« テレ朝夜番では、未だに、多くの視聴者等を「天才に憧れさせる為の天才論等」を日本の公共の電波上で風潮していたので、本当に、呆れた・・・。 | トップページ | 本日、筆者の部屋の東側斜め上方向の部屋で工事があったが、その後、その方向から、強烈な工作電磁波が来る様になってしまっている・・・。 »

「言葉狩りで、何が何でも、加計問題化」テレビ・マスコミ等の暴挙は何時終わるのか???・・・。

『「戦後日本の公共の電波上や公共的マスコミ上」で「其れこそ、何千万人もの人々に対して、一斉に、配信され続け来ている情報内容」が

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報では無く、

実質的に、旧社会党系人脈等を利すように、偏重・偏向された情報である事」は、

「本当に、深刻な重大問題」だ』。

『「この深刻な重大問題」を「ちゃんと意識出来ず」に、

「テレビ・マスコミ等を、

正義の情報配信機関等と

誤認したまま」、

「テレビ・マスコミ情報を鵜呑みにして覚える」と

「テレビ・マスコミ等による操り人形と化してしまう」』。

『「そんな操り人形化されてしまっている人々の数や割り合い」は、

「政権与党を貶める実効がある情報」が

「執拗に配信された後」の

「世論調査の数値等からも、良く分る」』。

『「かつての、自民ダメ~!政権交代~!!民主~!!!」の

「実質的、大衆誘導工作時」には、

「実際に、政権交代が実現してしまった」のだから、

「実際に、かなりの数の人々が、操り人形化されていた様相が露呈している」』。

『「民主党には、

数多くの旧社会党系の者たちが居て、

その実権掌握割り合いもかなり高かった」が、

「その様な内実情報等」は、

「多くのテレビ・マスコミ等では、ほとんど情報配信されていなかった」。

「その反面」、

「言葉狩り等の手段による、自民ダメ~!偏重・偏向情報」は、

「其れこそ、

テンコ盛り状態で、

情報配信されていた」』。

『「政権交代の内実」は、

「旧社会党政権が出来る様な事でもあった」が、

「その様な実体情報」は、

「旧社会党系の者等が実権を握り占めているテレビ・マスコミ等からは、

当然の如く、配信されていなかった」』。

『「旧社会党とは、

北朝鮮労働党や中国共産党等とのお友達」で、

「その繋がり上、日本国内の北朝鮮系の人々の多くとも近しく、

更に、朝鮮系人脈繋がりで、日本国内の韓国系の人々の多くとも繋がっている」。

「その結果、

実際に、

民主党の応援や、支持者等には、

在日韓国人の団体である民潭の人々がゾロゾロ・・・だった」』。

『「民主党政権が行った事」も

「利韓・利北朝・利在日外国人等となる事が多かった」が

「それは、構成人脈上、当然の事になる」』。

『「総じて、

日本が細らせられた反面で、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)が大いに太った」のが

「民主党政権時の実態」だった』。

『「果たして、そんな事を望んでいた日本国民がどれ程居たのだろうか???」

「もちろん、多くの日本国民は、そんな事は、望んでいなかった」が

「民主党にも大いに流れ込んでいる、旧社会党系の者等が、

実権を保持し続けている、

テレビ・マスコミ等に、

ある意味では、騙されて、操られて、

民主党や民主党候補者等に

貴重な一票を入れた・入れさせられた」のが

「実態・実体」だった』。

『「昨今、同様の事態」が

「また、起こされて来ている」』。

『「選挙も無いテレビ・マスコミ界」だから、

「人脈交代も無い」。

「自浄も???」だ。

「結果、同様の事が、繰り返されている」』。

『「先ずは、日本の首都東京を、

そのスジの人脈が牛耳れる様にするべく、

都知事選では、

テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身し、

小沢氏の下でも政治を学んだ、

小池氏」を

「当選に導いた」』。

『「次に

都議会を

小池都知事のイエスマンで埋め尽くす」なら、

「東京では、思い通りの政治が行える」という訳だ』。

『「都議会を都合の良い状態にする為」には、

「都議選に先立って~都議選時」に、

「多くのテレビ・マスコミ等が、

現都議会第一党である自民党に

徹底的に、ネガティブなイメージを付ける、

情報配信を

執拗に行い続ける事」が

「合理的になる」』。

『「ネガティブイメージの政党には、投票し辛くなる」のも

「有権者の心理だから」だ』。

『「自民党にネガティブなイメージを付ける事が目的」だから、

「元のネタ」は、

「国政上の事でも、

国会議員や総理の言葉狩り等でも、

何でも良い事になる」』。

『「昨今の、多くのテレビ・マスコミ等による政治情報」が

「自民党安倍政権等に、

ネガティブなイメージを付ける実効がある情報配信に

特化している様相」は、

「上記の裏の目的等を、如実に、露呈させている」。

「しかし、

テレビ・マスコミ等の実権者人脈等を知らず、探究等もせず、

テレビ・マスコミ等は、正義の情報配信機関等と、誤認している人々」は、

「露呈状態の、裏の目的等に、気づく事も無いまま、

自民党安倍政権等に対するネガティブイメージ等を

自らの中で育成させられてしまっている場合が多い」』。

『「そうなってしまうと、選挙時には、自民党に投票し辛くなる」。

「結果、自民党以外の票が増え易くなる」という

「策略」が

「露呈している」』。

『「世論調査等が露呈している事」は、

「多くの日本国民が、民主党政権で懲りている筈」なのに、

「未だに、約1割の人々」が

「そのスジのテレビ・マスコミ等の操り人形状態である事」だ。

「それは、結構、危険な実態」だ』。

『「それでは、

選挙時には、

どうすれば良いのか?」』

『「選挙で、政治家や政党を選ぶ時」に

「先ず、重要視すべき」は

「実権者の人脈」だ。

「何故なら、実権者の人脈は、政治を行う事で、何処のどんな人々を利すのか?等に、

否応無しに、大きく関係する事だから」だ。

「それは、民主党政権時の実績からも、明らか」だ』。

『「政治家や政党」の

「実権者人脈が判っている」なら、

「政治家や政党の上辺の訴えの裏に在る内実で、実行しようとしている事等」も

「判り易くなる」』。

『「ちゃぶ台返し政治の裏にある」のは、

「参入業者人脈等をチェンジする思惑」と

「強く、推定出来る」』。

『「幸いな事に、今のところは、皆、元のサヤに収まっている様相」だが、

「都議会の実権が変わる」なら、

「チェンジも容易になる事になる」』。

『「小池都知事や、

テレ朝常連出演者等の、

朝日新聞本社ビルが在る築地への拘り」も、

「人脈から考えるなら、当然の現象」になる』。

『「現在では、東京外に住んでいるが、東京産まれ東京育ちの筆者の感覚」では、

「市場で、場所に拘る感覚は全く無い」。

「場所は、何処でも、

優れた状態の中央卸売市場なら全然問題無いと思う」。

「中央卸売市場にニックネームでも付けて、

それをブランド化する」のが

「合理的と思う」』。

『「築地(江戸前)の海産物ダケを扱っている訳でも無い」のに、

「築地という地名ブランドに拘る」のは、

「明らかに変」だ』。

『「変の裏」には、

「本社ビルが在る場所のブランド地名化に拘りたい、

情報配信界で、相応の実権を持っている人々の臭いが、

漂っている」・・・』。

『「公共的情報配信機関なのに、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信では無く、

偏重・偏向情報配信を続けられている

不健常な情報配信機関」の

「健常化・正常化」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« テレ朝夜番では、未だに、多くの視聴者等を「天才に憧れさせる為の天才論等」を日本の公共の電波上で風潮していたので、本当に、呆れた・・・。 | トップページ | 本日、筆者の部屋の東側斜め上方向の部屋で工事があったが、その後、その方向から、強烈な工作電磁波が来る様になってしまっている・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事