(=実用出来る)か?否か?」だ』。

『「豊洲選定責任追及等」は

「見世物としては、オモシロいかも知れない」が

「其処に、多くの都民に関わる実は無い」。

「逆に、使えるか?否か?」は

「多くの都民の生活や都の財政等という実とも密接に繋がっている」』。

『「豊洲を使えない{イメージ}で染め上げた」のも

「多くのテレビ・マスコミ等による

安全潔癖症煽り情報配信」だった』。

『「使えるか?否か?」は

「実質的には、多くのテレビ・マスコミ等により作り出されている{イメージ}で

判断されるべき事では断じて無い」。

「科学レベルで安全か?否か?こそが肝要」だ』。

『「誰も使わない地下水の汚染という事態」は

「安全イメージ上では悪」だが

「実用面では、問われる事自体が問題でも何の不思議も無い事」だ。

「問われるべきは、実使用空間や実使用水等の安全であって然るべき」だ』。

『「実使用部分の安全を、

ちゃんと確保出来ている体制が有るなら、

その事の大衆周知により、

安全イメージを向上させる事も

普通なら、そんなに困難な事では無い」。

「現状では、安全潔癖症病の治療から始めなければならなくなってしまっている分だけ、

余分な手間と時間がかかる状態が構築されてしまっている事になるが」・・・』。

『「さて、豊洲問題、実の面で考え・思う」なら、

「実質的には、正義ぶって、実を損ねている小池都知事や多くのテレビ・マスコミ等の悪質性」は

「基本的には、誰もが分る事になる筈」だ。

「確信犯的悪者たちは、分っていても、認めたがらないと思うが」・・・』。

『「テレビ・マスコミ等」が、

「視聴者・読者等に{興味を持たせる}者・物・事等を

{指定}出来ている状態」は

「本当に危険な状態」だ。

「戦後の日本社会」では、

「多くのテレビ・マスコミ等が流す情報等を

実質的に{指定}出来ている」のは、

「極一部・極少数の大きな実権を保有している者たちだから」だ。

「ナチス・ヒトラーと同様の事が行え続けて来てしまっている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実態・実体」だ』。

『「もちろん、こんな実態・実体は、

即刻にでも、

是正させられる・是正する」のが

「当然」だ』。

『「現状で直に出来得る事」は

「多くの視聴者・読者等」が

「テレビ・マスコミ等が{指定}して一方的に大量配信している

情報内容」を

「先ずは、無視して、

該当問題では、

本当に、

その{指定}が妥当か?否か?等」を

「自ら、考え、検証等してから、

配信情報内容を扱う事」等だろう。

「その様な事を

実効のあるレベルで行える人々が多くなる様に、

多くの視聴者・読者等の精神構造を健常成長させる事」が

「重要になる」』。

『「逆に、現状の様な大衆コントロール等を続けたい者たちにとって」は、

「多くの人々の精神構造を健常成長させる事に繋がる情報・教育」等は

「是が非でも、押さえ込むべき事になる」。

「その結果」として、

「未だに、

丸ごと一人の死生観や人生観等や

それに基づいた殺傷事件ドラマ等々が

横行させられ続け、

実人間世界では、

新たな被害者を生贄にする

同様の新たな事件・事故等が頻発し続けている」』。

『「正義ぶっている極悪人たち」は

「早々に、テレビ・ラジオ・マスコミ界や教育界の主要な立場から退かされるべき」だ。

「何人新たな生贄を差し出せば、悪魔に気に入られると思っているのか!!」

「人類滅亡が決定的になるまで続けるつもりか!!!」』

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、早くも民進党からの乗り換え二名を公認の、小池都知事を自民党の一員かも・・・等として印象付ける、実質的、情報工作を行っていたが・・・。

『「小池氏とは、元々、朝日新聞上がりの細川氏の下で、政治家になったテレビ上がりの政治家」だ。

「つまり、内実としては、旧社会党系の人脈の臭いが濃いお方でもある」。

「同様に旧社会党系の臭いが濃厚」なのが、

「多くのテレビ・マスコミ等や学校教育関連の方々」と

「民主党~民進党等の多くお方々」で、

「小池地方新党、都民ファースト(第一とは、何処かのお国の将軍さまも・・・)の会」では

「その人脈の流れからすれば、当然の如く、

早々に、民進党からの乗り換え(仮面変え)二名」を

「公認している」。

「その何処にも、自民本流の雰囲気は無い」』。

『「人脈内実からしても、

当然、都民ファーストの会の目的や

小池都知事等の本意等」を

「重々承知の筈」の

「テレ朝番組常連出演者等」が

「ワザとらしく」、

「小池氏は、国政を睨んで、総理の座を睨んで、自民党側なのでは・・・」等の

「イメージ」を

「公共の電波上に、大々的に配信していた、

実質的、情報工作」は

「本当に、臭い」』。

『「小池氏や小池氏を担ぎ、応援している者たちの本音」は

「旧社会党系人脈による日本国・日本国民支配等」と

「強く推定出来る」』。

『「旧社会党とは、北朝鮮のお友達」で

「人民支配や国家支配が大好きな旧社会・共産圏の精神文化等」を

「濃厚に保持していた政党」だ。

「そんな人脈による政権が日本で成立すれば、どうなるのか?」は

「例えば、旧民主党政権時の事を思い出せば誰もが分る筈」だ』。

『「圧倒的に、日本側では無く、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)側を向いていた・・・」のが

「旧民主党政権時の実態・実体」だった』。

『「元々が、終戦時の占領政策として、

所謂、日本の保守派弱体化の為に、

朝鮮系の者たちや、

所謂、左翼の者たちを

重用した事等」から

「勢力増大出来ていた」のが

「旧社会党」だった。

「戦後も大量の朝鮮人が日本に居残り続けたり、帰化したりした事」から

「旧社会党系人脈の中での朝鮮系実権者割合いや人脈偏重度合いは、

かなりのモノになっている」』。

『「テレビ・マスコミ等でも、血統家族主義が大好きな精神文化が濃厚に漂っている」が

「その裏に在る」のが

「実権者たちによる、

特定人脈にとっての、

有益分子血統優遇策と

不適応分子血統冷遇・排除・粛清策」だ』。

『「戦後日本の法や摘発体制では摘発困難な手法なら、

其れこそ、何でも使う、

工作員まで使う」のが

「そのスジの人脈の悪癖」で、

「その悪癖文化」と

「旧社会・共産圏の文化」には

「共通点がかなりある」のも

「成り立ちや人脈からすれば、当然の現象」だろう』。

『「もちろん、

個人の一般日本国民までターゲットにされている

戦後日本社会の中で蔓延り続けて来ている

集団的工作活動の排除」は

「急務」だ』。

『「共謀罪に反対している者たちの裏」では

「成立後の摘発逃れの為の策等が練られ、実行されている」・・・』。

『「戦後日本社会の中」では、

「集団的工作活動である

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々が蔓延り続け、

日本の公共の電波上や

学校教育上等では、、

「しばしば、情報工作~大衆誘導等の臭いが濃厚な情報配信や教育が行われ続けて来ている」』。

『「是正」は「急務」だ』。

『「昨今のテレビ・マスコミ上等」では、

「如何にも、

小池氏は、

大人気が続き、

決して衰退などする訳も無い、

{頼るべき}政治家であるかの如き

イメージ」が

「溢れている」が、

「小池氏や小池氏を担いだり、応援している人脈等について探究し、

言及している情報配信等は、皆無に近い」』。

『「その辺りにこそ、

戦後の日本社会に棲み着いてしまっている人脈等の

重大問題が露呈している」』。

『「多くの日本国民は、この重大問題から目を背けるべきでは無い」。

「平和・共存目的の人脈なら、大歓迎」だが

「乗っ取り支配等目的の人脈なら、どうするべきか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「多くのテレビ・マスコミ等が煽っていた

{マドンナ旋風社会党教}は

北朝鮮拉致問題等への対応でその実体がバレ

直に、その勢いを失った」。

「{自民ダメ~!政権交代~!!民主~!!!教}により、

政権を得た民主党だった」が、

「内実は、旧社会党人脈政権で、

日本を細らせた反面で中・韓(北朝も含む)等を大いに太らせた」から

「直に、その勢いは無くなった」。

「民主党員の多くが民進党へと仮面を変えて、

どんなにお仲間テレビ・マスコミ等が煽っても、

同じ人脈である事等がバレバレでは、

もはや、風は吹かない」から、

「出されて来た様相の{小池教}」は

「何時まで続くのだろうか?」』

『「その実体」が、

「例えば、{旧社会党人脈等による日本国・日本国民支配教}等」と

「判明した途端」に、

「またまた、仮面を変えたがる、

或いは、上辺では集団化せず、個人個人別々等と嘯く仮面を被る」のが

「そのスジの人脈の精神文化の様だが」・・・』。

『「何れにしても、戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

千代田区長選、小池都知事派候補勝利で、上機嫌な常連出演者等問題・・・。

『「トランプ政権の成立等を、ポピュリズム政治等と批判・非難等している者たちによる、小池ポピュリズム選挙の結果が出た」。

「当然の様に、小池支持候補の圧勝」だった』。

『「この事態の裏に在る」のは

「テレビ・マスコミ等ポピュリズムで操られた人々の多さ」と

「小池等、北朝鮮のお友達、旧社会党や朝日新聞等々の人脈の者たち」の

「東京都や千代田区への

{ターゲット地}での選挙権目当ての

{民族大移動}」だろう』。

『「日本全体を特定人脈が乗っ取り支配する事等」は

「かなり困難」だが、

「特定人脈の者たちを、

日本の一部(今回の場合なら、東京都、特に、千代田区)に

集中させる事」で

「その地域の政権等を

特定人脈の色で染める事」は

「可能になっているくらい」の

「日本の中の人脈構成割合の変化」が

「露呈している様相」だ』。

『「頭の黒い大きな鼠(そのスジの人脈の者たち)」が

「東京都の中に多数いる事が判って、

有意義だった」のは

「小池都知事候補(当時)」だった・・・』。

『「選挙予定は、かなり前から判る」から

「特定人脈による有権者仕込み等」は

「やる気になれば、簡単」だ』。

『「テレ朝昼番」では、

「千代田区の有権者数」が

「約8千人も増え、

その分が丸ごと小池支持候補に流れた様相」とまで

「言っていた」』。

『「特定人脈有権者仕込み」を

「今回の一連の流れでは、東京都、

そして、都議会自民党のドン」と

「言われている者の所で、

特に濃厚に行った様相」には

「戦略・策略等の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「何処の誰の戦略・策略等なのか?」は

「多くの日本国民が、真剣に探究するべき事」だろう』。

『「多くのテレビ・マスコミ等や小池都知事等が行って来ている事」の「実態・実体」は

「例えば、大衆を感情や思いで操り、

潔癖症的状態に追い込んだり、

既存の計画等をちゃぶ台返ししたり、

・・・等々」と

「東京都政を混乱させ、都政の進行を実質的に止める事等」だ』。

『「誰も使わないであろう豊洲の地下水」に

「潔癖症的安全を求める事」は

「実質的には、大いなる無駄」だ』。

『「実際の使用空間が安全なら、

十分に実用出来ると判断する」のが

「現実的政治手法」で、

「潔癖症を基に、完全安全に近い状態で無ければダメ!等とやる」のは

「ある種のカルト宗教信者状態に、

多くの人々を押し込める大衆マインドコントロール政治手法等」だ』。

『「今回の件では、{小池教祖}」という訳だ』。

『「大衆誘導を可能なままにしている」と

「まるで、ナチス・ヒトラーの様な事」が

「意外と簡単に実現出来てしまう」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」では

「何故か、特定極一部の者たちばかり・・・が、

常連出演や常筆等で、

有名人化等され、

多くの視聴者・読者等が、

その様な状態の者たちに依存した考え・思い等を抱く様に

誘導されている」』。

『「明らかな異常事態が其処に在り続けている」が

「この重大問題」を

「ちゃんと認識し、解消させようとする健常化・正常化の本格的流れ」は

「未だ、無い」』。

『「このままでは、実質的に、特定方向に偏向・偏重した論ばかり・・・が、

多くのテレビ・マスコミ等」で

「一方的に大量配信され続けている日本社会」は

「特定人脈にとって都合の良い日本社会化されてしまう可能性絶大」だ』。

『「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「一般日本国民」なら

「戦後日本の情報・教育等を不用心に信じ込むべきでは無い」。

「何故なら、戦後日本の情報・教育の多く」は

「異常な戦後処理を引き摺ったままの人脈により配信され、行われているから」だ』。

『「重要な事は、実体や事実・現実」であり、

「上辺の有名人等や

その者たちが一方的に述べている論等と同調する事等では無い」』。

『「現状で、上機嫌な常連出演者等」とは、

「日本乗っ取り支配等を企んでいる人脈の者たちかも知れない・・・」等の

「可能性」を

「常に、少なくとも、頭の片隅に置いた上」で

「情報配信者や論等の

上辺では無く内実を検証しながら、

情報・教育等に触れる習慣」が

「肝要」だ』。

『「小池~!!」と「叫ぶ支持者たち」は

「まるで、何処かの国の国民の様・・・」だ。

「その辺りにも、小池人脈の内実が露呈している・・・」等と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「多くの日本国民」は、

「その様な人脈の者たち」に

「都政を任せる事の意味」等を

「良く考えるべき」だ』。

『「選挙結果でも、重要なのは上辺では無い」。

「内実」だ。

「どんな人々が、どんな状態で、どの候補者に投票したのか?」等

「内実を探究する事」で

「大衆誘導等による自虐判断等」は

「避けやすくなる」』。

『「何れにしても、テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、トランプ政権と中東問題等について、相変わらずの劣悪論を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「現状の中東等の混乱」は「英国や米国等に責任がある」とは「インチキ論に過ぎ無い」。「中東等の問題の本質」とは、

「各国の精神文化の問題であり、各国の物質文明の問題」だ』。

『「当時の所謂、欧米列強」とは、

「物質文明面で、

科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事を行えた

精神文化状態を持った国々」だ』。

『「その結果として、例えば、産業革命等を実現」し

「兵器等も含む物質文明面で、急速な進歩・進化も実現出来た」』。

『「本来なら、此処で、精神文化側でも、

物質文明側同様に、

科学レベルで判明した実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用するべきだった」。

「ところが、其処までの精神文化の進歩・進化が実現出来ていなかった」』。

『「その結果起こった事」が、

「優位な物質文明を悪用した

他国への侵攻・侵略等」と

「それに基づく、利権貪り等」であり、

「特に、物質文明面での進歩・進化が十分に出来ない精神文化状態の国々への侵攻・侵略等なら、

大きな反撃も無いから、

その様な国々への侵攻・侵略が旺盛になった」』。

『「侵攻・侵略~植民地支配」が

「当時の最先端国家文化」だった』。

『「一方的に侵略~植民地支配等された国々」とは、

「内実として、反撃に必要な物質文明も生み出せない精神文化状態の国々」だ。

「人類や国家等として必要な進歩・進化(物質文明・精神文化)を

十分に実現出来ていない状態」は

「断じて、褒められる事では無い」』。

『「だからと言って、

物質文明の進歩・進化を先に実現出来た国々」が

「未熟な精神文化のまま

他国に対して、

侵攻・侵略~植民地支配等した事」も

「断じて、褒められる事では無い」』。

『「どちらも、酷い・・・それが現実」だ』。

『「人類が、産業革命以降、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている事」は、

「人類が精神文化側でも急速な進歩・進化を要求されている事に他ならない」。

「旧態依然とした精神文化に執着している事=本質的要求に抗う悪事」だ』。

『「産業革命以降の人間世界で行われ続けて来ている事」は

「内実として、物質文明・精神文化双方の

急速な進歩・進化に対する適応等」による

「人類選別」だ』。

『「物質文明の急速な進歩・進化に溺れている精神文化の急速な進歩・進化が不十分な者たち」も

「物質文明の急速な進歩・進化の実現さえも阻害している旧態依然とした精神文化に執着している者たち」も、

「どちらも、そのままでは、{アウト}になる」。

「そして{アウト}になる人々が多ければ、

人類自体が{アウト}になる」。

「つまり、人類滅亡がやって来る」』。

『「中東問題でも、内実として、肝要な事」は、

「精神文化」だ。

「問題解決の為に必要な事」は

「全ての人類の精神文化を

物質文明側より先まで、

急速に進歩・進化させる事」に他ならない』。

『「それなのに、未だに、

上辺で、

例えば、英米が悪い・・・とかやっていた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「今時のテレビ・マスコミ等が配信すべき情報」は

「多くの人々の精神文化の急速な進歩・進化の役に立つ情報」だ。

「劣悪論等をばら撒いている暇がある」なら、

「物質文明側同様、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

精神文化を進歩・進化させる事等」の

「情報配信を行うべき」だ』。

『「上辺の形態」は

「ドラマでも、

バラエティーでも、

ニュースショーでも、

音楽でも、

アニメでも、

科学・教育番組等々でも、

何でも良い」。

「肝要な事」は

「内実」だ』。

『「例えば、

ドラマやアニメや音楽等なら、

悪戯に、感情や思い等を煽る事で大衆の興味を惹き付けようとする旧態依然としたモノでは無く、

科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用し、

その内実が、視聴者等の心の関門をくぐり、

視聴者等に心底から理解され、

視聴者等の精神文化の健常成長の助けとなる作品が求められている」。

「例えば、

ニュースショー」なら

「コメンテーター等が語る

精神文化の健常成長の助けとなる内容こそが求められている」。

「逆に、

現状依存等を煽る様な、

旧態依然とした内容」なら、

「{アウト}」だ』。

『「何れにしても、

近々、

否応無しに、

人類世界は急変する」。

「急変時の犠牲者を出来る限り少なくする為」にも、

「情報・教育等の早めの健常化・正常化」が

「激烈に求められている」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「急務」だ』。

|

日テレ朝番では、解説者等が「AIについて」相変わらずの劣悪論等を述べていたが・・・。

『「AI」を「不安視・問題視等している者たちの精神構造こそが問題」という「実体に気づく」なら、

「其れこそ、何処の誰」でも、

「人類にとって自虐とならない

AIの構築法~使用法等が分る筈」だ』。

『「逆から言えば、

現状の多くの人々の

人類誰もの実体やその実体の本来の目的に対して自虐的な精神構造や

人類誰もの実体やその実体の本来の目的に対して自虐的な精神文化等」を

「そのまま、AIに反映させる事こそが危険」なのだ』。

『「上記の様な基本中の基本」が

「解っている」なら、

「例えば、解説者等」も

「現状の人類の自虐的精神文化製品に過ぎ無い

現状経済システム上の株で儲ける事」や

「実体としては、遊び程度であるべき

代償欲求の追及行為上で構築されている

競馬等ギャンブルで儲ける事」等に対し、

「AIを使う事」や

「その使い方の上での人間の優位性等」について、

「公共の電波上で、

仕方の無い論等を

平然と述べる自虐業」など

「行わなかった」だろう』。

『「基本中の基本が解っている」なら、

「AIを人類にとって自虐的にならない様に、構築し、使用する事」等を

「考え出し実践する事等は、意外と簡単になる」』。

『「当面は、人類誰もの広義の自分の実体である地球生命体細胞群の

根本的目的である存続~永続との整合性を取り、

存続~永続を危うくする者・物・事等に対しては、

否定させる様にすれば良いダケ」だ』。

『「その様なロジックが組み入れられているAIシステム」なら

「例えば、現状の自虐的な経済・社会システム等に対しては、

否定」しても、

「人類も含む地球生命体細胞群自体の存続~永続は否定しない事になる」』。

『「地球無き後も、地球生命体細胞群が存続する為」には

「人類の様な高等生物が必要不可欠」だ。

「その部分を、全面的にAIに、代わりに行わせる事」等は

「生命体細胞群よりAIを上位に置く自虐業として否定される事になる」。

「生物と非生物の主従逆転が否定される様になるのは、

主体が地球生命細胞群であり、その存続~永続であるる限り、

必然」だ』。

『「地球生命体細胞群の存続~永続に抗う人類の行為等は否定される事となる」から

「例えば、現状の自虐的な社会・経済システム等に執着する行為等も否定される」のが

「当然になる」』。

『「肝要な事」は

「人類誰もの広義の自分である生命体細胞群」を

「AI等、非生命体細胞群より上に置き続ける事」だ。

「根本目的」を

「地球生命体細胞群の存続~永続にする」なら

「それが容易に具現化出来る」』。

『「先に、当面は、と記入した」のは、

「人類も含む地球生命体細胞群が本格的に宇宙に進出した後」には、

「何れは、他の高度な宇宙生命体細胞群と地球生命体細胞群が

必然的に、出合う事になるから」だ。

「その様な事態が具現化した後」は

「地球生命体細胞群のところを、宇宙生命体細胞群に置き換えれば良い事になる」』。

『「AI不安等」で

「遊んでいる暇がある」なら、

「現行の自虐的な社会・経済システム等の是正」や

「全ての人類の精神構造の健常進歩・健常進化」等々の

「役に立つ情報配信をするべき立場にある」のが

「大テレビ局等で仕事をしている者たちが抱えている

今時の現実」だ』。

『「今時、激烈に求められている仕事が出来ない能力不足の者たち」に、

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界等」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

筆者は毎日、猫小屋の中で2匹の猫様たちと一緒に寝ている・・・。

『「電磁波防御板に囲まれた筆者の寝床には、常に、2匹の家猫たちがやって来る」。

「一人と2匹で寝ているその様相は、正に、猫小屋の中・・・」だ』。

『「電磁波工作等が解消され、人間の寝床で、人間として、安眠等出来る様になる日は何時??」』

『「今年の夏は良い夏となれば嬉しいのだが」・・・』。

|

テレ朝昼番でも、「証明写真機器カーテン盗み犯の動機」が???の様相だったが・・・。

『「金に結び付かない犯罪行為等の動機が良く分らない・・・」とは「金権依存者等によくある症状」だ。

「常連出演者等」が

「自らの金権依存状態等を治す」なら

「金等無縁の犯罪行為等の動機についても、直に、それなりに解る様になる」』。

『「逆から言う」なら、

「その様な自己健常化等さえ不十分な者」を

「常連出演等させ、

公共の電波上で、

要でも無い事等を

連綿と語らせ続けていたところ」で、

「ロクな事は無い」』。

『「該当犯罪行為等、金とは結び付かない犯罪行為等の問題」は、

「金権依存を治して、人間の行動原理や精神構造等を考える」なら

「誰でも解る事」だ』。

『「そもそも、人間も含む、全ての生物の基本行動」は

「存続」という

「生物の根本的な目的に沿って起こされ続けている」』。

『「人間等、かなり高度に構築されている個体を持つ生物にとって、

根本的目的である存続との整合性を持つ

基本行動となる事」は

「存在確認行為」だ』。

『「高等生物にとって、

その時間・その空間内で、

狭義の自分個体が、存続に適する状態にあるのか?否か?」を

「確認する事」は

「その個体が、

次の段階で起こす積極的行動等の前に起こす行動」として

「極めて合理的になる行動」だ』。

『「存続目的の高等生物個体」には、

「先ず、自己確認欲動が生じている」。

「つまり、第一段階で起こされ易い行動」は

「自己確認行動」になる』。

『「本来の自己確認欲がその充足を求めている自己確認行動」とは、

「その時間・その空間内で、

今の自分個体が、

存続に適した状態にあるのか?否か?」の

「確認」だ』。

『「例えば、

ある時、ある所にいる、ある一人の人間にとって」は、

「寒すぎず、暑過ぎず、

存続に必要な酸素やエネルギー等が必要十分に得られていて、

存続を脅かす事態・状態等(危険他生物・危険物質状態等)が無い事等」の

「確認」になる』。

『「根本的欲求である存続欲を合理的に解消する為」に

「高等生物は、自己確認欲を持ち、

本来の自己確認行動を行う事」で

「自己確認欲求を満たす」。

「そして、存続との整合性が高くなる次の行動等を起こし続ける」。

「・・・それが、健常状態の基本」だ』。

『「自己確認上」で、

「例えば、寒ければ、暖を取る行動を起こす事」や

「エネルギーが足りなければ、食事をする等の行動を起こす事」が

「根本的欲求である存続欲の充足に繋がる事になる」』。

『「また、人間等高等生物の場合」は

「存続欲に伴う、異性交流に基づく、世代交代が付きもの」だ』。

『「基本的に、人間誰でも、本来の存続欲」は、

「より相性の良い個体同士が組み合わさる事による世代交代」を

「本能的に、求めている」』。

『「ところが、現状までの人間社会体制等」は

「人間も含む、地球上全ての生物の実体から整合性を取った社会体制等になっていない」。

「実質的に、特定極一部の人間たちの考え・思いに基づいた社会体制等となっている」』。

『「その結果、どの様な事態が起きてしまって来ているのか?」は

「今更、言うまでも無い事」だろう』。

『「金権差別・ルックス差別・人種差別・民族差別・武力差別等々、

不当な差別が横行している自虐度の高い人間世界が構築されてしまっている」』。

『「そんな自虐度の高い人間世界の圧力」が

「人々の精神状態や精神構造を圧迫し、歪め続けて来ている」。

「多くの人々は、武力比べっこ支配権争い等の残虐性に嫌気がさしているものの、

金権・経済比べっこ支配権争いには、未だ、熱心」だ』。

『「金権に狭義の自分を支配させている人々の多く」は

「丸ごと一人の死生観・人生観等にも、狭義の自分を支配させている」』。

『「自分ダケは!

自分たちの家族ダケは!!

・・・金と権力に恵まれた生活を送りたい・・・とばかりに」、

「他の人々と狭義の自分の間に、

考え・思い・思想信条上の

深く巨大な境界線を敷き、

自分の下に、金や権力等を集める事こそが

成功」と

「勘違い・思い違いしたまま、

自虐行動に邁進している

亡者の様な人々の大群」が

「世界中を埋め尽くしている」』。

『「そんな中で、

金や権力等との縁が薄い状態に追いやられている場合が多い、

極一部の者たち」は

「お金に結び付かない犯罪行為等にも、手を染めてしまう事がある」』。

『「多くの犯罪行為」は

「多くの亡者たち同様、金や権力や異性(性欲)等目当て」なので、

「亡者たちでも、基本的には、自分たちと同様・・・等と理解し易い様」だが、

「金や権力や異性(性欲)等に直接結び付いているとは思えない犯罪行為等も、

時々は、自虐社会の圧迫故に起こされてしまっている」のが

「お寒い現状人間世界の実態・実体」だ』。

『「それでは、該当犯罪行為等の精神構造は?」

「もう、多くの人々が、お気づき」だろう。

「それが、自己確認の代償欲求に基づいた問題行動である事等に」・・・』。

『「ある生物個体が、ある生物個体群の中で

普通では無い行動を起こせば、

その生物個体に注目が集まる」。

「多くの問題行動」は

「自己確認の代償欲求による」』。

『「また、問題行動」には

「SOS訴えが込められてる場合が多い」』。

『「何処の誰でも良いから、

こんな状態に追い込められている

狭義の自分を救い出して欲しい!」等の

「意」の

「SOS!」だ』。

『「ところが、亡者たち」とは

「追い込み行為等を行っている者たちでもある場合が多い」ばかりか、

「亡者行動自体も本質的には問題以外の何モノでも無い」』。

『「助けて欲しいのは、むしろ、こちらだ!

もっと、もっと、

金をくれ!!

権力をくれ!!

金を集めてやる!!!

権力を取ってやる!!!」というのが、

「亡者たちの実態・実体」だ』。

『「当然、そんな状態の者たち」では

「人間世界を自虐状態から解放する事など出来る訳も無い」。

「何しろ、狭義の自分個体の実体やその実体の本来の目的さえ???」で

「狭義の自分個体さえ健常にコントロール出来ず、亡者状態に貶めているのだから!!」』

『「例えば、金権依存者たちが、自らの非を認めずに、

問題行動等を起こした者たちの上辺ダケを

優等生ぶり、正義ぶり、責めたり、

ご用達心理学者???等を担ぎ出して、

如何にも、私たちは、こんな犯罪行為を行う者たちまでをも、

理解しようとしていて、それなりに、理解出来ています・・・とばかりに、

虚勢を張る」のも、

「自己正当化の為の虚飾に過ぎ無い」』。

『「自分の実体さえ十分に理解・把握出来ていない状態の裸の王様たち」は、

「とっくの昔に、裸で歩き続けている事がバレている」が、

「未だに、自らが裸である事等を、認めたがらない」』。

『「亡者たちにも理解が容易な犯罪行為等だけでは無く、

亡者たちには、理解が困難な犯罪行為等」も

「実際に激減させる為に必要な事」は、

「誰の思いの中でも、もう明らか」だろう』。

『「人類の精神文化を健常進歩・健常進化させる実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき時」は

「とっくの昔に既に来ている」』。

『「亡者たち溢れるテレビ界」とは、

「亡者たちを公然化し続けているテレビ界でもある」。

「そんな事をし続けているなら、

人類滅亡が急速に近づいてくる」のも、

「極めて当然の現象になる」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、10億円生前贈与詐欺問題等で、常連出演者等が、優等生ぶり、正義ぶって自論等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「時には、巧妙等」と、「まるで、詐欺犯等を賛美しているかの如き論調」も使って、「上辺での批判・非難等を行い、正義ぶり、

常連出演者等、自らたちは、騙されない事等」を「優等生ぶり、風潮していた」・・・。

「その様な情報配信の内実」は

「実質的に、詐欺や常連出演者等」の

「公然化や宣伝等」だ』。

『「その様な事」で、

「公共の電波を使い続けられている状態」が

「良い訳も無い」』。

『「そもそも、どうして、決して少なく無い数の人々」が

「お金や経済等の詐欺」に「騙されてしまうのか?」

「言うまでも無く、現状の人間社会」が

「実質、金権社会だから」だ』。

『「金権社会の中」で

「金権依存度が高い思想信条等」で

「狭義の自分を染め上げている・染め上げられている人々にとって」は、

「目の前にやって来る都合の良い、お金や経済の話し等」が

「渡りに船の如く、感じられ易くなる」のも

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「お金・経済等の詐欺師」とは、

「そんな状態の人々」を

「餌食にしている金権等依存者である場合が多い」。

「もちろん、お金・経済等の詐欺師の中」にも、

「例えば、反日他国人脈等の資金調達等の為の工作員等もいるが」・・・』。

『「逆から言えば、

お金・経済の詐欺を撲滅する為」には、

「全ての人々の金権依存度を下げる事」が

「効果的になる」』。

『「常連出演者等とは、実質的に、金権依存度が高い者たちに他ならない」から、

「実質的自己否定にも繋がる、

お金・経済等の詐欺問題の本質に言及する事が困難」と「強く推定出来る」』。

『「その様な、常連出演者等の醜悪な実体を誤魔化す為」に

「上辺ダケで、優等生ぶり、正義ぶっているダケ」等の

「状態」が「露呈している」』。

『「もちろん、その様な劣悪レベルの情報」を

「一方的に見せつけられ続けていたところ」で

「同様の新たな詐欺等の被害者が減る訳も無い」。

「同様の新たな事件・事故等が連綿と起こり続けて来ている事態」の

「是正が進む訳も無い」』。

『「この手の情報配信」の「主たる実効」は、

「常連出演者等の知名度や有名人利権等が増大する事等」だ』。

『「つまり、実質的には、

公共の電波の個人利権目的使用」であると「共」に、

「事態の是正に対する貢献等が、低い分だけ、

公共の電波の時間枠の無駄遣い」だ』。

『「現状の金権システム(経済システム)」とは

「相対的価値観に基づいたシステム」に他ならない。

「だから、例えば、金持ち」にしても、

「他の人々に比べて、どれだけ金持ちか?」が

「判断基準になる」』。

『「相対的価値観に基づいた金権システム」と

「丸ごと一人の死生観・人生観等が組み合わさる」と

「人は、容易に、狭義の自分個体ダケを

他の人々に比べて、

お金持ちにしたがる

悪魔の欲動を勃発させる状態に陥る」』。

『「この悪魔の欲動が誘うまま」に、

「多くの人々が個々の人生を進めて来ている」から、

「殺し合いやテロ・戦争等の勃発」も

「ある意味での、必然以外の何モノでも無い事になる」』。

『「狭義の自分に偏執しながら、

お金や経済の面で、他の人々より優位になれなかった者たち」や

「自らの優位さ等を、保ち、増大させたい者たち」が

「お金や経済以上にパワーを持つモノに依存したがる様になり易い」のは

「ある意味、当然」だ。

「今までの人間世界で、

お金や経済以上にパワーを持つモノ」とは

「武力に他ならない」』。

『「人類の自虐史の裏」に「在る、基本構造」は

「上記」の

「丸ごと一人の死生観・人生観」と

「相対的金権システム」に他ならない』。

『「せっかく、お金・経済等の事件等の問題を扱う」のなら、

「相対的金権システム」や

「丸ごと一人の死生観・人生観」から

「多くの人々が自らを解放する事」に

「有益な情報を配信」すれば、

「内実として、

公共の電波の不当使用や、

時間の無駄等にならなくなる」』。

『「その様な、今時の文系の仕事を行っている者たちに、

本来求められている仕事」が

「満足に出来ていない者たち」は

「断じて、優秀でも有能でも無い」』。

『「多くのテレビ番組等の現状」なら

「罪や罰の方が適切なくらい」で、

「過分な立場・報酬等は明らかに不似合い」だ』。

『「明らかに不似合いな優遇状態にある常連出演者等が蔓延れている等」の

「劣悪情報等」を

「一方的に見せつけられている人々の中」では、

「丸ごと一人の死生観・人生観や、金権依存等もそのまま・・・」であるばかりか、

「公共の電波上で、劣悪事態が公然化されている等」の

「悪の刺激」故に誘われる

「悪の欲動」等が

「増大している場合」等も、

「決して、少なく無い筈」だ』。

『「多くの人々の現状脱出欲動をどんどん蓄積させているその様」は

「本当に、自虐的」だ』。

『「丸ごと一人の死生観・人生観」とは

「狭義の自分個体と他の人々等との間」に

「深く、太い、明確な境界線を敷く死生観・人生観」でもある。

「その事態が、孤独を生む」』。

『「ところが、科学レベルで判明している実体や事実・現実」は

「人の誕生・死は、細胞ごと」だ。

「つまり、丸ごと一人の死生観」は

「現実離れしている事」が、

「既に、科学レベルで判明している」』。

『「現実離れしているモノに執着する事」は

「往々にして、自虐を誘う」』。

『「人は、実体や事実・現実と共にある状態に自分を置ける時、初めて、落ち着ける」。

「落ち着けていない人々」が

「まるで、杖や寄りかかる壁等を求める様に、

他の者・物・事等に依存し易くなる」のは

「当然の現象」だ』。

『「成人の場合、依存欲」の「多く」は

「代償欲求」であり、

「往々にして」、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求」を

「阻害する自虐を誘う」』。

『「依存欲」は、

「代償欲求であるが故」に

「増大し易く、

増大した依存欲は、

増大した自虐を誘い易い」』。

『「自虐状態が集団化すれば、

集団的自虐行動等も起こり易くなってしまう」のも

「当然の現象」だ』。

『「人類は、今、

この自虐状態から、

一刻も早く、脱出する必要に迫られている」』。

『「相対的金権システム上」で、

「多くの人々が

狭義の自分個体を

他の人々に比べて相対的に優位にし続けようとして来ている結果、

人類の歴史は戦争の歴史となり、

昨今では、地球環境の急変までもが

起こってしまっている」。

「現状のままの道を進むなら、

人類は、

確実に滅亡する」』。

『「もう、人類が、本来、歩むべき道の基本くらい」は

「多くの人々が知り得ている筈」だ』。

『「お金・経済等の事件等の問題をきっかけにして」でも、

「殺傷事件やテロ・戦争等の問題をきっかけにして」でも、

「人類誰も」が、

「自虐的では無い道の上を歩める状態にする様」に

「丸ごと一人の死生観・人生観」や

「相対的金権システム」等への

「依存状態」から

「狭義の自分を解放する実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき」だ。

「情報・教育界の者たち」は

「その為に有益な、性能の良い、精神文化製品を

意識的かつ積極的につくり、

どんどん世の中に送り出すべき」だ』。

『「そんな時代が既に来ている」のに、

「未だに、旧態依然とした劣悪な情報配信を続けているテレビ番組等」には

「本当に呆れる」。

「その意味では、正に、

保守派」だが、

「その保守派」では

「日本の為にも、多くの日本国民の為にも、

世界中の多くの人々の為にも、

成り得る訳が無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「滋賀ネット中傷自殺問題」をダシに、常連出演者等がネット悪イメージで視聴者の頭の中を染め上げたい様相だったが・・・。

『「事実無根の中傷情報等」に「自らを支配させてしまう事」で「自らを自殺にまで追い込んでしまう事」の「問題の本質」は、

「言うまでも無く、事実無根情報等に自らを支配させてしまっている事」だ』。

『「この問題の本質による犠牲者」とは、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける事等」を

「教えず、学ばせず」、

「その代わり」に

「他の者・物・事の支配」や

「他の者・物・事による被支配」等を

「教え込んでいる」

「現状の異常な情報・教育等による犠牲者」に他ならない』。

『「現状の異常な情報・教育等に大きく関わっている

テレビ・マスコミ界等や

学校教育界等」の

「者たちの責任は極めて重大」だ』。

『「その自らの責任から逃れる為」に

「ネット悪イメージ付け等」を

「公共の電波上で行っている様相」は

「本当に、酷く、醜い」』。

『「悪いのは、異常な情報・教育」であり、

「本質的に、ネット上の事実無根情報等では無い」。

「事実無根情報等」は

「アップした方が恥をかくダケの自虐情報に過ぎ無い」』。

『「アップした方の自虐」を

「自らの中に、

誇大に受け入れ、

事実無根を自らの中で増大させ、

増大させた事実無根情報等に自らを支配させ、

更なる自虐方向に自らを導いてしまう事等」の

「問題の本質」は、

「セルフコントロール問題」であり、

「その様なセルフコントロールを擦り込んでいる情報・教育等の問題」だ』。

『「そもそも、戦後日本の情報・教育等」が

「自己健康コントロールから遠ざかり、

他の者・物・事支配、他の者・物・事による被支配

方向」に

「異常なまでに、偏向させられて来ている」のは、

「何故か?」』

『「言うまでも無く、

ネット普及前の情報統制状態下に置いて、

特定の勢力が自らの勢力に都合の良い状態」に、

「多くの人々を誘導する為」だ』。

『「個々の人々が、自分で自分を健康にコントロールし続ける状態」では、

「大衆誘導等は、非常に困難になる」が、

「個々の人々が、者・物・事等に依存し易い状態」なら、

「大テレビ・大マスコミ等や学校教育等を悪用した

大衆誘導等も容易になる」』。

『「大衆誘導のベース」を「つくり出す為」に、

「悪用されている情報・教育等」により、

「多くの人々が、依存状態に追いやられ続けて来ている実態・実体が其処にある」』。

『「もちろん、こんな酷い状態」は、

「即刻にでも、解消する、解消させられるべき事」だ』。

『「事実無根情報等に自分を支配させて、自分を自殺にまで追い込んでしまう惨事」を

「二度と起こさせない為」にも

「情報・教育の正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「それなのに、未だに、常連出演者等は、優等生ぶり、正義ぶり、

多くの視聴者を依存状態に追いやり続ける事等」に

「熱心な様相」だ』。

『「それは、とんでも無いレベルの劣悪事態」だ』。

『「とんでも無いレベルの劣悪事態の裏にある」のは、

「特定人脈等による、

大衆誘導等の

悪の思惑等」と

「強く、推定出来る」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、トランプ大統領の入国禁止令等について、常連出演者等が、優等生ぶった批判・非難等を行っていたが・・・。

『「そんな事をしている暇がある」なら「現状のインチキ経済・社会システムの是正」等を「行う為に有益な情報等を配信した方が遥かに良い事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「米国は移民の国???」

「言うまでも無く、現状のほぼ全ての国々は、移民の国」だ。

「それは、人類のルーツを遡れば、誰でも解る」』。

『「地球上のほぼ全ての地域に、人類が広がった、{移民}の後」には、

「それぞれの地域地域で、

それぞれのコミュニティーが形成され、

それぞれの文明・文化等が熟成されて行った」』。

『「そして、

それぞれの文明・文化等の比べっこが行われた」』。

『「比べっこは、しばしば、命がけとなった」のが、

「戦争の歴史とも言われている、お寒い人類史」の「実態・実体」だ』。

『「しかし、

人類が、核兵器まで保持出来てしまった先の大戦以降」は、

「国家同士の戦争を避けるべく、

国境線を低くする流れが広まって来ていた」』。

『「ところが、現状までの社会・経済体制をそのままに、

国境線を低くする事の実効」は

「相対的に、金権を強くする事」だった』。

『「同じ国の中でも、格差が広まり

、同じ国の中に、不満を抱える人々が多数生まれた」』。

『「その様な現状に対する反動形成」として、

「昨今の、所謂、保守化の流れが出て来ている」。

「トランプ政権の誕生もその一つ」だ』。

『「国境線を少々、高目に戻す事」で

「自国内の不満や格差等の問題を是正する事」や

「自国内のテロ等を抑制させる事」には、

「相応の合理性がある」』。

『「それは、国境線がある程度高かった時代の事を思い出せば、誰もが解る事」だ。

「国境線が高かった時代」は

「多くの人々の不満が爆発した時、

命がけの比べっこ支配権争い」等として「勃発した事態」は、

「テロでは無く、国家同士の戦争となっていた」』。

『「国の中に時代相応の絶大なる格差はあった」が、

「多くの人々の現状脱出欲動が暴発した時、

自国民同士が殺し合い潰し合う道より、

他国との戦争が優先される大衆合意」が

「成立していた」』。

『「もちろん、現状では、他国との戦争は、実質的に不可能に近い」。

「国家同士の戦争が困難となっている現状で、

自国内での殺し合い潰しあい等を抑制する為」には、

「ある程度高い国境線が合理的になる」』。

『「もちろん、国境線を高くしたダケではダメ」だ。

「多くの人々の不満自体を解消させなければ、お話しにならない」。

「精神文化側でも、物質文明側同様、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して、

性能の良い精神文化製品をどんどんつくり出して行く事」が

「激烈に求められている」』。

『「それぞれの国々がそれぞれの国々として、

それなりに、安定している間」に

「人類の精神文化側を、

物質文明側以上に進歩・進化させる事」が

「極めて重要になっている」』。

『「移民抑制等に対する批判・非難等している暇がある」なら、

「現状の社会・経済体制という出来の悪過ぎる精神文化製品」を

「出来の良い精神文化製品と替える事」等を

「率先して、提案し、実現して行く為に有益な情報配信等を行う」のが

「現状の情報配信機関等が本来行うべき仕事」だ』。

『「ところが、今までの、所謂、文系の仕事人たち」は

「出来の悪い精神文化製品上で、

自らの下に大金や大権等を掻き集める自虐業」等は

「頑張る」のに、

「本来行うべき仕事」を

「行おうともしていない場合がほとんど」だ』。

『「コレでは、人類滅亡が急速に近づいて来ている」のも、

「当然の現象と言わざるを得ない」』。

『「人類滅亡を避ける為」にも、

「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »