« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

サンデーモーニングでは、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う情報配信等に熱心だったが・・・。

『「ご用達専門家(?)による、北朝鮮は、既に、核小型化に必要なデータ等を得ているゾ~!{脅し}」等まで、「盛り込んで」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が一番嫌っている実戦争」を

「何としても、回避させようとしていた」のだから、

「その北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」は

「本当にお見事!(もちろん、皮肉)」だ』。

『「更に、日本の政界」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等に都合の良い状態にする為」等になら、

「合理的になる」、

「森友学園問題騒ぎ継続」や、

「現政権大臣等に対する{言葉狩り・態度狩り}等」の

「{マスコミ工作}を正当化」し

「{マスコミ工作}の成果を、強化すべく、更なる、{マスコミ工作}」を

「行っている様」も

「本当に、見事!(もちろん、皮肉)な北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」だ』。

『「もちろん、そんな{マスコミ工作}の成果上」には、

「多くの一般日本国民の利や益は無い」』。

『「{マスコミ工作}が、テロ等準備罪等へも及んでいる事」は

「ある意味、当然の現象」になる。

「拉致問題を考えれば、

誰もが分る様」に、

「事前摘発を可能にする法整備」は

「日本国内で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」で、

「スパイ・工作活動等を行っている者たち」にとって、

「極めて困る法整備に他ならないから」だ』。

『「監視社会等の問題」を

「白々しく、正義ぶって、風潮した事」も、

「大いに呆れた」』。

『「戦後の日本社会」では、

「既に」、

「北朝鮮系等のスパイ・工作員等」が、

「多くの一般市民も含む日本国民」を

「監視し続けて来ている」』。

『「拉致対象者の割り出し等」や

「数多くの、要人等、個人情報等暴露等」が

「出来た」のも

「その悪の体制故」だ』。

『「監視について、

多くの方々は、誤解されているかも知れない」が

「監視自体が現実問題を生むのでは無い」。

「監視して得られた情報等の悪用」が

「現実問題を生む」。

「逆に、監視して得られた情報等の善用」は

「多くの善良市民の利や益を生む」』。

『「悪者は、監視自体を嫌う」が

「善良市民なら、悪用を問題にする」のが

「当然」になる』。

『「監視自体を問題化等する

{マスコミ工作}

{政治工作}等を

行っている者たち」が

「善良市民側では無い事」は

「上記のポイントからも、明らか」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員・政界工作員等たち」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下であり、

情報工作員・政界工作員等」に他ならない』。

『「日本社会から排除すべき」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちによる、

一般日本国民も含む、監視・盗聴・盗撮・粛清工作等々」だ。

「新たに、

国等の

善良である事が、

民意等により、公然と求められている側」が

「工作員等の割り出し等を可能にする為に始める監視等」を

「問題にする」のは、

「工作員側」と

「相場は決まっている」』。

『「今、北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「{チキンレース時間稼ぎ}の間」に

「日韓内で、工作活動による大きな成果を得る事」を

「目指している」』。

『「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先たちが山ほど居る、日韓内」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子等を

大量に一斉粛清する

非人道的な大工作を行う事」で

「日韓内を北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置く戦略」には、

「未だ、勝ち目がある」等と

「信じたがっている」のが、

「カルト宗教国家北朝鮮の劣悪国家指導者等の内実」だ』。

『「日韓の善良市民にとって

極めて、重要な事」は

「北朝鮮等による悪の工作活動や大工作の為の仕込み等を、

一刻も早く、徹底摘発~徹底排除する事」だ。

「それに、余りにも時間がかかり過ぎる」なら、

「アッと言う間に終わる被害の少ない実戦争等」により、

「大元の北朝鮮劣悪国家指導者等を完全排除する事」だ』。

『「日韓内で、工作活動が続けられている限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「核・ミサイル等の開発等も放棄しない」。

「日韓内の工作活動が徹底摘発~徹底撲滅される」なら

「核・ミサイル等を放棄する事による、

体制維持ダケ」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命綱になる」』。

『「北朝鮮の核ミサイルの実用化が成功してしまう」と

「実戦争は極めて困難となり」、

「核ミサイルの脅しの下」で

「日韓内の悪の工作活動等も、更に、強化される事になる」。

「その前の実戦争なら、米韓日側の圧勝になる」』。

『「善良市民」なら

「そのどちらを選択するべきか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下以外」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

核大国の長となると共に、

工作活動大国の長となり、

日韓を始めとする

工作活動による全世界支配を

実現する為に、都合の良い方」を

「選ぶ訳も無い」』。

『「金正恩の母は、在日二世だと言う」。

「在日朝鮮系の人々」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「金正恩に、

核・ミサイル開発と

日本国内の工作活動等の放棄」を

「金正恩に近い分だけ、より強く、進言するべき」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」で

「悪の工作活動等を行い続けている」なら

「日本社会から排除され、

刑務所の中に送り込まれるか、

北朝鮮等に強制送還・強制送致等される」のが、

「当然になる」』。

『「日本の敗戦に付け込んだ火事場泥棒、

自国民衰退化支配、

他国民拉致、

他国内スパイ・工作活動(粛清工作も含む)、

大韓航空機爆破、

偽札製造~使用、

覚せい剤製造~販売、

他国内爆破テロ、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ、

コンピュータ技術悪用他国からの資金略奪、

国連決議違反、

国際社会の意向無視、

・・・等々、

散々、極悪非道の限りを尽くして来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為になる論等」を

「未だに、言い続けたい」のなら、

「北朝鮮内でどうぞ!」が

「当然」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「日本の中の北朝鮮等による工作活動等を告発しない方が異常」だ』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

日米韓VS北朝鮮、チキンレースの本質・・・。

『「数十年前、金日成時代の北朝鮮」では、「張りぼて戦闘機や、張りぼて戦車等々で、まるで、学芸会の様な軍事パレード」を「行っていた」。

「それを、見た、世界中の多くの国々の人々等」は、

「北朝鮮をバカにし、

北朝鮮に脅威等を覚える事は無かった」。

「ところが、その裏」では、

「既に、

北朝鮮の工作員や協力者等による

スパイ・工作活動等が旺盛に行われていた」』。

『「大衆興味寄せの為の軍事パレード」だから

「みっともないモノでも、行う必要があり」、

「張りぼて、学芸会でも良い」等というのが

「その時の北朝鮮劣悪国家指導者等の考え」だった』。

『「上記の数十年前の事実」は、

「北朝鮮という国家」の

「劣悪国家指導者等の実体」を

「露呈させている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による

国家戦略等の本質」は

「大衆興味寄せの見せ球に過ぎ無い、

時代遅れの軍備等にあるのでは無く、

その裏で行われている

主として、他国内でのスパイ・工作活動等に在る」』。

『「数十年前の、{張りぼて学芸会軍事パレード}等の裏」では、

「主として、日韓内」で、

「多数の日韓国民が

北朝鮮によって拉致され始めていた」。

「スパイ工作や、日韓国民虚勢化・無害化等工作や、政界工作等々」は、

「既に、旺盛に行われていた」』。

『「戦後の日韓内」には、

「多数の北朝鮮系の者たちや、その協力者たちが居続けている」』。

『「戦後の日韓内」では、

「主として、その人脈の者たち」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令・命令等の下」で、

「拉致を含む、

多種多様なスパイ・工作活動等を

旺盛に、

行い続けて来ている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑」では、

「大衆興味寄せの見せ球に過ぎ無い時代遅れの軍備」にも

「十分な実効を持たせてしまう事」と

「先ずは、日韓内に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話路線や

北朝鮮に対する太陽政策等、

親北朝鮮世論を形成させる事」と、

「情報工作・政界工作等の成果として、

先ずは、日韓内に親北朝鮮政権を樹立する事」等が

「当面の目標になっている」』。

『「その為には、もう少しの時間が必要になる」。

「核ミサイルの実用化は、もう直ぐ」だ。

「日韓内の工作活動の成果も出始めている」。

「日本の安倍政権転覆や政権交代等は、失敗に終わりそうだが、

韓国内では、朴政権は転覆し、親北朝鮮大統領が誕生するかも知れない」。

「核ミサイルの実用化に成功し、先ずは、韓国内だけでも、親北朝鮮化出来る」なら

「かなりの確率で、その後が開けて来る」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、今、思っている」・・・』。

『「それが、北朝鮮劣悪国家指導者等の今の本音」だ』。

『「上記の様な北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑」が

「実現してしまうとどうなるのか?」』

『「実効を持つ軍備脅しの下に在る

親北朝鮮状態韓国内」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による支配下に置く事等」が

「実現し易くなってしまう」』。

『「更に、北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による、日本内の支配工作等もやり易くなってしまう」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による、

先ずは、朝鮮半島内と日本内の乗っ取り支配」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の当面の目標」だ』。

『「そして、

その後は、

朝鮮半島と日本をベースにして、

全世界を支配する事」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

本当の目標になっている」』。

『「元々が、自分で自分を健康にコントロールし続けるのでは無く、

その代わりに、他の者・物・事を支配しようとし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」は

「何故生まれたのか?」』

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「本質的に悪い事を行わない事が肝要になる」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等とは、悪事の上に生み出された存在」だ。

「自己正当化の為に、他の者・物・事等の支配に邁進する精神構造」を

「生まれながらに仕込まれている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」とは、

「日本の敗戦に付け込んだ火事場泥棒という本質的悪事の上」に、

「旧ソ連が担ぎ出した者」を

「無理やり、英雄化して載せた」ところから

「始まっている」』。

『「英雄化の中身も、悪事」だ。

「日韓併合時の、迷惑、少数山奥反政府武装勢力(もちろん、本質的、悪事)の故事」を

「無理やり、美化・正当化(もちろん、本質的、悪事)」して

「被せた」』。

『「その下」で、

「その象徴や権力等の正当化の為」に、

「先ずは、人民支配を行わせた(もちろん、コレも本質的悪事)」』。

『「元々が、旧社会・共産圏の都合」で、

「火事場泥棒の上」に、

「人民支配をさせる為に担ぎ出された者たち」だから、

「既に、大いに、本質的自分を害している者たち」が、

「国家元首等とされてしまって来ている」のが

「実体」だ』。

『「その様な元」を

「無理やり正当化し続けようとする」と

「行わなければならない事等も、

当然の如く酷くなる」』。

『「支配圏を広げる為の、朝鮮戦争然り、

主として、日韓内でのスパイ・工作活動等然り、

大韓航空機の爆破然り、

偽札然り、

覚せい剤然り、

他国内爆破テロ然り、

国連安保理決議無視然り、

国際社会の意向無視然り、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ然り、

コンピューターハッキングによる銀行預金等略奪然り

・・・等々、等々」』。

『「もはや、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

自分の実体を実体通り意識・認識する事」には、

「かなりの困難・苦難等が伴う状態になってしまっている」。

「そんな者たちの手下状態に居続けている人々の哀れさ等は、

もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「意識・認識等する事が困難な、自分の実体」から、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が逃げ続けようとするとどうなるのか?」』

『「世界中の他の者・物・事等の全て」を

「支配しようとし続ける極悪欲動(健常欲動は、自己健常支配の継続)等」が

「生じて来てしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「そんな劣悪国家指導者等の下」に、

「国家を築けば、どうなるのか?」

「実体として、カルト宗教国家となってしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「精神構造上の大病等を治さない限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い等は無駄」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の、

「精神構造上の大病を治せる可能性は、極めて低い」』。

『「実際」に

「話し合いが無駄である事」は、

「過去の話し合いの歴史が、既に、実証している」』。

『「過去の、米朝二国間も含む、話し合いの結果」が

「今の北朝鮮の状態」だ』。

『「更なる、話し合いを続ければ、どうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「実効のある核ミサイルを保持出来る事になってしまう」と「共」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による、

先ずは、日韓内の支配」が

「行い易くなってしまう」。

「もちろん、そんな事態は、絶対に阻止しなければならない」』。

『「上記の様な事態が起きない為」に

「必要な事は明らか」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等自らが、

核・ミサイル開発等と他国内での工作活動等を放棄する事」か、

「世界中の圧力や、

場合によっては、

主として、米韓日による実戦争等」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による、

核・ミサイルの開発等と他国内での工作活動等を

排除する事」だ』。

『「北朝鮮がまたまた弾道ミサイルを発射した」が

「失敗」した。

「世界中は抗議し、

圧力強化に動いている」』。

『「その裏」では、

「主として、日韓内」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たち」が

「出来る限り早く、

日韓内を北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い状態にするべく、

工作活動等を強化している」』。

『「今のチキンレースの本質」は

「北朝鮮と米国のどちらが実戦争の引き金を引くのか?降りるのか?」には「無い」』。

『「時間稼ぎと核・ミサイル開発や工作活動等の継続により」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

精神構造上の大病状態のまま蔓延り続ける事が出来る状態」を

「構築出来てしまうか?否か?」だ』。

『「否にする為には、北朝鮮に時間を与えてはいけない」。

「時間稼ぎのチキンレースは、北朝鮮の都合に沿う事になる」からだ』。

『「直ちに、核・ミサイルの開発等と他国内での工作活動等を

北朝鮮劣悪国家指導者等が放棄しない」のなら、

「米韓日はもちろん、中も露も、一斉に、北朝鮮に軍事侵攻するべき」だ。

「実戦争は、

他国内には、ほとんど被害をもたらさず、

アッと言う間に終わり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の問題は、

早々に解消される事になる」』。

『「北朝鮮は、

劣悪国家指導者等による支配から解放」され、

「最低でも、中国共産党支配下の中国レベルの状態にはなる事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等とその手下たち」は

「本当に、世界中の迷惑」だ。

「根本的に、精神構造上の大病状態なのだから、

国家指導者等の要職に就く前に、

自らの精神構造上の大病を治すべき」だ。

「精神構造上の大病を患っている者たちの手下状態の者たち」は

「一刻も早く、そんな異常状態から自分を解放するべき」だ』。

『「日本国内でも、

北朝鮮劣悪国家指導者人脈等の

決して少なく無い割り合いの者たち」は、

「もう、既に、

数多くの、

摘発され、

逮捕され、

厳罰に処されるべき、

殺傷工作等までも

行ってしまって来ている」のだから、

「近々、大元を排除なり、逮捕等なりした後」は

「どんなに人数が多くても、

続々と、

逮捕~厳罰に処す等の

処置を速やかに行うべき」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の為の工作活動等を行い続けて来ている」のだから、

「事態収拾後の北朝鮮」に、

「強制送還・強制送致等すれば良い」等と

「強く、感じている一般日本国民の数も、かなり多い」』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下を止めない者たち」とは、

「本当に、深刻な、おバカ等」になる』。

『「人間として健常な資質が有る」なら

「精神構造上の大病者の手下に成り下がるのではなく、

精神構造上の大病者の大病を治す方向に力を加える」のが

「当然」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の一人、金正恩は、

在日二世の子だそうだが、

近い位置に居る者たちの責任」は、

「相応に重い」』。

『「もっとも、近い位置に居る者たち」も

「精神構造上の大病状態」なら、

「人間としての健常等を望むべくも無い事になってしまう」が』。

|

テレ朝朝番では、北朝鮮問題等について、多くの常連出演者等が、北朝鮮劣悪国家指導者の都合に沿う解釈等を、日本の公共の電波上で「宣伝」していたが・・・。

『「歴史から学んでいる」なら「ロシアによる北朝鮮接近=かつての、日ソ中立不可侵条約、ロシア軍の北朝鮮国境線展開=戦後混乱期の領土略奪等の為の準備」である事等は、

「直に、分る」。

「北朝鮮問題の今後」も

「強い国連決議に反発した北朝鮮の核実験強行等

~米・日・中・韓、実質、連合軍による

話しても無駄な北朝鮮劣悪国家指導者等の駆除」となり、

「その際には、あっという間の終わる局地戦が起こってしまう可能性大である事等」も

「直に、分る」。

「ロシアが、その時に、北朝鮮側に着く訳も無い事」も

「直に、分る」。

「ロシアが行う事」は

「北朝鮮との友好関係破棄~北朝鮮領内への軍事侵攻」で

「戦後の北朝鮮を分ける時に、

中・韓共々、露も加わる事等である事等」も

「直に、分る」』。

『「その辺りを見越した、

戦後の北朝鮮内をどうするのか?」の

「合意形成」が、

「昨今、盛んに行われている」のが

「表に出て来ていない、本当の実態」と

「強く推定出来る」』。

『「早い話し、

近々、北朝鮮劣悪国家指導者側」が

「自主的に、

核・ミサイルの開発と他国内での工作活動等を放棄しない限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等の未来」は、

「短い事になる事」は

「もう、既に、決まっている」』。

『「今、ボールは、北朝鮮劣悪国家指導者側に在る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「近々、自主的」に、

「核・ミサイルの開発と他国内での工作活動等」を

「放棄するか?」

「否か?」が

「強烈に問われている」』。

『「それなのに、未だに、テレ朝朝番」では

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

現状のまま、

核・ミサイルの開発や他国内での工作活動を続け続けられる事等」を

「実質的に、前提としている論等を主に」

「日本の公共の電波上で一方的な情報の大量配信を行っていた」』。

『「曰く、

中国が北朝鮮援助から遠ざかっても、ロシアが北朝鮮を援助する旨」、

「戦争は、未だ、準備が出来ていないから、当分、起こせない旨」、

「このまま米軍展開状態等が、

更なる緊迫を煽る状態にまで至った後は、

米軍等は、どの様に、展開事態等を、収拾するのか?等の旨」、

「北朝鮮の広報官は、核実験を止めない旨公言している旨」、

・・・等々。

「特に、酷い」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「事態がこれ以上深刻化する前に、

自ら、

早々に、

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄するべきだ!等の旨」を

「声を大にして言っていない事」だ。

「体制維持の為」には、

「核・ミサイル開発等では無く、

核・ミサイル・他国内での工作活動等の放棄こそが、

一番合理的になる事等」も

「言っていない事」だ。

「それらは、皆、

実質的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達論」に他ならない』。

『「実際」は、

「ロシアについては、上記の様な可能性が一番高い」。

「軍事的には、

狭い、時代遅れの軍備しか持っていない、

北朝鮮を

ほとんどの反撃を封じ、

アッと言う間に、完全制圧する程度」の

「準備」は、

「既に、整っている」。

「ほとんど反撃の無い、アッと言う間の完全制圧が前提」だから、

「日韓等内の人々の避難等も基本的に必要無い」。

「日韓内等で対策すべきは、

主として、工作活動対策で、軍事対策では無い」。

「事態収拾に一番必要な事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

核・ミサイルの開発と他国内での工作活動等を放棄する事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しないのなら、

北朝鮮劣悪国家指導者等を排除する事」だ。

「上記の様な、当たり前の論等を言わず、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う論等を言い続けて来ている」のは

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」が

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上」で、

「主であって良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「散々、北朝鮮の手下的様相を露呈し続けて来ている、日本のテレビ人としての資質が???な者たち」が、「大臣の資質問題」等を、優等生ぶり、正義ぶり、語っていたが・・・。

『「言葉狩りの成果」を「審議拒否、国会進行妨害」等に「悪用する」のは、「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)人脈」の「得意技」だ。

「日頃から、表現の自由等を散々訴え続けて来ているクセに、

大臣等の言動の場合」には、

「内実では無く、

上辺の言葉を狩り続けて来ている」のだから、

「そのダブルスタンダードぶり」は

「本当に、醜悪」だ』。

『「言葉下手な大臣等には、

あまり、悪意等を感じる事は出来ない」が

「言葉狩り等をし続けて来ているテレビ・マスコミ等には、

明らかな悪意を感じる」』。

『「健常な感性を持つ人々」なら

「同様の感を持っている筈」だ』。

『「それなのに、

言葉狩りを行っている側の、常連出演者等」が、

「自分たちの事は、抜きにして、

政治家の感性について、

批判・非難等していた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「其処」には、

「泥棒が逃げる時、あいつが泥棒です!等と叫ぶ、

何処かの国等の劣悪な精神文化の臭い」が

「濃厚に漂っていた」』。

『「●●恐怖症・●●潔癖症等煽り」等で

「世論等をあらぬ方向に誘導する」のも

「所謂、左翼(同上)人脈」の

「得意技」だ』。

『「そして、それらの目的」は

「日本の政権を奪取」し、

「日本社会や多くの日本国民等」を

「所謂、左翼(同上)人脈等」が

「支配する事」に他ならない』。

『「所謂、左翼(同上)の人脈」は

「北朝鮮劣悪国家権力者等」や

「中国共産党等」にも

「繋がっている」から

「所謂、左翼(同上)人脈の者たち」が

「北朝鮮や中国共産党支配下の中国等」を

「利す方向に、日本の大衆を導こうとし続けて来ている事」は、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「如何に、所謂、左翼(同上)等」でも、

「さすがに、

日本の公共の電波上で、

明らかな、北朝鮮劣悪権力者の手先状態等」を

「露呈し続ける事」等は

「所謂、左翼(同上)等の実体が露呈し過ぎ、

視聴者等に対する、欺き力や説得力等も

激減してしまうから、

・・・困難になった様」」で、

「本日」は

「米韓軍の大き目の軍事演習」と

「北朝鮮の{自称、史上最大級}の軍事演習」の

「絶大なる差」等を

「紹介していた」』。

『「北朝鮮の時代遅れの軍備(核・ミサイル等も含む)」が

「如何に、無駄で、北朝鮮にとっての自虐にしかならない事等」を

「浮彫りにする、

まともな

配信情報内容」だった』。

『「トランプ大統領」は、

「金正恩」に

「正気になって欲しい旨述べていた」旨の

「情報も流された」』。

『「金正恩」が

「時代遅れの軍備の無駄さや、北朝鮮にとっての自虐性等」を

「正しく、悟り、

即刻にでも、

核・ミサイル開発と他国内での工作活動等」を

「放棄すれば良い」のだが』。

『「もっとも、その可能性」は

「カルト宗教国家北朝鮮の実体」や

「北朝鮮の実権構造等」からも、

「極めて低い」のが

「寒過ぎる現実」と

「強く推定出来てしまう」が』。

『「現状」では、

「北朝鮮が

核・ミサイル開発や他国内での工作活動等を放棄せず、

行い続け、

その蓄積が、

今までの、人類世界が無理やり先送りし続けて来ている

北朝鮮のデッドライン(死線)を超えた時、

否応無しに、

アッと言う間に終わる戦争となってしまう」のが

「近未来の実状になってしまう可能性大」だ』。

『「北朝鮮」が

「ならず者国家である事」は

「論を待たない」』。

『「北朝鮮」とは、

「元々が、

日本の敗戦に付け込んだ火事場泥棒的悪行の上」に、

「日韓併合時の、迷惑、

当時の、日本人・朝鮮人によって、山奥に追いやられ、

実害が極めて小さくなっていた、

少数反政府武装勢力の故事」を

「拡大化・英雄化・虚飾等して、

旧ソ連が、

旧ソ連内に居た、旧共産圏にとって都合の良い国家を築く為の人材として都合の良い者を

頭に据えた者に被せ、

象徴にする事」等により、

「無理やり立ち上げた国家」だ』。

『「北朝鮮」の

「元々の精神構造」が、

「反政府武装勢力・火事場泥棒・捏造史を基にしたカルト宗教国家」だから、

「実際に、行って来ている事もかなり酷い」』。

『「朝鮮戦争は、旧ソ連等の都合もあったかも知れない」が

「その目的は、朝鮮半島内略奪支配」だ。

「朝鮮戦争後」も

「多数の他国民の拉致」や

「大韓航空機の爆破」や

「他国内非人道的工作活動」や

「国際社会の意向や、国連決議等の無視」や

「他国内爆弾テロ」や

「他国内化学兵器VX使用国家指導者の実の兄暗殺テロ」等々、

「正に、極悪非道の限りを尽くして来ている」』。

『「一般人間社会で言う」なら

「全力を挙げて、逮捕し、罪を問い、厳罰に処す」のが

「当然の状態」だ』。

『「それなのに、

今までの人間世界では、

全力を挙げて、

北朝鮮劣悪国家指導者等を

逮捕等して来なかった」。

「その結果」として、

「北朝鮮問題」は

「現状の様に大きくなってしまっている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の逮捕等」は

「即刻、行うべき事」だ』。

・・・・・・・。

『「言葉狩りや態度狩り等を行っている者たち」と

「国会で、審議拒否や議事進行妨害等を行っている者たち」は

「基本的に、同じ人脈の者たち」だ。

「その実体等」は

「主として、北朝鮮のお友達、旧社会党系の人脈の者たち」になる』。

『「日本国内で、集団的工作活動等を行い続けて来ている

北朝鮮等の工作員たちや、

朝鮮系の割合が一般日本社会より明らかに高い●暴等の者たち等」にとって、

「テロ等準備罪の成立」は

「何としても阻止したい」。

「戦後日本のテレビ・マスコミ界や学校教育界に多い、

北朝鮮のお友達、旧社会党系の人脈の者たち」は

「お仲間の利権維持等の為」に

「情報工作~政界工作等を行い続けて来ている」』。

『「現状では、日本社会の、其れこそ、至る所」で

「実質的に、露呈」している

「電磁波工作や、

飲食物工作や、

侵入工作や、

医療工作等々」の

「主として、北朝鮮系の者たちが行い続けて来ている様相の、

非人道的な工作活動等」を

「ロクに告発等せず」、

「言葉狩りや、

態度狩りや、

●●恐怖症煽りや、

●●潔癖症煽り等々を行い続ける事や、

偏重・偏向ニュース配信等」により、

「多くの日本国民の興味等をあらぬ方向に誘導し続けようとして来ている者たち」とは、

「どんな者たちなのか?」等は、

「多くの日本国民が、真剣に考えるべき事」だ』。

『「普通に考える」なら

「其処には」、

「何処かの、誰かの、為の、情報工作員等」の

「実体」が

「露呈している事」等になる』。

『「その人脈にとっての不適応分子等に対する、

殺傷目的等まで含む、

非人道的工作活動等を行い続けて来ている

暴力工作員等」を

「庇い、援助等し続けて来ている情報工作員等」の

「罪の重さ」は

「どれ程か?!」』

『「そんな者たち」に

「日本の公共の電波上」や

「日本の公共のマスコミ上」等で、

「主たる立場等を与え続けていて良いのか?!」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、言葉狩りの成果「復興大臣の辞任(内実、更迭)」を誇り、北朝鮮劣悪国家指導者等の安心に貢献する「北朝鮮が一番困る実戦争は無いゾ!論」等を宣伝し、未だに、森友学園問題で騒いていたり等々・・・していたので、本当に呆れた・・・。

『「政治家には、選挙もあれば、離党や辞任や更迭等もある」。「テレビ常連出演者等には、選挙も無い」。

「配置換えや免職等や出演辞退や退職等は、もちろんある」が

「職責等を問うのも、厳しい処置等を下すのも、

実権は、テレビ界のお仲間が持ち」、

「図々しく、同様論・同様者強いや、常連出演等を続けている様な者たち」が

「自主的かつ、本格的に、番組内容等を改善したり、出演を辞退したり、退職等する事は、

その図々しさ等故に、先ず、無い」』。

『「結果、戦後日本のテレビ・ラジオ界等」には、

「健常な競争原理等も働かず」、

「常連出演者人脈や番組制作者人脈等の入れ替わり等も滞り続けている」』。

『「毎日、何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかり・・・が主流」という

「異常事態の下」で

「本日も、常連出演者等」は

「図々しく、

偏重・偏向論等を、

公共の電波上に

一方的にばら撒き続けている」』。

『「それに視聴者等が毒される」と

「酷い事態が起きる」』。

『「例えば、

本来なら、避難の必要が無い、原発自主避難民の発生」だ。

「その元凶」は

「主として、テレビ・マスコミ等による放射能恐怖症等煽りに他ならない」』。

『「放射能恐怖症に毒されてしまった

本来なら、避難の必要の無い、自主避難民たちが多くなる」と

「本来なら、十分な人口が居る筈の、元の地域も衰退化し易くなる」。

「機能不全化した地域では生活し辛いから、自主避難等を続ける」というのは、

「其れこそ、卵が先か?鶏が先か?の話し」だ』。

『「福島の風評被害の元」も

「言うまでも無く、

多くのテレビ・マスコミ等による、放射能恐怖症・放射能潔癖症等煽りに在る」』。

『「放射能恐怖症等を煽ったテレビ・マスコミ等」には、

「大いなる罪と責任等がある」』。

『「既に、大いなる罪と責任等を抱えている者たち」が

「未だに、

公共の電波上や公共的マスコミ上等」で

「政治家等の言葉狩りや態度狩り等」を

「優等生ぶり、正義ぶり、行えている」。

「明らかに異常」な

「実に、醜悪で劣悪な実態が其処に在る」』。

『「本来なら、

大いなる罪と責任等故に、

とっくの昔に、

テレビ界等から排除等されているのが当然の者たち」が

「連綿とテレビ界等に居続ける事が出来てしまっている裏にある」のは、

「テレビ界等の実権者人脈の問題」だ』。

『「戦後日本のテレビ界等の実権者人脈にとって」は、

「大いなる罪や責任等を生み出し続ける偏向・偏重論等こそが、

その人脈の実利に沿う」』。

『「普通の日本国民等なら、

日本社会を衰退等させる様な異常状態は発生させ辛い」。

「しかし、

例えば、

反日国劣悪権力者等の手下たち」なら

「日本社会を衰退させる事や、

日本社会を混乱させる事等々の

異常事態を発生させる事」こそが、

「大元を利す、実利になる」』。

『「戦後日本のテレビ・マスコミ界等の論調に沿う」と

「日本を不利にする反面で、

北朝鮮や中国共産党や韓国等を有利にしてしまう」のは

「単なる偶然では無い」』。

『「多くの日本国民」を

「日本の公共の電波や公共的マスコミ等を悪用して、

反日国劣悪権力者等を利す状態になる様に、

マインドコントロール等し続けようとして来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等」の

「酷い、実態・実体」だ』。

『「その裏に在る」のは、

「人脈の問題」だ』。

『「日本国・多くの日本国民の安全・安心」や

「実効のある復興推進」等々の為に

「更迭等されるべき」は

「言葉下手な政治家等では無い」。

「既に、実質的、大罪を積み重ねて来ている、

現状の多くの、常連出演者やテレビ番組等製作者等」だ』。

『「北朝鮮等による日本国内の工作活動問題」を

「未だに、十分に告発等せず、

工作活動等が行える状態等を維持せしめて来ている者たち」とは、

「健常な日本のマスコミ人等では断じて無い」。

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が実戦争を一番嫌がっている」のは

「実戦争になる事=北朝鮮劣悪国家指導者等の死になる」からに他ならない。

「しかし、

多くの一般北朝鮮国民にとって」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者の死=解放」になる。

「一般市民にまで実害が及ばない実戦争」なら

「北朝鮮側、日米韓中側、双方の善良市民の利にもなる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等は、本当に実戦争を恐がっている」から、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちにも、

実戦争にならない状態を積極的に構築させたい」と

「共」に

「実戦争にならない安心情報等も欲しい」』。

『「その要望に、実に見事に応え続けて来ている」のが

「日本の多くのテレビ番組等やその中の常連出演者等」だ』。

『「今、北朝鮮劣悪国家指導者等と中国共産党との間」では、

「石油を絞る事や核実験を行わない事等で、中国共産党の大活躍を演出するから、

その裏で、、

北朝鮮に、核弾頭小型化技術・情報等をくれ!」の

「交渉が行われている」』。

『「内実として、

中国共産党にとって、

北朝鮮の世襲や核は大問題では無い」。

「国際社会の中では、一応、

世襲はダメ!や朝鮮半島の非核化等を

正義ぶって訴えている」が、

「重要な実利」は

「北朝鮮が中国共産党にとって都合の良い存在であり続ける事」だ』。

『「この基準からすれば、

上記の裏交渉が、成り立ってしまう可能性」も

「決して小さく無い事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」は

「核弾頭の小型化を何としても実現」し

「核ミサイル等の脅しの下で、延命と、工作活動の継続を実現する事」こそが、

「唯一無二の選択肢」だ。

「核ミサイル等の脅しの下で、

工作活動等が今まで以上に行い易くなる事

=北朝鮮劣悪国家指導者等による世界支配への道」だからだ』。

『「その為には、他のどんな犠牲も厭わない」。

「数多い北朝鮮国民の犠牲」も

「主として、日韓内での北朝鮮等の工作活動による数多い犠牲」も

「全ては、北朝鮮劣悪国家指導者等による世界支配の為の犠牲」に他ならない。

「言うまでも無く、こんな状態は、即刻、是正されなければならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

世界平和の為の犠牲として、

早々に駆逐される事等」は

「多くの人類の実利に直結している」』。

『「中国共産党が北朝鮮劣悪国家指導者等との裏取引きに応じる」なら、

「その時点で、中国共産党も、多くの人類の為に駆逐されるべき存在に成り下がる」。

「逆に、中国共産党が、北朝鮮劣悪国家指導者等を駆逐する側に回る」なら

「中国共産党も、存続する多くの人類側に位置する存在になる」』。

『「日本国内に居るのに、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態の者たち」は

「即刻、態度を改めるべき」だ』。

『「今、実戦争となれば、

韓国の犠牲者等は、

94年時のシュミレーションより、

遥かに少ない数になる」。

「何故なら、

北朝鮮による反撃の事前封じ等が

かなりの高確率で可能になっているので、

実戦争自体アッと言う間に終わるから」だ』。

『「実戦争後、中国共産党にとって都合の良い政権にする」なら

「中国共産党にとっての実利も生まれる」から

「中国共産党が実戦争に反対する理由も無くなる」』。

『「中国側から攻めて開戦」し

「米国が終戦仲介者等として名乗り出る」なら

「犠牲も、更に、少なく、

北朝鮮劣悪国家指導者等が降参する確率も高くなる」』。

『「万一、降参しなければ、

米国も参戦し、

アッと言う間に北朝鮮内を制圧すれば良いダケ」だ』。

『「中国軍の貢献により、

北朝鮮内に中国共産党にとって都合の良い政権を誕生させる正当性等も生まれる」』。

『「斬首作戦は、既に進行中」だ。

「斬首作戦に時間がかかり過ぎる」なら

「上記等の戦略も大いにアリ」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等のデッドライン(死線)」は

「早々に、自首等しない限り、近々に迫っている」』。

『「こんな状態」なのに、

「内実」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者様様、未だ、未だ、戦争にはなりません!」

「戦争とならない様に、全力で阻止します!」等々の旨、

「日本の公共の電波上で情報配信し続けている者たち」とは、

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」になる』。

『「手下では無いのなら、

多くの北朝鮮一般国民解放の為」にも、

「早々に、斬首作戦等が実りますように!」

「それが無理なら、出来る限り犠牲の少ない実戦争等によってでも、

北朝鮮劣悪国家指導者問題が、

早々に解決されますように!」等の旨等を

「積極的に、情報配信するべきだ」』。

『「未だに、森友学園問題」で「大騒ぎ・・・」とは、

「日本の公共の電波を使い続けながら、

何としても、

お仲間、

民進党・共産党等の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)野党人脈等」の

「応援をし続けたい」のだろう』。

『「其処に現れている実態・実体」は

「上記の北朝鮮劣悪国家指導者等の応援等」と

「全く、同様」だ』。

『「民進党等にも繋がっている

テレビ・マスコミ界や

学校教育界にも多い

北朝鮮のお友達、旧社会等系の者たち」が、

「推奨している論等」の

「実利」が

「その人脈に生まれる様になっている」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「特定人脈に実利をもたらす

実質的、偏向・偏重論等」が

「日本の公共の電波上で、蔓延り続けられていて良い訳は無い」』。

『「人脈や論等の多様性が担保されていない状態」は

「明らかに異常」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「北朝鮮核保有国認定論」等が、テレ朝昼番では「北朝鮮の言い分そのままの、朝鮮人民軍ファンタジー」等が、日本の公共の電波上にばら撒かれていたが・・・。

『「テレ朝等の北朝鮮劣悪国家指導者の手下ぶり」は「本当に、お見事!(もちろん、皮肉)」だ。

「朝番」では、

「常連出演者等」が、

「米国の{全ての選択肢がテーブルの上にあるメッセージ}」から

「実際には、適用される事などあり得ない

北朝鮮を核保有国として認める事」を

「持ち出し」、

「それを、日本の公共の電波を使って、

一方的に、大々的に、喧伝等」していた』。

『「考え出す事が出来る選択肢を全て、テーブルの上に載せている事」と

「その中から、

選択される事はあり得ないモノを持ち出して、

日本の公共の電波上で喧伝する事」には

「大きな齟齬がある」』。

『「拉致を含む他国内での非人道的工作活動、

大韓航空機爆破、

他国内爆弾テロ、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ、

核等脅しによる瀬戸際外交、

人質外交、

国際社会の意向や国連安保決議等を無視、

・・・等々、

極悪非道な工作活動等を、

其れこそ、枚挙に暇が無いレベルで、

多々重ねて来ている

北朝鮮を

核保有国として認定する事」は

「絶対にあり得ない」』。

『「そんな事をしてしまう事」は、

「核保有国としての脅しの下」で、

「北朝鮮による極悪非道な工作活動等」が、

「益々、増大し、行い易くなる事」に

「直結」している。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者以外、

世界中の何処の誰が、そんな事を望むのか?!」』

『「採用の可能性は無いが、可能性として列挙できる内容に過ぎない

北朝鮮を核保有国として認める事」等に

「対する、日本の公共の電波上等での、相応しい扱い」は

「喧伝等では無く」、

「無視等」になる』。

『「貴重な公共の電波の時間を、

無視等が適切な情報等の喧伝で使う事の正当性等」は

「問われて然るべき事」だ』。

『「昼番」の

「北朝鮮の言い分そのままの

朝鮮人民軍ファンタジー等」の「宣伝」にも

「大いに呆れた」』。

『「北朝鮮の言い分」では、

「朝鮮人民軍とは、

終戦の13年前に、

金日成が立ち上げた・・・等々」だが、

「もちろん、言うまでも無く、そんな事実・現実はあり得ない」』。

『「昭和7年当時」の

「当時の日本政府に対する武力行使まで行う反政府勢力等」は、

「多くの朝鮮人によっても、

朝鮮半島内の山奥に追い込まれていた、

もはや、実害はほとんど無い、少数迷惑集団以外の何モノでも無かった」。

「もちろん、其の少数迷惑集団」には、

「戦後の北朝鮮の国家指導者となった金日成は居なかった」』。

『「戦後北朝鮮の金日成」とは、

「終戦時に、

旧ソ連内に居た、

旧ソ連が担ぎ出し易かった朝鮮系の者の一人に過ぎ無い」。

「担ぎ出す時に、

迷惑な少数反政府勢力だった抗日戦線グループの故事」を

「拡大化・ファンタジー化・英雄化等して、

付けたダケ」だ』。

『「その{ファンタジー}等を基に、

北朝鮮人民を操る事」で

「旧社会・共産圏の出先国家機関として、

一つのカルト宗教国家等が

つくり出されてしまった」のが

「戦後、北朝鮮の実態・実体」だ』。

『「旧ソ連」は、

「北朝鮮に対して、軍備援助等も行った」ので

「カルト宗教国家は、戦争を行えるカルト宗教国家となってしまった」。

「その流れの先で、

米ソの代理戦争的、朝鮮戦争」が

「起こされてしまった」』。

『「一旦、戦争に手を染めさせられてしまった多くの北朝鮮国民」は

「戦争のショック等により、

健常な精神状態等を破壊されてしまった」。

「その結果、

もはや、例え、カルト宗教国家の教祖的国家指導者等」でも

「その下で、一つと成り、

休戦が終わり、

再戦争となった時には、

相手側を倒す事こそが、

第一の目標!等」と

「考え・思い・信じ込める様にまで、

実質的、精神病状等が悪化してしまっている状態」だ』。

『「本来なら、そんな、

カルト宗教信者状態、

もしくは、

精神病的状態、

もしくは、マインドコントロール下等」から

「多くの北朝鮮国民が抜け出す為に有益な情報配信等」が

「意識的、かつ積極的に、配信されているべき」なのが、

「日本の公共の電波上や、

日本の公共的マスコミ上」だ。

「人類誰でも、

実体や事実・現実等をありのままに認め、

実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で、

初めて、落ち着ける」のだから、

「肝要な事」は

「劣悪国家指導者等ご用達のファンタジー等は宣伝せず、

実体や事実・現実等をちゃんと伝え続ける事に他ならない」』。

『「それなのに、

呆れた事に、

未だに、

テレ朝等では、

北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分そのままを喧伝状態」だ』。

『「そんな事を行い続ける」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」等が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に、

牛耳られ続けていて良い訳はあり得無い」』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

実質的には「既に、詰んでいる北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等」だが、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちは、未だに、詰みが???の様相で・・・。

『「実戦争を一番嫌がっている」のは、「北朝鮮劣悪国家指導者等に他ならない」から「口先ダケ超過激で、恥じらいも無く、強がっている」。

「その裸の王様」を

「裸の王様」と「実体通り言わず」、

「超過激な言葉等に、さも、内実があるかの如く、風潮し続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」だ』。

『「主として、日韓内の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが、そうする事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者たちの{超過激な言葉ダケ}」を

「実体を伴った{脅し}に化けさせる事等が出来てしまって来ている」』。

『「その悪の実効」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下の核・ミサイルの進歩・進化等」だ』。

『「{脅し}の{威力}の{裏}」で

「核・ミサイル等の開発や、

主として、日韓内での工作活動等」を

「継続する事が出来続けてしまう」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「{実体を持った、強力な脅し道具}」を

「得る事が出来る様になる」と

「共」に

「日韓内の手下や支配民等の数を飛躍的に増やす事も出来る様になってしまう」』。

『「例えば、北朝鮮が、米露並みの超核大国化出来てしまう」なら、

「その脅し圧力の下の日韓内工作活動等もやりたい放題」となり、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による、日韓内&日韓国民乗っ取り支配工作等」さえも、

「成功させる事が可能になってしまう」』。

『「もちろん、そんな事態」は

「日米韓はもちろん、中・露も容認出来る訳も無い」』。

『「それでも、北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「世界中を、騙し、欺き続けながら、

超核大国化する事」を、

「当面の第一目標にし続けて来ている」』。

『「当然、上記の様な実態・実体」は

「日・米・韓・中・露は、もちろん、

世界中の多くの国家機関等」が

「以前から、十分に承知している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令の下で行われ続けて来ている

主として、日韓内での、非人道的な工作活動等についても、

多くの国家機関等が既に、承知の事となっている」』。

『「もはや、全世界による、

摘発~逮捕~処罰等が当然の状態になっている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「何しろ、ついこの間」も

「マレーシアという北朝鮮にとっての他国内」で

「化学兵器VXまで使用」して

「国家指導者等の実の兄」までも

「暗殺するテロ」を

「行った」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「更に、今、米国人拘束による、実質的、人質外交」までも「露呈」させている』。

『「米国人人質を持てば、核実験等を行っても、米軍による攻撃等が無い」と

「信じ込みたい」のかも知れない』。

『「実際は、

万一、核実験を行い、米軍が北朝鮮の核施設等を攻撃しても、

北朝鮮は反撃も出来ない筈」だ。

「何しろ、北朝鮮による反撃~全面戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けになるから」だ』。

『「核実験を行う事で、核弾頭の小型化は、早々に実現したい」。

「しかし、米軍による核施設等への攻撃は困る」。

「それならば、・・・米国人の人質を取れば・・・」というのが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下劣な企み」だ』。

『「もちろん、

人質が有っても、

北朝鮮が核実験等を行う」なら、

「米軍による核施設等への攻撃が無くなる訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「もはや、話し合いの相手では無い事等」は

「世界常識レベルの事」だ』。

『「徹底的な圧力等によっても、

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「罪を悔い改め、自首等しない」のなら、

「国際的逮捕、もしくは、排除」が

「適切になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の平和的解決法」は

「一に、多くの北朝鮮国民の命がけの民意等による政権交代、

もしくは、北朝鮮劣悪国家指導者等自身の自主等」だが

「衰退させられ、マインドコントロール等させられ、支配されている民に、その力があるとは思えない」し、

「劣悪国家指導者等が自首する可能性も極めて低い等」と

「容易に、推定出来る」』。

『「次善の策」が

「斬首作戦」で

「斬首作戦は既に動き出している」が

「作戦成功の時が何時くるのか?」は

「???」だ』。

『「斬首作戦成功前に、

北朝鮮劣悪国家指導者等側が、

核弾頭の小型化等を成し遂げてしまう」と

「事態は、かなり、悪くなってしまう」』。

『「斬首作戦に時間がかかる様なら、

次に犠牲が少ない策等が必要になる」』。

『「その場合の、合理的な策の一つ」は

「中国軍による先制攻撃」と

「米国による和平提案」だ』。

『「北朝鮮の軍備状態は、

圧倒的に、韓国側向け」だから、

「中国側から、中国軍が攻め入れば、

中国側の犠牲者は、それ程出ない事になる」』。

『「例え、北朝鮮劣悪国家指導者等でも、

中国から軍事侵攻された段階」で、

「世界中からのダメ出し」を

「理解せざるを得なくなる筈」だ。

「其処に向かって、米国が、和平提案をする」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

核・ミサイル・工作活動等を放棄する」なら

「中国軍の侵攻を止めさせる」が

「放棄しない」なら

「米軍も攻め入る」等と

「突き付ける」なら

「もはや、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

反撃の意さえ持てない筈」だ』。

『「万一、自虐的暴発をする気配を示した場合」は、

「即刻、

米韓軍等が、

一気に大軍事侵攻を行えば良いダケ」だ。

「最初の中国軍侵攻」で、

「消耗させられ、実態・実体を暴かれている北朝鮮軍」との

「戦争」は、

「アッと言う間に終わる事になる」』。

『「現状で北朝鮮が使える核兵器は、極めて限定的」だ。

「今なら、北朝鮮流の核攻撃を一切行わせない戦争も十分に可能な筈」だ。

「しかし、北朝鮮が核弾頭の小型化を実現してしまう」と

「北朝鮮のミサイルの多く」に

「核ミサイル化の可能性が出てしまう」。

「そうなると、北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「脅したい放題脅し、

その裏で、

非人道的な工作活動を大々的に行い、

先ずは、日韓の支配、

その後は、世界中の支配」を

「画策する事になる」』。

『「そうなれば、

核戦争を覚悟しない限り、

解決し得な無くなり、

核戦争となれば、

かなりの確率で、

人類の、少なくとも、三分の二が死滅する事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」を

「大きな犠牲を伴わずに、

片付ける事が出来る時間」は

「残り少ない」』。

『「既に、詰んでいる北朝鮮劣悪国家指導者という現実」を

「突きつける事等を恐れて、

北朝鮮劣悪国家指導者等が持つ脅し圧力等を増大させる事」は

「人類滅亡に直結している」』。

『「上記の様な、実態・実体」は

「既に、明らか」だ。

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手先たち」も

「詰んでいる泥船から、一刻も早く、脱出するべき」だ』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の様相を露呈しているテレビ・マスコミ等」は

「本当にどうかしている」』。

『「そんな者たちに用意されている」のは、

「近未来で、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」が

「日本の公的情報・教育等を牛耳り続けられていて良い訳は無い」』。

|

「テロ等準備罪成立前の荒稼ぎ」的様相の福岡大金強奪事件なのに、テロ等準備罪との関連等は言わず、森友問題での総理等との関連付けには大熱心・・・、テレビ等の身勝手関連付け問題・・・。

『「福岡大金強奪事件」は「組織犯罪の様相を露呈している」。「犯罪目的集団」が、「計画立案~下調べ~実行準備等を、入念に整えた上」で

「大金強奪犯罪を実行した実態」が

「露呈」して来ている』。

『「この様な犯罪行為等」は、

「テロ等準備罪が成立した後」は、

「その実行が容易では無くなる」』。

『「逆から、言う」なら、

「テロ等準備罪成立前」には、

「集団的犯罪行為等」の

「駆け込み実行等」が

「生じ易くなる」』。

『「注意が必要」だ』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等」や

「公共的マスコミ等」なら

「その旨の注意喚起情報等を率先して配信している」のが

「普通」だろう』。

『「もし、

十分な、

事前注意喚起情報等があった」なら

「今回、大金を強奪されてしまった方」も、

「例えば、

複数人でガードする、

札ナンバーを控える等」の

「相応な対策が出来ていた可能性が非常に大きい」』。

『「しかし、

テロ等準備罪が大嫌いな様相」の

「テレビ・マスコミ等」は

「テロ等準備罪の功も十分に言わない」ばかりか、

「成立後を見込んだ駆け込み犯罪等」への

「注意喚起等も十分に行わなかった」』。

『「結果、

犯罪者集団を利す事となり、

福岡での大金強奪事件」でも

「大きな被害が出てしまった」』。

『「その後も、

大金強奪事件と、

テロ等準備罪との関連」は

「実質的に、黙殺状態」だ』。

『「現状のテレビ・マスコミ等の多く」は、

「テロ等準備罪の功を言う事等」が

「余程、嫌なのだろう」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令・命令の下の

日本国内の工作活動等を言う事等」と

「同様に!」』

『「かつての、拉致や竹島問題等々と同じ問題」が

「其処に露呈している」』。

『「対照的なのが、

森友学園問題での、

総理等との

余りにも、熱心過ぎる、関連付け」だ』。

『「其処に露呈している」のは、

「総理等に対して、森友学園等と同様の悪イメージを付ける事等により、

総理・政府・与党等」を

「不利にする、

反対野党等を利す為の

実に、醜悪で、劣悪な、政治運動」だ』。

『「テレビ・マスコミ等がどんなに頑張って

無理やり関連付け等を行い続けて来ていても、

その政治運動の実効が出ない」のは、

「多くの視聴者・読者等」には

「実に、醜悪で、劣悪な、政治運動等」は、

「実に、醜悪で、劣悪な、政治運動等」と

「感じる、素直な感性等があるから」だ』。

『「素直では無い者たちの悪巧み」は、

「例え、

上辺を

どんなに

優等生仮面、

紳士仮面、

正義仮面等々で

繕っても、

その不自然さ、醜悪さ、劣悪さ等」から

「何れバレる」、

「多くの場合、直にバレる」のが

「民度が高い人々の多い人間社会」の

「実態」だ』。

『「関連付けに限らず、

偏向、偏重、ご都合、お手盛り、インチキ、等々が溢れている

実に、醜悪で、劣悪な、

テレビ・マスコミ界」等の

「健常化・正常化が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「この問題の本質」は、

「実権者人脈の問題等」に他ならない』。

『「実権者人脈が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い事は、言いたがらない、

出来る限り、無い事にしたがる、

隠したがる、

その反面で、

実質的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事や、

北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う事等」は

「率先して、

大宣伝したがる、

使いたがる、

その様な論や意見等で大衆の頭の中を染め上げたがる」。

・・・・・・』。

『「其処に露呈している」のは

「実権者人脈の問題」だ』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、反テロ等準備罪や反与党等の「実質的、政治運動」等を日本の公共の電波上で行っていたが・・・。

『「北朝鮮の核・ミサイル・戦争等脅し情報配信」は「一番戦争を恐れている北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の情報配信」である「実体がバレている」から「もはや、積極的に行い辛い」。

「もちろん、北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達情報配信を行って来ている者等」とは、

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」に

「他ならない」』。

『「{直接ご用達情報}」を「積極配信出来なくなった」

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が

「他の情報配信で、

何としても、

北朝鮮劣悪国家指導者等を利そうとする」のは

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「工作活動国家北朝鮮の劣悪国家指導者等」なら、

「日本国内の工作活動等の事前摘発を可能にする

テロ等準備罪の成立」は

「是が非でも、阻止したい事になる」。

「其処で、

反テロ等準備罪政治運動等を行い続ける事等」によっても、

「北朝鮮劣悪国家指導者等への忠誠を示そうとし続けている」のが

「日本の中の劣悪テレビ・マスコミ等の実態・実体」になる』。

『「テロ等準備罪の必要性」は、

「拉致問題等を考えれば、

誰でも分る」』。

『「日本全国から多数の日本国民を拉致した拉致工作」には、

「もちろん、大掛かりな事前準備が在った」。

「例えば、

情報収集による拉致適性者の割り出しや行動監視等」。

「拉致実践計画に必要な人材(工作員・協力者等)の確保・配備・訓練等」。

「この段階で、事前摘発出来ていた」なら

「拉致工作を未然に防ぐ事が出来ていた」』。

『「ところが、

他の多くの国々とは全く違い、

事前摘発が出来ない戦後の日本」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動の実践」も

「容易」だった』。

『「日本全国各地から、続々と、拉致被害者が出てしまった」』。

『「日本国内で、

拉致工作に手を染めた工作員や協力者等」が

「その後、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下」で

「工作活動等を、何も、行わされていない・・・等」と

「考え・思えたり、信じられたり・・・する」なら

「相当に酷い平和ボケ」だ』。

『「その後も、

工作活動に手を染めた事や

親類縁者等が北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、人質にされている事等により、

北朝鮮劣悪国家指導者等に弱みを握られている状態の

多くの人々」が、

「情報盗み工作(手段は、原始的な、配達等見回り、壁耳、侵入、集団内溶け込み情報取得等から、工作電磁波等利用へと現代化されている)、

有益分子育成工作(情報・教育・弱み握り脅し・金銭/立場/異性飴等、多種多様な手段による)、

不適応分子粛清工作(手段は、侵入仕込み等も含む、飲食物工作や工作電磁波悪用殺傷や社会的立場失墜工作や倒産追い込み工作等多々)、

・・・等々」を

「行わされ続けて来ている」のが

「実態」だ』。

『「基本的に、

日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難だ手段による工作活動」なので、

「露呈させられていない場合がほとんど」だが、

「実際は、一般日本国民の犠牲者の数もかなりのモノになってしまっている」』。

『「もちろん、こんな状態」は、

「即刻にでも、是正するべき事」だ』。

『「現行法・現行の摘発体制で摘発困難な集団的工作活動」を

「何とか、摘発可能にする」のが

「テロ等準備罪」等だ』。

『「その成立を阻止しようとしている者たち」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い等」が

「濃厚に漂っている」のは

「単なる偶然では無い」』。

『「他国内で、

化学兵器VXまで使って、

国家指導者の実の兄までも、

暗殺するテロまで行わせた」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「其処に露呈している」のは

「話し合いの相手では無い、

国際レベルで、

逮捕し、

罪を問い、

罰を与えるべき者たち」としての

「実態・実体」に他ならない』。

『「そんな者たちの手下状態に甘んじている者たち」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき者たち」だ』。

『「劣悪な反与党政治運動も酷い」。

「健常な反与党政治運動等」なら

「先ず、より良い政治や政策等の訴え等が、あって然るべき」だ。

「ところが、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)による

反与党等政治運動等の場合」は

「言葉狩りや、

態度狩りや、

悪イメージ付け等々、

本筋の政治・政策等とは別の

悪劣な、いちゃもん付け等々」になっている』。

『「お仲間、テレビ・マスコミ等」が

「大騒ぎし、

大問題化等する事、

大衆に大問題化せしめさせようとする事」等で、

「与党等の悪イメージ等を増大させようとしても、

もはや、

無駄、どころか、自虐になっている」のが

「現実」だ』。

『「多くの日本国民」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に

陰から操られ続ける程、

おバカでは無い」』。

『「時が重なる」と

「悪イメージ等が増大する」のは、

「本筋の政治・政策等を訴えず、

劣悪な、いちゃもん付け等を

行い続けて来ている方になる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「それなのに、

未だに、

劣悪な、いちゃもん付けを続けている」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等には、背けない手下等だから・・・等」と

「強く推定出来る」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の下の工作活動等を徹底摘発し、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」を

「逮捕等する」。

「その上で、

工作員等は、

北朝鮮に帰し、送り、

拉致被害者である日本国民」と

「交換する」等の

「処理策」が

「適切」等と

「感じている、日本国民の数も多い筈」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

TBSでは、要でも波いゲイノウ人等の豊満ぶり等を大宣伝していたが・・・。

『「はっきり言えば、精神文化の正常進歩・正常進化への貢献が乏しいゲイノウ人等」に「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていたところ」で「ロクな事は何も無い」。

「だから、実際」に

「現状の日本社会の精神文化状態」は

「現状の如く、

酷くなってしまっている」』。

『「物質文明側」では、

「相応に、進歩・進化した物質文明製品等」を

「提供出来ていなければ、

立場・報酬・権力等」を

「増大させる事等」は「困難」だ』。

『「現状までの、多くの人類にとって、

物質文明上の実利」は

「非常に、判り易いモノだから」だ』。

『「精神文化上の実利が判り辛いのは何故か?」

「言うまでも無く、劣悪な精神文化汚染のセイ」だ』。

『「物質文明側」では、

「実利比べっこも簡単」だが、

「多くの人類の精神文化側の実利比べっこ」は

「現状まで・・・」では

「現状までの劣悪な精神文化製品群等により」、

「困難にさせられてしまっている」』。

『「それは、例えば、考え・思い上の納得に傾注・執着せしめる精神文化故」だ』。

『「ある、者・物・事等を信じる状態にまで、

個人の考え・思い等を

傾注させ、

執着せしめる事等」が

「実現出来てしまった後どうなるのか?」等は、

「例えば、カルト宗教団体等の実態等を理解・把握等する」なら

「誰もが判る」』。

『「此処で、

実質的、カルト宗教下状態」が

「他に無いのか?」等は、

「多くの人類が、真剣に検証すべき事に他ならない」』。

『「現状の人間世界」では、

「実質的、カルト宗教支配等」が

「まかり通れてしまっている」』。

『「その実態・実体等」は

「例えば、北朝鮮等の実態・実体」を

「科学レベルで客観的に検証等する」なら

「誰もが判る事」だ』。

『「戦後の日本社会全体にも、北朝鮮と同様な要素が在る」』。

『「顕著な北朝鮮の縮小版」は

「日本国内の新興宗教等にもある」』。

『「テレビ・マスコミ・映画・芸能界等」で

「有名人依存状態等を煽り、

大衆に擦り込んでいる状態」も

「カルト宗教等と大差無い状態に他ならない」』。

『「即ち、その肝」は

「頼れる・憧れられる等と思える・信じ込める者・物・事等」に

「依存せよ!」の

「擦り込み」だ』。

『「人類誰でも、

個々の自分解放&自己正常コントロール等」に

「必要な事」は

「自己の実体把握&自己健常支配の継続」に他ならない』。

『「それなのに、その為に有益な情報配信等を行わず、

配信者やその裏に居る者たちにとって、

都合の良い者・物・事等に

依存せよ!」等の

「情報・教育等」を

「多くの人々に擦り込もうとし続けて来ている」のが

「劣悪な精神文化産業等の実態・実体」だ』。

『「そんな劣悪な精神文化製品等を提供し続けて来ている者たち等」に

「過分な報酬・立場・権力等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い」』。

『「人間世界の崩壊速度等が増すダケ」だ』。

『「言うまでも無く、人間世界の崩壊速度等を増させる悪事等」を

「行っている者たち」に

「相応しい」のは、

「過分な報酬・立場・権力等では断じて無い」。

「むしろ、罪や罰等であって然るべき」だ』。

『「それなのに、未だに、

今晩のTBS等」では

「精神文化の正常進化・正常進歩等」に

「ロクに貢献出来ていない者たち等」を

「重用し、

それらの者たちに対する

実質的、賛美等まで

多くの視聴者に、

実質的に、強いる情報配信をしていた」』。

『「本当に、醜悪」で

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき実態・実体」が

「其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「金正恩小説」まで持ち出して、北朝鮮の言い分を宣伝していたので、本当に呆れた・・・。

『「テレ朝等の北朝鮮劣悪指導者の手下ぶり」は「本当に見事!(もちろん、皮肉)」だ。

「本日は、金正恩の小説まで持ち出して、

北朝鮮側の言い分」を

「日本の公共の電波上」で、

「大宣伝」していた』。

『「金正恩小説の歴史認識等」は

「明らかに、現実離れしている」が

「その旨の指摘さえも、ロクに行わなった」のだから、

「その実態・実体」は

「正に、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」になる』。

『「金正恩小説による歴史認識等」では、

「古の朝鮮の支配者・権力者等は、

のんびり朝鮮の支配者・権力者を楽しんでいた」から

「国が衰退」し

「北の蛮族や島国の蛮族に侵略された」。

「しかし、

偉大なる首領、金日正様が

北の蛮族も、

島国の蛮族も退けて

朝鮮を本来の姿にした」。

・・・等々だった様だが、

「もちろん、史実とは全く違う」』。

『「実際」は、

「古の朝鮮の支配者・権力者等」は

「徹底的に、

朝鮮内の人々を衰退させる事で

朝鮮内と朝鮮内人民を

支配し、

支配民からの略奪等で、

身勝手生活や贅沢生活等を楽しんだ」から

「朝鮮は

国として衰退し、

外国を頼らざるを得なくなった」。

「朝鮮の支配者・権力者等」は、

「清の属国状態を保つ事等により、

自らの保身等も図り続けて来ていた」が

「清が衰退化し、

欧米列強に食い荒らされたので困った」』。

『「気づけば、

もはや、

朝鮮だけでは

国の維持も出来無い状態に陥っていた」。

「国の維持が出来なくなる事」は

「朝鮮の支配者・権力者等が

他国の権力者等に

排除~殺害等される事に直結している」。

「朝鮮の支配者・権力者等」は、

「保身の為」に、

「日本との対等合併を欲した」が

「得られた結果」は、

「国力相応の日韓併合になった」』。

『「日韓併合という二国間の国家契約に基づき、

日本は、朝鮮半島内の急速な近代化整備等まで行った」。

「朝鮮内の衛生・教育・生活等々の水準は、

飛躍的に向上し、

朝鮮人の人口も増えた」』。

『「日韓併合により、

保身を図れ、より豊かになれた、朝鮮の権力者たち」は

「日本と朝鮮の支配を企み、その為の百年策略等を始めた」』。

『「日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に朝鮮半島内を手に入れようとした朝鮮の権力者たち」は

「米国側にも、旧ソ連側にも居た」。

「双方の支配権争いが起こり、

それは、米・旧ソの代理戦争的様相まで露呈した」』。

『「米軍の本気により、

かなり追い詰められた北朝鮮側だったが、

北の蛮族の流れである、

中国共産党軍の多大なる支援の下で、

38度線まで支配圏を広げる事が出来た」』。

『「其処で、休戦状態になっている」のが

「現状」だ』。

『「歴史上、朝鮮の支配者・権力者等が行って来た事」は

「主として、朝鮮人に対する、衰退化支配・略奪等」と

「自らの保身」と

「身勝手・贅沢生活等」と

「火事場泥棒的行為等」と

「他国の多大なる支援の下での支配圏取得」等だ。

「その何れもが、余りにも劣悪」だから

「北朝鮮劣悪国家指導者等と表する事」が、

「適切になる」』。

『「核を持てば、米帝国主義と対峙出来る???」

「劣悪国家指導者等らしい発想」だ。

「既に、米帝国主義など無い」。

「冷戦終結後の世界情勢」では、

「自由資本主義社会の下での平和・安定・成長等が画策され続けて来ている」』。

『「もちろん、

元の経済・社会システム等が、

余りにも、

人類も含む地球生命体細胞群の実体や、

その実体の本来の目的から

かけ離れ過ぎている」ので、

「その企み」は、

「成功出来る訳も無い」。

「当たり前の結果」として、

「現状の人間世界は、

「混沌の中に在る」』。

『「世界情勢さえロクに理解・把握出来ていない劣悪国家指導者等」が

「核兵器等を持つ事」は

「世界中のほとんどの人類が、絶対に阻止したくなる事」だ。

「その結果が、今の北朝鮮に降りかかっている」』。

『「北朝鮮が核兵器を保有して、米帝国主義と対峙」は

「絵に描いた餅」だ。

「実際」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が実用可能な核兵器を持つ事」を、

「世界中が全力で、

100%阻止する事になる」から

「北朝鮮劣悪国家指導者等が実用可能な核兵器を持とうとする事」は

「保身には成らず、自滅になる」』。

『「元々、劣悪者は自滅傾向が強い」。

「北朝鮮国民等が、北朝鮮劣悪国家指導者等共々自滅したく無い」のなら

「命がけの民意等により、

政権交代を実現するべき」だ』。

『「今のまま、北朝鮮が実用可能な核兵器を保有しようとし続ける」なら

「米軍等は、遠慮無く、その無効化を行う事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の滅亡(実質的、自滅)」が

「現実になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が保身を図りたい」のなら

「核保有では無く、核&他国内での工作活動放棄」だ。

「核・ミサイル等開発に邁進し、

その裏で、他国内での工作活動を続ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、

確実に、滅亡(実質的、自滅)させられる事になる」』。

『「戦争を一番恐れ、嫌がっているのは、北朝鮮劣悪国家指導者等」だ。

「何故なら、一たび、実戦争となれば、

アッと言う間に、北朝鮮の負けで終わるから」だ。

「今、戦争になれば、中国も北朝鮮を助けない」。

「結果、アッと言う間に実戦争は終わる事になる」』。

『「戦争を一番、恐れ、嫌がっている北朝鮮劣悪国家指導者等」と

「同様の考え・思い・感情等」で

「視聴者・読者等を染め上げたがっている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下のテレビ・ラジオ・マスコミ等」だ』。

『「日本の中の北朝鮮の工作員や協力者等」が

「其処に露呈している」』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる戦争」を

「多くの日本国民が、恐れ、嫌がる、裏」で、

「日本の中」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令・命令の下の

日本国・日本国民乗っ取り支配の為の

非人道的な粛清工作等まで含む工作活動等」を

「行い続ける事」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要望」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要望を手助け等する」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」と

「相場は決まっている」』。

『「アッと言う間に終わる実戦争」も

「止むを得ない」と

「覚悟する」と「共」に

「日本国内の北朝鮮系等の工作活動等を

徹底摘発~徹底撲滅する事」こそが

「今の日本が行うべき事」だ』。

『「日本国内の北朝鮮系等による工作活動等」を

「出来る限り、無い事にし続けて来ている、

テレビ・マスコミ等」は

「明らかに異常」だ』。

『「北朝鮮が認めた拉致等ダケが

北朝鮮による工作活動では無い」。

「日本国内に少なからずいる、

拉致工作実行者・協力者や、

その子孫等」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

何もやらせない等と

考え・思えている」なら

「相当に深刻な平和ボケ」だ』。

『「工作活動等の実態」は

「他の記事をご参照願いたい」が、

「昨今では、電磁波工作が非常に旺盛」だ。

「車・自転車・風呂場(家庭内)等の事故とされている事の何割かは、

電磁波工作故の可能性大」だ。

「覗き等に悪用出来るダケでは無く、

人間の思考や筋力(心臓も含む)等にも、

かなり強力な実害をもたらす事が出来てしまう」のが

「音波的縦波の工作電磁波」の

「実態・実体」だ』。

『「縦波なので、元々、周波数は無い」が

「同じ、ドット・パルス状態だと、検知され易いからか?

工作電磁波の、

多重和音的状態は、

自動的に

経時変化する様に仕込まれている」』。

『「昨今では、益々、細分化・多重化している」ので

「工作電磁波自体が持つエネルギー総量も大きくなっている」』。

『「何れにしても、

日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」は

「急務」だ』。

『「与党議員の不倫不祥事等」で

「正義ぶり、

人間としてどうか?等とまで

公共の電波上で喧伝していた常連出演者等まで居た」が

「日本の公共の電波上」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先としての役割を

立派(もちろん、皮肉)にこなし続けて来ている者たち」は、

「日本のテレビ常連出演者等や、日本国民として、どうか?!!」』

『「北朝鮮のテレビや北朝鮮国民として等なら、

適格になる」が』。

『「議員は、民意に基づき、選挙で落とせる」が

「現状のテレビ界等は、

NHKまで含めて、

何処の局でも、

同様の顔、

同様の論ばかり・・・状態」の

「押し売り状態」を

「続ける事が出来てしまっている状態」だ』。

『「もちろん、そんな状態の是正」は

「急務」だ』。

『「常連出演制限」や

「実際の日本国内構成人口割合等に基づいた人脈ごとの出演制限」や

「実際の日本国内構成人口割合等に基づいた人脈ごとの多様性担保や、

対論付き・各論併記状態の常用」等や

「報道等については、

実体や事実・現実に基づいた原寸大報道のみ制限」等が、

「在って然るべき」だ』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「本当に、急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、日本の中の北朝鮮工作員等問題を十分に言わない常連出演者等が、テロ等準備罪の成立を嫌がっていた様相だったが・・・。

『「テロ等準備罪が、一般市民にも適用される」等の旨「喧伝している者たちの言う、一般市民」とは、

「多くの日本国民の認識上」では、

「所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)等の活動家等」だ』。

『「実害のある・実害をもたらす」、

「活動家集団」や

「●暴集団」や

「犯罪者集団」

「工作員集団」等に

「適用される」のが

「テロ等準備罪」だ』。

『「言うまでも無く、事前摘発~逮捕」は「非常に重要」だ。

「だから、世界標準になっている」。

「事前摘発が出来ない日本国の状態こそが、異常状態」だ』。

『「例えば、

実際の日本全国各地から多数の日本国民を拉致した拉致工作」でも、、

「拉致計画をつくりあげ、

実行工作員・協力者等に命令・指令等を伝え、

拉致対象者を割り出し

~拉致実行の準備をし

~拉致対象者の移送の準備をし

~北朝鮮への運び屋工作員との連携体制の構築等」の「上」で

「実際の拉致が行われた」のが「実態」だ。

「事後摘発しか出来ない状態の日本」では、

「拉致被害者が連れ去られた後の対策しか出来なかった」から、

「何度も、

何度も、

拉致工作が行われてしまった」』。

『「もちろん、

言うまでも無く、

国際社会の常識」では、

「そんな事態の容認は無い」』。

『「事前摘発を可能とする法・体制整備等」は

「当たり前の事」だ』。

『「それなのに、

未だに、

事前摘発を可能にする法整備等に抗っている者たちが居る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「其処に濃厚に漂っている」』。

『「日本国内には、

数十万人~百万人レベルの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが居る」。

「韓国国内には、

数百万人レベルの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが居る」』。

『「血統民族主義者等である場合が多いそのスジの者たちの存在」が

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決を大きく妨げている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の手下が、

北朝鮮国内以外にほとんど居ない」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決は簡単」だ。

「外からの協力・援助等抜き」なら

「直にその存続が困難になる」のが

「劣悪国家指導者等の実体だから」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が未だに存続出来ている裏」には

「日韓内の多数の手下たちの存在がある」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」に

「集団的工作活動等をこれ以上行わせない為」にも

「事前摘発を可能にする法・体制整備等」が

「非常に重要になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」が

「益々、深刻化している昨今」なのに、

「日本国内で、テロ・集団的犯罪行為等の事前摘発を可能する法整備等に抗っている者たち」とは、

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下になる」』。

『「北朝鮮等の工作員等の実態等」は、

「以前の記事にも少し記した」。

「元々」は、

「劣悪国家指導者等」が、

「情報を取って来るダケ等で良い」等の

「ハードルの低い工作活動等を要求する事」で

「多数の手下工作員を養成」した』。

『「言う事を聞かない者たちに対しては、

人質親戚等脅しや

●暴圧力等の脅し」が

「加えられた場合もあった」が

「脅し無しでも、情報集めくらいなら・・・」等と

「工作活動に手を染めてしまった者たち」は、

「決して少なく無かった」』。

『「終戦直後時~の、

当初の情報収集手段」は

「縁の下覗き・盗聴」や

「新聞配達時毎日調査」や

「地域住民や職場同僚等との積極的コミュニケーションによる情報吸い上げ等」という

「ある意味、非常に原始的な手段」だった。

「報告・連絡場所も、例えば、民族団体内や新興宗教団体内等、

判り易い場合が多かった」。

「良い情報等を吸い上げた者には、少々の褒美が与えられ、

言う事を聞かない者等には、フッ素水懲罰等」が

「行われていた」』。

『「それらの情報収集~報告・連絡等」は、

「拉致対象者の選定等」にも「{活用}された」。

「日本人の弱みを握る事等」が

「政財界工作等にも、

大いに悪用された」』。

『「情報収集手段」は

「その後、

鍵にならない鍵を悪用した侵入工作や

電子機器等を使った盗撮・盗聴工作等」へと

「ある意味での、進化」をし

「現在では、

ネット・コンピ・スマホ等乗っ取り盗聴・盗撮悪用や

工作電磁波使用等による盗聴・盗撮等にまで、

ある意味での、進化をしてしまっている」』。

『「命令・指令、連絡・報告等の為」の

「方法・場所等」も

「かなり細分化されている」。

「例えば、上辺は、普通のサラリーマン等が工作員の場合」は、

「特定極一部の上司」が、

「そのスジの先輩や幹部等だったり、

帰りがけによる店やジム等の中で

そのスジの者からの命令・指令等を受け取ったり、

報告したり・・・等々」の

「実態になっている」。

「もちろん、今でも、

新興宗教団体や、

組合や、

サークル等が

報告・連絡・命令・指令場所という場合も少なからずある」が』。

『「盗み出された情報等」による

「政財界工作等の実例」は

「実質的には、ニュース等で度々露呈させられている」。

「盗み出した弱み」を

「お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等が大騒ぎし、大問題化する事」で

「政財界等の状態が大きく変えられた実例」は

「其れこそ、枚挙に暇が無い」』。

『「情報盗み工作ダケ」でも、

「かなりの実効が得られてしまう」のが

「工作活動の実態・実体」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令・命令等の下で、

情報盗み等の工作活動等を行ってしまった者たち」は

「その時点で、北朝鮮劣悪国家指導者等に弱みを握られている事になる」。

「更なる、比較的、ハードルの低い工作等への参加を強制される状態に陥らされている事になる」』。

『「直接殺傷工作等は、かなりハードルが高い工作になる」が

「例えば、侵入工作時に、露呈し辛い、弱毒物や有害物等をターゲットの飲食物等に混ぜる等」の

「工作指令・命令等」なら

「実行ハードルも相応に下がる事になる」』。

『「ターゲットを弱体化する粛清工作等により

北朝鮮劣悪国家指導者等に都合の良い者たち等をより有利にする事等を

目的とする」なら

「その様な飲食物工作」は

「相応に合理的」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子たち」を

「弱体化粛清し続け」

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子たち」の

「邪魔をしない、出世等の手助けをする事」等を

「行い続ける事」で

「長年かけて、

日本国内を北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い状態に変える工作」が

「戦後の日韓国内では、行われ続けて来てしまっている」』。

『「其処に、

情報・技術等盗み工作等の{悪の成果}等や

資金・資材等調達工作等が、

加わってしまった一つの結果」が

「北朝鮮の核・ミサイル等の技術等の急速な進歩・進化」だ』。

『「中国による援助等より、

日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちによる

情報等提供や資金・資材等貢ぎ等」による

「悪の効果が大きい」のが

「北朝鮮問題の本質」だ』。

『「上記の様な実態・実体」からも、

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決する為」に

「日本が行うべき事」は

「既に、明らか」だ』。

『「日本国内の北朝鮮等系の工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等なら、それを訴えていて当然になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の情報配信機関等」なら

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮が負けるので、

戦争を避けさせる事」や

「核・ミサイル・戦争等脅し等の裏で、

日韓国内の北朝鮮等系の工作活動等を存続せしめる事」等が

「合理的になる」』。

『「現状の日本の多くのテレビ・マスコミ等」が

「上記のどちらの実態・実体を露呈しているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

TBS昼番では、日本国内の北朝鮮工作員について、情報収集目的等と、まるで、重大問題では無いかの如き論調で喧伝していたとの事なので、本当に酷い・・・。

『「言うまでも無く、日本国内には、北朝鮮の工作員等が、其れこそ、ゴマンと居る」。「そして、その工作実態・実体等」は「以下の通り」だ』。

『「工作実態・実体」等は、

「日本全国各地から、多数の日本国民を拉致した北朝鮮による工作活動」が

「どの様にして行われたのか?」等を

「検証等するなら、誰でも分る」』。

『「拉致工作の実態・実体」とは、

「以下の通り」だ』。

『「拉致工作の目的」は、

「日本乗っ取り支配工作の為」に

「日本国民に成りすましたりする北朝鮮の工作員等を

北朝鮮国内で育成する為」の

「駒、もしくは、道具」として

「使う」、

「日本国民」を

「得る事」だ』。

『「つまり、

拉致自体が本当の目的では無く、

日本乗っ取り支配」が

「本当の目的」だ』。

『「日本乗っ取り支配工作員養成等の為」に

「日本国民を拉致する」のだから、

「先ずは、拉致するに適切な日本国民を選出する必要が生じる」。

「選出の為」には、

「情報収集~北朝鮮への連絡・報告~分析等が必要になる」』。

『「この目的」から、

「日本全国各地に、

先ずは、

情報収集~北朝鮮への連絡・報告等の為の

工作員や協力者等が配置された」』。

『「何しろ、戦後の日本国内」には、

「日韓併合時に自主渡来等していた、

多数の北朝鮮系も含む朝鮮人が居残っていた」。

「更に、米軍の占領政策」では

「朝鮮人が重用された」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

戦後の日本国内で

多数の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下をつくる事等」が

「意外と簡単に出来てしまう状況があった」』。

『「情報提供するダケ」等なら

「協力する方のハードルも低くなる」』。

『「しかし、もちろん、

情報収集工作員や協力者等が、

情報収集~報告等を行ったダケ」なら

「拉致が実現出来る訳も無い」』。

『「情報収集の後」には、

「実際の拉致工作も行った・行わせられた・協力させられた」のが、

「北朝鮮工作員や協力者等の実態・実体」だ』。

『「情報収集」し、

「対象者を選出」し、

「対象者の行動等を監視」し、

「運び屋工作員との連携を取り、拉致工作を実行した」のが

「拉致工作の実態」だ』。

『「その様な拉致工作」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下で行わされた者たち」の

「その後は、どうなっているのだろうか?」』

『「言うまでも無く、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令等通りに動いた

日本国内の

駒、もしくは、道具等」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、その後、全く利用しない事など

あり得る訳も無い」』。

『「更なる、工作活動等を行わせていて当然」になる。

「実際に、その通りになっている」』。

『「大元の目的は、日本乗っ取り支配」だ。

「その為に、北朝鮮劣悪国家指導者等が、

日本国内で、工作員や協力者等に行わせる事」は

「日本国民の有益分子化工作」と

「不適応分子の粛清工作」になる』。

『「有益分子/不適応分子の選別手段」が

「対象者の情報収集工作や、

侵入工作や、

盗撮・盗聴工作や

盗聴・盗撮にも使える電磁波工作等々」だ』。

『「有益分子化工作」が

「情報・教育工作」や

「結婚等まで含む、ハニートラップ工作等々」だ』。

『「粛清殺傷工作」が

「飲食物工作や、

電磁波工作や、

侵入工作や、

医療工作等々」だ』。

『「例えば、

有益分子化目的で結婚等したが、

不適応分子状態が改善される見込みが無い」ので

「粛清殺傷工作の対象にし、

上記の様な粛清殺傷工作手段により粛清殺傷等する等」の

「事態」が

「其れこそ、日本全国各地で起こされ続けて来ている」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題」は

「本当に、深刻で重大な問題に他ならない」』。

『「この重大問題」を

「無い事に・・・」もしくは、

「軽い事に・・・」等々したがるのは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」と

「相場は決まっている」』。

『「他国内で、

国家指導者として担いでいる者の実の兄まで

化学兵器VXまで使って

暗殺するテロまで

行った

北朝鮮劣悪国家指導者等の

指令・命令等の下で行われ続けて来ている

日本国内の工作活動」が

「軽微な訳も無い」』。

『「重大な工作により、

既に、

日韓内で

北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子化されている者たちが多い」から

「北朝鮮劣悪国家指導者問題」が

「なかなか解決出来ない」のが

「現実」だ』。

『「逆から言う」なら

「日韓内の北朝鮮による工作活動等」を

「徹底的に撲滅する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者問題」の

「解決が可能になる」』。

『「北朝鮮問題の本質」は

「核・ミサイル開発等では無い」。

「劣悪国家指導者等の指令・命令の下で

連綿と行われ続けて来てしまっている

日韓乗っ取り支配等の工作活動問題」だ。

「核・ミサイル開発等」とは、

「日韓内等での工作活動を継続せしめる為の脅し道具に他ならない」』。

『「北朝鮮の実権」が

「金一族には無い事」は

「前の記事にも記した」。

「実権を持っている」のは

「年老いた、主として三人の、国家元首たち」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」を

「解決する為に合理的になる手段の一つ」は

「その国家元首たち等の斬首作戦等になる」』。

『「日韓内でも

非人道的な工作活動等を行わせ続けて来ているばかりか、

大韓航空機の撃墜工作や、

他国内での化学兵器VX使用暗殺テロ等々まで

行わせ続けて来ている者たち」との

「話し合い解決など成り立つ訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い」とは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の意向を

呑むか?否か?になるダケ」だ。

「其処に、問題の解決は無い」』。

『「そんな者たちが、

核弾頭の小型化や

大陸間弾道版ミサイルの実用化等を

実現する前」に

「北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「絶対に解決しなければならない」』。

『「日本が意識的かつ積極的に行うべき事」は

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等の徹底摘発~徹底撲滅」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「本当に深刻な工作活動等の実態・実体等を

事実・現実通りに、

告発する事等」こそが、

「当たり前」になる。

「北朝鮮の工作活動は、大した事は無いですよ~!」

「北朝鮮の工作活動等は、放置・容認等したままで、大丈夫ですよ~!」等の旨

「やっている」のは、

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」になる』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等」や

「公共的マスコミ等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に

乗っ取り支配されている状態」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番の、「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」等は、本当にお見事!(もちろん、皮肉だが)・・・。

『「韓国に亡命した元北朝鮮の外交官を持ち出して」、「金正恩とは話し合いが成り立つから、日本は、北朝鮮と対話するべきでしょ!の旨論」等を「大宣伝していたその様」は

「正に、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態」だ』。

『「言うまでも無く、

工作活動国家北朝鮮」の

「劣悪国家指導者等との話し合いなど

成り立つ訳も無い」。

「それは、過去の交渉の歴史が証明している」』。

『「日本国内の北朝鮮等による非人道的な工作活動等」を

「無い事にし続けている者たち」の「実態・実体」とは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下」になる』。

『「他国内で、

化学兵器VXまで使って、

国家指導者の実の兄を

暗殺したテロまで行っている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「同様の極悪非道工作」を

「戦後の日本国内で

工作員等の世代交代や子沢山増数化等までさせながら、

連綿と続けて来ている」のが

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民を拉致した

工作活動」は

「数多い北朝鮮等による日本国内での工作活動の中」で

「はっきりと露呈させられている

氷山の一角に過ぎ無い」』。

『「覗き・情報等盗み工作であると共に、

非人道的な殺傷工作でもある」、

「電磁波工作」や

「飲食物工作」や

「侵入工作」等々や、

「医療工作」等々まで

「行い続けて来ている」のが

「戦後の日本国内に

其れこそゴマンと居る

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」だ』。

『「それらの工作活動等を

黙殺せしめる情報・教育工作等を

行い続けて来ている者たち」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先に他ならない」』。

『「現行法・現行の摘発体制では摘発困難な工作活動等」を

「摘発出来る様にする為の法整備等に抗っている政界工作等を行っている者たち」も

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の本質」は

「上辺の金一族の裏に居る

真の実権を保持し続けて来ている

年老いた

主として3名の

国家元首たちに有る」』。

『「金日成」も

「金正日」も

「短命だった」が

「金日成」は

「米国との交渉で核開発を止める旨約束してしまったから」、

「金正日」は

「日本との交渉で拉致工作を認めてしまったから」

「粛清暗殺されたが故に短命だった」のが

「実態・実体」だ』。

『「金正恩」が

「例えば、

核・ミサイル等の開発を止める事を国際社会と約束したり、

日本国内の工作活動等を認め、止める等の約束を日本とする」なら、

「金日成や金正日同様」、

「粛清暗殺される事になる」』。

『「この状況が変わらない限り、

北朝鮮との対話」は

「成り立つ訳も無い」』。

『「米国は、レジュームチェンジを求めない旨言っているゾ~!」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は

「喜んでいる」のかも知れないが、

「例え、金正恩を温存する事はあっても、

真の実権者たちを温存する事はあり得ない」』。

『「斬首作戦は、既に、動いている」』。

『「逆から見れば、

北朝鮮の真の実権者たちが生き延びる為」には、

「今まで同様に、

担いでいる象徴に恥をかかせ、

責任を取らせ、

粛清暗殺する道」こそが、

「合理的になる」。

「その時間稼ぎの裏」で

「核弾頭の小型化と大陸間弾道版ミサイル等の実用化を実現すれば、

核資源を持つ北朝鮮が米露並みの核大国なるのは時間の問題で

その邪魔も、

核・ミサイル等の脅し等により、何処の国の誰でも出来なくなるから、

勝ち!」等と

「信じている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「そんな北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う」のが

「北朝鮮と日本の対話論」等になる』。

『「もちろん、言うまでも無く、

日本の民放キー局等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態で

良い訳は無い」』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

「北朝鮮劣悪国家指導者等の勝利の方程式」で視聴者の頭の中を染め上げたがっている北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち・・・。

『「核・ミサイル・戦争等」の「脅し」で、「多くの日本国民を委縮」させ、「日本の世論」を「北朝鮮劣悪国家指導者等を認め、北朝鮮等による日本国内の工作活動等を問題にしない方向に誘導」する「裏」で

「日本乗っ取り支配工作等」を

「益々、拡大・強化させ続け」、

「最終的には、

日本国・日本国民の支配を実現する」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の「勝利の方程式」だ』。

『「逆に、

多くの日本国民」が、

「北朝鮮との戦争も恐れず、辞さない程、強気になり、

日本国内の北朝鮮等による工作活動等が

徹底的に摘発~排除される

日本社会の状態が出来る事」等は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の

「敗北の方程式」になる』。

『「ある、テレビ・マスコミ等」が

「そのどちらの方程式」で

「視聴者・読者等の頭の中」を

「染め上げる

情報配信等をしているのか?」等で

「そのテレビ・マスコミ等の正体」は

「直に判る」』。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系のテレビ・マスコミ等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の「勝利の方程式」で

「視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとし続けて来ている実態・実体」を

「露呈し続け来ている」のは、

「単なる、偶然では無い」』。

『「其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」が

「其れこそ、ゴマンと居る」』。

『「テレビ・マスコミ界等だけでは無く、

学校教育界でも、

政財界でも、

事情は全く同様」だ。

「戦後の日本社会の中」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」が

「其れこそ、ゴマンと居る」』。

『「そんな状態」は

「韓国でも同様」だ』。

『「米国副大統領」が

「韓国~日本を歴訪している」。

「その目的」は

「北朝鮮問題に対する事前協議等の為」等と

「言われている」』。

『「しかし、普通に考える」なら

「北朝鮮の手下やお友達等が、

其れこそ、ゴマンと居るところで、

事前協議等をする事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事になるダケ」だ』。

『「事前協議」では無く、

「事前通告」等なら、

「米国にとっても、合理的になる」』。

『「現在進行中」の

「斬首作戦」や

「中国による圧力」等により、

「北朝鮮劣悪国家指導者問題が解決出来なかった場合」は

「米軍による、

アッと言う間に終わる戦争を行う」旨等の

「事前通告」が

「日韓内で、行われている」のが

「実態」と

「強く推定出来る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は

「戦争ダケは絶対にダメ!等の旨」で

「米国を抑えようとする」が

「それは、

北朝鮮劣悪国家指導者等や

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等」の

「存続」に

「直結する道に他ならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等や

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等」が

「存続出来てしまう」なら

「何れは、

北朝鮮製の核弾頭が小型化され、

それを載せられる大陸間弾道版ミサイル等も完成する

他国内での非人道的な工作活動等に邁進し続ける

北朝鮮劣悪国家指導者体制等の維持となってしまう」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、存続している間」は、

「日韓内等、他国内での工作活動等も拡大・強化される事になる」。

「そうなると、もはや、手遅れ」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等により

日韓の乗っ取り支配&日韓国民奴隷化等」が

「実現させられてしまう事になる」』。

『「米国にしても、

本格的核戦争を覚悟しなければ、

北朝鮮劣悪国家指導者等問題を

解決出来なくなる」』。

『「本格的核戦争等を避け続ける先に待っている」のは、

「米国内の北朝鮮等による工作活動による支配」だ。

「米国・米国民」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等に隷属させられる事」だ』。

『「非人道工作活動国家北朝鮮」の

「劣悪国家指導者等を存続させる道の先」には

「人類の長い未来は在り得ない」』。

『「上記の様な実状」は

「米国要人等なら、

とっくの昔から、

重々承知の筈」だ』。

『「北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等が、

米国にとっても、

本格的脅威となってしまう前」に

「出来る限り犠牲を少なくする上で、

北朝鮮劣悪国家指導者等を確実に排除する

数々の戦略等が考え出され、整えられ、

その為の実践軍備等も

整えられていて当然になる」』。

『「以前より

強力な

時代遅れの武器等を

持てている」のが

「今の北朝鮮」だが

「以前より

米国や同盟国側の犠牲が

遥かに少なくて済む、

より確実な殲滅手段を持っている」のが

「今の米軍」だ』。

『「もし、

対北朝鮮戦争が始まる」なら

「人類」は、

「世代の違う戦争の姿」を

「目の当たりにする事になる」』。

『「米軍や同盟国側の犠牲は、

ほとんど出ず、

北朝鮮劣悪国家指導者等や

時代遅れの北朝鮮の核・ミサイル等は、

確実に殲滅される事になる」』。

『「其れこそ、アッと言う間に終わる、

今の、北朝鮮劣悪国家指導者対策戦争等」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等存続の先にある

本格的な核戦争」の

「どちらを取るのか?」等を

「聞かれて、後者を取る人類」は

「居ない筈」だ』。

『「人類としての頭がある」なら

「誰もが今の内の対策」を

「取る」』。

『「日韓内等で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」が

「どんなに抗って」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」や

「その下の工作活動等」の

「存続」は、

「あり得ない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」の

「平和的解決を望む」なら

「一番は、政権交代」だ。

「北朝鮮国民や北朝鮮系の人々」は、

「意識的かつ積極的に、

{北朝鮮維新}」を

「行うべき」だ』。

『「古の日本人に出来た事」が

「21世紀の今でも、未だに、出来ない様」なら

「とても、優秀な民族とは、日本民族より優秀な朝鮮民族等とは、言えない事になる」。

「言えても、言葉上ダケで内実は無し」では

「世界中の笑いモノ」だ。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき状態」が

「其処にある」』。

『「北朝鮮の国家指導者等が、劣悪では無い」のなら、

「自ら、核・ミサイル・工作活動等を放棄」し、

「過去の責任を取り、政権の座から降りる事」だ』。

『「上記の様な場合」なら

「北朝鮮問題の平和的解決が可能になる」』。

『「北朝鮮国民や北朝鮮系の人々」なら

「意識的かつ積極的に

上記の様な、

実際の解決に直結する

平和的解決法」を

「実践するべき」だ』。

『「それを行わない事」や

「訴えもしない事」等は

「平和的解決法を求めていない事の

ある意味での

意思表明等になる」』。

『「そんな平和的解決を求めない集団や民族等」なら

「非平和的手段の犠牲者等としての

ある意味での、

資格保持者等」にもなってしまう』。

『「選択や意思表示」は

「個々の自己責任の自由」だ』。

『「中国による圧力」にも

「平和的解決の可能性がある」が

「既に、約三年分の燃料等の備蓄をしている北朝鮮」が

「中国からの圧力」で、

「核・ミサイル・工作活動等を

諦めるとは思えない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の頭の中」では

「核・ミサイル等を保持出来てしまえば、

工作活動の拡大・強化等もやりたい放題」で

「勝ち!」だ。

「後少しで、核・ミサイルが十分に実用レベルに達する現状」で

「中国等からの圧力程度で、

{勝ち!}を諦める」とは

「考えられない」』。

『「そもそも、{今回も}世襲をした段階」で

「中国共産党の北朝鮮劣悪国家指導者等切り」は

「既定路線」になっている。

「世襲ダケでは無く、

他国内で、

実の兄を

化学兵器VXまで使った

暗殺テロで殺害」という

「重大劣悪時までもが加わっている現状」では

「もはや、中国共産党要人等は、

北朝鮮劣悪国家指導者等の

本気の相手など

したくも無い状態になっている」』。

『「中国による圧力」は

「中国共産党にとってのアリバイにはなる」が

「北朝鮮問題解決の為」の

「大きな実効を持つ様になる」とは

「考えられない」』。

『「平和的解決が出来ない場合」、

「被害を小さく押さえられる手段」として

「斬首作戦がある」』。

『「こちらは、北朝鮮国民や北朝鮮系の人々以外でも実行可能」なので、

「既に、

米軍等」も

「斬首作戦で、動いている」』。

『「今の米軍等の時間稼ぎ的動き」は

「戦争から逃げる為の動きでは無く、

斬首作戦成功報待ち」の為の

「時間稼ぎ的動きに他ならない」』。

『「斬首作戦後」は

「親中国共産党系の者を

北朝鮮の国家指導者等として

担ぎ出せば良いダケ」だ。

「米中共々、納得出来る収まりどころとなる」と「共」に

「難民も出さずに済む」』。

『「中国による圧力」でも

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度が是正されず、

米軍等による斬首作戦にも

時間がかかり過ぎる」なら

「開戦となる」』。

『「早く、斬首作戦の成功報等が流れれば良い」のだが、

「現時点での、

米副大統領による韓国~日本歴訪」は

「開戦の可能性がかなり高い事」の

「事前通告」と

「強く推定出来る」』。

『「日本が意識的かつ積極的に行うべき事」は

「日本国内の北朝鮮等の手先たちや協力者等の徹底摘発~撲滅等になる」。

「開戦時~北朝鮮現体制等崩壊時」等には

「日本国内で、

それらの者たちが、

駄々っ子的な

無駄な

悪足掻き等をする可能性大だから」だ』。

『「日本の為の情報配信等を行っている

テレビ・マスコミ等」なら

「この当たり前の事を情報配信しない方が異常」だ』。

『「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」になる』。

『「何れにしても、

戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「北朝鮮のミサイルの宣伝」をして、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的な、常連出演者等が「日本はその圧力に屈して北朝鮮に譲歩せよ!」的雰囲気を醸し出していたので、本当に呆れた・・・。

『「言うまでも無く、昨今の状態の先」で、「北朝鮮との戦争が起きれば、その戦争は、アッと言う間に終わる」。「何故なら、中国による圧力でも、態度を改め無かった北朝鮮には、中国軍の援助も無いから」だ。

「場合によっては、中国軍も米軍共々北朝鮮に攻め入る事もありえる」。

「結果、戦争は、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる」』。

『「戦争となれば、

当然の如く、

米軍は北朝鮮のミサイル等のほとんど全てを無力化する」。

「詳細は、ここでは記さない」が、

「既に、

かなりの確率で、

無力化出来る状態になっている」』。

『「もちろん、全てでは無い」から

「北朝鮮が何発かのミサイル等を撃てる可能性は残っている」。

「その少々のミサイル」を

「ミサイル防衛システム等で撃墜出来ず、

北朝鮮のミサイルが日韓内等に着弾した場合」のみ、

「北朝鮮のミサイル」による、

「日韓内の被害が発生する事になる」』。

『「その確率は、かなり低い」』。

『「むしろ、日韓が、

意識的、、

かつ、積極的に行うべき事」は

「日韓内の北朝鮮の工作員や協力者等による無駄な悪足掻き対策」だ』。

『「日本の公共の電波を使っている情報配信」が

「健常状態」なら

「この想定される実害への対策等を訴えない事はあり得ない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」なら

「意識的、

かつ、積極的」に、

「日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指示等の下の

工作活動等」を

「無い事にしたり、

黙殺せしめたり・・・

し続けようとする事」が

「合理的になる」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等」の

「情報・教育内実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」と

「日本国民」の

「どちらを向いているのか???」』

『「正常化・健常化」を

「阻害し続けて来ている」のは

「実権者等の人脈問題」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達」の

「情報・教育等による

マインドコントロール下状態に追いやられている

決して少なく無い数の日本国民の意識等」だ』。

『「正常化・健常化が急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「もちろん、戦争よりは、

斬首作戦の方が被害が少ない」。

「斬首作戦よりは、

北朝鮮国民や在韓・在日北朝鮮系の者たちによる

政権交代の方」が

「被害が少ない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」の

「平和的解決法」は

「其処にある」』。

『「国連決議や国際社会の意向等を無視して、

核・ミサイル開発等を続けている」ばかりか、

「他国内で、

化学兵器VXまで使って、

国家指導者の実の兄まで

暗殺したテロ」までも

「行って来ている

今の北朝鮮劣悪国家指導者等」には、

「排除されるべき十二分な理由等」が

「既に、非常に大きく存在している」』。

『「この重大現実を無視」して

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等状態で居られる者たち」は、

「人間として、本当に、どうかしている!」』

『「北朝鮮系の人々にも、まともな人間が居る」なら

「平和的解決法を実現しない方が異常」だ』。

『「北朝鮮系の人々が、

北朝鮮劣悪国家指導者等と同様な者たちばかり・・・」なら

「戦争等の強硬手段による撲滅等」にも

「ある意味での

正当性や必然性が

生まれてしまう事になる」』。

『「上記の様な

実態・実体」は

「既に、明らかな状態」なのに、

「テレ朝朝番等」では、

「未だに、

平和的解決法を訴えず、

北朝鮮のミサイルの脅威等を宣伝」し、

「日本側の対応は大変だゾ~!」

「十分な対策など金がかかり過ぎて出来ないゾ~!」等の旨

「喧伝」し

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す情報配信等を行っていた」のだから、

「本当に酷い」』。

『「其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下やお友達の臭い」が

「濃厚に充満している」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

日本の民放キー局による情報配信」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者の手下やお友達等による情報配信」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝夕番では、未だに、「日本と変わらない」等と、北朝鮮の宣伝をしていたので、本当に呆れた・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、日本と北朝鮮は大いに違う」。「一番違うところ」は「日本では、劣悪な国家指導者等は存続出来ない事」だ。

「その時代やその時の世界情勢等の要求に対応出来ない国家指導者等」なら

「多くの日本国民の、

{命がけの民意}」により、

「その都度、

より対応力等の高い国家指導者等に入れ替えて来た」のが

「日本の歴史」だ』。

『「日本の精神文化の肝」は

「優秀を好み、劣悪を嫌う」に他ならない』。

『「大権を好み、大権に頼る」等の

「劣悪な精神文化を抱きしめ続けている何処かの国」とは

「全く違う精神文化」が

「其処に在る」』。

『「今の北朝鮮問題」を

「平和的に解決したい」のなら

「国連決議も無視して、

核・ミサイルの開発等に邁進しているばかりか、

他国内で、

化学兵器VXまで仕様して、

実の兄を暗殺するテロまで行った

劣悪な国家指導者等」を

「北朝鮮国民自らが、

{命がけの民意}により

排除する事等」が

「一番、合理的になる」』。

『「日本と変わらない」というなら、

「それが出来ない訳も無い」』。

『「劣悪な国家指導者等を頂き続けている内」は

「日本と北朝鮮は大いに違う」のが

「現実」だ』。

『「テレ朝等」も、

「実態・実体離れしている劣悪な情報配信」は

「直ちに是正するべき」だ』。

『「劣悪情報配信を是正しない精神文化」と

「北朝鮮の精神文化」こそが、

「変わらない」。

「つまり、テレ朝等と北朝鮮の精神文化」は、

「同様」等と

「情報配信する」のが

「実態・実体に沿っている情報配信になる」』。

『「日本の公共の電波を使った、

一方的な大量情報配信機関である

民法キー局」の

「精神文化」が

「北朝鮮と同様」で

「良い訳は無い」』。

『「劣悪情報配信等を続けているテレビ等の中」に

「露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、もしくは、お友達等」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」が

「日本の公共の電波を使って、

取り上げるのに都合の良い事件・事故等をダシ」に

「優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶりながら、

多くの視聴者等を

北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子化する為」に

「指導し続けて来ている」。

・・・「そんな実態・実体」を

「露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」等の

「寒過ぎる現実」だ』。

『「もちろん、そんな状態をそのままにし続ける必要は全く無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等と同様の精神構造を露呈している

劣悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「是正」は

「急務」だ』。

『「戦後日本の

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈を含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、内実「北朝鮮に時間を与えて、北朝鮮の核・ミサイル等を完成させましょう!」論で視聴者の頭の中を染め上げたい様相だったが・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の目的」は「はっきりしている」。「実用レベルの核・ミサイル等の脅し」の「裏」で「行い続ける工作活動等によって、朝鮮半島内と日本内を支配する事」だ。

「北朝鮮が、後、少しの時間を得る事が出来る」なら、

「核弾頭の小型化」も

「実用レベルの大陸間弾道ミサイル」等も

「完成させる事が出来てしまう」。

「今、北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「一番欲しがっている」のは

「その為の時間」だ』。

『「その北朝鮮劣悪国家指導者等の要望」に

「見事なまでに応じ続けて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等の臭いが濃厚な

日本のテレビ・マスコミ等」だ』。

『「本日のサンデーモーニング」でも

「常連出演者等」は

「北朝鮮との話し合いが無駄である事を立証した過去の対話路線等」を

「批判しながら」も

「もし、戦争等を仕掛けるなら、

米国単独ではダメで、

国際的枠組みの中にするべく、

日本は努力するべき」等の

「北朝鮮に時間を与える事に直結している論」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

単独主義で、核・ミサイル等の開発はもちろん、

他国内での工作活動等まで旺盛に行い続けている北朝鮮」への

「実効のある対応を取る」なら、

「米国単独等の素早い判断と行動力等が必要になる」』。

『「単独行動で、

他国内で、化学兵器VXまで使用して

国家指導者の実の兄まで暗殺したテロ」を

「行った、

今の北朝鮮劣悪国家指導者等」への

「対応」が

「国際合意の下のゆったりとした対応」で

「間に合う訳も無い」』。

『「国際合意形成中」に

「北朝鮮の核・ミサイル等が実用レベルになる」なら

「北朝鮮の勝ち!」と

「信じ込んでいる」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の「実態・実体」だ』。

『「何故なら、

その強大なる軍事圧力の下での他国内工作活動等」は

「其れこそ、やりたい放題状態に出来るから」だ』。

『「核・ミサイル等の強大なる軍事圧力の下での

工作活動等により、

日韓国民等を奴隷化する事等も

容易に可能になる等」と

「信じている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の「実態・実体」だ』。

『「日本が今行うべき事」は

「既に、はっきりしている」。

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等」を

「北朝鮮が持つ軍事圧力が強大化する前に、

徹底的に摘発し

徹底的に撲滅する事」だ。

「それなのに、それを無い事にしようとしていた」のだから

「本日のサンデーモーニング」は、

「本当に酷い」』。

『「見事なまでの、

北朝鮮劣悪国家指導者等の犬ぶり」が

「其処に露呈していた」』。

『「もちろん、北朝鮮の犬たち」を

「日本の公共の電波上で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「もちろん、

重要な事」は

「日本国内の北朝鮮系等の工作員や協力者等の徹底摘発・徹底排除」であり、

「日本国内の朝鮮人や朝鮮系の者たち等の徹底摘発・徹底排除では無い」。

「日本が、押さえておくべき重大ポイント」は

「其処にある」』。

『「つまり、

上辺は日本国民でも、

韓国(北朝鮮も含む)以外の外国の人々でも、

北朝鮮等の手先等」なら

「徹底摘発・徹底撲滅する事」が

「重要」になる。

「上辺が韓国(北朝鮮も含む)人やその他の国の人等」でも

「日本国と平和・共存している人たち」は

「摘発・排除等してはいけない」』。

『「つまり、行動実態・実体等による区別」が

「極めて重要になる」』。

『「核・ミサイル等を実用化出来るなら、

工作活動も維持~拡大出来るから、

勝ち!」等と

「信じ込んでいる、北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「現時点で、核・ミサイル等の開発を止める訳も無い」』。

『「約3年分の燃料等まで備蓄している現状の北朝鮮」が

「中国等の説得や圧力等に応じて

態度を改める可能性も

極めて低い」』。

『「話し合いや、国際合意形成等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に

更なる時間を与え、

北朝鮮の核・ミサイル等を完成させる事」に

「直結している」』。

『「一番被害が少ない戦略」は

「斬首作戦」になる。

「斬首作戦は、既に、動いている」』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等が実用化される前」に

「斬首作戦が成功しない」なら

「米軍が、一気に攻め込む事」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を実際に解決する方法になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」の

「平和的解決法」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

自らの首を差し出す事」だ。

「平和的解決を望む人々」なら

「それを訴えるのが当たり前」になる』。

『「それなのに、未だに、

北朝鮮劣悪国家指導者等の犬的様相まで露呈している者たち」が

「日本の公共の電波上」や

「日本の公共的マスコミ上」で

「内実」、

「北朝鮮劣悪国家指導者たちに、

もう少し時間を与えましょう!

北朝鮮の核・ミサイル等の実用化を実現させてあげましょう!等論」を

「一方的に大量配信等している」』。

『「本当に、深刻な事態が其処に在る」』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」が

「北朝鮮の情報工作員等に乗っ取られている状態」で

「良い訳は無い」』。

『「戦後日本の

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「北朝鮮の記念日や軍事パレード等」が大宣伝されていたが・・・。

『「相当、ビビッているからだろう、金正恩は、マタマタ別の影武者だった」・・・。

「見分け方は簡単」で

「本人なら、表情も本人で、声付き」が

「当然」になる』。

『「今時、耳の形や顔の上辺等を本人そっくりにする事」は

「結構、容易」だが、

「顔の表情筋」や

「声紋まで一致させる手術等」は

「非常に困難」だ』。

『「変化する表情の裏に否応無しに現れる表情筋」と

「声紋」等を

「鑑定する」なら

「本人か?否か?の判定は、容易」だが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達状態」の

「テレビ・マスコミ等」では、

「その様な当たり前の分析等さえしない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達状態」の

「テレビ・マスコミ等によれば、

軍事パレードで現れた北朝鮮のミサイル等」は

「大変な脅威!」だが、

「普通に考える」なら

「未だ、大陸間弾道版のミサイルは完成前」で

「現れたのは外枠ダケ」だ。

「核弾頭の小型化も、今のところは、完成前」だ』。

『「肝要な事」は

「これ以上、北朝鮮に核・ミサイルの実験等を行わせない事」に他ならない』。

『「実験を重ねる事」で、

「核弾頭の小型化」も、

「大陸間弾道版ミサイル」も、

「実用レベルに達する様につくる事が出来る様になってしまうから」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者との話し合いが成り立たない事」は

「既に、立証済み」だ。

「外交等の圧力により、北朝鮮の態度を改めさせる事が出来るか?否か?」は

「未だ、はっきりしていない様に思えるかも知れない」が

「例え、

中国共産党等が、本気の圧力をかけても、

既に、約三年分の戦争用燃料等の備蓄をしている北朝鮮の態度が是正される事」は

「先ず、無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の考え」では、

「核弾頭の小型化」と

「大陸間弾道版ミサイル」が

「実用レベルに達する」なら

「世界中の国々が、北朝鮮劣悪国家指導者等の意向に沿わざるを得なくなる!」等だ』。

『「後、三年もかからずに、

核弾頭の小型化と

大陸間弾道版ミサイル等の

実用化は、出来る」等と

「考えていて、当然」になるから、

「圧力で態度を是正するとは、考え辛い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題が解決する道」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が自ら、核・ミサイル・工作活動等を放棄しない限り」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

核弾頭の小型化や

大陸間弾道版ミサイル等を

実用化する前」の

「武力行使による斬首作戦」や、

「核戦争にならない

アッと言う間に終わる戦争」等

「しか無い」のが

「現実」だ』。

『「そして、

その実践のタイムリミット」は

「もう、直ぐ其処」だ』。

『「この最後のチャンス」を

「米国が逃す訳も無い」』。

『「既に、斬首作戦は動いている」が

「斬首作戦に時間がかかり過ぎる様」なら

「核戦争にならない、アッと言う間に終わる戦争となる可能性大」だ』。

『「平和解決の唯一無二の道」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

朝鮮民族等の為に、

自ら、その首を差し出す事」だ。

「古の日本の武士等なら、確実にその道を選択している」が

「朝鮮民族の精神文化は???」』

『「今の

斬首作戦や

アッと言う間に終わる戦争等を

嫌がって、

近未来の核戦争や

北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓国民支配等を容認する判断等をする」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」になる』。

『「もはや、

止むを得ない状態になっている、

斬首作戦や

アッと言う間に終わる戦争等時」に、

「日本国内の被害を出来る限り少なくする為」にも、

「日本の中の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」は

「本当に急務」だ』。

『「この重大事をちゃんと伝えず、

未だに、話し合いによる解決等の

内実として、北朝鮮劣悪国家指導者側を利す情報配信等を続けている

情報界・政界等の者たち等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」と

「相場は決まっている」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」と

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「未だ、十分な実用段階に無い北朝鮮の核兵器」の間に、どうする?北朝鮮劣悪国家指導者等問題・・・。

『「米軍の北朝鮮攻撃」には「韓国の同意が要る」との事だ。しかし、「例えば、北朝鮮の核・ミサイル開発や工作活動等」を

「現状のまま、放置~容認」して、

「近未来において、

韓国・韓国国民等が、

北朝鮮に支配される事」や、

「韓国に、北朝鮮の核を落とされる事」等と

「今の内の米国による軍事行動等による

北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」の

「どちらを取るか?」等を

「聞かれて」、

「米国による軍事行動等を容認しない旨

回答する

韓国大統領等」は、

「居ない筈」だ。

「もし、その様に回答する韓国大統領が居る」なら、

「その者は、北朝鮮の手先」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」等は、

「処理可能な内に処理する」のが

「国際社会の常識」だ』。

『「非人道的な工作活動まで積極的に行い続けて来ている

劣悪国家指導者等に

実用度が高い核兵器まで持たせる事の容認」は

「絶対に、あり得ない」』。

『「もはや、

米国はもちろん、

韓国にしても、

日本にしても、

中国にしても、

・・・北朝鮮劣悪国家指導者等が保持出来ている

核・ミサイル等の

これ以上の増強等」を

「容認出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核開発や工作活動等」を

「自主的に、放棄しない限り、

軍事行動等も含む

全ての絶大なる対応の下」で

「近々、

北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「片付けられる事になる」』。

『「周辺諸国等への被害を

最小限に押さえる策」は

「斬首作戦」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「他国内での、

化学兵器VX使用、

金正恩の実の兄、金正男

暗殺テロ」の

「実行」により、

「国際社会の中」で、

「斬首作戦の標的にされるべき状態」を

「自ら、既に、作り出している」』。

『「米国等による斬首作戦」は、

「既に、動き始めている」』。

『「未だに、

反軍事行動等や

話し合い解決等を

訴える事」等により、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

核・ミサイル等開発や

他国内での工作活動等」に

「更なる時間を与えようとしている者たち」は

「明らかに変」だ』。

『「核・ミサイル等の脅しの下の

工作活動等」により、」、

「北朝鮮劣悪国家指導者人脈の者たち」による

「日韓及び日韓国民支配等」を

「実現させたがっている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たち等」と

「相場は決まっている」』。

『「普通の日韓国民等」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決の実現に繋がる

具体的な策等」の

「実現等を望んでいて当然」だ』。

『「斬首作戦」然り、

「出来る限り被害を押さえた、出来る限り早く終わる、戦争等」然り、

「日韓内等、北朝鮮による他国内工作活動の徹底摘発~徹底撲滅等」然り、

「中国も含む全世界による実効が直に出る圧力」然り、

・・・等々』。

『「未だに、

話になる訳も無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い等を言っている」のは、

「普通では無い人々」になる』。

『「核・ミサイル開発や工作活動等実行等の為」の

「時間稼ぎに直結」している

「北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い等」を

「訴えている」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等以外の何モノでも無い事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」は

「本当に急務」だ』。

『「早々に解決出来ない場合、

人類が

近々滅亡する事になってしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「日本国・日本政府等が

意識的かつ積極的に行うべき事」は

「米国軍事行動等実行時の対応等はもちろん」、

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」だ』。

『「言うまでも無く、

その工作活動」は、

「日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の者たちが行っている」。

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致{出来た}裏に居た」のも

「その連中」だ。

「その連中」は

「その後も、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令等の下」で

「世代交代までしながら、

子沢山工作等までしながら、

連綿と

非人道的な工作活動等を

行い続けて来てしまっている」』。

『「こんな異常事態」は、

「早々に、解消する」のが

「当然」だ。

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」は

「本当に、急務」だ』。

『「北朝鮮系の工作の骨子」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」の

「有益分子の育成」と

「不適応分子の粛清」に他ならない』。

『「具体的には、

支配に適切な数の日本国民」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子にする事」と

「支配するに多過ぎる分の日本国民」や、

「有益分子化出来ない日本国民等」を

「粛清する事」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等により、

有益分子化された日本国民等」の

「実態・実体」は

「多くの人々が直に判る」。

「例えば、

学校教育界や

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)政財界」等の

「者たち」の

「論調内実等で直に判る」』。

『「戦後日本の情報・教育界」は、

「本当に、異常」だ。

「将来分まで考慮した内実」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者等と

日本国・日本国民等」の

「どちらをより利しているのか?」等を

「検証する」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利している論等」で

「溢れているから・・・」だ』。

『「将来分まで考慮して論等の内実を検証する」なら

「誰もが、

直に、

決して少なく無い数の

北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子たち」を

「見出す事が出来る」のが

「戦後日本の情報・教育界」の

「本当に、酷い実態」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が

これまで行って来て、

既に、露呈している、

非人道的な悪事・問題等ダケ」を

「取り上げ、

正義ぶって批判・非難」等している

「裏」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令等の下の

日韓も含む他国内での

未だ、十分に露呈させられていない

非人道的な工作活動等」や

「核・ミサイル等の更なる開発等」の「為」の

「更なる時間」を

「与え続ける事に

直結している

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い等」を

「訴え、

それを平和的解決等と嘯いている

醜悪な実態」は

「本当に、見苦しい」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の下」の

「核・ミサイル等の増強」や

「非人道的な工作活動」等を

「温存」させていて、

「その何処が、平和的解決だ!!!」』

『「連綿と続けられて来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の工作活動等による犠牲者の数」を

「綿密に調べる」なら

「既に、下手な武力衝突等を遥かに超える数になっている事等」も

「判明する事になる」』。

『「工作活動等を放置して、

更に、犠牲者を増やし続ける道」と

「斬首作戦等」では、

「斬首作戦等の方」が、

「遥かに、犠牲者の数が少なくなる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者人脈等による

日韓・日韓国民支配」等の

「最悪事態を望んでいない」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を出来る限り早く、

実際に、解決する事」に

「反対出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決出来る時間」は

「もう、残り少ない」。

「北朝鮮による核弾頭の小型化が実現してしまう」と

「多数の核ミサイルの脅しの下」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の意志」が

「日韓内等で反映させられ易くなってしまう」』。

『「そうなると、

核戦争を覚悟して徹底抗戦等しない限り、

多くの日韓国民」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、奴隷状態」に

「追い込まれてしまう事になる」』。

『「国家指導者の実の兄」を

「他国内」で

「化学兵器VXを使って暗殺した者たち」に、

「更なる時間を与え、

核弾頭の小型化等まで実現させてしまう事」等は

「絶対に行ってはいけない事」に他ならない』。

『「未だ、核兵器が十分な実用状態には無い今の内」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を排除する事」こそが

「人類の未来を長くする事に直結している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の奴隷になる」のと、

「今の内の、

斬首作戦や

アッと言う間に終わる戦争等の軍事行動等」の

「どちらを取るのか?」が

「今、日韓国民に突き付けられている重大質問」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の奴隷になる道」を

「平和的解決の道等と言う」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たち」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「自主的に、核・ミサイル開発等と工作活動等を放棄しない限り、

米軍等による軍事行動等」こそが、

「正義の道」だ』。

『「多くの日韓国民等を

北朝鮮劣悪国家指導者等の奴隷にする道等を推奨し続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」に他ならない』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

医療工作等々の

非自動的な工作活動等」を

「無い事にしたり、

黙殺したり、

・・・し続けて来ながら」、

「反戦・平和等を嘯き続けて来ている

実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の

情報工作員等」を

「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上」等で

「重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の長い未来等を信じたがっている様相だったが・・・。

『「北朝鮮内を中国共産党の傀儡政権化する、米中合意」は「既に、出来ている」。

「中国共産党発の新聞等による、

北朝鮮や国際社会等へのメッセージ」の

「実体」は

「其処にある」』。

『「問題」は、

「その為の具体的手段実行時~実行後」の

「関連各国間の対応のすり合わせ」だ』。

『「既に、裏」では、

「詳細なツメの為」の

「相互連絡・協議・確認等」が

「関連各国間」で

「盛んに行われている」』。

『「それなのに、未だに、テレ朝朝番等」では、

「金正恩(影武者)等」や

「死んでいるショールーム化している現状の平壌」や

「金正恩の妹」等の

「実質的、宣伝」を

「日本の公共の電波上で行っていた」』。

『「其処」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

手先やお友達等」の

「臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「現状の日本のテレビ・マスコミ等」による

「北朝鮮問題情報」で

「圧倒的に変な事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

大問題である

工作活動問題」を

「大問題として扱わず」、

「実質的に、黙殺している事」だ』。

『「先日の

北朝鮮自国内では無い他国内、マレーシア」での

「化学兵器VX使用」の

「金正男暗殺テロ」も

「言うまでも無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等による工作活動」で

「重大問題」だが

「現状では、もう、重大問題として扱わず、

もはや、黙殺状態」だ』。

『「いくら黙殺状態にしても、

金正男の暗殺テロ」こそが、

「米中による斬首作戦等の合意を生み出した実体」等は、

「無い事に出来る訳も無い」のだが』。

『「今までに、露呈している事ダケ」でも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による極悪非道な人権無視工作活動」は、

「枚挙に暇が無い」』。

『「例えば、

日韓内各地を含む世界中からの数多くの拉致」や

「大韓航空機爆破テロ」等々、

「そして、

他国内で

VX使用した

金正男暗殺テロ」』。

『「もはや、

北朝鮮が存続出来ている事自体不思議なレベル」に

「既に、なっている」』。

『「その上に、

国連決議を無視した、核・ミサイル等の開発~製造~配備等までもが、

積み重なっている」。

「更に、人道無視の粛清等を重ねて来ている」。

「世界中の

何処の誰が

どう考えても、

もはや、

北朝鮮劣悪国家指導者等の温存は無い」』。

『「もう、既に、国際合意」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者の排除~新国家指導者体制への転換等」が

「決められていて当然」になる』。

『「金正男暗殺テロ前まで」は

「北朝鮮の体制転換に消極的だった中国共産党」も

「もはや、体制転換合意をするしか無くなった」から、

「米中合意も成立」した』。

『「既に、斬首作戦が動き始めている事」は

「何度も記している通り」だ』。

『「先ほど、テレ朝朝番内」で、

「米軍の北朝鮮先制攻撃準備ニュース」や

「米軍のアフガニスタンでの超巨大爆弾使用ニュース」が

「流された」。

「安倍総理が、北朝鮮ミサイルには、サリン弾頭もある可能性がある旨」等

「述べたニュース」も

「流された」』。

『「斬首作戦実行時」に

「万一、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下等が

無駄な反撃等を仕掛けて来た場合」の

「事前対策等」が

「今、行われている」』。

『「米中も含む国際社会の多く」は

「北朝鮮が核弾頭を小型化する事等」を

「絶対に容認しない」』。

『「こんな状況が既にある」のに、

「北朝鮮が核実験を行う」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「即、アウト!」になる』。

『「金正恩等が生き延びたい」のなら、

「先ず、

核放棄・工作活動放棄宣言等をし、

核放棄・工作活動放棄を100%実行する」

「以外の道」は

「既に、無くなっている」』。

『「人間の内実で言う」なら

「人道無視の極悪非道で劣悪な工作活動等に手を染めた段階」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「既に、負けている」。

「ズル賢い」のは

「賢いのでは無く、

ズルしなければ比べっこ等も出来ない

敗者の選択以外の何モノでも無い」』。

『「自分に負けている劣悪者」が

「その実体を見つめない為」に

「他者支配等に邁進する状態の実体」は

「病気」だ』。

『「自らを成長させる事から逃げ続ける為に、

他の者・物・事等まで巻き込んで、

大迷惑な悪足掻きをしている{病状}」は

「重症である事の証以外の何モノでも無い」』。

『「裸の王様」の「恥の上塗り」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核放棄・工作活動放棄等

出来る様になる事」とは、

「ようやく、

自らの実体を直視する程度にまで、

精神構造等を育てる事が出来た事の

立証等になる」』。

『「その内実」は、

「敗北宣言では無く、

成長宣言」になる』。

『「成長して生き延びる」も

「成長を拒否して崩れ去る」も

「その選択」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等次第」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等」の

「哀れ」は

「もはや、今更、記すまでも無い事」だろう』。

『「万一、戦争になってしまって」も

「其れこそ、アッと言う間」に

「北朝鮮の負け」で

「終わる」』。

『「北朝鮮は、

ほとんどミサイルを発射する事も出来ない状態になる」』。

『「数少ない、北朝鮮が発射出来てしまったミサイル」を

「日米等が確実に撃墜する」なら

「日本が受ける被害」は

「日本国内に居る北朝鮮の手先たちによる

無駄な悪足掻き分くらい・・・になる」』。

『「それらを最小限に押さえる為」にも

「事前の工作活動対策」が

「非常に重要」だ』。

『「万一、開戦となった」なら

「総理による超法規措置等」により、

「日本国内の北朝鮮等の工作員等を徹底摘発する事等」が

「非常に重要になる」』。

『「工作員や協力者等」は、

「足を洗うなら、直ちに!」だ』。

『「もう、若干、遅過ぎるかも知れない」が

「即刻、

積極的に、

自首・暴露等して

工作活動等を放棄する」なら

「未だ、

罪や罰等を軽く出来るチャンスがある事」になる』。

『「この後に及んで、

北朝鮮劣悪国家指導者等に勝ち目がある等」と

「思えたり、

信じられたり・・・している者たち」は

「もう、ほとんどいない筈」だ』。

『「負けて沈没する船からの脱出」は、

「お早目に!」』

『「もっとも、

以前から、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達的様相等」を

「例えば、

政界や、

公共の電波上や、

公共的マスコミ上や、

学校教育上等々で、

散々、

露呈し続けて来ている者たち」は、

「過去に対する

十分な謝罪・贖い等を

行わない限り」、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事等」が

「既に、決まっている状態・・・」だが』。

『「何れにしても、

戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「報道陣の前に現れた金正恩の影武者」等を大宣伝しているテレビ等問題・・・。

『「テレ朝の記者等」は「平壌を日本と変わらない・・・旨」等まで「宣伝」していたが、

「もちろん、言うまでも無く、自由の無い北朝鮮平壌の状況等」が、

「日本と変わらない訳も無い」』。

『「金正恩に至って」は

「相当、ビビッている様」で

「平壌に北朝鮮が招いた海外報道陣の前に現れた」のは、

「素人目に見ても、明らかに、影武者」だ』。

『「そんな今の北朝鮮平壌での

北朝鮮劣悪国家指導者等のお手盛り行事等」を

「さも、重大行事等であるかの如く、風潮する」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等くらい・・・」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」の

「論調」には、

「直に、その正体が判るインチキ等が含まれている」』。

『「例えば、

金正恩の影武者を金正恩と宣伝」したり、

「既に、米国が敷いた北朝鮮のデッドライン(死線)を超えている

現状の北朝鮮の状態」を

「レッドライン(赤線)超え前」等と

「嘯いたり」

・・・等々だ』。

『「他国内で

VXという化学兵器まで使用して、

実の兄を殺した段階」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「完全に、米国が敷いたデッドラインを超えている」』。

『「もちろん、その下」には、

「国連決議等を無視し続けて来ている

北朝鮮の核・ミサイル等の

不当開発問題等も在る」』。

『「国連決議無視」の「上」に

「他国内での

化学兵器VX使用

実の兄

暗殺」まで

「行ってしまった

北朝鮮劣悪国家指導者等」を

「デッドラインの手前側に置ける」のは、

「無責任な平和ボケ国家指導者等くらい」になる』。

『「北朝鮮レベルの弱小劣悪状態国家」の

「核・ミサイル保有」や

「他国内、化学兵器使用テロ」等まで

「容認してしまう国際社会」では、

「人類の未来」が

「極短いモノになってしまう」のは

「極めて当然の事」だ』。

『「当然、今の国際社会合意」は

「そんなところで結ばれていない」』。

『「現状の北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「明らかに、デッドライン超え」だ。

「死線超えの排除されるべき者たちへの現実対応」が

「今、動いている」』。

『「この重大事実」を

「黙殺したり、無い事にしたり、

・・・したがっている」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達くらい・・・」になる』。

『「もちろん、言うまでも無く」、

「北朝鮮による核弾頭の小型化」も

「米国や国際社会等が容認する訳も無い」』。

『「既に、デッドライン(死線)超え」なので、

「既に、斬首作戦等は、動き出している」が

「仮に、北朝鮮が更なる核実験等を行う」なら

「即時アウト!」になる』。

『「現状」では、

「出来る限り犠牲を少なくする為」に

「斬首作戦の最終段階の実行タイミングを計っているところ」だ』。

『「そんな状況を肌で感じざるを得なくなっている金正恩」は

「平壌に招いた、人質でもある、海外報道陣の前」に

「影武者を出す」のが

「精一杯の抵抗」だった』。

『「そんな状況がアリアリと判る映像」なのに、

「金正恩等の宣伝を行っていた

日本の公共の電波を使っているテレビ等」とは、

「本当に、異常」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等の濃厚な臭い」が

「其処に漂っている」』。

『「今、日本国内で、北朝鮮問題について情報配信等する」なら、

「先ず、訴えるべき」は

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等の撲滅」だ』。

『「何故なら、北朝鮮暴発時」には、

「日本の中の北朝鮮の手先たち」等も

「無駄な悪足掻き等をしていしまう可能性大だから」だ』。

『「今の内に、

徹底的に、

北朝鮮系の工作員や協力者等を摘発~排除等しておく事」こそが、

「北朝鮮が断末魔の叫びを上げる時」の

「日本国内の被害を少なくする事に直結している」』。

『「上記の様な

日本国・多くの日本国民にとっての

重要情報」を

「黙殺」し、

「北朝鮮の宣伝等を行い続けているテレビ・マスコミ等」は

「本当に異常」だ』。

『「其処に在る」のは、

「人脈の問題である事」等は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」が

「未だに、日本国内等」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の情報配信等を続けている」』。

『「そんな状態の是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「日本国内の北朝鮮等による工作活動等」の

「徹底撲滅」は

「本当に急務」だ』。

『「北朝鮮暴発前」に

「日本国内の状態を正常化・健常化しておく事」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が断末魔の叫びを上げる時」の

「日本国・日本国民の被害」を

「出来る限り小さくする事」に

「直結している」』。

『「戦後日本」の

「情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等で、「北朝鮮の同朋的臭いを濃厚の漂わせている者たち」が、北朝鮮現体制大丈夫論等を日本の公共の電波上に撒き散らし続けている訳・・・。

『「実の兄まで化学兵器VXまで使用して暗殺した北朝鮮劣悪国家指導者等」が「生み出し続けて来ている問題」を「解決する方法は?」

「言うまでも無く、劣悪国家指導者等との話し合いによる解決」など

「成り立つ訳も無い」』。

『「現状維持」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に、

「更なる、核・ミサイル等の開発~製造~配備」や

「更なる、日韓内等他国内も含む世界各地での

非人道的な工作活動実行時間」等を

「与えるダケ」になる』。

『「米国や日韓等は、もちろん、

中国も、その他の全世界の多くの国々にとっても」、

「北朝鮮による核弾頭が小型化される前」に

「北朝鮮による工作活動等が

現状以上に、

他国内で甚大な実効等を

持つ様になる前」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」を

「解決する必要がある」』。

『「その具体的手段は?」

「一番被害が少なく、実効が高い方法」は

「斬首作戦」だ』。

『「その様な実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者側も良く判っていた」から

「北朝鮮は、金正男暗殺を行った」。

「しかし、化学兵器VXを使った事」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の斬首作戦」に

「お墨付きを与える

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての自虐行為」にも

「成った」』。

『「普通に考える」なら

「斬首作戦」は、

「もう、動き始めている」』。

『「他国内で化学兵器VXを使った暗殺を行う劣悪国家指導者等」を

「容認し続ける事」は

「世界各地でのその様な化学兵器使用テロに

お墨付きを与える事になってしまうから」だ』。

『「今、世界に報道されている

米海軍等の配備実態や

米国と中国・韓国・日本も含む各国との

北朝鮮問題に対する話し合い等」の

「上辺ニュース」の「裏」では

「既に、動き始めている斬首作戦後の

北朝鮮内安定処理等の為」の

「綿密な話し合い調整等が行われている」と

「強く、推定出来る」』。

『「それでも、

未だに、

日本の中の{北朝鮮劣悪国家指導者等の同朋、もしくは、お友達たち}等」は

「北朝鮮現体制は、今後も続くゾ~!論」等を

「風潮し続けている」。

「何故か?」』

『「言うまでも無く、

日本国内に居る

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令の下で

工作活動を行っている者たちや、

その協力者等たち」に

「今まで同様に、或いは、更に、強力に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為の工作活動」等を

「行い続けさせたいから」だ』。

『「その様な目的が有る」から

「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題等」を

「黙殺し続けて来ている」のが、

「本来の日本のテレビ・マスコミ等では無い、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手先情報工作機関状態のテレビ・マスコミ等」の

「実態・実体」だ』。

『「もちろん、

言うまでも無く、

そんなj酷い状態のテレビ・マスコミ等」の

「是正」は

「急務」だ』。

『「同時に、

日本の中の北朝鮮等による非人道的な工作活動等」の

「徹底摘発~徹底撲滅等」も

「急務」だ』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

医療工作」等々の

「非人道的な暴力工作」は

「もちろん」、

「情報・教育工作」や

「政財界工作」等々の

「非直接暴力的工作」の

「撲滅」も

「非常に重要」だ』。

『「情報工作対策」としても、

「個人個人の自己健常制御能力等の向上」や

「民度アップ」等が

「有効になる」』。

『「自分の実体把握等の情報・教育」や

「自己健常制御の役に立つ情報・教育」等の

「意識的かつ積極的な配信等」が

「有効になる」』。

『「現況の多くの情報・教育」が

「他の者・物・事を支配する事等に憧れさせる為の情報・教育」や

「他の者・物・事による被支配を、意識の有無を問わず、受け入れる状態を育成する為」の

「情報・教育」等で

「溢れている」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

日本国・日本国民支配等」が

「その様な劣悪情報・教育等を積極的に行っている者たち」の

「頭の中にあるから」と

「強く推定出来る」』。

『「情報・教育界の現況」は

「本当に酷い」』。

『「昨今でも、

未だに、

日本のテレビ・マスコミ等」なら

「告発等していて当然」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令の下で行われ続けて来てしまっている

日本国内の北朝鮮等による工作活動等問題」を

「未だに、黙殺し続けている者たち」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等大丈夫論等」を

「日本の公共の電波上」や

「日本の公共的マスコミ上」に

「撒き散らし続けている」』。

『「この様な酷い状態」が

「放置されたままで良い訳は無い」』。

『「静岡県警刑事部長行方不明事件」も

「報道されている」が、

「該当刑事部長のお名前」は

「何と!伊藤博文」だ』。

『「警察幹部である事等も加われば、

反日思想等に染まっている北朝鮮等の工作員等」なら

「かなり、意識的かつ積極的に、

徹底監視等していて当然のお方」になる』。

『「もし、伊藤博文刑事部長」が

「日本国内の北朝鮮等による工作活動問題等」の

「調査~摘発等を考え、

具体的な行動等を起こそう・・・等としていた」なら

「家族喧嘩で飛び出した伊藤博文氏」を

「そのスジの者たちが、積極的に、拉致等しない訳も無い」』。

『「更に、歴史上の伊藤博文氏を殺害した者を英雄としている

劣悪国家等の実態」からは、

「あってはならないとんでもない事態等」まで

「否応無しに、想起させられてしまう」・・・』。

『「刑事部長行方不明事件」には

「上記の様な可能性も大いにある」のだから、

「この際、警察」も、

「日本全国で、

北朝鮮等による工作活動等の徹底摘発等を始めるべき」だ』。

『「通常犯罪等とは全く違う、

戦後の日本国内で連綿と続けられて来てしまっている

国家犯罪等への対応」だから、

「厳罰法や、強制送還・強制送致法」等は、

「後付けで、遡って適用でも良い」』。

『「一番重要な事」は

「非人道的な工作活動等の害」から

「多くの一般日本国民を解放する事」だ』。

『「それにしても、

戦後日本の

多くのテレビ・マスコミ等」の

「北朝鮮問題等に対する論調等は異常」だ』。

『「日本国内の北朝鮮等による工作活動等」を

「黙殺せしめ、

続けさせ、

増大させる為」の

「情報工作等の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「異常さの裏にある」のは

「人脈の問題」と

「強く推定出来る」』。

『「テレ朝朝番」では、

「戦争を始める国の言い分をそのまま鵜呑みにする事は危険だ!」等の旨

「喧伝していた」が

「多くの一般日本国民が、十二分に認識するべき事」は

「戦後日本のテレビ・マスコミ等や学校教育等の論調」を

「そのまま鵜呑みにする事」は

「非常に危険だ!」等の方になる』。

『「何しろ、それは、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先等による

情報・教育等かも知れないから」だ』。

『「拉致や竹島問題等を、

長い間、無い事に・・・・」、

「現状では、

拉致以降も続けられてしまっている

北朝鮮等による日本国内の工作活動等」を

「無い事に・・・」、

「更に、

日本国内に居る北朝鮮等の手先の工作員や協力者等」の

「実質的、締め付け論」等までをも、

「日本の

公共の電波上や

公共的マスコミ上」に

「撒き散らし続け・・・」等々の

「実態・実体」は

「本当に酷い」』。

『「そんなモノを鵜呑みにして、毒されれば、

喜ぶのは、

北朝鮮劣悪国家指導者等となってしまう」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

民主党政権時人事の悪影響が未だ濃いNHKでは「北朝鮮の取材~宣伝」まで行っていたが・・・。

『「現状のNHK」では、「記者等を、平壌にまで出向かせ、北朝鮮劣悪国家指導者が敷いた新体制の策略等」を「それが策略である事等」を「言わず」に、

「北朝鮮の思惑に沿う形」で、

「日本の公共の電波上で{大宣伝}」していた』。

『「日本の公共の電波」の

「本当に深刻な危機状態」が

「其処にも露呈していた」』。

『「基本的な当たり前の事実」として、

「独裁国家北朝鮮」には、

「民主主義国家日本」の

「国会に当たるモノなど何も無い」』。

『「それでも、日本の中の北朝鮮の手先たち等」は

「日本の国会に当たる表現等」を

「使い続けたがる」』。

『「北朝鮮がまるで、日本と同様の国家であるかの如きイメージ」を

「視聴者・読者等に持たせたいから」だ』。

『「北朝鮮の独裁者の下の{実質的、カルト宗教団体集会}」を

「日本の国会に当たる何々・・・等」と

「表現し続けて来ている事自体かなり異常」だ』。

『「多くの視聴者・読者等に

誤解や事実誤認等を

抱かせる表現」が

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上」で

「蔓延れている異常事態の裏に在る」のは

「言うまでも無く、人脈問題」だ』。

『「本日のNHK」では、

「その{実質的、カルト宗教団体集会上}での決め事人事」を

「ダシ」に

「さも、北朝鮮が話し合い方向に舵を切ったかの如き論調」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」』。

『「実際は、

言うまでも無く、

もちろん、

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合いなど成り立つ訳も無い」』。

『「何しろ、現状の北朝鮮劣悪国家指導者等」とは、

「国連決議等を無視して、

核・ミサイル等の開発~実験等に邁進している」ばかりか

「非人道的な粛清等も枚挙に暇が無いレベルで行い続けている」ばかりか、

「他国内に巣食わせている工作員等を悪用して、

他国民をターゲットにした、

拉致や電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作や

情報教育工作等々」の

「非人道的な粛清工作活動や

北朝鮮にとっての有益分子育成工作等まで

積極的に行い続けている」ばかりか、

「実の兄さえも、

VXという化学兵器まで使って暗殺して来ている

極めて卑怯な無法者等」だ』。

『「そんな者たち」が

「国際交渉上に使って来た手下」を

「重用する人事を行った事」の

「目的」は

「本心からの話し合い目的である訳も無い」』。

『「核・ミサイル等や連綿と行い続けて来ている日韓内等での工作活動等の実効」が

「より高まるまでの時間稼ぎの為である事」は

「明白」だ』。。

『「それなのに、本日のNHK」では

「{実質的}、カルト宗教団体集会}上の人事」を

「ダシ」に、

「北朝鮮」が

「話し合い方向に舵を切ったかの如き論調」を

「日本の公共の電波上」で

「一方的に大量配信」していた』。

『「実質的、北朝鮮の手先」が

「其処に居る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為」の

「日本の公共の電波上における情報の一方的大量配信」の

「実態・実体」が

「其処に在る」』。

『「日本国内で、そんな事をし続けて来ている者たち」には、

「人脈的共通点等」が

「見受けられる場合が多い」』。

『「例えば、

朝鮮系や、

旧社会党系や、

それらに毒されている人々」だ。

「しかも、

世代交代や子沢山策略等まで

実質的には、

露呈している」』。

『「旧社会党等の流れが濃い、民主党政権時頃のNHK人事の悪影響」は

「早々に、解消するべき」だ』。

『「もちろん、

例え、日本国内と韓国内等を

どんなに北朝鮮ご都合色で染め上げる事が出来て」も

「米国がそのご都合色に騙され、

北朝鮮の都合に沿う行動等を起こす訳も無い」』。

『「国際常識で考える」なら

「他国内での非人道的な工作活動にまで邁進し続け」、

「実の兄まで、VX等の使用禁止化学兵器等までをも使って殺害する者等」との

「話し合い」は

「成り立つ訳も無い」から

「行う価値も無い」』。

『「当たり前の処理方法」としては、

「そんな非人道的な国家指導者等」は

「早々に排除し、

別の、少しでもマシな国家指導者等に挿げ替える事」だ』。

『「北朝鮮金正恩等」は

「日韓内での非人道的な工作活動等の継続~拡大や、

金正男に対するVX使用暗殺」で

「国際社会の中」に

「挿げ替えて当然」の

「お墨付き」を

「自ら出してしまった」』。

『「その結果、

金正恩等の近未来」は、

「既に、決まっている」』。

『「斬首作戦」は、

「絵に描いた餅では無く、

既に、着手済みの実のある作戦」だ』。

『「近々、

北朝鮮国家指導者の交代等」の

「ニュースが流れる事になる」』。

『「金正恩等が逃げれば逃げる程、犠牲が大きくなるダケ」だ。

「古の時代の日本の武士の精神文化等」なら

「この様な状態に至っている」なら

「自ら、切腹して責任を取ったり、

首を捧げたりする事」で

「出来る限り、同朋等を守ろうとする」が、

「朝鮮の文化ではどうだろうか?」』

『「その辺りの精神文化の差」こそが、

「明治維新を実現し、欧米列強と渡り合える国家状態をつくり出し得た日本」と

「単独では国の存続さえ危うくなり、

最終的には、日韓併合という二国間の合意契約の下で

国家権力者等が保身を図るしか無くなってしまっていた当時の韓国」の

「違い」にも

「直結している」のだが・・・』。

『「金正恩等」が

「潔く、首を差し出さず、

逃げ回れば逃げ回る程、

北朝鮮自体の存続が困難になる」』。

『「米国」は

「例え、北朝鮮側が、先制攻撃を仕掛けても、

出来る限り被害を少なくし、

直ぐに、鎮圧出来る様に

体制を整えている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「既に、負けている」』。

『「それでも、

未だに、

裾野の日韓等他国内に居る北朝鮮の工作員や協力者等を使って、

醜悪なる時間稼ぎ等の工作活動等に邁進する事」で

「未だ、負けていない」と

「信じ込みたがっている様相」なのが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「その先に待っている」のは、

「将棋で言う、

屈辱的詰み方である

雪隠詰み

以外の何モノでも無い」のに』。

『「北朝鮮がミサイルを撃てば、米軍が撃ち落とす事になる」。

「北朝鮮が核実験をすれば、米軍の核施設空爆等が始まる事になる」。

「米軍の斬首作戦は、既に、始まっている」』。

『「それでも、未だに、

北朝鮮の手先等として、

日韓内で動き続けている者たち」に

「用意されている事」は

「近未来に

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事」だ』。

『「日本の中の工作員や手先たち等」も

「歩み続けている道を変える」なら、

「極短い、今の内、

しか無い事になる」』。

『「そして、

その選択は、

もはや、

実質的に、

個々の自由になっている」』。

『「未だに、北朝鮮に勝ち目があると思い込んでいる

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」のみが

「話し合いによる解決=北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う時間稼ぎ論等」を

「推奨~支持している」』。

『「普通に、現実的に考える」なら

「問題をより深刻化する事に直結している

北朝鮮劣悪国家指導者に更なる時間を与える道」は

「もう、既に、無い」。

「現状」では、

「斬首作戦の成功による

体制改善&戦争・戦乱等回避等」が

「実現可能なベターチョイス」になる』。

『「未だに、

北朝鮮の手先状態のテレビ・マスコミ等の裏に在る」のは、

「言うまでも無く、人脈問題」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、北朝鮮の工作活動国家体制を維持したい様相の者たちが、実質的、北朝鮮擁護論等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合いが成り立たない事」は、「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者等以外」なら、

「既に、

其れこそ、

世界中の何処の誰でも・・・」が、

「重々承知している事」だ』。

『「北朝鮮問題を話し合いによって解決しようとする事」の

「実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「更なる、工作活動時間・核ミサイル等製作時間等」を

「与えるダケ」になる』。

『「日本の中でも、

北朝鮮の手先工作員や協力者等」は、

「その時間稼ぎの為」等に

「邁進し続けて来ている」』。

『「時間稼ぎ」は、

「北朝鮮の工作活動実効をドンドン蓄積させる」と「共」に、

「見せ球、脅し道具である、

北朝鮮の核・ミサイル等の開発~製造~配備等も

ドンドン増大させる事」に「直結している」』。

『「それは、

核保有大国化した北朝鮮の劣悪国家指導者等による

全世界支配への道」に

「繋がっている」』。

『「何しろ、北朝鮮には、核資源が山ほど在る」。

「今後も、北朝鮮による、核兵器実用技術が熟成される」なら

「北朝鮮が米露並みの核大国化する事」は

「比較的簡単な事になる」』。

『「そんな実状」が「既に、かなり前から、露呈している」のに、

「日本国内」には、

「未だに、

相変わらず」の、

「大衆平和ボケ化~北朝鮮問題対話解決論等々」で

「大衆の頭の中を染め上げ続けさせよう」と

「実質的、北朝鮮の為の情報工作等」に

「忙しい者たちが居る」』。

『「しかも、

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界等」に

「多い」』。

『「もちろん、

それは、

米軍の占領政策時に重用された朝鮮等の人脈」が

「その後も日本国内に居続け、

日本社会の政財界・情報・教育界等で

重要な立場等を押さえ、

実権等を握り占め続けて来ているが故」の

「悪現象」だ』。

『「政界」では、

「昨今は、

民意に基づいて、

かなりの是正が行われている状態」だが、

「情報・教育界や財界等」には、

「民意に基づいた選挙等も無い」。

「その結果、

本来なら、日本社会で要の立場には居る事が出来ている訳も無い様な者たち」が

「未だに、要所等を押さえ続ける事が出来てしまっている」』。

『「是正が急務である事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「もちろん、そんな日本国内等の実態・実体も重々承知」の

「米国等による、

北朝鮮問題に対する

実のある対応」は

「日本の中の北朝鮮の手先たちの希望」等とは、

「全く別のところに在る」』。

『「本日のテレ朝朝番」では、

「ご用達コメンテーター等」が

「潜水艦弾道ミサイルの実用には、3000トン級の潜水艦が要る旨」等の

「実質的、北朝鮮擁護論」を「風潮していた」。

「もちろん、実際は、そんな大きな潜水艦が必需な訳も無い」』。

『「核弾頭搭載弾道ミサイルを積み、

発射出来る大きさが有れば必要十分」だ』。

『「核弾頭の大きさにもよる」が

「例えば、1000トン級でも、十分に実用可能」になる』。

『「搭載可能な小ささの核弾頭さえ完成する」なら

「現状で北朝鮮が実用出来ている潜水艦」でも

「十分に実用可能」なのが

「北朝鮮核弾道ミサイル搭載潜水艦問題」の「実態」だ』。

『「大陸間弾頭ミサイルの開発等」は、

「他国からも、見え易い」が

「核弾頭の小型化技術の進展」は

「他国からは、見え辛い」』。

『「見え易い、大陸間弾道ミサイル問題」に

「傾注させ」、

「見え辛い、核弾頭の小型化問題」を

「無い事にしたがる」のは、

「情報工作員等」と

「相場は決まっている」』。

『「潜水艦の実問題」は、

「航続距離」だが、

「航続距離を延ばす事」は、

「比較的簡単」だ』。

『「より多くの燃料を搭載出来る様にすれば良いダケだから」だ。

「それは、

補助タンクでも、

水の代わりに燃料でも、

その他のどんな手段でも、

良い事になる」。

「例えば、実戦用の帰りを考えない作戦上に在る潜水艦等」なら

「現状の北朝鮮保有{駒}」でも、

「米国西海岸への攻撃」は

「十二分に可能」だ』。

『「米国が、

核弾頭の完成こそ」を、

「北朝鮮のデッドラインとする事」は

「かなり合理的」になる』。

『「潜水艦搭載弾道ミサイル」だけでは無く、

「他の、近~中距離弾道ミサイルにも核弾頭が搭載可能になる事」の

「悪の実効」は

「北朝鮮核ミサイルによる脅し実効範囲」が

「在日米軍基地はもちろん、

現状資本主義上で大きな実効を持っている

東京・ソウル・北京等々の

経済大都市にも及ぶ事に他ならない事」になる』。

『「そんな状態となれば、

当然の如く、

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「その強大なる脅し実効を基」に

「数々の不当な無理難題を要求して来る事になる」』。

『「例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等による

日韓乗っ取り支配を容認せよ!等々」だ』。

『「その為のベース工作等」は、

「既に、

日韓内で、

かなり行われてしまっている」のが

「実態」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」に、

「これ以上、時間を与える事」は

「極東地域の北朝鮮化~全世界を巻き込んだ人類滅亡に繋がる最終戦争へ」と

「繋がってしまう事になる」』。

『「もちろん、そんな事態を容認する必要は全く無い」』。

『「昨日、米軍高官」が

「米国本土への直接脅威だけでは無く、

友好同盟国への脅威」でも

「北朝鮮問題解決の為」には、

「軍事行動等も辞さない旨」等

「述べたニュースが流れた」』。

『「世界一の情報収集分析国でもある米国」が

「日韓内の北朝鮮等による工作活動等の実態・実体を知らない訳も無い」。

「北朝鮮の本質である工作活動国家実態等」を

「知らない訳も無い」』。

『「米国の実のある戦略や作戦等」は

「その上に在る」』。

『北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決出来る、

実質的、最後のチャンス」を

「米国が見逃す訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題解決の為」には、

「現状で、人類滅亡に繋がらない程度の犠牲が出る事」も

「容認せざるを得ない状態」に「既に」なってしまっている』。

『「現状のまま放置」して、

「益々北朝鮮問題を大きくする事」は

「人類滅亡に直結しているから」だ』。

『「出来る限り犠牲を小さくする戦略」が

「斬首作戦」だ』。

『「北朝鮮が、

自主的に、

早々に、

核・ミサイル等と

その裏で行い続けて来ている非人道的な工作活動等」を

「放棄しない限り」、

「斬首作戦が実行される可能性」は、

「極めて高い」』。

『「日韓が意識的かつ積極的に行うべき事」は

「話し合いにならない、北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い」では、

「断じて無い」』。

『「日韓内の北朝鮮等による工作活動」を

「徹底撲滅する事」だ』。

『「斬首作戦実行前」に、

「日韓内の北朝鮮等による工作活動の徹底撲滅が出来る」なら

「斬首作戦を行うまでも無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等は

降参せざるを得なくなる筈」だ』。

『「しかし、日韓内の工作活動実行者や協力者等の数」は

「決して、少なく無い」。

「現実的には、下からの撲滅作戦には、時間がかかる」』。

『「斬首作戦によるトップダウン解決」が

「現実的な道になる」』。

『「未だに、上記の様な当たり前の事」等を

「言えない・言わない者たち」とは、

「真の平和主義者である訳も無い」ばかりか、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先である可能性が極めて高い者たち」に

「他ならない」』。

『「少し考えるなら、誰もが分る事」だ。

「拉致工作発覚時点」で、

「実効のあるスパイ・工作活動等防止法と

実効のある摘発体制等」が

「整えられ」、

「その後の北朝鮮等による日本国内のスパイ・工作活動等」が

「押さえ込まれていた」なら

「現状の北朝鮮問題」は

「遥かに軽いモノになっていた事になる」』。

『「真の平和主義者」なら、

「選択すべき道は、其処に在った」が

「似非平和主義者たちによる

日本国内平和ボケ~スパイ・工作活動天国化工作等」により、

「北朝鮮問題等」の

「本来なら、防ぐ事が出来ていた

増大現象が起こってしまって来ている」』。

『「この日本社会の重大なる選択誤り」や、

「日本の中の北朝鮮等による非人道的な工作活動問題等」を

「ちゃんと告発~摘発~是正・解消等させるべく、

必要な情報配信等」を

「して来ていない者たち」は

「本当に、{日本の}テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たちだろうか???」』

『「むしろ、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先と言った方が適切」な

「実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手先等」の

「不当願望等の実現」等には、

「役だって」も、

「日本社会等の正常化・健常化等は阻害する」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達論等」を

「日本の公共の電波上」や、

「日本の公共的マスコミ上」で

「一方的に大量配信し続けて来ている者たち」に

「相応しい」のは、

「北朝鮮強制送還・送致等になる」等と

「感じたり・・・している、

一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「話し合いにならない話し合い上」に

「北朝鮮問題の解決は無い」』。

『「北朝鮮問題解決の為」の

「実効のある策」は

「日韓内の北朝鮮等による非人道的な工作活動の徹底摘発等」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の斬首作戦」等になる』。

『「血生臭い斬首作戦を嫌う」なら

「日韓内の北朝鮮等による非人道的な工作活動の徹底摘発等」を

「訴える」のが

「日本のテレビ・マスコミ等の当たり前」だ』。

『「当たり前の事」を「行わず・行えず」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事に繋がる

北朝鮮との対話論等を

未だに、訴え続けて来ている者たち」等の

「実質的、実態・実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先」に他ならない』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先たち」に

「日本の公共の電波を使う仕事」や

「日本の公共的マスコミの仕事」等を

「行わせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、北朝鮮等による希望的観測上の「北朝鮮のデッドライン」等を、何としても、公然化したい様相だったが・・・。

『「言うまでも無く、米国が敷いている北朝鮮のデッドライン」は「北朝鮮製、大陸間弾道ミサイルの完成では無い」。

「北朝鮮で、ミサイル搭載可能核弾頭が完成してしまう時」だ』。

『「北朝鮮が、潜水艦搭載ミサイルに核弾頭を積める事」は

「米国本土も北朝鮮による核の脅威にさらされる事」に他ならない。

「そうなる前」に

「米国には、北朝鮮の核問題」を

「力づくでも処理する必要性がある」』。

『「上記の理由」から、

「実際は、北朝鮮がまた核実験を行った時等」こそが、

「実質的、デッドライン超え」になる』。

『「デッドライン超え」は

「もう、直ぐ其処」だ』。

『「北朝鮮が、米国が敷いたデッドラインを超えない為」には、

「核実験を諦める必要がある」』。

『「今、中国共産党の者たち等」は、

「その旨、北朝鮮に告げ、

何とかして、説得し、

北朝鮮の態度を改めさせよう」と

「必死の説得工作等」を

「行っている筈」だ』。

『「しかし、中国共産党等による説得工作等」は、

「{社交辞令}で終わってしまう可能性大」だ』。

『「駄々っ子北朝鮮」が

「説得に応じる可能性」は、

「極めて低い」』。

『「デッドライン超えの北朝鮮に対する軍事作戦等」は、

「既に、

かなり前から、

綿密に練り上げられている」』。

『「例えば、

中国共産党も納得出来る落としどころ」として、

「金正恩を金正男に替える作戦が在った」が

「北朝鮮による金正男暗殺により、

金正男に替える事は不可能になってしまった」』。

『「金正恩&前々からの北朝鮮国家元首たち等」は、

「金正男を暗殺出来て、一安心・・・のつもりかも知れない」が、

「実際は、

金正男の暗殺」こそが、

「米中権力者等」による

「金正恩等暗殺容認」の

「お墨付き」に

「なっている」』。

『「つまり、金正恩や前々からの北朝鮮国家元首等」は

「金正男を暗殺した事」で

「自分たちが殺される事のお墨付きを与えてしまった」のだ。

「劣悪者故の、劣悪行動実態・実体」が

「其処に在る」』。

『「非人道的なVXまで使った暗殺を放置~容認する事」は、

「国際社会でその様な行為をまかり通らせてしまう事に直結している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「やった者勝ちのつもりでいる・・・のかも知れない」が

「言うまでも無く、

国際社会では、

VX使用暗殺の放置~容認」は、

「あり得ない」』。

『「VX使用暗殺とは、

シリア空爆で、サリンが使われた事」と

「同等の非難等が浴びせられて当然の事」だ』。

『「VX使用暗殺に対する対応」が

「相応のモノになる」のは

「当然」になる』。

『「VX使用金正男暗殺」で

「北朝鮮の金正恩や元々からの国家元首たち等」の

「近未来」は、

「既に、無くなっている」』。

『「其処に、

ミサイル搭載核弾頭を完成させる為の核実験等」が

「重なれば、

その時点で、

アウト!になる」のは、

「当然の事」だ』。

『「米艦隊(空母を含む)」は、

「無駄な動きはしない」』。

『「日本の中の北朝鮮系の者たち」も

「早々」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の工作命令等から離れておく事等」を

「強く、推奨しておく」』。

『「テレ朝朝番等、

日本の中の北朝鮮のお仲間的様相を露呈し続けて来ている者たち等による、

{希望的観測}通り、

米国が敷いている北朝鮮のデッドラインが、

北朝鮮製の、大陸間弾道ミサイルの完成」なら、

「実際は、どうなってしまうのか?」』

『「言うまでも無く、

非人道的要素も極めて強い、

北朝鮮劣悪国家指導者体制等が

存続し易くなってしまう」』。

『「もちろん、そんな事を本気で望んでいる」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たちくらい・・・」だ』。

『「また、軍事現実問題として」は、

「核ミサイルを保持出来てしまった国に対する

軍事による問題解消等」は

「相応に、困難となる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等やそのお仲間等」なら、

「劣悪であるが故」に

「一刻も早くその様な状態に持って行く事こそが、

保身や利権増大等に繋がる」等と

「思い込んでいて当然」になる』。

『「保身を図る」と「共」に、

「日韓内等で連綿と行い続けて来ている乗っ取り支配工作等」も

「維持~継続~拡大」させ、

「何れは、日韓等を乗っ取り支配する事で、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

実効支配出来ている範囲を広げる事等」まで、

「劣悪故に、欲していて、当然」になる』。

『「実効支配範囲を広げる流れ」を、

「最終的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による全世界支配にまで

繋げる事等」を

「劣悪故に、欲していて、当然」になる』。

『「そんな劣悪者等の妄想的欲求の都合に沿う」のが

「{希望的観測}上のデッドライン」だ』。

『「もちろん、北朝鮮等よりは、遥かに、健常度が高い米国」が

「そんな北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う、デッドラインを敷く訳も無い」』。

『「それなのに、日本の中の北朝鮮のお仲間的様相の者たち」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う

米国が敷くデッドライン等」を

「日本の公共の電波使用上等」で

「公然化等したがっている様相」だ』。

『「その北朝鮮寄りぶり、

その劣悪ぶり等」は

「本当に、醜悪」だ』。

『「言うまでも無く、今時の、健常な人々」なら

「比べっこ

(策略や工作活動等も含む・・・正規のフェアプレイ比べっこ上では勝ち目の無い劣悪者は、策略や工作活動を主にしたがる傾向が強い)

による他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」という

「乳幼レベルの精神構造」から

「科学レベルでの本質探究等による

実体や事実・現実把握/実用等を基にした

自己健常支配の継続」という

「成人レベルの精神構造」へと

「自らの精神構造を健常成長させる実務等」を

「忘れていない筈」だ』。

『「当然」

「実人間世界での世界支配欲望(妄想)」等とは

「無縁になっている事になる」』。

『「問題行動等の裏には、

未熟な(劣)

或いは、

悪い(悪)

精神構造が在る」のは、

「個人でも、

国家等でも、

同じ」だ』。

『「逆から言えば、劣悪な精神構造を

健常状態に

育成したり

是正したりする」なら

「問題の解決も可能になる事になる」が

「既に、問題化している精神構造の健常化」には

「時間がかかる場合が多い」』。

『「健常な精神構造育成の為」は

「最初から、健常な精神構造を育成する事」が

「肝要」になる』。

『「最初から、

健常な精神構造を育成する為の実効が十分にある

健常な情報・教育等の重大性」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「それなのに、

未だに、

健常な精神構造を育成する為に実効があるどころが、

害がある場合さえ多い、

劣悪な情報配信等を

続けている・・・」のが、

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」だ』。

『「是正が急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「劣悪さの原因」には、

「人脈の問題も露呈している」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達的情報・教育等が蔓延れている」のも、

「人脈故と、強く推定出来る」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「米国の本気」に危機感等を抱いている、北朝鮮のお友達かも知れない、常連出演者等が、劣悪な力論等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「トランプ大統領」は、「習主席との会談」で、「経済面以外」では、「共産党政権との話し合い」が「民主主義社会の通常の話し合い」とは「成らず」、

「共産党政権側の言い分を呑むか?呑まないか?」の

「不当要求対策に終始する事等」を「強く、実感した筈」だ』。

『「一国二制度」で、

「資本主義流の経済体制」を

「認め、実用している

中国共産党支配下の中国」との

「現実的な接点」は

「中国共産党も認めている、経済面ダケになる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「中国共産党も認めている、経済面以外」では、

「中国共産党との話し合いの虚しさ等」を

「十二分に実感した米国」が

「今後、どうするのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「北朝鮮問題」では、

「裏」で、

「中国共産党も認める事が出来る者への体制転換の為」の

「米軍による、比較的、小規模な軍事行動等に対する合意」が

「正式に、結ばれた筈」だ』。

『「米国が納得出来、

中国共産党も認める事が出来る

北朝鮮問題の落としどころ」は

「既に、かなり前から、決まっていた」』。

『「北朝鮮」を

「体制転嫁」させ、

「核・ミサイル開発等を放棄」させ、

「世界各国からの経済制裁状態が解除出来る状態」にして、

「中国共産党支配下の中国並みの一国二制度とする」なら、

「中国の防波堤も維持され、経済的メリットも膨らむ」。

「米中双方の利益増大にも繋がる」』。

『「シンガポール沖の米空母」が

「北朝鮮沖に移動する」旨の

「ニュースも流れた」』。

『「作戦実行」は

「もはや、カウントダウン状態」と

「強く推定出来る」』。

『「中国からの社交辞令的声かけ」等に「対し」、

「北朝鮮側が、米中共々が納得出来る対応を示さない」なら

「北朝鮮が無謀な核実験を行う」なら、

・・・「どちらが先か?或いは、両方の後か?」等は、

「別」にして、

「カウントダウンのカウント」が、

「0(作戦実行!)」となる・・・』。

『「上記の様な現況」に

「大いなる危機感等を抱いている様相」なのが、

「日本の公共の電波上」で、

「日頃から、

北朝鮮のお友達的様相等を

露呈し続けて来ている常連出演者等」だ』。

『「本日」は

「劣悪な力論等」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」』。

『「実質的、劣悪者たち」によれば、

「第二次世界大戦以降の自由・民主主義・資本主義体制」こそが、

「現状の人類が守るべき人間社会体制等である旨」等だったが、

「もちろん、

それは、

時代相応の状況や

進歩・進化等」を

「実質的に無視しているが故」の

「劣悪論」に他ならない』。

『「その当時の多くの人々の精神構造がもたらす大衆合意等に基づく、

人類史上の人間社会体制等」の

「進歩・進化の基本的な流れ等」を

「ちゃんと理解・把握している」なら

「時代相応の状況や

進歩・進化等」を

「考慮しない劣悪論等」は

「其れこそ、

恥ずかしくて、

公共の電波上等で公言等、出来得ない論等になる」』。

『「実際の現状人間世界」では、

「大戦後の自由・民主・資本主義等」が

「明らかに、その進歩・進化等の方向性を誤った」から

「世界中で、

格差が拡大し、

不満が増大している」』。

『「誤った進歩の方向上にある、

現状の金権グローバリズム状態」に

「対する是正要求」として、

「過激主義派のテロ等」と「共」に

「ある意味、民主的な、現状の保守化の流れ」が「生まれている」』。

『「それを、ポピュリズム等」と、

「蔑み、

優等生ぶり、

正義ぶる・・・」のは、

「現状の金権グローバリズム上で、

過分で不当な利権等に塗れられている者たち等」と

「相場は決まっている」』。

『「特定極一部の者たちに偏向して与えられている

現状のテレビ常連出演大利権等」も

「言うまでも無く、

現状の金権グローバリズム故に生まれ、

維持されて来ている

過分で不当な利権の一つ」だ』。

『「それは、その精神構造を検証する」なら

「誰もが分る事」だ』。

『「金権グローバリズムによる格差増大」と

「特定極一部の者たちを偏重しているテレビ常連出演者等の状態」には、

「明らかな相似性がある」。

「そして、

格差も特定極一部に偏向しているテレビ常連出演者等」も、

「そのどちらもを、

多くの場合、

知らず知らずの内に、

容認してしまっている、

容認させられてしまっている、

多くの人々の精神構造状態故」に

「実在出来ている状態」に他ならない』。

『「金権グローバリズムの基本精神構造」は

「比べっこによる金集め

&金権による他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配」だ』。

『「比べっこ社会内」では、

「テレビ常連出演者」とは、

「他の者との比べっこ上」で、

「常連出演権等を得る事が出来ている

勝者等」と、

「多くの視聴者等が勘違いし易い」。

「現状」は、

「テレビ番組等の実権者たち」が、

「自分たちに都合の良い者たち(のみ)」を

「積極起用しているダケ・・・なのに・・・」』。

『「特定極一部の者たちによる

積極起用の無理強い者等」でも

「比べっこ上の勝者等と

勘違いさせる事が出来てしまう」のは、

「多くの人々の比べっこ」が、

「内実では無く、

上辺によるモノだから」だ』。

『「現状の金権グローバリズム」も

「内実では無く、

上辺のお金の量等の比べっこ」に

「基づいて、

支配権/被支配権が

実質的に、決められている」』。

『「比べっこでも、

内実を探究して比べる」なら

「その大金の正当性等が探究されて然るべき」だが・・・』。

『「そんな状態が容認されている裏」には

「多くの人々の、

未熟な、

上辺の比べっこを重用している精神構造が在る」』。

『「本来」なら、

「21世紀の今時」は、

「自らの未熟な精神構造を、

健常に成長させ続け、

成熟した精神構造を持つ人間になる

人類誰もの人生実務」に、

「健常邁進出来ている人々で溢れている

人間社会になっているべき・・・」なのに・・・』。

『「多くの人々の未熟な精神構造」を、

「裏で、そのまま公然化している」と

「共」に、

「実質的には、未熟状態を反復学習等させ続けて来ている」のが

「特定・極一部等に偏向している、

現状のテレビ常連出演者たちの実態・実体」だ。

「その悪質性の肝」は

「多くの人々の精神構造の健常成長を阻害している事」に他ならない』。

『「精神構造の健常成長を阻害されている人々」でも

「人間社会の中で、上辺からも良く感じられる現象」は

「無視出来ない」。

「例えば、

絶大なる格差や格差増大等の実態」は

「世界中の多くの人々」が、

「変だ!

異常だ!

何とかするべきだ!」等々・・・と

「考え・感じたりするに十分な実態」だ』。

『「もちろん、

現状の人間の中」には、

「狭義の自分等」が

「格差上の不当メリット等を得られる」なら、

「格差も悪く無い」等と、

「悪考えする者たち」も

「少なからずいる」』。

『「その様な、ズルい悪考え等に執着する者たち」とは、

「ズルい事等も行ったり、容認したり、・・・し易い者たちでもある」』。

『「ズルの実態」が

「例えば、

スパイ・工作活動等」や、

「現行法・現行の摘発体制で摘発出来ないのなら、やってOKでしょ!」や

「犯罪実態・実体等完全摘発前は、無罪でしょ!

(その間に、無い事にしたり、逃げたりすれば、

勝ち

・・・自分で自分を健康にコントロール出来ていないが故に、ズルい事等を行えてしまっている、自分に負けている者が勝ちを言うとは、正に、裸の王様状態だが・・・

でしょ!)」等々だ』。

『「ズルでは無い、多くの人々が実感している、

絶大なる格差や格差増大等の異常さ等」を

「比べっこ等の精神構造のまま、是正させようとする」と

「どうなるのか?」』

『「格差が未だ少なかった時代への回帰行動等が生まれる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「それが、現状の保守主義の台頭の内実」だ』。

『「もちろん、本来の問題解決法」は

「先ずは、

多くの人々の精神構造を健常成長させる事」だ。

「その上で、

より人類誰もの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い

人間社会システムや経済システムを

新たに構築し、

実用する事」だ』。

『「比べっこから、本質探究へ!」

「他の者・物・事支配/他の者・物・事による被支配から、狭義~広義の自己健常支配の継続へ!」

・・・「全ての人類の精神構造を健常成長させる事」でのみ、

「人類の重大問題の解決が可能になる」』。

『「もちろん、

現状の金権グローバリズムのまま、時を重ねる」なら

「格差も、不満も、益々増大する事になる」。

「そうなると、金権から武権へ」の、

「現状の保守化の流れ」より

「更に、古臭く、自虐度の強い、

逆行現象」等が

「生まれてしまう事になる」』。

『「行きつく先」は

「人類滅亡に直結している大戦争等」だ』。

『「そんなモノを推奨し続けている」のは、

「悪魔に魂を売り渡した劣悪者に他ならない」』。

『「大戦争には、至らない、

保守化揺り戻し状態の内」に

「一刻も早く、

出来る限り多くの人類の精神構造を

健常成長させる事」に

「有益な仕事を行うべき立場にある

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

学校教育界の者たち」が

「未だに、

劣悪過ぎる情報・教育等無理強い状態に偏執し続けている事」は

「本当に、深刻な大問題」だ』。

『「是正が急務である事」は

「もはや、論を待たない」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

復興大臣にも、「言葉狩りをする為、怒らせる為の質問」を執拗にして、言葉狩りや怒り態度等が得られると、それをテレビ・マスコミ等上で大問題化する、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈の醜悪工作活動等問題・・・。

『「原発自主避難民」には「タイプがある」。「テレビ・マスコミ等により、心理的に放射能恐怖症状態に追い込まれた人々」と

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の反日運動家等」等だ』。

『「所謂、左翼(同上)、反日運動家等」の

「劣悪な実態・実体」は

「多くの日本国民が、既に、重々、承知の事」だろう』。

『「例えば、

今回の復興大臣、言葉狩り・怒り態度狩り問題上」でも

「原発避難当事者等では無い、お仲間、所謂、左翼(同上)の者たち等」と、

「国会前等に集合」し、

「{大臣辞めろ!}等と叫び、大騒ぎしていた」』。

『「復興問題で、肝要な事」は、

「もし、進むべき復興がちゃんと進んでいない等なら、

ちゃんと復興を進めろ!等であり、

{大臣辞めろ!}等」では、

「断じて無い」。

「そして、それは、今時、国会前で大騒ぎする事でも無い筈」だ』。

『「お仲間、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等共々、

政治運動等」を

「行う為」だから、

「現状の様な、劣悪で醜悪な実態を露呈し続けて来ている」のが

「所謂、左翼(同上)の自主避難民等」の「実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国・多くの日本国民を不利にする、政治運動等を行う為」に、

「放射能恐怖症等を煽り、自主避難民を多くする情報工作等」を

「所謂、左翼(同上)のテレビマスコミ等が行い」、、

「日本国・多くの日本国民を不利にする政治運動等を行う為」に

「自主避難した、所謂、左翼(同上)の者たち」と

「所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ・政党等」が、

「大騒ぎ等」する。

「そんな醜態には、もう、うんざり・・・」の

「日本国民の数も多い」』。

『「記者会見や国会等で執拗な質問」をし、

「言葉狩りや、怒り態度狩り」等を、

「積極的に行い続けて来ている実態」からも

「所謂、左翼(同上)の正体」は「明らか」だ。

「日本国・多くの日本国民の為になる事を行いたいのでは無く、

日本国・多くの日本国民の邪魔等を行いたい様相」が

「日本国・多くの日本国民の為になる政策等を訴える事が極めて希薄で、

言葉狩りや、怒り態度狩り等が旺盛な実態上」に

「露呈している」』。

『「所謂、左翼(同上)の、テレビ・マスコミ等」が

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上で、

所謂、左翼(同上)ご用達情報ばかり・・・を主に、

大宣伝し続け、

多くの日本国民を、

実質的に、マインドコントロールし続けようとし続けて来ている

劣悪態」も

「未だに、旧来通り・・・」で、

「その様な実態」には、

「もはや、嫌気がさしている一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「記者会見で質問する」なら

「復興内実等をより良く知る為に有益な質問等をする」のが

「普通レベル以上の記者等」で、

「言葉狩りの為、怒り態度狩りの為等の為」に

「復興内実を差し置いて、執拗な嫌がらせ的質問等をする」のは

「記者というより、情報工作員等と言った方が適切」な、

「劣悪状態の者」だ』。

『「劣悪状態の者が、

実質的には、無理やり、導き出した

言葉狩りの結果や、

怒り態度狩りの結果等」を

「基」に

「国会」や

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上等」で

「大問題化・大騒動化等する」のは、

「劣悪政党・議員等」や

「劣悪テレビ・マスコミ等」になる』。

『「何故、劣悪か」と言えば、

「そんな事をしたところで、

復興がより進んだり、

日本国・多くの日本国民の状態が良くなったりする事は、基本的に、無いから」だ。

「その裏」で、

「例えば、

特定極一部の、

反日である場合が多い、

所謂、左翼(同上)人脈の者たち」の

「例えば、血税利用の、実質的、不当利権等が守られ易くなるダケだから・・・」だ』。

『「この様な実態・実体に怒り等を覚えている一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「もはや、所謂、左翼(同上)の、旧来通り・・・の政治運動等」の「実効」は

「所謂、左翼(同上)にとっての自虐にしかならない」』。

『「日本国内で、自虐的に、或いは、反日祖国・母国等の為に、

日本国や多くの日本国民の邪魔等をしている暇がある」のなら、

「贔屓の国に行くなり、帰るなりして、

存分に、贔屓の国・国民等の為に尽くせば良い」のだが、

「元の目的」が

「日本の乗っ取り支配等だったりしている」と

「その様な素直な実態には向かわず、

ひねくれている劣悪な実態を

露呈し続ける事になる」』。

『「もちろん、日本乗っ取り支配等を目的としている反日人脈等」を

「日本が放置し続ける必要は全く無い」。

「日本国・多くの日本国民を守る為の適切な対応が必需」だ』。

『「復興内実が、実体や事実・現実に基づいて、原寸大通りに報じられている」なら、

「公共の電波使用や、

公共的マスコミ上」の

「情報配信として、適切になる」が

「政治工作等の為の質問を執拗にした上で得られた

言葉狩りや、

怒り態度狩り等を

大問題化して、

大騒ぎする、

実質的、反政権・与党政治運動等を行っている」なら

「それは、明らかに、

公共の電波使用や、

公共的マスコミ上」の

「情報配信として不適切」だ』。

『「そんな不適切で、劣悪な状態」が

「何故?連綿と続けられてしまっているのか?」

「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「実質的に、異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」の

「実権者人脈等固定状態故」だ』。

『「実権者人脈等が実質的に固定化されている」から

「雇用も出世も、人脈次第・・・」となり、

「配信され続けて来ている論調」や、

「常連出演者・常筆等」も、

「その人脈にとって都合の良い方向に、

偏向させられ続けて来ている実態・実体」が

「露呈」している』。

『「もちろん、そんな状態の是正」は

「急務」だ』。

『「政界の政権交代の如く、

戦後日本の情報・教育界」には、

「人脈交代が在って然るべき」だ』。

『「不適切で劣悪な仕事等を行い続けて来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本社会の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

「トランプ大統領で世界の警察復活!」米軍による、シリア、トマホークミサイル攻撃の裏では・・・。

『「世界の警察放棄&戦略的忍耐という優等生言葉の裏に隠れて眺めるダケ・・・状態だったオバマ政権時とは、全く違い、トランプ政権の対応は、本当に、速やか」だ。

「非人道的な化学兵器使用に対する{世界の警察による武力行使}」は

「その効果が、本当に大きい」』。

『「何故なら、ズルや悪行為等を行う事」により、

「不当利権を得ようとしたり、

増大させようとしたりしている

劣悪権力者やその下の者たちに対する

現実的な抑止効果等があるから」だ』。

『「非人道的なズルや悪行為等として」は、

「貧者の大量破壊兵器と言われている

化学兵器等開発~保有~使用ダケでは無く」、

「金のかかる大量破壊兵器である

核兵器開発~保有~使用(実験も含む)」や、

「一般市民相手の集団的工作活動等もある」』。

『「健常な国家や国家指導者等」なら

「非人道的なズルや悪行為等は、行わない」が

「劣悪国家や劣悪国家指導者等」は

「劣悪故に、ズルや悪行為等を選択しがち」だ』。

『「現状の極東地域」では

「北朝鮮問題」の「実体」が、

「劣悪国家・劣悪国家指導者問題となっている」』。

『「破壊力はそれ程大きく無いものの、

通常弾頭版トマホークの

的確なターゲット破壊ぶり」は

「かなりの精度」だ。

「その実証」が

「今回のシリアでも行われた事の意味は大きい」』。

『「トランプ大統領と習主席の首脳会談の間」に

「行われたシリアへのトマホーク攻撃」の

「裏の内実」としては、

「出来る限り、被害を小さく押さえた北朝鮮劣悪国家指導者等殲滅作戦時の実態」を

「習主席等に、理解せしめるに十分だった筈」だ』。

『「習主席等が、米軍による北朝鮮劣悪権力者等殲滅作戦に反対する理由」は

「益々、少なくなった」に違い無い』。

『「元々、北朝鮮問題では、

実は、面倒だから、出来れば、何もせずに漁夫の利狙い」というのが

「習主席や多くの中国共産党幹部等の本音」だ』。

『「漁夫の利」とは

「悪い意味で唯我独尊状態で問題だらけ・・・の現状の北朝鮮」を

「中国共産党支配下の中国に準じる、

親中国共産党国家化する事に他ならない」』。

『「中国自体は、

ロクに動かず、

被害も受けず、

漁夫の利ダケ得られる事」が

「中国共産党の理想」だ』。

『「米国にしてみれば、北朝鮮が中国共産党レベルにまで、少しでも、進化する」なら

「それだけでも、かなり歓迎の筈」だ』。

『「北朝鮮に対する

小規模で的確な

米軍による軍事行動」は

「米中合意可能の範囲に入る」』。

『「しかし、

如何に米軍でも、

そんなに都合の良い軍事行動等が出来るのか?否か?」には、

「実証が要る」。

「その一つの実証例」が

「今回のシリア攻撃になった」という訳だ』。

『「確度の高い情報を基」に

「主として、北朝鮮劣悪国家指導者等ダケを排除する軍事行動」を

「今の米軍」は

「実現出来る事の実証」が

「行われた面もある」のが

「今回の米軍による、シリア攻撃の実態・実体」だ』。

『「中国が北朝鮮に対して、実効のある経済制裁等を行った場合」と

「米軍による、主として、北朝鮮劣悪国家指導者等ダケを殲滅する軍事行動等」を

「天秤にかける」なら、

「北朝鮮発の戦争と成りかねない中国による実効のある経済制裁」より、

「アッと言う間に終わる、犠牲も少ない、短い軍事行動等」の方が、

「遥かにマシ」である事は、

「少し考えるなら、誰でも判る」』。

『「短い限定的な軍事行動の後」に

「親中国共産党政権が、北朝鮮に出来たところ」で

「世界中で、現状の北朝鮮より、歓迎される事等は、確実」だ』。

『「米国も中国共産党も、

とりあえずは、納得出来る、

北朝鮮問題の処理状態」が

「其処に在る」』。

『「何れにしても、北朝鮮の現状放置~容認等はあり得ない」ので

「北朝鮮が、例えば、核実験等を行う」なら

「程なく、軍事作戦が実行される可能性大」だ』。

『「日本国内で、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作や医療工作や拉致工作等々、

一般市民相手に、

散々、非人道的な工作活動を

世代交代までしながら、

行い続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の者たち」も

「いい加減に、身の処し方等を、真剣に、考え、

罪を軽減する策等を実行に移すべき」だ』。

『「何れにしても、世界は大きく動かざるを得なくなる」。

「動乱を大きくするも、小さく押さえるも、

動乱後の人類の未来を

明るくするも、苦境にするも、

全ては、今、生きている人々の行動等の集大成による事」だ』。

『「精神構造が未熟であるが故に、

自虐要素が強すぎる

インチキ経済・社会システム上の

人類世界」は

「それ程、遠く無い、近未来」で

「終わる」。

「今の全ての人類に求められている事」は

「その後の新たな自虐度の低くなる人類世界に

適合出来る資質を持つ状態にまで、

狭義の自分を

精神構造も含めて、

健常に成長させる事」だ』。

『「非人道的な集団的工作活動というチリ」が

「無くなる近未来の日本から」は

「続々と、新たな人類世界に有益な精神文化製品等が生み出され、

それは、世界中に、配信される事になる」』。

『「ほぼ同時」に

「核レベル以上のエネルギーを実用する物質文明製品等も解禁される事になる」。

「それは、武器として使うなら、其れこそ、山を割き、地球を消滅させる事さえも可能にするレベルの武器となる」が

「平和利用する」なら

「人類が宇宙に本格進出する道具として、非常に実用性が高い道具になる」』。

『「そんな時代」が

「其れこそ、直ぐ其処まで来ている」』。

『「人類の未来を明るくする為」にも

「北朝鮮劣悪国家指導者たち等の排除&北朝鮮の是正&集団的工作活動等の撲滅」は

「急務」だ』。

『「もちろん、

理想を言うなら、無欠開城状態」で

「北朝鮮の劣悪国家指導者たち等」が、

「自主的」に、、

「核・ミサイル・工作活動」等を

「放棄する事」だ』。

『「しかし、

今まで、散々な事を行い続けて来ている者たち」だから、

「如何に、無欠開城状態」でも、

「ノーベル平和章進呈!」とは「行く訳も無い」。

「それでも、被害者補償等を積極的に行う」なら、

「罪と罰の軽減」には

「直結する事になる」』。

『「全ての行動等の選択」は、

「個々の狭義の自分に委ねられている」』。

|

米中首脳会談、「時間稼ぎをしたい習主席」と「実効のある結果を得たいトランプ大統領」対決・・・。

『「工作活動国家の悪権力者等にとって」は「時間稼ぎ」こそが「利権増大に繋がる大メリット」になる。「現状維持」とは、「工作活動及び、その結果の、維持・増大に直結しているから」だ。

「実務・実利国家の実権者等にとって」は

「出来るだけ早く得られる実効」こそが

「実権者の評価に直結する」』。

『「米中」では、

「国家の本質」が

「全く違う」ので

「話し合い」は、

「内容次第で、困難を極める事になる」』。

『「日本国・日本国民にとって、

大いに関わりがある大問題」は

「北朝鮮悪権力者問題」だ。

「実効のある結論を出したいトランプ大統領」と、

「時間稼ぎをしたい習主席」との

「間」で、

「どの様な結論が出されるのか?」』

『「幸いな事」に

「北朝鮮問題」では

「裏」での

「米中合意等」も「簡単」だ』。

『「それは、具体的に考えを進める」なら、

「誰もが分る」』。

『「先ずは、中国による実効のある経済制裁の場合を考えてみよう」。

「実際」は

「北朝鮮に対する中国による実効のある経済制裁等」により、

「北朝鮮の核問題等が、解決出来る訳も無い」。

「北朝鮮悪権力者にとって」は、

「核・ミサイルセットの脅し」の「裏」で

「行い続けている

日韓内等での工作活動」こそが、

「命綱」で

「核脅しを失う事」は

「工作活動を削減しなければならなくなる事に直結しているから」だ』。

『「それなのに、もし、中国が実効のある経済制裁を行うとどうなるのか?」』

『「北朝鮮の実権者」とは

「高齢の国家元首たち」だ。

「高齢者とは、言うまでも無く、若年層に比べ、余命が短き人々」に「他ならない」』。

『「工作活動の削減」は

「工作の失敗~工作活動国家の死」に「直結する」。

「そんな実体」を

「知ったり、

感じたりした、

高齢国家元首たちがどの様な判断をするのか?」は

「言うまでも無い事」だろう』。

『「どうせ、死ぬなら、道連れを・・・」は

「劣悪者たちが導き出し易い劣悪判断」だ』。

『「中国による経済制裁が実効を持つ」なら

「北朝鮮側から仕掛ける戦争になる可能性大」だ。

「そして、その被害は、非常に大きくなってしまう」』。

『「現状維持」なら

「北朝鮮等の核・ミサイル等の増強や、

工作活動による悪の効果の増大が続いてしまう事になる」。

「もちろん、米中共々、現状維持では、納得など出来る訳も無い」』。

『「それでは、

実害が一番小さな、

米中共々納得出来る落としどころ」は

「何処にあるのか?」』

『「それは、もはや、言うまでも無い事」だろう。

「北朝鮮の悪権力者たちを徹底排除」し、

「中国共産党にとって都合の良い者に挿げ替える事」だ』。

『「米中首脳会談」では、

「その為の、小規模の軍事作戦等に対する合意」と

「米国も納得出来る、

中国共産党にとって、

都合の良い、

北朝鮮の国家指導者等の選定合意」等が

「裏」で、

「行われる事になる筈」だ』。

『「今時、本格的な戦争等はダメ」だが、

「劣悪レベルの北朝鮮国家指導者等」を

「中国共産党レベルの者たちに挿げ替える

小規模の軍事作戦等」なら

「十二分に実行可能」になる』。

『「それ」を、

「行った時」と

「行わなかった時」の

「その後を比べる」なら、

「その様な軍事作戦等の正当性」は

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも、判る事になる」』。

『「北朝鮮」を、

「中国共産党支配下の中国レベル」にまで、

「ホンの少し、進化させる事」により、

「基本的」には、

「ロシアや中国共産党等と同レベル」の、

「話し合いによる進行」が「可能になる」』。

『「日韓内等の北朝鮮による工作活動」等も、

「中国共産党やロシアレベルにまで抑えられる事になる」。

「非人道性等もかなり軽くなる筈」だ』。

『「平時の拉致や一般人の粛清等まで行う」のが

「非人道国家北朝鮮の実態」だが

「中国共産党」等は、

「主として、困窮時等」には、

「他国の人質等を取る事や

要人を粛清する等はあって」も、

「基本的に、平時に、他国内での、拉致や一般人粛清等は行わない」。

「その位の差」が

「日韓内でも、出る事になる」』。

『「逆に、現状維持」なら

「北朝鮮による

日韓内等での

非人道的な工作活動等が

より増大されてしまう事になる」。

「そして、

それは、

例えば、

東京五輪時等に、

大炸裂させられてしまう可能性大」だ。

「もちろん、

米中の国家指導者ともなれば、

そんな事態を容認する訳も無い」』。

『「北朝鮮問題に対する米中の落としどころ」は

「実質的には、会談前から、既に、決まっている」が、

「日本の中の北朝鮮の手先たち」は

「中国共産党が、現状維持をもたらしてくれる事等」を

「期待している様相」だ』。

『「日本国内の北朝鮮等による工作活動等の摘発」は

「もちろん、日本が意識的かつ積極的に行うべき事」だ』。

『「拉致されるまで何も出来ない」のが

「事後摘発等に徹させられている、

日本の現行法&現行の摘発体制の重大問題」だ。

「拉致されて、北朝鮮に連れていかれてしまった人々に対して、

帰せ!等と訴え続けていても、

一向に問題は解決出来無い」のが

「現実」だ。

「日本全国各地から、多数の日本国民を拉致する為」には、

「言うまでも無く、事前準備が必要になる」。

「その段階で、摘発出来る様にしておく事」こそが、

「拉致被害国家日本の行うべき事」だ。

「もちろん、事前摘発は、世界中の常識でもある」』。

『「事前摘発」に、

「反対し続けている者たち」とは、

「拉致工作実行者や協力者等である可能性が極めて高い者たちなのでは?」

「今でも、北朝鮮悪権力者の命令の下で、工作活動等を行い続けている者たちでは?」等と

「感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「日本国内で、

北朝鮮等によると強く推定される非人道的な工作活動等の

実害を受け続け来ている

一般市民の筆者たち」は、

「米中会談により、

北朝鮮問題に対する、

実効のある合意等が得られる事」を

「強く、望んでいる」。

「同時に、

日本国内の事前摘発法・体制整備等」も、

「強く、望んでいる」』。

『「世界中の人々」は

「日韓内等の、北朝鮮の手先、テレビ・ラジオ・マスコミ等」に

「騙され続けていてはいけない」』。

『「北朝鮮等による非人道的な工作活動等を存続させる事」は

「人類滅亡に直結している」からだ』。

|

チラ見した、昨晩のNHK(だったと思う・・・)では、「秋元集金商売」の一つ、欅坂ナントヤラの宣伝を行っていたので、呆れた・・・。

『「秋元作詞の歌詞も酷い」。「誰かに、コントロールされていないか?イエスで良いのか?サイレントマジョリティー・・・」等とは、「実質的に、ノーと言わせる為の、大衆コントロール策略等」に他ならない。

「その悪質性さえ、言わない・・・」のでは、

「公共の電波使用の仕事としての意味も???」だ』。

『「言うまでも無く、

自分を他人に支配・コントロールさせない為に

必要な事」は

「自分で自分を健康にコントロールし続けている事」だ。

「自己健常支配を継続出来ている人」には

「他者支配術等が効き難い」。

「逆に、自分を自分でコントロールしていない人」なら

「他人がそんな状態の人をコントロールする事等」も

「容易になる」。

「極めて、当たり前の、人類誰もの、自分に対する、重大事」だ』。

『「ところが、異常な戦後日本の情報・教育界等」では、

「この人類誰もの、自分に対する、重大事」を

「ロクに教えていない」。

「その結果として、戦後の日本社会」は

「他の者・物・事に

自分をコントロールされてしまっている人々」で

「溢れている」』。

『「極めて深刻な状態が露呈している」のに、

「未だに、その是正さえロクに行われていない」。

「対策は、急務」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為には、どうすれば良いのか?」

「基本は、簡単」だ。

「本質的に悪い事をしなければ良い」。

「先ずは、本質的に良い事・悪い事等を知る為」にも

「自分の実体把握を十分にする事」だ』。

『「自分の実体把握等については、ここでは記さない」。

「興味のある方」は、

「以前の記事等をご参照願いたい」。

「科学レベルで判明している人類誰もの実体等」を

「理解・把握」し

「更に、その先を探究等し続ける事」は

「人類誰もの精神構造の健常成長に極めて有効」になる。

「それは、精神針構造の健常成長ベース」を

「構築する実務だから」だ』。

『「他人に容易にコントロールされてしまう人々」とは、

「自分を自分でコントロール出来ていない人々に他ならない」。

「情報・教育が異常な、

戦後日本社会の中には、

数多くいる

そんな状態人々に向かって、

例えば、

サイレントマジョリティーよ!イエスで良いのか?等とやる事」の

「実体」は

「自分で自分をコントロール出来ていない人々の意志等を

ノーに向かわせる様に大衆コントロールしている事」に他ならない』。

『「もちろん、その実体」は、

「政治目的等の為の他者支配、もしくは、大衆誘導等」という「悪事」だ』。

『「そして、そんな悪事を行えている者もまた」、

「自分で自分を健康にコントロール出来ていない劣悪者」だ』。

『「自分で自分を健康にコントロール出来ていない劣悪者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、

良い人間社会状態が得られる訳も無い」。

「むしろ、どんどん悪化する」のは

「当然の現象」だ』。

『「大衆支配や現実逃避ヤク売り等」による

「狭義の自分の下への利権誘導等」という

「本質的、悪事に邁進している者たち」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」でもある』。

『「まともな歌等」なら

「他人に自分をコントロールさせたくないなら

自分で自分を健康にコントロールし続ける事さ!

自分で自分を健康にコントロールする為には、

本質的に悪い事を、しない事さ!

他人を支配しようとしたり、

自分の下のみに、大権や大金を掻き集めよう・・・と、したり、

人間世界を壊す悪事を、行わない事さ!

それは、

自分を自分で健康にコントロールし続ける事を諦め、

悪魔に魂を売り渡した人でも無ければ、

誰もが、当たり前に、出来る事さ!」等々に

「なっている筈」だ』。

『「利権掻き集め等の道具」として

「成長途上の少女等を利用している、

本質的、劣悪事」でも

「それを、喜んで受け入れている本質探究希薄な人々」の

「数が多ければ、多い程、

人間社会の歪みや崩壊度等も高くなり、

人類滅亡の日も近づく」のだから、

「劣悪事を仕掛けている方」も

「それに、踊らされている方」も

「もっと、もっと、真剣に、

自分の実体や、

行っている事の本質等を

ちゃんと、理解・把握するべき」だ』。

『「ましてや、公共の電波を使っている仕事をしている者たち」なら

「より高度な本質探究度等が求められていて当然」になる。

「現状は、余りにも、劣悪過ぎる」』。

『「その原因」は、

「人脈である可能性が極めて高い」』。

『「公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「一国有地払い下げ問題」では大騒ぎ、「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題」には沈黙・・・、という北朝鮮の手先状態のテレビ番組問題・・・。

『「総理夫人」は、「私人か?公人か?」は「実態との齟齬が無い様に、ちゃんと法整備等した上で、決めるべき事」だ。

「この問題では、法整備論が先にあるべき」で

「法整備前の現状で、総理夫人の言動等を執拗に問題化する事」は

「明らかに、不適切」になる』。

『「不適切な事まで行いながら、実質的、政治運動等」を

「公共の電波上や、公共的マスコミ上で、

連綿と続けて来ている者たち」とは、

「いったい、どんな者たちだろうか?」』

『「公共の電波使用のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「論調や常連出演者」等の

「偏向・偏重ぶり」が

「その辺りを露呈させている」』。

『「戦後日本のテレビ・マスコミ等や学校教育」等の

「韓国(北朝鮮も含む)ご用達状態」等に

「明らかな違和感等を覚えている日本国民の数は多い」』。

『「その様な実態」が

「露呈させている事」は、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の多く」が

「人脈的に、親韓国(北朝鮮も含む)側に偏向している事」に他ならない』。

『「戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては、

強制的に帰還させられた」が

「日本国内では、占領軍が占領政策に朝鮮人を重用した」』。

『「その後も、

日本の敗戦や占領軍が与えた利権を得た数多くの朝鮮人たち」は

「日本国内に居残り続けている」』。

『「特に、情報・教育界には朝鮮系の者たちが数多い」。

「多くの日本国民や日本国の状態」を、

「朝鮮悪権力者等に都合の良い状態にする様」に、

「{指導}し続ける為」だ』。

『「政界での、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)政党等共々、

戦後日本の方向性」を

「朝鮮悪権力者等にとって都合の良い方向」に

「し続ける為」の、

「実質的、工作活動等」を

「行い続けている者たちの問題」は

「本当に、深刻」だ』。

『「そんな人脈の者たち」が

「例えば、

テレビニュース番組等をつくる」と

「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題等の

韓国(北朝鮮も含む)系の者たちが大きく関わっている

深刻な重大問題」は

「黙殺し、告発しようともしない

反面」で

「もしかすると、北朝鮮悪権力者人脈等による仕込みかも知れない

一国有地払い下げ問題であり、

一小学校立ち上げ問題である、

森友学園問題」等を

「さも、日本国・日本国民の重大事であるかの如く」、

「大騒ぎする」』。

『「もちろん、一国有地払い下げ問題や一小学校立ち上げ問題」に

「多くの日本国民が、過度な興味を持たされ」、

「例えば、

日本全国各地で、大騒ぎ等したところで、

日本国・日本国民にとって、

ロクな事は何も無い」』。

『「一国有地払い下げ問題・一小学校立ち上げ問題」は

「原寸大通り、

一国有地払い下げ問題・一小学校立ち上げ問題として、

適切に処理する」のが

「健常な道」だ』。

『「一般日本国民の立場」なら

「大きな法的問題が無いか?」や、

「その問題故に、不当に苦境に追い込まれてしまっている人々への対応が適切か?」等が、

「原寸大通りに、報道され、知る事が出来ていれば、必要十分」になる』。

『「一国有地払い下げ問題・一小学校立ち上げ問題」を

「政争の道具にして、

反現政府・与党政治運動等」を

「行う」のは、

「私人としてなら、勝手」だが

「実質的、政治運動」等を、

「公共の電波上の貴重な時間を大々的に使って行い続けたり

公共的マスコミ上の貴重な紙面を大きく割いて行い続けたり・・・する事」は

「明らかに、不健常で不当」だ』。

『「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」の

「不健常・不当使用状態等」の

「裏に在る」のは、

「人脈問題」と

「強く推定出来る」』。

『「まるで、北朝鮮悪権力者等の手先の様な、

政治的に偏向している者たちの人脈」が

「日本の公共の電波や日本の公共的マスコミ等」を

「実効支配等する事が出来続けているが故」の

「異常現象」が

「其処に露呈」している』。

『「北朝鮮悪権力者等ご用達ぶり」は

「核・ミサイル等や北朝鮮の脅威等」の

「大宣伝ぶり」からも

「明らか」だ』。

『「言うまでも無く、北朝鮮の軍備とは、

もし、実用するなら、

アッと言う間に北朝鮮が負けになる戦争になる、

北朝鮮にとっては、実用出来得ないモノ」だ。

「日米韓等にとっての実」は、

「脅威では無く、

迷惑」だ』。

『「それでも、

例えば、安倍総理等が、

北朝鮮の核・ミサイル等に対し、

重大な脅威等の表現を使う」のは、

「北朝鮮問題を一刻も早く片付ける為」と

「強く、推定出来る」』。

『「迷惑を脅威に格上げして大宣伝する裏」で

「例えば、北朝鮮の本当の脅威である

日韓内の北朝鮮等による工作活動問題等」に対する

「実効のある対策」が

「着実に進められている筈」だ』。

『「北朝鮮悪権力者等の手先状態の様相を露呈し続けて来ているテレビ・マスコミ等」が、

「北朝鮮や戦争等の脅威を煽り」、

「多くの視聴者・読者等の頭の中」で

「実際は、実戦となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けになるから、

実戦には成り得ない・・・ここまでは、黙殺されている、

北朝鮮の軍備使用の戦争」と

「日韓内の北朝鮮等による工作活動等」を

「天秤にかけさせる」なら、

「多くの人々」が、

「戦争は絶対に嫌だから、工作活動等くらい・・・は仕方無い・・・」等と

「思い違いさせられ易くなる」』。

『「その様な民意の上」では、

「北朝鮮悪権力者等が、

日韓内で工作活動等をやりたい放題やり続ける事等が出来易くなる」』。

『「しかし、工作活動の内実」は、

「日韓の乗っ取り支配を第一期の最終目的としている」のだから、

「北朝鮮悪権力者人脈等による、朝鮮半島内&日本国内の支配」を

「望んでいない人々」なら、

「絶対に選択してはいけない道」が

「其処に在る」』。

『「当然、日本国政府・与党等は、その対策にも忙しい」』。

『「それなのに、

北朝鮮悪権力者等ご用達的様相を露呈し続けている

所謂、左翼(同上)野党や、

テレビ等常連出演者等」は

「その邪魔に忙しい」』。

『「更に、

米軍による軍事介入を本当に嫌っている様相」だ。

「つまり、それ程、北朝鮮の軍備」が

「現状では、脅威に成り得ていない実態・実体」が

「露呈している」』。

『「北朝鮮の防波堤と成り得る中国共産党頼み」の

「米国軍事介入止めて頂戴!願いぶり等」を

「日本の公共の電波上で露呈している実態・実体」は

「もはや、本当に、見苦しい」』。

『「北朝鮮のミサイルや核等の軍備の脅威等を宣伝している暇がある」なら

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等を

意識的かつ積極的に告発等する」のが

「本来の日本のテレビ・マスコミ等の仕事」だ』。

『「実質的には、北朝鮮悪権力者等を利す仕事???」等は

「行い続けて来ていても」、

「日本国・日本国民の為になる仕事は、

十分に行えていない者たち」に

「日本の公共の電波を使う仕事や、

日本の公共的マスコミの仕事」は

「本当に、不似合い」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝では、相変わらず、北朝鮮の出先の様相すら露呈している、常連出演者等が、北朝鮮との話し合い等を訴えていたが・・・。

『「朝番では、常連出演者等が、北朝鮮の身になって考えれば、分る・・・等の旨」まで

「日本の公共の電波上で述べていた」のだから、

「本当に呆れた」』。

『「しかも、その内容」が

「北朝鮮の目的」は、

「体制維持ダケ等・・・」と

「独裁支配&工作活動国家等」の

「体制の内実を言わずに・・・、だった」のだから、

「ある意味、本当に悪質」だ』。

『「北朝鮮の体制」には

「否定されるべき実態・実体」が

「ある事」は

「体制内実を考える」なら、

「誰もが判る事」だ』。

『「体制内実を言わず、

体制維持ダケが目的・・・等」と

「日本の公共の電波上で、喧伝する事」の

「実効」は、

「この問題の本質を見失わせる事に他ならない」』。

『「視聴者の中」で、

「北朝鮮の体制維持ダケ」と

「戦争等」を

「天秤にかけさせる事等」により、

「体制維持ダケくらいなら・・・等」の

「北朝鮮に対する容認心等」を

「育成させる

実質的、情報工作~大衆誘導等」は、

「本当に悪質」だ』。

『「そんな情報工作~大衆誘導等」を

「一番望んでいる」のは、

「北朝鮮悪権力者等」になる』。

『「北朝鮮悪権力者等の手先の様相を露呈している常連出演者等ばかり・・・」が

「主流、という場合が多い、テレ朝等」は

「明らかに、北朝鮮側に偏向し続けて来ている状態」だ』。

『「そんなテレ朝等の多くの番組が、実質的に、推している政党や議員等」とは、

「例えば、北朝鮮のお友達、旧社会党からの流れも濃い、民進党等だったりしている」のだから、

「ちゃんと、全体像~実体探究しながら視聴等している人々」には、

「もはや、その正体はバレバレ状態」だ』。

『「小泉!」や「小池!!」も

「同じ人脈だから・・・か、

大推奨状態」だ』。

『「他の常連出演者等」も

「韓国次期大統領候補の一人、

所謂、左派の有力候補」を

「リベラル等」と

「表していた」』。

『「普通に、実体通り、捉え、表する」なら、

「もちろん、韓国の左派は、リベラルでは断じて無い」。

「例えば、親北朝鮮等の表し方が実態・実体通りで、適切」になる』。

『「そして、その内実」は

「親独裁&親工作活動等」だ』。

『「内実、親独裁&親工作活動等」を

「好んだり、支持したり・・・する」のは、

「親独裁&工作活動等実行者・協力者等の者たち、くらい・・・」になる』。

『「北朝鮮の体制維持」とは、

「独裁体制の維持」でもあり、

「工作活動体制の維持」でもある』。

『「北朝鮮の独裁体制」は、

「多くの一般日本国民にとっては、他国の話し・・・」だが、

「北朝鮮の工作活動」は

「多くの一般日本国民にも、

その実害が及んでいる、

他人事では無い重大問題」だ』。

『「拉致問題が未だに、解決出来ない」のも、

「日本国内で、

未だに、

北朝鮮等による工作活動等が行い続けられているから」だ。

「多くの日本国民を北朝鮮にとっての有益分子化する工作」や、

「北朝鮮にとっての不適応分子を粛清等する工作」や、

「日本乗っ取り支配等を目的とした工作」が

「工作員や協力者等の世代交代まで交えながら、

連綿と行い続けられている」のが

「寒過ぎる、戦後日本社会の実状」だ』。

『「具体的手段」としては、

「電磁波工作、

飲食物工作、

侵入工作、

情報・教育工作、

医療工作、

政財界工作等々」になる』。

『「例えば、

北朝鮮ご用達の情報工作員の様相さえ露呈し続けて来ているテレビ常連出演者等」は、

「数多い」』。

『「日本国内の工作活動実態・実体を知り得る立場にいる拉致被害者」は

「日本国内の北朝鮮等による工作活動が無くならない限り、

北朝鮮が帰せる訳も無い」』。

『「逆から言えば、

日本国内の北朝鮮等による工作活動等を徹底摘発する事」こそが、

「拉致被害者の帰還や、

拉致問題の解決にも直結している」』。

『「もちろん、

日本国内に居る、

北朝鮮悪権力者等の手先たちにとって」は

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等が

徹底摘発される事=自分たちも捕まる事等になる」から

「困る」』。

『「其処で、

北朝鮮悪権力者等共々、

必死の反抗を試みている」のが

「昨今」だ』。

『「北朝鮮による、

時代遅れの

ミサイル発射や

核実験等」の

「本当の目的」は

「日韓内での

北朝鮮等による工作活動を

黙殺させ続ける事」に他ならない』。

『「核爆弾や戦争等をチラつかして、

工作活動を続けさせろ!」と

「やって来ている」のが

「実態・実体」だ』。

『「もちろん、

独裁政権工作活動国家である北朝鮮の現体制」を

「維持させ続ける事」は

「北朝鮮問題をより大きく、深刻にする」から

「もはや、絶対に避けるべき事」だ』。

『「工作活動被害が濃厚な日韓はもちろん、

米国も、

中国にしても、

既に、北朝鮮問題をより大きくする選択肢」は

「持ち得無い」』。

『「今、バーター関係にある」のは、

「北朝鮮の現体制維持」と

「戦争」では「無い」。

「独裁支配工作活動国家体制の保有核・ミサイル等の増強も含む増大状態維持」による

「北朝鮮問題の重大深刻化」と

「アッと言う間に終わる、北朝鮮の現体制排除~体制チェンジ等の為の作戦」だ』。

『「もはや、北朝鮮の現体制維持の為の話し合い等」は

「あり得無い状態にまで、

北朝鮮問題は、深刻化している」』。

『「それなのに、日本の中の北朝鮮の裾野たち・・・」は

「未だに、

インチキ論等で、

日本の世論等をあらぬ方向に導こう・・・」と、

「北朝鮮悪権力者等の為」の

「情報工作~大衆誘導等を続けている」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」が

「其処に居る」』。

『「大相撲の{モンゴルに帰れ!}」は

「日本社会に平和適応&共存している他の国からの人に対する明らかな暴言」だが、

「日本の中で、北朝鮮悪権力者等の為の工作活動等を行い続けている者たち」は

「北朝鮮に帰れ!もしくは、行け!」等は、

「北朝鮮の為に散々な工作活動等を日本国内で行い続けて来ている者たちを、

摘発後、

更に、

日本の血税を使って養いたいとは思わ無い、

多くの日本国民の素直な本音」だ』。

『「因みに、{モンゴルに帰れ!}」の「裏」には

「投影・転嫁・同一視心理等」が

「深く係わっている」』。

『「スポーツ選手や有名人等に自分を投影・転嫁し、

その選手や有名人等をまるで自分の一部の如く思い込んでいる人々にとって」は、

「例えば、相撲の勝負でも、投影・同一視した者が負ける事=自分が負ける事となるから、

該当力士が

どんな手段を使っていても、

勝ちを優先出来てしまう」。

「また、もし、負ければ、心の底から悔しく感じる」』。

『「大関として、姑息な手段を使った相手に負けた」のなら、

「その大関を憎々しくさえ、感じる」だろう。

「その先に、八つ当たり~暴言等が生まれ易くなる」』。

『「八つ当たり~暴言等の材料として、人種や国籍等を使う事は簡単」だ。

「簡単であるが故に、その様な要素を材料にした八つ当たり~暴言等」は

「出現し易い」』。

『「出現し易い八つ当たり~暴言等」を

「言葉狩り等する」のは

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の得意技」だ』。

『「日本国民鎮静無害化工作等の為」には、

「常に、言葉に気を使わなければならない日本社会化等」が

「相応に有効になる」』。

『「反日暴言等が好き放題まかり通るばかりか、

反日無罪までまかり通らせられている

反日国の虚勢張りぶり」は

「本当に哀れだ」が、

「日本が反日国等に対して無害化されてしまう事」は

「反日国の虚勢に実があるかの如きイメージを生み出す事にも繋がってしまう」』。

『「その様な実害」を

「大きくしない為」にも、

「鎮静無害化工作等には、十分な注意が必要」だ』。

『「基本的に、言論は、元気活発な状態で良い」。

「慎むべきは、八つ当たり~暴言等だが、

人間である以上、

偶には、そんな事態を引き起こしてしまう者も出る」のは

「ある意味、仕方無い事」だ』。

『「特に、投影・転嫁・同一視等による代償欲求の追及行為に奔走している状態の人々」には、

「ありがちな事」だ』。

『「だから、その対策としても、多くの人々の精神構造を健常成長させる事による、

過剰な代償欲求追及状態からの解放」が

「有効になる」』。

『「其処に、確実な計画や悪意等が無い」限り、

「勢い余っての、八つ当たり暴言等」は、

「あくまでも、その場限りの事に過ぎ無い」』。

『「世代交代までしながら、

連綿と続けられて来ている工作活動」等とは、

「その悪質度がかなり違う」』。

『「小悪を切り取り、大悪の如く風潮し、正義ぶる裏」で

「連綿と工作活動等を行い続けている様な者たちこそが、

本当に、問題とされるべき者たち」だ』。

『「日本国内で、テレビ・マスコミ等の仕事をしている者」が、

「衝動レベルの、実害も小さい、言葉狩り等をしている暇がある」のなら

「北朝鮮系等の工作活動等を

意識的かつ積極的に

告発等したらどうか!」』

『「戦後日本のテレビ・マスコミ界等の

その辺りの主従逆転ぶり」にも

「北朝鮮等による工作活動の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「何れにしても、

日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」が

「例えば、北朝鮮悪権力者ご用達系等の人脈により牛耳られ続けていて良い訳は無い」』。

『「公共的マスコミ界」も「同様」だ』。

『「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに、「森友学園問題」や「教育勅語」と、安倍政権や与党等を、無理やり、強く結びつける事等による、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の為の、反政権・与党政治運動等を、公共の電波上で行い続けていたので、本当に呆れた・・・。

『「主たる常連出演者や常筆等」は、「何処の局でも、何処の新聞・雑誌等でも、所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)側の者たちばかり・・・」、

「主たる推奨論等」は、

「何処の局でも、何処の新聞・雑誌等でも、所謂、左翼(同上)ご用達ばかり・・・」等の

「実態・実体」からも

「テレ朝だけに限らない、戦後日本のテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「偏向・偏重、悪質性」は

「明らか」だ』。

『「何故?所謂、左翼(同上)偏向・偏重なのか?」

「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」だ』。

『「戦後日本のラジオ・テレビ・マスコミ界」や

「学校教育界」は

「米軍による占領政策時」に

「朝鮮系の者たちが重用された状態」で

「その基本が構築されてしまった」。

「日本の独立が認められた後」も

「その異常状態の是正」が「十分に行われていない」』。

『「教育勅語を否定した時期」も

「戦後日本独立前」なので、

「独立前の朝鮮系支配状態等を維持したい者たち」は

「教育勅語の否定」を

「実体以上の重大事にしたがる傾向が強い」』。

『「実体の大きさで言う」なら

「戦後の日本社会」が

「主権在君から主権在民へ」と、

「時代相応の進歩・進化を行った現実」は

「非常に大きな現実」だが

「主権在君の為の一つの道具に過ぎなかった教育勅語」が

「否定された事」は、

「その流れの上の必然事の一つに過ぎ無い」』。

『「実体の大きさ通り」に、

「主権在民化を強調せず、

教育勅語を強調する」のは、

「教育勅語なら、反政権・与党政治運動に使えるから」と

「強く推定出来る」』。

『「主権在民後の教育勅語」とは、

「歴史上のモノ等になっている」。

「もはや、多くの日本国民の中」で、

「教育勅語自体が大きな問題となる事」は

「実質的に、無い」』。

『「歴史上の書物は歴史上の書物」だ。

「歴史を振り返り、再検証したり、学んだりする時に、有用となる一つのモノに過ぎ無い」』。

『「歴史上のモノ等を、無理やり今の日本社会で展開しようとする事」とは、

「例えば、江戸時代等の取り調べ手法や打ち首獄門等の処刑法等を

無理やり、今の日本社会で展開しようとする事等」と

「基本的に同じ」だ。

「そんな現実離れしている事」を

「本気で行おうとする」のは、

「今回、問題となった籠池氏の様な、出来の悪い者たちくらい」になる。

「当然、多くの人々による支持など得られる訳も無い」。

「もちろん、政府・与党等がそんな道を選択する訳も無い」』。

『「それなのに、本日のテレ朝朝番では、

安倍政権や与党が、その様な方向に向かって動いているかの如きイメージ」を

「多くの視聴者に持たせる事等に実効がある論」等を

「日本の公共の電波上で、

常連出演者等が述べていた」』。

『「その悪質度」は

「もはや、言うまでも無いレベル・・・」だろう』。

『「何故、そんな悪質な事がまかり通れてしまっているのか?」

「テレビ・ラジオ界や、

公共的マスコミ界」には、

「政界の様な主権在民投票も無ければ」、

「政界の政権交代の様な人脈交代も無いから」だ』。

『「テレビ・マスコミ等が、

嫌なら、

見なければ良い。

読まなければ、良い。」等の

「インチキ論」が、

「公共の電波使用」や

「公共的マスコミ等」に

「当てはまる訳も無い」』。

『「公共の電波使用であるが故に持つ

テレビ・ラジオ等の絶大な発信力の実態・実体」は、

「周囲にテレビ・ラジオ等が全く無い特別な状態の場所等で暮らしている人々等以外の、

多くの普通の状態下で暮らしている人々」が、

「日常生活をしているダケ」で

「否応無しに、テレビ・ラジオ情報が入って来る程、強大なモノ」だ。

「公共的マスコミ等」も

「それに準じている」』。

『「戦後日本国内」では、

「其れこそ、何処の誰でも」が、

「テレビやラジオをつけたり、

公共的マスコミを見たりする」なら

「否応無しに、

所謂、左翼(同上)ご用達情報の大渦の中に追いやられ続けて来ている」』。

『「更に、所謂、左翼(同上)学校教育等にも、毒され続けて来ている」のが

「実態・実体」だ』。

『「多くの日本国民」が、

「そんな所謂、左翼(同上)ご用達情報・教育」等により、

「実質的に、マインドコントロールされ続けて来ている」』。

『「外国人記者等」も

「同様の状態下に追いやられて来ている」ので、

「戦後日本の所謂、左翼(同上)ご用達情報等」は

「世界中にばら撒かれ続けて来てしまっている」』。

『「所謂、左翼の実体」が

「親朝鮮・親中国共産党等である事」を

「認識出来ている」なら、

「戦後日本の情報・教育界の問題」が

「非常に重大な問題である事」に

「誰もが気づく筈」だ』。

『「例えば、

北朝鮮の核・ミサイル等の問題の増大」や

「韓国ダダ問題の増大」や

「中国共産党の実質的侵略行為等の増大」の

「実質的、応援にもなってしまって来ている」のが

「戦後日本の、所謂、左翼(同上)ご用達情報・教育」だ』。

『「テレ朝」等は、

「本日でも、未だに、

森友学園問題や、

教育勅語問題」を

「無理やり、安倍政権や、与党等」と

「強く繋げる事」により、

「安倍政権や、与党等」が

「森友学園や教育勅語の様な、

出来の悪い右翼等であるイメージ」を

「多くの視聴者の中で生じさせる事等」により、

「実質的には、

所謂、左翼(同上)野党等を利す

内実、政治運動等」を

「行い続けていた」』。

『「日本の公共の電波上で!」だ』。

『「こんな偏向・偏重状態」が

「連綿と続けられて来ている事」と

「北朝鮮や中国共産党支配下の中国の問題行動等が一向に収まらない事」の

「基本構造は同じ」だ』。

『「それは、実権者人脈の問題、以外の何モノでも無い」』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・公共的マスコミ界」も

「北朝鮮やダダ韓国や中国共産党支配下の中国」も

「それらが大きくし続けて来ている問題等」を

「解消して行く為に必要な事」は

「実権者人脈自体を入れ替える事」になる』。

『「逆から言えば、

特定極一部に過ぎ無い、

それらの実権者人脈を正常化・健常化する」ダケで

「極東地域の多くの問題は、解決出来る事になる」』。

『「先ずは、悪質度が極めて高い北朝鮮の実権者人脈を入れ替える事」が

「最優先で行われるべき事」だ。

「そして、その為の強い流れ」は

「昨今、益々強くなっている」』。

『「米国は、まもなく、北朝鮮をテロ支援国家に再指定する」。

「中国共産党が実効のある手段を取らない」のなら

「米国単独でも、北朝鮮の核等を排除する為の作戦を実行する事になる」』。

『「近隣諸国等が被る被害も少ない、

有効な作戦の一つ」は

「金正恩や国家元首たち等を排除する作戦」だ』。

『「作戦が実行される」と

「トップを失う事による裾野の崩壊劇」が

「日韓内で起こる事になる」から

「その為の対策も、急務」だ』。

『「日本の中の裾野」は

「既に、公安等がリストアップ済みの筈」だ。

「ここで、事前逮捕等が出来ない状態を放置する」なら

「多くの一般日本国民」が

「裾野崩壊時等の実害」を

「受けてしまう事になる」』。

『「性犯罪者等に対する厳罰化」も

「テロ等準備罪」も

「どちらも、現状の日本にとって、極めて重要な法整備」だ。

「もちろん、それらは、両方とも、早々に成立させるべき事」で、

「断じて、バーター関係にあるモノでは無い」』。

『「しかし、

日本社会の中で、連綿とスパイ・工作活動等を続けて来ている

北朝鮮の裾野等」なら

「テロ等準備罪」等の

「法整備」は

「是非とも、止めさせたい事になる」』。

『「テレビ・マスコミ等の論調」に

「北朝鮮の裾野」等を

「感じている人々もかなり多い筈」だ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」等が

「北朝鮮の裾野等の人脈により、

牛耳られ続けていて良い訳は無い」』。

『「学校教育界も同様」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界」と

「公共的マスコミ界」と

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「米国単独での核排除も・・・」等で、いよいよ、後が無くなって来た状態の北朝鮮悪権力者&その下の人脈の者たち等だが・・・。

『「中国共産党と米国の妥協点」は「北朝鮮の、核抜き、金正恩等抜き、存続の筈」だ。

「更に、中国共産党は、親中国共産党政権を望んでいる筈」だが

「その為」には、

「中国共産党が、米国より積極的」に、

「北朝鮮の体制是正」や

「核放棄等の仕事」を

「行う必要がある」。

「今までの様に、お茶を濁して、誤魔化し続ける策」では、

「トランプ政権が納得する訳も無い」』。

『「北朝鮮」が、

「中国共産党や米国による

強硬策を迎えないで済む様にする為」には、

「北朝鮮自らが、先ずは、積極的に核放棄する必要がある」。

「その上で、金正恩体制を自ら終焉させる」なら

「中国共産党や米国による強硬策抜きの目が出て来る事になる」』。

『「もちろん、北朝鮮の独裁体制が、本当に、金正恩独裁体制」なら

「金正恩が金正恩体制を終わらせる事は、

余程の大物でも無い限り、

出来得ない事になる」。

「内実」としては、

「金正恩では無く、既に、かなり高齢の国家元首たちによる独裁体制」なら

「神輿の上を変える事による、生き残り策の実行は、比較的容易になる」』。

『「北朝鮮の現体制が、神輿の上の金正恩体制」なら、

「米中も、そんな実体は、とっくの昔にお見通しの筈」だ。

「例え、実際の実権を保持している国家元首たちが

金正恩排除等に

生き残れていたとしても、

その後の安泰は

保障されている訳では無い事になる」』。

『「北朝鮮自らによる、

具体的で実効のある是正行動等が無い」なら

「米中の積極介入による、

北朝鮮を是正する作戦等」が

「本格的に動き出す事になる」』。

『「其処で、

中国共産党支配下の中国が渋る」なら

「米国単独でも、

北朝鮮を是正させる作戦等」が、

「確実に行われる事になる」』。

『「何故なら、現状のまま、放置して、

北朝鮮の核・ミサイル等を

今以上に増強させる道」は、

「もう、あり得ないから」だ』。

『「中国による協力の有無を問わず、

出来る限り周辺諸国等への影響が出ない作戦等」が

「実行に移される事になる」』。

『「その時」が、

「刻一刻と近づいて来ている現状」なのに、

「未だに、日本の中の北朝鮮の工作員や協力者やお友達たち」は

「日本国内で、北朝鮮悪権力者等の為の工作活動等を行い続けている」』。

『「例えば、未だに、

森友学園問題等を政争の具とする事による

反安倍政権政治闘争等を続け、

何としても、

テロ等準備罪の成立を阻もうとして続けている」』。

『「そんな日本国内の北朝鮮の裾野」には、

「北朝鮮悪権力者に、先が無い実感」等が、

「未だ、十分に届いていない」のだろう』。

『「或いは、

元々、

元の北朝鮮等の事」は、

「どうでも良いのかも知れない」』。

『「日本の中の北朝鮮の裾野」とは、

「工作報酬や、保身や身の安全等ダケ」が

「目的」の、

「骨の無い、小人集団」等

「なのかも知れない」』。

『「何れにしても、北朝鮮悪権力者人脈の未来」は

「もう、短い」。

「例え、

残れても、

過去の大罪は暴かれ、

永遠の恥辱に染まる道の上の置かれるダケ」になる』。

『「逆から言う」なら、

「工作活動等を、

自白し、

償い、

罪を軽くしたい」のなら、

「今の内に・・・」という事だ』。

『「もはや、

元の威光や実効支配力等」も

「無いに等しい状態」なのだから、

「日本国内のそのスジの工作員や協力者等は、

実質的には、かなり自由に、

自らの行動等を選択出来る状態下にある」』。

『「この後に及んで、

連綿と続けて来ているから・・・等と、

工作活動等に励む」のは、

「余程の、おバカか、悪くらい・・・」だろう』。

『「血統・民族主義カルト宗教等に

マインドコントロールされ続けている者たち」の

「内実」は

「劣

(おバカ)

(実体離れしている劣悪思想等と分っていても、例えば、金や実権等の為に、悪魔に魂を売っている)

者」だ』。

『「気候変動が激しくなり、

地震や火山の爆発が頻発する様になる頃、

大いなる自然の嘆きに誘われ、

多くの人々の無意識は、

その狭義の自分を在るべきところに誘う」』。

『「善き人々は、益々、善く、

悪き者たちは、益々、悪くなる」。

「その流れの上で、

全ての者・物・事の事態・実体」は、

「より明らかになり、

直に、

近未来において、

存続するべき者・物・事のみが存続を許され、

排除され滅ぶべき者・物・事は滅亡の道の上を歩ませられる事になる」』。

『「人類の存続の長さ」も

「{裁きの日}時点」での

「存続に値する者・物・事と

排除され滅ぶべき者・物・事」の

「比率により決まる事になる」』。

『「存続側が十分に大きければ、

人類の長い存続~永続への道が開けて来る事になる」。

「排除され滅ぶ側が余りにも大きければ、程なく、人類滅亡の日がやって来る事になる」』。

『「大自然の嘆きが臨界点を超える事から生まれる{裁きの日}」は、

「突然の嵐の様に訪れる事になる」。

「その日までに、

出来る限り、

排除され滅ぶべき者・物・事を無くしておく事が重要になる」』。

『「北朝鮮悪権力者人脈&その人脈による悪工作活動等撲滅」等は、

「その意味からも、合理的な

人類にとって非常に重要な正義の一つ」だ』。

『「北朝鮮の健常化等において、

関連諸国が、

十二分に承知しておくべき重要事」は

「悪権力者等から解放された北朝鮮からは、

難民が出る必要が無い事」と

「逆に、解放後の北朝鮮内健常整備等の為には、

ある程度以上の健常状態を知っている、

多くの者たちによる協力が必要になる事」だ』。

『「日韓併合以降日本に渡来」し、

「戦後、二国間の国家契約である日韓併合

(日韓併合当時、

多くの日本人は、

金と仕事を持って、

朝鮮半島に渡り、

朝鮮半島内の近代化整備等に邁進した。

日韓併合当時の日韓間に戦争は無く、

当時の日本人は、

武器と弾薬等を持って、

略奪・支配等しに行った訳では無い。)を

日本による侵略~植民地支配だと嘯きながら、

戦後日本社会の中で、

韓国(北朝鮮も含む)の為の工作活動等まで行い続けながら、

日本国内に居続けている、

韓国(北朝鮮も含む)系の者たち」には

「その意味からも、

朝鮮半島内に、戻るべき必然性が生まれる事になる」』。

『「未だに、現状の日本国内で悪工作活動等を行い続けている」なら

「解放後の朝鮮半島内を出来るだけ早く健常な状態にする為に必要になる事等」でも、

「頑張って、身に着けておくべき」だが』。

『「何れにしても、

人類の長い存続~永続の為」にも、

「極東地域の正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「現状の極東地域」は、

「全体としても、状態が酷過ぎる」が

「北朝鮮等、局所の問題」が

「はっきりしている」。

「局所から広がっている問題」が、

「現状の極東地域の問題の主たる部分でもある」から

「局所是正は、全体是正にも繋がっている」』。

『「局所是正に必要な事等は判り易く」、

「そのノウハウ」等は、

「今後、全世界に展開出来る事にもなる」』。

『「北朝鮮強制是正」の

「メリットは、とても大きい」』。

|

サンデーモーニングでは、「国連の核兵器禁止条約問題」や「日本の教育問題」等で、所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)ご用達常連出演者等が、相変わらずの劣悪論を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「偽善者たちによる自慰」的様相を「露呈している」のが「国連の核兵器禁止条約」だ。「現実」としては、

「多くの人類の精神構造が正常進化・正常進歩しない限り、

核兵器禁止条約等は、

例え、成立しても、

その実効は、

ある種の{免罪符}等にしか成り得ない」』。

『「お題目通りの実効のある{免罪符}など、

お題目が余程、小さなモノ等でも無い限り、皆無」だ』。

『「人類の精神構造の健常進歩・健常進化論抜きの

核兵器禁止論や廃絶論」とは

「ある種の新興宗教みたいなモノに過ぎ無い」』。

『「実効を伴う仕事をするべき国連」で、

「{核兵器禁止教}」等の

「新興宗教をつくりましょう!」では

「時間の無駄」だ』。

『「そんな事をしている暇がある」なら

「どうやって、

多くの人類の

精神構造を

正常進歩・正常進化させるのか?」等を

「真剣に、

具体的に話し合い、

具体的な法整備や援助・支援等の方法等を

構築して行くべき」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用し続けて来ている

人類の物質文明側」は

「急速な進歩・進化を実現し続けている」』。

『「言うまでも無く、

火薬や、核エネルギー等の実用化」も、

「その流れの上に在る」』。

『「火薬や、核エネルギー等」を

「実用化出来た人類」が、

「何故、

それらを、

自虐的に使って来てしまっているのか?」』

『「言うまでも無く、

人類の精神文化側の進歩・進化」が、

「物質文明側の進歩・進化」に

「追いつき、

追い越していないから」だ』。

『「何故、

精神文化側の進歩・進化」が

「物質文明側に比べて

遅れているのか?」』

『「言うまでも無く、

物質文明側の様」に、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に

実用していないから」だ』。

『「精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「物質文明側以上に意識的かつ積極的に実用する

世界的な大ムーブメント」が

「起きる」なら

「人類の自虐性を、

急速に激減させる事が可能になる」』。

『「国連等で話し合う」なら

「その具体的方法等であってこそ、

実効も生まれるのだから、

意味がある」』。

『「精神文化の正常進歩・正常進化の流れの上」には、

「自虐的な核兵器も含む兵器等の廃絶、もしくは、激減等の事態」が

「当然の様に生まれる事になる」』。

『「戦争・テロ・殺傷事件等も激減」し、

「世界平和が当たり前になる」』。

『「もちろん、

精神文化側を正常進歩・正常進化させたところで、

物質文明側の進歩・進化の流れが止まる事も無い」。

「むしろ、安全かつ、自虐的にならない様に、

使いこなせる物質文明の範囲が広がる」ので

「益々、物質文明の進歩・進化が進み易くなる」。

「精神文化の正常進歩・正常進化は、自然回帰(過去逆行)を否定する」』。

『「精神文化の正常進歩・正常進化」は

「物質文明より先に、精神文化の正常進歩・正常進化がある事」を

「求め続ける」』。

『「具体的な入口」は、

「人類誰もに関係が深い、死生観・人生観等が適切」だろう。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」の「鍵」は、

「人類も含むほとんど全ての地球上の生物」の

「誕生・死」の

「実体や事実・現実」だ』。

『「生物の誕生・死」は、

「細胞レベルの現象である事」が

「科学レベルで

既に判っている」』。

『「ところが、生物の意識」では、

「丸ごと一個体レベルで認識したがる」』。

『「誕生・死が細胞ことの現象である事を知り得る事が出来なかった時代の人類」が

「丸ごと一個体レベルで認識したがる生物の意識に基づいて、

丸ごと一人の死生観や人生観等を築いた」のは、

「当然の現象」だった』。

『「多くの宗教等も、

丸ごと一人の死生観や人生観の上で構築された」』。

『「科学レベルで判明させる事が出来た実体や事実・現実が増え、

生物の誕生・死が細胞ごとの現象である事も既に判っている今時の人類」には、

「丸ごと一人の死生観・人生観ダケ」から

「細胞ごとの誕生・死という科学レベルで判明している実体や事実・現実も取り入れた

より現実に近い死生観や人生観を持つ個体に、

狭義の自分を健常進歩・健常進化させる必要が生じている」』。

『「精神文化面でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」の

「一つの実態」が

「其処に在る」』。

『「物質文明側の進歩・進化レベル」と

「精神文化側の進歩・進化レベル」の

「精神文化側が遅れている負のギャップ」が

「人類の自虐性の基」だ』。

『「そのギャップを解消させる事」は

「自虐性を減らす事に直結している」』。

『「狭義の自分の精神構造を健常成長させる流れ」を

「世界的に生み出す事」こそが

「核兵器等廃絶に現実として繋がる道に他ならない」』。

『「今、国連で話し合われている、

{核兵器禁止免罪符}」では、

実効が生まれない」ばかりか、

「免罪符を無視して、

核兵器をより多く作ったモノ勝ち!みたいな状態さえ生み出し易くなってしまう」』。

『「世界は

核兵器保有派と

核兵器否定派」に

「分化」し、

「それは、

まるで、

かつての、

カトリックとプロテスタントみたいな状態になるダケ」だ』。

『「ある意味では、国の代表的な存在として、国連にまで出向いている人々」が

「そんな宗教ゲームの様な事を行っている様」では

「国連の存在価値もどんどん低下するダケ」だろう』。

『「宗教的に言う」なら

「偽りの神を仰ぐ者たちは、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる」とでも言うべきか・・・』。

『「教育勅語」とは、

「明治以降~終戦時までの日本の歴史上の書物であり、歴史上で教育~実用された一つの精神文化」だ。

「それは、ある意味では、仏教のお経の一つの様なモノ」でもある』。

『「仏教等では、

丸ごと一人の死生観上の死や死後の世界等を、

何とかして、納得出来る様に考えを構築しようとした様」に、

「教育勅語とは、

当時の日本の国家中枢にいた人々が、

何とかして、欧米列強に負けない国家・国民状態を構築する為の一つの道具」として、、

「考え出した、

叡智の結晶の一つには違い無い」。

「しかし、もちろん、今時では、その現実離れぶり等が明らか」だ』。

『「歴史上の書物や精神文化等や

素読する歴史書物等として、

学ぶ」なら、

「教育勅語にも、それなりの価値が生まれる事になる」が

「教育勅語の内容をそのまま利用しようとする」と

「今時とは、大きな齟齬を生じる事になる」』。

『「それは、道徳でも同様」だ』。

『「今時」なら

「教えるべき」は

「教育勅語内容や道徳や宗教等」の

「考え・思いによる納得法では断じて無い」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用している

心理学や人間学や生物学等」だ』。

『「所謂、文系の情報・教育をその方向に改善する(現実との整合性をより高める)事」により

「人類の自虐性は減り、

世界平和や

地球生命体細胞群の存続~永続という

実現可能な永遠の命も可能になる」。

「逆から言う」なら、

「現実離れが激しい、考え・思いレベルに偏執する/させる情報・教育等」は

「害が非常に大きい事になる」』。

『「最悪レベル」なのが、

「まるで、マインドコントロールの様」な、

「劣悪な学校教育」や

「テレビ・マスコミ等による

偏重・偏向情報工作や、

イメージ誘導・大衆誘導等」だ』。

『「その意味では、森友学園」も

「多くのテレビ・マスコミ等もあまり変わらない」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「特に、公共の電波を使っているテレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

もはや「反日野党と同じ目的の出来の悪い右翼」の如き様相を露呈している森友学園籠池氏等を大宣伝し続けている反日国の手先たち問題・・・。

『「北朝鮮等とも馴染みが深い、反日テレビ・マスコミ等」にとって、「森友学園騒動」とは「反安倍政権政治闘争以外の何物でも無い」。

「だから、実際」に

「安倍総理の言葉尻り等」を「執拗に捉え、誇張」し

「安倍総理が、そう言ったのだから、それに矛盾するなら、総理としての責任を取れ!路線」の

「実質的、大衆誘導等」を「続けている」』。

『「森友学園問題の本質」とは、

「幼稚園経営で儲けようと画策していた様相の籠池氏等」が

「幼稚園経営で行き詰まり、

その打開策として、

小学校経営を画策した」。

「しかし、

もちろん、普通に小学校を立ち上げても、そんなに儲かる訳も無い」から

「所謂、保守思想や保守政治家等を積極的に利用する事での集金行為等を画策した」。

「ところが、籠池氏等の保持出来ていた保守思想等」が

「余りにも、時代遅れ&旧態依然としたまま・・・だった」ので、

「寄付金や生徒や賛同者等も、籠池氏が期待した程、集まらなかった」。

「それでも、経済的困窮状態を打開しなくては立ち行かない籠池氏等」は

「無理やり、知名度の高い保守政治家の安倍氏等に縋り付いた」。

「安倍氏本人から、名前使用等を断られた後」も

「安倍氏夫人や他の保守系政治家や関連行政部署等」に

「超積極的なコンタクトを取り続けた」』。

『「それでも、寄付金集めや小学校設立が上手く行かなかった籠池氏」には

「新たなスポンサーが必要になった」。

「反安倍政権政治運動を行い続けている野党人脈等」は

「その最有力候補となった」』。

『「スポンサー人脈を変えた結果」と「強く推定出来る」が、

「昨今の籠池氏」は

「とても、保守側の人間とは思えない実態・実体を露呈している」』。

『「昨今の籠池氏等」は、

「見事な程に、

所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)の野党等と同調している」』。

『「籠池氏等の変節」に、

「思想信条等より経済」という

「籠池氏等の本音」と、

「反日野党等による籠池氏援助等」が

「露呈している」等と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「一国の総理の言葉は重い」が

「もちろん、それは、対象内実によりけり・・・」だ』。

『「森友学園問題」とは、

「一小学校設立問題」であり

「一国有地設立問題」に

「他ならない」』。

『「そんなレベルの問題、

しかも、これだけ騒いだ後でも、総理や与党議員等の法的問題は無し・・・」なのに、

「未だに、大騒ぎし続けている

所謂、左翼(同上)野党・テレビ・マスコミ等」の

「日本国・日本国民の為の政治・政策より反安倍政権政治闘争」という

「酷い実態・実体」は

「大いに責められるべき事」だ』。

『「総理大臣や総理夫人や与党議員や大阪府知事等と

森友学園や籠池氏等を無理やりの関連付け」し、

「その上で、

言葉尻り等を執拗に捉え、誇張し、

そう言ったのだから、責任を取れ!」等の

「政争」を

「行っている」のが、

「元々が反日人脈であるが故に、

本筋の日本の為になる政治・政策論争等では

勝負出来ない

劣悪野党や劣悪テレビ・マスコミ等」の

「醜悪過ぎる実体」だ』。

『「公正なテレビ・マスコミ等」なら

「劣悪野党等の醜悪過ぎる実体」は

「劣悪野党等の醜悪過ぎる実体として伝える」のが

「当然」だ』。

『「ところが、戦後の日本社会」では

「醜悪過ぎる劣悪野党」と

「多くのテレビ・マスコミ等」の

「人脈」が

「同じ人脈になってしまっている」』。

『「その人脈を大雑把に表現する」なら

「反日国北朝鮮のお友達、旧社会党系等の人脈」だ』。

『「昨今の北朝鮮が困窮状態に在る事」は

「もはや、日本国内の多くの人々が既知の事実」だろう』。

『「困窮状態に追いやられた北朝鮮」は、

「日本ダケでは無く、関連の深い日中韓等の国々内の裾野人脈等を駆使して、

必死の反抗をし続けて来ている」』。

『「その一つの現れ」が、

「韓国の政権転覆劇」だ。

「更に、マレーシアでの金正男暗殺事件も、その流れの上に在る」』。

『「北朝鮮悪権力者等にしてみれば、

後は、

日本国内で、

親北朝鮮よりの世論等が出来上がり、

保守政権から、

所謂、左翼(内実は、親朝鮮・親中国共産党等)の政権への

政権交代を実現出来れば、

必要十分」になる』。

『「関連諸国内に、圧力より対話という流れ」を

「構築させてしまえば」、

「元々、実体や事実・現実に基づいた是々非々対応では無く、

北朝鮮側の一方的な要求を

対話相手が呑むか?呑まないか?」の

「対話」は

「北朝鮮の十八番」という訳だ』。

『「日本国内で、その為にも繋がる

実質的、反安倍政権政治工作等」を

「行い続けている」のが、

「北朝鮮等反日国と馴染みが深い野党」や

「そのお仲間のテレビ・マスコミ等」という訳だ』。

『「もちろん、そんな連中」に

「日本の公共の電波」の

「特定周波数独占使用権」を

「与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・ラジオ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »