« テレ朝朝番では、実質的、北朝鮮劣悪国家指導者の手下的様相を露呈し続けて来ている、常連出演者等が、森本学園問題等で騒いでいたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が、韓国従北大統領誕生をダシに、「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動の為の時間稼ぎ」等を頑張っていた様相だったが・・・。 »

韓国大統領選、従北候補勝利で、満面の笑み状態の、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、過半数を取れていない、従北大統領候補」は、「圧勝では無い」。「フランス並み」に、「決戦投票を行う」なら「ほぼ確実に、負けになる」。

「ところが、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は、

「圧勝と言っている」。

「実に、見事(もちろん、皮肉)な北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」を

「露呈」している』。

『「韓国国民」が

「従北大統領候補を選択してしまった事による、

今後」は、

「既に、はっきりしている」』。

『「従北大統領」は

「北朝鮮との対話等を前面に出す」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」は

「基本的に、成り立たない」。

「其処で、従北大統領が、どの立場に立つのか?」は

「既に、決まっている様なモノ」だ。

「朝鮮民族の立場に立つ」等の

「上辺の裏」で

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等の立場に立つ事になる」』。

『「当然、国際社会は、そんな従北大統領の戯言の内実を直ぐに見抜く」。

「実効の無い、北朝鮮問題の似非解決

=北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる、核・ミサイル開発や、他国内での工作活動等の時間を与える事」だ。

「そんな事態を放置し続けて来たから、

現状の様に、北朝鮮問題は、大きくなってしまっている」。

「もはや、実効の無い北朝鮮問題の似非解決」では、

「事が、収まる訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「自首」し、

「核・ミサイル等の開発と

他国内での工作活動等を放棄しない限り、

北朝鮮問題の実効のある解決は無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が自首しない」のなら、

「実効のある解決法」は

「斬首作戦と北朝鮮解放戦争等になる」』。

『「斬首作戦が早期に成功する」なら、

「未だ、良い」のだが、

「斬首作戦に時間がかかり過ぎる」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{使える}核ミサイル等を持つ前に、

北朝鮮解放戦争を開戦する事が必需になる」』。

『「其処で、従北大統領が、

開戦に抵抗する事は、

従北大統領が、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下以外の何モノでも無い事の

実証になる」』。

『「多くの韓国国民」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下大統領を選択した事

=多くの韓国国民が、北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態に成り下がった事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」なら

「北朝鮮解放戦争時の犠牲も、仕方の無い事になる」』。

『「つまり、韓国国民が、従北大統領を選択した段階」で

「北朝鮮解放戦争開戦のハードルは下がっている」のが

「実態・実体」だ』。

『「この様な、お膳立ての上」で

「米国トランプ大統領」が

「北朝鮮解放戦争をためらう」なら、

「米国トランプ大統領」も

「多くの韓国国民同様、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下に成り下がった事になってしまう」。

「当然、米国トランプ大統領が、その様な、大恥判断等を選択する訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の工作等に毒されている

韓国国民や、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は、

「韓国大統領選での、従北大統領候補の勝利」を

「喜んだり・・・してしまっている」が

「その現実逃避ぶり」は

「かなりのモノ」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

早々に、自首」して

「核・ミサイル等の開発と、

主として、日韓等、他国内での工作活動等を放棄する」か、

「斬首作戦が早々に成功しない限り、

北朝鮮解放戦争」が

「程なく、開戦される可能性大」だ』。

『「こんな状態を、喜べる」のは、

「本当にどうかしている者たち」になる』。

『「残念ながら、多くの韓国国民」は

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮による

韓国内の情報・政界工作等に落とされ、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態に成り下がる道を選択してしまった」』。

『「その責任としての戦争被害等は、甘んじて受けざるを得ない状態」を

「自ら作り出してしまった」』。

『「多くの日本国民」は

「健常状態」なら、

「そんな韓国の状態等を見て、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動等の

徹底摘発・徹底排除等」を

「本気で、意識等」し、

「実効のある対策等」を、

「直ちに、行う、行わせる事等」を

「真剣に、考え、訴えたりする」のが

「当然になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動等」は

「無い事にし続けたがる」のが

「当然になる」』。

『「現状の日本の多くのテレビ・マスコミ等」は

「そのどちらに在るのか?」』

『「日本全国各地から、

多数の日本国民が拉致されている現実等」が

「既に明らかになっている」のに、

「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題」を

「無い事にし続けたがっている

テレビ・マスコミ等や、

政治家・政党等」は、

「明らかに、異常」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民を拉致する為」には、

「計画も、準備等も、かなりの人数の工作員や協力者等も要る」。

「北朝鮮への運び屋工作員ダケで、

日本全国各地からの、多数の、拉致工作」は、

「実現し得ない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等から拉致工作命令を得て、

拉致工作を実行する工作員等を指定し、

拉致工作員等に協力者等をつくり出させ、

拉致対象者を調査し、割り出し、

見張り、

チャンスを、見出し、つくり出し

拉致を実行し、

運び屋工作員に渡すまでに、

どれ程の工作員や協力者等が必要なのか?」等を

「考える」なら

「誰もが、日本国内に、数多くの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが居る事等」を

「解る筈」だ』。

『「拉致工作員や協力者等は、拉致工作に手を染めた時点」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等に弱みを握られている事になる」。

「日本国内に多数居る、弱みを握っている者たち」に

「拉致工作以降、北朝鮮劣悪国家指導者等が、何もやらせていない」と

「思えるなら、本当に、どうかしている」。

「実際」は、

「世代交代をしながら、子沢山命令・指令等に基づき、人数も増やしながら、

日本国内で、

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

医療工作や

政財界工作や

情報・教育工作等々」を

「連綿と行わされ続けて来ている者たち」が

「未だに、かなり多数居る」』。

『「政界で、事前摘発を可能にする法整備に反対している者たち」や、

「情報界等で、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶりを大いに露呈し続けている者たち等」は、

「その中のホンの一例」だ』。

『「はっきりしている事」は

「拉致や、

大韓航空機爆破や、

他国内爆破テロや、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ等々、

極悪非道の限りを尽くし続け」、

「国連決議や、国際社会の意向を無視して、

核・ミサイルの開発等まで続けている」ばかりか、

「主として、日韓内等、他国内を食い荒らし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の

実のある解決」は、

「必需である事」だ』。

『「必要」なのは、

「平和ボケの下の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の{使える}核ミサイル保有と

主として、日韓内等、他国内での非人道的な工作活動等の継続」では

「断じて無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」の

「実のある解決」だ』。

『「多くの韓国国民の判断」が

「そのどちらに、力を与えてしまったのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「日本が韓国の二の舞を演じさせられない様にする為」にも、

「多くの日本国民」は

「事の内実」を

「ちゃんと、理解・把握等し続けた上」で

「選挙時等の判断を下すべき」だ』。

『「幸いな事」に

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の人数」は

「韓国国内の十分の一~数十分の一レベル」だ。

「この実態」が

「朴政権転覆工作の成功」と

「安倍政権転覆工作の失敗」の

「差」に

「大きく影響している」』。

『「それでも、不用心や平和ボケは、禁物」だ。

「例え、人数は、少なくても、

戦後の日本国内の要所・要職等を押さえる工作が行われてしまっているから」だ。

「政財界や情報・教育界や法曹界・医療界等」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが多い」のは、

「単なる偶然では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子化出来ている学力等有能者たちが、

日本国内の要職や要職内での出世等を得易い様に、

非人道的なライバル粛清工作等まで行いながら、

仕込まれ続けて来ている」のが

「実態」だ』。

『「政界は、選挙がある」ので

「有権者が、実政策・実政治等を見失わなければ、

酷い事態は起こされ辛くなる」。

「ところが、情報・教育界」や

「法曹界や医療界等には、選挙も無い」から

「人の入れ替えも困難」だ』。

『「肝要な事」は

「多くの日本国民が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下で

日本国内で行われ続けてしまって来ている工作活動等の

実態・実体等を

把握」し

「実効のある対策等を早急に行う、行わせる事」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、実質的、北朝鮮劣悪国家指導者の手下的様相を露呈し続けて来ている、常連出演者等が、森本学園問題等で騒いでいたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、常連出演者等が、韓国従北大統領誕生をダシに、「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動の為の時間稼ぎ」等を頑張っていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事