« サンデーモーニングでは、憲法改正問題をダシに、北朝鮮劣悪国家指導者等の為の「戦争ダケ排除論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 「従北大統領を選択」で「北朝鮮解放戦争開戦へのお墨付きを出す」のか?韓国有権者・・・。 »

テレ朝等では、「米朝{極秘}会談」や「フランス大統領選金増大派勝利」等で、常連出演者等が上機嫌の様相だったが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、極秘会談なら、会談の存在が早々に報道等される訳も無い」から「極秘会談とされている米朝会談」の「実体」は「対話もしているゾ~!」等の「宣伝」になる。

「そして、その対話もしているゾー!」の

「実体」は「何か?」』。

『「北朝鮮側の思惑」は、

「既に、見え見え」だ。

「とにかく、時間稼ぎ」をして、

「その裏」で、

「何としても、{使える}核ミサイルを保有してしまう事」や、

「北朝鮮軍民生活維持の為に必要な田植え等を行う事」等こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等が直面している悲願」だ。

「故に、日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」も

「北朝鮮に時間を与える実効がある情報工作等に邁進し続けて来ている」』。

『「米国側の思惑は?」

「トランプ大統領の本音」は

「実のある北朝鮮問題の解決に他ならない」。

「その為に、あらゆる選択肢をテーブルの上に載せている」。

「対話もその一つ」だ。

「対話もある事を示しながら、

実際の初期対話も行う事」で

「対話が実のある北朝鮮問題の解決に繋がるのか?否か?」を

「実検証する事」が

「今、行われている」』。

『「もちろん、対話の先」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

核・ミサイル等の開発や

他国内での工作活動等を

放棄する

実のある北朝鮮問題の解決」が

「見えて来る」なら

「今後も、対話はより深められる事になる」』。

『「しかし、対話の先」に、

「実のある北朝鮮問題の解決」が

「見えて来ない」なら

「対話もしました」という「実」が

「斬首作戦」や

「北朝鮮解放戦争」への

「お墨付きになる」』。

『「北朝鮮問題のボール」は、

「今、北朝鮮劣悪国家指導者側に在る」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「実のある解決というボール」を

「投げ返して来る可能性は、極めて低い」』。

『「何故なら、北朝鮮劣悪国家指導者の目的」は、

「北朝鮮の現体制維持」だが、

「現状の北朝鮮の体制を維持する為」には、

「世界中の国々も、

北朝鮮国民も、

{使える}核やミサイル等々の武器や

他国内工作や

恐怖政治等々で

脅し続ける事が

必須になってしまっているから」だ』。

『「{使える}核・ミサイル等の武器無し、

他国内の工作活動も無し、

恐怖政治も無し、

・・・等々」なら

「必然的」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

散々積み重ねて来ている極悪事等ダケ」が、

「クローズアップされる事になる」。

「極悪犯を放置・容認等し続ける」のは、

「不健常な人々」で

「健常な人々」なら、

「極悪犯には、罪を問い、罰を与える」のが

「当然になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「核・ミサイル等の開発や、

他国内での工作活動等」を

「放棄する」なら

「必然的に、北朝鮮の現体制は、崩壊する事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「保身の為」に、

「今後も、

核・ミサイル等の開発や、

他国内での工作活動等を、

連綿と続けようとする事になる」が

「もちろん、

国際社会は、

そんな事態を容認し続け無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の自首が無い限り、

対話は、

早々に、

無駄である事等」が

「より、はっきりする事になる」』。

『「対話以外の解決法が実行される時」は

「着々と迫っている」。

「否、

既に、

斬首作戦は実行に移されている」から、

「斬首作戦の成功報が、

遅過ぎる」なら

「北朝鮮解放戦争開戦の時が来る」と

「記す」のが、

「より実態に近い事になる」』。

『「米朝{極秘}会談」の

「実体」は

「米国が、

北朝鮮劣悪国家指導者等に、

自首のチャンスを与えたダケ」だ』。

『「今のトランプ大統領は、本当に優しい」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が自首する」なら

「今の内」だが』。

『「それなのに、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手先たち」は

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の為の時間稼ぎ等に邁進している」。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たち」が

「其処に居る」』。

『「フランス大統領選」では

「現状の社会・経済システム上での優等生エリートが勝利」した。

「公約等も、如何にも、優等生・・・」で

「実に、ソツの無い良く出来ている上辺」が

「見えている」』。

『「しかし、

もちろん、

その優等生的上辺」は

「現実問題の内実にまで届く訳も無い」』。

『「現状の社会・経済システム上」で、

「どんなに上手く、

政治・治世等を行い続けたところ」で、

「元々」が、

「人類自滅器レベルの

出来の悪過ぎる精神文化製品でしか無い

現状の社会・経済システム」だ。

「時を重ねれば、重ねる程、

格差は広がり、

不満は増大し、

実態・実体をより多くの人々がより正確に理解・把握する様になる」ので

「行き詰まる」』。

『「優等生の正体」が

「悪魔に魂を売り渡した状態の者である事」が

「判明する時」には、

「もう、遅い」』。

『「先の大戦時同様、

先に抜け出した秀でた国々からの救助等を

求める状態に陥っている事になる

フランスの近未来」は

「苦難の連続」だ・・・』。

『「今後、

ズルい金権強化派と、

ズルい移民・偽装難民等により、

フランス国内の混乱・危機等」は、

「加速度的に増して行く事になる」』。

『「今回の大統領選決選投票ポスターの荒らされ方」からも、

「ズルい側の駄々っ子ぶりは非常に顕著」だ』。

『「ズルい者たちの正体」が、

「悪魔に魂を売り渡している状態である事等が

判明した時」に、

「いったい、どれ程の、ダダを捏ねるのだろうか?!」は

「想像に難く無い」』。

『「独裁者」とは、

「自己健常支配の継続」の「代わり」に、

「他の者・物・事を徹底支配しようとする

代償欲求の

過剰追及状態に陥っている

実質的、精神病状態の者」だ。

「金権依存者」とは

「直接独裁の代わりに、

金権を間に挟んだ

間接独裁を過剰追及したがっている状態の

実質的、精神病状態の者」だ』。

『「独裁者」は、

「国レベルの戦争を生み」、

「金権依存者」は、

「国の中に不満とテロ等を生み出す」』。

『「自己健常支配の継続」という

「人間としての健康の基本から紐解く」なら

「現状の超自虐的な社会・経済システム等を

意識的かつ積極的に健常化する」のが

「当然になる」。

「その実務をより、効果的に、より容易に、行える様にする為」にも、

「出来る限り多くの人々の精神構造」を

「健常進歩・健常進化させる為に有益な情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に行う」のが

「当然になる」』。

『「しかし、

それは、

現状の社会・経済システム上での金権依存者や優等生やエリート等にとっては、

ある意味、自己否定にもなる」』。

『「この自己否定を乗り越えられる者こそが、

本当のエリート等」だが、

「現状の社会・経済システム上では、

その様な者は、

異端児扱いされ易い」』。

『「もちろん、

異端児を排除」し、

「現状優等生や

現状エリート等の

金権依存状態や利権等を

維持~増大等したところ」で

「やって来てしまう」のは

「人類滅亡の日」になる』。

『「フランスで、当選した若きエリート」が、

「悪魔に魂を売り渡した状態の者なのか?」

「真のエリートなのか?」は

「多くの人々が、近々、知る事になる」』。

『「同化教育を強化したところで、

産まれながらの絶大なる格差は解消されない」。

「貧困層や移民・難民等を少々優遇したところで、

そのちょっと上の優遇を受けられない人々の不満は増すダケ」だ。

「そんな誤魔化しの上」で、

「似非エリート等が、

過分な金権依存生活等を維持しようとし続ける」。

「それで、多くの人々の本質的不満が爆発・暴発等しない・・・」と

「思えている」なら、

「相当なおバカか?病気か?」等になる。

「その何処にも、優秀な者やエリート等は居ない」』。

『「スケールメリットが小さいフランス」では、

「金権依存派の大統領が誕生する事になってしまった」。

「他の国としてのスケールメリットが小さいEUの国々」でも

「国権・国民権強化の英断」は

「先送りされてしまって来ている」』。

『「人類の精神文化大革命時」には、

「相応の嵐が起きる事になる」が

「その嵐」を、

「国レベルで和らげる事が出来る事のメリット」は、

「決して小さく無い」』。

『「言葉が通じる、

同じ生物的環境適応因子を保有出来ている

その地域との順応性が高い生体保持者同士の間に生じるストレス」と

「金権依存や別天地等で、より良い生活・報酬等を!等々」と

「自分の実体やその実体の本来の目的等とは

相容れない

狭義の自分個体の身勝手な欲動等に

突き動かされている者たちが

自らの状態故につくり出してしまっているストレス」では、

「雲泥の差が出る」。

「どちらのストレスを増やしておくのか?」の

「選択」を

「誤るなら、過分なストレスに見舞われる事になる」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「東でも、

西でも、

その時が来る」と

「雪雪崩式に、

事は、

崩れ、

多くの人々は、

自らの本質から、

動かざるを得なくなる」』。

・・・・・・・。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、憲法改正問題をダシに、北朝鮮劣悪国家指導者等の為の「戦争ダケ排除論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 「従北大統領を選択」で「北朝鮮解放戦争開戦へのお墨付きを出す」のか?韓国有権者・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事