« テレ朝朝番では、北朝鮮問題等について、多くの常連出演者等が、北朝鮮劣悪国家指導者の都合に沿う解釈等を、日本の公共の電波上で「宣伝」していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う情報配信等に熱心だったが・・・。 »

日米韓VS北朝鮮、チキンレースの本質・・・。

『「数十年前、金日成時代の北朝鮮」では、「張りぼて戦闘機や、張りぼて戦車等々で、まるで、学芸会の様な軍事パレード」を「行っていた」。

「それを、見た、世界中の多くの国々の人々等」は、

「北朝鮮をバカにし、

北朝鮮に脅威等を覚える事は無かった」。

「ところが、その裏」では、

「既に、

北朝鮮の工作員や協力者等による

スパイ・工作活動等が旺盛に行われていた」』。

『「大衆興味寄せの為の軍事パレード」だから

「みっともないモノでも、行う必要があり」、

「張りぼて、学芸会でも良い」等というのが

「その時の北朝鮮劣悪国家指導者等の考え」だった』。

『「上記の数十年前の事実」は、

「北朝鮮という国家」の

「劣悪国家指導者等の実体」を

「露呈させている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による

国家戦略等の本質」は

「大衆興味寄せの見せ球に過ぎ無い、

時代遅れの軍備等にあるのでは無く、

その裏で行われている

主として、他国内でのスパイ・工作活動等に在る」』。

『「数十年前の、{張りぼて学芸会軍事パレード}等の裏」では、

「主として、日韓内」で、

「多数の日韓国民が

北朝鮮によって拉致され始めていた」。

「スパイ工作や、日韓国民虚勢化・無害化等工作や、政界工作等々」は、

「既に、旺盛に行われていた」』。

『「戦後の日韓内」には、

「多数の北朝鮮系の者たちや、その協力者たちが居続けている」』。

『「戦後の日韓内」では、

「主として、その人脈の者たち」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の指令・命令等の下」で、

「拉致を含む、

多種多様なスパイ・工作活動等を

旺盛に、

行い続けて来ている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑」では、

「大衆興味寄せの見せ球に過ぎ無い時代遅れの軍備」にも

「十分な実効を持たせてしまう事」と

「先ずは、日韓内に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話路線や

北朝鮮に対する太陽政策等、

親北朝鮮世論を形成させる事」と、

「情報工作・政界工作等の成果として、

先ずは、日韓内に親北朝鮮政権を樹立する事」等が

「当面の目標になっている」』。

『「その為には、もう少しの時間が必要になる」。

「核ミサイルの実用化は、もう直ぐ」だ。

「日韓内の工作活動の成果も出始めている」。

「日本の安倍政権転覆や政権交代等は、失敗に終わりそうだが、

韓国内では、朴政権は転覆し、親北朝鮮大統領が誕生するかも知れない」。

「核ミサイルの実用化に成功し、先ずは、韓国内だけでも、親北朝鮮化出来る」なら

「かなりの確率で、その後が開けて来る」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、今、思っている」・・・』。

『「それが、北朝鮮劣悪国家指導者等の今の本音」だ』。

『「上記の様な北朝鮮劣悪国家指導者等の思惑」が

「実現してしまうとどうなるのか?」』

『「実効を持つ軍備脅しの下に在る

親北朝鮮状態韓国内」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による支配下に置く事等」が

「実現し易くなってしまう」』。

『「更に、北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による、日本内の支配工作等もやり易くなってしまう」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による、

先ずは、朝鮮半島内と日本内の乗っ取り支配」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の当面の目標」だ』。

『「そして、

その後は、

朝鮮半島と日本をベースにして、

全世界を支配する事」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

本当の目標になっている」』。

『「元々が、自分で自分を健康にコントロールし続けるのでは無く、

その代わりに、他の者・物・事を支配しようとし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」は

「何故生まれたのか?」』

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「本質的に悪い事を行わない事が肝要になる」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等とは、悪事の上に生み出された存在」だ。

「自己正当化の為に、他の者・物・事等の支配に邁進する精神構造」を

「生まれながらに仕込まれている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」とは、

「日本の敗戦に付け込んだ火事場泥棒という本質的悪事の上」に、

「旧ソ連が担ぎ出した者」を

「無理やり、英雄化して載せた」ところから

「始まっている」』。

『「英雄化の中身も、悪事」だ。

「日韓併合時の、迷惑、少数山奥反政府武装勢力(もちろん、本質的、悪事)の故事」を

「無理やり、美化・正当化(もちろん、本質的、悪事)」して

「被せた」』。

『「その下」で、

「その象徴や権力等の正当化の為」に、

「先ずは、人民支配を行わせた(もちろん、コレも本質的悪事)」』。

『「元々が、旧社会・共産圏の都合」で、

「火事場泥棒の上」に、

「人民支配をさせる為に担ぎ出された者たち」だから、

「既に、大いに、本質的自分を害している者たち」が、

「国家元首等とされてしまって来ている」のが

「実体」だ』。

『「その様な元」を

「無理やり正当化し続けようとする」と

「行わなければならない事等も、

当然の如く酷くなる」』。

『「支配圏を広げる為の、朝鮮戦争然り、

主として、日韓内でのスパイ・工作活動等然り、

大韓航空機の爆破然り、

偽札然り、

覚せい剤然り、

他国内爆破テロ然り、

国連安保理決議無視然り、

国際社会の意向無視然り、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ然り、

コンピューターハッキングによる銀行預金等略奪然り

・・・等々、等々」』。

『「もはや、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

自分の実体を実体通り意識・認識する事」には、

「かなりの困難・苦難等が伴う状態になってしまっている」。

「そんな者たちの手下状態に居続けている人々の哀れさ等は、

もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「意識・認識等する事が困難な、自分の実体」から、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が逃げ続けようとするとどうなるのか?」』

『「世界中の他の者・物・事等の全て」を

「支配しようとし続ける極悪欲動(健常欲動は、自己健常支配の継続)等」が

「生じて来てしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「そんな劣悪国家指導者等の下」に、

「国家を築けば、どうなるのか?」

「実体として、カルト宗教国家となってしまう」のは、

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「精神構造上の大病等を治さない限り、

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い等は無駄」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」の、

「精神構造上の大病を治せる可能性は、極めて低い」』。

『「実際」に

「話し合いが無駄である事」は、

「過去の話し合いの歴史が、既に、実証している」』。

『「過去の、米朝二国間も含む、話し合いの結果」が

「今の北朝鮮の状態」だ』。

『「更なる、話し合いを続ければ、どうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「実効のある核ミサイルを保持出来る事になってしまう」と「共」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等人脈による、

先ずは、日韓内の支配」が

「行い易くなってしまう」。

「もちろん、そんな事態は、絶対に阻止しなければならない」』。

『「上記の様な事態が起きない為」に

「必要な事は明らか」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等自らが、

核・ミサイル開発等と他国内での工作活動等を放棄する事」か、

「世界中の圧力や、

場合によっては、

主として、米韓日による実戦争等」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による、

核・ミサイルの開発等と他国内での工作活動等を

排除する事」だ』。

『「北朝鮮がまたまた弾道ミサイルを発射した」が

「失敗」した。

「世界中は抗議し、

圧力強化に動いている」』。

『「その裏」では、

「主として、日韓内」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たち」が

「出来る限り早く、

日韓内を北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良い状態にするべく、

工作活動等を強化している」』。

『「今のチキンレースの本質」は

「北朝鮮と米国のどちらが実戦争の引き金を引くのか?降りるのか?」には「無い」』。

『「時間稼ぎと核・ミサイル開発や工作活動等の継続により」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

精神構造上の大病状態のまま蔓延り続ける事が出来る状態」を

「構築出来てしまうか?否か?」だ』。

『「否にする為には、北朝鮮に時間を与えてはいけない」。

「時間稼ぎのチキンレースは、北朝鮮の都合に沿う事になる」からだ』。

『「直ちに、核・ミサイルの開発等と他国内での工作活動等を

北朝鮮劣悪国家指導者等が放棄しない」のなら、

「米韓日はもちろん、中も露も、一斉に、北朝鮮に軍事侵攻するべき」だ。

「実戦争は、

他国内には、ほとんど被害をもたらさず、

アッと言う間に終わり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の問題は、

早々に解消される事になる」』。

『「北朝鮮は、

劣悪国家指導者等による支配から解放」され、

「最低でも、中国共産党支配下の中国レベルの状態にはなる事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等とその手下たち」は

「本当に、世界中の迷惑」だ。

「根本的に、精神構造上の大病状態なのだから、

国家指導者等の要職に就く前に、

自らの精神構造上の大病を治すべき」だ。

「精神構造上の大病を患っている者たちの手下状態の者たち」は

「一刻も早く、そんな異常状態から自分を解放するべき」だ』。

『「日本国内でも、

北朝鮮劣悪国家指導者人脈等の

決して少なく無い割り合いの者たち」は、

「もう、既に、

数多くの、

摘発され、

逮捕され、

厳罰に処されるべき、

殺傷工作等までも

行ってしまって来ている」のだから、

「近々、大元を排除なり、逮捕等なりした後」は

「どんなに人数が多くても、

続々と、

逮捕~厳罰に処す等の

処置を速やかに行うべき」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の為の工作活動等を行い続けて来ている」のだから、

「事態収拾後の北朝鮮」に、

「強制送還・強制送致等すれば良い」等と

「強く、感じている一般日本国民の数も、かなり多い」』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下を止めない者たち」とは、

「本当に、深刻な、おバカ等」になる』。

『「人間として健常な資質が有る」なら

「精神構造上の大病者の手下に成り下がるのではなく、

精神構造上の大病者の大病を治す方向に力を加える」のが

「当然」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の一人、金正恩は、

在日二世の子だそうだが、

近い位置に居る者たちの責任」は、

「相応に重い」』。

『「もっとも、近い位置に居る者たち」も

「精神構造上の大病状態」なら、

「人間としての健常等を望むべくも無い事になってしまう」が』。

|

« テレ朝朝番では、北朝鮮問題等について、多くの常連出演者等が、北朝鮮劣悪国家指導者の都合に沿う解釈等を、日本の公共の電波上で「宣伝」していたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う情報配信等に熱心だったが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事