« テレ朝朝番では、常連出演者等が「宗教団体入信芸能界引退女性問題」や「ネット健康情報問題」等で優等生ぶり、正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | 「豊かとは?」「貧しとは?」さえ???の様相の連中による劣悪な堂々巡り論が宣伝されていたが・・・。 »

北朝鮮の自虐ミサイル・・・。

『「武力による比べっこ支配権争い上」で「肝要なのは、より優位な武力」で「より優位な武力」とは「より進んでいる科学技術上に存在する」。

「数十年遅れの核やミサイル」とは「既に、負けている武力」だ』。

『「既に、負けている武力」でも、

「使い方が上手ければ、

数を揃えれば、

それなりに優位に・・・」とは

「考え・思いによる納得法」で

「その考え・思いによる納得法」も

「既に、負けている」』。

『「自由主義圏の普通の国々」では

「既に、負けている武力ではお話しにならない」から

「科学技術の進歩・進化に邁進し、

お話しにならない状態を脱しようとする」』。

『「或いは、

自虐的な比べっこ事態から脱する事」で、

「平和・共存等を目指して行く」』。

『「比べっこ上でも、

科学技術の進歩・進化に邁進する為」には

「相応の精神文化が必要になる」から

「例えば、社会体制でも、

科学技術の進歩・進化に都合の良い社会体制にする」』。

『「旧社会・共産圏の社会体制」では

「自由主義圏の社会体制」と

「比べ」て、

「科学技術の進歩・進化が大いに遅れる事」は

「既に、歴史が立証済み」だ』。

『「武力比べっこ」でも

「社会体制比べっこ」でも

「既に、負けている北朝鮮」とは

「例えて言うなら、

成長を拒否している問題児の様な存在」で

「実際に行っている事」も

「人権を大きく阻害し続けて来ている他国人も含む人民粛清工作等や、

時代遅れの核・ミサイル等の開発・製造等々」の

「問題行動」となれば、

「世界中の国々から、本気では扱われず、

実迷惑な分以上に

迷惑がられている事」も

「ある意味、当然の現象になる」』。

『「北朝鮮が他国から本気で相手にされたい」のなら、

「問題行動を放棄」し

「社会体制等を健常化・正常化すれば良い事になる」が

「それでは、独裁者やその周辺が、過去の悪行故に、危うくなる」。

「独裁者やその周辺が生き残る為の苦肉の策」が

「他国が無理にでも相手にせざるを得ない問題行動を行い続ける事」と

「他国内に仕込んである北朝鮮の手先に、

他国や他国人民が北朝鮮の相手をする様に仕向けさせる工作活動等を

行い続ける事」という訳だ』。

『「その苦肉の策」の「効果」は

「当初は絶大」だった』。

『「所謂、瀬戸際外交」と

「他国内親北朝鮮誘導工作等」により、

「北朝鮮独裁者やその周辺が得る事が出来てしまった利権等」は

「かなりのモノになる」』。

『「核・ミサイル関連技術等の情報盗み等」や

「必要機器や必要物質や必要金等の取得」等、

「苦肉の策がもたらした利権の余り」で

「細々と、体制維持等を図っている」のが

「今の北朝鮮の実態・実体」だ』。

『「もはや、北朝鮮独裁者やその周辺の戦力として実効力が有る」のは、

「他国内に仕込み、その数を増やし続けて来ている

北朝鮮系の実質、工作人脈の者たちくらい」で、

「まるで、存在証明の様な、

使えない(=実戦で使えば、アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争になる)核・ミサイル等の

実験等」とは、

「その実効戦力を隠蔽し続ける為の煙幕に過ぎ無い」』。

『「逆から言うなら、

北朝鮮問題を解決する方法は、既に明白」で

「他国内の北朝鮮の実質、工作員人脈の問題を片付ければ良いダケ」だ。

「残りの使えない核・ミサイル等ダケ」となれば、

「北朝鮮も政権や体制等を変えるしか無くなる」』。

『「さて、上記の様な実態・実体」は

「既に、多くの人々の中で明らか」だが、

「未だに、日本の中の北朝鮮の実質、工作員人脈の者たち等」は

「北朝鮮の核・ミサイル等の大宣伝に熱心」だから、

「本当に呆れる」』。

『「その姿」は、

「まるで、

本当の北朝鮮問題は此処に在りますよ~!」等と

「自ら、暴露しているかの如き・・・」だ』。

『「その実態等は、実に、シュールなお笑い劇」等と

「呆れている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「日米両政府等の中」では

「既に、上記の様な北朝鮮問題を片付ける為に必要な事等」は

「十二分に分かっていて、

その為の実効のある対策が練られ、

実行に移されようとしている」と

「強く推定出来る」』。

『「何故なら、

其れこそが、

戦争を避けながら、北朝鮮問題を解決する道だから」だ』。

『「当方の邪魔をし続けているそのスジの工作員たち」には、

「いい加減に、全ての邪魔を止める事を強く推奨しておく」。

「何故なら、それも、摘発後に追及される罪を減らす事に直結している事だから」だ』。

『「普通の頭がある」なら

「工作実態・工作実体等がバレた段階」で

「勝ち目が無い事等」は

「直に分かる」。

「少し、無理してでも、勝ち目が無い方から離れる事のメリット」も、

「勝ち目が無い方に乗り続けさせられる事によるデメリット」も

「直に分かる」。

「つまり、負けが決まっている方の脅しや圧力等に屈するのは、{おバカ}という事」だ』。

『「日本のドラマ・映画等」では、

「未だに、

血統家族主義モノとか、

戦略モノ等々が旺盛」だが、

「その北朝鮮の実質、工作人脈等に対する

北朝鮮内の家族・親戚等人質脅し情報や

工作戦略等応援情報等」の

「バカらしさ」も

「既に、多くの人々が重々感じているところ・・・」だ』。

『「本気で家族・親戚等を救いたい」のなら

「出来るだけ早く、北朝鮮の体制を健常なモノに変える事等」が

「極めて有効になる」。

「その為には、工作活動などは、{実質}放棄する事」だ』。

『「何十年、何百年前の戦略等が通用した」のは

「何十年、何百年前の事」であり、

「今時、そんなモノで人間世界を染めようとする」なら

「人類滅亡が急速に近づいてしまう事になるダケ」だ』。

『「何十年、何百年前の戦略等など、

知っている人、使える人は、

其れこそ、ゴマンと居る」。

「所謂、先進諸国側では、

それが、自虐になる事がはっきりと分かっている人々が多い」から、

「実際に、使う人々は少ない」ダケだ』。

『「情報の自由の無い、情報難民状態の体制下に押し込められている人々」と

「情報の自由の中で、自由に知り、自由に発想を巡らせる事等が出来ている人々」との

「間」には

「絶大なる実能力差が生まれる」。

「それは、物質文明側でも同じ」だから、

「東西冷戦では、旧共産圏が自由主義圏に負けた」のだ』。

『「未だ残っている旧共産圏の残党」とは

「東アジアでは、中国共産党と北朝鮮」だが、

「その様相」は、

「まるで、

大阪城陥落前の大阪城(中国共産党)と

真田丸(北朝鮮)」で、

「豊臣政権のドンだった秀吉(旧ソ連)無き後」の

「歴史の流れや結果」は

「多くの日本国民が良く知るところ」だ』。

『「もはや、

旧ソ連の民主化で、総大将を失い、外堀が埋められ始め、

真田丸的北朝鮮に対しては、

中国共産党よ、取り壊せ!」と

「世界中から

迫られている状態」だ』。

『「その後の選択として考えられる一つの道」は

「北朝鮮を活かして、中国共産党が世界に戦争を挑むか?」だが、

「そんな自虐を行えば、人類滅亡になってしまう」から

「さすがの中国共産党でも、その道は選択出来得ない」。

「残る道」は

「真田丸の取り壊し(北朝鮮崩壊)」と

「大阪城の開城(中国の民主化)」になる』。

『「後は、時間の問題」だ。

「時間がかかれば、かかる程、犠牲が大きくなるダケ」だから、

「早々の取り壊しと、開城が望まれている」』。

『「実業家、トランプ大統領率いる米国政権」は

「早い実効や成果を求め続ける」から

「北朝鮮問題も、

中国共産党問題も、

その解決・解消等」は、

「意外と早い事になる」と

「強く、推定出来る」』。

『「日本等他国内にいる北朝鮮等の実質、工作員等たち」は、

「打ち首・さらし首(摘発~逮捕~処罰・処刑等)にされる前」に

「早々に、

既に、負けている側から脱する方」が

「工作等を続ける事」より、

「遥かに良い事になる」』。

『「選択は、個々の自由」だ。

「自由・民主主義圏の国々の中では!」』

|

« テレ朝朝番では、常連出演者等が「宗教団体入信芸能界引退女性問題」や「ネット健康情報問題」等で優等生ぶり、正義ぶっていたが・・・。 | トップページ | 「豊かとは?」「貧しとは?」さえ???の様相の連中による劣悪な堂々巡り論が宣伝されていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事