« 小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。 | トップページ | 可能性が高いのは「平昌五輪北朝鮮&韓国の共同開催か?」「米朝開戦が?」、共同開催案の提示で北朝鮮汚染度が高い事を示してしまった韓国要人のおバカ度・・・。 »

テレ朝等では、「エリートバカ暴力議員問題」等をダシに「一強ダメキャンペーン」等を日本の公共の電波上にばら撒いているが・・・。

『「民進党等や、朝鮮系の人脈と近しい様相」の「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・マスコミ等」は、「正攻法の日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策論争等では、勝ち目が無い」からか、

「安倍政権や与党自民党等を否定するキャンペーン等によって、

有権者の思いや票等」を

「何としても、

野党側等に

誘導しようとしている」様相だ。

「テレビ・マスコミ等、公共的情報配信機関を不当使用」した、

「実質的、大衆誘導等」が、

「其処に、露呈している」』。

『「エリートバカ的様相を露呈した

秘書に暴力行為等を働いた元自民党国会議員の問題」は、

「本当に酷い」。

「暴行・傷害等は、言うまでも無く、絶対にダメ」だ。

「しかし、今回の事例は、特異な様相も露呈している」。

「秘書側は、

{議員を怒らせる仕事}をし、

起こった議員の言動を

見事なまでに録音している」。

「更に、秘書の証言」が

「所謂、左翼(同上)系のテレビ・マスコミ等で、

大いに{宣伝}されている」。

「その実態・実体は、

該当議員を貶めたり、

与党議員であった該当議員を貶める事で、

与党を貶める為の政治工作等の様相ですらある」』。

『「そして、この問題」も、

「{(自民)一強ダメ!}キャンペーンに使われている」』。

『「一強ダメ!」で「自民党以外にも票を!」とは、

かつての、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の

「縮小版」で、

「それが、都議選時の小池新党等応援の為である事」等を

「多くの人々も感じている筈」だ。

「何しろ、今、{一強ダメ!}騒いでいる」のは、

「かつて、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」で

「多くの人々を、実質的に、操ったのと

同じ人脈が実権を保持し続けて来ている、

テレビ・マスコミ等で、

都議選時の、そのテレビ・マスコミ等の、実質的推奨は、

小池新党等なのだから!」』

『「選挙も無い、自浄も???、実権者人脈も常連出演者や常筆等も変わりの無い、

同じ人脈の者等が牛耳り続けて来ている

実質的、公共の情報配信機関」の

「情報配信内実の大問題」は

「本当に、深刻」だ』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信等」なら

「国会議員と秘書の間の問題」は、

「全国会議員の実態・実体を調べた上で、

その悪質度等に応じて

情報配信するべき問題」だ。

「今回の事例は、云わば、内部告発等に当たる」が

「内部告発の場合なら、

内部告発自体の正当性等が検証されて然るべき」だ』。

『「録音を前提として、ワザと怒らせたり・・・等々、

不当な思惑に基づいて、

{証拠}がつくられていないのか?」等の

「検証は、意外と簡単」で

「其処で、怒らせる目的等が無かったのなら、

該当事例以外の録音が相応に多々出て来て当然になる」』。

『「もちろん、

該当国会議員の場合は、秘書交代が激しかった事実もある」ので、

「該当国会議員側の問題もあると強く推定出来」、

「その実体」は

「所謂、エリートバカ状態」と

「強く推定出来る」』。

『「現状人間社会では、高学歴者等がエリートとされている場合が多い」が、

「高学歴を得る為に必要な事」は、

「良く覚え、答えを間違わない事」だ』。

『「高学歴エリートにとって、

覚えが悪い事や、

間違う事や、

解答が出せない事」等は、

「いけない事等として、認識され易い」』。

『「エリートバカでは無い場合」は、

「間違う事の意味や実体」や

「自分と他人の実体」等々についても、

「思考が及んでいる」が、

「エリートバカの場合」は

「自分の世界のみが正解等と信じ込んでしまっている様な状態に陥っている場合が多い」』。

『「その結果、

自分同様に、

良く覚え、

間違わず、

問いに対する正解を連発し続ける者のみが、

自分と一緒に居る事を許容出来る者」等となり、

「それが出来ない者」は、

「圧倒的に劣位に在る者」等として、

「扱いがちになる」』。

『「エリートバカの裏に在る」のは、

「好きでも無い、本質的な興味も希薄な、勉強等を

無理して頑張れた

頭・心・体能力と、

原家庭も含む環境等」だ』。

『「自分本来の実感や実感に基づく意思等が希薄な状態の上に生まれてしまっている」のが

「学歴エリートの実態・実体」だから、

「当然、自分本来から生まれる自信等は持てていない場合が多い」』。

『「その自信の無さを埋める為に必要となる」のが

「他者や社会等からの高評価や高待遇等」だ。

「高待遇の中には、

高報酬・高立場・高権力等ダケでは無く、

自分の周りが、自分に都合の良い人々による、都合の良い働きで埋め尽くされている事等も

含まれている場合が多い」』。

『「それらが、充足されない事=自分本来の自信の無さが、どんどん頭を出して来てしまう状態」というのが、

「エリートバカ等の実態・実体」だ』。

『「現状の多くの人類」は、

「自分の実体や、その実体の本来の目的から、ちゃんと整合性を取っていない」から、

「エリートバカの様なおバカな状態の人々」が

「其処ら中に、溢れている」のが、

「現状人間世界の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「実体として、おバカな状態の人々がつくり出して、重用し続けている

現状経済・社会システム等」の

「超おバカな自虐性」は

「昨今の、人類滅亡を呼び寄せている実態・実体からも明らか」だ』。

『「マジ、迷惑だから、いい加減にしろ!」の「世界」だが、

「多くの、現状で実権を持ててしまっている、

エリートのつもりの内実、超おバカたち」は

「現状の経済・社会システム上で、

少しでも多く、他の者・物・事から自分を認めさせ、

より、多くの他人等が羨み、自分も欲しい等と認めがちになる様な、大量消費自慰生活等を送る事が出来る事や、

自己正当化の証としての子孫等に恵まれる事」等こそが、

「人生の成功だ!」等と

「思い違い出来ているくらい劣悪な状態」を

「露呈し続けて来ている」のだから、

「本当に、気が重くなる」・・・』。

『「普通に考える」なら、

「自虐的な、経済・社会システム等」は、

「とっとと是正する」のが

「当たり前」だ。

「死生観や人生観や成功観」等も、

「自分の実体やその本来の目的との整合性が取れていてこそ意味がある」』。

『「もちろん、多くの人々が、

自分の実体やその実体の本来の目的等を理解・把握等する為」には、

「相応の、情報・教育・環境等が要る」』。

『「人間社会・経済システム等の正常化・健常化の前」には、

「多くの人類が、

ちゃんと、

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取れる考え・思い等を抱ける状態に

なっている必要がある」から、

「情報・教育等の正常化・健常化」が

「極めて重要になる」』。

『「それなのに、未だに、

エリートバカ等をダシ」に

「政治運動等」を

「行い続けているテレビ・マスコミ等が、

蔓延れている状態」なのだから、

「本当に、酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化は、急務」だ』。

|

« 小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。 | トップページ | 可能性が高いのは「平昌五輪北朝鮮&韓国の共同開催か?」「米朝開戦が?」、共同開催案の提示で北朝鮮汚染度が高い事を示してしまった韓国要人のおバカ度・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事