« サンデーモーニングでは、「インチキ内部告発正義論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。 »

テレ朝朝番では、死亡してしまった北朝鮮で拘束され昏睡状態で米国に帰還した米大学生の「死因は、わからないでしょうねぇ・・」の旨等、常連出演者が、喧伝等していたが・・・。

『「普通に論じる」なら「何としても、本当の死因を解明して欲しい・・・」等になる。

「タイトルの事態」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等側の言い分」の

「露呈」の様な事だ。

「その辺りにも、現状のテレビ常連出演者」等の

「実体等」が

「露呈している」』。

『「今や、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)にとっての有益分子状態」の、

「籠池氏の言い分」を「宣伝」したり、

「もはや、所謂、左翼(同上)活動家の様相ですらある、

前川前文科省事務次官」に

「国会での発言チャンスを与える事に直結している、

証人喚問や、参考人招致等」を

「多くの視聴者・読者等に抱かせよう・・・」等と

「し続けている」、

「所謂、左翼(同上)ご用達テレビ・マスコミ等」も

「未だ、旺盛」だ』。

『「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等による、

実質的、情報工作による、

大衆マインドコントロール等の悪態」は、

「本当に、酷い」。

「上辺では、

如何にも、報道等」を

「気取っていても」、

「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道では無い」。

「所謂、左翼(同上)ご用達のご都合論で、

視聴者・読者等の頭の中を染め上げる為等」の

「実質的、マインドコントロール」だ』。

『「実質的、マインドコントロール」だから、

「特定極一部の者等が、常連出演者として、仕立てられ」、

「特定極一部の論等が、さも正論の如く、執拗に、風潮されている」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等」なら、

「ほとんどの場合で、実体や事実・現実には多面性があるから、

特定部分等を偏重等は出来ず」、

「実体や事実・現実を特定部分等を偏重せずに論ずる」なら

「ある程度以上多様な論が生まれ、

特定方向に偏向した論ばかり・・・とは成り得ない」』。

『「マインドコントロールを行う」なら、

「特定極一部の者や論等を、

繰り返し、繰り返し、出す事等」により

「否応無しに、視聴者・読者等に覚え込ませる事こそが、

合理的になる」』。、

『「戦後日本のテレビ・マスコミ等」は、

「旧社会党等の人脈が都合の良い様に

偏重・偏向している場合が多い」。

「昨今の、

籠池劇場や

一獣医学部新設大問題化等の

情報配信の内実」は、

「明らかに、旧社会党からの大きな流れが入っている民進党等側の言い分に沿っている」』。

『「元々、

一学校法人設立や、

一国有地払い下げや、

一獣医学部新設等を、

大問題化する事自体」が、

「異常」だ。

「学校法人設立や国有地払い下げや獣医学部新設等」に

「本質的大問題等がある」のなら、

「特定の学校法人や国有地払い下げや獣医学部新設ダケで、

問題が生じている訳も無い」』。

『「現状の騒動」は、

「本質的大問題等があるので騒いでいるのでは無く、

その事を問題化し騒ぐなら、

安倍政権を打倒する有用な具に出来るから、

大衆を巻き込んで騒いでいる

実態・実体が露呈している」』。

『「元々が、

反安倍政権・与党等、政治運動」で、

「何が何でも問題化~大騒動化が目的」だから、

「元は、小さなモノ」でも、

「執拗に大きく膨らませる情報工作等が行われている」。

「例えば、

一獣医学部新設大問題化」でも、

「少なくとも、表現上は、好き勝手に書ける

一官僚の個人メモの極一部を

金科玉条の如く扱って、

執拗に、大衆に訴えかけ続けて来ている」』。

『「かつて」の、

「小泉~!」や

「自民ダメ~!政権交代~!!民主~!!!」等と

「同様」の

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等が、

実質的。大衆誘導等を行う事による、

政権転覆工作等が、

今、必死に行われている様相」だ』。

『「旧社会党とは、北朝鮮労働党等とのお友達」であり、

「戦後の日本国内には、北朝鮮系の人々も少なからず居る」。

「その中には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に

手を染めさせられた人々も居る」。

「それは、

日本全国各地から、

多数の日本国民を拉致{出来てしまった}拉致工作や、

北朝鮮等にとって都合の良い情報・教育で染め上げられていた

戦後日本の情報・教育等の実態・実体からも、

明らか」だ』。

『「集団的工作活動実行者や協力者等」は

「集団的工作活動等の事前摘発を可能にする

共謀罪やテロ等準備罪等の成立や実効のある運用等」が

「非常に、困る」から

「大反対する事になっている様相」だ』。

『「その逆に、平然と、北朝鮮に行っている、日本の大学生等も居るらしい」。

「元々が、北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子」なら、

「例え、平壌等に行っても、米国大学生の様な、非人道的な扱いは受けない事になる」。

「そればかりか、

北朝鮮劣悪国家指導者等が欲しがっている

物や情報等を

運んでいる可能性さえ

決して小さく無い筈」だ』。

『「北朝鮮から昏睡状態で米国に帰還し、

死亡してしまった米国大学生が

北朝鮮内で受けさせられた事」は、

「工作電磁波による有益分子化調教等である可能性が、

結構、高い」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「以前の北朝鮮なら、薬物調教等を行っていた」と

「強く推定出来る」が、

「昨今の日本国内の工作実態からも、

現状の北朝鮮は、

痕の残り易い、薬物(飲食物工作)より、

痕の残り辛い、電磁波工作を好む傾向が強い」。

「其れだけ、工作電磁波の技術に悪の自信等を持っている」のだろう』。

『「北朝鮮側は、

執拗に、電磁波調教を行い、

更に、電磁波調教等の痕跡を無くすべく、

更なる、処置等を行った」と

「強く、推定出来る」』。

『「一説では、人体に無害ともされている電磁波」だが、

「言うまでも無く、それは、質・程度の問題」だ。

「自然界に存在し、通常人間に降り注いでいる程度の電磁波」は、

「実質的に、無害」だが、

「人工的に作り出され、圧倒的に強化等されている電磁波」は、

「電子レンジや電磁波兵器等からも、明らかな様に、

明らかに、人体にも有害」だ』。

『「電磁波調教等の結果、

米大学生が、昏睡状態に陥ってしまった」ので、

「死亡する前に、米国に引き取らせた」のが

「実態・実体」と

「強く、推定出来る」』。

『「昨今、急激に、仕込み場所が増えている、

日本国内の電磁波工作」の

「実効のある摘発」は

「本当に、急務」だ』。

『「元々が、正常・健常な話し合い等は出来る訳も無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「話し合いの窓口を開いた裏」には、

「帰したい、米国大学生が居た」という

「事情があったから・・・」かも知れない』。

『「今後、北朝鮮は、

益々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分を呑ませる為に、

核・ミサイル等の開発に邁進する」と

「共」に

「他国内での、電磁波工作も含む、工作活動に邁進する」と

「強く、推定出来る」』。

『「そんな北朝鮮に協力等している者等」が

「日本国内にも、其れこそ、ゴマンと居る」のが

「戦後日本の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「韓国内の実状は、日本の比では無い」から、

「実際に、韓国では、従北大統領が誕生してしまった」』。

『「日本では、政権転覆工作は成功しない」が、

「例えば、東京都都知事」は、

「テレビ・マスコミ界と馴染みが深い、

ちゃぶ台返し、前政権等批判・非難政治実態等からも、

朝鮮系(北朝鮮も含む)やそのお友達や協力者等であっても、何の不思議も無い

小池氏が、都知事」で、

「何故か、市場移転問題では、朝日新聞本社ビルのある築地に拘っている」』。

『「朝日新聞本社の様相」は、

「少なくとも、筆者たちの印象」では、

「東京湾に着けた、

日本に開国、もしくは、配下に下る事等を迫る、

黒船ならぬ、赤船的様相」でもある』。

『「その南方位(風水等では、配下を意味するらしい・・・)に、

何としても、東京都の土地を・・・」とは、

「いったい、何処の誰の要望だろうか」・・・』。

『「因みに、豊洲は、

朝日新聞本社ビルからは、

徒歩では、結構、遠く、

しかも、

風水等では、

東北方位で、新たに生まれたモノが育つ、

東~東南方位等になるらしい」』。

『「米国は、

話し合いでの解決は、不可能な、北朝鮮との戦争を躊躇するべきでは無い」。

「日韓の北朝鮮汚染が取り除かれる事のメリットは非常に大きい」からだ。

「逆に、日韓の北朝鮮汚染が取り除かれないまま、

北朝鮮が使える核ミサイル等を保持出来てしまう」なら、

「それは、

北朝鮮汚染が、

米国や世界中にも蔓延る事を意味している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

全世界で、

非人道的な工作活動等を行わせ、

終極的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による全世界支配等を

実現させたく無い」のなら、

「北朝鮮問題の解決」は

「急務」だ』。

『「日本の場合」は

「先ずは、

電磁波工作や、

マスメディア等を悪用した悪質な情報工作」等の、

「実害の大きい集団的工作活動等」の

「徹底摘発」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

« サンデーモーニングでは、「インチキ内部告発正義論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 | トップページ | 小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事