« 「加計学園獣医学部新設大問題化」に熱心なテレビ・マスコミ等の、朝鮮系等人脈の強い臭い・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「インチキ内部告発正義論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動の臭いが濃い、米イージス艦とコンテナ船の衝突問題・・・。

『「かなり混んでいる海域」でも「双方の船のコントロールが適切な限り、滅多な事では衝突事故など起こる訳も無い」。

「しかし、其処に、何らかの、悪意に基づいた意志等が絡む」なら、

「かなりの高確率」で

「衝突事故等が出現する」』。

『「今回の事故実態から、はっきりしている事」は、

「米イージス艦の質量は、コンテナ船より遥かに小さかった事」と、

「衝突場所」が

「米イージス艦の要所であり、

船と船との衝突など想定していない今時の軍艦の弱点であった事」だ』。

『「米イージス艦側には、船長も含む、数人の負傷者と、7名もの行方不明者まで出てしまっている」が、

「コンテナ船側の被害」は、

「船首部分が少し壊れたダケ」だ』。

『「確実に言える事」は、

「米軍」は、

「使えるイージス艦を、

一隻、

当分の間、

使えない状態にさせられてしまった事」だ。

「しかも、宣戦布告や軍事攻撃等無しで」・・・』。

『「この状態が、何処の誰や、何処の国等を利す事になるのか?」等は、

「昨今の極東情勢を知っている方々なら、

もはや、言うまでも無い事」だろう。

「今頃、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

工作活動の成功を祝って、

祝杯でも挙げている・・・」のかも知れない・・・。

「何しろ、極悪非道工作活動カルト宗教国家状態」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等なのだから!」』

『「筆者等が、上記の様な感や思い等と強くした」のは、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈し続けて来ているテレビ等」が

「該当衝突問題に対して、

過失等があったのは、

米イージス艦の方であるかの如きイメージ」等で

「情報配信していたから」だ』。

『「泥棒をして逃げる時」に

「無垢の他人を指差して、

{あいつが泥棒です!}等と叫ぶ、

何処かの国・民族等の精神文化の臭い」を

「其処に、感じたから」だ』。

『「何れにしても、宣戦布告前の工作活動等」で、

「イージス艦等、

肝要武力を、

例え、その一部でも、

無力化出来てしまう事」等への

「十分に実効のある対策等」は

「必需」だ』。

『「何しろ、拉致工作からも明らかな様」に、

「日本には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作員や協力者等」が

「其れこそ、ゴマンと居る」。

「そして、行っている事」は

「基本的に、工作活動」だから、

「その悪質性や、犯罪性等の立証等は、

「相応に、困難な場合が多い」』。

『「例えば、高速道路走行中の車の運転者」に、

「その前後等から、

工作電磁波を当て、

運転者の意識等を失わせたり、

運転者に心不全・脳卒中状態等を起こさせたり」等々しても、

「それが、工作活動による、実質的、殺傷等である事」を

「立証する事」が

「困難な様」に、

「該当、イージス艦とコンテナ船との衝突問題」も、

「その本当の実体を露わにする事」は、

「相応に、困難な事」と

「推定出来る」』。

『「しかし、工作活動には、反対側からの摘発手段が在る」。

「命令・指令・準備等を暴く事」だ』。

『「幸いな事」に

「先の参院国会」で、

「テロ等準備罪は成立」した』。

『「後は、

実効のある運用を出来るだけ早くする事が、

非常に重要になる」』。

『「該当、イージス艦とコンテナ船との衝突問題の裏」に

「工作実行指令等が在ったのなら、

それを露呈する事」等は、

「テロ等準備罪の有効性等を

多くの人々に、

其れこそ、アッと間に、

ご理解等頂くに、

必要十分な実例になる」かも知れない』。

『「日本側が、その様な面で、地に足を付ける」なら、

「それは、

日米同盟の更なる強化に直結する事になる」』。

『「一番避けるべき状態」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の、

日本国内・日本領海内塔での、

工作活動」等を

「蔓延らせ続ける事」だ』。

『「拉致工作実態等からも、明らかな様」に、

「戦後の日本国内」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下」等が、

「其れこそ、ゴマンと居続けている」。

「その中には、非人道的な工作活動等を、

実際に、行い続けている者等も、

多数居る事等」は、

「他の記事にも記している」』。

『「日本の中の韓国系の工作活動等」は、

「結構、大胆で、直ぐなる結果等を求めがちな様相である事」に対して、

「北朝鮮系等の工作活動等」は、

「茹でカエル式で、直ぐなる結果は、あまり求めない場合が多いが、

絶対に露呈しない事を絶対条件に行われ続けて来ている様相」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、絶対に露呈しない工作活動手段として、選択している様相」なのが、

「弱毒物や、有害物等を、

ターゲットに、

意図的に、継続的に、接種させ続ける手段」や、

「工作電磁波悪用の電磁波工作」等だ』。

『「北朝鮮に、実質的に、人質にされた若い米国人」が

「脳欠損のある状態の意識不明状態で、米国に帰された」が、

「その裏に在った非人道的な悪事が、

工作電磁波使用の

洗脳工作や、

自白無理強い工作等々であった可能性」は

「かなり、高い」。

「経時変化により、

どんどん、数が重ねられ、

疑似高周波化する様に、設計されている様相」の、

「音波同様の、電子側とホール側双方の要素がある、縦波ドット派」と

「強く推定出来る、工作電磁波」の「実効」として、

「人の神経作用(脳神経も含む)への

介入等がある」。

「元々、生物の神経ネットワークでは、電気信号が利用されている」が、

「其処に、介入し、

混乱させたり、

睡魔等を誘ったり、

高揚させたり、

イライラさせたり、

不安にさせたり、

・・・等々が可能」なのが、

「工作電磁波」だ。

「更に、意図的な身体操り等も可能」で、

「例えば、心不全や心停止等を、意図的に起こさせたりする事程度」は、

「現状でも、結構、可能な様相」だ。

「更に、研究~開発等が進んでいる」なら、

「意思・意志等の操り等まで可能になるかも・・・」等と

「悪どもなら、考えたり、思っていたり等々していて当然」で、

「そんな実権に、若い米国人男性が使われてしまった可能性も、

結構大」等と、

「強く推定出来る」』。

『「元々は、壁に耳あり・・・等の古事」から、

「電波を音の様に使う事で、覗きを・・・」等の

「発送から生み出され、

周波数等に傾注した、単純な測定や解析等では、

その存在が、露呈しない様に、

経時変化する様に、設計された

工作電磁波」の様だが、

「複数和音的ドット派による電離作用や、

人間の神経組織等に対する実影響等」の

「効果が意外と、大きかった」ので、

「殺傷工作や、不適応分子粛清工作にも使われる様になり、

それを、今度は、

有益分子化工作に無理にでも使用しようとしている様相」が、

「意識不明の若い米国人男性の裏」に

「在る」のかも知れない』。

『「何れにしても、実戦争となれば、

アッと言う間に、

極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮の負け」となり、

「元を失った工作活動の多くも必然的に、終焉」し、

「戦争被害の圧倒的多くは、北朝鮮側に出る事になる」。

「今、一番、戦争を避けたい」のは、

「工作活動に邁進する事で、覇権を得ようと、悪足掻きし続けて来ている

北朝鮮」だ』。

『「日米韓等の側なら、少なくとも、他国内での工作活動を全廃しないのなら、

実戦争も厭わない事等」を

「北朝鮮に突き付け続ける事等」により、

「実際に、自国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動を撲滅する事」が

「肝要」になる』。

『「米イージス艦と、コンテナ船の衝突問題」は、

「徹底して、工作活動の可能性も含めて、裏を洗うべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の他国内での非人道的な工作活動等」は

「早々に、撲滅されるべき」だ』。

『「日本国内に居る朝鮮系の人々」でも、

「工作活動無縁」で

「日本社会や日本国民との共生・共栄等を目的として、動いている方々」は、

「大歓迎」だが、

「非人道的な工作活動等を仕掛け続けて来ている者や組織等々」なら

「根本的に、歓迎される訳も無い」。

「根本的に灌漑される訳も無い、

根本的に間違っている事等を行いながら、

上辺等で誤魔化す事等により、

騙し、操り、

無理にでも受け入れさせ続けようとしている、

醜悪で劣悪な連中には、

本当に呆れる」』。

『「人間世界正常化・健常化等により、

半分以上の人類が生き残れる時間」は、

「もう、残り少ない」。

「生き残り可能人数等が、

科学レベルで明らかになった時、

人類には、

究極の選択が突き付けられる事になる」が、

「その時点」で、

「生き残る資質が有ると認定されるに、必要十分な資質を身に着けておく事」こそが、

「今の多くの人類に求められている事」だ』。

『「未だに、

非人道的な工作活動等を行い続けている者等やそれを認めているその子孫等」は、

「真っ先に、

生き残る事に相応しく無い側に放り込まれる者等になる」。

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態で居る事自体が、

見の破滅を招く事になる」』。

『「神様の通信簿」は

「誰にでも付けられる」。

「人類誰もの、自分の実体である地球生命体細胞群の、

本来の目的である、

その存続への実貢献度」を

「科学レベルで算定する」なら、

「誰もが、今の自分の実体を理解・把握出来る事になる」』。

『「物質文明面」では、

「物質文明を健常進歩・正常進化等させる事」等による、

「地球生命体細胞群の宇宙への進出等を可能にして行く事」等や

「人類誰も、一人の人等も含む、地球生命体細胞群の健常・正常状態の維持」等や、

「地球環境等の健常・正常状態等を守る事」等への

「貢献等」が「肝要になる」。

「精神文化面」では、

「科学レベルで、自分の実体やその実体の本来の目的とのの整合性が取れる、

自己健常支配の継続や

それに有効な情報・教育・訓練等への貢献・努力等が肝要」になり、

「他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配等に

甘んじている者や情報・教育・訓練・努力等の

実評価が悪くなる」のは、

「当然の事」だ』。

『「昨今の地球環境の急変状態等からも、

誰もが、

実感している事だろう」が、

「{裁きの日}が来るまでに、

残されている時は、

もう、少ない」』。

『「裁きの基準」は、

「人間が勝手に決めている、現状経済・社会システム等に沿う事では無い」。

「{神様の通信簿}に沿う事になる」。

「何故なら、そうしなければ、人類が滅亡してしまう必然性を排除出来得ないから」だ』。

|

« 「加計学園獣医学部新設大問題化」に熱心なテレビ・マスコミ等の、朝鮮系等人脈の強い臭い・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、「インチキ内部告発正義論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事