« 韓国文新大統領を「現実主義派と宣伝する事」等で北朝鮮問題の鎮静化等を謀ろうとしている様相の番組が多いが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「北朝鮮解放戦争」や「テロ等準備罪」が困る、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、日本の国会に悪イメージをつける、実質的、情報工作等を行っていたが・・・。 »

安倍総理「2020年新憲法施行」問題・・・。

『「言うまでも無く、現行日本国憲法は、完全無欠の完成品では無い」。「そればかりか、むしろ、矛盾だらけ・・・」だ』。

『「象徴的なのが9条」で

「問題の解決手段としての戦争を否定しているばかりでは無く、

軍の保持も否定している」が

「実質、軍である自衛隊」を

「保有している」のが、

「実際の日本国」だ』。

『「自衛権は有る」という

「解釈改憲上」で、

「自衛隊は合法化されている」が

「そんな誤魔化しが通用する」のは

「日本国内くらい・・・」だ。

「実際は、

他国から見れば、

自衛隊は、

軍隊以外の何モノでも無い」』。

『「言葉と実体との整合性上からは、

明らかな異常状態を露呈し続けている」のが

「現行の日本国憲法」だが、

「元々が、

人類の実体やその実体の本来の目的から整合性をちゃんと取っている憲法でも無い」ので、

「言葉と実体との整合性を高めるダケ」では

「日本国・日本国民等が持てている実利も損なわれてしまう事になる」』。

『「言葉=実体」化の

「前」には、

「言葉自体が実体に沿っている必要が在る」』。

『「もちろん、人類の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取って法整備等する」なら

「それは、日本国憲法に留まらず、全人類が共有出来る代物になる」が、

「現状の多くの人類」が、

「その様な精神文化製品」を

「つくり出し、

実用する為」には、

「その前」に、

「多くの人類の精神構造の健常成長」が

「必需」だ』。

『「言葉と実体の整合性が高い法整備」は、

「もう少し、先の話しになる」』。

『「現行日本国憲法」は、

「明治憲法を基」に、

「占領軍等」が、

「その当時考え出せていた理想等を加えて、

練り直し、

基本的に英語で作られたモノ」だ』。

『「だから、英文で読む」と

「特に、序文等は、結構、自然に感じる」』。

『「日本語が苦手だったり、嫌いだったり、等する、方々」が

「現行憲法に拘りたがる」のは、

「ある意味、当然の現象でもある」が

「その様な方々の、お里やルーツ等の臭い」も、

「同時に感じられてしまう」のが

「現実」だろう』。

『「現行憲法の改正」なら、

「ある程度は、言葉と実体に乖離が有りながらも、

多くの日本国民が納得出来るレベルにまで、

その乖離幅を縮小する事」が

「適切」になる』。

『「乖離幅で、実利を担保しながら、

言葉尻や言葉上の揚げ足取り等を行い辛くするレベルの

改正」が

「適切になる」』。

『「この面から考える」と

「安倍総理が、提示した、9条加憲案」は、

「適切な範囲に入っている」と「言える」』。

『「多くの日本国民」に

「9条に対し、

腫物で、

触るべからず的対応をし続けさせる事」の「実効」で

「主として、反日国や反日国人脈等の

利権維持~増大等を

担保させようとし続けて来ている者たち」の

「実体等」は

「既に、多くの日本国民にとって、周知の事実」だろう』。

『「多くの日本国民」が、

「具体的改憲」を

「実感を持って、考え易い」のは

「余りにも、言葉と実体の乖離が激しい、

9条」になる』。

『「はっきり言えば、

どんなに、9条を掲げ続けていたところで、

主として、北朝鮮等による日本侵略~日本乗っ取り支配行為等」は、

「防げない」』。

『「だから、実際」に、

「戦後の日本国内」では、

「多数の一般市民まで含む日本国民」が、

「主として、北朝鮮等による

スパイ・工作活動等」の

「被害を受けさせられ続けて来ている」』。

『「軍事力で反撃しない平和ボケ国家相手」なら、

「例え、十分な軍備等を保持していない国々でも、

スパイ・工作活動等がやりたい放題出来てしまう」』。

『「そして、

戦後の日本国内」に、

「多数の手下に出来る人材を抱える事が出来てしまった

十分な軍備等を保持出来ていない

劣悪体制国家の劣悪国家指導者等」は

「実際」に、

「多数の日本国内のそのスジの人材等を手下化」し、

「拉致を含む、非人道的な工作活動やスパイ行為等を行わせ続けながら」、

「劣悪国家指導者等の利権維持~増大等を謀って来ている」』。

『「北朝鮮の後を追う様な動き」を

「中国共産党支配下の中国が行って来ている事等」も

「多くの日本国民は、少なくとも、心の片隅には、留めておくべき」だ』。

『「9条という、軍事力で反撃しない平和ボケ国家化宣言」が

「主として、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の呼び水となった事」は

「否定できない現実」だ』。

『「もちろん、現行9条故のメリットも在る」。

「専守防衛用軍備しか保持出来ていない自衛隊」は

「攻撃戦争に参加出来ない」。

「大戦後の米国等による戦争に引っ張り出される事の抑止効果」は

「絶大」だった』。

『「多くの一般市民まで含む日本国民」を

「主として、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の生贄に差し出し続けながら、

主として、自衛隊員等を、

米国主導等の戦争に参加させない事で、

守り続けて来ている」のが

「戦後日本の実体」だ』。

『「その様な普通の国では無い状態」が

「良かったのか?」は

「昨今の北朝鮮情勢等からも、

誰もが分る事」だ』。

『「普通の国」の様に、

「国防軍を持ち、

反撃戦争も否定せず、

他国によるスパイ・工作活動等は、徹底排除出来る

等々の状態」と、

「普通では無い戦後日本国」の様に、

「専守防衛の自衛隊のみ持ち、

反撃戦争は出来ず、

他国によるスパイ・工作活動等は、やりたい放題

等々の状態」の

「どちらが、日本国・日本国民を守る事になるのか?」は、

「少し考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「戦後の先進国の様に、

核兵器を含む、数多くの先進兵器を保有出来てしまっている国々同士が

本気で戦争を行う事」は

「人類滅亡に直結している」。

「その結果として、現状の人間世界」には、

「既に、先進国同士が、国レベルの本気の戦争を行う事等に対する抑止効果」は

「十二分に在る」』。

『「国レベルでの戦争を行ってしまえば、

直に負けてしまう国々」は、

「反撃力の無い他国内でのスパイ・工作活動等」を

「積極的に行い易い」。

「スパイ・工作活動等」とは

「貧者の実戦争」に他ならない』。

『「ここで、

スパイ・工作活動等を行い続けるなら、

反撃戦争を行うゾ!」等と

「宣言出来ている国々」と

「反撃戦争は行えません・・・」等と

「宣言してしまっている国」の

「大きな差が出る事になる」』。

『「スパイ・工作活動等に伴う、実利も大きい、

先進国である日本」が

「反撃戦争抜き」で

「劣悪国家指導者等の指令・命令の下」の

「スパイ・工作活動等を排除する事」は

「結構困難」なのが「現実」だ』。

『「そればかりでは無く、

{憲法}9条の平和主義」は

「スパイ・工作活動等を防止する法整備等にも、影響を与えている」のが

「現実」だから、

「実際に、戦後の日本」には

「事前摘発を可能にする法や体制さえ、未だ、無い」』。

『「ようやく、法整備が行われる方向に動いている」が

「護憲派の多く」は、

「事前摘発法整備反対派」でもある。

「裏に、漂っている」のは、

「日本国一般市民等の雰囲気では無く」、

「反日国劣悪国家指導者等の臭い・・・だったりしている」が』。

『「平和ボケ国家日本」では、

「多くの日本国民」が、

「飲食物工作や、

電磁波工作等々により、

ガン等の重大病に、{されてしまって来ている}」。

「もちろん、因果関係の立証は、かなり困難」だが、

「飲食物工作や電磁波工作等々を徹底排除した後と比べる」なら、

「誰もが直に分る事となる」』。

『「戦後日本の工作活動被害による死亡者数」は

「かなり、少なく見積もっても、2~300万人以上~レベルになる」』。

『「ガン・脳卒中・心臓病等々の重大病死亡者数の中の

工作活動によると推定される割合等ダケから考え」ても、

「年間で、数万人以上は、確実」だ』。

『「終戦後20年程は、

工作活動も、未だ、小規模であった」が、

「その後の約50年間、

被害者数を増やしながら、

年間、数万人以上等になる」のだから、

「延べ、2~300万人以上が工作活動による犠牲者数」となる』。

『「戦争による被害は、短期に集中する」が

「工作活動による被害は、長期」だ』。

『「戦後日本国内の、

主として、北朝鮮等による、工作活動により、

早死に等させらりたり、

本来の人生を大きく壊されたりした人々の数」を

「考える」なら

「戦争ダケを大悪者扱いしている事の愚かさ等」に

「誰もが気づく筈」だ』。

『「2~300万人以上もの一般日本国民を含む人々が、

{殺されて}いて、

実効のある

防御も、

反撃もしない」のは

「明らかに、

異常」だ』。

『「安倍総理による、2020年に改憲」は、

「2020年である必要も無く、

出来るなら、もっと、早期の方が良いとは思う」が

「東京五輪とも重なる年」の「提示」は

「分り易い」』。

『「実質、改憲時期の先延ばし論」には、

「本当に、呆れた」。

「隠れ護憲派等の正体」が

「露呈している」』。

『「改憲を考える」なら、

「テレビ・マスコミ等ご用達の者たちの意見や論等ばかりを参考等にするのでは無く」、

「戦後日本の実社会の実状を良く吟味等」し、

「実感等しながら、

一日本国民である自分に素直に、

考えるべき」だ』。

『「日本国憲法上で保護されるべき人権」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下で工作活動等を行い続けて来ている者等の為にあるのでは無い」。

「極悪非道な工作活動等を行い続けて来ている者たち」から

「分不相応な日本国内での人権を剥奪する」と「共」に

「多くの本来の日本国民の人権」が

「しっかりと守られる法整備等をする事」が

「日本国として必要な事」だ』。

|

« 韓国文新大統領を「現実主義派と宣伝する事」等で北朝鮮問題の鎮静化等を謀ろうとしている様相の番組が多いが・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「北朝鮮解放戦争」や「テロ等準備罪」が困る、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、日本の国会に悪イメージをつける、実質的、情報工作等を行っていたが・・・。 »

政治」カテゴリの記事