« テレ朝朝番では、「都議選と国政を連結させたがり、ご都合、将棋界の14歳公式戦デピュ―以来29連勝藤井四段論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 「言葉狩りで、何が何でも、加計問題化」テレビ・マスコミ等の暴挙は何時終わるのか???・・・。 »

テレ朝夜番では、未だに、多くの視聴者等を「天才に憧れさせる為の天才論等」を日本の公共の電波上で風潮していたので、本当に、呆れた・・・。

『「天才=天由来の才能=自然の摂理に素直な者」という「大原則」を「外した」、

「特定の状態下に在る人間の都合に沿った天才論」は、

「往々にして、常に、醜悪」だ』。

『「本日のテレ朝夜番」の

「似非天才論」でも、

「その醜態ぶりは、顕著」だ』。

『「そもそも、特定のゲイノウ人にスポットライトを当てた段階」で、

「似非天才論が、似非天才論でしか無く、

実質的には、特定のゲイノウ人等の価値を上げる事等による、

芸能界の価値向上の為の

実質的、情報工作等である事等」は

「バレバレ」だ』。

『「公明正大な天才論」なら、

「特定のゲイノウ人等にスポットライト等を当てる事」は、

「逆に、障害になる」』。

『「天才等、より頼れそうに思える者・物。事等に頼りたい欲動」は、

「比べっこ支配/被支配権争い状態」で、

「現状脱出欲動が渦巻いている

現状人間社会内」には、

「其れこそ、山ほど在る」。

「ある意味では、極めて、当選の現象」だ』。

『「ここで、健常な問題解決論等を公共の電波上で配信する」なら、

「似非天才論等では無く」、

「実体検証論や、実体との整合性探究論等になる」』。

『「ところが、

散々、

劣悪な情報等で、

視聴者。

の頭の中を染め上げ続けて来ている連中」にとって、

「実体検証論や、実体との整合性探究論等」を

「配信する事」は

「自らの罪を露呈させる事にも直結している」』。

『「其処で、人寄せパンダ的にデッチあげられている」のが、

「似非天才論等」という訳だ』。

『「ついでに、ゲイノウ人等の価値」を

「視聴者の頭の中で、膨らまさせる事等に成功する」なら、

「お手盛り情報配信による、不当利権等も、膨らませ易くなる」』。

『「実に、悪劣な情報配信実体が其処に在る」』。

『「将棋界の快挙」等を「ダシ」に

「似非天才論」等を

「風潮したがる、

劣悪な者等が、

牛耳れている」のが、

「現状テレビ界の酷過ぎる実態・実体」だ』。

『「是正が急務である事等」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「線と日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝朝番では、「都議選と国政を連結させたがり、ご都合、将棋界の14歳公式戦デピュ―以来29連勝藤井四段論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 「言葉狩りで、何が何でも、加計問題化」テレビ・マスコミ等の暴挙は何時終わるのか???・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事