« 「トランプ大統領で世界の警察復活!」米軍による、シリア、トマホークミサイル攻撃の裏では・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「米国の本気」に危機感等を抱いている、北朝鮮のお友達かも知れない、常連出演者等が、劣悪な力論等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

復興大臣にも、「言葉狩りをする為、怒らせる為の質問」を執拗にして、言葉狩りや怒り態度等が得られると、それをテレビ・マスコミ等上で大問題化する、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈の醜悪工作活動等問題・・・。

『「原発自主避難民」には「タイプがある」。「テレビ・マスコミ等により、心理的に放射能恐怖症状態に追い込まれた人々」と

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・親中国共産党等)の反日運動家等」等だ』。

『「所謂、左翼(同上)、反日運動家等」の

「劣悪な実態・実体」は

「多くの日本国民が、既に、重々、承知の事」だろう』。

『「例えば、

今回の復興大臣、言葉狩り・怒り態度狩り問題上」でも

「原発避難当事者等では無い、お仲間、所謂、左翼(同上)の者たち等」と、

「国会前等に集合」し、

「{大臣辞めろ!}等と叫び、大騒ぎしていた」』。

『「復興問題で、肝要な事」は、

「もし、進むべき復興がちゃんと進んでいない等なら、

ちゃんと復興を進めろ!等であり、

{大臣辞めろ!}等」では、

「断じて無い」。

「そして、それは、今時、国会前で大騒ぎする事でも無い筈」だ』。

『「お仲間、所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等共々、

政治運動等」を

「行う為」だから、

「現状の様な、劣悪で醜悪な実態を露呈し続けて来ている」のが

「所謂、左翼(同上)の自主避難民等」の「実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国・多くの日本国民を不利にする、政治運動等を行う為」に、

「放射能恐怖症等を煽り、自主避難民を多くする情報工作等」を

「所謂、左翼(同上)のテレビマスコミ等が行い」、、

「日本国・多くの日本国民を不利にする政治運動等を行う為」に

「自主避難した、所謂、左翼(同上)の者たち」と

「所謂、左翼(同上)のテレビ・マスコミ・政党等」が、

「大騒ぎ等」する。

「そんな醜態には、もう、うんざり・・・」の

「日本国民の数も多い」』。

『「記者会見や国会等で執拗な質問」をし、

「言葉狩りや、怒り態度狩り」等を、

「積極的に行い続けて来ている実態」からも

「所謂、左翼(同上)の正体」は「明らか」だ。

「日本国・多くの日本国民の為になる事を行いたいのでは無く、

日本国・多くの日本国民の邪魔等を行いたい様相」が

「日本国・多くの日本国民の為になる政策等を訴える事が極めて希薄で、

言葉狩りや、怒り態度狩り等が旺盛な実態上」に

「露呈している」』。

『「所謂、左翼(同上)の、テレビ・マスコミ等」が

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上で、

所謂、左翼(同上)ご用達情報ばかり・・・を主に、

大宣伝し続け、

多くの日本国民を、

実質的に、マインドコントロールし続けようとし続けて来ている

劣悪態」も

「未だに、旧来通り・・・」で、

「その様な実態」には、

「もはや、嫌気がさしている一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「記者会見で質問する」なら

「復興内実等をより良く知る為に有益な質問等をする」のが

「普通レベル以上の記者等」で、

「言葉狩りの為、怒り態度狩りの為等の為」に

「復興内実を差し置いて、執拗な嫌がらせ的質問等をする」のは

「記者というより、情報工作員等と言った方が適切」な、

「劣悪状態の者」だ』。

『「劣悪状態の者が、

実質的には、無理やり、導き出した

言葉狩りの結果や、

怒り態度狩りの結果等」を

「基」に

「国会」や

「日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上等」で

「大問題化・大騒動化等する」のは、

「劣悪政党・議員等」や

「劣悪テレビ・マスコミ等」になる』。

『「何故、劣悪か」と言えば、

「そんな事をしたところで、

復興がより進んだり、

日本国・多くの日本国民の状態が良くなったりする事は、基本的に、無いから」だ。

「その裏」で、

「例えば、

特定極一部の、

反日である場合が多い、

所謂、左翼(同上)人脈の者たち」の

「例えば、血税利用の、実質的、不当利権等が守られ易くなるダケだから・・・」だ』。

『「この様な実態・実体に怒り等を覚えている一般日本国民の数もかなり多い筈」だ』。

『「もはや、所謂、左翼(同上)の、旧来通り・・・の政治運動等」の「実効」は

「所謂、左翼(同上)にとっての自虐にしかならない」』。

『「日本国内で、自虐的に、或いは、反日祖国・母国等の為に、

日本国や多くの日本国民の邪魔等をしている暇がある」のなら、

「贔屓の国に行くなり、帰るなりして、

存分に、贔屓の国・国民等の為に尽くせば良い」のだが、

「元の目的」が

「日本の乗っ取り支配等だったりしている」と

「その様な素直な実態には向かわず、

ひねくれている劣悪な実態を

露呈し続ける事になる」』。

『「もちろん、日本乗っ取り支配等を目的としている反日人脈等」を

「日本が放置し続ける必要は全く無い」。

「日本国・多くの日本国民を守る為の適切な対応が必需」だ』。

『「復興内実が、実体や事実・現実に基づいて、原寸大通りに報じられている」なら、

「公共の電波使用や、

公共的マスコミ上」の

「情報配信として、適切になる」が

「政治工作等の為の質問を執拗にした上で得られた

言葉狩りや、

怒り態度狩り等を

大問題化して、

大騒ぎする、

実質的、反政権・与党政治運動等を行っている」なら

「それは、明らかに、

公共の電波使用や、

公共的マスコミ上」の

「情報配信として不適切」だ』。

『「そんな不適切で、劣悪な状態」が

「何故?連綿と続けられてしまっているのか?」

「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「実質的に、異常な戦後処理を引き摺り続けているが故」の

「実権者人脈等固定状態故」だ』。

『「実権者人脈等が実質的に固定化されている」から

「雇用も出世も、人脈次第・・・」となり、

「配信され続けて来ている論調」や、

「常連出演者・常筆等」も、

「その人脈にとって都合の良い方向に、

偏向させられ続けて来ている実態・実体」が

「露呈」している』。

『「もちろん、そんな状態の是正」は

「急務」だ』。

『「政界の政権交代の如く、

戦後日本の情報・教育界」には、

「人脈交代が在って然るべき」だ』。

『「不適切で劣悪な仕事等を行い続けて来ている者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本社会の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

« 「トランプ大統領で世界の警察復活!」米軍による、シリア、トマホークミサイル攻撃の裏では・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「米国の本気」に危機感等を抱いている、北朝鮮のお友達かも知れない、常連出演者等が、劣悪な力論等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事