« 本日の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等は、「皇室の方ご婚約{へ}話題」で、日本国内鎮静化工作等を行っている様相だが・・・。 | トップページ | 「永田メール」ならぬ「朝日怪文書」的様相等を露呈している「加計学園獣医学部設立関連メモ」問題・・・。 »

テレ朝朝番では、政権転覆工作等の臭い満載の「加計問題化」や、「テロ等準備罪反対!の政治運動」等を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「旧社会党~の流れを持つ、民進党の一部」には、「北朝鮮工作員等の同朋やお友達等が、居ても、何の不思議も無い」。

「かつて、民主党時代」の「永田メール」にしても、

「その出所は、北朝鮮工作員等」で

「政権転覆工作等の道具」として

「捏造された偽メール等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子ヒーロー等として、

育成されよう等としていた

若い民主党議員に、

然るべきスジから、

渡された」のが

「実態・実体」だろう』。

『「当時」は、

「偽でも、もっともらしければ、

政界を躍らせ、

混乱状態に陥らせる事等には十分等」と

「北朝鮮工作員等は、考えていた」のだろう。

「何しろ、

見せ球の

{使えない、

使えば、アッと言う間に、北朝鮮が負ける戦争になってしまう}

核・ミサイル等」でも

「十二分に、多くの日本国民を恐がらせる事等が出来ていた時代」だ』。

『「しかし、

結果」として、

「偽メールの犠牲となった」のは、

「政権与党側では無く、

民主党の若い議員の方」だった』。

『「昨今」の

「籠池劇場」や

「加計問題化」にも、

「かつての、永田メール等」や、

「韓国朴大統領転覆工作等」と

「同じ構造等」が「露呈」している』。

『「問題つくり出し等による、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い政権転覆工作」だ』。

『「韓国朴大統領転覆工作」や

「籠池劇場」や

「加計問題化」では、

「大権を持つ者の友人等の脆弱性を徹底的に洗い出し、

突き、

問題を露呈させる事に成功した友人等と、

大権を持つ者を

徹底的に関連付けて

お仲間、或いは、手下マスコミ等に大宣伝させる」。

「友人等が問題とされる事を行っている」なら

「実質的、情報工作等により、

強い繋がりがある等と、

思い込まされている

大権を持つ者もダメ!」等という

「判断を、大衆の中に起こさせる」等の

「工作手段が用いられている」』。

『「工作が成功する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い大権を持つ者」は、

「大権を失い」、

「その反動」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の良い者」が

「大権を保持し易くなる」』。

『「韓国の朴大統領弾劾~従北大統領の誕生」は

「その様な工作活動の成功例」だ』。

『「韓国に続いて、

日米内でも、

同様の手段により、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い大権を持つ者等」を

「大権の座から、引き摺り落とす事等」が

「成功してしまう」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「身の安泰等を図り易くなる事になる」』。

『「実戦争となれば、全く勝ち目の無い、

極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮国家指導者等」の

「延命の為の苦肉の策」が

「他国内での、

真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式の、

非人道的な工作活動等」だ』。

『「昨今の日米の政界・マスコミ界等」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による政権転覆工作の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「森友学園問題」では、

「総理との無理やり関連付け」等が

「上手く行かず」、

「安倍政権転覆工作等は、失敗し続けて来ている様相」だ』。

『「そんな状態」に、

「危機感を抱いている、

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「手下等」に、

「安倍総理と強い友人関係にある加計氏関連」で

「何としても、大問題をつくり出す策略の実行」に

「より強い力を注がせ始めた」のだろう』。

『「以前」から、

「工作電磁波による覗き等」や

「侵入工作や、

脅し、懐柔工作等々」の

「手段により、盗み出していた

官僚等の書類情報等」を

「加工等しながら、

お仲間、もしくは、手下、野党・マスコミ等側から、

小出しにさせる事」等により、

「何としても、

安倍総理と強い繋がりを持つ者が、

重大な問題を起こした

イメージ等」を

「大衆の中に構築させようとしている様相」が

「露呈」している』。

『「中国まで含む、国際的な制裁網により、

金銭的にも困窮状態に在る

現状の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等」には、

「当面の資金稼ぎの必要性もある」。

「以前から蓄積し続けて来ている盗んだ情報等」を

「小出し」にしながら、

「主として、

お仲間、或いは、手下、政党・マスコミ等」に、

「出来るだけ高く、売っている、或いは、買い取らせている、臭い等」まで

「濃厚に漂っている」』。

『「日本国内」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い続けて来ている者たち等」が

「非常に困る」のは、

「テロ等準備罪等の成立~その実用等」だ』。

『「拉致工作の場合を考えれば、誰でも分る様」に

「ほとんどの重大工作には、事前準備や訓練等が要る」』。

『「拉致工作等を行ったり、それに協力した者たち」が

「その後、何もやらされていない訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」での、

「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々」の

「真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式」の

「非人道的粛清工作等」までもが

「一般日本国民まで含む、

日本国内の多くの人々に対し、

行われ続けて来てしまっている」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる現実」だ』。

『「電磁波工作にも、

飲食物工作にも、

準備が要る」。

「侵入工作には、訓練が要る」。

「その段階で、摘発出来る」なら

「拉致を準備段階で摘発出来たのと同様」となり、

「実害が防げる」。

「十分な事前摘発が出来なかった戦後の日本では、

日本全国各地から、多数の日本国民が拉致されてしまった」が

「その二の舞を防ぐ事が可能になる」』。

『「真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式等」の

「集団的工作活動を摘発する為」には、

「相応の法整備・体制整備」が、

「必需」だ』。

『「テロ等準備罪の成立」を

「何としても、阻もうとしている者等」からは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが漂って来る」』。

『「一般日本国民」なら、

「テロ等準備罪等が成立しても、

何も、困らない」ばかりか、

「むしろ、身の安全や安心等に繋がる」』。

『「しかし、実際に、工作活動等を行い続けて来ている者たち」なら、

「テロ等準備罪の成立」は、

「既に、仕込み続けて来ている重大な電磁波工作の準備等」や、

「飲食物工作の仕込み等」や、

「侵入工作の為の訓練等」、

・・・等々、

「故」に、

「摘発されてしまう事」にも

「直結している」』。

『「その差」は「絶大」だ』。

『「監視問題でも同様」だ。

「監視される事自体が、困る人間は、先ず、いない」。

「何処で、誰が、監視していても、

実害が無ければ、

何となく、嫌な感じ等がする事等はあっても、

実問題にはならない」のが、

「現実」だ。

「人間のやる事は、誰でも、基本的に、大差無い」。

「悪事を行わない」のなら、

「善事・普通事の監視結果等を悪用されない」のなら、

「監視自体が、実問題となる事」は「基本的に無い」』。

『「しかし、監視結果等が悪用される」なら

「ほとんどの人間は、困る事になる」』。

『「戦後の日本社会」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」による、

「一般市民も含む、多くの日本国民の監視」が

「放置され続けて来ている」。

「そして、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下」で、

「監視結果等が悪用され続けて来ている」』。

『「例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子に対する、

真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式の

非人道的な工作濃度」を

「高める為」に、

「監視結果を元に、粛清工作員等を動かす等」の

「悪態が、蔓延っている」』。

『「要人」が、

「そんな状態下に置かれる」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子等」を

「要人の座から、効率的に、退ける事等が可能になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下の、政財界工作の一手段」だ』。

『「一般市民」でも

「筆者の様に、工作活動VIP待遇状態の者が、少なからず居る」のは、

「連中が、

血統主義者である事

(偶々、片方の親系が、日韓併合時の朝鮮半島内の日本人という、

戦後産まれの筆者は、

日韓併合時の朝鮮半島内について、それなりに知り得る立場に居る等の理由から、

朝鮮系等の工作活動VIP待遇状態と推定される)」や、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」や、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子等にされてしまっている者等」の

「数」が、

「意外な程、多い場所もあるから

(連中は、地域、乗っ取り、支配等が大好き・・・)」だ』。

『「民主主義社会の国の政権等による監視」が

「善良な一般を困らせる」なら

「選挙等の実効のある手段」により、

「そんな政権等の交代は必然」になる。

「しかし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下での監視等」は、

「選挙で、排除出来る訳も無い」。

「実効のある排除の為」にも、

「事前逮捕を可能とする法整備・体制整備等」が「必需」になる』。

『「テロ等準備罪の成立に、執拗に反対し続けて来ている

政党や、テレビ・マスコミ等」が、

「多くの一般日本国民」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」の

「どちらの立場に立っているのか?」等は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「政権は、選挙で変えられる」。

「しかし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等や、

テレビ・マスコミ等」には、

「一般日本国民による選挙等」の

「実効のある、排除・是正等の手段が無い」』。

『「工作員等対策」としては、

「事前摘発を可能とする法・体制整備等」が「有効」になる』。

『「テレビ・マスコミ等」は

「どうすれば良い?」』

『「テレビ・マスコミ等」とは、

「高い公共性や影響力が有る」のに

「かなり少人数で運用出来てしまっている機関」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や、

「公共的マスコミ界」は

「異常な戦後処理を引き摺っているまま・・・、

人脈的に偏向・偏重状態のまま・・・」だ』。

『「その是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「とりあえずは、テレビ・マスコミ等の中に居る、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等が駆逐されるダケ」でも、

「かなり、マシになるのでは?」等と

「強く推定出来る」』。

『「戦後日本国内で、連綿と行われ続けて来てしまっている、

主として、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

一般日本国民までターゲットにした、

非人道的工作活動等さえ、

満足に、告発等して来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 本日の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等は、「皇室の方ご婚約{へ}話題」で、日本国内鎮静化工作等を行っている様相だが・・・。 | トップページ | 「永田メール」ならぬ「朝日怪文書」的様相等を露呈している「加計学園獣医学部設立関連メモ」問題・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事