« トランプ政権「ロシアゲート疑惑問題」等も、安倍政権転覆工作等に使おうとしている、「北朝鮮ゲート問題」がある可能性大のモノ等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、安倍政権より遥かに長く居座っている常連出演者等が、安倍政権の大きな変化無き高支持率等を、多くの視聴者に、問題視させようとしていた様相だったが・・・。 »

テレビ・マスコミ等による、イメージ操作~実質的、大衆誘導等により、加計学園獣医学部新設関連とされている「文科省官僚{個人メモ}」等の調査という無駄が行われる事になったが・・・。

『「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の、テレビ・マスコミ等」は、「{その}成果を誇っている様相」だが、「調査対象」は「仮に、報道等されている内容のメモが在ったとしても、好き勝手に書ける個人のメモ」だ。

「普通に考えるなら、

好き勝手に書ける個人のメモ」を

「調査対象にする事自体」が「異常になる」』。

『「好き勝手に書ける個人のメモ」に

「過分な価値や力等を与える」なら、

「官僚個人と、

反日組織等が組んで、

好き勝手な政界工作等が

行えてしまう事になる」』。

『「健常なテレビ・マスコミ等」なら

「好き勝手に書ける個人のメモ」は、

「好き勝手に書ける個人のメモとして、

原寸大で扱い、報じたりする、のが当然になる」』。

『「好き勝手に書ける個人のメモ」に

「過分な力を与える情報配信を行っている

テレビ・マスコミ等の実態・実体」は、

「実質的、情報工作機関等に他ならない」』。

『「実質的、情報工作機関等」を

「実質的、情報工作機関等」として、

「実態・実体通りに、理解・把握等出来ていない人々」なら、

「実質的、情報工作機関等に操られたりしたりしていても、

ある意味、仕方の無い事」だろう』。

『「何しろ、

日本の公共の電波を使えていたり、

日本の公共的大マスコミとして君臨出来ていたり、

・・・するのだから!」』

『「上辺に頼り、

内実を探究しない事等」を、

「教え込まれ続けて来ている人々」は、

「容易に、上辺で操られてしまう」。

「戦後日本の情報・教育」は

「何故か?或いは、当然、

生徒・視聴者・読者等を、

上辺に頼らせる事が大好き」だ。

「もちろん、言うまでも無く、それは、とても危険な事だが!」』

『「上辺に頼る事を教え込みたがる」のは、

「上辺で操る悪の欲動等を保持している者等」と

「相場は決まっている」。

「健常な情報・教育」なら

「実体や事実・現実を探究し、理解・把握する事等を

教え、

自己健常制御等を促し、

操ろうとはしない」のが

「当たり前」だ』。

『「もちろん、異常事態の裏には、相応の理由がある」。

「実質的、情報工作機関」なのに、

「日本の公共の電波を使用出来ていたり、

日本の公共的大マスコミ等として、

君臨出来ていたり、

・・・する事」にも、

「当然、相応の理由がある」』。

『「米軍の占領政策時」には、

「朝鮮系の者等が重用された」。

「未だ、

その悪影響を十分に是正出来ていない、

戦後日本の情報教育界や、

政財界等々」では、

「朝鮮系の者等が、

結構な割合で大きな実権を得続けて来てしまっている」。

「更に、

朝鮮戦争時~は、

東西対立も顕著になり、

日本の情報教育界や政財界等々の結構な割合」が、

「親北朝鮮系となってしまった」

「東西冷戦が終わっても、

中国共産党や北朝鮮は、基本的に、そのまま・・・」で、

「日本の中のその手下・協力者等も、内実が、そのまま・・・」だ』。

『「戦後日本の異常事態の是正は、未だ、未だ・・・」だ』。

『「その結果として、

未だに、

利北朝鮮情報配信等」が、

「日本国内でも蔓延れている」』。

『「言うまでも無く、

北朝鮮が時代遅れの軍備を、いくら、露呈しても、

先進諸国にとって、

何の脅威でも無い、

ばかりか、

むしろ、

北朝鮮の軍備の実態・実体が判る分だけ、

脅威は減っている」』。

『「北朝鮮が、時代遅れの空軍等を{見せびらかした}後、

米軍の空母は、北朝鮮近海を離れた」が、

「それは、

米軍空母二隻が、

北朝鮮近海に居る事がバカらしくなる程、

時代遅れのモノだったから」でもある』。

『「中東地域とは、全く違い、

極東地域には、

在韓米軍が在るばかりか、

{不沈巨大空母群}日本列島にも、

大量の在日米軍が居る」』。

『「ワザワザ空母を北朝鮮近隣に派遣等しなくても、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる実戦争を行う事等」は、

「其れこそ、何時でも、十二分に可能な状態がある」。

「逆から言うなら、

二隻もの空母の派遣は、

北朝鮮に対する、

自覚のチャンスを与えるサービスでも{あった}」』。

『「それなのに、

北朝鮮は、

自覚を得る道を選ばず、

時代遅れの軍備を{誇る}道を選択」し、

「その裏で、

何としても、{使える}軍備を得ようと悪足掻きし続けている」』。

『「其処に、健常な対話を行う意思は全く無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の意志・要求等を呑ませる為の会談」を

「無理強いしようと悪足掻きしているダケ」だ』。

『「もちろん、日・米・中・韓・露等、北朝鮮以外の国々」は

「そんな会談等を認める訳も無い」』。

『「北朝鮮を核保有国として認めたり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の暴挙等を今後も放置~容認等する事等を認めたりする、

日・米・中・韓・露側が一方的に退く対話も在り得なければ、

対話の為の対話も、既に無い」。

「在る可能性が有る」のは、

「北朝鮮が自覚を持ち、

無駄な核・ミサイル・工作活動等を放棄する事を認める

協議等のみ」だ』。

『「米軍の{サービス}でも自覚を得ないまま、

北朝鮮側が、

現状の様に、突っ張り続ける」なら、

「確実に、対話以外の解決手段が用いられる事になる」。

「可能性が高い」のは、

「北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争」だ』。

『「北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争の場合」は、

「日韓等にほとんど被害が出ない」。

「反撃の間も無く、主たる戦争は終わるから」だ』。

『「仮に、北朝鮮がミサイルを撃っても、

日本に飛来するのは、

セイゼイ、一発か、二発程度になる」。

「そして、その多くが、撃墜される事になる」』。

『「こんな現状」で、

「北朝鮮が出来る、実効のある事」は

「日・米・韓内での工作活動になる」。

「日本国内の工作活動等の片棒を担がされている」のが、

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等や、

それらの者等が実権を握っている

政党・テレビ・マスコミ等」だ』。

『「韓国で従北大統領を誕生させる事に成功したのと同様」に

「日本でも、従北政権を誕生させる事が出来る」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の要求は、通し易くなる」。

「更に、米国に従北政権を誕生させる事は無理でも、

米国政権を混乱させる事が出来るなら、

その思惑の実現は、より容易になる」』。

『「その為の工作活動」が、

「日米韓内で、必死に行われ続けている」』。

『「米国の報道関係者等の多く」は、

「未だ、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下情報工作員・協力者等」も

「日本のテレビ・マスコミ等の者として誤解している様相」だが、

「米軍による戦後日本の占領体制等の実態・実体をちゃんと検証した上」で

「日本のテレビ・マスコミ等の者等の実体を理解・把握するべき」だ』。

『「米国内日韓等系のトランプ政権転覆工作等に熱心な者等の多く」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の紐付きである可能性も大」なのだから、

「例え、報道関係者等でも、学者等でも、

実体把握抜きの言論等信用」は

「絶対に避けるべき事」だ』。

『「日本でも、

健常な政治家やマスコミ人等なら、

好き勝手に書ける一官僚の個人メモ等で大騒ぎしている暇がある」なら、

「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題を解決する事に邁進するべきである事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の非人道的な工作活動等という大問題」を

「実質的に、無い事にし続けながら、

好き勝手に書ける一官僚の個人メモをダシに、

現政権転覆工作や、

テロ等準備罪成立潰し工作等に、

邁進し続けている」のは

「普通では無い、

明らかに、異常な、

政党・テレビ・マスコミ等」になる』。

『「其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下情報工作員・情報工作機関等の実態・実体」が

「露呈している」』。

『「政界には、選挙があった」ので、

「もはや、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相の者等は、当然の如く、少数派」だが、

「テレビ・マスコミ界には、選挙も無い」』。

『「しかし、

言うまでも無く、

日本の公共の電波を

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に使わせ続ける必要は全く無い」。

「日本の公共的大マスコミの中で、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に大きな実権等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

« トランプ政権「ロシアゲート疑惑問題」等も、安倍政権転覆工作等に使おうとしている、「北朝鮮ゲート問題」がある可能性大のモノ等問題・・・。 | トップページ | サンデーモーニングでは、安倍政権より遥かに長く居座っている常連出演者等が、安倍政権の大きな変化無き高支持率等を、多くの視聴者に、問題視させようとしていた様相だったが・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事