« テレ朝朝番等では、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の長い未来等を信じたがっている様相だったが・・・。 | トップページ | 「北朝鮮の記念日や軍事パレード等」が大宣伝されていたが・・・。 »

「未だ、十分な実用段階に無い北朝鮮の核兵器」の間に、どうする?北朝鮮劣悪国家指導者等問題・・・。

『「米軍の北朝鮮攻撃」には「韓国の同意が要る」との事だ。しかし、「例えば、北朝鮮の核・ミサイル開発や工作活動等」を

「現状のまま、放置~容認」して、

「近未来において、

韓国・韓国国民等が、

北朝鮮に支配される事」や、

「韓国に、北朝鮮の核を落とされる事」等と

「今の内の米国による軍事行動等による

北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」の

「どちらを取るか?」等を

「聞かれて」、

「米国による軍事行動等を容認しない旨

回答する

韓国大統領等」は、

「居ない筈」だ。

「もし、その様に回答する韓国大統領が居る」なら、

「その者は、北朝鮮の手先」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」等は、

「処理可能な内に処理する」のが

「国際社会の常識」だ』。

『「非人道的な工作活動まで積極的に行い続けて来ている

劣悪国家指導者等に

実用度が高い核兵器まで持たせる事の容認」は

「絶対に、あり得ない」』。

『「もはや、

米国はもちろん、

韓国にしても、

日本にしても、

中国にしても、

・・・北朝鮮劣悪国家指導者等が保持出来ている

核・ミサイル等の

これ以上の増強等」を

「容認出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核開発や工作活動等」を

「自主的に、放棄しない限り、

軍事行動等も含む

全ての絶大なる対応の下」で

「近々、

北朝鮮劣悪国家指導者問題」は

「片付けられる事になる」』。

『「周辺諸国等への被害を

最小限に押さえる策」は

「斬首作戦」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「他国内での、

化学兵器VX使用、

金正恩の実の兄、金正男

暗殺テロ」の

「実行」により、

「国際社会の中」で、

「斬首作戦の標的にされるべき状態」を

「自ら、既に、作り出している」』。

『「米国等による斬首作戦」は、

「既に、動き始めている」』。

『「未だに、

反軍事行動等や

話し合い解決等を

訴える事」等により、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

核・ミサイル等開発や

他国内での工作活動等」に

「更なる時間を与えようとしている者たち」は

「明らかに変」だ』。

『「核・ミサイル等の脅しの下の

工作活動等」により、」、

「北朝鮮劣悪国家指導者人脈の者たち」による

「日韓及び日韓国民支配等」を

「実現させたがっている」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たち等」と

「相場は決まっている」』。

『「普通の日韓国民等」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決の実現に繋がる

具体的な策等」の

「実現等を望んでいて当然」だ』。

『「斬首作戦」然り、

「出来る限り被害を押さえた、出来る限り早く終わる、戦争等」然り、

「日韓内等、北朝鮮による他国内工作活動の徹底摘発~徹底撲滅等」然り、

「中国も含む全世界による実効が直に出る圧力」然り、

・・・等々』。

『「未だに、

話になる訳も無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い等を言っている」のは、

「普通では無い人々」になる』。

『「核・ミサイル開発や工作活動等実行等の為」の

「時間稼ぎに直結」している

「北朝鮮劣悪国家指導者等との

話し合い等」を

「訴えている」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等以外の何モノでも無い事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決」は

「本当に急務」だ』。

『「早々に解決出来ない場合、

人類が

近々滅亡する事になってしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「日本国・日本政府等が

意識的かつ積極的に行うべき事」は

「米国軍事行動等実行時の対応等はもちろん」、

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」だ』。

『「言うまでも無く、

その工作活動」は、

「日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の者たちが行っている」。

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致{出来た}裏に居た」のも

「その連中」だ。

「その連中」は

「その後も、

北朝鮮劣悪国家指導者の命令等の下」で

「世代交代までしながら、

子沢山工作等までしながら、

連綿と

非人道的な工作活動等を

行い続けて来てしまっている」』。

『「こんな異常事態」は、

「早々に、解消する」のが

「当然」だ。

「日本国内の北朝鮮等による工作活動の徹底摘発~徹底撲滅」は

「本当に、急務」だ』。

『「北朝鮮系の工作の骨子」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」の

「有益分子の育成」と

「不適応分子の粛清」に他ならない』。

『「具体的には、

支配に適切な数の日本国民」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子にする事」と

「支配するに多過ぎる分の日本国民」や、

「有益分子化出来ない日本国民等」を

「粛清する事」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等により、

有益分子化された日本国民等」の

「実態・実体」は

「多くの人々が直に判る」。

「例えば、

学校教育界や

テレビ・ラジオ・マスコミ界や

所謂、左翼(内実は、親朝鮮等)政財界」等の

「者たち」の

「論調内実等で直に判る」』。

『「戦後日本の情報・教育界」は、

「本当に、異常」だ。

「将来分まで考慮した内実」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者等と

日本国・日本国民等」の

「どちらをより利しているのか?」等を

「検証する」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利している論等」で

「溢れているから・・・」だ』。

『「将来分まで考慮して論等の内実を検証する」なら

「誰もが、

直に、

決して少なく無い数の

北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子たち」を

「見出す事が出来る」のが

「戦後日本の情報・教育界」の

「本当に、酷い実態」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が

これまで行って来て、

既に、露呈している、

非人道的な悪事・問題等ダケ」を

「取り上げ、

正義ぶって批判・非難」等している

「裏」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令等の下の

日韓も含む他国内での

未だ、十分に露呈させられていない

非人道的な工作活動等」や

「核・ミサイル等の更なる開発等」の「為」の

「更なる時間」を

「与え続ける事に

直結している

北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い等」を

「訴え、

それを平和的解決等と嘯いている

醜悪な実態」は

「本当に、見苦しい」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の下」の

「核・ミサイル等の増強」や

「非人道的な工作活動」等を

「温存」させていて、

「その何処が、平和的解決だ!!!」』

『「連綿と続けられて来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の工作活動等による犠牲者の数」を

「綿密に調べる」なら

「既に、下手な武力衝突等を遥かに超える数になっている事等」も

「判明する事になる」』。

『「工作活動等を放置して、

更に、犠牲者を増やし続ける道」と

「斬首作戦等」では、

「斬首作戦等の方」が、

「遥かに、犠牲者の数が少なくなる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者人脈等による

日韓・日韓国民支配」等の

「最悪事態を望んでいない」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者問題を出来る限り早く、

実際に、解決する事」に

「反対出来る訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題を解決出来る時間」は

「もう、残り少ない」。

「北朝鮮による核弾頭の小型化が実現してしまう」と

「多数の核ミサイルの脅しの下」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の意志」が

「日韓内等で反映させられ易くなってしまう」』。

『「そうなると、

核戦争を覚悟して徹底抗戦等しない限り、

多くの日韓国民」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、奴隷状態」に

「追い込まれてしまう事になる」』。

『「国家指導者の実の兄」を

「他国内」で

「化学兵器VXを使って暗殺した者たち」に、

「更なる時間を与え、

核弾頭の小型化等まで実現させてしまう事」等は

「絶対に行ってはいけない事」に他ならない』。

『「未だ、核兵器が十分な実用状態には無い今の内」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を排除する事」こそが

「人類の未来を長くする事に直結している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の奴隷になる」のと、

「今の内の、

斬首作戦や

アッと言う間に終わる戦争等の軍事行動等」の

「どちらを取るのか?」が

「今、日韓国民に突き付けられている重大質問」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の奴隷になる道」を

「平和的解決の道等と言う」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の人脈の者たち」になる』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「自主的に、核・ミサイル開発等と工作活動等を放棄しない限り、

米軍等による軍事行動等」こそが、

「正義の道」だ』。

『「多くの日韓国民等を

北朝鮮劣悪国家指導者等の奴隷にする道等を推奨し続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手先やお友達等」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」に他ならない』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

医療工作等々の

非自動的な工作活動等」を

「無い事にしたり、

黙殺したり、

・・・し続けて来ながら」、

「反戦・平和等を嘯き続けて来ている

実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手先の

情報工作員等」を

「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上」等で

「重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番等では、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の長い未来等を信じたがっている様相だったが・・・。 | トップページ | 「北朝鮮の記念日や軍事パレード等」が大宣伝されていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事