« 「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての最悪の結果」を何としても避けさせたい北朝鮮劣悪国家指導者の手下たち・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「北朝鮮の核の{脅し}」等を、宣伝し、視聴者等に、北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う「冷静対応(=北朝鮮問題についての鎮静化)等」を望んでいた様相だったが・・・。 »

「金正恩と、対話の用意を持つ、トランプ大統領」が意味するところは・・・。

『「テレ朝朝番等、多くの今の日本テレビ番組等」では、「内実、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が、「内実、工作活動カルト宗教国家である(・・・もちろん、この重要要素は、手下等は黙殺しているが・・・)北朝鮮の体制維持」や、

「内実、工作活動カルト宗教国家である(同上)北朝鮮を核保有国として認める事」等の

「結果」が

「トランプ大統領と金正恩の対話により、得られる事等」を

「心から望んでいる様相等」を

「露呈している」。

「しかし、

もちろん、

例え、トランプ大統領と金正恩が対話したところで、

そんな結論が出される訳も無い」』。

『「何故なら、トランプ大統領が金正恩と対話する事」の

「内実」は

「開戦のお墨付きを得る為」の

「一手段に他ならないから」だ』。

『「中国を含む圧力強化によってでも、

北朝鮮が、核・ミサイルの開発等と、他国内での工作活動等を放棄しない」なら、

「斬首作戦やアッと言う間に終わる戦争等」こそが

「北朝鮮問題を

実際に解決出来る

手段になる」』。

『「現況」では、

「中国を含む圧力強化によって、

北朝鮮が核・ミサイルの開発等と、他国内での工作活動等」を

「放棄する可能性」は

「ほぼゼロ」だ』。

『「もはや、

北朝鮮問題を解決する為に、

選択しなければならない手段」は

「既に、決まっている状態」だ』。

『「北朝鮮側が、

核実験を行ったり、

大陸間弾道版ミサイルの発射実験を行ったり、

先制攻撃等を仕掛けて来たり、

他国内での工作活動を明らかに強化したり、

・・・等々する」なら

「実際に北朝鮮問題を解決出来る手段を

実行に移す事」の

「大義」が

「その時点で生まれる事になる」』。

『「しかし、

元々が、工作活動国家である北朝鮮」は、

「その様な実体も、重々承知」だ。

「自爆は、先ず、しない」』。

『「そうなると、

現況の様に、

睨み合いのまま、時間がどんどん経過する事になる」が

「睨み合いの裏」では、

「北朝鮮」は、

「核・ミサイル開発等」も、

「他国内での工作活動等」も

「旺盛に行っている」』。

『「睨み合いによる時間経過」で

「より多くのメリットが得られてしまう」のは

「裏で、核・ミサイルの開発等を続けているばかりか、

他国内での工作活動等も旺盛に行い続けている

北朝鮮の方」になってしまう』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の工作活動」により、

「先ずは、韓国内が親北朝鮮政権状態にされ、

続けて、日本国内が親北朝鮮政権状態にされてしまう」なら、

「北朝鮮問題の解決」は、

「どんどん困難になってしまう」』。

『「北朝鮮が、

裏で行い続けている、

核・ミサイルの開発等」も

「その成果が生まれてしまう事になる」』。

『「その後に待っている事態」は

「工作活動カルト宗教国家北朝鮮」を

「国際社会」が

「核保有国~核大国として認めるか?」

「核戦争覚悟で、北朝鮮問題を処理するか?」になってしまう』。

『「核保有国~核大国工作活動カルト宗教国家北朝鮮を認める事」は

「世界中」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等による工作活動等」が

「」やりたい放題行われてしまう事に直結している」』。

『「その先にある」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等による全世界支配等になってしまう」』。

『「逆に、

北朝鮮側に時間を与えず、

斬首作戦や

アッと言う間に終わる戦争等の手段」を

「躊躇なく実行に移す」なら、

「北朝鮮問題」は

「早々に解決出来る事になる」』。

『「どちらを選ぶべきか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「開戦」には、

「準備と大義が有った方」が、

「その後の被害」も

「より小さく抑えられる」』。

『「しかし、準備不足、大義不足」でも

「早々の開戦の方が、被害を小さく抑えられる場合もある」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が他国内で行っている

露呈し辛い工作活動等の実害まで含めて検証する」なら

「早々の開戦」にも、

「十二分に大義が立つ状態に、

既になってしまっている」のが

「現実」だ』。

『「トランプ大統領と金正恩の対話」が

「もし、実現する」なら

「対話時に、即刻、金正恩が核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄しない限り、

米国による

北朝鮮に対する宣戦布告になる」』。

『「米国による全ての選択肢の中」には、

「選択される可能性ゼロの、北朝鮮を核保有国として認める選択」も「在る」が

「選択される可能性がかなり高い、宣戦布告」も「在る」』。

『「アッと言う間に終わる戦争」の

「被害」は

「北朝鮮国内以外では、ほとんど出ない事になる」。

「戦後難民」も、

「内実が、北朝鮮解放戦争に他ならない」ので

「基本的に出ない事になる」』。

『「世界中を北朝鮮化したくない」のなら、

「今、アッと言う間に終わる、北朝鮮解放戦争等」を

「行う事等」を

「ためらう方が不思議」だ』。

『「戦争ダケを大問題扱い」し

「北朝鮮劣悪国家指導者等の工作活動や悪政」を、

「実質的に、黙殺せしめようとしている」のは、

「内実、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」になる』。

『「反戦等を訴えている者たち」が、

「似非平和主義者や

偽善者や

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等

では無い」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

工作活動や

悪政の

徹底排除~徹底撲滅等」を

「訴えていて当たり前」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実状はどうか?」

「似非平和主義者や、

偽善者や、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が

ゾロゾロ・・・」という

「実体」が

「露呈し続けて来ている」』。

『「もちろん、こんな異常事態」は

「即刻にでも、是正するのが当然」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての最悪の結果」を何としても避けさせたい北朝鮮劣悪国家指導者の手下たち・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「北朝鮮の核の{脅し}」等を、宣伝し、視聴者等に、北朝鮮劣悪国家指導者等の都合に沿う「冷静対応(=北朝鮮問題についての鎮静化)等」を望んでいた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事