« サンデーモーニングでは、「北朝鮮解放戦争」や「テロ等準備罪」が困る、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、日本の国会に悪イメージをつける、実質的、情報工作等を行っていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「金正恩の視察話になると笑顔の常連出演者」等が、日本が北朝鮮との対話路線を打ち出さない事に不満の意等を示す等の情報配信を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。 »

北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、「北朝鮮のミサイルの脅威」や「北朝鮮との対話」等を、「日本の公共の電波上で宣伝」しているが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、現状の北朝鮮のミサイル」とは「{使えない}モノ」に他ならない。

「万一、タッタ一発でも、

実弾を撃てば、

その瞬間、

北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争になるから」だ』。

『「しかし、

もし、

北朝鮮が{使える}核ミサイルを、

必要十分な数、

保持してしまう」と

「北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争も起こせなくなってしまう」』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等の{大急ぎの}開発の目的は、其処」だ。

「北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争を封じる事

=北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

主として、日韓等、他国内での工作活動等が、

やりたい放題出来る状態になる事」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による、先ずは、日韓、そして、全世界支配への道」が

「開けてしまう事」と

「信じ込んでいる」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「既に、極悪非道な、実質的、大犯罪行為等を

其れこそ、枚挙に暇が無い程、

積み重ねて来てしまっている、

主として、日韓内等、他国内での

総数としては、既に、何百万人レベルを超えている、

陰険な手段を使った非人道的な不適応分子粛清(殺傷も含む)工作等まで

行って来ている、

極悪非道な劣悪国家指導者等が、

生き延びる為」には

「全世界の支配」が

「必需になるから」だ』。

『「現時点で、一番大きな実害が有る」のは、

「主として、日韓等、他国内での

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動」に他ならない。

「工作活動を行わせ続ける事が出来ている手下等」こそが、、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の本軍」であり、

「他国内での工作活動」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に悪のメリットをもたらし続けて来ている重大元凶」だ。

「この実体」から

「多くの人々の目を逸らす為の見せ球が、

時代遅れの北朝鮮の軍備や、

数々の、実質的、大犯罪行為である大問題行動等」という訳だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」の

「工作活動等を告発等する」のが

「当然」だが、

「現状の多くのテレビ・マスコミ等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に沿う、

核・ミサイル等や

大問題行動等の宣伝」をし、

「北朝鮮の脅威を煽り、

北朝鮮との対話等を、

喧伝」している。

「見事!(もちろん、皮肉)な程」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」だ』。

『「実際の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が

「其処に、実際に居ても、何の不思議も無い状態」を

「露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・マスコミ等」の

「寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「実質的、極悪犯罪者等である、北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い」は

「成り立つ訳も無い」。

「実質的、極悪犯罪者等に対する適切な対応」は

「逮捕し、罪を問い、罰を与える事」だ。

「拉致工作まで行わせてきている者たち」だから、

「北朝鮮劣悪国家指導者等を拉致、或いは、逮捕等する事」を

「遠慮する必要は全く無い」。

「逮捕した上で、

国際司法上で裁く等の対処」が

「適切になる」。

「それが困難なら、これ以上の犠牲者を出ない為」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を斬首作戦等により排除する事」も

「止むを得ない」。

「更に、それも困難」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

{使える}核ミサイル等を保持する前に、

既に、数百万人~の犠牲者がいると、強く推定される、

陰険なナチス・ヒトラー等による、

主として、日韓等、他国内での工作活動被害が、更に、甚大になる前」に、

「北朝鮮解放戦争を行う事」が

「適切になる」』。

『「陰険なナチス・ヒトラー的実体の北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「更なる時間を与える事」は、

「更なる、工作活動犠牲者を増やす事に直結している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間を与える選択はあり得ない」』。

『「現状では、北朝鮮の核」は

「大きなミサイルにしか載せられないレベル」だ。

「つまり、実戦となっても、

北朝鮮が、核ミサイルを撃ち、他国内に、着弾させる事等が出来てしまう可能性は、

極めて小さい」。

「しかし、北朝鮮が核弾頭の小型化に成功してしまう」と

「小さなミサイルも、核ミサイルに出来てしまう事になる」。

「そうなってしまったら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の言いなりになるか?

核被害まで出てしまう戦争を覚悟するか?

になってしまう」』。

『「世界各国の国家首長等」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「今、選択すべき道」を

「速やかに進むべき」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」の

「逮捕等も急務」だが、

「困った事に、

戦後の日本には、

その為の十分な法も体制も無い」。

「しかも、その様な実態・実体等を告発すべき立場にあるテレビ・マスコミ等」が

「実質的、北朝鮮の手下状態」だ。

「昨今、ようやく、共謀罪~テロ等準備罪等の法整備が成されようとしている」が、

「政界でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的テレビ・マスコミ等と同様に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下等」が

「その邪魔をし続けて来ている」。

「もちろん、こんな状態のまま・・・」では

「多くの日本国民の安全が守られる訳も無い」。

「実際に、拉致まで実行されてしまった」ばかりか、

「その後も、拉致工作等を行わされた

手伝わされた、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」が

「其れこそ、何百万人もの人々を、

飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

医療工作等々、

非人道的な手段を使った粛清工作等で、

殺傷等し続けて来ている」。

「その実態・実体」は

「正に、陰険なナチス・ヒトラー等」だ』。

『「日本の中で、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「実効のある対策が急務」だ』。

『「多くのテレビ・マスコミ等が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態のまま・・・で良い訳も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、「北朝鮮解放戦争」や「テロ等準備罪」が困る、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、日本の国会に悪イメージをつける、実質的、情報工作等を行っていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「金正恩の視察話になると笑顔の常連出演者」等が、日本が北朝鮮との対話路線を打ち出さない事に不満の意等を示す等の情報配信を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事