« 都議選だが、多くのテレビ・マスコミ等による、自民党ネガティブキャンペーンに毒されてしまっている有権者は、どれ程いるのだろうか?・・・。 | トップページ | 集団的電磁波工作が益々強化されているが・・・。 »

東京を、お仲間、小池一派に支配させたいテレビ等による、「都議選時に小池一派を利す為の、自民党ネガティブキャンペーン」等の公共の電波の不正使用問題・・・。

『「同様の事態」は「民主党政権成立時にも在った」。「そして、選挙も無い、人脈交代も無い、自浄も???のテレビ・マスコミ界」では、「今、タイトルの事態等が蔓延っている」。

「はっきり言うなら、有権者が選挙時に選択している」のは、

「実権者人脈」だ』。

『「だから、選挙時には、実権者人脈を意識して選べば、

大きな選択違いは生じ辛くなる」』。

『「既に、強大な力を持つ、都知事の座を得ている、

小池都知事の人脈に

議会でも、支配権を与え、

更なる、強い実権を持たせる事」の

「実体」は、

「小池都知事人脈に、東京の支配権を与える事に他ならない」』。

『「それは、小池都知事人脈の人々にとっては、合理的な選択になる」が、

「小池都知事人脈以外の人々」なら、

「他に選ぶべき人脈が在るのか?無いのか?等の検証」等が、

「必要」だ』。

『「民主党政権を成立させる事に大きな力を発揮したテレビ・マスコミ等が、

今、小池都知事一派を実質的に、応援している実態」から、

「小池都知事一派が東京の支配権を得たら、どうなるのか?」を

「推定する」なら、

「民主党政権時の実績が、大いに参考になる事になる」』。

『「民主党政権時には、

総じて、

日本が細らせられた反面で、

韓国(北朝鮮も含む)や、

中国共産党支配下の中国や、

在日韓国(北朝鮮も含む)系や、

在日中国系等が、

大いに太った」』。

『「その東京都版を望んでいる人々」が、

「今、自民党ネガティブキャンペーン等を行っている」。

「公共の電波上や、

公共的マスコミ上で・・・」だ』。

『「民主党政権時の再来の様な事態」を

「東京都で望む」なら、

「小池新党等への投票が合理的になる様相」が

「露呈している」』。

『「選挙により、日本を太らせる人脈に実権を持たせたい」のなら、

「民主党政権等を実質的に応援していたテレビ・マスコミ等に逆らう事」等が、

「合理的になる」』。

『「小池氏は、既に、都知事として、実際に政治を行っている」、

「その実態・実体」は

「まるで、韓国の政治の様な、

前政権の否定&責任追及」だった』。

『「小池ちゃぶ台返し混乱による、

東京都・東京都民の損害は、

実際は、かなり在る」が、

「もちろん、お仲間、テレビ・マスコミ等」は、

「そんな実態がちゃんと視聴者・読者に伝わる様には報じない」。

「その代わり」に、

「小池=正義のイメージ等」により、

「小池新党から立候補している候補者が、

一人でも、多く当選出来る様に、

実質的、大衆誘導等を行い続けて来ている」』。

『「自民党の大臣に対する言葉狩り」や

「自民党{国会}議員等の個人の資質問題」等々で、

「自民党にネガティブなイメージを執拗に付けて来ている」のとは、

「正反対」の

「政治的偏向状態」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮とも近しい、旧社会党の実権掌握割り合いも高かった民主党政権時の

悪影響により、

北朝鮮の核・ミサイル・他国内での工作活動等の問題が、

急激に、悪化した可能性も絶大」だ』。

『「そんな方向に、東京の政治を引っ張るなら、

東京都内でも、

電磁波工作や飲食物工作等々の

北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の非人道的な日本人(一般市民も含む)粛清工作活動等が、

非常に旺盛になってしまう可能性も、かなり高くなる」』。

『「戦後の日本国内で、蔓延り続けて来ている

陰険なナチス・ヒトラー的な

日本人粛清工作」という

「重大問題」を、

「告発等しようともせず、

むしろ、

その様な非人道的な工作活動等でさえ、

現行法・現行の摘発体制等では摘発出来ないから、

法律違反にもならない、

行える者が行っても良い事等であるかの如き扱いを続けて来ている、

極悪法治主義論者等」が

「未だに、

日本の公共の電波や、

日本の公共的マスコミ等を、

実効支配し続ける事が出来てしまっている実態・実体」が

「露呈している」』。

『「そして、そんなモノ等のご推奨が、小池新党等であり、

そんなモノ等が、有権者等に嫌わせようとしているのが、

自民党等」という

「実態・実体」が

「露呈している」』。

『「筆者は、自民党支持者では無い」が

「他の政党より、

日本国・日本国民の為になる政治・政策等を実際に行って来た政党」との

「認識はある」。

「それは、民主党政権時等、非自民政権時との比較からも明らか」だ。

「民主党政権を成立させる事に大いなる力を発揮していたテレビ・マスコミ等」が

「今、都議選では、小池新党等を実質的に応援している」。

「小池一派の人脈の有権者が、小池新党等に投票する」のは、

「ある意味、合理的な投票行動になる」が、

「テレビ・マスコミ等に操られた、人脈違いの人々等が、小池新党等に投票する」のは、

「ある意味、異常に不合理な投票行動等になる」』。

『「共存・共栄等を望んでいない、

日本国・日本国民支配目的の少数派」に、

「日本国内で強い実権等を与える事」は

「日本国や多くの日本国民に深刻な不利益をもたらす事に直結している」』。

『「元々の人脈ごとの人口がそのまま、政治実権等に反映される」なら、

「多数派による、少数派等への保護や配慮等も必然的に生じる事となり、

不健常な事態等は、より起こり辛くなる」が、

「元々、人脈的に少数派である方が、テレビ・マスコミ等悪用、大衆誘導等により、

政治実権等を不当に得た場合」は、

「元々が、大衆誘導等を行う実質的悪なので、

多数派への保護や配慮等を生じさせる訳も無く、

少数派への利権集中等が生じさせられ易くなる」ので、

「不健常な事態等が、より起こり易くなってしまう」』。

『「有権者なら、上記程度の認識等は、

十二分に保持出来ていて当然」だが、

「学校教育が不健常な戦後日本社会では、

文系学校教育やテレビ・マスコミ情報等による大衆愚民化工作の上に、

テレビ・マスコミ等悪用、大衆誘導工作が載せられて来ている状態」だ』。

『「もちろん、こんな異常事態の是正」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« 都議選だが、多くのテレビ・マスコミ等による、自民党ネガティブキャンペーンに毒されてしまっている有権者は、どれ程いるのだろうか?・・・。 | トップページ | 集団的電磁波工作が益々強化されているが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事