« 所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈のテレビ・マスコミ・官僚・政党/政治家等は、「加計大問題化による、テロ等準備罪潰しや、反自民党安倍政権大衆誘導等、工作」に邁進し続けている様相だが・・・。 | トップページ | 北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に言わせると「政府は、何故、テロ等準備罪の成立を、こんなに、急いでいるのか?」等だが・・・。 »

民進党等や、朝日等は、未だに、「加計学園獣医学部新設関連の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)官僚等でも勝手に記せ、政治工作の具とも出来てしまう、個人メモ」を、視聴者・読者等に、金科玉条の如く扱わせる事による、実質的、安倍政権転覆工作等に邁進している様相だが・・・。

『「政治工作等をしている暇がある」なら「人類の精神文化の健常進歩・正常進化に力を加える本来の仕事をするべきなのが、今時の官僚・政治家・マスコミ人等、所謂、文系仕事人たち」だ。

「しかし、もし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態に置かれている者等」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等を優先するのが、当然になる」・・・』。

『「民進党等や、朝日等」の、

「実体は如何に?」』

『「その辺り」にこそ、

「籠池劇場騒動や、加計問題化」の「本質」が

「見え隠れしている」』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」にとっての

「命綱」は、

「今更、言うまでも無く、

核・ミサイル等も含む、時代遅れの軍備では無い」。

「主として、日韓等、他国内で行い続けて来ている、

終極的には、北朝鮮劣悪国家指導者人脈が、

その国・その国の国民を乗っ取り支配する事等を目的とする、

工作活動」だ』。

『「逆から言う」なら、

「他国内での工作活動が徹底摘発され、撲滅される状態になる事」は、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮の終わり」を

「意味している」』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮の国家指導者等」にとって、

「日本国内で、テロ等準備罪が成立し、実効のある運用が行われる事」は、

「日本の中の北朝鮮系の工作活動や工作員等が

事前摘発され易くなる」で

「日本国内で仕掛け続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

工作活動の負け」に

「直結している」』。

『「多くの日本国民にとっては、非常に有益な事」だが、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等にとっては、

行って来ている工作活動等故に、

致命的な事になる」のが、

「テロ等準備罪等、集団的悪事の事前摘発を可能とする法整備の成立~実効のある運用」だ』。

『「法整備上の是々非々論戦等」では、

「元々が、法整備自体が困る人脈の者たち」に

「勝ち目は無い」。

「出来る反抗手段は、骨抜き化くらい・・・になる」が

「骨抜き化は、是々非々論で言うなら、非である事等」は

「多くの一般日本国民にも、直に分る」』。

『「其処で、

法自体の成立を潰す、政治工作」が、

「主として、行われる事になる」』。

『「過去の共謀罪潰し」も

「今回」の、

「安倍総理と無理やりにでも強い関係を持とうとしていた、問題を起こした籠池氏」や

「安倍総理と強い友人関係にある加計氏関連の事業を

無理やり問題化しようとしている

加計学園獣医学部新設{騒動}」も、

「お仲間テレビ・マスコミ等による、その大宣伝」も、

「皆、正当な是々非々論争等では、通ってしまう法整備を潰す為の

実質的、政治工作」に他ならない』。

『「今や、私人で、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)活動家の様相ですらある、

前文科事務次官の前川氏」の

「出会い系バー通い」とは、

「ある意味では、人脈を露呈させている重大事実」だ』。

『「出会い系バー等、風俗関連産業と、

●暴一部や、

所謂、左翼(同上)一部人脈等との

濃い繋がり」は

「日本の中の親朝鮮等のお仲間故」だ』。

『「事務次官時代の前川氏」は、

「ハードな仕事の息抜き」として、

「本来なら、露呈しない筈」の

「所謂、左翼(同上)系の信頼に足る者が推奨した等の店を利用していた」と

「強く、推定出来る」』。

『「ところが、ガードが甘かった前川氏の素行」は、

「所謂、左翼(同上)人脈以外の者等にも、知れる事となった」』。

『「素行内実をより深く知る、所謂、左翼(同上)側の一部の者等」が

「優秀な元官僚に、

所謂、左翼(同上)活動家への転身を強い、

弱みを握られている前川氏」は、

「それに従わざるを得なくなった」等と

「容易に推定出来る」』。

『「前川氏が、

所謂、左翼(同上)活動家として動いている限り、

お仲間テレビ・マスコミ等は、前川氏を庇い続ける情報ばかり・・・を流す」が、

「裏切るなら、本当の実態等が露呈させられてしまう」・・・。

「前川氏の、大汗、出会い系バー通い{自白}の裏」から、

「その様な、実態・実体等の存在等を、感じたりした・・・方々も多かった筈」だ』。

『「前川氏の出会い系バー通い」は

「個人レベルの自由行動等の問題では無い」。

「前川氏が、関わった、関わっている、人脈の問題」だ。

「今の前川氏の発言内容と大きな関わりを持つ、重大要素」に他ならない』。

『「いくら、お仲間テレビ・マスコミ等」が、

「個人の自由行動に過ぎ無い・・・等」と

「問題の本質を誤魔化そうとし続けていても、

その様な、誤魔化そうとしし続けている悪態自体」から、

「この問題の本質を感じ取っている人々も多い筈」だ』。

『「出所不明の個人のメモ」が

「出所が明らかになった個人のメモになったところ」で

「個人のメモは、個人のメモに過ぎ無い」』。

『「その個人のメモ」が

「もし、本当に存在し、

個人のメモなのに、

多数に共有される様な状態にされていた」なら、

「其処にこそ、意図や意志等がある事になる」』。

『「少なくとも、個人のメモ問題」が

「重要法案より優先されて良い訳は無い」』。

『「朝日等がいくら大きくしようとしても、個人のメモは個人のメモ」で

「政治工作目的かも知れず、

政治工作目的なら、

その事自体が問題にされるべき事」だから、

「先ず、その辺りの検証を先にする」のが

「本来のテレビ・マスコミ等」だ』。

『「その上」で、

「もし、政治工作だったのなら、

官僚等による政治工作問題等として、

大々的に報じれば良い」』。

『「その当たり前の検証さえ行わず、

都合の良い、政権転覆工作等の具として、

金科玉条の如く扱っている」のは、

「明らかに、正常でも、健常でも、無い」』。

『「そんな事を行い続けて来ている」のは

「政治工作等を行って来ている側の者等になる」』。

『「日本国内の政争の具では、

もはや、潰せそうも無い、

テロ等準備罪」だが、

「本日のテレ朝昼番」等では、

「{外圧}まで使う事での、

法案潰し・運用骨抜き化政治運動等を行っている様相」だった』。

『「監視社会化を大問題化する事による、

テロ等準備罪の成立潰し、

もしくは、成立後の骨抜き化の様相」だ』。

『「現実」として、

「戦後の日本」では、

「多くの一般市民まで含む日本国民」が

「北朝鮮系等の工作員・協力者等によって、

監視下に置かれ続けて来ている」。

「日本全国各地から、

拉致に適切な多数の者」を

「多数の日本国民の中から、選別出来た事実」からも、

「それは、明らか」だ。

「拉致工作時に、

監視を行わされていた

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」が

「その後、監視工作・協力等を行わされ続けていない訳も無い」』。

『「現実」として、

「多くの一般市民も含む日本国民」が

「今も、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で動いている

日本国内に居る北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等によって、

監視し続けられている」』。

『「監視自体が直接大被害になる事は、先ず、無い」。

「大被害が出るのは、監視結果が悪用された時」だ』。

『「拉致に適切と判定された者が拉致された事」も

「大被害の実例」だ。

「前川氏の急変の裏にあると、強く推定出来る監視結果」も

「悪用例と強く推定出来、

例えば、

急変した前川氏等の発言内容等が多大な力を持ってしまった時の

日本の政治や社会等が受けてしまう悪影響等を考える」なら、

「監視結果を悪用する事の被害」が

「バカにならない事等」は

「誰もが判る」』。

『「非人道的な悪用法」として、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が不適応分子と勝手に決めた者に対する

電磁波工作・飲食物工作等々の集中高濃度化」が「在る」。

「通常工作濃度」では、

「弱体化や、本領発揮の阻害程度のレベルに収まる場合が多い

電磁波工作や、

飲食物工作等々だが、

監視結果を元に、

集中させ続け、

濃度を高め続ける」なら

「茹でカエル式に、ターゲットを殺傷する事がかなり高確率で可能になる」』。

『「筆者の様に、

気づき、

迷惑で、

面倒でも、

茹でカエルにされない為の

応分の対策を

し続けている」なら、

「電磁波工作や飲食物工作が直接及ぼす、大きな難は、避ける事が可能になる」が

「気づかず、対策無し・・・」では、

「かなり高確率で、殺傷等されてしまう事になる」』。

『「茹でカエル式不適応分子粛清工作」は、

「何十年も前から行われ続けて来ている」ので、

「工作員・協力者等の数から考えても、

日本全国では、

既に、少なくとも、数十万人~百万人以上もの人々」が

「北朝鮮系等による、茹でカエル式不適応分子粛清工作により、

本来の寿命より遥かに早く、殺傷等されてしまっている」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「拉致までされているのに、

拉致工作組織・協力者等を温存させ続け、

それらの者たち等に、

非人道的な査証工作等まで行わせ続けて来ている」のが

「平和ボケが酷過ぎる、戦後日本社会の現実」だ』。

『「平和ボケ化の裏に何があったのか?」等を

「検証したり、考えたりする」なら、

「誰もが、昨今の騒動の内実等にも気づく筈」だ』。

『「平和ボケの裏にあった」のは

「上辺で、優等生ぶり、正義ぶり、紳士ぶる事等は得意な場合が多い、

平和ボケ化情報・教育」であり、

「脱平和ボケ社会整備に繋がる法整備等に対し、

徹底して、

反抗等し続けて来ている

もはや、醜悪な様相さえ露呈している、

平和ボケ化政党・政治家等」だ』。

『「そして、其処に在るのは、人脈の問題でもある」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で行われ続けて来ている

日本国内の工作活動の工作員・協力者等か?」

「否か?」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やお友達等々」が

「平和ボケを煽り、

スパイ・工作天国状態の日本国内を望み、

北朝鮮劣悪国家指導者等側だけに日本国民を監視させ続ける事を求め、

日本国側が、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等を摘発等する為の監視に反対している」』。

『「監視自体が大被害をもたらす事は無い」。

「冤罪等を防ぐ為にも、

犯罪抑止にも、

防犯カメラ等が有効になっている事からも、

それは、明らか」だ。

「監視結果が悪用されると大被害を生み易くなる」。

「有益分子(拉致工作対象者)

不適応分子(茹でカエル式工作高濃度化対象者)」の

「選別」や

「脅し道具化」等々の

「悪用実例からも、それは明らか」だ。

「監視結果を悪用する事を徹底的に取り締まる事こそが重要になる」。

「その為には、悪どもの監視もアリ」にしなければ、

「取り締まりは困難を極める事になる」』。

『「テロ等準備罪」は

「早々に、成立させるべき」だ。

「そして、

北朝鮮系等による非人道的な工作活動やその協力等を撲滅する、

実効のある運用をする事」こそが、

「戦後の日本社会を覆い続けて来ている大きな暗雲を取り除く道に直結している」』。

|

« 所謂、左翼(内実、親朝鮮等)人脈のテレビ・マスコミ・官僚・政党/政治家等は、「加計大問題化による、テロ等準備罪潰しや、反自民党安倍政権大衆誘導等、工作」に邁進し続けている様相だが・・・。 | トップページ | 北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に言わせると「政府は、何故、テロ等準備罪の成立を、こんなに、急いでいるのか?」等だが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事