« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

「金正男遺体北朝鮮行き」&「韓国朴大統領逮捕」で上機嫌な様相の北朝鮮のお友達たちが「日本の保守政権打倒!政治運動」を日本のテレビ・マスコミ等上で懸命に行う断末魔の悪足掻きを続けているが・・・。

『「北朝鮮のお友達」とは「日本の中のどの人脈か?」は「もなや、言うまでも無い事」だろう』。

『「旧社会党とは、北朝鮮の労働党と友党関係にあった政党に他ならない」。

「そして、旧社会党系の者たちの増大」と

「日韓併合時や朝鮮戦争時に朝鮮から渡来していたのに、

終戦後も朝鮮に帰らない大量の人々」には

「見事な程の、相関関係がある」』。

『「旧社会党系の流れ」は、

「民主党・社民党~民進党等へと続いている」。

「更に、情報・教育界に多い事も特徴的」だ』。

『「戦後日本の、

多くの、

ラジオ・テレビ・マスコミ等や

学校教育等」は

「旧社会党系の人脈の下で行われ続けて来ている」』。

『「多くの、テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調や誘導イメージ等」や

「多くの、学校教育上での教えや誘導イメージ等」が

「親朝鮮等であり、

反日本の保守等である事」は

「決して、偶然では無い」』。

『「言うまでも無く、人脈故の現象」だ』。

『「ネット普及前まで」は、

「社会・共産主義等と言うよりは、

親朝鮮・親中国共産党主義と言った方が適切」な

「情報・教育等」により、

「戦後の、多くの、日本国民の頭の中」が

「染め上げられ続けて来ていた」』。

『「戦前から、

一部日本国民に対する

旧ソ連の絶大な後押し等によりつくられて来ている

日本共産党」とは、

「成り立ちも人脈構成も全く違う」のが

「旧社会党系の人脈」だ』。

『「親旧ソ連的要素は濃い日本共産党」だが

「旧ソ連は、もはや、一応民主化されたロシア」だ。

「日本共産党の根っこは、既に無い状態になっている」』。

『「日本共産党に、一般日本国民が多いのなら、

旧社会・共産思想等は卒業して、

日本の為になる左翼・革新政党化でもするべき」だが

「残念ながら、その様な健常な能力を持つ人々が数多く育つ土壌」は

「無い様」だ』。

『「旧社会党系人脈も、

一応は、旧ソ連発の、所謂、社会・共産圏側を向いていた」から

「旧ソ連が在った時」は

「日本共産党とも反りが合う面もあった」』。

『「しかし、旧ソ連がロシアとなった後」は

「中国共産党と北朝鮮のみが、

所謂、社会・共産圏の国々」だ』。

『「益々、元々の構成人脈とダケ近くならざるを得なくなった」ので

「旧社会党系人脈の親朝鮮・親中国共産党度」も、

「必然的に、益々高くなって来ている」』。

『「さて、ここで、問題になる」のは、

「中国共産党や北朝鮮等」は、

「今後、発展等するのか?」

「衰退等して行くのか?」だ』。

『「人類の精神構造が正常進歩・正常進化して行く」なら

「中国共産党や北朝鮮等」の

「独裁支配体制」に

「長い未来は無い」』。

『「武力にしても、経済等々にしても、比べっこによる他の者・物・事支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造」から

「実体や事実・現実を探究しながら狭義の自己を健常支配し続ける事が基本」の

「成人レベルの精神構造」に

「多くの人々の精神構造が健常成長出来る社会体制環境」として、

「独裁支配体制では、明らかに、不適切になるから」だ』。

『「自己健常支配をし続けられる人々が増えれば増える程、

特定の誰かに大権や大金等を持たせ、

特定の誰かを大物にして、

それに頼ったり、縋ったりする必要性がある人は減る」。

「結果として、精神構造も健常に成長出来ている人々が多数派の人間社会」では、

「独裁社会主義体制から民主主義・個人主義への移行が起きる」』。

『「独裁社会主義体制側は、

その流れを何としても起こさせない様にしなければならない

切迫した必要性を

内包している」から

「人民徹底支配策を行い続ける事」で

「多くの人々が本来持っている

自らの精神構造を健常成長させる

健常欲動等さえ

押さえ込み続けようと

悪足掻きする」』。

『「自らの精神構造を健常成長させる健常欲動等を保有し、活用~展開等しようとしている者たち」とは、

「独裁社会主義体制にとっての不適応分子」で

「再教育や粛清の対象」になる』。

『「非人道的な粛清の実態等」は

「実際の独裁社会主義の国々」が、

「其れこそ、枚挙の暇が無い程」に、

「実例を、生み出し続けて来ている」が

「その大部分を隠し通そうとする粛清工作付き」になるので

「本当の酷過ぎる実態」は、

「独裁社会主義国家崩壊後」に

「徹底調査等で暴き出さなければ、判らない」。

「それまでに、露呈させられているのは、氷山の一角」だ』。

『「逆に、

独裁社会主義体制を賛美・称賛等し、

独裁社会主義体制に忠実な者たち」は

「有益分子として扱われる」。

「独裁社会主義体制を賛美・称賛等し、

独裁社会主義体制に忠実である事」こそが

「独裁社会主義国家の被支配民の仕事」だ。

「人間として、健常な感性や感覚等が生きている」なら

「とても、我慢し続ける事が出来得る事では無い」が

「悪魔に魂を売り渡した非健常状態の者たちにとって」は、

「狭義の自分を自分で健康にコントロールし続ける代わりに、

操り人形の如く、

支配・コントロールする、

独裁者等」を、

「まるで、神の様な存在と信じ込まされている実態・実体」を

「実態・実体通りに見つめる事の方が、

遥かに、巨大な苦痛」なのだろう』。

『「カルト宗教信者の苦悩とでも言うべき実態」が

「其処に在る」』。

『「ヤク中毒者たちは、ヤク抜きでは、

カルト宗教信者たちは、宗教抜きでは、

金権中毒者たちは、金権抜きでは、

・・・立ち行かなくなる」。

「実体や事実・現実に基づいて、

自分を自分で健康にコントロールし続ける事による自立状態を失っている者たちの姿」は

「本当に、哀れ」だ』。

『「独裁社会主義等の、内実、カルト宗教等を失いたく無い者たち」は

「未だに、

ありとあらゆる手段を使い、

他の多くの人々まで巻き込んで、

独裁社会主義等の、内実、カルト宗教等を維持しようとし続けている」が

「もはや、それは、

明らかに、勢いが削がれ、

断末魔の悪足掻きの域」だ』。

『「多くの人々の精神構造が、健常成長すればする程、

独裁社会主義等の、内実、カルト宗教等の勢いも削がれる」。

「そして、多くの人々の精神構造は、着実に健常成長し続けている」』。

『「もはや、

日本のテレビ・マスコミ等」が、

「禁じ手の筈の、

内実、

偏向・偏重情報配信策や、

印象付け、イメージ誘導等の策等々」を

「かなり、積極的に行い続けていても、

それに誘導されてしまう人々」は

「数%レベルにまで激減している」』。

『「民主党政権成立時等には、

少なくとも、20~30%~は居た」から

「実際に、政権交代まで起きてしまった」が、

「もはや、テレビ・マスコミ等による、

実質的、大衆誘導等を行い続けても、

政権交代など、夢の夢・・・レベル」だ』。

『「本質が、人脈問題であり、思想信条等問題である事」も

「多くの日本国民の既知の事実」だろう』。

『「北朝鮮問題がナカナカ解決しない」のは、

「その裾野が広いから」だ。

「日韓内を始めとする

北朝鮮の広い裾野を

どんどん解消させて行く」なら

「北朝鮮問題の解決は早い」』。

『「裾野を解消させない為の北朝鮮の極悪非道の策」が

「人質策」で

「拉致の目的の一つ」は

「間違い無く、其処にもある」』。

『「元々」は、

「日韓併合時の朝鮮半島内で

最終的には、朝鮮半島内の多くの朝鮮人たちにも追い立てられ、

山奥に追いやられ、実害はほとんど無い状態になっていた、

小さな反乱軍集団だった者たち」の「故事」を

「当時、旧ソ連内に居た者に被せ、

旧ソ連が大々的に支援して立国させた」のが

「北朝鮮」だ』。

『「反乱軍山賊の精神文化」では

「非人道的な、人質策等」も、

「実効の高い、使うべき策」なのだろう』。

『「通常の国家とは、全く違う、

劣悪な工作活動国家等には、

それなりの、ルーツがある」』。

『「日韓等が、

人質の脅しに屈せず、

遠慮無く、裾野を解消して行く」なら

「北朝鮮問題は、アッと言う間に、解決して行く事になる」』。

『「金正男テロで発生した、マレーシアと北朝鮮の関係の様に、

人質人数が少なく限られている場合」なら、

「その後の厳格対応を前提」に、

「とりあえずは、人質交換もアリ」かも知れない。

「人質交換策で行く」なら

「日本国内の北朝鮮系の工作員たちをどんどん摘発して、人質にすれば良い」。

「北朝鮮系の工作員と北朝鮮による工作被害者の交換交渉をすれば良い」』。

『「北朝鮮が

核ミサイルを実用出来る様になる前まで」に、

「北朝鮮問題を解決する為の具体策」は

「早々に、実行に移すべき」だ』。

『「逆に、放置し続ける」なら

「中国共産党支配下の中国共々、悪魔に魂を売り渡した者たちが蔓延る国家が増大」し

「人類滅亡が現実のモノとなる」』。

『「日本の公共の電波上」で

「反日国悪権力者等の為」に

「反与党政治運動等を行い続けている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮等の時代遅れの兵器や人質や戦争等を

気にさせられ過ぎる余り、

日本国内で一般日本国民が受け続けている工作活動等の害を

無い事にし続ける自虐」は

「いい加減に卒業するべき」だ』。

『「北朝鮮問題を解決する為」にも

「日本国内の北朝鮮系人脈工作員やそのお友達工作員・協力者等」による

「工作活動の摘発~撲滅」は

「急務」だ』。

『「拉致問題」を

「人質交換策以外」で

「解決する道」は、

「北朝鮮の体制健常化等しか無い」』。

『「北朝鮮の体制健常化」と

「日本国内の工作活動摘発」を

「セットで行う」なら

「犠牲は、最小限で済み、

北朝鮮問題も、基本的に解決出来る事になる」』。

『「韓国内の工作活動も出来れば、摘発するべき」だが

「北朝鮮による工作活動が日本より更に旺盛で、

国の運営さえ???状態の

現状の韓国に多くの望む事」は、

「事態を更に混乱させるだけ」だ』。

『「韓国にも遠慮せず、日米は、いい加減に、本気で、上記の様な解決策を実行するべき」だ』。

『「北朝鮮等による日本国内の工作活動が放置されたまま」なら

「人類の滅亡」が、

「極めて早くなってしまう可能性大」だ』。

『「何れにしても、現状の日本のテレビ・マスコミ界の多くは、酷過ぎる」。

「北朝鮮系等による日本国内の工作活動問題」等の

「重大問題は、黙殺・・・」の「反面」で、

「一小学校設立問題であり、一国有地払い下げ問題に過ぎ無い、

森友学園問題を

無理やり、安倍総理や自民党政権等に結び付ける事による

反現政権政治運動化等して」、

「公共の電波上を埋め尽くし続けられている事自体、

本当に異常」だ』。

『「朝鮮系の人々とも馴染みが深い、

所謂、左翼(親朝鮮・親中国共産党等)系や

新興宗教系の学校や教育や情報等」は

「良く」て

「所謂、保守系の学校や教育や情報等」は

「悪い」等の

「イメージを多くの視聴者の中で抱かせる情報配信等」をしながら、

「北朝鮮系等の工作活動問題」は

「出来る限り、無い事にし続けて来ている状態等」は

「明らかに、異常」だ』。

『「其処にある」のは、

「北朝鮮系の者やそのお友達等による情報工作等の臭い」だ』。

『「もちろん、森友学園は、出来が悪過ぎる」が

「だからと言って、所謂、保守系の情報・教育等がダメという事には成り得ない」。

「その辺りの区別を曖昧にする事」で

「まるで、保守はダメ!で所謂、左翼(同上)は良い!」等の

「イメージ」を

「多くの視聴者に持たせようとしている様相」の

「劣悪な情報配信ぶり」は「本当に、醜悪」だ』。

『「さすが、極悪非道工作活動国家、北朝鮮系等による情報工作等!」とでも言うべきか・・・』。

『「反保守&親左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)等

偏向・偏重情報配信」を

「連綿と続けている」、

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」と

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

未だに、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者や中国共産党等の意志を忖度した情報配信を続けている、所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)テレビ・マスコミ等問題・・・。

『「もちろん、意志の忖度」が「上辺から、アリアリと判る様な事はしない場合が多い」が、「内実を見ると、直に、判る」。

「例えば、一小学校設立問題であり、一公有地(国有地)賃借・払い下げ問題である森友学園問題」で

「これ程の大騒ぎをしているのは何故か?」』

『「後述する様」に、

「其処」から

「露呈して来る」のは、

「打倒!日本の保守!!

&日本国内を所謂、左翼(親朝鮮・親中国共産党等)が実効支配する!」等という

「反日国悪権力者」等の

「自己正当化の為の、

強い意志等」への

「忖度」だ』。

『「日本国内の、

所謂、左翼(同上)の主たる者たち」は

「人脈故」に

「反日国悪権力者等との利権共同体状態に在る」から

「その様な、忖度をし続けて来ている」と

「強く推定出来る」』。

『「忖度の実例」は、

「以下の通り」だ』。

『「ラジオ・テレビ・新聞等の情報面」では、

「拉致」や「竹島問題」等は、

「戦後長い間、出来る限り黙殺で、無い事に・・・」。

「拉致までされている」のに

「世界では当たり前の

実効のあるスパイ工作活動等防止法等や

実効のある摘発体制等の整備には、

大反対!」

・・・等々』。

『「学校等の教育面」では、

「日本については、幕末以前が圧倒的主流で、

現代に繋がる重要史部分はロクに触ず、

日本人に自虐を強いる歴史教育等は推奨」。

「所謂、左翼(同上)の政党や政治家等には好イメージを持たせる様に・・・、

&保守系の政党や政治家等には悪イメージを持たせる様に・・・」。

「更に、反日思想にも繋がる反体制思想等も擦り込みつつ・・・」。

・・・等々』。

『「学校設立問題・公有地賃借・払い下げ面」では、

「所謂、左翼(同上)系や

新興宗教系等の学校設立問題や

公有地払い下げ問題等は、

ほとんど騒がず、

問題にせず・・・」。

「所謂、右翼系の森友学園問題になると、

現状の様な超大々的な大騒ぎ」・・・』。

『「反日国悪権力者たちが、反日でなければならない事」には、

「根本的理由がある」』。

『「例えば、

日本の敗戦に付け込んだ

火事場泥棒的行為等により

戦後、国を始めた韓国・北朝鮮」。

「日本を悪者にし続けない」と

「自分たちが、実質的、火事場泥棒等である事」を

「認めざるを得なくなる」』。

『「例えば、

戦後の中国国内戦争やその後の粛清等」で、

「中国人」を

「旧日本軍による戦争時の殺傷等人数よりも、

遥かに大量に殺傷等した事を

誤魔化し続けたい

中国共産党」。

「別のモノを大悪者にし続ける事で自己正当化を図り続ける工作」は

「悪権力者の十八番」。

「日本を悪者にしているのは、

大戦時に中国国内で戦争を行っていた国の中で

一番悪者にし易い国だから」・・・』。

『「それは、

歴史実態・実体を検証する」なら、

「世界中の何処の誰でもが

判る事」だ』。

『「そして、

そんな状態」は、

「権力者人脈自体が変わらなければ、

直る訳も無い」』。

『「反日国との話し合い」が

「今時、当たり前」の、

「実体や事実・現実に基づいた是々非々論にならず、

反日国側の言い分を呑むか?呑まないか?」の

「話し合いと言うよりは、

一方的な不当要求(反日国側)VSその対策(日本側)」等に

「終始し続けて来ている裏」には、

「ある意味、{骨太}の元凶」が

「在る」』。

『「反日国の不当要求を通す為」の

「日本国内での工作実行部隊と化している」のが

「所謂、左翼(同上)の実態・実体」だ』。

『「所謂、左翼(同上)でも、

元々からの日本国民」なら、

「所謂、左翼(同上)である事が、

自分の実体と

とても、整合性が取れる事では無い事等」に、

「何れは、気づく事になる」』。

『「実際」に、

「極めて、多くの日本国民」は

「かつて、

日教組等の教師等による所謂、左翼(同上)化教育や、

所謂、左翼(同上)のラジオ・テレビ・マスコミ等の情報等」に

「実質的に、マインドコントロールされていた」ので

「所謂、左翼(同上)化していた」が、

「ネットの普及等」により、

「所謂、左翼(同上)による情報統制状態が崩される」と

「実質的、マインドコントロール状態から自分を解放出来た人々」が

「実際、かなり、数多くなっている」』。

『「もはや、

未だに、

所謂、左翼(同上)による、

マインドコントロール下という日本国民」は、

「少数派」だから、

「選挙となれば、

所謂、左翼(同上)系の政党や候補者の票は伸びず、

国政では、

既に、

所謂、左翼(同上)政党等は、少数野党状態になっている」』。

『「多くの人々」の、

「所謂、左翼(同上)情報・教育等による、

実質的、マインドコントロールが

解けている

現状の日本」では、

「所謂、左翼(同上)が主流には成り得ない状態」は

「通常の手段では、変化する訳も無い」』。

『「しかし、そんな日本の状態」は

「反日国悪権力者や、

その手先として

日本国内で、

実質的工作活動等を続けて来ている者たちにとって、

非常に都合が悪い」』。

『「元々の正当性が無い」から、

「通常の手段では全く勝ち目の無い、

反日国悪権力者等の意志等を

日本国内で通させようとし続けて来ている

所謂、左翼(同上)」が

「現状で、縋っている、

実質的、最後の手段」が

「保守仮面内実左翼(同上)の下での日本国民支配・コントロール等の模索」と

「規制緩和~金権強大化~利権集中による金権支配化を基にした、

一般日本国民支配・コントロール策」等だ』。

『「保守仮面内実左翼(同上)の実態」は

「例えば、

大量の人々を連れて、中国共産党を{表敬訪問}した、

民主党政権時、剛腕利権集中幹事長等の実態」も

「露呈」していた、

「小沢氏」等を

「思い出したり、調べたり・・・等する」なら、

「誰もが判る事」だ』。

『「テレビ・マスコミ大推奨の小泉(親子)」や、

「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政界入りし、

その後、小沢氏にも政治を学んだ、

小池、現東京都知事」にも

「同じ、気配が濃厚に漂っている」』。

『「小池都知事関連」では、

「公用地利用、学校設立問題」として、、

「小池都知事就任前から」の

「新たに、韓国の学校を

東京都の土地に建てる問題」が

「あった」』。

『「所謂、左翼(同上)」なら、

「喜んで、承認しそう・・・」だが、

「小池氏が都知事に就任した後、

早々に、

その流れは、止められた」』。

『「ここまでを上辺ダケ見る」なら

「小池都知事」は、

「日本側に立っている保守の政治家等と推定出来る・・・だろう」が、

「その裏では、森友学園問題も連動していた」と

「推定するとどうだろうか?」』

『「保守政権、打倒!等の為」に、

「大阪の森友学園問題」で

「大騒ぎする~している裏」で

「東京では、韓国の学校を都の土地に新設する問題が・・・」では、

「例え、所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ等」でも、

「学校設立問題やその為の公有地払い下げ」等の

「本来の問題自体」に

「正確に、スポットライトを当てざるを得なくなる」』。

『「更に、

右翼系の学校新設はダメで、

反日他国系の学校設立は良い」が

「今時の日本で、

成り立つ訳も無い」』。

『「所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ等」が

「実質的、大衆誘導等を

頑張ったところ」で、

「結果」は

「両方ダメ!」か、

「両方設立!」

もしくは、

「日本国内だから、日本の学校のみ可等」だろう』。

『「それならば、

都知事という立場を得た、

同じテレビ~の人脈である、

内実、左翼(同上)と強く推定出来る、

お仲間」の

「保守仮面を強調させる」と「共」に

「大阪の森友学園問題」では、

「本来の学校新設問題や、

公有地(国有地)賃借・払い下げ問題等で

騒ぐのでは無く、

徹底的に、

無理やりにでも、

出来の悪い右翼的様相を露呈している、森友学園や籠池氏等」と

「安倍政権や自民党政権等を、

大衆の頭の中で、

繋げさせる事等」による

「反保守政権の為の政治運動・情報工作等」を

「行った方」が

「反日国悪権力者等の意志等に沿う事になる」』。

『「そんな忖度の様相を

露呈し続けている」のが

「昨今の、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「元々が、人脈問題の要素が非常に濃い問題」だから、

「この手の問題を解決する為に必要な事」は

「人脈の正常化・健常化になる」』。

(『「因みに、大戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては強制的に帰還させられた」ので

「朝鮮半島内では、反朝鮮(親他国)と親朝鮮の対立は、先ず、起きない」。

「現状は、北と南の悪権力者同士の支配権争い状態になってしまっている」が、

「それも、元々が、実質的、火事場泥棒同士だから・・・」だろう』。

『「善人同士は、

信頼に基づいて、

必要なら、法や契約を基にしながら、

共存・共栄を図る」』。

『「悪人には、

信頼関係などあり得ない」。

「他の者・物・事の支配や、

他の者・物・事からの略奪等に生きようとする」。

「その上での大量消費爺生活等の中に

現実逃避し続けようとする」。

「悪人」は、

「自分の実体を見ると、

自分が悪く見え、

自分を嫌いにならざるを得ない」。

「自分を見ない為に、

他人にも、

悪人である正体を無い事にさせ続けさせよう等と強いる」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者が其処に在る」』。)

『「政界では、選挙がある」ので

「日本国民の実態や意思等を反映した政権を

日本国民が生み出す事が出来る」。

「つまり、政界の人脈」は、

「個々の日本国民がしっかりしている」なら

「個々の日本国民の意思の集合体として、

正常化・健常化が可能」だ』。

『「しかし、

ほとんどの一政党・一政治家より、

遥かに大きな発信力を持っているテレビ・マスコミ界等の場合」は

「その公共性を考えるなら、

明らかに異常な事」だが

「政界の政権交代の様な、

人脈交代が無い」』。

『「その結果、戦後の日本国内では、

ネット普及以前までは、

所謂、左翼(同上)が圧倒的主流」で、

「実質的、情報統制下状態」だった』。

『「ネット普及以降、マスコミ界には、

少々の

人脈構成割合変化等がある様相」だが

「テレビ・ラジオ界」では

「人事面を、そのスジの連中が握りしめている為だろう、

ほとんど変わり無い状態」で、

「現状に至ってしまっている」』。

『「そんなテレビ・ラジオ界等の現状」は

「明らかに、異常」だ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日本の公共の電波を使った、反安倍政権政治運動に明け暮れている所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)番組問題・・・。

『「日本国・日本国民の為になる政治・政策等」より「反保守政党・保守政権」というのが「所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)人脈の者たちの実態・実体」だ。

「もちろん、日本国民なら、誰でも、思想信条の自由が保障されている」から

「所謂、左翼(同上)思想自体」は

「その様な思想信条等でも、持つ権利はある事になる」。

「しかし、公共の電波上や公共的マスコミ上や公の学校教育上等」で

「所謂、左翼(同上)を偏重したり、

所謂、左翼(同上)に偏向した情報・教育等をしたり、

・・・等々して、

視聴者・読者・生徒等」を

「実質的に、マインドコントロールする事等」が

「容認・放置されたままで良い訳も無い」』。

『「日本の保守政党や保守政治家が嫌い」なのは、

「反日国悪権力者等も同じ」だ。

「その共通項を持つ

所謂、左翼(同上)の人脈」は、

「中国共産党支配下の中国や、

韓国(北朝鮮も含む)等の人脈」と

「馴染みが深い」』。

『「旧社会党と北朝鮮の朝鮮労働党が、友党関係にあった事」は

「既に、多くの日本国民の間に、良く知れ渡っている話し」だ。

「旧社会党の多くが、民主党に流れ、その流れは、民進党に続いている事」や

「日本のテレビ・マスコミ等の情報・芸能界や

学校教育界の多く」が

「旧社会党~系の者たち等の流れの中に在る事等」も

「もはや、多くの人々にとって、既知の事実」だろう』。

『「更に、遡るなら、終戦前はマイナーだった社会党が、戦後急速に増大した事」と

「朝鮮からの渡来者との実に深い関係」や

「戦後少し経つと、

途端に、論調が変わった、

朝日新聞と中国共産党との深い関係」も

「既に、多くの人々に、知れ渡っている事」だろう』。

『「中国共産党とは、

戦争時には、旧日本陸軍とも密約等を結び、

武器を持って、中国共産党に投降した当時の日本軍の兵士等が、

直に、当時の中国共産党軍内で、幹部に成れた事等」も

「既に、知っている人々」も「多いかも知れない」。

(「つまり、旧日本陸軍の一部人脈は、中国共産党人脈と馴染みが深い可能性が高い」。)』

『「戦後の日本国内は、

人脈面で、

ある程度、分れてしまっている」。

「もちろん、一番多いのは、一般日本国民(日本人)」だ。

「その後に、何故か?朝鮮に戻らない、朝鮮からの渡来系の人々の人脈が続く」。

「政治や思想信条面では、保守(親日本)と所謂、左翼(同上)が二大多数派」だったが、

「所謂、左翼(同上)の内実がバレた後」は、

「圧倒的に、保守系(親日本系)の人々が多くなっている」。

「つまり、本来の人口割合ベース通りに落ち着き始めている」』。

『「内実がバレた後」は

「所謂、左翼(同上)が主流になる道」は、

「実質的に、無い」』。

『「それでも、

民主党政権等の夢よもう一度!」とばかりに、

「所謂、左翼(同上)は、

日本国内なのに、

反日国に近しい人脈の者たちが政権を取るべく、

無駄な、悪足掻きを続けている」』。

『「日本の為の政治・政策論争等という

正規の土俵の上」では、

「人脈が人脈なので、

内実としては、全く勝負にならない」。

「出来るのは、詐欺的手法」で、

「上辺」では、

「日本国・日本国民の為になる!」だが、

「内実」としては、

「反日国や反日国人脈を利す事」だ』。

『「その実態・実体」は、

「民主党政権時の事等を思い出すなら、誰もが良く判る事」だ』。

『「もはや、詐欺的手段も効果激減」では、

「残された手段」は、

「難癖付け、いちゃもん付け等による、

保守(日本派)政権ダメ世論喚起ぐらい・・・」になる』。

『「其処で、昨今、所謂、左翼(同上)の政党・政治家・テレビ・マスコミ等々」が

「大いなる力を注ぎこみ続けている」のが

「森友学園問題」という訳だ』。

『「もちろん、基本的問題」として、

「一国有地払い下げ問題や、一学校認可問題」の

「大きさ自体は、非常に、限られている」。

「例えば、それが元で、

日本国や多くの日本国民が苦境に追い込まれる訳も無い」』。

『「例えば、反日国等を利す政治・政策等を行わせてしまう」なら

「日本国や多くの日本国民が受けてしまうダメージやデメリット等は多大になってしまう」。

「そんな事態を避ける為」にも、

「日本国・日本国民の為になる政治・政策論等」は

「重要」だ。

「国会・テレビ・マスコミ等でも、有権者・大衆を巻き込んで、大いに論じる価値がある」』。

『「しかし、森友学園問題」には

「そんな大きな価値は無い」』。

『「国会や公共の電波上や公共的マスコミ上等で、

森友学園問題を

どの程度に扱うべきなのか?」等は

「既に明らか」だ』。

『「言うまでも無く、

一国有地払い下げ問題&一小学校立ち上げ問題レベル」が

「妥当になる」』。

『「森友学園問題で、

散々、時間を取って大騒ぎし続けて来た」にも関わらず、

「露呈されている、

籠池氏側以外の法的な問題は無し」なのだから、

「他の重大事案に時間を割くべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「ところが、

この問題も、

反保守政権の為の政争の具としている

所謂、左翼(同上)人脈の者たちにとって」は

「もはや、妥当保守の為の最後の命綱みたいなモノだからか、

森友学園問題に、

必死に、縋り付き、

大衆を無理やりにでも、ひき付け続けたい様相」だ』。

『「構成人脈故に、

より日本国・日本国民の為になる政治・政策等を訴える事が出来ない者たち」による

「実に、醜悪で劣悪な様相が其処に露呈している」』。

『「本日のテレ朝朝番」では、

「所謂、左翼(同上)の断末魔の一幕を見た感じさえした」』。

『「微に入り細に入り、言葉尻を捉えたり、

言葉や文書の扱いや所属等を問題化しようとしていたり、

・・・もはや、本質とは、かけ離れ過ぎている

醜悪ないちゃもん付けぶり等」に

「もはや、打つ手無し」の

「気配を放っていた

所謂、左翼(同上)の

断末魔の一幕」が

「見えていた」』。

『「本質論で言う」なら、

「今時の政治家の一人の筈の、

安倍総理等がワザワザ籠池氏レベルのお方の要望等に

重々関わっている訳も無い」。

「それは、官僚・公務員等でも同じ」だ。

「そんな事をすれば、所謂、左翼(同上)マスコミ等の思う壺・イイ餌食」で

「大いなる自虐行為になる」』。

『「普通以上の頭はある筈の、

総理や官僚・公務員等が、

今時、そんな自虐行為を行う訳も無い」』。

『「100万円の寄付話し」にしても、、

「安倍総理にしつこい旨言われた後の籠池氏側の主張に過ぎ無い

領収書も、経理処理も無い

存在の立証など出来得ない事」だ。

「しかも、寄付していたとしても、合法」だ』。

『「安倍総理夫人付き、実質、秘書官が受けた籠池氏からの要望に対する返答」にしても、

「普通に、無理やり、捻じ曲げて読まなければ、

ゼロ回答」だ』。

『「うるさい、しつこい、要望人等からの質問等に対して、

さっさと、再び、うるさくいわれないように、丁寧に処理する事で、

他の仕事にかかる余分なストレスを減らす事等」は

「事務処理等の仕事上では、よくある話し」だ』。

『「森友学園問題の実態」は

「基本的に、

幼稚園経営で困窮していた籠池氏が、

小学校経営まで手を広げる事で、一発逆転を狙い、

知名度の高い政治家等を積極的に巻き込み、

お役所等にも、積極的に通い、

何としても、小学校経営を始めようとしたダケ」だろう』。

『「籠池氏等による早急な小学校立ち上げに、

巻き込まれた

政治家や官僚・公務員等」は、

「むしろ、被害者的でさえある」』。

『「ところが、所謂、左翼(同上)マスコミ等」が

「所謂、左翼(同上)が大嫌いな

右翼系の森友学園小学校立ち上げを

大問題化して

しつこく追い回したダケでは無く、

この問題を、

反安倍政権の為の政争の具として使おうとし始めた」』。

『「その結果、面倒な仕事を早々と片付けていた官僚・公務員等」の

「実態」も

「忖度や政治圧力等の、今時、ある訳も無い事を

さもあったかの如く印象付ける為の具として使われてしまった」』。

『「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等により、

たかが

一国有地払い下げ問題、

一小学校立ち上げ問題に過ぎなかった

森友学園問題」は

「どんどん大きくされ、大騒動化されてしまった」』。

『「大騒動となった結果の一つとして、

右翼系の小学校の立ち上げは中止となった」』。

『「所謂、左翼(同上)の願望の一つ」が、

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等による

大騒動化によって」

「叶った事になる」。

「この事態こそが、

多くの日本国民が、

本当に、深刻に考えるべき事」だ』。

『「小学校立ち上げが中止になってしまった事により、

籠池氏等の願いや思惑等」は

「大きく外れてしまった事になる」。

「もはや、新たなスポンサーを探すくらい・・・しか、打つ手は無い状態に追いやられた状況」が

「露呈」している』。

『「工作好きの所謂、左翼(同上)」が

「そんな籠池氏等の状態を悪用しようとしない訳も無い」』。

『「昨今、露呈している実態」は

「籠池氏等による証言等が、

大衆の反安倍政権民意等に繋がるなら、

籠池氏等に、

所謂、左翼(同上)等から、

相応の成功報酬等が出されても

何の不思議も無い様相」だ』。

『「籠池氏」の、

「偽証罪を問われる可能性がある証人喚問での

とても、本当とは思えない証言の数々・・・」も

「裏に、所謂、左翼(同上)による、反安倍政権政争の成功報酬等がある」なら

「合理的になる」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「公の学校教育」等の

「偏りが、大き過ぎるままで良い訳は無い」。

「所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ等による大騒動化等」により

「右翼系だから・・・と、小学校の立ち上げがとん挫させられて良い訳は無い」』。

『「実際に在る人脈構成割合と大きな齟齬の無い

論調状態等で無ければ、

誤解させられた多くの人々により

トラブル等が起こされたりし易くなってしまう・・・のは当然」になる』。

『「日本社会の健常化・正常化の為」にも

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番・昼番でも、未だに、「森友学園問題をダシにした、安倍政権崩しの為の、大衆誘導、政治運動等」を行っていたので、本当に呆れた・・・。

『「財務省等の忖度」が「声高に叫ばれている」が「少し考えるなら、誰もが直に判る事がある」。

「通常、官僚等による忖度」は

「絶対に、忖度した方を不利にしない形で行われる」』。

『「その為」に、

「例えば、

要望者(今回の場合なら、籠池氏等)の

実態・実体調査等は外せない」』。

『「要望者の実態・実体が好ましいモノ」なら

「忖度しても、忖度した方を不利にする可能性は、極めて低くなる」が

「要望者の実態・実体が好ましく無い」のなら、

「下手な忖度は、忖度した者の身の危険になる」』。

『「通常の忖度の流れに沿って、

要望者の実態・実体把握を行っていた」なら、

「籠池氏や森友学園等の問題も直に判る」。

「当然、籠池氏や森友学園等に対する厚遇処置等はあり得ない」』。

『「今回の総理夫人付き、

実質、秘書官からの問い合わせに対する財務省の対応」は、

「普通に考える」なら、

「忖度の流れによる事務処理等では無く、

厄介払いのやっつけ仕事等としての事務処理等」になる』。

『「また、

例えば、官僚側等が、

所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)の人脈の者」で

「意図的に、

反安倍政権の為に

忖度等を行った場合」でも、

「今回の様な事態を露呈させる事」は「出来る事になる」』。

『「上記の様な当たり前の要素を言わない、

テレビ・マスコミ等の忖度論」には

「情報工作~大衆誘導等の臭い」が「充満している」』。

『「森友学園問題当初時期から、

当ブログで記してある通り、

森友学園問題」の

「実態・実体」とは、

「所謂、左翼(同上)人脈等による、

出来の悪い右翼と

日本の保守派政権と言われている安倍政権等を

大衆に同一視させる事等による、

反安倍政権の為の政治運動等」だ』。

『「その裏には、

幼稚園の経営等で、

経済的困窮状態に陥っている、

籠池氏や森友学園等の経済問題もある」』。

『「籠池氏や森友学園の起死回生の一発」が

「有名保守政治家等積極利用による寄付金大量取得&小学校経営だった」のだろう。

「しかし、元々が、出来の悪い右翼の様相だったからか、それは失敗に終わる」』。

『「籠池氏や森友学園等が、

経済的困窮状態を脱する為には、

別スポンサーが必要となる」』。

『「反安倍政権政治運動の成功報酬等として・・・」なら、

「反安倍政権人脈、特に、反日左翼(同上)人脈の者や企業や組織等が、

大喜びで資金提供等しそう・・・だが」・・・』。

『「何れにしても、

この問題解決の為に必要な事」は

「何処の誰が、所謂、反日左翼(同上)工作員人脈の者か?」や

「仕込んだ者は?指令者は?」等であり、

「天然的なお嬢様等の様相を露呈している、

安倍総理夫人に対する、

尋問等ではあり得ない」』。

『「所謂、反日左翼(同上)工作員人脈を露呈させ、

その対策等をする」のなら、

「森友学園騒動問題」にも

「相応の意味が生まれる事になる」が、

「そうでは無く、

所謂、反日左翼(同上)工作員人脈による、

テレビ・マスコミ等悪用、

反安倍政権等政治運動等の為」なら、

「こんな問題で、

国会や公共の電波上の貴重な時間や、

公共的マスコミ上の貴重な紙面」を

「埋め尽くさせ続けている事等自体」が、

「劣悪過ぎる」』。

『「多くの日本国民の民度」が「問われている」』。

『「民主党政権成立時等と同様」に

「テレビ・ラジオ・マスコミ等に操られてしまっている日本国民が、未だ、多い」のなら、

「日本国民の民度は、未だ、本当に深刻な程、低過ぎる事になる」』。

『「民主党政権等を成立させてしまった過去等を顧みて、

同様の過ちは犯さない人々が

主流になっている」なら、

「その分だけ、日本国民の民度も上がっている事になる」』。

『「絶対に、忘れるべきでは無い事」は

「政権には、交代があった」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」等には、

「ずっと、交代が無い事」だ』。

『「つまり、

民主党政権を成立させた、

実質的、大衆誘導等を行った人脈の者たち」が

「昨今では、森友学園問題等で、

大衆誘導等を行い続けようとしている実態・実体」が

「其処に在る」』。

『「知っているから、馴染みがあるから、・・・等々」と

「不用心に、

戦後日本国内の

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

所謂、文系の学校教育等を鵜呑みにする事」は

「非常に危険」だ』。

『「何故なら、戦後の日本社会」には、

「反日国人脈が根深く巣食えてしまっているから」だ』。

『「それは、拉致を始めとする、

電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

大気工作、

医療工作、

情報・教育工作、

政財界工作、

・・・等々、

数々の工作活動からも、

多くの人々が、

意識の有無は別にして、

実感させられてしまっている事」だ』。

『「反日工作に載せられて動かされてしまう自虐日本国民の数が多ければ多い程、

反日国悪権力者等は、大喜び!」になる』。

『「例えば、自らや、自らの家族や同朋等々を自虐方向に押しながら、

金正恩等を喜ばせる事こそが

大切!」等と、

「本心から、本気で、思える日本国民など、先ず、いない筈」だ。

「肝要な事は、金正恩の手先かも知れない情報機関や教育等に自らを操らせない事」に他ならない』。

『「しかし、

悪どもは、詐欺師的手段が得意」だから、

「例えば、正義ぶって、上辺では、金正恩等を責めながら、

内実としては、金正恩や北朝鮮を有利にする事等を

推奨したりしている」』。

『「例えば、

先進諸国にとって、

脅威には成り得ない

北朝鮮の核やミサイル等の軍備の脅威を煽り、

実在している、深刻な脅威である、

日本国内の北朝鮮等による工作活動等の問題は、黙殺する」。

「そんな情報に騙される日本国民が多ければ、多い程、

日本国内における北朝鮮等による工作活動等は行い易くなる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が、正常で健常」なら

「とっくの昔に、北朝鮮等反日他国等による日本国内での工作活動等は葬られていた筈」だ。

「拉致被害者も、本当に、極少数に留める事が出来た筈」だ。

「電磁波工作や、飲食物工作等々による、一般日本国民の粛清被害等もほとんど出なかった筈」だ。

「情報・教育工作により、自虐思考・志向等を植え付けられた日本国民の数も、極少数にとどまっている筈」だ。

「医療工作により、人生を捻じ曲げられた日本国民の数も、極々少数にとどまっている筈」だ。

「反日国人脈の者たちが、日本や日本国民を利用して、不当に儲けすぎたり、

工作資金や技術等を持ち出す事もほとんど出来なかった筈」だ。

「日本の政界も、もっと、もっと、マシで、建設的になっている筈」だ』。

『「逆から言う」なら、

「戦後日本の情報・教育等による大衆誘導等により、

重大な負の歪みがつくられてしまっている分」だけ

「現状の情報・教育界の者たち」には、

「排除・交代等させられるべき実態・実体がある事になる」』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、未だに、「籠池劇場」や「テロ等準備罪反対論」等を公共の電波上に撒き散らしていたので、本当に呆れた・・・。

『「森友学園問題」で「明らかに、法的に問題となりそうな事」は「今のところ、籠池氏側の三種の見積もり関連くらい」だ。

「それなのに、所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)テレビ・マスコミ等」では、

「所謂、左翼(同上)政党等共々」、

「出来の悪い右翼的な様相を露呈している、籠池氏や森友学園」等と

「安倍総理や自民党・維新の党等の議員との{関連付け}」を

「必死に行い続けている」』。

『「出来の悪い右翼等を利用して、

所謂、保守系の政党や政治家に悪いイメージを付ける事」により、

「所謂、左翼(同上)側に、良いイメージを抱かせようとする」

「実質的、情報工作~大衆誘導」が

「其処に露呈している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

保守でも、左翼でも、

政党や政治家等の良し悪しを決める」のは、

「実際に、行ったり、訴えたりしている政策や政治内実」だ』。

『「政策や政治内実で、勝負出来ない、所謂、左翼(同上)等」とは、

「日本の為の政治等<反日国悪権力者等の為になる日本の政治等」という

「実態・実体を露呈し続けて来ているモノたちでもある」』。

『「森友学園問題の実体」は

「籠池氏の経済的困窮状態脱出欲等からの政治家・行政等積極利用」と

「面倒な相手との関わり」は、

「出来るだけ遠ざけたい、政治家や、

早く終わらせたい、官僚・公務員等」の

「人間としての素直な気持ち」の

「コラボ」だろう』。

『「今後も、政治家や官僚・公務員等の側に、法的な問題等は出て来ない筈」だ』。

『「それなのに、こんな問題で、貴重な公共の電波上の時間や

公共的マスコミ上の紙面を

埋め尽くして来ている」のだから、

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等」の

「仕事というよりは、日本社会正常進行邪魔ぶり」は

「本当に、お見事!(もちろん、皮肉)」だ。

「実に、劣悪な実態が其処に在る」』。

『「テロ等準備罪」を「問題にしたり、骨抜きにしたり、廃案にしたがっている」のは、

「戦後日本の、スパイ・工作活動天国状態等」を

「維持したい者たち等」に他ならない』。

『「拉致工作からしても、明らかな様」に、

「戦後の日本社会」には、

「一般日本国民のちゃんとした人権」等が

「実質的に、無い様なモノ」だ。

「その反面、

実効のあるスパイ・工作活動等防止法や実効のある摘発体制等が無い事により、

例えば、北朝鮮等も含む反日国の工作員やその協力者等に対して」は

「不当で、過分な、工作等の実行権利や実行手段等が

与えられ続けて来ている」』。

『「そんな実態・実体」は

「既に、明らか」なのに、

「人権や戦前の治安維持法等まで、

持ち出して、

更に、

過去に三度も廃案となってしまった共謀罪の名を使用等して・・・、

テロ等準備罪を成立させる事等に対して

非常に、危険で、いけない事であるかの如きイメージ」を

「多くの視聴者に抱かせようとしていた様相だったのだから、本当に酷い」』。

『「そんな者たち」が

「主として、常連出演」というのが、

「戦後日本の所謂、左翼(同上)テレビ界の実態・実体」だ』。

『「一般日本国民の為よりも、

戦後の日本国内で

反日国悪権力者等の為の工作活動等を

連綿と行い続けて来ている者たちの為になる

論調」で

「多くの視聴者の頭の中を染め上げようとする事等」が

「未だ、容認されたまま・・・」というのが、

「現状のテレビ界の異常な実態」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民を拉致した拉致工作」の

「工作員や協力者たち」は

「その後も、

電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

有害物質・毒物・細菌・ウィルス等悪用の大気工作、

医療工作、

情報・教育工作、

政財界工作等々」を

「行い続けさせられている」・・・』。

『「それらの工作のターゲット」には、

「多くの一般日本国民も含まれている」。

「何故なら、

日本人というダケで、

粛清・排除すべき対象だったり、

有益分子化して支配し続けなければならない対象だったり、

にしている」のが

「反日国悪権力者の実態・実体だから・・・」だ』。

『「そして、そんな反日国悪権力者の意志・命令等の下」で

「戦後の日本国内」では、

「連綿と

数多くの集団的工作活動等」が

「行われ続けて来てしまっている」』。

『「何しろ、戦後~朝鮮戦争後~の日本国内」には、

日本全国各地に、

何十万~規模の

工作員化・協力者化出来る者たち」が

「居続けている状態」だ』。

『「反日国悪権力者等の強い意志や命令等を受けた

指導工作員等が、

有益分子化工作を行い、

工作員や協力者等として使い始めた後」は、

「積極的に、子造り~工作員・協力者等としての子育て等しながら、

人数まで増やし続け、

世代交代しながら、

連綿と集団的工作活動を行い続けている」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる、実態・実体」だ』。

『「もちろん、そんな状態の是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「日本の公共の電波上や、公共的マスコミ上や、

学校教育等々」が

「そのスジの人脈の者たちに牛耳られたままで良い訳などあり得ない」』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝夜番では、あの池上を使って、「劣悪、経済論」や「北朝鮮ご用達論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「テレ朝夜番流の劣悪経済論」では「現状経済システム自体の問題」等は「問わない」。

「そればかりか、インフレ時に、国民総貯蓄を煽った、それなりに、頭の良い当時の官僚等の政策実態等」は

「喧伝」しても、

「デフレ時に、貯蓄では無く、実体経済内での消費こそが実効がある事等」は

「黙殺」する』。

『「そんな、劣悪経済論が誘う日本社会の状態」は

「インチキ現状経済システム維持上での、

デフレからの脱却困難」等で、

「そんな事を望んでいる」のは、

「インチキ経済システム上で不当で過分な利権に溺れられている劣悪連中等」や

「日本がデフレ等、負のスパイラルで細ると太り易くなる反日他国の悪権力者等」と

「相場は決まっている」』。

『「今時、経済問題を論じる」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い、

自虐的にならない経済システムの実態・実体論」等とか、

「現状のインチキ経済システムから、あるべき経済システムへのソフトランディング法等」で

「あって然るべき」だ』。

『「現状の劣悪経済システム等に拘らせる自虐を続けていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「人類滅亡が近づくダケ」だ』。

『「北朝鮮ご用達論」には、

「本当に呆れた」』。

『「少し考えれば、誰でも判る事」だが、

「数十年前に北朝鮮ご用達、北朝鮮楽園宣伝ニュース等」を

「日本国内で配信していた者や機関等」とは、

「言うまでも無く、

北朝鮮ご用達の日本国内における情報配信機関」だ』。

『「もちろん、北朝鮮から、北を取り、朝鮮だけにした方が、実体により近づく」』。

『「そして、そんな朝鮮ご用達情報配信機関状態」は

「現在でも、

未だに、

続いてしまっている」』。

『「日本国内なのに!」』

『「では、どうして、

そんな朝鮮ご用達の

日本国内における

情報配信機関が

存在出来、存続出来てしまっているのか?」』

『「もちろん、異常な戦後処理故、

異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」だ』。

『「米軍等による日本の占領政策に、深く入り込めていた」のは

「日韓併合時に、日本に、大量に自主渡来していた当時の朝鮮人人脈等」だった』。

『「日本の敗戦直後、

日本の敗戦につけ込んで、

朝鮮半島内の日本人の資産・財産・立場等を火事場泥棒的に奪い、国を始めただけでは無く、

日本本土内でも、

武装放棄させられた日本人に対し、

武器を持って、乱暴狼藉を働き、

全国各地で、例えば、駅前や国道沿いの一等地等を略奪した朝鮮人の悪事」は

「絶対に、

歴史上から抹殺される事の無く

永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき

重大事」だ』。

『「そんな異常な戦後処理上の流れに沿って」、

「戦後日本の情報・教育・政財界体制等が構築されてしまった」ので

「戦後の日本国内」では、

「朝鮮系の者たちご用達、政財界、情報・教育界等々」、

「明らかに、日本本来の状態とは違う、

異質な者・物・事が巣食えてしまっている」』。

『「そして、その是正等は、未だ、ほとんど行われていない」』。

『「その中で、

終戦後程なく、

北朝鮮が、朝鮮人等を自国に帰還等させようとした事」は

「決して、間違っていない」ばかりか、

「朝鮮半島内の日本人強制帰還に顧みるなら、

韓国共々、全員強制帰還で然るべき、

ある意味での正常業」だった』。

『「しかし、北朝鮮を楽園として、宣伝等したところ」等は、

「明らかに、北朝鮮ご用達」だ』。

『「当時の約60万の在日朝鮮人の内、

約10万人程度が、

北朝鮮に戻ったりしたらしい」が

「残りの約50万人の問題や

その後の増加や仮面帰化等の問題等を言わない」のは、

「明らかに変」だ』。

『「普通の日本のラジオ・テレビ・マスコミ等」なら

「終戦当時まで、朝鮮半島内にいたほとんど全ての日本人が強制的に帰還させられた事」からも、

「終戦当時まで、日本本土内にいたほとんど全ての朝鮮人が強制的に朝鮮に帰還させられても、当然である旨」等が、

喧伝されていて然るべき」だ』。

『「その辺りの基本的大前提がちゃんとしている」なら、

「例えば、

戦後日本国内に残っている朝鮮人に対する

冷遇や差別等を喧伝する訳も無い」』。

『「本日のテレ朝夜番で紹介されていた朝鮮人冷遇事例当時」とは、

「日本国・日本国民の為に、

命がけ」で、

「かなり不利な戦場に、

赤紙徴収により、

強制的に送り込まれていた

決して少なく無い数の日本人」が、

「生き残れていても、

例えば、傷痍軍人として、

商店街等で募金を集っていた頃」だ。

「多くの日本人が、ロクな仕事や報酬とは無縁だった時代の

白米を食べられていた朝鮮人の状態」を

「差別故の冷遇等と風潮していた事」には、

「明らかな違和感がある」』。

『「北朝鮮が工作活動国家である本質を言わないのも、異常」だ』。

『「日本全国各地から、多数の日本人を拉致した、

拉致工作の裏」には、

「日本全国各地に巣食っている、北朝鮮の工作員や協力者等の問題がある」が、

「この重大問題を言わないのも異常」だ』。

『「そればかりでは無く、拉致問題解決の為に、北朝鮮への援助まで言う様になっている現状」は

「明らかに、異常」だ』。

『「援助より前にあるべき事」は

「日本全国各地に巣食っている北朝鮮の工作員や協力者の摘発」であり

「日本国内で未だに行われ続けている工作活動の撲滅である事」は

「論を待たない」』。

『「拉致問題解決の為に実効のある手段」としては、

「北朝鮮の体制転換により、

工作活動国家から脱却させる事」が

「先ず、一番に上がる」が

「それを言わない」ばかりか、

「新たな朝鮮の{戦争}等」で「脅し」、

「日本国内の工作活動問題を無い事にし続けている事」も

「異常」だ』。

『「被害の少ない直に終わる{戦争}もしくは体制転換等」と

「連綿と続けられてしまっている工作活動による大被害」を

「天秤にかけて、

大被害の方を軽く言う」のは、

「明らかに異常」だ』。

『「朝鮮ご用達の朝鮮の為の情報配信」が

「其処に露呈している」』。

『「それなのに、

そんな実態・実体については、

沈黙、もしくは、黙殺」で

「当時配信されていた情報の上辺ダケが如何にも真実であるかの如き情報配信」を

「未だに、行い続けている」とは、

「その事自体が、

朝鮮ご用達の情報配信機関の立証みたいなモノ」だ』。

『「朝鮮ご用達ラジオ・テレビ・マスコミ等」の

「裏にある」のは

「未だに、ほとんど是正されていない、していない、異常な戦後処理」に他ならない』。

『「そして、その劣悪実態」が

「未だ顕在である事を立証した一つの実例」が

「本日のテレ朝夜番」という訳だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「民進党、枝野氏と阿吽の呼吸」籠池氏、国会証人喚問・・・。

『「民進党、枝野氏とのやりとり」では、「籠池氏が、まるで、その質問をされる事が、既に分かっているかの如き状態、

正に、阿吽の呼吸状態」で、

「ポンポンと、

質問と証言」が

「繰り返されていた」。

「他の議員の時」とは、

「明らかに違うリズムや雰囲気」だった』。

『「その辺り」にこそ、

「{籠池劇場}の本質がある」と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「本日の籠池氏の証言内容から判明した事」は

「幼稚園経営で困窮状態の籠池氏」に

「小学校設立の経済的ゆとり等は無かった事」だ』。

『「経済面」から

「露呈した事」は

「経営的に上手く行っていない幼稚園ダケでは、

経済的苦境を脱する事が困難な籠池氏」が

「小学校経営にまで手を伸ばす事」で

「経済的苦境を脱しようとした事」等になる』。

『「何としても、

小学校経営を始め、

何としても、

小学校経営で十二分に儲けなければ、

経済的苦境が脱せない様相」等が

「其処に、露呈」していた』。

『「保守系で知名度の高い政治家である安倍晋三、名{利用}」や

「何人かの保守系の政治家利用」も

「その目的に沿ったモノ」と

「考えるなら、非常に合理的になる」』。

『「今時、

単に、

籠池氏が自ら持っている、

思想信条等を広めたい、

思想信条を元にした教育等を行いたいダケ」なら

「其れこそ、ネット利用で、お金をかけずに・・・でも、

十分に可能」だ。

「幼稚園経営や小学校経営等の

大きな経済が動く実業に手を伸ばす裏」には、

「相応の経済的目的等もあるのが普通」だろう』。

『「そして、籠池氏の幼稚園」は、

「儲かっていなかったばかりか、困窮状態だった・・・」。

「その先に出て来たのが、小学校設立だった・・・」』。

『「そんな裏の実態・実体」を

「真正直に、表の顔にする事」は

「籠池氏に限らず、誰もが避けたがる事」だろう。

「そればかりか、

現状の人間社会では、

出来る事なら、永遠に無い事等にしたがる人々も多い」かも知れない』。

『「都合良く、小学校が設立出来、

都合良く、寄付金や生徒や授業料等が集まり、

小学校経営が順調に行える様になっていた」なら、

「上記の様な経済的内実が露呈させられる事も無かった」かも知れない』。

『「しかし、

実際は、

かなり無理をしたからか、

小学校設立自体が

既に、破綻状態」だ』。

『「残された道」は

「新たなスポンサー探し等」というのが

「ありがちなパターン」になる』。

『「元々、森友学園問題」を

「反与党政争の具」として

「利用していた野党やお仲間テレビ・マスコミ等人脈等」には、

「森友学園騒動の中」で、

「与党や安倍政権等に対する{必殺弾}を

つくり出し、

撃ちたい欲動等がある筈」だ』。

『「籠池氏が破綻を避ける為のスポンサーが誕生する土壌等」は

「その辺りにも、ある事になる」』。

『「本日の証人喚問」で

「圧倒的に雰囲気が違っていた」のは、

「民進党、枝野氏と籠池氏」の

「阿吽の呼吸のやりとり」だった』。

『「元々、政治家利用等の{工作}等も積極的に行っている様相の籠池氏」と

「工作活動国家人脈等とも馴染みが深い様相の野党議員等」の

「波長は、合い易い」のだろう』。

『「裏に、

トントン拍子の話し合い等があっても、

何の不思議も無い様相」さえも・・・』。

『「枝野・籠池阿吽の呼吸証人喚問時」に

「放たれた」

「安倍総理夫人がらみの、安倍政権等に対する{必殺弾}」が、

「籠池氏による、総理夫人への依頼」と

「総理夫人の秘書官による官僚への問い合わせ」という訳だ』。

『「総理夫人の意向を総理の意向等と忖度した官僚等」が、

「籠池氏の為に都合の良い状態等を生み出したニュアンス」等により、

「総理夫人や総理が森友学園問題に強く関わっていたイメージ」を

「大衆の中に生み出させる事が出来れば、

{必殺弾}命中~炸裂」という「筋書き」なのだろう』。

『「ところが、

総理夫人付きの秘書官が籠池氏にした返答」は、

「何故か?既に、公開状態」の

「ファックスによる{ゼロ回答}」だった』。

『「其処で、野党側の多く」は、

「総理夫人の秘書官」が

「官僚等に問い合わせをした事自体」を

「大問題化したがっている様相」だ』。 

『「今後も、

野党の一部」は、

「他の人に対する参考人招致や証人喚問等々」で

「仕込み、放った様相の、{必殺弾}」を

「命中~炸裂させるべく

アレコレ策を巡らす」だろう』。

『「野党やお仲間マスコミ等」は

「他にも、

100万円の寄付も、

{必殺弾}にしたい様相」だが

「こちらは、

言った・・・、言わない・・・、の

水掛け論状態」だ。

「そればかりか、

不自然な振込み票からも、

籠池氏側の安倍晋三、名利用欲等の臭い」が

「多くの人の中で、充満して来る始末」だから、

「こちらは、

既に、

不発、もしくは、自爆状態」だ』。

『「どの{必殺弾}にも、

もし、

{必殺弾}命中~炸裂状態となった」なら

「成功報酬」で

「経済的苦境から解放・・・」等の

「裏取引きの臭い」が

「既に、

チラホラ・・・」と

「漂っている」が・・・』。

『「果たして、

森友学園問題の真実は?」等も

「少々は、考えるべき事かも知れない」が、

「多くの日本国民」は、

「こんな問題」で、

「国会や

公共の電波上や

公共的マスコミ上」の

「貴重な時間や紙面等を埋め尽くしている事」の

「実害」という「大問題」を

「真剣に考えるべき」だ』。

『「日本社会で

混乱や騒動等を起こし、

その処理に貴重な時間やエネルギー等を費やさせ、

日本に、

本来なら、不要な、負担等を与える、

反日工作」を

「好む」のは、

「反日国等の悪権力者やその手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「森友学園問題を徹底的に掘り下げる事」で

「その辺りまで、露呈させ、排除等する」なら

「今の、騒動等も、相応に、有意義になる」が』。

|

世界の長者番付けや幸福度ランキング等が発表されたが・・・。

『「一人で、何兆円もの資産・財産等を保持していても、地球生命体細胞群の存続~永続に対し、ロクな貢献実効等は無い」ばかりか、

「むしろ、害悪の方が大きくなる」。

「それなのに、未だに、テレビ・マスコミ等」では、

「長者賛美情報」等を

「積極的に配信」し

「多くの視聴者・読者等の中」に、

「金権至上主義等を醸成させている状態」なのだから、

「本当に劣悪」だ』。

『「今時なのに、そんな劣悪な事をし続けている」なら、

「人類滅亡の時」を

「急速に近づけてしまうダケなのに!」』

『「幸福度ランキングもバカげている」。

「何しろ、幸福とは何か?さえ問われていない」から

「例え、内実が自虐でも幸福と思える感じ等を保持出来ている人々の割合調査みたいな事になっている」』。

『「俗に言われている、幸福」は、

「例えば、宗教やお金や者・・・事等への依存度が高い人々」が、

「依存しているモノを必要十分に得られている」なら

「自分は幸福だ」等と

「言えてしまっている実態・実体」からも、

「本質的幸福とは全くの別モノである事」は

「明らか」だ』。

『「本質的には自虐であっても、幸福感等が得られてしまう事」は、

「例えば、ヤク等の使用者・中毒者等からも明らか」だから、

「幸福を問う」なら

「本質的に自虐とはならない真の幸福を問わなければ意味が無い」』。

『「お金等の配分問題等とも大いに関わりがある

人類の精神構造や精神文化の大問題」が

「其処に在る」が、

「せっかく、大問題を考えるキッカケとなるニュース等が出て来ても、

シラ~ッと、まるで、何も関係無いかの如く、

大金持ち等を賛美し、憧れ、憧れさせ、

幸福の内実は問わず・・・」では、

「今時の、情報配信機関等の仕事として、

余りにも、劣悪過ぎる」』。

『「せっかくの公共の電波も、

せっかくの公共的マスコミ等も、

全く、生きていない、ばかりか、

無駄に使われている状態」だ』。

『「そんな劣悪な仕事???しか出来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「そんな事をし続けているなら、

類滅亡の時が急速に迫って来るダケ」だ』。

『「個人が国家予算並みに資産・財産等を保持出来てしまう

現状の経済・社会システムの異常性」は、

「其れこそ、何処の誰でも、良く判る筈」だ。

「現状の経済・社会システム故に、

その裏では、本当に数多くの人々が、

貧困・困窮状態に追いやられている」。

「現状の経済システム上の格差とは、言うまでも無く、相対的なモノ」だから、

「大金持ちをつくれば、貧乏も生まれる」』。

『「貧困・困窮状態に追いやられている多数派の人々」に

「正常是正欲動」を

「起こさせない為」には、

「現状の経済・社会システム故」に

「過剰・過分な資産・財産・権力等を保持出来てしまっている個人等に

憧れさせ、

●●ドリーム等のインチキ出世物語等により、

努力やツキや同類のお仲間の応援等で、

誰にでも、超大金持ちや超大権持ち等のチャンスがある等と

思い込ませる事」等が

「合理的になる」』。

『「もちろん、そんなロジックで、多くの人々が動く」なら

「実人間世界」に、

「格差是正や、世界平和等が生まれる訳も無く、

テロ・戦乱・戦争等が無くなる訳も無い」。

「つまり、その道が、自虐的である事」は

「もう、既に、はっきりしている」』。

『「今時の全人類に必要なモノ」は、

「人類誰もの広義の自分も含む自分に対する自虐行動等を起こさない・起こさせない為に

有効な情報・教育等」だ』。

『「多くの人類の精神構造が健常成長する」なら、

「実に、バカげている超大金持ちや超大権持ち等を望む病気状態の者」は

「正しく、病人として扱われる」と「共」に、

「民主主義上なら、当たり前の格差是正等が現実のモノとなる」』。

『「ヤク中毒者や

者・物・事等依存者等」が

「抱けている、幸福感等」も

「正しく、病的な事、もしくは、病気として認識」され、

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の本来の目的との整合性が高い状態」を

「実体現出来ている事等による

内実との齟齬の無い幸福感等」が

「しばしば、多くの人々の中で、生まれ易くなる」』。

『「現状の余りにも、下劣な情報・教育等を続ける道の上には、

荒れ果てる地球が在り、

人類滅亡が在る」が

「情報・教育等を正常化・健常化する」なら

「地球環境は改善され、

地球生命体細胞群の存続~永続という実現可能な永遠の命も得られる事になる」。

「その差は、絶大」だ』。

『「下劣な仕事???しか出来ていない者たち」は

「過分な、立場・報酬・権力等を返上するべき」だ。

「それが、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事を防ぐ、

唯一無二の道」に他ならない』。

『「何れにしても、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「朴元大統領の事情聴取がトップニュース」&「テロ等準備罪にはネガティブ論調」等という何処の国のテレビ番組か???状態では・・・。

『「北朝鮮等の臭いが濃厚に漂って来るテレビ番組が未だ多い」。「以前から、ずっと、同じ人脈の者たちによる」のだから

「当然と言えば、当然」だ。

「其処では、

北朝鮮労働党等のお友達、

旧社会党系の人脈の者たち」等が

「実権の多くを保持し続けて来ている」・・・』。

『「昨今、現状の日本の多くのテレビ・マスコミ等」が

「大きく扱っている事件」は

「金正男暗殺事件」にしても、

「韓国大統領弾劾~事情聴取等」にしても、

「小池都知事による五輪・豊洲等ちゃぶ台返し問題つくり等々」にしても、

「森友学園問題」にしても、

「皆、親朝鮮系人脈等の臭いが濃厚に漂っているモノ」だ』。

『「それを、親朝鮮系人脈等の臭いが濃厚な、

現状の日本のテレビ・マスコミ等が大々的に取り上げ、

多くの日本国民等の興味をそれらの問題等に惹き付けさせ続けようとして来ている」』。

『「親朝鮮系人脈等の臭いが濃厚なモノに興味を持たせる事」の

「実効」は

「親朝鮮系等の臭いが濃厚なモノへの依存心等を育成させる事等」でもある』。

『「そんな情報配信のメリットを受け易くなる」のが

「親朝鮮系人脈等の臭いが濃厚な、

所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)系の人脈や野党等」という訳だ』。

『「戦後日本の親朝鮮系人脈等の臭いが濃厚な情報・教育等に、

動かされてしまった人々」は

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、日本を否定し易くなる」。

「何故なら、

戦後日本の親朝鮮系人脈等の多く」は、

「反日本国・反日本人でもあるから」だ』。

『「日本を親朝鮮系人脈等が

支配する事こそが正しい」等と

「信じ込んでいる者たちも数多い」』。

『「其処には、

比べっこによる

他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配」という

「乳幼レベルの精神構造が露呈している」』。

『「もちろん、今時の成人」なら

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を基にした探究

&広義も狭義も含む自分健常支配の継続こそ」が

「自らの精神構造の常識」になる』。

『「反日左翼(同上)マインドコントロールに毒される」と

「日本の保守等を悪いモノとして処理し易くなる」』。

『「共謀罪等事前摘発を可能とする法の無い先進国は、日本ダケ」だが、

「その裏にある」のは

「共謀罪等が在ると、

摘発される事になる

戦後日本社会に巣食い続けて来ている劣悪集団」だ』。

『「例えば、

北朝鮮悪権力者等の指令の下で

日本国内で集団的工作活動等を

連綿と続けて来ている人脈の者たちや、

その有益分子化されてしまった協力者たち」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民が拉致された裏」にも

「その人脈の工作員や協力者等がある」』。

『「拉致工作以降も、

電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

医療工作、

情報・教育工作、

政財界工作、

日本乗っ取り支配の為のそのスジの人脈子沢山&日本人少子高齢化工作、

そのスジの人脈にとっての有益分子化工作&不適応分子粛清工作」等々を

「世代交代しながら、

連綿と続けて来ている」』。

『「そんな、集団の存在」が

「戦後の日本社会や

多くの日本人の生活等を

大きく歪め続けて来ている」』。

『「テロ等準備罪に反対している者たち」は、

「そのスジの人脈の者たち等」と

「大きく重なっている場合が多い」』。

『「普通の先進国の民や、

日本国民や、

日本の政党や議員等やテレビ・マスコミ人等」なら

「先進国で唯一、

共謀罪等、事前摘発を可能とする法整備がされていない

日本国の重大問題」を

「そのままに出来る訳も無い」』。

『「その重大問題訴える事」や

「より良い具体的な法整備等を訴える事」等は

「あって」も、

「共謀罪やテロ等準備罪等に対する、

悪戯な、反対運動や、ネガティブキャンペーン等」を

「行う訳も無い」』。

『「そればかりでは無く、

情報・教育工作等」により、

「保守はダメ」で

「左翼、革新等が良い」等の

「イメージ付け」や

「大衆誘導等を行う訳も無い」』。

『「もちろん、

重要なのは、上辺の言葉や表現では無い」。

「内実」だ』。

『「保守を日本」に

「左翼、革新等を、

内実通りに、親朝鮮・親中国共産党等」に

「置き換える」なら、

「ほとんど全ての視聴者・読者・生徒等」も

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ・政党・政治家・教師」等に、

「騙されたり、操られたりする事も無くなる」』。

『「逆に、騙し、都合良く操ろう等とする悪者たち等」は

「上辺」は、

「如何にも、優等生」や

「如何にも、紳士的」や

「如何にも、正義」等々を

「演じる」』。

『「その裏」では、

「操る者は優秀で、

操られるのは、操られるべきバカ等」の

「自己正当化の思い等に現実逃避している」』。

『「ネット普及以降~昨今では、

反日親朝鮮・親中国共産党等の者たち」が

「日本や日本人や日本の政党や政治家や日本系の情報・教育等に悪いイメージを付け、

多くの視聴者・読者・生徒等が

それに毒されてしまった場合」でも、

「反日親朝鮮・親中国共産党系の政党や政治家等を支持したり、

貴重な一票を投じたりする

自虐行動等を起こしてしまう事」は

「かなり減って来ている」』。

『「それだけ、ネット普及により、

実質的、情報統制状態が壊された事の価値は大きい事になる」が、

「未だ、大テレビ局・大ラジオ局・大マスコミ・学校教育等々」は

「そのスジの人脈の独壇場状態」だ』。

『「もちろん、そんな状態の是正」は「急務」だ』。

『「テロ等準備罪の邪魔をして、

現状のスパイ・工作活動等天国状態を維持する事による

危険やデメリット」と

「テロ等準備罪がある事の危険やデメリット」の

「どちらがより大きいのか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「集団的工作活動等」は

「現在、既にある甚大な問題であり、甚大な危険」だ。

「現状まででも、

多くの日本国民が知らず知らずの内に受けてしまっているデメリット等は甚大」だ』。

『「共謀罪やスパイ・工作活動防止法等があった」なら、

「拉致等の工作活動」も

「かなり防げて来れた筈」だ』。

『「テロ等準備罪に反対している者たち」は

「どの様なスパイ・工作活動等対策を訴えているのか???」

「対策無しや実効の無い対策を望む」のは、

「スパイ・工作活動やテロ等」を

「行っている、行おうとしている者たち」になる』。

『「女性工作員(?)が素手で塗れたVXによる金正男暗殺事件から」も、

「この問題の深刻さ等は明らか」だろう』。

『「どんなに人数が多くても、

実際に、集団的工作活動等を行い続けて来ている者たち」は

「全員、摘発し、罪を問い、厳罰を与えるべき」だ。

「何故なら、

今まででも、既に、

集団的工作活動等により、

本来の人生を大きく捻じ曲げられている、

場合によっては、

殺傷やマインドコントロール等されている、

日本国民の数やその被害・損害等は、甚大だから」だ。

「拉致は、氷山の一角に過ぎ無い」』。

『「反日他国のご用達情報配信機関等と化している

日本の公共の電波を使ったテレビ・ラジオ局」や

「日本の公共的マスコミ等」など

「要る訳も無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「豊洲風評被害の元たち」が正義ぶって、石原元都知事等を責めているが・・・。

『「散々、放射能潔癖症煽りや安全潔癖症煽り」等々を「続けて来ている」のが「所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)のテレビ・マスコミ等」だ。

「そして、そんな所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等に毒されてしまった視聴者・読者等」や

「元々、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等のお仲間たち」が

「放射能潔癖症原理主義者」や

「安全潔癖症原理主義者」等の「状態」を、

「露呈」し

「本来なら、滞り無く進んでいても、

実として

何の問題も無い事態や政策等」を

「滞らせたり、

遅らせたり、

酷い場合には、中止等の状態に追い込んだり・・・し続けて来ている」』。

『「日本の社会整備や政治等」を

「混乱させたり、滞らせたり等々して、喜んだり、満足出来たりする」のは、

「何処のどんな人脈の者たちか?」等は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「それは、

日本のデメリットの裏で、

何処のどんな者たちにメリットが生じるのか?」等を

「考えるなら、誰もが直に分る事」だ』。

『「戦後日本社会における、

所謂、左翼(同上)の人脈等による

政治運動や、大衆マインドコントロール等による

実害」は

「多大」だ』。

『「更に、その先」には、

「反日他国人脈やその協力者等による工作活動等まで付いている」・・・』。

『「拉致工作実行者や協力者等」は

「その後も、北朝鮮悪権力者等の支持・意向等の下」で

「日本国内で、数多くの工作活動を行い続けて来ている」』。

『「電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

医療工作、

情報・教育工作、

政財界工作、

日本乗っ取り支配の為のそのスジの者たち子沢山&日本人少子高齢化工作」等々、

「戦後日本社会の中で連綿と行われ続けて来てしまっている

迷惑極まりない、不健常な工作活動等の排除抜き」には、

「健常な日本社会も無ければ、人類の長い未来も、在り得ない」』。

『「それなのに、

未だに、

日本の公共の電波や

日本の公共的マスコミ等」が

「そのスジの人脈に実効支配され続けている状態」だ。

「この不健常事態の是正」は

「本当に急務」だ』。

『「築地~豊洲移転問題」の

「実態・実体」は

「既に、ずっと前から、はっきりしている」』。

『「独裁者でも無い知事」が、

「全てを決める・決められる訳など無い」。

「都庁職員も、知事・副知事等も、当時の議員」も、

「皆が、相応に知恵を出し、

多くの人々が、相応に納得出来た結論」が

「豊洲への移転しか無い・・・」だった。

「だから、例えば、当時の議員も、予算等を承認した」』。

『「それを、無理やりちゃぶ台返しして、

正義ぶり、

自身をより大きな存在に見せる為等に悪用している」のが

「テレビ上がりの小池都知事」であり、

「そんな小池都知事の応援をし続ける事で、

政権交代等を実現させようとする

政治運動等までをも、行い続けている」のが

「現状では、日本の公共の電波を使っている・使えている、

多くのテレビ・ラジオ等であり、

現状の日本の、多くの公共的マスコミ」の

「実態・実体」だ』。

『「其処に在る」のは、

「所謂、左翼(同上)等の人脈」だ。

「{出来の悪い右翼}等も、同じ人脈である場合が多い」』。

『「昨今」の、

「小池劇場」も

「籠池劇場」も

「実質的には、同じ人脈の者たちによる、

日本国内での騒動つくり~反与党政治運動等」に他ならない』。

『「言うまでも無く、

豊洲で、誰も使わない地下水に清水を求める必要は全く無い」。

「使わない地下水として、安全にコントロールされていれば必要十分」だ。

「地下水モニタリング等の処置は、その為の処置に他ならない」。

「其れを、安全潔癖症煽りの具として悪用し続け、

多くの人々に不必要な不安を抱かせ、

風評被害をつくり出して来ている」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「そして、そのつくり出されている安全潔癖症心理や、

風評被害当」を

「自らの求心力アップ等の為に利用しようとし続けて来ている」のが

「小池都知事」の「実態・実体」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが分る事」だ。

「誰も使わない、豊洲の地下水が問題にされる」のなら、

「其れこそ、全ての場所の下水が問題にされて然るべき」だ。

「何故なら、どちらも、

実際に問題化する可能性があるのは、

災害時等、極限られた場合」で、

「災害時等に、

混ざったり、拡散・飛散等する可能性は、

同様だから」だ』。

『「移転反対派の方々が、築地に愛着等があり、移転反対等している」なら

「解る」。

「しかし、反与党等政治運動等の為に反対等している」なら

「賛同する人々等が、限られる事になる」のは、

「当然の話し」だ。

「多くの人々は、移転反対運動の内実も感じている」』。

『「小池都知事」が、

「豊洲移転を先延ばしし過ぎたり、

移転を中止する」なら

「責任が問われて然るべき」だ』。

『「現状でも、現状までの不要な混乱に対する責任はかなり大きい」』。

『「小池都知事と同様の責任」は、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等にもある」』。

『「何時でも、何処の局でも、

同様の顔、同様の論ばかり・・・が主流」という

「異常事態」は

「即刻にでも、是正する、させられる」のが

「当然」だ。

「是正理由」は、

「散々、日本社会に不利益を与え続けて来ている責任故等」で

「十二分」だろう』。

『「何れにしても、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「インチキ多様性論」や「所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)ご用達の公文書保管・公開論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「何時もの常連出演者等が、体調不良等で欠席でも、出て来る代わりが、現状テレビ界常連出演者の一人」で、

「語る論等も、同様」の、

「所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)ご用達論等」では、

「本当にお話しにならない」』。

『「例えば、該当常連出演者」は

「グローバル化」等が

「多様性をもたらす旨等喧伝していた」が

「もちろん、其れは、インチキ論」だ』。

『「グローバル化」は

「ある種の巨大化ではあるが、

単一化でもあり、

実際は、多様性を壊す」』。

『「巨大化による構築度アップ」と

「単一化による構築度ダウン」の

「どちらが優るのか?」を

「具現化している」のが

「格差増大等であり、

昨今、世界各地で起こされてしまっているテロや無差別殺傷等々」だ』。

『「企業経済等の巨大化による単一化」は、

「必然的に、旧来のその国の中の仕事・社会等の体制」を

「単純化させる」。

「それと共」に

「低賃金労働者を求め、格差増大をもたらす」』。

『「単純化~格差増大」により、

「金権支配度は上がる」。

「国境線が低くなれば、低くなる程、

国の力が減り、相対的に、お金の力が強くなる」』。

『「単一化されると、

利権も少数極一部の者たち」等に

「集中し易くなる」』。

『「多くの人々」は、

「金権劣者状態に追いやられる」』。

『「金権劣者状態等の多くの人々」が、

「抱えさせられる内在ストレス等」は

「どんどん増大する」』。

『「増大した内在ストレス等」は、

「現状脱出欲動を誘い、時に暴発させる」』。

『「暴発すれば、テロや無差別殺傷等となる」。

「多くの人々の現状脱出欲動の高まり」は、

「グローバル化の流れに沿った政治・社会運営等をして来た

現状までの政権に対する

ダメ出し」として「具現化される」』。

『「其処に露呈している実態・実体」は

「グローバル化、巨大化による構築度アップ効果」より、

「単一化による構築度ダウン効果」の「方」が

「大きい事に他ならない」』。

『「つまり、人間世界」は

「グローバル化によって、実質的に、崩壊させられている」』。

『「人間も含む生物の基本欲動」は、

「存続」だ。

「人類存続の為」には、

「人間世界の崩壊を防きながら、

時間経過による物理崩壊にも耐えられる様に、

構築度をアップし続ける必要がある」』。

『「昨今」の

「テロ・無差別殺傷等の頻発」や、

「所謂、右傾化の流れ」は

「ある種の警鐘や必然」であり、

「相応のバックグランドが在る」』。

『「構築度の法則」としては、

「巨大化」の「後」は

「多数化」だ』。

『「所謂、保守や自国第一主義の流れ」は

「多数化にも繋がる」。

「しかし、元々は、各国ごとに、ある意味では、多数化していたモノ」が

「巨大化しようとして、

グローバル化の流れが起きた」のが「実態」だ。

「構築度の法則からすれば、

実は、其れこそが、大きな間違い」になる』。

『「多数化の後、更に、構築度を上げる為に必要になる」のは

「巨大化では無い」。

「多種多様化であり、共存状態の構築」だ』。

『「グローバル化による巨大化~単一化の流れ」は

「自然の法則である構築度の法則に叛いている」から

「失敗に終わる」』。

『「そんな実感を、

意識の有無を問わず、

抱いている多くの人々」は、

「とりあえずは、少し、後戻りして、

体制を立て直そうとする、

保守化や自国第一主義等の流れを

其れこそ、自然と、生み出している」』。

『「此処で、肝要な事」は

「多種多様化であり、共存化の流れをちゃんと起こす事」だ。

「その為の情報・教育は極めて重要」だ』。

『「それなのに、劣悪な常連出演者等」は、

「未だに、グローバル化はリベラリズム等こそが、正解であるかの如き、インチキ論」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」』。

『「もちろん、そんな劣悪論に多くの視聴者等の頭の中が染められてしまう」と

「人類滅亡の日がどんどん迫って来る事になってしまう」のだから、

「劣悪者たちを一刻も早く、公共の電波上から排除する事等」は

「本当に、急務」だ』。

『「日本の公文書の保管論・公開論」も

「酷かった」』。

『「十分な実効を持つ、スパイ・工作活動等防止法&摘発体制等が無い

戦後の日本」では、

「下手な保存より、保存無し」であり

「下手な公開より、公開無し」こそが、

「例えば、反日国等から、日本国や多くの日本国民を守る為の実効のある手段になってしまっている」』。

『「保存・公開問題を言う前」には、

「実効のあるスパイ・工作活動等防止法&防止体制等の整備等が言われて然るべき」だ』。

『「ところが、スパイ・工作活動側の者たち等」は

「それを無い事にしたまま、

何でも保存&徹底公開等」を

「さも正義であるかの如く、風潮したがる」』。

『「日本を丸裸にする究極のスパイ・工作活動」が

「其処」に

「露呈」している』。

『「多くの、所謂、左翼(同上)の者たち」は、

「所謂、左翼(同上)の者たちにとって、都合の悪い者や政党や企業・組織等々」に対し、

「保守、極右、もしくは、時代遅れ、悪い等々」の

「多くの人々が避けたくなるイメージ付け」を

「行いたがる」』。

『「そればかりでは無く、

決して、少なく無い数の者たち」が

「所謂、左翼(同上)にとって、都合の悪い者・物・事等の

邪魔や粛清工作等まで行っている」』。

『「更に、所謂、左翼(同上)にとっての有益分子化工作等」も

「行っている」』。

『「其処に露呈している実態・実体」は

「工作活動等さえ厭わない、

極左や、

偏向溢れる血統民族主義者等」に他ならない』。

『「そんな実態・実体を誤魔化し続ける為」に

「所謂、左翼(同上)では無い者・物・事等を貶める工作を行い続けて来ている」』。

『「其処に露呈している」のは

「泥棒が逃げる時に、無垢の別の人を指差して、!あいつが泥棒です!}等と叫ぶ、

何処かの反日国等の精神文化」だ』。

『「それは、そんな精神文化を抱きしめている人脈の問題でもある」』。

『「もちろん、そんな精神文化が、21世紀の日本に馴染む訳も無い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮問題が結構キナ臭いが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、北朝鮮問題は、対話では解決出来得無い」。

「それは、既に、過去が実証している」。

「元々、北朝鮮が核を持つ前に、対話以外の手段により解決すべきであった事」を

「今更、対話したところで、北朝鮮の時間稼ぎ&軍備増大等にしかならない事」は

「もはや、世界常識レベルの事」だ。

「それでは、今後は、どうなるのか?」』

『「今、米中の間」では、

「金正恩体制排除後の北朝鮮の体制について、

最終的な詰めが行われている筈」だ。

「もちろん、軍事的手段による排除後」だ』。

『「韓国と日本は、軍事的手段には、否定的」と

「強く推定出来る」が

「クリントン政権時に、韓国の意向を強く反映し過ぎた結果が、現状でもある」という

「実態・実体」からも、

「もはや、韓国や日本の意向は、二の次、三の次状態になっている」』。

『「現状では、米中の合意が成立した」なら

「軍事的手段による北朝鮮現体制の排除」が

「実現する可能性絶大」だ』。

『「今、米国は、中国共産党に強く問うている筈」だ。

「話し合いと言う」なら、

「中国共産党と北朝鮮の話し合いで、

朝鮮半島の非核化等を実現してみろ!」等と・・・。

「それが出来ない、それを実現出来無い」のなら、

「米韓等による北朝鮮金正恩排除作戦等に目をつぶれ!」等と・・・。

・・・「中国共産党による、妥協点」は

「もはや、明白」だ』。

『「中国国内が戦火に見舞われない事」と

「金正恩体制の排除後」は、

「例えば、キムハンソル体制等、親中国共産党体制となる体制にする事」だ』。

『「北朝鮮問題」では、

「北朝鮮の工作活動汚染度が高い、

韓国や日本の意向等」は

「もはや、二の次、三の次にせざるを得ない状況は、

ずっと前から、

既にある」』。

『「米中合意が双方納得レベルにまで綿密に組み上げられた時、

朝鮮半島内には、

来るべき時が来る事になる」』。

『「戦後、北朝鮮等による工作活動等の{チリ}に埋め尽くされ続けて来ている日本」は、

「金正恩や北朝鮮国家元首たち等排除の為の、短い軍事行動等の余波を受け、

一時的に、更なる{チリ}に見舞われる」が

「その後、不死鳥の如く復活し、

日本本来の状態を取り戻し、

大いに輝く事になる」』。

|

出来の悪い保守的様相を露呈している籠池氏や森友学園等を利用した、反与党政治運動を行い続けている、所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)系野党・テレビ・マスコミ等問題・・・。

『「健常な野党やテレビ・マスコミ等」なら「与党等より良い政治・政策等を訴える手段」の「政治運動等」を「行う」。

「ところが、例えば、元々が反日国や反日国人脈等の為の政治・政策等」を

「日本で、行おうとしている者たち等」なら、

「与党より日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等」を

「訴える事」は

「当然、困難になる」』。

『「政治・政策論争」では「無く」、

「問題つくり」や、

「難癖付け等」で

「国会や、公共の電波や、公共的マスコミ上」の

「貴重な時間や紙面等」を

「埋め尽くして来ている者たち」の

「実体」は

「既に、バレバレ状態」だ』。

『「つくり出された問題」の「臭いが濃厚」な

「森友学園問題」では、

「今度は、籠池氏が、安倍総理から100万円の寄付を貰った旨、喧伝している」。

「もちろん、例え、その様な実態があったとしても、何の違法性も無い」が

「所謂、左翼(親朝鮮・親中国共産党等)系野党・テレビ・マスコミ等」は

「出来の悪い右翼的な森友学園や籠池氏等」と

「安倍総理や総理夫人や与党自民党等」に

「濃厚な繋がりがある印象」を

「多くの有権者・視聴者・読者等」に

「植え付けようとし続けている」』。

『「与党イメージを悪くする事による、野党や新党等の為の政治運動」が

「其処にある」』。

『「そんな政治運動」を

「国会や公共の電波上や公共的マスコミ上等」で

「繰り広げ続けて来ている」のが

「戦後日本国内の、所謂、左翼(同上)系人脈」だ』。

『「その実態・実体」は「本当に劣悪であり、醜悪」だ』。

『「安倍総理が否定している100万円の寄付」を

「籠池氏」が「喧伝した」のは

「籠池氏流の、学校設立方法に対する、自己正当化の為」と

「強く推定出来る」』。

『「それを、所謂、左翼(同上)系の野党やテレビ・マスコミ等」が

「反与党政治運動の為に利用しようとしている悪態」が

「露呈」している』。

『「多くのテレビ・マスコミ等では、官僚・公務員等」の

「忖度」を

「大宣伝」している。

「忖度の理由」として、

「安倍総理と森友学園の繋がり」を

「喧伝している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

官僚・公務員等に

忖度の義務は無い」』。

『「そればかりか、

下手な忖度をするなら、

今回の様な大問題化される危険性さえ大きい」』。

『「今時の、普通以上の官僚・公務員等」なら

「忖度で、許認可業務等を歪める事は、先ず、無い」』。

『「かなり規制緩和されている現状」では、

「官僚・公務員等が、許認可等の業務を行う時」には

「政治家に対する忖度等よりも、

保身や出世等の実利欲が優先されている場合が多い」。

「忖度理由で、内実が誤魔化せたり、責任回避等が出来る」なら

「忖度理由盾を使う体質の官僚・公務員等は、未だ、多い」が・・・』。

『「森友学園、小学校設立問題」とは

「所謂、保守系の思想信条等を持つ私学小学校の設立問題」でもある。

「憲法で、思想信条の自由が保障されている日本国」では

「左翼、革新系の学校が良く」て

「右翼、保守系の学校はダメ」等の

「差別は出来得無い」』。

『「差別を行うなら、其れこそ、担当、官僚・公務員等の責任問題になる」。

「差別していない状況を明らかにする為」には

「必要書類・必要基準上問題が無ければ、設立を認可する必要がある」』。

『「必要書類・必要基準クリアー等に対して、

非協力的なら、

それも、ウルサク突かれる理由になってしまう」』。

『「期間限定のドタバタ劇の中」で

「自らに突っ込みどころを残さない為」には

「ウルサイ設立希望者に対しては、相応に協力し、

とっとと、予定通りに、

学校を設立させてやった方」が

「仕事は楽になり、突っ込まれどころも少なくなる」等と

「考え・思う、官僚・公務員等」は

「決して、少なく無い」』。

『「今回の場合、圧倒的に違っていた」のは

「所謂、左翼(同上)系の野党やテレビ・マスコミ等」が、

「保守系、森友学園、小学校設立」を

「大々的に、問題化」し、

「反政権・反与党政治運動の為の道具にした事」だ』。

『「もちろん、その裏」には、

「所謂、左翼(同上)系の政党やテレビ・マスコミ等に対する」、

「所謂、左翼(同上)系官僚・公務員等」からの

「{道具として使える材料があるゾ~!}情報提供等」が

「あった事等」は

「想像に難く無い」』。

『「日本の政権や政治・政策等」を

「より、日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策等の訴え等では無く、

問題つくり~問題と総理・与党等との繋がりイメージつくり~その大宣伝~民心の与党離れによる野党側得等」の

「工作的手段」で、

「停滞~破壊~変更~等しようとし続けて来ている者たち」には

「例えば、北朝鮮の様な臭い」が

「纏わり付いている」・・・』。

『「工作活動国家、北朝鮮の窮状」と

「韓国政権転覆交代」や

「日本国内での政財界・情報/教育界工作も含む数々の工作活動等の

無理やり、旺盛化」には

「綿密な繋がりがある」と

「感じている方々も多い筈」だ』。

『「国会や公共の電波上や公共的マスコミ上に溢れている不健常な無駄の多く」は

「無駄を生み出している者たち故」で

「其処には、明らかに、人脈の問題がある」』。

『「籠池氏等に対する証人喚問がきっかけとなり、

その辺りの人脈問題や

工作活動問題等々も

露呈させられる」なら

「多くの日本国民にとっても、

今回の騒動が無駄や迷惑等ダケでは無くなる事になる」』。

『「政界」は

「有権者がマインドコントロール等されていない限り、

選挙による正常化・健常化が可能」だ。

「しかし、テレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「選挙も無い」。

「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

籠池劇場、新たな仕込み、「ノンフィクション作家」まで使って、公共の電波上で、反保守政党・政治家運動等を続けている、所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)系テレビ等問題・・・。

『「ノンフィクション{作家}」と「聞いて、歴史捏造文化等を想起させられた方々」も「結構、多い筈」だ。

「ノンフィクション」を「作る者」に

「実体や事実・現実等の原寸大報道・情報配信等」は

「望み得ない」』。

『「籠池氏のご長男ご用達」となれば、

「籠池氏のご長男等にとって都合の良い、ノンフィクション」を

「つくり出す為に起用されている」のが

「ノンフィクション{作家}」の

「実体」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、そんなノンフィクション」は

「個人レベルでつくり出せる事では無い」から

「ノンフィクション{作家}の裏」には

「ノンフィクションをつくり出す為の組織・集団等が在る」と

「強く推定出来る」。

「その構図」は

「歴史捏造国家等」と

「基本的に、同じ」だ』。

『「つまり、この問題も、

人脈の問題でもある」と

「強く推定出来る」』。

『「所謂、左翼(親朝鮮・親中国共産党等)テレビ・マスコミ等」では

「早くも、

ノンフィクション{作家}の言い分」を

「保守政治家、稲田大臣降ろし政治運動等」に

「{積極活用}」している』。

『「元々が、一方的言い分で、しかも、内実さえはっきりしていない事」なのに、

「まるで、稲田大臣が籠池氏にお金を渡して学校設立の応援等をしたかの如きイメージ」を

「視聴者等の中でつくり出させる事により、

保守政治家、稲田大臣に対する

否定感等を持たせようとしている様相」を

「露呈」させている』。

『「更に、テレ朝昼番等」では

「稲田大臣と小池都知事を比べ、

小池都知事の方が遥かにしっかりしている等の旨」まで

「喧伝していた」』。

『「そのどちらも、

公共の電波を使った情報の一方的大量配信」に他ならない。

「その実態は、もはや、暴挙の域」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、

はっきりしていない事等をダシに、

保守政治家や政党等に悪イメージ等を付けたり、

それを、テレビ上がりの小池都知事により良いイメージを持たせる為のダシにしたり」等する

「情報配信」は、

「公共の電波上に相応しく無い」』。

『「それでも、

所謂、左翼(同上)の人脈の者たち(内実、政治運動家等)にとって」は

「それこそが、ある種の正義なのだろう」』。

『「大衆を

所謂、左翼(同上)の人脈にとって、

都合の良い思想信条等で染め上げる

実質的、マインドコントロール等を行う事」により、

「所謂、左翼(同上)の人脈の者たちの利権維持~増大等」が

「図れれば、

其れこそが、成功」なのだろう』。

『「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき、

醜悪で劣悪な行動実態」が

「其処に露呈している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

稲田大臣にも、

小池都知事にも、

長所も短所もある」』。

『「上辺は、如何にも、シッカリ者の小池都知事」だが

「実際に行っている事」は、

「ちゃぶ台返しで、停滞・大混乱・大損害等をもたらしている」』。

『「上辺では、少し、頼りない面も露呈している・させられている稲田大臣」だが

「稲田大臣の政治等により、

日本国・日本国民が、

大混乱・大損害等を被った事は無い」。

「昨今の稲田大臣が{巻き込まれている}混乱」は

「所謂、左翼(同上)野党・テレビ・ラジオ・マスコミ等」による

「難癖付け故」だ』。

『「つまり、今の混乱の元凶は、所謂、左翼(同上)人脈にある」が

「混乱を仕掛けた方」は、

「自省等する事等無く、

混乱に巻き込んだ者・物・事を

悪者扱いしたがる」。

「其処にも、反日他国の精神文化の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「視聴者・読者・有権者等」は

「本当に重要な事」は

「上辺のシッカリ等のイメージ」では「無く」、

「政治内実である事」を

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「昨今の、稲田大臣を取り巻いている状況」は

「まるで、第一次安倍政権時の安倍総理の様」でもあり、

「所謂、左翼(同上)による、

難癖付け、集中砲火等で

鍛えられた政治家のその後」は

「今の安倍総理等を見れば、誰もが分る」』。

『「本当に酷い」のは、

「政治面でも、所謂、左翼(同上)偏向状態」の

「テレビ・マスコミ等」だ。

「その実害」は、

「例えば、

日本国内の北朝鮮系や中国共産党系等による

工作活動を温存させ続けて来ている事により、

多くの日本国民の本来の人生等を捻じ曲げさせ、

決して少なく無い数の、工作活動による殺傷まで、

黙殺せしめ続けて来ている」等々、

「本当に、多大」だ』。

『「日本国内を所謂、左翼(同上)にとっての、

スパイ・工作活動等天国状態にし続ける為」の

「情報・教育工作等も、

行い続けて来ている」のが

「所謂、左翼(同上)のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態・実体」だ』。

『「言うまでも無く、

情報配信の基本」は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大配信」だ。

「教育の基本」は

「精神構造の健常成長を助け、

実体や事実・現実に基づいた健常な判断・行動等を起こせる人間を

育成する事」だ』。

『「明らかに、時代遅れ、或いは、工作活動そのもの・・・」の

「所謂、左翼(同上)偏向、大衆マインドコントロール等を行い続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等や、学校教育等」の

「是正」は

「急務」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、稲田大臣答弁問題で、民進党議員の宣伝まで行っていたので、本当に呆れた・・・。

『「稲田大臣が籠池氏の弁護士陣の一員であった」のは「13年も前の議員就任前の事」だった。

「もちろん、ご夫婦共々、弁護士」だから、

「その事自体は、基本的に、何の問題も無い」』。

『「しかし、

現状」では、

「そんな実質的に、何の問題も無い事まで、無理やり持ち出し」ながら

「民進党議員や多くのテレビ・マスコミ」等による

「{稲田大臣降ろし政治運動}」が

「大々的に行われている」』。

『「とても、

国会議員や

テレビ・マスコミ等」の

「本来の仕事とは思えない、

執拗な、稲田大臣と籠池氏の{繋がり探し}」により、

「その様な、基本的に、何の問題も無い、

13年も前の

一つの事実が見つけ出された」』。

『「基本的に、何の問題も無い、13年も前の事」なのに、

「無理やり、

スポットライトを大々的に当てて

国会や

公共の電波上や

公共的マスコミ上」で

「大騒ぎしている」』。

『「今も、

籠池氏と稲田大臣には、

大きな繋がり等がある」等の

「重大問題であるかの如きイメージ」で、

「大騒ぎしている」』。

『「更に、

稲田大臣側の答弁や対応等にも、

難癖を付けて、

大騒ぎしている」』。

『「それが、

民進党等の議員や

所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党)系等のテレビ・マスコミ等」の

「実態」だ』。

『「其処には、

所謂、左翼(同上)系の者たち」は

「保守系の者たち」を

「生理的に嫌っている・・・くらいの様相」が

「露呈」している』。

『「所謂、左翼を、朝鮮系・中国共産党系」

「保守を、日本系」と

「置き換える」と

「より実態・実体に近くなってしまう・・・」等と

「思わず、感じさせられてしまう方々」も

「決して、少なく無い筈」だ』。

『「少し考えれば、誰でも判る事」だ。

「稲田大臣側」が、

「この様な無理やり問題化されている、実際は、何の問題でも無い事」に

「対し」、

「多大なる時間や手間や費用等をかけて、

精査等している間」は

「大臣本来の仕事」や「政治活動」等が

「行い辛くなる」』。

『「つまり、

内実として」は、

「日本の国政の邪魔」や

「保守系とされている、稲田大臣の政治活動の邪魔」を

「行っている」のが

「民進党議員や所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ』。

『「其処には、

民主党政権成立前」の

「自民ダメ~!」等と

「同じ、臭いが漂っている」・・・』。

『「もちろん、

かつての民主党政権による

酷い政治等を

重々知っている・覚えている人々が多い、

今の日本」では、

「当時の様」に、

「自民ダメ~!」

「政権交代~!!」

「民主~!!!」等の

「流れ」等が、

「出て来る訳もない」。

「其処で、そのスジの人脈が準備している様相」なのが

「小池~!」だが、

「既に、テレビ上がり、小池氏の実体も、多くの人々に知れ渡りつつある」・・・』。

『「もはや、

民主党政権成立時前等とは、

全く違う日本社会の状態」なのに、、

「未だに、

テレ朝昼番では、

常連出演者等」が

「民進党議員の{能力}が優っている」等の旨、

「公共の電波上で公言して、

旧社会党~民主党~の流れを持つ民進党等への支持拡大等を画策していた様相だった」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「所謂、左翼(同上)や、血統・民族主義者等の間」では、

「お仲間は、

何時まで経っても、

どんな時でも、

応援すべき、利権等を共有すべき、

お仲間」で

「お仲間以外は、

何時まで経っても、

支配・駆逐等すべき敵」なのだろう・・・。

「そんな雰囲気さえ、漂っていた」・・・』。

『「所謂。左翼(同上)系の者たち」にとっては、

「保守系の政治家や政党等の

邪魔をしたり、

貶めたり・・・等々する為」の

「{能力}こそが、

お仲間の利権取得の為にも、

重要」なのだろう。

「お仲間の誰かが、ダダをこねて、

ダダ故でもそれで大人しく収まる(もちろん、多くの場合、その一瞬ダケだが・・・)なら

ダダをきいてあげた方が良い等と

お仲間が応援する・・・」。

「ダダをこねる汚れ役」を

「お仲間が、応援・賛美する・・・」。

「何処かの反日国の精神文化の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「その様相」は、

「反日国の悪権力者等」が、

「不健常な手段まで用いても、

反日を訴える」と、

「大讃美する者の様・・・」ですらある』。

『「多くの常連出演者等に、似た臭いがある」のは、

「単なる偶然では無い」』。

『「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」には

「明らかな政治的偏りがある」。

「例えば、

常連出演者等でも、

主たる論等でも、

所謂、左翼(親朝鮮・親中国共産党等)側」に、

「偏っている」』。

『「日本国・日本国民の為になる政治・政策等を考える」なら

「最悪」なのが「売国・売国民政治・政策等」だ。

「次に悪い」のが「出来の悪い保守系の閉ざされた政治・政策等」だ。

「未だマシ」なのが「それ程、出来の悪く無い保守系の少々閉ざされ気味だが日本は安定する政治・政策」だ。

「理想」は「人類の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い、本当の意味での改革・革新政治」だが

「もちろん、それは、世界中で大きな精神文化革命が起きて、或いは、起こせて、こそ可能になる」』。

『「上記の構図からも明らか」だろう。

「現状の所謂、もしくは、インチキ、左翼系の者たちによる、政治・政策等や推奨している論」等は、

「日本国や多くの日本国民にとって、悪い場合が多い」。

「出来の悪い右翼系の者たちによる、政治・政策や推奨している論」等に「沿う」と

「日本国や多くの日本国民の生活等が、時代を逆戻りさせられてしまう・・・」。

「それ程、出来の悪く無い保守系の者たちによる、政治・政策や推奨している論」等に「沿う」と

「急進はしないが、多くの日本国民にとっての自虐度等は低く押さえられ易い」。

「理想の改革・革新域に達する為」には

「インチキ左翼が牛耳っている状態の情報・教育界の

一刻も早い、健常化・正常化等が必要」だ。

「実態・実体としては、人脈の問題でもある」のだから、

「人脈も含めた健常化・正常化等が必要になる」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

ブログアップ妨害が続いているが・・・。

『「ログインページにアクセス困難になったり、

書き込み時に、通信妨害や変換妨害等も含む手段で、打ち込み困難にする妨害をされたり・・・」と

「悪ども」が

「当ブログをターゲットにした

言論弾圧、粛清工作」を

「行い続けている」』。

『「余程、当ブログ内容」に「困る部分がある」のだろう』。

『「以前の記事の訂正・加筆等も困難」だから

「誤解・誤記入等の訂正等」や「加筆等」も、

「状態が改善されるまでは、

ご容赦願いたい」』。

『「言論弾圧や粛清工作等を行っている者たちや組織や人脈等」とは、

「そうしなければ、不当利権の維持~増大等が行えないモノである事」を

「自ら露呈し続けている醜悪で劣悪なモノ」だ。

「それは、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべきモノ」でもある』。

|

野党側(左翼、もしくは、親朝鮮等)偏重・偏向番組問題・・・。

『「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の「野党側(所謂、左翼、もしくは、親朝鮮・親中国共産党等)偏重・偏向状態」の「是正が一向に進んでいない」。

「例えば、本日のテレ朝朝番でも、

森友学園、籠池氏と安倍総理や稲田大臣を無理やり

繋げようとしていた野党側」の

「実質的、イメージ操作論理等」を

「常連出演者等が強くサポートしていた」が

「与党側の出演者や対論等」は

「ほぼ、無し状態」だった。

「明らかな、政治的偏向・偏重状態」が

「其処に露呈している」』。

『「そもそも、森友学園問題」とは、

「国政問題では無い」』。

『「学校設立の認可等を出したり、

認可を延期等する方向で検討した」のも、

「官僚・公務員であり、大阪府等」だ』。

『「それを、国政上での政争の具として使っている

所謂、左翼(同上)野党」や、

「その所謂、左翼(同上)のご用達情報配信機関と化している、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに、劣悪」だ』。

『「そんな劣悪野党や、劣悪テレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「多くの日本国民からの支持や信頼が得られる訳も無い」』。

『「それでも、劣悪情報配信等に毒されてしまう人々」は

「未だ、決して少なく無い」。

「例えば、昨今の、所謂、左翼(同上)野党側偏向・偏重情報の悪の効果故」だろう

「NHKの世論調査」では、

「自民党の支持率が、1~2%程度落ち、

その分、民進党の支持率が上がっている」。

「つまり、未だに、

1~2%程度の日本国民

(%では無く、実数で考えるとこの問題の深刻さが良く判る。

数十万人~の有権者の意思が、

未だに、操られている状態という事だ。)」が、

「テレビ・マスコミ等の実質的、大衆誘導等により、

動かされてしまっている実態が露呈している」』

『「森友学園、籠池氏等」は、

「積極的に、

所謂、保守系の政治家と繋がりを持ちたがっていた」が、

「実際に、強い繋がりを保持し、

森友学園小学校設立時等に

政治力等を発揮した

総理大臣や大臣や与党国会議員は皆無」だ。

「理由は、下述する」』。

『「しかし、

政治家の宿命」として、

「擦り寄って来る一般日本国民等に対し、

その時点ではっきりしている特段の理由等でも無ければ、

冷たく出来る訳も無い」』。

『「政治家と学校も含む経営者や教師や一般市民等」は、

「簡単に、繋がりが生じ易い」』。

『「所謂、保守系の思想信条を持つ、

学校も含む経営者や教師や一般市民等」が

「保守系の政治家に擦り寄る事」を

「問題にする」なら

「所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)系の思想信条を持つ、

学校も含む経営者や教師や一般市民等」が

「左翼(同上)系の政治家にすり寄る事」も

「問題とされて当然」だ』。

『「問題とされるべき事」は、

「擦り寄られ、繋がりが出来た事では無い」』。

『「実際にあるのなら、政治圧力等で便宜等を図ったりした事」だ』。

『「元々が、

国政問題では無い、

大阪府での新規小学校設立問題である

森友学園問題」では

「新規設立学校に箔を付ける為」に

「学校側が、安倍総理や総理夫人や稲田大臣や鴻池議員等々」に

「擦り寄り、講演を依頼したり、名を使わせてもらおうとしたり、

する事」は

「あり得て」も

「総理大臣や大臣や与党議員等の圧力を利用して、

学校を設立しようとする事等」は

「今時、根本的にあり得ない」』。

『「規制緩和で、学校設立の認可等も得易くなっているのが現実」で

「学校設立の為に重要」なのは、

「政治圧力では無く、資金力等になっている」』。

『「資金力が足りなかった(であろう)森友学園、籠池氏等」が

「鴻池事務所等を不動産屋代わりに使い、なんとかして値切ろうとした事等」は

「昔なら、合理的になる」が、

「今時、政治家が口利きや圧力を実際に行使すれば、

そんな実態は直にバレ、

その政治家は、ほぼ確実に政治生命を失う事になる」から

「実際に、口利きや圧力等を使う政治家等」は、

「特に、与党側なら、尚の事、

極々稀、もしくは、皆無」だろう』。

『「しかし、、

認可実務を行っている官僚・公務員等の側」には、

「過去と同様の実態があったかの如き、状況がある事」が、

「自分たちの仕事を楽にさせる道具に出来る状況がある」』。

『「森友学園側は、急ぎ小学校を立ち上げようとしていた」から

「担当に当たってしまった

官僚・公務員等」が、

「自分たちの責任で認可が間に合わなかった事態等を避ける為」に

「あらゆる知恵等を行使した事」は

「想像に難く無い」』。

『「其処に、

学校校舎建設過程で、

ゴミが大量に含まれている土壌の問題」が

「露呈」した』。

『「官僚・公務員側にすれば、

値引きで、資金問題等を解消させれば、

早期認可も可能に出来る」』。

『「更に、森友学園、籠池氏等」に、

「鴻池議員等の事務所を連絡場所にさせれば、

担当官僚・公務員等にとっての{政治家アリバイ}」も

「必要十分」になる』。

『「森友学園側は、

早期の設立認可を得られ、

大量のゴミ故に、格安で、土地を手に入れる事が出来た」のだから、

「当面の問題は、解消されていた状態」となっていた』。

『「認可実務は、官僚や公務員等が行う」。

「つまり、実質的に、許認可権を持っているのは、官僚・公務員」だ。

「規制緩和で、許認可のハードルも下がっている」。

「資金面での問題も、実質的には、クリアー出来ていた」。

「今時、安倍総理や稲田大臣や鴻池議員等が政治圧力等で出る幕は無い」』。

『「森友学園・籠池氏等」は

「更なる、資金集めや箔付け等の為」に

「安倍総理や総理夫人等の名前等」を

「利用しようとしていた」が

「安倍総理側は、名前使用に断りを入れている」。

「総理夫人は一時、森友学園に名を連ね、講演等も行っていた様」だが、

「その程度の学校等との関係を持つ、所謂、左翼(同上)政党側の者たち」は

「其れこそ、ゴマンと居る」』。

『「何しろ、戦後の日本国内の学校教育界」は、

「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」に

「テレビ・ラジオ・マスコミ界同様、左翼(同上)偏向状態」だ』。

『「保守系の学校に、名を連ねたり、講演等したり、する事」が

「問題とされる」なら

「所謂、左翼(同上)系の学校に、名を連ねたり、講演等したりする事」も

「問題とされる」のが

「当然」だ』。

『「保守系だけでは無く、所謂、左翼(同上)系や新興宗教系等々の学校等」にも

「土地所得等の問題」や

「補助金等目当ての複数見積もり書等提出等の問題」が

「全く無い」と

「言う為には、厳密な調査報道が必要になる」。

「マスコミ本来の仕事」は

「其処に在る」』。

『「実態としては、

随分前から、繋がりが切れている」のだから、

「実質的に、何の問題とも成り得ない、

弁護士でもある稲田大臣の

十年以上も前の

籠池氏等の裁判出席等による

籠池氏等と稲田大臣の{繋がり}等を

無理やり、問題にしている暇がある」なら、

「野党や、テレビ・マスコミ等」は

「上記の調査や調査報道等を行うべき」だ』。

『「その様な、前向きな、是々非々対応を示してこそ、

野党等の支持率も上がり得る事になる」し

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の信頼回復にも結び付く」。

「現状の、

実質的には、反日他国人脈等の為の反対運動・邪魔運動・利権誘導状態等々」では

「多くの日本国民から、支持や信頼が得られる訳も無い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオや

公共的マスコミ等」で

「政治的偏向状態がある情報配信を行う事等」は

「明らかに不当」だ』。

『「今回の森友学園・籠池氏等の問題」でも

「所謂、左翼(同上)野党側の者たちばかり・・・が常連出演や常筆」で、

「保守側の者たちは、ほとんど、或いは、全く、出演無し・筆無し」では

「公共の電波を使った情報配信」や

「公共的マスコミの情報配信」として、

「明らかに、不当」だ』。

『「政治的偏向のあるテレビ・ラジオ・大マスコミ等」の

「是正は急務」だ』。

|

悪ども問題・・・。

『「ブログの入口~グ記入画面上では、相変わらず、IME2012による打ち込み妨害」が

「発生している」。

「記入画面前までは、AdobeFlashPlayer」の「割り込み」も「在る」』。

『「コンピューター技術を悪用」して、

「実質的、言論弾圧、もしくは、言論粛清工作」等を

「行っている」のは、

「どんな人脈の者たちか?」等は、

「当ブログ内容からも明らか」だろう』。

『「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる者たち」が

「其処に在る」』。

|

いまだあ

|

「籠池劇場騒動」を続けたい様相の劣悪番組・・・。

『「もはや、与党の政治家や政党と森友学園問題」を「直結させる事」は、「かなり、困難になっている」。

「それなのに、テレ朝等では、未だに、{籠池劇場}騒動を続けたい様相」だ。

「何故か?」』

『「森友学園問題」で

「与野党問わず、政治家・政党がらみの問題」として、

「未だに、大きな可能性がある」のは、

「露呈されている鴻池議員事務所のメモの問題」だ』。

『「もし、

鴻池議員事務所メモが本物で、

意図的に、鴻池事務所や自民党等が、共産党に漏らしたなら、

自民党と共産党の

裏繋がりが

露呈される事」になる』。

『「万一、

自共の裏繋がり等が在る」なら、

「自共以外の政党や

多くのテレビ・マスコミ等」が

「率先して、探究していて当然」だが、

「何故か?

今の所、

表だって積極探究しようとしている様相が無い」』。

『「逆に、

多くのテレビ・マスコミ等がその問題を積極的に探究しようとしていない実態」が

「露呈している事」は、

「該当メモ(だけとは限らないが・・・)」は

「自共以外の人脈により、

恐らくは、

盗聴・盗撮・侵入等の工作手段によって盗み出されたモノである事」だ』。

『「そして、それを

共産党等が国会で公開し、

共産党とは限らないが、

何処かの誰かが、テレビ・マスコミ等に流した事」だ』。

『「つまり、多くのテレビ・マスコミ等と、共産党の両方に繋がりが有る人脈による、

該当メモ盗み出し等~共産党への売り?等」の

「事態」が「浮上」する』。

『「その様な場合、

健常なマスコミ等」なら、

「日本国の与党国会議員事務所のメモ不審流失事件等」として、

「大々的に騒ぐのが当然になる」』。

『「ところが、多くのテレビ・マスコミ等は、

この重大問題に沈黙状態・・・」だ。

「何故か?」』

『「考えられる事」は

「恐らくは、盗聴・盗撮・侵入等の工作により該当メモを盗み出した者たち等」が

「多くのテレビ・マスコミ等の人脈の者たちである事」だ』。

『「日本国内の拉致工作員や拉致協力等を無い事にし続けたがっている事

(北朝鮮の国家犯罪である拉致自体は、認めているが、

日本国内に、其れこそ、ゴマンと居る筈・・・そうで無ければ、日本全国各地から多数の日本国民を拉致する事など無理・・・の

拉致工作員や協力者等の問題は、

未だ、黙殺状態・・・というのが、

多くのテレビ・マスコミ等の実態だ。)」と

「同様の臭い」が

「其処に在る」』。

『「多くのテレビ・マスコミ等」で

「旧社会党等~~~現民進党等系の人脈者たち」が

「大きな実権を保持し続けて来ている事」は

「もはや、多くの日本国民が重々承知の事」だろう。

「旧社会党等と、北朝鮮労働党等とのお友達ぶり」も

「多くの方々が、良くご存じ」だろう』。

『「森友学園問題」には

「工作活動国家北朝鮮等と繋がりが濃い日本国内の人脈による

日本国内での工作の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「筆者の感覚」では、

「今時の教育者としては、

籠池氏もどうかと思うが、

テレビご用達常連コメンテーターでもある尾木氏もどうかと思う」。

「どちらも、丸ごと一人の死生観・人生観という

現実離れが激しい、

もはや、時代遅れの

死生観・人生観上での教育に熱心な様相だから」だ。

「教育レベルとしては、ある意味、同程度」であり、

「違いは、

思想信条や

偏重している、させようとしている国家・民族・人脈等」なのだから、

「例えば、学校法人許可面や喚起世論面等」で、

「古臭い、出来の悪い右翼的な、籠池氏の学校はダメ」で、

「尾木氏等と同様の思想信条等を保持している、

所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)の学校は良い」では、

「明らかな差別」になる』。

『「その明らかな差別概念」で

「視聴者・読者の頭の中を染め上げたい様相」なのが、

「まるで、中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の手先情報配信機関の様」な

「多くのテレビ・マスコミ等」だ』。

『「今時の学校」なら

「科学レベルで判明している実体や事実・現実に基づいた理系の教育」と「共」に、

「文系側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」により、

「現実離れが激しい、丸ごと一人の死生観・人生観からの解放」や

「精神構造の健常成長」等が

「行われていて、然るべき」だ』。

『「既存の学校も含む、

学校としての許認可面等」でも、

「上記程度の

今時なら、

在って然るべき基準の実用」が

「必要」だ』。

『「森友学園問題で露呈された教育内実等を受けて、

本来なら、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「全ての学校教育内容自体のレベルを

進歩・進化させる事に結び付く論等を

紹介し、

大衆周知したり、

それに基づく、前向きな世論を喚起する事で、

早期の教育改善等に結び付ける等」の

「進歩・進化オピニオン・フィクサー的役割をこなしていて当然」だ』。

『「それなのに、現状の劣悪テレビ・マスコミ等」では

「未だに、所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)側の者や人脈や政党や政治家等を

利す為」の

「実質的、政治運動に明け暮れている」』。

『「特定極一部の者や人脈や政党や政治家等」を

「視聴者・読者等に利させよう等とする」なら、

「偏向・偏重等の実質的悪事・悪業が必要になる」が、

「日本社会の者・物・事等の本質を進歩・進化等させる為等」なら

「偏重・偏向は要らない」。

「むしろ、邪魔になる」』。

『「公共の電波を使っている

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

相変わらず、北朝鮮の広報機関的様相を露呈し続けているテレ朝等だが・・・。

『「北朝鮮労働党のお友達、旧社会党系の者たちが多いからか、テレ朝等、所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)系のテレビ・マスコミ等」では

「実質的、北朝鮮の宣伝」を

「連綿と続けて来ている」』。

『「例えば、

北朝鮮のミサイルの名前には、意味があり、

其処から、北朝鮮の戦略等が読み取れる」とか、

「北朝鮮の手先では無い、多くの人々」なら、

「現状なら、

何処に居るのか?が分らない方が好ましい等」と

「考え・思えている筈」の

「キム・ハンソル氏」の

「居場所は何処か?」とか、

「大規模な核実験の準備の大宣伝」等々、

「日本側の目線から・・・というよりは、

北朝鮮側の目線から・・・と言った方が適切なくらいの

情報配信を続けている」』。

『「かつての、

拉致は無い事に・・・論、

或いは、日本への強制連行の方が遥かに酷い論」や

「日本に居る朝鮮系の人々は、

強制連行されたかわいそうな人々ばかり・・・論

(実際は、

朝鮮人の日本本土強制連行者は、

多くの日本人男性が勝ち目の無い戦場に、

赤紙召集で、強制的に送り込まれていた、

戦時中に

極少数で、

日韓併合時以降、日本に渡来している朝鮮人の多くは自主渡来者、

もしくは、大戦後の朝鮮戦争難民、もしくは、難民仮面使用工作員等々・・・だ。

日韓併合が日本による植民地支配だ!等と言うのなら、

終戦直後直ちに、

或いは、朝鮮戦争休戦後直ちに、、

朝鮮半島に帰っているのが当然の人々でもある。)」や

「移民容認論

(移民のハードルを下げるなら、

短絡的に別天地等を求める、

ズルい人々等が、

主として、利される事になる。

移民は慎重で在って然るべきだ。

誰もが、産まれた地で

健常努力等し易く、

快適生活が得られ易くになる様に、

世界情勢を整える事等にこそ、

力を注ぐべきだ。)、

差別反対論

(特定の事ダケ偏重して、差別!と騒ぐ者たちとは、

政治運動を行っている者や、

騒動利権を欲しがっている亡者の様な人々等に他ならない。

産まれながらの環境格差等の絶大なる差別は無い事に・・・。

人種主義や民族主義等、

その主義等自体が是正~解消されるべき事の是正は疎かに、

その上に生じている

{八つ当たりの的}化してしまっている者たちへの

差別・八つ当たり等の表層現象は、

大問題に・・・。

例えば、ルックス差別は黙殺し、

ジェンダー差別で正義ぶる・・・。

・・・等々の

インチキ差別論は、

もう陳腐過ぎる・・・。)」等々と

「同じ道の上にある

例えば、

韓国(北朝鮮も含む)系及び、

韓国(北朝鮮も含む)系の有益分子等の

特定の者たちを

日本の公共の電波を使った情報の一方的大量配信により、

利す為の

実質的、工作」を

「未だに、行い続けている」』。

『「その実効」は、

「どんどん乏しくなって来ている」のに、

「旧態依然とした情報配信をし続けている、

或いは、し続けなければならない」のは、

「やはり、人脈の問題故」と

「強く推定出来る」』。

『「例えば、北朝鮮の核やミサイル」とは、

「実際は、北朝鮮が国としては使えない武器に他ならず、

迷惑ではあるが、脅威にはなり得ない」』。

『「本当の脅威は、別にある」。

(他の記事をご参照ください。)』

『「ところが、

その様な実体や

本当の脅威等の重大情報等」は

「大衆周知しない」』。

『「悪戯に、

北朝鮮の核やミサイルの脅威ダケを大宣伝」し

「日本社会の中に、北朝鮮との話し合いを求める世論等を喚起させようとしている様相」で

「その実態・実体」は

「北朝鮮等を有利にする為の政治運動」だ』。

『「かつては、その脅威の大宣伝」で

「日本社会の中でも、

多くの人々」が、

「北風より、太陽で、話し合いをした方が・・・」等々と

「考え・思わされていた」。

「しかし、

実効の無い話し合いの繰り返しを見せ付けられた後」は

「北朝鮮がまともな国家権力者等を頂いている国では無い事等」が

「大衆周知事実」となった。

「もはや、北朝鮮の国家権力者等との話し合いで

問題が解決出来る等」と

「思い・考えられている人々」は

「圧倒的少数派」だ』。

『「北朝鮮が国として使えない

(万一、使えば、北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争になる)

核・ミサイルの脅威」も

「多くの人々の中」では、

「もはや、有名無実状態」だ』。

『「それなのに、

テレ朝等」では、

「未だに、

北朝鮮のミサイルの性能が上がったゾ~!とか、

大規模核実験をやるゾ~!」等々の

「脅し情報を主として配信する」と「共」に、

「脅し無効化情報や

本当の脅威問題等は

黙殺」している』。

『「日本の公共の電波上で

北朝鮮問題で大騒ぎ等する事」により、

「北朝鮮の瀬戸際外交に一定の成果をもたらさせよう・・・」等と

「している実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮のお仲間では無いのなら、

もはや、バカらしく、恥ずかしいレベルの事を

行い続けている様相」だが』。

『「日本の中で、

韓国(北朝鮮も含む)にとっての

有益分子育成&不適応分子粛清工作やその協力等を

行い続けて来ている者」たち、

「具体的に言うなら、

拉致や

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

情報・教育工作や

医療工作や

政財界工作等々」を

「行ったり、その協力等をしたりし続けている者たち」の

「害」は

「絶大」だ』。

『「例えば、日本の民放キー局」が

「北朝鮮等ご用達の情報配信機関状態」では

「本当に深刻な問題」だから

「直ちに是正するべき事に他ならない」』。

『「日本の政界内にも、

北朝鮮等の手先がゾロゾロ・・・」では、

「まともな政治等が順調に行える・行われる訳も無い」』。

『「毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の論、

常連出演しているのは、ほぼ全て、同じ者たち・・・」という

「実態」は

「明らかに異常」だ。

「格差是正が叫ばれて久しい」が

「テレビ常連出演者や主たる論等の偏りを無くす、正常化・健常化等」も、

「急務」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

3.11、原発避難民いじめ問題等の内実・・・。

『「自主避難」と「強制避難」では「その意味合いが全く違う」。

「自主避難と強制避難」は

「確実に分けて、報じるべき」だ』。

『「例えて言う」なら「自主避難」とは、

「日韓併合時に、

朝鮮半島内の近代化整備を朝鮮半島内で頑張らず、

既に、ある程度の近代化整備が進んでいた日本本土への

{自主}渡来をした人々等」と

「同様の話し」だ』。

『「つまり、{ずるい}人々の話し」だ。

「そして、その{ずるい}人々の裏」には

「{ずるい}人々の生みの親」が

「在る」』。

『「自主避難{衝動}の元」は、

「多くの場合、

言うまでも無く、

多くのテレビ・マスコミ等による

放射能潔癖症煽り」だ』。

『「つまり、多くのテレビ・マスコミ等による

放射能潔癖症煽り」の

「ある意味での、被害者」として、

「数多くの自主避難民がつくり出されている実態」が

「露呈」している』。

『「あえて、繰り返す」が、

「自主避難」と

「強制避難」は

「絶対に分けるべき」だ』。

『「強制避難」とは、

「国等としても、避難して頂くしか無いと認定せざるを得ない実態下に置かれてしまった、

ある意味では、

完璧なる被害者」だ』。

『「健常な人々」なら

「強制避難民に対して」なら、

「ご当人の責任故では無い不遇に対する同情心等」が

「生じて来る」のが

「当然」で

「よそ者いじめ」

「ずるい者いじめ」等々の

「対象等」に

「出来る訳も無い」』。

『「自主避難」とは、

「国等が認めている避難必要の絶対性等は無い」が

「それでも、避難したいのなら、どうぞ・・・という事」だ。

「国等として、万一の時の為の責任逃れの為のクッションエリアの設定」でもあり、

「如何にも官僚等が好みそうな問題処理方法」でもある。

「もちろん、国等の立場なら、{そうする}のが当然」だろう』。

『「その流れ上」に「現れる当然の現象」として、

「自主避難民にも血税が与えられている場合が多い」』。

『「問題」は

「自主避難の必要性を感じる人々の数」が

「テレビ・マスコミ等による放射能潔癖症煽り等によって、

不必要に増大されてしまっている事」だ』。

『「テレビ・マスコミ等が生み出している血税の無駄遣い強い」が

「其処に露呈している」』。

『「この問題」での、

「血税無駄遣いの元」は

「多くのテレビ・マスコミ等にあり」、

「血税無駄遣いの実行者」は

「多くのテレビ・マスコミ等による放射能潔癖症煽りの被害者たち」という

「構図」が

「露呈」している』。

『「{原発避難民等}いじめの問題」を

「考えてみよう」』。

『「いじめ問題」と

「学校治外法権を大前提に考える事」は

「先ず止めるべき」だ。

「いじめの内実」として、

「暴行は暴行」であり、

「傷害は傷害」であり、

「強要は強要」であり、

「脅迫は脅迫」であり、

「恐喝は恐喝」等々だ。

「それらは、皆、{いじめ}を行っている方」が、

「刑法犯として問われて当然の事に他ならない」』。

『「いじめる側の大いなる誤解」は

「目の前に居る

放射能潔癖症煽りの被害者等」を

「本当の悪等だと、誤認識してしまっているところ」だ。

「もちろん、言うまでも無く、

放射能潔癖症煽りで、操られている操り人形」とは、

「例えて言うなら、●暴の鉄砲玉みたいなモノ」で、

「本当の悪」は

「鉄砲玉を使っている門たちである事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「操り人形をいじめている暇がある」のなら、

「操る悪を厳しく糾弾すべきである事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「上記の様な実体」は

「既に、多くの方々が重々ご承知の事」だろう』。

『「それなのに、未だに、

劣悪テレビ番組等」では

「強制避難も、

自主避難」も

「一緒に扱っている」。

「もちろん、その目的」は

「多くの視聴者」に

「{お手盛り自主避難}の実体等」を

「考えさせない為」であり、

「多くの視聴者の反原発感情等を

出来る限り増大させたいから」だろう』。

『「公共の電波を使った、

醜悪な政治運動」が

「其処に露呈している」』。

『「政治運動の裏には、

人脈が在る」のが

「必然」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「籠池劇場」で主演の籠池氏はテレビ・マスコミ等の思惑通りに動いていない様相だが・・・。

『「所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)のテレビ・マスコミ等の思惑通りに動いていない様相の籠池氏」とは

「もはや、そのスジの人脈の者では無い者の様」で、

「利用出来そうだから・・・」等と

「担がれたダケのお方かも知れない」』。

『「つまり、{籠池劇場}とは、

所謂、左翼(同上)、テレビ・マスコミ等プロデュース」で

「実行協力者たち」は、

「所謂、左翼(同上)政党・政治家・官僚・公務員等まで」で

「利用出来そうだから・・・」等と、

「担がれ、

悪用された被害者」が

「勝手に、

主役を割り当てられた籠池氏や

森友学園」だったのかも知れない』。

『「何れにしても、

籠池氏の理事長辞任&小学校認可申請取り下げで、

所謂、左翼(同上)が、得られる筈だった実効の多く」は

「もはや、消失状態」だ』。

『「そればかりか、

籠池氏のマスコミ等批判部分には、

的を得た部分も多かった」。

「マスコミ等による、

保守系の小学校を立ち上げようとした個人やその家族や

その学校に行こうとしていた

現在幼稚園に行っている子どもも含む一般の人々に

対する、

実質的、パワハラや

人権侵害等の訴え」は

「正に、その通り」だ』。

『「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等」が

「保守系の者たちや

保守系の者たちによる学校設立」等を

「無理やりにでも、

叩き落とし、

潰そうとしている様」が

「露呈させられていた」』。

『「日頃から、

思想信条の自由や、

基本的人権や

差別反対等々」を

「声高に訴え続けて来ている者たち」の

「ダブルスタンダードぶり」が

「はっきりと、露呈させられていた」』。

『「そんなテレビ・マスコミ等の是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「筆者が

籠池氏や森友学園等を

出来の悪い右翼の様」等と

「感じ、その旨等を記した」のは、

「もはや、時代遅れの、教育勅語を引っ張り出して来ていたり、

日本民族等の民族主義を感じさせる

もはや、現実離れしている教育等を行っている様相等々」が

「報道等された事」や

「三種の見積もり等」の

「問題とされるのが当然の行動等故」だ』。

『「それらの実態」は

「出来の悪い右翼、同様、もしくは、そのまま・・・」であり、

「三種の見積もり」などは、

「内実として、出来の悪い右翼と同じ人脈の、

所謂、左翼(同上)系の詐欺師集団等が

如何にも得意で、

行いそうな手段でもあるから」だ』。

『「この手の補助金等不正受給企み」等は、

「決して、森友学園だけの問題では無い」から

「まともな報道機関なら、

所謂、左翼(同上)系の学校等も含めて、

大々的に、

調査報道する」のが

「当然」だ』。

『「今時の教育」なら

「例えば、愛国心や他人を思いやる気持ちの育成等」でも、

「自分の実体把握等や

精神構造の健常成長等」により

「実体や事実・現実と共にある事で初めて得られる落ち着きの上」に

「自分の実体故に、

自然と生まれて来る愛国心や

他人を思いやる気持ち等」を

「養わせる」のが

「当然」になる。

「其処に、民族主義や、教育勅語等は、要らない」』。

『「現実離れしている者・物・事」とは、

「その実体が判明する前までは、

通用する場合もある」が、

「実体が判明した後」では

「かつて有用であった者・物・事等でも、

例えば、伝統文化遺産等の座に置く」のが

「現実を、失わない、失わせない道」になる』。

『「人類誰もの人生」は

「言うまでも無く、現実」だから、

「既に、現実離れが判明している者・物・事等を

教育等で子どもたちに擦り込む事」は

「擦り込まれた者たちの人生を現実離れさせる

実質的、悪業になる」』。

『「民族主義」とは

「丸ごと一人の死生観・人生観に基づいて、

人の極近隣の歴史等ダケを偏重する

現実離れした概念」に他ならない。

「人類誰もの現実」は

「細胞ごとの誕生・死」であり

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら

「何億年も、何十億年も、前から続いて来ている、

地球上のほぼ全ての生物」が、

「広義の自分である事」等は、

「既に、科学レベルで判明している」』。

『「その現実と共にある状態」に

「狭義の自分を置く為」には、

「自らの精神構造」を

「比べっこによる他の者・物・事、支配権・被支配権争い」から

「実体・本質等探究による自己健常支配」へと

「健常成長させる必要がある」』。

『「精神構造を健常成長させ、

広義の自分と共にある狭義の自分の状態に落ち着き

自己健常支配状態で生きている」なら

「産まれた所や今生活している所の国や地域等々」や

「他の生物や人々に対する愛が生まれている」のが

「当然になる」』。

『「教育勅語等から誘う愛国心」等や

「現実離れしている民族主義」等は

「もはや、

明らかに、時代遅れで、

伝統文化遺産等の座に置いて、

歴史研究時等に、

再検証等しながら、

学ぶなら、

それも良い事」になる』。

『「何れにしても、主役に祭り上げた籠池氏」が

「期待通りの言動等を示さなかった途端」に

「常連出演者等の顔色が変わっていたり

配信情報が変えられていたり

した辺り」にも、

「現状テレビ界の不健常性」が

「露呈していた」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

かきこみぼうがいがはいり、2文字以上、打ち込みやエンタ―・キー等で、いちいちIME2012がわり込む・・・。

『「劣悪者たちのやる事」は、「本当に醜悪」だ。

「何故か?先ほど、突然、書き込み可能になった」が・・・』。

|

「小池劇場」と同じ臭いが濃厚に漂っている「籠池劇場」問題・・・。

『「小池劇場」も「籠池劇場」も「製作~発信・大宣伝者」は「多くのテレビ・マスコミ等」だ。

「小池都知事」は「テレビ上がりの政治家」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等を含む情報・教育界」では

「所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)の人脈が

蔓延り続けて来ている」』。

『「旧社会党や民主党や民進党や共産党等」とは

「言うまでも無く、所謂、左翼(同上)系の政党」だ。

「そして、人脈的には、新興宗教団体が支持母体の公明党も近い」』。

『「野党の、

所謂、左翼(同上)系の政党や政治家」は

「まるで、クレーマーやモンスター●●の様な

反対政党・政治家ぶりを露呈し続けて来ている」。

「その実効」は

「日本の政治を停滞させる事等」だ』。

『「政権与党時でも、

例えば、

民主党政権時の

日本を細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)を太らせた

余りにも酷い政治実績等」は

「多くの日本国民が、決して忘れる事の無い事」だ』。

『「もはや、

所謂、左翼(同上)を表看板にしたまま」で、

「多くの国民からの支持を得る事」は

「非常に困難になっている」』。

『「それでも、

もちろん、

所謂、左翼(同上)の政党や政治家」は、

「政党や政治家である限り、政権を取りたい筈」だ。

「多くの日本国民の為では無く、

反日他国の為かも知れないが」・・・』。

『「其処で、考え出されている策」が

「内実はお仲間」だが、

「上辺では、保守系の政治家・政党等」を

「表看板にする策」だ。

「例えば、

小池都知事」にも

「その臭いが濃厚に漂っている」』。

『「所謂、保守系とされていた政治家」としては、

「例えば、

自民党に入り込んでいたが、

飛び出た(追い出されたが、真実かも・・・)

小沢氏」も

「有名」だ。

「しかし、小沢氏の実体」は

「政党つくり、壊し、民主党にも在籍し、

その後また飛び出した(追い出されたが、真実かも・・・)、

大量の議員等を連れて、中国共産党への表敬訪問等を行った実績等まで持つ政治家」だった。

「その小沢氏」を

「自民党や民主党等大政党内在籍時には、

剛腕幹事長・次期総理候補等々」と

「大宣伝していた」のは

「多くのテレビ・マスコミ等」だった』。

『「大政党内在籍時等に、

多くのテレビ・マスコミ等が、

偏向・偏重大宣伝している実態」は、

「小泉親子にもある」』。

『「普通に考える」なら

「所謂、左翼(同上)にとっては、

政敵である筈の

保守系とされている政治家」を、

「所謂、左翼(同上)系のテレビ・マスコミ等」が

「率先して、偏向・偏重大宣伝等する事」は

「明らかに、変」だが、

「どちらも同じ人脈の者たち」で

「所謂、左翼(同上)とか、保守等の上辺」は

「上辺に過ぎ無い」なら

「非常に合理的になる」』。

『「戦後日本の政界とテレビ・ラジオ・マスコミ界等」が

「露呈し続けて来ている実態・実体」は

「その合理的な状態」だ』。

『「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身し、

その後、小沢氏の下等で

政治家人生を積み重ね、

現状では、自民党に籍を持っている

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が、偏向・偏重大宣伝を行っている

小池氏」の

「実体」は

「もはや、言うまでも無い」だろう』。

『「小池劇場」とは

「所謂、左翼(同上)系の者たちが蔓延っているテレビ・マスコミ界」が

「製作~配信・大宣伝」している

「お手盛り劇の一つ」に他ならない』。

『「さて、籠池劇場はどうだろうか?」

「戦後の日本社会の中」には

「所謂、左翼(同上)を賢い、優秀な者や政党等であるとイメージ付ける事を目的としているかの様」な

「出来の悪い右翼」が

「存在し続けて来ている」』。

『「そして、例えば、出来の悪い右翼」の

「街宣車等が在る場所」が

「所謂、左翼(同上)の者たちが、大量に住んでいる地域内だったりしている実態も在る」。

「つまり、同じ地域に住む、

お仲間と強く推定出来る者たち」が

「上辺だけ、

右と左に分かれ、

実質的には、左を利す効果のある行動等を起こし続けて来ている実態がある」』。

『「籠池氏や、森友学園等から、{出来の悪い右翼}の臭い等」を

「感じている人々」は

「かなり多い筈」だ』。

『「所謂、左翼(同上)の者たち」は

「差別の無い公務員等になっている・なれている場合も少なく無い」。

「所謂、左翼(同上)の官僚等がはじき出される」と

「テレビ・マスコミ界等に{天下り}する実態・実体」は

「皆さま、良く、ご存じの通り」だ』。

『「そして、まるで、出来レースの様」な

「籠池劇場(森本学園問題)」が

「多くのテレビ・マスコミ等で、

繰り広げられている」』。

『「多くのテレビ・マスコミ等による

情報の一方的大量配信」等により、

「何としてでも、

出来の悪い右翼的な森友学園等」と

「安倍総理や与党自民党議員等」との

「強い繋がり等を

多くの日本国民に印象付ける事」により

「安倍総理や自民党等」に

「悪いイメージを持たせる事」の

「実効」は

「所謂、左翼(同上)人脈(小池都知事等も含む)の

政党や政治家等を

利す事になる」』。

『「其処には、

所謂、左翼(同上)看板」では

「政権を取れない者たち」の

「策略の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「土地関連の認可の実務」は

「官僚や公務員等が行う」。

「もし、それが、所謂、左翼(同上)系の者たちなら」、

「表看板は別でも、内実は、

全てが同じ人脈」による

「出来レース」で

「その目的」は

「安倍自民党政権等の転覆」等であっても、

「何の不思議も無い実態・実体」が

「露呈している」』。

『「テレビ・マスコミ等プロデュース」の

「主演・・・籠池氏」

「サブキャスト・・・

民進党議員、

所謂、左翼(同上)官僚・公務員、

大阪府知事等々」

「強制参加者・・・

安倍総理夫人

鴻池議員等々」の

「籠池劇場」は、

「その目的からしても、

今後、

益々、

籠池氏や森友学園と、

安倍総理や自民党議員等との

強い繋がり等」を

「大々的に、訴える、

臭い演技の回」を

「積み重ねる予定」だろう』。

『「そして、視聴者・読者等」の

「感情や思いや支持心等」を

「安倍自民党離れさせ

小池都知事等も含む、所謂、左翼(同上)側に向けさせる事が出来た」なら

「プロデュースした、

所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ等の者たち」は

「大儲け

(もしかすると、日本の政権も取れ、

更に、反日他国から報酬等も出るのかも・・・)

・・・」という訳』だ。

『「元々が、同じ人脈の者」なら

「国会等で証言させても、

言う事等」は

「既に、判っている」。

「本来の目的通り」に

「国会で、ある事、無い事、交えながら、

安倍総理や総理夫人や

自民党議員等との、

強い繋がり等を言う」だろう』。

『「そして、それを、プロデュース側のテレビ・ラジオ・マスコミ等が

一方的に大宣伝する事になる」だろう』。

『「日本の国政は停滞させられ易くなり、

多くの日本国民にとっての

実メリットは皆無に近い」が

「安倍総理や与党自民党等が悪いイメージを付けられる事」により、

「その反対勢力は実利が得られる」』。

『「そんな事」が

「貴重な公共の電波の時間を割いて行われている」・・・。

「公共的マスコミの貴重な紙面を割いて行われている」・・・』。

『「行政の縦割りに付け込んだ、

複数見積もり等の手段による

補助金等の不正・不当取得問題」は

「森友学園ダケにある訳も無い」のだから、

「その辺りに言及していない、

その辺りの調査報道をしていない、

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに、変」だ』。

『「公共の電波や

公共的マスコミは、

所謂、左翼(同上)を利す為の実質的、政治運動の為」に

「在るのでは、断じて無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、小池都知事のお仲間若狭議員の「出来の悪い右翼的な対案」等まで引っ張り出して、テロ等準備罪ではテロは防げない等と、常連出演者等が騒いでいたが・・・。

『「若狭議員の東京五輪・パラリンピックまでの時限立法&事前拘束案」は「お笑いの域」だ。

「時限立法にすれば、時限立法が切れた後に、テロが起こされる事」になる。

「事前拘束の範囲も極めて限定的で人権等にも篤く配慮」では

「もはや、実効がほとんど無い事は明らか」で

「そんなモノの方が、テロ等準備罪より効果がある論」とは、

「まるで、出来の悪い右翼等による教育勅語道徳論の様・・・」だ』。

『「他の法律専門家等による

テロ等準備罪ではテロは防げない論」と「共」に、

「そんなモノまでワザワザ出して、

テロ等準備罪に悪いイメージを付けようとしていた様相」の

「常連出演者等」は

「悪イメージ育成の為」の

「ダメ押し」として、

「今、準備されているテロ等準備罪では、テロは防げない」から

「もっと、強力な法整備をする為の前準備なのだろう・・・」等と、

「まるで、その先には、恐怖政治等があるかの如きイメージ等」を

「視聴者に持たせたい様相だった」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「言うまでも無く、

テロ等準備罪が無い状態よりは、

テロ等準備罪が有る状態の方が

テロ等は防ぎ易くなる」』。

『「もちろん、完璧にテロ等を防ごうとする」なら

「現状の社会・経済体制&現状の多くの人々の精神構造のまま」なら、

「其れこそ、徹底した監視・命令社会化した人権無視社会状態等にしなければ無理」だ。

「言うまでも無く、

そんな人間社会状態の中で生活等しても、

人生の意味さえ???になる」』。

『「本質から考える」なら

「テロ等を防ぐ為に、実効のある対策」とは、

「テロ等を起こす可能性がある者たちを徹底して無くす事」だ。

「徹底して無くす」等と言うと、

「強権政治等による人権弾圧等ダケ」を

「想起する人々も少なく無いかも知れない」が

「例えば、

経済・環境格差の徹底是正」も、

「テロ等を起こす可能性がある者たちを徹底排除する一手段になる」。

「思想信条面・精神文化面でのテロ等を徹底排除する為」に

「必要な事」は

「健常な情報・教育等を

意識的かつ積極的に、

大々的に普及させる事により、

全ての人類の精神構造を健常成長させる事」だ』。

『「肝要な事」は

「テロ等準備罪を成立させ運用する、

格差是正等を意識的かつ積極的に行う等の、

とりあえずの現状対策を行う」と

「共」に、

「出来る限り多くの人々の精神構造を健常成長させる事」になる』。

『「多くの人々の精神構造が健常成長する」なら、

「必然的に、

現状の出来の悪い精神文化製品の域にある

現行の社会・経済システム等の是正もより進み易くなる事になる」。

「相乗効果が得られる」のだから、

「多くの人類の精神構造の健常成長等を行う事に

抗っている者たち」とは、

「相乗効果も殺している者たちに他ならず」、

「本当に、大迷惑な者たち」だ』。

『「現状の人間世界」には、

「それこそ、星の数(もちろん、雲や大気汚染等で見えない星も含む)程在る、

不当な格差や差別」等も

「相乗効果故に、

急速に葬られ、

人類誰もの実体から整合性を取った

本当の人権等が大切にされる事になる」』。

『「全ての人々が、テロ等を起こす気にならない人間世界状態の構築抜き」には、

「テロ等を防ぐ事は出来得ない」』。

『「本来なら、

意識的かつ積極的に

全ての人類の精神構造の健常成長の助けになる情報配信等を

行っているべき

テレビ・マスコミ等」が

「未だに、旧来からの劣悪な{政治運動}等を行い続けている状態」は

「本当に、深刻な重大問題」だ』。

『「こんな酷い状態を放置し続ける」なら

「テロ等が有ろうが、なかろうが、

それ程、遠く無い、近未来において、

人類滅亡という最悪の事態が現実のものとなってしまう」』。

『「それは、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明」による

「実用可能エネルギー高度」と

「対応する急速な進歩・進化を怠り続けて来ている人類の精神文化」の

「実用している精神文化高(低というべきかも知れない・・・)度」の

「ギャップ」が

「人類滅亡をもたらす事が出来てしまうエネルギー高度」に

「達するまでの時間」を

「計算する」と「共」に

「人類滅亡に直結する事態が起こされてしまう確率」を

「計算」すれば、

「例えば、20XX年までに人類が滅亡する確率63%・・・」等々と、

「誰にでも解る事」だ』。

『「情報・教育界」の

「早急な健常化・正常化抜き」には

「近未来における人類滅亡は、防ぎ得ない」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、未だに、「北朝鮮ご用達の北朝鮮ミサイル脅威論」等ダケを日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮ミサイル問題」で「先ず、言うべき」は「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けになる」から「北朝鮮のミサイルとは、北朝鮮が国としては使えないモノである事」だ。

「北朝鮮問題の本質」は

「北朝鮮の時代遅れの軍備にあるのでは無い」。

「日韓内等での工作活動」と

「新たな戦争」だ』。

『「先ず、軍事論面をはっきりさせる」なら

「飽和攻撃とは、北朝鮮ダケが出来る手段では無い」。

「むしろ、米軍等の方が、遥かに得意な手段」だ。

「ゲン担ぎが大好きで、奇数好きの、北朝鮮のミサイル」が

「4発という事もあり得ない」。

「実際は、5発撃ち上げた」が

「一発は、撃ち上げ食後に爆発した」。

「つまり、現時点でも、20%の失敗率」だ。

「そんな出来の悪いミサイルで、飽和攻撃を仕掛けようものなら、

北朝鮮の自滅に直結する」。

「20%の穴」は

「撃ち落とせたミサイル分」と「五分の一の穴の分」だけ

「急速で大規模な反撃が北朝鮮に与えられる事に直結している」。

「その結果、

例え、

北朝鮮が飽和奇襲攻撃を仕掛けたところで、

北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争にしかならない」』。

『「国と国との実戦争上に、北朝鮮が生き残る道は皆無」だ』。

『「つまり、北朝鮮の核・ミサイルの脅威」は

「実際は、実存していない」』。

『「それでも、日・米・韓側は、国として、一応の対応策を講じておく必要性がある」。

「北朝鮮の軍備増大分を無効化する事」で、

「北朝鮮の軍備増大を

国家間交渉圧力等として使わせなくする為」だ』。

『「ミサイルの撃墜率を上げる事」は

「かなり有効になる」から

「THAARD等の配備」は

「合理的」になる。

「しかし、相応の費用等がかかる」から

「ある意味、迷惑」でもある』。

『「北朝鮮の軍備増大」は

「脅威では無いが、迷惑である」のが

「実体」だ』。

『「北朝鮮の脅威」は

「別に在る」。

「日韓内に多数居る工作員や協力者及び、

それらの者たちが行い続けている工作活動」だ。

「そして、大量に居る工作員や協力者を悪用する事による新たな戦争」だ』。

『「既に、北朝鮮による国家犯罪である事が判明している拉致問題」からも

「明らかな様に、

日韓等の国内には

北朝鮮工作員やその協力者による工作活動が実存している」。

「拉致工作を行わされた者たち」が

「その後、何もさせられない訳も無い」から

「実際に、今の日本社会の中では、

電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

情報・教育工作、

医療工作、

政財界工作等々、

北朝鮮悪権力者の意志の下で行われ続けて来ていると

強く推定出来る、

北朝鮮悪権力者にとっての有益分子育成工作&不適応分子粛清工作」が

「連綿と行われ続けている」』。

『「実際は脅威では無く迷惑である、

北朝鮮の核・ミサイル問題」で

「脅威を煽り」、

「実際の脅威」である

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮悪権力者の意志の下の工作活動や、

日韓内に大量に居る工作員や協力者等を悪用した新たな戦争等」の

「現実問題」を

「無い事にし続けて来ている者たち」とは、

「北朝鮮悪権力者にとっての有益分子状態の者たち」だ』。

『「北朝鮮悪権力者にとっての有益分子たちが推奨している

政治家を首長にしたり、

政党に政権を持たせたりする」と

「北朝鮮や韓国や日本の中のその系統の人脈の者たちや企業・組織等を利す反面で、

日本を不利にする

政治等が行われてしまう実態」は

「多くの方々が、既に、重々実感している通り」だ』。

『「実際の脅威の悪影響」が

「其処に露呈している」が

「この手の問題を無い事し続けたがる」のが

「北朝鮮悪権力者にとっての有益分子たち」だ』。

『「北朝鮮悪権力者にとっての有益分子化している様相を露呈し続けて来ている者たち」が、

「昨今、

テレビ・マスコミ等で大騒ぎしている

森友学園問題」も

「そのスジの人脈による安倍自民党政権汚し工作等と考える」と

「非常に合理的になる」』。

『「実権を持つそのスジの、所謂、左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)官僚や公務員等が、

無理やり、安倍総理や総理夫人や自民党議員等々にすり寄って行った、所謂、左翼(同上)のお仲間、{出来の悪い右翼}的な、森友学園側と

組んで、

安倍自民党政権汚し~潰し等の為に、

一芝居打ち」、

「それを、所謂、左翼(同上)の、テレビ・マスコミ等の者たちが、

安倍総理や安倍総理夫人や自民党議員等と出来の悪い右翼的な森友学園等が結び付いていたり、

政治家圧力による官僚・公務員忖度等がさもあったかの如き、

イメージ等を付けて喧伝し続けている」・・・。

「その実体」は

「安倍自民党政権汚し~潰し工作」等と

「考える」と

「森友学園側による、意図的とも思える、問題の連発も、

買戻し契約まで付けた、まるで、小学校が出来ない事を前提としているかの如き、土地売買契約等々」も

「お仲間テレビ・マスコミ等の論調や

視聴者に与え続けて来ている安倍総理や自民党等へのイメージ等」も

「非常に合理的になる」』。

『「国会で籠池氏等を参考人招致出来た」なら

「ある事無い事言う事、言わせる事で、

更なる、安倍自民党政権汚し~潰し工作等」を

「行いたい」のかも知れない』。

『「森友学園問題の裏」にも、

「北朝鮮悪権力者等の意志等が強く感じられてしまう」・・・』。

『「明らかに普通では無い事」は

「もちろん、

偶然の場合も在る」が、

「偶然とは、滅多に起きないから偶然」で、

「実際」は、

「裏に、仕込みや工作等が在る場合が多い」』。

『「何れにしても、

日韓内等に大量に居る

北朝鮮悪権力者の手先たち等や

その集団が行い続けて来ている工作活動」等への「対策」や、

「その集団」を

「悪用」した

「金正男暗殺事件の拡大版、

新たな戦争、もしくは、大規模テロ」等への「対策」は

「急務」だ』。

『「例えば、

単独では、毒物では無いが、二剤混合し、工作電磁波等で反応を促進させれば、

VXの様な毒物と化す

薬剤を、

多数の、

防護服・防護マスク等着用済み、

或いは、解毒剤飲用・注射等済みの

工作員と

弱防護状態の協力者等に持たせて

大量散布したり、

ドローン等で空中散布したりする場所」を、

「予め、工作電磁波だらけ・・・にしておけば、

その空間で生き残れる」のを

「そのスジの人脈の者たちのみする事」等も

「可能になってしまう」』。

『「そして、その大事件の後」には

「大事件は無かった事にし、

大量突然死問題等として、

闇に葬る」なら、

「日本国内での多数派」を

「そのスジの人脈にしてしまう事」も

「可能になってしまう」』。

『「もちろん、この手の大犯罪」と

「北朝鮮悪権力者等との繋がりを実証する事」は

「かなり、困難になる」』。

『「日韓内に、

多数の北朝鮮悪権力者等の意志の下で動く者たちが居る事」を

「北朝鮮悪権力者等が使わない」と

「思えているなら、本当に深刻な平和ボケ」だ』。

『「上記の様な事態まで対応出来る体制等」を

「早急に構築する必要がある」』。

『「高齢で余命の短い、

北朝鮮悪権力者等は、

2020年までの、日韓乗っ取り支配完了」等を

「目指している可能性大かも知れないのだから!」』

『「北朝鮮悪権力者等の意志の下で行われている日韓内等での工作活動等や悪巧み等を解消させる事」は

「北朝鮮問題の解消にも直結している」。

「言うまでも無く、

北朝鮮悪権力者の命綱」は、

「使えば、アッと言う間に北朝鮮の負けになる時代遅れの軍備では無く、

日韓内等に多数居る北朝鮮悪権力者の意志の下で動かせる者たちによる

工作活動や

新たな戦争だから」だ』。

『「優等生ぶり、正義ぶり、北朝鮮悪権力者等ご用達の論等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上」等で

「ばら撒き続けて来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「北朝鮮のミサイルの脅威を大宣伝」しているテレ朝昼番では、「米軍基地があると日本も巻き込まれるゾ~!」と「未だ、日本は巻き込まれていないかの如き嘘イメージ論」を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、日本は北朝鮮による{見えない}戦争」に「とっくの昔から巻き込まれている」。

「{見えない}戦争が仕掛けられている事」とは

「工作活動が仕掛けられている事」で

「{見えない}戦争を仕掛ける事」は、

「実戦争では、勝ち目が無い弱小国の常套手段」だ』。

『「米軍基地が在ろうが、無かろうが、

北朝鮮悪権力者側に、

日本乗っ取り支配等の意志がある限り、

日本が北朝鮮側の仕掛ける

{見えない}戦争も含む戦争から

逃れられる訳も無い」』。

『「逆に、世界一の軍事力を持つ米軍の基地が在る事」は

「北朝鮮に実戦争を諦めさせ続ける重大な要素になっている」』。

『「ところが、テレ朝等では、タイトルの如き嘘イメージ論」を

「日本の公共の電波を使って、

一方的に大量配信している」』。

『「其処に在る」のは

「情報工作の臭い」であり、

「北朝鮮のお仲間の臭い」だ』。

『「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」に

「日本国内には、

北朝鮮系の者たちやその人脈にとっての有益分子化された人々」が

「其れこそ、ゴマンと居る」』。

『「その結果として、

北朝鮮側」は、

「日本全国各地から、多数の日本人を拉致する事や、

日本全国各地に居る北朝鮮系の工作員や協力者等を使った

電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

情報・教育工作、

政財界工作、

等々の{見えない}戦争」を

「仕掛け続ける事が出来てしまっている」ばかりか、

「{見えない}戦争」を

「無い事にさせ続ける情報・教育工作等までをも、

実行し続ける事が出来てしまっている」』。

『「現実問題」としては、

「少々、北朝鮮の、核、ミサイル技術が進んだところで、

{見える}戦争である実戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けになる状態」には

「何の変化も無い」』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等」とは、

「北朝鮮が、国としては、実使用出来得ない武器」だ』。

『「北朝鮮が取れる手段」は

「{見えない}戦争を出来る限り続ける事により、勝利を目指す道」と

「上辺では、国家主導と判らない、新たな{見える}戦争を仕掛ける事」等になる』。

『「逆から言う」なら、

「日韓が対策すべきポイントも其処にある」』。

『「自国内の北朝鮮系等の工作活動等の徹底排除」と

「自国内の北朝鮮系等の工作員や協力者たちの必要に応じた拘束等による

大量殺傷集団的工作活動の防止」等の

「実効のある対策」が

「必要」だ』。

『「実際」は、

「金正日が拉致を認めた段階」で、

「その他の{見えない}戦争」も

「ほぼ、バレている」。

「拉致実行工作員やその協力者等が世代交代をしながら連綿と続けている

日本国内の工作活動等」は

「何しろ、行っている者たちが、同じ人脈」なのだから、

「拉致がバレたという事は、

その他の工作活動等も、

既に、マーク済みという事に他ならない」』。

『「金正日」は

「拉致を認めた(=工作活動をバラした)事により、

北朝鮮の実権者である、国家元首たち等によって、

国家反逆罪に問われ、

{見えない}かたちで処刑されたから、

短命だった」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国内の北朝鮮系の工作員やその協力者たち」の

「現況」も、

「かつての金正日と同様である事」は

「想像に難く無い」』。

『「唯一の頼みの綱」が

「在日二世の子である金正恩による庇護」だが、

「北朝鮮の実権は、国家元首たちにある」のが

「現実だから、

その庇護が、どれ程の実効を持っているのかは、???」だ』。

『「さて、

上記の様な内実からすれば、

日本国内の北朝鮮の出先情報工作機関的様相を露呈し続けて来ている

多くのテレビ・ラジオ局やその関係者等の

近未来」が

「現況でどの方向に向かっているのか?」等は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「{見えない}戦争(工作活動)がバレた段階」で

「既に、国家反逆罪」となり、

「後は、処刑を行うダケ」というのが

「北朝鮮悪権力者たちの強い思い」に違い無い』。

『「その為の手段として、

中距離ミサイルに核等の大量破壊兵器を載せて、

一気に撃つ」等の

「手段が考えられる」のだから、

「喜び勇んで、北朝鮮のミサイルの脅威を大宣伝している場合では無い筈だが!」』

『「現況」では、

「出来る限り早く、

日・米・韓はもちろん、

中・露や今回の金正男暗殺事件で強く巻き込まれてしまったマレーシア等の国々まで含めた

{世界連合軍}等により、

国家元首たちも含む、北朝鮮の現体制を排除する事」こそが、

「激烈に求められている」』。

『「時を遅くすれば、する程、

北朝鮮が持つ核やミサイル等の数も増えてしまうから」だ』。

『「{見える}戦争での被害を最小限に押さえる為に必要な事」は

「既に、即断となってしまっている」のが

「現実」だ』。

『「例え、

{世界連合軍}等の側が動かなくても、

北朝鮮悪権力者たち」が

「必要十分な準備が出来た段階」で

「{見える}戦争を仕掛けて来る事になる」』。

『「何しろ、{見えない}戦争の究極の目的」は

「日韓の乗っ取り支配」と

「国家反逆罪を犯した者たちの完全粛清」だ』。

『「つまり、

どちらに転んでも、

否応無しに、

近々、極東地域は動く事になる」』。

『「北朝鮮国家元首たちの年齢や余命からも、

それは、ほぼ確実」だ。

「強欲な、内実、実利主義者たち」は

「生きている内の相応の結果」を

「強く欲しがる」。

「悪故に強欲化している者たちの実態」は

「本当に醜悪」だ』。

『「日本の公共の電波上」を

「北朝鮮等ご用達の面々で埋め続けている必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「日本国内の米軍基地を問題視」&「北朝鮮現体制とのj話し合いを望む」常連出演者等とその論が主の、テレ朝朝番等問題・・・。

『「北朝鮮が現体制から出来るだけ早く解放される事」は「世界中の多くの人々の共通の願い」だ。

「しかし、日本のテレビ常連出演者・マスコミ常筆者等の認識等は、違う場合も少なく無い」。

「例えば、

北朝鮮の現体制との話し合い(=北朝鮮現体制の存続)等を

強く望む思い等で、

視聴者・読者等を染め上げたい様相だったり、する」。

「何故か?」』

『「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「其処に在る」のは、

「人脈の問題」だ』。

『「金正恩」とは、

「在日二世の母親の下に産まれた

金正日の三男」だ。

「在日二世の母親」には、

「在日朝鮮人人脈との強い繋がりが有る」』。

『「先日暗殺されてしまった金正男」とは

「金正恩とは別の北朝鮮内の朝鮮人の母親の下で産まれた長男」だった』。

『「その長男が、後継者の道から失脚させられた」のは

「日本に密入国し、ディズニーランドに行こうとした(とされているが・・・)事」が

「バレてしまった事件が原因」とも言われている』。

『「工作活動国家北朝鮮にとって、

工作活動がバレる事」は

「国家反逆罪になる」。

「一般国民なら死刑にもなる重罪」だ』。

『「金正男の場合」は、

「父親金正日によって、死刑にはされなかったが、

{後継者としてダメ!}の烙印を押されていて当然」になる』。

『「何故、バレたのか?」

「言うまでも無く、金正男の密入国」は、

「在日朝鮮人人脈の者たちや、その協力者等」が

「日本国内の受け入れ態勢等を整えたり、

密入国の手助け等をしたり、

・・・等々、

大いに関わらなければ、実質的に不可能」だ』。

『「在日朝鮮人人脈の中」に

「金正男を失脚させる事」で

「在日二世の母親の子(金正日の次男・三男)を

後継者に就かせたい強い意志等があった」なら、

「金正男の密入国をバラす工作等を行っていても、

何の不思議も無い」』。

『「そして、事態」は、

「その意志があった様に、

動いた」』。

『「日本国内に少なからずいる、北朝鮮系の者たちにとって、

金正恩」とは、

「自分たちの人脈から出た北朝鮮の王、つまり、出世頭」でもある』。

『「金正恩の出世の為」に

「金正男を売る事までした」と「強く推定される者たち」にとっては、

「出世頭が無くなる事」は

「其れこそ、耐えがたい事でもあるのだろう」』。

『「北朝鮮内」で、

「朝鮮半島内に元々居る朝鮮人がどんなに粛清されても、

どんなに酷い扱いを受けていても、

在日朝鮮人の血統の者たち」が

「相応に優遇されている」なら

「問題無い」等というのが、

「朝鮮の血統主義文化の本質」だ』。

『「だから、

在日二世の母親の子を後継者にする為には、

金正男売りさえ、行えた」・・・』。

『「守るべきは、そのスジの血統の利権」であり、

「その為には、他の者・物・事の犠牲は厭わない」』。

『「その劣悪な精神文化上」には、

「日本国内でも、優遇される、優位な立場に就く」のは

「そのスジの血統のみにする」等の

「悪の意志」が

「明らかに見えている」』。

『「そんな者たちにとって」は

「北朝鮮現体制との話し合いが重要」で

「現体制との話し合いによって、

現体制が生き延びる事=自分たちの出世頭が生き延びる事」になる』。

『「日頃から、

上辺では、

人権だの、

差別反対だの等々で、

正義ぶり、

優等生ぶり、

大騒ぎしている者たち」の

「本心」が、

「自分たちの血統のみの利権増大の為なら、

他の者・物・事の犠牲は厭わない」等という場合もある事は、

「全視聴者・読者等が、

決して忘れてはいけない事」だ』。

『「現状の日本の自衛隊や防衛省等の状態で、

日本国内に米軍基地が無ければ、どうなるのか?」』

『「上記の様な要素も考える」なら、

「誰もが直に分る筈」だ』。

『「其れこそ、

アッと言う間に、

北朝鮮が反撃力の極めて薄い日本に対して、

乗っ取り支配戦争等を仕掛けて来る事になる」。

「日本国内での集団的工作活動やテロ等と合わせて、

在日朝鮮人の血統が日本を乗っ取り支配する体制」を

「アッと言う間に築こうとする可能性絶大」だ』。

『「日本国内の米軍基地を無くす前」には、

「自衛隊、もしくは、日本軍等だけで、

日本国・日本国民を十分に守れる体制の整備」が

「必需」だが、

「もちろん、当然の如く、

日本乗っ取り支配等を画策し続けて来ている

反日国悪権力者等の人脈の者たち」等は

「その様な当たり前の事は無い事にしたがる」。

「逆に、

防衛費増大や

テロ等準備罪等の法整備」等を

「問題化したがる」』。

『「今、大問題化されている森友学園問題にしても、

多くのテレビ・ラジオやマスコミ等で、

主として、論を述べている者たち」とは、

「上記の様な内実を持っている者たちである場合が多い」。

「政治問題や、

推奨政治家・政党」等でも

「事情は同じ」だ』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨している方向」に、

「例えば、

多くの有権者の意思等が{動かされる}」と

「日本社会」が、

「在日朝鮮人系やその協力者等にとって

都合の良い方向に動かされてしまっている場合が多い」。

「そして、その先」には、

「北朝鮮金正恩~体制による

日本乗っ取り支配等も

見え隠れしている」』。

『「多くの視聴者・読者等」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で、自論等を一方的に大量配信し続けて来ている者たち」の

「内実」を

「決して見失ってはいけない」』。

『「その論等の先」には、

「どんな事態が見えて来るのか?」等を

「常」に、

「検証しながら、

常連出演者や常筆者の論を見聞きする」なら

「常連出演者や常筆者」の

「内実」を

「理解・把握する事」は

「決して難しい事では無くなる」』。

『「例えば、

常連出演者が言っている、常筆者が書いている、その論」は、

「日本国・多くの日本国民をより有利にしたり、

良い状態にしたりする事に

繋がっているのか?」

「反日他国や在日の者や協力者も含む反日他国の悪権力者人脈等を、

より有利にする事等に繋がっているのか?」等の

「問題意識」を「持ち」、

「常連出演者や常筆者の論等の先」に

「見えて来る状態等」を

「検証等し続けながら、

見聞きしたり、読んだりする」なら

「テレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「マインドコントロール等されてしまう可能性もかなり減る」』。

『「常連出演者や

常筆者や、

テレビ・ラジオ・マスコミ等が推奨している政党や政治家」等の

「実体」も

「見抜き易くなる」』。

『「何れにしても、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

益々、「騒動つくり工作」&「騒動と安倍自民党政権を結び付ける事による大衆の反安倍自民党政権感情等煽り工作」の臭いが濃厚になって来ている森友学園問題だが・・・。

『「森友学園が購入した土地」には、「何と!学校が成立しなかった場合には、元値で買い戻す契約まで付いている」という「報道まで出て来ている」。

「その辺り」には、

「騒動を起こし、騒動と安倍総理や自民党等を無理やり繋げ、

騒動により、一定の反安倍感情や反自民党感情等を大衆の中に仕込む事が出来た後」には、

「騒動を仕掛けた側は、大きな損害を被らずに、スルッと抜け出す仕込み等」の

「臭い」が「漂っている」』。

『「上辺が保守の森本学園が騒動を起こす事」は

「大衆が保守に対して悪いイメージを持ち易くなる事」にも

「繋がっている」。

「それは、

所謂、左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)と同じ人脈による

{出来の悪い右翼}の前例」からも

「明らか」だ』。

『「森本学園、言うまでも無く、学校」だ。

「戦後日本の学校教育界では、所謂、左翼(同上)が蔓延り続けている」。

「学校教育界で蔓延っている人脈にとって、

学校の設立等で騒動を起こす事を考え出す事」等は、

「簡単な事」だろう』。

『「所謂、左翼(同上)系の学校設立等で騒動を起こしてしまえば、自爆行為になる」が

「内実としては、お仲間の、{出来の悪い右翼}を演じている者たち」が

「保守系の学校をつくる上で、

大問題や騒動を起こす」なら

「保守や保守系の政党等に、悪いイメージを付ける事も可能になる」』。

『「無理やりにでも、総理大臣とも繋げてしまえば、

保守系とされている安倍自民党政権に大打撃を与える事も可能になる」等と

「所謂、左翼(同上)人脈の悪策略者たち」が

「実行計画を考え」、

「お仲間、官僚・公務員等にも協力させて、

実行に移した」のが

「森友学園問題の実態・実体」かも知れない』。

『「一旦、騒動化出来た」なら

「お仲間、左翼(同上)テレビ・ラジオ・マスコミ等が、

頼まなくても、大騒ぎする事等」も、

「折り込み済み」で・・・』。

『「森友学園側からの執拗な

自民党議員や安倍総理や安倍総理夫人に対する

働きかけ」も

「余りに、早い、行政側の対応」も、

「ワザワザ問題をどんどんつくり出しているかの如き、森本学園の対応」も、

「お仲間、テレビ・マスコミ等による{森友学園大騒動}の大宣伝」も、

「まるで、騒動が起き、学校の設立が無くなる事まで見越しているかの如き、

元値買い取りまで付けた契約」も、

「上記の様に考える」なら

「非常に合理的になる」』。

『「工作活動国家北朝鮮等の臭い」や

「それと同様の臭いが漂っている問題」が、

「戦後日本社会の中で、連綿と起こり続けて来ている」。

「言うまでも無く、それは、とんでもない異常事態」だ。

「正常化・健常化が急務である事」も

「言うまでも無い事」だ』。

『「こんな実態が在る」のに

「テロ等準備罪等にも、未だ、反対!もしくは、骨抜き化!等」というのが

「所謂、左翼(同上)人脈の実態」だ』。

『「正攻法の政策論争等を十分に行えず、

{悪戯な反対政党}化したり、

場合によっては、工作活動まで行っているかも知れない(例えば、鴻池事務所メモは、どうやって手に入れたのか???)者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「もっとも、議員は、選挙で落とせるから未だマシ」だ。

「問題」なのは、

「{公共}の電波上や{公共}のマスコミ上で、蔓延り続けて来ているが故に、

{かなり大きな実利権を保有出来ている}のに、

選挙さえも無い者たち」だ』。

『「高級公務員等もそれに近い」が

「公務員の場合は、選挙で選ばれた政治家による更迭等の措置も可能だから、

未だ、少々はマシ」だ。

「公務員の場合」は、

「有権者がテレビ・マスコミ誘導等により、

選択を誤らせられ、

例えば、独裁者的首長等を選んでしまう」と

「不当更迭の雨嵐等となってしまう危険性も大きい」』。

『「健常な選挙の為にも、民度アップの為」にも

「テレビ・ラジオ・公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「劣悪な化学兵器論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「人類は、何故?化学兵器等をつくってしまうのか?」

「その根本対策としては、格差・差別等を無くせば良い」等の旨

「優等生ぶって言っていた常連出演者等」とは、

「この問題の本質が???の根本的おバカか、

本質を隠蔽する事による悪巧み等に邁進している悪」と

「強く推定出来る」』。

『「実際」は

「人類が、武器や化学兵器や核兵器等々の

自虐物質文明製品を生み出して来ている事」も

「戦争やテロや殺傷事件や格差・貧困等々の

自虐精神文化製品を生み出し続けて来ている事」も

「表層現象に過ぎ無い」』。

『「そして、この表層現象」には、

「常連出演者という

過剰偏向・偏重状態上に在る人を容認し続けて来ている

現状テレビ・ラジオ界等」、

「劣悪な精神文化製品も含まれている」』。

『「言うまでも無く、

それらの表層現象を生み出している元」は

「多くの人類の精神構造が健常成長出来ていない事」であり、

「精神構造が健常成長出来ていない状態の人間たちによる大衆合意」だ』。

『「つまり、解決法は既に明らか」で、

「多くの人類が自らの精神構造を健常成長させれば良いダケ」だ。

「その為に、実効のある情報や教育等を

意識的かつ積極的に行えば良いダケ」だ』。

『「テレビ常連出演者等、

多くの人々の精神構造が健常成長出来ていないが故に生じている

不健常利権上」で

「過分な立場・報酬・権力等を得る事が出来、

それを今後も、貪り続けようとし続けている

醜悪で劣悪な者たち」が

「問題の本質に言及していない」のは

「ある意味、当然の現象でもある」』。

『「だから、

もちろん、

視聴者」は、

「そんな常連出演者等が

不健常利権を維持し続ける為には好都合な{お手盛り論}等」を

「鵜呑みにし、

自らを常連出演者等の{お手盛り論}に支配させる自虐業等を

行うべきでは無い」』。

『「現状で、

多くの視聴者が目指すべき」は

「本質に言及した論等が、

普通にテレビ・ラジオ・マスコミ情報等として配信される

健常状態を得る事」だ』。

『「既存の常連出演者等や

偏向・偏重論等を

排除する事」等は

「上記の様な実態・実体からも明らか」な様に、

「健常状態を近づける実効のある手段に成り得る」』。

『「はっきり言えば、

テレビ常連出演者等が、

どんな」に、

「テロ・戦争等を無くせ!」

「格差や差別を無くせ!」

「・・・等々」と

「公共の電波上で優等生ぶり、正義ぶり、訴えていたところで、

実際のテロ・戦争等や

格差・差別等が無くなる訳も無い」。

「しかし、

多くの人類の精神構造を健常成長させる事に有益な情報配信等を

意識的かつ積極的に行う」なら

「表層現象であり

自虐現象である

テロ・戦争等の問題や

格差・差別等の問題」も

「実際に、解決方向に向かう事になる」』。

『「この差は、絶大」だ』。

『「日本の現状のテレビ・マスコミ界の実態・実体」としては、

「例えば、

北朝鮮等の核・ミサイルや化学兵器大量保有問題でも、

本日の常連出演者等が言っていた{新たな戦争}問題」でも、

「実質的には、

核・ミサイルや化学兵器等を持ち、

{新たな戦争}の元とも成り得る状態を持つ

北朝鮮等の側」を

「重大な存在だゾ~!」等と

「宣伝している様なモノ」だ』。

『「其処」には、

「例え、悪でも、力こそ全て!」

「力を持ち比べっこで勝てば勝ち!」

「どんな手段を使ってでも、勝ったなら、(自己健常支配も行わずに)負けた側の支配し、負けた側から略奪等する事等も当然!」等々の

「悪臭が漂っている」・・・。

「それは、近隣反日他国悪権力者等の劣悪な精神文化の臭い」でもある・・・』。

『「その様な実態・実体の裏に漂っている」のは

「同じ人脈の臭い」に他ならない』。

『「もちろん、言うまでも無く、

例えば、北朝鮮が国としてミサイル等を発射し戦争等を起こすなら、

実際は、北朝鮮側がアッと言う間に負ける戦争となる」。

「だから、実際は、北朝鮮の核・ミサイル・化学兵器等とは、

北朝鮮が国としては使えない代物に他ならない」』。

『「そこで、ひねり出されて来た様相なのが、

{新たな戦争論}」だ』。

『「例えば、

北朝鮮が持つ、化学兵器等が、

例えば、

日韓内に大量に居る、

北朝鮮系の工作集団やその協力者等に渡され、

日韓内で集団的大量殺傷テロを起こした場合、

マレーシアでの金正男暗殺事件と同様、

北朝鮮の国としての関与等が明白にされなければ、

日韓内の反北朝鮮派は大量殺害されていても、

北朝鮮は国として安泰となる」』。

『「その様な状態を、

実際に、実現出来てしまう」なら

「北朝鮮が

朝鮮半島と

日本国内を

乗っ取り支配する事さえもが

可能になってしまう」』。

『「もちろん、

そんな事態を防ぐ為」には、

「テロ等準備罪等の法整備や実効のある摘発体制の整備等」が

「有効になる」が

「多くの方々も重々ご承知の様」に、

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」では、

「テロ等準備罪に反対!」や

「テロ等準備罪骨抜き化」等に

「熱心な者たちや、論等」が

「何故か?或いは、当然、

主として常連出演だったり、

主流の論として風潮だったり

・・・して来ている」』。

『「実に、お寒い状態が

其処に露呈され続けて来ている」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等により

日本国内の北朝鮮問題等に対して

不感症状態に追いやられている視聴者・読者等」は

「この重大問題」を

「まるで、かつての拉致や竹島問題等々の如く、

無い事にしたまま・・・」だ』。

『「本当に、深刻な危機」が

「其処にある」』。

『「多くの人類が自らの精神構造を健常成長させる事」は

「上記の{新たな戦争}を未遂に終わらせる事にも直結している」』。

『「{新たな戦争}を起こす事等により、

日韓の乗っ取り支配等を画策し続けて来ている

悪北朝鮮権力者系の者たち」では「無い」のなら、

「多くの人類が自らの精神構造を健常成長させる事に役立つ情報等を

意識的かつ積極的に配信する事等」に対し

「邪魔をしたり、反対をしたり、抗ったり、・・・等々する訳も無い」』。

『「それなのに、現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界」は

「どうだろうか???」』

『「北朝鮮悪権力者人脈の臭い」が

「濃厚に臭って来る」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジコ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

石原元都知事の記者会見報道の後に、いちいち小池都知事による反論等を付けている劣悪情報配信状態の番組が多いが・・・。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道」なら「基本的には、石原元都知事の会見内容だけを現実通りに伝える」のが「当たり前」だ。

「ワザワザ、

小池都知事による{後出し反論}等」を、

「石原氏への取材時の、{侍、果し合い、言葉狩り}の後」にも、

「石原氏の記者会見の後」にも、

「実体より遥かに大な枠を取って、いちいち付ける事」は

「小池都知事側を意図的に利す為の

偏向・偏重情報配信」になる』。

『「小池都知事のお仲間テレビ・マスコミ等による情報配信のやり方」には

「強い情報工作臭が漂っている」』。

『「お仲間とは、利権共同体人脈であり、

その利権が、

思想信条等なのか?

血統・民族等なのか?

・・・等々」は

「情報を受けている多くの人々」が

「今までの情報配信内実等から判断すれば良い事」だろう』。

『「前都政をちゃぶ台返しして、

まるで、クレーマーの如く、問題点を探し出し、大騒ぎし、

その責任を元都知事等に強く求める

政治文化」からは、

「近隣反日国の政治文化の臭いが強烈に漂って来る」』。

『「そんな小池都知事を

実質的に、応援し続けて来ている

お仲間テレビ・マスコミ等」からも

「同じ近隣反日国の臭い」が

「強烈に漂って来ている」』。

『「重大な問題は、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界の多く」が

「異常な戦後処理故に、

そのスジの人脈によって実質的に牛耳られ続けて来ている事」だ』。

『「その絶大なる悪影響」として、

「産まれた時から、

そのスジご用達の情報・教育漬けにされ、

実質的に、マインドコントロールされ続けている、

多くの視聴者・読者等」が、

「この重大異常事態」を

「異常で直ちに是正すべき事等と

正常感知する事さえ出来ていない事」だ』。

『「その結果」として、

例えば、

「内実」としては、

「安全に使える豊洲への移転を

安全潔癖症等を盾に、ズルズルと延期させる

実質的、停滞~衰退化工作等を行っている小池都知事等」を

「都民の為の仕事を行ってくださっている正義の使者等」と

「勘違い出来てしまっている人々の数」も

「未だ、決して、少なく無い」』。

『「日本の政治を、

近隣反日他国の様な状態にしても、

ロクな事は何も無い」。

「それは、近隣反日他国自体が、どんどん衰退している実態からも明らか」だ』。

『「自分たち以外は、徹底衰退させ、支配する手法」とは

「日韓併合前の朝鮮半島内」や、

「今の北朝鮮等」の

「悪権力者たちが好んで使っている手法」だ』。

『「日韓併合前の朝鮮半島内が、単独では、国の存続さえ危うくなった史実」や

「もはや、世界中から嫌われている状態にまで陥っている様相の今の北朝鮮の実態」からも、

「その手法の自虐度の高さ」は

「明白」だ』。

『「自虐行動等を平然と行えてしまう者たち」とは

「自らの精神構造を健常成長させる事を怠っている者たち」でもある』。

『「もちろん、そんな者たちに、

例えば、

血統や民族や武力保持や金力保持等を理由に、

過分な立場・報酬・権力等を与える事」も

「大いなる自虐になる」』。

『「多くの人々が、自虐スパイラルから抜け出す為」にも

「個々の人々が、自らを自虐状態から解放する事が肝要」になる。

「精神構造を健常成長させる事」こそが

「自虐から自らを解放する鍵になる」』。

『「比べっこによる他の者・物・事支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造のまま、

上辺の知識が技術力等ダケを

過剰装備等出来ている

異常な程、アンバランスでグロテスクな者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故の悪現象など、

即刻にでも解消させる」のが

「当然」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレビでは、「鴻池議員秘書のメモ」を本物として、常連出演者等が森友学園問題を論じているが・・・。

『「該当メモが本物か?否か?」は「鴻池事務所に確認すれば良い事」だが「筆者が見た番組」では、「その辺りを、未だ、はっきり報じていない」。

「メモが本物」なら

「どの様な手段や過程によって流失したのか?させたのか?」等も

「重大問題」になるが、

「その辺りへの言及も無し」だ』。

『「普通に考えれば、

秘書がメモを取っているにしても、

森友学園との会談時ダケ取っている訳も無い」。

「つまり、

鴻池事務所側が{選択的リーク}でもしていない限り」、

「今、共産党やテレビ等」が

「森友学園関連ダケを露呈させている秘書メモの裏」には

「他の大量の別事項の秘書メモがある可能性大」だ』。

『「国会議員秘書メモが流失している事」は

「言うまでも無く、大問題」に他ならない。

「どの様な手段で共産党等が該当メモを手に入れたのか?」の

「検証」は

「其れこそ、国の安全保障にも関わる重大事」だ』。

『「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等」では

「この重大問題」を

「実質的に、黙殺状態・・・」。

「明らかに異常」だ』。

『「其処に在る」のは

「議員秘書メモを、恐らくは、盗聴・盗撮・侵入等の工作手段等により

不当に入手している者(たち)」の

「お仲間の臭い」だ』。

『「仮に、鴻池事務所のメモが本物だとしたところで、

現状ではっきりしている実態」は

「籠池氏側が積極的に鴻池議員事務所を訪れ、

実質的、無理難題を積極的に依頼している事」と

「鴻池事務所をまるで、行政との連絡機関の如く使っている様相」だ。

「籠池氏側は、地方議員にも積極的に接触している様」だが、

「森友学園問題で問題視されている土地価格等の値下げ等」を

「実際に、行った、行えたのは、行政の者に他ならない」』。

『「其処で露呈している実態」は、

「{議員との接触アリバイ}」を「元」に

「行政の者が籠池氏等の利益を図った事」に他ならない』。

『「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等」では

「森友学園問題」と

「安倍総理」や「自民党」を

「何としてでも、繋げたい様相」だ』。

『「安倍総理を繋げる事が無理と判る」と

「安倍総理夫人を公人化する事」で

「公人である総理夫人」が

「森友学園問題と繋がりがある絵図」を

「多くの人々の頭の中に焼き付けたい様相」だ』。

『「もちろん、現況では、日本の総理夫人は、公人では無い」。

「法的な立場も無ければ、

総理や議員の様に税金から報酬等が与えられている訳でも無い」。

「総理夫人の警護等の為に公費や公務員等が使われている」が

「それは、公人に対する警護等では無く、国家安全保障上の問題故の警護等」だ』。

『「現況で、総理夫人を無理やり公人化しようとしている辺り」にも

「情報工作~大衆誘導等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「森友学園問題で騒ぐ事の実効は?」を

「考えるなら、誰もが気づく筈」だ。

「この問題も、

所謂、左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)野党・テレビ・マスコミ等々の人脈による

所謂、左翼(同上)側を有利にする為」の

「政治運動等である事」に・・・』。

『「森本学園問題=所謂、左翼(同上)と同じ人脈による、出来の悪い右翼演じ等」と考えるなら、

「所謂、左翼(同上)公務員等」が

「協力」した

「集団的政治工作の臭い」さえ、

「濃厚に漂って来る」』。

『「逆から言えば、本来のテレビ・マスコミ等」なら、

「その辺りの深層真相を探究調査報道等する事」こそが、

「本当の仕事になる」』。

『「それなのに、現状では、多くのテレビ・マスコミ等」が

「まるで、お仲間の如く、

所謂、左翼(同上)側をより有利にする

実質的、政治運動等に邁進・・・」なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「其処にあるのは、

異常な戦後処理を引き摺ったまま故の、

人脈等の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、少年・少女死傷事件を受けて、常連出演者等が劣悪論を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「少年少女期の人の脳」は「色々な情報等を積極的に覚え込み、覚え込んでいる情報ダケを基に、考えを深め易い状態にある」。

「つまり、未だ、未熟」だから、

「例えば、

一人の恋愛対象者について覚え込み、

その恋愛対象者との恋愛について考えを深める」なら、

「現実離れもし易くなる」等の旨は、

「あまり、脳科学者???らしい表現では無いが、概ね、その通り」だ』。

『「しかし、

その様な状態に陥る事を防ぐ為」に、

「社会性を養う教育等や、

他の人との繋がりを・・・」等の旨では、

「時代遅れの劣悪論の域を出ない」』。

『「人に限らず、生物が存続の為に自らの構築度を上げ続ける事」の

「実態・実体」は、

「先ずは、巨大化」であり

「次に、多数化」であり

「その次に、多種多様化」であり

「その後、重要使用機能等を残しながらの、単純化・縮小化による場所空け」だ。

「この基本的な流れ」は

「地球生命体細胞群(広義の自分)」でも

「人類個体(狭義の自分)でも、その脳の中」でも

「基本的に同じ」だ』。

『「人間の脳神経細胞ネットワーク」も

「産まれる前から、

先ずは、巨大化~多数化を急速に行い、

その後、多種多様状態となる脳神経細胞ネットワーク構築を

急速に行う」。

「云わば、脳のハードの部分」は

「産まれる前~乳児期~少年・少女期までに、ほぼ基本がつくられている」』。

『「乳児期以降は、

ソフト面での、同様の構築度アップが

母体内時より遥かに活発に行われている」』。

『「人類個体の場合」、、

「~乳幼期までは、基本的に、

先ずは、個体自体の存続の為」に、

「母親からの母乳や愛等をより有利に取得する為の行動原理等」が

「脳内で構築されている」』。

『「ほとんどの人類個体の場合」、

「他の者・物・事との比べっこ上」で

「乳房(母乳)に対する支配権・母親の愛による被支配権」を

「より有利に争い得る為」の

「精神構造が構築されている」』。

『「云わば、人類誰もの、

~乳幼期までの基本精神構造」が

「其処にある」』。

『「その後得る情報・教育等」は、

「基本的に、構築されている精神構造の上に載る事になる」』。

『「精神構造の健常成長を行えていない場合の人類個体上」では

「乳幼レベルの精神構造の上に、数多くの情報・教育等が載せられる事になる」』。

『「人は誰でも、自らの精神構造を健常成長させる事を怠ってはいけない」』。

『「乳幼期の精神構造のまま、高等情報・教育等を受け、身につける事」とは、

「高等情報・教育等で得た知識や技術等を自虐利用して

とんでも無い事態さえも起こし得る状態をつくっている事でもある」』。

『「本来なら、学校教育や世間一般に溢れている情報の中」で

「精神構造自体を成人レベルに健常成長させる事が誘われている」のが

「健常人間社会の当たり前」だ。

「ところが、現状の否健常人間社会」では

「実質的には、むしろ、精神構造の乳幼期固定化さえもが誘われている状態」だ』。

『「現状の未熟で劣悪な情報・教育群の中」では、

多くの人々が、自らの精神構造を健常成長させる事が出来なくなり、

乳幼レベルの

他の者・物・事との比べっこ支配権・被支配権争い精神構造のまま

色々な者・物・事を覚え、

乳幼レベルの精神構造のまま

覚えた者・物・事を基」に

「行動を起こしたり、製品をつくったり、使ったり、

・・・している、させられている」・・・』。

『「まるで、悪魔の意志に沿わされている様な状態を露呈している」のが

「現状人類世界」の「寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「悪魔の意志から、人類を解放する方法」は

「もう、明らか」だ。

「全ての人類の精神構造を健常成長させれば良い」のだから、

「情報・教育面でも、

精神構造の健常成長に役立つ情報・教育を

意識的かつ積極的に実践すれば良い」』。

『「逆に、現状依存や他の者・物・事依存等を誘う解決法???を繰り返しているダケ等々」なら、

「時と共に、悪魔の意志の力がどんどん増す事になる」』。

『「該当事件」も、

「他に、

同様の事例が、それこそゴマンとある

精神構造の健常成長を行えていない者たちによる惨劇」の

「実例」だ』。

『「根本的対策は、既に明らか」で

「精神構造の健常成長を促す情報・教育を行う事」だ』。

『「それなのに、

テレ朝昼番常連出演者等」は、

「実質的には、

社会化(≒現状社会適応)教育や、

他の人依存煽り」等々の

「劣悪論」を

「優等生ぶって言っていた・言えていた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「情報・教育等が健常化・正常化」され、

「他の者・物・事との比べっこ支配権・被支配権争いの精神構造」から

「実体・事実・現実探究&自己健常支配の精神構造」への

「健常成長」が

「多くの人類の中で行われる」なら

「出来の悪過ぎる精神文化製品である

現行の社会・経済システム等の是正も必然になる」。

「社会依存者や経済依存者や他の者・物・事依存者の数が激減している人間世界」では

「自虐事件・事故等も激減する事になる」。

「世界中がその様な状態となれば、

世界平和が当たり前」で、

「テロ・工作活動・戦争等々の自虐事態も

壊滅状態になる」』。

『「地球生命体細胞群の中の人類としての本来の役割」を

「全ての人々が知る」なら

「物質文明側である科学技術の進歩・進化も意識的かつ積極的に行い続ける」と「共」に

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている科学技術を利用した物質文明製品の

自虐使用状態等を排除する為」にも

「精神文化側を物質文明側以上に

意識的かつ積極的に進歩・進化させ続ける実務を

行い続ける」のが

「当然」になる』。

『「現状では、あまりにも、精神文化側が遅れ過ぎている」。

「だから、世界中で、人類全体でも、自虐事態が勃発し続け、自虐事態が進行し続けてしまっている」。

「テロ・戦争・工作活動等々や

殺傷事件等々や

地球温暖化による急激な環境変動等々」の

「実態・実体」からも

「人類の自虐事態の是正が急務である事」は

「論を待たない」』。

『「それなのに、未だに、先進国である日本の公共の電波上でも、

時代遅れの劣悪論等が

ばら撒かれ続けている」。

「自虐事態を温存せしめる為の自虐行動」が

「其処に在る」』。

『「自虐事態を温存せしめる為の自虐行動等を行い続けている常連出演者等」とは

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在でもある」。

「早々に、是正行動等を起こした方がご当人の為とも思うが」・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が、森本学園問題を、何としてでも、自民党や安倍総理等と繋げたい様相だったが・・・。

『「共産党議員が示したメモ」とは「その詳細さ等からして、メモでは無く、録音か、盗聴等の書き起こしである可能性がかなり高い」。

「常識的に考えても、議員事務所の者」が

「会談中に詳細なメモを取る訳も無い」。

「全ての該当会談に参加していた」のは

「森友学園側の者と議員事務所の者になる」が

「野党共産党側に、会談内容を漏らす可能性が高いのは、どちらか?」

「森友学園側が、所謂、左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)等と同じ人脈の

出来の悪い右翼演じ組」なら

「森友学園側が意図的に漏らした可能性が大きくなる」。

「森友学園側が、真性右翼等で、

議員事務所側に、所謂、左翼(同上)等のスパイがいない」なら

「盗聴~書き起こしの可能性が一番高くなる」』。

『「上記の旨記した後、テレ朝夕番」では、

「該当メモ(コピーの様だったが)の映像」が「放映されていた」。

「もちろん、書き起こし時に、如何にも、該当事務所のメモの如く・・・という工作の可能性も大きい」が、

「場合によっては、盗聴・盗撮等の手段では無く、

古典的な侵入工作による情報盗み等の可能性も大」と

「強く推定出来る」。

「事務所関係者が、メモを金で売った」等の「事態が無い」のなら、

「該当情報は、工作的手段により盗まれたか、つくり出されている可能性大」だ』。

『「何れにしても、策略や仕込みの臭いが濃厚な、詳細なメモ」だ』。

『「テレ朝朝番等」では、

「財務省等の公務員側には実権が無い」から

「森友学園の要望に沿う様な形で、事を進めた裏には、

政治家の圧力がある論」で

「視聴者の頭の中を染め上げたい様相」だった。

「しかし、もちろん、政治家の圧力無し」で、

「公務員側が特定の者や組織等に特別な配慮を行う事は可能」だ』。

『「依頼者に政治家や政治家事務所等を訪問させ、

その実績を基に、

あたかも、依頼者が訪問した政治家や政治家事務所等側から何等かの働きかけ等があったかの如く、

セクション内での理由づけ等を行ってしまえば、

かなりの無理難題でも、

通せてしまう」』。

『「もちろん、該当政治家側にバレて政治家側が激怒する様な事態となってしまえば、ダメ」だが、

「余程、大きな問題でも無い限り、

知らず知らずの内に、

官僚等に理由づけ等の為に、

利用されていたダケの政治家が、

その内実に気づく事は

先ず、無い」。

「更に、依頼者に、複数の政治家事務所を訪問させれば、

何処の誰の意図によるのか?」等を

「政治家側が、確かめる事はより困難になる」』。

『「差別の無い公務員界には、

所謂、左翼(同上)の官僚等もゾロゾロ・・・」で、

「実際の官僚等」は、

「意外と、やりたい放題であるばかりか、

元々、相応に頭が働く者たちが多いので、

そんな実態・実体や

官僚側が責任を追及される事態等が

露呈する事は、

極稀」だ』。

『「森友学園問題」からは

「安倍総理や自民党等に、

悪いイメージを付ける工作の臭い」が

「濃厚に漂って来ている」』。

『「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等」では、

「その濃厚な臭いの元等を探究する事無く、

むしろ、率先して、

森友学園問題と安倍総理や自民党等との

繋がりイメージを増大させる情報配信等を行い続けている」』。

『「其処にあるのは、お仲間の臭い」だ』。

『「工作活動国家北朝鮮のお友達、旧社会党等の人脈の者たち」なら

「スパイ・工作活動等が得意でも、何の不思議も無い」』。

『「何しろ、

元北朝鮮工作員」による、

「海外に居る北朝鮮の者の全て」は

「北朝鮮の国家保衛部(省)所属」の

「北朝鮮にとっての不適応分子粛清等の為の工作員だという」話しまである。

「日本の中のお友達」が

「協力等していても、何の不思議も無い実態・実体」が

「其処にある」』。

『「因みに、盗聴・盗撮・覗き監視等」は

「そのスジの人脈の得意技」だ。

「工作電磁波を使えば、簡単に、覗き監視や盗撮等を行う事が出来てしまう」。

「更に、ターゲットの粛清等まで可能」だ』。

『「今回の詳細なメモ」も、

「そのスジの人脈による盗聴書き起こし」が

「野党共闘等の関係にもある共産党」に

「渡された可能性大」かも知れない』。

『「金正男暗殺事件の実態からも明らかな様」に、

「北朝鮮系の工作」は

「北朝鮮に近い者を実行犯にせず、

少し離れた

北朝鮮にとっての有益分子化している者を使う手法が取られている」。

「金正男暗殺事件の場合は、既に、バレバレ状態」だが、

「一般的」には、

「元を探究され辛くする為には、合理的な手法」だ』。

『「何れにしても、

日本の中の工作対策は、

本当に急務」だ』。

『「テレ朝朝番等の主たる論調の延長線には、どんな日本社会が見えてくるだろうか?」

「例えば、与党や与党要人等を悪戯に責め、

政権交代や野党勢力の増大等を誘う事」で

「日本社会にどの様な事態が起こり易くなるだろうか?」』

『「テロ等準備罪等にも反対!」

「強い骨抜き化を要求!」等というのが

「現状の多くの野党の実態」だ。

「それで、日本国内のスパイ・工作活動等を排除したり、抑制させたりする事が出来るのか???」

「日本国民の安全や健康が守れるのか???」』

『「むしろ、スパイ・工作活動天国状態を維持せしめる事」で

「例えば、日本乗っ取り支配工作等をよりやり易くさせよう・・・」とさえしている様相さえも・・・が

「其処に露呈している」』。

『「其れなのに、現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調」は、

「実質的に、野党等を利する論調」だ。

「しかも、何処の局でも、何処の公共的大マスコミ等でも、

毎度、毎度、

同様の者たちが、

同様の論を主として繰り返している状態」だ。

「まるで、視聴者・読者等をマインドコントロールし続ける目的でもあるかの如く」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、アイドル刺傷事件の裁判判決を受けて「自分を健康にコントロールする大切さ」等を自分を健康にコントロール出来ていない様相の常連出演者等が優等生ぶりながら述べていたが・・・。

『「その厚顔無恥ぶり」は「本当に醜悪」だ。「刺傷事件等を起こした者」が「自分を健康にコントロール出来ていない事」は「論を待たない」が、

「平然と、常連出演等続けてしまっている者たち」もまた、

「自分を健康にコントロール出来ていない事」は

「既に、明らか」だ』。

『「現行法で許されている行為だから・・・等」と、

「偏在利権上に自分を置き、偏在利権等を貪り続けているその姿」は

「本当に醜悪」で

「他の常連出演者等、共々、

{偏在利権貪り}等を

公共の電波上で公然化している事に伴う実害」も

「かなりのモノになっている」』。

『「ある意味では、

該当事件も含む、

数多くの事件・事故等の遠因でもある」のが

「現状の多くのテレビ等による情報配信内容」の

「実態・実体」だ』。

『「殺人やいじめ等は、実質的に、教えていても、

自分を健康にコントロールする事は、教えず」、

「起きてしまった事件・事故等をダシ」に

「現状で優位利権等を取得出来た極一部の者たちが

優等生ぶり、正義ぶる・・・」。

「まるで、戦時中、敵という同じ人類をより多く殺傷した者が誇っていた様に」・・・』。

『「そもそも、該当容疑者に限らず、

現状人間社会の中で暮らしているほとんど全ての人々」は

「自分を健康にコントロール方法等」の

「情報・教育を満足に得られていない」。

「つまり、自分を健康にコントロールする事が困難な状態で育成されている人々」が

「ほとんど全て」というのが

「寒過ぎる現状人間世界の実態・実体」だ』。

『「そればかりか、至る所で、

他の者・物・事との比べっこ支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造を保持させられたまま、

経済戦士等として{現状}適応させる{調教}等」まで

「行われている」』。

『「コレでは、事件・事故やテロ・戦争等々が起きない方が不思議」だ』。

『「本質的には、自虐的な{調教}を行わせる意志」は、

「何処から来ているのか?」

「言うまでも無く、

それは、

自分を健康にコントロール出来ていない多くの人々による大衆合意」だ』。

『「実質的には、

人類滅亡さえも誘っている

自虐的な経済・社会システムや法等」も

「その大衆合意故に維持され続けて来ている」』。

『「(現行)法に沿って、自分を健康にコントロールして暮らすべし!」の

「実体」は

「戦前~戦中等の時代を振り返るなら誰もが分る筈」だ。

「当時の(現行)法に沿って、自分を健康にコントロールする」とは、

「例えば、男性なら、国家・国民の為になる良い兵士・将校等になる事」だった。

「女性なら、身を売る事さえも厭わず(当時は、売春も合法)、家族やお国の為に尽くす事」だった。

「もちろん、言うまでも無く、そんな処に、自分を健康にコントロールしている実態は無い」』。

『「ここで、戦前~戦中等の時代」と

「戦後~」を

「全くの別モノ等と考え、

戦後~の日本社会の中なら、

(現行)法に沿って、自分を健康にコントロールすれば良い」等と

「考えられたり、思えたりする」なら、

「相当のおバカ」と

「言わざるを得ない」。

「もちろん、言うまでも無く、

戦後~の日本社会」とは、

「戦前~戦中の、武力による比べっこ他の者・物・事支配権/被支配権争い」から

「経済による比べっこ他の者・物・事支配権/被支配権争い」に

「かわったダケ、つまり、アタマの武力が経済にかわったダケ」で

「比べっこ他の者・物・事支配権/被支配権争い」という

「本質は、変わっていない」。

「比べっこ他の者・物・事支配権/被支配権争い」とは

「成人レベルなら、基本的には、自分を健康にコントロールしていない状態」だ』。

『「他の者・物・事支配権/被支配権争い」とは

「自己支配の代償欲求の追及行為に他ならない」から、

「その過剰追及行為等」は

「自分を健康にコントロールする事(=自己健常支配)」とは

「ほど遠い、実質、劣悪行為等」になる』。

『「偏在利権上に平然と鎮座し続けている常連出演者等」とは、

「代償欲求の過剰追及という、

まるで、ヤク中毒者の病状の様な実態を体現する事には

成功している」が

「自分を健康にコントロールする事には失敗している見本みたいなモノ」だ。

「それは、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態・実体の一つ」でもある』。

『「自分を健康にコントロールする為」には

「自分の実体把握が必要不可欠である事」は

「言うまでも無い」。

「自分とは何か?さえ???」では

「自分を自分で健康にコントロールする」等も

「あったモノじゃない」』。

『「幸いな事」に

「既に、人類誰もの実体は、約60兆の細胞群である事等」が

「科学レベルで判明している」』。

『「生きている人類」なら

「今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を体験しながら存続している存在である事」も

「既に、科学レベルで判明している」』。

『「生物の誕生・死とは、基本的に細胞ごとの実現象」だ』。

『「ところが、一個体の、人、もしくは、高等生物の意識」は

「一個体ごと」だ』。

『「人類の、古からの、丸ごと一人の死生観や人生観等」とは

「一個体ごとの意識のみを実用してつくられた思考体系等」に他ならない』。

『「今時の人類」なら

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の一個体細胞群である自分」と

「一個体ごとに認識したがる自分の意識」の

「双方を実用した死生観や人生観を保持していて然るべき」だ。

「そして、其処が、自分を健康にコントロールする基礎になる」』。

『「細胞群としての自分の実体を知る」なら

「細胞ごとの命の連続性に考え・思いが至って当然になる」。

「細胞ごとの命の連続性を辿るなら、

其れこそ、地球上のほとんど全ての生物が自分と繋がっている事が判る事になる」』。

『「狭義の自分は、約60兆の細胞群」だが

「広義の自分は、他人も含む地球上のほとんど全ての生物」だ』。

『「現実」として、

「人類も、他の生物を食する事で存続し続けている」。

「多くの生物が、多くの場合、互いに、広義の自分の一部を食する事で、存続し続けている」。

「それでも、地球の生物は、

自らを互いに食いつぶし抹消する方向には向かわず、

むしろ、多種多様性を極めながら、存続する方向に向かって来ている」』。

『「人類の誕生も、

地球無き後の広義の自分の存続という課題に対する解答なら、

非常に合理的になる」。

「広義の自分にとっての最重要課題は、存続」だ』。

『「狭義・広義双方の自分の実体を理解・把握」し

「自分の実体の最重要課題を理解・把握する」なら

「ようやく、どうする事が自分を健康にコントロールする事になるのか?」も

「分る事になる」』。

『「狭義・広義双方とも、

自分の実体を健常に生かし、

自分の実体の本来の目的を、健常実現し続けて行く事に繋がる、行動や生き方等」が

「自分を健康にコントロールする事に繋がっている」』。

『「狭義の自分ダケを、偏重したり、過剰優遇したりして、生かし続けていても、

広義の自分を大きく損ねている状態」なら

「自分を健康にコントロールしている状態では無い事」は

「もはや、明らか」だ』。

『「比べっこによる他の者・物・事支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造のまま、

狭義の自分ダケを過剰優遇等せしめようと頑張る裏で、

広義の自分を大きく損ねる事」等は、

「本質的悪事に他ならない」。

「正に、悪魔に魂を売り渡した状態」が

「其処に在る」』。

『「自分を健康にコントロールする」なら

「狭義の自分の精神構造を健常成長させる事」を

「忘れる訳も無い」。

「乳幼レベルの、比べっこによる他の者・物・事支配権/被支配権争いの精神構造」から

「成人レベルの、本質・実体・事実・現実探究&自己健常支配の精神構造」に

「狭義の自分の精神構造を健常成長させる実務」は

「全人類、誰もが、本質的に与えられている、基本的な実務」だ』。

『「この基本的な実務を疎かに、

現状利権を貪る者たちの害悪」は

「巨大」だ。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「現状の社会・経済システムや、法等」は

「比べっこによる他の者・物・事支配/被支配権争い」を

「出来る限り、円満・円滑に行わせ続ける為」なら

「相応に合理的な面も多い」が、

「実体として、かなり自虐要素が強い事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「全ての大元」は

「個人個人の精神構造の健常成長レベル」だから、

「先ずは、出来る限り多くの人々が、

自らの精神構造を健常成長させる事」により

「社会・経済システムや法等の大衆合意自体」を

「改善する事」が

「肝要になる」』。

『「今時の情報・教育等の仕事の本分」は

「出来る限り多くの人々が

自らの精神構造を健常成長させる為に役立つ

精神文化製品等を生み出し続ける事」だ。

「テレビ(ドラマ・バラエティー・ニュースショー等々、上辺は何でも)でも、

ラジオ(同上)でも

映画(上辺は、何でも)でも

小説(同上)でも

音楽(同上)でも

絵画(同上)等々でも、

学校教育等々でも、

政治や法整備等々でも

・・・より性能の良い精神文化製品にする事」が

「激烈に求められている」』。

『「悪戯に、人々の思いや感情等を煽ったり

常連出演者等に依存させたり、

実質的、マインドコントロールや大衆誘導等をしたり、

・・・している情報配信上等」にあるのは

「同様の新たな事件・事故等が連綿と続く上に、テロや戦争等まで呼び寄せてしまう状況」であり、

「平和や人類の存続~永続ではあり得ない」』。

『「それなのに、未だに、常連出演者等の実質的、戯言等」を

「公共の電波上で、一方的に大量配信・・・」では

「本当に劣悪」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「森友学園の設置に行政が力添え」の旨喧伝していたが、それなら、「何処のどんな者が積極的に力添えしていたのか?」等を取材し報道すべきでしょ・・・。

『「{差別の無い}公務員界」には「所謂、左翼(その内実は、親朝鮮・親中国共産党等)もゾロゾロ・・・」というのが「戦後日本社会の実態」だ。

「行政が・・・」と「表現する」と

「多くの視聴者の中」に、

「中立公正な官の者が・・・」等の

「イメージ」が「構築され易い」が、

「実態・実体がその通り・・・とは、もちろん、限らない」』。

『「行政が・・・」の「内実」を

「調査報道等する」なら

「森友学園問題の本質も判り易くなる筈」だ』。

『「例えば、

所謂、左翼(同上)人脈の者たちが、積極的に力添え・・・」なら

「森友学園問題とは、

所謂、左翼(同上)人脈による

意図的な問題仕込み」と

「強く推定出来る状態が浮き彫りになる」。

「テレビ・マスコミ等による放射能潔癖症煽り」が

「数多い{自主}避難民を生み出させ」、

「原発問題等関係無く、よそ者いじめ等に走り易い年代の子どもたちの中で、

原発と結び付けて問題化し易い

いじめ問題を生じさせ、

それを、テレビ・マスコミ等が大問題として喧伝する事等により、

視聴者・読者等の中に反原発感情等を育成する

{工作}」と

「同様の事態」と

「強く推定出来る状態が、浮き彫りになる」』。

『「逆に、所謂、保守系の行政担当者等が、積極的」なら、

「戦後日本の、所謂、左翼(同上)系に偏向して来ている、学校教育等に対する

ある種の反動形成である実態・実体」が

「浮き彫りになる」』。

『「何れにしても、

担当行政官等の実体を調査報道しないまま、

その他の問題にし易い

上辺の要素だけ

偏重して取り上げて、

公共の電波上で

常連出演者等が

正義ぶり、

優等生ぶっている状態」は

「明らかに、劣悪」だ』。

『「日本国憲法で保障されている思想信条の自由」からは、

「私学である森友学園の思想信条面での教育内容や理事長等の思想信条に対して、

まるで、大問題であるかの如きイメージを付け、

公共の電波上で、

実質的、偏向叩き等している事自体不当」になる。

「それは、森友学園の思想信条面での教育内容」を

「他の宗教・民族団体等の学校の思想信条面での教育内容と並べる」なら

「誰もが判る事」だ。

「学校の思想信条面での教育内容を問題とする」なら

「森友学園だけでは無く、

他の宗教・民族団体等の学校の思想信条面での教育内容」も

「所謂、一般的な学校の思想信条面での教育内容」も

「並べて、論じるべき」だ』。

『「正道上で論を展開せず、

偏向邪道上で論を展開し続け、

それを、公共の電波上で一方的に配信し続けて来ている者たち」は

「本当に、{劣悪}」だ』。

『「内実」として、

「{劣悪}な者たちばかり・・・が、主として常連出演」で、

「{劣悪}論等ばかり・・・を、主として、公共の電波上で情報配信」では

「必然的に、視聴者が受け続けれいる{害悪}もかなりのモノになる」。

「実際に、悪影響が、日本社会に反映されている」から

「同様の新たな事件・事故等が連綿と起こり続けている状態」も

「なかなか改善されない」』。

『「{性能の悪い精神文化製品}状態である現状のテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「改善が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »