« テレ朝朝番では、英国テロ問題等をダシに、「実質的、反米・利北朝鮮、政治運動等」を、日本の公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 「前川文科省前事務次官の{私人}会見」を大宣伝している番組が多いが・・・。 »

テロ等準備罪潰しの為の政治工作、朝日・民進・前川「怪文書メモ」問題の裏・・・。

『「日本国内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」は「テロ等準備罪の成立を、何としても、阻止しなければならない立場に居る」。

「事前準備も要る、拉致工作や拉致工作への協力等を行ってしまった者たち」は

「その後」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」で

「工作活動等を行わされ続けて来ている」。

「現在でも、

事前準備等が必要な

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、

させられ続けている」』。

『「事前逮捕を可能にする法律の成立」は

「その様な者たちの摘発~公然化にも直結している」』。

『「日本国内で、

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、し続けて来ている者たちにとって」、

「テロ等準備罪の成立」は、

「今までの、不当平穏(もちろん、上辺ダケだが・・・)生活等の終焉」を

「意味する」』。

『「昨今の世界情勢からも、

政策論争等の正攻法」では、

「事前逮捕を可能にする法整備を潰す事は困難」だ。

「政治工作等の裏手段による潰し等しか、

道は無い事になる」』。

『「重大法案故に、

中途半端な政治工作では、

潰せない」が

「例えば、

政権のトップを失墜させる事等が出来る」なら、

「政権崩壊に合わせて、重大法案を潰す事も可能になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「政権のトップを失墜させる政治工作等のノウハウを既に持っている」。

「劣悪な独裁体制等維持の為」に、

「情報・技術・経済等が狭く絞られ、

その結果、

多くの北朝鮮国民に犠牲を強いる

かなり酷い無理をしても、

時代遅れの軍備しか持てていない劣等国家状態の北朝鮮」は、

「当初から、

北朝鮮国民支配の為にも、

工作活動に活路を求め続けて来ている」。

「その結果、

工作活動ダケは、

ある意味、超一流状態」だ』。

『「実際」に、

「韓国」では、

「従北マスコミ等」と、

「大統領の側近友人等の問題」を

「悪用」して、

「朴大統領を失墜させる事に成功」し、

「従北大統領を誕生させた」・・・』。

『「今、日本国内で行われている政治工作」も

「基本的に、韓国内と同様」だ』。

『「安倍総理の友人等を利用して、

安倍政権を崩壊させる工作」が

「行われて来ている」』。

『「問題を起こす者に、

無理やり、総理と強い関係を持たせようとしたやり方」が

「{森友学園籠池問題工作}」だ。

「元々からの総理の友人に

無理やり問題化出来る事をつくらせるやり方」が

「{加計学園獣医学部新設問題工作}」だ』。

『「どちらも、

実体としては」、

「一学校法人問題」や、

「一国有地等払い下げ問題」等

「でしかない」が、

「従北テレビ・マスコミ・政党等」が、

「無理やり、重大問題化する」と「共」に

「政権トップとの密接な関係性等」を

「執拗に訴え続ける事」等で

「政権転覆工作の道具」として、

「最大限、活用しようとしている」』。

『「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実を原寸大通りに報じる健常な報道等でも無ければ、

健常な政治・政策論争等を行う健常な政党等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の為の、

政権転覆工作」だ』。

『「工作の大枠部分ダケ」では、

「安倍政権転覆に不十分」と

「悟った従北連中」が

「無理やり、持ち出している」のが

「加計学園獣医学部新設関連の{怪文書メモ}」だ』。

『「同様の内容がメモ等される事態等が存在した事等は否定出来ないものの」、

「メモ内容自体が正当か?否か?」も、

「出所」さえも、

「はっきりしていない

{怪文書メモ}」が

「重大問題であるかの如きイメージ」を

「付加された上」で、

「朝日新聞の一面」等で、

「大々的に報じられた」』。

『「更に、{歌舞伎町出会いバー通い}元文科省次官」が、

「メモは本物論」を

「付加している」』。

『「歌舞伎町出会いバー等、所謂、近風俗・風俗産業界」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、結構、沢山居る」。

「下ネタ弱み掴み」は

「工作活動の基本中の基本だから」だ』。

『「出会いバーで出会い、その後、何をするか?」は

「誰もが、想像に難く無い筈」だ。

「元文科省次官が、下ネタ弱み」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に押さえられている可能性」は

「絶大」になる』。

『「怪文書メモ」には、

「事実・現実通りの内容も在れば、

事実・現実とは違う、勝手に、書き加えられたり、脚色等されている内容も在る」と

「強く、推定出来る」。

「出所や記入者等をはっきりさせた上」で、

「何処が、事実・現実通り」で

「何処が、勝手に書き加えられたり、脚色等されている内容なのか?」等が、

「はっきりするまで」は

「怪文書メモは、怪文書メモに過ぎ無い」』。

『「戦後の日本社会」では、

「例え、

大新聞社でも、

大テレビ局等でも、

大物教授等でも、

大物政治家等でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等である場合」が、

「かなり在る」』。

『「怪文書メモ」に

「過分な力を与えようとする情報工作」等に

「操られるとロクな事は無い」』。

『「情報工作による大衆誘導の実害」は

「多くの日本国民が、

かつての、

自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」等で

「重々、知っている筈」だ』。

『「その後、政権交代はあった」が、

「テレビ・マスコミ等には、選挙等による人脈交代等も無い」。

「かつて、~民主!!!等」で

「騒ぎ、大衆を操っでいた人脈等」が

「今、森友!~加計!!!」等で、

「騒いでいる」』。

『「そして、

其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂い続けて来ている」』。

『「はっきりしている事」は、

「一学校法人問題等で、

国政を滞らせたり、

大マスコミ等が大騒ぎ等し、

大衆興味があらぬ方向に誘導等されたり、

していても、

ロクな事は何も無い」が、

「テロ等準備罪を成立させ、

活用し、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等を

徹底的に摘発する」なら、

「戦後日本国内」に

「広く、薄く、漂わせられ続けて来ている

毒」が

「かなり晴れる事」だ』。

『「朝日・TBS・文春・民進党等々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが濃厚なモノたち」の

「最後の悪足掻き」が

「今、懸命に行われている」・・・』。

|

« テレ朝朝番では、英国テロ問題等をダシに、「実質的、反米・利北朝鮮、政治運動等」を、日本の公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 「前川文科省前事務次官の{私人}会見」を大宣伝している番組が多いが・・・。 »

政治」カテゴリの記事