« サンデーモーニングでは、加計・森友等で騒いだ後、「主権在民を言わない、インチキ三権分立論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「都議選と国政を連結させたがり、ご都合、将棋界の14歳公式戦デピュ―以来29連勝藤井四段論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

昨今の工作電磁波の実態・・・。

『「経時変化により、どんどん、疑似高周波化されて来ている、工作電磁波」が「電気機器等を混乱状態にし、人体には、電子レンジ的傷害をもたらすであろう頃」として、

「6月25日頃を予想していた、かつての、筆者」だが、

「幸いな事に、今のところ、筆者の使用している、電気機器への重大な影響」は、

「出ていない」。

「しかし、確実に、疑似高周波化して来ている工作電磁波」が

「筆者の身体等に及ぼしている実影響」は、

「どんどん、電子レンジ的になって来ている」。

「何しろ、工作電磁波が当たる所に居ると、

確実に、身体温度が上がり、

其処を避けると、

確実に、身体温度が下がる」』。

『「街中では、工作電磁波を発する何等かのモノ」が

「電線のボックス等」にも、

「どんどん、付けられ続けている」』。

『「電設業者や、

電設関連設置指令者等の中」に、

「そのスジの工作員等が要る様相が露呈している」』。

『「中身が良く分らないモノでも、

下っ端の作業員等」は、

「命令に忠実に、

ソレを、設置している」・・・』。

『「工作電磁波を発生させる電子機器等であるにも、関わらず」・・・』。

『「工作電磁波が、その被照射濃度により、その実害が違う旨」は、

「以前にも記した」。

「ターゲットへの照射濃度を上げる為に実用されている手段」の

「実態」が

「いくらか、はっきりして来た」』。

『「工作電磁波は、元々、直進性がある」。

「ターゲットの居るところで、焦点を結ぶ様に、仕込み、

それを、多方向から、当てれば、

ターゲットが浴びせられる工作電磁波の濃度」は、

「飛躍的に高くなる」。

「その様な手段が実用されている」』。

『「筆者に当て続けようとしている様相の工作電磁波」も

「その焦点が、大分、狭まって来ている」。

「以前は、

例えば、●●方向の下方から・・・、程度だった」が、

「昨今では、

●●方向の多方面から・・・、、

筆者が、良く腰かけている椅子から、約2メートル離れた壁では、二十センチ四方くらいで、電界メーターが良く触れる状態の数方向から、

筆者の顔面(目も含む)や頭や、腰部等で、焦点を結ぶ様に・・・)程度まで、

教化されている」。

「因みに、筆者の場合」は、

「部屋の中でも、胸部~腹部には、防護版をぶら下げている」ので、

「胸部・腹部は、狙われていない様相」だ』。

『「オモシロイのは、その強さ」で、

「筆者のブログ記入内容に合わせるかの如く、

強さが、変わる様相」は、

「何処の、どんな人脈の者たちが、この非人道的な工作活動等を行っているのか?」等を

「如実に、露呈させている」』。

『「日本の中の反日人脈による工作活動問題への実効のある対策」は、

「本当に、急務」だ』。

『「昨日の記事が、余程、気に入らなかったのか、

本日朝には、東南の下方向から、

強烈な工作電磁波が、

筆者の顔や頭方向に当てられる様になっていた」。

「もちろん、そんな実態は、直に、把握出来るので、

面倒も、費用等もかかっているが、

相応の対策は、直に、行った」』。

『「その後、所要で、外出していた」ので、

「ブログの記入が、この時間になっている」』。

『「つまり、

例え、筆者の様に、気づき、直に、対策を施す者でも、

確実に、ブログ記入時間を遅らせる等の邪魔は出来ている事になる」。

「対策無しの場合」なら、

「工作電磁波傷害で、ブログ等記入さえ、不可能になっている、かも知れない」・・・』。

『「ブログ等記入の場合は、コンピューター工作による邪魔も在る」。

「今年の1月8日(金正恩の誕生日だが)に、

筆者がそれまで常用していたバイオがサイバーアタックにより破壊された事」は、

「以前にも、記した」。

「ある程度は、セキュリティーを強化した設定で、

プロバイダーのセキュリティーが在っても・・・だった」』。

『「その後は、今の小さなコンピを使っている」が

「プロバイダーのセキュリティー強化の効果も絶大で、

今のところ、無事アップし続ける事が出来ている様相」だが、

「記入中の盗み見等は、未だある様相」で、

「記入途中の妨害工作等の仕掛けも、未だ、時々は、在る様相」だ。

「もっとも、盗み見の場合」は、

「近隣に居るなら、ネット経由では無く、

工作電磁波等使用の可能性が高いが」・・・』。

『「何れにしても、

日本の中の反日国人脈による工作活動等の実効のある摘発等が行われていない現状」は、

「明らかに、異常」だ。

「異常事態の裏には、理由がある」が

「異常なままで良い訳は無い」』。

『「異常な終戦処理のツケが、未だ、旺盛な戦後日本社会」が、

「正常化・健常化される」のと、

「人類滅亡」の

「どちらが早い事になるのだろうか???」』

『「現状社会・経済システム等に溺れる者等」は

「消滅~滅亡への道を突き進めば良い」・・・』。

『「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の長い~永い存続」は

「日本社会や人間社会・経済システム等に限らない、

本質的、正常化・健常化の上にのみ在る」』。

『「滅亡へのカウントダウン」と

「存続へのカウントダウン」の

「何れを選ぶのか?」の

「意思・意志」は

「それぞれが、明確に、発するべき」だろう』。

|

« サンデーモーニングでは、加計・森友等で騒いだ後、「主権在民を言わない、インチキ三権分立論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | テレ朝朝番では、「都議選と国政を連結させたがり、ご都合、将棋界の14歳公式戦デピュ―以来29連勝藤井四段論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事