« 昨今、筆者を取り巻く、工作電磁波が旺盛だが・・・。 | トップページ | 「現状人間社会・経済システムのままなら、地球温暖化問題は既に手遅れ」が判らない、或いは、現状利権等の為に認めない、自虐的な者たち問題・・・。、 »

サンデーモーニングでは、未だに、「テロ等準備罪潰しの為の加計・前川・官僚等大問題化情報配信」等を、日本の公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「言うまでも無く、テロ等準備罪の審議~議決等と、加計学園獣医学部新設等」は「全く別の事」だ。

「しかし、

加計学園獣医学部新設等を大問題化する事」と、

「それを、無理やり、安倍総理や現政権等と結び付ける事」等により、

「テロ等準備罪潰しの為の政治工作等を行おうとし続けている者等」は、

「それらを、何としても、一緒にしようとしている」』。

『「集団的工作活動等とも馴染みが深い可能性大」の

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈のテレビ・マスコミ等の多く」が、

「{一緒派}である」のは、

「単なる、偶然では無い」』。

『「テロ等準備罪が成立」し、

「実効のある運用が行われる」なら

「集団的工作活動等が摘発される可能性もかなり高くなる」。

「逆から言う」なら、

「集団的工作活動等との関わりが濃い人脈の者や機関・組織等」は

「何としても、

テロ等準備罪等の成立を阻止しなければならない状態下に在る事になる」』。

『「加計学園獣医学部新設を大問題化する為に

使われているモノ」の「内実」は

「出所不明の個人のメモ」や

「今や私人で、

内実としては、

左翼(同上)活動家の様相ですらある、

前川氏」等だったりしている』。

『「つまり、

かなり、小さな元でしか無い、

出所不明の、

個人のメモ」を

「ベース」に

「所謂、左翼(同上)人脈の元官僚等による証言等」を

「付け、大々的に報じたりする事」等により、

「無理やり、大問題化しようとしている様相が露呈している」』。

『「メモの出所が、前川氏」なら、

「{前川政権転覆工作}とでも言うべき事態が、露呈している事になる」のだから、

「メモの出所や、その内容の真偽等」は

「本来の報道機関なら、

真っ先に、探究すべきところになる」が』。

『「現状」は、

「本来の報道機関としての働き」より、

「{前川政権転覆工作}援助役等としての働き」を

「露呈」している、

「実質的、情報工作機関等」が

「日本の公共の電波上や、

日本の公共的マスコミ界等」で

「蔓延れてしまっている異常状態」だ』。

『「多くの人々が、その異常さ等を、

重々感じている現状」なのに、

「何故、そんな{無理}を行っているテレビ・マスコミ等が在るのか?」

「其処に露呈しているのは、人脈の問題」だ』。

『「もし、

加計学園獣医学部新設等に、

本当に大問題が在るのなら、

それを持ち出すのが当然になる」が、

「本当の大問題は無かった」。

「しかし、加計氏と安倍総理には、強い友人関係がある」。

「加計学園獣医学部新設を、

無理やりでも、

大問題化出来る」なら、

「総理や政権への関連付け」は、

「容易」だ。

「其処で、

所謂、左翼(同上)人脈、或いは、状態の

前次官の裏に居る者等が主導しているのかも知れない、

{大問題化工作}が行われている」。

「少し考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「もはや、

加計学園獣医学部新設等の大問題化問題」は、

「旧社会党の多くが、

民主党となり、

一旦は、政権を得たが、

行った政治・政策等が余りにも酷かったので、政権を失い、

その後、

民進党と上辺の党名ダケ変えても、支持率が上がらないから、

別枠の受け皿をつくり出す事で、

政権奪取等を狙っている、

小池新党等の事態」と

「同様」に

「事の内実」は

「多くの人々が、既に、理解・把握済み状態」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等とも馴染みが深い、

日本の中の、所謂、左翼(同上)人脈による、

日本国・日本国民支配工作等」の

「実態・実体」は

「多くの日本国民に、既に、バレている」から

「そのスジ上で動いている者・物・事等が

多くの日本国民の支持を得る事」は、

「もう、無い」』。

『「未だに、そのスジ上で動いている

政治家・政党・テレビ・マスコミ等の

陳腐さや

醜悪さ等」が

「目立つダケ・・・」だ』。

『「政治主導・官僚主導」など、

「どちらでも良い事」だ。

「重要な事」は、

「地球生命体細胞群や、日本国や多くの日本国民の為」に

「なるか?なっているか?」

「否か?」に他ならない』。

『「差別の無い官僚・公務員等」には、

「所謂、左翼(同上)人脈の者たち」も、

「其れこそ、ゴマンと居る」。

「しかし、日本国における、

所謂、左翼(同上)人脈の者たちの割合」は

「言うまでも無く、少数派」だ』。

『「多くの日本国民は、日本に根っこがある状態」で

「朝鮮等他国に根っこがある状態の者たちの割合が少ない」のは、

「当然の事でもある」』。

『「本当の右翼・左翼で言う」なら

「日本に根っこがある状態の人々の中にも、

右翼も左翼も居る」が、

「所謂、左翼(同上)や

出来の悪い右翼」等の

「実態・実体」は

「朝鮮や朝鮮系の者・企業・組織等を利す事等を主として行う事等」だ。

「日本国民なのに、反日他国でもある方を、日本より利す事を主とする事等」の

「内実」を、

「多くの日本国民が、理解・把握等している」なら

「所謂、左翼(同上)が少数派になる」のは、

「当然の現象に他ならない」』。

『「ネット普及前の、実質的、情報統制下」で

「所謂、左翼(同上)が

大きな勢力となれていた」のは、

「戦後日本の情報・教育界」が

「占領軍の占領政策の延長戦上」で、

「朝鮮系の者たちを主とした構成となっているから」だ』。

『「選挙の無い、情報・教育界」では、

「この傾向が、未だ、色濃く残ってしまっている」から、

「所謂、左翼(同上)ご用達」の

「情報配信も未だ、旺盛なまま・・・」という訳だ』。

『「其処に在るのは、大衆支持等では無い」。

「所謂、左翼(同上)人脈による、

{ご都合}教育や、

公共の電波{不適切}使用や、

公共的マスコミ{不適切}使用」等々だ』。

『「もちろん、

ネット普及以降、

実質的、情報統制下故の

実質的、マインドコントロール等が

解けた、

多くの日本国民」は、

「もはや、所謂、左翼(同上)等による、大衆誘導等には乗せられない」から、

「昨今の、

所謂、左翼(同上)等の

実質的、大衆誘導工作等の多く」は

「失敗している」』。

『「それでも、

未だに、

所謂、左翼(同上)ご用達の情報配信をし続けている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の裏に在る」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動やその協力等」と

「強く、推定出来る」』。

『「拉致工作に手を染めた、協力した者等や、

その子孫等」の

「その後」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等で無い訳も無い」。

「今も、日本国内で、集団的工作活動等を行わされ続けていない訳も無い」』。

『「そんな者たちにとって、事前摘発を可能にする法整備」は

「どんなやり方でも、絶対に阻止すべき事になる」。

「実に、醜悪な悪足掻き等」が、

「其処に在る」』。

『「選挙の無い、

官僚・公務員界や、

テレビ・マスコミ界等」だが、

「集団的工作活動に手を染めている者等を

健常排除等する事は不可能では無い」』。

『「テロ等準備罪等、

事前摘発を可能とする法整備・体制整備等を行い、

それを、有効活用する」なら、

「例えば、

日本の公共の電波上や、

公共的マスコミ上や、

官僚界等」で、

「例えば、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下等が

主として、蔓延る等」の

「異常事態」を

「無くす事が可能になる」』。

『「其れこそ、毎日、

何処の局でも、

どのマスコミ等」でも、

「同様の顔・同様の論等ばかり・・・」が

「主流」という

「異常事態の是正」は

「極めて、当然の事」だ。

「更に、その主流の顔・論等」が

「例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等側等を、

内実として、或いは、裏等で、

利している」なら、

「そんな異常事態の是正」は、

「喫緊の急務」になる』。

『「テロ等準備罪等を成立」させ、

「実効のある運用をする事」等は

「日本国・集団的工作員等では無い多くの日本国民等」の

「安全・安心等に直結している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 昨今、筆者を取り巻く、工作電磁波が旺盛だが・・・。 | トップページ | 「現状人間社会・経済システムのままなら、地球温暖化問題は既に手遅れ」が判らない、或いは、現状利権等の為に認めない、自虐的な者たち問題・・・。、 »

テレビ」カテゴリの記事