« テレ朝朝番では、政権転覆工作等の臭い満載の「加計問題化」や、「テロ等準備罪反対!の政治運動」等を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニング等では、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、「テロ等準備罪に反対論」や「北朝鮮安心論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていた様相だったが・・・。 »

「永田メール」ならぬ「朝日怪文書」的様相等を露呈している「加計学園獣医学部設立関連メモ」問題・・・。

『「テレビ等」では「メモの出所」は「辞めさせられた元官僚等」と「官邸サイドは、既に、特定・・・等」と「喧伝している」。

「しかし、それは、出所では無く、出所{スジ}の筈」だ』。

『「辞めさせられた元官僚等のメモ」なら、

「書いたのも、その元官僚等」となるから、

「日時や、その場に居た者等の、重要情報」は、

「かなり、詳しく、出て来ていて当然」になる。

「その上で、元官僚等の、恨み節脚色等が加えられている状態のメモ」等と

「成っている」のが

「普通」だろう』。

『「ところが、当初の怪文書メモ」には

「日時も、出席者等も、無かった」。

「次に出て来た、怪文書メモ」には

「日時や、出席者等が乗っていた」が、

「出席したとされている議員等」は

「メモの内容のままの実態等を否定している」』。

『「元官僚等」が、

「出所は自分では無い」等と

「メモを読んだ人々に、思い込ませる為等」の「工作メリット」と

「メモを読んだ人々に、本当にメモ通りの事が有った等と、思い込ませる事」による「工作メリット」を

「比べる」なら

「圧倒的に、下記の工作メリットの方が大きい」。

「今時なら、どうせ、出所等は、直に、バレる」のだから、

「元官僚等が、もし、本当に、該当怪文書メモ等を、朝日等に提供しながら、

自らの保身等を図る」なら

「多大な工作メリットによる、見返りを得る方」が

「遥かに、合理的になる」』。

『「上記の様な状態が示唆している事」は、

「官邸サイドが、既に、掴んでいる」のは

「出所スジ」であって

「出所」では「無い事」だ』。

『「それでは、何故?テレビ等」では

「出所スジ」を

「出所」と

「喧伝しているのか?」』

『「実質的、怪文書である、該当メモ」を

「仕立てあげる為の基情報を得られる立場に居た者等」は

「少し、調べるなら、直に判る」。

「辞めさせられた官僚も、その一人」になる。

「辞めさせられた官僚以外に、該当者は居ないだろうか?」

「もちろん、居る」』。

『「例えば、

盗聴・盗撮・スパイ行為等を行っている者等」なら、

「該当メモ程度の怪文書メモの作成は、十分に可能」だ』。

『「元来、盗聴・盗撮・スパイ行為等」とは、

「かなり無理をしている行為」だ。

「完璧な情報を吸い上げる事等には、かなりの危険が伴う」。

「事が露呈しない範囲で、

断片的な情報を吸い上げ、

それを基に、怪文書メモ等を仕立てるレベル」なら

「危険度は、かなり低くなる」』。

『「該当怪文書メモ」からは、

「その程度」の

「臭い」が

「濃厚に漂って来る」・・・』。

『「はっきりしている事」は

「情報提供を得た、朝日新聞等は、情報提供者等を知っている事」だ。

「日頃から、

裏取りを、

少なくとも、上辺では、

大いに、誇って来ている者たち」が

「裏取り抜きで、

新聞の一面に大々的に記事を載せるとは

考え辛い」から、

「普通に考える」なら

「朝日新聞は、情報提供者を知っている事になる」』。

『「ここで、もし、朝日新聞」が、

「十分な裏取りも行わず、

政権転覆工作や、

法整備邪魔工作や、

反対政治運動等上」で

「都合が良いから・・・等の理由」で

「該当、怪文書メモ等」を

「十分な裏取りも行わず、

新聞の一面上等に、

大々的に、載せた」なら、

「其れこそ、第二の永田メール」で

「朝日怪文書メモ問題」等となる事になる』。

『「偽メールで追い詰められた永田議員は、自殺してしまった」が、

「今回の怪文書メモ問題」の「実態・実体」が、

「もし、

偽メール問題」と

「同様」で、

「朝日怪文書メモ問題」等の

「状態」なら、

「朝日新聞の近未来は・・・」』。

『「該当官僚」なり

「朝日新聞」なり、

「どちらにしても、

知り得ているなら、

早々に、

情報の出所等」を

「大衆に、告知するべき」だ』。

『「情報の出所等を大衆周知出来ない場合」は

「情報の出所等」が、

「工作員や協力者等による、盗聴・盗撮・スパイ行為等から・・・」である

「可能性が大きくなる」。

「更に、情報発信等の目的」も、

「政権転覆工作や

法整備の邪魔や

反対政治運動」等の

「為」である

「可能性が大きくなる」』。

『「今時、

政権転覆工作や

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等が大いに困る法整備等の邪魔や

反日政治運動等を行っている

テレビ・マスコミ等」を

「有り難く等思えている一般日本国民」は

「どれ程居るのだろうか???」』

『「政党・政治家等にしても、

テレビ・マスコミ等にしても、

多くの日本国民にとって、

有り難く無い存在」を

「大きく残し続ける必要は全く無い」』。

『「有り難く無い政党等」は、

「免疫を養う為」や、

「スパイス的役割りの為」に、

「極少々」で

「十分」だ。

「有権者による選挙時の民意等」で、

「その様な状態を実現する事」が

「可能」になっている』。

『「ところが、

有り難く無いテレビ・マスコミ等」には、

「選挙も無い」。

「テレビ・マスコミ等の偏向・偏重論等に、

過剰な実権を持たせない様」に

「多くの日本国民が、自らの民度を高める事」や、

「特定極一部の者たちや論等ばかり・・・が、

何処の局でも主」等の、

「異常状態」を

「是正させる事」や、

「実質的、情報工作等を徹底排除する・させる等」の

「実効のある対策が急務」だ』。

『「戦後日本国内」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やその協力者等による

非人道的な工作活動等」さえ

「満足に、告発等出来ていない

テレビ・マスコミ等」などは、

「早々に、お払い箱に放り込むべき」だ。

「その替わり」に、

「多くの一般日本国民の安全・安心等を守る為に有益な情報配信等が出来る

テレビ・マスコミ等」の

「新規参入等を促進するべき」だ』。

|

« テレ朝朝番では、政権転覆工作等の臭い満載の「加計問題化」や、「テロ等準備罪反対!の政治運動」等を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。 | トップページ | サンデーモーニング等では、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、「テロ等準備罪に反対論」や「北朝鮮安心論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていた様相だったが・・・。 »

政治」カテゴリの記事