« テレ朝朝番では、死亡してしまった北朝鮮で拘束され昏睡状態で米国に帰還した米大学生の「死因は、わからないでしょうねぇ・・」の旨等、常連出演者が、喧伝等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝等では、「エリートバカ暴力議員問題」等をダシに「一強ダメキャンペーン」等を日本の公共の電波上にばら撒いているが・・・。 »

小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。

『「旧社会党等~民主党等の二の舞」の様相の「民進党等~&小池チルドレン等による、小池新党」が「都議選時に、多くの票を得る為」には、「人寄せ政策等が要る」。

「其処で、急遽仕立てられた様相の、張子の虎政策」が、

「市場移転問題」で、

「築地も豊洲も両方とも生かします!宣言」だ。

「既存の案以外の案を提示する事による、人の興味寄せ効果が有る」、

「豊洲派の票も築地派の票も得る為」の、

「両方生かします!宣言等」の「上辺の謳い文句」は、

「如何にも、テレビ上がりの政治家らしく、

大衆が受け入れ易い様に仕立てられている」。

「しかし、

小池都知事の「両方生かします!宣言」に、

「民主党鳩山元総理」による、

「最低でも県外!」と

「同様の臭い」等を

「感じている人々」も、

「かない多い」と思う』。

『「普通に考える」なら、

「ほとんど準備が整っている豊洲に移転して、

築地を売り、

豊洲市場に小池都知事お得意の、

経費削減策や、

収入増大策を

施す」のが、

「市場移転問題の適切な解答」だ』。

『「ところが、

築地に拘っている小池都知事や、

その裏の実権者等」が、

「何としても、築地!」を

「強いている様相」が

「露呈している」』。

『「象徴的」なのが、

「築地ブランド」だ。

「東京生まれ東京育ちの筆者等の感覚」では、

「築地から連想する」のは、

「築地本願寺」であり、

「国立ガンセンター」であり、

「朝日新聞社本社ビル」等だ。

「其処には、食を盛り立てる要素は無く」、

「むしろ、食を害する感さえ在る」。

「故」に、

「中央卸売市場」は

「築地と区別するべく、

汐留」と

「ずっと、思って来ていた」』。

『「そもそも、

食のブランドとして、

地名を出す」なら、

「食材由来である方が、しっくり来る」。

「例えば、江戸前の海産物が美味しいから、江戸前ブランド等なら、

しっくり来る」。

「中央卸売市場とは、云わば、デパートの様なモノ」で

「地名をブランド名にする事自体馴染まないモノ」だ』。

『「中央卸売市場の品集め力が高く、品櫃管理も良い」なら、

「それは、あるデパートが仕入れも良く、商品展示や接客等も良い事と同様の事」で、

「存在地由来では無く、

店舗由来の

中央卸売市場ブランドとでも言うべき事」だ。

「しかし、それでは、築地に拘っている者等の都合に沿わない事になる」。

「築地に拘っている者等の都合に沿う」のが、

「築地ブランド」という「言葉」だ』。

『「中央卸売市場に受けの良いニックネーム等を付けて、

ブランド扱い等していた」なら、

「場所が、豊洲に移っても、

ブランド自体はそのまま継続し、

生きる事になる」。

「よいデパートが場所を移っても良いデパートであるのと同じ事」だ』。

『「築地という場所に拘っている者等のみ」が

「大衆を地名に拘らせる為に、築地!を大宣伝して来た」』。

『「食の地名ブランド」として、

「江戸前が復活出来る日」は

「そう遠く無いかも知れない」が、

「江戸前ブランドを散々破壊した」のは、

「工業化や経済成長に基づく、

工場排水や生活排水やゴミ等々だった」』。

『「食のブランドとして、

築地ブランドを強いられても、

しっくり来る」のは、

「築地本願寺や、

ガンセンターや、

朝日新聞等」と

「明確な境界線が敷ける人々」か、

「築地の実態を知らない人々」だろう』。

『「朝日新聞等から考える」なら、

「市場が無ければ、陰の場所感が強過ぎて・・・」等なのかも知れないが、

「多くの都民にとって」は

「良い市場が在るなら、場所はどちらでも・・・」だ。

「下手な理想像を、

無理やり、実現させようとする事等により、

政策の実行が遅れたり、

都民負担等が増える事等を

嫌う人々も多い」』。

『「鳩山元総理による、最低でも県外!」から「生まれた事」は、

「基地移転の停滞」と

「沖縄の対立・混乱」等だった。

「そんな状態を歓迎している」のは、

「反日国の劣悪国家指導者等」や

「日本の中のその手下等くらい・・・」だろう』。

『「小池都知事による、両方生かします!」が

「どんな事態を生む事になるのか?」は

「想像に難く無い」』。

『「日本国民分断工作」は

「反日国であり、工作活動国家であるところ等」の

「得意技」だ』。

『「小泉・竹中等が邁進した、

二極化格差社会化」も

「実質的には、日本国民分断化工作」に他ならない』。

『「分断され、弱体化された方」に

「反日国人脈の者等が、優しく、すり寄り、有益分子化する事態」等は

「枚挙に暇が無い」』。

『「ちゃぶ台返し政治」は、

「本来なら、不要な、分断・対立等を生む」』。

『「ちゃぶ台返し政治が旺盛な韓国等」が

「健常成長等出来辛くなっている」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「その裏」では、

「現状までのままの体制なら、

決して、ちゃぶ台返しの無い状態」の

「北朝鮮」が

「着々と、軍備を強化し、

主として、日韓内での、工作活動等を

強化・増大させ続けて来ている」』。

『「ちゃぶ台返し政治」や、

「分断政治」等の「裏」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「市場移転問題」は、

「普通に考えれば、

誰もが判る、

適切な方法」で

「解決されるべき」だ』。

『「多くの有権者」が、

「最低でも県外!」同様の

「両方生かします!」等に

「騙されない事」が

「肝要になる」』。

|

« テレ朝朝番では、死亡してしまった北朝鮮で拘束され昏睡状態で米国に帰還した米大学生の「死因は、わからないでしょうねぇ・・」の旨等、常連出演者が、喧伝等していたが・・・。 | トップページ | テレ朝等では、「エリートバカ暴力議員問題」等をダシに「一強ダメキャンペーン」等を日本の公共の電波上にばら撒いているが・・・。 »

政治」カテゴリの記事