« サンデーモーニングでは、未だに、「テロ等準備罪潰しの為の加計・前川・官僚等大問題化情報配信」等を、日本の公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈のテレビ・マスコミ・官僚・政党/政治家等は、「加計大問題化による、テロ等準備罪潰しや、反自民党安倍政権大衆誘導等、工作」に邁進し続けている様相だが・・・。 »

「現状人間社会・経済システムのままなら、地球温暖化問題は既に手遅れ」が判らない、或いは、現状利権等の為に認めない、自虐的な者たち問題・・・。、

『「地球温暖化の元凶」は「言うまでも無く、現状の多くの人々の行動等の源泉である、精神構造に在る」。

「人類としてなら、乳幼レベルの精神構造に過ぎ無い、

比べっこによる、他の者・物・事支配権/被支配権争い」に

「執着し続ける事」で

「自らの精神構造の健常成長を疎かにしている者たち」による

「集団的社会合意の下で、つくり出され、実用されてしまっている、

現状の人間社会・経済システム」の

「実体」は、

「地球温暖化や、人類滅亡をもたらす、自滅装置」に他ならない』。

『「成長不全状態の精神構造を持つ、

多くの人々による、

集団的合意」が

「自滅装置として機能してしまっている、

現状の人間社会・経済システム等をつくり出し、

その実用を容認し続ける

自虐行為を容認し続けて来てしまっている」。

「その実体」は

「人類滅亡を容認している事と同じ」だ』。

『「個々の人々の精神構造を健常成長させる事抜き」に

「自滅装置の実用」も

「人類滅亡」も、

「避けられない」。

「至極、当たり前の事」だ』。

『「ところが、未だに、

成長不全状態の精神構造や、人類自滅装置は、そのまま」に、

「人類の物質文明側ダケを

更に、進歩・進化させれば、

地球温暖化が防げる等」と

「思い込みたがっている者等が

少なからず、居る」。

「この状態こそが、

今、全人類が全力で、是正すべき状態」に「他ならない」』。

『「何故なら、

この状態の是正無き場合、

近々、人類は、

地球温暖化や

急速に進歩・進化し続けている物質文明の自虐利用等により、

滅亡してしまう事になってしまうから」だ』。

『「多くの人類の精神構造を健常成長させる事」は

「決して、難しく無い」。

「それは、現状の精神構造が未熟状態の人類」でも、

「物質文明の急速な進歩・進化を

実現させ続けて来ている事が出来ている事」からも、

「少し考えるなら、

誰もが、判る事」だ』。

『「何故、

人類は、

物質文明を急速に進歩・進化させ続ける事が出来ているのか?」

「言うまでも無く、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に

実用し続けて来ているから」だ。

「更に、

それを、

現状までの人間社会・経済システム等が

過剰な程に、

追い立てて来ているから」だ』。

『「少し前までの、人類の精神文化の世界標準」は

「命がけの、武力による比べっこ支配権/被支配権争い」だった』。

『「相手{より}秀でた武力を持つ為」には

「現実として、破壊力等が大きな物質文明製品をつくり出すしか無い」。

「現実を探究する為に、実効が有る」のは、

「科学レベルの検証」だ。

「科学レベルで実証出来た物事を実用化する為に必要なモノ」も

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

実用している

製造技術等」だ』。

『「命かけの

物質文明製品比べっこによる、

殺し合い」により、

「人類の物質文明側は、

急速な進歩・進化を実現させ続けて来ていた」。

「戦争により、物質文明が進歩させられて来た」等と

「表現されたりする」のも、

「ある意味、当然」だろう』。

『「しかし、

人類の物質文明製品の急速な進歩・進化」は

「先の大戦末期には、核兵器まで、生み出してしまった」。

「もはや、

命がけの、武力による、比べっこ支配権/被支配権争い」という

「旧来の人間世界の精神文化に執着し続ける事」は

「人類滅亡に直結している事」等が

「否応無しに、多くの人々に理解されている状態になった」』。

『「そこで、

先の大戦後、

多くの人類が選択した」のが

「命がけの、武力による」の「部分」を

「命がけとは、公言しない、或いは、公然化させない、経済による」に

「替えたダケ」の

「比べっこによる支配権/被支配権争い」という

「現状人間世界の{標準}精神文化」だ』。

『「ところが、

当然の如く、

その{標準}精神文化」は、

「早々に、

その崩壊を露呈し始めている」』。

『「武力は止めました!」等と

「言ったり、宣言等したところ」で

「散々、構築し続けて来ている武力物質文明製品が無くなる訳も無い」。

「武力を経済に変えたところ」で、

「行っている事の実体」は

「比べっこによる支配権/被支配権争い」だ』。

『「比べっこ」は、

「当然の様に、不満を生む」。

「本質に根差した落ち着きを与えず、

比べっこ上の勝者・敗者等の上辺に拘らせられる事による、

不安定」が

「勝者にも、敗者にも、

与えられる」。

「不安定は、安定欲動を生じ、

安定欲動を安定欲動と自覚出来ない

精神構造が未熟な者たちの中では、

不安定も不満になる」』。

『「比べっこ不満」を

「押さえ込む為」には、

「なんらかの圧力が要る」等と

「精神構造が成長不十分な者たち」は、

「思い込み易くなる」』。

『「多くの人類の

精神構造の成長が不十分であった結果」として、

「現状の人間世界の上辺」は、

「経済比べっこを主とする為」に、

「金権が強化」され、

「経済比べっこの後ろ盾として、武力が使われる事」の

「大衆合意が成立している状態となっている」』。

『「そして、

強化された金権でも、

後ろ盾の武力でも、

押さえ切れない不満」は

「世界中の至るところで、

殺傷(自殺も含む)事件やテロ・地域戦争等の姿で、

暴発し続け来ている」』。

『「経済による比べっこの内実も、

命がけである事」は

「経済原因の死亡者数等からも、誰もが判る事」だ。

「武力によって、直接殺傷されていないダケ」で

「実質的、殺し合い状態に変わりは無い」。

「更に、

比べっこによる短絡的な結果訴求が、

地球温暖化問題までをもつくり出している」』。

『「これが、経済比べっこの実態・実体」だ』。

『「比べっこし続ける」なら、

「何れは、命がけになる」。

「比べっこ上の勝利には、

相手が亡くなる事による勝利も含まれ」、

「比べる相手がいなくなるまで、比べっこは続けられるから」だ』。

『「フェアプレーの比べっこでは、勝てない相手に対して、

情報・金銭・人等盗みや、

相手の弱体化や殺傷等の

極悪な手段を使ってでも勝利したくなる」のも、

「精神構造が未熟な人間の特徴」だ』。

『「現状の人間世界の実態・実体」は

「正に、

精神構造が未熟な人間たちによる

自虐狂乱劇状態となってしまっている」』。

『「物質文明を進歩・進化させる事で、地球温暖化問題が解決出来る???」

「経済による比べっこを行い続けている限り、絶対に、無理」だ。

「何故なら、

より地球環境にとって良い物質文明製品開発~製造争いの裏」では、

「そんな事無縁の、経済比べっこ争いが、行われ続け、

経済比べっこ争いの勝者たち」は

「その本質的、自虐性がもたらす自信の喪失を誤魔化し続ける為」に

「過剰な、大量消費自慰生活等の中で、溺れ、酔い、続けよう・・・とし、

その様な、本質的悪態を、否応無しに、見せつけられる事となる

経済比べっこの敗者たち」は

「自らが置かれている不当状態解消の為に、

時には、命がけの、反抗に身を投じ続ける事になる」からだ。

「更に、

地球環境に良い、物質文明を開発~製造等出来る者たちの数・割合」と

「そんな事無縁の経済比べっこに邁進する者たちの数・割合」を

「比べる」なら、

「地球温暖化問題」が

「物質文明側の進歩・進化ダケでは、

解決し得ない事」は、

「少し考えるなら、誰もが解る」』。

『「地球温暖化問題」などと、

「口に絹を着せた、はっきりとしない、現実逃避的な言い回しは止め」て、

「人類滅亡問題」とか、

「精神構造成長不全問題」等々の

「本質や実体との整合性が高い旗印等の下」で、

「多くの人類の精神構造を健常成長させる事による、

実効のある解決等を

目指さない限り、

人類は、近々、確実に滅亡する、

或いは、現状人間世界は、終わらざるを得なくなる」』。

『「多くの人類の精神構造を健常成長させる方法」は

「既に、明らか」だ。

「人類の物質文明が、何故、急速な進歩・進化を実現出来ているのか?」を

「思い出すなら、誰もが、直に解る事」だ』。

『「精神文化や精神構造側」でも、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」を

「本気で、大々的に、行えば良い」。

「実は、

こちら側も、

既に、命がけになっている」。

「現状の人間社会・経済システム等を実用し続ける」なら、

「近々、人類の存続可能人口等が、続々と、否応無しに、明らかになって来る」が、

「その時に、存続に値するか?否か?を決める重大な基準となる」のが、

「この精神構造の成長度合いとなるから」だ。

「精神構造の成長度合いを抜きにして、

未熟な人間たちの身勝手でしかない経済や武力等の比べっこ等」で

「存続者を決める」なら、

「人類滅亡が確定してしまうから」だ』。

『「実体としての貢献が無い、

ばかりか、

実体としては、人類にとっても自虐でしか無い、

経済・武力比べっこ上の勝者???に対して相応しいところ」は

「存続可能者リストの最下位部分~永遠の恥辱に染まる道の上」に他ならない』。

『「多くの精神構造を健常成長させる事に有益な情報・教育等さえ、十分に行えていない、

ばかりか、

実質的には、人類滅亡等を近づけてしまう事に力を加えている、

劣悪な者等」は

「早々に、自らの態度や行動・言動等を是正するべき」だ。

「過分な立場・報酬・権力等は、早々に、返上し、返上させられ、

人類にとって必要な仕事が出来る者たち」と、

「替わるべき、入れ替えさせられるべき」だ』。

『「要でも無い、テレビ・マスコミ等の者たち等」は

「人々の現実逃避や、精神構造の不成長等を煽り、

内実としては、人類滅亡を呼び寄せる事等により、

自らの下への集金・集権等を謀り続けよう等とし続けて来ている」が、

「悪魔に魂を売り渡している状態の者たちに相応しい」のは

「罪と罰」だ。

「政治家や学者・要人等が、ロクな事を出来ていない」なら、

「本質から、自虐性を解く、批判・非難等が出来て当然」なのが、

「今時の、テレビ・マスコミ人」だろう』。

『「物質文明側での自虐を抑えさせる為」にも、

「人類の精神文化側の進歩・進化」は、

「本当に急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、未だに、「テロ等準備罪潰しの為の加計・前川・官僚等大問題化情報配信」等を、日本の公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。 | トップページ | 所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈のテレビ・マスコミ・官僚・政党/政治家等は、「加計大問題化による、テロ等準備罪潰しや、反自民党安倍政権大衆誘導等、工作」に邁進し続けている様相だが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事